166. 先 島 
 
"二度目の石垣、西表紀行"八重山照葉樹の懐にて"

 昨年の九月に引き続き、二度目の石垣島に飛び立ちました。六月二九日から七月二日と
いう梅雨の最中でしたが、沖縄からさらに三〇〇キロ以上も南に位置する先島諸島ではとっくの昔に梅雨が明けているのです。

南西諸島

 南西諸島という概念があります。私も含めて、いったいどこまでが何々諸島かなど良く分らないままに使っていますので、ここで簡単な整理をしておきましょう。
 まず、南西諸島とは鹿児島の南の屋久島、種子島から吐火羅(トカラ)列島を経て最南端の与那国島から尖閣列島(尖閣諸島は先島諸島に含めないようですが)辺りまでの琉球弧全体を言うようです。
 今回は、その南西諸島の中でも先島諸島の八重山列島に属する石垣島を基地にして船で西表島に渡ったわけです。一応、主な島を簡単な表にするとこのようになります。

※ 尖閣列島については魚釣島(釣魚台)ほかの数島によって構成される無人島群ですが、現在、行政区画としては石垣市とされています。これが、先島諸島に含まれるのかについてまでは分りません。興味のある方は、国土地理院の詳細な地図や海上保安庁による海図などにあたって下さい。

 前述したように沖縄諸島最南の久米島と先島諸島最北端の宮古島との間には三〇〇キロという一島もない大海が広がっています。さらに、距離から言っても、広さから考えても、本来、この先島諸島が沖縄とは別の行政単位を形成していても決しておかしくないように思えます。事実、薩摩以前の琉球王国の支配もこの先島までは実質的に及んではいなかったとも言われており、この一帯の独特の文化を決定したのもこの遠さであり、改めて三〇〇キロという距離の大きさを考えさせます。
 もちろん、この表に書かれたものの外にも多くの島があります。イザイホーで有名なノロと呼ばれる巫女の島=久高島は沖縄本島の直ぐ傍に浮かんでいますし、"ちゅらさん"で有名になった小浜島や気象通報で良く耳にする南大東島もこの先島諸島の一つになります。
 図表によって大体のイメージはつかんで頂いたと思いますが、事実上、日本本土よりもむしろ台湾に近いこの先島の事を考える時、日本本土もこの弧状列島の一つでしかなく、日本人も、また、この島のさらに南から渡って来た人々によってその一部が形成され、その後もその影響を受け続けてきた事を考えさせられます。
 さて、話を進める前に行政単位という退屈な話をしておきましょう。八重山諸島の中で、というよりも沖縄を除く琉球諸島中最大の島が西表です。ところが、現在この島には二千人足らずの人しか住んでいません。さらに驚くのはこの西表が竹富島という小島を中心にいくつかの島で構成する竹富町(竹富島、小浜島、黒島、新城島、波照間島、嘉弥真島、西表島・・・)に属し、隣の西表なみに大きな石垣島にその役場が置かれている事です。


▲ 観光船が所狭しと並ぶ石垣港


▲ 先島諸島 八重山列島の南に波照間島が小さく見える。宮古島との石垣島の間に多羅間島が見える。

 つまり、竹富町の役場は行政区画が異なる石垣市の石垣港に置かれているのです。このことについて司馬遼太郎氏は 『街道をゆく』6沖縄・先島への道 でこのように書いています。
   
 右側が石垣島で、左側が西表島である。とくに西表島は非サンゴ礁の島で山もあり、その山も峰々が折りかさなっていかにも深そうだし、げんに面積からいっても県下では沖縄島本島に次いで二番目の大型の島である。
 「あれだけの島なら、あの島がこのあたりの中心になっていそうなものですね」と、オート三輪さんにきくと、それがおもしろいものでそうでもないんですね、といった。
 このあたりの島のおもしろさは、島の大小だけでは島々の政治史が測れないのである。この竹富島は地図でみてもわかるとおり、ちっぽけな隆起サンゴ礁なのだが、それが本土の室町期には、となりの大きな石垣島や西表島、またそれらをふくめた八重山諸島ぜんたいの総督府(蔵元)が置かれていたという事実が、ちょっと理解できない。・・・中略・・・しかしほかに、マラリアその他の風土病がないのはこの竹富島だけだったからという説もある。
(以下、ふり仮名については全て省略:古川注)

 司馬氏は先島でも石垣島と竹富島を訪れ、さらに遠い与那国や波照間に行こうとしています。現在、多くの人は石垣からヤマネコの棲む西表に向かうのですが、文中(前述同書)から察する限り(「ずいぶん考えてみた」とはしていますが)、西表には行こうとしていません。むしろ、一から、さらなる辺境の島を目指しています。結局、日程の関係から、実際には存在しない、"まぼろしの南波照間島"の伝承にふれただけで波照間島行きは断念し、さらに遠い国境の島与那国に渡っています。
 もしも、私に三度目の先島への旅があるとしたら、司馬氏が行こうとしたように、波照間や与那国といった最果ての島に足を向けるような気がしています。
 
西表島は古見島と呼ばれていた

 石垣港から高速船に乗り、四、五〇分も走ると大原港さらに上原港に着きます。イリオモテヤマネコがいまなお息づく島、西表です。
 この島は司馬氏も書いているように、竹富や宮古列島の多良間のような珊瑚礁による平たい島ではなく、周囲八〇〜一〇〇キロ、四〇〇メートルを越す数峰を持つ、面積だけから言えば八重山諸島最大の島なのです。
 民俗学者柳田国男の遺作とも言うべきものに『海上の道』がありますが、この中の"根の国の話"(11 古見の島の盛衰)には、このように書かれています。
   
・・・古見がかつて一たびは南島文化の一中心であって、しかも近世に入ってから他に類例もないほどの激しい盛衰を経ているということだけは、弘く世上に向かって是非とも説き立てて置かねばならぬ。 ・・・中略・・・ 最初にまず西表という現在の島の名だが、もとは普通に古見の西表、すなわち古見という島の西の船着きを意味しており、そこの開発もかなり古く、多分はいわゆる倭寇時代の船の往来によって、発見の端緒を得たものかと思うが、・・・

とあるように、古くは古見の島、古見島と呼ばれていたのです。古見は古見岳から東南に流れ下る古見川が入海に吐き出す河口に位置する当時の首邑であったわけです。  

 さらに柳田によると、

・・・とにかく明治の新時代に入ってから、ここが汽船の航運に利用されたのは必然であったうえに、さらに南島としては珍しい石炭層がほんの僅かだがこの渓谷に発見せられたために、ここが重要なる寄港地となってしまい、それに引き続いては労働力の供給問題、島の人たちはちっとも来て働こうとしないので、囚徒を入れまた浮浪者や貧窮人を連れこんで、ひどい虐待をしたことが評判になり、いわゆる西表炭鉱の惨状が新聞に書き立てられて、若年の私などは、是で始めてこの名の島の存在を知ったような次第である。
『海上の道』
とあります。

それはさておき、私はこの古見地名が、柳田の思惑とは別に、吐き出される"葉木"(表記には、吐、萩の他にいくつかの類型がありますが、いずれも"吐き出す"の意味です)の類型地名である"五味"の可能性もあると考えています。
 この"五味"地名は南九州にも多くの例があり、たいていは大河川に脇から谷川が一気に流れ込む(つまり咳こむ)場所、合流部に位置しています。
広辞苑を見てみましょう。
 
【込み上げる】
《自下一》
@ いっぱいになって、おさえてもあふれ出そうになる。「喜びが−・げる」「涙が−・げる」
A 胃から食物をもどして吐きそうになる。・・・

 西表島は人口が二千人程度、大半が照葉樹の森に覆われています。石垣島の人口が四万人であることを考える時、私には石垣島より大きなこの島に人が住み着かなかった理由が未だに理解できていません。これについては、マラリアで多くの死者が出た事が原因であったとされてはいるのですが、今もってその説明には納得できないでいるのです。
 これについても柳田は(11 古見の島の盛衰)において、島津の検地資料「琉球郡帳」を引用しながらこのように書いています。

 村の連合の日本で郷と謂った区域を、もうこの頃から南方では間切と呼んでいた。現在のいわゆる西表島を二つの間切に分かち、西半を入表間切、こちらはすなわち古見間切で、五つの村の外に小浜という島がこれに属していた。入表の間切は畠方の五石八斗に対して、田方が千二百六十七石あったのに、古見の間切の方は畠も九十七石余、田は千八百七十石以上、この畠はいわゆる常畠であって、焼畑、切替畑はこの外かとは思うが、それにしても米の公称産額はこの通り多く、それだけでも稲の神の恩恵の異常に豊かな土地であったことが察せられる。しかるに地形は今もほぼ元のままなるにかかわらず、それからの三百年間に人口は激減し、宝暦三年(一七五三)の『番所日記』には、それでもまだ七百六十七人とあるのに、最近は十戸という報告もあり、或いは新たなる移住者が招き寄せられて、ふたたび百人になってきたともいうが、勿論是は旧時の伝統を保持する人々ではなかった。
 主たる原因はマラリアの流行ということが、古くから認められていた。しかもこれらを原因たらしめた此方の弱味に、栄養の欠乏と気力の減退、さらに付け加えて希望と信仰との、目に見えぬ急激なる一頓挫があったのではないかと悲しまれる。・・・
『海上の道』

 とりあえず、この払拭できない疑問はそのままに置きますが、柳田は久米という氏族が稲と稲作を携えて日本列島の裏表を北上して行ったことを意識し、奄美大島、沖縄主島にも古見、久米が、八重山群島の中にも古見、球美があることを考えていたようです。

 司馬氏は、前述同書でこのことについても書いています。

 ・・・この連中(大ざっぱにいって江南人)が稲をもたらしたであろうという推測はほぼ定説化している。コメという言葉も、江南語に遺っているクメとかクミとかを語源とすることも、定説に近い。
 柳田国男は、これについて自分の発想の材料を『海上の道』でぽつりと提示しているだけで、区々とした論証に精力をつかわない。
  
 ・・・曾て私は西南の島々に、幾つかの古見又は久米と呼ばれる地域があり、何れも稲作の古く行われた痕跡らしいとして説いて置いたことがある。

 というのみだが、ともかくも稲の伝来は(そのひとつの経路は)沖縄の島々をつたってきたものだということは、柳田国男にとって説以上に信念に近いイメージだったらしい。

 詳しくは『海上の道』の本書にあたられる事にして、私は、さらに思考の冒険に踏み出しています。
 「神武天皇東征」神話はどなたもご存知かと思いますが、いわゆる"神武歌謡"に登場する「久米の子らが・・・」の久米という氏族の起源までを沖縄諸島の久米島はもとより、この西表島のかつての稲作地帯の古見とまでしたいのですが、許されるかは、元より不明としか言い様がありません。そして、コミ、クウミ、クミ、クメ、コメ、"米"とまでも思考の暴走に逸るのです。
 多少、制動を加えるために、大江健三郎による解説を見てみましょう。ここで氏は中村哲氏を引用しています。

  《稲作文化を伴う弥生式土器の南限は沖縄の先島には及ばないために、考古学の領域では、北方からの文化南下説を有力にしているが、柳田もそれに正面から反対しているわけではない。しかし、黒潮の流にそった『海上の道』を終世の課題とした彼は、この最後の遺書とも言える問題の書のなかで、原日本人の渡来については、沖縄の人と文化が南方とつながりをもつことに注目して、その論理の延長の上に考えようとする思考がある。それを自分の仮説であるといいながら、晩年に至るまでいささかもゆるめようとはしていない。それは北方からの文化南下説を正面から否定しているわけではないが、あたかもそれは有史以後のことで、原日本人そのものが始原の時代においては南から島づたいに漂いついたもので、その際、途中で離島に残ったものが原沖縄人であるというもののようである。・・・》

『海上の道』解説(『新版柳田国男の思想』法政大学出版局刊)

 とあります。今回、私が先島を訪れ最も興味を抱いていたテーマは、稲作とその文化複合と照葉樹林文化の連関、その伝播ルート、南方起源、北方起源、江南直行ルートだったのです。

ユゴイ

 西表島の面積に対する人口の薄さが古来のものではなかったことは分かるのですが、依然として私の疑問は消えません。もしも、マラリアだけが原因であったとしたら、さらに、南の島々でなぜ絶滅が起こらなかったのかが理解できないからです。
 しかし、その原因はともかくも、結果として実に多種多様な動植物と壮大な自然が残されたのです。
 昨年九月は東側の仲間川流域のマングローブ林を見て廻っただけだったのですが、今回は石垣港からさらに遠い西側の浦内川流域に向かいました。マングローブが生い茂る汽水域の内湾の湾奥で船を降り、そこからは亜熱帯のジャングルの小道に入り、ただひたすら、中流から上流の入口に当たるマリユドウの滝とカンピレーの滝付近まで徒歩で入り込みました。つまり、西表の懐まで入ったのです。
 毎日、テトラポッド、張ブロックといったコンクリート構造物と杉、桧などの針葉樹のを憎しみを抱いて見続けているのですが、西表には一部を除いて気になるほどには見当たらないのです(もちろんこれは私も日常に麻痺されているからでしかありません)。
 まず、そのことだけでも心が多少は和み、非常に落ち着いた気分になった事は事実です。しかし、それを遥かに超える迫力をもって迫ってきたのが生物の豊かさでした。
 まず、最初に飛び込んできたのが乗船場付近の水の美しさと魚種の多さでした。特に驚いたのはヤガラの子と思しきもの(これは後にサヨリの幼魚と教えて頂きました)が無造作に泳いでいたのです。こんなものは中々本土ではお目にかかれるものではありません。
 上流に向かうボートからは、圧倒的に豊かな森が広がっています。マングロープ林とは総称に過ぎませんが、多くのヒルギ(オヒルギ、メヒルギ、ヤエヤマヒルギ・・・)によってなる大マングローブ群落、そして、それに連なり山の頂にまで駆け上がる多くの照葉樹群落はやはり圧巻と言うべきでしょう。そして、その中にイリオモテヤマネコを含む多くの動物が育まれているだろう事は疑う余地がありません。
 湾奥の船着場まで七、八キロも溯上すると岩場があり下船します。ここからは陸行する事になります。百メートルも歩くと、直ぐに広い川原に出くわします。豊かな川の流れ込みの中を見ると、二〇〜三〇センチ級の淡水魚が逃げもせずに悠々と泳ぎ回っているのです。それどころか、足を水につけると小魚が足を突付いてきます。本土の川も昔はそうだった事を思い出させてくれます。後で、大きな淡水魚は何かとガイドに尋ねると「恐らくユゴイかオオクチユゴイと思います」とのことだったのですが、帰って、図鑑で調べると明らかに違うように思います。私には形や斑の模様からニジマスの仲間にしか見えなかったのですが、今のところ確証を得ていません(これについても同じルートからやはりユゴイと教えて頂ました)。
 もちろん、西表には本土の卓越種である鯉や鮒の類が存在しませんが、それは、日本本土が大陸と繋がっていた時代においても、この西表島が切り離された孤立島であった証拠とされているようです。


▲ 西表島の浦内川

マリユドウとカムピレー

 照葉樹の大森林を縫うように延びる小道を一時間も歩くと、二つの滝に辿り着きます。マリユドウとカムピレーです。河口からこの滝の付近までは柔らかい砂岩が多いものと見えて、川床には大、小、数多くのポット・ホールが見られます。梅雨明けから半月も雨が降らないとは聞いていましたが、水量は実に多く、豊かな照葉樹の森が間断なく水を送り続けている事がこれだけでも理解できます。
 この二つの滝は有名な観光スポットであり、テレビなどでも良く見かけるものですが、私はどうしても、その名称に拘ってしまいます。マリユドウは"廻る淀み"とされています。これは途中の掲示板に書かれていましたが、まずは、なるほどと納得した次第です(写真を見られれば一目瞭然でしょう)。
 カムピレー(カムビレー)については記載がなく、帰路、歩きながら考えていましたが、帰り着く頃にようやく気付きました。カン(カム)はカミ(カムイ)であり、ピレー(ビレー)は平らな大地などに付く本土のヒラ(ビラ)に相当します。ホテルに戻って観光パンフレットを読んでいると、カムピレーの滝には"神様が座っている"というフレーズが目が留まりました。
 民俗学ではサクラ(サは神を意味し、クラは座を意味しますが、桜の語源と言われています)と同じ意味になりますが、つまり、カムピレーとはカムの座する平らな場所という意味になるのです。これも写真を見られれば地形と対応している事が分ります。


▲ マリユドウの滝


▲ カムピレーの滝

 カムピレーともカムビレーとも書かれますが、ピと(ビ)は、青森のネプタ祭とネブタ祭に対応します(半濁音と濁音の対抗)。当然ながら、F音がH音より、P音がF音より古いという言語学の原則と対応しています。つまり、古くは、母は"ふぁふぁ"であり"ぱぱ"だったのです。しかし、台湾の北から青森まで、古代日本語の痕跡を辿れる事は、それだけで民俗学調査が出来た思いがします。
 少なくとも、カムからカン(イザイホーで有名な沖縄久高島の親神=ウヤガンのカン)カミ(日本本土の"神")から、再び、蝦夷からアイヌのカムイへの移行が同心円状に成立する(方言周圏論)ことを実感でき、言語学、地名学、民俗学の楽しみにしばし浸れたという思いがしていました。
 ただ、この豊かな自然の西表にもリゾート開発の脅威が押し寄せています。
 既に裁判闘争にも発展していますが、現地の心有る人々にエールを送りたいと思います。
 現在、西表の自然は人口の薄さと、島を半周できるだけの道路しか造られていないという心もとない現実によって辛うじて保たれています。このガラパゴスにも匹敵する素晴らしい自然を守る事が、観光客を呼び込み続けることができる担保であり、自然そのものこそが永遠の宝であると認識して欲しいと思うばかりです。

ヤマネコを追い詰める西表周回道路(県道白浜南風見線)建設を阻止せよ!
赤土を垂れ流しにする農地開発事業を阻止せよ!

石垣島を北に

 "石垣北端を目指したい"これは、昨年九月以来の願いでした。レンタカーを駆って、まず、始めに向かったのは白保(シラホ)の海でした。
 白保小学校の東南の角には大きなアコウの木が生えています。そこを右に曲がり、百メートルも走ると左に白保の御獄(ウタキ)が見えてきます。さらにその前を百メートルも進むと、もう、そこには白保の海が一面に広がっています。
 言うまでもなく新石垣空港建設を巡って猛烈な反対運動が行われ、ついに開発(自然破壊)の暴挙を押し返すに至ったあの白保の海です。
 一般的に環境保護運動とは敗北、敗残、屈従、屈服の歴史といっても過言ではありません。しかし、この白保の海に来ると、それが、ただの現状維持であったとしても、数少ない"勝利の例外はありえるのだ"という実感が涌いてくるのです。白保の海は今日も前のままでした。この、前のままである=前のままで在る。という有難さを実感したひとときでした。


▲ 白保の御獄
 

▲ 白保の浜(200509)

 さらに、白保から北に向かいます。この石垣島東岸の道には北海道と紛うばかりの実に広々としたのどかな風景が広がっていました。私もしばらくは騙されていたのですが、この景観を自然と考えるのは言うまでもなく誤りです。恐らく数十年前まで、この地には多くの亜熱帯性の森や林が相当に残っていたはずなのです。それを徹底的に破壊し尽くしたものこそ農水省の国営農地開発事業に外なりません。事業が目的の一つにしたのは大規模なサトウキビ畑やパイナップル畑の造成でした。この開発が問題になったのは、もう、かれこれ二、三十年も前の事になるのでしょうか?農地造成によって大規模な土壌流出が発生し、南国特有の赤土が珊瑚礁の海に流れ込み、海は雨のたびに真っ赤に濁り珊瑚に打撃を与えたのでした。
 農水省は、効果の見込みのない見せ掛けばかりの沈砂池を造らせ、対策は十分だとしたのですが、もちろん、粒子の小さい赤土が止まるはずもありません。森を失った一面の畑に土壌流出は止められないのです。今なお、流出は止まらず、豊かな土壌を失った畑からは栄養が日々失われ続け、肥料の大量投与と栄養の流出という悪循環が続いていると考えて間違いはないでしょう。石垣島周辺の海は、見た目の美しさとは異なり、依然として病んでいるのです。
 これが、愚かな農水省がやっている国家的犯罪の現実なのです。

フナクヤ

妙なタイトルと思われるかもしれませんが、船越(フナコシ、フナゴエ)のことです。この場合、現地音のフナクヤは、本土のフナゴエ゙に対応します。


▲ 玉取崎展望台から望む=石垣島本島が北東に伸びているが船越はその最狭隘部

リポートTの53.船 越 において、このように書いています。

船越という地名(再掲)

 船越という地名があります。"フナコシ"とも"フナゴエ"とも呼ばれています。決して珍しいものではなく、海岸部を中心に漁撈民が住みついたと思える地域に分布しているようです。 
 遠くは八郎潟干拓で有名な秋田県男鹿半島の船越(南秋田郡天王町天王船越)、岩手県陸中海岸船越半島の船越(岩手県下閉伊郡山田町船越)、岩手船越という駅もあります。また、伊勢志摩の大王崎に近い英虞湾の船越(三重県志摩市大王町船越)、さらに日本海は隠岐の島の船越(島根県隠岐郡西ノ島町大字美田)、四国の宿毛湾に臨む愛南町の船越(愛媛県南宇和郡愛南町船越)、……など。
 インターネットで検索したところ、北から青森、岩手、宮城、秋田、福島、栃木、埼玉、千葉、神奈川、新潟、岐阜、静岡、三重、大阪、兵庫、鳥取、広島、山口、愛媛、福岡、長崎、沖縄の各県に単、複数あり、県単位ではほぼ半数の二三県に存在が確認できました(マピオン)。もちろんこれは極めて荒い現行の字単位の検索であり、木目細かく調べれば、まだまだ多くの船越地名を拾うことができるでしょう。
 それほど目だった傾向は見出せませんが、九州に関しては、鹿児島、宮崎、熊本、佐賀、大分にはなく、一応"南九州には存在しないのではないか"とまでは言えそうです。

 鹿児島にはないとしていましたが、その後奄美にあることを確認しましたので、ここで改めて訂正させていただきます。ただ、沖縄の船越の一つにはこの石垣島の船越地名はカウントしていませんでした。
 その船越が、半島が伸びる付け根の伊原間(イバルマ)地区の最狭隘部にあったのです。このような小さな地名はやはりフィールド・ワークでなければ発見できません。この船越は西側に港があり、さらに水路が百メートルは東に伸びていますので、実際に船越をする距離は百〜二百メートルで済みそうです(高低差数メートル)。当然ながら痕跡があると思い周辺を少し探すと、明らかに船越を行っていたと思える通路が真っ直ぐ東側の海に延びていたのです。
 このフナクヤを利用すれば、どう見ても、二五キロは節約できるでしょう。
 こういった小さな発見の連続が旅を一層面白いものにしてくれるのです。


▲ 石垣島伊原間の船越

八重山の"間"地名

伊原間(イバルマ)が出てきましたので、ここで先島の"間"地名に触れておきます。「有明臨海日記」に間地名を書きなぐっていることは既にご存知でしょう。

有明海周辺の「間」(マ)地名 (再掲)

九州北部には表記は異なりますが、間(マ)の付く印象的な地名が並んでいます。東から和間(宇佐八幡宮の神事"放生会"が行われる和間ノ浜で有名、大分県宇佐市)、中間(北九州市の隣の中間市)、赤間(JR鹿児島本線の赤間駅がある宗像市赤間、赤間神宮で有名な下関市の赤間)、福間(JR鹿児島本線の福間駅がある福津市福間)、野間(西鉄大牟田線の高宮駅そば野間大池の福岡市南区野間、福岡市南区)…和間のような海岸部もありますが、多くは内陸部の地名です。しかし、中間は古代においては古遠賀湾奥の土地ですし("100.港湾整備事業が海岸を破壊する"参照)、その外についても五世紀あたりにはいずれも海が入る湾奥の土地だったのです。ここで広辞苑を見ると、この地名の意味が分かってきます。

ま【間】 G船の泊まる所。ふながかり。

 当然ながら、宮古諸島、沖縄諸島、奄美諸島にも多くの"間"地名があるのですが、現地音を確認せず、また、現地を歩かずに地名を論ずることは初歩的な誤りに繋がりますので、ここでは八重山諸島の間地名に限定して書くことにします。既に、間地名とは船が泊まる所。転じて、小平地、小集落、通り抜けられる水道がある場所であることは明らかにしてきましたが、前述した柳田国男の「村の連合の日本で郷と謂った区域を、もうこの頃から南方では間切と呼んでいた」に現れているように、間が集落や人が住める場所の意味で使われている事は明らかです。
 移動の手段に船しか求められない南島では、船が泊まれる所にしか集落ができないために集落の意味で使われているのが良く分ります。さらに言えば、もしも、間地名が"船の泊まる所"の意味であるとするとき、この地名が南島起源の古代の言葉(縄文語)であること、同時に本土の間地名も南方系の集団が移り住んだ土地である可能性が高いことを予感させるのです。

 石垣島 : 伊原間
 西表島 : 仲間 嘉弥真島 鳩間島 

あえてルールを破り、未踏の宮古列島から荒い拾い出しを行うとすれば、

 宮古島 : 長間 来間島 池間島
 多良間島

 が容易に拾えます。

ジーシー

これまた、妙なタイトルですが、厨子の現地音です。と言っても何の事だかお分かりにならないと思います。一般的に厨子は仏像、経典などを収めるものですが、南島の厨子は骨を納めるものです。正確には納めていたと言うべきでしょう。南島における葬送に殯(モガリ)が残り、洗骨葬が最近まであったことは比較的知られています。
  
【洗骨葬(せんこつそう)】
 遺骸を一度埋葬もしくは風葬した後、一定の期間を経て、洗い浄め、再び埋葬もしくは納骨すること。東南アジアの一部から中国東南部・台湾・沖縄・朝鮮半島南部にかけて行われる。
(広辞苑)

 現在においてはさすがにないと思われますが、南島(南西諸島の意味で)では、戦後においても広く洗骨葬が行われていました。この事について現地で聴くと、七年間、埋葬した後、改めて骨を洗い改葬していました。その時、納骨し墓に収めるものが厨子なのです。これは甕であったり、陶製の箱型の厨子であったりしますが、総称してジーシーと呼ばれているのです。
 もちろん、このような葬送儀礼が存在した事は知ってはいましたが、この厨子に突然遭遇したのです。前述した伊原間からニ、三キロも走ると、サビチ洞という鍾乳洞があります。三〇〇メートルほどの洞ですが、先端は海岸に延び開いていますので、海からの湿った南風が入るためか湿度も高く、それほど温度は低くはありませんが、洞内に入ると、この厨子が大量に展示されていたのです。始めは、"厨子をこのような鍾乳洞に納めるような、いわば共同墓地があったのか"とびっくりしたのですが、後で話を聴くと、これはコレクションであり、焼骨が行き渡るようになると厨子が不用になったものと想像されます。ともあれ、石垣島で最も驚いた事でした。珊瑚礁が発達する南西諸島に鍾乳洞があるのは当然であり、石垣島では市街地に近い龍宮城鍾乳洞が有名ですが、サビチ洞を訪問されるのも良いかもしれません。ちなみにサビチの意味を尋ねたところ、"寂しい土地"との普通のお答えを頂いて拍子抜けしてしまいました。


▲ サビチ洞のジーシー

平久保崎


▲ 石垣島最北端の平久保崎 当日は宮古諸島の多良間島が見えた

珊瑚礁の淵

 ここで海の自然についてもふれておく事にします。四日間とも良い天気が続きましたが、最終日のフライトが夕方四時と遅かったために、それを利用してレンタカーで石垣島北岸の米原に向かいました。
 この米原は駐車料もシャワー代も一切要らない実にありがたいビーチです。もちろん私はダイビングを目的に石垣に来ている訳ではありません。しかし、この素晴らしい海を前に泳がないでいられるほどの抑制力もないのです。もちろん本格的なダイビング・スーツやアクアラングなど持ってもいないのですが、以前からシュノーケルを使って最大一〇メートル程度は潜ってきました。シュノーケルを使うと非常に楽に泳げますので、ニ、三時間は岸に戻らずに沖合いを漂います。このように書くと溺れないのかと心配されそうですが、夏場の珊瑚礁の海というものは実に安全なのです。沖合五〇〇メートルあたりまでは水深一〜二メートル程度の浅い海が広がっているのです。夏場は南東風が卓越しますので、台風さえ来なければ北西側の海は風と波の影響をほとんど受けません。
 もちろん、ダイビング・スーツは嵩張りますし、だからといって、剥き出しで泳ぐのは、日焼け、クラゲ、毒魚を考えると避けなければなりませんので、私はステテコ風の軽い服を着込み、靴下を履きフィンを付け、手には軍手して泳ぎます。当然、シュノーケルは装着しますが、それで沖を目指すのです。珊瑚礁を泳ぐのはそれはそれで楽しいのですが、もちろん、泳ぎたいのは珊瑚礁が切れるリーフの淵です。
 潮が動き始め流されると非常に危険であるのは十分に承知していますが、このリーフの真っ青な淵を泳ぐ喜びを知った人は、まずは、病み付きになってしまうことでしょう。さほどに美しいのです。昨年の九月には目の前に大きなミノカサゴが現れ、目と目を合わせましたし。今回も、モンガラカワハギの仲間や三〇センチ級の南方系のベラの仲間が群れて泳いでいるのです。
 海は青く深く、急角度で珊瑚礁が深みに落ち込んでいます。気付くと、一〇メートルほどの底からあぶくが上がっていました。五、六人のダイビング・スーツに身を包んだ本格的なグループが潜っていたのです。昨年の九月は、流されては大変と考え一切深く潜る事はしませんでしたが、今回は度胸が据わって、六〜七メートルを耳抜きしながら何度も潜り、リーフの裂け目や崖下を堪能しました。珊瑚礁の淵は餌が豊富で隠れる場所が多く、魚達にとってこれほど素晴らしい棲家はないでしょう。私は何度も何度も潜りながら、この海がいつまでもあることを願っていました。
 もしも、三度目の八重山があるとすれば、次回はさらに美しいと考えている石垣島北西岸、久宇良のダフテ崎=サンセット・ビーチで潜りたいと思っています。

御 獄

 御獄(ウタキ)の存在を知ったのは中公新書の「日本の都市は海からつくられた」上田 篤著(1996)"Wお通し御獄"からでした。その後、柳田の「海上の道」を読んだのですが、この"お通し御獄"というフレーズに奇妙に惹かれた記憶があります。

 オトオシ、すなわち遥拝所そのものが、しばしばウタキとなる。すると、ふつうのウタキとどうちがうのか。・・・中略・・・オトオシウタキは、遥拝することを主目的とするウタキである。
「日本の都市は海からつくられた」上田 篤著

 昨年九月に石垣に降り立った時も御獄を見たいという衝動を抑えることができませんでした。
 今回、御獄を見て廻る余裕はほとんどありませんでした。それでも、多くの御獄を見かけました。私は、以前、南西諸島の文化の影響を受ける九州本土にも御獄の痕跡があるのではないかと考え、鹿児島、熊本、長崎の島嶼部を探していた時期がありますが、全くの徒労に帰しました。そのためか、二度目の石垣島においても熱意が枯渇していたのは事実です。しかし、もしも痕跡に類するものを見出すことができたならば、改めてこの御獄を書きたいと思います。そのためには、まず、鹿児島県のトカラ列島、甑島、屋久島、種子島といったところをこの観点で見て廻る事が必要でしょう。
 いずれにせよ、九州本土に戻り、福岡空港の外気にふれた時、改めて九州は涼しいと実感したものでした。夢のような四日間はあっという間に過ぎ去ります。美味しい食べ物、美しい海、豊かな人情、八重山ソバ、サトウキビのかき氷、皆さんも先島を目指してはいかがですか。

167. 西表の環境問題
 西表島自然ガイド 衣斐 継一

 
168. 大水害の記憶は生かされたか

 筑後川水問題研究会 中原孝矩(元記者)

暮らしの中で見当たらない洪水の痕跡
 
「目の前を麦わら屋根が3つ、次々に流されて行った。それぞれの麦わら屋根には大人が一人ずつしがみついていた。だいぶ下流の方で、洪水の中に突っ立っていた大木があったが、麦わら屋根は次々に大木にぶつかるように流れ着いた。しがみついていた人は大木に乗り移って、命が助かったんだ」。朝倉市とうきは市の中間にある大石堰近くで出合った古老が、中学生のころ見た大水害の記憶を証言してくれた。 
 筑後川流域は昭和28年6月大規模な水害に襲われた。筑後川水系河川整備計画には将来、再来するかも知れない同程度の氾濫に備えることが筑後川河川整備計画の基本であると書かれている。
 私は筑後川中流域の久留米市、朝倉市,うきは市周辺を歩いて28年大水害の痕跡を探してみたいという好奇心に、突き動かされた。
 大規模な被害が出た原因は何か。堤防の高さが足りなかったのか、堤防を破った洪水の水深は水田地帯でどの程度だったのか。泥水に襲われた久留米市内の冠水の状況は果たして。好奇心の輪は広がるばかり。ついに私は8月の初め、洪水の痕跡探しを始めた。国土交通省九州地方整備局の筑後川河川事務所にも情報を求めた。
 最初に自分が住んでいる朝倉市内で水害記録が掲載された印刷物がないか、心当たりをさがしてみた。すると市役所で水害直後の写真集を見る機会があった。農家の屋根に牛を載せた写真、軒先まで泥水に浸かった農家が点々。木造の小船で救助に向かう光景など、53年前の生々しい水害の貴重な記録を目にした。場所は朝倉市蜷城地区で、被害がひどかったことがわかり、さっそく現地へ。
 蜷城農協支所の建物の中に、水害の痕跡を示すプレートが貼り付けてあった。自分の背丈と同じ程度の水深なので、そのあたりの洪水水深は約165センチとした。農家を訪ね歩くうちに年配の婦人に出合った。話が弾むうちに「飼っていた牛をこの納屋の屋根に押し上げた」という体験談。写真で見た光景を裏付けるような証言までとれた。同地区の蜷城小学校では体育館の入り口脇に、農協支所で見たものと同じプレートが貼り付けてあった。水深は160センチぐらいと判断した。
 洪水でひどい被害を受けたと聞いていた久留米大学に出かけた。大学で聞くと、本部建物2階学長室付近に印があるはずだと。守衛さんの許しを得て入ると、南向きの窓際の壁に確かにプレートが張ってあった。床から自分の腰辺りまで。だが水深を示す数字は無い。メジャーを持参していたので建物の外から石段1個分の高さ、石段の数を正確にメモして、はじき出した。大まかだが間違いないと自信を持って出した数値は4メートル。そこで久留米大学本部付近の構内敷地で、水深4メートルとした。
 少年科学館や久留米市水道ガス部のある同市合川地区の中央公園には大水害を記録する石造りの大規模なオブジェとその脇に被害の概略を彫り込んだ石柱が立てられている。水深がわかるものがないか、目を皿にして探したが無い。やっと石柱の上方に「頂部まで洪水がきた」とあった。石橋の高さは4メートル程度と推定した。
 結局、歩いてみての印象は、53年前の洪水の痕跡がどこにも無い。生活の中に生かされていない、という重大な事実がわかった。洪水の水深がどの程度であったかすら、住民には定かでない。これでいいのだろうか。久留米市役所では、古い建物では水深を記したプレートが貼り付けてあった、という弁解の言葉が聴けたが、真新しい鉄筋コンクリート13階建ての庁舎や付近には53年前の記憶はどこにも無かった。
 筑後川水系河川整備計画の14ページに掲載された写真のとおり、筑後川に近い久留米市内は泥水に浸かっていたのだ。こうした53年前の大水害の記憶を街中に残すべきだと、私は考える。反対の人もいるだろう。かって水害ハザードマップを造ろうという動きが起きた時に、自分が住んでいる場所や周辺が水害地であったことがわかると不動産価値が下がるからいやだ、という立場の人達だったと思う。やっとそのような立場からの発言が下火になり、いまや国土交通省が全国で大都市の洪水ハザードマップの作成を推進し、各自治体に作成を促す時代となった。
 筑後川流域でも、河川事務所が作成したハザード地図を目にする。色分けした平面図からは残念ながら、生々しい水害の想定はできない。私は、日ごろ車で走り回る市内の、例えば電柱や交通標識柱などに水深をカラー表示できると提案したい。私が確認した洪水プレートには、その場所の水深を示す具体的な数字は無い。だが、特定の場所にこそその場所の水深何メートルが必用だと考える。
 日ごろ買い物に出歩く市民が、このあたりはここまで浸水した、と認識することが、河川への関心を高め、堤防への意識を強め、いざという時の心の備えを深めるのではないか、と思う。現状のハザードマップでは生活と直結した肝心のメッセージが何にも伝わらないのではないか、と懸念する。

橋に引っかかり大暴れの流木の山

 断片的な証言だが、貴重な当時の話が聞けた。歩いた甲斐があったというものだ。と同時に、新たな疑問が湧く。毎日のように、車で走っている堤防の高さまで28年6月の洪水が来たのかどうか。大規模な被害が起きた原因は何か。具体的に知るには当時の洪水を調査した報告書の様なものがあるはずだと考え、河川事務所に問い合わせた。
 その結果本が見つかった。「昭和28年西日本水害調査報告書(土木学会西部支部)」というもの。これだと小躍りしたくなる気分。図書館を探した。県庁にはあることがわかったが、借り出せない。そのうち、小郡市の図書館にあり、ようやく借り受けることができた。
 読んだ感想を交えながら、報告書に書かれた内容の概略、洪水の原因となる事実の一部などを紹介する。
 「夜明地点下流で26ヶ所で破堤。筑後川右岸50キロ付近の朝倉堤防の破堤は延長600メートルに達した」と基本計画13ページにある。水害調査報告書の55ページから被害一覧表が始まる。堤防が破られた場所と時間、被害の程度などが概略記載されていた。
 原鶴温泉付近から始まる堤防決壊は6月26日午後1時ごろの発生が集中的だ。ほとんどが「溢流」とあり今風にいえば、越流だ。洪水が堤防を越えて流れ始め、短時間のうちに堤防が押し流されただろうと想像できた。
 洪水が最初に堤防をこえたのは、河口から55キロの原鶴温泉下流の左岸一帯と、52キロ、右岸の恵蘇宿付近とわかった。流量観測データと付き合わせると、堤防を越えたのは洪水の初期だから、水量のピークに比較して、随分高さが不足していたことが考えられる。洪水のピークは約8時間後の26日午後9時ごろで、最大流速は約3メートル。流量は毎秒5、838?となる。洪水初期のころは毎秒4、400?レベルとなっているから、水かさはまだかなり少ない。
 その後水かさはどんどん増えて流れくだる。あちこちで堤防が破られ、筑後川はどこが本流かわからない。洪水が水田地帯を一気に飲み込み、流域全体にあふれ出て、堤防に近寄ることもできない危険な状態になったことが推察できる。とにかく、上流で堤防が破れたら、下流の低地はどんどん浸水し、逃げ場が無い。
 上流で低い堤防が破れたので、下流の堤防は、本流の勢いで破れる前に、堤防の外、水田地帯側に流出した浸水洪水で、堤防の下部からどんどん侵食、崩されて、堤防自体が崩落するという結果を招いていた。
 戦国時代の城攻めで、堅固な城でも搦め手から攻めれば、もろくも陥落する様子が時代小説で出てくる。筑後川の堤防決壊が、堤防の裏、搦め手から崩されたケースが多いことに驚かされた。
 経過はこのぐらいにして、堤防の土質にも問題があったとの指摘もある。真土が大半で、砂利交じりの真土が、多かった。水が浸入すると極めてもろく崩れ去ったと書かれている。戦後の混乱期で、堤防の補修も手が回らず、未竣工の個所も多かったためにやられた。竣工していたが、突き固め方が不足していた個所もある。また、橋に膨大な流木が押し寄せて、流れをせき止める形になり、橋脚流失や、盛り上がった流れで堤防が崩される例も多発している。
 大石堰は河口から60キロ地点にある。江戸時代の大庄屋五人が連名で久留米藩に陳情して藩の公共事業として堰が築造されたことが伝えられる。そのころ作られた潅がい用水路の新川は幅10数メートル。ここが大量の流木で埋まり、行き場を失った洪水が高台に立てられた家々を次々押し流したと地元の方々に聞いた。恵蘇宿橋では流木が大量にかかり、橋脚の根元が激しく掘られて橋の一部が破損。壊れた橋の一部が下流で堤防にのしかかり、堤防に穴が開いて決壊につながった例もあった。
 久留米市内の宮の陣道路橋、西鉄鉄橋にも流木がつかえた。洪水をせき止める格好になった。一時は上流と下流で1メートル以上の落差ができたというから、勢いはすさまじい。橋はよく持ちこたえたが、盛り上がった流れは一帯の堤防を乗り越え、堤防の大規模な決壊を招いている。


▲ 久留米市を貫流する筑後川そばの水天宮入口付近。筑後川への通路上に張られた水害プレート。路面から3メートル50センチ。

53年経過してまだ残る危険な堤防

 河川事務所が発行している「水防」という畳1枚大の図面がある。表と裏と両面を使い分けた筑後川の流域情報地図。色分けした水防施設などを細かく記入したものだ。一覧表が掲載されているがその一つに「重要防災個所A」「同B}としたものがあった。
 その一覧表を見る上で最も重要な表示が「重要水防区域について」とした部分で、A、Bの区別について内容が明示されていた。重要水防区域Aとは、例えば堤防の法面について、法崩れ又は法すべりが起きた過去があるが、食い止める本格的な防災対策が未施工の場合がA。暫定施工の場合がB、という具合。AもBも大規模な洪水が発生するとまた法面が崩壊したり、地滑りを起こして堤防決壊が起こる心配が大きいということを示している。AまたはBは、食い止める本格的な工事が行われたかどうかを、河川管理者自らが評価して「評定基準」として記載しているのだ。内容をつぶさに検討して、私はぞっとした。
 53年前に筑後川上流で連続して起きた堤防決壊の防止策が、いまだに放置されていることがわかったからだ。100年に一度の大洪水とか、150年に一度の未曾有の豪雨などといわれるが、筑後川で実際53年前に起きた大災害を防止するために、堤防の強化などが行われ完了したはずではなかったのか。
 ひとつ具体例を書く。河口からの堤防の位置は左岸52キロ300から700地点。堤防の長さは378メートル。水衝A。洗掘Aとなっている。わかりやすく説明すると、水防上最も重要な区間にありながら、水衝とは洪水の勢いのある水がぶつかる恐れのある個所で、強度が不足しているという意味。洗掘は法面の強度を高めるコンクリート張りなどの本格的な施工が必要なのに、行われていないから、洪水がくれば、堤防の法面が崩され、穴ができて、堤防が決壊する恐れがある、という意味。
 このような危険な個所が筑後川の中流域で外にも残っているのが現実だ。場所を明らかにすると筑後川左岸、うきは市と朝倉市を結ぶ恵蘇宿橋の地点。橋のかかる堤防の上流下流一帯だ。53年前にもこのあたりは堤防が低かったために、洪水初期の段階で洪水が堤防を越えて決壊が起きた場所だ。
  水防に関する評価Aランクの堤防が、このほかにあるのかどうか調べると、出てくる出てくる。筑後川右岸、久留米市の小森野橋の上流284メートル、新しく架けられた千年橋の上流下流247メートルの区間。堤防の法面崩れの危険が大きいまま放置されている。このあたりは堤防高さについても、計画洪水量に対して高さが足りない評価Bが残ったままだ。堤防高さBの意味は、53年前程度の洪水が襲えば、また堤防を越えて流れる恐れがあるという意味で、堤防が決壊する懸念が大きいというわけだ。
 同様の恐れの残る堤防がさらにあった。右岸で久留米市宮の陣橋の上流。堤防法面の崩れが心配される。200メートルで、法崩れを防止する本格的な防災工事を放置していることことになる。
 評価Aとなった箇所を筑後大堰から上流側だけで調べても38箇所、堤防の総延長12,000メートルという驚くべき数字となった。堤防に漏水の恐れがあるのに放置されている個所だけでもまだ4箇所もあるが、これはいったいどういうことか。
 私はとうてい理解できない。53年経過して、危険度が極めて高い「水防評価A」と自ら評価した場所が、放置されているとは。ダム建設を柱とする水資源開発が盛んに行われた約40年間、水資源開発行為には1兆円を越える莫大な税金を投入して延々と実行されてきた。
「死者147名。流出全半壊個数2,800戸。床上浸水家屋49,200戸。床下浸水家屋46,300戸。被災者数54万人」と甚大な被害を整備計画の中で指摘しながら、堤防への備えはまるで抜け穴だらけの印象。
 堤防の補強、抜本的な水防対策工事こそ優先して継続して力を注ぐべきだったのでないかと私は思う。それが放置され、なぜ行われなかったのか、国の責任ある答えが聴きたい。
堤防の強化を放置して、建造の目的が成り立たない小石原川ダムを2000億円から5000億円も掛けて建造することは国家的犯罪だ。

169. 連載三〇回を振り返る

 近藤邦明氏のホーム・ページ「環境問題を考える」に共鳴してサブ・サイト「有明海・諫早湾干拓リポート」を書き始めて、二年六ケ月が経ちました。この間アクセス数は徐々に増え、日量七〇〇件程度から一,〇〇〇〜一,五〇〇件、最近では二,〇〇〇件に届く日も珍しくなくなってきました。拡大している以上、一応は読者の要請に答えられているのではないかと勝手に思い込んでいます。
 現在まで、一六〇本を超える論文を掲載してきましたが、この間外部論文の掲載を拡大させ、田辺達也氏の論文を始め中原孝矩氏のような常設ライターによる論文も継続して掲載してきました。特に中原氏はダムに関する専門的内容にまで踏み込んだ論文を連載し続けてられており、その簡潔なタッチと切り口によって、非常に分かりにくいダム問題を鮮やかに描いて頂いています。私自身にとってもダム開発はその破壊程度があまりにも大きく、目を塞ぎたい分野でもあり、書かなければならないという意識と絶望感の間でさまよい続けているのが実状です。このためこの非常に重要な問題に関して、連載して頂ける中原氏には非常に感謝しています。このことによって私は安心して他のテーマに立ち向かえるわけであり、単調になりがちの環境問題というテーマに対して、サブ・サイトとしてのバリエーションを保てているのではないかと思っています。
 また、海洋土木の最高権威である東海大学元教授の宇野木早苗先生や大阪大学元助教授の植村振作先生を始め多くの専門家による水準の高い本格的論文や、芦屋町の自然を守る会など多くの環境保護団体住民団体などの活動家による訴えを掲載する事も行ってきました。
 一方、私の思い入れの大きい民俗学、古代史、地名学といった非常にマニアックなジャンルでも長文、短文を掲載し、このくそ面白くも無い、腹立たしい限りの公共事業問題の中での息抜きになっているものと思っています。
 今後とも有明海沿岸に限定せず九州全域の民俗学、古代史といったテーマについて、思いつくままに書いていくつもりです。
 また、九月号では「"打ち水大作戦"の大間抜け」を掲載しましたが、この論文は近藤邦明氏の「夏の暑さはヒートアイランド」に掲載される事になり、まずは、将棋連盟のB級1組からA級に昇級したようなものであり、これまではっきりとした重複領域のなかった近藤邦明氏の分野との共闘体制が実現した瞬間でもありました。既に第二弾として「熱禍」(打ち水よりもコンクリートを引っ剥がせ)を書き上げており、いずれ、同コーナーに掲載できるものと思っています。
 これまで、私は、地方都市、農村、山林、僻地に関する問題を中心に書いてきましたが、今後は都市河川、都市環境、都市交通、大気汚染、都市住環境、都市経済といったものにも領域を拡大していきたいと考えています。
 さらに多くの外部の論文を求めたいと思います。メールは、防衛上の問題から、安心できる方との間でしか行っていませんので、投稿を希望される方、情報提供されたい方、私たちの活動に参加したい方は、当方の携帯電話に連絡下さい、以後メールで相談したいと思います。
            原稿募集(投稿歓迎、情報募集)       
※ 連絡はセキュリティの必要から
09062983254または、メールでariakekai@ezweb.ne.jpまでお願いします。以後、データ送信先をご連絡致します。

170. 寒 川(今に残る幻想の高地性集落)後編

 九州源流紀行 民俗編 〜寒川〜 

 音屋の昭太郎 

★先月、九州を襲った台風13号。延岡市で発生した観測史上最大の竜巻など、昨年に続き、またしても宮崎県に大きな災害をもたらしました。横倒しになった特急列車や、吹き飛ばされた建物の映像を見て、何ともやりきれない気持ちになりました。
 被害に遭われた方々には、ただただお見舞いと一日も早い復興をお祈りするばかりです。


ここに思いを寄せる人々がいる限り、ここを「廃村」とは呼べない…
 すでに1970年代に「少子高齢化」が進んでいた寒川。残った人々は高齢になり、急病になっても救急車が入れない、ここでの生活は難しくなりました。
そして、1989年3月。『国による過疎高齢化地域を対象とした事業で、住民たちは集団移転を決めた。最後まで残っていたのは6世帯13人。』(マイタウン宮崎
先祖代々400年の歴史を刻み、長年暮らしていたこの場所を離れることは、単なる観光客に過ぎない私などの想像をはるかに超える辛い選択だったことでしょう。

▲今なお玄関に表札が掲げられている家もあります(表札部分にはモザイクをかけています)

今なお表札を掲げてある家(上の写真)や、土地所有者の方が立てた「立入禁止」の木札が、かつての住民の方たちの、故郷への深い深い思いを物語っています。
その思いをしっかりと受け止めて、記録映画を制作している方がおられるという記事を目にしました。これも「マイタウン宮崎」の記事です。
http://mytown.asahi.com/miyazaki/news.php?k_id=46000120605220001
 『寒川は地方の切り捨ての象徴に思えた。だが、現実を声高に叫ぶよりも、人々の足跡を、静かに、明るく、映像の力でとどめようと決めた。森と水を守ってきた人々でした。生き生きとしていた山の物語を再現したい』と語る監督の籾木良作氏。この撮影のために今年、夏祭りが復活したそうです。
 寒川出身でない私でも、この映画を観たくなってきます。DVD化されれば、なお良いですね…。

▲寒川の開祖、米良縫殿助は、今もこの集落を静かに見守っていることでしょう

 この寒川集落を見て、記事を書くにあたって、この言葉は文中に使うまいと決めていた単語があります。それは、「廃墟」、「廃屋」、「廃村」など、「廃」という文字を使った言葉です。
 集落内を回ってみて、「ここは決して棄てられた集落ではない」という印象をとても強く感じました。ここにはまだ人々の生活の息吹が残っている。ここを「廃村」、「廃集落」とは呼びたくない。
というのが率直な感想です。


▲かつての住民の方が植えたであろうツツジが、美しく咲いていました。

 このサイトのメインテーマである環境問題とは随分ピント外れな内容の記事になりましたが、「寒川」の姿の一端をご覧になって、自然とともに暮らすということに、少しでも思いを馳せていただければ、私としてはこの上なく嬉しい限りです。
                    (「寒川」今に残る幻想の高地性集落 完)


※ 寒川の連載を終えて 編集長 古川 清久
 四〇〇年以上も昔、寒川集落は米良の領主であった米良縫殿助(ユイノスケ)によって開かれます。ただ、二十一世紀を向えることなく寒川集落はその幕を閉じます。そして、この九州山地の山深い場所にこのような集落があったという記憶も遅かれ早かれ消えてゆくことでしょう。それはある種仕方がないことです。ただ、昭和の初期、この急峻な崖地に二百人を越える(最大二五〇人)人間が生きていたという事実を前にする時、新鮮な感動を隠すことができませません。
 林業が産業として意味を持っていた時代、雑穀栽培、林業、狩猟、炭焼きなどで生計を立て、戦後もダム建設などに依存して集落はなお存立したのでしょうが、人というものがどのようにして生きていくのかという根源的な問題を意識してしまいます。
 さて、次回からは地元佐賀県の小秘境をご紹介します。焼き物の町有田の"ウータン"のリポートです。期待して下さい。

 予告 

175
ウータン(水没をまぬがれた有田の小秘境大谷)前編
 九州源流紀行 民俗編 〜大谷〜 
 音屋の昭太郎 
20060930



171. タイトルの変更について

 タイトル変更の必要性を意識し始めて半年が経過しました。その理由については、「有明臨海日記」56."タイトル変更の必要性"で書いていました。

 有明海・諫早湾干拓リポートというタイトルを変更すべき時期が近づいているように思います。既に愛着も発生し簡単には変えられないようにも思いますが、内容が徐々に有明海の諫早湾干拓事業に関するものにとどまらず、公共事業一般とか九州でも他の地域の問題に対する記事が殖え、また、民俗学、古代史といったものに広がり、内容的にも領域的にも相当に離れたものになっています。
 諫早湾干拓事業への抗議や運動のためにも、既に固定した有明海の問題やギロチンに反対する人々から、さらに多くの読者を呼び込む必要性も感じています。このため、有明海だけに関するホーム・ページとの一般的に固定した印象を払拭し、新たな展開を求めたいと考えています。

 当初、次の二つを考えていたのですが、エコロジーという言葉がエコ・グッヅ、エコ・ビジネスといった行政主導の商売に変えられ、全く環境保護、環境復元、自然再生といったものに寄与しない欺瞞的なものにまで拡大され、原子力発電(プルサーマル)までがCO2を出さないエコ・エネルギーなどと言われるに至っては、全くの誤った用語になってしまっているのです。





 また、太陽光発電、風力発電といったものについても形を変えた公共工事に過ぎず、単なるエネルギーの浪費でしかないのです。このように、エコという言葉が冠せられるためにエコロジーという言葉自体が本来の意味を失い、汚され、この言葉を使うことによる不必要な誤解を考慮考しなければならないという思いがつのり、当初、十月号から"エコロジスタ"か"エコロジスト・ブレッティン"への変更を考えていたのですが、この問題に直面することにより、さらに半年間延期しこの点を熟考する事にした次第です。

 このことは、かつて、マルクスが「社会主義」という言葉を使うことを避け、新たに「共産主義」という言葉を使わざるを得なかったことにも似ていますが、私たちは、反原発運動の活動家が、最後は太陽光発電、風力発電運動の推進者に堕落するといった傾向と明確に一線を画すという意味からも、エコロジーという言葉から、自らを分離しなければならないと考えるのです。

 さて、どのようなタイトルに変更するかですが、いくつか考えています。一例を紹介しましょう。



 アンビエンテ(ambiente)はスペイン語の"環境"を意味します。エコロジスタの方が一般的ですが、別の言葉を使う以上、それなりのインパクトのある言葉を使わざるを得ないのでしょう。本来は、(medio ambiente)という使い方をするようですが、(ambiente)だけでも"自然環境"という意味を持つようです。
 私はスペイン語を文中に良く織り込みますが、その理由は「有明臨海日記」の57.公共事業のない国に行きたい!(ブエノスアイレスは遠い)で書いたように、アルゼンチン・タンゴへの思い入れによるものと理解しています。タンゴ黄金時代を含む一九二〜四〇年代のアルゼンチン・タンゴが好きで、カルロス・ディサルリ、オスバルド・フレセド、フリオ・デカロ・・・といったところに、今なお、深くのめり込んでいます。スペイン語の勉強も、五〜六年続けましたが、こちらの方は、まだ、全くものになりそうにありません。