208. 滑稽さが極まった導水路事業

(国土交通省の愚、水資源機構の無能ぶりを暴露する)

 筑後川水問題研究会 中原 孝矩(元記者)

 こんな事業を本気で考える人たちの気持ちが私は理解できない。一つは津江導水路の漏水を食い止める工事。今ひとつは、小石原川ダム建設工事に関連した、導水路トンネル事業だ。順序として既に【論文113】「漏水を知りながら強行されたダム」で紹介した竜門ダム導水路について論じたい。長さ12.2キロメートルの津江導水路(中津江は誤り)は熊本県・菊池市の竜門ダムに水を溜めるために掘られた。大分県側にある下筌ダム湖から最大毎秒10立方メートルの水を採って竜門ダム湖に入れることを目的とした大がかりな仕掛けだ。
 新聞報道などで明らかなように、事業完成で深刻な漏水の事実が公の事実となった。当然批判の的となった。国土交通省菊地川河川事務所が窓口となって進めているのが、「漏水の防止」工事というわけだ。「国土交通省は漏水を農民、漁民に補償せよ」と私が論文で主張したせいでもあるまいが、なんと漏水を止める試験工法を採用した、というのだ。
 私は、あきれてものがいえない。私は漏水をやり玉にあげた。それはすでに論じたように、地質的に穴を掘れば漏水事故が確実に起きる危険が大きい山岳地帯で穴を掘った、国土交通省のばかばかしさを揶揄したかったからで、漏水を今更止めたいために論じたわけではない。津江導水路は水を竜門ダムへ注ぎ込みたいわけだから、下筌ダムから取水しようが、導水路の中に発生した湧水であろうが一向にかまわない。水は水だから、どうせダムへ入るなら、放置しておけばいい。ところが工事の発注窓口、菊地河川事務所は導水路で水源が枯れる被害を受けた津江地区の住民らから漏水を止める工事の早期着工を強力に求められた、というからいたしかたない。
 私は、漏水事故の全貌を知りたいとの判断で、国土交通省九州地方整備局に導水路工事に関係する公文書の開示請求を行った。文書が開示されたので、まず漏水事故の概要から論じてみたい。
 開示文書によると地下水の漏水が始まったのは2000年度で、年間約2100万立方メートルを超える出水事故となった。約毎秒0.7立方メートルだ。水道水、工業用水、農業用水を確保するために作られた江川ダムの有効貯水量が2400万立方メートルだから、津江導水路の漏水事故の規模の大きさに驚かされる。この事故で付近一帯の井戸が枯れたり、谷川から確保していた農業用水が枯れてしまったのは当然の被害だと思われる。漏水は防水工事を繰り返した結果、2005年度の年間約1200万立方メートル、毎秒0.4立方メートルレベルにまで漏水量は減少してきている。
 施工図面によると第2トンネルと書かれた長さ約4000メートルの全体から漏水しているという。「漏水箇所を示してほしい」との私の要求に対し、「箇所数では回答できないのでここから、ここまでという区間」で開示したい、との意思表明があり、施工図面で明らかにされた。総延長が12.2キロのトンネルだから、区間4000メートルからの漏水は、トンネル全体の3分の一の規模で発生していることになる。
 「請求地域は標高600から1000メートル内外の山々に囲まれた山地。地質は主に花崗岩類を基盤岩とし、それらを阿蘇火砕流堆積物が覆っている。鉱物の採掘が行われればダム施設の崩壊、貯水池の埋没、漏水等の原因となり、ダム。貯水池、および導水施設の保全に支障を与えるおそれがある」と指摘された通りの漏水"事件"だ。
 1986年時の建設大臣から、公害等調整委員会に鉱区禁止地域指定の申請があり、民間業者による鉱区設定を排除する主な理由として出された公文書だ。1960年松原・下筌ダム建設に先だって土地調整委員会が出した同様の別の文書にも「地質的には断層節理が多く崩壊、埋没、漏水の恐れなしとせず」とある。いずれも【論文113】で紹介した内容だ。
 だから国は、こうなることをあらかじめ承知していたわけだ。漏水は事故ではなくて、"事件"なのだ。国があらかじめこうなることを知りながら、あえて実行し、予想通りの結果を得た。担当者は責任を明確にしろ。腹を切れ。
 津江導水路の事業費も明らかになった。4工区に分けて工事が行われており、約289億円かかった。鳳来工区はフジタ・大豊建設共同企業体が1987年から1995年まで。都留工区は間・佐藤建設共同企業体が1989年から2002年まで。川原工区は飛島・梅林建設共同企業体が1990年から2002年まで。取水口工区は奥村組が1993年から2000年まで、それぞれ工事を行った。特に大規模な取水に遭遇した都留工区では担当した間・佐藤建設の苦労のほどはいかばかりであったろうか。
 この漏水に対して、国は食止めるための工事を2006年度工事として約6000万円ですでに発注した。私はばからしいと感じる。なんでこんなばかばかしい工事が必要なのか。竜門ダム湖に流れ込む水だから防水工事など無用だろう、といいたい。工事は水が食止められるかどうかわからないので、あくまでも試験的に採用されるという。いい加減にしてくれ。
 この漏水を人体にたとえれば大量の出血なら人は死んでしまう。この6年間で合計9500万立方メートルという膨大な量の地下水が山から流れ出た。山体から地下水がどんどん流れ出せば、いずれトンネルから上の山から地下水がなくなることも考えられる。地下水が枯れてしまえば樹木が育つのかどうか。何年先にか、そんな恐ろしい光景が出現するかもしれない。

大量の取水ができる時期はダム湖が満水

 導水路事業の今ひとつの例として、小石原川ダムに関連した取水事業について考える。これもすでに【論文164「でたらめな導水路事業をゆるすな」】で事業の愚かしい実態を説明した。今一度いかにばかばかしいか繰り返せば、取水した大量の水を運び込む場所がない、という滑稽さに触れたつもりだ。具体的に検討したケースが1980年の単年度だけに限って検討したから、それ以外の年では違う結果がでたのではないかとの指摘もあり得る。そこで私も誠意を持って1980年から2001年まで、手持ちの資料全部使って検討した。
 その結果は、改めて役に立たないことを立証することになった。大量の水が佐田川の上流で取水できる月は、その水を送り込むはずの江川ダム湖がほとんど満水状態で、取水などやっている場合ではない事態が歴然とした。
 江川ダム湖がある小石原川と寺内ダムがある佐田川は、その流域がほとんど平行して位置し、流れている。二つの川の距離は直線で4キロ以内におさまるほど近い。ダム湖間の距離は3キロだ。天からの贈り物、雨が降れば両河川に降り、少雨が続けばどちらの川も干上がるのは同じ。しかも江川・寺内ダムは農業用水確保が重要な役目として建造された結果、6月から10月まで、江川ダム湖を常に満水に保つ運用を主要任務としている。
 当然雨が少ない年は江川ダム湖から小石原川への放流量をゼロにしてでも江川湖に水を溜める。
 1980年から2001年の管理年報に明確に表示される現象はおおまかに6月から9月にかけて、満水に近い状態を確保し、11月から翌年の5月にかけて慢性的な水不足状態に見舞われている。
 流域の面積が佐田川の51平方キロメートルに比べ、小石原川の流域は30平方キロメートルしかないので江川ダム湖に「水が溜まらない」と水資源機構の嘆きは尽きない。かって寺内ダムのある佐田川上流に二つめのダムを計画したが、ダム計画地点の住民の絶対反対で頓挫したいきさつがある。しかし、なんとか佐田川から水を採りたいとの本音は消えず、江川ダム湖へ佐田川上流の木和田地区から5キロの導水路トンネルを造り、江川ダム湖へ水を取る事業となって登場したというわけだ。
 それでは1981年から取水ができる月と水量、江川ダム湖の水位との関連をつぶさに見ていくことにする。少しくどくなるが、我慢してもらうしかない。
 水資源機構は佐田川の上流木和田地点で毎秒0.4立方メートルの水量があれば水を採る、と説明する。「超えた流量のうち、最大毎秒3立方メートルの範囲で実施する」という。これが水資源機構が勝手にこしらえた取水ルールだ。
 1981年1月の平均流量は0.71立方メートル。1立方メートルを超える日は4日しかないので取水は無理。2月は平均流量は1.12立方メートル。1立方メートル以上流れるのは14日。14日間に採れる水の量は135万立方メートル。江川ダム湖は水位が217メートルレベルだから満水線まで600万立方メートル入れられる。3月は平均流量は1.43立方メートル。同様に計算して、28日間で346万立方メートル水が採れる。江川ダム湖には386万立方メートル入る。4月には519万立方メートル取水できるが、ダム湖は満水位に近く129万立方メートルしか入らない。差し引き390万立方メートルは捨てざるをえない。5月は513万立方メートル採れる。江川湖は85万立方メートルしか入らない。差し引き428万立方メートルは捨てる。6月は838万立方メートル採れる。江川湖には172万立方メートルしか入らないので、666万立方メートルは捨てる。
 7月は1709万立方メートル採れる。江川ダム湖には172万立方メートル入るが1537万立方メートルは捨てる。8月は838万立方メートル採れる。江川ダム湖には729万立方メートル入る。9月は438万立方メートル採れる。江川ダム湖には1587万立方メートル入れられるが大幅に不足する。10月は1162万立方メートル採れる。江川ダム湖は1800万立方メートル入るので、700万ほど不足。11月は287万立方メートル採れる。江川ダム湖は1073万立方メートル入るので、700万ほどたりない。12月はほとんど採れない。江川ダム湖は900万立方メートル不足する。
 このように検証してみると、大量に水が採れる4月、5月、6月、7月は江川ダム湖は満水位に近く採れる水を捨てざるを得ない実態を理解していただけると思う。【図を参照】



 導水路事業を愚かな、役立たずな事業だと私が非難、批判するのはこうした実情からだ。
 江川ダム湖が空いているときにいくらかでも溜められればよいではないか、と思われる方々にはどうぞ好きなようにやってくださいというしかない。佐田川の流量が大量に余るときに余った水を有効に使える方法として考え出された導水路事業なら生かす道があるかもしれない。しかし、水量が細っている時期に佐田川の少ない水を掠め採るような導水路事業には絶対反対だ。
 再度1980年も検討する。500万立方メートル以上の取水が可能な4月から9月まで、対応する江川ダム湖の水位をみると4月が月初めに219メートルレベルを示しながらまもなく満水となり、ほとんど取水した水を受け入れる余裕などない。特に6月の取水量1096万立方メートルに対してダム湖の空きは85万立方メートル、7月は4585万立方メートルという膨大な水量が取水できても、ダム湖の空きはわずか85万立方メートルとばかばかしい実態だ。8月も3487万立方メートルが取水できるが、ダム湖の空きはまたしても85万立方メートル。9月になっても1345万立方メートルに対して、ダム湖の空きは386万立方メートルだから、1000立方メートルを捨てざるをえない。せっかくすくい取った水が指の間からざーざーと音を立てて流れ出るようなむなしさを私は覚える。
 河川の状況はその年の天気次第、人の顔のように違う。1983年、1985年、1986年、1987年、1988年、1990年、1991年、1992年、1993年、1996年、1997年、1998年、1999年は農業用水が必要となる5月から8月にかけて、江川ダム湖が満水か、満水でなくても100万立方メートル程度の空きしかなくて、大量の水を捨てざるを得ないケースが続々とでる。
 そのほかの年はどうか。たとえば、1984年は雨の少ない年にあたる。このために1月から12月まで、江川ダム湖はがら空きだ。降雨量が少ないから取水するチャンスさえない。1994年も降雨量が絶対的に少ない。6月の最大流量の平均値が毎秒1.32立方メートルだから、取水などもってのほかだ。1995年は7月の流量平均値が毎秒10.73立方メートルとなって、取水ができるがダム湖の空きが小さい。ほかの月は降雨量が少ないので、取水はできないといわざるをえない。2000年は9月に平均流量が30.71立方メートルとなり、7700万立方メートルの取水が可能になる。ダム湖の空きは1115万立方メートルだ。6600万立方メートルは捨てるのだ。このように見てくると、取水できる体制をととのえてみても肝心な時に、水の注入先がないことは明白だ。
 くどくどと似たようなケースについて述べてきたが、うんざりしているのは私自身だ。導水路事業のばからしさを理解していただきたくて、詳細に解説したつもりだ。
 さて私はほかの論文で、水資源機構の水に対する基本的な姿勢を批判したことがる。つまり、「小石原川では年間1500万立方メートルが生かされないまま流れている。佐田川では年間3500万立方メートルが生かされていない」という考え。平成16年3月作成のダムパンフに書かれた内容だ。水資源機構の主張は、「ダムに溜めて使わない水は死に水だ」と私には聞こえる。
 戦後日本の河川を建設省や国土交通省、水資源公団という国側の勢力が全国の河川を破壊しつくしてきたと改めて指摘する。筑後川以外の実情を私は知らないが、耳に入ってくる河川の状況はどこも過大な水需要をいいたてて、過剰な取水システムを作り上げる目的で破壊が進行してきたといわざるを得ず、どこも同じだと断言する。
 水資源機構は佐田川の上流、木和田地区からの取水について、次のようにも述べている。「取水対象流量が流れている場合でも江川ダムに空き容量がなければ取水しません」と。当然だといいたい。であれば、私が検証したとおり大量の水が取水できる時期はほとんどダム湖が満水状態だから、導水路事業など無駄だ、とあきらめることしか選択肢はない。

川に自然な流れを取り戻せ

 終わりに、私はこれまで論じてこなかった川の流量について私の考えを述べてみたいと思います。本来川には天然自然な流れがあると思うからです。国土交通省や水資源機構は「ダムに溜められない水は生かされていない」との考えですから、私とは考え方が対局にあります。川にはダムはないのが本来の姿です。
 河川法にもその第1条で「流水の正常な機能の維持」をうたっています。ところが江川ダムでは放流量ゼロという河川法違反の事実がくりかえされています。すでに論文の中で触れたと思いますが、ダム管理年報には放流量ゼロが克明に記録されています。水資源機構は河川法に違反しているのです。この事実を見逃してきた国土交通省も私から見れば同罪です。また2級河川の管理者である福岡県知事も河川法を守っておらず、河川法違反の当事者であると指摘しておきます。


【寺内ダムから数キロ下流の佐田川。毎年冬に出現する枯れ川】

 平成15年5月に出された水資源機構の「小石原川ダム事業計画のあらまし」で、「河川環境の保全等のための流量の確保」について述べた箇所があります。同パンフの12ページです。
 ここに図々しいというか、あきれたことが明確に書かれています。
 小石原川ダム直下では毎秒0.15立方メートル。江川ダム直下では毎秒0.19立方メートル。女男石地点で毎秒0.44立方メートル。佐田川では寺内ダム直下で毎秒0.37立方メートル、それぞれ流量を確保する、というのです。
 では江川、寺内ダムが完成してから今日まで、20数年間、維持流量は定められていたのですか。当事者に質問しましたが、国土交通省も水資源も、福岡県も明確には答えられないのです。維持流量を決めていなかった、つまり河川法を自ら破ってきた、無視してきたからです。
 驚くべきことに紹介した各地点での河川の維持流量は小石原川ダムが完成した時に、有効になるということです。小石原川ダムの完成は当面平成27年度といいます。するとそれまで、河川法違反の事態は誰がとがめることもなく続くということになります。これが許されることか。こうした河川の維持流量こそ流域に住む住民を加えた検討委員会組織で、じっくり話し合って適切な数字を決めるべきではないでしょうか。
 水資源機構がこしらえた維持流量の根拠は何か、質問しました。回答は過去20年間の二つの河川の平均流量から設定したといいます。私は信じられません。嘘があると感じます。
 過去20年間の江川ダム管理年報から判明したことは毎秒0.15立方メートルという数字は明らかに小さすぎる。つまり少ない限度ぎりぎりの数値でしかありません。小石原川の流量、江川ダム湖に流れ込む量がゼロ、となった時があります。1984年12月、1994年8月だけです。日数では20年間、7300日の内で2日だけです。実際にはもっと潤沢な水量があるはずです。
 また佐田川では中流域で流れが完全に消える時期が冬に出現します。寺内ダムが完成しているのだから、本来このような枯れ水区間があっていいはずがありません。「渇水期にはダムから放流します」と名言しているのだから、流れがとぎれないようにダムから放流すべきです。国土交通省も水資源機構もダムがあれば、正常な流量の確保ができると主張しているのですから、是非守ってもらいましょう。守らせましょう。


209. 高千穂鉄道残照(U)川水流鉄橋流失

川水流鉄橋無残

 橋脚を残して(川中の一本は橋脚から流失していますが)鉄橋全体がきれいサッパリなくなっています。
 手前の切断された線路から流出した鉄橋を見ると、その洪水の凄まじさが目に浮かびます。


▲ 川水流鉄橋 説明は不要でしょう。

浸水した隣家

 この引き千切られた鉄橋の付け根の手前には、十数頭の牛を飼う農家がありましたが、台所の勝手口には水害の泥を洗い落とした跡形(地上150センチメートル)がまだ生々しく残っていました。
 丁度、親族で法事の準備をされていた家人にお尋ねすると、牛は移動させていたので大丈夫だったが、一時は大量の砂に覆われ復旧を絶望したとのことでした。


▲ 勝手口に残る洪水の痕跡
※ 白くなっている部分まで浸水したのです。(↑)

川水流(カワズル、カワヅル)

 前回は吐合(ハキアイ)地名の話をしましたので、今回は川水流についてもふれておきます。
 "水流"と書き、(ズル)と読みますが、これも中九州から南九州の山間に多く見られる地名です。水流の他、都留、津留、鶴、釣、弦・・・などの 文字が当てられ、原鶴、湯ノ釣、上津留・・・といったバリエーションを持っています。

「川に沿って細長く連なった」平地の称であろう。・・・

「古代地名語源辞典」(楠原佑介ほか)

 とありますが、足摺岬の"ズリ"(ズリ落ちる)のように、断崖、崩壊地にも付けられる場合もあるようです。曲がりくねった深い渓谷のある山間平地にもこの地名が散見されますので、非常に判別が難しいのですが、蔓、鶴からくる、曲がりくねった細長い地形に付けられるヅル地名と、崖地に付けられるズリ地名とは別系統で、時にどちらとも考えられる場所があるようにも思えます。


210. 必要悪が必要な面々の面の皮

 不知火海の自然を守る会 田辺 達也(八代河童共和国大統領)

 「必要悪」という文字と言葉が悪(わる)の代名詞として連日のように紙面と映像を賑わせている。「裏金づくり」「官製談合」「口きき」「天下り」「贈収賄」などなど、悪い行い・うさん臭い行いに、煙幕を張ってごまかすばかりか、正当化するレトリック(詭弁)とマジック(奇術)の切り札としてよほど使い勝手がいいのか、メチャメチャ乱用されている。
 矛盾(対立)する非論理的な合成語を納得させる解釈はあるのか? と、岩波の広辞苑(第2版)を繰ってみた。「必要」と「悪」はあったが「必要悪」は関連語にもない。三十年前の辞典にはわざとらしく定義づける必要を時代が要請していなかったと思われる。
 ところが最新の電子辞書にはあったのだ。シャープの大辞林には「ない方が望ましいが、組織などの運営上また社会生活上、やむを得ず必要とされる物事」と。セイコー広辞苑・岩波第5版も似たような説明だった。編纂者・解説者は不明だが、騙(だま)す・ごまかすトレンドぴったりの、修辞の見事なテクニックに恐れ入った。必要悪を必要とする面々の切実な要求にもとづき、彼らの理論? 武装のため近年追加されたと思われる。
 この字引から、もう二十年以上も前になるが、阿刀田高の『詭弁の話術』(ワニ文庫84)を読んだことを思い出した。歴史は「ゴマカシ術」とともに発達したと書いている。 
 今日を見越して電子辞書の先鞭をつけたのかも知れない。
 熊本日日新聞のコラムが最近「必要悪」についてとりあげた。官製談合に例をとり「必要悪は不正行為である」と断じ、必要悪の主張は「甘い汁を吸うための勝手な理屈」で、必要悪(蜜)に群がる面々に「面の皮が厚い」と非難している。もっともだ。

 熊日のいう「必要悪」を必要とする〈面の皮の厚い面々〉だが、必ずしも政治家や官僚や事業家ばかりとは限らない。我々は国や県・大企業の諮問機関・顧問職等に名を連ねる学者のなかに、およそ学者の名に値しない面妖な蠢(うごめ)きを飽くほど見聞してきた。
 例えば、川辺川ダム、水俣病、カネミ油症、諫早湾締め切りなどで、加害者・強者の意を体して学者の仮面を振りかざし、へ理屈専門家の妙を発揮して、被害者・弱者の前に立ちはだかり、行政や大企業のお褒めに与ってきた。その功績によって立身出世の道が開け、忠誠度に応じてそここその公職と役得にありついている。公害問題でエセ学者のいかさまと闘った沖縄大学名誉教授の宇井純さんは、講演のたびに「記念碑を立てて面々の名を刻み込み後世まで非難しよう」と訴えてきたほどである。
 必要悪のラッパを鳴らす先生は熊本にもいる。熊本大学の滝川清教授である。この先生のプロフィールは、あちこちの講演会で配布されるPR資料によると「熊本大学大学院工学研究科土木工学専攻終了、工学博士。土木学会フェロー・特別上級技術者。専門分野は海洋環境工学−海域の環境・防災に関する学術研究の権威者として〈有明・八代海総合評価委員会委員(再生法に基づく国の諮問委員会)等、30余の国・県等の委員長等を務め、有明・八代海の保全・再生に向けて行政への指導・提言・共同研究等を行っている」と紹介されている。この賛辞を真に受けると「学術研究の権威者で、国や県の諮問機関の公職を30余務め、行政への指導・提言を行う大先生」である。
 この大先生が、八代港沖の大築島南海域(42ヘクタール)へ県内港湾浚泄土砂を持ち込み埋め立てる公共工事を「必要悪の事業」と言ってのけ、ゴーサインをだしたのでタマガッタ。県の諮問機関「有明海・八代海再生検討委員会」委員長の立場での発言だけに影響は大きかった。
 しかし、論理・道理を大事にすべき学術研究の権威者が、長屋談議の俗語でしか事を判断できない知劣と倫落を、心ある人々が即座に嗅ぎとったとしても不思議ではない。この埋め立ては大先生ご託宣のとおり、確かに「悪」を承知の確信犯的公共工事である。この海域は五十種の海藻と百種類のプランクトンが成育する八代海最良の浅海である。それ故に、九州の水環境団体である有明海・不知火海フォーラムや、海域周辺に暮らす漁業者、葦北郡全域の自治体と議会、水俣病患者団体がこぞって反対申し入れを県に行ったほどで
 ある。特にフォーラム代表団は採択された天草宣言をもって臨んだ対県交渉の一昨年夏、滝川先生の変チクリンな決断を取り上げ「真理に忠実であるべき学者に許されない政治屋的予断で不見識極まる」ときびしく抗議している。この声はご本人にはとっくに届いているはずだが音沙汰なしである。

 滝川先生は「悪」を承知でなぜ「必要」のゴーサインを出したのか? 直接問答すれば分かるが対話の自信はないようである。そこで県や市がしぶしぶ出した資料やこれまでの報道から推して、この先生の興味は人工藻場の研究にあることが分かる。
 大築島周辺の浅海を県の産廃投棄場にする二百数十億円の工事は、堤防護岸の新規工事による自然藻場の破壊と喪失を前提にしている。そのため本年六月、滝川委員会の最終会合は人工的な渚線や藻場づくりの実証実験の推進等を提言している。県のラフスケッチを見たが、八代海の自然藻場を破壊した後、ここに人工藻場の段々畑が描かれていた。滝川先生には国や県の計画に乗っかった自己の研究課題への執着・野心が読みとれる。つまりこの計画は、八代市民の無関心と沈黙の隙を突いて、マリコン(海洋土木大企業)と、有明海の浚泄土砂の廃棄に困った県と、人工藻場の海洋実験にむずむずの滝川教授ら三者の思惑が一致して始まった、と言ってよい。
 では滝川さんは学者として、いま学生にどんなことを教えているのか? まさか、「必要悪」の特別講座を設けて、ごまかし・厚かましさのペテン術・遊泳術を教えているのではないのか? 体制迎合の無節操と詭弁術の舌技が30余の公職につながったのか? 誰もが抱く疑問である。「必要悪」の妄言は滝川大先生の有頂天を表出している。
 滝川先生よ、高等工業以来の熊大工学部の伝統を汚してはならない。科学者なら科学者らしい厳しさと真面目さを求めたい。科学とは「自然や社会など世界の特定領域に関する法則的認識を目指す合理的知識の体系または探究の営み」(スーパー大辞林)である。この物差しに照らすと先生はどうやら学者として失格である。
 つけ加えて言うと、有明海・八代海関連の諮問機関は国の「総合評価委員会」にせよ県の「再生検討委員会」にせよ真面目さが全くない。最近の報道からも、前者委員会が「諫早湾干拓事業と有明海の環境及び漁業の悪化との関係をほとんど考察しない報告書を作成しようとしていること」について、熊本県立大学堤教授と元中央水産研究所佐々木室長から「原因を明らかにせず評価や対策を行うことは科学的でないだけでなく対策が役に立たない」ときびしく批判されている。

"必要悪が必要な面々の面の皮"の掲載について

有明海諌早湾干拓リポート 編集長 古川 清久

 今回、田辺大統領は、実名を上げて熊大の滝川教授を批判されています。私も熊本県立大学堤教授と元中央水産研究所佐々木室長か提出されている疑問については聞いていますが、"原因を明らかにせずに評価や対策を行うことは科学的でないだけでなく対策が役に立たない"ということは言うまでもありません。田辺大統領が指摘されている"大築島の人工藻場"については、リポートT、34.掲載の"不知火海を死に追い込む"大築島"埋立計画"を再度読んで頂きたいと思います。
 私には熊本県の環境対策の一環とされている有明海・八代海関連の諮問機関も、タウン・ミィーティングのやらせ質問とどれほど違うのかと思わざるを得ません。さしずめ、佐賀では佐賀大学のA教授となるのでしょうか。福岡では九大の○○教授ですか・・・。

次号へ続く


211. "有明海から考える列島文化"『神話と伝説』第5回

 久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士)

特別連載

有明海から考える「神話と伝説」D

 久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士) 

神話と伝説

第二章 伝説

浦島伝説

 むかし、むかし、あるところに、浦島太郎という、貧しくとも心やさしい若者が、母親と二人で、漁師をしながら暮らしていました。
 ある日、太郎が浜に通りかかると、子供たちが、小さな亀をいじめていました。太郎は、かわいそうに思い、亀を放してやるよう頼みますが、子供たちは聞き入れてくれません。 そこで、お金を払い、亀を買い取って、海に放してやりました。
 それから、二、三日たって、太郎が海で、魚釣りをしていると、
 「浦島さん、浦島さん」
 と呼ぶ声がします。声の方を見ると、助けた亀がいました。
 そして、
 「この前は、危ないところを助けていただき、ありがとうございました。
 お礼に、あなたを、竜宮城に、お連れします。どうぞ、私の背中に乗ってください」
 と言いました。
 太郎は、竜宮に、すばらしい世界があるということは、知っていました。竜宮城に連れていくと言われ、はじめ驚きましたが、知っているので、行きたいという気持ちになりました。  しかし、母親のことが心配です。太郎は迷いましたが、しばらくなら、と申し出を受けることにしました。
 そして、亀の背中に乗りました。亀は海に向けて泳ぎだし、あっという間に、海の底にある、竜宮城に到着しました。
 そこは、見たこともない、すばらしいところで、立派な門を構えた、大きな宮殿があります。それから、太郎は、宮殿の奥に案内され、乙姫さまに会いました。
 乙姫さまは、
「先日は、亀を助けてくれて、ありがさうございます。
 何日でも、ゆっくり、遊んでいってください」
 と言いました。
 それから、おいしい料理や飲み物をいただき、タイやヒラメの舞踊りを見たり、竜宮城を見物したりと、夢のような毎日を過ごしました。
 夢のような日も、毎日続くと、飽きてきます。しばらくすると、太郎は、ごちそうや舞踊りに飽きてきました。また、母親のことも心配になり、急に、帰りたくなりました。
 そして、乙姫さまに、おいとま乞いをしました。
 乙姫さまは、
 「それは、お名残りおしいことです。でも、仕方がありません。
 それでは、この玉手箱をさしあげます。この箱は、どんなことがあっても、開けてはい けません」
 と言いました。
 太郎は玉手箱をもらい、みんなに見送られ、亀の背中に乗って、竜宮城を発ちました。そして、またたく間に、故郷の浜に到着しました。
 村に戻ってみると、前と様子が違います。自分の家は跡形もなく、草ぼうぼうになっています。母親を探しましたが、見つけることができません。また、母親のことを尋ねても、誰も、知ってる者は誰もおりません。
 途方にくれた太郎は、一人ぼんやり、海岸に座っていました。そこで思い出すのは、竜宮城での、夢のような日々のことです。
 そして、
 「これを開けたら、前の世界に、戻れるかも知れない」
 と思いました。
 太郎は約束を忘れ、玉手箱を開けてしまいました。すると、箱の中から、白い煙が立ちのぼったかと思うと、太郎は、たちまち、白髪のおじいさんになりました。

 これは、おとぎ話の「浦島太郎」です。「桃太郎」「金太郎」「一寸法師」と同様、日本人に親しまれている、おとぎ話です。
 おとぎ話の「浦島太郎」には、原話がある、と言われています。その「浦島太郎」の原話と言われる「浦島子」は、八世紀の文献に、すでに記されており、古い来歴をもつと言われています。
 原話と言われる「浦島子」を記します。

 興謝郡日置里に、筒川のしま子という青年がいた。好男子であった。
 雄略天皇の御世、しま子が、独りで漕ぎ出して、釣りをすること三日三晩、魚は少しもとれなかったが、五色の亀がかかった。
 これを船の中に置いて寝ていたところ、この亀が美しい乙女になった。
 しま子が、怪しんでたずねると、
 「わたくしは仙女です。どうか怪しまないで下さい」
 という。
 そのようなことで、さらに沖合の大きな島に着くと、目もまばゆいばかりの、玲ろうなる樓台がある。
 そこで、かばる星や、あめふり星のわらべに迎えられ、また、乙女の父母に歓迎された。 しま子は、乙女と夫婦になり、三年たった。やがて、彼は故郷に帰りたくなり、そのこ とを告げる。
 乙女は嘆き悲しむが、遂に、
 「もし、私を忘れずに、もう一度、尋ねておいでになりたいと、お思いなら、決して開けてはなりませぬ」
 と玉くしげを授ける。
 彼が筒川の郷に帰り着くと、村は、すっかり変わってしまっている。
 里人に、自分の家を尋ねてみたが、
 「あなたは、一体、どこのお方です。何でも、古老の話では、昔、水江の浦へ行き、とうとう、帰らなかったということです。
 もう、三百年も、昔のことだそうですね」
 という。
 そのようなことで、一人の知人にも会うことができず、一年近くも経った。
 しま子は、来る日も来る日も、海の仙女が恋しくて、玉くしげをなでていたが、いつか先の約束を忘れ、ふと、そのくしげを開けてしまう。
 すると、たちまち、芳しい蘭のような香りがして、体が風と雲をともなって、天にひるがえって飛んでいってしまった。

 「浦島子」では、亀が、子供にいじめられ、それを、助ける部分はありません。おとぎ話のように、助けた亀に乗って竜宮城にいくようになるのは、以外に新しく、明治頃だと言われています。
 「浦島子」と、共通する話は、沖縄地方にもあります。
 その一つ、与那覇で伝承される「竜宮から帰った男」を記すと、

 ある若者が、東海岸の与那久浜で、添髪(いりがん)を拾って、それが縁で、竜宮の女神と出会う。
 それから男は竜宮で三ヵ月くらして、紙包みを貰って自分の里へ帰ってきた。
 が、すでに、三十三代目の歳月がすぎていて、知る人はだれもいなかった。そこで、途方にくれた男は、紙包みを開けてみた。
 すると、中に入っていた白髪が飛んで体に付着し、男は、みるみる老衰し死んでしまったという。
 竜宮から男が持ってきた桑の杖が、いつしか男を葬った地所に桑の木となって生い繁り、そこを、オサン獄(隠作根獄)とよんで、拝所とした。
                         『日本の伝説2沖縄の伝説』より
 ここでは、おとぎ話と同じように、竜宮にいきます。「浦島子」では、沖合の、大きな島となっています。しかし、海の仙女、玲ろうなる樓台とあるので、竜宮と同じと考えてでいいと思われます。
 共通点を整理すると、
@何かの縁で、海の中の竜宮にいく。
Aそこで、楽しい時間を過ごす。
Bしばらすると、故郷が恋しくなり、帰郷を申し入れる。
 そして、帰りに、開けてはいけない、おみやげをもらう。
C竜宮で、しばらく過ごしたと思っていたのが、故郷に帰ると、相当、年数が経過して
 いる。
Dついに、おみやげを開けてしまう。
 おみやげを開けると、たちまち老人になる。

 竜宮で、楽しい時間を過ごして帰ってきます。竜宮で、しばらく、過ごしていたと思ってたのが、帰ってくると、数百年、経っています。
 知人は、一人もおりません。知人もなく寂しくなって、開けてはいけない、おみやげを開けてしまいます。そして、たちまち、老人になります。
「浦島伝説」は、
@呼吸出来ない海中に、人間が入っていきます。そこでは、人間が、この地上と同じよう に、暮らしています。
A故郷が恋しくなり、竜宮から、この地上に帰ってくると、人間の寿命をはるかに越えた、 年月が経過しています。
 と常識では考えられないことを、人間がします。そこが、奇想天外と言われるところです。この二つが、「浦島伝説」の、大きな特徴になっています。

 ここは、次のように考えられます。
 ウルム氷期、日本列島は、海面が低下して、ほぼ、陸続きでした。それが、温暖な気候に変わり、海面が上昇します。ほぼ、陸続きだったのが、海面上昇で、陸地が切れて島になります。そして、島は、年ごとに離れていきます。
 しばらくすると、晩氷期に変わり、海面が低下していきます。海面低下は陸地が上がることです。しばらくすると、陸地が上がって、隣の島とつながって陸続きになります。
 この時代の、人の動きを想像します。
 陸続きの時代、人は、平地で一緒に暮らしていました。
 ところが、温暖な気候に変わり、海面が上昇します。海面上昇で、陸地が切れて島になっていきます。そして、右と左、それぞれの島に別れて、互いに暮らすようになります。 隣の島に、別れていった人がいるのは、互いに知っています。
 そんな時、海を見て、
 「ここは、昔、あの島と陸続きで、この海の下で、みんな一緒に暮らしていた」
 という話は、代々、語りつがれていたと思います。
 それが、晩氷期に変わり、再び、海面が下がっていきます。島で暮らす人たちも、海面低下に合わせて移動します。そして、島と島がつながり、隣の島の人たちと再会します。 かつて、一緒に暮らしていた人たちと、数百年ぶり再会します。場所によっては、それ以上のところもあります。同族ですが、数百年経ち、知ってる顔はありません。
 そこが分かると、呼吸出来ない海中で、この地上と同じように暮らし、数百年後、その海中から帰ってくるという発想は、自然に生まれてきます。
 数百年経てば、その分、老いてなければなりません。しかし、竜宮から、同じ年齢で帰ってきます。それは、竜宮では歳をとらないからです。竜宮で歳をとらないようにしないと、話を展開させていくことが出来ない、というのが正確です。
 それを、先人たちは、心憎い方法で解決します。
 竜宮で過ごした年数分を、袋に貯め込んでいます。袋に貯めれば、差し引きゼロで、竜宮では歳をとりません。そして、決して開けてはいけないと言って、おみやげにして渡します。
 してはいけないと言われたら、つい、そうしてしまうのが人間です。このパターンは、神話でも、よく出てきます。
 長い年月が経てば、信じられないことが起こります。この時点で、それまで語りつがれ
た話は消滅し、海から帰った人をモチーフに、新たな話につくり直されました。
 話は、時間が短縮してあります。そこで、現代人からすれば、奇想天外な話にうつります。それも、代々語りつがれてきたという、しっかりした土台があったから、このようなドラマチックな話を作ることができました。
 今は海中になったところで、この地上と、同じ生活が刻まれていました。海の中には、特別な思いがあります。特別な思いがあるので、海の中が楽園と発展していくのも、自然な流れです。その思いが、本土では「竜宮思想」となり、沖縄地方では「ニライカナイ思想」となりました。
 この発想は、陸続きになったり、離れ離れになる地域で生まれます。ずっと、陸地だった本土で、この話が生まれることはありません。「浦島伝説」の舞台は、九州から沖縄にかけての島、ということになります。
 「浦島伝説」も、実際に体験して、はじめて出来る話です。この話も、海面上昇時の移動、後退で、それぞれの地にもち帰り、各地に広がっていきました。
 「浦島伝説」は、ウルム氷期の、ほぼ、陸続きの時代、温暖な気候の、今の日本列島時代、そして、晩氷期の、ほぼ、陸続き時代のことが語りつがれ、それがつながって、はじめて出来る話です。
 最初に海面上昇がはじまるのが、一五、○○○年前、晩氷期が終わって今の陸地になるのは、九、五○○年頃になります。こんな古いことが、長期間、語りつがれていたので、奇想天涯と言われる「浦島伝説」を、作ることができました。

次号へ続く

有明海から考える「神話と伝説」の連載について

有明海諌早湾干拓リポート 編集長 古川 清久

 いよいよ久光さんの独創が冴え渡ってきました。縄文海退、縄文海進を経験した人々の人類的記憶、民族的記憶が現在まで継承されているとする驚愕の仮説です。
 もはや、私のように縄文語を捜すなどといった小さな発想ではありません。もっと面白い話になってきます。期待してください。

 久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士) 

 リポートV 八月号に「ムツゴロウは泳げなかった」を掲載しました。この中に登場する『ムツゴロウが教える日本の起源』を書いたのが久光教弘氏です。

 (再掲)この本のタイトルのとおり、久光教弘氏はムツゴロウそのものをテーマにされているのではなく、ムツゴロウの話を導入部として日本と日本人の起源を論じておられるのです。 
 氏は佐賀市在住の現役の建築士として設計事務所を経営されていますが、一度お話を伺いにお訪ねしたことがあります。その際も新著の原稿に取り組んでおられていましたので刊行を楽しみにしています。こちらも文化人類学の好著と推測しています。
 同書は自費出版されたものでしたが、非常にレベルの高い文化人類学に関する好著です。非常に面白い本で、私も一気に読み終えた記憶があります。

※ 『ムツゴロウが教える日本の起源』のお求めは、ハガキかFAXでお願いします。
住所:〒840-0805 佐賀市神野町西4丁目4-8 久光 教弘(ヒサミツミチヒロ)
FAX : 0952-31-7702 24時間受付


■ 次回への予告 ■ J
V   環境保護派よ我が梁山泊に楯籠もれ! (NO. 12)  3月号
212
日本型姥捨ての薦め
19990701
213
タイトルの変更について
20061016
214
= 不知火海・芦北の海は 今はどうなろうとしているのか =   
〈有明海・八代海を再生するための特別措置に関する法律〉の施行
連載第2回 意見交換会
芦北地域一般住民 吉田耕一(元教師)
20061130
215
永 尾(エイノオ)
20061001
216
自民党の錬金術を暴露 血税を貴様らの勝手にされてたまるか
 筑後川水問題研究会 中原 孝矩(元記者) 
20070115
217
この木なんの記 
 音屋の昭太郎 
20070331
218
高千穂鉄道無残(V)
20061106
219
日奈久ギャンブル場問題の新しい段階
 不知火海の自然を守る会 田辺 達也(八代河童共和国大統領)
20061031
220
"有明海から考える列島文化"『神話と伝説』第6回
 久光教弘 『ムツゴロウがえる日本の起源』著者(一級建築士)
20060808
■次回への予告■ K