特別連載
172. 有明海から考える「神話と伝説」@

 久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士) 

神話と伝説

第一章 新たな歴史

はじめに

 神話と伝説は、それぞれの分野から、長年、研究が続けられています。それは、古代人の心、歴史的事実、民族学的視野、近隣諸国と比較してなど、それぞれの分野からです。そして、諸説が述べられています。
 しかし、長年、研究が続けられていますが、未だ、核心にふれたものはありません。核心にふれることが出来ないのは、古代の歴史が、まだ、解明されてないからです。
 近年、捏造事件が発覚しました。古代の歴史が解明されてないので、捏造しても、根拠をあげて反論する人がおりません。そこで、捏造している現場をおさえない限り、捏造が発覚することがありませんでした。発覚しにくいので、捏造は、長い間続けられてきました。そして、発見されたものすべてが、捏造と分かりました。
 古代人は、日々の生活のことや、大きな出来事を話にし、それを、長く語りついできました。話には、ものの見方、考え方、世界観、死生観など、精神的なものが反映します。 その、ものの見方、考え方、世界観、死生観は、日々の生活の、積み重ねから生まれます。
 神話や伝説には、精神的なものが反映します。神話や伝説の核心に迫るには、日々の生活、古代の歴史を知らなければなりません。古代人の心にふれるには、歴史を探ることからはじまります。
 平成元年、吉野ヶ里遺跡が発表され、弥生時代が、想像以上に進んでいたことを知らされました。また、平成七年、三内丸山遺跡が発表され、ここでも、縄文時代が、想像以上に進んでいたことを知らされています。両遺跡は、当時の生活が、想像以上に進んでいたことを、我々に教えています。
 そして、従来の考え方(歴史観)では、これらを説明出来なくなりました。説明出来なくなったということは、従来の考え方(歴史観)が、誤っているからです。そこを誤ったままでは、何年経っても、真の歴史を解明することはできません。また、それが出来なければ、神話や伝説の、核心にふれることも出来ません。

 従来の考え方(歴史観)を簡単に記します。
 縄文時代、日本列島では、未開な人たちが、狩猟と採集をしながら、点々と暮らしていた。この時代は、身分の上下や争いごともなく、人々は平和に暮らしていた。
 そして、時代が下がって弥生時代になり、朝鮮半島や中国大陸から、文化や最新技術をもって、多くの人が渡来してきた。
 この人たちが、渡来系の弥生人である。そして、日本列島で暮らす縄文人と混血していった。しかも、渡来人は多く、次第に優位な渡来系に染まっていった。文化や最新技術も、同じように伝播していった。
 そして、渡来系の人たちが、東北北部に進出したのは、八世紀末以降と考えられる。
 と以上が概略です。
 渡来人が、弥生時代、文化や最新技術をもってきた。日本の文化や最新技術は、渡来人によってもたらされた、と渡来説が主流になっています。
 渡来説がたてられるようになったのは、次の理由があげられます。
@縄文晩期、資料が激減する。
 そこで、人口も激減したと考えられる。
 それが、弥生時代になり、急増する。
 この人たちが、どこからか渡来したと考えないと、人口急増の説明がつかない。
A弥生時代になると、資料に変革が見られる。それは、人骨も同じである。
Bそれと共通するものが、朝鮮半島や中国大陸から、多く(人骨を含めて)出土する。

 図は、弥生人を、三つのタイプに分けられたものです。
 北部九州・山口タイプは、渡来系の特徴を多くもつと言われています。
 西北九州タイプと南九州・離党タイプは、縄文系の特徴を多くもつと言われています。北部九州・山口タイプの人骨が、渡来系の特徴を多くもつことから、渡来人は、この地域に集中した。
 そして、弥生時代から、七世紀までの、約千年という長期にわたり、述べ百万人が渡来してきた、と言われています。
 しかし、この渡来説には、大きな疑問があります。
 はじめは、その理由です。
 自国で平和に暮らしていれば、海を渡ろうという、気は起こりません。どこから、渡るにしても、一海あります。一歩間違えば、死にいたります。
 渡来は、命がけです。何もなければ、危険をおかして、海を渡ることはありません。渡来人は、延べ百万人にのぼる、と言われています。どのような理由で、そんなに多くの人が、命がけの渡来してきたのでしょうか。
 次は、その結果です。
 共通するものが、近隣諸国から出土する、それが結果だと言われそうですが、確固たる結果です。日本で、人口が激増すれば、どこかの国で、人口激減があるはずです。このような、確固たる結果です。



 渡来があった、と仮定します。その結果が、分布図に表れることになります。その結果は、北部九州・山口地方に集中したと言われています。
 もう、前になりますが、ベトナムや中国南部から、ボートピープルたちが、木造船で、日本に来ていた頃がありました。そして、ボートピープルたちは、沖縄から鹿児島、天草、五島列島までの、広範な地域に漂着していました。
 この船は、かなり大きなものでした。それでも、広範な地域に漂着していました。渡来があったと言われる時代の舟は、技術も未熟で、もっと小さかったと思われます。そんな小さな舟では、波にのまれて転覆するか、転覆しなくても、どこに漂着するか分からないというのが、本当だろうと思います。
 運よく転覆しないで、朝鮮半島から渡来してきたとしても、北部九州・山口地方だけでなく、九州の北部側全域に、漂着するはずです。
 中国大陸から渡来してきたとしても、北部九州から鹿児島、沖縄までつながる西側沿岸一帯の、広範な地域に漂着するはずです。しかし、図のように、縄文系の特徴を多くもつ、と言われています。
 また、有明海沿岸の吉野ヶ里人は、渡来系の特徴を多くもつ、と言われています。この時代、北部九州や西側沿岸一帯では、すでに、暮らしている人たちがいます。
 吉野ヶ里に来るには、玄海灘側で、すでに、暮らしている人たちを、乗り越えて来なければなりません。そんなことは、考えられません。
 日本のことを書いた、一番古い文献、中国の『魏志倭人伝』で、魏の国の使者は、朝鮮半島南端(狗邪韓国)から一海渡り、対馬国→一大国→末盧国に到着します。
 末廬国までの行程は、誰もが認めています。末廬国は、旧松浦郡になります。
 渡来人は測ったように、北部九州・山口地方に集中した、と言われています。そうすると、北部九州・山口地方に渡ってくる、一本道の航路が、すでに、完成していたことになります。
 渡来がはじまったのは、魏の国の使者より前、と言われています。国の使者だから、安全第一に考えます。完成した航路があれば、同じコースをとるはずです。どうして、一本道の航路を通って、北部九州・山口地方に行かなかったのでしょうか。
 使者が来た、対馬国→一大国→末慮国と渡るコースが、正式な航路だったのではないでしょうか。朝鮮半島から、すぐ近くの対馬に渡り、また、すぐ近くの島と、最短距離でつないで渡るのが、安全で確かな航路だと思われます。
 北部九州・山口地方に行く、一本道のコースより、最短距離でつないで渡るのが安全です。本当に、多数、渡来してきたとすれば、旧松浦郡側にも、多くの渡来人が漂着すると考えるのが、自然です。しかし、この地域の人たちは、縄文系の特徴を多くもつ、と言われています。

 平成七年、青森県の、三内丸山遺跡が発表されました。
 これまでは、弥生時代、渡来人が、文化や最新技術をもってきた、と言われていました。しかし、ここでは、それ以前に、高い技術を持つ人が、暮らしていたことが分かりました。 このように、従来の考え方(歴史観)では、古代の歴史を説明できなくなりました。
 これまでは、近隣諸国の資料と比較して、歴史考察がなされてきました。これは、比較方法と呼ばれ、歴史を探る、伝統的な方法です。そして、この方法で、渡来説がたてられ、それが、定説のように言われてきました。
 しかし、渡来説では、近年の、新発見を説明できなくなりました。比較方法では、いくら仮説をたてても、新発見の度に、説明できなくなってしまいます。この方法で歴史を探るのは、限界があるようです。

 そこで、私は視点を変え、古代の歴史を探ってみました。それは、有明海に生息する、ムツゴロウからです。
 有明海では、日本でここだけという、ムツゴロウが生息しています。ここでは、他にも、日本でここだけ、地域が限られるという、珍しい生物が生息しています。
 ムツゴロウは、東アジアでは、朝鮮半島黄海岸、中国、台湾などにいます。他の、ここだけ、地域が限られるという生物も、同じように生息しています。
 珍しい生物が、東シナ海の遠く離れた地で、生息しています。国内の海ではなく、東シナ海の遠く離れた地で生息しています。どうして、東シナ海の遠く離れた地で生息しているのかという、疑問が生じます。その謎を、探ることからはじめていきます。
 約三万年前の気候は、ウルム氷期の最盛期で、気温は、現在より、七〜一○度ぐらい低く、東京は、今の北海道のような気候だったろう、と言われています。
 そこで、氷山や氷河が発達し、海面は、今より、約百四十メートルも下にありました。ウルム氷期、百四十メートル下の東シナ海は、図のように極端に狭くなり、中国大陸、朝鮮半島、日本列島は、ほぼ、陸続きになります。
 それが、温暖な気候に変わり、氷河や氷河が解け、海面が上昇しました。海面が上昇して、今の水位になり、日本列島は、今の地形になりました。



 ムツゴロウが生息できる、第一の条件は、地中に巣穴を作る、軟泥干潟があることです。 図を見ると、当時の東シナ海は内海で、全域、軟泥干潟だったと想像できます。そこでは、ムツゴロウをはじめ、珍しい生物たちが生息していたのでしょう。それが、海面上昇で、それぞれの方向に、移動、後退していきました。
 そこで、ムツゴロウが、東アジアで、朝鮮半島黄海岸、中国、台湾などで生息しているのは、海面上昇の移動、後退で、大きく広がったから、と分かります。
 しかし、今の東シナ海では、珍しい生物が生息するところと、生息しないところがあります。
 それは、ムツゴロウが生息できる第一条件の、軟泥干潟が続いた地域と、続かなかった地域が考えられます。軟泥干潟が続かなかった地域では死滅し、続いた地域では生き延びます。そこで、ポツンと、取り残されたように、生き残りました。
 珍しい生物たちが、東シナ海の遠く離れた地で、今も生息しているのは、海面が上下する時も、軟泥干潟がずっと続いていたから、と分かります。

古代の気候

  ウルム氷期は、氷山や氷河が発達し、海面は、百四十メートルも、下にありました。
 ムツゴロウが、今も、有明海で生息しているのは、海面上昇に合わせて、移動、後退してきたからです。
 ムツゴロウが、どうして、ポツンと、取り残されたように生息しているのか。その疑問は、ここで解けました。では、ムツゴロウは、いつ頃から、有明海で、生息するようになったのでしょうか。
 気候によって、海面が、上がったり、下がったりしています。ムツゴロウが、いつ頃から生息するようになったのか、それを探るには、古代の気候を知らなければなりません。
 古代の気候と、大きな出来事を、簡単に記します。



@ウルム氷期(水位は百四十メートル下)
 ピークは、約三○、○○○年前頃。
 日本列島は、ほぼ、陸続き。
 約二二、○○○年前頃、姶良カルデラが大爆発(AT火山灰が、全国に降る)

Aウルム氷期の終わり(水位が、上がりだす)
 約一五、○○○年前頃、ウルム氷期が終わり、温暖な気候に向かう。
 そして、海面上昇がはじまる。

B温暖期(水位は、今と同じ)
 約一三、○○○年前頃、海面上昇が終わり、日本列島は、今の地形になる。
 しばらくして、温暖な気候が終わり、晩氷期に向かう。
 そして、海面低下がはじまる。

C晩氷期(水位は、ウルム氷期に近い高さ)
 約一○、五○○年前頃、晩氷期の最盛期。この氷期は、ウルム氷期ほどではないと言われている。
 海面低下が終わり、日本列島は、再び、ほぼ、陸続きになる。
 しばらくして、晩氷期が終わり、温暖な気候に向かう。
 そして、海面上昇がはじまる。

D温暖期(水位は、今と同じ)
 約九、五○○年前頃、海面上昇が終わり、
 日本列島は、今の地形になる。

E今より、さらに、温暖期(水位は、今より、さらに、上になる)
 約六、五○○年前頃、気温が、今より、二度上がり、さらに、温暖な気候の最盛期になる。
 そして、海面が上昇し、水位は今より、さらに上がる。
 約六、三○○年前頃、鬼界カルデラが大爆発(火山灰が、関東地方まで降る)

F温暖期(水位は、今と同じ)
 今の温暖な気候に戻って、海面が下がり、
 日本列島は、今の地形になる。
 約六、○○○年前頃、

G低温期に向かう(水位が、下がりだす)
 しばらく、温暖な気候が続いていたのが、
 約三、五○○年前頃、低温期に向かう。
 そして、海面低下がはじまる。

H低温期(水位は、今より、約三十メートルほど、下になる)
 約三、○○○年前頃、気温が、今より、二度下がり、低温の最盛期になる。
 海面低下が終わり、水位は、今より、約三十メートルほど、下になる。
 しばらくして、温暖な気候に向かう。
 そして、海面上昇がはじまる。

I温暖期(水位は、今と同じ)
 約二、四○○年前頃、海面上昇が終わり、日本列島は、今の地形になる。

 古代の気候は、不安定でした。大きな氷期が二度もあり、その度に、海面が百メートル以上も、上下しています。その度に、ムツゴロウも移動します。
 ここで、ムツゴロウが生息する海岸近くで、古代人も暮らしていたというのが、新たな考えです。
 有明海沿岸は、温暖な気候、魚介類、海藻類が豊富、と暮らしやすい条件がそろっています。それを証明するかのように、有明海沿岸では、吉野ヶ里遺跡をはじめ、大きな遺跡が発見されています。人が、ムツゴロウの近くで暮らしていれば、同じように、移動、後退してきます。
 ムツゴロウと人が、移動、後退した過程を見ていきます。

 ウルム氷期、ムツゴロウは狭くなった東シナ海で生息し、人も、東シナ海の海岸近くで暮らしていました。
 それが、温暖な気候に変わり海面が上昇します。海面の上昇で、ムツゴロウと人も、移動、後退していきます。
 そして、約一三、○○○年前、今の有明海に到着しました。

 しばらくすると、晩氷期に変わり、海面が下がっていきます。ムツゴロウと人も、同じように下がっていきます。
 そして、狭くなった東シナ海に、約一○、五○○年前に到着しました。

 しばらくすると、また、温暖な気候に変わり、海面が上昇します。ムツゴロウと人も、同じように上って行きます。
 そして、約九、五○○年前、今の有明海に到着しました。

 時代が下がり、約七、○○○年前頃、今より、さらに、温暖な気候に変わり、海面が上昇します。ムツゴロウと人も、同じように移動していきます。
 そして、約六、五○○年前頃、今より水位が上がった、有明海に到着しました。

 しばらくすると、また、今の温暖な気候に戻り、海面が低下します。ムツゴロウと人も、同じように下がっていきます。
 そして、約六、○○○年前頃、今の有明海に到着します。

 時代が下がり、約三、五○○年前、低温期に変わり、海面が低下します。ムツゴロウと人も、同じように下がっていきます。
 そして、約三、○○○年前頃、少し水位が下がった、東シナ海に到着しました。

 しばらくすると、また、温暖な気候に変わり、海面が上昇します。ムツゴロウと人も、同じように移動、後退して行きます。
 そして、約二、四○○年前頃、今の有明海に到着しました。

 ムツゴロウが、東シナ海の遠く離れた地で、どうして、取り残されたように生息しているのか。また、いつ頃から、有明海で生息するようになったのか。その謎は、ここで解明することができました。

次号へ続く
 ※ 有明海から考える「神話と伝説」の連載について

 リポートV 八月号に「ムツゴロウは泳げなかった」を掲載しました。この中に登場する『ムツゴロウが教える日本の起源』を書いたのが久光教弘氏です。

 (再掲)この本のタイトルのとおり、久光教弘氏はムツゴロウそのものをテーマにされているのではなく、ムツゴロウの話を導入部として日本と日本人の起源を論じておられるのです。 
 氏は佐賀市在住の現役の建築士として設計事務所を経営されていますが、一度お話を伺いにお訪ねしたことがあります。その際も新著の原稿に取り組んでおられていましたので刊行を楽しみにしています。こちらも文化人類学の好著と推測しています。
 同書は自費出版されたものでしたが、非常にレベルの高い文化人類学に関する好著です。非常に面白い本で、私も一気に読み終えた記憶があります。

※ 『ムツゴロウが教える日本の起源』のお求めは、ハガキかFAXでお願いします。
住所:〒840-0805 佐賀市神野町西4丁目4-8 久光 教弘(ヒサミツミチヒロ)
FAX : 0952-31-7702 24時間受付


■次回への予告■ F
特別掲載予告

V   環境保護派よ我が梁山泊に楯籠もれ! (NO. 8) 11月号
173
有明海の豊かさとその危機
「佐賀自然史研究」(10:129−149,2004)掲載論文
鹿児島大学 理学部 地球環境科学科 助教授 佐藤 正典
20041001


 "2006 有明海・不知火海フォーラム in しまばら"で基調講演をお願いした鹿児島大学の佐藤正典 助教授のリポートを掲載できることになりました。これは佐賀自然史研究会の会報「佐賀自然史研究」(10:129−149,2004)に掲載されていた論文です。"さしけん"については知っていましたが、迂闊にも、私はこの論文の存在をつい最近まで知りませんでした。 
 一般的に諫早湾干拓事業(イサカン)の堤防締め切り(ギロチン)前後の有明海についての報道、研究、報告は数多くあるのですが、その後、最近までの状況について変化を描き丁寧にフォローしたものはあまりありません。かく言う私も「有明海異変」を書いた手前、気になっていたことなのですが、辛いテーマだけに、やはり、気が重くペンが走らなかったのです。佐藤先生の「有明海の豊かさとその危機」は、この私の空いた思いを一気に埋めてあり余るものでした。
 特に、私にとって印象深かったのは、"W.まとめ−真の環境復元をめざして−"で書かれている大牟田市の諏訪川の水門撤去に関するの話でした。ここは農業用水を溜めるとして感潮河川に水門が造られ、水門上流部が淡水化された小規模な河口堰だったのですが、宅地化が進み、もはや農業用水の需要も減ったために、水門を造り直すよりは取り壊して元の潮が上る川にしたものでした。これは、いわばイサカンの撤去を先取りするものであり、自然の再生が開始された実例でした。私はこの事に限定して新たに一文を書きたいと考えていますが、まずは、佐藤論文を読んでいただきたいと思います。
 今回、佐賀自然史研究会、佐藤正典助教授のご好意によりこの論文が一般にも広く読まれる事に嬉しさを禁じえません。乞うご期待!というところです。

V   環境保護派よ我が梁山泊に楯籠もれ! (NO. 8) 11月号
173
有明海の豊かさとその危機
「佐賀自然史研究」(10:129−149,2004)掲載論文
鹿児島大学 理学部 地球環境科学科 助教授 佐藤 正典
20041001
174
有明海に温泉の涌く島がある
2006
175
ウータン(水没をまぬがれた有田の小秘境大谷)前編
 九州源流紀行 民俗編 〜大谷〜 
 音屋の昭太郎 
20060930
176
照葉樹の拡大造林を
20060601
177
岬 墓 (有明海沿岸の海岸墓)
20060808
178
"有明海から考察する列島文化" 『神話と伝説』 第2回
久光教弘『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士)
20060808
■次回への予告■G