75. 【嘆きの羊角湾】〜干拓事業廃止から埋め立てへ〜
天草(羊角湾)熊本県
第21回水郷水都会議、第8回有明海・不知火海フォーラム in 久留米、柳川
港湾埋立問題分科会 講演論文A

 松本 基督(天草の海を考える会)

羊角湾開発計画の経緯
A:国営羊角湾総合農地開発・干拓建設事業
(1962年計画発表 1997年事業廃止決定)
B:久留地区公有地造成護岸等整備事業
(1999年計画発表 2003年計画変更)

Aの国営干拓事業について:
目的:@農業構造改善の促進 A水資源確保
概要: @−干拓(湾内の2箇所を干拓し、農地造成)
    A−淡水湖化(湾奥部を締め切り、淡水化して農業用水として利用)
    B−農地開発(周辺山地開墾⇒ミカン園造成)
年表:
1962年(昭和37年) 羊角湾地域総合開発計画発表(総事業費21億円)
1968年(昭和43年) 起工式('77年完成予定、総事業費54億円)
1969年(昭和44年) 漁業権放棄と補償内示額承認(6700万円) 
1971年(昭和46年) 総会の漁業権放棄決議無効確認と損害賠償責任の提訴(1次訴訟)
1973年(昭和48年) ミカンの大暴落により入植希望者激減(約800⇒179人)
            海底汚泥除去原状回復請求と損害賠償請求の提訴(2次訴訟)
           ⇒汚濁による漁業者とのトラブルで工事中断
           ⇒干拓工事中断後も農道等の周辺整備は進められ事業費は膨らんだ
1987年(昭和62年) 前記2つの訴訟は原告側の全面敗訴
1989年(平成元年)  計画変更 事業費154億円(農地開発を977⇒361haに縮小し終了)
1990年(平成2年)  漁業影響補償額7.3億円で契約締結⇒真珠業者との補償交渉未決着
1994年(平成6年)  3年間の事業休止を決定  「羊角湾地域振興検討委員会」の発足
             会計検査院より農水省に羊角湾事業の改善指摘
1997年(平成9年)  諫早湾干拓事業のギロチン
            総務庁、行政監察で羊角湾事業の見直しを勧告
            羊角湾地域振興検討委員会の最終答申⇒「干拓事業の廃止」提言
           ⇒捨石等の既存施設は地域振興策の中で可能な限り多角的に活用


         図1 羊角湾の位置            図2 羊角湾干拓事業計画平面図

国営羊角湾干拓事業が遺したもの
@ 膨大な税金の浪費(112億円)
A 自然環境破壊(山の乱開発、海の汚染)
B 地域社会の破壊(住民相互の対立)
C 締め切り堤防・干拓予定地の捨石
⇒土砂流出阻害の最大要因
⇒最優先で撤去すべき

図3:締め切り堤防捨石断面

Bの久留地区公有地造成護岸等整備事業(埋め立て事業)について:
目的:@ 老朽化している海岸堤防の緊急整備
    A 防災上支障がある捨て石の除去と本事業への有効活用
    B 地域活性化への拠点整備
《事業概要》(当初案−1999年12月議会での所信表明のなかで発表):
【事業主体】熊本県・河浦町
【予定工期】2000〜2008年
【総事業費】25億円程度
【負担割合】国−40,県−55,地元−5(%)
【埋め立て面積】7ha
【土地利用】乗馬公園、農漁業体験施設、
交流施設(地ビール園など)、農業公園、
マリンスポーツ基地

図4:計画平面図(当初案)

《事業概要》(現行案−当初案を2003年に変更)⇒再評価の対象事業
【事業主体】熊本県・河浦町            
【予定工期】〜2010年             
【総事業費】14.2億円(護岸−県)
3.34億円(土地利用−河浦町)
【負担割合】国−40,県−55,地元−5(%)
【埋め立て面積】5ha
【土地利用】多目的芝生広場、花の育苗施設、
多目的スポーツ施設広場
【現行案の問題点】
@ 海岸保全基本方針の理念・精神に反する
A 住民・合併協議会への説明と議論がない
B 費用対効果の問題
C 干潟消失のマイナスが見込まれていない
D 護岸新設は必要か?(ボロボロ?)
E スポーツ施設は近隣に多数存在         ⇒多大な財負担を伴う建設必要性なし           

図5:計画平面図(現行案)
  
羊角湾周辺地域の真の振興とは? ⇒豊かな自然環境の保全・復元・活用
羊角湾会議の設置(提案) ⇒「昔のガタ・浜をとりもどそう!」

 先生は本文中で「なお筆者は近刊の「河川事業は海をどう変えたか」の中で、ダムを含めて河川から海への河川水および砂の供給の削減はきわめて重大な結果をもたらすことを指摘している。」と書かれていますが、これについては、72. 図書のご推薦 「河川事業は海をどう変えたか」で紹介していますので眼を通して頂きたいと思います。


手前は水俣病で有名な原田正純教授


76. 第21回水郷水都会議、第8回有明海・不知火海フォーラム
 in 久留米、柳川 盛会に終わる! (筑水研会報NO.253より)



水郷水都全国会議/有明海・不知火海フォーラム 2005共同宣言
 私たちは、九州の有明海沿岸地域である久留米市と柳川市に二つの会場を設け、全国各地から延べ1,000人が集まり、公共事業"新"時代 〜自然とのおりあいを求めて〜をテーマとして、さまざまな議論を交わした。
 1985年以来、全国各地の水環境問題にとりくんできた水郷水都全国会議と、有明海等の環境回復にとりくんできた有明海・不知火海フォーラムは、諫早湾干拓事業と川辺川ダム建設事業に焦点を当てながら、新しい時代の人間と自然の関わりを模索してこの大会を実施した。
 川辺川ダム建設事業は、事業目的のひとつである川辺川利水事業が福岡高裁で違法とされ、事業全体が白紙となった。にもかかわらず国交省は今日なお、川辺川ダム建設にこだわり、事業目的もあいまいなまま事業の継続を主張し続けている。また、有明海では、国営諫早湾干拓事業が環境悪化をもたらし、漁業被害が起きて漁業者らが自殺に追い込まれるほどに深刻化している。農水省は、自ら組織した第三者委員会の「原因究明のための中・長期開門調査をせよ」との提言を反故にし、さらに、「中・長期開門調査は、農水省の責務である」と宣言した司法の判断さえ無視して、現在、工事を再開している。
 人間は共同して自然に働きかけ、自然を改造する公共事業を不可欠とする。しかし、今日、巨大技術を駆使したわが国の公共事業は、経済至上主義に突き動かされ、自然・社会・文化・風土の将来に禍根を残すことが明らかになっている。それを見直してゆく方向と力をどこに求め、どのように調整するかが今日の重要課題である。
 現状を否定しただけでは将来の持続可能な社会は獲得できない。今大会に先立って、われわれは国、県、市に共同開催の意味をこめて後援の依頼をした。しかし、今大会が係争中の川辺川と有明海問題の一方の主張にかたよっているとして断ってきた。行政の専権事項と見なされていた公共事業の政策決定の場を住民の手に取り戻すために、行政上の知恵と業界・業者の技術や経営力をつなぎ合わせ、共同して社会と自然を再生するルールを構築したい。そのためには、自然の有り様を承認しながら自然を改造した先人の知恵、今日も各地に残る自然との折り合いある事業に学ぶことを確認した。
 われわれは改めて、「対立」を超え、持続可能な「共生」社会への転換の必要を痛感する。す でに半世紀前、筑後川上流の下筌・松原ダム建設反対の運動の中で室原知幸さんが唱えた「法にかない、理にかない、情にかなう」本来の公共事業の重要性を再確認する。
 持続可能な社会のためのより良い水環境の創造は、地域住民・国民の結集した力によるしかないことを胸に刻み、地域技術に根ざした事業者を含む住民パワーで行政を動かし、「市民による、市民のための公共事業」を創設することをここに期待するものである。

2005年6月12日

第21回水郷水都全国会議、第8回有明海・不知火海フォーラムin久留米・柳川 
参加者一同

第21回水郷水都全国会議、第8回有明海・不知火海フォーラムin久留米・柳川
柳川特別決議

 1997年4月14日、293枚のギロチンによって諫早湾が閉め切られた。全長7050メートルの潮受堤防のうち、開いていた1240メートルが閉ざされ、南北の水門を残し潮の行き来は止められた。ムツゴローやハイガイなど幾億の生命を育んだ諫早干潟と生命が湧くと称えられた泉水海は有明海から隔絶された。以降、2000年冬から2001年の春にかけて有明海のノリは大凶作に見舞われた。有明海異変の恐怖が漁民を襲った。
 佐賀地裁では諫早湾干拓事業の差し止め訴訟が闘われ有明海異変と干拓工事との因果関係と工事差止め仮処分が決定された。福岡高裁では不当な逆転決定がなされたが、今福岡高裁で最高裁抗告を実現させる闘い中である。また、公害等調整委員会では同事業と漁業被害の因果関係を求める原因裁定請求が闘われている。
 海は山と川だけではなく、隣海と繋がっている。海況の変化は人間社会に大きく影響される。自然の恵みを受けて日を送るわたしたちは、有明海と不知火海の異変を、手を拱いて傍観することはできない。フォーラムに参加した私たちは漁民の闘いに合流する。また、国、自治体に有明海と不知火海の保全と回復を働きかける。ここに、諫早湾干拓事業の工事再開に抗議するとともに次の課題を掲げて前進する。

1)「よみがえれ!有明海訴訟」の勝利を確信し、福岡高裁は最高裁への抗告を許可し、最高裁は、福岡高裁の決定を破棄すべきこと。
2)有明海に特性の泥質干潟が持つ社会科学的、自然科学的役割を明らかにし、その「賢明な利用」を追求する。また、水産業の現状把握と回復を追求する。
3)有明海・不知火海をラムサール条約や生物多様性条約を活かす場にする。
4)農林水産省に諫早湾水門の中・長期開門調査の実施を求め、潮受堤防の撤去を含む諫早湾干拓事業の見直しを求める。
 5)山、河川と干潟や浅海域の関係性を明らかにし、集水域を含めた有明海の保全・回復を目指す。
 6)「有明海及び八代海を再生するための特別措置に関する法律」の見直しを求める。

2005年6月12日

第21回水郷水都全国会議、第8回有明海・不知火海フォーラムin久留米・柳川
柳川全体会、および参加者一同
(久留米・柳川両会場で確認採択)


77. 船 越(補稿) 対馬 阿麻氏*留神社の小船越

* 阿麻氏留(アマテル)の氏*は氏の下に一

はじめに

 七月上旬、三泊四日で対馬を散策してきました。と、言っても全体で四二〇キロの行程にもなるため、かなりハードなものであったことは言うまでもありません。
 もちろん、対馬には"船 越"でとりあげた、あの阿麻氏*留(アマテル)神社があります。
 当然ながら司馬遼太郎の「街道をゆく」13(壱岐・対馬の道)には海人神社(ワダツミ)の社家でもある地元の郷土史家(というよりも第一級の民俗学者、古代史家と呼ぶべきでしょうが)の永留久恵氏との探訪のエピソードが書きとめられています。また、民俗学者宮本常一による永遠のベストセラー「忘れられた日本人」に書きとめられた伊奈、志多留から佐護、佐須奈に向かう中山越えの話や、対馬の南端、豆酘(ツツ)の浅藻の梶田富五郎翁のエピソードがあります。


阿麻氏*留(アマテル)神社

 この島は、西日本を中心に走り回って来た私にとっても始めての土地であり、ある意味で私に残されたフロンティアという勝手な思い入れを持っていました。今回の対馬行は直接的には"船 越"を書いたことをきっかけにしたものですが、少なくとも自分の目で直に、万関、大船越の瀬戸、小船越の阿麻氏*留(アマテル)神社を見てみたい、梶田富五郎翁の話しに出てくる豆酘(ツツ)の多久頭魂(タクツダマ)神社と天道法師の禁断の聖地(シゲ地)を見たい。もちろん景勝地である和多都美(ワタツミ)神社も見たい、などと、多くの思いが重なる非常に欲張ったものでした。もちろん、神社だけを見たわけではありませんが、都合、二〇社あまりを見て周り第一回目の対馬行を終えたのです。

 対馬の神社になぜこれほど思い入れがあるかというと、どうやら日本の神々の支配的ルーツがここにあるようだからです。前述の永留久恵氏による「海神と天神」の冒頭 3 対馬の神々 には、こうあります。
  
 西海道の延喜式内社一〇七座中、二九座が対馬にある。上県郡の和多(わた)都美(つみ)神社(名神大社)以下一六座、下県郡の高御魂(たかみむすび)神社(名神大社)以下一三社で、次は壱岐に二四座、続いて筑前に一九座があり、西海道の官社の大半が玄海に臨んでいたことになる。大和朝廷がこの海域をいかに重視していたかが窺える。


和多都美神社


船越は実在した

 しかし、最大の関心は、阿麻氏*留(アマテル)神社の小船越が本当に"船越"できるような場所であるかを実際に現地を歩いて確認することにありました。


小船越の港

 道路改修工事や漁港修築事業などによって現地はかなり変えられ、神社の参道(石段)も、神社前にあったと思われる水路(きっとこれも海からの参道だったのでしょうが)もかなり付け替えられてはいるようですが、昔の地形は十分に想像することが可能でした。


神社前の水路

 結論を先にすれば、結果は実に感動的なものでした。なんと、阿麻氏*留神社のすぐ裏には(というよりも神社の前を左に船越すればその先にあるのですが)静かな入江がすぐそこまで延びていたではありませんか。

阿麻氏*留(アマテル)神社裏の入り江

 この存在感は古田史学に魅了されている私だけのものかもしれませんが、うっとりするばかりのこの入江の美しさは、私ならずとも感じていただけるものと思います。一方、対馬の東側にあたる神社の表には参道の直前まで水路が延びており、距離にして一〇〇〜二〇〇メートル、高低差五メートル足らずの小さな坂を越えるだけで、労することなく船越ができるように見えるのです。


入り江から船越を望む

 勝手な想像ですが、まず、積荷を陸揚げして"船越"し、荷を運び再び積み直す。当然ながら、阿麻氏*留神社に対して通行料を納め、人手が足りないときには同社の氏子連に協力を求めて何がしかの労賃を支払うなど、この小船越にはそれなりに組織化され、ある意味で産業化された"船越"が存在していたのかもしれません。

 前述の永留久恵氏には「古代史の鍵・対馬」「海神と天神」「古代日本と対馬」をはじめ多くの貴重な著書があります。今回、私はこのうち、四百数十頁の大著「海神と天神」(1988)を手に対馬を周ったのですが、フィールド・ワークによって多少とも得ることができた"か細い"イメージに、この本が吸い込まれるように入ってきます。それはともかくも、「古代史の鍵・対馬」(1975)にも「船越」という小稿があります。永留氏は、この中で、"対馬には大船越と小船越があるが、実際に船越をしていたのは小船越だけではなかったか"とされています。詳しくは本著にあたられるとして、一部をご紹介します。

 浅海湾から東の海に通ずる要地として、二つの船越があった。大船越と小船越である。もう一つ鶏地の住吉があったが、ここには船越の地名はない。いまは大小となく万関の瀬戸を通行するようになったが、これは明治三三年に、帝国海軍が…中略…
それならば、古来海外に渡航した人たちは、大船越を利用したはずなのに、ここにはそのような伝承がない。…中略…
 いまの大船越の部落は、江戸時代の初期に移住して来た、と里の人たちも伝えている。これに対して小船越は…応永二六年(一四一九)、朝鮮軍が浅海湾を急襲してきたとき、まず尾崎を焼き、ついで船越を攻め、さらに仁位を襲っている。これらの浦が特に狙い討たれたのは、そこが重要な拠点であったからにちがいない。『大宗実録』には訓乃串と書かれている。また、『海東諸国記』には訓羅串となっている。訓乃串、訓羅串、これが船越に当てた朝鮮語の表記だが、ここでわかることは、小船越ではないということだ。船越に大小はなく、ただ、船越があったのだ。そこで寛文の掘切ができて、大きな船が運行できるようになってから、大船越ができたのかといえばそうでもない。『海東諸国記』に吾甫羅仇時とある。それにしても小船越は、まさに古船越とよぶべきであった。

と。

そして

 その外にも、豆酘(ツツ)の浅藻の梶田富五郎翁の話しに出てくる郵便局や梶田翁の家も控えめを心がけながら眼に焼きつけてくることができました。これは、これまでの熱い思いをとりあえず沈めるものでした。
 さて、対馬は確かに豊かな自然が残る島でした、しかし、だからこそかえって破壊的な道路工事や河川工事が目に付き、それに追い討ちをかけるように、多くの照葉樹の森が役にも立たない針葉樹に変えられ続けていることが痛々しく感じられたものです。このままでは間違いなく対馬ヤマネコは絶滅することになるでしょう。

船越の新たな展開と収束

四月号の 53.船 越 で以下の様に書きました。

 民俗学の世界には"西船東馬"という言葉があります。これは中国の軍団の移動や物資輸送が"南船北馬"と表現されたことにヒントを得たものでしょうが、確かに西は船による輸送が主力でした。また、"東の神輿、西の山車"という言葉もあります。これは、それほど明瞭ではないのですが、東には比較的神輿が多く、西には山車が多いというほどの意味です。
 非常に大雑把な話をすれば、全国の船越地名の分布と、祭りで山車(ダンジリ、ヤマ)を使う地域がかなり重なることから、もしかしたら、祭りの山車は、車の付いた台車で"船越"を行なっていた時代からの伝承ではないかとまで想像の冒険をしてしまいます。
 直接には長崎(長崎市)に船越地名は見出せませんが、ここの"精霊流し"もそのなごりのように思えてくるのです(長崎の精霊船は舟形の山車であり底に車が付いており道路を曳き回しますね)。

 七月は山笠、山鉾、山車の季節ですが、私が参加している古田史学会の内部では上記の内容がささやかながら新たな展開を見せています。
 同会のホーム・ページ「新・古代学の扉」には「古賀事務局長の洛中洛外日記」という、大変面白い、興味深いコラムがありますが、その第七話、第十一話に"船越"の話しが出ていますのでその一部を紹介させていただきます。

第7話 「祇園祭と船越」
 …この祇園祭の山鉾ですが、その淵源は古代まで遡るのではないか。山鉾や博多山笠の「山」は耶馬壹国のヤマと何か関係はないか、と以前から思っていたのですが、山鉾は古代の「船越」の様子を表現したものとする説が、最近出されました。
 ホームページ「有明海・諫早(ママ)干拓リポート」に掲載された古川清久さんの論文「船越」に次のように述べられています。
 「全国の船越地名の分布と、祭りで山車(ダンジリ、ヤマ)を使う地域がかなり重なることから、もしかしたら、祭りの山車は、車の付いた台車で"船越"を行なっていた時代からの伝承ではないか」…中略…
 そう言えば、松本市の須々岐神社のお祭り、「お船祭り」では「お船」と呼ばれる山車が繰り出されますが、これなど「船越」そのもの。古川さんの新説は以外と正解かもしれませんね。

第11話 「信州のお祭・お船」
 …信州のお祭りで有名なものに、穂高神社(南安曇郡穂高町)のお船祭がありますが、安曇という名前からも想像できるように、海人(あま)族のお祭ですからお船と呼ばれる山車が登場するは(ママ)、よく理解できるのです。しかし、諏訪大社の御柱祭にまで主役ではないようですがお船が登場することに、その由緒が単純なものではないなと感じたわけです。
 祇園山鉾や博多山笠の山車が、古代の船越に淵源するのではないかという古川さんの説を洛中洛外日記第7話で紹介しましたが、今回の調査の際、『隋書』倭国伝(原文はイ妥)の次ぎの記事の存在に気づき、新たな仮説を考えました。
 『隋書』には倭国の葬儀の風習として次のように記録しています。
 「葬に及んで屍を船上に置き、陸地之を牽くに、或いは小輿*(よ)を以てす。」

小輿*[輿/車](よ)は、輿の同字で輿の下に車。

 倭国では葬儀で死者を運ぶのに陸地でも船を使用していたことが記されているのです。そうすると、山車の淵源は海人族の葬儀風習にあったと考えてもよいのではないでしょうか。祇園山鉾や博多山笠の「ヤマ」が古代の邪馬台国(『三国志』原文は邪馬壹国)と関係するのではないかという、わたしのカンも当たっているかもしれませんね。

 最後に永留久恵氏の「海神と天神」の 第一部 海神編 第二章 対馬のウツロ舟伝説 10 葬送と舟 にこの話の解答に近いものがありますので、少し長くなりますが、その一部をも紹介してこの論考をひとまず終わりにしたいと思います。しかし、再び対馬を訪ねることになると思います。その時には再び、船 越(補稿)Aを書きたいと思います。

…中国の史書「隋書」倭国伝を見ると、倭人の風俗を述べたなかに、「貴人三年殯於外、庶人卜日而葬」との記述があり、貴族は殯宮を建てて長期間 もごり をしたことがわかる。庶民は卜して葬(はふり)をしたが、その間にはやはり殯の仮屋をこしらえたはずである。
しかし、屍を安置する施設をもたないものは風葬に近い形がとられたであろう、と井上氏は説く。そして『続日本紀』文武天皇の七〇六年に、放置された屍を埋葬するよう令した詔が引用されている。
   水葬について諸先学は、蛭子を舟に載せて流したという『記』『紀』の神話は水葬の習俗を映したものだと説いている。南方の海洋民族の間には、死者は船に乗って他界するという説話があり、死者を舟に載せて流す風習があったという。この南海の民族と、いろいろの点で似た習性をもっていた倭の水人に、水葬があったと考えることは無理ではない。志摩で棺をフネとよぶことには、遠い昔のある姿を想像して深い意味を感じる。志摩は、熊野へと続く海人の活動舞台だったからである。また、海辺の村で初盆に精霊船を流すのは、死者の霊が遠い海の彼方に帰るという信仰による。
   葬(はふり)と舟について考えるとき、死者を載せて流すことばかりにこだわってはいけない。屍を葬地に運ぶためには船が必要だったからである。これを思うのは縄文晩期に始まる対馬の古い埋葬遺跡がほとんど海岸にあり、海に臨んだ突崎や、離れた小島にあるからだ。南西諸島では、今でもそのような場所に葬地を営んでいる。この葬地まで運ぶためには、当然舟を必要としたはずである。陸路から行けるところもあるが、舟による方が便利であり、また、舟なくしては不可能な場所が多い。死者を葬地に送るために、舟に乗せて運んだことは間違いない。
   さきに引用した『隋書』のなかに、「及葬置屍船上牽之」と、屍を船上に載せて葬地に運ぶことが記されているが、この場合は水上を航行するのではなく、陸上を牽(ひ)いたのである。およそ推古朝頃の風俗を記したものであろうが、船と棺との区別がわからない。しかし、これについて上井氏が攝津の住吉大社の資料から分析した論考は明快である。その概要は、同社に深い関係を持っていた舟木氏があり、この舟木は舟の建造を職掌としたが、同時に棺をも造った。しかも木棺ばかりではなく、石棺をも作っていた。そこで『古事記』にいう「鳥之石楠舟」には舟と棺のイメージが混然としている。というものである。…

78. 「CO2地球温暖化脅威説の虚構」
(HP「環境問題を考える」管理者近藤 邦明)の出版について
不知火書房 シリーズ・環境問題を考える@

 HP管理者 近藤 邦明 が出版の準備をされているそうです。私も以前から待ち望んでいたものだけに、今から店頭に並ぶのを待ち遠しく思っています。
 未確定な要素が残っているようですが、拙著「有明海異変」を出した不知火書房から「CO2地球温暖化脅威説の虚構」というタイトルで九月中に出版されると聞いています。内容については話さない方が良いでしょうね。

■ 次回への予告D ■

実のところ、四月号から"船 越"、"浅 藻""杵 島""船 越(補稿)"を書き、書きたいものをある程度吐き出した思いがします。あと一つ、"兵 主"(有明海沿岸に分布する河童伝承)を九月号に向けて書きたいのですが、ようやくこのテーマに入る余裕ができてきたようです。これまでにも、"阿 漕"や八代海とルイス・フロイス、武雄・北方インターで捕獲された鯨の話など、民俗学的な話を織り込んできましたが、むしろ最近はそちらが主になってきたようです。こうなってくると、近藤さんからもお叱りを蒙りそうです。とりあえず、"兵 主"まででとして、軌道を環境問題に戻したいと思っています。 
しかし、立派な外部論文が集まるようになってくると、環境問題のようなモグラ叩きの連続には好い加減うんざりしていますので、どうしても民俗学や古代史(古田史学)に流れてしまうのです。これは、私の内的なベクトルなので全く抑えが効きません。環境問題を書く人間が民俗学をテーマに文章を書いているのではなく、民俗学や古代史のめり込みつつある人間が環境問題をついでに書いているようです。
本当は環境問題など考えなくても済むことが理想なのであり(これは、本来、破壊して金儲けをしている性質の悪い連中も同じはずなのですが)、"柳田、折口、宮本などの本を手に辺境を歩きたい"と思い続けるのが私の本性なのだと思います。
 一概には言えませんが、少なくとも明治以前には公害問題、環境問題で悩むとか嫌な思いをするということはほとんどなかったことでしょう。厭離穢土欣求浄土(この世は疎ましく早くお浄土に逝きたい)を思うばかりです。

U  筑紫島(チクシジマ)の復元のために (No.6) 9月号
 79
これぞ税金ムダ使いのダム造りだ
―熊本県天草の「姫戸ダム」の実態
「技術と人間」三月号掲載論文
 植村 振作  元大阪大学助教授(天草の海を考える会)
20050310
 80
兵 主
"有明海沿岸に分布する河童伝承"
20050831
 81
大入島埋立を許すな!E(現地リポートNo. 5)
反対運動から始まった地区の溝と行政不信
 佐伯の自然を守る会 下川 澄江
20050612
 82
公共事業は止められない!しかし、終わる!
20050731
 83
「人工島埋立てが及ぼす市政の歪み」
人工島埋立(博多湾)福岡県
第21回水郷水都会議、第8回有明海・不知火海フォーラム
   in 久留米、柳川  港湾埋立問題分科会 講演論文
 博多湾会議 荒木 龍昇
20050612

■次回への予告■ D