特別掲載 
                       
127. 「万世一系」の史料批判
古田武彦

〈まえがき〉

1.最近、皇位継承をめぐる論議がさかんである。テレビや新聞・雑誌等に各氏の各論が掲載されている。
2.わたし自身は「皇位継承」自体については、これに「関与」ないし「介入」する意思は全くない。
3.ただそこで使用されている用語は、学問上、全く事実と道理に反している。いわく「万世一系」、いわく「女系天皇」等。
4.近来政治家や新聞記者・評論家・学者などが、これらについて「あやまった概念」に立って述べている。よって明確にこれを記すこととする。

〈本文〉

 第一、「万世一系」という言葉は、古事記・日本書紀にはない。明治維新以降「強調」されはじめた言葉である。これは「神武以来」ではなく、「天照大神以来」の意だ。なぜなら教育勅語の冒頭に「我が皇祖皇宗」とあるけれど、この「皇祖」とは日本書紀の神武紀に、神武天皇が「皇祖・天神」を祭った、と述べられている、その言葉だ。神武天皇が"自分"を祭る道理はない。天照大神なのである。これをうけた「万世一系」を「神武以来」などと、ゆがめ解するのは不当だ。例の「天孫降臨」の神勅がわが国の皇統の「万世一系」の証拠とされた。これを肯定するにせよ否定するにせよ、事実を曲げることは不可である。

 第二、言うまでもなく、天照大神は女性である。「夫」は高木神。高木神は「吉武高木」(福岡市)の「高木」。九州在地の神だったようである。ともあれ、高木神ではなく、天照大神を今も伊勢神宮に祭る天皇家が、「大いなる女系の王家」であること、天下に隠れもない事実である。現代の男系主義のイデオロギーのために「古来の伝統」を無視あるいは軽視することは不可である。明治国家はみずからの男性主義のために、この基本の道理を無視することはなかった。

 第三、現代の男系天皇主義者は「天照・神武、共に造作」説の津田左右吉の説のあとで、一方の「天照神話」は切り捨て、他方の「神武天皇・第一代」は採り上げる。御都合主義という他はない。(わたしはいずれも、史実と見なしている。)

 第四、継体天皇の問題。応神五世(或は六世)の孫とされている。記・紀は「血族国家」観に立つ。全国の豪族の八八パーセント(古事記。日本書紀は四五パーセント。梅沢伊勢三氏による)が「皇系」すなわち「天皇の何代かの孫」とされている。継体天皇は、その中の一人なのである。これで「男系の継続」と称するなら、桓武天皇の子孫の平清盛や清和天皇の子孫の源頼朝が「天皇」になってもO・K。そうなってしまう。笑止である。いずれの国の王家にも、戦乱や変動はある。わが国にも、それがあった。それだけのことなのである。「万世一系」とか「男系天皇」とか"りくつ"をつけはじめると、かえって世界の心ある人々から「?」を抱かれることとなろう。(欽明天皇の生母は武烈天皇の姉で女系。宣化天皇・安閑天皇の生母は尾張の豪族の娘。父はいずれも継体天皇である)。

 第五、明治以降は「男子天皇」の立場となった。その理由は明白である。「江戸幕府の将軍を模倣した」からだ。将軍は代々男性。そして男系。これは「明治の常識」だった。勤皇の志士たちは、記・紀には精しくなくても、右の常識は万人周知だったのである。その将軍に代って、全軍を統率する「大元帥陛下」であるから、「男子」以外にはありえなかった。――「明治の天皇制は、古代ではなく、徳川幕府の模倣」これが明治体制のもつ歴史的な姿、その率直な事実に他ならない。

 第六、不可欠の反対概念がある。九州王朝説だ。「七〇一」以前が、その時代。天皇家はこれ以降、との立場である。今は学界の定説となった「郡と評」の分岐点。それが「七〇一」だ。そのとき、必ず「廃評立郡」の詔勅が出たはずだ。だが、日本書紀にも、続日本紀にも、それがない。なぜか。ここに「九州王朝」説のリアリティ(真実性)が、しっかりと顔をのぞかせている。
 この「九州王朝」説は、明治から敗戦までは「許容」されなかった。政治的に「排除」されていたのである。もちろん、わたしはこれを歴史的真実として真摯に主張している。けれども「学問上の応答」なしにこれを政治的に「排除」しなければ「万世一系の天皇家」というような"超越的"な言葉は成り立ちえない。それは「生物的概念」ではない。"常に政治上の中心権威者であった"という政治的概念だからである。純粋に「生物的概念」ならば万人とも「万世一系」である。やがて「九州王朝説を唱える者は非国民」と言われよう。――学問の自由の死滅である。

 第七、今、人あって「万世一系」や「女系天皇」といった「非・歴史的な概念」をもてあそぶならば、必ず外国の識者から「軍部統率の大元帥陛下への復活の野望」の声が大きくあがるのを、おそらくとどめがたいであろう。事実、"外国の王家とはちがう、日本の天皇家"とか、"万邦無比の特異性"を唱えはじめているからだ。ウルトラ・ナショナリズムへの道である。

第八、最後に言う。現実の「皇位継承」いかに。これにはわたしは関心がない。ただ願わくは、皇室内部の女性に"圧力とストレスを与えぬ制度"それを祈るだけである。しかし「歴史の真実の圧殺」に対しては断固、死を賭しても戦わねばならぬ。なぜなら再び日本国民の不幸を、確実に、かって以上に、招きよせるべき重要な因子だからである。
 それ以外に、何の他意も、わたしにはない。
                     ニ〇〇六、二月六日 暁天記了


「万世一系」の史料批判 古田武彦(元昭和薬科大学教授)の掲載について

 大阪で行われた古田武彦講演会への参加については既に「有明臨海日記」34.「近江散歩」(古田武彦=元昭和薬科大学教授講演会)で触れていますが、この講演において、物事を科学的、論理的に考える事がいかに大切であるかを改めて考えさせられました。
 本稿は、皇位継承を巡る「万世一系」論争を批判するものですが、古田先生の理路整然とした考え方と全く異なる非科学的、非論理的な議論が巷では横行している事を考えると、これは、本ホーム・ページの管理者である近藤邦明氏や槌田 敦教授の置かれている環境(愚かな「CO2地球温暖化説」の蔓延)と全く変わらないのではないかという事に気付きました。 
 一方は古代史、一方は物理学と、ほぼ、完全に異なる分野なのですが、その近似性に改めて驚き、古田史学の会を通じて本論文の掲載についてご相談したものです。
 掲載については快諾頂きました。と、言うよりも、古代史についても正しい議論が行われる事が必要と考えられますので、広く知らしめるためにも掲載させて頂くことに致しました。
 私自身は皇位継承がどうなるかなどといった議論には一切の興味を持っていません。また、政治的な興味なども全くありません。
 しいて言えば、たかだか日本列島に住み着いた一家系、一家族の内部問題に過ぎないし、その自由でしかないと考えていると言う事に過ぎません。ただ、私自身はフランス革命以来の共和主義者である事だけは申し上げておきたいと思います。
 日本はまだ王様がいるような国なのです。一方、自宅で国旗を飾る家は激減しています。もはや国民の大半、特に次世代が天皇への尊崇の念など一切持っていない、持てない社会になってしまっていることも事実であり、もしかしたら"国家もちの金持ち"程度としか考えていないのかもしれません。
 このような現状については、むしろ、"平和をもたらす天皇は素晴らしい"とか、"日本の国土は素晴らしい"、さらには"日本文化は世界に二つとないものだ"などといった捏造でも良いので、一定の秩序を維持するための国家的虚構(フィクション)の再構築さえも必要で、国家が持たないのはどうでも良いのですが、そうでもしなければ社会自体が成り立たなくなるのではないかとさえ危惧を感じています。
 ただし、それと皇位継承は全く別の問題です。それよりも、国民の科学的、論理的な思考の崩壊の方が遥かに重要でこのほうに危機感を持っているが故にぜひとも読んでいただきたいと思うものです。
 本ホーム・ページの管理者である近藤邦明氏が訴え続けられている事を見ても良く判るように、環境問題についても本質は同様です。知らしめる国民の科学的な思考とか判断と言ったものは、まずは、正しい事実を把握する事からしか始まらないのです。
 しかし、愚かとしか言いようのない"CO2地球温暖化説"の蔓延こそは科学立国日本の落日を示すものであり、遅かれ早かれ、その事を痛切に知る時がくる事になるでしょう。
(古川)

 図書のご推薦 

128. 『有明海の自然と再生』 樺z地書館

  元東海大学教授・元理化学研究所主任研究員 宇野木 早苗 著

宇野木早苗先生が『有明海の自然と再生』という新著を出されました。


 『有明海の自然と再生』 樺z地書館

 昨年六月に開催された第21回水郷水都全国会議、第8回有明海・不知火海フォーラム in 久留米、柳川の柳川全体会場で「有明海の環境破壊と再生への道」というテーマで基調講演をして頂いたのが宇野木先生でした。
 また、現在、福岡県の遠賀川河口に建設された芦屋港港湾が大規模な海岸侵食と異常な砂の堆積を引き起こしていますが、その港湾を維持するために行われる浚渫工事に対して大量の税金が無駄に投入され続けています。これらに対して芦屋町の自然を守る会が住民監査請求(申請人が申請当時公務員であったため福岡県職員措置請求となっていますが)を行っていますが、その措置請求書に添付する事実証明書にも宇野木先生の論文が用いられています。

9.宇野木早苗元東海大学教授の「2006年度日本海洋学会春季大会(横浜市)」
講演要旨資料「遠賀川河口港の建設に伴う海浜変形と漂砂量」

 蛇足ながら、拙稿も10.として 有明海・諫早湾干拓リポートU(100.〜港湾整備事業が海岸を破壊する〜)が用いられています。

著者紹介
 宇野木早苗(うのき・さなえ)
一九二四年生まれ。気象技術官養成所(現気象大学校)研究科卒業。理学博士。日本海洋学会名誉会員。気象庁を経て東海大学海洋学部教授、理化学研究所主任研究員を歴任。
(本著書の著者紹介による)

参 考
理化学研究所 : 大正六年に財団法人日本理化科学研究所として創設された国策研究所で、通常、理研(リケン)と呼ばれていました。戦後、株式会社「科学研究所」、特殊法人時代を経て、平成一五年に文部科学省所管の独立行政法人になっています。

樺z地書館
東京都中央区築地7−4−4−201  〒104−0045

電話 03-3542-3731
FAX  03-3541-5799
ホームページ = http://www.tsukiji-shokan.co.jp/

 大変有難い事に、出版前の新著を謹呈して頂き、早速、読ませて頂きました。もとより、宇野木教授の著書に対して書評するとか、ましてや解題を行うなどといった大それた事をするつもりはありませんが、海洋物理学を中心とするかなり専門的な内容であるにも関わらず、私のような初心者にも十分に理解できる、しかも簡潔明瞭に書かれた実戦的で非常に読みやすいものになっています。
 最近の、一般的な風潮から考えれば、とりあえず、今年も海苔は採れたことも有り、あたかも有明海異変は収まったかのような誤った認識をお持ちの方が多いのかもしれません。
 しかし、現実は全く異なります。恐らく、一つの生物が消えることによって、ドミノ倒しのように全ての種の絶滅が進んでいると思われます。そして、事実上、ノリしか採れない海が広がりつつあるのです。つまり、栄養塩と太陽光とミネラルだけで生きていく原始的な生物のスサビノリだけの世界なのです。
 このような農水省の官僚機構などに破壊された有明海を再生するための指針がこの本に詰まっているのです。
 直ぐに書店に並ぶ予定(五月二〇日前後)の本ですので、内容そのものについての詳しい話はできませんが、複数箇所、拙著「有明海異変」についてもご紹介いただいています。 
 私は現場の人間ですから、現在、最も危惧している有明海の背後地における公共事業の問題について書いて頂いている部分がありますのでその一部をご紹介したいと思います。

第10章 合理性に欠ける農林水産省の開門調査拒否の根拠
7 川・森・集水域の保全と維持の重要性      から     

・・・ これまで有明海に注ぐ河川では第7章2節に述べたように、多量の取水、大量の採砂が行われてきました。また多くのダムや河口堰が建設されて、そこには膨大な堆砂と汚濁水の生成がなされています。これらの河川事業が海域の環境に著しい影響を与えることは、私が著した『河川事業は海をどう変えたか』に示してあります。また森林や耕地などの集水域と海との関係について、古川清久・米本慎一両氏が考察しています。一方、海域の浄化に応える農業のあり方については、三河湾を例にして粕谷真宏氏が詳細に検討しています。ただ残念ながら有明海の場合には、海がどのような影響を受けたかは具体的には明確ではなく、今後の研究課題になっています。
 このように実態は十分に理解はできていませんが、その影響はけっしてむしできるものではありません.今後は,有明海に悪影響を与えるような河川と週水域における諸事業は、極力避けなくてはなりません。とくに河川からの取水と採砂及びダムの建設は影響するところが非常に大きいので、現在のように崩壊した有明海を再生するためには、原則として禁止する措置を考える必要があるように思います。

 この宇野木先生の新著にも書かれていることですが、現在行われている有明海再生への各種事業も、本質的にはイサカンの存在を前提としたものであり、また、国土交通省所管の河口堰の存在、ダム事業、河川事業、港湾工事といったものの大きな問題を一切不問にしたまま、局所的、対症療法的に対策するものでしかなく、むしろ新たな利権の温床とさえなっているものなのです。ぜひとも、有明海異変の本質に迫る素晴らしい本を読んで頂きたいと思うものです。

129.  大山ダム建設を巡る不可解な謎

大山ダムから「北部九州地域の諸都市」へ利水配分

 世の中には、謎めいた不可解なことが実際に起こるものらしい。これから紹介する大山ダムをめぐる一連の経過を読者がどのように判定されるか、楽しみである。
 まず、福岡県が開示した文書から始める。大山ダム(当初は赤石川ダム)で確保される利水配分のスタートとなる内容だ。
 この文書には「赤石川ダムの建設により新規開発される都市用水日量11万3000m3(毎秒1.31m3)について、九州地方建設局から福岡県に対して全量を配分するとの通知があった」と書かれている。この通知を受けて福岡県は利水者、つまり特定多目的ダム法に定めるダム使用権の設定予定者の決定作業を行い水道用水は、久留米広域上水道企業団(後の県南広域水道企業団)、福岡地区水道企業団、甘木市、朝倉町、杷木町に配分し、工業用水は朝倉町と杷木町に配分協議が整いました、と局長決済を求め、この内容どおり決定された。
 この文書の日付けに注目していただきたい。1988年10月25日(昭和63年)となっている。
 一方建設省告示で、大山ダム建設事業に関する事業実施方針が公表されたのは1992年4月15日、つまり福岡県が「勝手に」利水配分先を決定した4年後で、国の考える利水配分先は「北部九州地域の諸都市」となっていることを指摘したい。
 利水配分先がまるで違っているのだ。私はこのような大きな食い違いが公然と行われていたことに仰天する。ダムを建設する国側はダム使用権の設定予定者として「北部九州の諸都市」を挙げているのに、配分を受ける福岡県は「福岡市や久留米市などの筑後地域の市町村を対象に協議を進めていた」というとんでもない内容が暴露されたことになる。
 悪いのは国なのか、それとも福岡県なのか。特定多目的ダム法に詳しい方々なら、ダム使用権の設定予定者の決定がいかに重大な項目か、先刻ご承知だろうと思う。ダム建設事業費の一部を配分水量に応じて長期間支払い続ける義務があるのだ。基本計画8項目の要といっても過言ではない。福岡県が正しいとすれば、建設省告示は虚偽か。
 この配分先の食い違いから私は、あることに気付いた。ダムで確保される水道用水などの利水は、地元の市町村が取水希望量の手を挙げて示し、福岡県庁が取りまとめて国側に要請すると一般に思われていることが実は誤りで、本当は過大な需要見込みを立てた国側が、押し売り同然に市町村に利水配分を押し付けていたんだということが、図らずも証明されたと判断する。福岡県は、北部九州地域の諸都市に対して、都市用水が必要かどうか、全く協議を行っていない。そのような形跡すらない。
 ついでに明らかにすると、時の建設大臣は、福岡県を地盤とする自民党実力者の一人、山崎拓議員だ。地元で建設行政を取り仕切る九州地方建設局は、本省とは別の思惑で動いていたのか。あるいは情報を挙げることもしていないのは、大変興味深い。

着工後7年で事実上の全部変更がなされた

 2006年現在、大分県日田市大山町の赤石川に建設中の大山ダムが、洪水調節、流水の正常な機能の維持、新規利水の3つを目的に建設される多目的ダムである。
 官報では1984年・S59年に筑後川水系の水資源開発基本計画の一部変更、という総理府告示で始めて登場する。ただし、この時の名称は「赤石川ダム建設事業」となっている。9年後の1992年・H4年に建設省告示として、大山ダム建設事業に関する事業実施方針が出た。赤石川ダムがこの時、大山ダムと変更されている。ダムの規模や、総貯水量「1900万m3」、洪水調節でカットする量は「毎秒430m3」、新規利水量のダム使用権者は「北部九州地域の諸都市」で、「工業用水と水道水」を毎秒1.31m3取水できるようにする等、特定多目的ダム法が定める重要な8項目の基本計画が示された。
 工事の着工も同じ年で、水資源開発公団公告として、1992年・H4年秋、大山ダム新築工事開始公告が出る。
 着工から7年後の1999年・H11年、大山ダムに関して大幅な見直しが行われる。詳細は図表にまとめたので参考にしてほしい。

 この建設省告示では1992年・H4年で公表された事業実施方針の「一部を変更」した、となっている。が内容は「一部の変更」どころか、私は、「全部変更」したと判断する。利水配分先は「北部九州地域の諸都市」が消滅。代わって「福岡地区水道企業団、県南広域水道企業団」が登場する。工業用水も消滅、上水道用水だけになった。
 着工から7年も経過して、具合が悪くなったからやり代えますですまされるのか。
 私は、特定多目的ダム法はざる法ですかといいたい。基本計画を定め、告示するとなっていることが無意味であるとすら感じる。これ以上ない不信感を禁じえない。
 すでに利水配分先に大きな食い違いがあったことを明らかにした。ここで、他に何が変更されたのか列挙する。例えば、ダムの規模に関する部分として、ダムの最低水位がある。入れ物の大きさを決定する基準点の一つだと思う。これが変更されている。だから総貯水量も当初の1900万m3ではなくて、1960万m3と60万m3大きくなった。洪水調節の部分も、変更。ダム建設目的の一つが洪水調節だから、ダム基本計画の重大な項目だ。どうなっているのか信じられない気分だ。
 洪水調節について詳しく書く。
 まずダム地点の計画高水量を当初は毎秒530m3と出していた。ダムに溜める水量を毎秒430m3。放流量は毎秒100m3としていた。これらの数字も変更された。計画高水量が毎秒690m3になり毎秒160m3増えた。ダムに溜める量は毎秒570m3となり毎秒140m3の増加。放流量は毎秒100m3から毎秒120m3に増えている。ただ、ダムに確保される700万m3という洪水調節容量は変わらなかった。となると、流れ込む水量は大幅に増加、溜め込む水量も増えたのに肝心のバケツを大きくしないで洪水調節力を信じてもいいのですか、といいたい。

ごたごた続きの配分先と水量のどんぶり勘定

 次に利水配分に隠された不可解な問題点も明らかにしたい。
 当初の福岡県の配分決定では、県南広域水道企業団には日量50900m3、福岡地区水道企業団は日量54500m3であった。朝倉町は上水道を日量1500m3、工業用水を日量1500m3。また杷木町も上水道を日量1500m3、工業用水を日量1000m3としていた。
 これら福岡県の配分が大幅に変更されるのが1995年・H7年。県南広域水道企業団は日量61000m3へ、つまり10100m3の増加。福岡地区水道企業団は日量52000m3と2500m3減少する。原因を調べると、朝倉町、杷木町が手を挙げた日量合計5500m3について「町民が上水道を希望していない」(朝倉町)、「簡易水道を切り替えた」(杷木町)ために不要になった、として取り消したこと。また別途、筑前町(合併前の夜須町、三輪町)が加わり、当初は日量合計2500m3としていた分を日量5140m3に増やしたことなどが指摘できる。
 利水配分をめぐる内部のごたごたがここまで続くことも、国による過大な利水押し売りの結果だといいたい。がここでは、1992年の大山ダム建設着工から3年後、国が利水配分先をまだ「北部九州地域の諸都市」と考えていた時期の混乱振りであることを強調しておきたい。
 利水配分先が県南広域水道企業団、福岡地区水道企業団に落ち着くのは1999年・H11年の変更告示で正式に決定となる。大山ダム建設着工から7年後だ。特定多目的ダム法に定めた基本計画8項目の重要な事項、ダム使用権の設定予定者が決まったのは、この時なのだ。このようなでたらめな実態で特定多目的ダム法が守られているといえるのだろうか。
かつて松原下筌ダム建設をめぐり蜂の巣城闘争を闘った故人の室原知幸さんだったら、大山ダムの事業認定無効確認訴訟を提起したに違いないと思う。

130
第9回 有明海・不知火海フォーラム in しまばら 2006
2006年7月29日(SAT) 受付10:30〜 「今、有明海は」上映 11:00〜
島原市有明町総合文化会館 グリーンウエーブ 0957-68-5150
20060423

10:30  受付開始 
11:00  『今、有明海は』 中尾 勘悟 監修 上映 ( 1時間30分 ) 
12:30  休憩 
13:15  開会 熊本県立大学 堤 裕昭教授、鹿児島大学 佐藤正典教授 による講演 他
18:00  閉会


第9回 有明海・不知火海フォーラム in しまばら 2006 案内チラシ
(文・絵:寺田志桜里/くもん出版)


『今、有明海は』 中尾 勘悟 監修 上映 ( 1時間30分 )

※ 開催内容には多少の変更の可能性がありますが、現在の段階での予定をお知らせいたします。

131. 温泉に浮かぶ半島 小浜温泉編
(有明海・不知火海フォーラム島原開催に寄せて)C

 "島原半島が温泉に浮かぶ"は、無論、ひとつの表現ですが、火山による半島であることから雨が浸透しやすく、また、当然にも河川に乏しく、従って沖積平野も事実上存在しない土地なのです。
 雲仙は、一見すると高温の温泉に恵まれているように見えますが、さすがに七〇〇メートルの高地にあることから、水は絶対量に乏しく、降った雨がそのまま熱せられて出てくるのですが、一部には湯冷ましをして適温にしているところもありますが、地下水と混ぜて利用しているところが多いようです。このため、夏場の渇水期には不足することもあると聞いています。それもこれも地下に浸透しやすい土地の故なのです。
このように、雨はたちまちにして浸透して海岸近くで溢れ出てきます。これが島原の湧水であり、日量一万五千トンとも言われる小浜温泉でもあるのです。
 島原半島では小浜温泉、雲仙温泉、島原温泉の三つが有名ですが、あまり知られてはいませんが、多くの温泉があります。最近になって無理して掘られた町営の温泉地は別にしても、半島の付け根にある唐子温泉、天草・島原の乱の原城址近くにある原城温泉、口之津温泉、島原市の山手にある新山温泉上ノ湯、某水産会社(丸政水産)の保養施設が一般にも開放された有玉温泉など多くの温泉があります。
 全部を紹介するわけにも行きませんが、とりあえずは三湯物語の小浜、雲仙、島原、その他として四回ほどに分けて紹介することにします。
 まず、三湯ですが、泉質が全く異なります。簡略化して話せば、小浜の食塩泉、雲仙の硫黄泉、島原の単純泉となるでしょう。泉温は、小浜、雲仙が百度に近く、島原が三五度前後というところでしょう。もうひとつの特徴は、小浜、雲仙の大半が源泉掛け流しに近いものであることです。実際、レジオネラ菌で死者まで出した厚生労働省お奨めの循環式の"塩素湯"がほとんど無いのです。簡単に言えば、小浜の食塩泉も雲仙の硫黄泉も成分が濃いために循環式のパイプが目詰まりと腐食によってすぐに劣化してしまうからなのです。また、小浜も島原も海岸に近いことから掛け流しが地域で許容されてきたこともあるようです。従って、島原は一概には言えませんが、こと温泉通にとっては小浜、雲仙はありがたい温泉地と言えるのです。また、大量の湧水と温泉排水が、海にミネラルを送り続けているため、ノリ養殖も含めて、漁業全般に良い影響をもたらしていると言えるように思えます。

小浜温泉編

 小浜温泉では、ここ十年で宿泊客も売上もほぼ半分近くにまで落ち込んでいると聞きます。黒川、湯布院に客を奪われていることを理由にすることは簡単ですが、決して本質ではないでしょう。私はインチキ観光アドバイザーではありませんが、テトラ・ポッドを平然と放り込み、背後の広葉樹林をくだらない急傾斜対策の防災事業で潰していくような温泉には未来はないとだけは言っておきたいと思います。
 この小浜でも愚かな道路事業で無残なコンクリートの壁面が増殖しています。都会の人間はそんなものを見たくないからこそ、田舎の温泉に足を向けているのであって、道路事情が悪いから客が来ないのではないのです。まあ、内容が重複してきますのでこれ以上は書きませんが、温泉地全体が自然と調和して都会の人間がほっとするような空間がない限り、今後も小浜からは客足が遠のき、土建業者だけが闊歩するような温泉町になることでしょう。
 ただのセンチメンタリズム以上のものではありませんが、かつて、小浜が陸の孤島を脱し、小浜鉄道を敷いた時代(現在もそのなごりが富津漁港周辺の道路として残っていますが)、豊かな自然と素晴らしい海が広がっていたことでしょう。

 以下は、以前書いていた我が温泉同好会の一文ですが、再編集して掲載します。興味のある方だけ呼んでいただければ結構です。
昭和の残照
(夕陽とともに沈む小浜温泉)
はじめに
地溝帯の賜物「小浜温泉」
夕陽とともに沈む「小浜温泉」
非日常性の法則
(なぜ「小浜」は落ち込み、なぜ「黒川」には人が集まるのか)
団体旅行の終焉
今に残る小浜温泉の魅力
「脇浜共同浴場」のこと
昨年九月の新聞記事について


はじめに

 高峰雲仙の大山塊を背に仰ぎ橘湾に臨む小浜温泉、高温の食塩泉が大量に湧き、海沿いにおよそ三十余りの旅館ホテルが建並ぶ天恵の温泉地。
 通常ここを訪れるには愛野の展望所から崖筋を下っていくことになります。かつては、軽便鉄道だか馬鉄だかが通っていたそうですが、いまや例外なく車での旅になります。
途中、比較的交通量の多い国道を辿っていくことになるのですが、左手には「橘神社」が見えてきます。海軍には、日露戦争時期の廣瀬中佐(旅順港封鎖/「杉野はいずこ」)がありますが、陸軍も負けじと軍神を造りました。今に祭る「橘中佐」の銅像です。いつもながらいやでもとおりすがら目に入りますので、どなたもご存知かと思います。しかし、時の流れは速いもので、いまや何をなした人であったかさえ忘れ去られる時代になりました(日露戦争遼陽会戦の橘周太)。峠を越えると、はやくも小浜温泉が眼下に見えてきます。
今回は、斎藤茂吉が「海の夕陽はわすれざるべし」と詠った抜群のロケーションを持つこの小浜温泉に多少のコメントを加えたいと思います。それには一つの理由があります。
二〇〇〇年九月二六日の地方紙(具体的には佐賀新聞ですが)に「集客へバリアフリー化」噴火影響の長崎・小浜温泉 電動スクーターも配置 という記事があったからです。
 記事から察するところ、落ち込みの激しい小浜温泉も何とか生き残りのための手がかりを得ようと必死のようです。
 湯布院、黒川といった発展を続ける温泉地のレポートを書くのも良いのですが、下手をすると全体が沈没するといった温泉地を考えるのも必要なことでしょう。
 山口の俵山、熊本の日奈久、湯ノ児、大分の別府、宝善寺、長崎では小浜が顕著なのですが、かつて賑わいを見せた名だたる温泉地が目立った落ち込みを示しています。
 その理由には、普遍的な要素と個別的な要因があるようです。特に、海岸に位置する温泉が多いことが一つのヒントになるかも知れません。
 もちろん、俵山、日奈久、別府(亀川、鉄輪)などの落ち込みの一端は、当時には極めて重要であった道路整備の遅れと駐車場の不足が尾を曳いていることは間違いないでしょう。しかし、およそ駐車場のない、黒川温泉が人気を独り占めにし、大分の湯平温泉が復活の兆しを見せ始めていることにも示されるように、単純にそういったことでは説明の付かない部分があるように思います。
 第一、今や全国的に脚光を浴びる黒川温泉「新明館」には、たとえ駐車場が遠かろうが、少なかろうが、客のほうから押しかけ、歩いてでもやって来てくれているのです。
 繁盛を続ける黒川の「新明館」、「いこい旅館」、「御客屋」、「富士屋」・・・などといった昔からの旅館の多くが、例外なく普通車の離合もままならぬ川沿いの狭い路地に位置しているからです。
 また、確かに露天風呂の有無はあるでしょう。たまに予約の電話が入っても、話のはじめから「お宅には露天風呂がありますか」「ああ、ないんですか」で切られてしまうのですから、露天風呂を持たない、もしくは資金があっても土地や建築基準法などといった関係や何やで造ることができない旅館の心中は察するに余りあります。しかし、仮に急ごしらえで露天風呂を造ったからといって、多くの旅館の客足が一向に戻ってこないことも事実なのです。
 いい機会ですので、多少気の毒ではあるのですが、小浜温泉をテーマに、もう少し掘り下げて考えてみたいと思います。本来は宿泊して書くべきではあるのですが(過去には何度も利用していますが)、五年前の夏にすぐ傍の雲仙温泉「九州ホテル」で私の私的な温泉同好会の四人会(実は三人会)を行ったことから、なかなか直ぐには小浜に足が向かないのはいた仕方ありません。
 いずれ、鯛の美味しい頃、桜の季節や秋口、そしてその風情からいって、正月にでも再度四人会で訪れたいと思うものです。おそらく老舗旅館の「春陽館」あたりになることでしょう。
 お断りしておきますが、見かけに引きずられて老舗旅館と申し上げましたが、「春陽館」は大正14年の創業ですから、必ずしもそれほど古い旅館というわけではありません。「うぐいすや旅館」は明治30年、「つたや旅館」は明治元年、「伊勢屋旅館」に至っては寛文九年(330年前)の創業ですから、やはり外観だけでは決められないものです。
 いずれにせよ、小浜温泉が、本当に、"夕陽とともに落ち込む温泉地にならないことを願って、"ささやかながら一助になりたいと思うものです。

地溝帯の賜物「小浜温泉」

 小浜は、まさしく天恵ならぬ地球の恵を一身に受け止めている温泉です。まず、海の中から百度に近い源泉が、それも大量に沸き出しているだけでもすばらしいものです(現在でも小浜温泉の前の海から間欠泉が吹き上げています)。
 そもそも、島原三湯は一つの地溝帯の線上に位置しています。四国から延びてきた巨大断層は、別府で九州に上陸するや、筑後川に沿った系統と球磨川に沿った系統に分かれて西に延びるのですが、その一つが、愛野の展望台に至る大断層に繋がっているのです。
九州でも海底から沸き出している温泉というとそれほど多くはありません。この際ちょっと主なものを整理してみましょう。
 別府にも「聖人が浜温泉」など、砂浜から沸く温泉があります。こちらは別府市の観光課などに任せておけばいいので多くを語る必要もないでしょう。
 桜島近辺や、鹿児島市、当然に砂湯で有名な指宿温泉、成川温泉にも同様に浜から温泉が沸き出ていますが、あくまで浜から沸いているのであって、海底から沸き出しているということとは違っています。勿論、鹿児島湾のかなり深い場所に、何ヶ所かの噴気孔や熱水鉱床のようなものがあることも知られており、それはそれで温泉の定義に当てはまるのでしょうが、人が気楽に利用出来る温泉という意味とは異なっています。
 とすると、海底温泉の概念にあてはまるのは、これもあまり知られていない壱岐の湯ノ本温泉(ここは戦前から蛇にマムシにかまれた人がすぐに直るという評判で、最近では羽生四冠(現)に敗れた米長九段が癒しに来た(ハブに噛まれたの洒落ですが)があります。
 さらに知られていないのが、八代と水俣の中間に位置する芦北町、不知火海に面した計石港の一角にある「計石」(はかりいし)温泉です。ここも、目と鼻の先にある湾内の海底から大量の重曹泉が沸き出しているのです。そして、町営の温泉センターは贅沢にも勿体なくも、高温のしかも大量の源泉を掛け流しにしているのです。
 いつも思うのですが、この計石では、いまでも昔懐かしい機帆船の「打たせ船」が、すぐ沖の不知火海で漁をしているのですし、普通ならばここの海底温泉と新鮮な魚介類のセットで、いまや聞き飽きた感のある「町興し」運動でもやりそうなものですのに、商売気がまったくないのかノンビリしているのか、実にもったいないと思うかぎりです。もちろん、当方は自分だけの密かな楽しみ(年寄りの隠れ遊び)として残せているわけですからあり難い限りなのですが。

夕陽とともに沈む?小浜温泉

 小浜温泉が人気を保っていたのは、ほぼ、三十年前まで、つまり高度経済成長が終焉を遂げる頃まででした。ここは戦後復興と伴に発展期を迎え、かつては放っておいても客が来るといった状態があったことは事実ですが、それが効いたのはやはり団体中心の定番観光が確固として存在し、新婚旅行客が海外に流れる頃までのことだったのです。
 その後、レジャーに於ける個人主義化が進み、旅行そのものが家族や小グループ中心に移行し始めると、小浜温泉は徐々に敬遠されていったようです。
 旅行が団体中心であった時代には、手際の良さだけが要求され、いかに均質で大量の予約を貰い安定してこなせるかといったことに終始したものでした。しかし、旅行の個人主義化が進むと、団体旅行などで押さえ込まれていたお客の本来の欲求が表面に現れ始め、これが徐々に大きな意味を持ち始めるのです。
 小回りの効くサービス、具体的には家族のわがままや、家族構成に応じた料理、見晴らしの良い和風づくりの広々とした空間、食事時間のわがままな要求、果てはペットの同伴まで、これらの煩雑な要求に答えることが要求されているのです。
 ただし、黒川の名旅館(「やまなみハイウエー」開通時まではただの田舎旅館)が、本当にそこまでのサービスを行っているかといえば、単純にそうとは言えないようです。問題は、人気が失われつつある温泉地、旅館はそれくらいの努力をしなければ生き残れない要素があるのではないかという程度の意味です。
 もちろん、お客の欲望には際限がありません、経済的に成り立つサービスと客の要望の折り合いをつけるのは、結局、経営者の判断にならざるを得ないでしょう。
 今のところサービスの提供には規制はありません。旅館組合の協定料金といったものも規制といえば規制ですが、所詮、これは儲かった時代に一定の利益率を確保するために持ち込まれたものでしかなかった訳であり、既に儲からなくなった今となっては、団体旅行を中心に激安ツアーなどで買い叩かれているのですから、事実上有名無実になり、生き残りを書けた戦国時代に突入してしまっていると言えるでしょう。
 このような環境で、どのようにして生き残っていくのかとなるとかなり難しい問題があります。
かつては、帝国海軍の保養地に指定され、インペリアル・ネービーの将校クラスが利用し、それなりの賑わいを見せていたとも言われるのですが、このような安直な繁栄がおいそれとやってくるとも思えません。
 もっとも、海軍は永い洋上生活を強いるために、やたら保養地を指定していたようです。それに、佐世保の鎮守府から、かなり遠かったこともあり、実際にはそれほどの意味があったかどうかは分かりません。
 少々横道に逸れましたが、いずれにせよアイデア勝負が効く部分と、個別のアイデアや努力だけではどうにもならない部分があるようです。


昭和の情緒の温泉街 小浜温泉

非日常性の法則
(なぜ「小浜」は落ち込み、「黒川」には人が集まるのか)

 雲仙と併せて私が好きな小浜温泉の落ち込みを食い止め、逆に反転のきっかけを探るためにも、直接の参考にはならないでしょうが、黒川などと対比して考えて見ましょう。

 湯布院、黒川の成功を一言で表現すれば、「日常性からの解放」という点にあります。
 黒川温泉には、画一化された現代に失われたものが残っています。まずは、そのロケーションから考えてみましょう。
 ここには特に都会の人々が"失ってしまったものがある"のです。というよりも、"昔からのものが失われていない"ということになるのかもしれません。
 もともと、黒川温泉は川沿いの狭い土地に小さな旅館が集まっただけの何の変哲もない農家相手の湯治場でした。このため、土建屋に金を落とすことだけが目的の公共工事、具体的には河川改修や道路工事からは見捨てられてきました。それは、川沿いの温泉地がそれなりに旅館街をなしていたるために、用地買収や補償交渉に手間がかかるなど、手っ取り早く事業を進めるには不向きだったからです。当然に、余地が全く確保できない共同浴場(地蔵湯)前の道路の改修など手がつけられるはずもありませんでしたし、最初から不可能な話でもありました。
 また、川岸ぎりぎりまで張り出した旅館の建物そのものが邪魔になり、河川の幅を倍にするといった大規模な河川改修も手がつけられませんでした。
 このため、ある意味でうち捨てられていたが故に、昔ながらの風情と情緒を保ち得たといった部分があるのです。
 黒川のお客の大半を占める福岡など都市圏からの旅行客にとって、彼らが日常的に接する川は、今や、降りて行く事も不可能なコンクリート構造物に変えられていますし、道路も草一つ生えないものにされてしまい、絶えず車を気にして歩くものになっています。たまに公園に行ったとしても、人工的な植木や芝生までもが綺麗に刈り込まれ、およそ自然とはかけ離れたものに仕立てられています。簡単に言えば、これらと全く逆のものがそのまま残されているところに黒川の人気の一端があるのです。
 黒川では、下駄を履いて川沿いの道を歩いたとしても車のほうが止ってくれますし、そもそも地元の旅館に関係のある車しか通りません。コンビニや、信号機と言ったものはほとんど目に入りません。ましてや原色だらけの弁当屋の看板といったものは全く見つからないのです。
 細かい事では、食材などの搬入がお客のいない時間帯を避けて行われているかは特別に聞いたこともないのですが、燃料の搬入にしても余り目にしたことがないことを考えれば、お客のラッシュ時を避けて行なわれているだろうことは想像がつきます。
 仮に、もしそうでなかったとしても、こういった事を旅館組合などで考えるのが必要な時代なのです。川も道路も昔のまま、といっても、決してそれほど昔ではない。今、生きている人間が意識できる範囲で、昔にあったあたりまえの風景や風情といったものがセットで残されているからこそ、都会の人々に人気があるのでしょう。
 都市で生活する人間にとって、空調の整った近代的オフィスというものも、ある意味で脱出したい対象でしかなく、ほぼ、和風で統一されている黒川の各旅館はいわば砂漠におけるオアシスの趣をもっているのです。
 昨年、黒川温泉の上流の方になりますが、瀬の本高原の方からの入口に位置するホテルが名前を変え、純和風のホテルに衣替えしました。黒川温泉で唯一黒川的でなかったホテル(名称も一部変更し、新装なった「瀬の本観光ホテル優彩」のこと/驚くことに、ここにはギリシャ・ローマ風の浴場があったのです)が、当然ながら、昨今の客からの不満から改装に踏み切り、その雰囲気を一新させることに成功しました。
 また、当然ながら、都会でマンション暮らしをする人々にとって、機能だけが追及されたユニットバスのごときものは、所詮、明日の出勤のためのクリーニングでしかなく、およそ安らぎの要素などありはしません。仮に窓を開けても、防犯を考えたそれは拘置所のごときスリット窓であり、見える風景も隣のビルに過ぎないのです。
 恐らく露天風呂がブームになる理由にはこういった開放性への潜在的欲求があるのであり、ユニットバスの普及と露天風呂の増加とは綺麗な相関関係があると思われるのですが、特別に統計的に計量されているわけではなく、もちろん調べることなどできません。
 植え込みにしても、特別に庭師に頼んでしつらえたといったものではなく、仮に頼んだとしても単なる百姓の片手間仕事風にしか行っていないように見えます。むしろ自然のままに放置されているように見せているのでしょう。
 ただ、注意しなければならないのですが、この黒川にしても、元々は他の温泉地と同様の設えであったようなのです。それを、今やカリスマの風さえある「新明館」のおやじさんなどが中心になり、植え込みを増やしていっただけのことなのです。
 黒川温泉が露天風呂の入湯手形を売り出すのがおよそ二十年ほど前なのですが、それに先行して全旅館が徐々に露天風呂を設え(実際には唯一儲かっていた「新明館」を模倣しただけなのですが)、組織だって植え込みを増やしていったわけです。このように、こと植え込みに関しては、黒川においてさえ人口のものだったのです。ただし、自然なものに見えるように設えられているのであり、表現は悪いのですが、いわば造られた「癒し」の要素が存在するのです。
 当然に、サウナや小煩いジェットバス、泡風呂などといったものは一切ありません。だいたいこの手のものは、都会のヘルスセンターにたむろする土木関係者たちと田舎ものだけで有難がられているのです。
 極めて簡略化して言えば、「既に都会に失われてしまった風景、人情、文化、食べ物などがワンセットで存在する」が故に、引きも切らず都会から多くの人々が押しかけているのです。
 湯布院温泉にしても同様です。ここでは、温泉街と農地や住宅が混在していたために、ほ場整備や県道改修といったものが立ち遅れ、いわばうち捨てられ(ほ場整備事業の場合は地区外扱い)捨て置かれたが故に、昔の懐かしい景観が保たれたといえるのです。
 結局、逆説的ながら湯布院も黒川も行政から放置された(土建屋的発想の公共事業の魔手から逃れた)が故に、後「高度経済成長」期に飛躍する条件を付与されていたと言えるのではないでしょうか。
 さらに言えば、旅行の個人主義化によって解放された「お客のわがままな欲望」を、「入湯手形」(泊り客ばかりではなく、全てのお客に全ての露天風呂を開放するという当時としては画期的な試み)によって、いち早く受け止めることに成功したように、山奥の農村にある人恋しさに裏付けられたある種の開放性こそが都会の人々の心を掴んだといえるのです。
 このように、個人主義化によって解放された「よその旅館のお風呂にも入ってみたい」などという、これまで「団体旅行」などで押さえ込まれていた「わがままな欲望」を、いち早く受け入れることができた客観条件としての均質性(実は黒川といえども簡単に言えばドングリの背比べなのです)と山村の湯治場としての開放性とが、こと集客については極めてプラスに働いたと言えるような気がします。
 まさに、時代から取り残され、うち捨てられたが故に、次の発展が保証されたという、複合的発展の形態が黒川温泉成功の背景にあるのです。

護岸工事と小浜温泉

 ここまで述べてくれば、現在の小浜温泉の全体としてのスタイルが「後高度経済成長期」に適応できていない、もしくは既に適応できないまま相当の年月が経過してしまったことがお分かりになると思います。
簡単に言えば、福岡などの都会からのお客を取り込みたいと思っているにもかかわらず、小浜温泉には、満足に取り込める「癒し」の要素がほとんど見当たらないのです。
 まずもって、ほとんどの人間が開放的な和風住宅に住んでいた70年代までの日本では、近代的な白亜のホテルは憧れの的でした。その時代に適応したのが現在の小浜温泉のスタイルでした。その後、オフィスが高層ビルに変り、住宅がサッシ窓の密閉性の強い住宅やマンションに変り始めるや、逆にこじんまりとした和風旅館や、ホテルにしても内装は和風のものが好まれはじめ、洋風のオフィス然としたものが敬遠されるようになっていったのです。
 このように、全体としての小浜温泉のスタイルがおよそ三〜四十年近く立ち遅れ、時代から取り残されていることがお分かりになるかと思います。
 遠路(高速からのアクセスの悪さは確かにあるのですが)訪れても、博多港の箱崎の埠頭あたりと変らない巨大護岸堤がはばかり、目の前に美しい海があるにもかかわらず海岸には降りるべくもない。もちろん散策を楽しむ要素など全くありません。
 都会(シーサイドももち)と同様の埋立地には、およそ景観といったものを無視したリゾートマンションやら警察署といった無粋な建物が立ち並び、かつての浜の湯治場といった雰囲気など全くありません。
 渇望されていた駐車場の建設のため飛びつかざるを得なかったとはいえ、土建屋のためだけの無味乾燥な護岸工事(たぶん旧建設省か運輸省の補助事業なのでしょうが)とテトラ・ポッドの投入は、今や都会の人間が最も見たくない存在でしかありません。
 旅館街の裏手には、崖崩れ防止のためと称して効果も疑わしい地場の土建屋のための事業が繰り返され続けています。仮に護岸工事をやらざるを得なかったとしても、観光地としてそれなりの注文をつけ、自らの要望を貫きとおすなど、それなりのやりようもあったはずですが、役所任せの巨大な付けがいずれボディブローのように効いてくることでしょう。
 せっかくのロケーションを持ちながら団体旅行の延長上でしか物を考えなかった(単に大型車の駐車場が何台確保できるかといったような)ことこそが、現在の絶望的で悲しげな景観を生み出しているのです。
しかし、所詮は先見性のなさと聡明なリーダーシップの欠如と言わざるをえないのです。本来、景観を一変するだけの事業だけに、最新の注意が要求されたはずなのですが今となっては悔やまれるかぎりです。
 今後は、せめてテトラの撤去や、自然石などによる護岸形成などを考えていく必要があるのではないかと思うのですが、そもそも必要性が感じられていない以上、おそらく改善も手がつけられないことでしょう。
 今の小浜温泉では海岸を散策しようなどという気にならないのは、恐らく私だけではないでしょう。仮に散歩しても、砂埃が目に入り、コンクリートばかりが目に付きます。海面は転落を気にするような遠いかなたなのですから言わずもがなのことなのです。
 もちろん、小浜が本格的な外海に面していることや、水深の問題からくる条件が決定したことかもしれないのですが、それはそれとして、それなりのやりようはいくらでもあったはずなのです。最低限、時化の時だけは閉鎖する(必ずしも管理する必要性があるとも思いませんが)海岸遊歩道の整備とか、人口でもいいから自然の磯を整備するとかいったものです。
 ただし、近くの富津や飛子などといった漁村の風情を急ごしらえで整備するなどといったことも愚かなことであり、おいそれと成功するとも思えません。第一、小浜は地名のごとく浜地(ゴロタ石)であり、富津のようなまとまった漁村が存在したわけでもありません。何の歴史も伝統もないものを意図的に仕組むことは無理があり、恐らく成功しないことでしょう。
 最低限度、司馬遼太郎が「街道を行く」(島原・天草の諸道Pだか肥薩のみちB)で酷評した、「平戸城」直下の体育館のごとき、景観を全く無視した建物を建て続け、美しい海を塞ぐといった愚行だけはやめるべきでしょう。
 そして、遅ればせながら少しずつでも、都会の人間が求めている景観に造り替えていくことが必要なのです。
 現在、資金力の問題は別として小浜温泉の多くの旅館やホテルが改装と建直しを迫られる時期にきているはずです。難しいかもしれませんが、それなりのテーマを設定して、景観の統一性を追求していく必要もあるかもしれません。ただし、これは相当に難しいことであり、おいそれと成功するとも思えません。結局は成功したところの模倣をしていくことぐらいしかないようなのですが、実は、海岸部に位置する多くの温泉地が落ち込んでいることから、海辺の巨大温泉地そのものが敬遠されているのではないかという危惧があります。
 いうまでもなく、熱海、伊東、皆生(鳥取県)、白浜(和歌山県)、別府、指宿…などは例外なく落ち込んでいます。海岸部で僅かに成功しているのは、南伊豆や能登(和倉温泉)それに南紀勝浦などの島嶼部、離島といった、開発が遅れ自然が多く残された温泉地だけであり、いよいよこの問題を無視しては旅館業、ホテル業も成立しない時代が到来しているようなのです。
 それは、国有海浜地が国家のものとされたために(一般的には入浜権の排除などに象徴される)、海岸部は事実上私権が存在しないことになっていたからかと思います。このため、海岸部では公共事業がやりたい放題の野放し状態にされてしまったのです。
 結果として、多くの海岸部に位置する温泉地が、駐車場や道路整備と引き換えに、美しい海岸を無味乾燥なコンクリート構造物に交換し続け、今や都会人からソッポを向かれているようなのです。「加賀屋」や「のと楽」で有名な能登の付け根の和倉温泉も、それなりの護岸工事がされてはいるのですが、能登の自然が残されているが故に繁盛しているのです。
 当面、やれることは限られています。可能ならば離岸堤やテトラポッドを撤去し、自然石による護岸形成に切り替えること。海に親しめる海岸線を整備し、松林などの復元(本来の植生に反したヤシの木や、客寄せのための桜の植林などは出来るかぎり避けること)すること。埋立地への景観規制(リゾートマンションの建設制限)を行い、土を残した遊歩道を整備し、植栽の促進し、本来の植生に近いツバキなどの照葉樹の植林(たしか長崎県の花だかになっていたのではなかったでしょうか)や駐車場のコンクリート舗装などを改めること(透水性コンクリートや、レンガ、土、芝を組み合わせた整備)。そして全体で景観を配慮したものに切り替えていくべきでしょう。さらに、安定したリピーターを確保するには、老人や障害者に配慮した歩きやすい環境を整備することなどが必要なのです。
 どうやら、都会人は歩く喜びを思い出し始めたようで、単なる利便性の追求にうんざりし、逆に車両が入り込めない環境を好む傾向が見え始めました。
 この点、九州で言えば、別府、指宿、湯の児なども同種の問題を抱えています。元々海岸部はやりやすい事もあって、無駄な公共事業が集中的に投下され続けました。このため、海岸部の温泉地は例外なく護岸工事がおこなわれてしまっています。しかし、決して諦めるべきではないのであって、これを部分的に自然の景観に戻していくことを開始すべきでしょう。そのような補助事業はないでしょうが、町の単独事業でもやるべきなのです。
 間違っても三県架橋による観光客の誘致などといった愚かな掛け声に踊らされ期待することはることもやめるべきでしょう。一過性のブームが過ぎれば、潮は一気に引いてしまいます。来易くなることは、同時に通過し客が逃げ易すくなることでもあるのです。
 昨今の観光客ほどドライなものはありません。便利になったことによって、もっと自然の残る遠方、天草下島、長島、北薩摩などに流れていくことにしかならないのです。
 やるべきことは、自らの魅力を回復することであり、一旅館、一ホテルの努力だけではなく、小浜温泉全体の吸引力を強くすることなのです。
 個人的な願いを一つだけ申し添えますが、間違っても「脇浜共同浴場」(昭和十二年開業の漆喰壁の温泉)を唯のコンクリートの箱に変えないこと(ここは、たしか私営だったと思いますので、愚かな行政の魔手から逃れられるのかもしれませんが)を切望いたします。私はウエットですので、これが残る限り、最低でも月に一度は訪れ続けることでしょうが。
 ハードばかりでなくソフト面の戦略も部分的には有効かもしれません。幸いに、非常に特徴的な高温の硫黄泉と食塩泉が同じ小浜町にあるのです。しかも、高級で清涼なイメージのある雲仙と、庶民的で暖かいイメージのある小浜はそれだけで立派な宣伝対象なのです。
 雲仙温泉は、七〇〇メートルの高地にあることから、夏でも涼しく、明治以来多くの外国人技師などが避暑地として利用してきました。
 一方、小浜は、冒頭で「正月にでも訪れたい春陽館」と申し上げたように、南を海に面し北に山を背負う地形のため、冬でも北風など吹かない暖かい土地柄です。
 このため、穏やかな海に面して湯煙が真っ直ぐ立ち上る小浜の風情は、冬場の寒風に吹き晒らされる福岡の都市住民などにとっては、それだけで心をなごませてくれるものなのです。
 かくして、「夏の雲仙、冬の小浜」は、その強烈な個性を持ち合わせているだけにそれだけでそれなりのインパクトを与えることでしょう。
 水俣市の二つの温泉地、「湯の鶴」と「湯の児」が、「山」と「海」、「鶴」と「亀」というイメージでキャンペーンを続けているのですが、それほど浸透しているとは思えません。それは、湯の児はともかく、湯の鶴温泉が雲仙のごとき高峰に位置しない、ただの山村の小温泉地にすぎなかったからと思うものです。こと、湯の児については、周りが島と半島に囲まれた地中海的雰囲気を単独で宣伝したほうが効果的ではなかったかと思います。
 この点、小浜と雲仙は、セットで考えれば極めて強烈な個性を持ち合わせているのです。
 概して、長崎県は大分や熊本のそれに比べて宣伝が下手な上に努力をしていない感があります。それは長崎が宮崎同様に「放っておいても客が来る」観光県であったことによるのでしょうが、今やそのような時代は明らかに終焉を迎えているのです。
 結果として、湯布院、黒川という勝ち組を生み出したのが大分と熊本であることを考えれば言わずもがなのことでしょう。これらに客が集中すると、当然に自然な波及効果があらわれます。今や、近隣の他の温泉地(例えば、黒川周辺の小田、山川、岳の湯)なども集客力を増しているのです。
「夏の雲仙、冬の小浜」というコピーはそれなりに有効かもしれません。もちろん夏も冬もお客に来て欲しいのはあたりまえですが、なかなかそう巧くはいきません。問題は強烈な個性を植え付けることに成功できるかなのです。
 これが成功し、ある程度のリピーターが定着すればおのずと全ての季節で繁栄していくことになるのです。あとは定着したイメージに併せて季節感溢れる料理を生み出し作り出し、確保していけば良いのです。陣地戦と同様に、まずは集中しそして一点で突破すべきなのです。

団体旅行の終焉

 そもそも、「日本人は旗さえあればどこにでも旅行する」民族といわれてきました。
 伊勢講(御伊勢参り/伊勢ニャ七度、熊野ニャ参度アーコリャコリャ=伊勢音頭)
以来の伝統のある国柄ですから当然と言えば当然なのですが、昨今は団体旅行といっても乗合ツアーが増えています。かなりの数で見ず知らずの人物同士が乗り合うという激安ツアーが大流行しているのです。
 確かに団体旅行には違いがないのですが、その内実を見れば他人同士である事からくる気兼ねのなさ、打算のなさがその中心的精神構造を形成しています。それに加えて都市生活で希薄になった新たな出会いの要素も付与されているようで、二十一世紀型の新たな旅行のスタイルになりつつあるのかもしれません。つまりは個人主義的旅行の集合版といえるでしょう。
 さて小浜温泉ですが、小浜観光ホテル、伊勢屋旅館、うぐいす屋旅館をはじめとして、いかにも団体旅行専用のホテルといったもが一等地を占めています。
 そもそも、観光地ではホテルが敬遠されています。当然に、ホテルの外観を持っていたとしても、中に入れば高級和風旅館といった設えが、現在の最新式観光旅館のスタイルなのであり、巷で持て囃される「温泉旅館大賞」といったものを受賞する多くのホテルも例外なくこういったものでしかありません。
 ところが、昭和の中頃までの観光ホテルのスタイルが、そのまま、群として残されているのが小浜温泉であり、ここには単なる設備投資の遅れといったものでは片付けられないものがあるように思われます(もちろん、私のような者にとっては郷愁を感じる魅力ではあるのですが)。いまや、若者にもっとも敬遠されているのが職場の団体旅行といわれています。日々煩わしい上司からこき使われながら、土日まで拘束され、飲みたくもない酒を無理やり飲まされ営業の延長のごとく「ゴマ」を擦り続けざるを得ないのですから、敬遠されてもいた仕方ありません。当然に国内の団体旅行は敬遠され、個室でノンビリ出来る海外ツアーでもなければ、もはや若者は触手を動かさないかのようです。いまやこの点でも小浜温泉が対応できずに、現在の観光情勢に立ち遅れていることがお分かりになるかと思います。
 家族や小グループで小旅行に出かけるにしても、小浜温泉には行きたくなるような旅館や高級ホテルが少ないのが現状です。これは、単に長崎県が大分県や熊本県のように観光地の宣伝に力を入れていない事によるとも言えるのですが、若い層への対応、国内旅行を好む落ち着いた旅行客への浸透が遅れていることは否定できないかと思います。
 特に若い層は、それなりの個性や特長といったものを感じさせてくれる雲仙に向かっているようなのです。

今に残る小浜温泉の魅力

 瑞穂町に新しく開発された温泉、島原鉄道は、「みえ」駅の傍にある水産会社の温泉、伝統的な原城温泉(残念ながら南有馬町共同浴場は昨年取り壊され、どこにでもある温泉センターになってしまいましたが)、口之津の国民宿舎(?)などといったものはこの際無視しますが、そもそも、島原半島には三つの代表的な温泉地があります。
 単純泉の島原、硫黄泉の雲仙、食塩泉の小浜と、島原三湯はロケーションからいってもそれなりの個性と特長を持っています。
 昨今の町営温泉センターの建設ラッシュによって殺菌された循環式のお湯があたりまえのようにはびこる中にあって、小浜温泉は、混じりっけ無しの源泉が掛け流しにされています(日量一万五千d)。詳細に調べたわけではありませんが、小浜温泉の各旅館やホテルも、大半は源泉掛け流しかと思います(数年前にオープンした簡保保養センターは循環式かも知れませんが高額なために入ったことがありません)。もちろん、新規の設備投資が遅れていることによることもあるのでしょうが、そもそも強烈な食塩泉であるということと、その絶対量の豊かさとが、結果として「循環式導入」の魔手から本来の泉質を守ったといえるのです(食塩泉や成分が濃い炭酸泉や硫黄泉も循環には不向きです)。
 もう一つの魅力は、その泉質です。九州にはあまり食塩泉がありません。全くないわけではないのですが(島原半島の付け根付近、森山町の唐比温泉、アルベルトフジモリの出身地に湧く熊本県の河内温泉、北薩摩の名湯諏訪温泉などわずか)、湯上りのサッパリした感触を与えてくれる食塩泉はそれなりに特異な魅力を与えてくれます。もちろん、毎日髪を洗う向きには不便かもしれませんが、それはそれで上がり湯を準備すれば良いだけのことでしょう。
 「夕陽が沈む温泉」として有名な小浜温泉ですが、既にこのキャッチコピーは風化してしまった感があります。もともと九州においては、西に大きな海が広がる温泉地が少ないことから夕陽が美しい(海に夕陽が沈む/小浜の場合は野母崎があるのですが)海岸部の温泉地としては、日奈久(八代)、湯の児(水俣)などが考えられます。しかし、何れも島などが障害になって直接海に沈む夕陽が見られるわけではありません。僅かに吹上浜温泉(鹿児島)と下田温泉(天草下島)ぐらいかと思いますが、下田にしても直接、海に沈む夕陽が見えるのは、国民宿舎「あまくさ荘」ぐらいであり、下五島の荒川温泉、壱岐の湯ノ本温泉にしても、島がじゃましているかと思います。ただし、このコピーは東京人あたりの感覚で、はるかな西のはてで沈む太陽を見た時の感慨を表したものでしょうから、ことさら細かいことに拘る必要もないでしょう。
 国民宿舎「望洋荘」はもとより、「伊勢屋旅館」、「小浜観光ホテル」、「山田屋旅館」、そして急ごしらえとはいえなかなかの景観を生み出すことに成功した「春陽館」など、絶景の露天風呂が目白押しです。これらが得られないところは、岩風呂風に露天風呂を設えておられます。
 小浜温泉の魅力の一つに共同浴場があります(国民宿舎「望洋荘」もその趣がありますが)。
まず、温泉街の西側国道沿いに「浜の湯」があります。ここは、近年改装されたのですが、その料金の安さと人情にはいつもながら魅かれます。ただ、私は国民宿舎「望洋荘」の裏手にある脇浜共同浴場に入らせていただく(あくまでよそ者ですので)ことが多いので、これから別項を設けてお話しようと思います。

「脇浜共同浴場」のこと

 「脇浜共同浴場」は少しばかり奥まったところにあり、雲仙登山道より先の口之津方面にあることもあり、ほとんど御存じない方が多いと思います。二〜三台程度の駐車場はあるのですが、裏通りを散策して入りに行くのが、温泉ファンの本来の楽しみ方と思いますので、もし、お気に入りになられたとしても、国道あたりに車を止めて、散策しながら浴場に行くことをお勧めします。国民宿舎「望洋荘」の東隣りの筋を入って直ぐの路地を右に折れて、しばらく歩くと左側の小高いところに、この共同浴場があります。料金は今時の感覚からすれば激安この上なく(現在は百五十円)、古い木造の建物で小型の体育館といった雰囲気すら感じさせます。洗い場の造りといい脱衣場の造りといい、大正から昭和の初めをそのまま感じさせます(昭和十二年開業)。もはや、この種の建物は、「元湯温泉」に象徴される人吉温泉の十軒ほどの共同浴場や別府の鉄輪あたりにしか残っていないようになりましたが、実に赴き深い温泉です。
 小浜は強塩性の高温温泉のために、建物は耐食性を考えてか丁寧な土壁の漆喰仕上げになっています。しばらく前まで浴槽の壁の一部に荒縄と竹が見えていましたが、現在は直してあります。漆喰壁は九州でもここぐらいかも知れません。恐らく、建設当時は、浴場としてはさぞかし立派な建物だったのでしょう。
しかし、今回この温泉を取り上げたのは、決して造り云々からではありません。
 よそ者の利用者が事実上存在しないためか、共同体としての「町のもの」の意識が色濃く残っており、皆が知り合いであり、不届きなことをするものは一人もいるはずもありません。このため、それなりの安定した秩序と和やかさがいつも保たれており、浴場はお湯もさることながら豊かな会話に満ち溢れています。一般に家庭の風呂が普及するようになって四十年程になりますが、一昔前まではこういった共同浴場がどこの町内にもあったのであって、外湯も当時は一般的でした。ここにはその当時の雰囲気があります。しかも、今でも利用者が多く、「まだ町がしっかり残っているのだなあ」と実感せずにはいられません。なによりもそういう意味でご紹介申し上げた次第です。
 今や、どこも町営温泉センターの建設ラッシュです(特に熊本県はひどい?)。この手の施設では、利用層の世代が若いこともあって、利用の仕方は目を覆うばかりです。ドアは決して閉めようとはしない、子供は騒がせたまま決して止めさせようともしない、洗い場にはゴミを置きっ放しにし、ロッカーの扉も開けっ放し、浴槽でも平気でタバコを吸い、ビールの空き缶を放置する、ひどい例では、浴場にまで「携帯」を持ち込んでピーピラピーピラやり放題、濡れたままで脱衣場に上がる、駐車場も他人のことは考えないで駐車する等々と、「他人との和やかな会話」はおろか、一切周りを弁えず、仲間内だけで大声でシャベリまくるといったように、最低限度のマナーさえも守られなくなっているのです。そして、どうやらその種の人種が徐々に多数派になりつつあるようにさえ思えるのです。およそ、こんなことなどに気を使わなくて済むのが、「脇浜共同浴場」であり、このような非常識な人々が一切やって来ない(この種の人々は、そもそも車で行けないところにはやって来ないのです)のがこの温泉なのです。建物の良さや、泉質の良さもさることながら、今後も残したいのは、このような安心できる心豊かな浴場と、他人を思い図る気持ちなのではないでしょうか。


脇浜共同浴場脱衣場

昨年九月の新聞記事について

 記事の内容は、九〇年の雲仙普賢岳噴火や景気後退の影響を受けて宿泊客が減り続けている(十年前の五割減)こと、バリアフリーの促進と併せて、高齢者や障害者をターゲットにした集客への努力を行っていくというものでしたが、記事の最後には、『松尾寿和町長は「根付くまでに時間はかかるが、高齢者・障害者の視点に立っただれもが過ごしやすい温泉街にして、活性化させたい」と張り切っている』と書かれていました。
 もしも大方の旅館やホテルがこの試みに全面的に賛同されているとすれば、少々の驚きですが、小浜温泉の現状からすれば、当面このような方法しか宿泊者の減少を食い止めることはできないかと思います。
もともと、どこの観光地やホテル旅館でもイメージダウンを恐れたり、手間を掛けることそのものをいやがって、こういった方々を疎んじてきました。またノーマライゼーションの遅れから、サービスを受ける側である在宅者や施設入所者の側でも自制してきたのも事実です。
 初めから経営上の問題を論じるのは気が引けるのですが、ことこの観点からすれば、必ずしも採算に合わないわけでもありません。一般的に、高齢者、障害者といった人々はお金をもっていないように思われがちですが、必ずしもそうではありません。障害者でも在宅ではない障害者施設入所者の大半は障害者基礎年金などを受給していますし、ほとんどお金を使わないために、十年、二十年となる長期の入所者の大半が1千万円近くの預貯金を持ち、施設などで管理されています。高齢者は高齢者で相対的に豊かな年金を受給しており、リストラに切り刻まれている若年層よりは、はるかに大きな可処分所得があるといえるでしょう。
 激安ツアーで極限まで絞り込まれることを考えれば、自力で開拓したお客はそれなりの収益率を確保できるはずなのです。
 この層が温泉旅行などに動かなかったのはあくまでも受け入れ側の問題であり、この点がクリアされれば、かなりの流動性を見ることになるかも知れません。良く考えればわかることですが、黒川には一部のホテルを除いて最大のバリアフリーであるエレベーターを持つところなどありません。階段に手擦りやリフトを整備するだけでもかなりの吸引力を持つことになることはお分かりかと思います。また、旧タイプの住宅に住みつづけてきた老人層には、まだまだホテルはあこがれであり、贅沢を好まないために一寸だけの贅沢がご所望なのです。また、そもそも小浜温泉の看板料理である「鯛の兜蒸し」などは、油気の多いものを好まない老人層には打って付けの料理なのです。受け入れ準備を整え(埋立地に全天候型のゲートボール場を造っても良いでしょう)、辛抱強く施設向けの営業活動を続けていけば、落ち込んだ修学旅行、団体旅行、さすがに消え始めた戦友会などの埋め合わせぐらいにはなるでしょう。
 ただし、雲仙普賢岳噴火の影響は表面的なものであり、深部において小浜温泉そのものが落ち込んでいく過程に入っていたことは間違いがないはずであり、仮に噴火がなかったとしても、いずれはこういう情況に立ち至っていたはずなのです。それは、雲仙温泉の回復をみればお分かりのはずです。
 今や、全国の海岸部の温泉地が構造不況業種化しています。いち早く問題の所在に気づき、早めに手を打つところほど早く立ち直れることは言うまでもありません。小浜温泉と、脇浜共同浴場を愛する一人として復興へのエールを送りたいと思います。
 今回は、総論的に大風呂敷を広げた議論を展開しましたが、「湯太夫跡」の話やら、小浜温泉の発展の歴史、富津を通った小浜鉄道の話や鯛料理などといった各論には踏み込みませんでした。いずれ、再び小浜温泉に泊まる事もあるでしょうが、この温泉をこよなく愛するものとして、小浜が繁栄し続ける事を望むものです。

 小浜温泉については、温泉の排水によって冬でもヒラアジ釣りができるといった話や湯太夫の話、バルチック艦隊の兵員が保養にきた話とか面白いエピソードがいくらもありますが、長くなりますので別稿とします。

■次回への予告A■
V   環境保護派よ我が梁山泊に楯籠もれ! (NO. 3) 6月号 New!
132
2006年度日本海洋学会春季大会講演要旨
遠賀川河口港の建設に伴う海浜変形と漂砂量
      宇野木 早苗・妹川 征男
 芦屋町の自然を守る会 妹川 征男 
 宇野木 早苗 (元東海大学教授) 
20050101
133
利水の役割果たさぬ江川ダム
中原孝矩(筑後川水問題研究会)元記者
20050101
134
温泉に浮かぶ半島 島原温泉編
(有明海・不知火海フォーラム島原開催に寄せて)D
20050101
135
ムツゴロウは泳げなかった
20060301

■次回への予告B■



有明海・諌早湾干拓リポート三年目へ(再掲)

 本リポートの連載が三年目に入りました。長短はありますが二年間で一一七本を書いたわけです。色々な事を書きましたが、良く続けられたと思います。
 しかし、この間、有明海ばかりではなく多くの場所で環境が再生するような兆しを報告できたことはありませんでした。恐らく、全てでこのまま悪化への道をたどることになるでしょう。
 結局、本リポートには実践的な文書も掲載してはいますが、私達の力は余りにも小さく、弱く、現状では状況を打破するだけの力を持ちません。
 このため、誰が悪く何が悪いのかを告発し記録し後世に真実を引継ぐ作業を行っているだけでしかないのかもしれません。この環境破壊に責任を持つ国土交通省や農水省はお抱え学者を動員して、将来、全く異なる説明をすることでしょう。しかし、歴史を見ても真実の一端は見えてくるものです。私達は将来の歴史家が真実を書く時にも役立つものを残さなければならないと思っています。
 三年目からはサブ・タイトルをV 環境保護派よ我が梁山泊に楯籠もれ!としました。梁山泊はもちろん明代のフィクションですが、腐敗しきった官僚どもを相手に、多くの英雄豪傑が梁山泊に楯籠もり抵抗運動を続けた話になぞらえたものです。願わくば、側面支援であれ、内部告発であれ、論文掲載であれ、集会参加であれ、考えられる全ての協力を要請するものです。             
 はやくも四年目からは、W 現代の十常侍=行政官僚を追放せよ!とするつもりです。