104. 全く無駄な流域委員会 「住民参加」は実績作りが狙い

 筑後川水問題研究会 中原 孝矩(元記者)

 「仏造って魂入れず」という言葉がある。
苦労してせっかくこしらえたのに肝要の一事を欠いた結果、物の役に立たない、たとえだ。
 私は、みんなの税金を使って仕事をする、国家公務員の仕事振りが、このような有様なら、許せない。仕事をするなら、本気でやってくれ。
 筑後川水系流域委員会という会合が、10月27日、久留米市内で開催された。
 野次馬的嗅覚と、筑後川の現状をあらゆる角度から調べている最中だったので、どんな話が聞けるか関心があり、傍聴した。
 第3回目の会合とあったが、私には初めて聴く機会であった。
 傍聴が終わって結論から書けば、がっかりした。情けないし、しまいには腹が立った。こんな会合なら即刻やめろ。住民のために開催とかいう、こんな会合なら、やってくれなくて結構だ。
 1997年に改正された河川法の理念は「住民参加」が柱とされている。
 河川整備基本方針にそって計画的に河川の整備を実施すべき区間については、河川管理者は河川整備計画を定めておかなければならない。また整備計画案を作成する場合において必要があると認めるときは、河川に関し学識経験を有する者の意見を聞かなければならない。というような流れの中で、「筑後川水系流域委員会」なるものが組織され、開催されていたと知った。

傍聴して、感銘を受けたとは、とてもいいがたい。以下、その理由を記したい。

I 「筑後川河川事務所が準備した資料が、古すぎて現状を伝えていない。」

 私が問題にする資料は「筑後川における土砂の持ち出し量」という文書。主に砂利採取が過去から現在までに、どのぐらいの分量で行われたか、などを図示したもの。その中にダム堆砂量を示す数字があった。平成11年・260万トンとある。これが文書にある1番新しい数字。昭和45年ごろからの数値の変化だから、ダム堆砂量といえば当然、松原ダム、下筌ダムに溜まった土砂の量だ。
 私は、流域委員会の直前、筑後川河川事務所に直接電話で尋ねたから、知っていた。平成17年春、松原ダム336万トン、下筌ダム330万トンだ。合計すると666万トンにもなる。提示された資料の数字と大変な違いだ。260万トンは6年前の数字だから少ないのは当然だ。
 委員から平成17年度の数字を尋ねる声はなぜか、でなかった。これも残念だが、事務局は流域委員会のメンバーに最新の資料を提供するという、礼儀すら果たしていない。大学教授が7人も参加しているのに、全く無礼だ。資料が古いだけではない。国を挙げて情報公開の時に、真実を公開していないということを物語る。この流域委員会は国土交通省九州整備局が行う河川整備計画策定の準備作業の一つとして、行われていると聞いたので、なおさらだ。資料は最低でも最新のものを提示すべきだと考える。

U 「委員の質問に回答できなかった。」

 漁協代表の委員から、菊池川の竜門ダムに筑後川上流の大分県・中津江村付近から掘られた導水トンネルに関する質問がでた。導水トンネルは工事中に地下水脈を掘りぬいた。その結果、大量の漏水が発生したことは、これまで新聞等でも報道された。これも事前に私も調べて垂れ流しが続いていることを知っていた。
 委員は「毎秒0.4トンが365日、下流の竜門ダムに流れ込んでいる。国は後始末をどのようにするのか」と尋ねた。しかし、事務局側の筑後川河川事務所長以下、口をへの字に曲げて、誰も答えられなかった。
 この事実を電話で菊池川河川事務所に確認していた私も、国の対応に関心があった。だが、当事者側がだまったままで、何も得られなかった。導水トンネルは菊池川が渇水で困ったときに第3番目の手段として、取水施設を建設したと聞いている。取水能力は毎秒10トン。あくまで緊急措置。ところが現実は筑後川からごっそり水を盗んでいるようなもの。筑後川サイドの水利権を持ち出せば、水利権侵害そのものではないか。
 今ひとつ違う観点からこの問題の重要性を指摘する。この導水トンネルは、各地のダム建設で国側が必ず使う「流水の正常な機能を維持する」という掛け声だ。トンネルはこの掛け声のもとで実施された事業が原因で発生したという事実だ。やった結果は、正常な流水機能の維持とは全く逆の、正常な流水の機能を、国自らの手で、ぶっ壊したという深刻さにある。
 その場で返答できなくとも、次回までに回答を準備します、ぐらいの所長発言を期待したが、それすらなかった。委員会に気まずい空気が流れたが、座長がざっくばらんに話題を変えて、委員会は何事もなかったように次の話題に変わった。

V 「資料の中身についてカラースライドで説明したが、配布された資料は白黒、せっかくの分析内容が判読不能であった。」

 例えば洪水ハザードマップ。「筑後川の上流の志波原鶴付近で堤防が決壊」を想定すると、下流域の面積28.1平方キロに氾濫。区域の人口は約19、000人。床上浸水危険戸数は3、800戸、床下浸水危険戸数は約1、900戸という被害想定。浸水の深さを4つに分類して分析してみせたが、肝心の資料は白黒。だから地図のどこがどんな被害を受けているのか、まるで判読は不可能なのだ。スライドでは、四つのカラーに色分けしてあったから、全体の被害を把握できたかもしれない。しかし、会場で配布された資料は白黒。これでは、作者が意図したハザードマップの内容の殆んどが、ちんぷんかんぷんで理解しがたい。このような白黒資料をなんら考慮もせず配布する神経がわからない。
 まだある。河床材料の変化という資料。下流域でシルト・粘土が増加して、中下流域で砂が減少した、というグラフ。シルト・粘土、細砂、粗砂、礫の4分類。カラースライドでは4色で、理解できたが、白黒になると、かろうじて3分類しか判断できない。これでは何がどうなっているのか、眺める気持ちすら萎えてしまう。
 夏場の河川水量が不足、という資料も同じ。平成4年、平成6年など5つの年度の水位変化を色分けした折れ線グラフで示した。カラースライドでは5色だから美しいスライドだった。しかし、白黒で眺める市民には一体どの年度の、どの時期が水量が増えたのやら、減少したのやら、まるで検討がつかない。これで分析データを親切に示しました、とでもいいたいのか。
 血の通わぬ意味不明の資料なら、作ってもらう必要はない。カラー印刷ができないなどの理由はもとより聞こうとは思わない。ようするに知らせたくはないというのが、国土交通省九州整備局の本当の気持ちであるということを、シッカリ理解しておこう。
 最後に、これは深刻な問題だ、と思う。

W 「委員が述べたことが、整備計画立案の中で、どのように生かされるのか、生かされる手続きが不明である」。

 資料の中に絵図が1枚あった。「筑後川水系河川整備計画策定までのスケジュール」というもの。河川管理者たる国土交通省九州地方整備局が平成18年3月ごろ整備計画を策定することになっている、と書く。整備計画策定ゴールまで、残り5ヶ月もない。
 筑後川水系流域委員会は大学教授7、漁協代表3、NPO法人代表2、住民団体代表やマスコミなど合計19委員で構成。平成16年6月17日の第1回開催から平成18年1月13日第5回開催までに自由に意見を述べるとなっている。また、これとは別に1万人会議と称して平成16年8月から平成17年8月まで、流域の128会場で開催され各地の住民から直接意見を聞いた。さらに第2次1万人会議を今後も開催すると書く。一方、佐賀県側でも城原川ダムについて、城原川流域委員会を13回開催して意見を聞くとなっている。また佐賀県知事と城原川首長会議で意見を表明してもらうことが示された図だ。
 「意見」を矢印で示し、あたかも整備計画に反映させますという図にはなっている。しかし、原案や案にどのように生かすのか、具体的な手続きは、どこにも書いていない。
 傍聴した委員会では複数の委員が各自の持論を述べていた。結構なことだ。しかしながら、その場で意見を集約して、整備計画に反映させますとか、そのための手続き的なことを処理する光景はなかった。少なくとも整備計画に意見を反映させるには、「この意見については整備計画に採用すること」、または逆に、「その必要はない」、などといった採択に関する手続きがなくてはならないのではないか。
 意見を出し合うだけの、こんな流域委員会では、何回会合を開催しても無意味。委員は言いっぱなし。河川管理者側は聞き置くだけ。整備計画策定作業は、当局の思った内容で中身が詰められていくだけ、との印象を受けた。
 住民の意見を反映するとも、尊重するとも、どこにも約束は明示していない。住民を参加させました。出された意見は、聞きました、で終わり。つまり整備計画に住民の意見を取り入れるつもりなど最初からないのだ、国土交通省側は。
 「住民参加」は文字通り、参加させました、という実績作りに利用されるだけだ、と感じた私は偏屈かな。
 「寄らしむべし、知らしむべからず」精神は厳然と生きているということなんだ。国民の税金を使い、いろんな会合、資料作りをやっているという謙虚な気持ちが、どこにもない。ただ面倒が増えた位にしか考えていないことが、見えみえだ。
 違うというなら、なぜ資料がこんなに古いのか。下筌ダム、松原ダムに溜まった土砂の量は平成17年春の段階で合計666万トン。自分たちはちゃんと把握しているじゃないか。資料にある数字は平成11年で260万トン。えらい違いだ。19人の委員を愚弄しとるのか。あんたたちは。
 カラースライドで分析資料の説明をしたことは分かりやすいと一応評価。だが、配布資料ぐらいカラー印刷できただろう。分析結果を色分けして説明した資料を白黒にしたのでは、どこがなにやら分からないぐらい、ピンとくるだろうに。資料は出しとけばいい、ぐらいの気持ちですか。
 同じ金かけるなら,喜ばれる使い方を考えろ。
 菊池川に導水路を掘った。導水トンネルの中で、大規模な漏水事故。国が責任を認めたところまでは新聞報道にもあった。しかし、365日、毎秒0.4トンという大量の漏水という事実は国民に伏せたままだ。委員はこのことを指摘した。国はどのように結末をつけるのか。河川事務所長以下、だれも答えなかった。渇水の時に3番目の策として対処するために、筑後川から菊池川へ緊急策として導水トンネルが建設されたんだった。それが、1日も休まず垂れ流し。筑後川から大量の水を盗んでいるようなものだ。
 回答が無いなら、「回答するまで流域委員会をボイコットする」ぐらい、の発言をしたり、委員さんたちも、もっと怒ったらいいのに。
 以上、委員会を傍聴して感じたことを書いたが、こんなんでいいんですか。改正河川法がはじめて住民参加を認めたなら、意見の採択手続きをきちんと付加すべきだったんじゃないですか。今となっては手遅れなんでしょうか。こんなくだらない委員会、ムダだ、即刻廃止だ。
2005,12,12 


撤去が望まれる夜明ダム放水口から下流を望む


筑後川左岸(中流域)より対岸の太刀洗町、甘木市方面を望む


105. 流域委員会をボイコットせよ!

実際には参加してもらいたくないのではないか?

 中原孝矩氏によって既に立派なリポートが書かれていますので(104)新たに付け加える必要など全くないのですが、自分の感情を納めるためにも多少のコメントを差し挟ませて頂きます。
 十一月一七日に"筑後川流域委員会"(会場:筑後川発見館くるめウス)なるものが行われました。
 まず、この"筑後川発見館くるめウス"という施設の名称ですが、この手の知性の欠片もない名称はそろそろいいかげんにしてもらいたいものです。まさか、このくだらない名称のために風土工学学会といった天下り先に税金を流し込んではいないとは思いますが、この風土工学についてはそのうち一文を書かせてもらいますのでここではふれません。
 それはともかくとして嫌々ながらも一応は参加するつもりでいました。私は中原さんのお宅に一室お借りして小さな出筆拠点を構えさせて頂いていますので、この筑後川の流域の人間でもあるのです。
 結局、予定外の仕事が入った事もありましたが、数日前に前回の流域委員会の話を聴き、むしろ、絶対に参加すべきではないと感じていました。国交省は聴くためにやっているのではなく、"今、言っておかないと後では聴かないぞ"とするためにやっていると感じたからです。実際、彼等は聴くためではなく、聴かないためにやっているのです。
 後で中原氏から話を聴くと確かに参加しなくて良かったと感じたものです。
 まず、年末の忙しい盛り、しかも、平日の午後二時〜五時という時間帯に参加できるのは、年金生活者のような方しかないでしょう。

住民には何時如何なる条件下においても行政に対して発言する権利がある!

 当然の事ながら、本気で住民の声を聴こうとするのならば、このような平日の時間帯を設定するべきではないでしょう。この設定で住民の意見を聴くという事は、"実際には参加してもらいたくない"と勘繰られても仕方がないでしょう。
 このため、参加したのは肝いりの御用学者連中と、一般の地元住民は三人だけだったそうです。これからも、広報を本気ではやっていない事が良く分かります。報道関係者にも相手にされず、まずは、聴いたふりをしたのであり、アリバイ作りをしたと言うべきでしょう。
 今後も、馬鹿げた"聴いたふり"が続けられるのでしょうが、住民は、何時、如何なる状況においても発言し抗議する権利を持つものであり、国交省の勝手なルールとスケジュールで意見を述べる義務はないのです。まずは地域住民に対してボイコットを呼びかけたいと思います。
 理由は、彼等に本気で住民の意見を聴こうとする意思も準備もないからであり、実際に行われたものも、中原リポートが暴いたようにお粗末なものだからです。
 事実、九大の謀教授も怒って帰ったという話ですから、およそ、気合が入っていないものであった事は明らかでしょう。国交省も馬脚を表したものです。再度申し上げておきます。
筑後川流域委員会をボイコットせよ!


106. 阿漕的仮説 ―さまよえる倭姫― 

八代〜大築島〜天草姫戸  古田史学の会会報 NO.69 掲載論文

 古田史学の会代表 水野 孝夫(奈良市)

 この報告は、文献に現われる「阿漕」「淡海」「倭姫」をキーワードとして、「伊勢神宮も九州から移築された」と考えたいという仮説である。

 『むかし琵琶湖で鯨が捕れた』、河合隼雄・中西進・山田慶児・共著@ という本がある。学術書というわけではなく、この表題は、出版社が人目を引くために付けたのだろうが、こんな無茶なことを、これだけの学識経験者に言ってもらっては、困っちゃうのである。しかも、鯨についてなにか論証してあるわけではなくて、「(鯨は)日本の名前だと勇魚(いさな)でしょ?勇ましい魚。「勇魚捕り」なんていう枕言葉にもなって、琵琶湖を修飾するのに使われている。これは「鯨だって捕れるほど立派な琵琶湖」という表現です」。という、座談会での放言だけから採られている。
根拠の歌、万葉集02/153 原文。
鯨魚取 淡海乃海乎 奥放而 榜来船 邊附而 榜来船 奥津加伊 痛勿波祢曽 邊津加伊 痛莫波祢曽 若草乃 嬬之 念鳥立
この歌は別に琵琶湖の立派さを歌っているわけではない。

 木村賢司氏は「夕波千鳥」という会報論文Aで、「琵琶湖に千鳥はいるかも知れないが、鯨は絶対にいない」とし、博多湾を淡海の候補とされた。
 古田武彦氏はこれを受けて、やはり「淡海」は淡水の琵琶湖ではなく海であり、現在の鳥取県にあたる『和名抄』の邑美を候補とされたB。
 梨田鏡氏は「鯨のいない海」Cで考察を加え、やはり「淡海」は淡水の琵琶湖ではなく海であり、その候補地を「會見の海」(鳥取県美保湾)とされた。

 このころに西村秀己氏は「淡海」という語句を探して『倭姫命世記』という文献(続群書類従巻三所収)に出会われたのである。『倭姫命世記』は、倭姫が天照大神(ご神体の銅鏡)の居所を求めて近畿地区をさまよい、遂に伊勢の度会宮(伊勢神宮)に落ち着かれる経過の話である。ここには「海塩相和而淡在、故淡海浦号」(塩味が淡いから淡海浦という)の語があり、西村氏も「淡海は淡水の琵琶湖ではありえない」と考えられたのであるが、地名の音あてはされていない。

 倭姫について簡単に見ておこう。倭姫という人物は垂仁紀では皇后・日葉酢媛命から生まれた第四子である。崇神紀三年「都を磯城に遷す、これを瑞垣宮という」。同六年「是より先に天照大神・倭大国魂、二柱の神を天皇の大殿のうちに並び祭る。然して其の神の勢いを畏れて共に住みたまふに安からず。故に天照大神を以て豊鋤入姫命に託して倭の笠縫邑に祭る。(中略)亦、日本大国魂神を以てはヌナキ入姫命に託して祭らしむ」。天照大神は宮中から出され、豊鋤入姫命に託して倭の笠縫邑に祭られたのだが、垂仁二十五年「天照大神を豊鋤入姫命から離し、倭姫命に託す」ことになり、倭姫命は大神の鎮座地を求めて兔田、近江国、美濃をめぐり伊勢国に着き、神の教えによりここに宮を建てて落ち着く。『古事記』にはこの放浪譚はなく、倭姫命はいきなり伊勢神宮の斎宮として紹介される。古田史学の立場で考えるならば倭姫は「チクシの姫」のはずである。

 『倭姫命世記』は伊勢神宮および籠神社に伝わる神道書で、天地開闢から伊勢神宮の神寶の由来、これが伊勢神宮に収まった経過を追っているので、全文一万字程度の短いものであるが、大部分は倭姫命の放浪譚である。
 その内容は『日本書紀』よりは格段に詳しいので、笠縫邑を出発してから、どこそこに何年間おられ、次はどこ・・・と伊勢到着までを追跡できる。この行程表や地図を掲載した本が多く出版されており、これを追跡する古代史ファンもあり、ここが伝承地とする神社等もある。当然ながら「書紀の知識をもとに」読まれていて、近江国を通るのだから琵琶湖畔にも伝承地が多い。しかし理解困難な宮名もある。伊勢の斎宮歴史博物館の学芸員の方のホームページによると「この『倭姫命世記』を信じる人が多くて困るが、この本は鎌倉時代以降の神道書であって、歴史書としては扱えない」と言われている。

 続群書類従では、全文漢字なので読みにくいが、籠神社の宮司だった海部穀定(あまべよしさだ)氏の著書D、岩波・日本思想大系19、Eには読み下し文がある。これによると、倭姫命は天照大神の宮地を、伊勢の度会の五十鈴河上に定め終わったあと、更に船に乗り「御膳御贄処」(ご神饌を奉納する地)を求めて船旅をされる。この航海への出発地点に、先の「淡海浦」がある。「其レヨリ西ノ海中ニ、七個ノ嶋アリ、其レヨリ南、塩淡ク甘カリキ」とある。つまり「淡海浦の西には嶋が七個あり、南も海で、塩の甘い所がある」のだ。西村氏はこう考えられた「現在の伊勢神宮のある三重県の五十鈴川河口はほぼ北東を向いており、西も南も海でないし、西に七つの島などない。このような地形の候補地としては熊本県八代の球磨川河口がふさわしい」。但し氏はこの仮説を未発表である。

 会報六八に「船越」を書かれた古川清久氏のホームページには「阿漕」という論文もある。これが興味深い。氏は釣行のときに出会う、南西諸島・九州西南岸・四国南岸・和歌山県に育つ「アコウまたはアコギ(赤生木)」という亜熱帯性植物に興味をもたれ、「アコウまたはアコギという地名はこの植物が生えるところではないか」と提唱されたのである。この樹木は樹齢数百年のものも珍しくなく、海岸近くにしか生えない。「あこぎ」とはどういう意味だろうか、小さい辞書には「限りなくむさぼる様子、貪欲、例:あこぎなやりかた」というように記載されている。「阿漕」という謡曲がある。この謡曲は、伊勢神宮に神饌を奉納する地であり、三重県津市に現存する地「阿漕が浦」で"繰り返しむさぼって"密漁し、捕えられて処刑され、地獄に堕ちた漁師の幽霊が、仏教による回向を求める話である。ちょっと余談をはさむと、謡曲のなかに「憲清と聞こえしその歌人の忍び妻、阿漕阿漕と言ひけんも責め一人に度重なるぞ悲しき」とある。古川氏によると、俗名を佐藤憲清といい北面の武士だった西行法師が、恋していた絶世の美女・堀川局に「またの逢瀬は」と問うたところ、「阿漕であろう」といわれ、「あこぎ」の意味がわからず、それを恥じて出家したという話があって、落語ネタになっているそうだ。「阿漕」の最初の意味は「たびかさなること」であって、堀川局は「繰り返し会っていると、他人に知られてしまいますよ」と言ったのである。広辞苑はこの意味を第一に挙げている。

 とにかく、古川氏は「アコギ樹の北限よりも北に」なぜ「阿漕が浦」の地名があるのかを疑われたのである。わたしはここにヒラメキを感じた。「本来の阿漕が浦はアコギが生えていたのではないか、球磨川河口付近ならば、アコギ樹が生えているだろう」。古川氏に御意見を聞くと、「嶋七個」は天草上下島のような大きな島ではないとして、球磨川河口沖約5kmにある大築島などの小島を挙げ、詳細な地図を送ってくださった。
 この大築島など六島は現在廃棄物処理用地として埋め立て計画が進んでおり(あと暫くで島の数がわからなくなるところだった)、古川氏は調査のため現地を踏んでおられ、現地には八代史談会に友人も居られる。わたしは最高の案内人を得たのである。ただ大築島地区には島は六個で、うちひとつは岩礁みたいなもので島といえるかどうかの問題がある。もちろん河口と天草上島との間には別の島もあり、現在は陸地でも過去には島であったと思われる土地もあるので、「嶋七個」を確定するには至っていないが、七個以上は確実にある。

 さて地図を見ると、球磨川河口から大築島地区を越えた天草上島に「姫戸町」があって、ここには「姫の浦」「姫浦神社」「姫石神社」があり、姫戸町・永目地区には巨大な「アコウ樹」がある。この「姫」は倭姫ではないか?。倭姫は「朝の御饌、夕の御饌とおっしゃった」と言うから、毎日朝夕に神饌を運べるくらいの近さのところだろう。(津市・阿漕浦から五十鈴河口まで直線距離約30km、近鉄電車で津−五十鈴川、32km/急行40分。八代から姫戸まで直線距離は約15km、天草観光汽船の高速艇はややまわり道だが22ノットで30分。三重県の方が2倍くらい遠いか)とにかくここが神饌供給地としての「阿漕が浦」にふさわしく思われる。もっとも現地に地名「阿漕浦」はない。塩味の甘い「淡海浦」であるが、球磨川は伏流水が有名であって(本流日量千万トン、伏流水六十万トンと言う)、海の中に海底から川水が噴出している場所があるのだ。万葉集にも出てくる水島付近で泳ぐと、塩味をほとんど感じない場所があるという。ここは河口のうちでも南側であって、『倭姫命世記』の記述とよく合致している。古川氏は「姫の浦」「姫浦神社」「姫石神社」の現地へも行かれているのだが、現地伝承聴取は困難らしい。ただ姫石神社の伝承や姫石と称する石についての伝承をホームページに見ることができる。「むかし、お姫様が宝を積んで航海して居られたが、海が荒れてきたので良い浦がないかと探されて姫の浦へ着き、景色が良いのを気に入られて滞在された。後の世の人がその跡を見つけたが、お姫様の名はわからなくなっていた。ただ姫とその宝だという石が残っていたので祭った」という。倭姫命はどこかに祭られているだろうか?。伊勢神宮境内には倭姫命を祭る神社がある。しかしこれは御杖代として功労のあった倭姫命を祭る社がないのはおかしいとして、近世になってから祭られた社である。ということは倭姫命を祭る神社は近畿にはないということらしい。しかるに九州には倭姫命を祭る神社がある。古川氏の奥様の実家のお隣、がそうだという。『倭姫命世記』が後世の神道書で信用ならない(極言すれば偽書だ)として、「西に嶋七個」とか「塩味の淡い海」などという具体的で、しかも伊勢には適合しない地理をどうして記述できるだろう?。なにか先行資料に基づいたとしか考えられないのである。

 さて以上の、阿漕、淡海、倭姫の仮説がすべて正しいとしてみよう。倭姫がさまよわれた地域の最後が九州内部だから、出発から落着までの範囲はすべて九州内部だったはずだ。しかるに現在の伊勢神宮は三重県にある。ならば倭姫伝説全体、阿漕浦などの地名、伊勢神宮の社殿、神饌を奉納する住民たち、これらの全体が「九州から近畿・東海に移植された」ことになるだろう。これまでに九州のある範囲にある地名グループが、奈良県にもグループとして存在する例は多数知られていた。理由は、一部の住民が移動したのだろう程度に考えられてきた。そうではなくて、古事記、日本書紀を信頼あるものにするために、遺跡、遺物、伝承、住民を含めて、史書に合うように移植されたという可能性が見えたのではなかろうか。書き上げるだけなら四ヶ月で済んだ古事記に比べて、日本書紀が企画から完成まで数十年もかかった秘密はここにあるのではないか。

@、 潮出版社、1991
A、 「古田史学会報38」、2000/06、『古代に真実を求めて第五集』所収
B、 2001/01/20講演、於・北市民教養ルーム。但しこの内容は著書等には未採用、インターネットなら読める。
C、 『新古代学第七集』、2004/01
D、『原初の最高神と大和朝廷の元始』、桜楓社、昭和59 古田武彦氏御所蔵。
E、『中世神道論』大隈和雄編、1977
※ 会報69号には『倭姫命世紀』原文の一部分が掲載されています。(古川注)




大築島周辺の地図


107. 姫 戸
阿漕的仮説 ―さまよえる倭姫― の掲載について

はじめに

 水野代表による「阿漕的仮説」―さまよえる倭姫― をお読み頂いたものと思います。非常に難しく、容易には理解し得なかったかと思いますが、話の一端でも知った方はさぞかし驚かれたことでしょう。
 この間、17.「阿漕」27.「ポルトガル宣教師が見た四百年前の八代海」(八代)34.「不知火海を死に追い込む"大築島"埋立計画」(大築島)「これぞ税金ムダ使いのダム建設だ」植村振作(姫戸=現上天草市)「瀬戸石崩(2月号掲載予定)(球磨川)と、球磨川から八代、大築島、天草上島の姫戸(旧姫戸町)と繋がる話を掲載してきましたが、今回は、これまで書いてきた話が、丁度、水野代表による「阿漕的仮説」の舞台と重なることから、無理にお願いして掲載することにしたものです。
 「阿漕的仮説」は純然たる古代史に関わる話であり、環境問題を期待される読者の方には不満な点があるかも知れません。しかし、大築島の破壊が示すように、環境問題の背後では、このような日本人の歴史、伝統、民俗、文化遺産も同様に破壊され続けているのだという事も『同時』に認識して頂きたいのです。
 水野さんの「阿漕的仮説」にも出てきますが、かつて、日量六〇万トンとまでいわれた球磨川の伏流水にしても、山の破壊(針葉樹林化)、側溝から都市の小河川さらには駐車場のコンクリート化などによって、圧力、水量ともに減退し、恐らく半減から、もしかしたら、見る影もないほどまでに減少しているのではないかと危惧するものです。
 この古田史学の会は古田武彦氏(元昭和薬科大学教授)の説を軸に古代史を研究し広める全国の市民(在野の古代史研究家など)によって運営される民間の古代史研究団体です。 
 もちろん、私は新参者であり、本来、こういったコメントを書く立場にはありません。
 ただ、学生時代(一八歳)に古田武彦氏の「邪馬台国はなかった」(臺=台ではなく壹=壱)、その後も「失われた九州王朝」「盗まれた神話」といった初期三部作から今日まで五十冊を越える著作を不完全ながらも読んできました(古田武彦氏は六〇冊を越える著作があります)。このため、「有明海異変」を出版し、現在の有明海・諌早湾干拓リポートを書きながらも、古代史や民俗学といったものに対する気持ちを断ち切れないままに環境問題について書き続けており、時折、どうしてもこの手の話に立ち入ってしまうのです。
 古田学説を極簡単に説明すれば、八世紀初頭まで北部九州を中心に大和朝廷に先行する王朝が実在し、その首都は大宰府から久留米周辺にあったこと、歴史上名高い白村江の戦に敗れたのは九州王朝であり、聖徳太子によるものとされている「日出る国の天子より日没する…」を発したのも九州王朝の王であった(いわゆる倭の五王−多利思北弧)。と、するものです。
 当時、九州王朝は大和朝廷に先行する独立した年号を持ち、朝鮮半島南部から本州にも版図を広げていたといたものと考えていますが、詳しくは古田史学の会公認のホーム・ページ「新・古代学の扉」を見て頂きたいと思います。
 さて、水野代表による「阿漕的仮説」は非常に魅力的です。私は九州在住の会員として僅かなお手伝いをさせて頂いたわけです。先週も上天草市の姫戸町を訪れ、姫浦神社、姫石神社、永目神社、二間戸諏訪神社などの宮司を兼ねておられる大川定良氏からお話をお聞きしてきました。掲載している写真もその際に撮ったものです。

「倭姫命世紀」

 そもそも、この「倭姫命世紀」は鎌倉期に成立した書物であり、水野氏も書かれているとおり、"「倭姫命世紀」を信じる人が多くて困る"といった話があることも十分承知しています。しかし、この話は倭姫命が御杖代として天照大神の鎮座地を探すというものであり、別名、元伊勢神社と言われる京都府宮津の籠神社があるように、まさしく、さまよい、最終的に伊勢の"五十鈴河上"に辿り着くというものです。このため、このルートを探るマニアもいて、"どこそここそがその場所である"といった話が飛び交ってもいるようです。
 しかし、まず、"日本の神々の最高神にまで高められた天照大神の最終的鎮座地が、なぜ、伊勢でなければならないのか"さらには、それは、"なぜ、大和王権の膝元の大和などではいけなかったのか"という事など、考えれば多くの謎があります。
 従って、天照大神のルーツが対馬小船越の阿麻底留神社とすると(53.「船越」参照)、いつかの時点には、九州に"元々伊勢神社"とでもいうべきものが存在したのではないかという仮説、また、大宰府と久留米の中間に位置する小郡市水沢(ミツサワ)の伊勢山神社、伊勢浦地名は何なのか(いずれも宝満川の支流の側に位置する)、さらには"小郡市大保の御勢大霊石神社(ミセタイレイセキジンジャ)が地元では伊勢(イセ)大霊石神社と呼ばれているのは何故か"といった興味深い問題が横たわっています(大分県の耶馬溪町や玖珠町にも伊勢山神社があります)。 
 水野さんは「倭姫命世紀」に登場する七つの島を断定まではされていませんが、一応、不知火海の大築島周辺の島に比定されたものと思われます。それを前提にお話しいたしますが、国土地理院の地図によると、大築島周辺には大築島、小築島、黒島、箱島、その箱島の独立礁に根島を併せた六島(いずれも一.五キロ程度の範囲にかたまっている)と、二キロほど離れた場所に船瀬がありますので、七つの島という事は、一応、可能かもしれません。 
 対岸の天草上島の姫戸を宮地として神饌の調達先を球磨川河口とするならば、ちょうど中間に位置する大築島が第一候補であるのは当然でしょう。
 ただ、私は、水野説に反旗を翻すというわけではありませんが、八代は古代において、干拓地などはなく、球磨川左岸では、奈良木神社がある高田(コウダ)周辺が陸化していた程度ではなかったかと考えています。このため、現在は埋立や干拓が進んで陸化している八代の中心街の陸地にも、かつてはかなり小島が存在していたはずなのです。
 具体的には球磨川右岸の大鼠蔵(オオソゾウ、標高48m)、小鼠蔵(コソゾウ、同、35.3m)、現在、球磨川の三角州に流れる南川と前川に挟まれた麦島(ムギシマ、中世に麦島城が存在した)、八代市街地の西側の干拓地にかつて存在していたと考えられる白島(同、18.7m)、高島(同、32.8m)大島(松高小大島分校がある)、それに万葉集に歌われた水島(同、5m程度)の七島を比定する事もやろうと思えばできるのではないかと思えます。これらの小島は縮尺の大きな地図であれば現在でも地名として確認できますので、興味のある方は試みて下さい。結局、「倭姫命世紀」の解読、科学的検証といった事が重要になってくるのですが、その間にも大築島周辺の浅海は確実に埋立てられ続けているのです。

姫浦神社と姫石神社

 天草に釣りに来るたびに、この姫戸に足を踏み入れていたために、永目神社、姫浦神社の存在には気づいていました。ただ、姫戸という地名と姫浦神社には関係があるのではないか(姫戸は姫浦の門)といった程度の感想しか持っていませんでした。このため、ここを通ると、かつては、この神社の真下まで海が入っていただろうし、まさしく姫浦の地形をしていたのではないかなどと考えていました。今回、「阿漕的仮説」が発表され、にわかに調べる必要を感じたものです。実際、姫石神社の存在に気づいたのも昨年の事(脱稿は〇五年中)でしたが、その時も、なぜ、姫浦神社の直ぐ傍(二百メートル程度海岸寄り)にこのような神社が存在するのかと奇妙に思ったものでした。もちろん、この謎はいまだに解明できないのですが、上宮、下宮といったものではなく、やはり、別の神が祭られていたのです。
 八月から九月にかけて、教育委員会から姫浦神社の宮司を教えていただき、ご連絡したところ、快くお教え頂き大変有難たかったのですが、いかんせん、ほとんど記録が残っておらず、僅かに祭られている神々の名が確認できる程度でした。以下は神主(宮司)から聴き取らせて頂いたことと、五十年ほど前の神社庁への届け出によるものです。

 姫浦神社    : 神武天皇、天照大神、神八井耳命(カミヤイミミノミコト)、阿蘇一二柱
 姫石神社    : 若比□*命(ワカヒメノミコト) 口羊*は口の右に羊(メと読む)
 永目神社    : 姫浦神社に同じ
 二間戸諏訪(フタマドスワ)神社 : 建御名方神(タケミナカタノカミ)、八坂刀賣神、外十五柱神
            
 とりあえず、姫浦神社が伊勢神宮の原初的な形態を留めているとするならば、天照大神が主神とされていることから、水野仮説の一部は裏付けられた事になったわけです。
 さて、水野氏は、"古川氏は「アコギ樹の北限よりも北に」なぜ「阿漕が浦」の地名があるのかを疑われたのである。わたしはここにヒラメキを感じた。"とされていますが、私は元々三重県津市の阿漕ヶ浦という地名が、現在はアコウの木が生えていないものの、かつてはアコウが存在した場所、百歩譲っても、そこからの移住者によって持ちこまれた地名なのではないかと考えたのです。ところが、驚くことに、水野氏はこの阿漕ヶ浦の話を伊勢遷宮伝承と関連付け、伊勢もアコウの木の生える地域つまり筑紫島(九州)の領域からの移設(水野さんは移築とされていますが)されたのではないかと考えられたのです。私も相当に天邪鬼な方ですが、水野さんはさらに上手の実に柔軟かつ、大胆な発想、思考をされる方と、驚きも感服もしたところです。多分、水野さんのお考えでは、津市の阿漕ヶ浦にはアコウの樹は生えたことはなく、逆に、伊勢神宮の方が動いて来たのだと考えられているのでしょう。こうして、私の「阿漕」(阿漕地名仮説)は水野「阿漕的仮説」の前に脆くも崩れ去ったわけです。

 最後に、水野代表は「しかるに九州には倭姫命を祭る神社がある。古川氏の奥様の実家のお隣、がそうだという。」と書かれておられますので、この点にふれておきます。

   (2)味島神社 谷所 鳥坂
鳥坂の鳥附城があった山の南の山麓に倭姫命を祭神とする味島神社がある。社の由緒等詳かではないが大正五年毛利代三郎編「塩田郷土誌」によれば「仁明天皇承和年間(八三四〜八四八)新に神領を下し社殿を建立した。」      (塩田町史)

とあります。

天草上島から大築島を望む


姫浦神社


味島神社(佐賀県藤津郡塩田町)

おわりに

 古田史学の会では二ヶ月刊のペースで、現在、七〇号までの会報が発行されています。
 ただし、運営上の問題からか、研究上の必要性からか、今のところインターネット上のHP「新・古代学の扉」には、ニ年程度のタイム・ラグがあり、五五号までが公開されています。
 従って、水野論文の掲載は古田史学の会にとっても、相当に早い段階でのネット上への先行配信になるわけであり、言わば異例の扱いを受けたという事になります。古田史学の会と水野代表のご好意に対して改めて感謝の意を表したいと思います。


108. 第9回有明海・不知火海フォーラム実行委員会が立ち上がりました。
〜 同時に地元実行委員会も結成 〜
2005年11月23日
有明海・不知火海フォーラム委員会 事務局 脇 義重
(博多湾会議)

 有明海では一番のり出荷がマスコミを賑やかす時季を迎えました。
 「工事完成間近」という状況のなかで「諫早湾干拓事業問題は終わったのだ」という世論が政府や推進側からの宣伝によって醸し出されつつあります。しかし、「工事完成」は諫早湾干拓事業の出発点にしか過ぎない筈です。
 実情はどうなのでしょうか。干拓工事は94%の進捗率となっていますが、造成地への入植希望者はなく、長崎県は全土を国から買い受けた後全農地をリースとして貸し出す方式に切り替えるまでに国と県は追い詰められています。さらに調整池の水質は悪化の一途を辿っており、とてもことに、農業用水として利用することは出来ないことが明らかになりました。きびしい現実があります。
 島原市より南では漁船漁業が維持されていますが、北では燃料費さえ充当できない程漁獲量が減っています。漁師は漁に出たくても出られない日々が続いています。農水省や国交省など国や県などの推進側の説明が不十分であることによって、諫早干拓事業がどのようなものなのか、現状はどうなっているのかといったことについて市民・住民が理解し判断するための情報が行き渡っていないという現実があります。
 わたしたちが第9回有明海・不知火海フォーラムを開催する目的は、こうした現実を直視し解決と回復と糸口を見つけ出すことです。漁師は海況の悪化を体得する。その感覚を専門家の調査結果によって裏打それ確信する、こうした有明海・不知火海フォーラム開催の目的をここ島原で再現していくことが大切です。
 端的には「諫早湾干拓事業の完成時は何時か」という問いに対して、工事が完成し長崎県に事業が移転される時だ、造成地への入植が完了する時だという議論がありました。ただ、はっきりしていることは2006年度までに干拓事業が完了しない時には「時のアセス」が発動され環境影響評価をやり直す事態になるという事実があるということです。いずれにせよ、諫早湾干拓事業の完成は事業の終点ではなく、新たな事態発生の出発点だということです。入植・リースいずれにせよ営農者確保の課題が突きつけられます。それ以上に心配なのは、調整池に溜まった汚染水が干潮時の水門開門によって有明海に垂れ流される事態が以降ずーっと続くという現実です。根本的な問題として、有明海が地理的に稀有な構造になっていたが故に、湾奥まで潮を届ける勢いが有明海の潮流にあったが、7000メートルの潮受堤防が居直る限り、有明海の再生は覚束ないのです。
 幸いなことに、島原市の市議会は開門調査実施を求める決議案を採択しています。決議案は諫早湾干拓工事差し止め訴訟で裁判所が判示したことを背景に提出されたものです。私達は、国に中・長期の開門調査の実施を求めていきます。調査結果は開門による潮流回復が有明海再生に不可欠なものであるとの内容になります。その結果に基づいて潮受堤防の一部開鑿、鉄板開閉自由にする、撤去するなど有明海再生への確かな手応えを確かめるものとなります。
 有明海再生はひとり漁民だけの問題でありません。地元の市民の関心事にしなければなりません。わたし達はこども達とともに島原の海、有明の海を市民の身近な自然として行き来する場に捉え直していきます。わたし達は、第9回有明海・不知火海フォーラムをそうした漁民の声、市民の声を地域と全国に発信していく場として位置づけます。そして、事前自然学習会も計画します。

開催要項の概要

第9回有明海・不知火海フォーラムinしまばら
日時  2006年7月29日(土)午後1時より6時まで
場所  有明町総合文化会館 グリーン ウエーブ 多目的ホール
〒 859-1415 長崎県南高高来郡有明町大三東戊1382
          TEL 0957-68-5800 FAX 0957-68-5150

注)開催時までに有明町は合併で島原市になります。

主催  第9回有明海・不知火海フォーラムinしまばら実行委員会
実行委員会構成(敬称略)

会 長      山下八千代 (諫早干潟緊急救済本部)
実行委員長    中田猶喜  (島原漁民) 
副実行委員長   脇 義重  (九州・琉球湿地ネットワーク)
副実行委員長   松本正明  (有明漁民)
事務局長     篠塚光信  (有明漁民)
事務局      時津良治  (会計担当)など 
実行委員     

次回会合     2006年2月12日(日)1時から4時まで 
有明町総合文化会館 グリーン ウエーブ

■次回への予告I■
U  筑紫島(チクシジマ)の復元のために (No.11) 2月号
109
瀬戸石崩(セトイシクエ)
20051231
110
ノリ漁民と漁船漁業者の棲み分けについて
20051031
111
第1回 有明海・不知火海フォーラム 勉強会(柳川市)
堤 裕昭(熊本県立大学教授:環境共生学部)を招いて
20051031
112
島原半島と具雑煮
(有明海・不知火海フォーラム島原開催に寄せて)@
20051231

■次回への予告J■