173
有明海の豊かさとその危機
鹿児島大学 理学部 地球環境科学科 助教授 佐藤 正典
20041001


※ 「有明海の豊かさとその危機」の掲載について   古川 清久

 鹿児島大学の佐藤正典助教授による待望の論文を掲載する事ができました。当然ながら、“2006 有明海・不知火海フォーラム in しまばら”で基調講演をお願いした佐藤正典 先生のリポートです。
 本論文は佐賀自然史研究会の会報「佐賀自然史研究」(10:129−149,2004)に掲載された論文です。この“さしけん”自体については知っていましたが、迂闊にも、この論文の存在をつい最近まで知りませんでした。今回の掲載は佐賀自然史研究会及び佐藤正典助教授のご好意によるものです。 
 私にとって特に印象深かったのは、“W.まとめ−真の環境復元をめざして−”で書かれている“大牟田市の諏訪川の水門撤去”に関するの話でした。ここは農業用水を溜めるとして感潮河川に水門が造られ、水門上流部が淡水化された小規模な河口堰の上流部だったのですが、宅地化が進みもはや農業用水の需要も減ったために水門を造り直すよりはフル・オープンにして元の潮が上る川にしたものでした。これは、いわばイサカンの長期開門調査から撤去を先取りするものであり、自然の再生が開始された実例でもあります。私はこの事に限定して新たに一文を書きたいと考えていますが、まずは、佐藤論文を読んで頂きたいと思います。


174. 岬(みさき) 墓(ぼ)(有明海沿岸の海岸墓)

 熊本県宇土市の東、現宇城市豊野町に奈良平安期(七九〇年〜)の石塔があります。浄水廃寺跡地です。この極めて貴重な石塔群を見るために浄水寺を訪れ、近くにあるさらに古い陳内廃寺跡(城南町)などを見て八代に向かいました。こちらはいまや消滅しそうな伝統の宮地和紙生産の現場を自分の目で確認するものでした。私は旅をするときはほとんど高速道路を使いませんので、当然ながら、最短のコースである武雄〜佐賀〜大川〜柳川〜大牟田〜荒尾〜玉名〜熊本〜宇土の海岸部を走ります。このような旅をしていると色々、面白いものに出くわします。音訓混用ですが“ミサキボ”と読んでください。
 
民俗学が追求する小さな差異
 
 そもそも、民俗学、古代史、環境問題といったテーマを考える場合、目的地に早く着き、できるだけ現地を見る時間を増やす方が良いといった考え方は、一見すると正しそうに思えますが、まず、誤りでしょう。そこを訪れる途中が非常に大切なのです。
 そもそも、社会や文化や民俗というものは、その土地土地の風土といったものに育まれているものです。それが土地土地で少しずつ変われば当然ながら変化します。このため、この微妙な差異を理解できなければ目的地の変化は理解できないのです。それを、途中をスポイルして高速道路で目的地を目指すならば、その変化が全く把握できないのです。私は車を運転しながらも、交差点の名称、バス停の名称、家の名前、店の屋号、寺の宗派、植えられている樹木、神社の名称といったものに気を留めながら目的地を目指します。私に言わせれば高速道路にはこのような事は不可能ですし、この変化を楽しむことも全くできません。それは、もはや旅ではなくただの移動なのです。
 “海外に行くと日本が良く分かる“という事を言う人がいます。それはそれで一応正しいのですが、海外には日本とは全く異なる文化、習俗、風景、習慣が目に見える大きな差異をもって存在しているのですから、それに接すると当然ながら日本のポジションが良く分かるはずです。それは差異それ自体が非常に大きいからです。しかし本当に文化的なこととは、目に見えない微妙な変化や差異を理解できるという事です。それが見えないために一般の人は海外旅行に感動するのです。

有明海沿岸の海岸墓
 
 宇土から八代に向かう場合、普通は三号線を利用すると思いますが、私は県道一四号線か三八八号線を使います。不知火海の八代から北半分は干拓が進み、約二千年の間に半分に減っていますが、その多くはここ五百年ほどの間に変化したものです。宇土から八代にかけては古い時代の旧堤防ラインが並行に延びています。多くはこの堤防上に道路が造られていますが、それが二つの県道というわけです。
 ここを頻繁に通るようになって、この道路の周囲にはというよりも、この道路が造られた旧堤防の内側には多くの墓がある事に気付くようになりました。通常、山手の都市、純然たる農耕民の集落では里山に墓が造られますので、国、県道クラスの道ではあまり墓を見かけることはありません。しかし、有明海沿岸部を走ると干拓が進んだためにかつての岬、島だったと思われる場所に、古墳や現在の墓地(ここも通常は古代からの墓だったはずです)を多く見かけますが、海岸部や干拓地になると堤防の内側が海に最も近い場所になりますので、こういった場所に多くの墓地が造られていると考えられるのです。
 もちろん、一概に言えるものではありません。こういった傾向が見られるのはあくまでも海洋民、漁撈民が住み着いたと思われる場所のことで、住吉、鹿島、厳島、綿津見、竜王・・・といった神社を持つ集落の周辺に限られるのです。
 これらのことから、山に墓を造る農耕民に対して岬に墓を造る漁撈民の習俗、葬送儀礼の一端を垣間見て小さな感動を覚えるのですが、それは私だけの事かもしれません。
 干拓地に住み着いたかつての漁撈民や今なお漁撈に就く人々にとっては、旧堤防の内側であっても岬なのです。

漁撈民は岬に墓を造る

 “かつて有明海に巨大な島があった“として、リポートUの 杵 島 で紹介した佐賀県の杵島山は、現在こそ干拓によって広大な陸地(農地)に囲まれていますが、文字通り島であったか、有明海に突き出した巨大な半島であったはずです(事実、東に突き出した竜王崎のかつての波際線には海食洞(*)と思われる痕跡が国道からも見ることができます)。この岬には、原始的な古墳である多くの板型石棺墓が残っています。今は、この岬の先端を国道二〇七号線が迂回していますが、文字通り海に臨んだ墓地だったのです。
 私は穴掘り考古学については疎いために、この石棺墓群と同じ種類のものかは分かりませんが、同じく板型石棺墓による古墳を上対馬で見たことがあります(浜久須の朝日山古墳群)。対馬において顕著な岬に埋葬するという習俗の延長に海を臨む墓地があると考えるのですが、これを仮に岬墓と呼びたいと思います。
 長崎本線、佐世保線を利用される方は、この分岐点に肥前山口(佐賀県杵島郡江北町)という駅がある事をご存知と思いますが、この北に五〇メートルほどの崖を持つ山があります。この崖下には長崎街道(すなはち古街道)が通っていたのですが、この崖の上にも、また崖下にもおびただしい墓があります。この崖地もかつては有明海の波に洗われていた岬と考えられるのです。
 ここを岬墓と考えたのには少し理由があります。前述したように、こういった傾向が見られるのは、あくまでも海洋民、漁撈民が住み着いたと思われる場所のことであり、住吉、鹿島、厳島、綿津見、竜王・・・といった神社を持つ集落としていましたので、調べていると駅の東五百メートルほどの岬の付け根とも言える場所に、堤雄(ツツミオ)神社を発見しました。 
 直ぐにこれは堤雄(ツツミオ)ではなく堤雄(ツツオ)神社ではないかと思いました。たまたま仕事の関係もあって宮司からお話をお聞きすると、当然ながら住吉三神の表筒男命(ウワツツツオノミコト)、中筒男命(ナカツツツオノミコト)、底筒男命(ソコツツツオノミコト)が祭られており、堤雄神社はこのツツオノミコトからきている事が分かったのでした。有明海から二〇キロも入ったこのような場所にも海が入り、住吉の民が拠点にしていたと可能性があるのです。
 
 対馬の弥生遺跡のなかで、墳墓としての遺構を持っているものは、そのほとんどが箱式棺である。支石墓と見られるものがなく、甕棺および壺棺らしいものが数例あるが、他は、全部粗製の組合(くみあわせ)石棺で、通例箱式棺とよんでいる。これが浦浦の岬や島に、地形に合わせて埋設されている。・・・

「古代史の鍵・対馬」永留久恵

 もちろんこの背景には里の中に埋葬しないという不文律があったのかもしれませんし、そもそも南方系の海食洞などへの埋葬風習が北上し対馬まで到達したとも考えられないこともありません。
 いずれにせよ、この海洋民、漁撈民の墓制の延長に旧堤防の墓地があると考えたくなるのです。

(*)海食洞: 室島(むるしま)にある彦嶋大権現は、皮膚病である「白なまず」と「脱腸(だっちょう)」を治してくれる神さんとして信仰されている。神社の本殿は海蝕崖の上に建立され、拝殿は下の方に建っている。祭神は百襲姫命。この女神の眷族(けんぞく)(使い)が「鯰(なまず)」であると伝えられている。

「有明町の民俗」第ニ集 有明町教育委員会

室島は竜王崎の先端に位置する小島であったと考えられます。(古川:注)
 

▲ 南荒尾駅に近い熊本県荒尾市の国道389号線付近の墓地。鹿児島本線の架線が見えますが百メートル先は砂浜です。

 現在は非常に分かりにくくなっていますが、ここは干拓地ではなく、名前のとおり、フェリー発着所付近まで延びた砂洲上を鹿児島本線が通りその内側に湾入していた湿地が陸化したものと考えられます。鹿児島本線と並行する県道は砂洲の上のものですが、この周辺の墓地も、私が言うところの岬墓であったと思われます。
 かつて、この砂洲の内側にはいくつも枝分かれした入り江があったと思われます。付近には、漁港(一部漁港)や綿津見神社があり、山浦、浦川、水島、淀浦、高浜大浦、江ケ浦、高浜といった地名も拾えますが、興味深いのは中一部、一部、向一部です。“向こう”は入り江や海峡を挟んだ両岸に成立する地名であり、明らかに南方系の海洋民、漁撈民によるものと考えられます。砂洲上には中一部がありますが、内陸部の向一部、一部とあわせて海が内陸まで入っていたことを示す痕跡地名と考えています。


175. うーたん(水没をまぬがれた有田の小秘境大谷)前編

 九州源流紀行 民俗編 〜大谷〜 

 音屋の昭太郎 

※ うーたん(水没をまぬがれた有田の小秘境大谷)の掲載について 古川編集長

 うーたんとは奇妙なタイトルですが、もちろん「大谷」の現地音による表記です。
 概して南西諸島から長崎県島嶼部、佐賀県の西半分ぐらいまではO音がU音に転化する傾向が非常に強く認められます。具体例を上げれば切りがありませんが、JR佐世保線と長崎本線の分岐点である肥前山口駅に近い山手の集落の出身者である私の同僚も、日常的に標準語で「多いもの」というところを「ウーカモン」などと言う事でも分かるのですが、まさに生きた言語としていまなお使われ、勝手な想像ですが、古代の四母音または三母音のなごりまでも感じさせるものです。「ウーカモン」の「カ」音は言うまでもなく“カリ”活用(多かり、美しかり)の「カ」穏便ですが、瀬戸内海沿岸を除く九州全域で使われています。大事を“ウーゴト”などと言うのは、沖縄を“ウチナー”と言うのと同じわけです(もちろん、“ウチナー”を沖縄と字を当てただけなのですが)。佐賀、長崎の北の海岸線の県境近く、長崎県松浦市のバス停に「羽木場」(ウーコバ)があります(当然ながら地名もあるはずです)。木場は木庭、木場、古葉などと表記される九州北半に遺存する焼畑地名ですが、これもその(大木庭)地名表記として現地音が忠実に表現されたものです。
 さて、この焼き物の町、有田でも最も有田らしい街並みを残し、陶器市には多くの客で賑わう旧国道があります。それに沿って流れる有田川に注ぐ支流に猿川がありますが、その奥にあるのが大谷(ウータン)です。恐らく、猿川渓谷は行政がつけた名称なのでしょう。
 数年前までこの猿川渓谷についてはダム建設が検討されていました。まず、大半が国有林地であるために用地買収が容易である事、宗教施設(某不動明王信仰の道場)がある以外は一切人家がないために、手っ取り早く工事を入れることができ、直ぐにゼネコンが税金を回収できると思われることから、必要性とは全く無関係に狙い撃ちにされていた感があるのですが(恐らくゼネコン側から行政に持ち込まれたダム計画を追認したものでしょう)、さすがに財政破綻のためにこの計画は頓挫(凍結された)したようです。ただし、もしも財政が好転すれば、今後も必要性とは無関係にダム建設が強行される可能性も残されており、依然として警戒は必要です。
 佐賀県でも数少ない自然林ですから、焼き物の町の直ぐ裏手にある小秘境を広く知ってもらいたいと思うものです。観光資源として宣伝するのは本意ではありませんが、この貴重な谷を守るためには仕方がないと考えるものです。
 この谷には戦後しばらくまで陶石粉砕用や粉引きのための水車が並んでいたと聞きます。また、谷の下の岩谷川内地区には、藩政時代、鍋島の隠し藩窯があり、その後隠密対策によって伊万里の大川内山に移されるのですが、江戸期からこの谷の外には民間の製陶業も起こり、戦時中には物資不足のために陶製の手榴弾や陶貨(一銭貨)までが製造されていました。
 昭和二三年でしたか、戦時下の過剰伐採によってではなく、改修前の農業用溜池(これもダムだ!)が決壊して下流に洪水が起こり(大雨による落石が堤体を破壊したことによって起こったのであり、この小型のダムさえなければ洪水も起きなかったはずなのです)、この手榴弾を製造した某窯元の新窯が、ちょうど火入れしている時に水を被り、破壊(爆発が起こります)されるというような事件もあったと聞き及んでいます。その後、五十年余りにわたって放置され自然林が成長したこともあり、洪水もなく、まさに広葉樹の森が天然のダムとなっていることを実感するものです。
 実際、この大谷に入ると周りには切り立った岩山があります。この急傾斜地にはさすがの営林署(今はこの名称もなくなりましたか)も針葉樹の植林を諦めたようです。このため、谷全体にかなりの広葉樹が残っているのです。現在、広葉樹の林としては、伊万里市の西の国見山系にまとまった原生林(こちらは一応原生林とされているようです)がありますが、谷地としてのまとまった広葉樹の林は事実上ここしかないように思うのです。
 現在、焼き物の町有田は、製造原価が安い中国への委託生産によって辛うじて命脈を保っていますが、本物が消え失せないうちに有田の町から軽装で入れる手つかずの大谷(猿川渓谷)を観光資源として活用し、有田焼を結びつけた町の再生を図るほうが良いのではないかと思うこの頃です。

うーたん
水没を免れた有田の小秘境 大谷

音屋の昭太郎

焼き物、マイセン、陶器市…
 有田といえば、有田焼で有名な町です。「Arita」の名は遠く海外の陶磁器ファンにも知られ、ドイツのMeissen(マイセン)市とも姉妹都市の提携をしています。
 とはいうものの、私は陶磁器については全くの素人ですので、残念ながら有田焼を詳しく解説することはできません。これについては、地元の「九州陶磁文化館」などの博物館に専門の学芸員がいますので、有田焼にご興味があり、佐賀を訪れる機会がありましたら、ひとつご覧になってみてはいかがかと思います。
 毎年4月29日から5月5日までのゴールデンウィークの期間、町内で大々的に行われる「有田陶器市」も有名なイベントです。思わぬ掘り出し物が見つかるかもしれません。

有田の町の一角に…
 この有田町、2006年3月に、隣の旧西有田町と合併し「有田町」の名を引き継いでいます。
この広くなった有田町の南の外れに、「うーたん」と呼ばれる地域があります。漢字で書くと「大谷」。佐賀以外にお住まいの方には、「大谷」と書いて、まさか「うーたん」と読むなんて思いもよらないことでしょう。
 この地区は、陶器市のメイン会場から数km南に離れていて、JR上有田駅と、有田ポーセリンパーク「のんのこの郷」の、ちょうど中間の位置にあります。

街の喧噪を離れて…
 さて、全国に知られる陶器市の会場からは離れているものの、さすがは陶都有田というだけあって、ここにも道沿いに焼き物の店が軒を連ねています。その通りの名は「う〜たん通り」。
公式WEBサイトもあります( 窯と緑の散歩道 う〜たん通り )。なんと、テーマソングまであるようです。
 ここでも、いろいろなイベントなどが開催されていて、中心街とはひと味違った楽しみ方ができそうです。

金山岳の更に奥には…
 う〜たん通りの観光については、先ほどのWEBサイトに詳しく紹介されていますので、ここではこれ以上説明は不要でしょう。
 これから話題にするのは、う〜たん地区といっても、先ほどの通りから更に南、金山岳の反対側の、一般の観光客がまず足を運ぶこともないような場所です。うーたんの地図をご覧いただくと、山の南麓に、「大谷溜池」という細長い溜池が東西に横たわっているのがおわかりかと思います。この記事の舞台は、この溜池と、周辺の照葉樹林です。

大谷溜池…
 地図を見る限りでは、「何だ。ただの農業用の溜池じゃないか」と思われるかもしれません。
確かにここは農業用水に使われる溜池ですが、周りに人工林が見あたらないという点が、他の溜池と一線を画すところです。


▲うーたん(大谷)溜池の湖面。岸辺の森に杉や檜は見あたりません。

 この写真を撮影したのは2006年5月の末ごろでした。湖面に近づくと、蛙がピョンと跳ねて、水に潜っていきました。私の撮影の腕が悪いせいか(そもそも「音屋の昭太郎」なので、音声はともかく、画像を扱うのがおぼつかないというのもあります)、あまりきれいな写真ではありませんが、水はとてもきれいです(といっても、そのまま飲めるわけではありませんが…)。
 周囲の森は、ほとんどが照葉樹です。佐賀県内の山という山の多くが杉や檜の人工林ばかりというなかでは、特筆すべきことです。


▲岸辺の森。ケヤキやタブなどの大型の木の下で、ヌルデやタラノキなどの小型の木も育っています。

 ここには2〜3回ほど出かけましたが、人の姿を見たのは、この写真を撮った日に、湖面にゴムボートを浮かべて釣りをしている人を一回見かけただけです。
 実際、この池の北側に沿う道は舗装などされておらず、道幅も広くはありません。ここを訪ねるには、東側の県道「有田ポーセリンパーク線」から入るか、西の「岩谷川内2丁目」から入るしかありませんが、入り口は非常にわかりにくいです。それだけに、釣り人以外の一般の観光客が訪れることはほとんどないようです。
                                                    (つづく)

*次回は、この溜池の決壊と、その復旧について、その痕跡を辿ろうと思います。


176.   宮崎県職員措置(住民監査)請求書 2006年2月20日     

赤江浜を守る会

宮崎県職員措置(住民監査)請求書
2006年2月20日
中略

請求の要旨
1 安藤忠恕宮崎県知事は、宮崎海岸赤江地区が平成16年の台風により大幅な海岸浸食被害を受けたことに対する災害復旧工事が必要であるとして、同海岸の沖合い約60mに長さ100mのコンクリート製の人工リーフ1基、及び沖合い約30mに長さ50mの人工リーフ2基の合計3基の人工リーフを計4箇所に設置する人工リーフ工法による護岸工事を実施しようとしている。
 宮崎県知事はこのために同工事を主目的とした宮崎海岸赤江地区災害復旧工事として、合計23社の土木工事業者と工事契約を締結し、その工事金額として総額金24億4379万円の公金の支出を予定し、その一部については平成17年10月頃までにすでに支出し、残額についても工事終了が見込まれる後の平成18年3月31日頃までには全て支出しようとしている。
2 しかし、本件護岸工事の工法とされる人工リーフ工法では、工事の目的たる海岸の浸食被害を復旧し、被害を防ぐ効果が見込めないことは、過去の工事例から見ても明らかとなっており、このことは国土交通省も他の方法が良いと認めている。
 しかも、海岸波打ち際から沖合い60mまでの間に合計12基ものコンクリート製の巨大な人工リーフを長さ1.2kmの区域にわたって設置する本件人工リーフ工法では、アカウミガメの産卵のための上陸も阻害される一方、同海岸でのサーフィン、砂浜遊び等が危険で出来なくなり、我国でも有数のサーフィン場として国際的にも評価が高い宮崎赤江浜海岸の機能が失われる等、海岸としての自然環境の破壊に止まらず宮崎県の重要な観光資源の一つを喪失せしめる結果となることは明らかである。
3 このように、「海岸復旧工事」と銘打ちながら、肝心の海岸災害復旧・防護の目的を達する確約がない工法をし、自然環境破壊、観光資源喪失を招くような本件護岸工事の施行は、県民にとってもなんら益するところはなく、行政の裁量を逸脱した行政権の乱用として違法であり、そのためになされる本件公金の支出は到底許されないものである。
4 よって、安藤知事による本件公金の支出はいずれも違法であるから、監査委員として、本件公金のうちすでに支出した公金の部分については安藤知事に対してその全額を宮崎県に返還することを、未だ支出していない公金残余部分については宮崎県知事に対して今後の支出を全面的に中止することの各勧告をなすことを求めて本監査請求に及んだ。

“赤江浜を守れ!”(仮称)の12月号への掲載について
 
宮崎市赤江浜(マピオンによる)
 
 177.天 満(2006 第22回水郷水都全国会議in大阪 に参加して)においてもふれていますが、宮崎市の自然海岸を破壊する全く不必要な海岸保全事業に対して、地元住民、学生、サーファーが立ち上がり、現在、住民監査請求から発展した裁判闘争が始められています。 
 これについては、十二月号で詳報しますが、今回は、前段として行われた住民監査請求[ 宮崎県職員措置(住民監査)請求 ] 書面の一部を省略して掲載します。


▲ この醜悪極まりないコンクリート構造物がなぜ必要なのか全く理解できません。

 人の住まない場所でクレームが少ないためか、旧運輸省港湾局(現国土交通省)とは実にやりたい放題のでたらめな事業を繰り返しているものです。宮崎は第四港湾建設局のエリアだったかどうかは忘れましたが、このヨンケン(?)は熊本県八代市沖の大築島埋立、佐賀県唐津市の佐志浜埋立、福岡県芦屋町の芦屋港湾建設、大分県佐伯市の大入島埋立と、美しい国土を破壊し続けているのです。
 明治以来の港湾建設の伝統の延長に行われてきたこの手の事業も、一定の必要性が認められる大規模港湾(北九州、下関、博多・・・)ならばいざ知らず、ほとんど効果が期待できない地方港湾への過剰投資から自然海岸を破壊するだけの保全事業と、国民と国土への敵対的な事業を続けているのです。維持管理と部分的な改修に工事に限定し、可能な限り自然再生型の“壊す公共事業”に転換して行くべきではないかと考えるものです。現段階では詳しく調べていませんので印象からだけですが、今回のこの事業は税金をマリコンに流し込み、その余禄に集っているとしか思えません。もはや事業に健全性は取り返せないのでしょうか?現在の公共事業はダムにせよ港湾にせよ、福島県型と考えて間違いないでしょう。12月号を期待して下さい。
 
特別掲載予告

赤江浜護岸工事公金支出差止等(赤江浜自然環境保全)住民訴訟事件


177. 天 満

(2006 第22回水郷水都全国会議in大阪 に参加して)

 筑後川水問題研究会 古川清久(自治体職員)
 
背教者
 
 あまり乗り気ではありませんでしたが、浪花は天満(テンマ)で開催された 2006 第22回水郷水都全国会議 in 大阪 に参加してきました。
 「あまり乗り気ではありませんでしたが」としましたが、この伝統ある団体もいずれは国土交通省に囲い込まれることになるのではないかと考えているからです。こう書くと、批判が来ることは重々承知していますが、私にはそうとしか思えないのです。これは、私
の個人的な理解ですからどうしようもありません。少なくとも、仮に招待したものとしても、これまで環境破壊を繰り返してきた国土交通省の幹部が、堂々とひな壇に上がり、平然と環境問題についてご託宣を述べるようでは、所詮は住民側が“国土交通省に環境を配慮した事業を行えと要求している”と思い込みたいだけのことでしかなく、実際には国土交通省の手のひら、その許容範囲内で踊っている、もしくは、踊らされているのであって、良くて陳情型運動でしかないという思いを消せないからです。
 これまで、多くの環境保護団体、住民団体がNPO法人として取り込まれ、最後は国土交通省の下部組織に変質して手段であるべき資金確保が逆に目的化されてしまうなど、ただのイエスマンに成り下がっている事実を多くのケースに見るからです。
 このような評価をするには多少の先例があります。一例ですが、地方組織の野鳥の会が反対しているにも関わらず、人員と予算援助を受ける中央の組織が早々と行政が推し進める大型事業に賛成してしまっているという話を過去何度も聴かされましたが、これと同様の動きが、河川関係の住民団体など必然的に国土交通省と関係を持たざるを得ない多くの団体にも見られるのです。再度、故室原氏の下筌ダム建設反対闘争や「草の根通信」の故松下氏による豊前火力反対運動などを思い起こすべきではないかと考えてしまいます。
 環境問題とは断じてファッションや自らの悪行を癒す免罪符ではないのです。
 ともあれ、某全国代表委員から直前になって直接電話が入り、九州の海岸浸食問題について報告して欲しいといった要請があったため、古田史学の会(関西)の九月例会にも参加できる事から、仕方なく重い腰を上げたのでした。しかし、こういう時は返って多くの収穫があるものです。一つは裁判闘争に発展している宮崎市の赤江浜の問題でした(これについては別稿176.として掲載しています)。いま一つは、大阪湾会議の代表であり、元「週刊釣りサンデー」会長の小西和人とお会いできたことでした。
 
天 満
 
 ともあれ、大阪は天満の地に足を踏み入れたということに多少の興奮を感じていました。と言っても何のことだかお分かりにならないかもしれませんが、ここ天満はかつて熊野街道の出立地として馳せた土地なのです。平安中期から鎌倉期まで“蟻の熊野詣”と呼ばれる熊野三山への参詣現象が存在したと言われます。江戸期においても、上方落語の「三十石」などに登場する三十石船はこの天満から京都に上ったのですし、逆に、京都から同じく三十石で下り、この地から熊野詣に出立したのです。
 淀川はそもそもこの地を流れていました(もちろん今もそうですが)。新大阪駅と大阪駅(梅田)の間に流れる新淀川は新たに開削された放水路と思います。本来の河道はともかく、大阪城の西に位置するこの地こそ瀬戸内海に窓を開いた水郷大阪の中心だったのです。また、私流に言えばこの天満の周辺には上方落語に登場する多くの地名も残っているのです。突然脱線ですが、九月にオープンした天満・天神繁盛亭頑張れ!漫才は芸じゃない!三枝師匠頑張れ!上方落語を守れ!
 さて、再度、話を変えます。有明臨海日記で「間地名」を取上げました(No39.有明海周辺の「間」(マ)地名 @ 長崎県編・・・・・・他)。以下。
 
 九州北部には表記は異なりますが、間(マ)の付く印象的な地名が並んでいます。東から和間(宇佐八幡宮の神事“放生会”が行われる和間ノ浜で有名、大分県宇佐市)、中間(北九州市の隣の中間市)、赤間(JR鹿児島本線の赤間駅がある宗像市赤間、赤間神宮で有名な下関市の赤間)、福間(JR鹿児島本線の福間駅がある福津市福間)、野間(西鉄大牟田線の高宮駅そば野間大池の福岡市南区野間、福岡市南区)…和間のような海岸部もありますが、多くは内陸部の地名です。しかし、中間は古代においては古遠賀湾奥の土地ですし(“100.港湾整備事業が海岸を破壊する“参照)、その外についても五世紀あたりにはいずれも海が入る湾奥の土地だったのです。ここで広辞苑を見ると、この地名の意味が分かってきます。
 
 ま【間】 G船の泊まる所。ふながかり。

 ・・・兵庫県の播磨や神戸の須磨それに大阪の水間もそうかもしれません。さらには、生の高級マグロ漁で有名な青森県の大間(オオマ)も恐らく同じ意味の地名でしょう。・・・

 としていました。門真市の「門真」(カドマ)とともにこの「天満」(テンマ)も天神や天満宮からきたものではなく「間」地名と思われます。この天満も古代の湾奥(河内湾)の地なのです。

大阪には橋(ハシ)がない

 淀川には多くの橋がありますが、天満橋もその一つです。「大阪には橋(ハシ)がないて何やねん。橋(ハシ)、ようけあるやないか・・・」と言われそうですが、やはり大阪には「ハシ」はないのです。もう、お分かりでしょう、「バシ」はあっても「ハシ」はないのです。京都は四条大橋、五条大橋、賀茂大橋、・・・と(ハシ)が大半ですが、大阪は淀屋橋、今橋、心斎橋、日本橋(ニッポンバシ)、難波橋、当然ながら天満橋と圧倒的に(バシ)が多いのです。 
 一応、誤解がないように断っておきますが、京都の京橋(キョウバシ)、宇治橋(ウジバシ)・・・、大阪の大橋(オオハシ)系と例外はあります。
 ただし、大阪の大橋系としたものは最近新たに建設された新設の橋と思われ、伝統的に大阪には(ハシ)がないという法則性は今なお生きていると考えています。
 一応、大阪の大橋(オオハシ)系を例示しておきますが、かもめ大橋、此花大橋、十三大橋、新淀川大橋、千本松大橋、豊里大橋、淀川大橋・・・があり、いずれも例外なく、(オオハシ)と清音で呼ばれています。さて、国土交通省の天下り団体に「風土工学」を扱う怪しげな組織があります。これはダムに掛ける新設の橋やトンネルの名称を調査して、「適切」(?)な名前を付けるといった事をやって法外な事業費を掠め取っているもののようですが、大阪の大橋(オオハシ)系を(オオバシ)と濁音で呼んでならないはずもなく、京都流の(オオハシ)の方が上品であり正しいとでも思っているのでしょうか?この呼称にも「風土工学」が関与しているのではないかという思いが消せません。もしもそうならば、大阪の(バシ)、京都の(ハシ)といった法則性も分からないで、「風土工学学会」(?)とは、まずは、お笑い種としか言いようがありません。
 それはさておき、この大阪の(バシ)、京都の(ハシ)というかなり明瞭な傾向には、古代からの何らかの民族性が反映されているのではないかという気がするのですが、今のところ説明できるほどのものを持ちあわせていません。この話は、米朝師匠など上方落語の世界でも語られるものですので、まずはその程度のものと考えて下さい。
 桂米朝師匠と言えば、上方落語で忘れ去られつつある貴重な小離やジャレ唄などをCDや本などで記録に残されています。不正確かもしれませんが、確か「天神橋長いな落ちたら怖いな・・・」という昔はやったジャレ唄をもじった小噺に「天神罰長いな、当たったら怖いな・・・」といった“しょーもない”話も納められていたような気がします(米朝全集)。
 その天神橋もこの天満から遠くないところにありますが、これも(バシ)であることは言うまでもありません。
 
週刊釣りサンデー
 
 出版は東京が常識と言われる中で、関西を中心に「週刊釣りサンデー」という良質の釣り雑誌が刊行されていました。ちょうど私が釣りにのめり込む三十年前に発刊されたのですが、私はこの「週刊釣りサンデー」社刊行の多くの入門書で、メジナ(グレ=関西、クロ=九州)、チヌ(クロダイ=関東)、タイ、キス釣りなどの勉強をした記憶があります。  
 その当時はまだクロ釣りに夢中でしたが、その後キス釣りに転向して尺キス釣りに嵌ったものでした。その際に読んだのが社主の小西和人氏による「キスのすべて」でした。アオギス(ほぼ絶滅)、モトギス(沖縄などに分布)の話など興味深い話も多く、今でも私の人生の宝となっています。氏は八十歳を越えた現在でもキス釣りをされているとのことでしたが、私にとってはキス釣りの神様にあたります。この毎日新聞の記者から転身し「週刊釣りサンデー」を発刊された小西和人氏と海岸浸食問題をテーマとする第2分科会でお会いできた事は望外の喜びでした。
 漁民も海で生きて行くことから海を知っていますが、釣り人も美味しい獲物を与えてくれるその海への思いから、海をけっこう良く理解しているものです。海外を含めて多くの海を見てこられた小西和人氏が港湾工事などによって潮流が変わり、多くの海で変調が見られる事、その公共工事の破壊性に対して、警鐘を鳴らし警告を発してこられた事は疑う余地がありません。恐らくその思いが大阪湾会議代表としての活動につながっているものと思われます。氏は「大阪湾会議」代表として、オリンピック招致、空港建設に対して闘ってこられました。これを機会に、微力ながら、私も小西氏の運動を継承したいと考えています。
私は有明海・不知火海フォーラムを通じて「博多湾会議」とも関係を保っていますし、
福岡オリンピック招致反対のための街頭署名活動を手伝ったりしていますが、水郷水都会議も、ただの破壊者でしかない国土交通省の幹部を呼んで発言させるなどといった悪行を追認するような事をやめ、大阪湾会議のような本質的な運動体に脱皮するべきではないかと思うばかりです。

海をコンクリートで固めるな

 小西和人氏が話された多くの事で非常に分かりやすいメッセジを一つご紹介してこの小稿を閉じたいと思います。
 一般の人々は海岸や港湾をコンクリートで固めるのがあたりまえと考えておられるかもしれませんが、それは全く違います。世界の海で釣りをされてきた小西和人だからこそ説得力のある言葉として伝わるのですが、氏によると、「日本ほど港湾や海岸をコンクリートで固める国はない。日本だけが港や海をコンクリートで固めている。港湾建設を行うとしても、どうしても必要ならば自然の岩でやるべきだ。コンクリートはアルカリが強く海草を着けさせない。このため、藻場の喪失が産卵や稚魚の営巣の場を減少させ、全体としての海の破壊をもたらすのだ」と述べておられました(不正確になるかもしれませんが悪しからず)。
 実際にそうだと思います。私もこのことに以前から気付いていましたので、映画やニュースなどに出てくる外国の海、港の映像を見るとテトラ・ポッド、コンクリート護岸がどの程度あるか気をつけて見てきました。驚くべき事ですが、多少少ないとか言うレベルではなく、圧倒的に少ないのです。これはだれでもできる実態調査ですから、テーブルにノートを載せて日本と外国との海にテトラ・ポッドがどの程度目に付くかをカウントすれば良いのです。日本の場合はドラマなどで出てくる海辺の風景には、ほぼ、例外なくテトラ・ポッド、コンクリートのパラペットなどが出て来ますが、外国の場合はほぼ目に入りません。このことだけでも、これらの構造物が普遍性のない必要性のないものであることが明らかになるはずです。ぜひ、皆さんも自分で確認してみてください。


178. 大水害の記憶は生かされたか

 筑後川水問題研究会 中原 孝矩(元記者)

暮らしの中で見当たらない洪水の痕跡
 
 「目の前を麦わら屋根が3つ、次々に流されて行った。それぞれの麦わら屋根には大人が一人ずつしがみついていた。だいぶ下流の方で、洪水の中に突っ立っていた大木があったが、麦わら屋根は次々に大木にぶつかるように流れ着いた。しがみついていた人は大木に乗り移って、命が助かったんだ」。朝倉市とうきは市の中間にある大石堰近くで出合った古老が、中学生のころ見た大水害の記憶を証言してくれた。 
 筑後川流域は昭和28年6月大規模な水害に襲われた。筑後川水系河川整備計画には将来、再来するかも知れない同程度の氾濫に備えることが筑後川河川整備計画の基本であると書かれている。
 私は筑後川中流域の久留米市、朝倉市,うきは市周辺を歩いて28年大水害の痕跡を探してみたいという好奇心に、突き動かされた。
 大規模な被害が出た原因は何か。堤防の高さが足りなかったのか、堤防を破った洪水の水深は水田地帯でどの程度だったのか。泥水に襲われた久留米市内の冠水の状況は果たして。好奇心の輪は広がるばかり。ついに私は8月の初め、洪水の痕跡探しを始めた。国土交通省九州地方整備局の筑後川河川事務所にも情報を求めた。
 最初に自分が住んでいる朝倉市内で水害記録が掲載された印刷物がないか、心当たりをさがしてみた。すると市役所で水害直後の写真集を見る機会があった。農家の屋根に牛を載せた写真、軒先まで泥水に浸かった農家が点々。木造の小船で救助に向かう光景など、53年前の生々しい水害の貴重な記録を目にした。場所は朝倉市蜷城地区で、被害がひどかったことがわかり、さっそく現地へ。
 蜷城農協支所の建物の中に、水害の痕跡を示すプレートが貼り付けてあった。自分の背丈と同じ程度の水深なので、そのあたりの洪水水深は約165センチとした。農家を訪ね歩くうちに年配の婦人に出合った。話が弾むうちに「飼っていた牛をこの納屋の屋根に押し上げた」という体験談。写真で見た光景を裏付けるような証言までとれた。同地区の蜷城小学校では体育館の入り口脇に、農協支所で見たものと同じプレートが貼り付けてあった。水深は160センチぐらいと判断した。
 洪水でひどい被害を受けたと聞いていた久留米大学に出かけた。大学で聞くと、本部建物2階学長室付近に印があるはずだと。守衛さんの許しを得て入ると、南向きの窓際の壁に確かにプレートが張ってあった。床から自分の腰辺りまで。だが水深を示す数字は無い。メジャーを持参していたので建物の外から石段1個分の高さ、石段の数を正確にメモして、はじき出した。大まかだが間違いないと自信を持って出した数値は4メートル。そこで久留米大学本部付近の構内敷地で、水深4メートルとした。
 少年科学館や久留米市水道ガス部のある同市合川地区の中央公園には大水害を記録する石造りの大規模なオブジェとその脇に被害の概略を彫り込んだ石柱が立てられている。水深がわかるものがないか、目を皿にして探したが無い。やっと石柱の上方に「頂部まで洪水がきた」とあった。石橋の高さは4メートル程度と推定した。
 結局、歩いてみての印象は、53年前の洪水の痕跡がどこにも無い。生活の中に生かされていない、という重大な事実がわかった。洪水の水深がどの程度であったかすら、住民には定かでない。これでいいのだろうか。久留米市役所では、古い建物では水深を記したプレートが貼り付けてあった、という弁解の言葉が聴けたが、真新しい鉄筋コンクリート13階建ての庁舎や付近には53年前の記憶はどこにも無かった。
 筑後川水系河川整備計画の14ページに掲載された写真のとおり、筑後川に近い久留米市内は泥水に浸かっていたのだ。こうした53年前の大水害の記憶を街中に残すべきだと、私は考える。反対の人もいるだろう。かって水害ハザードマップを造ろうという動きが起きた時に、自分が住んでいる場所や周辺が水害地であったことがわかると不動産価値が下がるからいやだ、という立場の人達だったと思う。やっとそのような立場からの発言が下火になり、いまや国土交通省が全国で大都市の洪水ハザードマップの作成を推進し、各自治体に作成を促す時代となった。
 筑後川流域でも、河川事務所が作成したハザード地図を目にする。色分けした平面図からは残念ながら、生々しい水害の想定はできない。私は、日ごろ車で走り回る市内の、例えば電柱や交通標識柱などに水深をカラー表示できると提案したい。私が確認した洪水プレートには、その場所の水深を示す具体的な数字は無い。だが、特定の場所にこそその場所の水深何メートルが必用だと考える。
 日ごろ買い物に出歩く市民が、このあたりはここまで浸水した、と認識することが、河川への関心を高め、堤防への意識を強め、いざという時の心の備えを深めるのではないか、と思う。現状のハザードマップでは生活と直結した肝心のメッセージが何にも伝わらないのではないか、と懸念する。

橋に引っかかり大暴れの流木の山

 断片的な証言だが、貴重な当時の話が聞けた。歩いた甲斐があったというものだ。と同時に、新たな疑問が湧く。毎日のように、車で走っている堤防の高さまで28年6月の洪水が来たのかどうか。大規模な被害が起きた原因は何か。具体的に知るには当時の洪水を調査した報告書の様なものがあるはずだと考え、河川事務所に問い合わせた。
 その結果本が見つかった。「昭和28年西日本水害調査報告書(土木学会西部支部)」というもの。これだと小躍りしたくなる気分。図書館を探した。県庁にはあることがわかったが、借り出せない。そのうち、小郡市の図書館にあり、ようやく借り受けることができた。
 読んだ感想を交えながら、報告書に書かれた内容の概略、洪水の原因となる事実の一部などを紹介する。
「夜明地点下流で26ヶ所で破堤。筑後川右岸50キロ付近の朝倉堤防の破堤は延長600メートルに達した」と基本計画13ページにある。水害調査報告書の55ページから被害一覧表が始まる。堤防が破られた場所と時間、被害の程度などが概略記載されていた。
 原鶴温泉付近から始まる堤防決壊は6月26日午後1時ごろの発生が集中的だ。ほとんどが「溢流」とあり今風にいえば、越流だ。洪水が堤防を越えて流れ始め、短時間のうちに堤防が押し流されただろうと想像できた。


▲ 残骸をさらすクスの大木。久留米市合川町付近の筑後川堤防に置かれたクスの大木。河川事務所作成の掲示板には、「昭和28年6月の大洪水で上流から流されて、筑後大堰下流の川底に埋まっていた。樹齢は約200年」とある。原鶴温泉の導水路が建設された堤防跡付近に植えられたクスの大木が20本あまりあったが、洪水で根こそぎになったと古老に聞いた。大クスの古木6株が今なお温泉街の堤防に残る。

 洪水が最初に堤防をこえたのは、河口から55キロの原鶴温泉下流の左岸一帯と、52キロ、右岸の恵蘇宿付近とわかった。流量観測データと付き合わせると、堤防を越えたのは洪水の初期だから、水量のピークに比較して、随分高さが不足していたことが考えられる。洪水のピークは約8時間後の26日午後9時ごろで、最大流速は約3メートル。流量は毎秒5,838?となる。洪水初期のころは毎秒4,400?レベルとなっているから、水かさはまだかなり少ない。
 その後水かさはどんどん増えて流れくだる。あちこちで堤防が破られ、筑後川はどこが本流かわからない。洪水が水田地帯を一気に飲み込み、流域全体にあふれ出て、堤防に近寄ることもできない危険な状態になったことが推察できる。とにかく、上流で堤防が破れたら、下流の低地はどんどん浸水し、逃げ場が無い。
 上流で低い堤防が破れたので、下流の堤防は、本流の勢いで破れる前に、堤防の外、水田地帯側に流出した浸水洪水で、堤防の下部からどんどん侵食、崩されて、堤防自体が崩落するという結果を招いていた。
 戦国時代の城攻めで、堅固な城でも搦め手から攻めれば、もろくも陥落する様子が時代小説で出てくる。筑後川の堤防決壊が、堤防の裏、搦め手から崩されたケースが多いことに驚かされた。
 経過はこのぐらいにして、堤防の土質にも問題があったとの指摘もある。真土が大半で、砂利交じりの真土が、多かった。水が浸入すると極めてもろく崩れ去ったと書かれている。戦後の混乱期で、堤防の補修も手が回らず、未竣工の個所も多かったためにやられた。竣工していたが、突き固め方が不足していた個所もある。また、橋に膨大な流木が押し寄せて、流れをせき止める形になり、橋脚流失や、盛り上がった流れで堤防が崩される例も多発している。
 大石堰は河口から60キロ地点にある。江戸時代の大庄屋五人が連名で久留米藩に陳情して藩の公共事業として堰が築造されたことが伝えられる。そのころ作られた潅がい用水路の新川は幅10数メートル。ここが大量の流木で埋まり、行き場を失った洪水が高台に立てられた家々を次々押し流したと地元の方々に聞いた。恵蘇宿橋では流木が大量にかかり、橋脚の根元が激しく掘られて橋の一部が破損。壊れた橋の一部が下流で堤防にのしかかり、堤防に穴が開いて決壊につながった例もあった。
 久留米市内の宮の陣道路橋、西鉄鉄橋にも流木がつかえた。洪水をせき止める格好になった。一時は上流と下流で1メートル以上の落差ができたというから、勢いはすさまじい。橋はよく持ちこたえたが、盛り上がった流れは一帯の堤防を乗り越え、堤防の大規模な決壊を招いている。

53年経過してまだ残る危険な堤防

 河川事務所が発行している「水防」という畳1枚大の図面がある。表と裏と両面を使い分けた筑後川の流域情報地図。色分けした水防施設などを細かく記入したものだ。一覧表が掲載されているがその一つに「重要防災個所A」「同B}としたものがあった。
 その一覧表を見る上で最も重要な表示が「重要水防区域について」とした部分で、A、Bの区別について内容が明示されていた。重要水防区域Aとは、例えば堤防の法面について、法崩れ又は法すべりが起きた過去があるが、食い止める本格的な防災対策が未施工の場合がA。暫定施工の場合がB、という具合。AもBも大規模な洪水が発生するとまた法面が崩壊したり、地滑りを起こして堤防決壊が起こる心配が大きいということを示している。AまたはBは、食い止める本格的な工事が行われたかどうかを、河川管理者自らが評価して「評定基準」として記載しているのだ。内容をつぶさに検討して、私はぞっとした。
 53年前に筑後川上流で連続して起きた堤防決壊の防止策が、いまだに放置されていることがわかったからだ。100年に一度の大洪水とか、150年に一度の未曾有の豪雨などといわれるが、筑後川で実際53年前に起きた大災害を防止するために、堤防の強化などが行われ完了したはずではなかったのか。
 ひとつ具体例を書く。河口からの堤防の位置は左岸52キロ300から700地点。堤防の長さは378メートル。水衝A。洗掘Aとなっている。わかりやすく説明すると、水防上最も重要な区間にありながら、水衝とは洪水の勢いのある水がぶつかる恐れのある個所で、強度が不足しているという意味。洗掘は法面の強度を高めるコンクリート張りなどの本格的な施工が必要なのに、行われていないから、洪水がくれば、堤防の法面が崩され、穴ができて、堤防が決壊する恐れがある、という意味。
 このような危険な個所が筑後川の中流域で外にも残っているのが現実だ。場所を明らかにすると筑後川左岸、うきは市と朝倉市を結ぶ恵蘇宿橋の地点。橋のかかる堤防の上流下流一帯だ。53年前にもこのあたりは堤防が低かったために、洪水初期の段階で洪水が堤防を越えて決壊が起きた場所だ。
  水防に関する評価Aランクの堤防が、このほかにあるのかどうか調べると、出てくる出てくる。筑後川右岸、久留米市の小森野橋の上流284メートル、新しく架けられた千年橋の上流下流247メートルの区間。堤防の法面崩れの危険が大きいまま放置されている。このあたりは堤防高さについても、計画洪水量に対して高さが足りない評価Bが残ったままだ。堤防高さBの意味は、53年前程度の洪水が襲えば、また堤防を越えて流れる恐れがあるという意味で、堤防が決壊する懸念が大きいというわけだ。
 同様の恐れの残る堤防がさらにあった。右岸で久留米市宮の陣橋の上流。堤防法面の崩れが心配される。200メートルで、法崩れを防止する本格的な防災工事を放置していることことになる。


▲ 巨大な水防図。筑後川情報図とあり、筑後川河川事務所が作成した。上は15年版、下は17年版。

 評価Aとなった箇所を筑後大堰から上流側だけで調べても38箇所、堤防の総延長12,000メートルという驚くべき数字となった。堤防に漏水の恐れがあるのに放置されている個所だけでもまだ4箇所もあるが、これはいったいどういうことか。
 私はとうてい理解できない。53年経過して、危険度が極めて高い「水防評価A」と自ら評価した場所が、放置されているとは。ダム建設を柱とする水資源開発が盛んに行われた約40年間、水資源開発行為には1兆円を越える莫大な税金を投入して延々と実行されてきた。
「死者147名。流出全半壊個数2,800戸。床上浸水家屋49,200戸。床下浸水家屋46,300戸。被災者数54万人」と甚大な被害を整備計画の中で指摘しながら、堤防への備えはまるで抜け穴だらけの印象。
 堤防の補強、抜本的な水防対策工事こそ優先して継続して力を注ぐべきだったのでないかと私は思う。それが放置され、なぜ行われなかったのか、国の責任ある答えが聴きたい。
堤防の強化を放置して、建造の目的が成り立たない小石原川ダムを2000億円から5000億円も掛けて建造することは国家的犯罪だ。

※ 「大水害の記憶は生かされたか」の掲載について
編集長 古川 清久

 常設ライター“弁天小僧菊之助”によるせっかくの論文に傷をつけて申し訳ないとは思いますが、正直言って今回の中原論文の論調には、同意できない部分があります。
 もちろん、無能な右翼や短絡的なファシストのサイトではありませんので、多少の見解の相違は問題ではなく、むしろ議論の発展を保障するものです。今回、初めて中原見解に異論を書くことになりました。
 私が気になるのは、国土交通省とか河川事務所などといった機関とは、絶えず高い目標設定を行い(日本の基本高水量は高めに設定されすぎている)、どこでも危険だ、ここも治さなければならない、従って支流も同様だ!といった過剰な危険の宣伝を行っているはずなのです。なぜなら、安全で必要性のないところに予算は流れてこないことを経験的に知っているからです。従って、彼らの行政文書を読むときにはその要素を忘れたら全く本質が見えなくなるのです。このことをくどくど書くと混乱だけが残ることになりますので、これで終わりにしますが、いずれ別稿として一文を書きたいと思います。


179. 2006 熊本地名シンポジウム in 人吉紀行
 
 十月の半ば、八代の河童共和国大統領田辺達也氏と人吉に向かいました。熊本地名シンポジウムに参加するためです。例のごとく古川定跡による高速を利用しない旅ですので、朝六時半には出発し、有明海沿岸を右回りに佐賀、柳川、宇土を経由して八代に向かいました。 
 三時間と少しの長距離ドライブですから、いつものように講演テープか落語を聴きながらの運転でしたが、予定通り一〇時過ぎには八代に着く事ができました。さて、八代から高速で走れば三〇分程度で人吉に着きはするのですが、当然ながら危険なトンネルが連続する高速は一切利用しません。一方、球磨川沿いの国道はこの間の台風や長雨による土砂崩れによって通ることができません。それもこれも愚かな農水省の拡大造林政策によって構造線上の急傾斜地にまで針葉樹が大量に植込まれ放置されているからです。この国道では土砂崩れによる通行止めが良く発生しますが、これを自然災害と考えるのは物事を理解していない人間であると言うべきでしょう。
 ともあれ、八代の南の日奈久インターから田浦インターまでは無料の高速道路が完成しています(これが新直轄方式という道路族が永遠に高速を造り続けるための魔法の杖なのですが)ので、利用できるものは利用するのが古川定跡です。さらに南下して佐敷(芦北町)から県道(27号)に入り、球磨村から人吉市に入ったのは、まだ正午に半時は前のでした。
 昼食はこれまた古川定跡ですが、人吉に来ると“丸一”というそば屋で“鶏ソバ”を食べる事に決めています。“丸一”は今日も繁盛していました。今回は大統領の奢りになりますが、ありがたくご馳走になり、まだ、時間もあることから青井阿蘇神社に向かいました。
 この青井阿蘇神社の祭神(健磐龍命、阿蘇津媛命、速甕玉命)などについての話はともかく、この青井という名称については、今回の地名研究会のテーマにもなっています。不正確になるといけませんのでここでは触れませんが、この茅葺の山門は実に素晴らしいものです(山門とは寺院について言うものですから、神社に山門と言う表現は多少おかしいかもしれませんが)。皆さんも人吉に行かれたら一度足を延ばして見られることをお奨めします。人吉城址や、これまた古川定跡の定番、元湯共同浴場などを大統領にお見せして、今回の研究会の会場、人吉インターに近い新設の中小企業大学校(人吉校)に向かいました。
 
 
 ▲ 青井阿蘇神社の茅葺の山門(神社の山門と言う表現はおかしいですかね)
 
 何にでも噛み付きたがる狂犬のように思われそうですが、この中小企業大学校は九州では二校目と聞いています。新規の起業家や若手経営者の育成といったフレコミで超高級ホテルと紛うばかりのロビーを持った施設を造るのですから、まずは、頭がいかれているのではないかと思うばかりです。このような高級な施設で学んだ人間が叩き上げの企業家になるはずはないのであって、まずは、形を変えた箱物事業と考えて間違いないでしょう。
 
日本地名研究所
 
 日本地名研究所と言えば民俗学者の谷川健一で著名ですが、氏が熊本県水俣市の出身でもあることから、熊本地名研究会はその会員数、業績、水準、活動内容と敬服するばかりです。熊本以外にも地名研究会としての組織はかなりありますが、まずは九州でも、また、全国規模で考えても最も優れた地名学、民俗学の拠点と言うべきでしょう。
 当然ながら、大正一〇年生まれの谷川健一氏はその旗頭であり、その大家の風とともに、氏の貴重な講演を聴ける事は人生の宝とも思えるものです。もちろん、私自身は古田史学の会のメンバーでもあり、民俗学はともかくも、古代史から中世史への移行領域に関しては納得できない部分はあるのですが、当然ながら多少の対立があるのが学問であり、同時に発展を約束する物でもあるのです。
 谷川健一氏は詩人の故谷川雁(*)氏の兄であり、現代日本民俗学界の重鎮でもあります。また、氏には『白鳥伝説』『青銅の神の足跡』『日本の地名』『続日本の地名』・・・外、多くの著作があり、物部氏の位置付けをはじめとして古代史の分野にも大きな影響を与え続けています。
 今回は、熊本県内に新たな地名研究会が設立されたことに併せて行われた地名研究会設立推進シンポジウムでしたが、谷川先生からは「青井神社と青の地名・太古の狩から生まれた地名」というテーマで興味深い講演が行われました。本ホーム・ページも不知火海沿岸の話をベースにしている訳ですから、その中から、不知火町の永尾(エイノオ)神社の話を別稿『永尾』として書くことにします(一月号掲載予定)。今回の小稿も紀行文のつもりですので、シンポジウム自体の内容はもとより、それ以外の関心のあるテーマについても、各々、別稿として書くことにします。

 
 ▲ 泣く子も黙る 谷川 健一
 (*)谷川雁:
 『詩集 大地の商人』『工作者宣言』・・・外多数。
 東京帝国大学文学部社会学科(昭和二〇年)卒 享年七一歳
 戦時中に隊内で三度営倉に入る。戦後西日本新聞社に勤務、昭和二二年、共産党入党、労働争議で解雇。当然の事ながら六十年安保を契機に日本共産党を離党。
 
人吉温泉
 
 講演後は恒例の打ち上げです。私は八代史談会の会員で、今回のシンポジウムの共催団体でもある八代河童共和国大統領の特別補佐官(?)という立場でもありますので、大統領の傍にいるだけで、実に多くの研究者や著名人に出会う事ができます。実際、今回の報告者や、地名研究会の中心的なメンバーから貴重なアドバイスを得ることができますので、熊本地名研究会には将来の加入も視野に入れて、今後とも参加していくつもりです。
 今回も、手持ちの『白鳥伝説』にサインして頂きましたし、谷川先生から直接お話をお聴きすることもできました。宴会は遅くまで続きましたが、私はこの中小企業大学校には泊まる気持ちは鼻からありませんでしたので、宴会終了後は早々に代行運転を呼んで、青井阿蘇神社に近い温泉ホテルに向かいました。
 あまり知られてはいませんが、この人吉には多くの温泉旅館、温泉ホテル、温泉民宿、温泉場、温泉のある国民宿舎、共同浴場があります。
 老舗旅館としては、翠嵐楼、人吉旅館を筆頭に多くの旅館がありますし、大手ホテルとしては鮎里(今は“鮎の里”ですか?)、鍋屋・・・をはじめとしてかなりの数のホテルがあります。
 本来なら、このような良質の温泉に入れる土地にいるのですから、二日も与えられれば、軽く一〇湯ぐらいは入るのですが、同行者がいるとそうもいきません。
 私が最も好むのは地元の源泉掛け流しの共同浴場です。元湯、新湯、中央湯をはじめ二〇を越える共同浴場があります。私はまだ半分も入っていませんが、どこも源泉掛け流しの良質の温泉に満ちています。今回、私が泊まったのも共同浴場(朝日温泉)を持つ一泊二食五八〇〇円也という格安の“松屋温泉ビジネス・ホテル”(下青井町62-4 0966-22-5588)という温泉付きのホテルでした。深い浴槽には、源泉温度52.9度という最良のナトリウム・炭酸水素塩・塩泉が大量に送り込まれていました。
 次回は、新規開拓のために“三浦屋温泉ビジネス・ホテル”(五日町17 0966-23-5060)に泊まろうと思っています。
 
田 野
 
 翌朝も早々と起きて朝風呂を堪能しましたが、朝食もそこそこに会場に向かいました。今回の地名研究会では朝から現地探訪の小旅行があるだけで、特別に講演会、分科会といったものもないために、田辺氏と田野の集落を見に行く事にしました。この田野集落についても別稿として書くつもりですから詳しくは書きませんが、相良と薩摩の国境(クニザカイ)に近い久七峠の手前にある小集落のことです。簡単に言うと阿蘇のようなカルデラ平野ですが、太古、火山の噴火口に水が溜まり堆積によって平らな湖底が生成された後、地殻変動によって水が抜け平地ができたと言われる小秘境です。ここには、現在、なお、二十数戸の農家がありますが、私が見たいと思った理由は、以前、リポートUで書いた「瀬戸石崩れ」の災害被災者の一部が移り住んだという話を聞いたからからでした。詳しくは、「田野」で書きたいと思いますが、のんびり仕事の準備をしておられた現地の農家のご老人達から昔の話を聴いて早々に八代に向かいました。

永 尾
 
 大統領を八代のご自宅までお送りして宇土半島に向かいました。不知火町の町営の温泉センターでしばらく休憩しましたが、以前から頭にあった永尾(エイノオ)神社を見るためにさらに西に向かいました。この神社は今なお不知火の見える神社として有名ですが、今年も旧暦の八月一日(八朔)の未明の干潮時に現れると書いた看板が掲載されていました。
 この永尾神社についても別稿(永尾)として書くつもりですから簡単にふれるだけにしますが、永尾(エイノオ)とは、エイ(スティングレー、マンタレイ、レイ)の尾のことではないのかとする説があります。ここで取上げたのですから、当然ながら谷川健一氏の説です。詳しくは氏の「続日本の地名」(岩波新書)第二章[エイ](永尾)を読まれるとして、永尾神社が別名“剣神社”と呼ばれ、また、不知火海に突き出した半島の先端に位置していることから、文字通り、エイの尾に神社が乗っているのです。そしてその半島は背後の山に尾根として延び、古くは、両脇に本浦川、西浦川が注ぐ入り江が湾入し、地形がまさしくエイの形をしていたと考えるのです。これには、さらに面白い話がありますが、別稿のネタ切れになりますのでここまでとしましょう。谷川説に関するフィールドワークを終え、再び、武雄にハンドルを切ったのでした。