154. 針葉樹林大崩壊(宮崎県内の全ての川が土砂で埋まる)

 怒りの九州源流紀行 栂尾〜上渡川〜銀鏡〜寒川〜綾北 

はじめに

 ここ二十年あまり、五月の連休になると、巷の喧騒から逃げ出し山陰から南九州の奥地に入ってきました。今年も渋滞を避け高速道路は一切利用しません。高速を利用すると緊張が連続するばかりでドライブ自体が全く楽しくないばかりか、景観も破壊されたものしか目に入らないのです。また、一般のレジャー客の動きと連動することになり、彼らとの交差は仕方がないとしても、その中には絶対に入り込みたくはないからです。今年は天気も良く野宿のつもりでしたので、多少の食料と軽いアウト・ドア用品を準備し、友人と二人で宮崎県椎葉村のそのまた辺境を目指しました。  
 有明海沿岸を最短で宇土に向かい(県18、国501)、一切渋滞することもなく松橋から東に向かい、宮崎県の椎葉村に到着しました(国218、265)。目的地は言うまでもなく九州最高の神楽が今なお生き続ける秘境の集落、栂尾(ツガオ)です。
 この紀行は当初、純然たるレジャーのつもりで書き始めました。しかし、昨年(2005年9月4‐7日)の台風14号による災害の爪跡があまりにも凄まじく、宮崎県下の他の地域も見て回るうちに、次第にレジャーそっちのけの災害視察、取材旅行に目的が変わり、この災害とその原因を訴えるリポートを書く事になったわけです。

十根川

 阿蘇外輪山南麓の馬見原から265号線の国見トンネルを抜け十根川沿いに南下してくると、台風による針葉樹林の崩落や道路改修工事によるものと思われる大量の土砂が川に流れ込み、見るも無残な状態になっています。ほんの二十年前までの椎葉の渓谷はどこも素晴らしいところばかりでしたが悲しい限りです。これほどまでの破壊的な工事が必要とはどのように考えても理解できません。
 ともあれ、那須橋を渡り栂尾に向かいます。間柏原(マカイバル)林道も至るところで凄まじいばかりの道路の路肩崩壊や側面崩壊が起きています。その大半は針葉樹が植えられたところから始まっていますが、この先にどのような崩壊が起きているのかを考えると気が滅入ってしまいました。大きな谷一つが埋まるような崩落が随所で起きており、台風から十ケ月余り経っても路面の土砂の撤去だけでやっとといった状態なのです。

栂尾(椎葉村)〜鬼神野(南郷村⇒美郷町)小丸川の無残

 神楽で何度も訪れてきた栂尾神社からの風景は昔のまま心安らぐものでしたが、ここも後しばらくで集落が消滅する事でしょう。なぜならば土建業以外に生計を維持する手段が全くないからです。

「あと一〇年経ったら、栂尾の集落はどうなってるでしょう?」
そう尋ねると、
「消滅やな」
そんな答えを二度聞いた。

『宮本常一を歩く』 日本の辺境を旅する 下巻 毛利甚八 小学館

 本来は日常の環境破壊を考えなくてすむ時間を求めて辺境の栂尾を訪ねたのですが、小丸川の惨状を見ると、国交省はともかくとして、農水省の林野行政への怒りを抑えることができなくなってきました。彼らに百年と言わず、今後、五十年も任せれば美しい日本の国土は完全に破壊され尽くす事になるでしょう。事実上の国賊としか言いようがありません。栂尾神社の横を流れる谷川の沢水を汲み早々に旧南郷村に向かうことにしました。
 小丸川の惨状とは、言うまでもなく大量の土砂が流れ込み渓谷を埋め尽くしている事です。言うまでもなく、その原因は、さも良いことでもあるかのように急傾斜地に危険な針葉樹(杉、桧)を植え続けさせた事です。
 生活の方途に乏しい僻陬の人々に意味のない拡大造林政策を押し進め、美しい渓谷を破壊させた罪は林野庁、県農林部、末端行政、森林組合のバカの四乗にあることは言うまでもありません。
 それでも、杉、桧が経済的に価値があるのならばともかくも、切り出した木材一本から百円の収益も出せずにこのザマなのですから行政の責任は免れようがないでしょう。それでも彼らは想像を越えた大型台風や豪雨のせいにするのでしょうが、それには無理があります。これまで、広葉樹に覆い尽くされていたはずの渓谷に杉、桧の類が組織的に植えられたことはなかったはずであり(栂=ツガトガは南方系の杉科の針葉樹であり、この地名はこの地区に栂がある程度まとまった数で群落を形成していたことを示しているのかもしれませんが)、数千年、数万年の永きにわたって、この渓谷が土砂に埋まる事などなかったはずだからです。もちろん行政は否定するでしょうが、それを証明する動かぬ証拠があります。鬼神野溶岩渓谷です。

鬼神野溶岩渓谷の論証

 急傾斜地、特に谷地(崖地)への暴風雨は木を根元から揺さぶり表土と共に山肌を崩壊させます。栂尾集落への入口周辺も巾三〇メートル高さ二〇メートルほどが地山ごと崩壊し無残な姿を曝していましたが、直ぐ下流の旧南郷村鬼神野に入ると数十メートルの側面と路肩の崩壊によって渓谷はさながら採石場直下の川の様相を呈していました。この場所には鬼神野溶岩渓谷という景勝地があり、以前は、国道(388)のそばにこの渓谷を誇る看板まであったのですが、行政は自らの失策を悟られるのが後ろめたいためか早々に撤去しているようです。
 まず、溶岩渓谷の説明が必要かもしれません。阿蘇の周辺には谷筋に溶岩が流れ込み冷えて固まったと考えられている平らな岩盤の底を持った川をかなり見かけます。そのような溶岩の川床がさらに水の浸食によって深い渓谷を造るものもあるようです。
 ただ、この鬼神野溶岩渓谷の生成は違っています。正式には鬼神野・栂尾溶岩渓谷と呼ぶようですが、一億年前に太平洋の底で生成された枕状溶岩を含む大溶岩塊(高さ二〇メートル、延長ニ〇〇メートルとされています)が、一旦、地中内部に入り、六〇〇〇万年前に隆起し浸食を受けたと考えられているのです。歴史時代に入ってこのあたりで溶岩が流れたことなどあるはずもなく、最低でも数千年にない異常な事態である事が分かるはずです。このことに行政は頬被りを決め込むのでしょうか?恥知らずにも程があるとしか言えません。
 鬼神野周辺には、側面が四〇メートル近く崩壊し、路肩の崩壊と合せて国道そのものが崩れ、仮設の迂回道路が造られているところまであります。問題はその規模です。恐らく針葉樹が植えられたところを中心にさらに上流でも大規模に崩壊しているところがあるはずです。そうでなければ下流の旧南郷村の中心部付近まで川底が埋まるなどといった考えられない事態にはなっていないはずなのです。既に鬼神野にある牛山ダム(堤体の大きさ高さから国交省の基準ではダムではないのですが、市販の地図にはダムとされていますのでそのように扱いますが)は土砂がオーバー・フローしています。つまり、堆砂率一〇〇パーセントであり、既に機能を完全に喪失しています。鬼神野周辺に数メートル堆積した土砂が流れ去るかどうかさえわかりませんが、最低でも新たな洪水が発生しないための浚渫だけはしなければならないでしょう。ただ、河川勾配とダムの堆砂を考える時、この牛山ダムを撤去しなければならないかもしれません。もはや真面目に考える気にもなりませんが、美しい渓流が元に戻るとは到底考えられないのです。そして、その下流には大きな松尾ダムがあるのです。
 川底の埋没は通水断面の減少から大規模な逸流、決堤、洪水につながりますので、付近では浚渫が行われていると聞きます。ただ、それをどこに持っていくかによってコストは大幅に違ってきますので(極端に言えば、+100〜−100まで)、浚渫というよりも、砂利の採取場に過ぎないのかもしれません。そもそも、牛山ダムの堆砂の浚渫さえままならないのに、おいそれと溶岩渓谷全体の浚渫ができるなどと期待する方がおかしいはずなのです。本気でやっても何年かかるか見当さえ着きません。
 この美しい渓谷は平成三年に宮崎県の景勝地とされたそうですが、もはや二度と取り返すことはできないでしょう。ところが、なんとこの美郷町南郷区鬼神野溶岩渓谷が「速報観光みやざき」2006年6月号NO.407"宮崎名水めぐり"の一番目に掲載されていたのです。
 編集時点でも掲載時点でも既に大規模な土砂に埋没していたはずであり、完全な嘘っぱちなのです(ほとんど調査しないで書かれているようです)。発行は財団法人みやざきコンベンション協会とされていますが、どうせ県の天下り団体に過ぎないはずで、いいかげんとしか言い様がありません。そうなると、ここに掲載されている他の名水、宮崎市の加江田渓谷、三股町の長田峡、小林市の三之宮峡渓流・・・は大丈夫なのでしょうか、時間があれば調べてみたいものです。
 今後はこれらのものがどんどん失われていくことでしょう。とにかく、渓流の魚や小動物も土砂が流れ込み川底が平らになると隠れる場所もなくなって下流に押し流され、破壊は生物相全般にまで及んでいるはずなのです。もはや、渓流釣りの対象にはならないでしょうし、賽の川原が広がるばかりです。一応、江戸期以来の管理されたソマ地であった飫肥周辺だけは除いておくことにしますが、それもこれも無原則に針葉樹の造林を進めた戦後の拡大造林のツケまわしなのです。針葉樹林に火を放て!火を掛けろ!と言わずにはいられません。
 戦後の観光をリードした宮崎交通は倒産したと聞き及んでいますが、シーガイヤを食い潰した観光県宮崎の無様さは目を覆うばかりです。針葉樹林化された森だけでも観光客の足が遠のいているはずですから、森林崩壊、山体崩壊による景観の決定的破壊は、観光宮崎を最後的に落ち込ませていくことでしょう。これが、農水省、県農林部の小役人が推し進めてきた結果なのです。土下座して県民に謝れ!と言いたいところですが、彼らは自らのやったことも理解していないのが実態でしょう。いまだに針葉樹の森を無制限につくることを良いことだと思い込んでいるのです。

▲ 川底から五〇メートルに達する 栂尾〜南郷への国道446号線 の大崩落の現場、道路左は美しい渓谷だった。恐らくこのような場所が宮崎県下に大量発生しているものと考えられます。


▲ 鬼神野溶岩渓谷のが埋没したと考えられる全体の一部(牛山の支流の合流付近)


▲ 「速報観光みやざき」2006年6月号NO.407

美郷町南郷支所から西に向かって約12q行ったところにあります。小丸川上流にある鬼神野川の両側には緑、赤、黄色に光る岩石が続き、美石群と呼ばれています。周辺には、ヒノキやカシ、モミ、などが茂り、四季折々の彩りを添えます。渓流は夏でも18℃前後で冷たく、アルカリ性光度15程度のきれいな水です。
だそうです。
※ これが発刊された時点でこの景観はほぼ完全に失われていたのです。

 なお、栂尾神楽については既に「有明臨海日記」11.栂尾神楽をご存知ですか?で書いています。もう一度読んでいただければと思います。

栂尾神楽をご存知ですか?(再掲)

 九州脊梁山地の中央部、宮崎県椎葉村のその又奥の辺境に栂尾(ツガオ)という小集落があります。
 十一月から十二月にかけては神楽の季節ですが、今回は神楽にまつわる話をします。私は釣りをして海にばかり足を向けているのではなく、まとまった休みさえ取れれば、中国から九州の脊梁山地の山奥に入り込み、柳田国男、宮本常一といった民俗学者を気取って辺境最深部を探索することを最上の楽しみとしています。
 まず栂を説明しなければならないでしょうが、それは広辞苑に任せる事にして、栂尾神楽の話をしましょう。この栂尾神楽は素晴らしいの一言です。神楽と言えば高千穂辺りの観光化された神楽が著名ですが、柳田流に言えば"山民"の生きた生活に根ざした神楽が完全な形で伝承されているのは、やはりこの栂尾を除いては外にはないでしょう。
 私は栂尾に通い始めてまだ五年程度ですので、栂尾神楽を云々するのは任が重過ぎますが、夕方六時頃から徐々に舞い始められ、観客と共に夜通しで舞い続けられ、三十三番全て終わるのは翌朝の十〇時頃になってしまいます。そのことだけでも驚くのですが、それを支えるのが僅かな舞い手の祝子(ホウリコ)であると聞くとますますその素晴らしさが解かってきます。
 栂尾はささやかな集落であり、栂尾神社周辺には高齢化した五〜六程度の世帯しかありません。にもかかわらず、栂尾神楽は周辺の集落と併せて舞い続けられてきたのです。しかし、過疎化と高齢化の中では、さすがに途絶えようとした時があったようです。
 ただ、栂尾を離れた出身者の全てが遠方に移住したというわけではなく、かなりの人々が宮崎県北部の日向市や延岡市の周辺に住み着いたのでした。そして、そこに栂尾の共同体が新たに復活し、その人々によって神楽が続けられる事によって、栂尾神楽は生き延びたのでした。 
 地図を見ていただければ分かりますが、栂尾は椎葉村と南郷村との村境に非常に近いところにあります。九州最大の面積を持つ椎葉村のことですから、村の中心部からでも、車で一時間以上の時間がかかり、これまで、非常に大変なところでした。このため、栂尾に家を持つ役場職員も冬場の積雪による通行止期間が長くなることから役場付近に部屋を借りていると聞いています。
 これまで何度も栂尾に入ってきましたが、熊本県の人吉市側からの大河内越えは、現在でも悪路でくたくたになり遠慮したいですし、日向市から南郷村経由で入るのは道路整備が進んでいて非常に楽なのですが、さすがに佐賀方面から日向市経由で栂尾にはいるのはあまりにも走行距離が伸びてしまいます。このため、いきおい、五ヶ瀬村から椎葉に入り、間貝原(マカイバル)林道越えで栂尾に向かうことになります。しかし、この林道も初めて入ろうとする人には多くの分岐があり、道が分かりにくい上に悪路が凄まじく、夜ここを通過する勇気は私にはありません。しかし、ニ年前、ここに念願のトンネルが開通しました。これによって、栂尾への遠征はニ〜三〇分近くは短縮された上に、かなり安全になりました。ただ、地区の方には悪いのですが、少し惜しい気もしています。私には、かつて、民俗学者の宮本常一が入った秘境栂尾はそのまま秘境であって欲しかったという気持ち心のどこかに残っているのです。
 しかし、栂尾の奥にも、また、その外にも神楽が残る秘境はあります。・・・・・・栂尾から南郷村に下り、さらに南に峠を二つ越えると上渡川という集落に入ります。私は、こここそ九州最深部の秘境中の秘境と思っているところですが、ここにも神楽は残っています。更に南にもう一つ峠を越えて下ったところにも銀鏡(シロミ)という集落があります(宮崎県西都市)が、この地区の神楽も有名です。

▲ 九州で最も素晴らしい三十三番神楽が今なお生きる栂尾神社、神楽殿

百済の里から上渡川へ さらに凄まじい渓谷崩壊

 王国滅亡に前後して百済の王族が南郷村(現美郷村)に亡命してきたことは、ほぼ、間違のない事実でしょう(リポートU68.「杵島」でも佐賀県の杵島山の八艘帆崎に上陸した百済王族について触れています)。また、八代の南(旧坂本村)には久多良木(百済?)、白木(新羅?)といった集落があり、驚く事に球磨川に注ぐ百済来川という川まで流れています。さらに、旧坂本村に隣接する芦北町には日羅という六世紀に半島で活躍した最高官の伝承もあり、詳しくは述べませんが、古来、球磨川、耳川以南の南九州には半島の亡命者を受け入れる土壌が存在した事が伺えます。
 それはともかく、この南郷で野宿し、翌朝、早々に上渡川向かいました。南郷村中心部から上渡川に向かうには、通常、県道39号線(西都南郷線)を使うのですが、まず、このルートが寸断され未だに復旧していません。また、迂回路になる周辺の林道もズタズタになっており全く復旧していません。林道、県道共に大量の針葉樹が植えられていますが、大半はここから最初の崩壊が始まっているのです。
 何とか通れたのは米良椎葉林道のトンネルが開通していたからでした。このルートを発見してようやく上渡川に入れましたが、私が最も気に入っていた九州の最深部の辺境中の辺境、秘境中の秘境、上渡川に入ると、中心部を流れる渡川には小丸川以上の大量の土砂が流れ込んでいたのです。私は数年前にもここに入っていますので、昔の川床を知っています。ここでも賽の川原が出現していました。全般的に渡川ダムの堆砂が進んでいますので、洗い流される事はまず考えられず、ほぼ、土砂が払い出され昔の川底が戻る事はないでしょう。それ以上に、上流部の針葉樹林地の林床破壊が進んでいるために、堆積はさらに上乗せされて渡川そのものが伏流化することさえ考えられるのです。
 ここにも永くいる気にはなれず、私達は早々に銀鏡(シロミ)に向かいました。

銀鏡下流の砂利の大地

 五郎ケ越を通過し、銀鏡川沿いに県道39号線(西都南郷線)を南下すると、多少は精神に落ち着きが戻りました。椎葉、南郷に比べれば、まだ、崩壊が疎らに見えたからでした。
 峠を越えると、ここから南は渓谷が急峻で、とても針葉樹を植える場所がなかったからです。それでも補助金だけが目的と思える針葉樹が方々に目に付きます。このような場所から崩落が起こっているのですが、重要なのは道路から見えない場所で進んでいる山林崩壊です。なぜならば、銀鏡を通過して下流側の銀鏡川の河岸を見ると、信じられないほどの土砂が堆積していたからです。
 恐らく、多少傾斜が緩やかな支流の登内川周辺の針葉樹林の崩壊によるものではないかと考えていますが、現地を確認していない以上、軽々には断じられません。
 その前に、支流の一つに入りました。銀鏡の上流にある河ノ口、古穴手です。七八年に民俗学者の宮本常一が入ったという辺境中の辺境ですが、一人の渓流釣師と出会いました。 
 福岡から来られた六十代の本格派の渓流師でしたが、朝から一八センチほどのヤマメ一匹で、「見込みがないから渡川にでも移動しようか」と話しておられました。私が渡川の惨状を伝えると、「昔はどこにでも大きな魚がいたのに」と残念がられておられました。
 この河ノ口も砂防ダムは全てオーバー・フロー状態で、既に渓谷ではなくなっているのです。農水省、林野庁は土下座して責任を取れ!と言わざるをえません。私はもう二度とこの地を訪れないかもしれません。無能な林野庁の官僚どもによって、最高の渓流が全て失われてしまったのです。もはや、一時もこの地に留まりたくはありませんでした。同行の友人はせめて"綾にでも行きたい"と提案しましたが、馬鹿の一つ覚えの綾の照葉大橋などには全く気が向かなかったので、綾北ダムの綾北川水系に入ることにして、さらに南下することにしました。

今に残る寒川渓谷の素晴らしさ

 ところが、西都から綾に向かう途上で寒川への入口の表示を発見しました。昔から寒川(サブカワ)に入るつもりであった事を思い出しました。既に、失望、絶望の連続で気力を失っていましたが、寒川は以前からの念願の地であり実に良い機会になりました。
 この寒川集落については、十五年ほど前にNHKが特集番組で報道しましたので、まだ、覚えておられる方があるかもしれません。西都市は行政サービスが不可能であるとして年老いた集落に集団移住を提案したのです。そもそもこの集落がどのような経緯でできたのかが不明でしたが、今でも断崖絶壁の中腹に十戸を越える集落の残骸が残っていました。 
 もちろん神社や小中学校の校舎も残っています。ただ、二度と戻れないように残存住宅の機能を破壊する事を条件に助成金を出し平地の西都市街地に移住させたのでした。
 この選択は、今、考えれば仕方がなかったと思います。当時、なんと理不尽で無責任な事をするのものかとも思いましたが、それは現地に行って見れば一目瞭然でした。とても、行政サービスの継続が可能な場所ではないのです。まず、平地の福王寺付近から離合もままならない県道319号(寒川下三財線)の川沿いに六キロ程度の道を潜り抜け、前川と蛇籠川の分岐点付近から急傾斜の道を寒川集落まで這い上るのです。
 私達もなんとか普通車で集落まで上がりましたが、まず、夜間や雨天には絶対に通りたくない、というより、事実上怖くて通れない道です。ガード・レールもない断崖絶壁にニメートル足らずの道が二キロは続きます。良くも、まあ、こんなところに住み着いたと感心もしますが、私も良い経験をしたものです。今考えれば、この放棄された集落を見ることができたのは人生の宝にさえ思えます。
 調べると、柳田国男も調査に入った戦国期の米良の小領主が、支配の懐を広げるために開拓した高地性集落だったようです。概して、五家荘、椎葉、高千穂、日之影などには山の頂に集落が形成されますが、米作を行わない(陸稲は別ですが)常畑、焼畑中心の集落で、谷底ではなく、日当たりの良い平らな山上に農地と集落を求めたものです。また、屯田兵集落か、逃げ込み村のようなものだったのかもしれません。私は図らずも映画の「ラスト・サムライ」を思い出してしまいました。
 寒川については、民俗学的興味から別稿として書きたいと思いますので、ここまでに留めますが、この周辺は前川と蛇籠川の合流点から下流の三財川も両岸から直立した断崖が続きますので、全く針葉樹の植林など不可能な場所であり、広葉樹が卓越した渓谷です。このため、今回の紀行で唯一崩落が見られない川でした。支流の蛇籠川は、上流に建設された立花ダムのための原石山が無残でしたが、結局、道路拡幅工事をやめて、住民を平地に降ろした選択は正しかったのです。そして、人が入れない領域では巨大台風が来ようが、大雨が降ろうが、自然が保たれるのです。このような山では大規模な斜面崩壊や土砂の流出などあり得ないということが寒川の例でも確認できたことになります。

綾北ダムへの道も通行止め

 できあいの創られた癒しや観光で満足できる人々は幸せです。多分、照葉大橋を渡って喜び、見世物の照葉樹林を見て自然は守られていると考えられるのです。この手合いの人間は人生に何の悩みも無い事でしょう。この綾南渓谷も、傾斜が急峻すぎて植林ができなかっただけのことで、営林署の英知とか、地域の森を守る心などといったものではさらさらなかったのです。
 私達は綾町から綾南ではなく、綾北を目指しました。綾から熊本の多良木(現あさぎり町の隣町)に入るのです。県道360号(田代八重綾線)で綾北ダムを目指したのですが、このルートは十五年ほど前に一度通っています。当時はダム建設の最中で大変な悪路のドライブだった事を覚えています。予定では国道265号を交差して人吉方面を目指すつもりでしたが、綾から数キロにして早くも全面通行止めの看板が出ていました。どうやら、この奥でも針葉樹による側面崩壊が発生し、目を覆うような状態になっているようです。照葉大橋を渡って喜ぶのは結構ですが、すぐ裏のもう一つの大渓谷ではどうなっているかを考えて欲しいと思うものです。

 宮崎県下の土砂災害の全貌

 県北では高千穂鉄道が運行停止状態に陥った(既に一年が経過している)事に象徴されるように、高千穂町岩戸地区、椎葉村上椎葉、栂尾地区、諸塚村、旧南郷村松の内地区、旧西郷村塚原村上下流域で顕著です。特に、旧西郷村塚原ダム上流の竹の八重地区の対岸では、巾一五〇メートル、高低差三〇〇メートル、ダム下流五〇〇メートル地点では、巾三〇〇メートル、高低差二七〇メートルという想像を絶する巨大崩落が起きています。
 県南では、山之口町の国道269号線沿いで、また、宮崎市の南に位置する田野町の鰐塚山北側斜面で巾一五〇メートル、延長二七〇メートルで崩落が起こり、五〇センチ級の売れもしない杉もろとも土砂が押し流され、無意味な施設でしかなかった「鰐塚渓谷いこいの広場」が渓谷もろとも大規模に埋まってしまったのです。もはや、林政の恥知らずも極限まで到達した感じがします。
 信じ難いことですが、ここには推定で五〇〇万立方メートルという凄まじい土砂が流れ出し堆積していると言われています。これは過積載の大型ダンプが一度に運び出せる土石の量が五立方メートル程度ですから、百台で一万回という考えられない数字になります。恐らく処分場もないでしょうが、搬送するにしても、一日一〇回程度と考えれば、フル稼働で一〇〇〇日、三年はかかり、後追いの新たな災害の発生を考えれば、ほぼ、処理する事が不可能な規模になります。凡そ、県営クラスの大型ダムの容量に匹敵しますので、まあ、当局も搬出は諦めていることでしょう。現在は、パチンコの玉詰まりのように河川邂逅部で、ある程度堆積しているのでしょうが、これが全量流れ出したとしたら、川が、深さニメートル、巾一〇メートル埋まったとして、一メートルで二〇立方メートル、一キロで二万立方メートル、その二五〇倍、実に延長二五〇キロ分の土石の量が後に控えている事になるのです。
 "宮崎県内の全ての川が土砂で埋まる"というタイトルが決して誇張ではない事がお分かりになるでしょう。しかも、崩壊個所はここだけではないのです。田野町の鰐塚山北側斜面は、全体のほんの一部でしかないのです。
 今、考えれば、私達が足早に通り抜けたルートは、まだまだ、比較的被害の小さな場所だった事が分ります。これが国の宝と称せられた数十年にわたる拡大造林のもたらしたものなのです。まさに、過剰供給の飫肥杉に火を着けろ!火を掛けろ!です。

揖斐川周辺の山体崩壊

 つい最近も岐阜県の揖斐川上流で山崩れが発生し道路と川を土砂が埋め尽くしましたが、鮮明な映像がテレビジョンで放映されましたのでご覧になった方も多いと思います。揖斐川は残された鮎の名所であり、泥が流れ込み川底を覆い尽くすと鮎の餌である川藻が生えなくなり鮎が消えていくのです。問題は規模ですが、間伐されない針葉樹が大きくなると、国の資源とか家の宝どころか、危険極まりない国策のもたらした時限爆弾でしかなくなるのです。ここも、針葉樹が植え込まれた急傾斜地でした。鮮明な映像によると崩れ始めの場所の上にも針葉樹が残っていました。今後、このような崩壊で人命が失われる事態も頻発する事になるでしょう。
 一般的に土砂崩れで死者が出たり、人家が流出した場合は大きく報道されるのですが、ただの杉山の崖崩れ程度ではその瞬間の映像が撮られでもしない限り、通常は報道される事がありません。このため、宮崎の針葉樹林崩壊の規模がいかに大きくてもほとんど問題にされていないようなのです。私にとっては豊かな国土によって人が生きているのであって、重要なのは国土と考えるのですが、どうも世間は逆と考えているようです。

針葉樹林に火を掛けろ!

 一九九一年(平成三年)の台風では、八代、日田周辺を中心に大規模な風倒木が発生しましたが、それから十五年が経過して全般的な林齢も上がっているはずです。
 それは、その頃から針葉樹の需要が決定的に後退し、事実上、商品にならないために伐採が進まずに放置され、林齢だけが一方的に上がっていると考えられるからです。当然十五年前よりは幹周りが太くなっているのです。私にはこのことが非常に大きな意味を持っているように思えます。
 十五年前には風によって折木が発生しただけで収まったものが、今回は林齢が上がっているだけに全てが倒木になり、土壌崩壊もレベルが上がり、数百年、数千年かけて広葉樹が育んできた貴重な表土が売れもしない杉、桧もろとも川に流れ込んだのです。
 今回の台風の被害を見ていると幾つか気付く事があります。宮崎県は確かに北部九州より傾斜が急な場所にまで植林が行われているという印象を持ちます。これは、宮崎県特有の問題なのかもしれません。さらに、雨が多く台風での降雨の頻度も高い宮崎では、植林するにしても傾斜の急な場所を排除しておくべきだったはずなのですが、どうも逆になっているという印象を持ちます。かつて飫肥周辺は飫肥杉で有名な場所でした。二年前には中国にまで輸出されるという珍事が出現しましたが、もちろん、これは例外的な事例に過ぎません。今後とも需要は回復せず、危険な針葉樹林の野放し状態が続く事になるのです。早めに針葉樹を処理し、広葉樹林を復活させるべきなのですが、大事にならない限り行政は放置する事でしょう。
 この状態を打開するには、盗人に追い銭のようですが、大量の税金を投入しても広葉樹の拡大造林政策を取るしかないのです。それができなければ、針葉樹林に火を着けろ!火を掛けろ!です。

宮崎県への傾斜配分というヒソヒソ話

 「傾斜配分」という言葉は、旧通産省主導による敗戦復興期の経済政策を意味する用語でしたが、ここでは、国土交通省所管の予算配分の意味で使います。
 まだ、この惨状を信じられない方のために、私の耳に入ってきた興味ある話をご紹介致しましょう。もちろん個人情報といったものではありません。不確かな噂話ですからその意味で読んでください。ただし、行政が堂々と主張しているはっきりした話はだいたい嘘(プルサーマルは安全だ!とか、オリンピックは誘致すべきだ!が、前者は全くの大嘘で、後者は福岡市自身が誘致できると考えていないという意味での壮大な虚構であり、破綻寸前の財政赤字をカモフラージュする目的しかないのです)であり、ヒソヒソ話にこそ真実があるのです。まずは、戦時中の「どうも日本は負けそうだ」という噂話が真実だった事をこそ思うべきでしょう。
 土木行政、公共事業といった関係の仕事をしていると、予算の配分、余った予算をどこかで遣ってもらえないかといった話が、聞きたくなくても日常的に聞こえてくるものです。 
 ところが、昨年に至っては宮崎に多くの予算をまわす必要があるため、「あまり余裕がない」「各県の金を削って宮崎にまわしているらしい」という話を、複数回、異なった人間から聞いたのです。もちろん、予算を倍付け、三倍付けにしても現地の処理能力には限界がありますから、それがそのまま、鵜呑みにできるかという問題は残るのですが、皆さんはどのようにお考えになるでしょうか?
 実際には、大量の傾斜配分を行ったとしても、現地に処理能力がなく、他県の業者を参入させるはずもなく(復旧できなくても縄張りだけは絶対に守らなければならないのです)、これから先、安定して大量の受注が確保できる地場大手は、災害復旧それ自体を優先するのではなく、五割増し程度の美味しい予算を独り占めにしようとすることでしょう。猫が美味しいご馳走を手に入れ、こっそりと隠れて食べる事と同じなのです。多分、急いで復旧するのではなく、安定して末永く食い物にするはずなのです。それが、現場の実態なのです。こうして、危険は長期間放置され、土建業者の運動場が広がったままになるのです。
 行政はそれを許すことなく住民の生命と財産を守るべきはずなのですが、天下りがちらつく行政トップは見逃してしまうのです。はたして、宮崎県はどう対処するのでしょうか?しばらく注目して見ておこうと思います。

二〇〇六年梅雨前線豪雨

 いまさらこれについて書こうとは思いませんが、今回の洪水も全国で繰り広げられてきた拡大造林政策が災害規模を底上げしているはずであり、単に想像を絶する雨が降ったからではないと考えています。売れない針葉樹林は枝打ちもされず、間伐もされず、光が届かない林床は草も生えない剥き出しの砂漠になっています。これらの山もかつてはウサギや狸が遊ぶ豊かな広葉樹の森だったのです。砂漠に保水力が失われている事は説明をするまでもないはずです。大量に降った雨はそのまま河川に流れ出し、都市を洪水に陥れているのです。これでも農水省はダンマリを決め込むのでしょうか。無能な県農林部の林業担当者、現場を知らない嘘つき林野庁官僚を追放せよ!

※ なお、現状において、まだ、針葉樹林を何か価値があるものと考えておられる方は、リポートT、リポートUで何度も否定していますのでそちらの方からお読みになってください。

※ また、本稿の続編として、針葉樹林崩壊(宮崎県内の全ての川が土砂で埋まる)U  針葉樹林に火を掛けろ!  を準備しています。近々に掲載したいと考えています。


155. 有明海における貧酸素化現象とその生態系への影響
                      
熊本県立大学 環境共生学部 教授 堤 裕昭

156. 宮地和紙の伝統を絶やすな!八代市は振興策を

 不知火海の自然を守る会 田辺 達也(八代河童共和国大統領)

二月×日、朝から粉雪が舞った。戸外に出て土を踏むとバリッバリッと鳴る。豌豆の茎と蔓は可哀想にしおれ気味。きつい寒気のせいだろう。ふと「紙の月」を思い出し妙見さんの宮田寛さんに会いたくなって電話する。寒気のゆるんだ昼下がり、球磨川の九千坊と出町の彦一を誘い三人で出かけた。

*二月は紙(神)の月

 漉き師たちは二月を「紙月」と言った。紙漉き集落独特の季語だろう。二月は紙漉きの最盛期だからそう呼んだと思われる。
 漉き子の家では、コウゾ(クワ科の灌木で和紙の原料、楮)を紙漉き川につけこむ作業から一日が始まっていた。「紙漉き川」とは彦一が勝手につけた名前だが、日置川とも中宮川ともいわれる水無川から分水した小川(生活用水路)である。寛さんの家の前を流れている。水浸しのあと石灰汁で煮立ててアクを抜き、もう一度川晒し(さらし)する。雪国では雪に晒すという。
 肌を刺す寒気に身震い、身体が凍える。手足がしびれ真っ赤に腫れる。水仕事の女こどもはアカギレに泣いた。古代中国では、赤ぎれ・霜やけで手足がかなわず鋤鍬や弓槍が使えない。この月には戦乱が止んだという。争乱で犠牲になりやすい女たちが強く反対して紙一揆を起こし、男たちの暴走を止めたという。生活者は昔も今も平和を願っている。
 紙の発明者は名もなき女たちである。これは紙の語源からも容易に想像できる。「紙」は糸へんに氏のつくりから成り立っている。糸は繭のことを指し、氏には滑らかにする意味がある。元はといえば、繭の糸くず(真綿をとったあとの糸=絮(じょ))を女たちが川べりに持ち寄って程よくほどき、竹網(簀(す))で漉して薄く平らにして使ったのが始まりと言われている。紙とは、つまり「糸でできた滑らかなもの」である。三千数百年まえの中国・殷(いん)時代の紙には麻(大麻)の繊維が混じっていたようで「紙麻(かみそ)」と呼ばれている。
話を戻して、川晒しのあとはコウゾの繊維を丸めて棒で叩くのだ。叩きの効用は、繊維素(セルロース)をほぐし柔らかくし抄きやすくする。冬の夜なべ仕事として、家族が向かい合い、歌など唄いながら気長に念入りに打ちづづけたので「紙砧(かみきぬた)」という情緒的な表現も残っている。砧は布を打つ時の木や石の台のことである。これに反し近代の機械装置と薬品処理から生まれる大量生産の洋紙には情緒がないばかりか、繊維が切れて強靭性に欠け、しかも化学変化で劣化が激しく長持ちしないので、和紙には物心両面でとてもかなわない。
 酷寒に何でわざわざ紙漉き?と思うのだが、和紙が寒気を選ぶ条件は、きれいな水とコウゾ(植物繊維)の絡みと、ネリ(糊料)のトロロアオイ(アオイ科1年草の粘液、漢名・黄蜀葵)の不思議ななじみ具合に関係している。とくにトロロアオイは時の経過と共に粘度を失い劣化する。その度合いは温度が高いほど著しく、腐敗し悪臭を出して使いものにならなくなる。
 古代の日本人は和紙が生まれる玄妙な営みを神の啓示として、紙の音読み「し」を訓読みで神「かみ」と尊称、紙の文化性に最高の敬意を表し、創意と改良に励んだのである。昔の人は偉かった。二月は神の月でもあった。

*宮地和紙は二千年の歴史

 紙の伝来は、古代中国・後漢(二世紀初頭)の宦官(かんがん)・蔡倫(さいりん)を始祖とし、日本への伝来は飛鳥時代の七世紀初め来日した高麗僧・曇徴(どんちょう)による、八代の和紙は十七世紀に越前の僧・日源の弟・新左衛門の来訪を始まりとする三点セットが通説のようである。この目印は紙文化史上の転機なり画期として重要かもしれない。しかしこれには異論が多すぎるし、八代市民としても納得できない。
ここで中国江南・呉の国渡来の河童九千坊の登場である。
 魏志倭人伝から明らかなように、紙の伝来は三世紀の卑弥呼の時代、詔書の形ですでに朝鮮半島経由、魏の国から舶来している。四世紀から五世紀の倭の五王時代にも宋の詔書が入っている。紙の始祖として有名な越前・福井の女神『川上御前』も渡来系、この地を流れる日野川は古名「新羅川」と言われるから、あちらゆかりである。ここには幻の大王・継体(天皇)も顔を出すから五世紀か六世紀の物語りである。仏教伝来は五五二年といわれ、このとき経典も入っているから、紙も高麗僧曇徴の来日より少なくとも五六十年は早いはず。聖徳太子の経典といわれる「法華義疎」は舶来紙で編まれている。飛鳥ではまだ竹管か木管の時代だった。
 聖徳太子が出てきたので、八代の紙文化の始りを、わがヤッチロを、日本における紙文化発祥の地と仮説し力説しよう。宮地和紙の歴史が四百年というのは、球磨川の流路からすれば中流域(人吉あたり)のはなし。源流はもっと上流になる。
 飛鳥時代のヤマト(倭)の支配者で開明派の蘇我氏に仏教と漢字の導入を勧めたのは知る人ぞ知る、八代市南(日奈久・坂本あたり)を拠点に活躍した海の大王・日羅(にちら)親子である。仏教典には紙がつきものだ。日羅は宋や梁など仏教の隆盛する古代中国の統一国家・南朝(首都は建業、現南京)と親交の深かった百済(古代朝鮮)の高官を兼ねた文武兼備の政治家で、聖徳太子の家庭教師をつとめたと言われている。奈良の明日香村の橘寺には日羅像も残っている。六世紀の国際情勢と日羅伝承からすると、八代にはすでに輸入紙が使われ抄紙技術も導入された可能性も否定できない。百済滅亡後の百済人は日羅の縁故を頼って不知火海にたどり着き日奈久から球磨川沿いの山間地に入り新しい村づくりを始めたと思われる。葦北郡百済来村(旧坂本村→現八代市坂本町)はその証しである。坂本には白木の地名も残っている。白木は新羅である。
 宮田さんによると、日羅ゆかりの旧坂本村はかってコウゾ(楮)の一大産地だった。念のため日本で洋紙工業の起こる直前(明治初期)の県内のコウゾ生産を調べてみた。県内十一郡の生産量年間計289トンのうち葦北郡25%(旧坂本村の一部と日奈久、二見は葦北郡の時代)八代郡11・4%、球磨郡7・2%、三郡計43・6%を占めている。宮地和紙の後背地には和紙アイランドというべき巨大な原料産地が形成されていたことがわかる。
 八代・宮地和紙の歴史はもっと遡ることもできる。中国で紙の始祖になった蔡倫は江南(福建省に近い広東省南部)の出である。和紙の原料になるコウゾ(楮)やミツマタ(三椏)やケナフ(葵)などは中国やインド、中央アジア・南アジアが原産地だ。糊料の原料になるトロロアオイ(黄蜀)も、元は中国から東南アジア、日本列島の主産地も西日本である。
 中国では江南地方の植物から紙が作り出され、その灌木も抄紙技術も、稲の伝播と同様に照葉樹林帯と黒潮の道をたどり、いの一番に九州に入ってきたと考えることもできる。河童九千坊呉の国渡来説とも合致している。八代への紙の伝播は中国の呉越ルート・朝鮮の百済ルートどちらも説明できる恵まれた位置にあった。
 八代の恵みには球磨川水系の豊かな水もある。宮地で和紙産業が早くから栄えたのは、日置川(水無川)の水質が石灰分含有の弱アルカリ性にあった。コウゾに含まれる様々な不純物はアルカリの作用で分解され溶けてなくなるからまさに天然の石灰水である。八代は一億年まえから日本列島を弓なりに伸びる石灰岩の帯の南限にあり、石灰製造やセメント工業も早くから発達した。織豊時代の小西行長は麦島城の石垣に石灰岩を切り取リ築城している。大分県の和紙には豊後の佐伯紙も知られているが、ここでも石灰石のセメント工業が栄えている。
 繊維素の膨潤や不純物の除去には昔は木灰を使ったそうだが、今の製紙法では苛性ソーダに変わっている。これは製紙工業でも木材繊維から紡糸する化学繊維(ヴィスコースレーヨン)工業のプロセスにも理屈の上で準用されている。昔の人のやり方は理にかなっているばかりか自然環境に優しい思いやりがあった。八代は何から何まで和紙製造の条件が揃っていた。
 そして非常に大事なことだが、秀吉の時代、短期間にせよ佐々成政の肥後領治・八代支配がある。北陸時代の成政は斯波・朝倉両大名と同じく越前和紙の保護育成に力を注いでいる。その経験から宮地和紙もきっと育成したに違いない。ほぼ同じころ、キリスト教伝来とイエズス会の宣教師ルイス・フロイス(1532〜97)の来訪も甦る。フロイスは小西行長の案内で海路八代に入り、宮地の古麓城に豊臣秀吉を表敬訪問している。
 フロイスは自著『日本史』に、和紙の印象を「日本には和紙の種類が五〇種以上あり、樹皮を原料にしている。家屋にも多くの紙が使われている」と書いている。水無川の紙漉き集落は古麓城の真下にある。好奇心の強いフロイスのこと、古麓城への行き来に紙漉き小屋に立ち寄ったかもしれない。
 前出、宮地和紙の始まりとされる一六〇〇(慶長5)年から三年後の慶長八年、イエズス会が長崎で『日葡辞書』を刊行、この中には紙の日本語がコウゾ(楮)ミノガミ(美濃紙)ダンジ(檀紙)スギハラ(杉原、奉書紙のこと)ガンピ(雁皮)など数十語収録されている。この辞書をみたことはないが、九州の方言もあるという。フロイスの見聞が本書に生かされているはずだ。

▲ 宮地和紙は市街地の直ぐ裏の隠れ里のようなところで作られています(八代市妙見町)。マピオン

*消滅寸前の宮地和紙

 宮田さんの家系は肥後細川藩のご用紙漉き師七人衆で、その流れを汲む寛さんも和紙づくりに入って五十七年になる。熊本県唯一の『宮地和紙』の伝統を七十二才の今まで一人で必死に守ってきたかけがえのない紙づくりの名人だ。
 寛さんは宮地和紙の特徴を、*薄くて引きが強い。*柔らかく、肌ざわりがよい。*透きとおるように白い。*艶がある。*優雅さにすぐれ『八代紙子(八代紙衣)』の名で全国に知られ、西鶴の世界にも登場していると説明する。八代紙子は「ふくよかにして白く、清げなる紙」と讚えられ、儀式用・俳諧用のほか老人用の着物にも愛用されたという。しかし残念ながら地元に現存しない。東京都製紙博物館と熊本市立博物館に収蔵されている。
 宮地和紙は女性の化粧紙・衛生紙としての人気もあった。平安時代に「やわやわ」の愛称で秘かに重用された奈良系の紙も抄いて、大名のお姫様の嫁入り道具(床入り)の別注品になっている。売春禁止法施行の昭和三十年代初めまで「女郎紙」として遊廓にもかなり使われた。
 前八代史談会長江上敏勝さんの研究からも「宮地和紙」の製品は、チリメンじわのある大高檀紙、雁皮から抄く別名、斐紙(ひし=斐には美しい意味がある)と呼ばれた上質の紙、奉書紙の杉原、鳥の子といわれる淡黄色の高級紙など三十種の紙製品が紹介されている。
 彦一の講釈によると、江戸時代の肥後藩では紙漉きの統領庄屋は苗字帯刀を許され祿米をもらっていたという。和紙は専売品で漉き師たちは今様公務員だったのだ。特に細川重賢の十八世紀、彼の殖産振興策によって宮地和紙は最盛期に入り、妙見町全体が紙漉き集落の活気を呈し、コウゾの釜数176・紙漉き就業者822人を数えている。機械制の大規模洋紙工業の始まる明治初期には町の戸数335、うち紙漉きを業とするもの百十戸の記録がある。宮地村は九州随一の和紙生産基地だったのだ。
 それが今ではどうだろう。戦後、四十軒ちかくの紙漉きはいつの間にか皆無の廃れよう。いまは寛さんだけがミカン山の手入れをしながら副業として細々と漉いている。三十六年前の新聞を見たが、「宮地和紙に陽が当たったのは戦後のほんの一時期、今は障子紙の注文もほとんどない、ちり紙も売れない」と嘆いている。二十二年まえのコメントには「県も市も〈歴史と伝統を大事にする〉とはかけ声ばかり、具体的な振興策はない。行政はこっちの都合はお構いなし、いきなり紙漉き実演を見せてくれ、と利用するだけだ。折角身につけた技術だから誰かに伝えたいが、それもかなわぬ夢か。光る芸術品も俺一代で終わりかもしれない」と絶望的、「和紙漉きではめしが食えない。生業として維持できなければ後継者も育たない」と。
 一方、和紙のすばらしさが近年見直され或いは注目されて復活のきざしが見える。和紙産地では行政の積極的なとり組みが始まり、和紙専門の雑誌『季刊和紙』も創刊されて情報の交換が活発になっている。薬用の棗(なつめ)と共に紙漉きの技術を教えた渡来人『川上御前』を祀る越前和紙の岡(おか)太(もと)神社(福井県今立町)には《和紙の里会館》があり、古文献・民俗資料が収集され、新製品の陳列コーナー、和紙の実習設備もある。「土佐和紙(高知県)」の伊野町には《紙の博物館》があり、伝統技法の継承・後継者育成を図っている。柿本人麻呂ゆかりの「石見和紙(島根県)」、天照神話縁起の天日(あめのひ)鷲(わし)命(みこと)を祖神とする「阿波紙(徳島県)」など全国で官民あげて和紙の復興に力を注いでいる。
 わが八代はテレットし過ぎてはなしにならない。
 紙の里には河童もいる。福井県の大河、竹田川や観音川流域には「越前かっぱ村」(木村捷一代表、医師)の息の長い活動が知られている。

*宮地和紙振興策

 書きたいとことはいっぱいあるが紙面の都合で先を急ごう。岩尾豊市長時代の一九八四(昭59)年、和紙の振興策について提言したことがある。坂田孝志市長にもう一度提言してみよう。

@宮地和紙は八代の宝で、歴史と文化の象徴である。官民一体の保護と振興が必要。

A和紙漉き技術の蓄積と継承、コウゾ・トロロアオイなど原料の産地形成の復活を図る。

B宮田寛さんを八代市の特別職公務員として採用、専任技術者として後継者を育成する。

C八代市内の山間部に原材料産地供給基地をつくり、市の責任で全量買取りを行う。

D和紙、畳表の農業生産器具の市立民俗資料館を新設し八代の民俗文化を継承する。

E以上、十年計画を立て実行する。

追記 エジプトのパピルスほか世界の紙文化については別の機会にゆずりたい。

※ 田辺論文の掲載について

 宮地和紙に関する田辺論文の掲載は「環境問題を考える」のサブ・サイトの性格に整合しないかもしれません。この手の問題は近藤さんの考える「環境問題」はおろか、私が考える「環境問題」でもありません。しかし、人間の所業も全体の自然環境の一部である事を考えると、人間活動の影響は自然環境と無縁ではありえないのです。例えば和紙をつくるにしても、楮(コウゾ)、三椏(ミツマタ)の類が大量に植えられますし、和紙を漉くための大量の水を確保するための水源は守られる事になります。ましてや、和紙製造が産業化されていた時代には炭焼きなどとの調整も必要であったはずです。
 また、この掲載については、古代史、民俗学をライフ・ワークにしつつある私にとっても、その起源、ルーツ探しは、古代国家(私にとっては「九州王朝」ですが、この時代七世紀〜八世紀は木簡、竹簡から紙への移行期でしょうね、少なくとも輸入紙は入り始めていたでしょう)の探索にも関係があるような気がしています。
一〇世紀、延喜式には因州和紙の記述がありますが、因州では八世紀の前半には和紙が製造されていたと言われています(正倉院文書)。当然ながら、文化の先進地であった九州で造られていなかったとは考えられず、七〜八世紀初頭の九州王朝の最末期には、八代経由で製紙の技術が伝わり、生産されていたのではないかと考えています。

157. 「事業の必要性」がない小石原川ダムをなぜ造る

筑後川水問題研究会 中原孝矩(元記者)

水資源機構が治水に関われる根拠を示せ

 水資源機構は、数年前までは水資源開発公団と呼ばれた。「産業の開発又は発展及び都市人口の増加に伴い用水を必要とする地域に対する水の供給を確保するため」と言う目的で水資源開発促進法がつくられ、その目的を具体的に実行する組織、集団として水資源開発公団が発足した。「水資源の開発又は利用のための事業を実施する」が公団の目的だ。
 水資源開発促進法と水資源開発公団法は表裏一体、いわばセットの形で成立した。素人の私が両法の「目的」に触れたのは、重大な疑念を抱いているからだ。河川法との違いを読めば一目瞭然だ。河川法は第1条「目的」で「河川について、洪水、高潮等による災害の発生が防止され、河川が適正に利用され、流水の正常な機能が維持され・・・」と書く。つまり河川法は治水が最大の目的である。しかしながら、法の目的に、治水について権限を持たぬ水資源機構が、なぜ治水を目的に掲げるダムを建設できるのか。私は、たちの悪いマジックを見せ付けられているようで大変気持ちが悪い。
 世の知識人の皆様、教えてください。何を根拠に水資源機構は洪水調節をする治水ダムの建設をするのですか。法律的な根拠は何ですか。洪水調節に失敗して大災害が発生した場合、水資源機構は損害賠償を受けて立てるのでしょうか。
 この構図は、国による国民騙しの悪質なマジックである。川の水の開発、利用促進を考える集団が、まじめに治水のことを考え、配慮するとは到底考えられないし、責任が持てるのだろうか。いざとなると「私等には治水についての責任はありません。法律に責任を取るようなことはうたっていないから」と逃げられるのが落ちではないか。
 恐ろしいことに筑後川水系では水資源機構が主体となってすでに寺内ダムが建設された。2006年度では、大山ダムが建設中。さらに小石原川ダムについて、2006年3月、国土交通大臣が建設計画を承認した。これらは全て洪水調節を事業目的の一つにうたった多目的ダムである。

▲ 小石原川ダムは江川ダムの上流塔ノ瀬付近に造られようとしています。

こじつけで持ち出した洪水調節

 小石原川ダムは事業の必要性として、洪水調節を真っ先にあげている。平成14年5月作成の環境影響評価方法書のトップに掲げて説明する。中味は平成9年5月、田畑の一部冠水を洪水被害として紹介した内容だ。江川ダム直下の集落、朝倉市下戸河内でおきたこの被害は、洪水と呼ぶにはなんとも軽微な被害であることにまず驚く。当日の地元新聞にも掲載が無い。地元民から聞き取りを行ったが、田畑が冠水したが、すぐ水は引いた、たいしたことはなかった、とのこと。洪水被害を強調するにはあまりにおそまつな実態。こんなことを実しやかに主張する水資源機構の存在価値すら疑いたくなる。
 しかしながら調査した私は、この洪水すら、小石原川の中流域で戦後初めて発生した洪水被害であることを指摘する。
 原因は潅がい時期を控えて、満水にする事に気をとられ、適切な放流時期を逸した結果生じた洪水で、江川ダムの操作ミスであることを強調する。
 また別の視点で書けば、小石原川流域では洪水被害は起きていないといっても過言ではない。筑後川本流の増水に伴い、小石原川からの水が行き場を失って溢れて起きた浸水被害が6件あることが、国土交通省作成資料「水害統計資料・抜粋」でわかった。
 被害の総額は床下浸水、農地・農作物あわせて約3000万円である。内1件は上流の小石原村で発生した被害であり、流域の洪水被害とは考えにくい。だから純然たる洪水被害は1300万程度で、国の資料を分析した結果、小石原川流域の洪水被害はほとんど無い、と断定してもさしつかえないと判断する。さらにいえば、平成9年5月の被害は、国土交通省では洪水にカウントしていない。
 小石原川で洪水が発生する危険が大きいから、洪水調節ダムが必要という水資源機構の事業目的には理由がない、と反論する。

洪水調節力に重大な欠陥

 水資源機構が配布したパンフには、ダム地点では150年に1回程度の大雨により毎秒190m3の水量が発生する。ダムで毎秒140m3を調節し、ダムから毎秒50m3を下流に流すとする。
 基本高水量とか計画高水量について議論はしない。正直にいえば、私は知識がないので議論はできない。ただ、通常ならなんら疑念のない、毎秒50m3をダムから放流する、という点が重大なのだ。
 なんで、と大方の読者が思われかもしれない。理由はこうだ。小石原川ダムは江川ダムの真上に出来る。だから放流先は江川ダム湖に限定される。江川ダムは6月から9月一杯、上水道用水のほかに5900ヘクタールの水田をうるおすために灌がい用水の確保が求められるダムであることが重大な点である。
 資料で過去20年間の江川ダムの満水状態を調べた。おおまかにいえば、5,6月ごろ満水となり、潅がい用水をどんどん流して、水位はどんどん下がる。一方で、5月から8月は毎年、判を押したように流域で大雨が集中する時期と重なる。
 小石原川ダムが貯水を開始すると、江川ダムはどこから水を引いて満水にできるのか、疑問が湧く。ここに登場するのが、導水路の建設だ。
 地形的に説明すると、一山はなれて東側の谷に佐田川が流れ、その中流域に寺内ダムがある。その最上流の木和田地区から、導水トンネルを約5キロうがって、最大毎秒3m3取水する仕掛け。この導水路が将来の江川ダムの生命線。もちろん、小石原川ダムがあふれるほどの豪雨に見舞われれば、溢れた水は江川ダム湖に蓄えられることになるが。
 さて、江川ダムに都合よく水が蓄えられ、小石原川ダムは見込みどおり効果的な洪水調節が行えるのか。否である。私は下手をすると江川ダムの操作ミスが頻発し、その結果下流で洪水が発生する可能性が高いことを強調しておきたい。
 旧甘木市時代に水資源側が示した文書「江川ダムの放流操作等について」がある。中味に興味深い記述がある。「ダム地点の洪水量はダムから女男石頭首工間の流下能力をもとに河川堤防高さ一杯で流下させた場合のダム地点流量として算定されました」として、毎秒60m3としている。ご丁寧に「無害流量」とある。つまり毎秒60m3以内なら洪水は起きません、と宣言しているのだ。
 では逆に毎秒60m3をこえたらどうなるか。平成9年5月の洪水は瞬間最大で毎秒104m3流しており、論より証拠、洪水が起きた。時間単位の平均放流量は毎秒24m3以下だが、満水状態で流入量が見込み量を大きく上回ると、とんでもない大きな水量を流さざるをえない。だから私は、一連の洪水発生を江川ダムの操作ミスと指摘するのだ。
 水資源側と論争になったが、水資源側は「自然現象でした」、と譲らず、操作ミスは認めなかった。
 小石原川ダムが洪水時に毎秒50m3を江川ダム湖に放流するとなれば、満水状態の江川ダムから、毎秒60m3を越える、「有害放流」が繰り返されない、と誰が保証してくれますか。
 くどいようだが、平成9年5月7日、ダム湖の水位は223メートル。直後の8日、毎秒23m3あまりの流入量で、水位は224.52メートルへ一気に増えた。次の強い雨が来た13日毎秒27.4m3が流入した時に、毎秒24m3以上の放流で対応したが、すでに満水位状態に追い込まれており、一気に毎秒100m3を越える大量の放流をおこなわざるをえなかった。このようなダム操作が150年に1回行われるのではなくて、いつでも繰り返される恐れがある。小石原川ダムが造られれば、日常化する懸念さえある。だから洪水調節機能は欠陥だ、といわざるをえない。24時間雨量226ミリの豪雨でこうなった。

費用対効果でダムは最悪の選択

 ここに水資源が用意した資料がある。技術的、経済的、社会的及び環境保全の見地から比較検討を行いました、として、ダム建設を含め6つの案を提示した。
1案 「堤防かさ上げ案」では約210億円。
説明するまでもなく洪水の流下に必要な断面を確保するために堤防をかさ上げするもの。橋梁など構造物の改造、家屋、用地補償が伴うという。洪水時の水位が上昇し万一の場合被害が増大する。小石原川でいえば、すでに紹介したように江川ダム直下から女男石頭首工まで約7キロは毎秒60m3を流せるが、それ以上は洪水となるという。だったら7キロ区間のかさ上げを選択すれば良い。橋は上流から5本ぐらいで、川幅は30メートルも無い。川沿いはほとんど水田だ。
2案 「引き堤案」では約600億円。
断面を大きくするために堤防間隔を左右に引いて広げる。用地補償が多大になると述べるが、堤防のかさ上げと引き堤案を併用して河川全体に実施した方が、安上がりではないか、とさえ思う。川沿いがほとんど水田であり、引き堤やかさ上げが必要な区間は限定されると考える。
3案 「河川掘削案」では約210億円。
同様に断面を拡大するために川床を堀下げるというもの。既存の堰などの構築物の改造が多く、地下水位の低下など自然環境への影響が懸念されるとする。水田地帯では堤防のかさ上げ、引き堤、川床の掘削を場所を選んで実施すれば、治水の効果は大きいと思われる。
4案 「遊水地案」では約670億円とする。
上流部は河床勾配が急で大規模な施設が必要となる、という。ところがダム直下の渓谷をでると大半は平坦な水田地帯であり、大規模な遊水施設をダムの上流にでも建設するのか、意味不明。遊水地の候補地を勘違いしているとしか考えられない。
5案 「放水路案」では約370億円という。
直径8メートルものトンネルをダム計画地点から筑後川へ建造する内容。非現実的であるとする。

 このようにダム以外の5案を挙げてあるが、信用できない。比較検討したという資料が無い。江川ダム直下から、筑後川合流地点までの距離、具体的に流域のどの部分で川幅が何メートルで毎秒60m3を流せば氾濫するのかどうか、説明が無い。川幅はどのぐらい不足するのか。現実の河道の断面積についていえば、流域のどこが狭いのか、その規模について説明が無い。
 要するに2000億円かけてもダム建設が費用対効果とやらで利点があるといいたいだけ。都合のいいようにダム必用論をでっち上げただけだ。
 洪水を防ぐ効果があるなら、ダムを造って利水や、不特定の用水の確保はいらないから、「引き堤、かさ上げ、掘削案」で事業を行っていただきたい。

意味不明な不特定用水の確保

 農業用水確保が目的であれば、農業者に建設費負担を求めなければならない。飲料水なら都市の住民と各自治体の同意をとって建設費の負担を求めることになる。
 治水なら国が全部面倒をみてくれるから洪水調節と同様に不特定用水として、税金が自由に使える方便を考え出しただけではないか。渇水対策も同様だ。ダムの容量全部を洪水調節にすれば、年間を通じて空っぽにしなければならず、ダム反対が声高な今、とても事業として認めてもらえない。だから、水が溜められて、国が建設費を負担するには洪水対策とは別の、新たな治水策が必要になっただけの話だ。
 特定用水が上水道や工業用水、農業用水だと考えれば、不特定とはそれ以外の水。つまりは河川に本来流れているはずの水ということになる。異常な渇水、緊急時に自由につかえる水と考えるなら、そんなに都合よく水が溜められるかという視点で捉えることが重要だと思う。
 そこで、江川ダムが本来の貯水力を発揮してくれているか、つまり役に立っているかどうかを検証した。
 過去約20年分の水資源作成の管理年報を分析すると、驚愕の事実に直面する。どういうことかといえば、上水道用水で年間365日の40%程度しか、確保されていないことが判明した。ウソだろう、とか、何かの間違いではと思われるだろう。残念だが分析結果は、ウソをつかない。
 例えば、旧甘木市の上水道、工業用水、福岡市の上水道用水として毎日毎秒1.331m3の確保が江川ダムの役割のはず。
 1985年の江川ダム管理年報には放流量ゼロが3月、4月、5月と85日間続く。1995年には5月、7月などで26日間、1999年もゼロ38日間が目立つ。また毎秒1.331m3確保できていない日数を調べると、1980年は228日、1982年は265日、1985年は270日、1987年は236日、1991年は224日、1994年は282日となる。毎年大体同様な傾向で、必用な水量が確保されていない年が連綿と続く。
 見方を変えると不足する日数が最大の1994年77%から最少の1998年44%の間で、慢性的な供給量不足が平然と繰り返されている。水資源機構は多額のダム建設資金を負担させながら公然と約束違反を繰り返しているのだ。ダムからの放流量ゼロは河川のあらゆる生命を奪う暴挙で、決して許されるものではない。河川法違反も歴然としている。
 渇水といえば、1978年、福岡市民が287日間水不足に苦しんだ例が示される。また1994年の330日間九州大渇水が挙げられる。私はあえて指摘したい。江川ダムができたのは1970年、寺内ダムは1974年だ。1978年には両ダムで貯水をしていたのに、なんで渇水なんですか。ダムがあれば水不足が解消されるという話はウソですか。
 結局、水不足をダムが解消するというのは、現実を見るまでも無く幻想です。ダムに水を蓄えるには、流域に十分な雨が降らなければ果たせない、わかりきった事実です。水不足解消には我々消費者が日ごろの暮らしの中で、節約を当然のこととして実行し、水資源を大切にすることに尽きると考えます。大渇水を2回も経験した福岡市民は最近の5年間は一人1日200リットルで暮らしています。見上げた立派な実績だと思います。公共下水道が99%普及した大都市でもやれるのだから、全国の住民が見習うべきでしょう。
 だから上水道用水という特定用水の確保すら満足にできていないのに、ダムを造って不特定用水を確保する、という事業目的は全く理由が無いことになります。

福岡県南の上水道用水は余っています

 最後に、利水容量の確保が、目的として上げられています。計画では日量56.160m3を確保して、県南広域水道企業団へ全量を配分するとなっています。では2006年度現在、同地域は水不足状態なのでしょうか。
 合併前の久留米市を筆頭に同水道企業団に参加した自治体の1日平均使用量は18万m3。真夏の1日に記録される最大消費量でも23万m3が最高です。これに対し、大山ダムで開発を見込まれる供給量まで含めると、1日33万m3の供給体制があるのです。
 久留米市や大牟田市が所有する独自の水源、大牟田市、柳川市、筑後市などが有する深井戸と県南広域水道企業団からの受給体制を合わせると1日33万m3が供給できるのです。
 国土交通省はこの事実を見ようともしません。水資源機構はだんまりを決め込んでいます。福岡県は将来の上水道用水は逼迫している、と言い張るのです。
 無駄なダム建設で無駄な上水道用水の開発をやめようとしないとは、なんという恥知らずな態度でしょうか。
 合併後も事情は大して変わりません。給水人口が将来10万人増加したと仮定しても一人1日300リットルで計算して供給量を1日3万m3増やせば十分です。1日平均使用量が21万m3となり、1日最大消費量が26万m3になっても、十分供給する体制が整っているのです。
 2000億円の事業費をかけて小石原川ダムを造ることがいかに無謀なことか、「事業と環境影響評価方法書」に従って、必用だとされる四つの事業を検証しました。
 曰く「洪水調節」、曰く「不特定用水、渇水対策」、曰く「利水容量の確保」。
洪水対策では、小石原川ダムを造れば、流域で洪水発生の危険は高まる懸念がある。不特定用水では、ダムを造らずに河川の流量を日常的に増やす努力を重ねるべきだ。渇水対策では、住民の節水意識をもっと促進し、一人1日200リットルが当たり前の暮らしを実現すべきである。最後に利水関係では、国を挙げて行う、過大な水需要予測を直ちにやめよ、と訴えたい。
 従って、小石原川ダムが多目的事業で掲げる四つの事業は、いずれも全く不必要、無意味な事業であることを指摘、小石原川ダム建設事業は直ちに中止すべきである。

中原論文の掲載について
筑後川水問題研究会 古川清久(自治体職員)

 我が白浪五人衆の一人"弁天小僧菊之助"こと中原孝矩氏による実践的論文"「事業の必要性」がない小石原川ダムをなぜ造る"を掲載できました。まずは、筑後川水問題研究会が追求し理想とした"考える市民""行動する住民"というものを身を持って体現されているのが中原氏と言えるでしょう。現在、これほど筑後川水系のダム連環について詳細なデータを蓄積し理解している人物(理想的シチズン)は外にいないと思います。
 彼は文中で多少謙遜し、「基本高水量とか計画高水量について議論はしない。正直にいえば、私は知識がないので議論はできない。」とされていますが、どの地点がどのように設定されているかは十分に把握されておられます。そもそも、基本高水量とか計画高水量とは、多くの巨大ダムを造る事を目的に、その物理的根拠を要求されて(旧大蔵省)逆算(捏造)されたものでしかありません。これについての水計算も大半はお抱えのコンサルタント業者任せのはずであり、国土交通省の小役人どもがどれほど理解しているか、また、この計画高水が実効性を有しているかどうかさえ疑わしいのです(本来、河床底の浸食、堆積など多くの変化もあるはずなのです)。
 実際、昨年宮崎県下で発生したような大規模な崖崩れ、土砂の大量流入といった事態が発生した場合、随所で想定外の事態が発生し、実際には計画倒れに陥るとしか思えません。
 これら画餅とも言うべき数字の積上げは、事実上ダムを造る事を目的にして捏造されたものでしかなく、全くの架空の数値というべきでしょう。これについては、二〇〇四年一〇月の「世界」(岩波書店)に新潟大学の大熊孝教授が書いているとおりと理解しています(日本の基本高水は高く設定され過ぎている)。
 本来は私も筑後川水系のダムについて多くを書くべき立場にあるのですが、中原氏のおかげで相当の手間が軽減され、古代史、民俗学を含めた他のテーマに向かうことができることを非常に感謝しています。
最後に、勝手ながら原稿に添えて送られてきたメモに書かれていた一節をご紹介したいと思います。

  やっぱり小石原川ダムを造るのはおかしい。まやかし。デッチアゲだ。よろしく。
  
今後とも、常設ライター弁天小僧菊之助に期待したいと思います。