西表島の環境問題

貴方の知らない西表

 

西表島自然ガイド
衣斐 継一

HP www.offeco.com

 


概要

西表島の環境問題は、地球規模での環境破壊の進む現状では、例外ではあり得ず、近年の台風襲来の増加や、先日の13号のような急激な発達による被害などの、地球温暖化に伴うと思われるものや、漂着ゴミなどの国際的なものと、国内の時代遅れの環境行政や、無駄な公共事業などの、環境破壊が縮図的に存在する。
西表島と言えば、イリオモテヤマネコが有名ですが、推定頭数100頭で、絶滅の危機にありながらも、保護の実績が一向に見ませんし、自然豊かな西表にも、開発や農地からの赤土流出による環境破壊、観光開発などがありますが、今回は特に深刻な環境問題の赤土汚染と、県道の改修工事(開発)を詳細に説明します。
その他は、西表の環境問題を参照下さい。 

 

赤土汚染
仲間川河口
河口付近から海にかけて広がる赤土流出

西表で、規模的に最も大きい環境問題が、赤土汚染です。
西表の海は赤土汚染により珊瑚礁は死滅し、生態系や海底が酸欠状態になるなどの影響と共に、海岸浸食が激しくなっています。

畑からの赤土流出
畑から流れ出す赤土

赤土汚染の原因は、主にサトウキビ栽培によるもので、大面積での栽培が主因です。全国規格での排水溝の設置と、沈殿池の不足、農家負担の軽減を図るための工事費の圧縮による粗悪な工事が行われ汚染を拡大させています。

水路から溢れ出す汚水
水路から溢れ出す汚水(全国規格で水路が狭い)

他に牧場開発やパインアップル栽培でも傾斜地からの、赤土の流出を起こしています。また、沖縄県の赤土防止条例(通称)は公共工事の赤土流出防止を目的に制定されましたが、見かけ上の対策で工事現場から、大量の赤土が流出することもあります。
西表の土壌は国頭マージと呼ばれる粘土の多い微細な砂混じりの土壌で、雨水の浸透が悪く少しの雨でも、赤土が流失することになります。
勿論、自然状態でも豪雨で、水位が増せば、河岸の浸食により自然河川でも、赤土の流出は起きます。

サトウキビ栽培での赤土汚染のメカニズム
サトウキビの栽培では、作付け前のスキによる天地返しに始まり、整地、植え付け、中耕、畝立てと、最低でも5回もの耕起を行い、何時雨が降っても赤土流出が起きる状況が、半年近くあります。
さらに、作型が長い場合でも1年半で改植になり、畑の3分の1は赤土が流失可能な状態にあるといえます。
しかも、反収(面積当たりの収入)が低いために、1農家当たり3ヘクタール以上の栽培面積が必要で、広大な耕地面積が必要です(大量の農薬や化学肥料も使用されています)。
最悪な事には、多額の補助金によりこの赤土汚染が成り立っている事です。
新たな土地改良事業(公共事業)でも、対策は不十分で、沈殿池の狭さや、浅さが汚染を増加させています。
しかも、製糖工場には浄化槽がなく、汚水を流す大原川は操業期間はヘドロ化し、赤土汚染との重複汚染を起こしています。
沖縄県は、耕地の傾斜是正や沈殿池の整備を始めていますが、不十分な状態で、工事中にも赤土を流出させています。
畑の平坦化工事
耕地の平坦化工事(暗渠排水工事も行われている)

沖縄は台風常襲地帯で、他の作物は安定的な生産が難しい事はありますが、無農薬栽培や、もっと沈殿池を増やすなどの、徹底した環境対策をし、赤土汚染を防止するか、より赤土流失の少ない、作物への転換を図るべきです。
例えば、永年作物への転換を図り、防風帯を縦横に配置し沈殿池の水を潅水に利用するなどの方法が考えられます。

台風被害のサトウキビ畑
台風被害で倒れたサトウキビ。
被害は大きいが、枯れることはない

 


県道の改良工事

エコロード???沖縄県がエコロードと位置付けている県道の看板 

西表島の開発の1つに、県道の改良工事があります。
従来の道幅を倍にし、余り利用されない歩道や街路樹が植栽されています。
最近は、街路樹も減ってはいますが、道路の直線化で、開発面積は増える傾向にあります。

開発
拡張と直線化で削られた山肌と無くなった海岸林

海岸林が無くなった
僅かな海岸林も開発で皆無となり、漂着ゴミが目立つ

山猫対策の地下道も、山猫の利用は余りありません。
折角できた県道も工事車両が爆走し、路面を悪化させています。誰のための、何のための道路改良か?理解に苦しみます。

危険な側溝











小動物進入防止の危険な側溝
反対側からは進入できますし、小動物にとっては生息域の分断も起こります。駐車もできません。

雨の後の工事現場
工事中に雨が降れば、赤土が流出します。

マングローブ伐開
工事により伐開されるマングローブ林
工事後の植林
工事後マングローブやアダンが植栽された同地区

こんなに広く伐採する必要があるのか?疑問です。
私には、税金の無駄遣いが、多すぎると思いますが、
皆さんは、どう思いますか?
公衆トイレや、駐車スペースを造って欲しいのですが、地元の意見は反映されません。

危険なカーブ
細切れ発注で改修前の道路との継ぎ目に危険箇所も

地元業者に発注する目的で、細切れ発注をするために、急に狭くなったり、道路上にガードレールが突き出したり、歩道が途切れたり、工事直後に路面が陥没したりと、問題が多すぎます。

無用の長物の沈殿池
赤土防止条例(通称)に基づく沈殿池

形式的な沈殿池のため、工事初頭には効果があるかも知れないが、肝心な時には汚水が流れ込まなかったり、既に埋め戻されていて、意味のない沈殿池
上の写真は、放牧地より流れ込んだ雨水により浸食し、赤土を流出させた酷い例の沈殿池。工事区域からの汚染水は道路に沿って、流れ、下流の側溝にそのまま流れ出した。
 赤土防止条例(通称)の効果?
 沖縄県はこの条例で公共事業の赤土流出が画期的に 改善されたとしているが、 上記のように沈殿池に赤土 が流れ込まない、工事期間の後半は埋め戻される。
 少し(50o程度)の雨でも沈殿池が満杯になり沈殿池 の役割を果たせないことや、 工事区域外の資材置き 場や用土、残土置き場は野放し状態等の不備がある。
 沖縄県赤土防止条例(通称)へのリンク
 沖縄県のホームページにリンク


仮説橋
橋の架け替えのため、マングローブを伐採し仮設橋が架けられている。

まとめ
公共工事は何処でもそんな物かも知れないが、バブルも崩壊し年金、健康保険、介護と大きな問題も多い中、こんな税金の無駄遣を許す公共工事をやり続けることが、果たして、まともな事なのでしょうか?一方で三位一体の改革で、地方行政は財政破綻の危機を迎えている中で、しかも、それが、環境破壊を助長しているというのであれば尚のことです。

2006年9月21日