196. 即刻廃棄すべき小石原川ダム建設事業

(再度「事業には必要性がない」と指摘する)

 筑後川水問題研究会 中原 孝矩(元記者)

 小石原川ダム建設が必用な事業なのかどうかを問い直す時、杜撰な、出たら目な、無謀な、いいかげんな事業と、私は表現したい。同時にこのような公共事業を考え出す国土交通省九州地方整備局や水資源機構で働く人々をペテン師と槍玉にあげ、この事業そのものを「でっち上げ」と断定する。
 物事に怒り、腹をたてることがかくもエネルギーを必要とし、人を疲れ果てさせるものか、改めて思い知り噛み締めている。三年ばかり小石原川ダム反対を唱えて、資料をあさり、我流の反対論を展開してきたが、もはや正直ぐったりだ。
 だがここでやめるわけにはいかず、今一度反対論を展開して、一人でも多くの賛同者の現れんことを祈りたい。
 では、私は小石原川ダム建設事業の何に腹をたて、何を追及しているのか。これから順々と的を絞って説明したい。この事業は2006年4月、国土交通大臣の承認を得て「ダム新築工事開始」を官報で公告したから、建設の槌音が響き渡るのもそう遠く無い。
 このダムは1980年度に予備調査を開始。1992年度に実施計画調査開始。2002年5月、環境影響評価方法書の公告・縦覧があり、手続きを開始。2003年、同準備書の公告・縦覧、2004年同評価書の公告・縦覧という経過をたどっている。
 朝倉地域でなんら反対運動もなく、水資源機構にとってことは平穏、ダム建設に向けて準備がすんなりと進んでいる。
 だから時既に遅しであるが、ここで私は環境影響評価方法書について、議論したい。なんといってもダム建設事業の骨子となる存在だからである。水資源機構は2002年5月の「事業と環境影響評価方法書のあらまし」とするパンフで事業の必要性を明示している。事業の必要性、これこそが私が様々に指摘する重大な問題をはらんだ核心部分だ。
 多目的ダムである小石原川ダムは@洪水調節、A水道用水の確保、B不特定用水の確保、C渇水に備えた水資源の開発と、四つの目的をあげている。
 私が異をとなえているのは、四つの事業すべてについてであり、これから一つずつ、何故異を唱えざるをえないか、資料を駆使して訴えたい。と同時にこれら四つの事業があたかもまっとうな言い分であると評価し、事業認定に関わった著名な方々を痛烈に非難することにもなる。

洪水の不安をあおる水資源機構

 2004年3月と記入された水資源機構作成の小石原川ダムパンフにダムの役割として1番に紹介されるのが「小石原川沿岸の洪水被害を軽減します」である。これだけ読めば、沿岸の住民はこれまで洪水被害に悩まされてきた、と信じるだろう。2002年5月のパンフでも、「現在も小石原川には洪水調節を目的としたダムはありません」と書く。このパンフには1997年5月、朝倉市下戸河内地区で洪水被害がでた、と強調されている。
 ところが江川ダム直下の集落での被害は、極めて軽微で地元の新聞にも掲載が無い。調べてわかったのは、満水状態の江川ダムが、瞬間最大毎秒104立方メートルという膨大な水を放流したために発生した、人為的な洪水だったことだ。私はダム管理の失敗だと指摘する。集落の田畑は短時間水に浸かったが、住民の声でわかったのは、被害はなかったに等しかった。
 しかし、水資源機構は、環境影響評価方法書の冒頭に、この洪水被害を、さも深刻な洪水かのように誇大に紹介している。
 市民団体から小石原川の過去の洪水被害を明らかにするように追及されて、水資源機構が出してきたのは国土交通省作成の洪水被害実績・水害統計資料抜粋という代物。中味を検討すると、戦後流域での洪水被害はゼロ。筑後川との合流地点付近で、本流が増水したために行き場を失った水が逆流して合流地帯の低地を浸水したという内容。過去30年間にそうした被害は6件で、一般被害と農作物合わせて総額約3000万円だ。
 このうち約2000万円は農作物被害。住宅の流失は1戸。床上浸水は13戸、床下浸水は122戸だった。この検討結果から流域で洪水被害は、ほとんどなかったと判断したい。
 少なくとも2000億円ともいわれる総事業費と比較して、洪水被害金額が桁違いに小さいからだ。過去のこのような実績からみても洪水調節ダムが必要だとは、到底信じられない。
 前述した1997年5月の下戸河内集落の洪水被害は、国土交通省の洪水被害実績には無視された存在で、カウントされていない。この事実を見ても、水資源機構の主張は、まるで意味をなしていない。これをでっち上げと言わず、何をでっち上げというのか。過去に住民を苦しめるような洪水被害があって、その上で被害を食い止めるために洪水調節ダムが必要だとするならまだしも、ウソの資料を突きつけて、真実であるかのように装う。まるでペテンだ、詐欺だ、と指摘して、どこが悪い。
 昨今の異常気象で、小石原川のような小さい河川でも、今後深刻な洪水被害が起こらないとは、私もいえない。起こるかもしれない。
 洪水被害が将来起こりうると考えて予防手段を考えるなら、水資源機構自ら検討したダム以外の五つの治水案を選ぶべきだろう。
@堤防かさ上げ案・約210億円 A引堤案・約600億円 B河床掘削案・約210億円 C遊水地案・約670億円 D放水路案・約370億円。
 金額をみれば一目瞭然、総事業費2000億円ともいうダム建設費に対し、3分の一から10分の一で済む。費用対効果の自治体の経済原則に照らしてもダム案が最低、最悪の選択であることは明白である。こんなわかりきった内容を相手にダム案が最適だと判断した人達は、もはやまともではない。
 狂っているといおうか。勝手に狂いたければ狂ってもらって結構だが、膨大な税金を負担させられるのは我々国民だ。ふざけちゃいけないよ。

たっぷりある水道水になぜ上積み

 次にまな板に載せるのは水道水だ。ダムから日量56,160立方メートルを確保するという内容。問題はこの水を必要だとして手を挙げたのは、何処かということだ。それは福岡県南部の市町村を対象にする県南広域水道企業団。同水道企業団は自前の給水システム網で筑後川から取水した水を浄化して、加入した自治体に要望に応じて水道水を販売供給している。
 福岡県南部地域には朝倉市群を加えて9市10町3村がある。この区域の内、現在の受益自治体は久留米市を筆頭に8市6町ということになる。2005年度国勢調査で県南部全体9市10町3村の人口は約95万人となる。
 ところで県南広域水道企業団が上水道を販売している加盟自治体の人口は約77万人。2004年度の資料で一日平均消費量は18万余立方メートル、がその実態である。18万余立方メートルという数字は最近5年間の平均値である。
 ではこれだけの需要を賄う水源はどうなっているだろうか。自治体の中には筑後川から自流として独自の取水権を持つ久留米市のほか、深井戸、他の河川からの取水水利権を持つ自治体などを合わせて日量換算で16万6,600立方メートルを確保できる水源がある。この水源に県南広域水道企業団との契約で受水する1日あたりの水量179、440立方メートルを合計すると34万6、000立方メートルの水源があるということになる。
 自前の水源と受水量は福岡県の水道台帳に記載された数字である。1日当り消費量18万余立方メートルは、保有する水源量34万6、000立方メートルの52%だから、十分余裕のある水道水を保持しているということが理解いただけると考える。お釣りがくるぐらいだ。
 久留米市の場合は、10万3、000立方メートルもの取水権がありながら、県南広域水道企業団から高いお金を払って日量46,000立方メートル購入、市民に提供している。久留米市の水道担当者によると「合併前の久留米市としては将来の水需要予測と現状が食い違った。江川、寺内、大山ダムから水道水を購入する約束をしてしまったので、責任水量として購入している」という。
 小石原川ダムからの水道水については、合併前の久留米市は「不要」として配分を受けていなかった。しかし合併により田主丸町、城島町、三潴の三町が必用だとして手を挙げた分日量5、030立方メートルについて、2006年末までに「3町分を受け入れる」と表明している。「不要」としていた小石原ダム分が合併で「必要」とせざるをえない、となったというのだ。
 合併後の久留米市で検討してみると、人口が増えたことは確かだ。最新の国勢統計で30万6、000人となった。だが増えた分の城島、三潴の水道普及率は99%台で水道需要の伸びる余地はない。自己水源総量は14万9,000立方メートルにもなる。1日平均消費量は8万立方メートル以下。新たな水道需要の拡大は田主丸分だけである。一方田主丸地区が希望していた日量4,370立方メートルは新久留米市の水源14万9,000立方メートルと比べても全く不要な水。県南広域水道企業団から日量46,000立方メートルという大量の水道水を購入しているのだから、さらに抱える4,370立方メートルの水道水で、だぶだぶ状態。小石原川ダムからわざわざ、責任水量として新たな水道水を抱え込むことがいかにバカバカしいか、誰の目にも明らかだろう。現状で大量に水道水は余っていることが理解いただけると思う。
 合併後の久留米市民は田主丸地域への水道配管工事費用の負担が必要となる。水源は14万9,000立方メートルで、需要に充分対応できることはすでに書いた。小石原川ダムの建設費の一部の負担を市民に背負わせてまで、だぶだぶに余っている水道水を購入する緊急性がどこにあるのだろう。最小の負担で、最大の効果を挙げるべきであるとする地方財政法を持ち出すまでも無いだろう。市民は反対の声を上げるべきだ。そうしないと将来きっと後悔することになるだろう。
 さらに県南広域水道企業団に未加盟の自治体分を考える。朝倉市、筑前町、うきは市、など計9市町村が対象だ。小石原川ダムから配分を希望する量は朝倉市、うきは市など5市町で日量16,400立方メートル。残りの4町村は水道の敷設拡大は不効率な山間部に限定され、すでに簡易水道が完備されている。また独自の水道施策で自立している瀬高町が残るだけだ。
 ここまでみてくると、現状で保有する県南広域水道企業団の給水ネットーワークに日量16,400立方メートルを取り込まなくても水源日量34万6、000立方メートルあれば充分吸収し、何も不安はないと断定できる。水道水が多ければいいというものでは無いだろう。莫大な税金がかかっており、さらに2000億円もの税金がムダにならないかどうかの瀬戸際だ。

言語道断の不特定用水

 小石原川ではすでに江川ダムが反対運動もなく、すんなり建設されてしまったから、いまさら自然破壊だと声高に叫んでもムダだろう。しかし、何故、不特定用水なのか。天からの贈り物である川の水を、水道水だ、農業用水だ、工業用水だと区分けして使える方便を考え出してきたのは我々人間だ。用途が特定できると受益者が決まるから、お金を徴収できるというわかりきった考えだ。
 しかし、もはや都市部の住民は水道用水は余っていると拒否を表明しはじめ、農業用水も農業がここまで衰退してしまうと、余計な負担を抱え込んでまで、農業は継続しない、とやはり拒否にあう。また工業用水も技術的な進歩や、大量の水を使った重厚長大的な産業が姿を消し、高い水代を払ってまで確保する必要はない、などの声に押されて需要が消えた。
 そこで登場するのが誰が使うのかわからない不特定用水となった。とどのつまり皆が使える、特定の受益者がいないから、税金で確保しても文句がでない水として登場することになった。だれでも自分の尻に火がつけば大騒ぎするが、他人の尻が火傷しようが俺は知らんで、済む。「皆で渡れば怖くない、赤信号」で、2000億円掛けて無駄なダムが建設されると聞いても「ほー、豪勢な話ですね」でちょん。
 よーく考えると、これほど深刻な自然破壊はないと私は思う。本来、降った雨が川に流れ、海へ流れ出るのが河川の本来の姿だろう。川の水を堰きとめて、発電に使った。飲料水を確保した。農業用水も工業用水も確保した。使う目的がない水をどうしてダムを築造してせきとめ、溜める必用があるのか。
 筑後川では鮎も育たなくなった。たくさんの魚は姿を消し、国土交通省九州地方整備局が造った交流施設とかいう建物に設置された水槽の中で飼育される有様だ。川に棲む虫たちをどれだけ殺してきたか。水草が育たない環境をどれだけこしらえれば、気が済むのか。私は学者でもなければ、専門家でもない。しかし一級河川が消え、溜池を繋ぐ水路となった筑後川を眺めて、じっとしておられない。馬鹿げた行いを止めさせたい。
 「今は年間約5,000万立方メートルの水が利用されないまま流れています。活用されずに流れています。江川ダムのある小石原川では年間1,500万立方メートル。寺内ダムがある佐田川で年間3,500万立方メートルが活用可能な水だ」と書く。水資源機構が出した小石原川ダムパンフにある言葉だ。これらの生かされていない水を生かすために小石原川ダムを築造するというのだ。
 水資源開発を仕事とする団体らしい考えだ。川の水はダムを築造して溜めてから使用すれば「生きた水」で、ただ川に流れるだけでは「死んだ水」とでもいいたいのか。
 どのようなデータを基に小石原川と佐田川で合わせて年間5,000万立方メートルが、生かされていない、というのか。佐田川では毎年11月から翌年の3月ごろまで、川の水が全く流れない、枯れ川区域が現れる。朝倉市内のど真ん中での現象だ。川の水が全く流れていないこの実情と、年間3,500万立方メートルが無駄に流れているといいたげな水資源機構。どこからこのような発想が生まれるのか。川からどこまで搾り取れば、気が済むのですか。江川ダムを見ても同様のことが言える。水資源機構のダム管理データを点検してわかったことだが、江川ダムから河川への放流量がゼロと記録された月日が結構ある。これ自体が河川法違反だ。年間1,500万立方メートル垂れ流しにされているとは到底信じられない。
 私は水道用水や工業用水の確保を主たる目的として築造された江川ダムが、ほとんど役に立っていない、との論文を書いた。(論文番号142「利水の役割果たさぬ江川ダム」)。
 中味は水資源機構作成のダム管理年報に記録されたダムへの流入量、小石原川への放流量の検証から、年間必用とする飲料水・工業用水の40%程度しか供給していないことを突き止めた、という内容だ。ダム建設費の一部は受益者の負担金で補填されることが法で定められている。配分量を細かく規定した契約があり、その契約どおりの上水道水が供給されていないことは、重大な契約違反だとも指摘した。受益者負担だけでは到底ダム事業費は賄えないから、当然ダム築造には巨額の税金が投入されているわけだから、国民への裏切りでもある。
 こうした事実を隠したまま、まだ小石原川では年間1,500万立方メートルの水が生かされていない、と言う。図々しいというか、国民を愚弄するものだ。小石原川の水は余っていないし、約束も果たされていない。

水が無い非常時、渇水にも役立たず

 国土交通省九州地方整備局や水資源機構が発行する資料やパンフに必ず登場するのが1978年の福岡市の大渇水。あるいは1994年の九州全域で深刻だった渇水の事例だ。福岡市に限定して考えても、1978年の渇水は江川ダム完成後であったことを考える人は少ない。同様に寺内ダムの完成は4年後の1979年である。2度の福岡市の深刻な大渇水は江川、寺内両ダムがあっても避けられなかったのである。ダムがあれば渇水は免れると考えるのは間違いである。ダムがあれば水不足は無いと思うのは重大な錯覚であることを強く訴えたい。ダムが頼れないならどうするか。わかりきったことだが、日ごろの節水しかない。雨が降らないから節水を、と呼びかけるのは行政の悪い風習だ。ダムの水が底を尽きそうだから節水をという行政の呼びかけが、いかほどの効果があるか。日ごろから我々は水を大事に消費する、そのような生活を心がける、このことこそが重大だと信じる。
 節水の視点で久留米市の消費量を検証してみた。その結果は唖然とするほどの数値となる。1日一人平均の消費量が539リットルだった。信じられない無駄遣いは2000年になって見直された。それまで539リットルを市民の水道水消費量の基礎において、久留米市は水道行政を行っていたのだ。国も、県も待ったをかけることもなく、野放図な水道事業を許可してきた歴史がここにある。
 2000年に数値を見直したと書いたが、見直された数値が517リットルだ。これで、節水の呼びかけになるのだろうか。国土交通省が出した資料によると国民の一人1日の平均消費量は200リットルだ。大渇水に悩まされた福岡市民が最近の5年間を200リットルで維持していることと合わせて、久留米市民の517リットルは大事な国民の水資源を自分さえよければいいとの態度で、盗んでいることに等しいとあえて言う。これだけ過剰な給水体制に莫大な税金を継続的に投入して整備してきたことになる。過剰な設備であると重ねて強調したい。このような自治体があるかぎり、このような自治体が水道水に対する根本的な態度を改めない限り、水不足はますます深刻化するだろう。
 渇水は特定の一つの河川に出現する現象ではないといいたい。小石原川に水が無い時は付近を流れる佐田川、筑後川にも水が不足するのが当然だといいたい。雨量は流域の広大な面積で考えなければならない現象だ。或いは国全体、大陸全体で配慮しなければならないことが、最近の異常気象でおきている現象で明らかではないか。
 小石原川にダムを造れば渇水は避けられるとか、不特定用水を確保することが何ほどの効果を生むといえるのか。自然を人の手でいじくればいじくるほど自然は人間に仕返しをしてくると、私は思う。ダムを造らず水不足を我慢する態度こそ、ますますわれわれに必要な選択肢だと訴えたい。
 この視点で、再び小石原川ダムの築造計画を考えると、導水路事業が附帯されていることに気付かなければならない。なぜ導水路か。中味は佐田川の上流から取水をして、江川ダム湖に注入するのだ。


【注】水資源機構は佐田川から取水するルールを決めている。流量が毎秒10立方メートル以上の時と。図を見ていただければ、この20年間で取水できるのは累計で228日間になる。しかし、水の受け皿が空いているのは63日である。

 わかりやすく書けば、江川ダムには現状でも必要とされる水が充分溜まらない。慢性的に水が不足するのだ。何故か。佐田川流域51平方キロとの比較で流域面積が31平方キロしかないので狭い。また自然的な要素で、何故か年間雨量が少ないことが水資源機構の過去20年間の資料で判明する。また総貯水量の比較で江川ダムは2,530万立方メートル。寺内ダムは1,800万立方メートルだ。寺内ダムの総貯水量が小さい、つまり溜められる水量が少ないとして、佐田川では年間3,500万立方メートルが生かされていない、という水資源機構は、寺内ダムの上流にこそダムを建設したいというのが本音だ。ところが過去の歴史を覗くと、強烈なダム絶対反対が流域住民にあったことがわかった。しかも佐田川の上流木和田地点から導水路をトンネルで設置する計画を知った木和田地区には絶対反対の声が渦巻いている。
 小石原川ダム建設反対の声は朝倉市には見受けられない。これは事実だ。しかし、ダムに関連したトンネル導水路には、木和田地区で、絶対反対の看板が立ち入りさえ強固にこばんでいるように見えた。


▲ 寺内ダムの上流 木和田地区入り口の看板。この上流の美しい渓谷に堰を作り、そこから約5キロのトンネルで江川ダム湖に水を送る計画だ。

 導水路は合理的な計画に見えるが、実はまるでトリックだ。あればいざという時に役に立つと説明されがちな施設も佐田川の特性を調べるとほとんど無意味、役立たない無用の長物といわざるを得ない。これも論文164「でたらめな導水路事業」で紹介したとおり。河川を流れる水が豊富で計画通り取水できるときに、水の受け皿となるべき江川ダムがほとんど満水状態。折角取水した大量の水を溜められない、大量の水のやり場がない状態となる致命的な欠陥を明らかにした。
 このような地域の特性、二つの河川の特性などを本気で検討すれば、小石原川ダム事業がいかに杜撰な、出たら目な、無謀な、いいかげんな事業か理解していただけると信じる。この計画は即刻廃棄すべきだ。


197. 高千穂鉄道残照(T)水没した旧北方町庁舎

高千穂鉄道無残

 臨海日記98.「高千穂鉄道無残」でも書いていますが、筑後川水問題研究会〇六総会後の恒例の反省会トレッキングとして、今年は高千穂が選ばれていました。もちろん、目的は高千穂鉄道の被害状況を自分達の目で確認することでした。
 私は宴会もそこそこに寝てしまいましたが、他のメンバーは河川行政を巡って遅くまで活発な議論やったようです。
 翌朝、八時半には宿泊地の五ヶ瀬町から高千穂鉄道の鉄橋流出現場や駅舎などを見学するべくメンバー十人と出立しました。
 元々、この旧高千穂線は熊本から延岡まで繋ぐという大工事の一貫で建設されたものですが、戦時中に熊本県高森町(阿蘇外輪山の内側)から宮崎県高千穂町に向けて掘り始められた大トンネル工事の最中に巨大な湧水が発生して工事が断念し、その後放置されたものです。
 もちろん、戦後六〇年が経過した現在においても、熊本〜延岡の間は切断されたままだったのですが、いまや、宮崎県側の全路線が廃止の憂き目に逢っているのです。
 それはともかく、橋梁までも流出するような洪水の原因を、天災とか未曾有の豪雨などと考えるのは物事の本質を全く理解していない愚か者としか言いようがありません。大量の水がどこから来たのかは、言うまでもなく上流の緑のダムである豊かな森が農水省によって徹底的に破壊され、売れもしない針葉樹の人工林に変えられたからに外なりません。
 早晩、周辺の美しい支流はことごとくダムに沈められ、高千穂峡ダムなどといった大型ダムが造られ、観光客の波が完全に引いてしまう事になるかもしれません。まず始めに、農水省の愚かどもが拡大造林政策の延長に広葉樹の森を破壊し、結果、洪水が頻発するようになるや、自らの責任は省みずに、未曾有の天災とか想定外の豪雨としてダムに頼る事となっているのです。
 いずれは土砂に埋め尽くされるダムというこれまた愚かな構造物によって国土交通省の一部の官僚とゼニカネしか考えない地方議員と土建屋どもだけが金儲けができるというシステムがここ数十年の間に強固に成立しているのです。この後進国並の構造は日本が世界に誇るべき恥知らずなビジネス・モデルと言えるかもしれません。
 かつては、高森〜高千穂間の鉄路建設をやらなければ、"宮崎県を出て熊本県に入る"などと気勢を上げていた町長がいた時期もあるのですが、今や経営的に成り立たない第三セクター鉄道を再建する道は全くないのです。一方、一過性の収益しか望めないはずのサーカス的長崎新幹線はソ連型経済を批判する市場原理主義者によって経済原則(価値法則)を無視して建設が進められようとしています。
 明治以来、全国を結び、全国民を平等に扱い、教育、交通、通信を保障した社会システムを創るべく開始された維新による理念、理想は百数十年を経て完全に消失したのです。

 今回のリポートは難しい話を避け、簡潔明瞭に農水省の拡大造林政策のつけ廻しが国民経済、国民生活にどれほどの被害をもたらしているかを見てもらいたいと思います。なお、このテーマはシリーズとして連載したいと考えています。

水没した旧北方町庁舎

 廃線となった旧高千穂鉄道の駅に川水流(カワズル)があります。この駅からわずかのところにあるのが、延岡市と合併した旧北方町の役場です。
 平成五年に引き続き、昨年の九月、台風禍によって再び洪水に襲われ、この庁舎は床上まで沈みました。これについては、庁舎から撮影された大洪水の映像がテレビで放映されたので、まだ、ご記憶になっておられる方も多いかも知れません。
 庁舎(現支所)に着くと、日曜で閉庁されているとしてもどうも使われていないように見えました(話では一階部分は合併に伴う規模縮小により放棄され、二階部分だけを支所として利用しているのだそうです)。とりあえず裏に廻ると、外からガム・テープで目張りされたドアがあり今も土嚢が積まれていました。また、洪水痕によりドアの中程まで水が来たことが今でも分かります。

▲ 旧北方町庁舎裏
 延岡から左岸を走ってきた同鉄道はこの川水流から鉄橋で五ヶ瀬川を渡っていたのですが、その橋梁が橋脚を除き全て押し流されているのです。この画像は次回お伝えするとして、今回は、川水流駅の下流側の二つの駅の地名の話をして次回に引き継ぐことにします。

吐 合

 吐合(ハキアイ)と読みますが、現地にも吐合というバス停もあります。
 嘔吐の吐(ト)であり、びっくりするような地名ですが、九州の南半分ではそれほどめずらしい地名ではありません。例えば、大分県朝地町の吐合がありますし、熊本県球磨村の一勝地にもこの同じ表記の地名があり、二つの谷川が合流しています。このようにこの地名は川の合流地点につく地名なのです。つまり、吐き合っているのです。地図を見られれば、一目瞭然ですが、この北方町の吐合も五ヶ瀬川に曽木川が流れ込むところにあります。
 吐、萩、杷木、葉木、破木、破帰・・・といった多くのバリエーションがありますが、吐合はいずれも合流点に存在し、落合(オチアイ)、流合(ナガレアイ)、二又(フタマタ)、水俣(ミナマタ)、合又(アイマタ)も同種の合流地を意味する地名と考えられます。山口県の萩市も、大河川が海に注ぐ(吐き出す)場所にありますね。

 南九州には「吐」という用字で「川の合流点」(「捌かす」と関係ある語か)を示す地名群があるので、・・・
「古代地名語源辞典」(楠原佑介ほか)

曽 木

 私のフィールド・ワークでも最も印象深い場所の一つがこの曽木(ソキ)川渓谷の奥にあります。
 この、渓谷を縫って走る県道215号線は、離合も難しい、まさしく秘境への道ですが、十数キロの谷底の道を走り抜けると"石上"地区(さらにその上には"板上"があります)に到着します。
 十年程前でしたか、竹の畑山(1278m)、だき山(1420.4m)、国見山(1391.5m)の懐奥深く迫る、この小平地に入ったことがありました。川筋には小さな水田が散在していますが、この耕地にしがみ付くように、現在も数戸の農家が息づいています(その後は確認していませんが)。
 その折、現地に住む六十代の初老の方に話を聴く機会がありました。農業や農作業や作物の話を長々としていましたが、この隠里とも言うべき地の由来を尋ね、お名前をお聴きすると、誇らしげに"菊地"と名乗られました。
 もしや、と、思ってお尋ねするとやはり菊地武光の末裔とのことでした。
 今でもその時の言葉がはっきり耳に残っていますが、「菊池武光のバッソン(末孫)」と言われました(※その後をお尋ねすると、最近亡くなられたとお聞きしました)。
 そうです、この地は南北朝騒乱期に一時期は太宰府を抑え、ほぼ、九州北半を制圧した菊池一族(熊本県菊池市を拠点に勢力を振るった九州南朝方の中心的豪族)の菊池です。
 この菊池氏は最終的に北朝方(今川了俊)に滅ぼされますが、この地は、その末裔が落ち延びた土地だったのです(菊池氏の一部は宮崎県米良の菊池として生き延びますので、いつの時点での落人かは不明ですが)。一般的に九州で落人と言うと平家の落人しかないように思われますが、古くは百済、新羅の王族から物部氏の、そして菅原道真の、その後も、南北朝騒乱期の菊池氏、豊臣の残党である大野治長の一党、その他の多くの敗残して山に入った兵(ツワモノ)どもがいたはずなのです。

▲ 高千穂への道(マピオン)

 八月号の"寒川"において、寒川集落も米良氏の戦略集落であることをご紹介しましたが、この米良氏も実態は菊池氏の一党が敗残後、名を隠して楯篭もった集落でもありました。とりあえず、今は菊池氏であることも公然と話せる時代にはなったようです。
 また、古田史学を志すものとしては、九州王朝の末裔が敗残して落ち延びたとの伝承にも気に留めながらフィールド・ワークを続けるこの頃です。
 さて、ここから話が変わり、私的なエピソードを話すことにします。
 既に昨年故人となっていますが、私の友人に九州の大手地方新聞社に勤務していた菊地某という気骨ある記者がいました。この人物について最近不知火書房の編集者である米本氏から聞いたところによると、彼も曽木駅の一駅上の川水流の出身であったそうです。今になって考えれば、古く菊地武光の血脈を伝える人物であったのではないかと密かに思っているところです。月末には椎葉村の栂尾神楽を見に行くつもりですので、その際に川水流に廻りご両親にご挨拶したいと思っています(これについては十一月上旬に実現しています)。


198. 宇井教授と水俣病

 不知火海の自然を守る会 田辺 達也(八代河童共和国大統領)

 宇井純さん(沖縄大学名誉教授)の訃報が10日各紙に載った。同世代の74才である。
 第7回有明海・不知火海フォーラム(一昨年7月末、熊本県本渡市で開催)に一緒した。
 宇井さんは講演し私はシンポジウム(パネラー)で発言した。前夜の懇親会では酒杯を重ねて歓談したのでいい思い出になっている。
 彼はこのあと作家で詩人の松下竜一さんを偲ぶ集いに出席すると言いすぐ本渡を離れた。
 松下さんは『豆腐屋の四季』や『砦に拠る』の作品、豊前火電反対運動の機関紙『草の根通信』で知られている。6月17日、67才で死去した。つき合いの深さから、悲しい中津行きだったと思われる。
 天草では不按配の外見に似ず舌鋒鋭い宇井節で参加者を唸らせた。
 私が会ったのはこのフォーラムが最後である。早過ぎた死を悼み冥福を祈る。

 宇井さんは東大院生の1950年代から、東大助手の時代も引きつづき、水俣病の解明と患者救済に深く関わるなかで独自の公害講座を開設、その中で、行政や大企業の走狗に成り下がった「エセ学者」、いわゆる被害者(弱者)の前に立ちはだかる「虚構の権威」と果敢にたたかってきた。その動機について、「水俣病をひき起こしたのは、私が学び、誇りとしていた東大応用化学の技術」の反省から「もう逃げることはできない」(『水俣病ー水俣病研究会資料』1969)と書いている。
 初期の論文には東大在籍の制約からか富田八郎のペンネームが使われている。「富田八郎=とんだ野郎」は誰か?の犯人捜しがあったと聞きている。熊大の七不思議、医学部助教授止まりの原田正純さんの境遇と似たところがあるが、官学の頂点に立つ東大での風当たりは熊大の比ではなかったかもしれない。誠実さゆえに彼は東大を追われたが、挫けず、その後沖縄に職を得てそこから全国へ飛び回り反公害の先頭にたった。
 宇井さんらしい信念は天草フォーラムでも吐露されている。「専門家を疑え」「エセ学者の名を記念碑に刻んで後世まで非難しょう」と訴えた。岡山大医学部講師の津田敏秀さんは、『医学者は公害事件で何をしてきたのか』(岩波書店2004)で水俣病隠しの医学者を列伝して面々の正体を暴いている。母親の胎盤を通して発現する胎児性水俣病の発見者、原田正純さん(現熊本学園大教授)も宇井さんらと共同した。
 御用学者は水俣病隠しに限らずどこにでもゴマンといる。川辺川ダムにも、諫早湾にも、不知火海(大築島周辺の埋め立て)にも、臆面もなく顔を出している。行政の諮問機関に巣くい大企業に寄生するいかさまの跳梁ばっこは、宇井さんにとって我慢できなかった。

 化学工場を発生源とする神経毒物(チッソでは主にメチル水銀)が、長年、川や海にたれ流され、その結果、周辺住民を蝕む〈魚食の〉奇病が発生した。水俣病はアセドアルデヒド合成の工場内で副成されるメチル水銀化合物(原因物質)によって発症する悲惨な全身病である。
 チッソが水俣でアセチレン系有機化合物のアセトアルデヒドの生産を始めたのは1930年代(昭7)年、猫の踊り病・狂い死や胎児性(激症型)の奇病が話題になり始めたのは20年ばかり後の1950年代(昭28頃)である。患者は漁村に多発した。
 水俣でアセドアルデヒドの生産が止むのは1968(昭43)年であるから、メチル水銀は35年もの長期間たれ流されたことになる。熊本大学南葉教授は県の公聴会(1959年)で、チッソは水俣湾に水銀を606トン流しうち半分が湾外へ流れたと述べている。この経緯から、不知火海全域への有機水銀の拡散と微量長期の体内蓄積による数万人規模の発症が誰にでも理解できる。
 これまで何度も書いてきたが、別の切り口から、水俣でのアセトアルデヒド生産が止むのは五井の石油化学工場完成と重なっている。政府の指導(合成化学産業再編成計画)でカーバイド法から石油法(石油化学の連産品であるエチレンからの生産)に転換した。水俣病の公式発見からも10年以上(チッソの石油化学工場操業まで)アセドアルデヒドを水俣で増産しメチル水銀含有の廃水をたれ流した。政府と熊本県は企業のもうけ優先を黙認し、患者救済と公害防止に手を打たなかった。水俣病がチッソ・国・熊本県3者共犯の緩慢なるジェノサイド(無差別殺りく)と言われるゆえんである。水俣病関西訴訟(判決)が三者の有責を断罪したのは常識的な判断である。1995年の《欺瞞的な》政治決着に同意せず3者の責任を追及して勝利した関西訴訟原告団の正義と信念を学ぶ必要がある。

 宇井さんの鋭敏さ率直さはチッソ水俣工場労働者・労働組合批判にも向けられた。これは二重に勇気のいることだった。水俣病は化学工場(チッソ)労働者・労組の意識や道義の度合いを映し出す鏡になっている。
 ここでチッソの反面教師として、興人八代工場労働者の神経毒/二硫化炭素中毒(CS2)への対応を書いておく。レーヨン工業の奇病といわれた慢性二硫化炭素中毒症の解明と患者救済のため、興人では職場からのろしを上げて戦いの火ぶたを切り、地域・全国に連帯の輪を広げていった。政府(労働省)経営者団体(化繊協会)興人会社側が連合する強力な相手とのたたかいは長期・困難を極めたが、民主的医療機関と共同して常識の正義を最後まで貫き勝利した。こうして興人労働者は自らの生命だけでなく工場周辺住民の健康も守り抜いた。興人のたたかいは1959(昭34)年早々に始まり、労組分裂下の1964(昭39)年の暮頂点に達した。興人の教訓(慢性二硫化炭素中毒症の病理発見、公害と労災・地域と職場を有機的に把握する目のつけどころと構え、労医学共同のあり方)は、国内のレーヨン工場に波及し、国際的(韓国)にも継承され職業病認定に役立っている。
 元にかえって、水俣病の事件で思い出されるのが1959年暮れの不知火海漁民の大規模な抗議行動である。このときチッソ労働者は会社の盾になって漁業者と対決し、警察の介入と暴虐によって流血の惨事が起きている。水上勉の推理小説『海の牙』はこの事件に題材を求めている。
 チッソ労働者と労組はその後も長い間あいまいな態度をとって水俣病隠しに一役かっている。宇井さんは「この時すでに組合員のうち何人かは水俣病の真相を知っている。もし組合が独自に真相をつきとめようとすればわかったはず」(前出同書)と指摘した。中学卒業後(1950年代)チッソの技術部で下働きした経験のある大石利生さん(現・水俣病不知火患者会会長)も、そのころ工場試験室ではムラサキ貝等の水銀分析をしていて多量の水銀が抽出されていたことを回想している。工場では魚介類の水銀汚染は、下働きの労働者でさえ伝聞承知する公然の秘密だったのだ。
 チッソ出身の革新系議員が〈会社を守れ〉の従業員大会を開かせたり、水俣地区労にはたらき掛けて傘下の単産労組に連名の決議文までつくらせている。宇井さんは「チッソ労組の自分の利益だけをむき出しにした決議文が、ほとんど修正されずに地区労の決議文になった」と批判した。労働運動の堕落は、その後、県庁への「工場の排水停止は困る」陳情や県漁連へ抗議の逆立ちにエスカレートする。
 合化労連の優等生といわれたチッソ労組は「会社あっての従業員」、水俣地区労も「チッソあっての地区労」の呪縛から自らを解放できず、水俣病問題で企業内組合の限界をバクロした。
 言うまでもないが、工場のことは現場労働者が、ましてや〈応用化学の〉技術者は生産工程を熟知している。使用される原材料・触媒の性質と量、化学反応と副成物、毒性の度合いを知っている。労働者・労組は、いち早く地域住民に赤信号を発する義務があった。
 そして公害病と職業病はメダルの裏表であることが意外と忘れられている。不知火海沿岸で奇病が発生して話題になり始めるずっと以前から、工場内では、急性(激症)、亜急性、慢性の多様な病変に悩み、労働災害が多発していたことは疑う余地がない。宇井さんの論文『水俣病にみる工場災害』や原田さんの著書『水俣が写す世界』からも読みとることができる。前出・大石利生さんの父親もチッソ勤務中、死亡している。小学6年のときで、戦後というのに労災補償もなかったという。
 労組は水俣病と真正面から向き合わず職場から闘いを起こさなかったばかりか、水俣病を労使一体で長年隠しつづけた。これが水俣病患者の蔓延を許し水俣病の解決を難しく長期化させた原因のひとつである。その意味でチッソ労働者と労組の責任は非常に重い。革新政党も公害運動家も労組に対し身内をかばう甘さからか、この視点での解明をないがしろにしている。宇井さんの意見は勇気ある直言である。

※ 宇井教授と水俣病の掲載について  古川 清久

 宇井教授が亡くなられました。何らかの追悼文を書かなければならないと思っていましたが、田辺さんが代わりに書いてくれました。私としては何も付け加える事はありません。
 宇井教授が立派な学者であった事は言うまでもありません。できれば、熊本県の御用学者(熊大のT…佐賀では佐大のAでしょうが)などにも爪の垢でも煎じて呑ませたいものですが、まあ、効き目はあっても腐りきった人間は治らないでしょう。

▲ 熊日(061129)
 ただ、私達の宇井教授に対する立場は、多少、田辺さんとは異なるものがあります。「環境問題を考える」のアドバイザーでもある槌田 敦教授は、かつて宇井教授ともに「エントロピー学会」を設立しています。しかし、考え方の違いから槌田 敦教授は本ホーム・ページの管理者である近藤邦明氏などと共に離脱されています。これは既存の環境保護団体に対する立場、態度、論理的思考方法の維持といった問題での対立だったと聞いています。「坊主憎けりゃ袈裟までも…」といった低次元の対立ではありませんが、学問に対する立場と言うものは極めて厳格なものです。
 最後に、田辺さんもふれておられますが、その折、私も本渡市で直接お話をさせて頂いています。もちろん、エントロピー学会での対立の話は知っていましたが、その折に槌田教授の話もさせて頂いています。これについては読者のご想像にお任せしてふれませんが、心からご冥福をお祈りしたいと思います。


199. "有明海から考える列島文化"『神話と伝説』第4回

 久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士)

特別連載

有明海から考える「神話と伝説」C

 久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士) 
神話と伝説
第二章 伝説

海没島伝説
 その昔、別府湾が、豊後湾と呼ばれていた頃のことだ。湾のなかには、瓜生(うりゅう)島をはじめ、大久光島、小久光島、東住吉島などの幾つもの島々が浮かんでいた。
 わけてもとりわけ大きく、姿よい景色なのが、瓜生島だった。
 島といっても、この瓜生島の、ひらけたことというたら、島長の幸松(さきまつ)殿の館を中心に、南を本町、中央を東町、北を新町と呼ぶ三筋の大通りが走って、千軒もの家々が並んでいた。
 豊後一の港といわれ、大分から別府へ抜ける、出船入船で大そうな賑わいだったという。島長の幸松殿は、それは信心深いお方だった。
 島には威徳寺、阿含寺(あうんじ)、住吉神社、蝦子(えびす)社と、寺も、お社(やしろ)もたくさんあった。住む者たちも信心あつく、心やさしい島だった。
 それというのも、この島には、ずっと昔から、ふしぎな言い伝えがあったからだ。
 「仲良うせんといけんぞ。
 仲良うせんと島中の神さん、仏さんの怒りんなすって、この島は、海に沈んでしもうちょるぞ」
 そのあらわれとして、島の蝦子社の木彫りのえびすさんの、顔が真っ赤になるのだという。
 この言い伝えは、長い間、島の、どの家にも語り継がれ、誰かが喧嘩を始めようものなら、
 「やめろ、やめろ、エベッ様んの顔が赤こうなるぞ!」
 もう、この一言で、大人も子供も顔を見合わせ、争いごとはおさまった。
 それで、海の幸にも恵まれて、よい島だったという。
 その頃、島の南西の端にある甲引(さからす)村に、良斎という医者がいた。いつの頃からか、この島に渡って来て、住みついた男だった。
 かねがね、良斎は、島の、この言い伝えを苦々しく思っていた。
 「なにいうちょるか。そげん、古くさい迷信を信じよって!」
 良斎は、島が沈むなんぞあるわけがないと、誰れかれとなく言いよった。
 「医者さま、そげんこつ言うぎ、いんまにバチんあたっと」
 島の年寄りがとがめれば、
 「なに、バチあたるじゃと。おもしろい、どけんバチか教えちくれ」
 良斎は、おめきよった。
 ある日、良斎は、まことに愚かなことを考えついた。
 丹粉(赤い粉)というものを手に入れ、夜のうちに、島の端にある蝦子社へ、こっそりしのび込んだ。えびすさんの、顔を真っ赤に塗りつぶして、何くわぬ顔で家に帰ってきたそうな。
 翌朝になって、最初にみつけたのが、近くに住む爺と婆だった。
 「大変じゃ。エベッ様んの、顔が赤こうなっちょる。
 一大事じゃ」
 さっそく、島中を駆け回って知らせた。
 これを聞いて、島の人達は驚いた。
 「ひどかこつになりよった。何事も、おこらねばよかが」
 「えらいこっちゃ。島が沈みよるぞ!」
 話は島中にひろがって、気の早い者は、大分の知り合いを頼って舟を漕ぎだした。
 一日経った。何も起こらん。三日、四日と過ぎても、海は静かだった。島の人達は、ようやく胸を撫でおろした。
 十日も経った頃だろうか。
 「ほうれみい、わしのいうた通りじゃ。島が沈みよるなんぞ、あるわけがない。
 これで、わかったろうが」
 良斎が、踏ん反り返っていいかけたとき、ぐらりと地が揺れた。良斎は、はっとしたが、そのまま、ひと揺れでおさまった。
 「まあ、こげんもんじゃ、つまらん言い伝えなんぞ、気にせんこつじゃ」
 良斎は、笑いとばした。
 それから三日経ったある日、島に、小さな地震がたて続けに起きた。
 明くる日の未刻(ひつじのこく)になると、島は激しく揺れはじめ、地の底からいんいんと不気味な音がとどろいた。
 「あれァ、高崎山が火を噴いちょる!」
 「木綿(由布山)もじゃ!
 山も焼けちょる!」
 高崎山、木綿山、続いて御宝山(霊山)と、山々がいっせいに火を噴き、焼けた大石が空から降ってきた。
 人々は慌てふためき、もう島から逃げようと、うろたえ、叫んだ。
 夕暮れ近くになった頃、地震はようやくしずまった。ようやく安堵して、家々では、夕の支度にとりかかった。
 そのとき、どこからか、白馬にまたがった老人があらわれ、
 「島が沈むぞ!
 早よう逃げれ!」
 大声で、ふれまわった。
 島の人達は、その声に、舟に走り、海に飛びこみ、大騒ぎになった。
 「た、助けちくれ!」
 府内(ふない)や日出(ひじ)町をめざして、われ先に逃げる人達の中には、あの良斎の姿もあった。
 泣き叫ぶ子供の声、大きな荷物をかつぎ立ちすくむ者、おろおろと逃げまどう老人を急かす声、そうした声も次第に遠くなったとき、奇妙なしずけさが島を包んだ。
 海の水が引きはじめて、みるみる海底の岩が姿をあらわした。
 やがて、はるか沖合で、激しいとどろきがなり渡り、しばらくすると、遠く引いた海の水が高瀬になった。
 山のように盛りあがった波が、島を襲ったのである。泡立つ高波に呑まれた舟には、えびすさんの近くに住む爺と婆もいた。
 爺と婆は、互いの手を握ったまま、
 「ああ、もう駄目じゃ」
 死ぬなと思ったとき、一本の竹が差し出され、夢中でしがみついた。それっきり、あとのことは何も覚えていない。気がついたときには、爺と婆は、加似倉(かにくら)山の麓に打ちあげられていた。
 一夜が明けた。爺と婆は目をこすった。声もなく、海をみつめた。
 別府湾の、はるばるとひろがる海には、島影一つ見えなかった。朝焼けの光に、泡だち濁った波がきらめいていた。
 生き残った者は、僅かだったという。良斎の姿はどこにもなかった。

 大分市勢家(せいけ)に威徳寺がある。この寺は、瓜生島の威徳寺の第六代周安が助かって、後に再興したのだという。
 別伝によると、寺の宝物をことごとく流失したが、ある夜、周安の夢枕に僧が立ち、
「宝物は仏崎にある」と告げた。夜明けとともに駆けつけると、本尊の阿弥陀如来をはじめ、切れぎれになった文書などが流れ着いた。
 現在、寺には本尊と共に、潮入りの御文と呼ばれる書き物が、保管されているという。 また、同じく勢家町の西応寺には、島長の幸松家累代の墓がある。元禄年間までの碑銘がさかのぼれるが、それ以前は風化している。
 今、別府湾には、島影はない。しかし、別府湾周辺に、代々暮らしてきた人々は、
 「昔、瓜生島ち、大きな島があっちの。瓜生島ん端に立つと、深江ん餅つく杵ん音の聞こえよったんぞ」
 と語り伝え、別府湾のどこかに、島も、千軒の家々も眠っていると信じている。
 今から、わずか三百八十余年前に沈んだとされながら、どこにあったか、その名の起源さえわからぬ幻の島なのである。
                        『日本の伝説49・大分の伝説』より

 これは、「海に沈んだ島」として、大分県別府市で、語りつがれてきた伝説です。
 同じような伝説が、徳島県小松島市の亀島、長崎県五島列島の高麗島、鹿児島県甑島の万里ヶ島でも、語りつがれています。

 徳島県小松島市の亀島に、伝わる伝説は、
 むかし、亀島には、漁師がたくさんいて、俗に、お亀千軒と呼ばれるほど賑わっていた。 島には、漁の神、えびす様を祀る蝦子神社があり、社殿には、鹿の頭も祀ってあった。 信心深い老婆が、神社を、毎日、参拝していた。
 ある夜、夢枕で、鹿の頭が真っ赤になると島が沈むから、急いで逃げろ、とお告げがあった。
 夜が明けて、老婆が村中に知らせてまわると、村の者は信じない。
 ある日、お告げをばかにしていた若者が、小松島から紅がらを買ってきて、鹿の頭を真っ赤に塗ってしまう。
 それを知った老婆は、家族を連れ、舟で逃げだした。
 それを見て、村の者は、あわてて逃げだしたと笑う。
 それから、二、三日して、大きな地鳴りとともに、島は海に沈んでしまう。

 鹿児島県甑島に、伝わる伝説は、
 むかし、甑島の、はるか西の海上に、万里ヶ島と呼ばれる孤島があった。
 島の神社には、金剛力士像が祀られ、顔が真っ赤になると島が沈む、という言い伝えがあった。
 ある若者が、いたずらをして、力士像に朱を塗ってしまう。
 まもなく、地鳴りがして、島は海に沈んでしまう。
 ほとんどが、死んだという。

 長崎県五島列島の高麗曽根島に、伝わる伝説は、
 むかし、五島列島の、西の海上に、高麗曽根島と呼ばれる孤島があった。
 島は、漁業はもとより、優れた高麗焼きも生産し、裕福だったという。
 島の神社には、えびす様が祀られ、顔が真っ赤になると島が沈む、という言い伝えがあった。
 ある日、いたずら者が、えびす様の顔を赤く塗ってしまった。
 これを見て、信心深い人は驚き、島から逃げ出した。
 いたずら者や信じない者は、笑いながら、その様子を見ていた。
 まもなく、島は海に沈んでしまう。
 島に残った者は、ほとんどが死んだという。

 四つの伝説の、共通するモチーフは、
@島は、家々で賑わっている。
A島には、神社が祀られている。
Bそこに安置される像が赤く染まると、島が沈む、という言い伝えがある。
Cいたずら者が、像を赤く塗る。
Dその、いたずらが原因で、島は沈んでしまう。

 「海に沈んだ島」伝説と共通するモチーフが、徳島県・大分県・鹿児島県・長崎県と、遠く離れた地で語りつがれてるのは、大きな謎、と言われています。しかも、島が海沈するという、恐ろしい結末です。
 ところが、共通する話が、外国にあります。それは、『旧約聖書』の「出エジプト記」で、概略を記すと、

 新しいエジプトの王、ファラオは、エジプトにいる、イスラエル人を迫害します。
 成長したモーセは、
 「イスラエル人を、エジプト人から救い出し、約束の地に連れてくるように」
 という神の命令を聞きます。
 モーセはファラオに会い、主の命令に従い、エジプト出国を承認するよう頼みます。ファラオが、それを聞き入れるはずもなく、迫害は、前よりひどくなります。
 モーセは、頼みを聞き入れなければ、エジプト全土で、あらゆる災害が起こると忠告します。
 そして、十の災害「十災」が、つぎつぎに起こります。その災害で、ファラオをはじめ、大臣、将校、神官の子供までが死にます。
 それに脅えたファラオは、ついに、イスラエル人の、エジプト出国を認めます。
 そして、イスラエル人は、ラメンスを出発します。しかし、ファラオは、すぐ気持ちを変え、追手をかけます。
 エジプト軍は、最新装備を備えているので、追いつくのに時間はかかりません。
 まもなく、ファラオは、射程距離まで追ってきました。しかし、日暮れだったこと、後続部隊が到着してないことなどで、夜明けとともに、全軍で攻め込む戦法をとります。
 一方、イスラエル人は、エジプト軍が近くに来たのを知り、キャンプの中はパニックになります。動揺した群衆の中には、「行動を共にしたから、こんな窮地に追い込まれた」 と非難する者もいます。
 前は海に遮られ、後ろは、ファラオの戦車部隊に囲まれています。行くも地獄、退くも地獄、モーセは、絶対絶命のピンチに追い込まれます。
 絶対絶命になったモーセは、一人テントに戻り、神の言葉を聞きます。
「案ずるな、モーセ。いまこそ、彼らの思いを、断つ時がきたのだ。
 彼らは、一人残らず、水面の藻屑と化すであろう。彼等は、自分のしてきた行為によって、生命を断つのだ。
 民は、神の栄光を目のあたりに見、私を知ることであろう。岸辺に立ち、天に、向かって祈れ。水面はざわめき、海は陸地となるであろう。
 その陸地を通り、全軍、向こう岸に渡るのだ。夜明けまでに渡れ」
 モーセは岸辺に立ち、天に、向かって祈ります。
 しばらくすると、奇跡が起こります。海水が勢いよく引いていき、まもなく、陸地が現れます。しかも、海底が見える、明るさになっています。
 モーセの指示で、全軍が海底を渡ります。大群衆ですが、それでも、陽がのぼる頃には、全軍、向こう岸に渡り終えました。
 一方、ファラオは、夜明けと同時に、海底を渡ります。そして、全軍が海底に入った時、ゴオーという海鳴りとともに、大津波が押し寄せ、エジプト軍を呑み込んでしまいます。
 これは、アメリカで映画になり、日本では、『十戒』という、タイトルで公開され、大ヒットしました。海が開いて、大群衆が海底を渡っていく、クライマックスシーンを思いだします。
 「海に沈んだ島」伝説との共通点は、背景の自然現象です。
 共通点は、
@海水が勢いよく引いて、海底が現れる。
A時間をおいて、大津波が襲う。

 「海に没んだ島」伝説は、話が大きいので、奇想天外、ありもしない作り話、と言われています。ところが、海中火山が爆発し、海中カルデラが出来ると、このような現象が起こると、外国の専門家は、指摘しておられます。
 火山が爆発する時、まず、地下の深いところに出来た溶岩が、地表めざして上がってきます。このとき、小さな地震が、数多く起こります。
 地震の起こる場所は、溶岩の上昇とともに、浅く、強くなっていきます。それが地表に達した時、噴火や、溶岩の流出が起こります。海中火山のメカニズムは、地震→火山噴火→カルデラの生成→大津波の順で起こる、と言われています。
 海中火山が爆発すると、火砕物(火山灰・火山礫・火山岩塊・軽石)が流出し、一瞬にして、地下に、大きな空洞ができます。その空洞を埋めるため、まわりの地表が落下し、大きな窪みができます。これが、カルデラの生成です。
 海中カルデラが出来ると、その窪みを埋めるため、海水が殺到します。それは、地表の落下と、同時進行でしょう。そこで、対岸では、引き波が起き海面が現れます。引き波は勢いがあるので、カルデラには、水位以上に海水が集まり、それが積み上がります。
 積み上がった海水は、今度は、まわりに向け、押し波となって広がっていきます。そこで、対岸では、時間をおいて、大津波が襲います。
 引き波がくる時間、それから、大津波が襲う時間も、対岸までの距離と比例します。このように、引き波、押し波が、力を弱めながら、数回、起こると言われています。
 この現象を、外国の専門家は、約三、四○○年前の、サントリーニ島の火山爆発と関連づけておられます。
 サントリーニ島のカルデラは、直径・約一○キロメートル、断崖の深さ・約五○○メートル、対岸までの距離・約九○○キロメートルです。
 サントリーニ島は、対岸まで、約九○○キロメーテルと、距離があります。しかし、南米で起きた地震の津波が、太平洋を渡って、日本に襲ってきます。外海で、しかも、比較にならない距離ですが、それでも、津波が日本に襲ってきます。
 地中海は、内海で、外海の影響を受けません。外海の影響を受けないので、引き波がきて海底が表れ、その後、津波が襲ったのではないでしょうか。
 対岸まで、距離があります。距離があるので、引き波から、大津波が襲うまで、時間がかかります。イスラエル人が渡り終え、エジプト軍が海底に入ったとき、大津波が襲ったというのも、ありえない話ではありません。この説明で、よく分かります。
 こうしてみると、瓜生島の「海に沈んだ島」伝説と、共通しているのが分かります。
 良斎が、エベッ様んの顔を赤く塗り、しばらくして、前兆が起きます。それが、納まったようにみえますが、その後、大爆発が起こります。「出エジプト記」と、話の内容は違いますが、背景の、自然現象は同じです。

 「海に沈んだ島」伝説は、島が海没して、ほとんどの人が死ぬという、悲惨な話です。こんな恐ろしい話が、想像だけでできるとは思えません。また、想像だけで、海中カルデラ生成のメカニズムを、これほど正確に、語れるとも思えません。
 この世の地獄を、実際に体験したから、この話ができたのではないでしょうか。では、体験したとすれば、どの火山爆発が、対象になるのでしょうか。日本で起きた、海中カルデラの爆発は、約六、三○○年前頃の、鬼界カルデラしかありません。
 この年代は、今より気温が上がった時代で、水位は、今より少し上になり、鬼界カルデラは、海の中になります。鬼界カルデラが爆発した火山灰は、遠く、関東地方まで降ったと言われ、サントリーニ島以上の大爆発です。
 鬼界カルデラは、薩摩半島と屋久島の、海中にあります。そして、今は、竹島と硫黄島だけが、海上に残っています。太平洋上に位置しますが、九州南端と、種子島、屋久島、口永良部島、黒島に、囲まれた状態になっています。
 鬼界カルデラは、直径・約十五キロメートル、断崖の深さ・不明。そして、対岸の薩摩半島までの距離は、わずか、五○キロメートルほどです。地図で見ると、目と鼻の先のところに、対岸があります。しかも、海底は、二百メートル以下と、ずっと浅くなります。 サントリーニ島の、断崖の深さは、五○○メートルあります。鬼界カルデラの爆発は、サントリーニ島以上の大爆発です。そこで、断崖も、深いと思われます。しかし、サントリーニ島と、同じ深さと仮定しても、海底の、二、五倍の深さになります。
 この、カルデラを埋めるため、まわりの海水がカルデラに向け殺到し、そこで、対岸では海底が現れ、その後、大津波が襲ったのではないでしょうか。
 ここでは、引き波から、そう、時間をおかず、大津波が襲います。「出エジプト記」と同じように、地形の特徴があらわれた、ピッタリの話になっています。
 島の火山が爆発するので、島の海底は現れません。その後、大津波が襲うこともありません。また、海没すると、島の人は絶滅します。島の人が、この話を、作ったとは考えられません。それが、島自身の話になっています。
 対岸から見ると、すぐ目の前に、鬼界カルデラがあります。その火山が爆発して、島が、海の中に没んでいきます。そして、対岸では、海底が現れます。そして、しばらくすると、大津波が襲ってきます。この様子を、目撃、体験できるのは、対岸の人たちです。この話は、「出エジプト記」と同じように、対岸の人が作ることができます。
 「海に沈んだ島」伝説は、対岸の人が作ることができます。対岸の人は、島の人が海に沈んだこと、海底が現れること、そして大津波が襲ってくること、全てを知っています。これらを考慮して、話が作られたので、このような内容になったのではないでしょうか。 「海に沈んだ島」伝説と共通する話が、各地に残っています。こんな悲惨なことが、各地で起きたとは考えられません。「海に沈んだ島」伝説は、悲惨な話だから、インパクトがあります。そこで、この話が、各地に広まっていったのではないでしょうか。
 では、いつ頃、広まっていったのでしょうか。それは、縄文後期(約三、○○○年前頃)の低温期で、海面が、いくらか、低下していた時代がありました。
 この時代、中国大陸を追われた人たちが、水稲耕作の技術や当時の最新技術をもって、渡来してきました。その技術を手にしようと、前の海面低下時代と、違う移動がありました。その、交流の中で、この話を知ったのではないでしょうか。
 その後、温暖な気候に向かい、それぞれ地に、移動、後退していきます。そして、話は、それぞれの地に合うように直されていきます。はじめは、各地で語られていたのでしょうが、長い年月が経過しています。そこで、遠く離れた四つの地で、ポツンと、残ったのではないでしょうか。
 同じモチーフの話が、『旧約聖書』では、モーセが、イスラエル人の絶対絶命のピンチを、奇跡を起こして救います。一方、日本では、戒律を破った時の、天罰になります。
 鬼界カルデラが、大爆発したのは、約六、三○○年前頃のことです。そうすると、「海に沈んだ島」伝説は、約六、三○○年前頃作られ、語りつがれてきたことになります。

▲ 鬼界カルデラ

次号へ続く

※ 有明海から考える「神話と伝説」の連載について

 久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士) 

 リポートV 八月号に「ムツゴロウは泳げなかった」を掲載しました。この中に登場する『ムツゴロウが教える日本の起源』を書いたのが久光教弘氏です。

 (再掲)この本のタイトルのとおり、久光教弘氏はムツゴロウそのものをテーマにされているのではなく、ムツゴロウの話を導入部として日本と日本人の起源を論じておられるのです。 
 氏は佐賀市在住の現役の建築士として設計事務所を経営されていますが、一度お話を伺いにお訪ねしたことがあります。その際も新著の原稿に取り組んでおられていましたので刊行を楽しみにしています。こちらも文化人類学の好著と推測しています。
 同書は自費出版されたものでしたが、非常にレベルの高い文化人類学に関する好著です。非常に面白い本で、私も一気に読み終えた記憶があります。

※ 『ムツゴロウが教える日本の起源』のお求めは、ハガキかFAXでお願いします。
住所:〒840-0805 佐賀市神野町西4丁目4-8 久光 教弘(ヒサミツミチヒロ)
FAX : 0952-31-7702 24時間受付


■ 次回への予告 ■ I
V   環境保護派よ我が梁山泊に楯籠もれ! (NO. 11)  2月号
200
針葉樹林大崩壊(宮崎県内の全ての川が土砂で埋まる)U
針葉樹林に火を掛けろ
20060818
201
永 尾(エイノオ)
20061016
202
熱 禍(ヒート・アイランド)
203
未 定
 筑後川水問題研究会 中原 孝矩(元記者)
204
この木なんの記 @
 音屋の昭太郎 
20060601
205
高千穂鉄道残照(U)
20061106
206
必要悪が必要な面々の面の皮
 不知火海の自然を守る会 田辺 達也(八代河童共和国大統領)
20061130
207
"有明海から考える列島文化"『神話と伝説』第5回
 久光教弘 『ムツゴロウがえる日本の起源』著者(一級建築士)
20060808
■次回への予告■ J