特別連載 
 
180. 有明海から考える「神話と伝説」A
 
 久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士) 

神話と伝説

第一章 新たな歴史

展 開

 ムツゴロウの謎を解くのと並行して、古代人は、ムツゴロウが生息する海岸近くで暮らしていた。そして、人は、気候の変化で海面が上下する時も、ムツゴロウと同じように、移動、後退をしながら暮らしていた、とこのような仮説をたてました。
 ここから、仮説を展開していきます。
 これまでは、海面上昇で、すべてが海沈した、と考えられてきました。しかし、有明海では、ムツゴロウや、もっと動きの少ない貝類などが、今も生息しています。海面上昇は、珍しい生物がついていける、ゆっくりしたスピードだった、と分かります。
 また、古代には、大きな火山爆発もあります。約二二、○○○年前の姶良カルデラの大爆発は、火山灰が、日本全土に降った、と言われています。
 西日本では、縄文時代の資料は、あまり出土しておりません。そこで、西日本の人は、火山灰の下敷きになり絶滅した、と言われてきました。西日本では、他にも、阿蘇、桜島など、大きな火山爆発がいくつもあります。
 ムツゴロウは、氷期や火山灰の影響をうけても、今日まで生き延びています。どんな時でも、生息できる、ぎりぎりの条件は維持していた、と分かります。
 ムツゴロウが、生息できる条件は、同時に、人間が生存できる条件でもあります。どんな時でも、人間が生存できる、ぎりぎりの条件を維持していた、と分かります。西日本の人は、絶滅していませんでした。それは、ムツゴロウが、今でも生息していることから分かります。
 また、ムツゴロウが、日本で、ここだけという生物だから、年代や場所を特定することができます。そういう意味では、ムツゴロウは歴史の証人です。

 このような珍しい生物が、他にカブトガニがいます。
 カブトガニは、九州北部では、佐賀県・長崎県・福岡県、九州東部では大分県、瀬戸内海沿岸では兵庫県・岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県などで生息しています。
 ここも、温暖な気候、魚介類、海藻類が豊富なところとして知られています。また、大きな遺跡が発見されるのも、有明海沿岸と共通するところです。
 カブトガニも、氷期や、火山灰の影響を受けても、今日まで、生き延びています。ここでも、どんな時でも、カブトガニが生息できる、ぎりぎりの条件を維持していたことが分かります。
 カブトガニは、東アジア、東南アジアでは、中国、台湾、フィリピン、ボルネオ、インドネシアなどで生息しています。
 これまでは、今の陸地から出土した資料で、歴史考察がなされてきました。これは逆の見方をすると、人は今の陸地だけで暮らし、海沈した地域で、人は暮らしていなかった、と限定することになります。
 古代人が、後に水位が上がり、今の陸地になるとは、考えてもいなかったはずです。
 それとは関係なく、暮らしやすい場所を選びます。そういう場所に、自然、人は集まっていきます。それは、動物も同じで、餌が豊富なところに、いつの間にか集まっています。
 古代の気候をみると、一回だけでなく、度々あったことが分かります。古代人も、その度に、移動をくり返していました。その、過程を考えていきます。
 古代人は、ウルム氷期、狭くなった東シナ海沿岸で暮らしていました。それが、温暖な気候に変わって、海面が上昇して、移動、後退していきます。

 それは、
 日本列島へのコース、
 朝鮮半島へのコース、
 中国大陸へのコース、
 台湾へのコースです。
 そして、それぞれの地に到着して、今の陸地で暮らしはじめます。
 (約一三、○○○年前頃)

 しばらく、今の陸地で暮らしていましたが、晩氷期に変わり海面が低下しました(ウルム氷期ほどでない。日本列島は、ほぼ、陸続き)
 人も、同じように移動し、狭くなった東シナ海に到着します。
 そして、狭くなった東シナ海で、再び、暮らしはじめます。
 (約一○、五○○年前頃)

 狭くなった東シナ海で暮らしていると、ウルム氷期を北で過ごした、渡来系の特徴をもつ人たちが、南下してきました。そして、両者は混血していきました。
 しばらくすると、温暖な気候に変わり、海面が上昇します。混血した人も、同じように移動、後退し、それぞれの地に到着します。
 そして、再び、今の陸地で暮らしはじめます。
 (約九、五○○年前頃)

 しばらくすると、今より、さらに、温暖な気候に変わり、海面が上昇します。混血した人も、同じように移動、後退し、それぞれの地に到着します。
 そして、今より、少し高い地で暮らしはじめます。
 (約六、五○○年前頃)

 また、今の気候に戻り、海面が低下します。混血した人も、同じように移動し、再び、今の陸地で暮らしはじめます。
 (約六、○○○年前頃)

 それから、時代が下がって、低温期に変わり、海面が低下します。混血した人も、同じように移動し、少し、狭くなった東シナ海に到着します。
 そして、少し狭くなった、東シナ海で暮らしはじめます。
 (約三、○○○年前頃)

 この低温期に、エジプト、メソポタミア、インダス、黄河の世界四大文明が滅んでしまった、と言われています。
 それまでは、水の豊かな土地だったのが、気温の低下で、雨の少ない地域に変わりました。その後、気温は元に戻りましたが、雨がよく降る地域とならず、乾燥して砂漠化してしまい、四大文明は滅んでしまった、と言われています。
 農耕技術が確立した中国大陸では、低温の影響を受け、不作が続きます。そこで、領地を広げようと、侵攻していきます。
 中国大陸では、中国南部、モンゴル、中国東北部、朝鮮半島、日本へと、追わた人たちがありました。
 追われた人は、それぞれの地に、水稲技術をもっていきました。中国南部では、その後、漢民族の南下で、さらに追われていきました。雲南地方の人たちの中に、追われたグループがいると思われます。
 と中国大陸では、以上のようなことがありました。

 日本では、少し狭くなった東シナ海で、暮らしはじめた頃になります。
 この海面低下は、前の氷期のように、大きな低下ではありません。それでも、東シナ海は、少し、狭くなり、中国大陸、朝鮮半島との距離は、今より、近くなっています。
 そこに、中国大陸を追われた人たちが、水稲技術や、当時の最新技術をもって渡来してきました。
 これまでは、海面低下の分だけ移動し、その沿岸で暮らしていました。そこに、中国大陸を追われた人たちが、水稲技術や、当時の最新技術をもって、渡来してきました。その技術を手にしようと、これまでとは違う移動がありました。
 また、朝鮮半島からも、騒動に、はじき飛ばされるかたちで、渡来してきた人たちがいました。しかし、中国大陸や朝鮮半島から渡来して来た人たちが、民族の構成を変えるような、多数ではなかったと思われます。

 しばらくすると、今の温暖な気候に変わり、海面が上昇します。混血した人も、同じように移動、後退し、それぞれの地に到着します。
 そして、再び、今の陸地で暮らしはじめます。
 (約二、四○○年前頃)
 と以上が概略です。

民族の構成

 日本列島の、民族の構成を考えていきます。それには、「ムツゴロウとカブトガニの分布図」が参考になります。
 図は平成元年「日本カブトカニを守る会」から出版された『日本カブトガニの現況』を参考に作成し、それに、ムツゴロウの生息地を加えたものです。


 図から、ムツゴロウとカブトガニが、どのへんに生息し、そして、どのようにして現在に至ったかは、大体、想像つきます
 この二つが、確かなコースとなるので、他のコースも推測しやすくなります。
@宮古島周辺のグループ。
A沖縄周辺のグループ。
Bカブトガニ前線より東にいて、順次、太平洋側の海岸線を北上したグループ。
Cカブトガニ前線で、九州東海岸、四国北部から、瀬戸内海沿岸を、奥へ奥へと入って行ったグループ。(後の水軍)
D朝鮮半島側にいて、九州北部側にまわり、順次、日本海側を北上したグループ。
E南九州にいて、鹿児島に着いたグループ。(後の隼人族)
Fムツゴロウ前線で、有明海に着いたグループ(後の肥人族)
 と以上の、大きなグループが考えられます。
 晩氷期の最盛期(約一○、五○○年前頃)、海面が低下して、日本列島は、ほぼ、陸続きになっています。そこでは、原日本人が暮らしています。そこに、渡来系の特徴をもつ人たちが、南下してきました。そして、原日本人と混血していきました。
 その、混血状況を考えます。
@宮古島周辺、沖縄周辺は、遠くなればなるほど混血率は低くなっていきます。このように、混血率は、遠くなればなるほど、低くなるという勾配を示します。 
 また、ここは、東南アジア島嶼地域と、近い関係にあります。宮古島や沖縄周辺の人たちは、渡来系のほかに、この地域の人たちとの混血も考えられます。
Aカブトガニ前線より東には、すでに、暮らしている人たちがいます。渡来系の人たちが、
 この人たちを乗り越えて、東に行くとは考えられません。
 この地域とは陸続きですが、遠くなればなるほど、混血率が低くなる、という勾配を示します。
 逆に言えば、遠くなるほど、原日本人の特徴が多く残るという、逆勾配を示します。
Bカブトガニ前線にいる人たち、ムツゴロウ前線にいる人たち、それより西の朝鮮半島側にいる人たちは、@、Aの地域の人たちより、朝鮮半島と近い関係にあります。そこで、混血率は高くなります。
 逆に言えば、この地域の人たちは、@、Aの地域の人たちより、渡来系の特徴が多く残ります。
 ここで、有明海沿岸で暮らす吉野ヶ里人が、どうして、渡来系の特徴を多くもっていたか分かります。
 それでも、この地域の人たちとの間では、地域差があります。そこで、朝鮮半島側に近
 くなればなるほど、混血率は高くなっていきます。
 しかし、この地域は、近い関係にあるので、その勾配は、ゆるやかなものになります。
 そして、海面上昇がはじまり、日本列島は、朝鮮半島と離れていきます。
 そこで、朝鮮半島に近い、渡来系の特徴を多くもつ人たちが、北部九州側に回り、日本
 海側を、海面上昇に合わせて、順次、移動して行きます。

 このグループ(多数派)が、後に何々族と呼ばれる、民族の基礎となりました。グループに加わらず、はじめから、高い地で暮らす人たち(少数派)もいました。
 狭い東シナ海時代、多数派は、互いに交流、刺激しあって進んだ技術を身につけました。少数派は、あらゆる面で劣勢です。多数派が今の陸地に到着して暮らすようになれば、追われるかたちになり、山に入っていきます。一定の距離を保って暮らしていたのが、長い年月のうち、多数派と同化していきました。
 吉野ヶ里のすぐ北(山側)の志波屋六本松乙遺跡と、土井ヶ浜遺跡からも、縄文系の特徴をもつ人骨が出土しています。渡来人が集中したと言われる、この地域から、縄文系の特徴をもつ人骨が出土しています。縄文系の特徴をもつ人骨は、前に述べた理由で、少数派のものと考えられます。
 弥生人を三つに分けた図の、西北九州や南九州、離島などの、縄文系の特徴を多くもつ弥生人も、同じ理由で、少数派の人骨と考えられます。

資料と合わせる

 古代人は、食糧事情がいい、海岸近くで暮らしていた、とこのような仮説をたてました。そして、この仮説を基に、古代の歴史を、ここまで展開してきました。
 しかし、自説を一方的に主張するだけでは、支持を得ることはできません。支持を得るには、根拠をあげて、証明していかなければなりません。
 狭い東シナ海時代、多数派は、互いに交流、刺激しあって進んだ技術を身につけます。そして、それを、海面上昇の移動、後退で、それぞれの地にもち帰ります。
 それを、もち帰って暮らすようになれば、痕跡として残ります。そこで、多数派が、今の陸地で暮らす年代になると、それ以前とは、はっきりした違いがでます。
 この仮説が正しい場合、多数派が、今の陸地で暮らす年代になれば、資料に顕著な例が見られるはずです。
 一方、離れた年代は、少数派の資料を見ていることになります。そこで、資料が激減して、衰退したか、絶滅したように見えるはずです。
 仮説の正否は、ここで証明できるか、否かにかかっています。
 多数派が今の陸地で暮らしていた時代と、暮らしていなかった時代を、資料と合わせて見ていきます。

@約一三、○○○年前(今の陸地で暮らす)
 顕著な例が見られます。
 資料が突然出土するようになり、専門家は、それを転換期と位置づけておられます。
 植物では、寒冷植物が姿を消し、落葉広葉樹が広がりを見せる。
 動物では、イノシシが急増。
 青森県・太平山元1遺跡から、一三、八○○年前頃の、土器が出土。
 長崎県・福井洞穴遺跡から、一ニ、七○○年前頃の、土器が出土。
 これは、土器の年代、温暖期の年代、それぞれ誤差が考えられます。歴史の長さからすれば、誤差の範囲で、一致すると言えます。
 他に、画期的な道具細石刃が出土。

A約一二、五○○年前(この年代から離れる)
 約一二、二○○年前の、深鉢土器が出土。
 ここも、誤差の範囲で、一致すると言えます。

B約一○、五○○年前(離れていない)
 資料が激減する。

C約九、五○○年前頃(今の陸地で暮らす)
 貝塚の発見。
 古代人は、狩猟採集で、食肉生活だと考えられてきました。それは、一番、古い貝塚の発見が、この年代になるからです。
 しかし、海面が低下していたことを考えれば、今の水位になる、ウルム氷期の終わり(約一三、○○○年前)か、この年代、以降のものでなければ、貝塚を発見することは出来ないのです。
 晩氷期、原日本人が、狭くなった東シナ海に到着して、再び、暮らしはじめます。そこに、渡来系の特徴をもつ人たちが南下して、両者は混血していきました。
 一緒に暮らすようになれば、原日本人の技術に、渡来系の技術がプラスされ、技術力は倍加します。
 また、中国大陸や、東南アジア島嶼地域と、近くなっています。
 その中で、互いに交流、刺激しあって、進んだ技術を身につけます。それに、年月の積み重ねによる、技術の進歩もあります。このような、状況が考えられます。
 そこで、この時代の技術は、飛躍的に進歩した、と推測されます。
 その人たちが到着して、痕跡を残すことになります。その人たちが到着して、暮らしはじめたにしては、出土するものが少ないのです。
 貝塚が発見されただけで、前の、今の陸地で暮らした時代(約一三、○○○年前)のような、顕著な例は見られません。
 それは、約六、五○○年前頃、気温が、今より、二度、上がりました。気温が上がれば、水位が上がります。
 水位が上がれば、満ち潮で、土砂が押し戻され、それが堆積して、新たな地層ができていきます。
 そこで、この時代のものは、新たな地層に埋もれ、発見が少なくなります。

 近年、この年代の遺跡が、鹿児島県で発見されました。
 それは、上野原遺跡、前原遺跡、加栗山遺跡、永迫遺跡などです。その中の、上野原遺跡では、四十六戸の、竪穴住居跡が確認されています。
 縄文時代の資料は、東日本で、多く出土します。
 そこで、東日本は人も多く、技術も進んでいた。西日本は人も少なく、技術も遅れていた。縄文時代は、東高西低の時代と言われてきました。
 これらの発見で、西日本が遅れてなかったことが、資料でも証明されました。
 また、縄文人は、狩猟採集をしながら、点々と暮らしていたとも言われてきました。
 ここでは、すでに、集団で暮らしたいたことも分かりました。
 平成十三年六月十五日の新聞は、
 「北海道南茅部町教育委員会十四日、同町垣ノ島B遺跡で出土した腕輪などの漆製品が放射性炭素を使った年代測定の結果、約九、○○○年前(縄文時代早期)のものと分かった」そして、
 「同町教育委員会によると、これまで日本 最古の漆製品とされてきた新潟県大武遺跡の漆製品(約六、六○○年前)より二、○○○年以上古い。
 同町教育委員会や札幌国際大の吉崎昌一教授(考古学)によると、中国・長江の下流域の河姆渡遺跡(約七、○○○年前)の漆製品よりも古いため、現段階では世界的にも最古とみられ、漆文化の起源をめぐる論争に一石を投じる発見といえそうだ」
 と報じています。
 ここでは、約九、○○○年前の漆製品の、起源に言及されています。しかし、晩氷期の狭くなった東シナ海時代の技術を、それぞれの地にもち帰ったものです。
 漆製品が出土しますが、前に述べたように、この年代のものが、少ないのに変わりはありません。

D約六、五○○年前頃(今より、高い地で暮らす)
 気温が二度上昇。海面が、今より上がる。
 (海進時代)



 図は、昭和六(一九三一)年、『地誌学』(古今書院刊)に、東木龍七氏が発表された、海進時代の「関東平野の貝塚分布と地形系統図」です。
 近年、地球温暖化が言われるようになり、海面上昇の影響が危惧されています。
 平成十年、一月発行の『imidas・,98・特別付録・スーパーマップ』(集英社刊)002ページで、海面が一○メートル上昇した場合の、シミュレーション地図が掲 載されています。
 その海面が、一○メートル上昇した場合のシミュレーションラインと、この貝塚分布ラインが、ぴたり重なります。
 貝塚は、標高一○メートルの高さにあります。
 海岸は、貝塚と、そう離れていないと思われるので、この図から、海進時代の海は、大体、想像できます。
 海進時代の海は、こんな奥まで、入り込んでいます。それまで暮らしていたところは、新たな地層に埋もれてしまいました。
 そこで、埋もれていった時代のものは、発見が、極端に少なくなります。人骨の発見は、わずか、数十体と言われています。
 そこで、次の時代に移すことができず、縄文早期は、六、○○○年以上という、長い期間、続きます。
 海進時代、人は貝塚あたりか、それより、高いところで暮らしています。この時代の痕跡は、そこに眠っています。
 そのような事情で、この年代のものも、発見が、少なくなっています。

E約、六、○○○年前頃(今の陸地で暮らす)
 水位が下がって、人が、今の陸地戻って暮らす、縄文前期(約六、○○○年前〜約五、○○○年前)になれば、一斉に出土します。
 富山県、桜町遺跡(約六、○○○年前頃)からは、
 高床式建物の部材と見られる、加工を施した、柱材、梁材、桁材、壁材など。

 また、漆塗りの木製浅鉢、組合せ式の斧柄、網代編みの、カゴやザルなどが出土します。福井県、鳥浜遺跡(約五、五○○年前頃)からは、
 長さ・六、○八メートル、幅・六三センチ、厚み・三、五〜四センチの、丸木船。
 また、漆塗りの土器、漆塗りの櫛、網代編みの、カゴやザル、糸の大きさ・二〜二、五ミリの編み物などが出土します。
 両遺跡で共通するのが、木の加工品、漆塗り、網代編みの技術です。
 ここで出土するのが、晩氷期の狭い東シナ海時代、手に入れ、もち帰った技術です。やはり、狭くなった東シナ海時代の技術は、飛躍的に進歩していました。
 狭くなった東シナ海時代から、この時代まで、長い年月が経過しています。その間、技術は進歩します。
 狭くなった東シナ海時代の技術は、資料のような、完成度はなかったと思われます。しかし、それに近いものを、もち帰りました。それは前述した、北海道南茅部町の垣ノ島B遺跡で出土した腕輪などの、漆製品からも、それが証明できます。
 それが、新たな地層に埋もれ、この年代になり、やっと、出土するようになります。
 話題になった、三内丸山遺跡は、約五、五○○年前頃からはじまる、と言われているので、この年代になります。
 三内丸山遺跡からも、両遺跡と共通するものが出土しています。
 従来は、弥生時代になり、中国大陸や朝鮮半島から、渡来人が、文化や最新技術をもってきた、と言われてきました。
 この発見で、それより、はるか前の、この年代、日本列島では、高い技術をもつ人が、暮らしていたことが分かりました。
 そこで、マスコミは、「縄文のイメージを覆した」と大々的に報じました。
 前述した、桜町遺跡、鳥浜遺跡の資料は、三内丸山遺跡発見より前、すでに、出土していました。
 三内丸山遺跡発見前、すでに、縄文のイメージを覆す、大発見があったのです。
 しかし、高度な技術が、唐突に出現することへの戸惑いからか、三内丸山遺跡のような、大きな注目が集まりませんでした。すでに、出土していたので、この時代、高度な技術をもつ人が、暮らしていたことは分かっていました。
 そこに、三内丸山遺跡が加わり、仮説の正しさを、補強する結果となりました。
 渡来があったと言われる、はるか前、日本列島では、高度な技術をもつ人が暮らしていました。
 高度な技術をもつ人が、この年代に、どうして日本にいるのか。また、高度な技術をもつ人が、どこから、どのようにして来たのか。
 その疑問に、従来の考え方(歴史観)では、説明できなくなりました。
 そして、従来の考え方(歴史観)は、誤っているのが、決定的になりました。
 また、従来は、渡来系の人が、東北北部まで進出したのは、八世紀末以降だろうと言われてきました。三内丸山遺跡は、それも覆しました。
 このように、三内丸山遺跡の発見は、各方面に、大きな影響を与えています。

F約三、五○○年前頃(ここから、離れ出す)
 低温期に変わって、海面が、いくらか下がります。
 三内丸山遺跡は、四、○○○年前頃から、人が住まなくなったと言われています。
 これも、誤差の範囲ではないでしょうか。

G約三、○○○年前頃(低温の最盛期。離れていない)
 資料が、激減する。
 そこで、伝染病や冷害などで、人口も激減したと考えられてきました。
 縄文中期に最大(約二十六万人)になった人口が、後期にやや減少し(約十六万人)、晩期は人口減(約七万六千人)の、ピークだったと言われています。
 しかし、海面低下で、多数派が離れたので、資料の数が激減します。
 晩期の人口は、今の陸地に残った、少数派と考えられます。
 この時代、中国大陸を追われた人たちが、水稲技術や、当時の最新技術をもって、渡来してきます。この時代は、晩氷期の狭い東シナ海時代の、渡来人が南下してきた時代と、状況がよく似ています。
 そこで、この時代の技術も、飛躍的に進歩した、と推測されます。

H約二、四○○年前頃(今の陸地で暮らす)
 資料が、急増する。
 そこで、人口も、急増したと言われてきました。
 しかし、海面上昇で、多数派が戻って暮らすようになり、資料が急増します。
 前の時代、人口が激減したと誤ったので、急増したように見えます。
 また、資料も変革します。
 そこで、共通するものが出土する、朝鮮半島や中国大陸から、文化や最新技術をもってきたと、渡来説がたてられました。
 水稲耕作跡は、縄文晩期から、弥生時代にかけて出土します。
 ここでも、低温期に飛躍的に進歩した技術が、やっと、この年代になり、出土するようになります。
 あらゆるものが変革するので、弥生時代に変わります。

 資料と合わせると、多数派の行動が、よく表われています。多数派が暮らす年代になれば、顕著な例が見られ、資料が急増します。また、離れた年代になれば、資料が激減し、衰退したか、絶滅したようになります。それは、どの時代も、同じ結果になります。
 冒頭で、渡来説が主流で、定説のようになっている。渡来説がたてられるようになったのは、次の理由があげられます。
@縄文晩期、資料が激減する。
 そこで、人口も激減したと考えられる。
 それが、弥生時代になり、急増する。
 この人たちが、どこからか渡来したと考えないと、人口急増の説明がつかない。
A弥生時代になると、資料に変革が見られる。それは、人骨も同じである。
Bそれと共通するものが、朝鮮半島や中国大陸から、多く(人骨を含めて)出土する。
と述べました。
 しかし、資料と合わせていくと、その理由が、ことごとく否定されていきます。そして、近隣諸国の資料と、比較して歴史を探る方法の、限界が見えてきます。資料からも、渡来説の誤りを、証明することができました。


年代だけでは、どちらとも言えないところがあります。

 もう一つの判断材料、栫ノ原遺跡の高さは、標高約三○メートルの独立した丘陵の上に、立地すると言われています。他の遺跡の高さは分からないので、ここでは、栫ノ原遺跡だけを考えます。
 栫ノ原遺跡は、標高三○メートルの丘陵地にあります。前の関東地方の貝塚分布図で、貝塚は、標高一〇メートルの高さにありました。そこで、この時代の海は、貝塚より低いところになります。栫ノ原遺跡は、三○メートルの高さにあるので、海進時代、海の下になって、新たな地層に埋もれることはありません。
 この遺跡は、三○メートルの丘陵地にあります。そこで、少数派の、遺跡の可能性があります。少数派の遺跡とすれば、わずかな年数で、少数派の技術が、ここまで追いたことになります。
 また、前述した、約九、五○○年前頃の、鹿児島県国分市・上野原遺跡は、標高二五○メートルの、シラス台地に立地すると言われています。そこからは、四十六戸の、竪穴住居跡が確認されています。
 この年代は、狭い東シナ海時代、進んだ技術を身につけた多数派が、今の日本列島に到着して、暮らしはじめた頃になります。
 ここは、高地になります。それも、かなりの高地です。そこで、上野原という、地名がつけられたと思われます。
 高地にあるので、小数派の遺跡の可能性があります。もし、多数派の遺跡であれば、桜町、鳥浜、三内丸山の三遺跡と同じような資料が、出土しなければなりません。
 狭い東シナ海時代から、三遺跡時代まで、長い年月が経過しています。そこで、狭い東シナ海時代の技術は、三遺跡のような、完成度はなかったと思われます。しかし、それに近い技術を、もち帰っています。上野原遺跡から、それに近い資料は、発見されておりません。
 遺跡の高さ、資料で考慮すると、少数派の遺跡と思われます。そうだとすれば、少数派も、すでに、竪穴住居に住み、集団で暮らしていたことになります。
 気候の変化は、地球的規模で起こります。緯度により、気候の変化の、はじまりと終わ
次号へ続く

※ 有明海から考える「神話と伝説」の連載について
 久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士)

 リポートV 八月号に「ムツゴロウは泳げなかった」を掲載しました。この中に登場する『ムツゴロウが教える日本の起源』を書いたのが久光教弘氏です。

 (再掲)この本のタイトルのとおり、久光教弘氏はムツゴロウそのものをテーマにされているのではなく、ムツゴロウの話を導入部として日本と日本人の起源を論じておられるのです。 
 氏は佐賀市在住の現役の建築士として設計事務所を経営されていますが、一度お話を伺いにお訪ねしたことがあります。その際も新著の原稿に取り組んでおられていましたので刊行を楽しみにしています。こちらも文化人類学の好著と推測しています。
 同書は自費出版されたものでしたが、非常にレベルの高い文化人類学に関する好著です。非常に面白い本で、私も一気に読み終えた記憶があります。

※ 『ムツゴロウが教える日本の起源』のお求めは、ハガキかFAXでお願いします。
住所:〒840-0805 佐賀市神野町西4丁目4-8 久光 教弘(ヒサミツミチヒロ)
FAX : 0952-31-7702 24時間受付

■ 次回への予告■ G
V   環境保護派よ我が梁山泊に楯籠もれ! (NO. 9) 12月号
181
"赤江浜を守れ!"(仮称)
 赤江浜護岸工事公金支出差止等(赤江浜自然環境保全)住民訴訟事件
 赤江浜を守る会
20060818
182
バブル経済と環境破壊
20061020
183
ウータン(水没をまぬがれた有田の秘境大谷)中編
 九州源流紀行 民俗編 〜大谷〜 
 音屋の昭太郎 
20060731
184
官僚はなぜ汚職を続け天下りを続けるのか?
20060601
185
田 野
20061020
186
山間の平地はどのようにしてできたのか?
20061020
187
タイトル未定
 筑後川水問題研究会 中原 孝矩(元記者)
188
"有明海から考える列島文化"『神話と伝説』第3回
 久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士)
20060808
■次回への予告■H