181. 宮崎県赤江浜護岸工事に対する住民訴訟事件について 

   赤江浜を守る会 西村 好信 

 赤江浜護岸工事公金支出差止等(赤江浜自然環境保全)住民訴訟事件   


182. 自然海岸の破壊を許すな!(宮崎市赤江浜)

はじめに

 宮崎市の南を流れる大淀川河口右岸側海浜部において、ただただ愚かでくだらない事業が行われ、あまりにも情けない自然破壊が引き起こされています。
 表面に現れるものとしては、海岸保全とか護岸とか称されて、効果も疑わしい薄汚いコンクリート構造物が設置され、美しい自然の砂浜が台無しにされてしまったというだけの話なのですが、その底流には観光宮崎の消失と遠県の財政破綻、さらには是が非でも補助金にしがみ付こうとする地方経済の惨めさを考えざるを得ません。
 ただし、時間的には大阪よりも遠く、頻繁に情報を拾えない宮崎の問題について、限られた情報だけでリポートする事は極めて危険であり、場合によっては苦闘する地元に迷惑をかける可能性さえもあるため、あまり踏み込んだ事を書けないもどかしさを感じます。どうしても印象と言う範囲でしか文書を書けません。
恐らく本稿掲載予定の十二月十日までには現地を踏めるか踏めないかといった状況ですから(実際には十一月の連休に往復九〇〇キロを走り現地を見てきました)、その範囲のものと理解して下さい。
掲載した、赤江浜を守る会による赤江浜護岸工事公金支出差止等(赤江浜自然環境保全)住民訴訟事件は非常に完成度の高いリポートですので、実態把握は十分にできたと思います。
 このため、ここでは限定的な内容にとどめ、遠方から無理して手を突っ込んだ話にはしないようにしたいと思います。

若き赤江浜の人々との出会い

 大阪、浪花は天満(テンマ)で開催された 2006 第22回水郷水都全国会議 in 大阪 に筑後川水問題研究会のメンバー六、七人と参加しましたが、その海岸浸食問題分科会で出会ったのが赤江浜の青年達でした。
 社会的な問題にあえて立ち向かおうとする若者の姿を絶えて見なくなったこの頃ですが、僻陬の宮崎においてこれほど多くの若者が熱心に闘っていることに新鮮な感動を隠すことができません。ただ、その相手が資金と時間とをふんだんに投入することができる行政機関(宮崎県)であるだけに、かなりの苦戦を強いられることは想像に難くありません。
 現在、宮崎の安藤県政は、官製談合疑惑で土木部長などが逮捕され、さらにナンバー3の出納長までが逮捕されるという事態に陥っています。
 ともあれ、十数年前に芦屋リゾート開発を止めた、あの"芦屋町の自然を考える会"にあっても、遠賀川河口の芦屋港湾問題においては、住民監査請求の却下から先の裁判闘争への道を断念した事を考えると、彼らの若さと勢いには感心するばかりです。
 佐賀県、唐津港湾佐志浜埋立訴訟の敗北後、国土交通省所管の県営補助事業として強行される大分県、佐伯港湾の大入島埋立に引き続き、宮崎市においても新たな裁判闘争が開始された事になる訳です。
 後段で"海岸破壊の遠因"としてふれますが、明治以来の港湾建設の延長上に、現在、全国の海湾、海浜において、多くの海岸浸食、異常堆積、景観の破壊が続けられているのです。

赤 江

 まずは、地名、風土から入るのが古川定跡(私は将棋派ですので定石とはしません)ですから、赤江の意味を考えていました。
 地名学において、通常、「アカ」は崖地名もしくは、湿地地名とされますが(「古代地名語辞典」楠原佑介ほか)、この地は大淀川によって運ばれた石、砂、土が、さらに波や潮によっても運ばれ、堆積してできた土地のようです。宮崎市史などあたってもおらず、日南線の形状と鑑み、陸化の時期、従って地名の成立時期が何時であったかなど不明ですが、「アカ」は芥、垢に通じるところから、竹、木切れ、落ち葉などが溜まりやすい入り江と考えるのが正しいように思います。とりあえず、このように書くと、現地の方に叱られそうですから、"太陽に向かう明るい(アカシ)入り江"、"アカ(明け)に向かう入り江"との可能性も残しておこうと思います。

海岸破壊の遠因

 直接には結びつきませんが、拙著「有明海異変」の三章に入れたコラムに「海辺の風景―国家のフリーハンドの帰結」という一文がありますので、大分県、佐伯市の大入島埋立て問題でふれた内容を再掲したいと思います。

海辺の風景―国家のフリーハンドの帰結( 拙著「有明海異変」から )

 まず、拙著「有明海異変」の三章に入れたコラムに「海辺の風景―国家のフリーハンドの帰結」という一文がありますので、初期原稿からご紹介しておきます。

 時代はすでに大きく変化しており、このようなモデルを提出することにどれほどの意味があるかとも思いますが、「入浜権訴訟」という法律的テーマがあります。「入会林」とは、いったん国有地とされたあとでも集落が共同で採草したり、落ち葉の収集やキノコの採集、薪の採取などを行う慣行が残っている山野のことですが、一般的に言えば戦後の訴訟でも法的保護を受けてきました。しかし、浜辺や河口でアサリやカキを採ったり、冬場に岩ノリを採取するというような共同の慣行である「入浜権」は訴訟においては、一向に認められない傾向が続きました(日照権と同様に条文にないため法律上は存在しない権利なの=従って権利ではないのです)。
 早い話が国有林における採草権などは自衛隊の演習時以外には実害がなく、結局はどうでもよかったことであったのに対して、海岸部には干拓や埋め立て、港湾や工場敷地の建設(戦前は軍港や軍事施設の建設)等のインフラ整備が集中していたために、いつまでも国家のフリーハンドを確保しておく必要性があったからなのでしょう。しかし、このことの背後には、農耕民は伝統的に土地に執着し、対する漁撈民は農耕民ほどには漁場に執着しないという、生産者としての生産手段(土地、漁場)に対する結びつきの強度の差というようなものがあったことも考えられるのです。
 このことを一番象徴的に現しているのが「海辺の風景」の惨状です。日本海側の海岸線を車で走れば一目瞭然ですが、島嶼部を除いた海岸の大半でコンクリートの護岸工事が行われていて、どう見ても不必要としか考えられないところにまでテトラポッドが敷き詰められて、自然海岸はほぼ皆無という有様です。
 日本海側は海岸の侵食が顕著です。そのことを理由に工事が行われているのですが、そもそも海岸侵食の原因はその海に注ぐ川の上流に異常なまでに多くのダムが建設され、本来は海岸部まで運ばれてくるはずの砂利や砂の供給が途中で遮断されていることにあるのです。そうであるならばまず海岸部に砂の堆積を回復させることが先決問題であるのですが、海岸侵食を食い止め、鉄道橋や道路橋の脚部を保護するために、山を崩して得たバラスと沖を掘って集めた海砂でテトラポッドを造ってそれを投入するという変態的なことが続けられているのです。
 海岸部に対する国家のフリーハンドを保障した「海岸法」を根拠に、また、農耕民ほどには漁場に執着しないという漁民の性格を利用して、旧建設、運輸、農水三省(プラス水産庁)はあたかもヤクザが縄張りを争うかのように各々が自らの「海岸保全区域」を指定して、ほとんど無制限に工事を投下し続けてきたのですが、諌早湾干拓事業もこのような傾向の延長上に事業が推進されてきたことは理解しておく必要性があると思われます。もちろん干拓事業は土地改良法に基づく事業ですが、老朽干拓については潮止め堤防の周辺に重複して海岸法の網がかけられて補強工事が行われるのです。
 
 以上のようなものですが、私の海浜埋立に対する気持ちの底流には、今でも「海辺の風景―国家のフリーハンド」で書いたものがあります。

海岸破壊の原因

 赤江浜の海岸浸食の理由は、複雑に見えて、実は極めて簡単なもののようです。
 赤江浜の北辺に位置する宮崎空港が滑走路の延長工事を行い、日向灘に突出す長さ七〇〇メートル、幅四五〇メートルの岬、事実上の半島を造ったからに外なりません。
 宮崎県の延岡から宮崎にかけては平坦な海岸線が続きますが、これは恒常的な潮の流れが南流しているからであり、従って漂砂もこの流れに載り、北から南に流れているのです。 
 この平坦な海岸線に七〇〇メートルもの構造物を造れば、上流からの漂砂が遮断され、その下流側で大規模な浸食が起こるのはあたりまえの話であり、滑走路を造るとしても、いくら経費が掛かろうが、漂砂を遮断しないような潮流バイパスを造るか、滑走路の基礎を柱状のものにすれば、まだ、被害は少なかったはずなのですが、設計担当者、工事担当者にはこの工事によって生じる事態を全く想像する事はなかったのでしょう。
 先行する事例としては、同時期、隣県の鹿児島県の志布志湾で石油備蓄基地建設に伴う大規模な海岸浸食が起こっていたのであり、もし、知らなかったとすれば無能としか言いようが無いのであり、知っていたとすれば未必の故意でしかなく、工事で金儲けさえできれば、後は野となれ!山となれ!どうなろうと知った事じゃない!というのが真実であったことでしょう。
 結果として、赤江浜の大規模な海岸浸食が始まり大量の税金を投入せざるを得なくなっているのです。本来、これらの事態を長期的な視点で見据え、広い視野で重要な事例にあたる事が行政担当者の任務であり、上級官庁の研究機関でもあるのですが、もはや、国家機関、行政機関がまともに機能していない好例と言うべきでしょう。
 たとえ経費がいくら掛かろうとも、永久に海岸浸食に対する事業を繰り返すよりは、何らかの工事を滑走路の下に投入し、サンド・バイパスといったものを造る方が遥かに効率的と考えるのですが、それらの工事は中央の大手ゼネコンにしかできないのかもしれません。現在の工事は対症的に対応し、地場の土建屋が予算を回収する構造にしかなっていないはずです。高千穂鉄道の流出、北方町の大規模洪水、宮崎市田野町で発生した管理された大規模な針葉樹林地の崩壊(五〇〇万立方メートル)、今回の赤江浜海岸浸食と言い、黒木(トンネル工事汚職)、松方(造林と林道の乱発)、安藤(官製談合、土木部長逮捕)と続く腐敗した無能な県政の延長上に現在が存在している事を知るべきなのです。

▲ 赤江浜の自然海岸破壊を許すな!宮崎市赤江浜(マピオン)

183. バブル経済と環境破壊

はじめに

 「日本経済はようやくトンネルを抜け出した」などと無責任な評価が横行し始めていますが、皆さんたちはどのようにお考えになっているでしょうか?
 まさか、本ホーム・ページの読者には、米国ハバートのエピゴーネン竹中平蔵の規制緩和政策、総じて小泉改革の成功などと見当違いの理解をされている事はないとは思いますが、彼らがやった事で意味のある政策といったものは一切ありません。彼らが持ち込んだものは、資本主義の本質である剥き出しの攻撃性であり、それを無防備の労働者に向けさせ、銀行だけを例外に全てを市場に任せ、自らは何もやらないまま放置しただけのことだったのです。
 その結果、無為な時間が経過したことによって、膨大な過剰投資、過剰生産の結果発生していた大量の在庫調整が行われ、ようやく生産の拡大が、と、いうより、生産の復活が始まっただけの事だったのです(不良債権については無金利政策による銀行救済ですが)。この間、多くの人々がリストラされ、ホームレスになり、自殺し、家族が破壊され、国民のかなりの割合に犠牲が出たはずです。これは現代版、天保の飢饉であり、この状態を放置した事を政策と考えるかどうかは、所詮、主義に過ぎません。
 では、バブル経済はなぜ発生し、また、なぜ破綻してしまったのかを考えてみましょう。二十年ほど遡りますが、失われた十年にも、その前に十年があるのです。

バブルはなぜ起こったか

 極めて簡略化していえば、アメリカがレーガノミックスによって急増させた自国の貿易赤字の原因を日本市場の未開放性(閉鎖性)のせいにしたことです。つまり日本の閉鎖性が払拭されればアメリカからの輸入が増え貿易赤字が減少すると考えたのでした。こうして短絡的に日本からの輸入の増大とそのための内需拡大を強く要求したのでした。
 これに対して、政治的に無能な日本政府はそれをやすやすと受け入れ、原則も何もない「金融の超緩和」が行なわれて(ハーベイロードの前提は脆くも崩れ去った)しまったのです。
 政府=日銀は長期低金利による膨大な貸出を行い、銀行は借手を探すのにやっきになっていました(貸渋りの逆)。しかしながら、アメリカから輸出しても売れる商品(物)には見るべき物はなく、一向に米国による対日輸出は増えないまま(ベンツは売れてもアメ車は売れなかった)に、結局、行き場のない金の大半が株式投資、不動産投資に回ってしまい、一部でシーマが売れるものの、一般の消費者物価はほとんど高騰せず、証券、株式と不動産だけが高騰するという異常な事態を招いてしまったのでした。
 ただ、それでも、なぜ、バブル経済が発生した理由が分からないと思いますので、ケインズの一般的な命題から簡単に説明したいと思います(ケインズの乗数効果=マルチプライヤー)。

ケインズの乗数効果

1+a+a2+a3・・・+an-1+・・・=1/1-a (ただし|a|<1)

1+0.8+(0.8)2+(0.8)3+(0.8)4+(0.8)5・・・+(0.8)n-1+・・・=1/1-0.8=1/0.2=5.0倍

 上記の数式はなぜ通貨膨張(バブル)が発生するかを簡略化したモデルです。仮に一億円の資金を持った人間がいたと仮定しましょう。彼の持つ現金を銀行に預けるとして、それを担保に八割、八千万円を貸す金融機関はざらにあるはずです。すると、その八千万円を担保にさらに八割の六千四百万円を貸すバンカーも出てくるでしょう。この連鎖が続くとすると、一億円の現金は、一億円+八千万円+六千四百万円+・・・・・・と借り入れる事ができることになり、資金は一気に膨張するのです。これを数式にすると、1/1−0.8=5、つまり、五億円の資金に膨張してしまうのです。
 もしも七割の貸付ならば、この数字は1/1−0.7=3.3333・・・ の三倍に、つまり、一億は三億円に膨れ上がる事になるのです。
 ところが、バブル期には銀行はまともな貸付審査もせずに、安全基準の七掛けどころか八掛け、九掛け、十掛けから、さらには無担保でも貸付けたのであり、当然のこととして株価も土地も上がり続けたのでした。
 ちなみに九掛けの貸付けが行われたとすると、上記の式は=1/1-0.9=1/0.1となり資産が一〇倍に増える事になるのです。
 このやり方で不動産投資が続けられ、土地やマンションが高騰し続けたのでした。
 この愚かな現象が"個人の財産が増えた"とか、"銀行や企業の含み資産が増えた"とか言われた事の本質だったのです。かくして地価は五倍に高騰し、株価は天まで跳ね上がったのでした。しかし、ある地点でバブルは必ず弾けるのです。
 資本主義=市場経済とはまさしくこのような獣性、虚構を秘めているものなのです。
 株式投資、証券投資、金融派生商品取引、為替差損益、金利、財政金融政策、これらの異常なまでの活況は、かつてケインズが「シンボル経済」の拡大と指摘したものの一部ですが、健全な感覚をもった人間ならば、これらから自由になるべきであり、労働者は特にそうあるべきでしょう。
 所詮、金融は富を生み出しているように見えても、本質的な価値を生み出さないのです。労働者にはそもそも参入する資金さえないのです。このように金融不況と労働者とは全く無関係なのですが、労働者にはその付け回しと犠牲だけが強いられたのです。
 そして、だれがやっていても、いずれはそうせざるを得なかったのですが、日銀貸出の金融絞り込みをきっかけに急速に金融収縮が始まり、当然にバブル経済は大規模に破裂し、ボタ山のごとき不良債権の山が築かれたのでした。
 拡大して収縮して、儲ける奴は儲けて(例えば地揚げで土地を売って現金で運用した人、バブルの資金を持ち逃げしたディベロッパーなど)、資産を隠匿しそこなって最後にババをつかんだものは身動きがとれないまま敗者になってしまいました(桃源社の社長など)。
 銀行、証券会社自らも、ダミーを使ってこの博打場のプレイヤーになっていたために、輻湊する不良債権の束を抱えて破産寸前まで追い込まれてしまったのでした。
 このどうにもならない経済破綻に並行して、日本の政治体制は変化をまぬがれませんでした。当時の自民党政治は腐敗の頂点を極め(もちろん表面化しただけのことでしたが)、連日連夜、汚職の発覚と疑惑報道が繰り返されていました。この問題は、「政治には金がかかる」からとかいったいわゆる「政治改革論議」にねじ曲げられ、最終的には「選挙制度の改革」に矮小化されて行きました。そして小選挙区の問題を持ち出せば野党(当時は主として社会党)による攻撃(追求)が収まるとでも思っているうちに、言い出した手前、自民党の議員達も本音ではやりたくもない「選挙制度の変更」をとうとうやらざるを得ないハメになってしまったのでした(このため公明党から中選挙区制度復帰への議論が出たのです)。そしてその結果として、割りを食ったのが間の抜けた社会党(社民党)でした。  
 その後、細川内閣の誕生、新進党の結成、村山内閣の誕生へと、猫の目のようにクルクルと変わる政変劇のなかで、最後は事実上の自民党単独政権といえる橋本内閣の登場として収束してしまいました。この政権の「照れ隠し」でもあり「延命のための錦の御旗」こそが「行政改革」"論議"(もちろん論議だけで本気でやる気はなかったのですが)でした。   
 その掛け声も、郵政族を押さえ込めないまま、景気の劇的悪化の中で、結局は景気回復論議に巻き返され、予想通り破産してしまったのでした。当時の凡人内閣は、ただ景気浮揚だけを命題にしていたのでした。こうして行政改革(既得権と省益の壁は破れず)は放置され、一時期、梶山クソ六流の「土建屋ケインズ主義」だけが復活してしまいました。最後はアメリカの要求を丸呑みした「規制緩和」だけが残り、無秩序に暴走させられてしまったのです。もちろん資本主義社会を維持する道具としての官僚機構の改編や、国民の幻想を再生産するためだけの「政治改革」論議がどうなろうが知ったことではないのですが、とうとう景気は回復する事なくデフレ・スパイラルに取り込まれたのでした(当然に私にとっては日本の資本主義経済もどうなろうが知ったことではないのですが)。ほんのしばらく前まで「行政改革」=橋本行革の結果、公務員も含めて改革が進められ、民衆が食えなくなるから「行革には反対しよう!」などと主張していたピント外れの人々が、ほとんど情勢を把握できていなかったことだけは確かでしょう。「橋本行革」とは羽田が「政治改革」を錦の御旗に仕立て上げたように、政権の求心力確保のための護符でしかなく、所詮、政権延命のポーズでしかなかったことが今にして考えればカラ騒ぎをした人々にも十分にお分かりになると思います。その後、小泉内閣の登場となるのですが、皆さんご存知の事と思いますのでここでは別の議論に踏み込む事にしたいと思います。

勝利したとされる資本主義のその後

 日本経済に止まらず、世界経済は極めて深刻ない行き詰まりを示しつつあります。本来、アメリカ経済それ自体の問題であるはずの巨大な貿易赤字(つまりアメリカの製品が国際的な競争力を失ない、まともに勝負できる商品が造れなくなっている事、国内の消費を自国の製品によっては供給できていない事)を日本市場の非開放性に求め、努力さえすればアメリカからの輸入が拡大すると考え、内需拡大と大幅な金融の緩和要求を突き付けたのですが、結果は、さらに一層輸入が増大し、アメリカ国内の需要に対して、他国(日本,中国,アジア・ニーズ)からの供給で賄われるという構造が恒常化しているのが正確な現状なのです。このためアメリカは自国の借金をファイナンスするために依然として高金利政策をとり続けます。この結果、例えば日本企業が苦労して製造した優秀なハイテク商品による輸出で稼いだ外貨を、アメリカ国債を購入する(つまりアメリカに金を貸す)形で蓄積しているのが日本経済の実情なのです。しかし、アメリカ国債やアメリカ企業の株式が、実は「タヌキの葉っぱ」でしかないことがそのうちに(ドルの暴落orアメリカ国債のデフォルト宣言かもしれない)証明される時が必ずやってくるでしょう。しかし、その時、もしくはその前に、アメリカから買い付ける価値のある貿易商品といえば、核弾頭と穀物とハリウッド映画ぐらいしかないのかもしれないのです。ヘッジ・ファンドでさえつまずいたロシア国債、世界を飛び交う投機資金(年間1,000兆円に相当する=いわゆるマネー)とIMFによって潰されたとされているアジア経済、ブラジル経済の危機の再来、そして、実はアメリカの巨大な貿易赤字こそが世界資本主義にとって最大の撹乱要因なのです。
 これに対して、日本は巨大な債権国であり(中国もそれなりの債権国なのですが同等の債務を負っているのが日本と異なるところです)、不況と言われながらも毎年巨大な貿易黒字を計上しています。国家として見た場合、債権(=タヌキの葉っぱ)そのものには価値はないのですが(大名貸しはいずれ踏み倒される)、安定して巨大な黒字を出せることそのものに価値があると言えるのです。つまり稼いだものの枠内で生活しているという事であり、さらに通貨に信用性が失われつつある現代、実質的な通貨であり商品であり貨幣に相当する強力な技術力が集積されたハイテク製品を安価に製造し続けることができていることそれ自体に価値があるのです。
 これに対して、アメリカは自国に必要なものをもはや自国では作り出すことができなくなりつつあるのであり、収入以上に消費し続けているのです。資本主義社会(国家)として、はたしてどちらが健全なのでしょうか。日本は政治的には最低なのですが、物を作り続ける現場は、依然として健全なのです(もっとも、日本は既に健全な次世代が生み出せなくなっているという意味において、これは非常に怪しくなっています/教育の問題=次世代の再生産)。
 もちろんこの評価は資本主義社会の効率性の側面についてだけなのであり、その国家の構成員が幸せであることを意味しているわけではありません。いずれにせよ、日本はいつの間にか自民党が復権し、小さな政府=新古典派経済学=規制緩和論=アングロ・サクソン型競争経済の傾向と、大きな政府=土建屋ケインズ主義=景気浮揚大幅公共投資のせめぎ合いが混戦状態のなかで勝利したのです。
 現在の政治的対立の構造も、かつての保守と革新=自由主義と社会主義モデルとかいった対立構造から、保守とリベラル=「小さな政府」と「大きな政府」にシフト変更が行われ、政党の対立軸も徐々にその線に沿って進みつつあるようです。しかし、今後の対立構造はさらに進み、対米関係の見直しの問題が提出されてくると思われます。
 ご存じのようにヨーロッパはEUとしてある意味で排他的(排米的)経済圏を形成しつつあり、大半の政権も社会民主主義化(もちろん1900年代初頭のSPDなどのそれとは大違いであるが)してしまいました。少なくともここでは、大きな政府=リベラリズムを社会民主主義政党に代行させる傾向がはっきりしているようであり、少なくとも英米のようにアングロ・サクソン型弱肉強食主義(規制緩和論,小さな政府)を選択しなかったようです。一方、アジアに目を移せば、タイ、インドネシア、韓国とヘッジ・ファンドに食い物にされ、潰された新興アジア・ニーズ諸国の中で、マレーシアのマハティールのように固定相場制度に移行し、アメリカに対抗しながら独自の鎖国的経済を指向する傾向も出現しました。アジアは中国も含めて、もともと農村共同体の延長に打ち立てられた談合型社会であり、単純にアングロ・サクソン型競争主義がそのままの形で受け入れられるとは思われません。かつて元大蔵省の榊原参事官が「¥」を中心とするある意味で反米的なアジア・ファンドの構想を提起しましたが、その途端、アメリカのルービンに潰されてしまいました。少なくともこの事実は、潜在的に「アジア主義」の潮流が形成されつつある事を鮮明に見せつけたものでした。IMF方式は、所詮、アメリカの意向を押し付けるものでしかなく、アジアを金融植民地に押し止どめるものでしかないというのが、マハティールに象徴される民族資本のアジア主義的傾向の一致した理解であった事でしょう。もし仮に、中国がこの構想に乗り、反米的アジア民族主義経済圏を指向する傾向が台頭したとき、日本のブルジョワジーは深刻な戦略の立て直し、政策の対立を余儀なくされるでしょう。しかしこの現象は所詮ブルジョワ分派間の対立でしかなく、労働者にとっては全く意味のない対立でしかないのです。労働者の中に持ち込まれる「アジアとの共生」といった愚かなスローガンは、実はブルジョワ分派間の対立の一方をかつぎ出すことでしかないのです。
 そして、このスローガンを掲げる"左翼気取り"の人々の主観的意図とは恐らく全く逆に、日本の対米独立の傾向=つまり真正右翼のチョウチン持ちと、完全な真正中国派に転化する事になるかもしれないのです。

次世代の再生産

 資本主義社会は、その社会を支えるために健全なる構成員が絶えず安定的に再生産され、供給され続けることが必要とされます。
 労働する(搾取を受け/実はロボットからは搾取ができないのですがここではふれません)大量の人々の一群です。しかし、同時に彼らは商品を購入する消費者でもあるのです。 
 このため、あまりに絞り取り過ぎて、例えば退職金を与える余力もなくなるようになってしまうと、住宅やマンションが売れなくなってしまうのであり、住宅に限らず全ての商品がダブついて在庫の山が形成されてしまう事になるのです。
 つまり、「資本主義社会の総体」の意志としては、ある程度のところで、ある程度の余力を与えるようにしたいはずなのですが、この架空の意志としての「資本主義社会の総体」なるものが現実には存在しておらず、個別の資本家の意志としては、「自分だけはこの際、便乗して偽装倒産させてしまった方が得だ」と考える抜け駆け組を阻止できないのです。 
 こうして、これまでの大量のリストラの犠牲者が生み出されるに至っているのです。勿論このような人員整理は過去にも(合理化、人員整理)存在していましたが、ここ十年に起こった事はそれを一気に越境するものでした。最早、受け入れるべき健全な代替産業が存在していないことが以前とは異なっているところなのです(福祉産業、私に言わせれば軍需産業の立ち遅れ)。
 確かに、健全な家族(マルクスに語らせれば、そのような家族はブルジョワジーにしか存在しないことになるのですが/「共産党宣言」)、特にその次世代がどうも再生産されない社会になりつつあるようなのです。これには、リストラによる経済的な要素によるものと、経済的には全く問題がない家庭であるにもかかわらず、健全なる次世代が生み出されないという二つ側面とがあるようです。

永遠に続く道路工事による通行制限

 リストラの蔓延と、失業者の激増、それに引き続いて発生している「大量の自殺者」、「家庭崩壊」、そして新たな問題としての若年労働者の未就労(フリーター、ニート、プワー・ホワイト)の拡大。
 とりあえず生きていけている人々は自らの幸せに安堵していますが、その彼らも実は極めて脆弱な基礎の上で生存していることに既に気づいていて身の細る思いをしているようです。
 これほど民衆が苦しんでいるにも拘わらず、首都には摩天楼が立ち並び、地方といえども多かれ少なかれその手の無意味な建造物が甍を競い合っています。
 戦乱の中での話ですし状況は全く異なるのですが、応仁の乱期、京都の民衆も犠牲になっていました。食うものに事欠きバタバタと餓死していました。しかし、この前後、足利将軍は唯の別荘としての金閣寺、銀閣寺を造営し能や和歌に熱中していたのです。その間、巷で何人が死のうが、全く気にさえしていなかったようです。
 そもそも、この頃までは、「領有」という考えはあっても、「施政」といった考えは全くなかったのであって、当時の守護、地頭といったものに「経済をどうするか」とか、「民衆の生活をどうすればよいか」といった観念は全くありはしませんでした。一人将軍義政だか義満だかを非難することはできないのかもしれません。
 「お上が悪い」とか、「御政道がなっていない」といった考えはおそらく江戸期幕府誕生以降のことであって、この頃までの政治権力にはおよそ「治世」といった感覚はなかったようなのです。
 とすると、彼らは何をやっていたのでしょうか。それは単に富を収奪し、消費していただけだったのです。結局、当時の権力の本質はそれだけだったのであり、簡略化して言えば、他人の生み出した富を強奪していただけだったのです。
 では、現代の権力はどうなのでしょうか。例えば公共工事といったものがあります。確かに、必要不可欠なインフラとしての道路の補修や水道管路の補修=メインタナンスといったものは、それが「適正」に行われる範囲においては民衆のためのものとも言いうるでしょう。
 しかし、必ずしも「適正」に行われているわけではないということはだれもが既にご存知のとおりです。もはや公共工事の九割方が談合によるものであることは、「誰もが知っていて、知らないことにしているだけ」の公然の秘密でしかありません。従って、全く必要のない余った予算も決して国庫に返還されることは無く、地元浮揚の美名のもとに完全消化を前提に地場の土建屋どもに流し込むだけの不必要な事業が行われ続けてしまいます。というのは、それを受け入れ浪費する構造が既に強固にできあがっているからです。その構造と無関係には中央も、地方も権力が存在できなくなっており、当然にその構造の不断の増殖に使われてしまっているのです。
 道路舗装という、ドライバーならば誰でもが疑問に思う公共工事が存在します。本来、舗装工事というものは、車が安全に通れるように、通り易いようにするために行われるはずのものです。しかし、現状はどうなっているかというと、必要性とか合理性とかいったものとは無関係に舗装計画がたてられており、予算は前年と同程度であり、当然の如く決まりきった業者が受注し続けていくことになっているのです。これは、事実上、土建屋の固定給といったものに相当します。さらに言えば、前年と同程度の予算であれば、工事による渋滞は前年と同程度であり、そもそも安全にスムーズに通行できるように維持管理工事が行われるべきであるのに、目的と手段が入れ替わってしまっているのです。
 笑い話があります。「なにゆえ舗装工事が繰り返されるのかというと、それは舗装工事をするからだ」というのです。つまり、全国で道路工事用の大型ダンプトラックや重機運搬車両が通るからこそ舗装が痛み、何度もやり替えなければならないのであって、無駄な道路工事をしなければ、舗装工事もこれほどのピッチでやり替える必要もないのです。まあ、これは冗談の類ですが。

まだリゾート開発の方がましだ

 ドライバーにとって腹立たしい限りの通行止めというおまけまで付いた道路舗装という永久に続く公共事業がありますが、恐らく過剰にせしめた予算を完全に飲み込む構造が成立しており、舗装の改修など必要性がない道路が工事に回され続けているのです。
 まだ、この手の事業は新たな環境破壊を伴わないだけがましなのです。
 公共事業をこの手の維持管理事業に限定して、本当に必要なものだけを必要経費だけでやっていけば、恐らくこの手の事業に対する経費は半減から三割程度までには削減できるはずですが、問題は永久に延び続ける、新幹線、高速道路、一般国道の改修、ダム、港湾工事、砂防、林道建設・・・の方でしょう。リゾート開発の方は経済原則が貫徹していますから、儲からないとなるとディベロッパーは直ちに撤退しその時点で開発は止まるのですが、公共工事の方は、儲かろうが儲かるまいが、役に立とうが立つまいがお構いなしなのです。結局、リゾート開発の方がましだと言えるのです。
 既に、土木に関する公共事業費を削減し、本当に必要な部門への投資が必要になっているはずなのですが、いまだに土木工事は永久に続く勢いにあります。
 このような不必要な土木工事を止め、本当に必要な事業に予算と人的資源を再配置することが要求されているのですが、最も必要なのはそのシフト変更の振り向け先でしょう。
 まず、ダムに堆積を続ける土砂の改修による採石、採砂の削減、減反田を利用した自然型遊水地の建設、コンクリート護岸をビオトープ・タイプに変える、針葉樹林を処分して広葉樹林に変える・・・といった事がありますが、まず、事務方官僚や技術のない技術系職員の再配置の問題があります。彼らは元々生産的な労働に就いている訳ではなく、税金に寄生しているだけでそもそも役に立っているわけではなく、仮に仕事をしなかったとしても国民が不利益をこうむることはありません。むしろ、仕事を失って困るのはこれまで公共工事にありついてきた建設労働者の方でしょう。私は、シフトの変更が完了するまでの期間(五〜十年)は、民間の災害救助隊といった組織に再編成し、新たな職業訓練を行いながら三割(兼務)〜六割(専属)程度の所得保障を行えば良いのではないかと思います。
 過剰労働力の産業再配置は急務であり、くだらない土木工事を繰り返している余裕は一切ないはずなのです。


184.  ウータン(水没をまぬがれた有田の小秘境大谷)中編

 九州源流紀行 民俗編 〜大谷〜 

 音屋の昭太郎 
大谷溜池の災難の跡…
 昭和23年にこの溜池の堤防が決壊し、下流の窯元で大きな爆発事故があったことをはじめ、「猿川ダム」の計画の話など、先月号の古川編集長のコメントで、もはや私が書くことがなくなるほど詳しく述べられています。
 そこで、今度は溜池の下流を見て、この溜池を襲った「災難」の痕跡を探してみましょう。
 溜池の堤防から、小さな川が西へ向かって流れています。「猿川」です。つまり、溜池の西側が下流ということになりますが、この西側の堤防が、規模こそ小さいものの、「ダム」の形をしています。この西側堤防の傍らで、決壊を修復したらしい「証拠物件」を見つけました。


▲「大谷溜池改修記念」の碑と、その上に祠があります。「水神様」でしょうか…。


▲碑の拡大。有田らしく、陶製です。

 しかし、碑文の右端に「昭和三十六年災害復旧事業」とありますので、決壊したのは昭和23年だけではないのかもしれません。
 ここ佐賀県での大きな水害は、私が知っている主なものだけでも昭和28年(中原孝矩氏の「178. 大水害の記憶は生かされたか」で紹介されています)、昭和42年、平成2年…などなど、何回も起きているようですので、昭和36年にも溜池の改修を要するような災害が起きたのでしょう。
 それにしても、改修後の堤防は、コンクリートでこそないものの、まるでダムの堰堤のようです。農業用水として使われていて、需要期に下流の水田に水を供給しています。


▲ ダム状の西側堤防。「猿川」の出発点です。改修記念碑はこの手前側にあります。

川を見守る不動明王…
 では、猿川を下ってみましょう。しかし川沿いの道は未舗装で狭いです。とはいっても、宮崎県の寒川へ向かう道よりは距離も短く、幾分通りやすいようです。


▲ 下流へ向かう道はご覧のとおり、未舗装です。

 川沿いの道を下流(西方向)へ向かっていくと、右手の川向こうに不動明王などの神仏が祀られた大きな岩が見えてきます。


▲ 達筆な碑文なので、よく読めませんが、「みそなはす 不動明王 ?
を知る」と書いてあるようです。昭和37年7月に彫られたもののようです。

 この岩の下を流れているのが「猿川」なのですが、市街地にほど近い場所にあるにもかかわらず、とてもすばらしい清流です。
 次回の後編では、この清流と、川を彩る植物たち(撮影が5月でしたので、いろいろな花が咲いていました)をご紹介します。                
                                                (つづく)

185.  田 野

はじめに

 熊本、鹿児島の県境に近い人吉市に、と言うよりも、相良、薩摩の国境(クニザカイ)に近い人吉の南に二十数戸ほどの田野という小集落があります。田野は標高七〇〇メートルに近い人吉から鹿児島県大口市に越える久七峠の熊本県側最後の集落です。
 今回、この田野を取上げたのには理由があります。それは、リポートU"瀬戸石崩れ"で書いた、瀬戸石の被災者の一部がこの地に移住したという話を聞いたからです。
 私も直ちに現地を踏みましたが、集落の中心地には立派な造りの観音堂があります。堂内には一枚板に書かれた棟札があるそうですが、それによると、この地の開発は藩政時代の明和七年とされています。つまり、田野の歴史は二百数十年程度ということになります。このため、瀬戸石崩れによって直接的に入植が行われた訳ではないのですが、現地には瀬戸石から移住した家であったと言われる方がおられた事を現地にお住まいの前田一洋(熊本地名研究会)先生からお聴きすることができました。このため、現段階では大災害から十数年余りで瀬戸石周辺からも複数戸の、ある程度組織的な入植が行われたのではないかと考えています。
 今後とも田野を訪れ、瀬戸石のその後の話を集録できればと考えています。
 大雨による巨大な崖崩れと大洪水による明治期の奈良県十津川村の集落潰滅とその後の北海道新十津川村への移住については宮本常一や司馬遼太郎が書き留めていますが、規模は小さいものの、瀬戸石のその後を記録に留めたいものです。

カルデラ湖起原の天上楽園

 現地を訪ねると、まず、その天上平地に驚かされます。ついつい、高天原とはこのような土地ではなかったかと思ってしまいます。さらに、この地はかつて噴火口であったと言われています。
 太古、ここにはカルデラ湖が存在した時期があったのでしょう。そして、いつしか、地殻変動によって湖の栓が抜け、湖底に堆積した平地が現れ、大木が茂る森になったのだと思います。現在、この地の開発がどのように行われたかを知る手立ては前述の棟板以外にはありませんが、土地の古老にお話をお聴きすると、「田んぼの中には何メートルもの杉の切り株がいくつも埋まっている」ということですから、森の伐採に始まったと考えるべきでしょう。
 また、"基盤整備がある前は腰まで浸かるような湿田だったので、竹を渡して田植えをした。"といった話もお聞きました。さらに、ここは標高七〇〇メートルの高地ですから、南国と言えども毎年三〇センチの積雪が何度かあるそうです。
 今回、この清涼な天上楽園を発見した事は私には大きな収穫でした。
 山間の平地の生成については、既に"山間の平地はどのようにしてできたのか?"を書いていますので、再掲しておきます。


▲ 晩秋の田野集落

山間の平地はどのようにしてできたのか?

 昔から不思議に思っていたことがあります。山間僻地を旅していると、急に開けた平野、平地に出くわす事が良くあるのです。平らな土地は、通常、水田地帯になっていますが、このような平地がどのようにしてできたかが良く分からなかったのです。
 一定の傾斜を持った山裾が水田に変わっていくことを考えると、はじめに木が切り倒され、焼畑が行われるでしょう。何度も何度も焼畑が繰り返され、いずれ常畑(定畑)に変わり雑穀栽培などが行われます。そして、さらに有利な作物、つまり、稲が伝わると、水を引き入れ灌漑が施されると階段状の棚田が形成される事になるのです。ただ、それによっても全体の傾斜に変更はなく、一度、水田ができると地形の変化は進まず固定します。つまり、このことによっては、依然、平地や平野は形成されないのです。
 考えられることは、水による土砂の堆積以外にはありません。仮に大洪水が起こり、大きな石が川筋を塞いだとしましょう。一度塞がると、さらに多くの石が詰まるようにしてダム状のものが形成されるようになることもあるでしょう。当然、水が溜まり、土砂が堆積することになります。重い石や砂は下に、粒子が小さな泥は上に溜まりますから、湖の底には平らな泥底が造られることになるのです。その後、地殻変動、地震などによって流路が造られると平地が地上に現れることになるのです。
 このようなことが大規模に起こったものが山間の平野であると考えられるのです。
 阿蘇は巨大なカルデラであり、古くは水が溜まっていたはずです。その水が抜けたものが阿蘇の平野と考えれば、このことが良く分かると思います。このように考えると、災害とは人間の生活基盤を奪うと同時に生活基盤を創っている事が良く分かります。
 エジプトはナイルの賜物と言われますが、それは、同時にナイル川の氾濫の賜物だったのです。

 今回のリポートは熊本地名研究会に参加した事によってはじめて知った田野の集落を書きとめるだけが目的の小稿ですから、そのきっかけとなった前田先生のリポートの冒頭の一部引用しておきたいと思います。

田野のイノシシ

 熊本県人吉市の田野町ほど狩猟の盛んな地域もめずらしい。
 四方を美しい姿の山にとりかこまれた町内は、わずか三十余戸しかない静かで小さな山村であるのに、猟師、つまり狩猟の免許を受けている者は二十数名もおり、しかも一猟期に七〇〜八〇頭のイノシシが捕獲されることからも、その盛んなさまが想像されよう。
 田野は、人吉の市街地から南へ約二〇キロ、薩摩大口との県境にある標高七〇〇メートル旧田野火山、火口湖跡と想定される小盆地である。
 そのためか、水田のほとんどが湿田である。冬期における寒気がことのほか厳しいため、裏作が全く行われず、副業的に行われていた炭焼きも最近ではあまりなく、男手が割合にひまであるのと、周囲の深い山に獲物が多いことが、狩猟を盛んにしている直接の原因であろう。
 さらに田野は、明和七年(一七七〇)より、無人の原始林に新田開発の鍬が百姓だけの手によって入れられ、想像以上の苦労の本、開拓されて人の住む邑が作られたのである。・・・

研究発表「猟果の誇示とその供養」前田一洋(二〇〇六年熊本地名シンポジウム)から

 このように前田一洋氏は書かれていますが、三十年前までは非常に盛んであった狩猟の習俗を書きとめられ、後半の、柳田をもじった"二、のちの のちの狩詞記(かりことばのき)"において多くの狩言葉を記録に残されたことになります。将来、これは南九州の狩の分化を書きとめた貴重な資料となることでしょう。
 ともあれ、田野は、人吉盆地のそのまた上の小盆地に息づく宝石のような集落です。皆さんも久七トンネルの上の高天原を訪ねてみてはいかがですか。
 熊本、鹿児島の県境に近い人吉市に、と言うよりも、相良、薩摩の国境(クニザカイ)に近い人吉の南に二十数戸ほどの田野という小集落があります。ここは、標高七〇〇メートルに近い人吉から鹿児島県大口市に越える久七峠の熊本県側最後の集落です。
 今回、この田野を取上げたのには理由があります。それは、リポートU"瀬戸石崩れ"で書いた、瀬戸石の被災者の一部がこの地に移住したという話を聞いたからです。
 私も直ちに現地を踏みましたが、集落の中心地には立派な造りの観音堂があります。堂内には一枚板に書かれた棟札があるそうですが、それによると、この地の開発は藩政時代の明和七年とされています。つまり、田野の歴史は二百数十年程度ということになります。このため、瀬戸石崩れによって直接的に入植が行われた訳ではないのですが、現地には瀬戸石から移住した家であったと言われる方がおられた事を現地にお住まいの前田一洋(熊本地名研究会)先生からお聴きすることができましたので、現段階では大災害から十数年余りで瀬戸石周辺からも複数戸のある程度組織的な入植が行われたのではないかと考えています。
 今後とも田野を訪れ、瀬戸石のその後の話を集録できればと考えています。
 大雨による巨大な崖崩れと大洪水による明治期の奈良県十津川村の集落潰滅とその後の北海道の新十津川村への移住については宮本常一や司馬遼太郎が書き留めていますが、規模は小さいものの、瀬戸石のその後も採録できればと思っています。

▲ 田野(マピオン)


186. 山間の平地はどのようにしてできたのか?

 昔から不思議に思っていたことがあります。山間僻地を旅していると、急に開けた平野、平地に出くわす事が良くあるのです。平らな土地は、通常、水田地帯になっていますが、このような平地がどのようにしてできたかが良く分からなかったのです。
 一定の傾斜を持った山裾が水田に変わっていくことを考えると、はじめに木が切り倒され、焼畑が行われるでしょう。何度も何度も焼畑が繰り返され、いずれ常畑(定畑)に変わり雑穀栽培などが行われます。そして、さらに有利な作物、つまり、稲が伝わると、水を引き入れ灌漑が施されると階段状の棚田が形成される事になるのです。ただ、それによっても全体の傾斜に変更はなく、一度、水田ができると地形の変化は進まず固定します。つまり、このことによっては、依然、平地や平野は形成されないのです。
 考えられることは、水による土砂の堆積以外にはありません。仮に大洪水が起こり、大きな石が川筋を塞いだとしましょう。一度塞がると、さらに多くの石が詰まるようにしてダム状のものが形成されるようになることもあるでしょう。当然、水が溜まり、土砂が堆積することになります。重い石や砂は下に、粒子が小さな泥は上に溜まりますから、湖の底には平らな泥底が造られることになるのです。その後、地殻変動、地震などによって流路が造られると平地が地上に現れることになるのです。
 このようなことが大規模に起こったものが山間の平野であると考えられるのです。
 阿蘇は巨大なカルデラであり、古くは水が溜まっていたはずです。その水が抜けたものが阿蘇の平野と考えれば、このことが良く分かると思います。このように考えると、災害とは人間の生活基盤を奪うと同時に生活基盤を創っている事が良く分かります。
 エジプトはナイルの賜物と言われますが、それは、同時にナイル川の氾濫の賜物だったのです。


187. ぞっとする、筑後川堤防は"穴だらけ"

 筑後川水問題研究会 中原 孝矩(元記者)

堤防の高さが足りず、越流の恐れ

 みなさんは河川事務所が毎年発行する「水防図」を手にしたことがありますか。私は「昭和28年6月筑後川大水害の記憶」をテーマに、筑後川流域を歩いていますが、久しぶりに出合った知人から貰い受けました。
 これまで車でアスファルト舗装された堤防道路を安心して走っていました。ところが「水防図」をつぶさに検証すると、立派に見えた堤防が、実は洪水が襲えば、もろくも崩れ去る致命的な欠陥を抱えた堤防であったことに気付きました。現在の筑後川堤防は事実上"穴だらけ"の状態にあるのです。俺たちは騙されていたのか。憤り、不信、疑惑、憤懣。いったい私の気持ちをどのように表現したらいいのか。
 これまで筑後川が抱える現状を拾い、流域の住民があまり関心を払わなかったと思われる諸問題を一つひとつ私流の手法で解き明かしてきたつもりでした。ところが国土交通省九州地方整備局筑後川河川事務所が作成した平成17年度筑後川情報図「洪水から守ろうみんなの流域・水防」という大きな図面をみて、平穏な気持ちは一変しました。様々な気持ちが交錯して、しばらく整理がつきませんでした。それほど情報図から判明した事実は衝撃的でした。
 「水防図」は25000分の1の地図に、筑後川の流域と水防に関するあらゆる情報が詰め込まれた畳1枚大の図面です。筑後川では昭和28年6月下旬に大水害が起きて、中流域の市町村は濁流に飲み込まれ甚大な被害を受けました。当然私は、洪水の時、堤防は全てだめになったのかどうか、をはじめ、何が起きたか調べたいと思いました。探し当てた水害の記録の一つが「昭和28年6月西日本水害の調査報告書」でした。
 報告書を読んで判明したのは、洪水が越えた個所もあるが、中流域の大半の堤防は大丈夫だったことがわかりました。一方で、崩れる理由があって破堤した個所もかなりな数に上っていた。あの時から53年経過したのだから、中流域での堤防の強化、改良工事はほとんど終わっているに違いないと思い込んでいました。信頼していたといってもいい。この思い込みが裏切られたのです。
 「水防図」の中味を一つづつ検証しながら、現実を明らかにします。全国の河川でも水防図の点検こそが緊急の課題に思えてなりません。
 図に出てくる重要水防区域に焦点を当てます。特に、重要度評定基準A,評定基準Bに注目です。流域住民が最も関心を寄せなくてはならない項目です。堤防の高さ、堤防断面、法崩れ・法すべり、漏水、水衝・洗掘などの種別が示される。評定基準Aの堤防高さを見ると、次のように説明される。「計画高水流量規模の洪水の水位が、現況の堤防高さを越える箇所」と。つまり筑後川では昭和28年6月規模の洪水から久留米市や流域の市町村を守るために堤防の高さを高くしてきたはずだが、なお不足する個所が残っており、その個所が評定基準Aという意味。水防図で堤防高さ「A」となった個所を拾ってみる。
 筑後川河口から23キロ地点の久留米市内に筑後大堰が設置されている。目安として大堰の上流で検証する。すると中流域で大石堰と原鶴温泉街のあいだを結ぶ右岸堤防2箇所646メートルを手始めに合計16箇所、総延長約5,500メートルが、高さが不足のまま、53年間放置されてきたことになる。大堰から中流域までざっと37キロだから、わずかな長さだ。だが15%に満たない総延長だから大丈夫だろうか。
 水防図15年版と17年版を比較すると放置の実態が鮮明になる。場所も堤防の長さも何一つ変わっていない。河川管理者は評定基準Aだから、洪水に備えて一刻も早く堤防の高さを所定の高さにかさ上げする本格的な工事が必用と判定しておきながら、行っていないことになる。判定することが、あなたたち本来の仕事かと問い質したい。
 堤防の高さの不足は、53年前の洪水に照らし合わせると中流域の大石堰辺りから越流が起きたことを想起させる。実際に現地で古老たちから聞き取った証言でも同じだった。
 越流で下流の堤防が破られて、洪水は川の内も外にもあふれた。まるで筑後川が3本になったように濁流が拡大。下流の堤防は堤防の外、水田側から崩され、下流域の被害が甚大なものになったと報告書にある。
 だとすると、中流域の越流こそ真っ先に食い止める本格的な工事が必要なのではないか。それが、53年経過後の今も、残っている。毎秒9,000?から10,000?(中流域の観測点)とも言われる洪水が襲えば、また流域は濁流に飲み込まれる恐れが高いのだ。
 この事実に直面して、私は何を信じたらいいのか。現状の堤防は洪水を防げるはずだと信じてきた私が大馬鹿か。

漏水、法崩れなど堤防決壊の懸念を放置

 堤防の高さが不足する例をまず紹介した。次は漏水箇所だ。モグラや小動物の穴にも警戒が必要という堤防で、漏水とはどういうことなのか。評定基準Aには次のように説明される。「漏水の履歴があるが、その対策が未施工の箇所」。わかりやすくいえば、これまでに漏水が起きたことがあるが、防ぐための本工事が行われていない、ということ。
 同様に筑後大堰から上流で検証する。すると、大石堰上流の左岸60キロ地点で延長約200メートル。漏水の恐れがあり、そこから堤防が破られる恐れがあるという。53年前この辺りで堤防を乗り越えた洪水は、本流から外に流れ、下流の水田を呑み、堤防を外から崩し、大規模な堤防決壊を招いたと報告書で指摘されている。再び同じことが起ころうとしている。再び同じ甚大な被害が起こりうるにもかかわらず、放置されている。大堰から上流でこのような個所は5箇所、総延長1,200メートルある。漏水箇所についても水防図15年版でも評定基準Aとしながら放置されている。
 同様に、堤防の法崩れ・法すべり個所を見る。法崩れとは素人には理解しにくいが、堤防が越流で上から崩れるのに対し、これは堤防のすその部分から崩れ始め、堤防の決壊につながるというもの。評定基準Aでは次のように説明する。「法崩れ等の実績があるが、その対策が未施工の個所」。堤防のすそといえば、水かさが増してくれば、たいした洪水でなくても濁流に洗われる箇所だ。堤防のすそ、法を注意して眺めると、石を積み重ねたり、コンクリートで固めたりして、崩れるのを防止する本格的な工事が行われたところが多いことに気付く。だがこうした必用な工事が行われず放置されているとは。筑後川右岸の27キロから31キロ地点にかけて3箇所、延長732メートルが放置されている。
 場所を特定して仰天。左岸は久留米市合川町一帯で、主要な公共施設や民間の大規模な会社が集中する地域。右岸は河川事務所、高等専門学校を除けば公の施設などが少ないが、上流から九州縦貫自動車道路の筑後川大橋、その下流の宮の陣橋、西鉄宮の陣橋、国道3号線の久留米大橋、さらに真新しい2千年橋、小森野橋と重要な橋が連続して架けられた区間だ。53年前宮の陣橋には膨大な流木の山が押し寄せた。洪水をせき止める格好になった。盛り上がった洪水は橋の付け根を襲う。ついに大規模な越流となって左右の堤防が決壊。久留米大学本部や病院が4メートルの濁流に水没。住宅街だった合川町一帯が飲み込まれた。
 53年経過して、主要な橋が架けられた久留米市の繁華街に近い付近一帯の堤防の基礎部分が、洪水に襲われれば、土台から崩される恐れがあるまま放置されているとは。とても信じられない。
 このほかに水衝・洗掘がある。流れがカーブした付近や宝満川など支流が流れ込む地点で、激しい洪水の流れが堤防に押し寄せる箇所。ここでも堤防の本格的な補強工事が行われていない。また河床が深く掘られており、堤防の基礎や橋桁の基礎部分を破壊しかねない箇所。洗掘が繰り返し起き易い場所なのに防ぐ工事が行われていない。水衝・洗掘についての説明は次のようだ。「水衝部にある堤防の前面の河床が深掘れしている。その対策が未施工。橋台取り付け部やその他の工作物の突出個所で堤防護岸の根固め等が洗われ一部破損しているがその対策が未施工。波浪による河岸の決壊等の危険に瀕した実績があるが、その対策が未施工」と記す。或いは堤防本体の体積が本来求められる体積の半分しかなく、洪水をせき止めるために必用な容積が不足した個所も「堤防断面の評価基準A」のまま放置されているのだ。
 ここまで個別に問題個所を検証した。だが、評定基準Aが3つの項目で重なる個所もあるのだ。52キロ地点の左岸。447メートルにわたって、堤防高さが不足、体積が不足、水衝・洗掘に対する対策が未施工だ。2つの項目でAという個所も相当な数だ。例えば53キロ地点、左岸で堤防高さが不足し、体積が半分しかない。56キロ地点左岸と58キロ地点左岸。61キロ地点左岸も同様。40キロから42キロ地点の右岸も総延長656メートルがダブルスコア。
 目も当てられない惨状とは筑後川の現状ではないか。堤防決壊の恐れのある個所が延々と続いている。本格的な堤防の補強工事が必要だと判定されながら、工事が行われてこなかった。53年前程度の洪水は襲って来ないと、安心しているのだろうか。こうしたことを久留米市民は本当に知らないのか。知らないで済まされるのか。私はぞっとする。このまま放置されて、53年規模の洪水が再来すれば、こうむる甚大な被害は人災だ。そのような人災を償う方法などあるはずがないが、認知しながら放置だから、これは国家犯罪としか言いようが無い。

整合性を無視、河川整備計画の身勝手

 一方で国土交通省九州地方整備局は2006年夏までに新しい筑後川水系河川整備計画を発表した。曰く「この計画書に基づいて、おおむね30年間かけて必要な河川整備を実施します」と、言う。総事業費は約3000億円とも。洪水対策に焦点を合わせると、目標は昭和28年6月の大水害であるという。このときは基準点、荒瀬で毎秒10,000?の流量が発生した。このような膨大な水量は現状では安全に流せるとはいえずあくまで最終目標である。当面、荒瀬地点で毎秒6,900?が安全に流せる程度の河川整備を行うと明言している。
 何度も書くが昭和28年6月から53年経過して、このような現状認識だ。これは仰天せざるをえない。すでに指摘したが、53年前に中流域でどのような堤防決壊が起きて、下流域に拡大していったか、概略述べた。当事者は過去を十分に把握している。堤防の基礎が真っ先に崩される恐れを認識し放置している実態がある。堤防の基礎部分が崩される恐れがあるということは、もはや膨大な水量が押し寄せるかどうかは無関係だといいたい。漏水はただちに阻止するための本格的な工事が必要ではないのか。
 堤防の高さについては、計画高水量との関係で、膨大な水量が発生した時に越流が起こる恐れがあるとの観点から、妥当かどうか評価すればいい。しかし、堤防の基礎部分に関わる法崩れ・法すべり、漏水、水衝・洗掘など堤防が抱える重大な弱点は、荒瀬地点で毎秒6,900?の水量が、明日起きても堤防決壊の不安が現実にあるということだ。
 漏水、法崩れ・法すべり、水衝・洗掘等を53年経過後の今、放置して、これを今後30年間かけて、整備しますとはこれは漫画だ。洪水を安全に流しますという整備計画との整合性はどこにあるのか。一体河川管理者はどんな神経をしているのか。
 過去の水害被害報告書にもでてくるが、筑後川では中流域の大石堰付近の抜本的は治水対策こそが下流に甚大な洪水被害を波及させないキーポイントだと感じる。当時堤防の高さが不足していて、越流がおきて、次々に堤防決壊を誘発し、一気に流域が泥沼化したのだった。素人の私が指摘するまでも無い。
 久留米市で堤防決壊を招いた元凶ともいえる流木。この流木が押し寄せたという過去の実績を河川事務所の担当者にぶつけた。すると、橋にひっかかるのを防ぐために橋脚の間隔を大きくした橋を架けている、という答え。たしかに最近相次いで完成した橋を見ると、古い橋に比べて橋脚の数は半分以下だ。だが、一方で古い橋もまだまだ数が多く、橋脚の幅は狭い。流木対策が抜本的にとられたとは、到底いえない。
 河川整備計画書の92ページに堤防整備個所一覧が掲載された。何度も過去の水害の記憶として書いた大石堰付近の堤防整備だ。中味は大石堰下流の堤防高の不足。また河道の断面積が不足しているために河道掘削を実施するとなっている。私が治水のキーポイントだと指摘した個所に本格的な堤防強化等の工事を実施することは評価したい。だが、60キロ地点から上流、大石堰上流の抜本的な改修工事は見送りか。実施するという工事の時期はいつか、明示されないことに大きな不満を感じる。
 大石堰60キロ地点から上流だけでも、左岸は堤防体積が不足、漏水の恐れ等が総延長約1,800メートル放置されたままなのだ。筑後川堤防は、穴だらけだ。
 緊急を要する堤防の強化、本格的な工事が必要だと認定しておきながら、なぜ小石原川ダムを建設するのか。総事業費は2000億円というが、その金額でおさまるはずが無い。全く必要性がないことはすでにレポートした。30年かけて総額3000億円で河川の整備をやるという皆さんに、是非考え直していただきたい。ダムはいいから、その金で、至急堤防を確かなものにしてください。御願いです。


▲ 久留米市合川町の中央公園に立つ石柱。高さ不明。洪水は石の頂部まで来たと彫られていた。


188. 2006 栂尾(ツガオ)神楽 遠征紀行

 職場の同僚(マサシ君)と連れ立って、宮崎県椎葉村の栂尾神楽を見に行ってきました。例年、この時期に行われますが、今回は、十一月二二日の夕刻から二三日の昼にかけて
行われました。
 改めて、場所の説明をすることは致しませんので、栂尾神楽の背景も含めてご存知でない向きには"有明臨海日記11.「栂尾神楽をご存知ですか?」"(後段に掲載)を先にお読み下さい。

2006年 栂尾(ツガオ)神楽

 職場(武雄)を昼過ぎに出発しましたが、マサシ君の出立に時間が掛かり、このままでは間に合いそうになくなったために、古川定跡を曲げて、九州自動車道で南関から松橋まで移動する事にしました。熊本から宮崎に入る頃になると嫌な事に雨が降り始めました。 
 夕方五時半には椎葉村の幹線道路に入りましたが、既に暗くなっており、地形が判別できないために間貝原(マカイバル)林道への入口への分岐点が分からなくなります。それでもなんとか間違えずに栂尾に着いたのは一八時二〇分でしたので、今回は一番神楽を見ることができました。神楽の進行も雨で幾分遅れていたのです。
 私達は記帳所で奉納金を納めて、早々に神楽の見物席に陣取りました。@しめおこしA板おこしへと進み、Bつがもり(つがもり唱歌を唱え、蔦蔓の上下を祝子が潜り跨ぐ…)から栂尾神社社殿に御輿を上げ、C神迎えに入ります。
 今まで遠慮していましたが、今回は社殿に上がり、C神迎えの神事とそれに続くD献饌の神事を目の当りに見せていただきました。D献饌は言うまでもなく栂尾の神(スサノオ)へのお供えを作るものですが、午後三時頃あらかじめ準備されていた粢(シトギ)を社殿の傍らで餅状に仕立てるものです。

しとぎ
【粢・米?】   『米?』は『米偏に疋、下に月』
神前に供える餅の名。古くは米粉を清水でこねて長卵形としたものを称したが、後世は、糯米(もちごめ)を蒸し、少し舂(つ)いて餅とし、楕円状にして供えた。しとぎ餅。<和名称(13)>
(広辞苑)

 今回は、C神迎えの神事と、それに続くD献饌の神事を見ることができたことが最大の喜びでした。


▲ 栂尾神社 献饌の神事

有明海沿岸のシットンゲ餅

 最近は少なくなりましたが、佐賀で建ち家(棟上げ)があると、"シットンゲ餅"と呼ばれるものが撒かれます。中には小銭が入れられる事もあり、昔は付近の子供達が大勢集まり、先を争って拾ったものでした。この"シットンゲ"の謂れを、棟上をナ"シトゲ"たから行うものだなどと言った俗説がありますが、言うまでもなく、前述の"粢(シトギ)"が起原であることは間違いありません。簡単に言うと白玉から餅に発展したものと考えるべきでしょう。

栂尾神楽の全貌

 栂尾神楽の全貌をお伝えしたいのはやまやまですが、私自身は民俗学的興味の方が強く、必ずしも神楽だけを伝えたいといった気持ちはありません。神楽が好きなだけのいわゆる"神楽フリーク"という訳ではないため、この栂尾の神楽を映像として記録したいという欲求もほとんどありません。私は、映像だけを残してもしょうがないという気持ちが強く、単に記録として残したい、もしくは、自分のコレクションとして所有したいといった気持ちは全くありません。逆に言えば、既にそのような作業は過去何度となく試みられているはずなのです。
 栂尾神楽には県外から多くの映像記録者、民俗学者、神楽マニアが集まってきますし、多くの知り合いがありますので、いずれ、起原、系統、三十三番の内容と同時に、画像などを掲載できるのではないかと考えています(これについては具体的に計画中です)。
 現在、椎葉に限らず、他の多くの神楽がその継承者の減少(過疎化、高齢化)から内容を縮小し、開催の間隔を空け、一時中止、廃止へと進んでいます。恐らく、ここ十年で半減は、まず、間違いないでしょう。
 このような中、栂尾神楽はこれまでの伝統を破り、中学の女子生徒による神楽が組み入れられています。これは実に感動的な姿であり、拍手もひときわ大きく、恐らく、神楽を見ている人々の気持ちも同じだったのではないでしょうか。まさに、栂尾神楽が必死で生き残ろうとする姿でした。今の時代、神楽に限らず全ての伝統芸能、民話が消失の危機に曝されています。もしも、これらが全て消え失せてしまったとすると、日本という国はただの金太郎飴のようなものになってしまうことでしょう。実際、これほど豊かな国でこれほどの文化の大消失が起こっている事は驚くべき事です。本来、これだけ生産力が増大した国でその富が平等に分配されるならば、この文化の大消滅を食い止めることは十分に可能なはずなのですが、土建業者と都市の不動産占有者だけに富が集中する社会になってしまった以上、それは困難と言わざるを得ません。彼等にこれらを守る意志はないでしょう。この手の民間伝承、伝統芸能、伝統文化は辺境を含めた地方が豊かでなければ守れないからです。
 良くて、地方の土建屋と都市の不動産占有者は、貴金属や何の価値もない絵画や権威主義的な海外文化に貯蓄の意味で投資するのが関の山なのです。
 今、望まれている最も必要なことは、これらの所有関係を変更する大規模な革命なのです。


▲ 第十五番大神上 天井にあるのは俗に雲と呼ばれる天蓋

神楽の"せり唄"(囃し唄)

 今回の神楽で非常に目立ったのは、高千穂神楽のおばさん連が見物にきていた事でした。栂尾神楽は天正年間(織田信長全盛の四百年以上前)に肥後の阿蘇神社の神楽を持ち込んだもので、本場、高千穂の神楽とは系統が異なるものです。この高千穂神楽の応援団のおばさん連のせり唄(囃し歌)が始まると、会場は一気に盛り上がりました。もちろん、栂尾にもせり唄はあります。栂尾のタマチャンも負けずと栂尾のせり唄を返します。これまでこのような掛け合いがなかった事もあり私も驚きましたが、昔はもっともっと囃し立てていたと考えられます。
 まず、神楽の継承者が多かった時代、神楽の舞手である祝子(ホリコ)の年齢層は遥かに若く、見物にも多くの村の若い娘達が集っていたはずです。このため、狭い地域に住む若者にとっては桧舞台に近いものであり、囃し手である村の娘達の囃し唄にもラブ・コール=告白の要素を含んだものがあり、元々、もっともっと賑わったものだったと思われるのです。

神楽せり唄(一例)

サイノがサノサ そのように舞わにゃ 師匠さんの恥バイ

儂とあなたはてだるの酒よ 仲の(中)の良いのは人知らぬ

栂尾神楽をご存知ですか?

 九州脊梁山地の中央部、宮崎県椎葉村のその又奥の辺境に栂尾(ツガオ)という小集落があります。
 十一月から十二月にかけては神楽の季節ですが、今回は神楽にまつわる話をします。
 私は釣りをして海にばかり足を向けているのではなく、まとまった休みさえ取れれば、中国から九州の脊梁山地の山奥に入り込み、柳田国男、宮本常一といった民俗学者を気取って辺境最深部を探索することを最上の楽しみとしています。
 まず栂を説明しなければならないでしょうが、それは広辞苑に任せる事にして、栂尾神楽の話をしましょう。この栂尾神楽は素晴らしいの一言です。神楽と言えば高千穂辺りの観光化された神楽が著名ですが、柳田流に言えば"山民"の生きた生活に根ざした神楽が完全な形で伝承されているのは、やはりこの栂尾を除いては外にはないでしょう。
 私は栂尾に通い始めてまだ五年程度ですので、栂尾神楽を云々するのは任が重過ぎますが、夕方六時頃から徐々に舞い始められ、観客と共に夜通しで舞い続けられ、三十三番全て終わるのは翌朝の十〇時頃になってしまいます。そのことだけでも驚くのですが、それを支えるのが僅かな舞い手の祝子(ホウリコ)であると聞くとますますその素晴らしさが解かってきます。
 栂尾はささやかな集落であり、栂尾神社周辺には高齢化した五〜六程度の世帯しかありません。にもかかわらず、栂尾神楽は周辺の集落と併せて舞い続けられてきたのです。しかし、過疎化と高齢化の中では、さすがに途絶えようとした時があったようです。
 ただ、栂尾を離れた出身者の全てが遠方に移住したというわけではなく、かなりの人々が宮崎県北部の日向市や延岡市の周辺に住み着いたのでした。そして、そこに栂尾の共同体が新たに復活し、その人々によって神楽が続けられる事によって、栂尾神楽は生き延びたのでした。 
 地図を見ていただければ分かりますが、栂尾は椎葉村と南郷村との村境に非常に近いところにあります。九州最大の面積を持つ椎葉村のことですから、村の中心部からでも、車で一時間以上の時間がかかり、これまで、非常に大変なところでした。このため、栂尾に家を持つ役場職員も冬場の積雪による通行止期間が長くなることから役場付近に部屋を借りていると聞いています。
 これまで何度も栂尾に入ってきましたが、熊本県の人吉市側からの大河内越えは、現在でも悪路でくたくたになり遠慮したいですし、日向市から南郷村経由で入るのは道路整備が進んでいて非常に楽なのですが、さすがに佐賀方面から日向市経由で栂尾にはいるのはあまりにも走行距離が伸びてしまいます。このため、いきおい、五ヶ瀬村から椎葉に入り、間貝原(マカイバル)林道越えで栂尾に向かうことになります。しかし、この林道も初めて入ろうとする人には多くの分岐があり、道が分かりにくい上に悪路が凄まじく、夜ここを通過する勇気は私にはありません。しかし、ニ年前、ここに念願のトンネルが開通しました。これによって、栂尾への遠征はニ〜三〇分近くは短縮された上に、かなり安全になりました。ただ、地区の方には悪いのですが、少し惜しい気もしています。私には、かつて、民俗学者の宮本常一が入った秘境栂尾はそのまま秘境であって欲しかったという気持ち心のどこかに残っているのです。
 しかし、栂尾の奥にも、また、その外にも神楽が残る秘境はあります。問題はその継承者であり、集落そのものが消失しようとする中、貴重な文化遺産も同時に消え失せようとしているのです。私達には記録をとどめることしかできないのでしょうか?してみると、この資本主義社会の現代とはいかにつまらないものであるのかという事が今さらながら良く分かってきます。
 栂尾から南郷村に下り、さらに南に峠を二つ越えると上戸川という集落に入ります。私には、こここそ九州の最深部の秘境中の秘境と思っているのですが、ここにも神楽は残っています。更に南にもう一つ峠を越えて下ったところにも銀鏡(シロミ)という集落があります(宮崎県西都市)が、この地区の神楽も有名です。まだまだ、話したい事は尽きませんが、これ以上話を差し継ぐと、最早、日記の領域を越えてしまいますので、いずれ、神楽については別稿として書きたいと思います。
 ここでは、栂尾神楽の日程(十一月二二、二三日)と、"二〇〇六年 有明海・不知火海フォーラム in しまばら"の現地実行委員会の設立会議の日程が重複したために、よほど諫早を欠席しようとも考えましたが、島原開催の端緒は私が着けたものでもあり、休む事はできず、今回は、神楽を諦めることとしたわけです。
今後とも、活動によって自分の計画を諦めなければならない事は頻繁にあるということを覚悟しました。しかし、来年こそは三十三番栂尾神楽を徹夜で楽しみ、翌朝、宮司のお宅でふるまわれる"ゴ汁"を頂きたいものと厚かましい思いをしています。
 
※ 日記の性格から、ここでは地図を添付しません。興味がおありの方は栂尾を探してみて下さい。

【栂つが】
(トガとも)マツ科ツガ属の常緑高木。高さ30メートル以上に達する。雌雄同株。雄花穂は円錐状、雌花穂は紫色。楕円形。球果は親指頭大で下垂。材は建築・器具製造・製紙用。樹皮からタンニンを採り、魚網の染料とする。(広辞苑)

▲ 栂尾の位置(マピオン)


189. "有明海から考える列島文化"『神話と伝説』第3回

 久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士)

特別連載

有明海から考える「神話と伝説」B

 久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士) 
神話と伝説
第一章 新たな歴史

新たな歴史

 古代人は、食糧事情のいい、海岸近くで暮らしていた。そして、海面が上下する時も、移動、後退をしながら、海岸近くで暮らしていた。
 とこのような仮説をたてました。
 そして、仮説は正しいのか、それを証明するため、資料と合わせてきました。資料と合わせ、仮説が正しいことを、証明することができました。これが、新たな歴史です。
 この新たな歴史には、弱点があります。それは、氷期の陸地が下がっていた時代の資料を示して、証明することができないことです。
 温暖な気候に変わって、海面が上昇して、当時、暮らしていたところは、海底に埋もれてしまいました。それを、海底から発見するのは、絶望的と言えます。
 ところが、近年になり、沖縄地方で、人為的に作ったと思われる、海底遺跡らしきものが、数々、発見されています。
 平成十一年十一月一○日の各新聞は、
 沖縄県・与那国島沖の「遺跡ポイント」と呼ばれる海底から見つかった石板を、「人為的な線刻」、「海底遺跡か」
 という見出しを付け、写真入りで報じています。
 石板は頁岩(けつがん)で、縦・約二十五センチ、横・約十六センチ、厚さ・約二センチ。表面に「X」や「V」のような形に削られた跡があるほか、丸くくりぬかれたような跡もある。
 と説明した上で、削られた跡について、
「@ 鑑定を依頼した、考古学や生物学などの専門家の、ほぼ全員が人為的な加工と回答。
 A刻まれた線の中に、さらに深く彫られた跡があった」
  そして、
 「人為的に付けられた線刻が確認できた。遺跡ポイントが海底遺跡である可能性が高くなった」
 という、琉球大学理学部、木村政昭教授(海洋地質学)のコメントが掲載されています。
 いよいよ、海底からも、資料が発見されるようになってきました。さらに調査が進んで、他の資料が集まれば、海底時代の資料からも、「新たな歴史」が正しいことを証明できる、と確信しております。
 各地で新発見があいつぎ、当時の生活が、一時代か二時代、先行している、可能性を知らされています。
 それは、海面低下時代、すでにあるものを、海面が上昇して、今の陸地になってから発見し、我々は見ることができます。そこで、一時代、遅れて見ていることになります。
 また、今より、水位が、上がった時代がありました。すでにあるものが、海進で、新たな地層に埋もれてしまいました。それを、今の陸地時代に戻ってから発見し、我々は見ることができます。そこで、二時代、遅れて見ていることになります。
 海面が低下していた時代があるので、歴史を考える時、多数派が今の陸地で暮らしていた時代か、いなかった時代か、念頭に入れなければなりません。海面が低下していた時代のものは、少数派の資料を見ていることになります。
 また、今の陸地で暮らした時代でも、洞穴や高地のものは、少数派の可能性があります。少数派の資料を見て、全体がそうである、と錯覚する恐れがあります。西北九州と南九州・離島タイプの弥生人を錯覚したように、縄文人も混同している可能性があります。

 近年、約一二、○○○年前頃の遺跡が、鹿児島県で発見されました。それは、加世田市の栫ノ原遺跡、鹿児島市の掃除山遺跡、種子島の奥ノ仁田遺跡などです。そして、隆帯文土器の土器片が、大量に出土しています。
 新聞は、
 「その成熟度に、目を見張らざるをえない」
 と報じています。
 約一二、五○○年前頃から、多数派は、今の日本列島から離れます。多数派が離れた年代だから、この遺跡は、少数派のものと推測されます。しかし、この程度の違いは誤差の範囲で、
年代だけでは、どちらとも言えないところがあります。
 もう一つの判断材料、栫ノ原遺跡の高さは、標高約三○メートルの独立した丘陵の上に、立地すると言われています。他の遺跡の高さは分からないので、ここでは、栫ノ原遺跡だけを考えます。
 栫ノ原遺跡は、標高三○メートルの丘陵地にあります。前の関東地方の貝塚分布図で、貝塚は、標高一〇メートルの高さにありました。そこで、この時代の海は、貝塚より低いところになります。栫ノ原遺跡は、三○メートルの高さにあるので、海進時代、海の下になって、新たな地層に埋もれることはありません。
 この遺跡は、三○メートルの丘陵地にあります。そこで、少数派の、遺跡の可能性があります。少数派の遺跡とすれば、わずかな年数で、少数派の技術が、ここまで追いたことになります。
 また、前述した、約九、五○○年前頃の、鹿児島県国分市・上野原遺跡は、標高二五○メートルの、シラス台地に立地すると言われています。そこからは、四十六戸の、竪穴住居跡が確認されています。
 この年代は、狭い東シナ海時代、進んだ技術を身につけた多数派が、今の日本列島に到着して、暮らしはじめた頃になります。
 ここは、高地になります。それも、かなりの高地です。そこで、上野原という、地名がつけられたと思われます。
 高地にあるので、小数派の遺跡の可能性があります。もし、多数派の遺跡であれば、桜町、鳥浜、三内丸山の三遺跡と同じような資料が、出土しなければなりません。
 狭い東シナ海時代から、三遺跡時代まで、長い年月が経過しています。そこで、狭い東シナ海時代の技術は、三遺跡のような、完成度はなかったと思われます。しかし、それに近い技術を、もち帰っています。上野原遺跡から、それに近い資料は、発見されておりません。
 遺跡の高さ、資料で考慮すると、少数派の遺跡と思われます。そうだとすれば、少数派も、すでに、竪穴住居に住み、集団で暮らしていたことになります。
 気候の変化は、地球的規模で起こります。緯度により、気候の変化の、はじまりと終わりの年代は、多少、違うと思われます。しかし、一万年以上も、前頃のことです。
 一万年以上も、前頃のことです。現在から見れば、その違いは、無いに等しいものになります。世界中の人が、同じ年代に、海面が上下する影響を受けています。
 世界中の人が、日本と同じように、食料事情がいい、海岸近くで暮らしていたと思われます。そして、海面が上下する度に、移動、後退をくり返しながら、暮らしてきたのではないでしょうか。
 西ヨーロッパ地方でも、日本と、同じ結果が見られます。
 前に、
 古代人は、約九、五○○年前頃まで、狩猟採集の生活だと考えられてきました。それは、一番、古い貝塚の発見が、この年代になるからです。
 と述べ、
 しかし、海面が低下していたことを考えれば、現在の水位になる、ウルム氷期の終わり(約一三、○○○年前)か、この年代、以降のものでなければ、貝塚を発見することは出来ないのです。
 と発見されない理由を述べました。
 西ヨーロッパ地方では、ウルム氷期の終わり(約一三、○○○年前頃)の、貝塚が発見されています。そこで、この年代から、急激に魚介類を食べるようになったと言われています。
 その年代は(約一三、○○○年前頃)、日本では、転換期と言われています。西ヨーロッパ地方では、この年代に、急激に魚介類を食べるようになりました。西ヨーロッパ地方でも、この年代は、転換期になります。
 資料が多く発見され、古代人の生活が見えるようになるのは、海面上昇が終わって現在の陸地になる、約一三、○○○年前頃からです。それは、世界共通の現象です。
 それが、しばらくすると、資料が激減し、衰退したか、絶滅したようになります。それも、世界共通の現象です。
 その理由に、天変地異、伝染病など、諸説が述べられています。しかし、多数派が、海面低下に合わせ、今の陸地から離れていったので、資料が激減しました。
 ここまで見てくると、多数派が今の陸地で暮らすようになる、約一三、○○○年より前のものは、そう簡単に出土することはない、と分かります。これも、世界共通の現象です。これが周知していれば、捏造が、あれだけ長い年数、続かなかったと思われます。

 日本は中国大陸から離れ、孤立した島国になっています。
 日本と、よく似ているのが、イギリス・アイルランドです。イギリス・アイルランドも、同じように、ヨーロッパ大陸から離れ、孤立した島国になっています。
 イギリスが、本州・四国・九州で、アイルランドが、北海道のようです。北海道には、アイヌの人たちがいます。西ヨーロッパ地方には、ケルトの人たちがいます。
 西ヨーロッパ地方も、日本と同じような、人の動きがあった、と思われます。日本と同じように考えていけば、謎が多いと言われるケルトの人たちの、解明につながっていくと思われます。
 世界中の人たちが同じ体験をして、同じように暮らしています。
 そこが分かると、晩氷期が終わって、今の陸地で暮らすようになった時点(約九、五○○年前頃)で、どこかの国の技術が突出して先行したり、極端に遅れていたということはなかった、と思われます。
 それは、日本の中でも、同じことが言えます。九州あたりで暮らす人たちが、朝鮮半島、中国大陸、東南アジア島嶼地域と、近い関係にあります。氷期の、ほぼ、陸続き時代は、さらに近くなり、ここで暮らす人たちが、最新技術を手にする機会が多くなります。
 一方、北海道や東北地方で暮らす人たちは、遠くなればなるほど、最新技術を手にする機会が少なくなります。そこで、多少の、地域差が考えられます。
 しかし、それがあっても、遠くで暮らす人たちの技術が、極端に遅れていたとは考えられません。それは、三内丸山、桜町、鳥浜の三遺跡の発見が、それを証明しています。
 朝鮮半島からも、縄文土器と同じようなものが、同じ年代設定で出土し、どちらが先と、日本と朝鮮半島で、起源論争が続いています。
 ここは、次のように考えられます。
 氷期の海面が低下した狭い東シナ海時代、東シナ海沿岸全域で、すでに、土器が作られ使われていたとすれば、朝鮮半島や中国大陸につながる人たちも、海面上昇で移動、後退する時、同じものを、それぞれの地にもち帰ります。そして、それぞれ地で、暮らしはじめます。そこで、同じようなものが、同じ年代設定で、出土することになります。
 朝鮮半島から、同じような土器が出土するのは、ムツゴロウと同じように、海面上昇の移動、後退で、大きく広がったから、と分かります。そして、どこが起源など、それ以上のことは、誰にも分かるはずがありません。
 こうして見てくると、従来の考え方(歴史観)は、原点から違います。原点を違えると、海面上昇で大きく広がったのが、もたらされた、渡来してきたと解釈され、まったく、違う歴史が展開されていきます。
 縄文時代は、身分の上下や争いごともなく、人々は平和に暮らしていた、と言われてきました。しかし、争いごとはありませんが、気候の変化で、大きな移動が度々ありました。また、地球を揺るがす、大きな火山爆発もあります。
 資料と合わせると、狭い東シナ海時代の技術は、飛躍的に進歩していることが分かりました。技術と同じように、精神面も、飛躍的に進歩したと想像されます。それは、今から、約一○、五○○年も、前頃のことです。
 その人たちが、海面上昇に合わせて移動、後退し、今の日本列島に到着して、暮らしはじめます。それは、今から、約九、五○○年も、前頃のことです。
 先人たちは、日々の生活や、大きな出来事を話にし、それを後世に伝えようと、懸命に語りついできました。話には、ものの見方、考え方、世界観、死生観など、精神的なものが反映します。
 その、ものの見方、考え方、世界観、死生観は、日々の生活の、積み重ねから生まれます。その、日々の生活、古代の歴史を、ここで解明することができました
 先人たちの、日々の生活、古代の歴史を解明することができました。その生活の中で、いろいろ、体験していることが分かりました。その中から、どのような、話が生まれたのでしょうか。
 次から、新たな歴史をベースに、はじめに伝説、それから神話を見ていきます。

 次号へ続く

■次回への予告■ I
V   環境保護派よ我が梁山泊に楯籠もれ! (NO. 10)  1月号
190
阿胡根の浦 古田史学の会会報 NO.76 掲載論文
 古田史学の会代表 水野 孝夫(奈良市)
20061010
191
阿胡根の浦 の掲載について
20061212
192
宮崎県赤江浜護岸工事に対する住民訴訟事件について 
訴状原文
赤江浜護岸工事公金支出差止等(赤江浜自然環境保全)住民訴訟事件
 赤江浜を守る会 西村 好信 
20060818
193
天草、向辺田、風圓紀行
20061010
194
気になる記 T
 音屋の昭太郎 
20060601
195
未 定
 筑後川水問題研究会 中原 孝矩(元記者)

196
高千穂鉄道残照(T) 水没した旧北方町庁舎
20061031
197
"有明海から考える列島文化"『神話と伝説』第4回
 久光教弘 『ムツゴロウがえる日本の起源』著者(一級建築士)
20060808

■次回への予告■ J