158.寒 川(今に残る幻想の高地性集落)

九州源流紀行 民俗編 〜寒川〜 (前編)

音屋の昭太郎
★ Prologue ★

 「環境問題を考える」の読者の皆様、はじめまして。
ハンドルネームではありますが、私『音屋の昭太郎(おとやのしょうたろう)』と申します。このサイトは非常に読み応えがあり、難解な部分を時々読み飛ばしながらもヤットコサ、拝読させていただいております。
 実は、古川氏の「有明海・諫早湾干拓リポートV 環境保護派よ我が梁山泊に楯籠もれ!4月増刊号」の文中、126.「環境問題を考える」(有明海・諫早湾干拓リポートU)読者の声 でご紹介いただいた、その声の主でありまして、初めての投稿ですが、『寒川 〜九州源流紀行 民俗編〜』を、前編、中編、後編の3回に分けてお送りしたいと思います。

 まずは自己紹介…といきたいところですが、ネット上に実名を載せるのは大変勇気が要り、今はその勇気を蓄え中ということで、今回はハンドルネームでの投稿となりますこと、平にご容赦くださいませ。
 とはいうものの、ただの名無しでは些か味気ないような気がします。
かといって、「この記事1本書いたくらいで、白浪五人男の『日本駄右衛門』や『南郷力丸』を名乗るのは約46億年早い!」とお叱りを受けそうですので、まずは『忠信利平』こと古川氏の手下として、拙文を披露したいと思います。
 それはともかく、私の文章はこのサイトに何度もご投稿されている諸先輩方の御説には遠く及ばぬ、まだまだ文字どおりの「拙文」で、読みづらい部分も多々あろうかと思いますが、なにしろ「手下修行」を始めたばかりの身ですので、ここはエッセイのように、軽〜い気持ちでお読みいただければ幸いです。


うららかな春の陽気に誘われて…
 今回、ここ寒川を訪れたのは、2006年5月4日、天気予報とは裏腹に、見事な皐月晴れ…ではなく「卯月晴れ」。(この日は旧暦4月7日なので、まだ皐月ではないのです)
 この日は、宮崎県東臼杵郡美郷町(旧南郷村)を朝早く出発し、上渡川(かみとがわ)地区、銀鏡(しろみ)地区などを経て、東諸県郡綾町の「綾の照葉大橋(あやのてるはおおはし)」へ向かおうとしていました。しかし、この照葉大橋は最早観光地として定着しつつあり、しかもゴールデンウィークのさなかだけあって、たくさんの観光客であふれているでしょう。途中立ち寄った、綾町役場近くの物産館も、多くの観光客で賑わっていました。渋滞と人混みが苦手な私たちは、地図を見て、別の行き先を探すことにしました。
そう…、その別の行き先こそ、ここでレポートする「寒川」なのです。

道中で見た衝撃の風景…
 さて、日の出とともに、「どんタロ」君のキャラでおなじみ(?)の南郷温泉山霧(の駐車場)を出発しました。市街地ではなかなか霧を見ることができなくなってきましたが、ここは文字どおり「山霧」で視界が霞んでいます。久しぶりに見る霧です。

▲南郷温泉「山霧」の駐車場で見た日の出

 これから南へ走り、まずは上渡川へ向かいます。
ところが、カーナビに示された県道西都南郷線へ入ると、なんと「全面通行止め」!
これは一体どうしたことでしょう…。
 実は、その理由はわかっていました。前日、東臼杵郡椎葉(しいば)村に立ち寄った際に、とてもショッキングな光景を目にしていたからです。
 椎葉といえば、「庭の山椒の木、鳴る鈴かけてヨー…」の「ひえつき節」で詠われる、鶴富姫と那須大八郎宗久の悲恋物語で有名な村ですが、その鶴富屋敷から見て南東方向、国道388号線沿いにある栂尾(つがお)という地区へ向かっていました。すると、あちこちの川岸が無惨に崩壊、川には大量の土砂が積もり、水はひどく濁っています。昨年この地を襲った台風14号がもたらした惨禍でしょう…。この影響は道路にも襲いかかり、路肩の崩壊や土砂崩れのために通れなくなっていたのです。
 ともかく、何度か迷いながらも、町道や林道などを回り道して、とりあえず、「上渡川」へ到着しました。ここも悲惨な状態です。さらに進み銀鏡(しろみ)地区へも立ち寄りましたが…、ここもひどい状況です。
この目を覆わんばかりの光景は、古川氏による「145.針葉樹林崩壊 −宮崎県内全ての川が土砂に埋まる 怒りの源流紀行−」で詳述されていますので、ここではこれ以上触れないことにします。

はじめての「寒川」…
 こんな行程を経て、綾の照葉大橋へ向かおうとしていましたが、先述のとおり観光客でいっぱいのようです。すると、「ここまで来たなら、近くに『寒川』がある。ちょっと地図見せて!」と古川氏。このとき私は、「寒川」と書いて「さぶかわ」と読むこの場所に行ったことはおろか、その地名さえ知りませんでした。
 では、そこへ行ってみようということになり、綾町役場前の物産館を後に、西都市へ向かって北進しました。寒川へ向かう県道寒川下三財(さぶかわしもさんざい)線は、だんだん狭くなり、カーブが続きます。車窓の左手に流れる川は「三財川(さんざいがわ)」。これまで見てきた光景とはうって変わって清流が残っています。そして、自然な照葉樹林も健在です。
 そして、この道中で、野生のサル(おそらくニホンザルと思われる)が数頭、道路を横切る姿を見ましたが、カメラを構える間もなく路肩の茂みに去っていき、撮影はできませんでした。
私は野生のサルの群れを間近に見たのは初めてでしたが、サルたちの「我等こそ、この山の主なり」といわんばかりの威風堂々の姿が、何となく頼もしく思えました。

▲三財川の清流(西都市水喰の上流付近で撮ったと
思いますが…別な場所を撮った写真かもしれません)

▲川沿いの照葉樹林(同)

 やがて県道は終点となり、先へ続く道は狭くて荒れた林道になりました。
このときハンドルを握っていたのは古川氏でしたが「こ、この道は怖い…怖すぎる!」と言って私に運転を交代しました。普段、農業や林業などで山道を走り慣れた方にとっては何でもない道かもしれませんが、片側はほとんど垂直に近い崖、もう片側は三財川の支流「前川」の深い谷。脱輪したら容易に脱け出せそうにありません。「悪路難路はお手の物」のつもりの私も、さすがにこの道には参りました。
 何度もハンドルを切り返したり落石を避けたりしながら走る(というより這っているとでも表現した方が相応しいか?)こと約4km。家屋が並ぶ集落にたどり着きました。
この集落こそ私たちが目指していた寒川なのです。

静かな、静かな集落…
 それにしても…私たち以外に人の姿がありません。丁度ゴールデンウィークなので、地区の住民こぞって旅行にでも出かけている…?まさかそんなはずはないでしょう…。
 では、集落の様子を見てみることにしましょう。

▲車を降りて最初に目に飛び込んできたのがこれでした

 「火災記念碑」。車を降りたすぐ後ろにありました。いつ発生した火災を「記念」したものでしょう…?おそらく碑の裏側に経緯が書かれていると思われるのですが、うっかりそれを見ていなかったのが悔やまれます。ここはGoogleで調べてみることにします。

「寒川」をGoogleで検索すると…
 今は随分と楽に調べ物ができるようになってきました。インターネットが普及していなかった頃なら、図書館にでも行かなければ調べられなかったことも、今ならその場でたちどころに関係のあるサイトやブログを見つけることができます(一方でスパイウェアやフィッシング詐欺などの危険も増えましたが…)。
 さて、検索エンジンのひとつ「Google(単に私が使い慣れているというだけで、他意はありません)」で探してみたところ、膨大な件数がヒットしました。この中には「神奈川県高座郡寒川(さむかわ)町」など、他の「寒川」が混じっていましたので、検索するときのキーワードに工夫が必要かもしれません。
 そんな中、「asahi.com:寒川集落(西都市)−マイタウン宮崎−」というWebページに、先述の火災の経緯を含めて、この集落の歴史や、かつての住民の方の話が簡潔にまとめられています。
 ここは、なにしろ当日初めて知った場所であるうえ、何の予備知識もなく急遽訪れたこともあって、今回はGoogleの検索結果を少しお借りしながら記事を書こうと思います。

寒川の開祖…
 さて、先ほどの「マイタウン宮崎」によると、この集落は『約400年前に米良縫殿助(めらゆいのすけ)が開いたと伝わる』とあります。西暦でいうと、およそ1600年ころ。『人々は狩猟や林業、段々畑の農業などで自給自足の生活を続けてきた』そうです。
 この「米良縫殿助」の名を見て、気になった場所があります。私の住んでいる家にほど近い、佐賀県杵島郡白石町に縫殿池(ぬいのいけ)弁財天という神社があります。
この「縫殿」という言葉に、寒川と何らかの繋がりがあるのでは…とも思いましたが、これについては、じっくり調べてみようと思います。

記念碑に記された火災は1936年の出来事…
 再び「マイタウン宮崎」の記述を借りますと、『1936年に大火が起きた。学校を含む20以上の建物が焼失し、集落の住民は半減した。』とあります。
 1936年というと昭和11年。このころは林業が盛んで『住民は多いときで200人以上いた。麓の町から多くの荷馬車が行き来したという』そんな状況下で起きた火災でした。
 Googleで見つけた別なサイトでは、この大火のときに、学校の女性教師が1人でオルガンなどの教材を運び出したという逸話が紹介されていました。
 現代のような消防車などはなく、仮にあったとしても火を消す水もなく、ましてここへ行ける道は、5ナンバーの小型車がぎりぎり通れるかどうかの細い林道1本。麓からの救援もままならず、簡単には鎮火できなかったことでしょう。『住民が半減した』となると、悲しくも大勢の方々が亡くなられたであろうことは想像に難くありません。
 一介の観光客に過ぎない私ですが、ここを訪れ、この記事を書いているのも何かの縁かもしれません。70年もの遅ればせではありますが、謹んで、亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

住民がいない…!?
 さらに足を進めてみることにします。古い家屋が並んでいます。やはり、人が住んでいる様子ではありません。

▲表紙の家屋を逆方向から撮った写真です

▲木の建具が懐かしいです

▲食器などが残っています。ここは台所だったのでしょうか

▲ものすごく懐かしいテレビ。そのテレビもあと数年で地上デジタル放送に…

 これらの家々は、屋根や壁など、至る所が破壊され、そして朽ちかけています。
その一方で、外観を見る限り、ほとんど傷んでいない家屋もありました。

▲この家は、今にも住人が顔を出しそうなほど、きれいに管理されています。

 しかし、やはり誰もいません…。聞こえてくる音といえば、私たちの足音と話し声、デジタルカメラの操作音、そして木々のざわめき、小鳥のさえずり、前川のせせらぎ…。どうやら、少なくとも現在は、ここに住んでいる人はいないようです。
(つづく)

* 次回、中編では、寒川の学校跡などをご紹介するとともに、「音屋の昭太郎」の名前の謎についてもお話ししようと思います。


159.ムツゴロウは泳げなかった

 "ムツゴロウは泳げなかった"などと書くと驚かれる方も多いと思いますが、そのうち、だんだんと意味が分かってきます。
 有明海には砂干潟と軟泥干潟とがありますが、アサリなどが採れる砂干潟とは別のこの泥干潟で生息しているのがムツゴロウ、アゲマキ、ワラスボ・・・といった特殊な生き物です。
 ムツゴロウは泥干潟で表面に生えてくる珪藻類を舐め採って餌にして生きている魚です。では、このムツゴロウはどこから来たのでしょうか?ムツゴロウの仲間は有明海ばかりではなく朝鮮半島西海岸、中国、台湾、インドシナ半島、ビルマなどにも分布していますが、もともと泥干潟のある南の暖かい海にいる魚なのです。現在でもその亜種と言われるものがニューギニアの南部やオーストラリアの北部にいることからもそのことが分かります。
 さて、ムツゴロウはその南の海から泳いできたのでしょうか?
 もちろん、ハゼ科の魚ですから一応は泳ぐことはできます。
 しかし、暖かい時期に行動しますが寒くなれば干潟の中に閉じ篭りますし、絶えず淡水と海水が混じる汽水域で生活し決してそこから出ることはしません。潮に乗って移動します(流されます)が、行動半径は非常に小さいのです。
 このため、中国大陸から東シナ海を横断して直行したり、北周りで朝鮮海峡、対馬海峡を泳いで渡って来たなどとは全く考えられません。また、黒潮洗う南周りの沖縄、奄美、トカラ列島ルートをやって来たなどとはさらさら考えられません。
 渡洋航海はもとより、その途中で食料調達ができないことは言うまでもありません。
 つまり、ムツゴロウはマグロやカツオのように自由に海洋を駆ける魚ではないという意味で"泳げない"と言ったのです。では、ムツゴロウはどのようにして有明海にやって来たのでしょうか?もちろん、陸が繋がっていたとすれば、全く話は変わってきます。
 ここに、一九九五年三月出版の『ムツゴロウが教える日本の起源』(久光教弘)という本があります。この本にはこのムツゴロウ渡来について書かれた部分がありますのでご紹介したいと思います。
 詳しくは、同書を読まれるとして、結論から言えば、やはり中国、朝鮮半島辺りから泳いで(生息域を広げて)やってきたのです。ただし、現在のような波高い深い海峡があった時代ではありません。
 かつて、日本列島が大陸と繋がっていたという話は皆さんも聞かれたことがあると思います。その時代に、大陸から日本列島まで完全に干潟が連続していたとは考えられませんが、何度か海進(縄文海進)、海退、そして、部分的な沈降、隆起が繰り返される中で徐々にムツゴロウは生息領域を移し、広げ、有明海や不知火海まで到達したと考える事ができるのです。

 ・・・ウルム氷期は、約三〇,〇〇〇年前から約一五,〇〇〇年前までの、約一五,〇〇〇年もの長い期間続きました。・・・
 ウルム氷期の時代は、現在より水位が、約一四〇メートルぐらい低くなっていただろうと言われています。海面が低下していたのでアジア大陸と陸つづきになり、間接的にはアメリカ大陸、グリーンランドもつながっていました。このために、北方からはマンモス、エゾシカ、シマリス、ヒグマ、ヘラジカなどがやって来ました。・・・
 ムツゴロウも海面が上下するたびについていき、今日まで生き延びてきたのでしょう。そして、海面が上下している時も、ムツゴロウが生息できる条件の軟泥干潟があったのでしょう。だとすれば、この時代のムツゴロウは、今は見えない海底で生息していたことになります。・・・
 有明海のムツゴロウが、この、東シナ海の中にいたのは間違いありません。そして、海面上昇で後退し、有明海にたどり着いたと思われます。・・・
 ムツゴロウがこの時代、大陸側にいたとしたら、海面上昇中に対馬海峡を渡って来なければなりません。ムツゴロウの行動力を考えれば、それは無理のように思われます。
 ムツゴロウときたら、
 雨の日は濡れるからいやだと言い。
 風の日は、乾くからいやだと言い。
 日差しの強い日は、やけるからいやだと言い。
 また、気温の低い日は、寒いからいやだと言って、巣穴から出ないのです。
 これでは、どう甘くみても、海面上昇中に海峡を渡れるなど、到底考えられないのです。そうすると、有明海につながる地域で、すでに、生息していたとするのが自然だと思います。朝鮮半島のムツゴロウも、長江と黄河という大きな川が障害になりそうですので、すでに、つながる地域で生息していたと考えられます。
 ウルム氷期を含めて、氷期は四回訪れたと言われています。大きな海面の上下が四回あったことになります。その度に少しずつ移動し、それが繰り返されているうちに、有明海につながる地域でも、ムツゴロウが生息するようになったと思われます。
『ムツゴロウが教える日本の起源』(久光教弘)

▲ 「ムツゴロウが教える日本の起源」

 ※ 本のお求めは、ハガキかFAXでお願いします。
 住所:〒840-0805 佐賀市神野町西4丁目4-8 久光 教弘(ヒサミツミチヒロ)
 FAX : 0952-31-7702 24時間受付

 実は、この本のタイトルのとおり、久光教弘氏はムツゴロウそのものをテーマにされているのではなく、ムツゴロウの話を導入部として日本と日本人の起源を論じておられるのです。氏は佐賀市在住の現役の建築士として設計事務所を経営されていますが、一度お話を伺いにお訪ねしたことがあります。その際も新著の原稿に取り組んでおられていましたので刊行を楽しみにしています。こちらも文化人類学の好著と推測しています。
 同書は自費出版されたものでしたが、非常にレベルの高い文化人類学に関する好著です。非常に面白い本で、私も一気に読み終えた記憶があります。

 この問題については、「有明海はなかった」で紹介した『有明海』自然・生物・観察ガイド(東海大学出版会)を書かれた菅野 徹氏もふれておられますので紹介します。

この海域を越えて、どこかよそへゆくということは少ないと考えられる。逆に国外の同類が、この外海を乗り切って、有明海に入りこむことも、稀なのではないか、と仮定すべきであろう。好汽水性の生物にとっての有明海は、今日の内海の姿ができあがった縄文海進(約六〇〇〇年前)以来ずっと、高塩分の海に浮かんだ「孤島」の状態だったと考えられるのである。

 菅野 徹氏の『有明海』自然・生物・観察ガイド については、当方のホーム・ページ有明海・諫早湾干拓リポートVの「有明海はなかった」でも取上げています。

■次回への予告■D
V   環境保護派よ我が梁山泊に楯籠もれ! (NO. 6) 9月号
160
有明海沿岸道路と有明海再生?
20060318
161
船 越(補稿)U
仮説は検証される(古代の葬送儀礼"舟形木製品"の発掘)
奈良県巣山古墳
20060612
162
淡 海
20060612
163
照葉樹の拡大造林を
20060612
164
虹の松原は守られるべきか
20060612
165
先 島(八重山照葉樹の懐にて)
20060710
■次回への予告■