217. タイトルの変更について

 タイトル変更の必要性を意識し始めて一年が経過しました。その理由については、「有明臨海日記」56."タイトル変更の必要性"で書いています。

 有明海・諫早湾干拓リポートというタイトルを変更すべき時期が近づいているように思います。既に愛着も発生し簡単には変えられないようにも思いますが、内容が徐々に有明海の諫早湾干拓事業に関するものにとどまらず、公共事業一般とか九州でも他の地域の問題に対する記事が殖え、また、民俗学、古代史といったものに広がり、内容的にも領域的にも相当に離れたものになっています。
 諫早湾干拓事業への抗議や運動のためにも、既に固定した有明海の問題やギロチンに反対する人々から、さらに多くの読者を呼び込む必要性も感じています。このため、有明海だけに関するホーム・ページとの一般的に固定した印象を払拭し、新たな展開を求めたいと考えています。

 当初、次の二つを考えていたのですが、エコロジーという言葉がエコ・グッヅ、エコ・ビジネスといった行政主導の商売に変えられ、全く環境保護、環境復元、自然再生といったものに寄与しない欺瞞的なものにまで拡大され、原子力発電(プルサーマル)までがCO2を出さないエコ・エネルギーなどと言われるに至っては、結果としては全くの誤った用語になってしまっているのです。



 また、太陽光発電、風力発電といったものも、結局は形を変えた公共工事に過ぎず、単なるエネルギーの浪費でしかないということが明らかになってきました。
 このように、エコという言葉が冠せられるために、逆にエコロジーという言葉自体が本来の意味を失い、汚され、この言葉を使うことによる不必要な誤解さえも考慮考しなければならないという思いがします。このため、当初、十月号から"エコロジスタ"か"エコロジスト・ブレッティン"への変更を考えていたのですが、この問題に直面することによってさらに半年間延期しこの問題を熟考する事にした次第です。

 このようなことは、かつてマルクスが「社会主義」という言葉を使うことを避け、新たに「共産主義」という言葉を使わざるを得なかったことにも似ていますが、私達は、"反原発運動の活動家が最後は太陽光発電、風力発電運動の推進者に堕落する"といった傾向とは明確に一線を画すという意味からも、エコロジーという言葉から、自らを分離しなければならないと考えるのです。

 さて、どのようなタイトルに変更するかですが、以下を考えています。デザインの一例を紹介しておきます。



 アンビエンテ(ambiente)はスペイン語の"環境"を意味します。エコロジスタ(エコロヒスタ)の方が、より一般的ですが、別の言葉を使わざる得ないという必要条件と、それなりのインパクトのある言葉を使いたいという意味の十分条件の妥協の産物ということになります。本来は、(medio ambiente)という使い方をするようですが、(ambiente)だけでも"自然環境"という意味を持つとされています。


218. 高千穂鉄道残影(V) 流出をまぬがれた吾味鉄橋

洪水の原因を物語る吾味鉄橋

 日向八戸駅の付近には古くから八戸ダムがあります(発電専用でしたか?)。このため、これより上流には、普通は水が溜められているために流速も遅く、この吾味(ゴミ)鉄橋は流出をまぬがれたものと思われます。流されなかったことの結果として、この洪水の原因の一端が垣間見せています。一目瞭然でしょう、一年以上経過した今日においても、鉄橋にこれほどの裸の木が引っ掛かっているのですから、直後はいかに大量の杉、桧が掛かっていたかが想像できます。
 いつも思うのですが、この場所は川の流れが緩やかなために、非常に静かでなにやらホッとするような雰囲気を持っています。まずは、五ヶ瀬川でも屈指の景観でした。私もこの周辺に来ると以前から必ず訪れる場所でした。


▲ 吾味鉄橋 洪水の原因が何かの説明は不要でしょう。

吾味(ゴミ、コミ)

 前回は水流(ヅル、ズル)地名の話をしましたので、今回は吾味(ゴミ)についてもふれておきます。
 "吾味"と書き、(ゴミ)と読みますが、これも南九州から四国南西部の山間に多く見られる地名です。吾味の他、五味、古見、古味・・・といったバリエーションを持っています。

 十月号の"先 島"で西表島の同系統の地名について書いています。

 それはさておき、私はこの古見地名が、柳田の思惑とは別に、吐き出される"葉木"(表記には、吐、萩の他にいくつかの類型がありますが、いずれも"吐き出す"の意味です)の類型地名である"五味"の可能性もあると考えています。
 この"五味"地名は南九州にも多くの例があり、たいていは大河川に脇から谷川が一気に流れ込む(つまり咳こむ)場所、合流部に位置しています。
広辞苑を見てみましょう。
 
   【込み上げる】
   《自下一》
@ いっぱいになって、おさえてもあふれ出そうになる。「喜びが−・げる」「涙が−・げる」
A 胃から食物をもどして吐きそうになる。・・・

 この場所も吐(ハキ)地名と同様に、横から谷川が流れ込んでいます。西表の古見(クミ)が南九州の吾味(ゴミ)地名と対応するかは読者の判断にお任せするとして、私には別の興味があります。
 確かに吐(ハキ)と吾味(コミ)は大体同じ地形に付けられる同種の地名と考えられそうですが、では、なぜこの二つの地名が併存しているのでしょうか?地域差、時間差によるものと言えば分かり易いのですが、偏在というよりはむしろ混在と言うべきですので、私は方言とか言語文化の差というよりも、古い時代の異なった氏族、もしかしたら、はっきりした異族(異民族)の混住の痕跡を今に伝えるのではないかとも考えています。
 込み上げるという言葉は現在でも生きていますが、咳き込む以外では込むを吐くという意味ではあまり使わないようです。もちろん、人込みとは、人が一気に出てくる状態のことで、人ゴミではないのです(込み込みした所であり、ゴミ拾いのゴミゴミした所ではないのです)。
 つまり、この地形、吐き出すことを"ハク"と言う人々と、"コム"と言う人々が混住して、互いに言葉が通じていない時代が遠い過去には存在したのではないかと考えるのです。この両方ともが日本語であるのか?どちらかが外来語(後来後)なのか?とも考えています。


▲ 日向八戸と槙峰の間の滝下付近で流出した鉄橋の跡、その先はトンネルです。


219. 日奈久ギャンブル場問題の新しい段階

 不知火海の自然を守る会 田辺 達也(八代河童共和国大統領)

 報道によると、温泉街の八代市日奈久町にギャンブル場(場外馬券売り場/JRAウインズ)誘致の是非で、最後まで反対だった一町内が同意しました。その結果この問題は新たな段階に入りつつあります。
 私たちはギャンブル場誘致の動きが始まった10年前から反対の立場でたゆみなく発言してきました。全国既存の馬券・船券売り場の情報を丹念に集め、人心のびん乱・風致の荒廃、青少年事件の多発と教育環境崩壊の惨状をくわしく市民に紹介してきました。行政長にも翻意するよう再三申し入れてきました。
 湯の町には湯の町にふさわしい風情があります。「浴衣がけと下駄履き、ゆっくりとした時の流れ、落ち着きと温もり、静寂、ゆとりと癒し……」などです。対するに、一獲千金に血走るギャンブル場の「喧騒と怒号、車両の渋滞と交通事故、ゴミ公害、サラ金苦、少年非行と暴力事件…」は、ぎすぎす、不快な巷(ちまた)です。ギャンブル場をいかに美辞麗句で飾りつけ糖衣でまぶしても、所詮アブク銭の虚業・治安対策のアングラ世界であることに変わりなく、湯の町とは相容れないものです。私たちは似たような先例、笛吹川の「石和温泉」の失敗もじかに聴聞して、日奈久温泉街の危機に警告を発してきました。
 もし日奈久にギャンブル場を誘致せんか? 今でさえ接遇・料金の「悪い・まずい・高い」とお客さんガタ減りの不評です。更にくびれと狭隘の地勢からも、単によその二の舞では済まない、多大の迷惑と疲弊のうめきに拍車がかかることは避けられません。
 ギャンブル場ができ上がってからでは取り返しかつかないのです。
 私たちの訴えの正しさは6年前、行政と議会の石和視察からも明らかになっております。
 「ウインズを設置しましても日奈久温泉活性化のためになるのかは疑問。やはり地元日奈久温泉街では接遇などソフト面あたりの充実を」が議会に報告された行政の結論でした。
 歴代首長と温泉業者はこの金言を無視し誘致に向かってやみくもに突っ走りました。
  しかし私たちの声が市民に十分浸透しなかったことも事実です。長年がんばり続けた反対校区町民の十分な力になり得なかったことを反省しております。

 ふり返って、八代の異様は、温泉旅館と観光協会幹部が当初からギャンブル場誘致に狂奔してきた倒錯です。日奈久温泉低迷の経営責任に輪をかけた知恵なしで、没落のシナリオを自ら演じて墓掘り人の役を果すだけです。日奈久温泉に語り継がれる発見のいわれから、やがて600年を迎えようという矢先の皮肉めいた逆流、歴史に泥を塗る愚かさです。
 次にPTAや文化団体、老人会の沈黙です。県内では熊本市や植木町など10ケ所ばかりに馬券や船券売り場の誘惑がありました。このとき「子供を守れ」と反対運動の先頭に立って阻止したのはこの人たちでした。議会のチェック機能も他都市町村に比し極めて不十分、市民運動も散発に終わっております。
 その一方、スキャンダルが相次ぎました。暴力団幹部が1億数千万円のゆすり(未遂)で、日奈久推進にもかかわったJRA幹部も数千万円の収賄で逮捕され、当市議会では関係議員へ数百万円の贈賄疑惑が明らかになりました。このように場外馬券売り場は計画の段階から「黒い金」にまみれました。誘致を積極的に推進した沖田市長は別件収賄で逮捕され辞職、中島市長もギャンブル反対の町内決議に圧力をかけて市民を裏切り、別件で百条委員会に。次回の選挙で落選しました。
 それでも「やめられない・とまらなかった」のです。そればかりか日奈久を皮切りに、建馬町、平山新町、島田町にギャンブル場誘致のうごめきがありました。ひとつの都市に4ケ所もがギャンブルに手をあげるところ、八代のどうしようもない落ち込みを象徴しています。
 報道によると、ギャンブル場の誘致は日奈久振興の起爆剤になるかの浮ついた期待があるようですが、これは全く根拠のない幻想です。誘致の新たな事態は逆に長い長い苦難の始まりになるでしょう。ましてや温泉旅館や観光協会がギャンブル誘致の中心勢力では日奈久温泉にも未来はありません。温泉情報誌「ジャランレポート」からも明らかなように、湯布院や黒川温泉の成功は血のにじむ努力のたまもので、日奈久の投げやりや怠慢と雲泥の差があります。日奈久の一等地をギャンブル場に明け渡して、おこぼれの蜜を頼りのスケベ根性には驚くばかりです。
 坂田市長は「警察と連係して防犯対策を講じ、国道3号線の交通対策を講じる」と地元を説得したようです。この発言からも、犯罪の多発・交通渋滞を前提の無謀な誘致がうかがえます。国会でも中央競馬会と場外馬券売り場での未成年者の補導が問題になり、その数は年間約8万8千人(1998年)と経年増加の傾向を明らかにしています。
 政府・総務省のレポートからも場外馬券売り場はジリ貧です。勝馬投票券の発売方式はこの十数年、電話投票方式(パソコン端末機によるもの)がその便宜性から主流になって、口座開設も銀行・郵便局からコンビニまで間口を広げております。反面、場外馬券のウインズ方式は激減していると分析、場外馬券売り場は投資効果とギャンブル公害・治安対策上得策ではないと結論しています。
 以上、時代遅れの貧乏神にとり憑かれる文化の後進性こそ八代低迷の要因です。あえて火中の栗を拾おうとする坂田市政の責任も重大といわなければなりません。
 福岡にはこういう経験もあります。農水省がいったん許可したそのときから反対署名運動が広がって10万人分集め、山崎市長の翻意を引き出し遂に農水省に断念させた逆転もあります。市民運動の成果です。
 私たちは提案します。
 ギャンブル場の是非は日奈久一地域の問題ではありません。従って、八代市が賛否双方による市民討論会を開催し、その後賛否を市民投票にゆだねること。
 日奈久温泉を守りギャンブル場に反対の一致点で結束する市民運動の新たな構築をもとめます。

▲ 八代市の南、日奈久温泉(マピオン)

※ 日奈久ギャンブル場問題の新しい段階 の掲載について

 有明海・不知火海フォーラム委員会 古川 清久 

 今時、日奈久温泉と聞いて直ぐにピンとこられる方は、かなりの温泉マニアか、よほどのレトロ・マニアかもしれません。今回のギャンブル場問題については田辺見解に付け加えるものはありませんが、山頭火も愛した日奈久の温泉街が壊滅状態になることが残念でもあり、少々の駄文を加えさせてもらいます。
 日奈久は言うまでもなく八代市の南、十キロに位置する不知火海に面した海辺の温泉地です。戦前はもとより、八代が水俣と並び、まだ、工業出荷額の大きな都市であった時代、日奈久、湯ノ児は興人やチッソの社員などで賑わっていました。
 しかし、今日、日奈久にその姿を見ることは全くできません。まず、日奈久温泉の街路のあまりの狭さと駐車場の不足によって、高度経済成長期の団体旅行さえも受入れそこなった上に、その後の家族、グループなどによる小旅行、旅行自体の個人化の波にも完全に乗り遅れた、というよりも全く乗れなかった観があります。

高速開通にもかかわらず全く浮揚できない日奈久温泉

 日奈久温泉が人気を保っていたのは、ほぼ、四十年前まで、つまり高度経済成長の半ば頃まででした(東京オリンピックは一九六四年)。ここは戦後復興と伴に小規模な発展期を迎え、赤線が廃止される辺りまでは放っておいても客が来るといった状態があったのかも知れません。しかし、団体旅行の拡大期にも道路の狭さから効率的に受入れる事ができず、その後のレジャーの個人主義化による旅行そのものの家族や小グループへの移行にも戦前型のサービスしか提供できない日奈久温泉は敬遠され続けます。
 海辺の温泉地として、元々は海に面した温泉だったのでしょうが、海との間にバイパスが造られ、さらに埋立地が造られる事によって海から一層切り離され老朽化した温泉街としてのイメージが固定しています。恐らく戦前まではちょっと下駄を履いて外に出れば、美しい海岸が目の前にあったことでしょう。
 現在、日奈久は直接高速道路と接続されました。と言っても、既に三十年前には八代までは繋がっていましたので、それほど交通の便が悪い温泉地ではなかったはずです。
 ただ、遠路訪れても博多港の箱崎の埠頭あたりと変らない巨大護岸堤がはばかり、目の前に美しい海があるにもかかわらず海岸には降りるべくもない。もちろん散策を楽しむ要素など全くありません。
 都会と同様の埋立地は、渇望されていた駐車場の建設のため飛びつかざるを得なかったとはいえ、土建屋のためだけの無味乾燥な護岸工事(たぶん旧建設省か運輸省の補助事業なのでしょうが)とテトラ・ポッドの投入は、今や都会の人間が最も見たくない景色でしかありません。
 もしも、鹿児島本線を温泉街の裏手を通したように、高速道路を山手に通していれば、まだ、再建の要素は残されていたかもしれませんが、埋立地と高速が海側に居座った以上、日奈久温泉の再建は容易ではなくなりました。現状では手の打ち様が全くないように思えるのですが、長期的には旅館街を埋立地に移転する以外には再建は不可能に思えます。
 一般的にこのような息詰った温泉街の再建は、温泉街が集客力を失い、土地の投売り状態が出現して始めて、大手資本などによって新たな投資が行われるのが普通なのですが、もうしばらくすればそのような状況になるかもしれません。


220. "有明海から考える列島文化"『神話と伝説』第5回

 久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士)

特別連載

有明海から考える「神話と伝説」E

 久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士) 

神話と伝説

第三章 神話

神話

 「海没島伝説」、「浦島伝説」と、伝説、二話を見てきました。二話を見て、これらの伝説は想像以上、古い時代に作られ、それが、長く語りつがれているのが分かりました。 どちらも、これまでは、奇想天外、ありもしない作り話と言われてきました。しかし、作り話ではありませんでした。実際に体験したことをふくらませて、作られた話でした。そして、それぞれ、作り方に違いがあります。
 はじめの「海没島伝説」は、一つの要素をとりいれたものでした。ここでは、一つの、大きな出来事をモチーフに、話がつくられています。幅を広げるため、つけ加えたところもありますが、一つの要素が、話の基本になっています。単独型、と言うことができます。 次の「浦島伝説」は、二つの要素を、とりいれたものでした。
 陸地が下がって、離れ、離れの島になっていた時代のことが、長く語りつがれています。そこに、陸続きになって再会するという、新たな要素が加わります。新たな要素が、一つ加わるだけで、話の幅が大きく広がります。複合型、と言うことができます。
 また、複合すれば、思いもつかない、発想が生まれます。
 「浦島伝説」では、海の中で、地上と同じ行動をします。空中では、呼吸ができます。空中は呼吸ができるので、空飛ぶ発想は誰でもします。一方、海中は、呼吸ができません。呼吸できない海中で、この地上と同じように行動するという発想は、簡単に出来るものではありません。
 それは、海没した地でも、この地上と同じように暮らしていました。海没した地で暮らしていた時代のことも、長く語りつがれています。頭の中で、海中の状態を作ります。そこに、人が、地上と同じ暮らしをしているようにして、話を作っていけばいいのです。
 そこで、海の中に、海や川があります。そして、人も、同じように暮らしています。海中で行動することに、何の抵抗も、違和感もありません。
 「浦島伝説」は、ドラマチックな話になりました。ドラマチックになったのは、複合されたこともありますが、時間短縮も、大きな要因になっています。先人たちは、時間短縮という、手法も使います。
 先人たちの生活は、ウルム氷期の、ほぼ、陸続き時代からはじまりました。そこでは、この地上と、同じ生活が刻まれています。
 その生活の中では、子供の誕生など、楽しい思い出もあります。また、家族との、悲しい別れもあります。それが、近くに、埋葬されています。
 それが、気候が変わり、海面上昇がはじまります。その海面上昇で、それら、すべてを海底に残し、今の日本列島に、移動、後退してきました。
 先人たちは、その時代、時代に起きたことを話に変え、それを長く語りついできました。その集大成が神話、と言うことができます。
 神話は、『古事記』と『日本書紀』に、書かれている事柄を言います。『古事記』は、西暦七一二年に撰上され、『日本書紀』は、七二○年に完成しました。
 『古事記』は、上中下の、三巻からなっています。上巻は、序文と、本文で構成されます。序文では、過去の歴史、企画、成立事情などが述べられています。
 それから、本文になります。核心にふれることが出来ないのは、この部分です。
 『日本書紀』では、この部分は、巻第一、巻第二で記述されています。そして、この部分は、それぞれ、神代上、神代下として、編集されております。本文では、この部分を、「神代」と記します。
 「新たな歴史」で、歴史は、ウルム氷期の、日本列島が、ほぼ、陸続きだった時代から、はじまることが分かりました。
 それから、
 海面上昇で、離れ離れになる、今の日本列島時代、
 海面低下で、再び、ほぼ、陸続きになる時代、
 そして、海面上昇で、再び、離れ離れになる、今の日本列島時代と変遷していきます。 その過程が、「神代」で、詳しく述べられていきます。
 それを、新たな歴史をベースに、『古事記』を中心に見ていきます。
 その前に、大きな出来事を簡単に記します。

@ウルム氷期、
 日本列島は、ほぼ、陸続き。
 原日本人は、海岸近くで暮らしている。
 約二二、○○○年前頃、姶良カルデラが大爆発。

A温暖な気候に向かう、
 約一五、○○○年前頃、温暖な気候に変わり、海面上昇がはじまる。
 原日本人も、移動、後退する。

B温暖期、
 約一三、○○○年前頃、日本列島は今の形になる。
 原日本人も到着して、今の日本列島で、暮らしはじめる。

C晩氷期に向かう、
 しばらくして、海面低下が、はじまる。
 原日本人も、今の日本列島から、離れていく。

D晩氷期、
 約一○、五○○年前頃、日本列島は、ほぼ、陸続きになる。
 原日本人も、ほぼ、陸続きの海岸近くに到着して、暮らしはじめる。
 しばらくすると、渡来系の特徴をもつ人たちが、南下してくる。
 そして、一緒に暮らすようになり、両者は混血する。

E温暖な気候に向かう、
 温暖な気候に変わり、海面上昇がはじまる。
 混血した日本人も、移動、後退する。

F温暖期、
 約九、五○○年前頃、今の日本列島になる。
 混血した日本人も到着して、今の日本列島で暮らしはじめる。
 ここで、「神代」は終わる。

 氷期→温暖期→氷期と、気候が変わる度に、海面が上下します。
 では、年にどのくらい、上下していたのでしょうか。気候の周期と、水位の上下差から推定すると、年に一○センチ足らずになります。本文では、一○センチ弱と記します。

天地のはじめ

 天地がはじまる時、高天原(たかあまのはら)に成った神の御名は、天の御中主の神(天の中心にあり、主宰する神)と申します。
 次に、高御ムスヒの神(生成を司る神)、次に、神ムスヒの神(生成を司る神)と申します。
 この三柱の神は、皆、お独り神で、現実のすがた形を、お隠しになりました。
 国(地上)は若く、ちょうど、水面に浮かぶアブラのようで、クラゲのように、ふわふわ漂っている時、葦の芽のように、勢いよくふき出して成った神が、
 ウマシ葦カビヒコジの神(葦のような、生命力をもつ神)と申し、
 次に、天の常立ちの神(天上が、恒久に存在する神)と申します。
 この二柱の神も、皆、お独り神で、現実のすがた形を、お隠しになりました。
 (以上の五神は、特別の天の神様です)
 その次に成った神は、国の常立の神(国を作る神々を生成する神)と申します。
 次に、豊雲野の神(生成する場所の神)と申します。この二柱の神も、皆、お独り神で、現実のすがた形を、お隠しになりました。
 その次に成った神は、ウヒジニの神、スヒジニの女神(泥と砂の神)と申し、
 次に、角杙(つのぐい)の神、活杙(いくぐい)の女神(角や杙のように、生命が生まれ出る神)と申し、
 次に、オオトノジの神、オオトノベの女神(男女の、性別をつくる神)と申し、
 さらに、オモダルの神、アヤカシコネの女神(男女の、身体をつくる神)と申し、
それから、イザナキの神、イザナミの女神(男女が、誘いあう神)と申します。
 (国の常立の神から、イザナミの女神まで、神世、七代と申します。
 はじめ、二柱のお独り神は、それぞれを一代とし、次の、二柱のならべ伝える十神は、二神をもって一代とします)

 先人たちは、この地上は若く、ちょうど水面に浮かぶ、アブラのようで、クラゲのように、ふわふわ漂っていた、と見ています。
 このような記述があるので、論理に整合性がない、作り話とする、専門家もおられます。 どうして、そのように見ていたのでしょうか。先人たちは、海面が上下していたのを、水位が一定で、陸地が上下している、と見ていたようです。
 無理も、ありません。我々は、温暖な気候に変わり、氷河や氷山が解け、海面が上昇したことを教えられて知りました。教えられなければ、同じ見方をすると思います。
 また、地球が球体だと、知りませんでした。コペルニクスが、地動説を発表したのは、十六世紀のことです。それまでは、地球は円盤状で、地の果てがある。そして、地球が中心で、地球のまわりを、太陽や月が回っている、と考えていました。
 ガリレオ、ガリレイに、
 「太陽が、回っている」
 とどうしても言わせたかったのは、この世界観が崩壊するからです。
 人間が、地球が球体だと知ったのは、つい最近のことです。
 地球が球体だと、つい最近知りました。その裏側に、氷河や氷山があることなど、想像もつきません。ましてや、温暖な気候に変わり、その氷河や氷山が解けて、海面が上昇するなど、考えもつかないことです。
 ウルム氷期、日本列島は、ほぼ、陸続きでした。歴史は、ここからはじまります。ここが、あらゆるものの、原点です。
 水位が一定とすれば、温暖期の海面上昇は、陸地が下がって(沈んで)いることになります。また、氷期の海面低下は、陸地が上がって(浮いて)いることになります。
 水位が一定とすれば、この地上は、人が暮らすようになっても、百メートル以上も、浮いたり沈んだりしていました。それが、「天地のはじめ」の、ちょうど、水面に浮かぶアブラのようで、クラゲのように、ふわふわ漂っている、という記述になります。
 この地上は、浮いたり、沈んだりしていました。生まれたばかりの子供のようで、まだ、身体は、出来上がっておりません。先人たちは、身体が早く出来上がることを、何より願っています。
 陸地が上昇し、国土が、次々と生まれていきます。生まれたばかり国土は、塩分の濃度が高く、一般の植物は植生しておりません。一面、不毛の地で、それが、年ごとに広がっていきます。ここに、一般の植物が植生するか、不安があります。
 その中にあって、塩分に強い葦が、勢いよく芽を出しました。不毛の地で、勢いよく芽を出す葦は、特別な霊力をもつ植物です。一般の植物も、あのように、勢いよく芽を出せば、と願っています。
 しかし、雨で地表が洗われ、塩分の濃度が下がれば、一般の植物も、芽を出すようになります。特別な霊力がなくても、一定の年月がたてば、芽を出します。そして、緑地は、年ごとに広がっていきます。それは、体験で分かっています。
 しかし、葦が、特別な霊力をもつ植物だというのは、間違いありません。何もかも、承知のうえで、このような、話にしたのではないでしょうか。
 また、『日本書紀』の天地開闢では、次のような、記述があります。

 昔、天と地が、まだ分かれず、陰陽の別も、まだ生じなかったとき、鶏の卵の中身のように、固まっていなかった中に、ほの暗くぼんやりと、何かが芽生えを含んでいた。
 やがて、その澄んで明らかなものは、のぼりたなびいて天となり、重く濁ったものは、
下を覆い、とどこおって大地となった。
 澄んで明らかなものは、一つにまとまりやすかったが、重く濁ったものが固まるのには、時間がかかった。だから、天が、まずでき上がって、大地は、その後で出来た。そして後から、その中に、神がお生まれになった。
 それで、次のようにいわれる。天地が開けたはじめに、国土が浮き漂っていることは、たとえていえば、泳ぐ魚が水の上の方に、浮いているようなものであった。
 以下略。

 ここでも、この地上は、浮き漂っていると見ています。
 我々、現代人は、天地が固まってから、生物、植物が生まれると考えます。それは、生物、植物が育つ環境が、この地上にあるからです。それから、人類も誕生します。その人間が成長して、神話をつくります。
 そして、遅く生まれた人間が、
 「天が、まずでき上がって、大地は、その後でできた。そして後から、その中に、神がお生まれになった」
 と述べています。
 「その中に、神がお生まれになった」の神が、人間と考えられます。これは、大地が先に固まり、人間が後で生まれたことを、知っている表現です。

 人間が、後で生まれるので、天地が固まる様子を見ているはずがありません。見ているはずがないのに、このような表現をするのは、奇異にうつります。現代人からすれば、でたらめを、ならべたてたようにうつります。論理に整合性がない、作り話と言われても、仕方がない面があります。
 しかし、この地上は、人が暮らすようになっても、ふわふわ浮き漂い、まだ、固まっていませんでした。それを、語りつがなければなりません。そこが分かると、史実に近づけるための、ギリギリの表現、と分かります。そして、この矛盾する記述は、逆に、史実を語りついできた証明、と言うことができます。

国生み

 「天地のはじめ」では、イザナキ・イザナミのことを、神と記述されています。しかし、この「国生み」では、命(みこと)、と記述されます。しかし、後には、神と記述されます。神も、命も、同格と思われます。

 天つ神、ご一同は、イザナキの命・イザナミの命に、りっぱな矛を授け、
 「この、漂ってる国を、整え作り固めなさい」
 と仰せになりました。
 二柱の神は、天の階段から降りて浮橋に立ち、矛で、海水がコヲロコヲロと鳴りひびくまで、かき廻しました。
 そして、それを引き上げた時、矛の先から、したたり落ちる海水が、重なり積もってできた島が、オノゴロ島です。

 イザナキの命・イザナミの命は、天の階段から降りて浮橋に立ち、矛で、海水をかき回します。そして、矛の先から、したたり落ちる海水が、重なり積もって出来たのが、オノゴロ島です。
 オノゴロ島は、したたり落ちる海水が、重なり積もって、出来上がりました。
 島が生まれる、様子を想像します。
 温暖な気候に変わり、海面が上昇し、あたり一面、海になりました。それまで、存在していた島が、海面上昇で見えなくなりました。それから、氷期に変わり、海面が下がっていきます。
 水位が一定とすれば、氷期の海面低下は、陸地が、上がっていることになります。陸地は、年ごとに上がっていきます。
 海中に隠れていた島が、干潮時に、やっと、頭を見せるようになりました。しかし、満潮になれば、頭が見えなくなります。
 今度は干潮になり、また、頭が見えるようになります。その様子を、潮の満ち引きの度に見ています。
 潮が引けば、島は、少し上がります。島は、満ち潮を浴びる度に、少しずつ、高くなっています。それが、毎日、毎日くり返されます。島の上昇は、年に一○センチ弱で、一日にすれば、僅かなものです。しかし、十日単位、月単位で見れば、確実に成長しているのが分かります。
 島は、満ち潮のしずくが重なり積もって、出来上がっているように見えます。

 それから、二柱の神は、オノゴロ島に降りて行き、太い御柱を建て、大きな御殿を建てました。
 イザナキの命が、
 「あなたの身体は、どんなふうにできていますか」
 とお聞きになると、イザナミの命は、
 「わたしの身体は出来上がって、出来足りないところが、一ヵ所あります」
 とお答えになりました。
 「わたしの身体は出来上がって、出来過ぎたところが、一ヵ所あります。
 わたしの出来過ぎたところを、あなたの出来足りないところにさして、国生みをしようと思いますが、どうですか」
 と重ねてお聞きになると、イザナミの命は、
 「それがいいでしょう」
 とお答えになりました。
 イザナキの命は、
 「わたしとあなたが、御柱を廻って行き、出会ったところで結婚しましよう」
 と約束をなさいました。
 さらに、
 「あなたは、右から、お廻り下さい。わたしは、左から廻って、会いに行きます」
 と言って、二柱の神は、御柱を廻って行きました。
 そして、出会った時、イザナミの命が、
 「ほんとうに、りっぱな、青年ですね」
 と先におっしゃいました。
 その後、イザナキの命が、
 「ほんとうに、美しい、お嬢さんですね」
 とおっしゃいました。
 そして、
 「女の人が、先に言葉をかけたのは、良くなかった」
 とおっしゃいましたが、夫婦の契りを結びました。
 これによって、御子ヒルコを生みましたが、葦の船に乗せて流してしまいました。
 次に、淡島を生みました。これも、御子の数に入りません。
 このような結果になったので、二柱の神が相談し、
 「わたしたちが生んだ子は、良くない。
 このことを、天つ神のところへ行って、申し上げるべきでしょう」
 と言って、天上の天つ神のご指示をうけに、一緒に、上って行きました。
 天つ神のご指示で、占ったところ、
 「女の人が、先に言葉をかけたのが、良くなかった。また降りて、改めて言い直しなさい」
 と仰せになりました。
 そういうわけで、また降りて、前と同じように、御柱を廻って出会いました。
 今度は、イザナキの命が、
 「ほんとうに、美しい、お嬢さんですね」
 と先におっしゃいました。
 その後、イザナミの命が、
 「ほんとうに、りっぱな、青年ですね」
 とおっしゃいました。
 このように、言葉をかける儀式を終えて結婚し、御子の淡道(あわじ)の穂の狭別(さわけ)の島を生みました。
 次に、伊予の二名の島(四国)を生みました。この島は、身一つに顔が四つあり、その顔ごとに名があります。伊予の国をエヒメといい、讃岐の国を飯ヨリヒコといい、粟の国を大ゲツヒメといい、土佐の国を建依別(たけよりわけ)といいます。
 次に、隠伎(おき)の三子の島を生みました。この島は、またの名を、天のオシコロ別といいます。
 次に、筑紫(つくし)の島(九州)を生みました。この島も、身が一つに顔が四つあり、その顔ごとに名がついております。筑紫の国を白日別といい、豊の国を豊日別といい、肥の国を建日向日豊クジヒネ別といい、熊曾(くまそ)の国を建日別といいます。
 次に、伊岐(壱岐)の島を生みました。またの名を、天の一つ柱といいます。
 次に、津馬(対馬)を生みました。またの名を、天のサデヨリヒメといいます。
 次に、佐度(佐渡)の島を生みました。
 次に、大倭豊秋津島(本州)を生みました。またの名を、天つミソラ豊秋津根別といいます。
 この、八つの島が、先に生まれたので、大八島国といいます。
 それから、吉備の児島(こじま)を生みました。またの名を、建日方別といいます。
 次に、小豆(あづき)島を生みました。またの名を、大野デヒメといいます。
 次に、大島を生みました。またの名を、大タマル別といいます。
 次に、女(ひめ)島を生みました。またの名を、天一根(あまひとね)といいます。
 次に、知詞(ちか)の島を生みました。またの名を、天のオシオといいます。
 次に、両児(ふたご)の島を生みました。またの名を、天の両屋(ふたや)といいます。 (吉備の児島から、両屋の島まで、合わせて六島です)

 夫婦の契りを結んで、はじめは、ヒルコを生みます。しかし、ヒルコは、葦の船に乗せて流します。次に、生んだ淡島も、御子の数に入りません。
 葦の船で流したのは、ヒルコが、不具の子だからと言われています。次に生まれた淡島も、同じ理由で、御子の数に入らないと言われています。
 次に、言葉をかける儀式を終え、夫婦の契りを結んで子供を生みます。ここでは、本州、四国、九州など、今の地名が列挙されます。
 ここで、生まれた子は、今の日本列島です。言葉をかける儀式を終え、今の日本列島を生みました。これは、今の日本列島になった、ということです。
 「国生み」で、今の日本列島が、生まれます。ここで、今の日本列島が、出来上がったことになります。今の日本列島が、出来上がれば、「神代」は終わってしまいます。
 しかし、『古事記』では、はじめに、大づかみの概略を述べ、それから、詳しくふれていくという、方法がとられます。
 今の陸地になる前は、ウルム氷期、晩氷期と、氷期の時代が二度ありました。氷期時代は海面が低下し、日本列島は、ほぼ、陸続きです。この時代の日本列島は、一つの国土(神)と言えます。一つの国土(神)時代は二度ありましたが、その後の海面上昇で、海の中に沈んでいきました。
 ここは、
 ウルム氷期に生んだ、ヒルコ(陸地)は、葦の船で流(海没)しました。
 次の、晩氷期に生んだ、淡島(陸地)も、葦の船で流(海没)しました。
 そして、言葉をかける儀式を終え、今の日本列島を生みました。
 とこのような概略が、述べられたことになります。

 それから、背景説明があり、今の日本列島になるまでの歴史を詳しく述べるという、方法がとられます。
 国生みを終え、日本列島は、今の陸地になります。今の日本列島になるまでには、海沈していった地域があります。また、沖縄地方のように、離れ離れになった地域もあります。 神話が史実どおりだとすれば、その記述が、「神代」の終わりになければなりません。それが、「神代」の終わりにあります。
 それを記すと、

 天つ日高日子、ナギサ建・鵜葺草葺(うがやふき)アエズの命が、叔母の玉ヨリ姫の命と結婚して生まれた御子の名は、五瀬の命。
 次に稲ヒの命、次にミケヌの命、次に若ミケヌの命・またの名を豊ミケヌの命・またの名を神倭イハレビコの命と申します。
 このうち、ミケヌの命は、波頭を飛ぶように、常世(とこよ)の国に渡って行きました。 また、稲ヒの命は、亡き妣(はは)の国の、海原に入って行きました。

 五瀬の命と若ミケヌの命は、本土側に到着します。これは、今の陸地になった、本土をさしています。
 しかし、ミケヌの命は、波頭を飛ぶように、常世の国に渡っていきます。ここは、沖縄地方のように、海面上昇で離れ離れになった地域をさしています。
 そして、稲ヒの命は、亡き妣の国の、海原に入っていきます。これは、海面上昇で、海の中に沈んでいった地域をさしています。
 先人たちは、次のような世界観を、もっていたようです。
 本土側は、この世です。
 本土側は、葦原の中つ国、出雲の国になります。後に、離れ離れになる地域、海沈する地域、どちらも、陸続き時代は、葦原の中つ国、出雲の国になります。
 後に、離れ離れになる地域も、この世に存在します。この世に存在しますが、離れ離れになり、行き来が困難になっています。離れ離れになれば、常世の国になります。
 亡き妣は、海底に眠っています。ここには、先人たちも眠っています。海底は死者の国、あの世になります。海沈すれば、根の堅洲(かたす)国になります。
 「浦島伝説」では、竜宮を訪ねて、海の中に入って行きました。海の中に、楽園があると見ていました。しかし、ここでは、海の中は、死者の国、あの世です。
 同じところで、楽園と死者の国、この両極端な見方も、事情が分かっていれば、十分、理解できます。
 日本列島は、ほぼ、陸続きだったり、離れ離れだったりしました。その、接点になるところが、神話の舞台になります。その条件に合うのは、九州から沖縄にかけて、と言うことができます。

次号へ続く


▲ 開聞岳の麓枚聞(ヒラキキ)神社

有明海から考える「神話と伝説」の連載について

有明海諌早湾干拓リポート 編集長 古川 清久

 いよいよ久光さんの独創が冴え渡ってきました。縄文海退、縄文海進を経験した人々の人類的記憶、民族的記憶が現在まで継承されているとする驚愕の仮説です。

 日本列島は、ほぼ、陸続きだったり、離れ離れだったりしました。その、接点になるところが、神話の舞台になります。その条件に合うのは、九州から沖縄にかけて、と言うことができます。

 ここら辺りは誰にも書けない独創ですね。

 久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士) 

 リポートV 八月号に「ムツゴロウは泳げなかった」を掲載しました。この中に登場する『ムツゴロウが教える日本の起源』を書いたのが久光教弘氏です。

 (再掲)この本のタイトルのとおり、久光教弘氏はムツゴロウそのものをテーマにされているのではなく、ムツゴロウの話を導入部として日本と日本人の起源を論じておられるのです。 
 氏は佐賀市在住の現役の建築士として設計事務所を経営されていますが、一度お話を伺いにお訪ねしたことがあります。その際も新著の原稿に取り組んでおられていましたので刊行を楽しみにしています。こちらも文化人類学の好著と推測しています。
 同書は自費出版されたものでしたが、非常にレベルの高い文化人類学に関する好著です。非常に面白い本で、私も一気に読み終えた記憶があります。

※ 『ムツゴロウが教える日本の起源』のお求めは、ハガキかFAXでお願いします。
住所:〒840-0805 佐賀市神野町西4丁目4-8 久光 教弘(ヒサミツミチヒロ)
FAX : 0952-31-7702 24時間受付

■ 次回への予告 ■ K
W   現代の十常侍、行政官僚を追放せよ! (NO. 1)  4月号
221
官僚はなぜ汚職を続け、天下りをやめないのか?
(官僚は階級ではない)
20070301
222
未 定
  赤江浜を守る会 西村 好信 
20070228
223
= 不知火海・芦北の海は 今はどうなろうとしているのか =   
〈有明海・八代海を再生するための特別措置に関する法律〉の施行
連載第3回 意見交換の実際
芦北地域一般住民 吉田耕一(元教師)
20061130
224
虹の松原は守られるべきか
20060831
225
ダムを造るがわの理屈を斬れ!
 筑後川水問題研究会 中原 孝矩(元記者) 
20070203
226
気になる記 1
 音屋の昭太郎 
20070331
227
高千穂鉄道無残(W)
20061106
228
何故、日本はテトラ・ポッドを使いたがるのか?
20061031
229
"有明海から考える列島文化"『神話と伝説』第7回
 久光教弘 『ムツゴロウがえる日本の起源』著者(一級建築士)
20060808
■次回への予告■ @