赤江浜護岸工事公金支出差止等(赤江浜自然環境保全)住民訴訟事件

赤江浜概要
■ 宮崎海岸赤江地区の通称。宮崎港および宮崎空港の南に位置する。
■ 県の指定する天然記念物、アカウミガメの産卵地であり、サーフィンの愛好家にとっては良い波のあるポイントであった。
■ 沿岸漂砂は北から南に向かう方向が卓越している。
■ 浜の背後 浜崖→工事用仮設道路(5m)→松林(約20〜30m)→らっきょ、タバコ畑(約30m)→ゴルフ場(約40m)→民家
■ 港などに堆積し、船舶の航行の妨げとなっていた砂は、十数年間、県により浚渫され沖に捨てられていた。
■ 赤江浜のみならず、それに続く木崎浜でも砂の減少が言われ、一昨年には階段護岸の破損などが起こった。しかし再び同じ工法で工事が行われた。


赤江浜と宮崎港、空港の位置関係

赤江浜を取り巻く状況
1952年:
赤江浜背後の砂丘を農地として開拓。現在も畑として存在している。
1973年〜:
港湾計画が策定され、宮崎港の防波堤、係留施設などが設置され、浚渫による航路の確保も行われる(前述した砂の移動、投棄につながると見られる)。
1980年:
観光客の増加を見込み、ジャンボジェットが離着陸できるよう宮崎空港の滑走路の延長が行われる。しかしその思惑は外れ、ジャンボジェットが来る事は無かった。
2004年:
大型台風により、過去の突堤工事の際に作られた仮設道路が崩落。赤江浜と隣り合う木崎浜では階段護岸が崩壊。気象庁は80年に1度の台風としている。
宮崎県により赤江浜に人工リーフ建設工事計画が示される。災害復旧事業として、緊急性を要するとされた。
2005年:
 6月24日 安藤知事に30060名分の工事反対の署名を提出。
 7月17日 宮崎市橘通周辺にて、有志によるデモ行進(150名近くが参加)。
 8月14日 宮崎市橘通周辺にて、有志によるデモ行進(150名近くが参加)。
10月 4日 NPO赤江浜を守る会が発足。
    16日 人間の鎖(赤江浜を守る会主催)。250名近くが参加し工事反対の意思を表す。

   17日 赤江浜仮設道路上にてサーファーが座り込みを始める。
    31日 損害賠償の恐れがあるとし、サーファーによる座り込みが終わる。
11月 1日 本格的に人工リーフ建設工事が始まる。
2006年:
 2月20日 赤江浜を守る会が、安藤宮崎県知事に対し「赤江浜災害復旧事業における人工リーフ建設の不当性」を訴え住民監査請求を起こす。
 4月12日 宮崎県監査委員は監査請求を棄却する決定を通知。
 5月21日 住民訴訟に踏み切ることとなった。 ウミガメと砂浜を準原告としている。
 6月     工事終了

工事前の赤江浜。突堤は以前からあった


工事概要

(1)宮崎海岸(赤江地区)
位置:宮崎空港南、1号突堤から5号突堤まで
延長:1,660メートル
工法:緩傾斜護岸工、突堤工
事業費:約7億円

(2)宮崎海岸(赤江地区)
位置:宮崎空港南、6号突堤から清武川河口付近まで
延長:1,340メートル
工法:人工リーフ工、突堤工
事業費:約20億円

工事期間
工事着工:平成17年9月14日
工事終了:平成18年3月25日




県が発表した工事モデル

人工リーフとは(宮崎県庁ホームページより)
自然の珊瑚礁をまねた構造物です。沖縄の海などに見られる珊瑚礁は、海岸付近で広い浅瀬を作ります。波は水深が浅くなると砕けて、その勢いを失います。珊瑚礁による浅瀬が沖まで広がり、遠浅になっていますから沖のほうで波が砕けることになります。人工リーフは、このような珊瑚礁の持つ優れた消波効果を期待した構造物です。

注)この工法はすでに千葉県君ヶ浜海岸で施工され、結果として失敗している。波乗りが出来なくなり、設置されたコンクリートブロックは破壊され無残な姿をさらしているとのこと。


赤江浜を守る会とは
「護岸をしないための反対運動ではなく、皆がうまく共存できる護岸工事を県と話し合って決めていこう」
をスローガンに活動している環境NPO団体。

県と赤江浜を守る会の意見の違い(2005年、11月18日(工事前)、宮崎県土木河川課13名、赤江浜を守る会を中心とした市民65名が参加した話し合いより)

 <行政の意見>
■ 限られた予算の中では人工リーフ工法が砂浜を守る最良の策である。
■ 工事は決定している。
■ 行政として砂浜の侵食に対して何もしないというわけにはいかない。
■ 宮崎の砂浜減少の理由については調査中である。

<赤江浜を守る会の意見>
■ 成功例がほとんど無く、千葉県の君ヶ浜ですでに失敗している人工リーフ工法、およびそれに携わり、赤江浜の工事にも携わっているコンサルティング会社を信用できない。
■ ハワイやオーストラリアで成功を収めている、サンドバイパス工法への工法変更を求める。赤江浜の場合、宮崎空港滑走路の北側に堆積した土砂を滑走路南側にサンドバイパス工法で送ることができれば人工リーフは必要ない。
■ 今回の工事自体、緊急性が無く、畑に塩害の被害などが出ていない。
■ 波によって破壊されたのは、壊す必要のあった過去の工事用仮設道路である。
■ 地域住民に対して人工リーフ建設の説明が無く、地域住民の総意ではない。
■ 予算以外、何のデータも無い工事で自分たちの大切な赤江浜が潰される事は我慢できない。
サンドバイパスとは(静岡県庁ホームページより)
漁港などの構造物の設置により沿岸漂砂の上手側に堆積した土砂を、沿岸漂砂の下手側に移動させることにより沿岸漂砂の連続性を回復させる方法です

注)現在日本では、静岡県天竜川河口付近の福田漁港において、突堤による堆積・侵食の対策としてサンドバイパス事業が検討されている。国内初の試みとなるため、各分野の専門家を集めた「サンドバイパスシステム検討委員会」を設置、システムの位置や採取量を決定。
今年度は工事実施に向けての構造物の詳細な設計を行う。


<2006年2月13日 河川課担当者>
砂浜の侵食は全国的に起こっている問題であり、赤江浜の場合は2004年度の度重なる台風で砂浜が大きく侵食され、後ろの防護林まで侵食されてしまった。行政としては何らかの手当てをしなければならず、将来砂浜が残る可能性があるとして人工リーフ工法を選択した今までの、緩傾斜護岸、直立堤では、波の力に負け、工事を一度二度、ひどいところでは三度もやり直しているところがある。サンドバイパス工法は一番良い方法だとは思うが、災害復旧制度という法律の中では予算が下りない。また、どこにどれだけの砂が溜まっているのかという調査にも費用がかかり、宮崎県の単独事業としては考えられない。人工リーフを入れた後、サーフィンが全く出来ないとは考えていない。侵食防止、アカウミガメ、サーフィン、すべてのことを満たす工法は無い。人工リーフ工法が今の法律の枠の中で考えられる最善の策だと考えている。

<2006年2月14日 国土交通省担当者>
国土交通省のほうから、宮崎県に対して工法の要請をすることは無い。宮崎県から上げられた工法に対しては、費用も含め、それが適しているかどうかを総合的に判断することだけである。サンドバイパス工法は、養浜工事としては考えられることだが、災害復旧事業としては考えられない。災害復旧事業は原則として「壊れたものを原形に復旧するもの」とあり、サンドバイパス工法で砂を砂浜に戻しても、また、沖に流れ出てしまう。形が無いものでは認められない。

今後の裁判の争点
<工事そのものの違法性>
そもそも災害であったのか。緊急を要するものであったのか。災害復旧事業で定められる、
現状復旧の範囲を超えた工法ではないのか。
代替案がほとんど検討されていない。
<自然破壊>
アカウミガメおよび産卵が行われる海岸は、
県と市の天然記念物である景観を破壊しないと言われていたが、甚だ醜い海岸となってしまっている
<海岸の有効利用の破壊>
海岸利用の保護が盛り込まれた海岸法に違反してはいないか

注)本来なら訴状そのものを表記すべきですが、かなりの量になるため概要で割愛させて頂きました。

工事後の赤江浜
■ 工事終了後、人工リーフ(と称される)ブロックに直接うねりが打ち寄せるようになってきた。ブロック前がドン深になってきている。
■ 工事区間に「危険」との立て札が設置される。責任逃れではないか。
■ 産卵のため上陸したカメが、ブロックに阻まれ行きつ戻りつした足跡が確認されている。
■ ブロックの傾斜、金具の破損などが確認されている。また、砂浜に放置された金属の杭やワイヤーも確認されている。

右:2006年7月20日、カメの足跡あり。 左:2006年10月1日 砂に埋もれていた人工リーフがあらわになっている。右写真のほうが約17cmだけ潮位が高い状況。


2006年4月2日 完成直後の人工リーフ。まだ半分以上砂に埋もれている


2006年6月13日 工事後わずか数ヶ月で破損した金具


2006年6月19日 新たに設けられた緩傾斜護岸の前で右往左往するカメの足跡


2006年7月14日 工事後に立てられた看板


2006年7月27日 上陸したカメが砂浜の突き当たり、工事用仮設道路の下に産卵した。しかし、積まれた砂が崩れ、徐々に埋まっていく。


2006年10月9日 浜崖の状況。工事以後次第に角度が急になっている

河川の砂の移動に関する県とのやり取り(砂浜を守れ ブログより)
先日、宮崎県の幾つかの河川で氾濫防止のため堆積した土砂の浚渫が行われるとのニュースがありました。これについて、宮崎県河川課に「根本的な解決となりうるのか」「海に流れ行くはずだった砂をどこに捨てるのか」等の質問をしたところ、以下のような返事が返ってきました。
――――――――
このたびは、「宮崎県土木部河川課宛」にメールいただきましてありがとうございました。あなた様からいただいたメールについて、お答えします。

「河川の氾濫防止のための浚渫」についてお答えします。昨年の台風では、県内各地で甚大な浸水被害が生じました。また、山間部を中心に山腹崩壊が多数発生したため、河川に多量の土砂が流入し堆積しているところがあります。
このため、洪水時に川の流れを阻害し氾濫の恐れがあるなど、治水上支障となっている箇所の堆積土砂については、そのまま放置できないため早急に取り除く必要があり、現在撤去の工事を行っているところです。

次に「土砂を捨てる場所」についてですが、掘削した土砂は、付近の上下流で深掘れしている箇所に移動したり、河川から撤去して付近の公共工事などに利用しています。

なお、県では、河川の上流域森林の整備を実施し、国土保全、水源涵養等の森林の公益的機能の増進に資する事業に取り組んでいます。

県としましては、今後とも災害に強い県土づくりをめざし河川における浸水対策に努めてまいりますので、御理解と御協力をいただきますようお願いいたします。

***************
宮崎県土木部河川課
 管理担当,水政担当,河川担当
 ダム担当,計画調査担当,災害担当
――――――――
川の流れ行く先、つまりは土砂の流れ行く先の海で砂が足りていないことを知っているはずなのに、それを工事に使う、同じ河川内で移動するという返事でした。おそらく「質が違う」等の理由からと河川課の方は言われると思うんですが、皆さんどう思いますか。


県とのやり取りその2
先日記載した、河床の浚渫の記事に寄せていただいたご意見を元に、再び河川課に以下の質問をしました。

@浚渫した砂で深ぼれした所を埋めるつまり、一方で深くして一方で浅くする、その理由がわかりません。しかも、川の形は変わっていないのだからまた掘られると思うのですが。
A周囲の公共工事にも使われるそうですが、どのくらいの量がどこに運ばれたかなどは記録されるのでしょうか。
B海岸で砂が足りないことはご存知だと思いますが、浚渫した砂を浜に持ってきて養浜するなどは考えていらっしゃらないのでしょうか。

その返事です。
――――――
「河川の浚渫についての質問」についてお答えします。
洪水時に川の流れを阻害し氾濫の恐れがあるなど、治水上支障となっている箇所の堆積土砂については、そのまま放置できないため早急に取り除く必要があり、現在撤去の工事を行っているところです。掘削した土砂は、付近の上下流で深掘れしている箇所に移動したり、河川から撤去して付近の公共工事などに利用しています。

ここで、「付近の上下流で深掘れしている箇所に移動」という意味ですが、河川は、地形によって土砂が堆積しやすかったり、逆に川底が掘れやすかったりします。特に昨年の台風では、大きな洪水となりましたので、護岸が壊れたり又は壊れる恐れがあるなど、川底がより深く掘れてしまった箇所があります。そこで、治水上支障となっている堆積した土砂を、川底がより深く掘れてしまった箇所に運び、掘れる前の川底まで戻すために利用するということです。

また、「河川から撤去して付近の公共工事などに利用する」場合は、持ち出す土砂量や持ち出し先は確認をしています。

最後に、「浚渫した砂を浜に持ってきて養浜」することについては、現在実施している県の工事箇所は中山間部が多く、土や岩塊を含む石がほとんどですので、養浜には適さないと考えています。但し、下流域の浚渫を行う際には、土質や不純物の調査を行い、養浜の適否を判断することを行います。
以上、メールについての回答でございます。

赤江浜を守る会 

Blog: http://blue.ap.teacup.com/turtle/
E-mail:jokersurf@jp.bigplanet.com(代表)
tgd514u@student.miyazaki-u.ac.jp(西村)