100. 港湾整備事業が海岸を破壊する(福岡県 遠賀川河口 芦屋港)

遠 賀

 北九州市の西に、北流して玄海灘に至る大河、遠賀(オンガ)川があります。
 この河口の外、西側(左岸)海浜で続けられている最悪の港湾開発(芦屋港港湾整備事業)の話をします。
 かつて、火野葦平*は「…洞山島や長磯のような幾千年を荒海に洗われ削られた岩礁の美しさがあると思うと、その上には女性的な優美な線をもつ砂丘の連なりがある。…」(『燃える河』)と、この海を称えています。
 とりあえず、玄海灘そのものは昔のままのはずですから、テトラ・ポッドやコンクリートで固められた海岸堤防を見慣れている人々にとっては、まだ、美しさをとどめた海に見えるかも知れません。しかし、"もし、今日、火野がこの海を見るならば、目の前に広がる惨状に目を背けたくなるであろう"と、する事は許されるでしょう。彼が見たものは、当然ながら河川改修、港湾整備、漁港整備といったものが行われる前の海だったのです。
 遠賀川右岸にそびえる小峰=魚見山の頂きからこの海を眺めるならば、柏原漁港周辺の美しい岩礁は昔の姿をある程度留めているものの、火野がかつて見た西に伸びる芦屋海岸(鈴の松原から三里松原)の優美な砂浜が破壊されていることが良くわかります。
 さて、太古、遠賀(オンガ)は"オカ"と呼ばれていたようです(もちろん"オカ"に遠賀と表音表記されたのですが)。このことは隣接する岡垣(オカガキ)町が、今、なお"オカ"の音を留めている事によっても多少は想像が付くように思います。
 蛇足ながら、となりの岡垣町の岡垣とは、遠賀の岡、(岡県=オカノアガタ)と垣崎の庄と言われていた事から付けられた名とされています。
 さて、縄文から弥生への移行期、この遠賀川一体は巨大な"古遠賀湖"もしくは"古遠賀湾"とでも呼ぶべき形状を成し、海水が一〇キロあまりも遡っていたとされています。 
 それどころか、現在でも江戸時代に建設された堀川運河が残る上に(一応、高低差のため閘門がありますが)、僅かな高低差はあるものの江川の一線で繋がっています。古代においては北九州市の内湾"洞海湾"と海峡をもって通じていたとされています。それを物語るかのように、この江川の周辺には古代の浦を締め切ったと思える溜め池が残っています。宮ゲ浦池、浦ノ田下池、浦ノ谷池がそれです。
 河口もしくは湾口には巨大な芦原が広がり、この事が芦屋の地名につながるとも思われます。さらに、想像の暴走が許されれば、芦屋は芦屋千軒の"アシヤ""葦"の"小屋"ではなく、アシ=ヨシの繁る湿地としての"アシヤツ"、"アシヤ"であるのかも知れません(東日本のヤツ、ヤは湿地を意味します=世田谷、保土ヶ谷…)。また、当然ながら、この地は古代において大陸に通ずる最重要海路上の中継地であり、芦屋も古代の港(潟港**セキコウ)であったことでしょう。
 一方、遠賀川の西には巨大な丘陵地があります。この一画は、現在、航空自衛隊芦屋基地になっていますが、太平洋戦争当時は陸軍の航空隊が置かれ、配備が遅れた名機"五式戦"(飛燕2型とされた川アキ−100U型戦闘機 エンジン供給の遅れにより液冷式から空冷式に切り換えて実践配備された敗戦間際の名戦闘機で、陸軍の三式戦"飛燕"、四式戦"疾風"の後継機)が並んでいたと聞きます。
 恐らく、芦屋の西から岡垣に向かう三里松原の西半分は大きく湾入していたと言われており、現在の芦屋海岸の巨大な丘陵地も、かつては相当に引っ込んでいた事が想像されます。特に岡垣の三里松原は、風波、さらには遠賀川によって運搬された砂が還流、堆積して形成された陸繋島(トンボロ)***から発達して、今日の完全陸化に至ったものでしょう。実際、この丘陵地の大半は砂丘である事が容易に想像され、数千年の時の流れの中で生み出されたものなのです。

*@
【火野葦平】ひの・あしへい
小説家。本名、玉井勝則。福岡県生まれ。「糞尿譚(フンニョウタン)」で芥川賞受賞。日中戦争従軍の体験を描いた「麦と兵隊」以下の3部作がある。自殺。(1907〜1960)
(広辞苑)
**A
潟 港
興味のある方は、古代の港湾である潟港について、末尾に「89.公共事業の最終処分としての港湾埋立(港湾埋立問題分科会総括)」を掲載していますのでお読みになってください。
***B
【陸繋島】
砂州によって陸地とつながった島。潮岬・函館山など。(広辞苑)


遠賀川周辺地図(マピオン)

遠賀(オカ)の恩寵としての芦屋千軒

 いきおい"往古、芦屋は良港であった。"と、叫びたくなります。恐らく、九州北岸において、博多、(唐津、伊万里、呼子)に並ぶものであり、大陸から対馬、壱岐、九州を中継して難波津に至る航路が重要であった時代において、今からは想像できないような繁栄を見せていたことでしょう。
 ただし、その良港は遠賀川の懐にあった限りにおいてそうであったのであり、その子宮とも言うべき古遠賀湾の堆積が進み、芦屋の溜まり(泊)を飛び出しては有り得ないものだったのです。
 冬の玄界灘は荒れに荒れます。一般的に、波の高さや強さは、風が吹き波を生み出す場所から到達する場所までの距離に相関するとされています。つまり、風の強さと大陸からの距離が今なお荒れる玄海灘をもたらしているのです。
 その事を鮮やかに留めるものが今もあります。河口右岸、魚見山の裾にある「波懸ノ岸」(ナミカケノキシ)と言う地名です。普通は、波が"砕ける""欠ける"と考えても一向におかしくないのですが、懸けるは掛けるであり、広辞苑にもFとして"上にあげる。高く揚げる。土佐日記「…風よければかじ取りいたく誇りて、舟に帆−・けよなど喜ぶ…」。と、あります。"帆かけ舟"という言葉と同様に高波が真っ直ぐに"懸け上がることを示したものであり"、ここには、中世以前の言葉と表記が留められてきたとしておきたいものです。 
 恐らく、厳冬期の大波が十メートル以上も這い上がったことでしょう。山陰など日本海の海岸部には、"竜王の潮吹き""鯨の潮吹き"といった地名が散見されますが、この"波懸ノ岸"もその一つかと考えられます。
 現在、港湾整備に伴い造られた臨港道路(旧運輸省所管)の波懸(ナミカケ)大橋が、景観はともかくとして、物理的に破壊しなかったことだけは不幸中の幸いだったと思うばかりです。彼等は何のためらいも無く破壊してしまいますので。
 その強風による大波と港を埋め尽くす大量の砂を遮っていたものこそ芦屋の西に位置する岩塊と大丘陵地(つまり前述した垣崎の天然の暴風垣)だったのです。
 もちろん、砂による丘陵である以上、その風裏といえども海から浸入する砂と遠賀川が運ぶ大量の砂の絶えざる鬩ぎ合いのもたらす堆積によって、港の機能は低下したはずです。しかし、それを解決したものこそ、遠賀川の氾濫による自然の浚渫(dredge,フラッシュ・アウト)だったのです。
 つまり、芦屋の港が永らく港湾機能を維持できたものこそ、天然の防波堤(坊砂堤)たる西の丘陵と、適度に氾濫する遠賀川だったのであり、格好の停泊地としての広々とした湾口だったのです。
 そして、この遠賀の恩寵を一身に受けた芦屋の泊まりが外に出るや、数十年を待たずして破綻が明らかになるのです。


芦屋郷土史を歩く

芦 屋 釜

 室町期、芦屋は青銅(鉄)釜の産地として著名であり、事の真偽はともかくとして、釜の生産において一時は全国の九割を占めたと言われます。事実、ここの浜には良質の砂鉄が採れます。このことは、ことほど鉄器生産が高かった事を示しているわけであり、この蹈鞴(タタラ)製鉄と九州北岸から山陰にかける白砂青松の海岸線のイメージが重なってきます。島根、鳥取(石見、出雲、因幡、伯耆)は弥生以来の巨大な製鉄地帯でした。言うまでもなく、古代の鉄はカンナ流しと蹈鞴製鉄によるものであり、一トンの産鉄に一山の森林を破壊するものでした。このため、大量の砂が河川を通じて海に送り込まれ、鳥取砂丘に象徴される山陰の砂山、砂浜が形成される一つの原因となったのです。
 興味のある方は拙著「有明海異変」(不知火書房 福岡市)第W章 税金のダム遣い" 3 白砂青松は太古からの日本の景観だったのか"をお読みになってください(最後尾に同書初期原稿から一部を掲載しています)。
 いまなお、芦屋町の芦屋海岸、岡垣町の新松原海岸、波津海岸の弧状の巨大砂浜(鈴の松原、三里松原)を思う時、古代製鉄を考えざるを得ないのです。
 ここでは、大量の砂(白砂青松)の形成に、芦屋釜に象徴される古代製鉄による山林破壊が関与していたのではないかという事だけにとどめます。そして、芦屋釜の青銅冶金、鉄冶金の延長上に、明治の官営製鉄所(八幡製鐵)、後の新日本製鐵や黒崎の窯業があったと考えてしまうのです。

芦屋港港湾整備による自然破壊とは何か?

 芦屋港港湾整備事業によって、芦屋海岸、新松原海岸とされる往古の海岸線が、いまなお破壊され続けているのですが、その意味は異なります。芦屋海岸(鈴の松原?)の東側では異常なまでの堆積が進み、逆に西側では激しい侵食が進んでいるのです。 
 これを止めると称して、県(北九州土木事務所)は対症療法的に浚渫土を東から西に運んでいるとの事ですが、地元の環境保護団体からは"堆積が進む芦屋側の状態から推察すると、砂で補強するのではなく、泥や瓦礫混じりの浚渫土がそのまま自然海岸に投棄されているのではないか"との話を聞きます。この真偽の程は兎も角として、現地を見た上で芦屋港建設以前の航空写真(一九七四年=昭和四九年)と比較すると自然海岸の破壊の惨状が一目瞭然で分かります。人間の、と言うか、この"行政による愚かで小賢しい行為に対して、いかに自然が的確に反撃するものであるか"を改めて脳幹に刻み込まれた思いがします。
 海洋工学、河川工学といった専門分野についてコメントする立場には元よりありませんが、素人にも判別が付くほどに、前述した芦屋港建設以前の航空写真(一九七四年=昭和四九年)は雄弁です。芦屋漁港が竣工(一九八一年=昭和五六年)するや、早くも堆積が明瞭に認められ、漁港の竣工が巨大な堆積の引き金になった事が分かります。さらに、隣接する芦屋港港湾が竣工(一九八六年=昭和六一年)するや、堆積が最早一時的なものでは全く無く、不可逆的な現象であることが顕著になります。
 どのように考えても、芦屋町の巨大な鈴の松原(三里松原?)が日々、崩壊している原因が港湾工事にある事は間違いないでしょう。この間、港湾整備を行ってきた福岡県(北九州土木事務所)は、この事実を、従って堆積の原因を充分に知っているはずであり、知っていたからこそ、自ら東の浚渫土を西に運ぶなどという情けないその場凌ぎの復旧工事を行っているのです。
 芦屋、岡垣沖の海では潮流(汐)は西から、つまり海に向かって左側から反時計周りに流れているとされています。それが遠賀川の右岸にある陸塊に衝突し、河口部の吐き出しと合流して北流してきたはずです。当然ながら、漂砂は沖合に送られ、再び循環して堆積のサイクルに回帰するのですが、その手前に巨大な港湾(漁港)とそれを北西の季節風から守る防波堤があるのですから、衝突し流速を落として堆積が進むのは当然といえば当然です。  
 一方、芦屋漁港が港湾整備事業によって建設される同じ時期に、遠賀川に河口堰(九州地方建設局 堤頂長 三九九.九m 着手一九六九年、竣工一九八二年)が造られ、基本的に河川から供給される砂は多少は減少しているのですから、この堆積を続ける漂砂が西の潮上から送り込まれている事は確実であり、一切は港湾建設に原因があり、元の海岸線を回復させるためには港湾の撤去しかないのです。
 このように、一方では凄まじい海岸侵食をもたらし、一方では手の打ち様のない堆積が進むという現象は複雑に見えて実は全く単純な構造のように思えます。
 私には、年間五〇回も釣行していた時期がありますが、三〇年の釣行で感じた事は、僅かばかり波止が伸びただけで、港内に潮が流れ込まなくなり、潮が通さなくなったために魚が釣れなくなったり、砂地が消えてキスが釣れなくなったりするといった事を何度も経験してきました。恐らく、日常的に海で生活している地元芦屋漁協や柏原漁協の人々は、既に経験的に原因と結果の因果関係、さらに、今後の予測もできているはずです。これを全く理解していない、ただのサラリーマンこそ歴代の北九州土木事務所の職員達なのです。事業を始めたのも彼らであり、今なお事業を続けているのも彼等であり、その一部は既に天下りして施工業者の中に身を置いているのかもしれません。


昭和四九(1974)年当時の芦屋海岸
(ネット上で入手したものです)
現在 潟pスコ(1953年創業東証一部上場の大手航空測量会社 古川:注)
http://www.ikutoko.ocm/


昭和五六(1981)年当時の芦屋漁港 西側の芦屋港は、まだ、無い。
(ネット上で入手したものです)
国土交通省 http://w3land.mlit.go.jp/WebGIS/index.html


最近の芦屋漁港 + 芦屋港 港湾建設と堆積の関係が明らかに分かります。
(ネット上で入手したものです)
同じく潟pスコ http://www.ikutoko.ocm/

※ 著作権の問題から、一旦、写真に印画して再度画像を取り込んでいますので、画質は多少劣化させています。

二三年前の環境アセスメント

 手元に"芦屋港埋立免許願添付図書「環境保全に関し講ずる措置を記載した図書」(芦屋港)昭和57年 月(ママ)福岡県"なる三〇〇ページ近い手書きの資料があります。これは二〇〇四年に芦屋町の自然を守る会が情報公開制度に基づき入手した資料の写しですが、ここには驚くべき事が書かれています。
 顕著となっている西の海岸侵食と東の大量堆積が既に二三年前に予測されていたのです。
 ここでは全部を紹介する事はしませんが、分かりやすい部分だけを引用しておきます。

4−1−3漂砂(2)事例研究による漂砂変化予測
 砂浜に建設された港湾に伴う漂砂変化予測については現在適切な予測方法はなく,(1)で述べたような定性的なものとならざるを得なくなっている。しかし,全国の砂浜海域に建設された既存港湾の事例研究から,堆積・侵食域の範囲については一つの規則性が見出されており*,この規則性を本計画地についても適用すれば以下の通りである。
 すなわち,この規則性とは,「港湾の主防波堤頭部において,卓越波の進行方向に対して約40〜50゜外側に振った直線が海岸線と交わる点付近より港側では堆積性となる」ということである(表4−1−6)。

表4−1−6片トンボロの形成に伴う侵食および堆積の発生位置*(図表省略)

 本計画地付近の卓越波向はNWであるから,表4−1−6において卓越波向が一致する新潟県Ks港の例を芦屋港について適用すれば,埋立地西側近傍で堆積域が,その隣接部で侵食域が形成されることになり,この予測結果は流況から見た予測結果とも一致する。(図4−1−28)。



 結論から言うと、全ては二十年以上も前に予見されていたのです。少なくとも、港湾開発に伴う影響の調査について言えば、的確に評価されていたのです。
 この頃にはまだ、巷間噂されるように環境影響調査が一から捏造され改竄されるようなことはなかったのかもしれませんが、問題がいくつかあります。

@ この調査は芦屋漁港が計画された時期に行われたのではなく、竣工後に実施されたという事
A その後もこの適切な影響予測は全く生かされなかったという事
B 現在、この予測どおり事態は進行し、四半世紀が経過して最早いかなる方途も取れなくなっているという事

 結局、環境影響調査は行ったとしても実際には何の役にも立たないという事が良く分かります(自分達で高額の免罪符を創り買っているだけでしょう)。既に、往年の美しい渚は失われ、海岸線は少なくとも百〜二百メートルちかくも前進し、芦屋港は砂に埋まらんばかりの状態になっています。現実にこれほどの環境破壊が持続しているにもかかわらず、行政は何の責任も取らない(取れない)のです。
 再掲しますが、この環境影響調査は「環境保全に関し講ずる措置を記載した図書」とされているのです。いったいどこに"環境保全に関し講ずる措置"が存在するというのでしょうか。
 元々造るべきではなかった所に浅知恵で港湾を造り、その港湾機能の維持と称して愚かにも航路浚渫と港湾の水深確保のための浚渫が延々と行われ続けているのです。
 この愚かな事態の原因は、ただ一点、元々、川の中にあった芦屋漁港を風波にさらされる玄界灘の正面に造ろうとした事、このため玄海灘の風波から守るための大型の防波堤(港湾正面に位置する防波堤=いわゆる一文字波止)を造らなければならなくなった事。
 仮に、漁港を移転させるとしても、極力、卓越潮流を阻害しない範囲の自然海岸線の内側に引き込んだ形で小規模に整備すべきだったのです。  
 少なくとも、的確だった堆積と侵食の予測は全くいかされなかったのです。最低でも砂の堆積を軽視した過失はあるのですが、お粗末というにしては実に凄まじい海岸の破壊が起こったものです。それとも、危険性を十分に分っていながら故意に無視したのでしょうか。



港湾を守るのか?漁民を守るのか?自然海岸を守るのか?

 確かに、往年の芦屋海岸の美しさを知る人にとって、現在、港湾工事によって破壊され続ける海岸を見るのは非常に辛い事でしょう。
 まず、美しい海岸に居座る無粋な港湾そのものの存在やテトラ・ポッド(世界的に見てもこれほど大量のテトラ・ポッド投入される国は日本以外にはない)が並べられる風景だけでも許しがたいものであるに違いありません。
 漁港が海側に移転させられる以前、遠賀川の河口には漁船がひしめき合っていました。
 漁師はできるだけ自宅に近い場所に舳先を向けて船を着け、洪水や高潮、高波の時には家と船を心配しながら暮らしていたことでしょう。このような風景は、私のような民俗、古俗に心を奪われる者にとっては実に心が和む懐かしい風景なのですが、実際にその場所で生活する人々にとってはなんとかしたい事であったことも十分に想像できます。
 しかし、荒れる玄海灘の風波に晒される場所に港湾を建設するという事そのものが間違いの始まりでした。
 仮に、どうしても漁港を河川の外、つまり海岸に移さなければならなかったとしても、事業を、漁港を移すためだけのものに限定して小規模に造り、冬期の北西の季節風を遮るために沖防波堤が必要としても可能な限り小規模に造り、できるだけ漂砂の進行方向に対して並行に設置していれば、これほどひどい事にはなってはいなかったことでしょう。さらに言えば、始めから膨大な漂砂を想定して堤防の形状をできるだけ漂砂を遮らないように、つまり堆積が進まないように、西−東方向(遠賀川左岸導流堤方向先端に摺り付けるような方向)に造り、その内側に小規模な漁港を造っていたならば、砂の堆積は気にならない程度で収まっていたのではないかと、今更ながら考えてしまいます。
 さらに、もしも、昭和五〇年代の自然の汀線の内側に完全に収まるように漁港を引っ込めて小規模に造り、漁船の出入口を現在の導流堤の付け根付近の河川側に造る事(これは結局遠賀川の中に港を造ることになりますが)が可能であったならば、問題は一切生じなかったのではないかとさえ考えるものです。
 まず、現在の芦屋港西側の海岸に膨大な堆積が生じた原因は、漂砂が流れてくる方向と直角に港湾西側の防波堤が造られたためでしかなく、最終的な安定が形成されるまで永遠に堆積が続くことになるでしょう。極端に言えば、芦屋から岡垣の波津まで。
 繰り返しますが、最低でも漁港を移すためだけに限定して沖防波堤を小規模につくり、できるだけ滑らかに流れていくように堤防を斜めに造り漁港整備だけに留めていればこれほどのひどい状態にはなっていなかったのでしょうが、このようなずさんな港湾整備を急いだ理由は、国の河川改修、河川整備との関係だったのではないかと推察されます(河川改修は国営事業、港湾整備は県営事業)。
 結局、問題は以下に集約されます。港湾を守るのか?漁港を守るのか?自然を守るのか?であり、自然を守るために(元の自然を取り返すために)人間はどこまでやることができるのか?ということです。

@)自然を守り、元の海岸線を完全に復元するべき であるとすれば、漁港を含む港湾全体の撤去になります。
 この中には漁港を昔の汀線の内側まで引っ込めるという選択もあるでしょう。
 また、隣りの遠賀川右岸に位置する柏原漁港に移設し集約化するということも考えられます。既に波懸大橋(臨港道路)が造られており、漁業者の心情はともかくとして、住家から船までの車での移動距離に大きな差は無く、実質的にはそれほどの障害は無いのではないかと思います。

A)港湾はどうでも、漁港を守れば良い のだとすれば、つまり、港湾は元々不要であり、その利用も、事実上、工事用の船舶=作業船、クレーン船、浚渫船、台船程度であり(この現象は多くの新設港湾の一般的な傾向なのですが)、漁港西側の港湾を撤去し、沖防波堤を半分以下にしたとしても機能は十分に維持できるでしょう。そのことによって、多少は堆積の程度を抑えられるのかもしれません。この中には漂砂の進行方向に対して傾斜を付けたなだらかな防波堤に切り換えるというオプションもあると思います。

B)港湾を砂から守り、浚渫の頻度を落とすことによって税金の支出を押えるべき とするだけであれば、現在計画中の防砂堤防を造るという選択になるでしょうが(これも一時凌ぎにすぎませんから、いずれは堆積が進み再び浚渫に追われることになるでしょう)、基本的には、浚渫経費と、防砂堤の建設、維持、撤去までの経費とが置き換わるだけのことでしかなく、どちらが安いかという問題はあります。もちろん、これでは、元の自然は全く回復できません。
 仮に、芦屋町の自然を守る会の会員の方々としても、漁業者との正面衝突を考えているとは思いませんから、過渡的にはA)の選択になるかと思いますが、完全ではありません。ただし、A)を実施しながらなだらかに@)に移行するという選択は可能かと考えます。 
 既に、漁家はここ二〇年余りで半減から三分の一程度に落ちており(漁業センサス)、船舶の大型化を考えても、長期的には漁協の合併再編成、漁港そのものの集約化はいずれは手を着けなければならない問題だからです。

港湾浚渫の名を借りた海砂採取について

 ただし、注意すべきことがあります。現在、港湾浚渫が事実上の海砂採取になっている可能性があり、同時に、浚渫残土は資源か廃棄物かという問題があるのです。
 このように、吹き上げられる砂浜は陸上採取さえも可能であり、現実的には非常に安価な採取施設になっているのです。初めは恐らく過失として始まった港湾整備だったのでしょうが、今では、港湾浚渫業者、港湾事業の施工主にとって、実は非常に旨みのある施設になっている可能性があります。あくまで、可能性ですから、今後の調査に期待しましょう。
 瀬戸内海の岡山、愛媛などで顕著ですが(本当は、もはや取る場所がなくなったから規制したというべきなのですが)、全国的に海砂採取にブレーキ、歯止めが掛かる中で、港湾浚渫と称して採取されている可能性があるのです。
 一般的に、沖合での海砂採取は自然破壊と言われても、港湾機能の維持と称する浚渫は必要悪とされますので、もしも、浚渫された廃棄物たる浚渫土砂が、海砂という高額商品となっているとするならば、浚渫事業で金儲けをして、廃棄物たる海砂でも儲けられることになるのです。 
 この、一粒で二度美味しいというキャラメルのような甘い話は、他の多くの事業でも見うけられ"、河川改修事業を廃棄物処理業者が行なうべきか、事業受注者が行なうべきか"として新たな問題が起きてもいるのです(球磨川河川改修など)。
 この芦屋港湾がどのように扱われているかは分かりませんが、試しに港湾用地内で行われているテトラ・ポッドの製造用の砂が、実際にはどのようなルートと単価で調達されているのかといった問題を徹底的に調査することも必要ではないかと思うものです。
 もしも、かなりの比率で良質の砂が採取できているのであれば、芦屋港湾は事実上の海砂採取のための施設とも言えるように思うのですが、これ以上は推測の域を出ません。
 実は、陸上でも砂の採取が可能になっています。芦屋港湾に隣接して整備された海水浴場は、季節風が収まるまで大量に吹き上げられた海砂に埋もれ、あたかもサハラ砂漠のような状態になるのですが、少なくとも、海水浴のシーズンの前に行なわれる砂に埋もれた海水浴場の機能回復工事によって集められた砂は、一応、砂の芸術祭に衣を替え海岸に還元されています(これも町のコスト削減によって中止になるようですから関心を払う必要があるでしょう)。吹き上げられた砂は、自然の海と風の働きによって粒子が選別され、事実上は良質の商品のはずなのです。

遠賀川河口堰の存在

 とりあえず印象だけからの話ですが、一般的に川が海に及ぼす影響は非常に大きく、これまで、海の問題が川やダムや山の存在から無関係に議論されてきた事がそもそもおかしいのであり、この事は旧運輸省所管の港湾整備と旧建設省所管の河川整備とが無関係に行われてきたことに良く象徴されているように思います。
 
 私はかねてから海にとっての川の重要性を考慮して,「川と海は水系一体」として考えるべきだと主張してきました。その後わが国では,1997年に河川法が改訂されて「流系一体」の考え方が打ち出されましたが,それも海岸までで,現在でも河川事業が河川事業が海に与える影響はほとんど考慮されていません。…
「河川事業は海をどう変えたか」(まえがき から)宇野木 早苗(元東海大学教授)

 ただし、現在、芦屋海岸で起こっている問題(東側における砂の異常な堆積と西側における海岸侵食)の大半は、明らかに芦屋港が建設されたことによって引起されていると考えるべきでしょう。
 確かに、河口堰(遠賀川河口堰)には生物や漁業に対する多くの問題があるのですが、今回ここではふれません。河口堰はダムのように半永久的に土砂を溜め込むものではありませんから、芦屋海岸の物理的な問題に関しては、とりあえず、海に土砂は送り込んでいる訳であり、河川からの影響は大きくないのではないかと思います。
 もちろん、上流にはいくつかの大型ダムもあり、この問題はいずれ間違いなく影響が出てくるはずですが、その影響が見えないのは、ダムが存在しない河川流域からの土壌流出の増加が覆い隠しているからではないかと考えています。
 遠賀川河口堰は一九八〇年前後に竣工しますが、構造は基本的に筑後川河口堰と同じもののようです。ダムの堆砂は事実上放置されていますが、当然ながら河口堰の堆砂は逸流から河川堤防の決壊(決堤)に繋がり命取りになりますから、絶対に大規模な堆積が起こらない状態に保たれています(もちろん流速の低下から堆積は進んでいるはずですが)。このため、出水期はゲートを上げ、アンダー・フローもしくはフル・オープン(?)で流している訳です。
 ただし、利水機能を持たせているために(上水、工業用水、一部農業用水が取られています)間断なく土砂を流す事ができない構造になっており、土砂(腐泥)が一気に送り込まれ、一気に送り込まれなくなるという生物や河口周辺の海の生態に対して非常に大きな負荷を与え続けていますが、簡略化しなければ物事が鮮明にならないこともあり、とりあえず物理的な問題に関しては影響がないものと考えます。
 また、古代において感潮域は10キロも伸びていたと言われていますが、現在、河口堰はそれを妨げ土砂の自然流下と潮の遡上を妨げた事が生物学的問題の全ての始まりだったのです。

 この、河口堰が抱える多くの問題についても、新著「河川事業は海をどう変えたか」(宇野木 早苗)6章"河口堰が川と海に与える影響"をお読み下さい。
 また、本ホーム・ページには、同教授に関係する下記の二本が掲載されています。

72.図書のご推薦「河川事業は海をどう変えたか」
 元東海大学教授・元理化学研究所主任研究員 宇野木 早苗 
 叶カ物研究社 03‐3445‐6946

73.有明海の環境破壊と再生への道
第21回水郷水都会議、第8回有明海・不知火海フォーラム in 久留米、柳川
 柳川全体会 講演論文 
 宇野木 早苗 (元東海大学教授、元理化学研究所主任研究員)

砂に埋まる港湾を守るためとして、新たに、防砂堤が造られる

 現在、福岡県は砂に埋まり続ける芦屋港を守るためとして、漂砂を溜め込む防砂堤を造る計画をもっており、本年度は二億円程度の予算を計上しているようです。早晩、調査設計から工事の施工段階に入るでしょうが、この防砂堤を造ったとしても、実際にどれほどの効果が望めるか不明な上に、いずれ短期間で堆積が進みこの防砂堤からも溢れ出し、再び浚渫の繰り返しをすることになるでしょう。所詮は、一時凌ぎの対策に過ぎず、全体として見れば、いわゆるマリコンの(マリン・コンストラクチャー=海洋土木業者)工事の中で、一時的に浚渫工事が減少し、新規の港湾建設事業とが入れ替わる事にしかならないのです。
 県は"砂が堆積するとしても海水浴場が整備できるし、陸地が増えるのだから良いことだ"などといったとぼけた話をしていると聞きますが(事実上の開き直りでしょうか)、下手な手料理で塩を入れ過ぎたとして砂糖を入れ、甘くなり過ぎたとして再び塩を入れるようなもので、堆積し続ける港湾の浚渫経費を一時的に抑えて、転勤や退職までの批判をかわすものにしかならないでしょう。
 そもそも、河川から送り込まれる土砂は、還流して漂砂の中に加わりますが、林野行政による愚かな針葉樹林化によって、数百年単位で育まれた貴重な土壌流出に歯止めが掛からないのが実情なのです。ただし、ダムの堆砂との関係もあり、計量的な説明は困難です。少なくとも、"陸地が増えるのだから良いことだ"といった県当局の説明の背後には"無残な森林崩壊、国土の損傷が存在しているのであり、無条件で喜ぶような代物ではない"ということだけは申し上げておききましょう。
 さて、地元「芦屋町の自然を守る会」は、昨年来、県に公開質問状を提出するなど反対運動を続けていますが、一向に事業は止まる勢いにはありません。
 県(県幹部)には、自然海岸を取り返すといった気持ちはおろか、長期的な対策を考える事もないようです。今や、公共事業とは県民や住民のためのものではなく、業界からの要請に答え、業界に依存して生きていく人のためだけに行われているもののようです。
 以下に芦屋町の自然を守る会が提出した申入書及び公開質問状を掲載します。
 この会は、かつてバブル期の芦屋リゾート開発構想を中止に追い込む運動を成功させましたが、町民全体の力で再び砂防堤建設を見直させ、昔の自然海岸を取り返して欲しいものです。浅見ながら、砂防堤を造るくらいなら、まだ、浚渫を繰り返す方が害が少ないのではないかと考えるものです。


福岡県知事 麻生 渡 様

北九州土木事務所 所長 江口 友弘 様

「芦屋港防砂提整備事業」計画の凍結を求める

申入書及び公開質問状

 白砂青松を誇った北九州・遠賀郡の海岸線は、産業廃棄物処分場、工場誘致、海浜レクレーション敷地利用のために埋め立てられ、さらに沖合での砂の採取、遠賀川河口堰の建設等によって昔日の面影もありません。
 芦屋町の海は、西は白砂青松、北は名勝奇岩を形成し、県下に誇れる風光明媚な海岸であり、宝の海と言われていました。
 昭和55年、遠賀川河口堰が建設され、心配された漁業への影響は現実化し、漁獲高の減少が続いています。
 昭和61年には90億円をかけて建設された芦屋港は、三里松原海岸方面から打ち寄せる海流と強風によって砂が離岸提に集まり、港湾の堤防を覆い、しかも湾内に砂が流入し、頻繁に浚渫しなければ漁船でさえ航行できない有様です。
 しかも、商業港としての初期の目的は果たされず、港湾区域内では、浚渫した砂を山のように積み上げコンクリートテトラポットを製造するなど昔の美しい海岸線の面影は微塵もない有様になっており、観光立地を標榜する芦屋町民は心を痛めています。
 芦屋港の使用率が数%と言われる中、県は昭和63年、海砂を年間約23万トン、金属類約13万トンを芦屋港より運搬する計画を芦屋町に提示しました。この計画が町民に知らされるや反対運動が起こり中止されました。
 まもなく玄海レク・リゾート構想のトップバッターとして芦屋町タウンリゾート計画を打ち出し、これも町民の反対で崩れ去りました。
 その後、国(運輸省第四港湾建設局)や県(リゾート対策推進室)は、「なみかけ大橋」と「芦屋橋」建設を巡り芦屋町タウン・リゾートの見直し案「芦屋海岸整備事業、・マリーナ付き人工島ラグーン構想」に執着し、町に計画の実施を迫りました。しかし、この構想も町民の「自然を愛する」熱い想いと、猛烈な反対、そして県が管理、運営を拒否したため頓挫しました。
 リゾート法に基づいて全国に先駆け、八万本の松を切り倒して建設した宮崎県のシーガイアは2000億円の赤字を出し、ついに外資系の会社へ売却されてしまいました。
 リゾート法によって、開発施工された全国の自治体は借金財政にあえいでいる現状です。「リゾート法は間違いであった」と国土交通省の反省の弁明はありましたが誰一人責任を取る者はいません。
 私たち「芦屋町の自然を守る会」は、"これ以上、自然を痛めつけないで欲しい"という願いをもつ多くの町民の支援によって、この間「子や孫に借金残すな、宝の海と、砂浜を守れ」という視点で芦屋町の自然を破壊する施策に対しては厳しく追及してきました。
 遠賀川河口堰、芦屋港湾、リゾート問題などで派生した環境破壊や財政的負担というツケを背負いながらも国、県、町の暴挙とも言える施策に対して芦屋町民は慣れ親しんだ海浜を守ったことに「町民の選択は正しかった。後世に悔いを残さないで良かった」と自負しています。
 ところが数日前、私たちは県事業の5億円をかけた芦屋港防砂提整備事業の計画を知りました。地元漁業組合員および町民や利害関係者には説明もないまま、町長は12月議会で実施設計の負担金を計上する議案を提案されました。
 約90億円もの国税を使い、2000トン級の商船が出入りする港として建設された芦屋港は、芦屋漁民の船だまり建設の願いを逆手に取って建設されたものであり当初から欠陥港になるであろうと予想されてはいましたが、予想以上の砂の流入・堆積、定期的な浚渫が必要であり、まったく港としての役目を果たさない無用の長物といわざるを得ません。
 私たち芦屋町民は風光明媚と言われた海岸線を失いました。芦屋を舞台にして書かれた火野葦平の小説『燃える川』の一節に「響灘から、遠賀川の河口へ真正面から吹き付ける西北風が、・・・洞山島や長磯のような幾千年を荒海に洗われ削られた岩礁の美しさがあるかと思うとその上には女性的な優美な線をもつ砂丘の連なりがある。砂丘の表面は春から夏にかけて緑の芝草の・・・」と表されています。
 このように芦屋海岸は、荒々しさと優美さを兼ねた日本一の海岸線であったのです。しかし、人間が手を入れることのよって次々と砂丘は失われてしまいました。
 現に、芦屋港湾の背後地につくられている公園や隣接したサイクリング道路も砂に埋もれて見る影もなく、人が歩くのも困難な状況です。
 環境破壊による生態学的な生物への影響が地球規模で懸念されている今、このような厳しい自然条件の中で、安易な開発は未来の人類の生命にもかかわる重要な問題なのです。
 「欠陥港」を建設したばかりに、目的も果たせず、港湾敷地内は無惨な景観を露わにし、次なる浚渫費用の軽減のため、莫大な血税を使って芦屋港防砂提整備事業を行うなど付け焼き場的であり、屋上屋を架することになります。
 私たちは、12月10日、芦屋町長に「芦屋港施設改良費統合補助事業負担金議案の撤回を求める申入書」を、芦屋町議会議長および芦屋町議会民生産業委員会委員長には「芦屋港施設改良費統合補助事業負担金案件の凍結を求める陳情書」を提出しました。
 福岡県は、将来にわたって禍根を残さないためにも「芦屋港防砂提整備事業」を白紙に戻し、福岡県環境総合基本計画の趣旨に基づき、情報の公開を行い、専門家、地域住民、漁業組合、町などと十分に検討し、コンセンサスを得る必要があると考えます。
 したがって「芦屋港防砂提整備事業計画」を凍結した上で、別紙の公開質問に2005年1月 日までに文書でご回答ください。

 2004年12月14日
芦屋町の自然を守る会
事務局 妹川 征男 
芦屋町山鹿535-4  


2005年3月16日の別紙

「芦屋港防砂提整備事業」計画に関する再公開質問状

 昨年12月14日の「芦屋港防砂提整備事業計画の凍結を求める申入書及び公開質問状」に対する本年1月31日の回答書について再度説明を求めます。

質問項目
1.芦屋港湾について
@芦屋港湾の建設目的は何であったのか。その目的は達成されているのか。
A芦屋港の利用率を再度問う。
C港湾区域内の事業内容、事業者名および砂利採取料、占用料など収入はいくらか。細目にわたって問う。

2.浚渫について
A港湾建設時における環境アセスメントでは湾内の堆積、それに伴う浚渫についてどのように記されているか?という問いに対して「記載されていません」という回答であった。
芦屋海岸線は遠浅であり、港湾建設時から、地元住民から砂の堆積や港湾内は砂が流入するという懸念を指摘されていたことを知っていたか。港湾建設時における環境アセスメントはあったのか。記載されていなかったことについてどう考えるか。
B港湾完成後、今日まで浚渫に要した費用総額はいくらか。また、これまでの浚渫回数と各量と費用を明らかにすること?という問いに対して再度問う。
 浚渫回数は2回だけか。

3.サイクリング道路について
B海岸の浸食は食い止められず、サイクリング道路は危険な状態にある。海岸とサイクリング道路はどの様な対策が講じられているのか?という問いに「今年度は、岡垣町部分が災害個所として採択されており復旧します。という回答であった。
玄界下ろしの吹きすさぶ厳しい条件の中、サイクリング道路を利用する住民は少なく、しかも危険な状態にある。どのような理由で道路を建造したのか。どの程度利用されているか把握しているか。災害が発生し、復旧するために税金を投入し、またさらなる自然環境を破壊することになっている。サイクリング道路を建造したことは正しかったと考えるか。岡垣町のシンボルであるアカウミガメの産卵地あった三里松原海岸は、サイクリング道路を建造したため、陸と海の連続性を分断し、貴重な産卵場所が奪われた。そのことを認識しているか。

4.芦屋港防砂提整備事業について
A今回の事業で、環境アセスメントを行なったか。行ったのであればその資料を町に提示したか。また芦屋港防砂提整備事業を実施すれば、今後浚渫は必要ないのか。という問いに対して、「行っていません」という回答であった。
なぜ、行わなかったのか。2のAのように同じ過ちを繰り返すのか。また今後浚渫は必要ないのか。
C芦屋港防砂堤建設にあたって、現在ある砂の堆積物はどうするのか。という問いに対して、「今後の設計において決めていきます」という回答であった。
砂防堤を造る、造らないに関わらず港湾外壁にある堆積した砂をすぐに除去する必要がある。どのように考えているか。
D将来、海水浴場へ堆積するであろう砂の処分はどうするのか。その量はどれくらいと計算しているのか。また処分費用はどこが負担するのか。という問いに対して「海水浴場に砂が堆積するか否かは不明です」という回答であった。
航空写真を見れば、堆積することは明らかである。不明であるならば、調査する必要があるのではないか。
Eこの事業の構想図をもとに、地元関係者や町民への説明会は行なったか。
F専門家、町民、漁業組合、町などが一同に会し、情報の共有化を図り港湾の現状と改善策など話し合う考えはあるか?という問いに「今後、必要があれば行います」という回答であった。
私たちは、町に対して、話し合いを求めたところ、「この事業は県の事業であり、町は答えようがない。県と話し合いを持つように・・・」と門前払いである。海岸法改正では地域住民への公聴会や説明会を開く必要があるとされている。「先に砂防堤ありき」ではなく、計画を一時凍結して、事業主体者という立場から、県、町および住民との話し合いが行われるよう早急に取り組む必要があると思うがどうか。 

追加項目
@今回の砂防堤計画は芦屋タウンリゾートの見直し案である「マリーナ付き人工島ラグーン構想」の延長線上にあると言われているが、その通りか。
Aサイクリング道路一帯の浸食部分に埋め立てた量と回数はどれくらいか。何を埋め立てなのか。この一帯はハマグリの生息地であった。現在、壊滅状態である。その原因を調査したことはあるか。
B芦屋海岸周辺にコンクリート破片、バラスなどが散乱している。その原因について調査したか。また除去する計画はあるか。
Cなぜ、芦屋町議員、漁業関係者、住民に知らせないまま計画をしたのか。
D港湾建造前の海岸線の水際は20m前後であった。港湾を建造した1970年以降から砂が堆積し、現在は10倍の200〜300mになっている。この件について調査したか。砂防堤を建設することで、ますます堆積部分が拡大し、水際が遠のくと考えるがどうか。
E港湾背後地の緑地帯は飛砂により埋もれているが、その原因は何か調査したか。
以 上


【資料】1

 89. 公共事業の最終処分としての港湾埋立(港湾埋立問題分科会総括)再掲

潟 港 (セキコウ)

 港、湊、津、浦、湾、泊、江など、日本語には港に類する多くの言葉があります。この各々の微妙なニュアンスの差についてお話するのも面白いのですが、環境問題からますます乖離していきますので、ここではこの話はいたしません。
 まず、港というものをどう考えるかは非常に難しい問題があります。
 日本海沿岸には、古代においては港ではなかったかと思える所が数多くあります。
 西から羽根潟、神西湖、淀江潟、東郷湖、湖山池、久美浜湾、浅茂川湾、竹野湖、河北湖、邑知潟、十二町潟、放生津潟、片辺潟、十三湖…(「日本の古代3」挿入図 港に利用されたと推定される潟と広帯ニ山式冠を出土した古墳 から)。この海が交易ルートとして利用されはじめた時代(古来、夏場は南風であり、風待ちさえすれば日本海は非常に安定した海だったのです)、港として利用されたものは、自然に形成された河川邂逅部の潟港(セキコウ)と呼ばれるものでした。多くは干拓、埋立、堆積(海や山からの)などによって、既に港湾機能を失い、部分的に形状を変え、中には完全に陸化しているところさえあります。

…このような潟地形は、後で述べるように古代においては(ところによっては今日でも)港として利用され、その地域の政治・経済・文化などの拠点的役割をになった例が多く、私はそのような地形利用の港を潟港(せきこう)と仮称している。思いがけずに、佐渡島での僻遠の地に潟港の存在を見出したのは感激であった。

 潟を維持し、そこでの港の機能をも維持し続けるには、土木技術とそれに動員できる労働力、さらにその労働力を組織し運営できる政治勢力か政治体制、さらにはその労働力を支える経済力などが必要である。何よりも、潟港の維持を切実に希望しているという地域共通の願望とか利益がなければならない。…
森浩一(同志社大学教授)
「日本の古代3」海を越えての交流 大林太良 編(中央公論社 昭和六一年四月刊)

 私が港湾を考えるときの原点は、二十年も前に読んだ森浩一教授によるこの一節でした。
 その後も、山陰から能登にかけてフィールド・ワークに出ると、この潟港を意識しながら、古代の港を描いていたものです。
 時代の変遷と共に、自然災害や、少しでも水田を広げようとする農耕民と港湾を維持しようとする海運輸送業者の衝突により、また、最終的に海運が国内物流の主力の地位を失うことによって、その多くが港湾機能を失い潟湖(セキコ)や潟港(セキコウ)の大半が陸化していきますが、近世までの港湾の盛衰とは、地方政権の港湾への比重として、農業生産に依拠するか、貿易(江戸期は幕府によって貿易が独占されますので地方政権はこの要素を失います)に依拠するかといったもの(米型政権と貿易型政権)に支配されたのではないかと思うものです。

流入する泥をどうするのか
 
 まず、"土砂は浚渫べきかどうか?"というテーマがあります。そもそも、山や田畑から流入(出)する土壌の全てが浚渫されているわけではありません。ただ、港湾、航路だけが浚渫されている(漁港、軍港を含む)のです。つまり、フェリーや貨物船やタンカーなどの運行に支障がある場所、その場合だけに浚渫が行われているのです。
 さて、航路や港湾の機能が失われてきた場合、浚渫ではなく、"港湾を沖合に移す"という選択肢も全くないわけではないでしょう。確かに、いつまでも浚渫が可能というものでもないのです。一方、土壌流出のピッチは桁違いに増大しているはずです。原因は、言うまでもなく農水省が無制限に押し進めた針葉樹林化による林床の破壊から土壌流出に外なりません。
 ここでは対策を簡略化して説明しましょう。周辺に農地がある場合は、省庁間の壁を取り払い、一〇年程度の長期にわたる客土のために農地(干拓地)を借地することが安上がりで、環境への負荷が低く、直ちに実現できると考えられます。
 一般的に多くの干拓地は0メートル以下の地帯であることが多く、その意味ではある程度の客土は許容範囲でしょう。しかし、ことはそう簡単ではありません。伝統的に干拓地で稲作を行う場合には水を得ることが非常に難しく、昔の感覚を持った農民を説得するには、それなりの技術が要るかもしれません。しかし、既に水はポンプで汲み上げ給水されることが多く、自然流下で水を得ている場所は、まずないはずです。それ以上に、最末期の干拓地は、水田稲作をさせない畑作専用の造成地なのです。従ってここでは客土は抵抗がなく受け入れられる可能性があるのです。また、多くの干拓地が地下水の過剰汲み上げによって地盤沈下が顕著であることを考えれば、海を痛めることなく干拓地の0メートル以下の地帯を解消していくことこそ流出土壌の最終処分地として最適なのです。
 しかし、省壁を越えた公共事業の必要性、合理性は無視されことになります。港湾関係の事業にはマリコンが背後に控えており、誰が儲けるのかということこそが決定的に重要なのであり、解決が全く不可能なのです。
 現在、農水省のでたらめな拡大造林政策の結果、土壌流出の程度は古代の"潟港"の時代に較べて桁違いに拡大し際限のないものに変化しているはずです。今や、浚渫は事実上解決不可能な状態になっているのではないかと考えています。

【資料】2

「有明海異変」第W章 税金のダム遣い
" 3 白砂青松は太古からの日本の景観だったのか"

タタラ製鉄が砂浜を造った

 西日本で砂浜が目立つのは島根県や鳥取県ですが(鳥取には砂丘さえあります)、このことには大変重要な歴史的背景が横たわっています。この地方では農耕や林業ばかりではなく、タタラ製鉄(注)のために大量に必要とされた木炭の生産のために大規模な森林伐採が続けられていて、それが風化花崗岩を中心とする土壌の流出をもたらしたのだとされているのです。
 司馬遼太郎は冶金学の桶谷繁雄氏の著書を引用しながら『街道を行く』のなかでこう述べています(同シリーズ7「甲賀と伊賀のみち砂鉄のみち」)。
 「『金属と人間の歴史』(講談社刊)によれば、鋼一トンを得るためには、砂鉄一二トン、木炭一四トンが必要だったという。以下、同書の計算を引用させてもらう。『……昔の人がやったたたら一回で得られる大塊を二トンとすれば、砂鉄は二四トン、木炭は二八トン必要となる。木炭二八トンのためには、薪は一〇〇トン近くを切らねばならなかったに相違ない』とある。すさまじいばかりの森林の消費であり、くりかえして言うようだが、古代から近世までの製鉄事情としては、東アジアでは森林の復元力がもっとも高い日本列島がいかに適地だったかがわかる」と。
 ここで司馬遼太郎が他の著作や講演などで語ったことも参考にして少し思索の冒険を試みてみようと思います。中国の料理人は菜切庖丁を大きくしたような中華庖丁一つでなんでもこなしてしまいますが、日本の料理人は大出刃、小出刃、柳葉、菜切とひととおり揃えていたものです。これは鍬をふるう農民の場合でも同様で、日本では一世紀前でも大百姓となると二、三十本の鍬は持っていて(筍を掘り起こすためだけの鍬さえありました)、他に板鍬や三本鍬などの種類の多さも含めて、中国の農民と比べて非常に多くの鍬を持っていたようです。また、大工(番匠)でも同様で、指物大工に至っては大小とりまぜて実に大量の鉋や鑿を持っていたものです。このことは「日本人は手先が器用だったからだ」と情緒的な解釈で片付けられる傾向がありますが、その背景には、安価で良質の鉄が供給され続けたことがあったのです。
 鉄砲が日本に伝来したのは一六世紀半ばとされていますが、それから半世紀後の日本最大の内戦、関ケ原の合戦には数万丁とも言われるおびただしい数の鉄砲が持ち込まれており、このことから推計される戦国末期の鉄砲の総量はすでに当事のヨーロッパ全体の鉄砲の総量を凌駕していたとされています。これはまさしく日本でそれだけ鉄が生産されたということで、日本の山には相当の量の砂鉄が埋蔵されていて、伐っても伐っても三十年もすれば再生する森林があったことで可能となったことでした(日本よりも雨が少ない中国大陸においては一度伐採するとなかなか森林が回復せず鉄生産が衰えたということがあったようなのです)。従って、日本がアジアにおいていち早く近代化できたことも、日本人が加工や細工などに優れていたという基礎的技術力にしても、全ては永遠に再生し続ける森林の存在があったためであり、中国地方を中心に(九州では熊本県玉名市周辺のタタラ製鉄が著名ですが)森林を破壊し続けて鉄生産を維持することができたということに依存していたと言えるのです。

美意識には時代背景が

 日本の製鉄は朝鮮半島から移住してきた渡来(百済)系の人々に始まるのでしょうが、このあたりの事情はアニメ『もののけ姫』が描くようなものだったでしょう。中国地方ではまさに千年以上の永きにわたって森林伐採が繰り返されて(部分的には戦後まで商業的なタタラ製鉄は残っていたのです)、今のような広大な砂浜が形成されたのでした。
 このように多くの砂浜が森林破壊の結果生み出されたものであるとするならば、「それでは砂浜(砂)なんてなくなったっていいじゃないか」という話が出てきてもおかしいことではありません。結局、砂浜や松原を日本の伝統的景観として守るべきであると考えることはある時代的背景をもった美意識の総和から発生するものであり、一つの保守主義であるとも言えるのかもしれません。そして、それに依拠した議論を行うということは、日本的稲作文明と結び付いた風土を良しとすることにも通じていることなのかもしれません。従って、私たちが環境論議や景観論議に踏み込むときには、結局のところ自分たちがいかなる文明史的立場に立って議論するのかということが問われることにもなってくるのです。
 ここまでご説明したうえで、一般的には日本的な稲作風土と結び付いた景観を根拠に議論される方が多いものと思いますし、それは不当なものではないと考えるが故に、とりあえずはこのことに依拠して筆者も論を進めていくことにしたいと思うのです。

(注)タタラ製鉄の原料となる砂鉄の採取は「カンナ流し」という特殊な方法で行われたのですが、これについて最近考古学者の森浩一氏が一文を書かれていましたのでここに少し引用させていただきます。
 「たたら研究会は、日本列島(以下は列島)の製鉄の歴史をさまざまの角度から研究する目的で設立された。昭和三十二年に発足し、僕は発足の直後に入会し、昭和三十三年十一月の研究大会の折、奥出雲での砂鉄の採取の状況を見学することができた。
 この頃奥出雲の中国山地では、まだ砂鉄採取がおこなわれていた。記憶をたよって島根県横田町で見た作業風景を書いてみよう。
 山地形の土地に延々と水を水路(溝)で引いてきて水力によって山(山土)を崩して砂鉄を取る方法が「カンナ流し」である。カンナは漢字で書くと鉄穴だが、「カンナ流し」という方法は山を掘るのではなく、山を崩して砂鉄を採取するのである。だから、「カンナ流し」がおこなわれた土地は自然地形がすっかり変貌してしまうし、泥水が川に流れこむので、灌漑に支障がでるなど、時には農民とのあいだにトラブルがおこった。
 「カンナ流し」をおこなうためには、山の高い所に溝を掘って、その先端を山の斜面にもってくる。下でツルハシを持って作業する人が勢いよく落ちてくる水の当たる部分を壊すと、砂鉄を含む山土が泥水となって流れ落ち、それを低地の溝に流して時間をかけて泥水を排除していく。溝の下流に沈殿した砂鉄が到達すると、掬い上げて採取する。
 「カンナ流し」がいつまで遡るかはまだわからないが、弥生時代以来の水田経営のための灌漑用の水路(溝)を掘る技術を山地形に応用しているとみてよかろう。
 とはいっても、起伏の多い山地形に水平な水路を設けるのだから、多数の労働力がいるだけではなく、高度な測量と土木の技術があったことは見逃せない。奥出雲での「カンナ流し」は、僕が見学してから数年のちに、下流へ大量の土砂を流すという公害問題によって停止されたから、実地で見ることのできたほぼ最後の機会であって、僕の知的財産のひとつとなっている」(『本の旅人』〇二年一月号、角川書店)

 なお、本ホーム・ページ有明海・諫早湾干拓リポートT,Uには、同じく八代港沖の不知火海で行われている港湾浚渫の問題を取上げた 
34.不知火海を死に追い込む"大築島"埋立計画 
や、大分県佐伯港沖の大入島で行われる同じく港湾浚渫の問題を取上げた
44.大入島(おうにゅう)(大分県佐伯港)埋立を許すな! "緊急アピール"
(以下七本)報告中 を掲載していますので参考にして下さい。
 また、私は、第21回水郷水都会議、第8回有明海・不知火海フォーラムin 久留米、柳川
において  港湾埋立問題分科会 を担当しましたが、
70.「 大入島と双子の公共事業・・・唐津湾佐志浜埋め立て 」
           佐志浜埋立(唐津湾)佐賀県
第21回水郷水都会議、第8回有明海・不知火海フォーラム
in 久留米、柳川  港湾埋立問題分科会 講演論文@ 
 唐津湾の自然を守る会 増本 亨(佐賀県議会議員)
ほか、集会で報告された港湾埋立、港湾浚渫の問題についての報告も掲載しています。以下。ここで報告されたものは、九州各地で行われている農水省、国交省所管の港湾関連事業の縮図であり、本ホーム・ページでも全報告文書を掲載しています。

港湾埋立問題分科会
 1
「 嘆きの羊角湾 」干拓事業の廃止から埋め立てへ
羊角湾埋立(天草)熊本県
天草の海を考える会 松本 基督
 6/12 
9:00
9:30
 2
「 人工島埋立が及ぼす福岡市政の歪み 」
人工島埋立(博多湾)福岡県
博多湾会議 荒木 龍昇
9:30
10:00
 3
「 現地闘争報告 」(変更の可能性あり)
大入島埋立(佐伯湾)大分県
 佐伯の自然を守る会 下川 善信(副会長)
10:00
10:30
 4
「不知火海(八代海)大築島周辺への埋め立て問題」
大築島(不知火海)熊本県
八代海の自然を守る会 田辺 達也(河童連邦共和国大統領)
10:30
11:00
 5
「 大入島と双子の公共事業・・・唐津湾佐志浜埋め立て 」
佐志浜埋立(唐津湾)佐賀県
 唐津湾の自然を守る会 増本 亨(佐賀県議会議員)
11:00
11:30
 6
会場参加者を交えた埋立問題フリートーク
(参加者に分科会主催者側から逆質問)
古川 清久 (筑後川水問題研究会)
11:30
12:15
 昼食 
 7
※ 進行により多少時間の変更があります。
全 体 会 議
12:45
13:30


 さて、ここから先の一文は、芦屋港湾整備事業とは全く無関係の論考ですので興味がある方だけ読んでいただきたいと思います。

新北(ニギタ)

 遠賀川の西に河口付近で合流する西川という支流があり*、その中流右岸、鞍手郡鞍手町に新北(ニギタ)という地域があります。
 実は、遠賀川とこの地を巡り、在野の古代史界の一部でホットな論争が起こっています。私もこの中心に位置する古田史学の会のメンバーですので、この新北の話にふれておきたいと思います。

万葉集八番歌に

熟田津に船乗りせむと月待てば潮もかなひぬ今は漕ぎ出な(万1‐8)
( 原文: 熟田津 船乗世武登 月待者 潮毛可奈比沼 今者許藝乞菜 )

という有名な歌があります。
 一般的(武田祐吉校注 角川文庫ほか)に、これは額田王の歌とも斉明天皇の歌とも言われ、舞台も道後温泉のそばの港などとされているのですが、この熟田津(ニギタヅ、ニキタツ、ヅ)がいったいどこなのかを巡って、古田史学の会と連携団体である東京古田会、多元的古代の会(関東)などの研究者の間で論文の応酬が行われているのです。問題はその時期であり、六六三年、白村江の戦の前、朝鮮半島情勢が緊迫していた時が想定されているのです。平松、福永、高見などの各氏、(福岡県鞍手郡鞍手町新北説)、下山氏(佐賀県佐賀郡諸富町新北説)に古田史学の会事務局長の古賀、ほかに力石氏などの論者も巻きこんでこの議論が長期間沸騰しているのです。
 私にはこの議論に参加できるような素養はなく、ただ、憧れと驚きをもって注目しているだけなのですが、今回、図らずも芦屋港の港湾整備を巡る論文を書くことになり、多少のフィールド・ワークや資料収集も行ったことから、ますます遠賀川流域に興味を持つようになりました。
 先に長崎県諫早市の船越地名をベースに、53.船越、 77.船越補稿 対馬阿麻底*留神社の小船越 を書き、古田史学の会会報にも掲載されましたが、その意図は、"かつて有明海と大村湾をつなぐルートがあり、九州王朝の王都である大宰府、久留米付近から安全に、天候にも左右されずに半島へと至るルートがあった"事を論証しようとするものでした。 
 当然ながら、その考えにドライブを入れたものの一つに下山昌孝氏の熟田津=佐賀県佐賀郡諸富町新北説があった訳です。ただし、私は遠賀川河口周辺の地形を考え続ける中で、朝鮮半島への中継港として、芦屋周辺も最適の場所であったと考え、九州王朝中枢の人物が鞍手の新北付近に居を構えていた事も十分な可能性があるのではないかと思いはじめています。
 この論争については、インターネットで、新北か熟田津と古田史学とでも検索すれば、直ぐにアクセスできますので、興味のある方は試みていただきたいと思います。
 私はこれまで大きな関心を持ってこれらの論文を読んできました。しかし、ことわっておきますが、万葉集の歌そのものには時代を特定するようなものは一切なく、左注も『万葉集』編纂者による二次的資料であり、一応、七世紀の歌という議論をしていますが(逆に言えば、にもかかわらず一般には道後温泉そばの港などとされてきたのです)、その根拠は九州王朝を巡る幾多の研究による状況証拠の積み重ねの結果によるものであることは申し上げておきます。
 前述したように、私自身はこの議論に踏み込む力はありませんから、興味を持つのは、無論、七世紀の鞍手郡新北がどのような環境にあったのかを探ることであり、最低限必要な標高や地形に関するものです。
 これまで古田史学に魅せられた研究者によって発表されたように、新北の対岸、西川左岸の新延(ニノブ)周辺にも古代の浦を締め切ったと思える溜め池があります。御堂浦池、碇池、西浦池です。

西川:遠賀川の東に流れ河口付近で合流する曲川と同様にこの川こそ本来の遠賀川であったのではないかと思います。

 慶長五年(一六〇〇年)筑前入りをした黒田長政はまず、そのころしばしば大氾濫して田畑人畜に被害をあたえていた遠賀郡内の大川筋を巡視しました。そして、その大改修工事を行うように命令しました。当時は猪熊と島津の間、立屋敷と広渡の間は地続きでした。
 慶長一八年(一六一三年)、その平地を切り開いて、現在の本流を流す工事がはじめられ、十五年かかってひとまず完工しました。
(芦屋郷土史を歩く 芦屋町教育委員会)

 問題はこの時期なのです。溜め池が必要とされるのは、水田稲作が多少高度化し、鉄器の普及による灌漑技術が進む時期でしょうが、この地の溜め池の名が付く時期には、堆積が進んだものの、まだ、浦の最奥部の形状が残っていたからこそ浦の名が溜め池に付けられたはずなのです。では、その時期はいつ頃なのでしょうか。満濃池の例を見るまでもなく、既に平安期には溜め池が存在します。空海が入唐し恵果阿闍梨から密教の全体系を引継ぐのが九世紀の初頭ですから、少なくとも八世紀には既に溜め池による灌漑は行われていたわけです。もちろん、新延付近の溜め池がその時期のものであるかどうかは分りません。最大いつ頃まで遡ることができるかという程度の話です。ただ、潮が遡上する川は灌漑に不向きですから、溜め池はかなり早い時期に造られた可能性はあるのではないかと考えます。前述した堀川運河は江戸の半ばに造られますが、並行して造られた博多運河は建設に失敗して後に再開されます。江戸の初頭にこれを批判した貝原益軒が書いた続筑前国風土記には「遠賀川は蘆屋浦から潮がさし入り、垣生中間に至るが二里半とぞ、本川(古川注:現在の遠賀川)の西に鞍手郡新北から来る川があり、西川と名つく、是も汐満れば蘆屋から沂る」とあるようです。一般的に等高線を決めていくときに設置される測量ポイントは保護のために周辺でも高所に打たれることが多く、当然にも河道はその逆であり(このため、等高線にもかかわらず五メートル程度の差はでてきます)、もしも、一七世紀初頭においてさえ潮が遡上するという事が事実であったのならば、河道は相当に深く、灌漑に不適であったと考えるべきで、大量の水を必要とする稲作には溜め池が早い時期から使われたのではないかと考えます。従って、八世紀には溜め池が造られた可能性があり、しばらく前の時代の"浦"の形状が溜め池の名に残されたと思われます。これからも、周辺の標高にもかかわらず、河道は深く七世紀には潮は新北には遡上していたのではないかと考えるのです。大潮の満潮に合わせて引き潮を待って、朝鮮半島に向けて出船したと考える事は全く不可能とは言えないのではないでしょうか。今後、続筑前風土記(貝原益軒)、鞍手町史をはじめとする周辺市町村史、貝塚分布域(貝塚ライン)、海成粘土層の分布など、調査することは非常に興味のあるテーマのようです。
 本論考 100.港湾整備事業が海岸を破壊する(福岡県 遠賀川河口 芦屋港)新北は直接的な関係はありませんが、古代遠賀川河口周辺がどのようなものであったのかを考えていただければと思うものです。

 この古田史学の会は古田武彦氏(元昭和薬科大学教授)の説を学び広める全国の市民(在野の古代史研究家など)によって運営されている民間の古代史研究団体です。 
 もちろん、私は新参者であり、本来、こういったコメントを書く立場にはありません。
 ただ、学生時代(一八歳)に古田武彦氏の「邪馬台国はなかった」(臺=台ではなく壹=壱)、その後も「失われた九州王朝」「盗まれた神話」といった初期三部作から今日まで五十冊を越える著作を不完全ながらも読んできました(古田武彦氏は六〇冊を越える著作があります)。このため、「有明海異変」を出版し、現在の有明海・諌早湾干拓リポートを書きながらも、古代史や民俗学といったものに対する気持ちを断ち切れないままに環境問題について書き続けながらも、どうしてもこの手の話に立ち入ってしまうのです。
 古田学説を極簡単に説明すれば、八世紀初頭まで北部九州を中心に大和朝廷に先行する王朝が実在し、その首都は大宰府から久留米周辺にあったこと、歴史上名高い白村江の戦に敗れたのは九州王朝であり、聖徳太子(聖徳太子はそもそも存在しない)によるものとされている「日出る国の天子より日没する…」を発したのも九州王朝の王であった(いわゆる倭の五王)。と、するものです。
 当時、九州王朝は独立した年号を持ち、朝鮮半島南部から本州にも版図を広げていたといたものと考えていますが、詳しくは古田史学の会公認のホーム・ページ「新・古代学の扉」を見て頂きたいと思います。


101. 近藤邦明 講演会(筑後川水問題研究会11月例会)の報告

講演者    HP「環境問題を考える」管理者 近藤 邦明
内 容    「CO2地球温暖化脅威説の虚構」 
日 時    11月19日 (土) 14:00〜
場 所    久留米市役所3F

 HP「環境問題を考える」の管理者である近藤邦明氏による新著「CO2地球温暖化脅威説の虚構」がようやく仕上り、出版のはこびになります(一二月予定)。そのうち一般の書店にも並び始めることでしょう。
 このため、これを機会に筑後川水問題研究会でも近藤邦明さんの講演を行うことにしました。
講演内容は言うまでもなく、今や、誰もが疑わず正しいと信じ込まされている"CO2地球温暖化脅威説"について正面から取り組み、その虚構性を暴くものでした。
 既に「有明海・諌早湾干拓リポート」においても、近藤さんによる外部論文(二本)を掲載していますが、氏との出会いは、エントロピー理論で有名な槌田敦教授(現名城大学)に私が接触したことから始まりました。近藤さんの立場も基本的には槌田教授の立場に連携するものですが、全世界的に蔓延する温暖化=CO2論議に一石を投じ、ネット上でも、流れに抗する強固な棒杭を打ち込むものとなることでしょう。
 筑水研の月例会は最近集会参加者が伸び悩みから減退気味ですが、その上に、事務局長が学会に参加するとか、外にも二つの集会がバッティングするなど、参加者が少な過ぎて成立しないのではないかとも心配していましたが、とりあえず恰好だけはついたようです。環境問題を考える=有明海・諫早湾干拓リポートの読者にもこれまで謎の人物であった近藤邦明さんの素顔を知り、直接、生の講演を聴くという機会はないものでした、私も非常に関心をもっていたのですが、期待どおり面白い話を聴かせていただきました。CO2地球温暖化論者や原子力、電力産業関係者なども一度は近藤講演をお聴きになることをお薦めします。
 当日は、「CO2地球温暖化脅威説の虚構」(不知火書房)092−781−6962の印刷が間に合わず配本には至りませんでしたが、それも、いずれ叶うことでしょう。

※ 出版についてお知りになりたい点がありましたら、不知火書房(092−781−6962)に連絡して下さい。僅かな送料で手に入れる事ができると思います。講演内容は下記のとおりでした。

演題:二酸化炭素地球温暖化脅威説の虚構

1.現在の地球
冷却する地球
マントルへの海水の注入
ウイルソン・サイクル
寒冷化への回帰
定常開放系としての地球
環境問題の本質

2.二酸化炭素地球温暖化脅威説批判
温暖化と寒冷化
二酸化炭素の温室効果
ミランコビッチ・サイクル
ピナツボ火山
エル・ニーニョ/ラ・ニーニャ
太陽活動
炭素循環
京都議定書の意味

3.石油代替エネルギー技術の検討(時間があれば)
エネルギー産出比
太陽光発電
風力発電
燃料電池
バイオマス
ハイブリッド・システム
技術の限界




102. 第9回 有明海・不知火海フォーラム in しまばら

1. 第9回 有明海・不知火海フォーラム実行委員会が立ち上げられました。同時に現地実行委員会も結成されています。
2. 既に日程、場所も決定されていますので、お知らせしておきます。

 日 時 : 2006年7月29日(土)午後1時より6時まで
 場 所 : 有明町総合文化会館 グリーン・ウエーブ 多目的ホール
 主 催 : 第9回 有明海・不知火海フォーラム in しまばら実行委員会
※ 有明町は開催日までに島原市になる予定です。

 十一月二三日、今回、副実行委員長に就任した脇さんと島原に出向きました。
 十五名ほどの参加を得て、今回、会場とすることにした有明町において、実行委員会を結成しました。
 長崎県は諫早湾干拓事業を推進しており、当然ながら、今なお開門調査にさえも反対の立場を取り続けています。従って、諫早に続く島原開催は、言わば敵地での開催であり、今後、実際に困難に遭遇することも想定されます。
 この中で実行委員会に加わっていただいた皆さんに対して敬意を表するとともに、成功への決意を新たにしたところです。
 本、ホーム・ページは、フォーラム委員会の公式サイトではありませんが、私自身が実行委員会に入っていますので、側面からながら、今後もフォーラム情報を流すことにします。
 ここに、行政、司法への抗議を明らかに、今後とも粘り強い闘争の継続を続けるために、より多くの参加を呼びかけるものです。それはともかくも、現地会場には足湯をはじめ温泉施設も完備されていますので、島原観光を兼ねて多くの人々に参加していただきたいと考えています。

 さて、蛇足ながら、こういった場合、さしずめ"実行委員会の立ち上げ"とでもするのでしょうが、私は自動詞(起つ)と他動詞(揚げる)の異質な組み合わせによって成立した名詞である"立ち上げ"という新造語は許しがたく、また、嫌悪感が強いために使う気にはなりません。言葉は文化であり、知性の集約されたものであるべきですが、言葉の世界でも日本の崩壊は決定的な段階に進み始めているようです。


実行委員会結成のための現地有明町での会議


103. 緊急フォーラム みんなで考えよう!
"深刻化する有明海異変と再生の展望"  筑後川水問題研究会

日時 : 12月17日 13:30〜
場所 : 久留米市図書館3F・視聴覚室

1.「有明海再生の道すじ」馬奈木昭雄さん(「よみがえれ!有明海訴訟」弁護団長)
2.「有明海の大規模な赤潮発生のメカニズム」熊本県立大学教授 堤 裕昭さん
3.「小石原川ダムをまだ造るのか?〜利水は無用、洪水調節の意味不明、河川と海のつながりを破壊」中原孝矩さん(筑水研会員)
4.会場で討論

 有明海の再生は、諫早湾干拓事業の問題を抜きにしては展望がありません。
 仮処分の裁判では、佐賀地裁が工事中止の「仮処分決定」→福岡高裁では「仮処分決定の取り消し」→最高裁でも「福岡高裁決定を支持」しました。また、公害等調整委員会の裁定でも「漁民の申請を却下」しました。しかし、決定・裁定のいずれも諫早湾干拓事業と有明海異変の間に関係があることを認めているのです。
 いま、諫早湾干拓締め切り水門を中・長期にわたって開放し、有明海の環境を再調査するように求める世論が沸きあがっています。
 私たちはもう一度、これまでの仮処分と公害調停の経過と結果の上に立って、かつての豊かな魚介類・野鳥たちをはぐくんだ有明海を取り戻すための方向・方法を考えたいと思います。
 諫早湾干拓の開門調査を求める新しい「仮処分申請」が佐賀地裁に提出されたこの時期、有明海再生の展望を切り開くために、みんなで考え、話し合ってみませんか。
 ぜひ多数の皆さんのご参加を呼びかけます。
2005年11月

※ 筑後川水問題研究会のチラシから


■次回への予告H■
U  筑紫島(チクシジマ)の復元のために (No.10) 1月号
104
自然石防波堤とコンクリート護岸の怪
20050701
105
阿漕的仮説 ―さまよえる倭姫―
八代〜大築島〜天草姫戸 古田史学の会会報 NO.69 掲載論文
 古田史学の会代表 水野 孝夫(奈良市)
20050808
106
姫 戸
阿漕的仮説 ―さまよえる倭姫― の掲載について
20050925
107
第1回 有明海・不知火海フォーラム 勉強会(柳川市)
堤 裕昭(熊本県立大学教授:環境共生学部)を招いて
20050919

■次回への予告I■