190. 阿胡根の浦 古田史学の会会報 NO.76 掲載論文
古田史学の会代表 水野 孝夫(奈良市)


阿胡根の浦

 二〇〇六年七月は全国的に天候不順で日照が極端に少なく、豪雨禍が多かった。それらに関する報道の中で、わたしは鹿児島県阿久根市の名前に気付いたのである(地図)。

 万葉集・巻一・歌番号十二は次である。

 我が欲りし野島は見せつ底深き阿胡根の浦の玉ぞ拾はぬ [或頭云 我が欲りし子島は見しを] 原文:吾欲之 野嶋波見世追 底深伎 阿胡根能浦乃 珠曽不拾[或頭云 吾欲 子嶋羽見遠]

 わたしの感じたこと。「この万葉歌の阿胡根能浦とは阿久根市を指すのではないか?」

 万葉集中の歌番号十、十一、十二は一連で、中皇命徃于紀温泉之時御歌との題詞が付き、この三歌に対する古田武彦氏の斬新な解釈は著書@に発表されている。そこでは、中皇命は九州王朝の天子、紀温泉は和歌山県の温泉、野島は淡路島北部の陸地、阿胡根の浦は三重県・英虞湾と理解され、子島は岡山県児島半島をあてられたことは、読者はよく御存知であろう。なお古田説以外では「阿胡根の浦」も「野島」も所在不明であり、野島は和歌山県御坊市にある字地名か、とされていることは古田氏が述べておられるとおりである。しかし「野島」にしろ「子島」にしろ、その候補地がなぜ海中の「嶋」でないのだろうか?
 古田氏の理解によれば、中皇命とその恋人の女性を含む一行は、九州(太宰府?)から瀬戸内海を通り、明石海峡、大阪湾から白浜温泉あたりに到り、潮岬を廻って英虞湾に到り、また九州に帰る大航海だったことになる。
 わたしたち数人は古田氏と共に、神武東侵の経路探索に潮岬や新宮を訪れているが、ここを廻る大航海が古代に可能であったか否かについては確証はない。もちろん七世紀には白村江に千艘を越える軍船を送ったのであり、不可能ではなかろうが、温泉や珠拾いといった物見遊山の旅に熊野灘へ乗り出すだろうか?、という疑問はあった。九州王朝の天子ならば、九州内を旅行してもよいではないか?
 「阿胡根の浦」は「阿久根の浦」では?「英虞湾」よりは文字表記が近い。

 考えてみると、急な思いつきではあるが、永く暖めてきた問題へのひとつの回答でもあった。
 わたしはかって「阿漕的仮説ーーーさまよえる倭姫ーーー」という論を発表したAB。
 要約すると、伊勢神宮に伝わる文献『倭姫命世記』の地理的記載は具体的でリアルである。
 「淡海」は球磨川河口、倭姫命の当初の伊勢神宮は八代市あたりであり、その付近は亜熱帯性の樹木・アコウ(またはアコギ・赤生木)が生育する場所のはずである、というものであった。ならば、そのあたりに伊勢国や伊勢海があってもおかしくない。
 ところが、三重県・英虞湾、また阿漕が浦はアコウの生育北限よりはるかに北にあり、アコウが生育しない。「阿胡根の浦」とは「アコウが根づく」土地ではないか?これがわたしの暖めてきた問題意識だった。

 鹿児島県阿久根市を調べると、東シナ海に面した海岸であり、現在もアコウ樹の群落がある。確かに「アコウが根づく」土地である。すぐ近くに名所・黒之瀬戸がある。東シナ海と八代海の接点で、潮の干満につれ渦を巻く急流の海峡(幅二百から五百メートル)である。
 この名所をよんだ歌が万葉集に二首あるというのが定説である。
 03/0248 長田王作歌、隼人の薩摩の瀬戸を雲居なす遠くも我れは今日見つるかも
 06/0960 帥大伴卿(注:大伴旅人)遥思芳野離宮作歌一首 隼人の瀬戸の巌も鮎走る吉野の瀧になほしかずけり
 九州王朝の天子が見たいと思う場所ではないか?
 八代海付近には現代地図上に「野島」「子島」はいくつかある。陸地の一部の地名ではなく、島の名前である。しかし古代から有名であったような野島、小島を確定するには至っていない。黒之瀬戸に接するあたりに野島があったのかも知れぬ。
 また珠は通常の理解のように真珠だろうが、阿久根市の現在の特産水産物に真珠はない。しかし古代の真珠は天然真珠であったはずであり、それを抱いていた貝はアコヤ貝とは限らず、アワビやタイラギも候補となる。阿久根市に近い天草の牛深市に久玉浦があり、地名からしても真珠産地であったらしい。
 魏志倭人伝で壹與が魏へ献じた物に「白珠五千個」があり、太古から九州は真珠産地であった。倭の水人は「沈没して魚蛤を捕らう」と記録されているが、蛤は比較的浅い海におり、沈没して捕るのはアワビ等ではなかろうか。阿久根市で天然真珠が採れてもおかしくはなく、付近には古代の貝塚が多い。但し江戸時代に薩摩藩主が阿久根市沖の大島で真珠母貝を育てようとしたが成功しなかったとの記録があるのは、難点である。

 八代海(不知火海)を「伊唐島あたりでは伊勢海と呼ぶ」という地元の方のHPCがある。野間口道義氏によるこのHPの「古代史復元」は興味深いものではあるが、本報告ではその内容は採用せず、地名に関する伝承や海流、気候などに関する部分のみを、地元の研究者としての証言として参考にさせていただく。例えば野間口氏は不知火海付近での製鉄は北九州より早期であり、「不知火」とは製鉄炉の火が遠くから見えたのではないか?とされる。しかしわたしは、これは論証不十分と考える。「不知火」は景行紀十八年の「火国」命名伝説や肥前国風土記逸文にあるが、なにかの火が有明海から見て南方に見えたには違いない。
 これは製塩の火ではなかっただろうかとわたしは考える。朝日新聞2006/07/25夕刊に「鉄の見返り・朝鮮へ塩−−弥生・古墳時代 近藤義郎氏らが新説」という記事があった。「朝鮮半島には製塩土器が見つからない」ことに疑問をもって研究された結果、輸入鉄の見返り物資は塩だったという説に至られたそうであるが、不知火海沿岸でも製塩が行われた形跡はあり、製鉄よりは炉の数が多かったものと思われる。「八代海を伊唐島あたりでは伊勢海と呼ぶ」か否かについて、佐賀県の会員・古川清久氏は伊唐島へ行かれたが、確認には至らなかった。
 垂仁紀二十五年条に(倭姫命世記にも)、天照大神が倭姫命に誨えられた言葉として「是の神風の伊勢国は、常世の浪の重波帰する国なり」というのがある。注釈に「神風は伊勢の枕詞」とあるが、なぜ神風が伊勢の枕詞になるのか、納得できる説明にお目にかかったことがない。「伊勢の神が大風を起されるから」と説明する人があるが、それは「伊勢の神風」の説明にはなるが、「神風の伊勢」の説明にはならない。アイヌ語まで持ち出して「伊勢=神風」の同義語とする論文も見たが、なぜ同義語を重ねる必要があるのか。
 「神風の伊勢国」とは「神風が名物である伊勢国」と理解するのが当然と思われる。しかし三重県は特別に大風が名物というわけではない。だからこの当然の理解ができないのである。ところで日本列島で「台風銀座」といえばどこを指すか、鹿児島県・熊本県の特に西岸である。神風とは台風のことであると理解すれば明快である。だから八代海近辺が伊勢国であれば理解しやすい。野間口氏のHPには春から秋にかけてのいわゆる台風シーズンには黒潮の分流が南から八代海を目指すように流れることが説明されている。「常世の浪の重波帰する」とは、「黒潮と台風の浪が重なった大浪の寄せる」八代海であると理解すれば明快である。

 万葉集の歌番号九は、その最初の十二文字が難読で知られる。
 01/009 幸于紀温泉之時額田王作歌
 莫囂円隣之大相七兄爪謁気 吾瀬子之射立為兼五可新何本 
 過去に百通りくらいの読みが提案されているらしいが、「定説はない」とされている。古田氏の解は発表されていない。
 東京古田会の福永晋三氏が「静まりし大浪騒げ 吾が背子のい立たし兼ねつ厳橿が本」と読み、神功皇后船出の歌とされたのはご存知だろう。この歌を取り上げるのは、十〜十二歌と共に「紀温泉」行きの時の歌であり、九〜十二歌の四首が共に額田王の作とする説があるからである。配列からみても「紀温泉」は四首に共通の温泉だと考えられる。この歌の研究史を詳しく調べた伊丹末雄氏の解E(但し謁は湯の誤りとする)は
 夕月の光(かげ)踏みて立つ、わが瀬子が、い立たせりけむ、厳橿がもと
 となっている。
 厳橿(いつかし)がもと、とは何だろうか?従来説は一般に「神聖な橿の木の本」でとどまっている。書紀にはただ一ヶ所に厳橿が現われる(垂仁紀二十五年、一書)。古事記では雄略が赤猪子に与えた歌中にある。書紀のそれは「倭姫命が天照大神を祀る場所」である。ここまでの経過から「厳橿」とは特定の樹木の種類名、それもアコウのことではないか?という連想が生まれた。アコウ樹の根元は神聖な場所、古代の天皇の即位式もここでおこなわれたのではないか?初代天皇・神武は「畝傍の橿原宮」で即位されたことになっている。畝傍は畝火が原義であろう。畝火=火を噴く火山の近くにアコウの生えているところ。候補としては二ヶ所考えられる。雲仙普賢岳のふもとと桜島のふもとである。どちらもアコウの育つところである。古川清久氏が最近行かれた島原半島と天草が有明海を扼する地・早崎海峡に面して育ったアコウの写真を送信していただいた(写真)。額田女王が「わが背子」と呼ぶ方は即位後の天子たる中皇命のことではないか、という理解が生まれた。

 多くの神社のご神木がクスノキである。杉や桧がご神木というところは少ない。南方系の神社の、本来のご神木はアコウだったのではないか、しかしアコウは海岸でないと生えない。すこし陸地へ入ると、似た樹相のクスノキで代用することになったのではなかろうか?

 さて、中皇命が阿久根市へ向われたとすると、紀温泉とはどこか?が問題になる。書紀を調べると「温泉」の語はなく、表記はみな「温湯」になっている。舒明天皇は有馬、伊予温湯へ行かれるが、九州へは行かれない。それでどうして、万葉集二番歌・別府鶴見岳の歌が作れたのか?書紀の温泉行幸の記事には疑問がある。雲仙(うんぜん)という表記は新しいもので、もとは温泉(うんぜん)という表記であった。江戸時代を含むそれ以前には九州では温泉とは雲仙温泉を指したのである。長崎県雲仙温泉は、古代は高来県にあった。来温泉→紀温泉と万葉集編者によって書き換えられたのではなかろうか。


▲ 阿久根市脇本浜とアコウ

▲ 阿久根周辺の地図(マピオン)
※Mapionの地図を加工したものです
@古田武彦『古代史の十字路』東洋書林,2001/04
A古田史学会報 No.69,2005/08
B『古代に真実を求めて』第九集、2006/03
C野間口道義氏のHP
http://www007.upp.so-net.ne.jp/jkodaisifukugen/
D東京古田会ニユース75号(平成12年9月)
E伊丹末雄『万葉集難訓考』、国書刊行会、1970


191. 「阿胡根の浦」 の掲載について

 水野代表による「阿胡根の浦」は古田史学の会会報(NO.76)に掲載されたものです。本ホーム・ページが有明海、不知火海の古代史、民俗を書いてきた延長上に今回の破格の掲載もある訳です。
 古田史学の会には「新・古代学の扉」という極めてレベルの高い古代史のホーム・ページがありますので、ここへの掲載に先行して当サイトへ掲載していただくというのは例外的な事であり、改めて古田史学の会と水野代表に感謝するものです。
 さて、水野代表による「阿胡根の浦」は、106.「阿漕的仮説」―さまよえる倭姫― 八代〜大築島〜天草姫戸 古田史学の会会報(NO.69)掲載論文(リポートU一月号)に続くものですが、前回が伊勢神宮の起源に関するものであったのに対して、今回は万葉集の舞台を南九州に取り返さんとする研究論文です。
 今回の試論も、前回同様、"アコウ"の樹から古代、九州王朝の領域を探索するものですが、"アコウ"という言葉には全国的な地方名や別名といったものがなく、いわば、一千五百年という時の流れを越えたキー・ワードになるようです。
 これに関しては、リポートT掲載の拙論 17.「阿漕(アコギ)」も併せて読んで頂ければ、この面白さが分かって貰えるのではないかと思います。
 前回の「阿漕的仮説」は、日量六〇万トンとまでいわれた球磨川の伏流水によって戦前までは全く塩辛くない海が存在した球磨川河口と、その沖合に現存する大築島などをヒントに、鎌倉期に成立した古文書「倭姫命世紀」に書かれた伊勢神宮のルーツを不知火海に求めようとされたのものですが、今回はさらに一歩論証を進めた新たな視点から万葉集の舞台を九州王朝の領域に引き戻す仮説を出された事になります。

阿胡根の浦の現地踏査から

 今回のリポート掲載用の写真を撮るために、十一月の連休(2006)を利用して阿久根に遠征しました。
 阿久根(鹿児島県阿久根市)周辺にアコウの群落があることは以前から知ってはいましたが、実際に現地を踏むと、なんの変哲もない市街地にも何本ものアコウを見つけることができました。
 もちろんアコウは海岸性の樹木ですが、非常に印象的な根を張ります。このため、自生ばかりではなく、海からの風雨を遮り石垣が崩れるのを防ぐためにも、意識的に植えられることも多かったようです。また、ヒヨドリやムクドリはこの無花果(イチジク)科の木の実を好みますので、これらの鳥によって種が遠くまで運ばれることもあるはずですが、なぜか海岸近くにしか根が付かないのです。

折口湾の天然真珠と脇本浜のアコウ群落

 阿久根の市街地を抜け、海沿いの県道(旧国道?)を北に向かうと、肥薩オレンジ鉄道の折口駅がありますが、この横を流れる折口川河口には浅い入江が広がっています。
 あまりに美しい風景に引き寄せられ、ついつい入江に下りて行くと、海岸に数本のアコウを見つけました。ちょうど日向ぼっこをしていた地元の方々に、この地のアコウについて話を聞くと、「一本は自生だが、二本はじいさんが脇本から持ってきて植えた」とのお答えでした。
 この唐突な質問も、水野論文の重要な要素に繋がるためのものだったのですが、半信半疑、しかし、ある程度の可能性があると思い、"ここでは真珠が採れますか"とお尋ねしました。これは、養殖を含めた意味だったのですが、結果は驚きでした。いとも簡単に「先の岬の浅瀬で採れるよ」との返事がたちどころに返ってきたのです。
 わけは、万葉集に「阿胡根ケ浦の珠ぞ拾わん」という歌があるからです。話によると、今でもこの湾の出口の浅瀬で貝を採ると、時折、真珠が入っているものがあるそうです。
 「鍋にして貝を食べたら真珠があった」「茶碗を洗っている時に流してしまった」とかいったことがあったと聞きました。
 遠く卑弥呼の頃、真珠も贈られたとされますが、御木本幸吉(ミキモトコウキチ)の時代ではありませんので、もとより養殖真珠などありません。きっと折口湾のような静かな入江で採られた天然真珠が贈られたのでしょう。

▲ 折口湾 

▲ 折口湾のアコウ
 折口から黒之瀬戸に向けて北に走る(県道脇本赤瀬川線)と、左側には砂浜と松原が広がっています。また、右側は平地ですが、それはトンボロから発達した潟湖(セキコ)が開拓された干拓地のようです。阿久根、出水も同様でしょうが、かつて、この一帯には浅い海が広がっていたのです。


▲ 脇本浜のアコウ
 それはさておき、脇本浜はうっとりするような静かな入江でした。湾の中ほどには寺島の名を持つ小島が浮かびますが、今も多くのアコウの木が生えていると聞きました。
 今回は車で廻れる範囲しか見ていませんが、詳しく調べればこの一帯には、まだまだ多くのアコウがあるとようです。
 現在は堆積が進み、干拓、埋立てによっても大きく地形が変わっていますが、かつて、ここから阿久根に掛けての一帯は、多くの岬と深い入江が複雑に入り組み、多くのアコウが生茂る浦々があったはずなのです。そして、その中にはそのアコウの根が壁のように取り囲む入江もあったのではないでしょうか。

伊勢神社

 脇本の北から東にかけた陸域には、槝ノ浦西、槝ノ浦東、上瀬ノ浦、下瀬ノ浦といった地名が拾えます。当然ながら、古い時代には海が入っていた事を想像させるものですが、調べると、天和(一六〇〇年代末)から寛政(一八〇〇年代初頭)年間にかけて薩摩藩が干拓工事を行ったようです。してみると、槝ノ浦(カシノウラ)とは樫(アラカシ、シラカシ・・・)が海際まで生茂る地だったのでしょう。
 ここで、広辞苑で"かし"を見てみましょう。この最後には、

 かしのき。古事記(下)「御諸の厳(いつ)−がもと−がもと」

 と、あります。これについては水野代表が、厳橿とはアコウのことではないかという仮説を立てられています。気になるのは古代の湾奥に鎮座する伊勢神社(新田川沿い)です。阿久根にも古代の湾奥と思える場所に伊勢神社(山下川沿い)があります。  出水市、薩摩川内市にも伊勢山、伊勢美山といった地名があり、字面からだけですが、この北薩一帯にはまだまだ多くの伊勢神社、伊勢地名が拾えるようです。

 出水市  :伊勢山(地名)
 阿久根市 :伊勢神社(二社)
 薩摩川内市:伊勢美山、伊勢ケ迫(地名)、伊勢皇大神社 

※ 詳しく調べてはいませんが、なぜか、鹿児島県の北薩一帯を中心に"伊勢"関連地名が拾えます。

 多くの人々は、現在の伊勢神宮が太古よりあの伊勢の地に鎮座ましましていると考えされられていますが、京都府宮津の元伊勢を始めとして、多くの遷座の歴史があるのです。そしてその背後には大和朝廷によってズタズタに切断された暗い歴史が隠されているはずなのです。
 印象だけからですが、私達が考える九州王朝の中心領域=ハート・ランドには、直接、伊勢という名の付く神社はないようです。ただ、九州でも辺境(大分県の山間部外・・・)にはこの名の神社が残っているように思います。私は九州王朝ハート・ランドでは、意図的に消されているのではないかと考えています。
 さて、少し古いものになりますが、『市民の古代』第十集には現古田史学の会事務局長の古賀達也氏による「最期の九州王朝」という論文があります。ここで、鹿児島県の大宮姫伝説にふれ、

…開聞岳の麓で鹿が美しい姫を生んだ。その姫は二歳の時入京し、十三歳で天智天皇の妃となったが、訳あって都を追われ開聞岳に帰って来た。…

 古賀達也氏は大宮姫とは『続日本紀』の文武四年の刑部真木に反抗したと書かれる薩摩の比売ではないかとされているのです。
 日本史でも最も有名な事件に六六三年白村江の敗戦がありますが、この時に、倭国王薩野馬(薩野麻)が捕虜になります。このためその皇后である大宮姫が跡目を継いだ可能性を考えられたのです。このときの皇太子に伊勢王がいるのですが、壬申の乱前後の深い謎が隠されているようです。
 詳しくは、古田史学の会のホーム・ページ「新・古代学の扉」や同書にあたられる事として、ここでは、阿久根周辺が九州王朝のハート・ランドから、開聞岳周辺への中継地になることから、今後とも調べる必要がありそうです。

 さて、黒之瀬戸大橋とは天草と鹿児島の間に浮かぶ長島と阿久根市北部の間を流れる急潮を跨ぐ長大橋です。
 有明海の出入口が早崎の瀬戸でしたが、不知火海では、北の長島海峡とこの急潮の黒之瀬戸になるわけです。ここでは上潮は北に流れ、下げ潮は南に流れます。
 早崎ノ瀬戸にもアコウの群落がありましたが(リポートV九月号、156.「早 崎」"島原半島南端のアコウ群落"参照)、黒之瀬戸にもさらに大きなアコウ群生地を確認したことになります。

紀温泉とは

 最後に、水野代表は「中皇命が阿久根市へ向われたとすると、紀温泉とはどこか?」とされ、雲仙温泉を考えられています。古代の温泉の表記がどうであったかはともかくとして、古代において可能性が高い船による巡幸を考えると、私の頭に最初に浮かぶのは標高七〇〇メートルの高地にある雲仙温泉ではなく半島南岸の小浜温泉(現雲仙市)です。ここでは現在でも海底から間欠泉が噴き出していますし、海岸に日量十万トンもの大量の食塩泉が湧き出しています。
 島原半島は伝統的に高来郡ですから、雲仙、小浜の二湯はいずれも「紀温泉」とも言えそうです。ただ、雲仙は明治においても避暑のために訪れる外国人が輿を用いて登った温泉であり、船で楽に行ける小浜の方が有明海、不知火海を通じて第一の温泉ではなかったかと思うものです。今一つ思考の冒険を試み、「紀温泉」の「キ」の音だけで考えれば、阿久根の南、薩摩川内市の川内高城温泉(センダイタキ)と、さらに南の、現いちき串木野市の海岸部に市来(イチキ)温泉がありますが、もとより雲仙や小浜ほどの強烈な印象を与える温泉でないことは言うまでもありません。

補足

 水野代表は文中で「野島」「子島」にもふれておられます。

 八代海付近には現代地図上に「野島」「子島」はいくつかある。陸地の一部の地名ではなく、島の名前である。しかし古代から有名であったような野島、小島を確定するには至っていない。黒之瀬戸に接するあたりに野島があったのかも知れぬ。
(再掲)

▲ 黒之瀬戸大橋 対岸は長島、右奥が不知火海

▲ 阿久根周辺(マピオン)
※Mapionの地図を加工したものです
 「野島」については、黒之瀬戸の北に浮かぶ長島の北東に位置する諸浦島と伊唐島の間に野島があり、外にも該当するものがあります。小島についてはあまりにも一般的な名称ですので特定などできませんが、阿久根港の真前にある小島をはじめ多くの候補があることは言うまでもありません。また、前回の「阿漕的仮説」で取上げられた「倭姫命世紀」の中に登場する「戸島」が長島海峡の中にかなり目立つ存在として浮かんでいる事を補足します。


192. 宮崎県赤江浜護岸工事に対する住民訴訟事件について 

訴状原文

 赤江浜護岸工事公金支出差止等(赤江浜自然環境保全)住民訴訟事件 

 赤江浜を守る会 西村 好信 


193. 赤江浜問題に思うこと

 前回、十二月号の182.自然海岸の破壊を許すな!=宮崎市赤江浜= において以下のように書きました。
 
海岸破壊の原因(再掲)

 赤江浜の海岸浸食の理由は、複雑に見えて、実は極めて簡単なもののようです。
 赤江浜の北辺に位置する宮崎空港が滑走路の延長工事を行い、日向灘に突出す長さ七〇〇メートル、幅四五〇メートルの岬、事実上の半島を造ったからに外なりません。
 宮崎県の延岡から宮崎にかけては平坦な海岸線が続きますが、これは恒常的な潮の流れが南流しているからであり、従って漂砂もこの流れに載り、北から南に流れているのです。 
 この平坦な海岸線に七〇〇メートルもの構造物を造れば、上流からの漂砂が遮断され、その下流側で大規模な浸食が起こるのはあたりまえの話であり、滑走路を造るとしても、いくら経費が掛かろうが、漂砂を遮断しないような潮流バイパスを造るか、滑走路の基礎を柱状のものにすれば、まだ、被害は少なかったはずなのですが、設計担当者、工事担当者にはこの工事によって生じる事態を全く想像する事はなかったのでしょう。
 先行する事例としては、同時期、隣県の鹿児島県の志布志湾で石油備蓄基地建設に伴う大規模な海岸浸食が起こっていたのであり、もし、知らなかったとすれば無能としか言いようが無いのであり、知っていたとすれば未必の故意でしかなく、工事で金儲けさえできれば、後は野となれ!山となれ!どうなろうと知った事じゃない!というのが真実であったことでしょう。
 結果として、赤江浜の大規模な海岸浸食が始まり大量の税金を投入せざるを得なくなっているのです。本来、これらの事態を長期的な視点で見据え、広い視野で重要な事例にあたる事が行政担当者の任務であり、上級官庁の研究機関でもあるのですが、もはや、国家機関、行政機関がまともに機能していない好例と言うべきでしょう。
 たとえ経費がいくら掛かろうとも、永久に海岸浸食に対する事業を繰り返すよりは、何らかの工事を滑走路の下に投入し、サンド・バイパスといったものを造る方が遥かに効率的と考えるのですが、それらの工事は中央の大手ゼネコンにしかできないのかもしれません。現在の工事は対症的に対応し、地場の土建屋が予算を回収する構造にしかなっていないはずです。高千穂鉄道の流出、北方町の大規模洪水、宮崎市田野町で発生した管理された大規模な針葉樹林地の崩壊(五〇〇万立方メートル)、今回の赤江浜海岸浸食と言い、黒木(トンネル工事汚職)、松方(造林と林道の乱発)、安藤(官製談合、土木部長逮捕)と続く腐敗した無能な県政の延長上に現在が存在している事を知るべきなのです。


▲ 赤江浜で行われている護岸工事
 このような問題は決して珍しいものではありません。というよりも、むしろ、多くの港湾関係事業において平凡に見られるものでしょう。
 ただ、長年月を掛けて変化が現れるために、工事の直後には変化が変化として見えず、従って、被害が生じるのも事業の投下から相当の時間が経過した後になるため、結果、功罪が現れないだけなのです。もしも、自然環境を維持しつつ整備が行われるべきと考えられているのであれば、現状の環境を維持するための最低限度の配慮はなされるはずなのですが、どうも、赤江浜においては、漂砂への配慮がされた形跡が全くないのです。
 もしかしたら、空港建設時においても工事によって生じる影響を予見していた工事担当者、工事関係者はいたかも知れません。しかし、"ジャンボ・ジェットが就航できる空港を!"との大合唱の中で、当然ながら僅かな配慮も吹き飛んでしまったのかも知れません。
 ただ、私の見方はもっと冷淡です。今回の海岸浸食の原因となった空港建設公団はともかく、一般的に県営の港湾関係事業においては、海洋工学、海洋土木に関するマスター、ドクターといった専門家などは事実上いないはずで、末端の技術屋クラスには、まず、漂砂といったものの存在すら知らない、聞いた事もない連中が大半であり、始めから問題とされていなかったと思います。
 もちろん、国(運輸省、空港公団、四建…)にもチェックする義務はあったはずなのですが、あまりにも広大な余剰地としての堆積を続ける砂浜があり、変化があるとしても過小評価されたことは間違いがないでしょう。

芦屋浜の教訓

 後段に資料としてその主要部分を添付していますが、赤江浜と全く同様の異常なまでの堆積と海岸浸食を見せる遠賀川河口港(芦屋港)については、同港に関する影響調査が事前に行われていました。
 "芦屋港埋立免許願添付図書「環境保全に関し講ずる措置を記載した図書」(芦屋港)昭和57年 月(ママ)福岡県"ですが、ここにおいても委託先が真面目な研究者であったためか、偽造、捏造されることなく漂砂と波浪などによる堆積と浸食が的確に予測されていました。
 つまり、港湾行政当局自らが行った"環境アセスメント"で海岸浸食と異常な堆積とを的確に予測していたにも関わらず、過小評価もしくは無視して事業が強行され現在の大規模な自然海岸の破壊が起こっていることを考えれば、環境保護派によって声高に叫ばれる、"当局は環境影響調査をする事も無く、工事を強行した""緊急にもアセスメントを実施せよ"と言った叫び声も実質的には意味がないことが分かるのです。
 つまり、行政当局は影響が出る事を予測していながら、何の対策を取ることもなく工事を行っているからです。これについては、リポートU 100.港湾整備事業が海岸を破壊する(福岡県 遠賀川河口 芦屋港)に詳しい経緯が書かれていますのでそちらを参考にして下さい。 

宇垣特攻と宮崎空赤江飛行場

 昭和四十年代に入ると、宮崎空港は数度の拡張工事を行ない、結果として海上に七〇〇メートル突き出した滑走路を持つに至ります。現在、赤江浜の海岸浸食の直接的な原因となっている半島状の滑走路はこうして産み出されたのです。
 この腹立たしい限りの拡張された空港は、その前身を昭和十八年に急造された旧海軍宮崎航空隊赤江飛行場に遡ります。海軍流の言い習わしによれば宮崎空(ミヤザキクウ)となります(青島空はチンクウ、上海空はシャンクウ、横浜鎮守府はヨコチン、佐世保鎮守府はサセチン、呉鎮守府はクレチン・・・という訳です)。
 砂の堆積により成長を続ける赤江海岸に本土防空のため迎撃拠点として南九州最大の海軍航空隊基地が建設されたのです。しかし、戦況の悪化によりこの基地は特攻の出撃拠点に変貌する事になります。事実、昭和二十年に入ると三座式陸上爆撃機「銀河」が五〇機(一五〇人)近く特攻に飛び立っています。
 特攻と言えば、良く鹿児島県の知覧が引き合いに出されますが、福岡県の太刀洗と並びこちらは陸軍航空隊の基地なのです。一般的に九州東岸は海軍基地が多く、北から、築城空、宇佐空、大分空、富高空・・・があり、南九州では、宮崎空、鹿屋空・・・と多くの海軍航空隊の基地があったのです。
 さて、皆さんは太平洋戦争に敗北する終戦の日、昭和二十年八月十五日(一説には日付変更線の関係から、ポツダム宣言受諾後、玉音放送=正午、後の翌一六日という説もある)に多くの特攻機が大分空を飛び立った事をご存知でしょうか。
 これを伝えるのが、草の根通信で著名な故松下竜一の『私兵特攻』です。本題を外れますので簡略化した話にしますが、予定の行動として第五航空艦隊司令長官宇垣纏(マトメ)中将は十五日早朝の大分空を中心に部下の中津留大尉に五機の艦上爆撃機彗星を準備させます。この特攻隊は同大尉の働きかけにより、最後は十一機の編隊に拡大しますが、当時、この宇垣特攻の噂は宮崎空にも飛び交い、赤江飛行場でも心を動かされた人達が多数いたのではないかと想像されます。
 ポツダム宣言受諾後の特攻である以上、また、戦況を知り尽くしている指揮官(第五航空艦隊は最後まで温存された本土決戦用の戦力であり、その最高指揮官が宇垣だったのです)としてのものであり、彼の行動は明らかに軍規に反したものになります。このため、事実上は組織的な自決というよりもゲリラ活動を行った事になります。
 「俺も後で行くからな…」と特攻作戦を組織的に敢行した将官で、実際に後に続いた者は特攻の産みの親と言われる一航艦の大西瀧治郎とこの宇垣纏以外にはいなかったのです(その後大西は単独で自決しています)。
 もちろん、法律的にはどうであれ(旧憲法下では開戦の責任は形式的には内閣にあったのですが、実質的には政府大本営連絡会議=御前会議にあり、さらに踏み込めば、内閣よりも、軍部=海軍軍令部、陸軍参謀部にあったのです)、日本では統帥権を持つ実質的戦争責任者の天皇(裕仁)が自決すら出来なかったのですから、戦後日本の無責任主義はここに端を発しているのかも知れません。
 この宇垣の行動に対しては連合艦隊司令長官小澤治三郎(レイテ沖開戦の囮艦隊の指揮官)が「自決するなら一人でやれ、若者を巻き込むな」と言ったそうですが、事実、中津留大尉の父親は一人息子を失う事になったのであり、多くの若者が敗戦後の特攻に飛び立ったのです。そのあたりの話は『私兵特攻』の外『最後の特攻機』、『空白の戦記』(吉村昭)、さらには宇垣自身が書いた『戦藻録』などがありますので興味がある方は今からでも読んで欲しいと思います。
 実は私も十六日特攻説が正しいと思っています。大分の関係者の間では十六日の特攻であった事は誰でも知っていたと言う話があることは事実だからです。
 恐らく、表側の名誉として十五日の特攻としたい人達の想い(十六日の特攻では名誉の戦死にならないため)が十五日説を支えているのでしょうが、宇垣には指揮官としての意地(裏の名誉)もあったはずなのです。
 山本五十六の離反、再接近、レイテ沖海戦"謎の反転"の栗田健男との確執をはじめとして、また、善悪は別として、宇垣は逸話の多い人物です。六十年余り前の夏、赤江浜周辺では多くの軍人の心が揺れていた事だけは確かだったでしょう。
 赤江浜の青年達に旧赤江飛行場の周辺を案内して頂きましたが、失礼ながら、気持ちは赤江浜の海岸浸食よりも"宇垣特攻"に飛んでいました。

▲ 『私兵特攻』の内表紙
 故松下竜一氏と一時間ほどお話したのは、サインから見ると二〇〇三年四月一九日だったようです。

ジャンボ・ジェット就航によっても観光宮崎は沈み続ける

 若い世代にとっては、もはや、「日本昔話」に近いものかもしれませんが、かつて、宮崎は新婚旅行のメッカでした。なぜ、宮崎が当時の日本社会にあれほど受け入れられたのかは分かりにくいのですが、まず、"ハワイには行けないが、九州の南国宮崎になら行ける、行って見たい"、といった、高度経済成長時代の日本人の安上がりの豪華さ。エキゾティシズム。それらのアマルガムが宮崎観光だったのかも知れません。
 その時代、宮崎交通のバス・ガイドと言えば現在のスチュワーデス(今は客室乗務員とかフライト・アテンダントとか無機質な呼称ですが)とは言わないまでも、なんとか手が届くそれに近いものであり、事実、多くの就職希望者があったそうです。当然ながら美人も多く、"宮崎交通のバス・ガイドで結婚できなかった者はただの一人もいない"などといった話が今も残っているほどです。
 青島、鬼の洗濯岩、日南海岸、サボテン公園、鵜戸神宮、遠く離れて高千穂峡…と、今考えれば、それほどの観光資源とも思えないのですが、宣伝とブームとは恐ろしいもので、"宮崎でなければ新婚旅行じゃない"といった時代が現実に存在したのです。
 しかし、今や、観光宮崎は見る影もないほど衰退しています。まず、別府温泉以下の落ち込みである事は、まず、間違いないでしょう。
 十一月の三連休に青島に泊まりましたが、観光客はほとんど無く、車の渋滞も全くないと言うありさまだったのです。今や、タイガー・ウッヅのダンロップと巨人のキャンプ以外にまともな集客力がないのですから嘆かわしい限りなのです。
 宮崎から新婚旅行の波が引くのが一九七〇年代ですが、これになんとか歯止めを掛けようとしたのがジャンボ・ジェットであるとされたのでしょう(その後早い段階でジャンボは就航しなくなります)。しかし、世は海外旅行、飛行機旅行(古い表現ですが)の時代に移行していたのです。同じ飛行機に乗る旅になるのであれば、もっと美しい海がある、よりイグザティク(エキゾチック)な沖縄や海外のリゾートが選択されるのは、当たり前であり、同じ土俵で戦う事に土台、無理があったのです。
 並行して団体旅行が消え、世は小規模なグループ旅行、家族旅行に移行していたのであり、彼等の要望に答えられる、よりキメの細かい個性的な旅の時代が始まっていたのですが、宮崎はここで決定的に置いてきぼりになります。
 旧態依然たる団体旅行、修学旅行に対応できるだけで、観光の定番メニュー以外のものを期待する新手の観光客の存在には気付かなかったのです。そのような中、シーガイアなどという不自然極まりない作られた自然のまがい物を造り、都会暮らしの本物の自然を求める新しいタイプの観光客からも相手にされないまま破綻に至るのです。それもこれも、都会の人間が何を求めているかを全く理解していなかったからに尽きるのですが、行政主導のリゾート開発というものは、往々にして、その時代に一つ遅れた安全なものしか選択されない事が真の原因なのです。
 いずれにせよ、ジャンボ・ジェットの就航の話は沈没を続ける観光宮崎を救う決め手には全くなりませんでした。さらに惨めな事に就航を口実とした滑走路の延長工事は実に酷い海岸浸食をもたらし、今や、唯一の資源となっていた(後述)美しい砂の海岸を破壊する事になるのです。

観光宮崎の本当の資源とは

 現在、観光宮崎が極限にまで衰退している中で、もしも、何らかの再生があるとすれば、経済的に余力のある都市住民を呼び込める魅力を回復するということに尽きるでしょう。その魅力とは当然ながら都会にないものになる訳ですが、高度経済成長期の安物のエキゾチシズムやシーガイヤのドーム型プールのような造られた自然や、田舎の豪華ホテルではありません。
 湯布院、黒川の成功を一言で表現すれば、「日常性からの解放」という点にあります。黒川温泉には、画一化された現代に失われたものが残っています。まずは、そのロケーションから考えてみましょう。ここには特に都会の人々が失ってしまったものがあるのです。というよりも、昔からのものが失われていないということになるのかもしれません。
 もともと、黒川温泉は川沿いの狭い土地に小さな旅館が集まっただけの何の変哲もない農家相手の湯治場でした。このため、土建屋に金を落とすことだけが目的の公共工事、具体的には河川改修や道路工事からは見捨てられてきました。それは、川沿いの温泉地が、それなりに旅館街をなしていたるため、用地買収や補償交渉に手間がかかるなど、手っ取り早く事業を進めるには不向きだったからです。当然に、余地が全く確保できない共同浴場(地蔵湯)前の道路の改修など手がつけられるはずもありませんでしたし、最初から不可能な話でもありました。
 また、川岸ぎりぎりまで張り出した旅館の建物そのものが邪魔になり、河川の幅を倍にするといった大規模な河川改修も手がつけられませんでした。このため、ある意味でうち捨てられていたが故に、昔ながらの風情と情緒を保ち得たといった部分があるのです。
 黒川のお客の大半を占める福岡など都市圏からの旅行客にとって、彼らが日常的に接する川は、今や、降りて行く事も不可能なコンクリート構造物に変えられていますし、道路も草一つ生ないものにされてしまい、絶えず車を気にして歩くものになっています。たまに公園に行ったとしても、人工的な植木や芝生までもが綺麗に刈り込まれ、およそ自然とはかけ離れたものに仕立てられています。簡単に言えば、これらと全く逆のものがそのまま残されているところに黒川の人気の一端があるのです。
 黒川では、下駄を履いて川沿いの道を歩いたとしても車のほうが止ってくれますし、そもそも地元の旅館に関係のある車しか通りません。コンビニや、信号機と言ったものはほとんど目に入りません。ましてや原色だらけの弁当屋の看板といったものは全く見つからないのです。
 細かいことでは、食材などの搬入がお客のいない時間帯を避けて行われているかは特別に聞いたこともないのですが、燃料の搬入にしても余り目にしたことがないことを考えれば、お客のラッシュ時を避けておこなわれているだろうことは想像がつきます。
 仮に、もしそうでなかったとしても、こういったことを旅館組合などで考えることが必要な時代なのです。川も道路も昔のもの、といっても、けっしてそれほど昔ではない。今生きている人間が意識できる範囲で、昔にあったあたりまえの風景や風情といったものがセットで残されているからこそ、都会の人々に人気があるのでしょう。
 都市で生活する人間にとって、空調の整った近代的オフィスというものもある意味で脱出したい対象でしかなく、ほぼ和風で統一されている黒川の各旅館はいわば砂漠におけるオアシスの趣をもっているのです。
 五、六年前、黒川温泉の上流の方になりますが、瀬の本高原の方からの入口に位置するホテルが名前を変え、純和風のホテルに衣替えしました。黒川温泉で唯一黒川的でなかったホテル(名称も一部変更し、新装なった「瀬の本観光ホテル優彩」のこと/驚くことに、ここにはギリシャ・ローマ風の浴場があったのです)が、当然ながら、昨今の客からの不満から改装に踏み切り、その雰囲気を一新させることに成功しました。
 また、当然ながら、都会でマンション暮らしをする人々にとって、機能だけが追及されたユニットバスのごときものは、所詮、明日の出勤のためのクリーニングでしかなく、およそ安らぎの要素などありはしません。仮に窓を開けても、防犯を考えたそれは拘置所のごときスリット窓であり、見える風景も隣のビルに過ぎないのです。
 恐らく露天風呂がブームになる理由にはこういった開放性への潜在的欲求という背景があるのであり、ユニットバスの普及と露天風呂の増加とは綺麗な相関関係があると思われるのですが、特別に統計的に計量されているわけではなく、もちろん調べることなどできません。
 植え込みにしても、特別に庭師に頼んでしつらえたといったものではなく、仮に頼んだとしても単なる百姓の片手間仕事風にしか行っていないように見えます。むしろ自然のままに放置されているように見せているのでしょう。
 ただ、注意しなければならないのですが、この黒川にしても、元々は他の温泉地と同様の設えであったようなのです。それを、今やカリスマの風さえある「新明館」のおやじさんなどが中心になり、植え込みを増やしていっただけのことなのです。
 黒川温泉が露天風呂の入湯手形を売り出すのがおよそ一五年ほど前なのですが、それに先行して全旅館が徐々に露天風呂を設え(実際には唯一儲かっていた「新明館」を模倣しただけなのですが)、組織だって植え込みを増やしていったわけです。このように、こと植え込みに関しては、黒川においてさえ人口のものだったのです。ただし、自然なものに見えるように設えられているのであり、表現は悪いのですが、いわば造られた「癒し」の要素が存在するのです。
 当然に、サウナや小煩いジェットバス、泡風呂などといったものは一切ありません。だいたいこの手のものは、都会のヘルスセンターにたむろする土木関係者たちと田舎ものだけで有難がられているのです。
極めて簡略化して言えば、「既に都会に失われてしまった風景、人情、文化、食べ物などがワンセットで存在する」が故に、引きも切らず都会から多くの人々が押しかけているのです。
 湯布院温泉にしても同様です。ここでは、温泉街と農地や住宅が混在していたために、ほ場整備や県道改修といったものが立ち遅れ、いわばうち捨てられ(ほ場整備事業の場合は地区外扱い)捨て置かれたが故に、昔の懐かしい景観が保たれたといえるのです。
 結局、逆説的ながら湯布院も黒川も行政から放置された(土建屋的発想の公共事業の魔手から逃れた)が故に、後「高度経済成長」期に飛躍する条件を付与されていたと言えるのではないでしょうか。
 さらに言えば、旅行の個人主義化によって解放された「お客のわがままな欲望」を、「入湯手形」(泊り客ばかりではなく、全てのお客に全ての露天風呂を開放するという当時としては画期的な試み)によって、いち早く受け止めることに成功したように、山奥の農村にある人恋しさに裏付けられたある種の開放性こそが都会の人々の心を掴んだといえるのです。
 このように、個人主義化によって解放された「よその旅館のお風呂にも入ってみたい」などという、これまで「団体旅行」などで押さえ込まれていた「わがままな欲望」を、いち早く受け入れることができた客観条件としての均質性(実は黒川といえども簡単に言えばドングリの背比べなのです)と山村の湯治場としての開放性とが、こと集客については極めてプラスに働いたと言えるような気がします。
 まさに、時代から取り残され、うち捨てられたが故に、次の発展が保証されたという、複合的発展の形態が黒川温泉成功の背景にあるのです。

 まず、これと全く逆のものが"ジャンボ・ジェット"であり"シーガイア"であったことが分かると思います。

土建宮崎は観光宮崎を捨てサーファーを敵に回す

 「観光宮崎」のシーガイア的破産と連動して、宮崎には新たな再生の動きが見えていました。サーファーに象徴される"移民"が静かに始まっていたのです。一過的なゴルフのギャラリーなどに比べて、定期的に長期でやって来るサーファーを始めとして、豊かな自然を求めて都会を脱出してくる哲学を持った若い移民の群れと静かな高齢者の移民の存在に気付かない人間は、まず、行政の長などにはなる資格はないはずですが、実際に起こっている事は、赤江浜に象徴される中長期的視点のない、場当たり的土建行政なのです。
 彼等には短期で失望して帰る観光客と、長期で半ば住み着きさえもするサーファーのような海洋レジャーの担い手の経済的価値さえ理解できていないのです。
 赤江浜を破壊してしまえば、観光都市としての宮崎市は、ほぼ、取り返しがきかないでしょうし、観光県宮崎も息の根が止まることになるでしょう。既に山と川とは、黒木、足立、安藤と続いた愚かな県政の中で続いた馬鹿林政の針葉樹林化によって決定的に魅力のないものに変わっています。少なくとも、山と川とを求めて宮崎県を訪れる観光客はここしばらくで劇的に減少する事でしょう。
 結果として後に残るのは、高千穂鉄道流出に象徴される大洪水、椎葉村の林道乱発と大崩落、田野町の管理された針葉樹林の大崩壊(五百万立方メートル)、埋まり続けるダム、河川破壊と土建行政の汚職の連鎖になるのです。

※ 資料

100. 港湾整備事業が海岸を破壊する(福岡県 遠賀川河口 芦屋港)
本資料は2006年水郷水都全国会議大阪大会"海岸浸食"分科会のために準備したものです。

 北九州市と芦屋町とを東西に分ける九州北岸の大河、遠賀川の河口において、現在もなお、異常な海岸浸食と堆積が続いています。この、行政による海岸破壊について昨年暮れに書き下ろした論文の一部が、芦屋港港湾整備による自然破壊とは何か?以下のものですが、詳しくはホーム・ページ「環境問題を考える」(環境問題の科学的根拠を論じる)のサブ・サイト有明海・諫早湾干拓リポート(http://env01.cool.ne.jp/)上のNo.100.の本文を読んで頂くこととして、この問題には重要なポイントがいくつかあります。
@"二三年前の環境アセスメント"以下で書いているように港湾行政当局自らが行った"環境アセスメント"で海岸浸食と異常な堆積とを的確に予測していたにも関わらず、過小評価もしくは無視して事業が強行され現在の大規模な自然海岸の破壊が起こっていること。
A"港湾を守るのか?漁民を守るのか?自然海岸を守るのか?"漁港、港湾併設港湾であるために、このような提案をしましたが、自然海岸に不必要な施設(港湾、離岸堤、導流堤防、人口島、沖合空港)を造る事によって、必然的に"漂砂"の変化による海岸浸食が起こる場所と異常堆積が起こる場所が生まれます。当然ながら元の美しい海岸を取り戻すためには、本来、その撤去(形状変更)以外には方法がないのですが、実際に行政が行う対策は、それを防ぐためとして新たな施設を建設するなど、問題をより複雑に変えてしまうのです。それをどの程度制御し、どこまで許容し、どこまで復元させるのかということに尽きるでしょう。
B"港湾浚渫の名を借りた海砂採取について"
 海岸浸食の裏返しとしての異常堆積が実質的な海砂採取になっており、行政が結果的に利用している可能性も見落としてはならないと考えます。
※ 本ホーム・ページには他にも多くの海岸破壊に関するリポートを掲載しています。
芦屋港港湾整備による自然破壊とは何か?
 芦屋港港湾整備事業によって、芦屋海岸、新松原海岸とされる往古の海岸線が、いまなお破壊され続けているのですが、その意味は異なります。芦屋海岸(鈴の松原?)の東側では異常なまでの堆積が進み、逆に西側では激しい侵食が進んでいるのです。 
 これを止めると称して、県(北九州土木事務所)は対症療法的に浚渫土を東から西に運んでいるとの事ですが、地元の環境保護団体からは"堆積が進む芦屋側の状態から推察すると、砂で補強するのではなく、泥や瓦礫混じりの浚渫土がそのまま自然海岸に投棄されているのではないか"との話を聞きます。この真偽の程は兎も角として、現地を見た上で芦屋港建設以前の航空写真(一九七四年=昭和四九年)と比較すると自然海岸の破壊の惨状が一目瞭然で分かります。人間の、と言うか、この"行政による愚かで小賢しい行為に対して、いかに自然が的確に反撃するものであるか"を改めて脳幹に刻み込まれた思いがします。
 海洋工学、河川工学といった専門分野についてコメントする立場には元よりありませんが、素人にも判別が付くほどに、前述した芦屋港建設以前の航空写真(一九七四年=昭和四九年)は雄弁です。芦屋漁港が竣工(一九八一年=昭和五六年)するや、早くも堆積が明瞭に認められ、漁港の竣工が巨大な堆積の引き金になった事が分かります。さらに、隣接する芦屋港港湾が竣工(一九八六年=昭和六一年)するや、堆積が最早一時的なものでは全く無く、不可逆的な現象であることが顕著になります。
 どのように考えても、芦屋町の巨大な鈴の松原(三里松原?)が日々、崩壊している原因が港湾工事にある事は間違いないでしょう。この間、港湾整備を行ってきた福岡県(北九州土木事務所)は、この事実を、従って堆積の原因を充分に知っているはずであり、知っていたからこそ、自ら東の浚渫土を西に運ぶなどという情けないその場凌ぎの復旧工事を行っているのです。
 芦屋、岡垣沖の海では潮流(汐)は西から、つまり海に向かって左側から反時計周りに流れているとされています。それが遠賀川の右岸にある陸塊に衝突し、河口部の吐き出しと合流して北流してきたはずです。当然ながら、漂砂は沖合に送られ、再び循環して堆積のサイクルに回帰するのですが、その手前に巨大な港湾(漁港)とそれを北西の季節風から守る防波堤があるのですから、衝突し流速を落として堆積が進むのは当然といえば当然です。
 一方、芦屋漁港が港湾整備事業によって建設される同じ時期に、遠賀川に河口堰(九州地方建設局 堤頂長 三九九.九m 着手一九六九年、竣工一九八二年)が造られ、基本的に河川から供給される砂は多少は減少しているのですから、この堆積を続ける漂砂が西の潮上から送り込まれている事は確実であり、一切は港湾建設に原因があり、元の海岸線を回復させるためには港湾の撤去しかないのです。
 このように、一方では凄まじい海岸侵食をもたらし、一方では手の打ち様のない堆積が進むという現象は複雑に見えて実は全く単純な構造のように思えます。
 私には、年間五〇回も釣行していた時期がありますが、三〇年の釣行で感じた事は、僅かばかり波止が伸びただけで、港内に潮が流れ込まなくなり、潮が通さなくなったために魚が釣れなくなったり、砂地が消えてキスが釣れなくなったりするといった事を何度も経験してきました。恐らく、日常的に海で生活している地元芦屋漁協や柏原漁協の人々は、既に経験的に原因と結果の因果関係、さらに、今後の予測もできているはずです。これを全く理解していない、ただのサラリーマンこそ歴代の北九州土木事務所の職員達なのです。事業を始めたのも彼らであり、今なお事業を続けているのも彼等であり、その一部は既に天下りして施工業者の中に身を置いているのかもしれません。

二三年前の環境アセスメント
手元に"芦屋港埋立免許願添付図書「環境保全に関し講ずる措置を記載した図書」(芦屋港)昭和57年 月(ママ)福岡県"なる三〇〇ページ近い手書きの資料があります。これは二〇〇四年に芦屋町の自然を守る会が情報公開制度に基づき入手した資料の写しですが、ここには驚くべき事が書かれています。
顕著となっている西の海岸侵食と東の大量堆積が既に二三年前に予測されていたのです。
ここでは全部を紹介する事はしませんが、分かりやすい部分だけを引用しておきます。

4−1−3漂砂(2)事例研究による漂砂変化予測
砂浜に建設された港湾に伴う漂砂変化予測については現在適切な予測方法はなく,(1)で述べたような定性的なものとならざるを得なくなっている。しかし,全国の砂浜海域に建設された既存港湾の事例研究から,堆積・侵食域の範囲については一つの規則性が見出されており*,この規則性を本計画地についても適用すれば以下の通りである。
すなわち,この規則性とは,「港湾の主防波堤頭部において,卓越波の進行方向に対して約40〜50゜外側に振った直線が海岸線と交わる点付近より港側では堆積性となる」ということである(表4−1−6)。

表4−1−6片トンボロの形成に伴う侵食および堆積の発生位置*(図表省略)

   本計画地付近の卓越波向はNWであるから,表4−1−6において卓越波向が一致する新潟県Ks港の例を芦屋港について適用すれば,埋立地西側近傍で堆積域が,その隣接部で侵食域が形成されることになり,この予測結果は流況から見た予測結果とも一致する。(図4−1−28)。

 結論から言うと、全ては二十年以上も前に予見されていたのです。少なくとも、港湾開発に伴う影響の調査について言えば、的確に評価されていたのです。
 この頃にはまだ、巷間噂されるように環境影響調査が一から捏造され改竄されるようなことはなかったのかもしれませんが、問題がいくつかあります。
 この調査は芦屋漁港が計画された時期に行われたのではなく、竣工後に実施されたという事、その後もこの適切な影響予測は全く生かされなかったという事。現在、この予測どおり事態は進行し、四半世紀が経過して最早いかなる方途も取れなくなっているという事。 結局、環境影響調査は行ったとしても実際には何の役にも立たないという事が良く分かります(自分達で高額の免罪符を創り買っているだけでしょう)。既に、往年の美しい渚は失われ、海岸線は少なくとも百〜二百メートルちかくも前進し、芦屋港は砂に埋まらんばかりの状態になっています。現実にこれほどの環境破壊が持続しているにもかかわらず、行政は何の責任も取らない(取れない)のです。
 再掲しますが、この環境影響調査は「環境保全に関し講ずる措置を記載した図書」とされているのです。いったいどこに"環境保全に関し講ずる措置"が存在するというのでしょうか。
 元々造るべきではなかった所に浅知恵で港湾を造り、その港湾機能の維持と称して愚かにも航路浚渫と港湾の水深確保のための浚渫が延々と行われ続けているのです。
 この愚かな事態の原因は、ただ一点、元々、川の中にあった芦屋漁港を風波にさらされる玄界灘の正面に造ろうとした事、このため玄海灘の風波から守るための大型の防波堤(港湾正面に位置する防波堤=いわゆる一文字波止)を造らなければならなくなった事。
 仮に、漁港を移転させるとしても、極力、卓越潮流を阻害しない範囲の自然海岸線の内側に引き込んだ形で小規模に整備すべきだったのです。  
 少なくとも、的確だった堆積と侵食の予測は全くいかされなかったのです。最低でも砂の堆積を軽視した過失はあるのですが、お粗末というにしては実に凄まじい海岸の破壊が起こったものです。それとも、危険性を十分に分っていながら故意に無視したのでしょうか。

港湾を守るのか?漁民を守るのか?自然海岸を守るのか?
 確かに、往年の芦屋海岸の美しさを知る人にとって、現在、港湾工事によって破壊され続ける海岸を見るのは非常に辛い事でしょう。
 まず、美しい海岸に居座る無粋な港湾そのものの存在やテトラ・ポッド(世界的に見てもこれほど大量のテトラ・ポッド投入される国は日本以外にはない)が並べられる風景だけでも許しがたいものであるに違いありません。
 漁港が海側に移転させられる以前、遠賀川の河口には漁船がひしめき合っていました。
 漁師はできるだけ自宅に近い場所に舳先を向けて船を着け、洪水や高潮、高波の時には家と船を心配しながら暮らしていたことでしょう。このような風景は、私のような民俗、古俗に心を奪われる者にとっては実に心が和む懐かしい風景なのですが、実際にその場所で生活する人々にとってはなんとかしたい事であったことも十分に想像できます。
 しかし、荒れる玄海灘の風波に晒される場所に港湾を建設するという事そのものが間違いの始まりでした。
 仮に、どうしても漁港を河川の外、つまり海岸に移さなければならなかったとしても、事業を、漁港を移すためだけのものに限定して小規模に造り、冬期の北西の季節風を遮るために沖防波堤が必要としても可能な限り小規模に造り、できるだけ漂砂の進行方向に対して並行に設置していれば、これほどひどい事にはなってはいなかったことでしょう。さらに言えば、始めから膨大な漂砂を想定して堤防の形状をできるだけ漂砂を遮らないように、つまり堆積が進まないように、西−東方向(遠賀川左岸導流堤方向先端に摺り付けるような方向)に造り、その内側に小規模な漁港を造っていたならば、砂の堆積は気にならない程度で収まっていたのではないかと、今更ながら考えてしまいます。
 さらに、もしも、昭和五〇年代の自然の汀線の内側に完全に収まるように漁港を引っ込めて小規模に造り、漁船の出入口を現在の導流堤の付け根付近の河川側に造る事(これは結局遠賀川の中に港を造ることになりますが)が可能であったならば、問題は一切生じなかったのではないかとさえ考えるものです。
 まず、現在の芦屋港西側の海岸に膨大な堆積が生じた原因は、漂砂が流れてくる方向と直角に港湾西側の防波堤が造られたためでしかなく、最終的な安定が形成されるまで永遠に堆積が続くことになるでしょう。極端に言えば、芦屋から岡垣の波津まで。
 繰り返しますが、最低でも漁港を移すためだけに限定して沖防波堤を小規模につくり、できるだけ滑らかに流れていくように堤防を斜めに造り漁港整備だけに留めていればこれほどのひどい状態にはなっていなかったのでしょうが、このようなずさんな港湾整備を急いだ理由は、国の河川改修、河川整備との関係だったのではないかと推察されます(河川改修は国営事業、港湾整備は県営事業)。
 結局、問題は以下に集約されます。港湾を守るのか?漁港を守るのか?自然を守るのか?であり、自然を守るために(元の自然を取り返すために)人間はどこまでやることができるのか?ということです。
@)自然を守り、元の海岸線を完全に復元するべき であるとすれば、漁港を含む港湾全体の撤去になります。
 この中には漁港を昔の汀線の内側まで引っ込めるという選択もあるでしょう。
 また、隣りの遠賀川右岸に位置する柏原漁港に移設し集約化するということも考えられます。既に波懸大橋(臨港道路)が造られており、漁業者の心情はともかくとして、住家から船までの車での移動距離に大きな差は無く、実質的にはそれほどの障害は無いのではないかと思います。
A)港湾はどうでも、漁港を守れば良い のだとすれば、つまり、港湾は元々不要であり、その利用も、事実上、工事用の船舶=作業船、クレーン船、浚渫船、台船程度であり(この現象は多くの新設港湾の一般的な傾向なのですが)、漁港西側の港湾を撤去し、沖防波堤を半分以下にしたとしても機能は十分に維持できるでしょう。そのことによって、多少は堆積の程度を抑えられるのかもしれません。この中には漂砂の進行方向に対して傾斜を付けたなだらかな防波堤に切り換えるというオプションもあると思います。
B)港湾を砂から守り、浚渫の頻度を落とすことによって税金の支出を押えるべき とするだけであれば、現在計画中の防砂堤防を造るという選択になるでしょうが(これも一時凌ぎにすぎませんから、いずれは堆積が進み再び浚渫に追われることになるでしょう)、基本的には、浚渫経費と、防砂堤の建設、維持、撤去までの経費とが置き換わるだけのことでしかなく、どちらが安いかという問題はあります。もちろん、これでは、元の自然は全く回復できません。
 仮に、芦屋町の自然を守る会の会員の方々としても、漁業者との正面衝突を考えているとは思いませんから、過渡的にはA)の選択になるかと思いますが、完全ではありません。ただし、A)を実施しながらなだらかに@)に移行するという選択は可能かと考えます。 
既に、漁家はここ二〇年余りで半減から三分の一程度に落ちており(漁業センサス)、船舶の大型化を考えても、長期的には漁協の合併再編成、漁港そのものの集約化はいずれは手を着けなければならない問題だからです。

港湾浚渫の名を借りた海砂採取について
 ただし、注意すべきことがあります。現在、港湾浚渫が事実上の海砂採取になっている可能性があり、同時に、浚渫残土は資源か廃棄物かという問題があるのです。
 このように、吹き上げられる砂浜は陸上採取さえも可能であり、現実的には非常に安価な採取施設になっているのです。初めは恐らく過失として始まった港湾整備だったのでしょうが、今では、港湾浚渫業者、港湾事業の施工主にとって、実は非常に旨みのある施設になっている可能性があります。あくまで、可能性ですから、今後の調査に期待しましょう。
 瀬戸内海の岡山、愛媛などで顕著ですが(本当は、もはや取る場所がなくなったから規制したというべきなのですが)、全国的に海砂採取にブレーキ、歯止めが掛かる中で、港湾浚渫と称して採取されている可能性があるのです。
 一般的に、沖合での海砂採取は自然破壊と言われても、港湾機能の維持と称する浚渫は必要悪とされますので、もしも、浚渫された廃棄物たる浚渫土砂が、海砂という高額商品となっているとするならば、浚渫事業で金儲けをして、廃棄物たる海砂でも儲けられることになるのです。 
 この、一粒で二度美味しいというキャラメルのような甘い話は、他の多くの事業でも見うけられ"、河川改修事業を廃棄物処理業者が行なうべきか、事業受注者が行なうべきか"として新たな問題が起きてもいるのです(球磨川河川改修など)。
 この芦屋港湾がどのように扱われているかは分かりませんが、試しに港湾用地内で行われているテトラ・ポッドの製造用の砂が、実際にはどのようなルートと単価で調達されているのかといった問題を徹底的に調査することも必要ではないかと思うものです。
 もしも、かなりの比率で良質の砂が採取できているのであれば、芦屋港湾は事実上の海砂採取のための施設とも言えるように思うのですが、これ以上は推測の域を出ません。
 実は、陸上でも砂の採取が可能になっています。芦屋港湾に隣接して整備された海水浴場は、季節風が収まるまで大量に吹き上げられた海砂に埋もれ、あたかもサハラ砂漠のような状態になるのですが、少なくとも、海水浴のシーズンの前に行なわれる砂に埋もれた海水浴場の機能回復工事によって集められた砂は、一応、砂の芸術祭に衣を替え海岸に還元されています(これも町のコスト削減によって中止になるようですから関心を払う必要があるでしょう)。吹き上げられた砂は、自然の海と風の働きによって粒子が選別され、事実上は良質の商品のはずなのです。
72.図書のご推薦「河川事業は海をどう変えたか」
 元東海大学教授・元理化学研究所主任研究員 宇野木 早苗 
 叶カ物研究社 03‐3445‐6946
73.有明海の環境破壊と再生への道
第21回水郷水都会議、第8回有明海・不知火海フォーラム in 久留米、柳川
 柳川全体会 講演論文 
 宇野木 早苗 (元東海大学教授、元理化学研究所主任研究員)

砂に埋まる港湾を守るためとして、新たに、防砂堤が造られる
 現在、福岡県は砂に埋まり続ける芦屋港を守るためとして、漂砂を溜め込む防砂堤を造る計画をもっており、本年度は二億円程度の予算を計上しているようです。早晩、調査設計から工事の施工段階に入るでしょうが、この防砂堤を造ったとしても、実際にどれほどの効果が望めるか不明な上に、いずれ短期間で堆積が進みこの防砂堤からも溢れ出し、再び浚渫の繰り返しをすることになるでしょう。所詮は、一時凌ぎの対策に過ぎず、全体として見れば、いわゆるマリコンの(マリン・コンストラクチャー=海洋土木業者)工事の中で、一時的に浚渫工事が減少し、新規の港湾建設事業とが入れ替わる事にしかならないのです。
 県は"砂が堆積するとしても海水浴場が整備できるし、陸地が増えるのだから良いことだ"などといったとぼけた話をしていると聞きますが(事実上の開き直りでしょうか)、下手な手料理で塩を入れ過ぎたとして砂糖を入れ、甘くなり過ぎたとして再び塩を入れるようなもので、堆積し続ける港湾の浚渫経費を一時的に抑えて、転勤や退職までの批判をかわすものにしかならないでしょう。
 そもそも、河川から送り込まれる土砂は、還流して漂砂の中に加わりますが、林野行政による愚かな針葉樹林化によって、数百年単位で育まれた貴重な土壌流出に歯止めが掛からないのが実情なのです。ただし、ダムの堆砂との関係もあり、計量的な説明は困難です。少なくとも、"陸地が増えるのだから良いことだ"といった県当局の説明の背後には"無残な森林崩壊、国土の損傷が存在しているのであり、無条件で喜ぶような代物ではない"ということだけは申し上げておきましょう。
 さて、地元「芦屋町の自然を守る会」は、昨年来、県に公開質問状を提出するなど反対運動を続けていますが、一向に事業は止まる勢いにはありません。
 県(県幹部)には、自然海岸を取り返すといった気持ちはおろか、長期的な対策を考える事もないようです。今や、公共事業とは県民や住民のためのものではなく、業界からの要請に答え、業界に依存して生きていく人のためだけに行われているもののようです。
 以下に芦屋町の自然を守る会が提出した申入書及び公開質問状を掲載します。
 この会は、かつてバブル期の芦屋リゾート開発構想を中止に追い込む運動を成功させましたが、町民全体の力で再び砂防堤建設を見直させ、昔の自然海岸を取り返して欲しいものです。浅見ながら、砂防堤を造るくらいなら、まだ、浚渫を繰り返す方が害が少ないのではないかと考えるものです。
 
※ 詳しくしくお知りになりたい方は 09062983254 まで御連絡下さい。


194. 天草、向辺田、風圓紀行

 連休の初日の午後から天草下島に向かいました。口ノ津からフェリーで下島の鬼池港に着いたのが、はやくも夕方四時でしたから、その日は安宿に泊まり、朝から懸案の路木(ロギ)ダムの建設予定地(羊角湾流域)に向かいました。表示がなかったためにダム軸は確認できませんでしたが、この、造ることだけが目的としか思えぬ恥知らずなダムの建設予定地では、既に付け替え道路の建設が始まっており、水没予定地の樹木の伐採も進んでいました。この路木ダムについては別項として報告する予定ですので詳しくは触れませんが、残り少ない、河口から源流域まで、ほぼ、遮るもののない自然の川が消される事は胸が傷むばかりです。
▲ 路木、向辺田、風圓マピオンによる。

 再び河口まで戻り、国道から外れて、一部、県道三五号沿いの二浦、亀浦を経由して下島北西端の高地に息づく旧天草町の松林、風圓、向辺田、宮迫の四集落に向かいました。
 今回、向辺田、風圓の二つの集落を訪れましたが、既に向辺田分校は廃校となっていました。普通は集落が消えつつあるのかと思っていましたが、住居もかなり新しく、悪臭などで嫌われる養豚や和牛の肥育などで生計を立てる農家が数戸残っていました。恐らく海に降りる道はあるのでしょうが、照葉樹の生い茂る百数十メートルの急峻な崖を降りなければなりません。元々、この地は断崖絶壁の頂上の小テラスで畑作に生きた集落だったのでしょう。次に向かったのが風圓(フウエン)です。奇妙な名前ですが、墓を見ると曹洞禅の集落と思えますので、風圓という地名もそこから来ているのかもしれません。土地の古老に話を聞くと、この集落は「昔は一〇戸もあったが、今は七〜八戸」に減ってしまったとのことでした。大江(与謝野鉄幹らの「五足の靴」に登場する大江天主堂のパアテルで著名)から移住とのことでしたので、キリシタンかと尋ねたら違うとの事で、いつの頃の移住かは今後、調べて見たいと思います。
 今回は、この写真を掲載したいだけのリポートでしたので、これで終わりとします。


▲ 風圓集落、沖の右手は大江の岬、正面には有名な岩礁大ケ瀬、小ケ瀬が望める


195. ウータン(水没をまぬがれた有田の秘境大谷)後編

 九州源流紀行 民俗編 〜大谷〜 

 音屋の昭太郎 
清流を彩る植物たち…
 前回「猿川」の一部をご紹介しましたが、針葉樹の人工林が見あたらないことがおわかりいただけたと思います。ここは、周りを見渡しても杉や檜は一本たりとも見あたりません。
 それにしても、すでに大谷溜池が農業用水を確保する機能を備えているのに、いかに悲惨な水害があったからといって、保水力豊かな森を切り開いてダムを造ろうという計画の意図はとても理解できるものではありません。
 この美しい森の姿は、私の乏しいリサーチと文章力ではとても言い表すことができません。
 今回は、猿川の清流と、それを彩る豊かな植物たちを写真でご紹介して、本稿の締めくくりといたします。





▲大谷溜池と湖畔の森

▲ 様々な樹木



▲ 猿川の清流



▲ ガクアジサイの花

▲ ヌルデまたはノウルシと思われる小木

▲小さな木です。ヌルデ、ノウルシ、タラノキ、カラスザンショウの類だと思いますが、同定できません…。

▲ シダの葉が伸び盛りです

▲アカメガシワ。これからどんどん大きくなります

▲木の種類を特定できませんが、木漏れ日がきれいです

▲ エゴノキのようにも見えますが、よくわかりません。真っ白なきれいな花が印象的です。

▲ 日が暮れてきました。そろそろ帰ることにしましょう。

うーたん(水没をまぬがれた有田の小秘境大谷)    完