147. 有明海はなかった
(有明海・不知火海フォーラム島原開催に寄せて)E

 "有明海はなかった"などと書くと驚かれる方も多いと思います。しかし、オカシイと思われる方は地図を広げて見て下さい。ここでも、また、びっくりされるはずです。
 地図によっても異なりますが、一般に考えられている有明海の認識と、市販されている地図上の有明海の表記が全く異なるのです。
 恐らく、皆さんが手にする大半の地図では長崎県島原市(島原半島)と熊本市の間の海は有明海ではなく島原湾となっていると思います。
 つまり、熊本県宇土市から西に伸びる宇土半島、天草諸島の北に広がる海は島原湾でしかなく、天草へと向かう国道五七号線から右手に見える海は有明海ではないのです。
 実際、地図の成立時期によっても、また、官庁によっても記載がまちまちで、混乱が行政によって持ち込まれているという印象は拭えません。実はこの問題についてふれた本があります。 『有明海』自然・生物・観察ガイド(菅野 徹 著)東海大学出版会 です。
 多分、有明海沿岸の図書館であればどこにでも置いてあると思いますので、ムツゴロウを表紙にしたこの本をご覧になった方も多いと思います。一九八一年初版の本で、有明海の珍しい生物を取上げたものです。まずはこの事についてどのように書かれているかをご紹介しましょう。

▲ 『有明海』自然・生物・観察ガイド 東海大学出版会
  
 国土地理院は、こう主張する。
 有明海というのは、この海の北半分で、南半分は島原湾というべきだ。しかし、その境界については、当院は関知しない。
 海上保安庁はこうだ。
 この湾は島原湾と呼ばれるべきだ。有明海などというものは、当庁の採らないところである。
辞典類の執筆者は、こういう。有明海と島原湾の境界は、長洲と多比良を結ぶ線である。
 そして、生物学者、地質学者も含めた一般国民は、有明海といえば、この大きな湾の入口にある、早崎瀬戸という海峡の内側の水域全部だと思っている。

▲ 『有明海』自然・生物・観察ガイド掲載の図面 (さまざまな有明海)

消される有明海

 国土地理院は、一九七九年に「日本国勢地図帳」というものを出している。・・・中略・・・「有明海」と「島原湾」の境界が、どこにあるのか、一行の説明も見出せないのである。
 いまみてきたように、国土地理院のこの水域に対する態度は、ひどく及び腰にみえる。その点を、電話で問い合わせたが、
 「境界は知らぬ」
 という返事であった。電話のことだから、これを同院の公式見解とはみなせないにしても、妙な話である。
 海図にも当たってみた。海図は、運輸省海上保安庁水路部がだしている。航海用の精密な図である。一九八一年発行の第一六九号「島原湾」を見てみよう。海図の隅に「有明海」の名は記入されているものの、その示す範囲はどうみても、おおよそ福岡県柳川と佐賀県藤津郡多良(たら)を結ぶ線以北としか考えられない。・・・中略・・・
   そこで水路部に電話してたずねたところ、
   「この水域の名としては、島原湾だけを用いている」
   という答えだった。念のために、水路部発行の潮汐表を見て、驚いた。・・・中略・・・ついに有明海のアの字もでてこなかったのである。「海上保安庁に、有明海の字はない」のである。

 お分かりになったと思います。意識的か無意識的かは分かりませんが、有明海は消され
つつあるのです。
 菅野 徹氏も「ようやく、有明海を見た−と、このときは信じて疑わなかった」とされ
ているのですが、熊本の南、宇土半島の長浜というところで初めて見たものが有明海ではなかったのです。この一般の意識とのギャップはどこからくるのでしょうか?
 私は、生物、社会、理科といった小学校以来の意識やイメージを支えているのが教科書であり、それの元となっている学者、研究者の認識には「島原湾」はなかったからではないかと考えています。現在の教育現場についてまでは調べていませんが、もしも、この世界にまで国土地理院や海上保安庁水路部といった一行政機関の意志が浸透するようになれば、有明海は遠からず掻き消されていくのではないかと考えています。

有明町は消された

 もう一つ消えようとしているものがあります。言うまでもなく有明町です。
 平成の大合併が進められる中、三つの有明町が消えることになりました。
 北から、佐賀県杵島郡有明町(現白石町)、長崎県南高来郡有明町(現島原市)、熊本県天草郡有明町(本渡市などと三月に合併)です。佐賀県の旧有明町はもとより、この島原市と合併した旧有明町と天草上島の有明町の存在は、一般的認識としての有明海が正しい事を示すものです。このことについても菅野 徹 氏は書いておられます。
 
 この有明町という町名が地図から消失し、有明海という名さえも抹殺される時が来るのかも知れません。有明海を破壊した農水省の諫早湾干拓事業という犯罪行為や沿岸の針葉樹林化、旧建設省の不必要なダムの乱発も忘れ去られる事になるのでしょうか?

▲ 『有明海』自然・生物・観察ガイド掲載の図面 (3つの有明町)

 実に慧眼です。残念ながら、私には菅野徹氏の恐るべき予言が現実のものとなりつつあるようにしか思えません。

有明海と帝国陸海軍

最後に、私が考えている仮説をご紹介致しましょう。既に、HP「有明海・諫早湾干拓リ
ポートT」で書いている文書を二本再掲載することで換えたいと思います。判断は読者にお任せします。
T 有明海・不知火海の再生を目指して
2
「有明海」という呼称と帝国海軍水路部20040128
7
千々石湾(灘)を橘湾に変更した帝国海軍水路部(補足)20040311


2. 「有明海」という呼称と帝国海軍水路部

 さっそく民俗学的なテーマで驚かれたかもしれませんが、民俗学者の宮本常一に魅了され続けている私には、話を始める以上、どうしても「有明海」という呼称を気にしてしまうのです。このためとして環境問題、環境論議といったものを期待されている読者には多少の辛抱をお願いしたいと思います。
 簡単に言えば「有明海」という呼称は思うほど古いものでもなく、どうやら帝国海軍(ジャパニーズ・エンペアリアル・ネービー)が付けたのではないかといった荒唐無稽な話です。極めてローカルな話になりますがしばらくお付き合い下さい。
 相当古いと思われている「有明海」という呼称は実は明治も終わり頃からのもので、それ以前は単に「筑紫海」「筑紫潟」「有明沖」などと記され、また、土地の人からは単に「前海」と呼ばれていたようです(もっとも、「この江戸前」にも似た「前海」という表現は、どうやら佐賀県の福富、白石、福富町などの戦後の干拓地域を多く抱え込む新興の地域や太良町などの海洋民的風土の地域ではあまり流通しておらず、柳川市あたりから佐賀市、鹿島市(鍋島支藩)などの武家文化の浸透した地域で使われていたように思うのですが、もちろん詳細に調べているわけではなくよくは分かりません)。ただ、具体的にどの段階でこの「有明海」という海の呼称が成立したのかについては現在のところ旧帝国海軍水路部あたりが付けたのではないかなどといった勝手な想像をしています。

野母崎(ノモザキ、ノモサキ)と千々石湾(チヂワワン、チチワワン)

 有明海に帝国海軍の艦隊が入ってきたという話しはあまり聞きませんが(干満が大きく浅い半閉鎖性の海というものは座礁や衝突の危険が極めて高く、艦隊行動にとってはこれほど不向きなものはないのですから当然でしょう)、かつて島原半島の南に位置する千々石湾沖には演習で大艦隊が回航してきたことがありました。この帝国海軍の大演習に際して、日露戦争は「旅順港閉塞」の広瀬中佐(杉野は何処・・・)と並んで有名な、陸軍の軍神「遼陽会戦」の橘周太がここ千々石町の出身地であったことをもって、島原半島の南の千々石湾を橘湾と呼ぶように呼称の変更を行い、ある意味で陸軍にゴマを摺ったのが海軍であったことを考えると、この「有明海」という落下傘的呼称もそのようなものではないかと考えているところです。
 長崎から南西方向に長く突き出した半島は野母崎(ノモザキ)と呼ばれていますが、国土地理院の地図では長崎半島とも併記されています。前述した橘湾、千々石(チチワ、チジワ)湾も同様です。とりあえず、橘湾、千々石(チチワ、チジワ)湾の方はそれなりの傍証があるのですが、長崎半島(野母崎)の方は、当面全くの推測です。
 明治よりこのかた、このような岬、半島、海峡、海湾さらに細かい話をすれば海底の山(大和堆、武蔵堆)といった呼称を決定してきたのは、海では海軍の水路部でした(陸は陸軍測地部)。当然ながら、彼らは水深、暗礁、干満、潮流、流速、卓越風といったものを調査し艦隊行動に必要な水路情報を開発し蓄積してきたのでした。
 海軍はシナ海に面し三菱長崎造船所と佐世保の海軍工廠に近い野母崎を造船所の防衛線として最期の艦隊決戦の要地と考えていたはずです。それでなくとも日露戦争ではロシアのバルチック艦隊が対馬海峡を通過するかどうかを真剣に悩んだのですから、冬場は北西の季節風が遮断される波静かな千々石湾に多くの艦艇を伏せ、野母崎沖で艦隊決戦(空の場合は航空撃滅戦)に臨むとすればこれほど格好の錨地はないのであって(太平洋側では大分県の佐伯湾付近鶴見崎、四浦半島、日本海側では山口県の油谷湾でしょうが)、海軍の大演習は当然といえば当然な話なのです。山口県の油谷湾における海軍大演習の写真が油谷湾温泉のある温泉ホテルに現在も飾られていますが、当時は国威発揚と海軍の威信を大いに拡大せしめる(大量の税金を獲得するための)、国民や地域を巻き込んだビッグイベントであったことでしょう。
 さて、話を戻しますが、艦隊決戦に際して岬や半島の呼称は非常に重要であり、「ヒトヒトマルマルノモザキオキデゴウリュウサレタシ」といった伝令(陸軍は通達)において野母崎(ノモサキ、ノモザキ)といった通常現地の人間でなければ読めないような呼称は艦隊行動の間違いの元になりやすく、瞬時を争う艦隊決戦に於いては勝敗を分かつ大問題であったのです。特に海軍の場合は陸軍以上に全国から言葉の違う将兵が数多く乗組んでいるのであって、言葉や呼称は重要事だったのです。このため、水路部は可能な限り誰にでも判る平易な呼称に変えていこうとしていたはずなのです。「簡潔明瞭をモットー(英語のmotto)とするのが帝国海軍の伝統」であったことからしても、大演習に参加していた海軍軍令部(陸軍の場合は参謀本部)の高級参謀あたりから、野母崎や千々石湾などといった通常は正確に読めない呼称をもって「これらの名称は間違いのもとである」「直ちに変更を検討せよ」といった話が出たと想像することはあながち難しいことではないと思うのです。
 先に千々石湾の場合は傍証があると書きましたが、「海軍よもやま話」だったか、一昨年の秋口に読んだ本だかにこのことが触れられていたのですが、現在、それがどれであったかを忘失し正確な出典を示せません。仕方がなく友人が橘神社に参拝したいと言った際に随行し(私は無神論者のため参拝は絶対にありえないので)、海上自衛隊(佐世保総監部)派遣の宮司代行にお訊ねしたところ、「それは間違いありません。海軍水路部あたりがやったことではないでしょうか。千々石湾沖の海軍大演習に際して幹部連が橘神社に表敬参拝(筆者の評価ですが併せて千々石湾の呼称の変更を贈り物のように行った)したという神社側の記録や橘家の日記に記録があるようです」との話をお聞き致しました(資料の写しを頂く予定です)。どうやらこれが、千々岩湾と橘湾、野母崎と長崎半島といった二つの呼称が今なお並存している理由のようなのです。
 野母崎と長崎半島という呼称の並存については(財)日本地図センター地図相談室長・参事役をされていた山口恵一郎氏が「地名を考える」(NHKブックス)の中で触れておられます。
 興味がおありの方は読んで見てください。もちろん山口恵一郎氏は有明海や長崎半島といった呼称が帝国海軍水路部によるものとの指摘はされていません。以下。
 「そうして国土地理院の回答、"『長崎半島』採用の理由"として、「野母半島」という呼称があることは事実だ。しかし一方、「長崎半島」という呼称も、明治四十四年発行の山崎直方・佐藤伝蔵編『大日本地誌』第八巻及び古くからの『水路誌』に記されている。つまり…」189p
(20040128)

7. 千々石湾(灘)を橘湾に変更した帝国海軍水路部(補促)

 帝国陸軍の軍神とされた橘周太中佐についてインター・ネットで検索していたのですが、出身地の長崎県千々石(チヂワ)町のホーム・ページ「千々石ネット」に辿りつき、その中の「橘周太(橘中佐)年譜」を見出しました。これによると銅像建立と橘神社「大正8年2月竣工、除幕式が行われる。像の高さは3m30Cm(ママ)。千々石町南船津上山の天然石に安置された。この年、長く中佐の偉勲を記念して千々石灘を橘湾と命名し正式に当局に申請、海軍水路部により地図上に記載される事となった」と書きこまれていました。このことによって、2.「有明海という呼称と帝国海軍水路部」の部分的な裏取りができたことになるようです。
 なお、敗戦後、昭和二〇年一一月三〇日の海軍軍政の終了によって「海軍水路部」は「第二復員省」を経て旧運輸省「海上保安庁水路部」に移行します。
 さて、思考の冒険はさらに広がるのですが、九州の「多島海」そして「地中海」でもあり、広義の有明海にも含まれる「不知火海」(しらぬい・かい)が同時に「八代海」と呼ばれているのですが、これについても同様に海軍水路部の仕業ではないかと考えています。しかし、今のところは想像の域を出ません。「不知火海」(しらぬい・かい)も一般的には読めない呼称であることは言うまでもないため、なんでも水路部のしわざと考えるくせがついてしまいました。                 
(20040311)
   
ただし、2.「有明海」という呼称と帝国海軍水路部において、

「現在のところ旧帝国海軍水路部あたりが付けたのではないかなどといった勝手 な想像をしています」

としていましたが、最近、これは違うと考えるようになってきました。今は、明治政府のなんらかのセクションが始めに「有明海」を採用し、その後、海の呼称ですから、旧海軍水路部が「島原湾」を持ち込み、戦後、海上保安庁水路部が消し去ろうとしている(消し去った)と考えています。恐らく、国土地理院(旧陸軍測地部)は水路部の顔を立てているだけでしょう。
 なお、7.千々石湾(灘)を橘湾に変更した帝国海軍水路部(補足)で書いた

「八代海」と呼ばれているのですが、これについても同様に海軍水路部の仕業ではないかと考えています。
の方については、ほぼ、間違いないのではないかとの思いを深めています。

水路部沿革

 ・・・明治四年七月二十八日、兵部省に海軍部が置かれ、同年九月八日、同部に水路局が設けられた(兵部省海軍部内条令)。・・・
 ・・・終戦で海軍は解体し、水路部は昭和二十年十一月二十九日、運輸省に移管され、運輸省水路部となった。・・・昭和二十三年五月一日、海上保安庁が創設されて水路部は同庁の水路局となり、二十四年六月一日には同庁機構改正で海上保安庁水路部と現在の名称になった。

『日本海軍史』第六巻 部門小史下(財団法人海軍歴史保存会)より

有明海という呼称の起源

 相当古いと思われている「有明海」という呼称は実は明治も終わり頃からのもので、それ以前は単に「筑紫海」「筑紫潟」「有明沖」などと記され、また、土地の人からは単に「前海」と呼ばれていたようです(もっとも、この江戸前にも似た「前海」という表現は、どうやら佐賀県の福富、白石、福富町などの戦後の干拓地域を多く抱え込む新興の地域や太良町などの海洋民的風土の地域ではあまり流通しておらず、柳川市あたりから佐賀市、鹿島市(鍋島支藩)などの武家文化の浸透した地域で使われていたように思うのですが、もちろん詳細に調べているわけではなくよくは分かりません)。ただ、具体的にどの段階でこの「有明海」という海の呼称が成立したのかについては現在のところ旧帝国海軍水路部あたりが付けたのではないかなどといった勝手な想像をしています。

 これは、有明海・諫早湾干拓リポートを書き始めた時の冒頭の論文"1.はじめに(20040126)の一節です。「筑紫海」「筑紫潟」「有明沖」という呼称は「有明海」に付けられていたということについて拙著「有明海異変」でもふれていますが、菅野 徹氏もこのことについて書かれています。

 なお、有明海の名は一九一二(明治四十五)年の『帝国地名辞典』(太田為三郎編、三省堂刊)に、筑紫潟の別名としてでているが、・・・ただし、「有明」の名そのものは、天保年間(だいたい一八三〇年代)の地図には、有明の沖としてあらわれている。しかし、わが国最初の百科事典である『和漢三才図絵』(正徳ニ(一七一二)年)にはこの水域に関してなにひとつ記述がない。・・・
 東京湾とか有明海とかいう名称は、その概念とともに、かなり新しいものではなかろうか。一八九五(明治二十八)年の地図を見ても、福岡県の地先を筑紫潟、佐賀県・長崎県の地先を有明ノ沖、としていて、まだ、有明海、島原湾、などの名は見えない。

『有明海』自然・生物・観察ガイド(菅野 徹 著)

 さて、九州には有明という海がもう一つあります。鹿児島県の志布志湾が別名有明湾と呼ばれているのです(沿岸に有明町があります)。氏は、このことから、

有明海を「ザ・ベイ・オブ・アリアケ」とやれば、前述のように志布志湾と混同されるおそれがある。海上保安庁では、このあたりを勘案して有明海の名を嫌っているのかも知れない。

と、されています。

鉄道唱歌は証言する

 "有明海"という呼称を考えていて気付いた事がありました。鉄道唱歌です。明治に作られましたが、鉄道の普及と沿線の風物が歌い込まれ大変に流行った物でしたから、いまだに耳に残っている方も数多くおられることと思います。
 言うまでもなく「汽笛一声新橋をはや我が汽車は離れたり・・・・・・」ですが、この第二集山陽・九州編を聴くと、三角線や鹿児島本線では"有明海"という名は出てこないものの、"不知火海"という名ははっきりと歌い込まれているのです(「・・・国の名に負う不知火の見ゆるはここの海と聞く・・・」)。少なくとも、唱歌が作られた明治三十三年当時の作詞家や鉄道省、地元の認識は八代湾ではなく"不知火海"であったことがこれからも分かります。
 ただ、八代海(湾)ではなく"不知火の海"という名称が流通していた事までは分かるのですが、依然として疑問は残ります。「わたる白川緑川川尻ゆけば宇土の里・・・」を聴くと、ここまではまだ宇土半島の北側であり、現在の有明海(島原湾)側の海しか見えないはずなのです(当時は干拓が進んでいなかったために鉄路からの海は現在よりも間近に見えたはずです)。「国の名に負う不知火の見ゆるはここの海と聞く」となると、当時まで宇土半島の北側の海も不知火の海と呼ばれていた可能性があるのですが、この問題については、まだ作業の段階ですので、いずれ別稿として書きたいと思います。ただし、今の段階で考えている事を少しお話しておきます。
 まず、多くの方が"不知火は不知火海に出るもの"と、考えておられると思います。確かに、現在、有明海に不知火が出るという話は聞きません。一般的にも不知火が見えるのは、熊本県宇土半島の不知火海(八代湾)側にある旧不知火町(現宇城市)付近(から)とされています。
 しかし、最近になってどうもそうではなかったということにようやく気付きました。
元々、"有明海"も"不知火海"と呼ばれていたと言う話をどこかで聞いた事があったためですが、ただ、今はそれがどのような意味だったのかは辿れません。
 しかし、有明海沿岸を走り回る日々が続くと、幾つかの地名にその痕跡がある事に気付きます。
 一つは福岡県大牟田市のJR大牟田駅に近い不知火町です。ここに熊本県不知火町からの組織的移住があったという話は聞きませんから、少なくとも百年、二百年は遡れる地名ではないかと思われます。
 地名としては、熊本県旧不知火町の外にも、旧小川町などに"不知火"という字名が見られます。
 もう一つは、"長崎県諌早市からも不知火が見えたという話があるのです。一例をご紹介しましょう。「あとで話していただく木下良先生(元国学院大学教授:古川註)は、諫早の御出身ですが、不知火は諫早からも見えるそうです。不知火の正体は何か、それは再生の火、誕生の火、若返りの火であったと思うのです。それが丁度八朔の日に出てくる。古代日本では、新年は一年に二回あったと、折口信夫は言っております。その八朔の日に燃える火というのは、旧年をすてて新しい年に生まれかえる火だったと思うのです。」
 これは熊本地名研究会が一九九五年に行った第10回熊本地名シンポジウムの資料集「火の国の原像」に掲載されている民俗学者谷川健一(日本地名研究所所長、近畿大学教授=当時)氏による基調講演「火の國の原像」の一節です。
 これを読むと、諫早湾干拓に流れ込む本名川に掛かる橋が不知火橋と命名されているの
も不思議ではなくなります。
 さらに、一つは、東京オリンピックが行われた1964年(昭和三九年)に作られた島原市の盆踊り歌「本丸踊り」(向島しのぶ、ビクター少年民謡会:唄)「・・・沖の不知火ヨー、誰故燃える・・・」や、「島原の子守唄」(森山良子:唄)「沖の不知火、沖の不知火消えては燃える・・・」などの歌詞の中に"不知火"が歌い込まれている事です。
 ついでに言えば、旧制福岡高校(現九大教養部)で歌われていたものにも「不知火の筑紫の浜に・・・」とあったようですし、私の地元にある佐賀大学の学生寮が"不知火寮"でもあったのです。このように有明海沿岸にも不知火に関する地名などの痕跡がある事を考えると、有明海も、かつては"不知火の海"と呼ばれたか、少なくとも"不知火の見える海"であったのではないかと思うのです。
 そもそも、景行天皇の火邑伝承は現在の不知火海(八代海、湾)としても、考えてみれば、万葉集における筑紫の枕詞が不知火であったことと符合するのです。

万葉集の白縫

 「万葉集における筑紫の枕詞が不知火であったことと符合するのです」としました。しかし、誤解がないように断っておきますが、「不知火」という漢字表記が記紀や風土記にあるわけではないのです。筑紫にかかる枕言葉の表記は「之良奴日」「?羅農比」「白縫」などですが、この"ヒ"音はいずれも甲類であり、"ヒ"音でも乙類の「火」「肥」ではないのです。この法則性を絶対化すべきかどうかの問題はあるのですが、単純に"シラヌヒ""シラヌイ"を不知火とするには無理があるのです。ただ、甲類、乙類の使い分けは後には消え、混用されていったのではないかとする事は許されるはずです。従って、「白日別」とされた筑紫が、宇土半島北側でも見えていた不知火と重なり、万葉集における筑紫の枕詞が不知火であったかのように様々な痕跡を残したのではないかと思うのです。
 立石巌氏の「不知火新考」によると、江戸時代の僧侶が「不知火」という表記をしたことが始まりとされています。

55. 熊本〜宇土    大和田建樹(作詞)
わたる白川緑川
川尻ゆけば宇土の里
国の名に負う不知火の
見ゆるはここの海と聞く

 さて、長々と脱線しましたが、どう考えても鉄道唱歌に有明海が歌い込まれていないはずはないように思います。一つは、現在の長崎本線は昭和十年頃新たに建設されたものであり、鉄道唱歌の時代には、佐世保線(肥前山口〜佐世保)と大村線(早岐〜諫早⇒長崎)が長崎本線だったのです。このため、車窓に出てこない有明海が鉄道唱歌に歌われないのは理解できそうなのですが、どうもそうではないようなのです。理由は極めて簡単でした。鉄道唱歌が作られたのは一九〇〇年(明治三十三年)なのです。そうです。前述したように、この時点でも「有明海」は、まだ、「筑紫海」「筑紫潟」「有明沖」・・・など呼ばれているのです。実は、それも鉄道唱歌が証明してくれていました。

68.    
あしたは花の嵐山
ゆうべは月の筑紫潟
かしこも楽しここもよし
いざ見てめぐれ汽車の友

 速さを誇る旧鉄道省は京都から長崎に半日余りで到着すると唄いたいのですが、ここで分かるように、有明海は"月の筑紫潟"と歌われているのです。つまり、有明海という呼称は、やはり、わずか百年足らずのものなのでした。
 話がかなり輻輳しましたが、結局、明治の中頃までは有明海の北部が筑紫潟と呼ばれ、宇土半島の南北、つまり、有明海南部と現在の不知火海が"不知火の海"と呼ばれていた。さらに遡れば、現在の有明海と不知火海を併せた"九州内海"とも言うべき内湾全体を"不知火の海"と呼んでいた時代があったのではないかと考えるのです。

 では、皆さん。このような百年も立たない"有明海"という呼称は"消えてしまっても構わない、仕方がない事だ"とお考えになるでしょうか?
 少なくとも私は嫌です。なんとも惜しい事だと思います。
 それも含めて、皆さんに考えて頂くことにして、最後にもう一つ、菅野徹氏の文章を引用して本稿を終わりとします。

だが、有明海は、重要な海で、その名をおろそかにすることはできないのである。
同じく『有明海』自然・生物・観察ガイド

148. 破綻する博多湾
大入島埋立を許すな!G(現地リポートNo. 7)

 博多湾会議代表 荒木龍昇(福岡市議会議員)

1、 破綻した人工島事業を続けるために百道浜中学校用地を売却!

 2月議会で、百道浜中学校用地2.3ヘクタール余を学校法人高木学園に56億円で売却する議案が出されました。この土地分については議会の諸議員の質疑で様々な問題が指摘されました。事業内容は教育・福祉およびその支援施設の病院となっていますが、病院の延べ床面積は全体の73%を占め、ベット数199床もあり、病院が事業のメインと考えられます。福岡市医師会はこの事業実態について百道浜地区には医療施設は充分にあり医療機関の必要性はなく、公募条件に違反しているのではないかと指摘しています。子ども病院と市民病院を統合移転させるとし、その場所を人工島にした理由は地域医療のバランスを理由に挙げています。ところが今回、医師会が地域バランスが崩れ問題と指摘しているにもかかわらず、このことには何も答えていません。まさにご都合主義というしかありません。
 そもそも百道浜の街づくりの視点から見ても、第一種中高層住居専用地区に11階もの巨大な建造物を建てることは、住民の方が指摘しているように眺望や景観など問題があります。もし本当に福祉、医療関係の教育施設が主たる事業となっているのであれば、人工島に医療福祉関連施設を集積させるという健康未来都市構想に基づき、市は積極的に人工島に誘導すべきと考えられます。このような一貫性がない土地処分を見れば、市は中長期的なまちづくりを考えているとはとても考えられません。
 また、百道中学校ではこれまでの推計以上に児童数が増え、分校が望まれています。児童の教育環境が悪化していることは事実であり、少人数学級が求められている中、分校が必要な状況が考えられ、このままでは新たな中学校用地が無くなるということも指摘されました。教育長は繰り返し敷地面積が平均の1.4倍あることを理由に分校しなくてもよいと答えていますが、児童の教育環境にどう責任持つのか答えていません。
 土地処分の公募のあり方についても、用途の規制をすることで事実上学校法人高木学園および医療法人社団高邦会しか応募できなかったのではないか、2.3ヘクタールの土地を一括処分する必要があったのか、また、土地の価格についても周辺の施設に比して安いのではないのか、市長は高木学園が経営する医療福祉学院学院長である山崎市長の後援会代表に便宜を図ったのではないかとの指摘がなされています。
 住民や医師会との話し合いができていないにもかかわらずどうして土地を売り急ぐのか、本会議の質疑を通して見えてきたことは、市長が港湾特別会計の補強にとって重要だと繰り返し答弁したように、破綻した人工島事業を進めるために土地処分ありきということです。しかも、2.3ヘクタール余の土地を一括して17年度内に処分ができるところに売る、56億円という多額なお金が出せるところが市長の後援会とのつながりで実現したということではないかと考えられます。市民や医師会のことは二の次、土地処分を優先させ、一貫性がない、ご都合主義の理屈をつけて高木学園に買ってもらったということしか考えられません。また、そこにつけ込んで、教育施設の支援組織と称して大規模病院を建設する、まさに映画の水戸黄門に出てくる悪代官と悪徳商人がかわすせりふを思い起こさずにはおれません。破綻した人工島事業を進めるために、地域住民や医師会など市民の声を無視して土地処分を行うことに強く反対しました。

2、 サンピア博多の破綻はウォーターフロント計画の破綻!

 サンピア博多が破綻し、民事再生法に基づく再生計画案に同意するに当たり、市の債権3億4千万円余を放棄するものです。破綻処理そのものはやむ得ないものと考えており、反対する訳ではありません。しかし、破綻に至った責任、平成10年の時点で破綻が明らかであったにもかかわらず3億4千万円余を貸付け負債を増やした責任について、市長の責任は明らかにされていません。また、破綻に至った理由がバブル経済の破綻、近隣商業施設の影響等を挙げていますが、本当にそれだけなのか、サンピア博多の破綻についての反省ができているとは考えられません。
 そもそも出資比率5%しかないにもかかわらず、経営経験がない市OBを社長に出し続け、市幹部職の天下り先にしてきたことが破綻のベースにあります。ベイサイドプレイスが整備され運営し始めた平成3年は、バブル経済は破綻し社会経済状況は大きく変わり始めた時期でした。福岡市が貸付を行った平成12年はサンピア博多の経営状況を見れば抜本的な対策を打つべきであり、この時点での会社の整理が検討されるべきでした。ところが、新たな貸付を行うことで延命させ、市民の負債を増やしました。これはまさに第三セクターの官民もたれ合いの典型的な構造です。この構造にメスを入れることなく事態を悪化させた責任は大変重いものです。この構造は大阪市のワールドトレードセンターやアジアトレードセンターの破綻処理での検証でも同じことが指摘されており、全国各地で同じ過ちを犯しています。
 問題は三セクの破綻を単にバブルの崩壊による社会経済状況の変化や近隣商業施設の影響にしていることです。経済構造は大きく変わり、少子高齢化が進み、更に人口減少が始まる状況が見えていたにもかかわらず、人口の増加と経済成長の継続を前提に都市経営を考え、抜本的な都市経営の骨格を見直さなかったことにあります。この過ちは人工島事業に同じように現れています。土地需要はなくなっているにもかかわらず、強引に事業を進め、ゼネコンや銀行に損をさせないために税金をつぎ込み、博多港開発第2工区の直轄化までしました。市債発行残高2兆7千億円、市民一人当たりの借金は200万円、財政調整に使える基金残高は30億円程度、事実上取り崩す基金はないといえる状況です。今後も厳しい財政状況が続くと考えられ、無駄遣いは許されません。
 今回のサンピア博多の破綻をどのように受けとめるべきか、第三セクターに対する債務保証約5千億円、損失報償は約700億円に達しており、早急にもたれ合いの構造をつくる第三セクターの抜本的な整理が必要であること、そして、人口減少の時代を迎えるにふさわしい市政に方向転換をすることです。もはやオリンピック招致を利用して大規模な開発をする時代ではないということです。
 
3、 オリンピック招致など開発体制を作るために3人目の副市長を配置!

 3月議会で3人目の副市長を置く人事案が出されました。答弁によれば、助役の局分担制をやめ、局の自立経営を目指し、経営会議の設置による政策的に事業を行う体制にし、名称も助役から副市長にかえ、副市長を3人から2人にした経緯があります。これまで、市長は財政再建に向け、歳出の抑制を行い、市債発行を抑制すると言ってきましたが、今回の副市長3人体制はこれらのことに逆行するものです。破綻した人工島事業の継続、港湾の再開発や空港機能の強化など、大規模開発を進めるために3人目の副市長を置くとするならば、福岡市は再び桑原市政同様に巨額の負債を作り、桑原市政の借金が今日の福岡市政に大きな負担強いている以上の負担を、後世の世代に強いることになります。
 先ほどの反対討論でも述べましたように、国はこれまでのように野放図に借金を増やさせないために自治体破産法の研究を始めています。新たに実質公債費比率という指標を作り、地方自治体の財政状況をより正確に表示し、透明化することで貸し手の責任を明らかにして、地方自治体と金融機関との新たな関係をつくものと考えられます。自治体破産法が出来れば、債権放棄が求められる金融機関は地方自治体に対する融資についてより慎重になり、リスクが高ければ当然金利は上がります。
 今回総務省が試算した福岡市の実質公債費比率22.8%は、阪神淡路大震災に被災した神戸市を上まわる数値であり、市長が主張する以上に福岡市財政の実態は悪いと認識しなけばなりません。現状でも福岡市に対する貸出金利の上昇が予想されます。このような状況で、オリンピック招致や臨海部の開発、新福岡空港の建設などの新たな公共事業を行うことは許されません。このまま開発を進めれば、自治体破産への道を突き進むことになり、市民に更なる負担を強いることになります。
 なぜ3人の副市長をおかなけれはいけないのか、その合理的理由は全く見あたりません。ましてオリンピック招致のためというのであれば、市長としての資質を疑うものです。市民の66%がオリンピック招致に反対しており、その理由が税金の無駄遣いというこの市民の声をどのように受けとめているのでしょうか。市長の言う「市民のために、市民とともに」という言葉は一体何を意味しているのでしょうか。
 
4、 福岡市は日本一の借金自治体:実質公債費比率22.8%

 先日総務省が試算を発表した福岡市の実質公債費比率は、神戸市を追い抜いて日本で最悪の22.8%でした。実質公債費比率は、起債制限比率の計算には含まれていなかった企業会計や特別会計への起債償還に当たる繰り出し金、PFIや外郭団体の債務など、実質的に市の債務になるものを含めた指標となっています。福岡市の実質公債費比率22.8%、神戸市を追い抜き日本最悪の財政状況であることが示されたことは、見かけ以上に福岡市の財政が悪いことを示しています。現に、今年2月に百道浜の中学校用地を市民や医師会の声を無視して民間の病院用地に売却したことにも、いかに市財政が悪いかが現れています。
 国は自治体破産法の検討を進めており、今回の実質公債費比率は自治体の財務状況をより正確に表現することで、金融機関の貸し手責任を明確にし、国を当てにした野放図な借金をさせないようにするねらいがあると考えられます。このことは、本市のような極めて財政状況が悪い自治体の貸付金利は高くなることを意味し、ゼロ金利政策の転換と相まって、今後の財政運営は一段と厳しくなることが想像されます。もはや、オリンピック招致どころではない、臨海部の再開発や破綻した時効と事業、物流を無視した水深15メートル岸壁の整備など、ムダな公共事業を強行すれば、自治体破産に突き進み、市民に多大な負担を強いることになります。

5、 過大な港湾計画

 物流が大きく変わり、博多港には大型船の寄港が減っています。コンテナの取扱量は増えていますが、その多くは近距離の東アジア(中国・韓国)です。船の大きさも1万トン以下が増えており、大水深のバースは必要ありません。人工島に建設された水深14メートルの岸壁は3万トン以上の船の使用はありません。福岡市は水深15メートルの大型埠頭建設の必要性として、世界的な傾向はコンテナ船が大型化していると言っていますが、そのことが逆に博多港のような港には寄港しない理由となっています。コンテナ船が大型化することにより、より効率化を図るためにハブ港には寄るがそれ以外は寄港しなくなっています。博多港における北米航路および欧州航路が減少していることはその現れです。同時に博多港の外貿コンテナ船が1万トン前後が増えている理由として、フィダー化しているためです。
 また、1万トン以下の船が増えている背景には、近距離の中国・上海などから荷がきていることによります。近距離で小回りがきく効率的な輸送になっており、物流は輸出元の現地で目的地別にコンテナ仕分けして輸出するため、従来のように港で荷下ろし、港で仕分けして目的地別に運ぶことはなくなっています。RORO船がその最たるものです。このことは、大水深のバースが必要ないだけでなく、ガントリクレーンや上屋が必要なくなっていることを物語っています。これはヤードや倉庫用地が必要なく、今後人工島の港湾区域の土地需要がないことを意味します。香椎パークポートの土地がいまだに売れ残っていることでも分かります。
 人工島の港湾施設は現状でも過剰な港湾設備となっていますが、加えて今回の水深15メートルの岸壁は全くのムダな投資です。今後、港湾特別会計は土地が売れない、過剰な施設に対し施設の需要がないことから、確実に赤字を産みだすことになります。物流の現状を無視した勝手なハブ港湾の願望・空想による港湾整備は、市民に多大な借金を負わせることになります。北九州響灘港と同じく、玄界灘に夢が沈む。誰がこの責任を取るのでしょうか。

※RORO船:コンテナを牽引したトラックで船内に搬入し、コンテナが載った荷台だけを切り離して積み込む。到着港では、トラックを船に乗り入れ、コンテナが載った荷台に繋ぎそのまま目的地へコンテナを運ぶ方式のコンテナ船。
※フィーダー船:大型船に積み替えるための小型の運搬船。ハブ港に荷を集め、又はハブ港から目的地に荷を小分けして運ぶ船。
外貿コンテナ船入港船隻数
01
02
03
04
05
全体
5,345
5,412
5,923
6,135
6,213
3万トン以上
282
211
151
119
136
6万トン以上
70
81
48
45
26

※人工島14mバース 3万トン以上のコンテナ船の利用はない  

欧米航路
  99年  12航路  44便
  06年   4航路  14便
近距離(中・韓)
  99年  10航路  56便
  06年  38航路 200便 

取扱地域別
02年   総計49万TEU
     アジア 30万TEU(東アジア:22万TEU)
     欧米 14万TEU
06年   総計62万TEU
     アジア  48万TEU(東アジア:38万TEU)
     欧米 10万TEU

149. 有明海を通過する現代の世捨て人

旅する老人たち

 相変わらずくだらない公共事業がらみの仕事で有明海沿岸を這いまわる日々が続いていますが、わずかばかりの荷物を持ち自転車を轢き長崎方面に向かう初老の男性をかなり見かけるようになりました。中には保護したくなるような老人もあります。大半は昭和を生きた男達であり、旅を楽しんでいるとしても一抹の寂しさ哀れさを禁じ得ません。
 背後にあるのは、八十年代から急速に進んだ所得の低下、大リストラ、共同体の崩壊、地域の崩壊、家族の崩壊でしょう。過大に持て囃され過ぎた感のある"遍路ブーム"も、既に癒しの領域を超え始めたと考えるのは私だけでしょうか。  
 こうした老人達は私の行末を暗示するものですが、かつてはシャッター商店街の一角に立派な店を構えた商店主だったのかもしれませんし、数十年前のダム建設に追われた山村の農夫なのかもしれません。連れ合いを失い家を閉め死への旅を続けているとするのは思い込み過ぎでしょうか?
 このように時代に翻弄され犠牲にされる老人群というものは、もちろん、何時の時代も存在したのかもしれません。しかし、かつては特殊な時期の極一部のものであったものが、いまや侮れない数字にあがり、間断なく送り出され始められるようになってきたのではないかと思い始めました。さほどに昭和から平成にかけて日本列島の上に起こった社会の変動、変化は史上なかったようなものなのです。

四十五枚の位牌

 『定本柳田国男集』などといったものを手元に置きたいと思い続けていますが、死期が近づいてくるようになると、もはや身辺整理を考え始め、本はできるだけ図書館に頼るようになってきます。柳田国男の著作に「昭和大正史世相編」というものがあります。その第九章"家永続の願い"冒頭の"一 家長の拘束"は、現代を生きる私の琴線を揺るがして余りあるものでした。
柳田は一九二〇年代に朝日新聞の論説委員になっていますので、これはその時のものでしょう。

一 家長の拘束

 珍しい事実が新聞には時々伝えられる。門司では師走のなかばの寒い雨の日に、九十五歳になるという老人がただ一人傘一本も持たずにとぼとぼ町をあるいていた。警察署に連れて来て保護を加えると、荷物とては背に負うた風呂敷包みの中に、ただ四十五枚の位牌があるばかりだったという記事が、ちょうど一年前の『朝日新聞』に出て居る。こんな年寄りの旅をさまよう者にも、なお、どうしても祭らなければならぬ祖霊があったのである。われわれの祖霊が血すじの子孫からの供養を期待していたように、以前は活きたわれわれもそのことを当然の権利と思っていた。死んで自分の血を分けた者から祭られねば、死後の幸福は得られないという考え方が何時の昔からともなくわれわれの親たちに抱かれていた。家の永続を希う心も、いつかは行かねばならぬあの世の平和のために、これが何よりも必要であったからである。これは一つの種族の無言の約束であって、多くの場合祭ってくれるのは子孫であったから、子孫が祭ってくれることを必然と考え、それを望み得ない霊魂が淋しかったのであろう。

『定本柳田国男集』「昭和大正史世相編」"一 家長の拘束"

 はたして、現在の旅をする老人の持つ荷物に位牌は入っているのでしょうか?中には家を処分して旅に出た老人もいるのでしょうが、荷物の中身が気になります。もちろん一枚の位牌が入っているはずもないのですが、葬送儀礼、墓、祖霊、実家、檀那寺、鎮守杜といった一切が掻き消されていきつつある時代に私達は生きているのです。残るのは役人、土建屋、議員と言った薄汚い連中の家系だけであり、正しく生きた良き常民が日々犠牲になり、消え続けているのです。
良き常民かどうかは不問にして、かく言う私も後に続くのかもしれません。既に、美しい国土は昭和が生み出した土建屋という成り上がりの新興階級ともいうべき、品性、品格ともに低くさもしい連中によって蹂躙され尽くし、流行の愛国心など望むべくもなく、もはや無理に生きるほどの国かと思う毎日が続いています。

150. 温泉に浮かぶ半島 島原半島その他温泉編

(有明海・不知火海フォーラム島原開催に寄せて)F

 ここでは、三湯物語の小浜、雲仙、島原以外の温泉を紹介します。最近になって無理して掘られ新たに開発された町営の温泉施設は別にしても、半島の付け根にある唐子(カラコ)温泉、天草・島原の乱で有名な原城址近くにある原城温泉、口之津温泉、某水産会社の保養施設が一般にも開放された有玉(ユウギョク)温泉など多くの温泉があります。
 全部を紹介するわけにも行きませんが、とりあえずは三湯物語のその他としていくつかの温泉をご紹介いたします。
 まず、三湯ですが、泉質が全く異なります。簡略化して話せば、小浜の食塩泉、雲仙の硫黄泉、島原の重曹泉となるでしょう。泉温は、小浜、雲仙が百度に近く、島原が三五度前後というところでしょう。もうひとつの特徴は、小浜、雲仙の大半が源泉掛け流しに近いものであることです。実際、レジオネラ菌で死者まで出した厚生労働省お奨めの循環式の"塩素湯"(私は次亜塩素酸ナトリウム泉と呼びます)がほとんど無いのです。簡単に言えば、小浜の食塩泉にしても雲仙の硫黄泉にしても成分が濃いために循環式のパイプが目詰まりと腐食によってすぐに劣化してしまうからなのです。また、小浜も島原も海岸に近いことから掛け流しが地域で許容されてきたこともあるようです。従って、島原は一概には言えませんが、こと温泉通にとっては小浜、雲仙はありがたい天恵の温泉地と言えるのです。また、大量の湧水と温泉排水が、海にミネラルを送り続けているために、ノリ養殖も含めて、漁業全般に良い影響をもたらしていると言えるように思えます。

有玉(ユウギョク)温泉

 現在は島原市に合併されましたが、長洲−多比良線のフェリーが着く港があるのが旧有明町です。その有明町に島原半島を周回する島原鉄道が通っていますが、島鉄湯江駅があります。その真ん前にあるのが、有明町の有玉温泉です。某水産会社(丸政水産)が保養施設のための水源確保のために井戸を掘ったところ浅いところで良質の温泉(高温高濃度の重曹泉=超ヌルヌルの源泉掛け流しの湯です)が見つかり、その湯があまりにも良かったために入湯希望者が引きも切らず、いつしか一般にも開放されたと聞いています。私も半島では最も良い湯であると思っていますので、この前を通過すると、休憩と称して必ず入る事にしています。湯江という地名もさることながら、付近にも温泉神社があり、諏訪という地名(この地名は温泉と関係があると考え以前から調べています)もあることから、良泉があるのは、まずは当然と言えます。皆さんも、諏訪という地名を御存知であれば、近くに温泉がないか考えてみてください。まず、かなりの確率で思い当たる事があるのではないでしょうか。

唐比(カラコ)温泉

 この温泉は小浜温泉の対岸、島原半島の付け根にあります。ここを半島の一部と考えるかどうかは考え方ですが、諫早市と旧愛野町の境界付近にある千々石(チヂワ)湾=橘湾に面した温泉です。今は個人経営になっていますが、かつては旧森山町(現諫早市)の経営でした。弱食塩泉ですが、ほとんど知られておらず、知らせる努力もされていないように思います。商売っ気が全くないのもこの温泉の魅力なのかも知れません。さらに素晴らしいのはロケーションです。砂浜ではありませんが、美しい小石の浜で、対岸には小浜の温泉街が見渡せます。晴れた日には天草が目の前に見えますし、背後にも喧騒を感じさせるものが一切ありません。まさに、現代を生き抜く人々にとってのオアシスと言うべきでしょう。一応、ガイドブック風に書けば、

唐比温泉唐比温泉センター
 島原半島の付け根に位置する旧森山町(現諫早市)の海岸に、泉温は低いものの混じりっけなしの弱食塩泉が沸いている事を知る人は少ない。ここにあるのが唐比温泉唐比温泉センターで、浴場からは千々岩湾(橘湾)を挟み対岸の小浜温泉や雲仙が望める。いつも地元の人で賑わっているが、数年前に浴場が改装され、温泉に薄い長崎市や諌早市などから訪れる人も増えてきた。県道から少し入っているために場所がかなりわかりにくいのだが、いつ訪れても広間はくつろぐ人で賑わっている。

原城温泉

 ここには五年ほど前まで骨董品ものの「南有馬町営温泉センター」があったのですが、現在二百メートルほど離れた場所に「真砂」という良くある新しい町営の温泉施設ができています。昔の「町営温泉センター」は実に素晴らしいマニア向きの町営の共同浴場でした。 
 まず、当時としては北部九州で最も老朽化した温泉施設でした。薄暗い浴場に丸い殺風景な浴槽があるだけでした。いつも地元の常連が浸っておられましたので、なかなか、よそ者が入りこむ余地がない雰囲気でしたが、一旦中に入り込むや話が途切れず、戦争の話をお聞きして楽しい一時を過ごしのぼせ上がった記憶があります。今でも、私の温泉行脚中の宝石のような思い出の一つになっています。

ホテル城
 古色を帯びた良い温泉も時代の流れはいかんともしがたく、平成三年夏には循環式の温泉施設「真砂」に切り替わりました。ここではいまだに昔の「町営温泉センター」と同じ源泉を利用している「ホテル城」を紹介しておきたいと思います。騒々しいジャグジーやジェットバスで会話を楽しむこともできないよりも、カルキの匂いがしない、非常に落ち着いた温泉を楽しもうと思う人々でそれなりに賑わっています。

布津(フツ)温泉

 新しい温泉でも本物はある。雨後の筍のごとく増殖した"またぞろ循環式温泉"が多い中で、島原市の南隣の深江町のそのまた南に位置する布津町(現南島原市)に昨年オープンした布津町保険福祉センター「湯楽里」には混じりっけなしの天然かけ流しの湯があります。(ナトリウム塩化物泉 0957-72-7212)
 レジオネラ菌問題で多くの死者を出した町営の循環式温泉の増殖がようやく収まり、あたりまえの温泉が普及し始めたと思いたい気もしますが、実際は塩分濃度が高く、循環に不向きだったからかもしれません。それでも水で薄めるだけ薄め、ジェット・バス、泡風呂と併せて、無理やり循環式温泉を導入する不見識なところもありますが、ここではとりあえず本物温泉に入る事ができ、ありがたい限りです。反動は既に始まっています。ありきたりの循環式塩素殺菌風呂は温泉と呼ぶべきものではありませんので、いずれ淘汰されていくことでしょう。

須川(スガワ)温泉

 最後に民間のホテルで安く入れる掛け流しの温泉をお教えしましょう。旧西有家町(現南島原市)須川の須川観光ホテルがそれです。漁港の側でアルカリ性単純泉の良いお湯が楽しめます。(アルカリ性単純泉 0957-82-3967)
 魅力はもう一つあります。入浴料が二〇〇円と公衆浴場並に安いことです。この温泉は、大正十一年の大地震で温泉が湧き出したと伝えられていた場所で掘削が行われ、昭和四十年に開発されたものです。僅かな加温で済む四〇度の単純泉なのですから、まずは申し分ないものでしょう。

半島のその他の温泉施設

 瑞穂温泉、口ノ津温泉、有明温泉(美人の湯)、深江温泉(道の駅みずなし本陣深江)・・・・・・。

151. 拡大する黄砂は何を意味するか

 ここ数日、黄砂が目立ちます。もちろん昔から西日本一帯で観測されていました。
 しかし、その頻度と規模は明らかに増大しているようです。最近ではとうとう青森でも見られるとの話もあり、愚かな中国は貴重な土壌を吹き飛ばし続けているのです。
 四月上旬、兵庫、大阪、京都、奈良を駆け足で散策してきました。これも、例によって古代史に関する興味から神社、仏閣、古墳を駆け足で見て廻ったものでしたが、この時も関西一帯で大規模な黄砂に遭遇しました。関西でこれほど大規模となると、九州では相当に酷かったのではないかと思ったものでした。
 さて、この黄砂の原因について、一般的には森林破壊が原因などと安直な説明がされる事が多いのですが、どうも間違いではないにしてもそれはちょっと違うのではないかと思ってしまいます。もちろん、黄河流域もかつては大森林地帯だったと言われていますので、"百年、河清潔を俟つ"(春秋左伝)という言葉が生まれる以前(春秋戦国時代〜)にはこれほどの土壌流出、風食はなかったはずであり、黄河流域の文明化の結果として、黄砂も発生してきたと考えるべきかもしれません。これは数千年単位の地質調査を黄砂について行えば分かるはずであり(既に行われていて、ただ勉強不足といったものなのかもしれませんが)、だれかご存知なら教えていただきたいと思います。
 ただ、問題は、日本と異なり華北の場合は森林伐採後に容易に森林が再生しない事であり、既に見るべき森林はとうの昔に失われているのです。むしろ草原における農地開発にこそ、その原因を求めるべきでしょう。これは司馬遼太郎が講演などで説明している事ですが、氏は草原の民と農民の衝突の中で、徐々に農耕地が拡大していって、その結果、大規模な砂漠化が進んだと考えていました。草原は砂漠、土漠の上の僅かな表土に草の覆いがあるだけのもので、いったんその草の覆いを取り払うと強い風によって水分を失い、それにともなって土壌も失われ、剥離は連鎖的に広がり容易には再生しないのです。そのために、二度と草原には戻らない事を知っている遊牧民は、農耕民を絶えず追い払ったのですが、農耕民たる漢族は遊牧民とは酷い事をするものであり、農業を文明と考え屯田兵を送り込み続け、永くは続けられない農耕を行い、砂漠、土漠が拡大し続けた事の結果として、現在の土壌喪失があるという話をしています。つまり、無理な可耕地の開発と結果としての草原の喪失にこそ原因を求めるべきであり、農業も自然環境を破壊すると言う明瞭な実例でもあったのです。
 農耕民の漢族による政権と遊牧民の北方遊牧民族の政権とが交互に入れ替わってきたのが中国ですが、さすがに、毛沢東から現在に至る中国共産党政権を労働者の権力などと錯覚する間の抜けた者はもはや消え失せたと理解していますが、彼らはただの農民反乱を民族統一、民族解放戦争に組織しただけであり、基本的には農耕民族の政権に過ぎないのです。彼らは、農業と遊牧では農業を上位の発達した生産と考え、遊牧を遅れたものと考えてきたのです。このため、現在でも排外的にモンゴルを含む過放牧が黄砂の原因とのキャンペーンを続けているのですが、実態は無計画な農耕地の造成にこそあるのです。
 従って、黄砂の拡大を地球温暖化や過放牧などと結びつけるのは一面的で、共産党政権による国家的人災と言うべきなのです。

152. 政府自民党・高級官僚こそ国民の敵だ

筑後川水問題研究会 中原孝矩(元記者)
 
 「てめーら、人間じゃねー。たたっ切ったる」。中村錦之助演じる江戸・下町の赤ひげ先生の口癖が妙に懐かしく、つい口に出る。38年前、私が直接知り、その企みを反故にした経験があったからだが、記憶が読みがえるたびに「てめーら、人間じゃねー。たたっ切ったる」と胸のうちで繰り返している。
 つい最近まで水俣病公式確認から50年ということで、新聞、テレビが連日話題を提供した。話題を提供したが、水俣病問題が解決したわけではない。水俣市や芦北郡や天草一帯、鹿児島県出水市など不知火海を望む津々浦々から水俣病患者認定を求めて約4000人が立ちあがり、1000人を越える人達が国、熊本県を相手に訴訟の準備をしている。つまり水俣病は2006年6月現在、なお未解決で、生々しい問題なのだ。
 私が反故にした「その企み」とは何か。厚生省が示した「第3者機関」設置に向けた確約書問題だ。確約書問題と書いてもピンと来る方々は少ないと思う。確約書に絡んで、厚生省は、水俣病患者家族に「白紙委任状」の提出を迫ったことを読者の皆さんに改めて示したい。そしてわが国高級官僚の非人間的な思考、非人間的な対応ぶりを糾弾したい。
 

 今年は第1次訴訟で患者原告が勝訴した1973年3月20日から数えて33年となる。裁判に勝ち、補償金を手にした胎児性水俣病患者たちにとって、水俣病問題が解決し、終わったことにはならない。生まれた時から有機水銀化合物に脳の発達を阻害され、歩いたり、走ったり、しゃべったり笑ったり、人が人らしく自立して暮らすすべを全て奪われた子らは年齢が40歳から50歳になる。
 彼や彼女等にとって親が先に死ぬことがあれば、残される自分たちはどうやって生きてゆけばいいのか、という重大で、深刻な新たな問題に直面していることを全国の方々に知ってもらいたい。
 50年という時間が経過したが、法治国家日本はまだ水俣病ひとつ解決できない、実に情けない、ふがいない国であることも国民一人一人が自分のこととして噛み締める必要がある。

 
 「白紙委任状」が提起された背景について説明する。国は1956年5月の水俣病公式確認から12年目の1968年9月26日、水俣病の原因がチッソ水俣工場から垂れ流しされた工場廃水に含まれる有機水銀化合物であると認めた。公式確認から12年も経過している。この間国の疫病検査機関は何をしたか。伝染性の病気が発生したら、すばやい防疫体制をとって原因の究明に当たるのが国の当然の責務のはずだ。国は何もしなかった。
 奇病ならしかるべき原因物質を突き止めるために研究機関、調査機関を組織して、国を挙げて取り組むべきではなかったか。国は何もしてこなかった。
 人が死に、苦しんでいるのに検察当局は動かなかった。司法は殺人事件で捜査しなかったし、過失傷害致死事件で調べようともしなかった。
 公害に認定はしたが、認定が直ちに患者家族や遺族へ十分な補償を実現したり、患者家族や遺族の救済にはならなかった。
 患者家族たちは、チッソに損害補償を求めて、自主交渉に臨んだ。ところがチッソは「国が賠償金額を提示すれば、対応する」の言い訳を繰り返し、自主交渉は壁に突き当たった。
 水俣市長、熊本県知事、水俣市議会、熊本県議会がなんとか解決してほしいと、厚生省に働きかける。国はチッソに泣きつかれ、なんとか解決しなければならないと追い詰められて登場した案が「第3者機関の設置」だった。


 第3者機関とは何か。水俣病問題を解決するために国が作る組織ということ。厚生省は準備段階で、患者家族に「解決をお願いするのだから、確約書をだしなさい」と仕向けてきた。その具体的内容は「白紙委任状」の提出だった。それも当時、患者家族会に所属していた全員に対して、一堂そろって白紙の委任状を出せというものだ。
 「白紙委任状」、そんなものを国が署名捺印して出せというはずがない、と思われるかもしれない。そんな馬鹿な話があるかと怒りたいところだが、本当の話だ。この事実を思い出すたびに私は激しい、憤りを感じる。そこで「てめーら、人間じゃねー。たたっ切ったる」と叫びたくなるのだ。
 厚生省が熊本県を通じて「白紙委任状」の提出を迫っていることを知った私は、何とか反故にできないかと、考えた。患者家族たちは1959年12月30日、チッソ水俣工場で、悪名高い「見舞金契約」に調印せざるをえないところまで、追い込まれた体験があった。見舞金契約の存在を知っていた私は、特に契約の中味の第5条「将来水俣病が工場排水に起因することが決定した場合においても、新たな補償の要求は一切おこなわない」と
いう一条に、卑劣な仕打ちを感じていた。
 この壁を打ち壊すには、裁判を提起する以外ないという思いが強かったからなおさらだ。
しかし、悔しいことに、自分には法律知識はまるで無い。第3者機関は何をするのか、何ができるのか、裁判とどこが違うのか、などなど。全くわからない。全くわからない自分が患者さんたちに、裁判を起こすべきだと説得することもできなかった。
 そこで、結局私は有名な知識人に助けを求めた。当時東京都労委のメンバーの一人だった、戒能道孝氏に電話で教えていただいた。電話取材といえば、格好はいいが、水俣から東京へ長距離電話で、第3者機関について、レクチャーを受けたわけだ。
 衝撃的なことがわかった。第3者機関は、正式な裁判とほとんどかわらない法律的な効力を持つということ。調停、仲裁、和解という選択肢があること。だからこの機関に問題の解決を頼んで、何らかの結論がでれば、満足できない部分が残っても、いわば泣き寝入りを覚悟しなければならない場合もある、ということ。
 戒能先生の教示は具体的で、わかりやすかった。裁判に訴えた方がより患者家族の痛みを白日のもとにして、その時点で最高の賠償を勝ち得ることができる。第3者機関に依頼してしまうと、不満が残ったり、まずい結果になる、が私の結論だった。
 

 この取材後、戒能先生は、自ら水俣入りして、患者家族会代表等と対話して、慎重に選択することを忠告してくれた。「裁判すれば,三代たたる」といい、裁判を嫌う患者もいた。 
 裁判をうつだけの資金力も必要だった。重篤な被害をこうむった患者家族や遺族には、話し合いでは我慢できず、可能ならば裁判をしたいという気持ちの人達がいた。が数は少数だった。
 日にちが定かでないが、重篤な患者家族の一人、坂本フジエさん方で夜遅くまで第3者機関を選ぶか、裁判を選ぶかをめぐって話し合いが行われた。結論は先送りしたまま会合を解散しての帰り道、家族会の会長だった渡辺栄蔵さんと私と二人での帰り道、栄蔵さんが「アカと呼ばれてもいい。自分は裁判する」といわれたことが、つい昨日のできごとのように思い出される。
 狭い共同生活の場、漁村の中で、あいつはアカ、共産党といわれることがどんなに孤立した、つらい立場に立たされることか。保守勢力の強い土地柄を知っただけに、ここまで自分を追い詰めないと、当然の権利の主張すらできない人達が存在することを知り、愕然とする想いだった。これでも民主主義の国なのか、この日本は、と憤りを感じた。
 国はこうした極限状態の患者家族に、白紙委任状を出せと迫っている。許せないと感じた。だからいいたい。こんなことを考え出す官僚たちに「てめーら、人間じゃねー。たたっ切ったる」といいたくなる。


 私には切りつける刀が無い。なんの役にも立たない自分が、ただ恥ずかしい。それにしても、「重大問題の解決を依頼するのだから、白紙委任状を出せ」といってくる政府に我々は税金を払う義務があるのだろうか。国民の義務とやらをいわれて、一方的に命を差し上げますに等しい仕打ちを、いつまで我慢しなければならないのだろう。
 白紙委任状を迫る官僚には、水俣病が邪魔なだけで、目の前から消えてなくなることだけを願っているとしか、私には思えない。心のそこから患者家族の不安や不満を配慮する心がまるで感じられないのだ。水俣病問題を、官僚たちが少なくとも自分たち家族に起きた問題だと一瞬でもいい、置き換えて考えてくれたら、少しは対応が違ったのではないかと思いたい。
 白紙委任状を前提に第3者機関が実現したと仮定して、第3者機関に名を連ねる知識人たちは、患者家族たちの心からの信託をえて、機関の椅子に座っていると思うのだろうか。話が進んで後に、無理やり白紙委任状提出を条件に、機関設置の話が進められたことを知って、果たして心から喜べるのか。心の安らぎが得られるのだろうか。


 太平洋戦争当時の神風特攻隊や玉砕を通じて日本国は国民の生命を軽んじてきたが、戦後も国民の命を軽んじてきた証拠の一つがこれだ。政府自民党は1968年9月、水俣病はチッソ水俣工場が有機水銀化合物を海に垂れ流しにして引き起こされた公害であることを認定した。水俣病発生の公式確認から12年後のことだった。では政府が率先して水俣病の原因の究明を専門機関に命じただろうか。政府自民党は原因の究明すら自らやろうとはしなかった。国には様々な専門機関、調査機関があった。だが、12年間政府自民党は何もしなかった。次々に胎児性患者が生まれ、漁民の間に新たな患者がどんどん広がっていった。チッソに対して、疑いのある工場廃水を海に流さないように指導もしない。操業停止などもってのほかだった。有機水銀化合物に汚染された疑いのある海産物を採取したり、食べたりしないように対策をとることもしなかった。

 昭和30年から37年ごろにかけて、このような政治を主導した著名な人々を列記する。

歴代総理大臣・鳩山一郎、石橋湛山・岸信介・池田勇人。
厚生大臣・川崎秀二、小林英三、神田博史、堀木鎌三・橋本竜吾、坂田道太、渡辺良夫、 中山マサ、古井喜実、灘尾弘吉、西村英一。
通産大臣・石橋湛山、水田三喜男、前尾繁三郎、高碕達之助、池田勇人、石井光次郎、椎名悦三郎、佐藤栄作、福田一。
厚生政務次官・内藤隆、田中正巳、安藤覚、森田重次郎、渡海元三郎。
厚生事務次官・安田巌、高田正巳、太宰博邦。
通産政務次官・原田憲、内田常雄、木村守江、岡本茂、始関伊平、砂原格、森清、大川光三、広瀬正雄、上林忠次。
通産事務次官・上野幸七、徳永久次、松尾金蔵。

 彼等はなんら有効な手立てをうたなかったばかりか、高給と権力を手に国民に塗炭の苦しみを押し付けた張本人たちだ。
 口では皆さんのためを考えてのことです、といいながら、目障りだとばかりに水俣病問題を片付けようと懸命な人達が2006年6月現在も蠢いている。
だからいいたい「てめーら、人間じゃねー。たたっ切ったる」。

▲ チッソ水俣工場に設置された排水浄化装置

 荏原製作所がチッソ水俣工場に設置した排水浄化装置。完成式で工場幹部が「浄化された水です」と県知事の前で飲んで見せた、という。後日、有機水銀化合物の除去には全く約立たなかったことが判明した。S42年秋頃写す。

000
第9回 有明海・不知火海フォーラム in しまばら 2006 に大量結集を!!
2006年7月29日(SAT) 受付10:30〜 「今、有明海は」上映 11:00〜
島原市有明町総合文化会館 グリーンウエーブ 0957-68-5150
20060601


いよいよ、後二週間余りになってきました。現在、現地実行委員会を中心に最後の準備が行われています。
講演は熊本県立大学の堤裕昭教授、鹿児島大学の佐藤正憲教授 外を予定しています。なお、当日は、11:00〜「今、有明海は」の上映を予定しています。多くの皆さんの参加を呼びかけたいと思います。

■次回への予告C■
V   環境保護派よ我が梁山泊に楯籠もれ! (NO. 5) 8月号
153
針葉樹林崩壊(宮崎県内の全ての川が土砂で埋まる)
怒りの九州源流紀行 栂尾〜上渡川〜銀鏡〜寒川〜綾北
20060506
154
船 越(補稿)U
仮説は検証される(古代の葬送儀礼"舟形木製品"の発掘)
奈良県巣山古墳
20060101
155
宮地和紙の伝統を絶やすな、八代市は振興策を!
八代海の自然を守る会 田辺 達也(八代河童共和国大統領)
20060318
156
大山、小石原、五ケ山、ダムは止まらない
筑後川水問題研究会 中原孝矩(元記者)
20060401
157
虹の松原は守られるべきか
20060701
000
第9回 有明海・不知火海フォーラム in しまばら 2006
2006年7月29日(SAT)
島原市有明町総合文化会館 グリーンウエーブ 0957-68-5150
多くの参加ありがとうございました。 フォーラム委員会
20060729

■次回への予告■