200. 二〇〇七年年頭所見

 有明海諌早湾干拓リポート編集長 古川 清久

読者の皆さんへ

 全国の読者の皆さん、常日頃から本ホーム・ページ(サブ・サイト)をお読み頂き深謝します。新しい年、二〇〇七年が始まりましたが、本年も豊富な内容で報告を続けたいと思っています。
 一応、年頭ですから新たな目標を定め、次の年が始められることに感謝するべきなのかもしれませんが、二〇〇七年も公共工事を先頭とする環境破壊に歯止めが掛かる状況にはなく、新しい年もこれまで同様に警鐘を鳴らし続けざるを得ないでしょう。
 今般、リポートV、一月号は、十本立ての掲載になりました。過去、九本立ての掲載はありましたが、二桁になったのは初めてであり、まずは、全力投入というところでしょう。
 実際、本リポートへの期待を感じています。多くの原稿が集まり、月刊二本から旬刊、週刊化さえも不可能ではない状況になりつつあります。このため、その鮮度を維持するためにも掲載本数を上げざるを得ない状況にあるのです。
 読者の方々には、数あるホーム・ページの中から、特に選んで読んで頂いているのですから、長文が多いこともあり、どれか一本でも読んでもらえればと考えています。

 編集への協力要請について

 編集する立場から言えば、有明海、不知火海沿岸は普段の活動エリアであり、特に佐賀、長崎の玄海灘側、東シナ海側は、過去、毎週のように釣りに行った領域です。一応、大分県の南部も釣りでかなり足を運んだところですから大方の見当がつく領域ですが、現在、編集領域が福岡県の玄海灘側、日向灘から宮崎県、鹿児島県、さらに沖縄県にまで拡がっていますので、どうやら、限界を越え始めたようです。
 帝国海軍流に言えば"攻勢終末限界点"を越えた訳です。このため、これ以上の拡大は、能力の限界を越えていることになります。
 宮崎県北半の山間部辺りまではかなり入っていますが、いずれにせよ、一人の人間がある程度状況を把握し認識できる領域を越えている事は明らかです。これを補うには、どうしても多くのライター、リポーターの力を借りるほかありません。現在、新たに二人の寄稿者と交渉していますが、さらに多くの問題を正確にカバーするためにも、多くのライターを募集したいと思います。
 我と思わん方は下記まで連絡して下さい。ハッキングなど、セキュリティーの問題から、一度お話をした後、メール・アドレスと正確なデータ・ファイルの送信先をお知らせします。
 なお、寄稿に限らず、リポート内容の誤りの指摘、新たな情報の提供、行政への怒りの訴え、内部告発、談合情報、写真の提供も受け付けたいと思います。ほぼ、全ての時間で受け付けいたします。
 また、情報提供者、調査、編集のためのサポーター、近藤邦明氏による温暖化問題に関する講演会などを開催する必要から、協力スタッフ、資金援助も求めています。

連絡先:09062983254

HP「環境問題を考える」CO2地球温暖化論について

 本サブ・サイトは、近藤邦明氏の監督の元、その一部を分担させて頂いていますが、私自身は槌田敦教授、近藤明氏の一連の著書、論文を読み、また、異なる見解の対立する著書、論文にもそれなりに目を通してきました。また、公共事業の問題については国家、行政機関の態度、言説について多くの事例に当ってきたつもりです。このため、何が本当の事であり、誰が嘘をついているのかについては、ある程度の判断が付くようになってきました。
 現在、近藤邦明氏が送られている渾身のメッセジは、虚構だらけの中にあって、唯一、真実を発し続け、暗闇の中にあって光輝き続ける灯台にさえ思えます。
 言うまでもないことですが、元々、「CO2地球温暖化論」は、電力業界への天下り派と原子力関連産業(研究者から重電のプラント・メーカー・・・)の生き残りを掛けて大胆に持ち込まれたデマでしかありません。恐らく現在は、この仮説を無意識的か意識的かを問わず利用することによって(排出権取引によって利益を得る事ができる勢力も含めて)利益を引き出すことが可能になった新たな利権集団もこの中に加わっている事でしょう。
 そして、無批判なマスコミが煽る事によって、ほぼ、国民的洗脳が完成しつつある状況にあるようです。
 下世話な世界を批判する当サブ・サイトも、その分、一般的な環境保護グループとの接触が多いこともあり、CO2温暖化説の蔓延を実感しているところです。いわば、思考中断型の"猫も杓子も二酸化炭素は悪だ!"といった馬鹿の一つ覚え状態にあり、ほとんど、戦中の鬼畜米英論、"中世の魔女裁判"の観を呈しています。
 有明海・諌早湾干拓リポートの側でも、この恥ずべき状況を打破するために、下世話な側面からさらなる批判、反論を行ってゆきたいと考えています。

科学的環境保護派の組織化に向けて

 世に多くのHPがある中で、一つのサイトに多くの論者が結集しているサイトはそれほど多くはありません。近藤さんの周りには今後とも多くのライターが結集し、当方においてもさらに影響力のある論者の論文を随時掲載して行くつもりです。
 環境保護のための現場レベルの運動を組織化するだけでも困難な状況なのですから、CO2温暖化論という国家的陰謀と錯覚の蔓延を暴露するための運動の組織化がさらに困難な課題であることは論を待ちません。
 しかし、そのことなくしては、原子力発電、ましてはプルサーマルの推進を阻止する事が不可能であることも否定できない現実なのです。
 原発推進派は二酸化炭素を出さない(これも実質的には嘘ですが)原子力発電は必要なのだ!としてCO2温暖化説を「錦の御旗」にしています。この「錦の御旗」を叩き折り、踏みにじり、大規模に運動を展開するためにも理論的再武装が必要であり、CO2温暖化仮説の虚構を暴露する理論運動を拡大する必要があるでしょう。極論せずとも、原発、プルサーマルはイサカンの百万倍も悪いのですから。
 別に近藤さんと相談した訳でもない勝手な話ではありますが、もしもこのCO2温暖化説をもっと詳しく知りたいというグループ、環境保護団体からの派遣要請があれば、全国規模で講演してくれることでしょう。というよりも、本来は全国の国立大学ぐらいには、この"CO2温暖化論蔓延問題"の学習のための細胞組織ぐらいできても全くおかしくない状況と考えていますが、まだ、時は醸成されていないのかも知れません。
 さて、でたらめなで、不公正、不必要な公共事業は今後も続けられるはずですから、局所的、対症的反対運動は自然発生的、散発的に発生してくると思います。しかし、最大の環境破壊である、原発建設、プルサーマルに反対する運動は、その背後にある巨大な陰謀、錯覚を理解することなく闘えば、実質的には素振り、もしくは壮大な空振りに終わる事になるしかありません。
 いずれにせよ、二〇〇七年は槌田理論を軸に、さらに、わかりやすい簡単なメッセジで"CO2温暖化説の虚構"を暴露して行きたいと考えています。

壮大なデマとしての地球温暖化脅威説

 もちろん、デマなのですが、デマであるとすると、空恐ろしい限りの陰謀が背後に存在することに気づきます。

@ CO2地球温暖化論は、原発の増設、危険極まりないプルサーマルの容認へのドライブとして機能しているという事。むしろ、そのために意図的に持ち込まれているという事。
A 現在、石油代替新エネルギーとして、さも必要でもあるかのように登場し、景観を破壊し続けている巨大なおもちゃとしての風力発電や太陽光発電の建設が、国民の環境保護への意識の高まりを逆手にとって、環境に配慮したものでもあるかのように登場している事実が虚構である事。実質的に形を変えた新手の公共事業に過ぎず、巨大な資源の浪費を続けている事。新規ダムの抑制などによって、三菱、日立、東芝・・・といった重電メーカーへの実質的救済策として機能しているという事。また、その中心に位置する新エネルギー機構(NEDO)=旧石炭公害復旧事業団は、本来、石炭公害(もう忘れた方が多いでしょうが、石炭の坑道掘削による陥没など)の復旧が完了すれば、整理されていなければならなかったはずの団体であるにも関らず、新たな自然エネルギーの開発のと称して、これまで以上の税金の浪費を続けている事になるのです。
B 京都議定書をもって、さも地球を救う切り札のように思い込んでいる俗流環境保護派の怒号が実質的には何の意味も持っていない宗教的運動に過ぎない事。
C 排出権取引によって全く無意味な取引が行われ国家的サギ取引が始まる事。このことによって、さらに伝統的経済が破壊される事。
D その延長上に非効率極まりない水素エネルギー利用(迂回発電)、燃料電池システムが、局所的にCO2出さない(当然ながらこの分外の場所で増加しているのです)クリーン・エネルギーとして登場しつつある事。
E 学者から研究機関レベルまで、CO2地球温暖化論を受け入れないような客観的研究は個々の現場において予算が付かずに学問レベルで排除されている事。同時にそのような研究者は教授になれないといった状況にあり、学問、研究、教育レベルにおいて、差別、選別、不平等が蔓延しつつある事。

情緒的情動的環境保護派を撃て!

 これらの壮大なデマに踊らされているのが、近藤氏が言うところの情緒的(私は情動的と表現しますが)環境保護派ですが、その知的水準の低さ(彼等は政府情報を鵜呑みにするものが大半で、実情はNHKスペシャル程度の知識)から、いわば、戦時中の国防婦人会のように自らの頭で物事を考える事ができず、本気で海面上昇を心配し、灼熱地獄がやってきていると考えているのです。
 しかし、現実に起こっている事の大半はヒート・アイランド現象でしかなく、国土交通省などによって、穏やかな気候を維持するための最適な仕組みであった水循環を、都市排水の地中化(下水道)、河川の直線化(一部地中化)によって"水循環システム"を決定的に破壊してしまった事、その結果としての"熱循環の破壊"にこそ原因があるのです。
 情動的環境保護派(原発反対運動などの活動家達)はこの事が全く見えていません。このため、彼らはNEDO(旧石炭公害復旧事業団など)といった本来消失させなければならなかった不要な公団の延命策として捏造された"太陽光発電"とか"風力発電"といった新手の公共事業(土木建設)の愚かな尻押し部隊になり下がっているのです。

※ さて、年の初めですから、多少は心安らぐ映像を見ていただく事にします。


201. 波多島(ハタト) "今に残る不知火海の桃源郷"

 これまで気付かなかったのは全く迂闊でしたが、不知火海東岸の非常に目立たない場所に、かなり大きなアコウの群生地があることを知りました。
 教えて頂いたのは芦北町、湯之浦温泉にお住まいの元教師吉田耕一先生でした。
 先生は『 有明海・八代海再生特別措置法の施行に関して「地元住民との意見交換会」芦北編 報告書 』というレポートを一般住民の立場で自費出版されています。
 今後、二月号より半年を掛けて全文を掲載して行く予定ですので期待してください。
 さて、なぜかアコウと聞くとじっとしておられない私は、数日後には先生に案内して頂き現地に来てしまいました。その場所は八代市の南、田浦町の御立岬の北、肥薩おれんじ鉄道の上田浦駅に近い隠れ里のような波多島(ハタト)の海岸です。
 この一帯だけが、なぜか必要性の全くない海岸保全事業の魔手から逃れ、アコウの木が数多く残る自然石の護岸と石積み防波堤が残っているのです。
 私にはこの状態で今日まで残った事はこの一事だけで奇跡にさえ思えます。
 この波多島地区は崖下にへばり付いたような小集落で、漁村と言うほどのものでもなく、さりとて、それほど多くの農地がある訳でもなく、どのように考えても、古代ならば律令制の外に置かれた集落に思えますが、現在でも普通車が離合できない道路があり、金儲けだけが目的の地場の土建屋や議員などがやりたがる手っ取り早い海岸関係の工事の魔手から免れたものと思われます。まずは現地の写真を見て頂きましょう。
 はじめの写真のアコウは、今回、話をお聞きしたおばあさんの連れ合いのお母さんが、石垣を守るために九十年前に植えたものだそうです。

▲ 地元のおばあさんの話によると、自分達は漁師ではなく昔は薪を船で鏡町辺りに運んで生活していたとのことでした(八代の北の鏡町は干拓地のため燃料用の薪が良く売れたのだと思います)。何やら、波多島の集落の起源が分かるような気がします。


▲ 今やこのような石積みの防波堤は文化遺産とも言うべきものですが、地元の町長や議員にその価値が分かれば良いのですが、期待するのは無理かもしれません。


▲ なんともうっとりするような入江ですが、今の観光客は行政主導による(実態はコンサルタント任せ)御立岬公園のようなテーマ・パークではなく、今なお残る休石港の帆掛けの打たせ船やこのような静かな入江のようなものではないかと思うのですが。


202. 私の基本的考え方
大分県由布市 稲葉光治(元製薬会社研究所研究員)

 自然を壊さない----そのために私たちは----どうするべきか----どうあるべきか----それが全ての出発点であると思います。

1 地球の温暖化 
 地球の長い歴史から考えれば100年、200年のサイクルでいろんな現象が起こってもなんの不思議もありません。
heat island 現象
 地球規模で考えれば局所の出来事であって考える必要に値しないと思います。もっとも大阪の真夏は本当に大変な暑さでした。
 炭酸ガスの増加 組織的でない--個人レベル--の炭酸ガスの排出は自然とのバランスで全く問題ないものとかんがえます。しかしなぜか日本国は個人の炭酸ガス排出量に問題を転化しようとしています。問題は企業が利益を得るために排出する炭酸ガスです。さらに炭酸ガス排出権の売買---本当に質の悪いごまかしです。
 以上に述べた 温暖化 haet island 現象 炭酸ガス いずれの問題も全く関係なく独立事象であってこれらを結びつける科学的根拠はありません。

2 格差

 小泉改革(改悪)によって格差は拡大し、特に高齢者、障害者の医療費は高騰しました。私事で恐縮ですが 家内が3年半前に脳出血で倒れ 右半身不随のため厚生年金病院へリハビリに行っています----医療機関に行くと小泉のデタラメ改悪が本当にひしひしと感じられます。小泉も安倍も改革と言いながらただただ官僚の言うとおりにしか出来ないバカです。

3 憲法9条 

 9条を含め全て全く変える必要なし。たとえ外国からの押し付けであったとしても、良いものは良いと思う。    
 
※ 稲葉見解について         
 有明海諌早湾干拓リポート編集長 古川 清久

 今回、本リポートについて短文ながらご意見を頂きました。今後、長文を含めて寄稿していただけるかもしれません。
 当初、お電話を頂いた (09062983254) 際に、「内容の如何を問わず、初回は全文を掲載します。ただし、僭越ながら解題させて頂きます」と申し上げました。
 頂いた内容にはCO2温暖化論に関する部分がありました。稲葉氏は元某大手製薬会社の研究所におられ、専門は物理、化学とお聞きしました。また、薬剤師でもあられることから、生物、薬学にも詳しいものと考えています。
 上位サイト「環境問題を考える」を主催されている近藤邦明氏が物理、土木工学系の方であり、さらに、周囲には地球物理、気象、統計など多くの専門家が協力されています。
 一方、私が受け持つ公共事業一般については、現場にいる自治体職員であるために、一般の方よりは多少は分かるという程度のものでしかありません。
 環境問題に関係する分野としては、化学、生物学、薬学、医学・・・といった分野が空白領域ですが、この方面の専門家、ライターはありがたい存在です。
 さて、氏は文中で、「 heat island現象 地球規模で考えれば局所の出来事であって考える必要に値しないと思います。 」と、お書きになっています。地球規模で考えれば実際にはその通りだと思います。ただ、私が書けば、「 CO2の濃度の微増が例え地球的規模で起こっているとしても考えるに値しないと思います。しかし、一般的に主として都市住民を苦しめている温暖化の大半は heat island 現象であり、主として国土交通省を先頭とする水循環の破壊によって引き起こされた熱循環の異常による人為的温暖化に原因があると思います。 」となるでしょう。
 つまり、この heat island 現象については、既に、"打ち水大作戦"の大間抜け(ヒート・アイランド化の最大の原因者である国土交通省が打ち水の水を配る)、熱 禍(打ち水するより、コンクリートを引っ剥がせ!)などで、長文を書いてきましたが、稲葉さんのように、「地球規模で考えれば局所の出来事であって考える必要に値しないと思います。」と国家的、行政的無策を看過することはしません。
 ただ、文字通り"地球規模で考えれば、heat island 現象は局所の出来事であって考える必要に値しない事ではあるのですが、やはり、人為的失政の結果なのです。
 また、稲葉さんは「問題は企業が利益を得るために排出する炭酸ガスです。」とされています。表現の問題はあるかもしれませんが、私達は、CO2自体は、個人であれ、企業で荒れ、他の生物であれ、全く問題がないと考えています。ただし、過剰なエネルギー消費の問題として考えれば、そのような評価はあるかもしれません。
 最後に、全くの蛇足ですが、近藤さんは健全な護憲派かと思いますが、私自身は護憲派であった事は一度もありません。
 かつて、リポートVの119.公共工事か戦争か?(民需から軍需への振り子が動いた)でこう書きました。

119.  公共工事か戦争か?(民需から軍需への振り子が動いた)

 いよいよ改憲論議が本格化してきましたが、環境保護派内にも護憲派の方がおられ一喜一憂されているかも知れません。私はいわゆる護憲派であった事は一度もありません。
 戦後のブルジョワ憲法を金科玉条のごとく崇拝するなどありえない事で、心は至って静かです。平和憲法などと言われてはいますが、いわゆる九条問題にしても、日本という国家は裏では着実に軍事力を積み上げてきた上に、核に至ってはライシャワー証言を待つまでもなく、昔から米国の核を持ち込んで来ました。艦船に積み込んでの寄航は上陸ではない以上持込ではないと理解していたアメリカの基準を黙認し、彼らの基準で持ち込んでいないと通告していた事を分かった上で信用していたふりをしていたに過ぎなかったのです。
 つまり、表向きは解釈改憲によって表面上は憲法を守っているように装っていただけの話であって、裏では憲法など守られてきた事など全くなかったというのが醒めたる識者の常識でしょう。
 従って、戦争による改憲以来、守られた事などない一度もない国において"平和憲法を守れ!"と言うことは、錯覚であるか、逆に守らせてきたと思い込みたかったか、宣伝したかっただけの事でしかなく、むしろ、守られてもいないものを、守れ!と言うことによって、国民や労働者一般の護憲への幻想を繋ぎ留め、同時に奇妙な安心感と満足感を与える麻薬のようなものでしかなかったのです。・・・・・・

詳しくは、そちらを読まれるとして、掲載はこの程度の一部にとどめます。


203. 宮崎県知事候補の質問状に対する返答
(宮崎市赤江浜人口リーフ問題)
赤江浜を守る会 西村 好信

宮崎県知事候補への質問状及び返答。


宮崎の海岸のありかたについての公開質問状

○○宮崎県知事予定候補

一、昨年、災害復旧事業として行われた通称赤江浜の人工リーフ設置問題の妥当性について、どのようにお考えですか。

二、宮崎市近郊の砂浜の堆積・侵食等の問題が取りざたされておりますが、その原因や対策、また今後の宮崎の海岸のあり方についてどうお考えですか。

三、お忙しい事とは思いますが、投票日までに、私たち赤江浜を守る会との意見交換会の場を持つことが出来ますか(可能であれば20時以降を希望します)。
以上の項目について1月10日までに下記ファクスに回答していただくことを求めます。返答の最後に候補者本人の直筆署名をご記入お願いします。
なお、本質問状の回答につきましては、当会ホームページ上などで公開させていただきます。

2006年12月27日
赤江浜を守る会
連絡先:宮崎郡清武町木原尾の下111の3オックスフォードマンション1階ハイサーフ
TEL&FAX 0985-85-0890 午後1時〜午後9時まで


津島忠勝氏(共産党推薦)からの返答

質問1に対して
 赤江浜の自然を守る上でも護岸という観点からも妥当性がない。現在のところ砂浜はやせ、侵食が進んでいるように思います。

質問2に対して
 宮崎市近郊の砂浜の堆積・侵食の原因は宮崎港の防波堤建設や空港の滑走路延長にその原因があると考えます。関係者や専門家の意見も聞き抜本的対策を検討します。貴重な宮崎の砂浜海岸ですので将来は養浜等の対策が必要と思います。

質問3に対して
 皆さんの運動に敬意を表しています。意見交換に賛成です。13日か16日でお願いします。

(2007.1.10 21:25 FAXにて)


川村秀三郎氏(無所属、元林野庁長官)からの返答

質問1に対して
 この件に関しましては、すでに工事に着手していること等を総合的に踏まえ、工事後の砂浜の状況や生態系など海域環境について慎重に検証していくとともに、その経過を県民に対して明らかにしていくことが求められているものと考えます。

質問2に対して
 本県の海岸は自然景観に優れていることなどから貴重な観光資源として今後も積極的にその活用を図っていくことが望まれます。しかし、本県は台風の常襲地帯ともなっており、海岸の砂浜の堆積・侵食問題は深刻な状況です。県民の生命・財産を守り、国土を保全する事を第一義としながら、この豊かな自然とどのように折り合いをつけていくかが問われているものと考えます。また、海岸は地球という自然環境の中でダイナミックに変化するすばらしい生きた教材だと思います。海を守るためには山も大切にしなければならないと考えます。大きな視点で大いに議論したいと考えます。

質問3に対して
 現在、選挙を戦っており、スケジュールが立て込んでおります。また、流動的な面も多く現時点での日程調整は、はなはだ苦しい状況です。

(2007.1.11 9:28 FAXにて)

掲載は返答順


リポート編集長古川清久

※ 公開質問状は一二月二七日に直接持参し、返答期限は一月一〇日にされていました。従って、返答を受けたのは上記の二者だけだった事になります。