113. 「漏水」を知りながら強行されたダム

国交省は漏水を農民、漁民に補償せよ!(竜門ダム導水トンネル)

筑後川水問題研究会 中原 孝矩(元記者)

鯛生金山と背中合わせにある竜門ダム

 菊池川の竜門ダムへ、筑後川上流から導水路が掘られ大量の水が「漏水」し、竜門ダムに流れ込んでいると書いた。これは筑後川からの悪質な盗水だ、とも書いた。
 読者に正確を期すために地理的な説明を加える。筑後川の支流の一つ、津江川は合併前の大分県・中津江村、前津江村、上津江村一帯を水源にして流れ下る。三つの村は現在日田市となっている。
 県境を越えると熊本県・菊池川水系だ。話題の導水路は大分県側から、熊本県側へ、掘り抜かれ、その長さは12.2キロある。
 ここでお詫びして、訂正しておかなければならない。先に「竜門」導水路と表記したが、これは間違いで、正しくは「津江導水路」だった。先日はじめて現地入りして、導水路の所在と、竜門ダムを見てきた。改めて、ダム建設の正体を記録して、読者の批判を待ちたい。
 まず導水路で起きた、大量の「漏水」についてだ。竜門ダムは1996年度に完成し、翌年春、貯水を始めた。しかし大量の「漏水」は止まらず、灌漑用水が枯れる、飲料水の確保ができない、という地元で発生した深刻な後遺症の後始末に追われた。やっと、このぐらいの「漏水」は仕方がない程度に抑えられたとして、事業に決着をつけたのが2002年度。
 この間一体どれだけ多額の税金無駄遣いが行われたのか、厳しく追及しなければならない。
 追及の前段として「漏水」は突発事故ではなくて、最初から、国は分かっていたことを指摘する。当然このようなことが起こりうると、国は分かっていながら、「そういう場所」に直径3メートル近い馬蹄形のトンネルを掘ったということだ。
 「そういう場所」という点から書く。大分・熊本県境の中津江にドライブしたことが有る方々なら、観光の目玉が何か、先刻ご承知だろう。有名な「鯛生金山」の所在地だ。阿蘇火山帯の周辺部で金山がある、と聞いただけで、地質学的には「漏水」は当たり前と感じられるのではないか。
 熊本県側から見上げると、右に酒呑童子山(大分県・標高1181)、左に八方ヶ岳(熊本県・標高1052)がそびえ、その真ん中付近の県境に宿ヶ峰尾峠(標高800)がある。等高線は重なり合い、出入りの激しい岩山が分水嶺となる。鯛生金山と竜門ダムは、この険しい岩山を挟んで表と裏の関係だ。県道133号線がまたがる県境の標高は不明だが、大体700メートル付近だろうか。

二〇〇二年四月の「朝日新聞」(地方版のため掲載日は不明)


龍門ダムの周辺、北に県境を越えると下筌ダム、松原ダムがある(マピオン)

犯罪的な断層地帯でのトンネル掘削

 ここに興味深い文書がある。1986年・昭和61年、建設大臣から公害等調整委員会に出された「竜門ダム関係鉱区禁止地域指定請求」だ。内容の概略はこうだ。「熊本県菊池市から大分県上津江村、中津江村を含む県境の約855ヘクタールに鉱山事業開発許可を禁止する」というもの。
 文書の一部を転載する。「請求地域は熊本・大分県境にまたがる山岳地帯の南麓に位置し、標高600から1000メートル内外の山々に囲まれた山地。地質は主に花崗岩類を基盤岩とし、それらを阿蘇火砕流堆積物が覆っている。民間によって鉱業権が設定され、鉱物の掘採が行われれば、ダム施設の損壊、貯水池の埋没、漏水等の原因となり、ダム、貯水池、及び導水施設の保全に支障を与えるおそれがある」と明記する。
 要するにこのあたりで山体に坑道を掘るようなことをすれば、地質が悪いから、漏水は確実におこると明言しているのだ。
 同様の文書はもう一つあった。1960年・昭和35年、松原・下筌ダムの建設に先立って土地調整委員会へ出された。「鉱区禁止地域指定請求」にもほぼ同様の指摘がある。「日田郡大山村、中津江村、上津江村、栄村、熊本県小国町付近一帯の広さ約2430ヘクタールを鉱区禁止地域にする。地形は急峻で、地質的には断層節理が多く、崩壊、埋没、漏水のおそれなしとせず」とある。
 下筌ダム湖岸に、玄武岩の柱状節理が地表に突き出て大空にそそり立つ場所が2箇所ある。地中の深いところから、地表に向けて岩塊が突き上げる岩盤地帯では、地下水はどのような走り方をするのだろうか。
 なんのことはない。導水トンネルを掘れば「漏水」することを、国は充分認識していたのだ。1960年は土地調整委員会、1986年は公害等調整委員会だが、ほとんど同じ内容の指摘が行われている。こうした国の委員会に顔を出す地質専門家の間では、共通の認識、常識であったことが証明されたようなものだ。このような重大な背景があったにもかかわらず、トンネル掘削が強行されたことは犯罪的であるといっても過言ではない。
 現地で見つけた国土交通省九州整備局の碑文に「工事は1987年9月に着工された。途中、度重なる高圧湧水や破砕帯との遭遇などで、トンネル掘削は困難を極めた」と書く。でもね、あなたたちは、困難に遭遇することは、初めから知っていて強行したんだから、当然でしょうといいたい。
 地域住民には地下水の枯渇被害をもたらし、大量の「漏水」を食い止めるための余計な追加事業が延々と行われた。トンネルの本体は、長さ12.2キロ。本体に向けて斜坑が2本掘られている。都留地区にある斜坑の1本からは上津江の川原川へ「漏水」の一部が音をたてて流れ出ている。トンネル本体からは竜門ダム湖へ毎秒0.4トンが流れ下っていることは既に書いた。
 掘れば「漏水」が起こることはほとんど確実、知りながら強行したのは何か魂胆があったのではないか。新しい金鉱山でも掘り当てる計画だったかも。目と鼻の先に江戸時代の鯛生金山が掘られていたんだから、付近を掘れば、平成金山もしくは自民党金脈を掘り当てられると踏んだかどうか。

津江導水取水口ゲート操作場(下筌ダム上流)


龍門ダム周辺平面図

水が溜まらない場所にダムを造る強引さ

 本題に戻ろう。津江導水路の取水口は下筌ダム湖の上流にあった。竜門ダムで水不足が起きた時に備え、最大毎秒10m3が取水され、竜門ダムに送られる仕組みだ。
 ところで下筌ダムは松原ダムと並んで、洪水調節が主な目的のダム。水を溜めることは主たる目的ではない。洪水調節が主目的だから、6月11日から7月20日までは、梅雨期制限水位(海抜292メートル)以下、7月21日から9月30日までは、台風期制限水位(海抜323メートル)以下があって、制限水位以上にダム湖を満水にはできない。ちなみに下筌ダムの常時満水位は海抜336メートル。梅雨期は満水位との差、高さ44メートル分の約5130万トン相当が溜められない。また台風期は高さ13メートル分の2200万トン相当が溜められないダムとなっている。
 このように見てくると竜門ダムは、一年を通して満水に出来ない下筌ダム湖を頼りにして建造されたなんとも理解しがたいダムだ。しかも導水路を掘れば「漏水」は確実な地質の悪い場所。常識的に考えると、なんでこんなに条件の悪い場所に、竜門ダムが建設されなければならないのか、ということ。私でなくとも素朴な疑問が湧くはずだ。
 迫間川のV字谷をせき止めた構造の竜門ダムの集水面積は26.5平方キロで、「流域面積が小さい」(ダムパンフレットから)ので、流れ込む水量が不足するというのだ。だったら、ダム建設を強行することはないだろう。
 竜門ダムは強引に建設にこぎつけた、という感触を強くする。無理やりでもダムを造る、造りたいという国の狙いは一体なんだ。
 登場する3つの導水路設置に強引さが見て取れる。長さ12.2キロの津江導水路のほかに、立門(たてかど)導水路・長さ4.2キロメートルがあった。津江導水路は下筌ダムから最大毎秒10m3取水。立門導水路は著名な菊池渓谷の下にあって、最大毎秒10m3取水する。2つの導水路で竜門ダム湖に水を注ぎこむ。
 合計毎秒20m3は日量に換算すると、170万m3以上となる。竜門ダムは降った雨を溜める仕掛けというより、よそから導水路で水を持ってくるのが目的で建設されたんだ、とさえ思う。
 3つ目の導水路は迫間導水路・長さ約3キロメートルで、ダム湖に溜めた水を菊池川の支流生味川に最大毎秒2.5m3送水するという仕掛け。一度は菊池川から取水してダム湖に溜めるのに、今度は逆に、ダム湖から菊池川に戻すとは。わざわざ導水トンネルを掘ってまで、こんなことをしなくても、迫間川自体が、下流で菊池川と合流するのに、なんでこんなややこしい、複雑な仕掛けをしたのか、私は理解できない。それも莫大な税金を使って。
 「漏水」に関する全ての事業を国は説明する責任がある。工期が10年近く延びたことや、工事費が追加で大幅に増額されたことを含めて、ことの顛末を国民に公開せよ。


114. 大入島埋立を許すな!F(現地リポートNo. 6)

大入島(大分県佐伯港)埋立を許すな! 

筑後川水問題研究会会員 古川 清久(自治体職員)
HP「有明海・諫早湾干拓リポート」編集者

月刊誌「むすぶ」2005年 7月号(ロシナンテ社)寄稿論文

 大入島埋立問題は全国レベルで報道されたことからご存知の方も多いかもしれませんが、私たちのエリアである有明海沿岸から遠く離れた大分県の南部、佐伯湾内に浮ぶ大入島(佐伯市)の美しい磯を守る運動です。普通は読めませんが、"オウニュウジマ"と読みます。
 一月二五日の朝刊各紙は、大入島の石間地区で大分県が強行しようとする埋立工事を、反対する漁民らが体を張って阻止した事を一斉に伝えました。ご存知でない方のために、一応、毎日新聞の記事を紹介しておきます。

佐伯・大入島海岸埋め立て「住民が作業阻止」反対の中でアンカー投入

 大分県佐伯市の佐伯湾に浮ぶ大入島の海岸埋め立て計画で、県は24日朝、コンクリート製アンカーを積んだ台船を大入島に向かわせた。反対住民らが進路上に漁船を並べて航行を妨害しようとしたが、一つ目のアンカーを海中に投入。二つ目を投入した午前11時半ごろ、反対派の住民2人がクレーンのワイヤと手首をロープで巻き付けて阻止し、作業が中断した。2人は県に「工事の白紙撤回」を要求。県などは手を離すよう説得を続けた。午後8時すぎ、説得に応じた反対派が手首に巻いていたロープをほどき、県も二つ目のアンカーを海中から回収し、台船も港に向かった。
 アンカー(重さ7d)は海への土砂流出を抑えるフェンス用の重しで、同日は30個を現場海域に投入する予定だった。台船が工事の予定海域にさしかかると、反対派住民らが乗り込んだ漁船十数隻が近付き「帰れ」と抗議。佐伯海上保安署などの巡視艇など6隻が警戒を続け、現場海域は物々しい雰囲気に包まれた。
 埋め立て計画は02年に国土交通省の認可を受けたが、同海岸近くの住民や漁業者らが「環境破壊だ」と白紙撤回を求めた。一昨年11月に着工しようとした際も、台船を取り囲んで阻止した。
 同日夜、記者会見した渡辺浩志・県土木建築部長は「とにかく説得するしかない」と話したが、25日以降も抗議行動が続きそうだ。 【藤原弘、平野美紀、降旗英峰】

 本来は、佐伯港の港湾整備事業の正当性、浚渫、埋立の原因となっている旧レーヨン・パルプメーカーの興人の廃パルプ、さらには、惰性的な林野行政によって針葉樹林化された山からの慢性化した土壌流出などを議論すべきなのですが、詳しくは当方のホーム・ページを読んで頂くことにして、ここでは、港湾埋立問題を別の側面から考えてみたいと思います。

磯草の権利

 大入島埋立問題において裁判上の係争案件の一つとなっているのは"磯草の権利"ですが、この権利の正当性については弁護団の声明などにおいて十分に展開されていますので、私はこの法律的論争から少し離れて、別の側面から問題の一端を見てみようと思います。
 一般的に、行政側の衒学的な法律論争に対する法律的反論の必要性はもちろん認めるのですが、この手の話は私の趣味ではなく、結局は、権力側の土俵で不平等な争いをさせられているのだという思いを今だに消し去ることができまさせん。
 当初、大入島の裁判闘争の内容を一応簡単に調べたのですが、住民側は"磯草の権利"を巡って裁判を闘っていると知り、なぜ、このような主張で裁判闘争にまで持ち込んでいるのだろうかと訝ったものでした。結論から言えば、これは誤りだったのですが、不勉強な私は"磯草の権利"なるものが、漁業法でも保護されている法律上の権利であることを理解できずに、これまで敗北を続けてきた入浜権利訴訟の延長でイメージしてしまい、正直言って、弁護団に対する不信感さえ抱いたものでした。
 このことについて、石間の漁民の側に立って奮闘され自らもホーム・ページで訴えておられる大分県N市のM弁護士にお手紙を差し上げたところ、私の理解が誤っていることをメールで指摘して頂き、誤りに反省させられたものでした。その後、改めて調べ直すことによって、違和感なく大入島石間の住民を支援する側に立てるようになったのでした。裁判官も細部に枝分かれして歴史的に蓄積されてきた膨大な法律、判例、規則について知り尽くしているはずもなく、私は一審判決の敗北は正当性がないものと考えています。
 さて、直接には結びつきませんが、拙著「有明海異変」の三章に入れたコラムに「海辺の風景―国家のフリーハンドの帰結」という一文があります。入浜権、入会権に関連した内容ですので初期原稿から引用したいと思います。

海辺の風景―国家のフリーハンドの帰結( 拙著「有明海異変」から )

 時代はすでに大きく変化しており、このようなモデルを提出することにどれほどの意味があるかとも思いますが、「入浜権訴訟」という法律的テーマがあります。「入会林」とは、いったん国有地とされたあとでも集落が共同で採草したり、落ち葉の収集やキノコの採集、薪の採取などを行う慣行が残っている山野のことですが、一般的に言えば戦後の訴訟でも法的保護を受けてきました。しかし、浜辺や河口でアサリやカキを採り、冬場に岩ノリを採取するというような共同の慣行である「入浜権」は訴訟においては、一向に認められない傾向が続きました(日照権と同様に条文にないため法律上は存在しない権利なの=従って権利ではないのです)。
 早い話が国有林における採草権などは自衛隊の演習時以外には実害がなく、結局はどうでもよかったことであったのに対して、海岸部には干拓や埋め立て、港湾や工場敷地の建設(戦前は軍港や軍事施設の建設)等のインフラ整備が集中していたために、いつまでも国家のフリー・ハンドを確保しておく必要性があったからなのでしょう。 
 しかし、このことの背後には、農耕民は伝統的に土地に執着し、対する漁撈民は農耕民ほどには漁場に執着しないという、生産者としての生産手段(土地、漁場)に対する結びつきの強度の差というようなものがあったことも考えられるのです。
 このことを一番象徴的に現しているのが「海辺の風景」の惨状です。日本海側の海岸線を車で走れば一目瞭然ですが、島嶼部を除いた海岸の大半でコンクリートの護岸工事が行われていて、どう見ても不必要としか考えられないところにまでテトラポッドが敷き詰められて、自然海岸はほぼ皆無という有様です。
 日本海側は海岸の侵食が顕著です。そのことを理由に工事が行われているのですが、そもそも海岸侵食の原因はその海に注ぐ川の上流に異常なまでに多くのダムが建設され、本来は海岸部まで運ばれてくるはずの砂利や砂の供給が途中で遮断されていることにあるのです。そうであるならばまず海岸部に砂の堆積を回復させることが先決問題であるのですが、海岸侵食を食い止め、鉄道橋や道路橋の脚部を保護するために、山を崩して得たバラスと沖を掘って集めた海砂でテトラポッドを造ってそれを投入するという変態的なことが続けられているのです。
 海岸部に対する国家のフリーハンドを保障した「海岸法」を根拠に、また、農耕民ほどには漁場に執着しないという漁民の性格を利用して、旧建設、運輸、農水三省(プラス水産庁)はあたかもヤクザが縄張りを争うかのように各々が自らの「海岸保全区域」を指定して、ほとんど無制限に工事を投下し続けてきたのですが、諌早湾干拓事業もこのような傾向の延長上に事業が推進されてきたことは理解しておく必要性があると思われます。もちろん干拓事業は土地改良法に基づく事業ですが、老朽干拓については潮止め堤防の周辺に重複して海岸法の網がかけられて補強工事が行われるのです。

 結局、漁民や住民の伝統的で慣行的な権利を無理やり奪い去ってまで確保され高められた近代国家の権能の延長上に、あの、おぞましいまでの海岸景観の惨状と、現在の破壊的な港湾埋立問題も存在していることが多少ともお分かり頂けたのではないかと思います。
 今回、始めての寄稿ですが、私は、二〇〇三年に「有明海異変」(不知火書房)を出版し、現在、インターネットのホーム・ページ「環境問題を考える」のサブ・サイト「有明海・諫早湾干拓リポート」において「大入島埋立を許すな!(現地レポート)」外を月刊で連載しています。


115. 温泉に浮かぶ半島  雲仙温泉編

(有明海・不知火海フォーラム島原開催に寄せて)A

 「温泉に浮かぶ半島」は、無論、ひとつの表現ですが、火山によって形成された半島であることから雨が浸透しやすく、また、当然にも河川に乏しく、従って沖積平野も事実上存在しない土地を意味しています。
 雲仙は、地獄のイメージから高温の温泉に恵まれているように見えますが、さすがに七〇〇メートルの高地にあることからか、水は絶対量に乏しく、降った雨がそのまま熱せられて出てくるのです。一部には湯冷ましさせて適温にしているところもありますが、地下水と混ぜて利用しているところが多いようです。このため、夏場の渇水期には不足することもあると聞いています。それもこれも地下に浸透しやすい土地によるものでしょう。
 極端に言えば、雨はたちまちにして浸透してしまいます。それが海岸近くで溢れ出てくるのです。これが島原の湧水であり、日量一万五千トンとも言われる小浜温泉でもあるのです。
 島原半島では小浜温泉、雲仙温泉、島原温泉の三つが有名ですが、あまり知られていない多くの温泉があります。最近になって無理して掘られた町営の温泉地は別にしても、半島の付け根にある唐子温泉、天草・島原の乱の原城址近くにある原城温泉、口之津温泉、島原市の山手にある上の湯、新山鑛泉下の湯、旧有明町の某水産会社の保養施設が一般にも開放された源泉掛け流しの名湯など多くの温泉があります。
全部を紹介するわけにも行きませんが、とりあえずは「三湯物語」の小浜、雲仙、島原、その他として四回ほどに分けて紹介することにします。
 まず、三湯ですが、泉質が全く異なります。簡略化して話せば、小浜の食塩泉、雲仙の硫黄泉、島原の単純泉となるでしょう。泉温は、小浜、雲仙が百度に近く、島原が三〇度前後というところでしょう。もうひとつの特徴は、小浜、雲仙の大半が源泉掛け流しに近いものであることです。実際、レジオネラ菌で死者まで出した厚生労働省推奨の循環式"塩素風呂(私は次亜塩素酸ナトリウム泉と呼びます)"といったものがほとんど無いのです。簡単に言えば、小浜の食塩泉も雲仙の硫黄泉も成分が濃いために、循環式にしても直ぐにパイプが目詰まりし、腐食によっても劣化してしまうからなのです。また、小浜も島原も海岸に近いことから掛け流しが地域で許容されてきたこともあるようです。従って、こと温泉通にとっては小浜、雲仙はありがたい温泉地と言えるのです。また、大量の湧水と温泉排水が海にミネラルを送り続けているため、ノリ養殖も含めて漁業全般に良い影響をもたらしていると言えるように思えます。

雲仙岳の遠景、手前は諫早湾

雲仙温泉編

 小浜温泉ほどは酷くはないでしょうが、雲仙温泉もここ十年で宿泊数も売上も落としていると聞きます。ここも、黒川、湯布院に客を奪われていることを理由にすることは簡単ですが、決して本質ではないでしょう。海岸に平然とテトラ・ポッドを放り込む海岸部の温泉が軒並み落ち込む中で、美しい広葉樹の森が、使いもしない針葉樹の林に切り替えられ続け、結果、山の魅力が衰えたとは言え、とりあえず山が残る雲仙温泉は、都会の人間にとっては、まだまだ、魅力的な温泉に見えます。
 確かに、高速道路のアクセスの悪さや道路事情の悪さが、九州の中心たる福岡からの客を遠のかせているとする事はできるでしょう。温泉地全体が自然と調和して都会の人間がほっとするような空間が残る雲仙温泉には、まだ希望はあるように思います。

明治以来の気品
(涼しい高原の別天地雲仙温泉)
はじめに
明治の高級リゾート
小地獄温泉共同浴場(小地獄温泉館)
九州ホテル
かせや旅館


はじめに

 いきなり季節はずれの話をしますが、九州で、夏場に温泉らしい温泉(硫黄泉)で涼しいところとなると雲仙、阿蘇、九重、霧島となるでしょう。しかし、雲仙温泉には他の温泉にはない別の気品を感じます。だからと言って必ずしも旅亭「半水慮」や「東園」といった超高級旅館があるからというわけでもありません。

明治の高級リゾート

 浜の湯治場に過ぎなかった小浜温泉に比べて、雲仙はもともと格式の高い高級温泉地でした。今でも洋風のホテルが多く、遠方からの旅行者(古くはシーボルト以来になりますが、明治の文明開化期に多くの外国人技術者などが好んで避暑に訪れたのです)向きの観光地といった趣をもっています。
 小浜が近隣の外来入湯者を喜んで受け入れてくれるのに対して、昔から雲仙は格式が高く、「富貴屋」「湯元ホテル」など数軒を除いて、五〜六年前まで気楽に温泉に入れる雰囲気を持った旅館、ホテルは少なかったのです。もしかしたら、この気位の高さというよりもその高級感が、所得と余暇を落としてしまった庶民の客足を遠のかせ、温泉利用が宿泊から日帰りへと移行した現代の傾向に立ち遅れた現在の雲仙をもたらしたのかも知れません。

小地獄温泉共同浴場(小地獄温泉館)

 それはともかくとして、雲仙の共同浴場は魅力的です。「小地獄温泉」が十五年ほど前に改装されてしまいましたので、いまや昔の風情を残すのは「湯の里温泉」共同浴場だけになってしまいました。しかし、「小地獄温泉」の繁盛ぶりは今も変わりません。改築後の造りも納得のゆくもので、何よりもお湯は昔のままなのです。惜しむらくは脱衣場をもう少し広く造ってくれていたらといつもながら思うのですが、元々、今のようにぞろぞろ日帰りの入湯客が来るなどとは想像だにされていなかったのでしょう。
 ただ、小地獄温泉で一つだけ残念な事があります。それはこの共同浴場裏の地獄が見物できなくなっている事です。多分、子供が入って事故でもおきた場合の賠償請求を考えての事なのでしょうが、嫌な世の中になってきたと思ってしまいます。自分が子供をほったらかしにしておいて、他人の責任だけをあげつらうという風潮は実に情けないものだと感じざるを得ません。それはそれとして、今や、改装前の小地獄を知る人もだんだん少なくなりつつあります。
 ここ小地獄温泉の改装前は実に凄まじい建物で、「いつも玄関までこられて写真だけ撮って帰ってしまわれるんですよ」と良く言われていたものでした。
 温泉に含まれる硫黄泉の濃度が非常に高いために、鉄など直ちに腐食してしまいます。このため、かつての小地獄温泉は土壁、漆喰、それに竹筋コンクリートで造られていました。今では直ぐ下の国民宿舎青雲荘に置かれた小地獄浴場の写真だけがかつての姿を伝えています。
 蛇足になりますが、この国民宿舎青雲荘も大改装が行われ、国民宿舎とは思えぬ、驚くばかりの高級ホテルに衣替えしています。ただ、温泉は小地獄と全く同様の源泉掛け流しの素晴らしいお湯が堪能できます。
 小浜もそうですが、雲仙も源泉掛け流しの湯が多いようです。その理由は、温泉の成分が濃く、循環式にすると送湯管の腐食もありますが、パイプの目が直ぐに詰まり、掛け流しにしかできないのです。厚生労働省が推奨というより、事実上強要してレジオネラ菌で多くの死者を出した愚かな循環式(本来、お湯の絶対量が足らない場合に限定的に導入すべきものなのです)が導入できないというのは温泉ファンにとってはこの上もなく痛快な限りです。
 雲仙は、小浜から十五キロほどですが、二十分程度で「有明ホテル」(ユウメイと読む)前の三(四)叉路あたりに届きます(これとは別に国見町側からの裏ルートは対向車も追走車もなくノンビリと走れる上に雲仙北壁が間近に見られます)。ここから右に折れて坂を下るとたちどころに小地獄温泉に着くのですが、この交差点から下らずに、緩やかな坂を上がると、まさしく「雲仙温泉」の温泉街であり、九州でもその独特の雰囲気、高級感、蒸気、硫黄の臭い、高原の温泉地としての清涼感など、多くの魅力を持つ屈指の温泉地になります。

九州ホテル

 ガイドブックではありませんので、ここでは、全ての旅館を紹介することはしませんが、雲仙には二〜三ヶ月に一度は訪れていますので(温泉の梯子をしますので年間百〜二百湯の内の一割程度)、大半の旅館、ホテルには入っています。そこで、特徴的な、ホテル、旅館をピックアップしてご紹介致したいと思います。
 前述した、「半水慮」や「東園」といった超高級旅館はさすがに分不相応で敷居が高くご紹介できませんが、宮崎旅館、九州ホテル、富貴屋、湯元ホテル、雲仙観光ホテル・・・といった名旅館、ホテルが揃い踏みしています。
 私は過去九州ホテルに二〜三度泊まり、気持ちは定宿にしているつもりでいますので、ここからご紹介したいと思います。このホテルには大きな浴場が四つほどあります。檜の湯でしたが、広々とした浴槽がある浴室の外に、源泉掛け流しの露天の岩風呂があります。檜風呂の方は高温の硫黄泉を湧き水で埋めてあり透明ですが、露天の方は自然に湯冷ましした白濁の硫黄泉です。お湯の温度も適温に調整されており、実に申し分のないお湯です。ニ〜三年前に再度浴室の大改装が行われ現在は更に良いものになっています。
 さすがに「九州ホテル」ともなると、かつては専従の風呂番(湯番頭)の方がおられ(良くお仕事を邪魔してお話をお聞きしていましたが)るようで、清掃も温度管理も完璧に行われているようでした。やはり伝統のある完成度の高いホテルと感心も納得もしたところでした(創業は大正六年で現存のホテルでは一番の歴史と伝統を持っておられます)。
 フロントから仲居さんまで、完璧に教育されており、接客も、料理も申し分ありません。むしろ、客としてのマナーをこそ自ら恥じ入るといったところですので、しばし脱帽となります。
 和食を選択すれば、京風の鴨の奉葉みそ焼き(「奉葉みそ」はもともと京都の中心地の料理ではなく中部地方あたりの猟師料理なのですが)、小浜町の富津あたりから仕入れられたと勝手に想像する「御造り」、島原半島ですから当然に、須川あたりの「そうめん」、島原名物の「具雑煮」などでしたが、味付けも文句の付けようがないもので、十分に満足の行くものでしょう(これは五年前の印象で書いていますのでそのつもりで読んでください)。といった風になるでしょう。                  
 時間があれば「湯の里温泉」共同浴場にでも足を延ばせますし、型どおりに「地獄」見物に向かう事もできるでしょう。私は「君の名は」の「真知子岩」の手前で温泉玉子を三個も食べるのを定石としていますので、後で夕食がなかなか入らなくなるのですが、温泉玉子というのは不思議と美味く感じるものです。翌朝の朝食も虚飾を廃した立派なもので実に申し分のないものです。目の前に「地獄」が広がる風格のあるレストランでの朝食は、まさに極楽(天国か)から地獄を見る思いがするものです。まさしく「人を遇するにはかくあるべし」ということを存分に感じるホテルでしょう。
 「九州ホテル」は文句なしの三ツ星ホテルでした。しかし、多くの旅館やホテルが小泉、竹中の遅れたマネタリズムによって所得を軒並み下げ、立ち至らなくなっている中で以前のまま続いて欲しいと思うばかりです。
 雲仙は、七〇〇メートル高地のために、低地と比べて五度は気温が低く、夏場でも夜の露天風呂は肌寒く感じますが、夏は夜も過ごしやすく、明治、大正の時代に多くの外国人が避暑に来たのも納得したところです。欧米育ちの彼らは、さぞかし湿度の高い日本の夏に耐えかねて、雲仙に長期で逗留したかったことでしょう。

かせや旅館

 湯量、泉質に拘られる向きには、温泉神社に近い磐城ホテルや湯元ホテルをお奨めすることになるでしょう。ここでは、あまり目立ちませんが、お湯の良さについては折り紙付きの湯宿をご紹介しておきます。昔の湯治場の雰囲気を今に残す庶民の湯宿です。私も一度泊めて頂き気に入っています。実は、宮崎旅館で行われた将棋の名人戦だったか龍王戦だったかで、将棋連盟の有田支部長と一緒に泊まった際に(私は杵島支部に所属しています)某A級八段(当時)と一緒に向かい合って夕食を頂いた事がありました。静岡にお住まいの(こう書くと特定してしまいそうですが)ために箱根辺りには良く行かれるようで、"最近は循環が多くて久しぶりに温泉らしい温泉に入った"とおっしゃっていたのが印象的でした。A級八段のお言葉ですから間違いなどあるはずもなく、私も実際に入って納得した次第です。それほど強烈な源泉で、髪を洗うと(まず洗えませんが)濃度が濃いために固まるほどのお湯でした。温泉ファンには見逃せない名湯というべきでしょう。そのうち、また入ろうと思っています。
 雲仙観光ホテルや有明ホテルの建物についての話とか、三姉妹の経営による超高級、高級、リーズナブルに各々シフトした三つホテルの話とか、雲仙では強力な火山性ガスによって携帯やパソコンが一年でだめになるといった話など、まだまだエピソードはつきませんが、主題から離れ過ぎになりますのでこれくらいにしておきましょう。


116. 武雄市橘町へ 渋江かっぱの本家筋を訪ねて

不知火海の自然を守る会 田辺 達也(八代河童共和国大統領)

潮見山と潮見神社

 小春日和の11月26日、妻を同伴、佐賀県武雄市へ行った。鳥栖から長崎・佐世保方面のJR沿線に大豆畑が点々とあった。八代にはなじみの薄い光景なので、初めは休耕地の枯れ草かと感違いしたほどだった。この大豆から、数年前のいつだったか、ここを通ったとき玉ねぎが畑地に山積み放置されていたのを思い出した。玉ねぎ大暴落の年である。今回の武雄行は渋江かっぱの本家・総領筋といわれる同市橘町の潮見神社と周辺の歴史・民俗探訪を兼ねた小旅行である。渋江かっぱの研究者で郷土史家の吉野千代次先生(元市教育長)にお会いして教えを乞う目的もあった。私たちの受入については同市在住の古川清久さんに何もかも大変お世話になった。
 古川さんの案内で湯豆腐料理のおいしい嬉野温泉まで足を伸ばして腹ごしらえ。このあと潮見川(六角川支流)左岸の潮見神社に参詣した。この神社が菊池の天地元水神社(渋江かっぱ)の本家すじにあたる。
武雄市の中央部に「潮見山」という標高100mばかりの小山がある。潮見神社は東の麓に鎮座していた。そうか、ここが九州における初期河童信仰のメッカなんだ。この丘陵に6世紀ごろの円噴群もある。むかしこの辺りまで海が迫っており、山頂から潮の満ち引きがみえたので「島見」と言うようになり、「潮見」に変化したという。小山の北側に潮見城跡、潮見山は四囲を俯瞰できる要衝だったと思われる。
 当日の訪問先と散策は、吉野先生宅、潮見神社、潮見川河畔、河童の誓文石、古代官道(肥前街道の址)と道祖王の墓「*注後述」、おつぼ山(古代の山城)である。

*吉野先生と懇談
 飛鳥時代の大豪族・橘諸兄の末裔が肥前長島庄(白石平野)へやってくるのは13世紀の半ば、総地頭として下向、潮見城を築き潮見神社を開いたとある。橘氏は渋江氏(本家)を、分家は中村・牛島・中橋の3氏を名乗って統治したので、潮見川の要諦には同族ゆかりの地名が小字に残っている。明治に入り橘村が発足、戦後の1954(昭29)年、町村合併で武雄市橘町になった。
 古川さんから事前に届いたビデオ「武雄の歴史講座・渋江河童」のお陰で、吉野先生とは初めから打ち解け、歓談は白熱して一時間半に及んだ。吉野先生は、武雄市教育長時代、歴史・民俗読本『ふるさと歴史散歩ー武雄』(同市文化会議82)の発刊にも尽力されている。武雄歴史研究会の市丸昭太郎常任理事も同席されたので弾んだ。渋江の一統がこの地で河童(水神)信仰の祭祀を主宰するようになった背景について、ほぼ意見の一致を見たことはこの日の成果である。
 このあと吉野・市丸両先生、古川さんと一緒に、潮見川河畔の「河童の誓文石」「古代官道(肥前街道)の址と道祖王の墓」「おつぼ山(古代の山城)の神籠石(石垣)」を散策、夕方遅くまでおつき合いいただいた。日中暖かく、汗をかくほどだった。

注 道祖王ー8世紀の女帝(孝謙)の皇太子、橘仲麻呂の乱(藤原氏専制支配のきっかけになる権力闘争)で殺害された。橘氏はここで失脚する。

武雄市橘町潮見神社周辺図

渋江かっぱのルーツ

 わたしが渋江かっぱに興味をもったのは、本年10月、菊池市開催の熊本地名シンポジウム《河童伝承と水神》がきっかけ。八代の河童共和国も主催団体のひとつに加わり発言する幸運に恵まれた。河童主題の会議が菊池市であったのは、渋江氏の子孫が代々宮司をつとめる「天地元水神社」から発掘された古文書が水神信仰の起源と祭祀の系譜をさぐる上でにわかに注目されたからだ。そして渋江かっぱのルーツをさぐると肥前長島庄(佐賀県武雄市橘町)の潮見神社が見えてきた。
 潮見神社の伝承は、渋江の祖・橘島田丸が奈良の春日大社造営で普請奉行をつとめた飛鳥時代にまでさかのぼる。飛鳥で始まる河童たちとのつき合いは、わら人形→大工・土工→河童の順の「化生説」の筋立て。一見荒唐無稽の転生ばなしだが妖怪変化ではない。
 その実像は、古代中国または朝鮮渡来の建築・河川土木の技能者、製鉄・精練など採鉱冶金(穴師=アナジ)の能も併せもつオールラウンドな職能集団だった。このようなグループには水の神・火の神のみそぎや葬祭儀礼の呪術の能も備わっていた。春日大社造営の縁で橘氏の配下に属して兵主部(ヒョウスベ)を名乗り九州へ同行したとおもわれる。
 次にご当地(武雄)における橘・渋江の事跡と河童の関係は、吉野・市丸両先生ら歴史研究会による潮見川流域の史跡調査から、潮見川の改修にまつわる水物語りと結論されている。そのむかし杵島山北域(現在の白石平野)は洪水のたびに冠水する低湿地帯だった。13世紀、この地に入った橘公業(たちばなきみなり)が河道変更・運河開削の難工事を行って川を制御し農地を拡大した事跡が残っている。肥前長島庄の地名と往時の大工事をしのぶ潮見川の河道図をみせていただき、なるほどと合点した。
 河童という水の精が現れるのは、武雄の伝説に限らず、昔からいつでもどこでも大抵、農業生産の日常や河川改修・土木の難工事においてである。古墳時代にせよ飛鳥時代にせよ、徳川時代も明治以降も、干拓・干陸工事や灌漑事業の水物語りとして生まれている。渋江氏が水神祭祀の頭目として九州に影響力を拡げたのは潮見川の治水・利水の困難と成功の証しとみなされる。

潮見川

 潮見川の名は国土地理院の地図にはあるが、国交省監修の河川大事典には六角川にくくられ古名を括弧つきで止どめているに過ぎない。
 六角川は支流25/流路47Km/流域面積341平方キロの一級河川、河口は有明湾の佐賀県住江港である。渋江さんゆかりの潮見川は、現在、長崎自動車道を沿うように武雄南域を西から東へ向かい、潮見山(潮見神社)を南に迂回して北上、同市北域の武雄川と合流して六角川になり、その名のとおり曲がりくねって有明海に注いでいる。
 六角川は干満の差の激しい有明海の潮汐作用を強く受けて、河口から20Km上流の武雄市内でも海水遡上による感潮現象が見られるという。ここで鯨を捕獲した話も伝えられている。市の西域には《鳴瀬》という地名もある。「引き潮どきの奔流を例えたもの」と古川さんは解説した。彼は古代史・地名・水環境の碩学である。
 潮見神社の境内にはカッパの石像が12体並んでお宮さんを守っていた。ここからすぐ潮見川の河畔にカッパの誓文石と縁起書の標識があり、回りはお茶の木できれいに囲われていた。悪さをしない約束の誓文である。ここにも河童の石像がたくさん並んでいた

古川さんのお国自慢

 古川さんから《武雄の山の話》をこれまで何度も聞かされてきた。
 御船山(207m)ー見る場所で山の姿が二つにも三つにも変化する巨岩の切り立つ不思議から、「キューポラのある町」の煙突だったか、そして「青春の門」の香春岳(かわらだけ)と重なった。御船山も香春岳も高くはないがどちらも異様な山である。
 杵島山(345m)ー歌垣・杵島曲伝承のやまなみは南寄りやや遠くに連なっていた。わずか半日ばかりのかけ足旅行で彼の想いを理解したとはとても言えない。ふるさとの懐は深いのだ。
 それにしても、感性豊かな生粋の武雄っ子のことだ。潮見川の歴史と河童の民話にひたり象徴的な山々の神秘と歌垣のロマンに惹かれて育ち、青春の遍歴もここから始まったに違いない、ということだけは漠然と分かった。
 フィールドワークの快い疲れは朱塗りも鮮やか「武雄温泉楼門亭」でゆっくり癒した。


117.  『温暖化は憂うべきことだろうか』 (CO2地球温暖化脅威説の虚構)

 「有明海異変」共著者 米本 愼一(不知火書房代表)

 12月に入ってまもなく、今秋から福岡市の近郊にキャンパスを移転した某国立大学で水素製造装置が爆発を起こすという事故があった。移転にあたって同大学は時流の温暖化防止のための「CO2削減」を謳い、新キャンパスの目玉に「水素特区」を掲げていたから、総長室の上には水素の暗雲が立ちこめたことだろう。政府の「温暖化対策」は一昔前の公共土木事業よりもずさんな「事前・事後の評価なしの事業」だから爆発で装置が吹きとんだくらいで文科省から年間2億円近い科研費の返上を迫られることはなかろうから心配はいらないのだろうが、この事故のことを伝える報道に接して不思議に思ったことがある。
 爆発を起こした水素製造装置は水を「電気分解」して水素と酸素を取り出し、それを高圧で圧縮して燃料化するという仕組みなのだそうである。実用化のあかつきには新キャンパスにはCO2を出さない車が走り、学生や教職員はCO2を出さない環境の下、安心して温暖化防止社会を実現するための勉学や研究に取り組めるということなのだが、私が分からなかったのは水を「電気分解」して水素を製造するための電気そのものはいったいどこから引っ張ってきているのかということだった。新聞でもテレビでもそのことには触れられていなかった。
 「CO2削減」を謳う工学系の大学だからCO2を出さない怪しい自家発電装置かなにかを匿しているのかもしれないが、普通に考えれば水素をつくる電気は近くの火力か原発由来のはずである。当然、それらの発電所ではCO2も出る。そう考えれば「水素キャンパス」は膨大な資源とエネルギーを浪費して局所的にCO2を削減してみせる「見世物小屋」にすぎないはずであるが、そのことを指適する報道はどこにもなかった。

 本来、この手の研究には事前の評価(例えば「見世物小屋」であるという評価)のさらにその前に@炭化水素燃料の燃焼によって人為的に排出されるCO2の増大がはたして温室効果の原因といえるのか、Aそもそも平均気温の数℃の上昇が生態系に悪影響を与えるか、という問題が横たわっているはずである。
 本書『温暖化は憂うべきことだろうか−CO2地球温暖化脅威説の虚構』では@について、大気中のCO2濃度の上昇は何らかの原因で平均気温が上昇して地球の炭素貯蔵槽(主には海洋)に溶解している膨大な量の炭素の一部が押し出されたと理解することが科学的であると、海洋工学や地球科学の研究成果を紹介しながら主張する(大気中のメタンの濃度も気温の変動に対応してCO2とまったく同じ挙動を示している。けっして牛のゲップの増加が原因なのではない)。Aについては、原因がなんであれ温室効果による温暖化は生態系にとっては好ましい、温暖で湿潤な地域の拡大として現れると説く。
 ついでに述べておけば、いわゆる異常気象は人工的な熱源の偏りから起こる可能性が高く、砂漠化とそれに伴う飢餓はグローバリズム=世界貿易の拡大がもたらしているものであることはアフリカやアジアを見渡すまでもなく、日本の農山村の過疎化・崩壊の過程を振り返れば明らかなことである。

 本書(近藤邦明氏による新著「温暖化は憂うべきことだろうか」CO2地球温暖化脅威説の虚構のこと:古川註)の制作をしながら思ったのは、例として出した水素特区構想と同じかそれ以下の、まったく児戯に等しいような「環境対策」「温暖化対策」が中央・地方、政府・民間の区別なく大手を振って罷り通っている今日の状況のあやうさについてである。
 局所的なCO2の削減を競うような「研究」や「技術」に国民から絞り取った税金が注ぎこまれ(そのうちの大部分は重工や重電メーカー、ゼネコンに流れ込んでいる)、他方では究極の迂回生産である「オール電化システム」や石油・鉱物資源の浪費の上に成り立つ「太陽光発電」や「風力発電」などのイカサマ商品が売りまくられている社会はやはり異常である。それらのことがテレビのバラエティ番組に登場する女占い師と同レベルの「地球温暖化=灼熱地獄に落ちるわよ」式の恫喝の下、「CO2真理教」とでも形容するしかない裏付けのない「科学信仰」によって煽り立てられ正当化されている世の中は「狂っている」としか思えない。
 憲法改正などするまでもなく、エコ・ファシズムは上部・下部構造ともとっくに成立しているともいえるだろう。八紘一宇・大東亜共栄圏・五族協和が、地球にやさしく・環境保護・CO2削減・ロハス…にすり替っただけなのだ。
 このようなあやうい社会が到来してしまったことに新聞・テレビというメディアが深くかかわり、決定的な役割をはたしていることは厳しく指適しておかなければならない(出版も下請けとして組み込まれていることは当然、自覚しておいたほうがよい)。科学的な知識がないこと、つまりテーマについて無知であることは言い訳にはならない。仕事なのだから勉強しておくのはあたりまえだ。
 そんなことよりも、そのときどきの社会の姿を多様な切り口で映しだし、社会が抱えている問題を曇らぬ目で提示していくというメディアに本来期待されている機能の全般的な衰弱ぶりが温暖化問題でも露呈したものだとするならば、その背後ではいったいどんな事態が進行しているのだろうか。
 客観的にはこれまでそれぞれのメディアを支えていた読者や視聴者の側が変わってしまった(高齢化・他媒体への移行・そもそも読まない、視ない層の増加)ということがあるだろうが、そのスピード以上にメディアの側が売上げと自身の存続のために政・官・財の権力や既得権益層と急速に一体化していっていることがあると思う。これまでいわれてきた「第4の権力」の座からすべり落ちて、先々のことを考えて「宣伝部隊」としての役割りに生き残りの道を求めているということである。

 いつの時代でも、ものごとを在りのままに見ることはむずかしいことである。便利にはなったが夾雑物も増えたこの時代に、有象無象の餌食とならずにそれぞれが生きるに値する人生を自分のものとしていくためには、立ち止まらず思考停止におちいらず、自分の頭で考え抜いて進むべき道を切り拓いていくしかない。本書の制作を通してそういうことを学んだといったら、ブックレビューとしては身も蓋もないのだろうが。

本ホーム・ページの上位サイト『環境問題を考える』の管理者近藤邦明氏の新著

『温暖化は憂うべきことだろうか』 (CO2地球温暖化脅威説の虚構)
定価 2,100円
不知火書房(福岡市) Tel, Fax 092-781-6962 
(電話とファックスによる注文の場合は一冊から送料200円にて郵送します)
※ 冊数がまとまる場合には送料が安くなります。
『温暖化は憂うべきことだろうか』は三月中旬に書店店頭に並ぶ予定です。

■次回への予告K■
V   環境保護派よ我が梁山泊に楯籠もれ! (NO. 1) 4月号
118
馬 門
20060110
119
公共工事か戦争か?(民需から軍需への振り子が動いた)
20060113
120
水資源開発基本計画の謀略を暴く
"あわれ「溜池」と化した筑後川"
 筑後川水問題研究会 中原孝矩(元記者)
20060120
121
島原半島の"トオ"地名
(有明海・不知火海フォーラム島原開催に寄せて)B
20050101

■次回への予告@■