118. 馬 門

"大王の石棺"搬送の物理的基礎

 熊本県の天草諸島へと伸びる宇土半島の中ほどの有明海側に馬門(マカド)という小集落(宇土市網津町)があります。昨年、この地から切り出された石の棺を舟で畿内まで運ぶという考古学上の実験が行われました。物珍しい話でもありマスコミ(読売)も跳び付いて報道しましたので、この実験航海の映像をご覧になった方も多いと思います。
 この手の実験考古学は"地域興しと学者の予算獲得とが結びついた公共事業に過ぎない"、などと、直ぐに穿った言い方をしてしまいますが、古田史学の会会員でもありフォーラム委員会メンバーとして有明海・不知火海の問題を書き続けていることから、一応は現地を見ておかなければならないと思い直し、二月号掲載の「瀬戸石崩れ」の資料調査のために八代に行った帰りに現地を訪れ、この全国的に有名になった馬門石の切羽を見てきました。
 漢書だそうですが"百聞は一見に如かず"の喩えどおり、現地を見ると多くのことが分かってきました。本論考は"大王の棺"切出しと搬送の物理的条件を確認し、古代の宇土半島を考察する紀行文になります。
 さて、「それが"大王の棺"だとしても、なぜ、わざわざ宇土半島から運んだのか?」などと考える前に、一般には「その石が宇土の馬門石と判るのか?」といった疑問を抱く人の方が多いのかもしれません。もちろん、地質学とか火山学といったものは、それを証明しているはずですが、今回の場合はそこまでの必要もなく、"阿蘇ピンク石"と呼ばれる特殊な石であったために、この石を知るものにとっては直ちに判別できたのであり、一般からも脚光を浴びたのです。 
 およそ九万年前、阿蘇山が大規模な噴火を繰り返していた時代に、大噴火による火砕流がここまで到達したのでしょうか。それが固まった熔結凝灰岩の中に薄い赤みを帯びた特殊なものが生成されたのです。この石は軟らかく加工しやすかったために、江戸時代には細川領においてかなり広範に使われたようです。
 熊本大学の渡辺一徳教授によると、「馬門地区のほか熊本市北部や大分県臼杵市など限られた所に分布している。なぜ限られた所にしかないのか。また、なぜ石が赤くなったのかなどよく分かっていない。馬門ほど広範囲に阿蘇ピンク石が分布しているところはほかにない。」とのことですが、さらに細かい分布については、宇土市教育委員会の高木恭ニ氏などの調査により、網津町の野添、藤ノ迫地区、隣接する網引(アビキ)町の清辻、這坂地区の東西一キロ、南北一.五キロの範囲に分布している事が分かっています。                  
 まずはその場所ですが、有明海と不知火海を南北に分けて西に伸びる宇土半島の北側(有明海側)をJR三角線と国道五七号線が並走しています。ここを宇土市街地辺りから西に向かって進みます。鉄道と国道が近接して並走するという風景というものは、車で走るものにとって、多少の圧迫感と妙な違和感があるものですが、穏やかな内陸部の田園風景が終わり(といっても大半が干拓地なのですが)、そろそろ海が感じ始められる辺りにJR住吉駅が見えてきます。その手前にある踏切を左に超えると、宇土半島の背骨を北から南に越える県道五八号(宇土不知火線)に入ります。この道を網津川に沿ってニキロほど進むと馬門の集落に遭遇します。当初、内陸部の馬門地区はある程度山深い崖地を想像していました。もちろん、切羽は採石場である以上、山の中の崖地であるのは間違いないのですが、実際には馬門という集落の背後にある里山程度のものでしかなかったのです。集落の中心地と思しき場所に異形の大楠を持つ大歳(オオトシ)神社と馬門公民館があります。そこから比較的なだらかな道を五、六百メートルも登ったところに、この"阿蘇ピンク石"の切羽があります。有名になったことからか、誘導のための表示板もあり迷う事は全くありません。直ちに切羽に向かうと、注文さえあれば現在でも生産されているようで、加工中の石材や半製品が無造作に転がっていました。
 "大王の石棺"実験航海の石を切り出したのはこの場所です。石を提供した清田新一氏は祖父が石工だったそうですが数年前に石山を復活させたとの話を聞きました。
 傾斜も緩やかで、"カローラ"クラスの普通車が無理せず楽に入れる場所ですから、仮に古代においてこの場所で切り出され加工されたとしても、一〜二トンの修羅に乗せて集落総出で曳き出せば、五〜七トンの石棺といえども労せずに降ろせただろうことが一目で分かります。事実、〇四年七月に行われた現地馬門での実験においても一五〇人で修羅に乗せたとのことで、もちろん人力で曳き出すことも十分に可能だったでしょう。小さなものなら、古くは馬ではなく牛で出していたようです。また、最盛時の江戸時代には、現在は復林している集落の直ぐ裏山でも採石されていたそうです。
 切り出された石はやはり大歳神社付近まで引き降ろされたでしょう。現在この神社がある場所には別の神社があったのかもしれませんが(これについてはまだ分かりません)、やはりここで何がしかの神事が行われたことでしょう。
 さて、神社のある場所についてですが、恐らく古代においてはこの場所まで潮が入っていたと思われます。現地に行けば良く分かるのですが、現在、馬門地区の傍を流れている網津川は感潮河川のようであり、現在でも干拓堤防の樋門を開けばこの地区よりさらに奥の馬立地区の入口ぐらいまでは潮が入るのではないかと思われます。と、言うよりもJR三角線は百年余り前に開通しますが、恐らくその外側の宇土市新開町、笹原町、網津町、住吉町の大半は、三角線が開通する明治の末以降に開拓が進んだ干拓地のはずであり、現在、住吉中学校がある一帯だけが有明海に突き出した岬だったようです。
 まず、これらの土地は緑川が運んだ大量の土砂が堆積した干潟が干拓されたものであり、かつては、JR三角線、国道五七号線に近接する浜戸川が旧河道だったことでしょう。その内側にしても鉄道敷を事実上の潮止堤防として干拓されたものか、逆に、堤防を利用して鉄道が敷かれたものでしょう。さらに想像の冒険を許されれば、三角線から大歳神社付近までは約二キロほどの距離しかありません。有明海周辺の陸化のペースを考えると十分過ぎるほどであり、千五百年前のこの地は海がすぐ傍まで迫り、波が洗う大きな入江であったはずです。
 多分、曳きおろされた棺は、大歳神社の間際まで湾入した入江に停泊した舟に積み込まれたと考えられます。これを想像させる地名が馬門地区の隣にあります。同じく網津町の上流にある割井川です。割井川は網津町の最奥部であり、その上流には馬立地区がある網引町があり、県道宇土不知火線がこの場所から本格的に山に入っていきます。割井川とはどう考えても、自然には入ってこない舟、船を上流の集落まで引き込むために人為的に掘割を造ったという地名に思うのですが、皆さんはどう思われるでしょうか。もちろん、井や井手は水路、用水路、堤防などに使われる言葉です。
 大歳神社は宇土市住吉町の住吉神社の宮司(近藤盛親氏)が兼務されていますが、お話を聞いたところ、いつの時代の話かは分かりませんでしたが、かつては神社のある馬門地区よりも上流の網引(アビキ)町の馬立(マタテ)地区辺りまで潮が入り、さらに上流でも小舟を曳いて上がっていたとのことであり、現地にも小舟という集落があります。してみると馬立とは舟から荷を降ろし、馬を仕立てた場所のようにも思えます(間楯=港がある湾奥の崖地かもしれませんが)。現段階では本稿の性格から、熊本県の干拓史や宇土市史といったものを調べていませんので推測の域を出ません。今後の作業とします。


馬門地区とその周辺地図(熊本県宇土市)マピオン

馬門の採石場(宇土市網津町馬門地区)

大歳(オオトシ)神社

 現地を見て第一に感じたと言うよりも、驚いたことは、馬門地区が決して山の中ではなく全くの低地にある集落だったことでした。通常は地図でもある程度の予想は付けられるのですが、一〇〜二〇メートル程度の等高線だけではやはり現地の雰囲気は掴めません。馬門地区の中心もどう見ても海抜五メートル以下、少なくとも河道は河床が二メートルは下がりますので、高くても三メートル程度で有明海の潮汐振幅の枠内に入ったのではないかとの印象を持ちました。前述したように大歳神社は馬門地区の公民館の隣にあります。もちろん公民館が大歳神社の側に造られたのですが、神社は地区の中心に位置していますので、もしも、大王の石棺がここで切り出されていたのだとしたら、この場所で何らかのセレモニーが行われた事は、まず間違いがないはずであり、この神社の持つ意味は非常に重要になってきます。
 大歳神といえば須佐之男命の子(ニギハヤヒ)ですが(但し『古事記』の表記は大年神、『日本書紀』にはこの神は登場しません)、この大歳神社は九州ではあまり耳にしません。ただ、調べると福岡県筑紫野市の筑紫野インター西の山口川沿いにある山口地区に同じ名の神社があります。また、宮崎県や長崎県(諫早市)に数社があるようです。
 ところが、京都の西京区には大歳神社があります。こちらはオオドシと呼ばれていますが、延喜式に出てくる神社(式内社)であり、養老二年(七一八年)に創られたとされています。
 祭神は大歳神とされ農業神のようですが、併せて石作神と豊玉姫が祭られています。
 石作神は代々石棺を造っていた氏族の祀る神のようです。一方、豊玉姫(トヨタマヒメ)は言うまでもなく豊玉彦神の娘、彦火火出見尊(ヒコホホデミノミコト)の妃(后)であり、海人族=海神です(彼らの子が神武天皇の父になります)。
 また、この大歳神社は兵庫県に三〇〇社以上あるとされています。恐らく、大歳神を祀る古代氏族は本拠地を兵庫としていたのでしょう。
 もしも、この京都の大歳神社が馬門の大歳神社と同一起源のものであるとすると、石棺を造り搬送するという石作神と海人がセットで存在する事になりピッタリしてきます。一応は、馬門の大歳神社が京都に持ち込まれたとはせずに、京都から馬門に分社されたのではないかとしておきます。
 持ち込んだ可能性が高いのは言うまでもなく細川氏です。馬門石の生産が最盛期を迎えるのは江戸の半ばです。細川領では御用石として上水道の水管、鳥居、水門、石橋などとして大量に切り出して使っています。細川氏が室町以来の守護大名であったことを考えると京都の大歳神社を移したとするのは決しておかしな話ではないでしょう。
 前述したように、この馬門の大歳神社は住吉神社の宮司が兼務されておられますが、お話によると"異形の大楠が祭神だったのではないか"との事でした。現段階では起源については良く分からないようです。ただ、非常に先回りした議論をすれば、もしも、馬門の大歳神社の祭神が京都の大歳神社と同一起源のもので、かつ、馬門の祭神が異形の大楠だけで石作神や豊玉姫が併せて祀られていないとすれば、馬門の方は古い形態を残している事になります。なぜならば、細川氏が石を切り出すためにこの神社を京都から持ち込んだとすれば、それは石作神を祀らなかったはずはないからであり、いまひとつは、京都の大歳神社も本来の祭神は大歳神であって境内は栢の森(カヤノモリ)と呼ばれ、社も栢の社とされているからです(福岡県飯塚市の新飯塚駅東の麻生にもこの"栢の森"があります)。
 こうなると、戦慄すべき仮説がよぎってきます。それは、一月号で掲載した106.「阿漕的仮説」―さまよえる倭姫―古田史学の会代表水野孝夫論文107.姫戸 阿漕的仮説―さまよえる倭姫―の掲載について において、不知火海から伊勢神宮移築の可能性を考察したのと同様に、"大歳神社も九州から移築されたのではないか"という可能性も出てくるからです。さらに、京都の大歳神社を祀ったのが古代氏族の紀氏(物部氏の祖先?)とされ、その初期の基盤が福岡県筑紫野市から佐賀県の鳥栖市や基山町周辺だったとされていることは、九州からの移築(移設)を予見させる材料でもあるのです。これらについても今後の課題になります。

大歳神社(宇土市網津町馬門地区)※神社の裏に見える楠は一本の木です

大年神社のこと

 実は、「大歳(オオトシ)神社」の項ではふれませんでしたが、表記は異なるものの、「大年(オオトシ)神社」があります。場所は福岡県八女市に隣接する黒木町です。八女市といえば直ぐに八女古墳群を思い起こしますが、さらに周辺の上陽町、黒木町、星野村、矢部村と併せた領域は古代の筑紫の国(筑前筑後の分国は後の話)の最奥部であり、"磐井の反乱"(実は九州王朝に対する継体軍の反乱)の拠点とされているところです。
 恐らく大歳(オオトシ)神社と同じ大年神が祀られているようです。国道四四二号線を東に向かい、黒木町役場を過ぎると県道七九七号線が分岐しますが、そこから四〜五キロ進むところにある釈形(シャカタ)地区に同神社があるのです。この地名にも驚かされますが、釈形に隣接して柏の木という地区があります。京都の大歳神社の祭神が栢の森と呼ばれ、社も栢の社とされていることと同じ意味合いを感じます(「柏」、「栢」は同字です)。
 現地を訪れると、臨済宗の名刹霊巌寺の傍の鹿子尾地区にもう一つの大年神社がありました。考えてみると、八女に近い黒木町には現在でも非常に多くの石材店があります。磐井の石人、石馬、多くの眼鏡橋が残るこの地域に大年神社があることは不思議ではないと思うようになりました。
 この黒木町の役場から小丘を越えて県道七〇号(田主丸黒木)線を北に四〜五キロ進むと上陽町役場がある北川内地区に入ります。この場所こそ『法隆寺は移築された』『建築から古代を解く』『列島全体から倭国を論ず』(いずれも新泉社)の著者である米田良三氏が、筑後国風土記逸文の分析から、『逆賊磐井は国父倭薈だ』(新泉社)において磐井の墓と比定された地なのですが、これも気になるところではあります(現地には現在イチゴ生産農家によるハウスが営まれています)。また、この外に八女市に隣接する立花町白木地区にも大年神社があります。

馬門、馬立の周辺

 馬門、馬立とありますので、馬(マ)の音と意味を考えていました。九州北部には表記は異なりますが、間(マ)の付く印象的な地名が並んでいます。東から和間(宇佐八幡宮の神事"放生会"が行われる和間ノ浜で有名、大分県宇佐市)、中間(北九州市の隣の中間市)、赤間(JR鹿児島本線の赤間駅がある宗像市赤間、赤間神宮で有名な下関市の赤間)、福間(JR鹿児島本線の福間駅がある福津市福間)、野間(西鉄大牟田線の高宮駅そば野間大池の福岡市南区野間)…和間のような海岸部もありますが、多くは内陸部の地名です。しかし、中間は古代においては古遠賀湾奥の土地ですし("100.港湾整備事業が海岸を破壊する"参照)、その外についても五世紀あたりにはいずれも海が入る湾奥の土地だったのです。ここで広辞苑を見ると、この地名の意味が分かってきます。

ま【間】 G船の泊まる所。ふながかり。

 と、あります。佐世保市のハウステンボスの早岐瀬戸を挟んだ対岸の城間(ジョウマ)、有明海側の佐賀県鹿島市の鹿島(地形から島とは考えにくく、対岸の間の意味か)、福岡県久留米市の南の三瀦(ミズマ)、夏目漱石の随筆『草枕』の舞台でもある熊本県玉名郡小天町の小天(オアマ)、また、山口県防府市の勝間、兵庫県の播磨や神戸の須磨それに大阪の水間もそうかもしれません。さらには、生の高級マグロ漁で有名な青森県の大間(オオマ)も恐らく同じ意味の地名でしょう。
 馬と間の表記の違いもありますが、古代においては馬門が湾奥の地名であることから、どうしてもこの"間"地名についてふれたくなりましたが、未だに確たる心証を得ません。 
 一応、馬立については舟の溯上限界で馬を仕立てた山道の入口地名ということでおかしくはないようですが、港は"湊"であり、古形は水の門です。"「ま」(「ま」と「み」が入れ替わるとすれば)「か」(格助詞)「と」"とも考えられます。しかし、普通は"馬(ウマ)の門、「ま」、「か」(格助詞)「と」"して良いのでしょう。ここも断定するだけの心証を得ません。

み・な・と【港・湊】(「水の門」の意)
@河海などの水の出入り口。みと。瀬戸。万葉集(7)「―の葦の末葉(うらは)を誰かたをりし」
A湾や河口を利用し、また防波堤を築いて、船が安全に碇泊できるようにした所。港湾。(和名抄(1))
(広辞苑)

 馬の話が出ましたが、実は馬門にはやはり馬が関係しています。というのは、馬門石の切羽のさらに山手に牧(マキ)神社という社があるのです。牧は"御牧"(ミマキ)であり、これも広辞苑を見てみましょう。

まき【牧】
(馬城(まき)の意)牛・馬・羊などを放し飼いにする土地。まきば・ぼくじょう。源氏物語(鈴虫)「国々の御庄・―などより奉る物ども」
み・まき【御牧】
古代の朝廷の直轄牧場。左右馬寮の所管で甲斐・武蔵・信濃・上野などの国々にあった。

 牧場ごときに何を大仰な事をと考えられるかもしれませんが、実は古代の官道がこの地を通っていたと考えられるからです。"良い馬は献上し悪い馬は里に下げられていた"との話も住吉神社の宮司からお聞きしましたので、始めは細川領の御用牧場かとも考えましたが(もちろんこれもあったのかもしれませんが)、どうも古代の朝廷への献上であったとの話のようで、古代の「牧」であると感じたのです。
 古代の肥前国の官道は大宰府から基肄、佐嘉、高来、杵嶋(杵島郡)、藤津郡の塩田を経由し、山越えして長崎県の大村市付近から船越(諌早)に抜け、さらに島原半島に向かい、山田を経由し野鳥の駅家から舟で肥後国の宇土半島先端の三角辺りに上がり宇土市に通じていたと考えられますが、その途中にも恐らく駅があったはずなのであり(53.船越 参照)、当然にも、馬の五疋は常時用意されていたと考えられるのです。島原半島(早崎岬附近)にも古代の牧があったと聞きますが、駅の付近に牧があり、牧があれば牧神社があり、官道があったことも十分に考えられるのです。

 木下良は、奈良時代には現在の島原市に至って有明海を渡るルートと、山田駅付近から現在の北有馬町に出て有明海を渡るルートがあって、後者のルートが『延喜式』時代に廃止されたのではないかと想定している。
「肥前国の条里と古道」 日野尚志
(『風土記の考古学D』肥前国風土記の巻小田富士雄編)

 ただし、古田史学がこれを単純に大和朝廷の官道と考えていない事はいうまでもありません。
 今回は、初期調査の現地リポートに限定していますので当然ながら結論には至りません。しかし大歳神社は気になります。というのは、馬門石の切羽に向かう手前の右手の小さな丘に赤石(アカイシ)神社なる祠があるからです。赤石とは言うまでもなく阿蘇ピンク石の事でしょうから、石作神が大歳神社に併せて祀られているのならば、赤石神社が別に存在するとは考えにくく、これは馬門の大歳神社に石作神や豊玉姫命が祀られていない可能性を示唆します。一応、赤石という言葉は細川家が使っています。石切り場の付近には"赤石場見締"なる役職があり、御用石として管理していた事が伝えられています。
 細川が赤石神社を置いたのか、それとも、それ以前からこの場所にあったのかは今後の調査に待たざるを得ませんが、もしも、赤石神社が細川によるものではなく古代からのものであり、大歳神社が楠を祭神としているのが確実ならば古形を留めているわけであり、京都の大歳神社も九州(馬門)が起源であるという可能性があるのかもしれません。
 一応、現在手元にある資料を一覧表にすると、各神社の祭神はこのようになります。
社名
肥後國誌
肥後國神社明細帳
熊本県神社誌
由緒
成立時期
明和期
明治11.12年頃
昭和56年10月1日
神社明細帳
大歳神社
年ノ神 山神
大歳神
大年神
不詳
赤石神社
当方未調査
大山祗神
大山祗神
不詳
牧神社
当方未調査
蛭子神
事代主神
永禄四年?
住吉神社
当方未調査
当方未調査
住吉大神外四神
当方未調査


赤石(ピンク石)石棺の分布

 少し交通整理をしておきましょう。
 第一に、馬門産のピンク石だけが畿内に運ばれ大王の棺とされ、九州から運び出されたかのような理解が広がっていますが必ずしもそうではありません。
 馬門石は阿蘇熔結凝灰岩の一つですが、菊池川水系(熊本県玉名市を抜け有明海に注ぐ)と氷川水系(熊本県氷川町を抜け不知火海に注ぐ)でも阿蘇熔結凝灰岩から石棺が造られ、その一部は瀬戸内海沿岸から畿内にも運ばれているのです。ただ、これらはピンク石ではありません。氷川水系起源の石棺にしても大半は不知火海沿岸や佐賀県などに運ばれているようです。
 また、馬門石にもピンク石以外の灰色、黒色があり、同じく馬門石と呼ばれており、ピンク石以外の馬門石、網津町の隣の網引町のものも同時に馬門石と呼ばれているようです。
 一応、お断りしておきますが、石棺が菊池川水系産出、氷川水系産出、馬門産出とされている根拠は、これらの産地周辺に分布する舟形石棺の形状などの系統的な調査によって推定されているものであり、阿蘇熔結凝灰岩と石棺の火山学的な成分分析によって判定されているものではないようです。
 第ニに、我が古田史学の会で議論されていることですが、継体の陵墓とされている大阪府高槻市の今城塚古墳はともかくも、大半はそれほど大きな古墳というものではないとも聞きますので、現段階では、あたかも大王(天皇)の支配が、遥か遠い昔から全国に及び九州から石棺が準備されたかのように説明されることには問題があるというべきでしょう。
 第三に、大王の石棺が遠く九州から運ばれたことが事実だとしても、それは、畿内から調達されたものか、逆に、九州から畿内に贈られたものか?という問題は残るのです。これには、いつの段階かで調達と贈与が逆転する力関係の変化があったという可能性も横たわっているのです。
 一応は、この馬門石石棺の分布を簡単に考えておきたいと思います。九州での出土例がないとされていますが、熊本県で一例、馬門石の可能性がある鴨篭(カモゴ)古墳(不知火町:但しこれはピンク石ではありません)。
 ここでは、ピンク石に限定して、古田史学会報NO.70(2005年10月7日)掲載の="「大王のひつぎ」に一言"を書かれた生駒市 伊東義彰氏が作成された一覧表を掲載しておきます。
 確かに馬門産出のピンク石に限定して石棺が造られた傾向がありますが、私は不知火海沿岸の氷川流域産出石棺に関心があるため、宇土半島産出かどうかといった観点で考えたいと思います。
 
古墳・通称名
古墳の形
墳丘長・径
石室
築造時期
所在地
兜塚
前方後円墳
45
竪穴式
五世紀後半
奈良県桜井市浅古
長持山
前方後円墳
40
竪穴式
五世紀後半
大阪府藤井寺市
野神
前方後円墳
22?
竪穴式
五世紀末
奈良市南京終
金屋石棺蓋
出所不明
五世紀末
奈良県桜井市金屋
備前築山
前方後円墳
82
竪穴式
五世紀末
岡山県長船町
峰ケ塚(破片)
前方後円墳
88
竪穴式
六世紀初頭
大阪市羽曳野市
円山
円墳
30
横穴式
六世紀初頭
滋賀県野洲市
甲山
円墳
30
横穴式
六世紀前半
滋賀県野洲市
東乗鞍
前方後円墳
72
横穴式
六世紀前半
奈良県天理市乙木
別所鑵子塚
前方後円墳
57
直葬
六世紀前半
奈良県天理市別所
慶運寺石棺身
出所不明
六世紀前半
奈良県桜井市箸中
今城塚(破片)
前方後円墳
190
横穴式
六世紀前半
大阪府高槻市

 この手の集計は調査の進展や研究者によって変化するものであり、さらに正確を期すために、宇土市教育委員会(杉井 健、高木恭二、藤本貴仁、古城史雄、中原幹彦、板楠和子)を中心にまとめられた『新宇土市史』通史編第一巻抜刷"原始古代編 第四章 古墳時代―倭王の時代―"掲載の第4−4 九州外阿蘇石製石棺一覧表を掲載します。ただし、これは宇土半島産出石棺外の阿蘇石石棺であり、必ずしもピンク石、馬門石に限定したものでは有りません。 

第4−28図 九州外阿蘇石製石棺の分布

第4−4表 九州外阿蘇石製石棺一覧表

 この中で特に有名なのが継体天皇陵とされている大阪の今城塚古墳の石棺です。古代史においても継体の存在は非常に大きく、このため、近年特に注目されたものですが、実際に出土したのは石棺の蓋の欠片程度です。また、石棺はいくつもあり、ピンク石の石棺が本当に継体のものかは良く分からないのであって、基本的には今後の調査に待たなければならないはずです。さらに、非常に奇妙なのは九州におけるピンク石石棺の出土例がない事です。わざわざ畿内まで搬送されたとすると、それ自体非常に大きな価値あるものだったわけであり、私のように九州王朝説を確信するものとしても、判断に迷っているのが本当のところです。ただ、古田史学の会の内部からは、早くも、"大和朝廷が九州では禁止した"といった趣旨の話が出ています。
 現在のところ、菊池川水系、馬門地区、氷川水系の石棺制作に時期的な差があり、それが畿内と九州の力関係の変化と関係しているのではないかとの仮説を立てていますが、確たる根拠を持っているわけではありません。
 始めは、菊池川水系⇒氷川水系⇒馬門地区を考えましたが、考古学上の研究成果によると、氷川水系⇒菊池川水系⇒馬門地区ではないかと考えられているようです。これについても今後の課題とします。


長持山2号棺/写真提供:生駒市 伊東義彰(古田史学の会)

舟で運ばれた石棺

 "大王の石棺"実験航海では、加工した棺を筏に乗せ、それを曳航して島原半島南岸を西に進み長崎の西岸を北上して畿内に向かいましたが、平戸の瀬戸を抜け、その東の釜田港から、関門海峡の門司港などを経由して瀬戸内海に入り、宮津、鞆ノ浦、牛窓港、芦屋港といった瀬戸内航路の名だたる港に錨を降ろしながら約一ケ月かけて最後の大阪南港に着いたのでした(計二四港)。私は、蓋と合わせて十トンに近い石棺を舟上に載せるのは復舷性を考えると危ないと考え、筏を使うか舷側にでも吊るして石棺自体の浮力を利用するのではないかとも考えたのですが、水の抵抗やこの石の脆さを考えると、やはり、舟底に置いて運ぶのが順当なのかもしれません。
 馬門地区の干拓地先には住吉神社があります。当時この場所は間違いなく馬門沖に浮かぶ島であり、その高さからも有明海最南部の非常に目立った島だったはずです。神社の縁起や『熊本県神社誌』を見ると、当然ながら住吉三神の表筒男命(ウワツツツオノミコト)、中筒男命(ナカツツツオノミコト)、底筒男命(ソコツツツオノミコト)に気長足姫命、大海津見神、健磐龍神、保食神、菊池則隆命(気長足姫命は息長足媛=神功皇后=仲哀天皇の皇后の事か?米田良三氏は息長足姫を倭武の妻とする)が祀られています。私は馬門から海路畿内まで石棺が運ばれたと聞き、必ず附近に海洋民の痕跡があるのではないかと探しましたが、直ちに住吉地名と同神社を見出し、"やはり"と思ったものです。宮司にこのことをお尋ねすると、"創建は菊池氏によるもの"との、お答えを頂きました。菊池氏は鎌倉末期から南北朝騒乱期にかけて九州中央部で活躍し、南朝方として一時期、九州北半を制圧したほどの豪族ですが、熊本市西部の松尾地区などを拠点に明国との貿易を行っていたとも言われおり、有明海南部に神社を置くことは当然かとも思いました。恐らく、網津町に隣接する住吉町附近には先行して住吉の神を祀る民(海洋民)が定着していたのではないかと思います。そもそも、大阪の住吉大社にしても、その起源は対馬、壱岐のはずですし、当地の住吉もそれを起源とするものでしょう。古代においても、馬門を出発した石棺を運ぶ舟は、住吉の神に航海の安全を祈願して畿内を目指したのではないかと考えます。
 ただし、航路については、この時にもリポートU53.「船越」(延喜式に登場する「船越」の駅=ウマヤ 経由の一部陸路利用)で書いた有明海〜諫早=船越〜大村湾というルートも有り得るのではないかと思っています。海が安定する夏場でも、南、西風が卓越する長崎南、西岸は通りたくないと考えたからです。
 また、当時の島原から長崎、長崎から佐世保にかけての長崎南、西海岸には人口の集積がなく寄港地としての兵站が望めません。さらに、搬送は王権の示威を兼ねていたと考えられます。数艘の随行船を従え、国家的事業として取り組まれたはずであり、当時の人口集積地である諫早から大村湾に抜け、彼杵付近を中継し平戸の瀬戸を目指したと考えるのです。長崎県は現在でも長崎市と佐世保市に人口が集積しています。その理由は江戸以来の外国貿易の独占と明治以来の三菱長崎造船所と佐世保の海軍工廠の存在によるものでしかないのです。

石走る淡海

 さて、ここでさらに踏み込んだ話をしたいと思います。
 万葉集には"淡海"(オウミ)が出てきます。淡いという言葉は広辞苑を開くまでもなく薄いという意味ですが、薄い海とは何でしょうか、普通は海でありながら大河などの影響を受け、塩辛くない水域のことと考えるでしょう。一般的には琵琶湖のこととされています。

おうみ(アフミ)
【近江・淡海】
(アハウミの転。淡水湖の意で琵琶湖を指す)旧国名。今の滋賀県。江州。
(広辞苑)

 ところが、"琵琶湖に鯨が泳いでいた"と言えば、大笑いされるでしょう。しかし、万葉集に関しては、大まじめに琵琶湖には鯨がいるとされているのです。
 とりあえず、淡海に関する歌を二つ見てみましょう。

@『万葉集』巻三、二百六十六番
柿本朝臣人麻呂の歌
あふみのうみ,ゆふなみちどり,ながなけば,こころもしのに,いにしへおもほゆ
淡海(あふみ)の海夕波千鳥汝が鳴けば心もしのにいにしへ思ほゆ

(原文)淡海乃海 夕波千鳥 汝鳴者情毛思<努>尓 古所念(岩波古典大系に準拠)

A『万葉集』巻ニ、百五十三番
天智の妻の歌、太后(おおきさき)の御歌?
いさなとり,あふみのうみを,おきさけて,こぎきたるコウ,へつきて,こぎくるふね,おきつかい
いたくなはねそ,へつかい,いたくなはねそ,わかくさの,つまの,おもふとりたつ
 鯨魚取り 近江の海を 沖放けて 漕ぎ来る船[舟エ]辺付きて 漕ぎ来る船
 沖つ櫂 いたくな撥ねそ 辺つ櫂 いたくな撥ねそ 若草の嬬(夫)の 思ふ鳥立つ

(原文)鯨魚取 淡海乃海乎 奥放而 榜来[舟エ]邊附而 榜来船
     奥津加伊 痛勿波袮曾 邊津加伊 痛莫波袮曾 若草乃嬬之 念鳥立

 これも天智天皇の妻の歌、太后(おほきさき)の御歌となっているが、内容がおかしい。定説の読み下しは、「鯨魚取り 近江の海を・・・」と成っている。鯨が取れる近江の海となっている。いくらなんでも琵琶湖では鯨は捕れない。

 意味、解読など詳しくは古田史学の会のHP「新・古代学の扉」の「淡海(あふみ)の海夕波千鳥汝が鳴けば心もしのにしへ思ほゆ」古田武彦講演会 二〇〇一年 一月二〇日(日)(午後一時から五時)を見てください。

 とりあえず、ここでは淡海が鯨などいるはずもない琵琶湖に比定されている事を見て頂いただけです。

 さて、この淡海については、HP「環境問題を考える」のサブ・サイト「有明海・諫早湾干拓リポートU」一月号"「阿漕的仮説」古田史学の会代表 水野孝夫"、"「阿漕的仮説」の掲載について"において、淡海は球磨川河口の海のことではないかという仮説が提出されています。これは万葉集の淡海を球磨川(日量一〇〇〇万トンに対して六〇万トンという伏流水によって塩が薄まり塩辛くない海が拡がっていたと言われ、同地には万葉集に歌われた水島もあります)が注ぐ不知火海ではなかったかという仮説を「倭姫命世紀」という古文書によって論証するものでしたが、ここに"石棺"と"淡海"をキー・ワードに考えさせられる万葉歌があるのです。
 これについては、前述したHP「新・古代学の扉」の古賀事務局長の洛中洛外日記2005/12/10「石走る淡海」から全文を引用させて頂きます。もちろん、ただの作業仮説なのですが、正直、始めは私もさすがに首を傾げました。しかし、徐々に侮れないことがわかってきたのです。まずは、お読み頂きましょう。

古賀事務局長の洛中洛外日記第52話(2005/12/10)
石走る淡海
 『万葉集』などの歌枕には意味不明のものが少なくありません。「石走る淡海」もその一つです。淡海などの歌枕とされる「いわはしる」と言われても、琵琶湖を岩が走るのを見たことも聞いたこともありません。ところが、最近ちょっと面白いアイデアがひらめきましたので、ご披露したいと思います。
 淡海は本来は琵琶湖ではないという問題については、既にこのコーナーでも紹介しましたが(第17話)、現在の所、熊本県の球磨川河口とする西村・水野説が有力です。この説に従えば、もう一つ注目すべきことがあります。それは球磨川河口の北部に位置する宇土半島から阿蘇ピンク石が産出するという事実です。このことも、以前触れたことがありますね(第25話)。本年この阿蘇ピンク岩の巨岩を復元された古代船で近畿まで運ぶプロジェクトがありましたが、これこそ「淡海」を「石走る」にぴったりではないでしょうか。
 古代において、遠く近畿まで阿蘇ピンク石を船で運ぶ姿を見た歌人達が「石走る淡海」と詠んだ、そのように思うのです。それは、勇壮かつかなり異様な印象深い光景に違いありません。もしかすると柿本人麻呂も、球磨川河口の海を阿蘇ピンク石を積んだ船が滑るように走る情景を見たのかも知れません(『万葉集』29番歌に「石走る淡海」が見える)。
 いかがでしょうか、このアイデア。かなりいけそうな気がするのですか(ママ)。もし当たっていれば、「石走る」という枕詞も九州産ということになり、最初に九州王朝下で作歌されたことになります。

 多少、補足しますが、古賀事務局長は「阿蘇ピンク岩の巨岩を復元された古代船で近畿まで運ぶプロジェクトがありましたが」とされていますが、正確に表現すれば、馬門現地で加工された石棺が運ばれています。ただし、その事はここでは重要な意味を持ちません。
 この文書は、古田史学をある程度理解している読者を対象とした軽いコラムとして書かれていますので、かなり簡略化された話にされていますが、その背後には多くの研究の蓄積があることは言うまでもありません。
 また、古田武彦氏の九州王朝説に立脚する古田史学の会では、柿本人麻呂も九州王朝の宮廷歌人と推定されており(九州王朝滅亡後には畿内の歌人としても活躍)、当然ながら淡海も琵琶湖ではないのではないかと考えられています。
 では、古賀仮説は成立するのでしょうか。宇土半島の南の不知火海を淡海とすることについては、既に水野代表が論証されていますが、最初に考えたことは、普通に考えると馬門地区は宇土半島の北側に位置し、どのように考えても北側の有明海にしか送り出さないはずであり成立しにくいと思ったものです。しかし、調べていくとどうやらこの仮説は成立しそうなのです。

馬門以外の菊池川水系、氷川水系でも石棺が作られ一部が畿内に運ばれている

 確かにピンク石石棺は馬門起源のようですが、ピンク石ではないものの、馬門石と同じ阿蘇熔結凝灰岩は阿蘇周辺の広い範囲に分布しています。そして古代においてはなおさらの事、切り出し搬送に適した場所が選ばれ生産されていたはずです。
 一応、現地を確認してきましたが、一つは熊本県玉名市を通り有明海に注ぐ菊池川水系と、一つは熊本県八代郡の旧竜北町と宮原町の境を成し不知火海に注ぐ氷川水系です。ついでながら、この水系の上流の東陽町には有名な種山石工の集落があり、石匠館なる施設まであります。ただし、誤解がないように申し上げておきますが、種山石工集団は加藤清正が近江の穴太石工を黒鍬組として呼び寄せたものであり、それ自体としては、関係はありません。しかし、何もないところに技術移転がなされたとも考えにくいものです。
 ここで生産されたと考えられているニ水系のうち菊池川水系については、瀬戸内海沿岸に運ばれ、岡山県山陽町の小山古墳、香川県観音寺市の青塚古墳、同じく丸山古墳、愛媛県の蓮華寺古墳の四例が確認されていますが、さらに大阪府藤井寺市の長持山1号古墳外七例、不知火海沿岸の氷川水系で生産されたとされている石棺で畿内に運ばれたものがあるようなのです。具体的には兵庫県御津町の御津町朝臣石棺、和歌山県和歌山市の大谷古墳石棺、京都府綴喜郡八幡町の八幡茶臼山古墳石棺の三例です。
 この氷川下流域産石棺は不知火海沿岸や佐賀県などにも運ばれているようですので、九州内での搬送も含めて、古賀仮説「石走る淡海」は十分に成立すると思われます。
 そして、このことは、万葉集に登場する淡海が本当は不知火海(球磨川河口)ではなかったのか、また、万葉集のかなりの部分が九州を舞台に書かれているのではないのかという可能性、さらには、朝廷による改ざんも含め、作者やその書かれた背景にまで多くの疑問があるという驚愕の推測を予感させるのです。今後とも古田史学(九州王朝説)の立場から現地踏査、資料、出典等の調査を行い再度報告したいと思います。

航路上に置かれた大歳神社

 大歳神社が気になりそのその後も分布を調べていました。兵庫県に最も多く分布している事は述べましたが、その分布は瀬戸内海沿岸にも広がっているようです。九州はそれなりに意識して探さなければ見つける事はできません。しかし、これまで、文献や地図を調べることにより、かなりの数を見つける事ができました。まず、長崎県諌早市の大歳神社があることについては書いています。

 ただし、航路については、この時にもリポートU53.「船越」(延喜式に登場する「船越」の駅=ウマヤ 経由の一部陸路利用)で書いた有明海〜諫早=船越〜大村湾というルートもありうるのではないかと思っています。海が安定する夏場でも、南、西風が卓越する長崎南、西岸は通りたくないと考えたからです。
                   (再掲)

 もしも、石棺の生産と搬送に大歳神社が関係しているとすれば、機内への航路上にあるのではないかと考え海岸部を調べていると、長崎県松浦市の沖、伊万里湾に浮かぶ鷹島の西南端、船唐津(長崎県北松浦郡鷹島町)にありました。二十五年ほど前に師匠と毎週のように釣に行っていた島です。
 ここから東は佐賀県の玄海灘沿岸になりますが、この神社は見当たりません。しかし、福岡市の西、糸島半島の東北端の唐泊港には大歳神社があります。さらに、宗像大社を過ぎ、鐘崎漁港の少し南の海岸(宗像市)に、大歳神の祠があるようです。

  ・・・この鐘崎貝塚の少し南の大歳(おおとし)神社という小さな祠の付近には、弥生時代前期の墓がありまして、鏡山猛氏によって報告されています。

『古代の海人の謎』 宗像シンポジウム 田村円澄 荒木博之編

 さらに東進し、岬を二つほど廻ると、波津漁港に大年神社があります。下関には大歳神社がありますので(下関駅の直ぐそば)、馬門〜(諫早)〜鷹島〜糸島〜宗像〜(関門海峡)〜下関への航路上にあることが分かります。
 詳しく調べれば、まだ、出てくるのではないかと思われます。また、それによって、当時の寄港地、それを支えた勢力、氏族、海人集団といったものが特定できるかもしれません。

石棺は諫早湾、大村湾経由で搬送されたか?

 興味があるのは、当然ながら、リポートUの"53.船 越"で推定した陸行による搬送路です。特に、諫早の"船越"の有明海側の入口と思える本名川北岸に大歳神社があり(諫早市長田町)、大村湾側の出口付近に歳神社(諫早市中尾町)と歳大明神(同、船越)他があることは、ある程度の高低差を考慮に入れてもその可能性を強く感じさせます。船越はそれだけで一日の行程のはずであり、古代においても両方の場所で歓迎のレセプションと出航のセレモニーが行われたと考えられるのです。
 もちろん、今の段階で結論を出す事はできませんが、当時の"船越"の行程をこの神社を鍵に推定すれば、有明海側から本名川を溯上し、諫早駅付近から標高九九メートルの御館山の麓の北側から歳神社(同、中尾町)に抜ける貝津小船越(カイヅオブナコシ)ルートと南側から歳大明神(諫早市小船越町)に抜ける小船越(オブナコシ)ルートで東大川に入る五百〜七五〇メートルほどが"船越"されていたのではないかと考えます。
また、大船越ルートもありえるのかも知れません。本明川の支流埋津川から東大川に抜けるとこちらにも川沿いに歳大明神があります。
 どうやら、諫早は大歳神社が数多くあるようで、久山(クヤマ)町にも歳神社(大歳、御歳、若歳の年三神を祀る)など、詳しく調べれば相当出てくるのではないでしょうか。
 一応、大村湾ルートを補強するものだけを拾い上げているようですが、長崎南西岸外洋ルート側も調べると、長崎市矢上町の歳宮(大歳、御歳、若歳の年三神を祀る)、長崎市と諫早市に隣接する飯盛町の大門地区にも歳宮(稲田姫命を祀る)があります。

おわりに

 宇土半島を頻繁に走り現地を見続けていると、この地が古代において有明海と不知火海という二つの地中海を南北に隔てる大きな壁であり、奥の深い入江をいくつも持った複雑な地形をしていた事に気付きます。まず、この半島は紀元前後において島であった可能性も捨てきれません(これについても時期は不明ですが、水道が存在し有明海と不知火海が付け根の部分で海峡を成していたとの研究があります。海成粘土層の分布についての調査資料でもあれば有り難いのですが)。標高三〜四百メートル近い宇土半島の脊梁山地の付け根に当たる宇土市から不知火町にかけての低地には、多くの湿地が広がっていたと考えられます。そして、北側には緑川という大河川が流れ、頻発する洪水、氾濫はこの低地に大量の土砂を運び込み宇土平野を造ってきたのです。
 今回は、古代史の要素があまりにも大きかったために、大半のエネルギーをそちらに注いでしまい、本来ふれるべき干拓地の成立過程、その"水掛り"、緑川の河道の変遷、国産アサリの大産地である川口漁協の話といったものを全く省略してしまいました。 
 いずれ、有明海・諫早湾干拓リポートの立場から再度下調べを行い、続編を書く事になるかもしれません。
石棺の生産拠点であった馬門が当時は波洗う海際の集落であった事は承知されていたと思いますが、"大王の石棺"実験航海のプロジェクトでは、海岸までトラックで搬送され、網田(オウダ)町の宇土マリーナから船に積み込まれました。
 石棺の重量から考えても、当時は舟か筏以外に搬送する手段はなく、海際の土地か海に注ぐ大河川の流域しか石材の切羽が開かれる事はないのであり、馬門もその一つでしかなかったという事はなんとか分かって頂けたのではないかと思うものです。

太古、宇土半島は島だったか?

 この半島は縄文時代晩期から紀元前後において島であった可能性も捨てきれません"これについても時期は不明ですが、水道が存在し有明海と不知火海が付け根の部分で海峡を成していたとの研究もあると聞きます。海成粘土層の分布についての調査資料でもあれば有り難いのですが"。と、しましたが、『宇土市史』通史編第一巻を調べていると、"「松葉の瀬戸」はあったか"という興味深いコラムを見つけました。これは非常に面白い話ですが、面白いだけではなく、「石走り淡海」という問題に関しては重要になりますので、全文を掲載することにします。以前から不知火町に隣接する旧下益城郡松橋町の松橋(マツバセ)という地名は、"松葉の溜まる瀬"という地名とまでは考えていましたが、松葉の瀬戸とまでは考えが及びませんでした。
 もしも、縄文期晩期において、宇土半島が島であったとしたら、おかしな表現になりますが、有明海は不知火海であり不知火海は有明海であったことになります。実は、有明海もかつては不知火海と呼ばれていたという話も聞いたことがあります。このことも頭において読んで頂きたいと思います。

コラム1 「松葉の瀬戸」はあったか

 JR宇土駅から松橋駅に向かうと、右側の窓から、右側の車窓から、南北に細長い平坦地が見える。太古には海が入り込んでいて、ここは海峡になっていたとの俗説がある。この想像上の海峡は「松葉の瀬戸」とも呼ばれており、松橋町にはこの名前を付けた菓子を作っている店がある。
 古くからの言い伝えがあるのだろうと思っている人も多いようだが、『肥後国史』などの江戸時代に書かれた地誌には記載されていない。この俗説が生まれたのは、そう古くないようだ。このたび、『新宇土市史』を編纂するにあたって行った地質学の調査では否定的な結果が出ている。そこで「松葉の瀬戸」という俗説が生まれたいきさつを整理しておくことにする。
 宇土半島基部にある細長い平坦地の成立過程が、学問の場で問題にされるようになったのは昭和のはじめである。下間忠夫は、一九三二(昭和七)年に熊本地歴研究会から発行された『熊本県地貌誌』の中で、この平坦地を「宇土松橋狭隘」と名付け、狭義の熊本平野(白川・緑川流域の沖積地)の南端部にあたり、八代海岸平野との連絡地点と位置付けた。そして「更に本平野(熊本平野)は且て有明海の一部で、平野文學士は熊本海灣と命名され、宇土松橋狭隘地は當時海峽であったと云ふ。」と平野流香の海峡説を紹介している。
 同じく一九三ニ年に発行された『熊本市史』の中で、平野は貝塚の分布から史前時代の熊本平野(熊本海湾)について述べているが、その付註に「なほ當時、宇土半島が、現在のやうに、果たして半島であったか否かは、問題であるが、その點にまで立ち入るのは、餘りに本書の範いを逸脱する恐れがあるので、現今使用の觀念に随って『半島』という語を用ひた。」とある。
 これらの記述から、当時宇土半島基部の平坦地のでき方について議論されており、平野は貝塚のころ(縄文時代)には海峡で、その後に平坦地ができたと考えていたことが分かる。
 この説は、その後一般に受け入れられたようである。一九五三(昭和二八)年から一九五三年にかけて蓑田田鶴男が執筆し、一九九二(平成四)年に刊行された『八代市史』第一巻には、縄文時代の「熊本海湾」と「古八代海」を結ぶ海峡が宇土半島基部にあったとの記述があり、これを「古宇土海峡」という名で呼んでいる。
 一九六〇年(昭和三五年)に刊行された『宇土市史』にも、この海峡説は取り入れられている。「熊本平野の一部が形成されつつあった頃、宇土は依然海湾として残り、・・・中略・・・海路は遠く八代方面に延びてゐた、との一応の推定もある。」との記載がある。
 「松葉の瀬戸」という呼び名は『松橋町史』が刊行された一九六四(昭和三九)年ごろに、松橋(まつばせ)という地名の意味についての議論とからんで付けられたようである。「まつ」は粘土地を呼ぶ古語、「ば」は端の意味、「せ」は瀬戸と考えると、粘土地の端にある瀬戸、つまり「まつばせと」となり、これがつまって「まつばせ」という地名になったとの解釈である。このためには宇土半島基部に海峡があったことの証明がいる。地名の起源についての証明としては少し苦しいように思う。
 やがて、地質学の詳細な調査が行われるようになり、海峡の存在は林行敏らによって否定された(『宇土半島―自然と文化』)宇土半島研究会 一九七五)。
 本書の自然編第二章宇土半島の地形・地質・水では、宇土半島基部にあったと推定されていた海峡の名を「宇土・松橋水道」と名付け、これが存在しなかったことが述べている。(ママ)
 この地質学の調査成果を取り入れ、縄文海進でもっとも海面が高かった時期の海岸線の推定図を作った。
 宇土半島基部に海峡はなかったと考えるのが学問的には正しいと思うが、私は松橋  駅のホームで通勤列車を待ちながら、ときどき小雨の中に、まぼろしの海峡を見るこ
とがある。
(佐藤伸ニ)

※ 本稿を八〇〇〇字に縮小したものが同時に古田史学の会会報四月号に掲載されています。
 この古田史学の会は古田武彦氏(元昭和薬科大学教授)の説を軸に古代史を研究し広める全国の市民(学者を含む在野の古代史研究家など)によって運営される民間の古代史研究団体です。北海道、東北(仙台)、東海、関西、四国、九州(九州は例会活動を行っていません)に組織があり、関東地区は友好団体の東京古田会、多元的古代研究会・関東の二団体があります(従って別個には活動を行っていません)。外に古田史学の会まつもと(名称は似ていますが本会とは一応別組織の友好団体です)があります。 
 私は、学生時代(一八歳)に古田武彦氏の『「邪馬台国」はなかった』(臺=台ではなく壹=壱)、その後も『失われた九州王朝』『盗まれた神話』といった初期三部作から今日まで五十冊に近い著作を不完全ながらも読んできました(古田武彦氏には六〇冊を越える多くの著作があります)。
 古田学説を極簡単に説明すれば、八世紀初頭まで北部九州を中心に大和朝廷に先行する王朝が実在し、その首都は大宰府から久留米周辺にあったこと、歴史上名高い白村江の戦に敗れたのは九州王朝であり、聖徳太子によるものとされている「日出る国の天子より日没する…」を発したのも九州王朝の王であった(いわゆる倭の五王−多利思北弧)。と、するものです(従って、聖徳太子は存在しない)。
 当時、九州王朝は大和朝廷に先行する独立した年号を持ち、朝鮮半島南部から本州にも版図を広げていたといたものと考えていますが、詳しくは古田史学の会公認のホーム・ページ「新・古代学の扉」を見て頂きたいと思います。
 なお、古田史学の会全国総会(六月一八日)において「馬門」というテーマで古川が発表する予定です。

119.  公共工事か戦争か?(民需から軍需への振り子が動いた)

 いよいよ改憲論議が本格化してきましたが、環境保護派内にも護憲派の方がおられ一喜一憂されているかも知れません。私はいわゆる護憲派であった事は一度もありません。
 戦後のブルジョワ憲法を金科玉条のごとく崇拝するなどありえない事で、心は至って静かです。平和憲法などと言われてはいますが、いわゆる九条問題にしても、日本という国家は裏では着実に軍事力を積み上げてきた上に、核に至ってはライシャワー証言を待つまでもなく、昔から米国の核を持ち込んで来ました。艦船に積み込んでの寄航は上陸ではない以上持込ではないと理解していたアメリカの基準を黙認し、彼らの基準で持ち込んでいないと通告していた事を分かった上で信用していたふりをしていたに過ぎなかったのです。
 つまり、表向きは解釈改憲によって表面上は憲法を守っているように装っていただけの話であって、裏では憲法など守られてきた事など全くなかったというのが醒めたる識者の常識でしょう。
 従って、戦争による改憲以来、守られた事などない一度もない国において"平和憲法を守れ!"と言うことは、錯覚であるか、逆に守らせてきたと思い込みたかったか、宣伝したかっただけの事でしかなく、むしろ、守られてもいないものを、守れ!と言うことによって、国民や労働者一般の護憲への幻想を繋ぎ留め、同時に奇妙な安心感と満足感を与える麻薬のようなものでしかなかったのです。
 私はそのようなくだらない政治的運動や政治思想には一切の興味を持っていません。つまり、戦後民主主義を最高のものでもあるかのように擁護し、その現状を維持する事に利益を見出した護憲勢力(戦後の既成旧左翼いわゆる革新系議員や大手の堕落した組合官僚)が、その戦後民主主義を最後的にしゃぶり尽くして、全ての労働者、中小商工業者を無権利状態に陥し入れ潰してしまったのが、戦後の終焉である現在と言うべきでしょう。
 ヒットラー・ナチの台頭が最も民主主義的と言われたワイマール共和国が生み出したものであったように、このおぞましいばかりの小泉ポピュリズムの登場こそ、アメリカに強要され許容された戦後民主主義の産物でしかないのです。
 従って、一度も守られた事などなかった憲法を護持する事にも改変する事にも意味などありえないのです。
まず、権力は自らのブルジョワ権力を維持する必要がある時には憲法があろうがなかろうが、何時いかなる時にも人権を踏みにじり、労働者、一般国民に銃を向け、憲法など無関係に暴力を振るうはずです。
 それはともかくとして、私には奇妙な別の安心感が漂っています。それは 86.大公共事業時代(公共事業は止められない!しかし、終わる)で書いたように、一つは公共事業が生み出したものが余りにも肥大化し老朽化し始めた事の結果として、新規をやる余裕など全く無くなっているということ。一つは、政治的には事実上のクーデターとも言うべき小泉の衆議院戦の勝利によって(あくまで結果であり現象に過ぎないのですが)、田中角栄以来、国家権力を握ってきた郵政族、道路族、建設族などといった護憲的(親中国的)土建屋ケインズ主義者どもが政権中枢から排除されたこと(地方ではまだこの連中が多数派ですが)によって、平和産業としての土建業の割合が減少してくる事が予測できるからです(もちろん、南北朝期〜室町期のように絶えざるゆり戻しは有り得ますが)。
 もちろん、今後もくだらないというより害悪の方が大きい公共事業は続くでしょうが、軍事シフトにより軍需中心の公共事業の比重が上がることによって、その中心は徐々に高性能ミサイル生産、ロボット兵器生産、海軍力の増強といったものにシフトしていくことになるでしょう。
 単純には言えませんが、アメリカでは民需の民主党と軍需の共和党とが交互に入れ替わってきました。しかし、米国民主党の凋落は顕著であり、その背後には海外との競争に負けた民需生産の落ち込みがあるのです。最早、物を造らない、造ることができないアメリカの姿を見て取れます。今や、航空機と兵器生産以外に競争力のある産業はないのです。だからこそ、大量殺戮をものともせずイラクを侵略し、ドルの裏付け、従ってアメリカ資本主義の担保とも言うべき原資=石油を確保しに行ったのです。成功しているかどうかとは関係がありませんが。
 日本においては、戦前は全ての予算を軍需と戦争に流し込んでいましたが、敗戦によって民需生産以外は許されなくなります。しかし、戦後復興が終わり、民需生産で世界を席巻してあぶく銭が国庫に入り始めるや、金が無尽蔵でもあるかの如く無節操にも土木工事に巨大な無駄遣いを始めるのです(田中、竹下、金丸、橋本、野中・・・)。そして、その付け回しこそが現在の財政破綻の基礎にあるのです。こんな連中を信用して選挙で投票を続ける国民にも驚かされますが(私は一度も投票した事がありません)、凡そ自分の頭で物事を考えていないかのようです。
 資本主義経済とは人間の欲望を無制限に解放しただけのものに過ぎませんが、それを前提に制度化したものが資本主義社会です。この社会は絶えざる生産と絶えざる破壊を繰り返さなければ成立しないのです。まさに戦争こそは最適であり(平時でも盾と矛の矛盾により絶えず更新が行われるのです)、土建業では不必要な道路やダムが造り続けられるのです。
 私はこの軍需への振り子を動かさずに平和な民需で生産を続ける唯一の方法として"壊す公共事業"(自然再生型)を提案したのですが、現実には建設労働者の賃金の低下によって予算は削減されたものの、事業量は元のままか、むしろ増加してしまい、今や固定したかのようです。 
 ただ、国家予算の取り合いの側面としては、どうやら道路族の敗北となりつつあるといったところでしょう。
軍需と民需の振り子は動き始めました。いずれ、その事が鮮明になってくるでしょう。
 非武装中立論者は、外圧による深刻な危機に直面するや容易に武装中立論者に変貌する事でしょう。
 日本資本主義が再び技術力を取り返し、今後も国際競争力を維持し続けるためには、不必要な道路やダムを造り続けるよりは、ロボット生産やミサイル生産の方が賢い人間を生み出すはずであり、その意味では土建屋のボンクラ息子がベンツを乗り回すよりは、努力する理系の清貧な学生が受け入れられる社会の方が望ましいと思うものです。
 一方、軍需といえばアレルギー反応を示す人が出てくる事は承知していますが、それはある意味で資本主義社会の必然であって、軍需生産が嫌であれば、それを別の政体(社会体制)に換える以外には方法がないのです。もしも、"軍需生産へのシフトを許すべきではない!"と、するのならば、それは資本主義を打倒する事を考えて頂かなければならなくなるでしょう。なぜならば、スクラップ・アンド・ビュルドを繰り返す事は、資本主義の特性であるからです。
 海外でもそうだと思いますが、日本では戦国時代(実際にはそれよりもはるか以前の古代まで遡るかも知れません。そもそも公共工事は戦争による奴隷=俘囚の強制労働が起源なのですから)の一般雑兵は平時においては城普請をさせられていたわけで、その後、安定期の江戸時代になると、この中枢の技術者の一部は黒鍬組と呼ばれる用水路や溜池工事の土木技術者になるのです。このように、権力は戦時には戦闘をしているのであり、平時には城普請や土木工事をしていたのです。そういえば、エジプトのピラミッドもシリヤだかとの戦争の後の公共事業として賃金を払って造らせたという説がありましたね。このように、戦争と公共工事とは双子の兄弟なのであり、今後もそうであることでしょう。
 従って、"戦争反対!"を叫んだ戦前の反戦運動家(地下共産党、その他の社会主義政党、大本教、一応、現在のような堕落(?)が表面化する前の牧口常三郎や戸田城聖らの創価学会までは書いておきますか、それ以外の日蓮宗系統は率先して侵略の尖兵になり、浄土教系から曹洞禅、臨済禅を問わず残りは全て翼賛化され、後で鈴木大拙のように"宗教者は本当は戦争に反対だったのだ"などととぼけた事を言ったのです)と現在の環境保護団体(国交省や農水省などに利用され既に囲い込まれてしまったNPO法人などはもちろん別ですが)は同じ社会的性格や意味を持っている事が分かってくるのです。つまり権力を巡る問題なのです。
 ただし、今後、軍事シフトが一層強まってくると、"国土と国民の命とどちらが大切か"という問題もさることながら、反対運動の社会的性格や位置付けも変わってくるでしょう。もちろん、豊な国土を守るという運動それ自体は今後とも不偏的意味を持ち続けるものと思います。
 しかし、最後的には、"あなたは国家と戦ってもあるべき国家を守りますか?それともこの崩れ行く愚かでくだらない国家を捨てますか?"という選択を迫られるのです。私はそのどちらとも異なる"逃散"に魅力を感じています。この不公正で希望が持てない国家を自ら捨てるのではなく居たたまれなくなって国家から追い立てられるのでしょう。
 日本よ一刻時も早く滅び去れ!滅びなくして再生なし!

※ HP管理者である近藤さんから暖かい反論を頂きました。涙が出るほど嬉しく思います。まだ、このような高潔な精神性と意志をお持ちである事に感動を隠せません。しかし、恐らく国家的破産と国民の不幸はまだまだ端緒についたばかりと思われます。判断は読者と歴史に委ねる事にして原文のまま掲載させて頂きたいと思います。

120. 公共事業か戦争か?あるいは・・・。

HP環境問題を考える管理人 近藤邦明

 古川氏の『公共事業か戦争か?』は刺激的なレポートです。ホームページ「環境問題を考える」の冒頭で『護憲』の立場を表明していることもあり、多少コメントしておきたいと思います。

 日本における『平和憲法』下の戦後民主主義は、ついに米帝国主義の傀儡から脱することなく、今また米国の『テロとの戦い』という名目の下の世界戦略の中に明確に位置づけられようとしています。
 第二次世界大戦後の日本国民は長らく直接的な戦闘要員として戦場に赴くことはありませんでした。しかし日米安保条約の下、朝鮮戦争やベトナム戦争をはじめ、血塗られた米国の絶え間ない侵略戦争の兵站として機能し、同時に特需によって経済的な恩恵を受け続けてきたことは疑う余地がありません。
 更に、『テロとの戦い』の名目で開始されたイラク侵略戦争では、ついに戦場に自衛隊が派兵され、実質的に米国の補完的な軍事行動に直接的に参加し始めました。好戦的な小泉傀儡政権は、大儀のない単なる侵略戦争であったイラク侵攻について何の釈明も行わないままに、むしろ嬉々として宗主国=米国に従っているようです。
 警察予備隊を経て自衛隊が成立した段階で既に今日の状況は予測できた事態です。近代戦争の殆ど全ては『自衛のための戦争』として遂行されてきました。更に、戦闘行為が開始されれば、文民統制など不可能なことは分かりきったことです。その意味で、古川氏の言うとおり平和憲法は全く機能しておらず、改憲の動きとは現状を追認する形で条文を変更することでしかありません。

 私は、工業化された資本主義の化け物である米国という体制の必然的かつ一つの究極の姿が軍事大国化による世界支配であろうと考えています。同時にそれは最も環境破壊的な体制でもあります。
 環境問題とは、人間がエネルギー資源の利用による工業的な動力源を手に入れたことに始まる産業革命を契機とした生物資源と鉱物資源の大量消費が、地球の生態系を中心とした物質循環、あるいは大気水循環の定常性を破壊している問題です。更にこれに拍車をかけているのが、世界市場を前提とした資本主義経済体制です。
 工業生産力は、資本主義経済体制と結びつくことによって、人間生活に必要なレベル以上に肥大化し、増殖を続けることになりました。資本主義経済体制の下では不断の増殖だけが経済的に生き延びる道なのです。その定向進化の必然として、国境を越えた市場を欲することになります。
 人間生活の必要性という社会的な意味を失った工業的資本主義は、物を製造して売ることそのものが目的に転化しました。必要以上に肥大化した工業生産力を養うためには、生産と同時に破壊することが必要になります。
 肥大化した工業生産力を吸収するための一つの姿が『平和憲法』下の戦後日本で行われてきた、古川氏の表現を借りれば土建屋ケインズ主義による無意味な建設と破壊を繰り返す公共土木事業(現在はその一部がIT産業と自然エネルギー発電を始めとする似非環境関連産業へシフトしつつあります)でした。
 そしてもう一つの道が、米帝国主義が体現している軍需産業の育成と、これを背景とした、時には露骨な軍事的侵略と、あるいは武力による恫喝による資本主義的世界市場の構築と、資源の強奪です。
 無意味な公共事業と軍需産業(これも一種の公共事業です)こそ肥大化した工業生産力を維持し続けるための究極的な双子の国家形態ではないかと考えます。古川氏が指摘する通り、企業にとってより収益性の高い形態は破壊そのものを目的とする軍需産業であろうと考えられます。
 では、土建国家と軍事国家のいずれがより環境破壊的な性格を持つのでしょうか?確かにこれまで日本国内で行われてきた公共土木事業は自然環境に対する認識の低さから、環境破壊的な性格を持っていましたが、例えば古川氏の言う「壊す公共事業」を含めて、自然環境を豊かにする方向での路線変更の可能性を持っています。
 しかし、軍事的破壊行為は、破壊のための破壊でしかありません。しかも、京都議定書の発効で原子力発電の推進による核拡散は避けられず、これによって必然的に核兵器の拡散が加速する事は火を見るよりも明らかです。
 既に湾岸戦争やイラク侵略戦争で米国は劣化ウラン弾という核兵器を使用し、環境を汚染し、更に小型中性子爆弾という核兵器を戦術的な兵器として使用することを目論んでいます。わが国の原子力政策も決してその軍事転用を否定できない状況にあります。
 私は、環境問題を本質的に解決するためには世界市場を前提とした工業的資本主義体制を根本的に解体することが必要だと考えています。ただ現状では今しばらくこの世界体制を根本的に変革することは無理だとも考えます。
 何らかの形で工業的資本主義体制を葬った後に新たな道が開ける可能性を残すためには、環境を徹底的に破壊し、環境を核物質で汚染しつくすという形の破局的な終焉を迎える可能性の高い軍事国家としての方向は選択すべきではないと考えます。

 形骸化した現行憲法さえ守ればよいという幻想を持つつもりは毛頭ありませんが、軍隊容認の憲法改正が行われてしまえば、それは海外侵略に道を開くことを意味し、日本が一気に軍事国家の道へ転落する危険性を否定できません。
 既に東アジア地域は無能な小泉政権の外交政策によって、一触即発の危険な状況に向かいつつあります。それは最悪の場合、米国の前哨基地として日本が盾となり、国土全体が放射能汚染で焦土と化す危険性を孕んでいます。
 これは必ずしも核兵器による攻撃を意味しているわけではありません。日本国内には臨海部に原子炉という動かぬ核弾頭が既に無数に存在するのです。それどころか、愚かにもプルサーマル発電というプルトニウム核弾頭までも用意しようとしています。長大な海岸線と狭小な国土面積という特徴を持つ日本を軍事力によって守ることなど、幻想に過ぎないのです。
 現状の工業的資本主義体制下で選ぶべき最良の道は、現行憲法を完全遵守することによる自衛隊の解体(自衛隊を武装解除して、災害救助及び国土保全、山林・農地維持に当たるよう改組)と原子力発電の全廃、肥大化した工業生産力を活用して古川氏の提唱する「壊す公共事業」を含む国土の再生事業を行うことです。同時に工業生産力の縮小を図り世界市場からの段階的な撤退を行い、余剰労働力を第一次産業へシフトすることだと考えます。

 そのための第一段階として、自衛のための最小の軍事力も含めて全ての武力を放棄し、現行憲法を完全に遵守すること、絶対平和主義を貫徹することこそ実は最も現実的な選択肢だと考えます。

121.  資源開発基本計画の謀略を暴く

"あわれ「溜池」と化した筑後川"

 筑後川水問題研究会 中原孝矩(元記者)

 2006年初頭に見る筑後川はほんど水が流れておらず、河川ではない。水が音を立てて流れなくなった筑後川は瀕死の状態である。筑紫次郎と呼ばれ、九州一の河川といわれた面影はすでにない。ダムという名の「溜池」が上流から下流まで点々と存在する。溜池と溜池がかろうじて水路でつながっているのが現在の筑後川だ。
 いうまでもなく上流には下筌ダム、松原ダム、中流域に夜明ダム、下流に筑後大堰があって、それぞれ大きな溜池と化している。中流域の夜明ダムと松原ダムの間にも、九州電力の水力発電用の取水堰があって、必要な水をせき止めて巨大な導水管で河川を迂回して水を流しているから、その途中の河川にはほとんど水が流れていない。改めて下筌ダム、松原ダム、夜明ダムのほかに江川ダム、寺内ダム、合所ダム、大山ダム、これから建設にかかる小石原川ダムと数えてくると、「溜池」の数ばかりが増えたことに気付く。
 筑後川流域の人達は、筑後川から水を取りたいだけ取ればいい、と考えているのだろうか。人体に食いついて人の血を吸うヒルを私は想像する。筑後川から水を取る私たちは川の水を、すでに吸い尽くしているように私には思える。筑後川周辺の住民は4,50年前の豊かな流れを保っていた筑後川の姿を思い返して欲しい。すでに筑後川は日本の誇る一級河川ではないことを理解していただけるだろうか。溜池が連なっているだけという恐ろしい姿が、現状なのだ。何故このようなことになったのか。

上水道用水は有り余っている

 現在、福岡市はじめ筑後地域など県南部にかけての全ての市町村、鳥栖市と佐賀県東部を対象にして、上水道水が合計毎秒約5.5m3が供給されている。工業用水も毎秒0.245m3ある。小石原川ダムに向けて福岡県が行った事前調整では新たに工業用水を要求する声は上がっていない。佐賀県東部地区では上水道はこれまでの取水体制で充分だとして、あらたな取水を断っている。福岡都市圏も新たな利水の追加は不要としている。熊本県、大分県からも新たな要請はない。
 過剰な水はもはや要らないと、各自治体は合唱し始めている。利水目的のダムを建設すれば、配分を受ける水量に応じて多額の建設費を20年から30年間払い続ける義務が生じることが、分かっているからだ。
 合併前の久留米市で市民一人1日540リットル使用する給水体制を完備していることが判明した。筑後地域で各自治体がこれまで整備してきた給水体制は、施設稼働率は50%から60%台だった。全自治体が無駄な過大施設を抱え込んでいることに驚く。国土交通省が、国民の一人1日使用量として挙げているのは200リットル、ここ数年の福岡市民も同量だから、久留米市民の540リットルは、恥ずべき無駄遣いの典型的なケースといえる。
 また筑後地域の水道整備は久留米市、柳川市、三井水道企業団など、ほぼ完了した。特に県南広域水道企業団に加盟した7市9町における水道普及率は平均89.2%。このうち9団体は95%以上を果たしている。だから今後整備が進んでも水道水の需要量が急増する懸念はほとんど無いことがわかる。
 合併で久留米市は24万人都市から30万人都市へ大きくなった。柳川市も同様に大きくなった。近隣町を編入するだけだから、給水量はほとんど同じ。又、新たに甘木市や、筑前町などが広域水道企業団に加入し、水道水の配分を受けようとしている。将来給水人口が現在の約65万人から10万人増えると見込んだ場合、新たに日量3万m3の水が必要になるが、この地域で1日平均消費量が現在の18万m3から21万m3となっても、日量32万5400m3の給水体制があるので、水不足の事態は起こらない。
 佐賀県東部地区で城原川ダムを建設して新たな利水を行うという計画があったが、東部地区の自治体はすでに充分な水の配分を受けているとして、城原川ダムからの利水を返上したのは最近の出来事である。福岡都市圏でも県営清瀧ダムが水需要予測が鈍化したという理由で、計画が中止と決まった。こうした動きは2005年度だけでも山口県・西万倉ダムの中止。宮崎県・吹山ダムは中止の方向で検討入り。近畿地方では、淀川水系で2つのダムが建設中止となった。共通のキーワードは「水あまり」だ。

現実離れした見込み量に仰天

 筑後川を、もはや河川とは呼べない姿に追い込んだのはだれか。上水道用水、工業用水、農業用水取水の現状を調べ、私は怒りがこみ上げてきた。小石原川ダム建設反対の決意を固めて資料を漁るうちに、ついに突き止めた。推理小説流にいえば、首謀者はまさしく国。共謀者は通産省、農水省、建設省、水資源開発審議会等ということになろうか。犯行の目的は。どのようなストーリーにすれば合法的なダム建設が促進できるか、という1点にある、と見る。
 そこで編み出された段取りが水資源開発促進法の制定、開発河川の指定、水資源開発審議会委員の選任、そして水資源開発基本計画の内閣告示であった。
 住民のために河川を利用して上水道用水などが確保されることは理解できる。がしかし、「過剰な水」の確保を国に任せたつもりはない。国が「過剰な水」を筑後川から取水する仕組みを作り上げた結果、筑後川は一体どうなってしまったか。
 ここで2005年4月、国土交通省告示の、筑後川水系における水資源開発基本計画の「全部変更」の中味を検証する。
 水道事業が依存する需要の見通しは毎秒約8.2m3。同じく工業用水は毎秒約2.2m3とある。すでに書いたように現在の供給体制は上水道毎秒約5.5m3。これでも余っている実態がある。なぜ余っている地域にさらに過剰な需要見込み量を押し付けるのか。工業用水はさらにひどい。毎秒約2.2m3とするが、実態は、毎秒約0.234m3しか必要とされていない。
 わかりやすく日量に換算すると、見込み量毎秒8.2m3は1日70万8480m3となる。毎秒5.5m3は1日47万5200m3だから、その差は23万m3にもなる。だれがこのような過剰な上水道が必要だという想定をしたのか。一体どんな水道整備を予測して、このような数字をはじいたのか。それともどんぶり勘定だったのか。適当な数字を挙げたのか。誰でもいい、政府は直ちに説明責任を果たせ。
 一人1日320リットルという合併前の久留米市民の最新の平均消費量で換算すると、70万m3という見込み量は、221万人という巨大都市の給水体制を賄うに足る膨大なものだ。
 次に1966年2月、総理府告示第4号で明らかにされたものを提示する。筑後川水系における水資源開発基本計画の原点ともいえる数値だ。上水道整備に伴う将来の必要量の見込みは毎秒約9m3、工業用水見込みは毎秒約7m3とある。現実離れした過大な数字には、あきれ果てる。40年経過して全部変更された中味でも、上水道の見込み量は毎秒約8.2m3、工業用水は毎秒2.2m3。いずれにしても、あまりに現実離れしており、この国は一体どんな神経をしているのか。一度広げた押し売り同然の、無謀な大風呂敷は閉じたくても出来かねるらしい。

ダムと密接な「過剰な需要見込み量」

 ここで私たちは、国が決定した「過剰な需要見込み量」に仰天するだけでは意味が無い。私が指摘する「犯罪的な水資源開発行為」の目的であるダム建設が、巨額の税金投入の根拠とされ続けてきたという紛れも無い事実に憤るべきなのだ。
 繰り返すが、筑後川水系の水資源開発行為は1966年の告示がスタートだった。この時点で登場するのが両筑平野用水事業。中味は初めて甘木市内に出来る江川ダム、遅れてできる寺内ダムと、二つの多目的ダム建設の合図となった。
 1981年2月、総理府告示で基本計画の「全部変更」が決定される。スタートから数えると2番目で、最初の大幅な見直し。ここで寺内ダム建設事業、筑後大堰建設事業、福岡導水事業、耳納山麓土地改良事業として合所ダム建設、筑後川下流土地改良事業、筑後川下流用水事業、竜門ダム建設事業,猪牟田ダム建設事業、松原下筌ダム再開発事業、佐賀導水事業、さらに城原川ダム建設事業が登場する。総事業費は3700億円だ。
 羅列された事業名をみると、筑後川の大改造はこの時始まったとの印象が強い。その後の時代の流れで、中止となったのは猪牟田ダム建設事業だけだ。
 1984年3月、総理府告示で基本計画の一部見直しが行われる。中味は新規利水量の見込み量を毎秒1.5m3増やしたこと。また大山ダム建設事業がここで登場する。
 1993年5月の基本計画の一部変更で、小石原川ダムが登場する。着手された各事業の工期延長と、新規利水量を少量増やす方向で見直しが行われた。
 1999年2月にも基本計画の一部変更があった。取水量の増量と工期の延長、各事業費の総額が9500億円に大幅に増額された。総事業費は当初3700億円ではじまったが、いつの間にか2.5倍だ。
 全部を変更した2005年4月の国土交通省告示によると、最新の基本計画の中味である需要見通しは毎秒約10.4m3とある。これは上水道の毎秒約8.2m3、工業用水の毎秒約2.2m3を合計したものだ。
 まとめると、水資源開発基本計画なるものは、初回の1966年から2005年までの40年間に、全部変更が3回、一部変更を3回挟んで、都合7回の告示が行われた。
 国が途中で、上水道の見込み量についてだけ、まともな数字を決定した告示がある。全部変更の告示が行われた、1989年2月のものだ。なんと上水道需要見込みとして5.0m3としたのだ。実態を示す数字がはじめて登場、まさに「犯人しか知りえない秘密の事実が暴露」された瞬間だ。これに当局が気付いたのか、この数字は次の告示で、きれいに消されてしまうが。
 ここで数字に光を当てて、その変遷をご覧いただこう。上水道需要見込みは9m3で始まり、8.8m3から5.0m3。さらに8.2m3へ大きく変動。工業用水は7m3に始まり、5.1m3から2.7m3さらに2.2m3へと変更に次ぐ変更。これでも微妙な調整をしたつもりか。国のでたらめ振りが良く分かると思う。需要見込み量を示す数字がいかにいい加減か、私は糾弾したい。
 こんな数字を見せ付けられて、数字の根拠を知りたいと思うのは私だけではないだろう。給水人口か。人口の増加か。一人当たりの1日消費量か。何か需要見込み量を算定した根拠があるはずだと思いたい。

でてこい無責任な学識経験者

 筑後川上流で建設される諸ダムで蓄えられるとする水は、過剰な見積もりをそのまま生かす形で、筑後大堰でせき止められ、好きなだけ取水されるという壮大な仕掛けとなって登場した。
 全国の河川でこのように過剰な水を取水する仕掛けは、水資源開発促進法の成立とその後に行われた水資源開発水系の指定、となって登場している。全国がどのような実体なのか、私にはわからない。私は筑後川だけで判断するしかないことをお断りする。
 需要見込み量等を決める人達として、水資源開発審議会の存在を挙げなければならない。著名な大学教授ら「学識経験のある」15人を総理府が任命する。メンバーは「水資源開発水系及び基本計画に関する重要事項について調査審議する」という重要な責務に当ることになる。
 筑後川における上水道用水と工業用水の過剰な見込み数量は、内閣総理大臣の諮問を受けて、その時の審議会委員が回答し、国の決定となって筑後川のダム事業を支える根拠になった。「過剰な見込み量」の仕掛けを作った人達だ。過剰な水を生み出すダム建設推進に号令をかけてきた人達だ。
 筑後川水系の水資源開発基本計画は最新のものが出された2005年度までの間、一部変更、全部変更を繰り返し、その都度数値を手直しして、7回生まれ変わったことを述べた。
 これまで述べてきたように実際に出来上がった供給体制は上水道用水は毎秒約5.5m3、工業用水は毎秒約0.234m3となっている。上水道用水は久留米市を筆頭にした筑後地域で必要量18万m3に対して、32万5000m3が取水できる体制で、すでに水は有り余っている。
 佐賀県東部では城原川ダムが計画されながら、新たな利水は不要との決定がでている。なのに、なぜ未だに過剰な数値が決定されたのか。工業用水についていえば、計画中の小石原川ダムから利水をすると決めた福岡県は工業用水は不要との結論を出しているのだ。実に勝手な数字を決定して、なお恥じない面々の顔が見たい。なぜこのような過剰な需要見込みを出したか、分かりやすい説明を聞きたい。説明責任を果たせ。説明を聴くのは我々の権利だ。
 水道用水、工業用水、農業用水とおおまかに私たちが必要とする水は用途別にみれば、3つに分けられるという。2003年10月に国土交通省九州河川整備局がまとめた「筑後川水系河川整備基本方針」が述べる「既得水利権」によると、上水道用水は毎秒約5.531m3、工業用水は毎秒約0.245m3、農業用水は毎秒約45.2m3となっている。つまり3つの用途別水量を合わせて、毎秒約51m3もの水を、取水する仕組みを作り上げているのだ。これが実態だ。
 筑後川が枯れ果てて、瀕死の姿に変貌したのは当然だ。


水が消えた筑後川本流(大分県日田市大山町)

122.  島原半島の"トオ"地名
(有明海・不知火海フォーラム島原開催に寄せて)B

 第9回有明海・不知火海フォーラムの島原開催により、実行委員会メンバーとしては会場までの経路を考えなければなりません。島原に車で行くにも、武雄北方インターから有明海沿岸を一〇〇キロ近くは走らなければなりません。このため、島原に行くには天草下島の口ノ津、三角、熊本新港、長洲からフェリーを利用するのが効率的なのですが、その外には島原鉄道(諌早〜加津佐)を利用する方法があります。
 あまり多いとは思いませんが、当日、このルートを利用される方があれば、この鉄道の軌道がかつての干拓堤防であった事を考えてみられるのも良いかも知れません。と、言うのも、この絶対に許すことができない諌早湾干拓事業の潮止め堤防上を、将来、平然と車で走ることにならないとも限らないからです。これが干拓堤防であるならば、その内側には古代の干拓地があったはずなのです。これを考えて頂きくために、拙著「有明海異変」初期原稿から、一本のコラムを紹介しましょう。

閑話休題 古代の干拓というロマン

 前述した森山町の干拓地の内側には島原鉄道が通っています。詳しく調べた訳ではありませんので勘に頼ってのことですが、この鉄道敷の一部は昔の干拓堤防跡なのではないかという気がします。トラックやバックフォーなどというものがなかった時代の築堤工事は実に大変な労力を要するものでしたから、鉄道が敷設されるにあたってはちょうどよい高さで伸びていた干拓地の旧堤が利用されたのではなかったかと思うからです(第一は経済原則ですし、権利関係においても取得しやすかったはずです)。
 ところで、島鉄には「釜の鼻」という名の駅がありますが、この駅のすぐそばの現在の森山町役場があるあたりは「白塔」という地名で呼ばれています。シラ・トオ――そうです。地名学に興味を抱いたことのある人には少し気になる地名のはずです。森山町一帯はは古くから干拓が行われてきたところですが、もしかしたらここには潟湖(注一)があったのではないか。そして、その潟湖ないしはそれから発達した沼を利用して水田が開かれていたのではなかったのか―という空想が生まれてくるのです。
 干拓地というものはもともと海だったところが干陸化したものですからどこも土地が平坦で、そのために水を取り入れることには先人たちは大変苦労をしてきました。河川に恵まれない森山町も水には苦労してきた土地柄だったろうことは一目でわかりますが、このような場合、一般的には付近の山の谷筋に農業用の溜池などが造られます。しかし、「溜池掛かり」による用水に依存できるのは山の裾野のわずかな水田でしかなく、平坦な土地で勾配を確保した長延長の用水路を建設し、それを維持していくということは非常に難しいことでした。
 ですから、もしも海岸に自然にできた「潟湖」(ラグーン)か、それから成長した沼があったとしたら、それは自然からのすばらしい贈り物であったはずで、その水を利用して周辺に豊かな水田を開くことができたはずなのです。九州北部では川の河口付近の汽水域の水田で「アオ取り」と呼ばれる取水法がつい最近まで残っていましたから、古代においても淡水と海水の比重差を利用して満潮時に水を田に取り込んでいたことは十分に考えられるのです。
 さて、「白塔」(シラ・トオ)の話に戻ります。九州には塔、東、唐、遠、十などのつく多くの地名が広く分布していますが(注二)、柳田国男の『遠野物語』の「遠野」(岩手県遠野市)の「トオ」がアイヌ語の「湖・沼」を継承した地名であるように(注三)、どうやらこれらも湖とか沼を指していたようなのです。『日本縦断アイヌ語地名散歩』にも「『海』に近いのが、『沼』や『湖』で、日本列島には各地に『泉』があります。前述のようにアイヌ語では普通に『トー』と呼び、古くは『海』も『トー』でした。また、『トー』は『ツー』に近い音になりました。『沼』や『湖』などに『ト』や『ツ』がついてるような場合は、ひとまずアイヌ語地名を考えてよくなります」とあります。
 また、「シロ」「シラ」は『古代地名語源辞典』によると「シラは『汁』の意で『湿地』のことか」「シロという地名は(中略)あるいは、シル(汁)の転で『湿地』のことか」とあり(水田稲作においては「シロカキ」「ナワシロ」がいまなお生きた言葉として残っています)、「シロ」「シラ」は「ムタ」(大牟田が代表的)「ヌタ」と同様の湿地を意味しているようなのです。
 ですから、もしも筆者の空想が全くの見当外れでないとしたら、この森山町の「白塔」という地名は、もともとは海に近いところで「葦などが生い茂っている沼のある湿地」を意味するものであった可能性があるのです。(注四)
 諫早湾の周辺には高来町に鹿の塔、小長井町に遠竹という地名がありますが、いずれも古い時代には沼や湖があったところのようです。鹿の塔では川が合流するところに今でも小規模な湖の跡が確認できますし、小長井町の遠竹では「長崎本線が建設される昭和九年前後までは、ここは沼のような形状をしていた」と土地の古老から聞いたことがあります(想像するに入り江から発達した沼か湖があったようです)。
 脇道にそれてしまいましたが、「アオ取り」に象徴される先人たちの知恵や工夫とは似ても似つかない、傲慢で愚かな「諫早湾干拓事業」への怒り、嘆き、憎しみ、憤りを必死に抑えながら諫早湾の周辺を歩いた時に発見した、ささやかなロマンでした。

(注一)潟湖(せきこ)はラグーンとも呼ばれますが、強風や激しい潮によって海底の石や砂が吹き寄せられて海岸線に平行に堆積し(砂洲)、やがてその内側の半閉鎖水域が沼や池に変わって汽水化したもののことです。九州では鹿児島県の上甑島にある長目の浜(トンボロ)のなまこ池や貝池が有名です。
(注二)大分県天瀬町の池の塔、福岡県筑紫野市の塔原、福岡市和白の唐原、福岡県大平村の唐原、長崎県大島町の搭ノ尾、佐賀県武雄市の枯木ノ塔、鹿児島県樋脇町搭之原など、無数にあります。
(注三)地名学会におけるアイヌ語地名の認知はまだ東北地方あたりまでに限定されていますが、若狭湾の「ワッカ」や四万十川の「シマント」、奈良県十津川村の「トツカワ」をアイヌ語で説明しようとする学者もいますので、筆者のような素人の空想ぐらいは許して頂けるでしょう。なお、九州のアイヌ語地名について書かれたものには、根中治著『九州の先住民はアイヌ』(葦書房)ほかがありますので、興味がおありの方は読まれてみて下さい。ただし、根中氏の著書の中では「トオ」地名については確か指摘はなかったと思います。
(注四)佐賀県太良町の江岡(地元ではヨーカと呼びますが)地区には、同じ白塔(シラトウ)という小字名があります。江岡地区の人は慶長のころ(一六〇〇年前後)に島原方面から移ってきたとの伝承があり、江岡地区の言葉には森山町の言葉と符合するものが多いと『太良町史』にも記載されています。


旧森山町の「白塔」(マピオン)

 コラムはコラムとして、現在の島原鉄道の軌道敷が旧干拓堤防とかなり(概算で三分の二というところでしょうか)重なっています。

 「有明海異変」を書いた時点では確信が持てずに書いていませんでしたが、この白搭(シラトウ)のようなトウ、トオ地名と思えるものが外にもまだあります。
 一つは、島原半島の西側、雲仙市(旧小浜町)の飛子に近い、雲仙市(旧南串山町)の国道五七号線沿いの海岸の白頭地名です。これも、恐らく海岸にできた砂洲から発達した潟湖(セキコ)、湿地であったはずです。
 もう一つも当然ながら海岸低地にあります。島原の乱の原城に近い場所で、旧南有馬町役場の北、二キロほどの国道二五一号線沿いの南島原市(旧南有馬町)の搭ノ前という地名です。ここも同様のトウ、トオ地名と考えられます。

■次回への予告@■
V   環境保護派よ我が梁山泊に楯籠もれ! (NO. 2) 5月号
 123
有明海沿岸道路と有明海再生?
20060211
 124
自然石防波堤とコンクリート護岸の怪
20051001
 125
何故、日本はテトラ・ポッドを使いたがるのか?
20051130
 126
大山ダム建設を巡る不可解な謎
  筑後川水問題研究会 中原孝矩(元記者)
20060210
 127
温泉に浮かぶ半島  小浜温泉編
(有明海・不知火海フォーラム島原開催に寄せて)C
20060203
■次回への予告A■



有明海・諌早湾干拓リポート三年目へ

 本リポートの連載が三年目に入りました。長短はありますが二年間で一一六本を書いたわけです。色々な事を書きましたが、我ながら良く続けられたと思います。
 しかし、この間、有明海ばかりではなく、多くの場所で環境が再生するような兆しを報告できたことはありませんでした。恐らく全ての場所でこのまま悪化への道を辿ることになるでしょう。
 結局、本リポートには実践的な文書も掲載してはいますが、私達の力は余りにも小さく、弱く、現状では状況を打破するだけの力を持ちません。
 このため、誰が悪く何が悪いのかを告発し記録し、後世に真実を引継ぐ作業を行っているだけなのかもしれません。この環境破壊に最大の責任を持つ国土交通省や農水省はお抱え学者を動員して、将来、全く異なる説明をすることでしょう。しかし、歴史を見ても真実の一端は見えてくるものです。私達は将来の歴史家が真実を書く時にも役立つものを残さなければならないと思っています。

三年目からはサブ・タイトルを

V   環境保護派よ我が梁山泊に楯籠もれ! (NO. 1) 4月号

と、しました。
 梁山泊はもちろん明朝時代のフィクションですが、腐敗しきった官僚どもを相手に多くの英雄豪傑が梁山泊に楯籠り抵抗運動を続けた話になぞらえたものです。願わくば、側面支援であれ、内部告発であれ、論文掲載であれ、集会参加であれ、考えられる全ての協力を願うものです。