91. 危機管理(crisis management)

 一週間ほど前に私のパソコンがダウンしました。機種は、二〇〇〇年製IBM互換機のシンク・パッド(Think Pad)ですが、残業を終えて自宅に帰り、いざ、作業に入ろうとすると、電源を入れても一向に画面が出てこない、つまり全く起動しないのです。
 とにかく大量のデータを蓄積し、多くの操作を繰り返してきたのですから、人間がダウンするように機械がダウンしたとしてもおかしくはないのですが、実に困っています。
 十一月号は既に編集が完了しており、十二月から来年の一月号まで書き終え、基本的な編集が終わっていましたので、しばし呆然といったところでした。このため、今回のリポートは急場凌ぎの報告になります。復旧作業を依頼していますが、"部品が入手できないので修理はできない"と言ってきました。ハード・ディスクそのものが生きてさえいればデータは回収できるはずですから、起動できないだけで諦める気にはなりません。
 実際、書き下ろしの新文書の数本("防波堤の怪"、"瀬戸石崩"その他)が復旧不能になり、今回は、外部論文に依拠せざるを得ません。気を取り直して、書き直すとしても、しばらくはそういう気持ちにはならないでしょう。
 一応、フラッシュ・メモリーによるバック・アップを取ってはいますが、九月上旬か八月下旬のことですから、一月号のバックはおろか十一月号さえバック・アップがないことになります。また、作業用のパソコンを買い直すことも必要ですが、ボーナスが出るまで、とりあえず五万円程度の中古パソコンで作業を開始せざるを得ません。シンク・パッド(Think Pad)は重いのが難点でしたが、二八万円も投資しており機能的にも十分に満足で大変気に入っていました。再び、シンク・パッド(Think Pad)の後継機をとも考えていますが、五年前の機種でも部品がなく修理不可能となると考えてしまいます。五年前の機種で修理ができなければ、高額のパソコンを買う気にはなりませんし、NECや富士通に替えようかと思ってしまいます。もし、読者の中にIBMの技術屋さんでもおられれば、"IBM"か"シンク・パッド"というタイトルでアドバイスしていただけないでしょうか?携帯のメール・アドレスは下記のとおりです。迷惑メールが多いのでタイトルのないものは内容を確認しないで消してしまいます。ご了承とご理解を。
 とりあえず、急場しのぎの編集になりますが、ご理解を願います。
ariakekai@ezweb.ne.jp
〒843-0024 佐賀県武雄市武雄町富岡11015-4 古川清久
0954-22-4012 ケイタイ09062983254
メール・アドレス ariakekai@ezweb.ne.jp

このようにならないためにも、皆さんには大切なデータは頻繁にバック・アップを取るようにお奨めいたします。

92. 福岡高裁の不当決定と有明海再生の今後

福岡高裁保全抗告決定の解説
福岡高裁の不当決定と有明海再生の今後
よみがえれ!有明海訴訟弁護団 弁護士 馬奈木 昭雄
久留米大学法科大学院教授(2005年5月16日)

1 被害に眼を閉ざし,世論に背を向けた福岡高裁の不当決定

 本日,福岡高裁は,諫干の工事続行禁止を命じた昨年8月26日の佐賀地裁による仮処分命令を覆しました。
 昨年8月26日の佐賀地裁の仮処分命令は,廃業が相次ぎ,自殺者さえもあとを絶たないという有明海漁民の深刻な被害を直視し,「すでに完成した部分及び現に工事進行中ないし工事予定の部分を含めた本件事業全体を様々な点から精緻に再検討し、その必要に応じた修正を施すことが肝要」と述べました。さらに本年1月12日の保全異議決定では,「漁業被害を将来的に防ぐためには,工事の差し止めが,現時点でとりうる唯一の最終的な手段」ときっぱり述べています。
 漁民の被害を直視し,有明海再生のための工事を差止めなければならないとした佐賀地裁によるこの2つの判断は,常識的な道理ある判断であると,マスコミの絶賛を浴び,世論の大きな支持を受けました。
 それだけに,今回の福岡高裁の決定は,有明海漁民の深刻な被害に眼を閉ざし,世論に背を向けた不当な決定であると言わざるをえません。

2 国の主張を全面的に認めたり,有明海の真の再生の途を閉ざすものではありません

 注意しなければならないのは,今回の決定は,諫干は有明海の漁業被害と無関係とする国の言い分を受け入れたものではない,ということです。したがって,もし国が今回の福岡高裁の決定をもって,鬼の首でも取ったかのように言うのであれば,それは全くの誤りです。
 諫干は有明海異変と漁業被害の犯人ではなく,シロだ,とされたものではありません。
 中・長期開門調査をやらなくていいなどと,裁判所からお墨付きをもらったものでもありません。
 それどころか,福岡高裁決定は,諫干と漁業環境の悪化の関係を認め,国には中・長期開門調査の義務があることまでも認めています。

3 因果関係を認めながら,漁民側を負けさせる

 福岡高裁が漁民側を負けさせた理由は,まったく不合理なものです。
 さすがに福岡高裁は,福岡地裁が福岡県漁連を負けさせた仮処分決定のように,潮受堤防の工事はもう終わっているから残った工事を差止めても被害防止には無関係,などとは言えませんでした。被害がないとも,諫干は漁業被害には無関係とも言えませんでした。
 それどころか,諫干の影響は「ほぼ諫早湾内に止まっており,諫早湾外の有明海全体にはほとんど影響を与えていない」という国の主張を退け,福岡高裁は,「本件事業と有明海の漁業環境の変化,特に,赤潮や貧酸素水塊の発生,底質の泥化などという漁業環境の悪化との関連性は,これを否定できない」などと述べて,むしろ因果関係を肯定しています。
 では,なぜ漁民を負けさせたのか。それは,福岡高裁が,漁民側の因果関係の証明には「一般の場合に比べて高いものが要求される」として,高いハードルを設定したからです。そのような高いハードルを設定しておいて,福岡高裁は,「現在のところ,本件事業と有明海の漁業環境の悪化との関連性については,これを否定できないという意味において定性的には一応認められるが,その割合ないしは程度という定量的関連性については,これを認めるに足りる資料が未だないといわざるを得ない」と述べています。また,漁業被害と事業との関連性についても,判断を厳しくし,関連性は未だ十分ではない,などとしています。つまり,諫干が有明海の漁業環境の悪化の何割くらいの原因をなしていて,その程度が量的にはっきりしないと因果関係は認められないというのです。
 しかし,この福岡高裁の判断は全く不当です。もともと,有明海異変の原因は諫干にあると想定されるとして,それを科学的により明確にするために開門調査を求めたノリ第3者委員会の提言を無視し,中・長期開門調査をサボタージュして,より科学的な関連性の認定を困難にしているのは国の方です。福岡高裁の判断は,その国の責任のツケを漁民側に負わせるものに他なりません。
 この点について,佐賀地裁は,逆に,そもそも漁民側と国の間には「人的にも物的にも資料収集能力に差が存する」,そのような漁民側と国の間にある能力差を全く無視し,漁民側にばかり,「自然科学的証明にも近い高度の立証を求めるのは(中略)公平の見地からは到底是認し得えない」と述べています。また,中・長期開門調査が行われないことによって事実上生じた「より高度の疎明が困難となる不利益」を漁民側のみに負担させるのは,およそ公平とはいいがたい,と述べています。
 いったい,どちらが公平で道理ある判断かは,明らかではありませんか。
 福岡高裁の判断のみちすじは,佐賀地裁の道理ある判断にくらべて,あまりにも国に肩入れしすぎた不当なものといわざるをえません。

4 それでも,言わざるをえなかった中・長期開門調査の必要

 さすがに福岡高裁は,このような不公平は判断をしたことを恥じたのか,中・長期開門調査については,国が昨年5月11日の農水大臣発表で,もうやらないと決めているにもかかわらず,改めてその必要性があると述べています。
 すなわち,福岡高裁は,国は「ノリ不作等検討委員会が提言した,中・長期の開門調査を含めた,有明海の漁業環境の悪化に対する調査,研究を今後も実施すべき責務を有明海の漁民に対して一般的に負っている」と述べています。

5 決定が今後に及ぼす影響と有明海再生の今後

 仮処分の手続は,この保全抗告の手続が一応最後です。例外的に,特別上告や許可抗告という手続で最高裁判所に判断してもらうことも可能ですが,そこで判断されるのは憲法違反と判例違反だけです。わたしたちは,このような手続はしないことにしました。
 それは,第1に因果関係が否定されたものではなく,これによって,今後の有明海再生の取り組みが頭から否定されてものではないということです。
 今回の福岡高裁の決定は不当なものですが,漁民の立証のハードルを高くして負けさせたものの,内容的には,むしろ,諫干と有明海異変は無関係とする国の主張を否定して,「どの範囲でどの程度」かははっきりしないが,諫干が漁業被害に関係していることは否定できない,としています。
 すなわち,有明海異変の原因は諫干だという漁民側の言い分が正しくないから負けたというものではありません。その意味では,今後の有明海再生の取り組みの正当性が頭から否定されたなどというものではありません。
 第2に,因果関係については,まもなく公害等調整委員会の原因裁定の結論が出ようとしています。
 公害等調整委員会は,もともと公害・環境問題の紛争を専門的に解決するために設けられたものです。なかでも原因裁定は,科学的な専門分野である因果関係の認定については,裁判所による十分な審理がむずかしいために設けられた手続です。原因裁定は裁判所も尊重しなければならず,法的な因果関係の認定についての,これ以上の権威はありません。
 しかも,原因裁定の結論には異議を申し立てる手続はありません。これが最終決定です。
 したがって,原因裁定で有明海異変・漁業被害の真犯人は諫干であるという結論がでると,これによって,因果関係は最終的に法的決着がつくことになります。
 以上の2つのことを考えるとき,憲法違反とか判例違反とかいうような,いかにも狭いレベルの争い方ではなく,もっと別の有効な戦い方があるのなら,そちらに力をそそぐべきではないか,というのが弁護団の結論です。
 その別の戦い方というのは,本年4月1日から認められた義務づけ訴訟という新しい行政裁判です。国が本来やるべきことをしない場合に,それをやりなさいと求める裁判です。具体的には,潮受堤防排水門を開放しなさいという裁判です。
 この闘いには,十分な見通しがあります。
 佐賀地裁の仮処分命令や仮処分異議決定はもとより,今回の福岡高裁の決定も,有明海の漁業環境の悪化と諫干の関連性を認めています。福岡高裁は中・長期開門調査を行う義務があるということまで認めています。また,原因裁定によって,漁業被害の真犯人は諫干であるという最終的な判断が下されると,いよいよ有明海再生のために開門して再生に必要な調査をすることが日程にのぼってきます。
 工事の中止は,その闘いの中で,あらたな状況下で求めていくことが可能です。原因裁定を踏まえた新たな仮処分も,以前よりもずっと有利な状況下で戦うことができます。
 いずれにしても,いま求められるのは,闘いのねばり強さです。
 確かに,本日の福岡高裁の不当な決定は,工事を再開させる残念なものでした。しかし,同時に,わたしたちの闘いを反映して,中・長期開門調査に関する部分など,今後に新たな手がかりを与える判断もまた示しています。
 一喜一憂することなく,有明海を再生する日まで,粘り強く戦いましょう。

以 上
                                                                                                                                                           
※ 馬奈木弁護士は二千人を超える大訴訟団を率いる中心的存在であり、同時に久留米大学法科大学院の教授でもあります。(文責古川)

▲ 外側から見た諌早湾潮止堤防
                                                                 
93. 小石原川ダムを阻止せよ
 中原 孝矩(筑後川水問題研究会会員)元記者 

 小石原川ダムの建造を阻止したいと思いながら、訴える文をどのように書けばいいか、考えるだけで頭が痛い。ダムに関連した様々な資料、数字が頭の中を駆け回っていて、どのデータから書き出せば、読者が読んでくれるか、見当がつかない。書きたくないといえば、ウソになる。一人でも多くの人に、このダム計画の内容を伝え、建造を阻止したい、その気持ちに偽りはない。
 手にしたメモ紙に何やら数字が書いてある。見ると、「アムステルダムにて」「レストラン、コップ1杯1.8ユーロ」とあった。思い出した。2004年8月末、オランダ、ドイツ、スイスへ駆け足旅行をした。ミネラルウオーターを頼んだ。当時1.8ユーロは250円見当だった。コップ一杯の水がこんな具合で有料は常識だった。国内ならラーメン屋だって、どんな食堂でも、無料で水は飲める。安心して、うまいお冷を何気なく口にする。ところが、日本を一歩外にでると、飲み水はペットボトルが手放せない。日本に帰ってくるまで、朝から晩まで手放せない。
 水は大切だ、だからダムが必要だといいたいのではない。逆だ。身の回りの水を大切にしたい。水を育む森を、山を川を大切にしたいと、いいたい。水が無いからダムに溜めるのではなくて、ここにある水を、ある量で使うことを始めたい。少ししかないなら、節約して使いたい。たっぷりあるなら、川に流してやろう。海に戻してやりたい。
 水が必要なのは自分たちだけではないはずだ。土の中にいる生き物たち、植物、魚や虫だって同じだ。
発破をかけて山を崩す。岩を砕いて、ダンプで運ぶ。大型建設機械が右往左往して、ダム建設現場はにぎわうことだろう。始まれば、鳥は姿を消す。虫たちも逃げ出すが、逃げられないかもしれない。植物たちはその場で枯れ果てるしかない。魚たちも逃げおおせるだろうか。
 自然を破壊してダムを造る必用があるのか、どうか考えたい。我々の暮らしに水は欠かせない。分かりきっている。全ての生き物たちにだって同じだ。鳥や、猪や、狸。蝶やクモ。蛇やミミズ。雑草だって自然の一員だ。オランダには皆で種を撒いて、雑草公園を整備する計画まであった。
 こうした大自然を破壊し尽くしてダムを建造するからには、その犠牲に見合うだけのしっかりした理由が必要ではないか、と私は思う。その必要性がないなら、そのような計画はやめるべきだといいたい。
 小石原川ダムは必要なのか、なぜ計画が持ち上がったのか、そのあたりからデータを整理したい。

利 水

 小石原川ダムから日量56,160?の飲み水を確保するが目的の一つだ。2005年春合併して30万都市の仲間入りをした久留米市を柱に、地域内の行政人口96万人の上水道の拡張整備に使うという内容だ。このあたりは筑後地域と呼ばれる一帯で、俳人北原白秋の故郷、柳川市や流行歌の大作曲家、古賀政男の生地地大川市、炭鉱あるいは化学工業地帯で知られた大牟田市など有明海に面した都市から筑後川沿いの市町を含めた福岡県南部一帯を指す。
 2005年当初まで、6市7町1企業団(1市2町)が加盟した福岡県南部水道企業団がダムや大堰によって新たに開発された上水道源を筑後川から取水する方式で、日量93,780?の水源を確保して参加各自治体に水を配分してきた。つまり販売してきた。
小石原川ダムは2002年秋ごろに公表された時点で総事業費2000億円といわれた。その後原油は暴騰。だから4000億円程度に膨れ上がらないとはいいきれない。すでに着工している大山ダム・大分県では、必要水量をまとめた1988年夏ごろの計画で総事業費は625億円だった。それが、建設実施方針の変更が行われた1999年春、1400億円に膨れあがった実例があるからだ。
 利水に話を戻そう。つまり当面2000億円もの事業費をかけて、日量56,160?の水道水が是非とも必要なのか、どうかが議論の分かれ目だ。

みずがめ

 福岡県南部水道企業団が2005年夏現在で確保している基本水量は93,780?とある。企業団の2003年度年報-65ページに見える数字だ。内訳をみると八女市6,100?、広川町4,000?、立花町1,800?の合計11,900?が足りない。足りない分はどうするのだろう、と心配になる。
心配は全く無用。福岡県南部水道企業団から融通できることになっていた。日量93,780?は江川・寺内ダム、合所ダム、筑後大堰で開発されたものの総量。しかし、加盟した自治体には久留米市のように筑後川から日量103,000?も取水できる権利を国から得ている都市もある。同様に大牟田市も菊池川、諏訪川、地下水で日量50,000?という自前の水源があった。加盟自治体の、そうした自前の水利権水量をまとめると169,100?にもなる。
【参考図下】

先に紹介した日量93,780?と合わせると大山ダムの開発分を加えなくとも2005年夏現在の水源、つまり水がめの総量は、262,880?にもなることがわかる。大山ダムの開発分を加えないという意味は重大で、現在6市7町1企業団(1市2町)の行政人口約74万人に対して、1日最大給水量は23万?で充分という統計が出ている。平均で見ると1日給水量は18万?未満という数字だから水は相当量余っているといえる。
 ところが福岡県南部水道企業団は久留米市をはじめ加盟する各自治体の同意を得て、大山ダムから日量61,000?を上乗せする第2次拡張計画を決定、遂行中である。その結果、2005年夏現在、筑後地域の水がめは総量で32万?余にもなり、住民の多額の税金に支えられながら、だぶだぶに膨れ上がっているのが実態だ。

一人1日何リットルあれば足りるのか

 国土交通省がまとめた生活用水の一人1日の平均使用量は200リットルだ。台所その他で56リットル、洗濯44リットル、入浴64リットル、トイレ36リットルというもの。これまでに深刻な長期の渇水に何回も直撃された福岡市民がここ数年、この数値を達成しているそうだ。公共下水道の普及率が99%台の福岡市民は立派だと思います。よくここまで節水に努めたものだと、感心します。
 水道水が足りないという予測を語るとき、水道事業関係者が必ず口にするのが、「公共下水道の整備がこれからで、水の需要が増大します」。なるほどと思いたいのですが、その手には乗りません。筑後地域の実態を調べてみると、消費量が多い久留米市でも、家庭、事業所を合わせた数字で、一人1日310リットルから320リットルで最近数年間は推移しています。
 その久留米市は最近まで、一人1日539リットルという巨大な数字を掲げて給水体制を整備し、維持して来たことがわかっており、これは驚がくものの数字です。ここもだぶだぶで水が余っています。
 筑後地域の行政人口は2005年夏の約96万人台を境に減少することは確実とみます。すると、山間部まで水道管を敷設して、水道設備が可能な限り拡大されたとしても給水人口が今後10万人も増加すればいい方です。現在の給水人口65万人に加えて合計75万人に給水できればいいわけで、3万?も需要増を見込めば充分だと考えるがいかがでしょうか。このぐらいの需要増なら現有の水がめでもやっていける勘定になるのです。百歩譲って、大山ダム分まで取り込んだら充分ではないですか。
 なぜ、小石原川ダムを建設して、余分な水を確保しなければならないのか、教えてください。
 税金2000億円を投入してダムを建造する必要性を説明してください。しかも莫大な岩石を現地で確保して建造するロックフィル式のダムだから、大自然をおおがかりに破壊することになるのです。
 水がめのくだりでくどいほど数字を列挙しました。総量は32万?余です。一方消費量は最大でも23万?。将来の増加を見込んでも26万?あれば充分なはず。大山ダムの開発分まで加えて32万?余なら充分やっていけるはずです。
 小石原ダム分を開発して、この上さらに日量56,160?の上乗せを図る必要はないという私の主張を理解していただけたと考えます。小石原川ダムは今が正念場です。今のうちに「不要だ」とあなたも手を挙げてください。さもないと着工されることになるのは間違いないでしょう。
 現在は総事業費が2000億円といいますが、大山ダムがいつのまにか倍増されたように4000億円にならないとは限らないのです。

▲ 小石原川ダム水没予定地の稗田地区

94. 第21回水郷水都全国会議、第8回有明海・不知火海フォーラム
in 久留米、柳川 (港湾埋立問題分科会報告文書)

不知火海(八代海)大築島周辺への埋め立て問題

 八代海の自然を守る会 田辺 達也(八代河童共和国大統領)




95. 私の休日(第18回熊本地名シンポジウムに参加して)

 一〇月二二から二三日にかけて熊本県菊池市で行なわれた第18回熊本地名シンポジウム"河童伝承と水神"にでかけました。もとより地名研究は民俗学の一つのジャンルですが、日本地名研究の重鎮、谷川健一(日本地名研究所長)氏が熊本県水俣市の出身でもある事から、熊本地名研究会の活動は、今なお、非常に活発で、在野ながら目を見張るような研究が続けられています。
 今回の地名シンポジウムは菊池市に色濃く残る河童伝承を取り上げ、河童研究で名高い石川純一郎名誉教授(常葉学園短期大学)や菊池市に伝わる渋江家文書(天地元水神社)を研究されている小馬徹教授(神奈川大学大学院)などによる多くの報告、研究発表が行なわれました。挨拶やアトラクションを除く主要な報告は下記のとおりです。

 基調講演 「河童とヒョウスベ」         日本地名研究所長 谷川 健一 
 記念講演 「河童化生説話とその風景」  常葉学園短期大学名誉教授 石川 純一郎
 特別講演 「渋江家文書に見る河童信仰」   神奈川大学大学院教授 小馬 徹
 報 告
@「河童伝承出現以前の菊池・山鹿地方」菊池市教育委員会社会教育指導員 堤  克彦
A「ケンムンの住む島奄美大島」       笠利町立歴史民俗資料館長 中山 清美
B「河童共和国とマチ興し運動」           河童共和国大統領 田辺 達也
C「ガゴと河童」                   熊本地名研究会 江口 司

 もうお分かりかと思いますが、今回このシンポジウムに参加したのは、B「河童共和国とマチ興し運動」の報告者である八代市の河童共和国大統領 田辺 達也氏から口説かれたものです。
しかし、神奈川大学大学院教授小馬 徹先生が報告された「渋江家文書に見る河童信仰」に関しては、七、九月号で書いた 68.杵 島82.兵 主などとも密接な関係があり、私にとっても絶対に無視できないテーマでした。
 小馬教授については、私の郷土史学習上の師である吉野千代次先生との関係もあり、以前からお会いしてお話をお聴きしたいと思っていましたので良い機会でした。また、小馬教授は渋沢敬三に始まる常民文化研究所の主任研究員でもあり、宮本常一に魅了され続けている私にとっては実に得難い機会でもあったのです。
 一方、谷川健一といえば、岩波新書の「日本の地名」「続日本の地名」でも有名な日本地名研究の重鎮であり、もし、お会いできれば金 達寿氏との共著「地名の古代史・九州編」にサインをしてい戴こうと待ち構えておりました。あにはからんや、実に都合が良いことに、八代の河童共和国の前大統領である福田先生(福田病院院長)が谷川健一氏と旧制熊本中学校(現在の熊本高校)時代の同期とのことで、私は谷川先生や小馬先生といった泰斗に易々と接近することができたのです。これについては実に河童様々であり、あらためて河童の神通力を再認識したところでした。
 ところで、私にとって地名研究は民俗学でも特に琴線に触れる分野ですが、今回は、それ以上に小馬 徹先生による菊池の渋江氏の研究報告であり、杵島(佐賀県武雄市橘町)に住み着いたとされる橘諸兄の末裔である橘氏が中世に牛島、中村、渋江に分かれ、その一流が菊池の渋江氏として河童伝承を継承しているという事実には無視できないものがあったのです(82.兵 主を参照のこと)。

再掲:兵 主より

 橘公業以降の杵島山の橘氏については、「河童共和国」とも関係が深い神奈川大学大学院の小馬徹教授が、河童退治の神事などで知られる天地元水(てんちげんすい)神社(熊本県菊池市)の宮司・渋江家に伝わる大量の古文書を調査されていますが、そのことが、「河童信仰広げた肥後渋江家」として熊本日日新聞(平成一七年五月七日付け)に掲載されていますので、一部を紹介させて頂きます。

 私は、河童信仰の淵源(えんげん)を嘉禎ニ(一二三六)年に伊予宇和荘(愛媛県)から肥前(佐賀県)長島荘へと転補入部した橘氏(その本家が後の渋江氏)まで、遡(さかのぼ)れると論じた。橘氏は先祖橘島田丸配下の内匠頭(たくみのかみ)が奈良春日大社造営に駆使した後で捨てた人形が狼藉(ろうぜき)したという古い神話を下敷きに、乾元年間(一三〇二−三年)、春日大社準(なぞら)えて潮見神社(佐賀県武雄市)を創建、橘(渋江)氏が使役した人形が河童の起源だとする話に鋳直す。この神話に基づくカリスマ性が在地勢力を圧倒、長島荘の支配を巧みに確立した、と(河童相撲考)。

 橘 公業以降の橘氏(牛島、中村、渋江…)についても多くの逸話がありますが、とりあえず、ここまでとします。
 水郷水都会議が終わり、"少しは魚釣りに行く時間でもできるのではないか"などと思っておりましたが、以前と全く変わらぬペースで活動に追われています。十二月にも二つの集会を抱えており、環境破壊が修まらない限り私は解放されないのではないかと思い始めました。
 当面、国交省や農水省の一部の腐敗した官僚どもが悔い改めるなどとは考えられず、今は国家的財政破綻の早期到来を待ち望むばかりです。
 してみると、私にとって熊本地名シンポジウムは心が和むひと時だったのかも知れません。

▲ 素晴らしいデザインのシンポジウムの案内状

■ 次回への予告 ■ G

当面は予定が全く立ちません。データが復旧できればなんでもないのですが、今更、同じ内容で書き直そうという気持ちにはなれません。