153. 「温暖化は憂うべきことだろうか」CO2地球温暖化脅威説の虚構
近藤 邦明 著(福岡市/不知火書房)出版の意味するもの

有明海・諫早湾干拓リポート編集者 古川 清久(自治体職員)

 本ホーム・ページ上位サイト「環境問題を考える」管理者 近藤邦明氏の待望の新著「温暖化は憂うべきことだろうか」CO2地球温暖化脅威説の虚構 が出版されました。
 有明海臨海日記などを中心に、これまでにもかなりのキャンペーンを行っていますので、本ホーム・ページ読者にも「仮に温暖化は事実としても、それがCO2の増加によって引き起こされているのどうもおかしいのではないか」というメッセージはご承知のはずです。 
 最低でも、CO2地球温暖化脅威説なるものは、広く蔓延しているにも関わらず所詮はただの仮説に過ぎず、どうも怪しげでうさんくさい代物である。という程度の印象はお持ちではないかと思います。
 まず、基本的な考え方ですが、温暖化は事実としても、それが、"CO2の増加によって引き起こされている"という事が全く検証されておらずおかしいのです。これについては、「有明臨海日記」で一般の読者にも分かるように分かりやすく書いていますのでそちらを読んでください。
 まず、温くなったビールの気が抜けるようにCO2が海水から抜け出ているのです。つまり、CO2濃度の上昇によって気温が上昇しているのでは全くなく、海面温度の上昇によってCO2濃度の上昇が起こっているという可能性の方が高いという事です。これを、証明するものがあります。フィリッピンのピナトゥボ火山の噴火による証明ですが、これも「有明臨海日記」を読んでください。この外にも多くの説明がありますが、新著や近藤さんのホーム・ページを読まれる方が正確でしょう。
 今回、それらを最新研究で再編集し、一般にも分かりやすいスタイルで読み易くしたものが本著です。ピカピカの新著を私の堕文で傷つけてはいけませんので、ここでは内容についてはお話いたしませんが、ぜひとも購入され一読していただきたいと思います。

CO2地球温暖化説の背後に蠢くもの

 これほどまでの"CO2地球温暖化脅威説"の蔓延はいったいどこに起因しているのでしょうか。まず、三十年前までは「もうすぐ氷河期がやって来る」が学会(地球物理学会、気象学会、海洋学会)の通説であり、一般の常識でもありました。少なくとも、私達が子供の頃は「もしかしたらもうすぐ地球が凍結してしまうかもしれない」などと聞かされていたものでした。
 ところが、実際には世界的に逆の現象が始まってしまい、ヒート・アイランド(体感温度レベルでは、都市部ばかりではなく農村部でもほ場の乾燥化、針葉樹林化による山林の乾燥化が進んでいるのですが)によって底上げされた温暖化傾向がその後も続き、学者、研究者は自分達が主張する"氷河期の入口にあるのは間違いがないのだが、何か別の因子が作用しているのではないか"として、CO2にその原因を求めたのでした。
 ちょうどその時期、スリーマイル・アイランド(アメリカ)、チエルノブイリ(旧ソ連邦)における原発事故が起こり、原子力発電、核開発へのブレーキが世界的に広がりを持ち始めました。これに危機感を抱いた原子力産業、研究機関、周辺関連産業がその存続のためにNASAのハンセンの「CO2地球温暖化説」に飛び付いたと言われています。つまり、二酸化炭素を出さない原子力は必要なのだ!と言いたかったのです。彼らはこの研究に惜しげもなく予算を投入し始めたのでした。
 私の印象としては、"氷河期到来を叫んで"外れてしまったという学者の"気恥ずかしさ"や"テレ"から提出された「CO2地球温暖化説」が悪質な連中によって利用され、本来廃止されるか段階的に縮小されるべき産業部門(原子力発電、関連産業、重電部門)が生き延びようとしたという事が真実のように思えます。
 特に、全国に造られ景観を破壊し続ける非効率極まりない風力発電プラント。太陽電池が耐用年数以内に発電できる電力よりも太陽電池を製造するために消費される電力の方が大きいという愚かな太陽電池発電システム。さらに、それらへの補助金の投入に至っては、国家、官僚機構そのものがペテン師のピン刎ね団体に過ぎないと言わざるを得ないかのようです。この事によって、人員削減必至といわれた日立、東芝、三菱・・・といった大手重電が生き延びる事ができたという事はあまり知られていません。
 確かに化石燃料を大量に消費し続ける事の是非はあります。だからといってダム(ダムは堆砂が進み想定されるよりもかなり早く埋まってしまうのです)や原発を乱発する事に正当性を見出す事は全く不適切であり、非効率な太陽光発電、風力発電を巨大化しても新手の土建業=公共事業を拡散させた事にしかなりません。そもそも、石油が化石燃料であるかどうかさえ不確かなものでしかないのです。石炭は植物化石と石炭とが同時に発見される例があるために植物起源と推定されているに過ぎないのです。ましてや石油に至っては"石炭がそうなら石油も多分そうだろう"程度のものなのです。一方、石油は地球の内部から染み出しているのではないかという説も主張されているのですが、もちろんCO2温暖化仮説の蔓延の中では見向きもされないようです。

なぜ「CO2地球温暖化脅威説」が蔓延するのか

 本来、誤りなどと言うよりも殆どデマに近いこの"CO2地球温暖化脅威説"に対する反論が、学者、研究者、経済界などからももっと出されてしかるべきなのですが、事実上、資源物理学の槌田敦氏(高千穂大学教授)、環境経済学の村田武氏(同志社大学教授)、近藤邦明氏とその周辺の研究者グループ以外からは、全く発信されていないという状況にあるようです。槌田敦教授も、以前は自らが設立に携わったエントロピー学会に参加され、近藤邦明氏も加わっておられたのですが、そのエントロピー学会(エントロピーと言えば槌田エントロピーと言われたものです)もこの問題に対して沈黙を守るという状況の中でその非科学性を批判し離脱されたと聴いています。従って、正面からこのCO2地球温暖化脅威説を批判する一般向けの本は槌田教授によるものと近藤邦明氏によるもの以外にはないのです。
 その意味でもこの出版の意味するものは非常に大きく、事実上、中世ヨーロッパ宗教支配下のニコラス・コペルニクス(1543年「天球の回転について」)、ガリレオ・ガリレイ(1633年「天文対話」)の"地動説"のような様相を呈しています。
 問題の本質は学問が既に商売と化しているところにあります。もはや学問が学問ではなく、政府予算、業界資金に寄生しそのスポンサーに奉仕するだけのものになり下がっているからに外なりません。
 この傾向は、私達の有明海再生事業でも同様で、全てがイサカンの存在を前提として現状を対症療法的に再生する研究、技術以外には予算が付かず、それに異議を称える研究者には教授になれないとか、予算が回されない、調査研究の委託がなされない事になり、学者、研究者の側でもそれで良しとし、権力に尻尾を振るものしか生き残れない構造にあるのです。この傾向は、国立大学の独立行政法人化によって最終的に完了し、恐らく全ての学問分野で国家、行政、産業界、企業に直接的に奉仕するものにあることが容易に推量されます。
 私は古代史にも関与し古田史学の会に参加していますので良くわかるのですが、これがこの分野でも同様の事が起こっている事を知っており、環境問題、CO2問題、古代史(大和朝廷一元史観)、公共事業全般、司法反動と同様の事態を見るにつけ、もはや、学問ではありえないという事が良くわかるのです。その意味で、近藤氏のように業界から直接的な支援を得ないで生きていける人によってしか真実を伝える学問(従って科学)は継承できない時代が到来しているのかもしれません。
 その意味で、近藤邦明氏が開始された「環境問題を考える」(有明海・諫早湾干拓リポート)の意義は極めて大きく、最近では著名な学者、研究者、現場の活動家、市民派政治家、ジャーナリストからの水準の高い原稿も集まるようになり、手前味噌ながら、既に月刊から週刊へも視野に入れた岩波の「世界」「科学」のような編集体制が徐々に実現しつつあります。
 今後とも政府、業界から独立した事実、真実を訴える理論センターを目指して近藤プログラムへの支援、協力をしていきたいと考えています。
 現状に危機感を抱く多くの学者、研究者、活動家、ジャーナリスト、学生・・・の研究論文を求めたいと思います。
 この「環境問題を科学的に考える」という事業(近藤さんは運動という言葉、既存の環境保護運動の非科学性に多少のアレルギーを感じておられますのであえて運動は使いませんが)を継承し、水循環、物質循環を破壊し続ける無駄な公共事業(ダム、イサカン、針葉樹開発・・・)を見直すための事業に多くの皆様が参加され、協力していただく事を訴えたいと思います。

 環境問題に立ち向かうためには、環境問題の本質的な構造を包括的に理解した上で、現実社会の中にある足元の環境問題に対処していくことが必要だと考えています。本質的な環境問題の構造を理解していないために、反原発運動がいつの間にか風力発電導入推進運動にすり替わってしまったような愚かな過ちを繰り返さないためにも。
「温暖化は憂うべきことだろうか」近藤邦明 126P

 けだし、名言ですね。反原発運動の活動家の多くが、いつの間にか代替エネルギーの推進運動に堕落し、極めて非効率的な代替エネルギーを推進するNEDO(ネドー)などの新手の準公共事業(太陽光発電、風力発電などの各種事業)の提灯持ち、尻押部隊になり下がってしまったのです。太陽光発電、風力発電に幻想を抱く智恵無き"情動的環境保護論者"は消え失せろ!
 最後に、人的、物質的支援、出版、ホーム・ページの維持など宣伝、調査、研究の活動費等への援助も現実に必要としています。趣旨に賛同される方で協力の可能性のある方、協力の意志のある方、論文掲載の意志をお持ちの方は、遠慮なく 09062983254 までご連絡下さい。
 なお、拙著「有明海異変」も多少の残部がありますので、直接、不知火書房(福岡市)までご連絡ください。送料200円で発送いたします。


 待ちに待ったHP管理者近藤邦明氏の新著「温暖化は憂うべきことだろうか」(不知火書房)が出版されました。七月上旬から配本されますが、不知火書房に直接電話などで申し込まれれば、送料200円で送付できます。複数冊については送料が割安になります。

新刊 



  残部あり

      連絡先:〒810-0024 福岡市中央区桜坂3-12-78 TEL(FAX)092-781-6962