79. これぞ税金ムダ使いのダム造りだ
―熊本県天草の「姫戸ダム」の実態
「技術と人間」三月号掲載論文
植村 振作  元大阪大学助教授(天草の海を考える会代表)
(元大阪大学大学院理学研究科助教授)
はじめに

 いま、熊本県天草で総工事費予算49億円の「姫戸ダム」という多目的ダムが建設計画中だ。多目的ダムとしては必ずしも大きくない。熊本県では、国営川辺川ダム建設事業問題で地元住民と国交省との間で協議が繰り返し行われている。姫戸ダム事業費49億円は何千億円という川辺川ダム建設事業費に較べれば遙かに少ないが、これこそ税金の無駄使いダムだ。利水(上水道、潅漑)目的は消失し、市民が期待する治水(洪水防止)目的にも適わないダムだ。それにも拘わらず、地元市議会は絶対的多数で昨年末「「姫戸ダム早期建設促進の決議」を可決した。今、世は「脱ダム」時代に入りつつあるとき、地元市議会はダム建設に血眼になっているとしか云いようがない。
 以下、ダム建設計画の経緯、事業実施主体である熊本県や地元議会の動向、市民による反対運動などについて報告する。

"47豪雨"と集団移転

 ダム建設予定地は熊本県上天草市姫戸町二間戸(ふたまど)の岩下川支流である。因みに、上天草市は2004年3月31に旧姫戸町を含む4町村が合併してできた新しい市だ。ダム建設計画は旧姫戸町時代に採択された。
 姫戸町は天草上島の北東部に位置し、東側は八代海(地元では不知火海と呼ぶが、ここでは国土地理院に倣って八代海と記す)に面し、背後の西側は数百メートルの山が連なる急峻な山岳地からなる。これらの山岳から発する河川は短く、直ちに八代海に注ぐ。家屋は川沿いの僅かな平地や山裾にへばりつくような形で建っていた。
 天草では、梅雨末期に集中豪雨が降ることは珍しくない。しかし、1972年(昭和47年)の豪雨は異常だった。地元防災関係者は"47豪雨"とか"47災"とも云う。天草上島東海岸一体に7月5日夜半から降り始めた雨は、翌6日昼頃には急激に強くなり、山肌が崩れ初め、土石流が発生し、民家がのみこまれ(図−1)、多数の死者が出た。姫戸町の雨量計は冠水し測定不能となった。同じような被害が発生した隣町龍ヶ岳町の当日の1時間最高雨量は130mmだった。



 岩下川下流沿岸に住んでいた従姉夫妻によれば、濁流を「牛がぷかぷか浮いて流されていった」という。幸い夫妻の住居は高めの敷地であったために被災はしなかったものの、目の前の集落は瞬く間に土石流にのみこまれてしまった。その惨状の詳細は(旧)姫戸町編纂「防災集団移転」(1976.5)に収められている。ダム建設を強硬に主張する市会議員の一人は、"47豪雨"で家族を亡くした、もう二度とあんな目に遭いたくない、ダムは必要だ、と言う。地元の人にとっては忘れることのできない災害だ。
 被害が甚大で、現状復帰が困難と判断した町は、集団移転や生活環境の整備等を組み合わせた総合的な町づくりを進めるために財政支援措置を国に求めた結果、災害直後の1972年12月には「防災のための集団移転促進事業に係る国の財政上の特別措置等に関する法律」(いわゆる集団移転法)が制定された。同法に基づく援助によって総事業費7.3億余円で新たに海面が埋め立てられて、危険地域居住者の移転が行われ、1976年3月に完了した。
 河川、農地、道路、山林等についても災害復旧工事とともに防災工事が直ちに施された。姫戸町広報によれば、1973(昭和48)年度姫戸町一般会計予算11億円の約2.5倍に相当する24.7億円が県・町を合わせた災害復旧工事予算として計上された。しかし、事業採択後30年以上が経過していることと町村合併で資料が消失しており、詳細は不明である。いずれにしても、国や県の直営事業として相当大がり工事が行われたことは確かだ。

渇水対策事業

 姫戸町の背後の山にはカシ、シイなどの広葉樹が茂っているが、急峻なために降雨は直ちに谷川に達し、八代海に流れ出てしまう。水をたたえたて流れるような河川はない。河川沿いに浅井戸を掘り、地下水をポンプアップして上水道として利用してきた。 梅雨中は多量の雨が降るが、短い川を経て一気に八代海へ流れ出す。背後の山からしみ込む地下水量は限られているので、多量にポンプアップすれば海側からの水圧が高くなり海水がしみ込み、塩分濃度が上昇する。そのために、揚水には限度があり、渇水の夏場にはしばしば時間給水・断水が生じていた。



 (旧)姫戸町長は1991年3月に「総合計画基本構想」を策定し、その将来像を「明るく住みよい豊かなまちづくり」と定めて、良質な水の安定供給のために姫戸ダム建設の必要性を訴えた(図−2)。2001年3月町議会での町長答弁によれば「・・本町ではこれまで、洪水被害、渇水被害を度々被っておりますが、洪水被害ではまだ記憶に新しい47年のあの大水害、また渇水被害では大なり小なりの毎年のように被害を被っておりますが、特に平成6年の大干ばつでは1日18時間という断水を余儀なくされております。町民にはたいへん不自由な生活が4カ月間にも及び、町内ではあちこちに個人がそれぞれつき井戸等を掘る等、その場をしのいでおられます。一方町では対策本部を設けて、深井戸を4本掘削する等、窮状をなんとかしのいだ経緯もあるわけです。当時このままではいけないと私も判断をし、議会にも御協力をお願いし、どうしても水の確保が必要ということで、そのためにはダム建設以外にはないという考えをいたしまして各省庁を駆けずりまわって、ダム建設をお願いしたところでございます。・・」というのだ。
 かくして、1995年(平成7年)に、47年災害と関連させて県営「岩下川総合開発整備事業」(当初予算31.4億円)が採択され、姫戸ダム建設計画が決定した。

姫戸ダムの目的

 1995年に初採択された「岩下川総合開発整備事業」は、河川法の改正に伴い「岩下川河川整備計画書」(平成13年5月 熊本県)のかたちで纏められた。同計画書によれば、姫戸ダム本体は、重力式コンクリートダム、総貯水量16.7万m3、「洪水調節、流水の正常な機能の維持、水道用水の供給」を謳った多目的ダムだ。流水の正常な機能の維持とは、概ね10年に1回発生する渇水時にも潅漑用水や河川環境維持に必要な流水を確保することという。
 設置目的の冒頭に洪水調節が掲げられているものの、先の町長答弁にもあるように、上水道水源の確保が主な目的になっていることが明らかだ。事業主体である県や地元町議会は常に"47豪雨"防災と絡めてダム建設の必要性を主張するが、上水道水源確保が主目的だった。
 既に、災害直後から開始された防災工事によって、崩壊法面、危険斜面への対策、砂防ダム建設、河川工事等が施されている。今更防災事業を興す事自体が不自然だ。町村合併や30年以上の時間的経過のために事業経費の詳しいこと分からないが、全体として同程度の予算措置が施され、防災工事は完了したと考えるのが妥当だ。ダム建設目的の一つになっている洪水調節は、過去の豪雨災害を引き合いに出してダム建設に対する住民の理解や国からの補助金獲得をしやすくなることを狙った題目に過ぎない(さらに、これが犯罪的であることは後ほど述べる)。



 また、潅漑用水確保目的も掲げられているが、渇水農耕地は1ヘクタールにも満たず、潅水すべき農地の上流には防火用水池を兼ねた溜め池(図−3)があり、敢えてダムの潅漑機能に依存する必要性も考えられない。何れにしても、姫戸ダム建設の当初の目的は上水道水源確保であった。防災や潅漑はとってつけた目的だ。何れにしても、多目的ダムと謳うことによって「特定多目的ダム法」の適用を受け、高率の補助金獲得を狙った多目的ダムとしか云いようがない。

水は余っている

 姫戸ダム建設が上水源確保を目的とするものだとしても、最早、水は余っている。
 かっての姫戸町が上水道水源に恵まれていなかったことは事実である。筆者も戦前一時期姫戸町に住んでいたが、少し塩気のある井戸水を手押し式のポンプで風呂に汲み上げるのは私たち子どもの仕事だった。
 1994年(平成6年)の渇水により128日間(8/22-10/27)に亘る夜間断水を経験した姫戸町民が、水道水源としてのダム建設の必要性に一定の理解を示したであろう。しかし、球磨川の水を利用する県営八代工業用水道が導水された後は状況が著しく変わった。はたして現在の上水道供給状況はどのようになっているのか?
 姫戸町の近年の水道使用状況は、熊本県の水道施設状況に関する統計によれば1996年―2000年間の1日平均給水量は690トンだ。最も使用量が多くなる8月を例にして、漏水対策が完了した2001年以降の1日平均使用量を図−4に示した。



 2004年3月までは地元水源を利用していたが、2004年4月以降八代工業用水に全て切り替えた。姫戸町は県営八代工業用水道と1日1000トンの送水契約を結んでいる。最も水需要の多い8月においても、使用量は契約量1000トン/日より遙かに少なく、1日平均331(=1000-669)トンの水が余っていることになる。購入した水の1/3は捨てているも同然だ。八代工業用水は100円/トンである。金額にすれば1日3万3千円余、年間約1200万円を捨てていることになる。とにかく、買った水の3分の1は余っている。
 現在、姫戸町には公共下水道はない。将来、公共下水道が完備しトイレが水洗化されれば水需要の増加の可能性があり、それがダム建設理由の一つに挙がっている。ところで、現在姫戸町の多くの家庭の下水は合併浄化槽で処理されている。合併浄化槽に流すか、下水道へ流すかに関係なく、トイレ使用時には1フラッシュ当たり大約8g、小6gの水が流されるので、トイレ用の水使用量は変わりない。公共下水道が完備されたとしても、全体としての水使用量の増加を懸念する必要はない。
 また、将来の水需要推測にあたって最も重要な要因となる町民人口についての、過去12年間の推移と予測値を図−5に示した。人口は減少の一途をたどることが予想される。更に、産業活動に伴う水需要の指標としてしばしば用いられる産業総生産額についても、2001までの推移から2011年度の総生産高を推計したが、殆ど変化がない(図−6)。産業活動に伴う水需要が増加することは考えられない。



 姫戸町は、2013年度における1日最大給水量1730トン(八代工業用水1000トン、既設水源325トン、姫戸ダム405トン)の予測のもとにダム建設認可を受けたが、現在の水需要はその半分にも満たない。将来、現在以上に水需要が増えると予測することはできない。むしろ逆だ。水は余る。

非常時にも備えはある

 それでも、ダム建設推進派は必要だという。
 過去には、夏場のピーク時に1000トン/日を超過する日が幾日かあったので、八代工業用水受水だけでは不足する。そのような事態に対処するために必要だという。さらに、地震などのために送水管事故などが発生した時の備えにもダムが必要だともいう。以下、これらの主張も考慮するに値しないことであることを明らかにする。
 確かに過去には、里帰り客が多いお盆の頃、1000トン/日を超す日があった。しかし、それは1年に1日有るか無いかの程度で、超過量は数十トン未満に過ぎなかった。



 八代工業用水に完全に切り替わるまでは地下水源を利用していた。この地下水源からの送水は八代工業用水受水後に中止されたが、水源としての機能が全て放棄されたのではない。幾つか利用されていた地下水源のうち2箇所は現在も常時給水可能な状態であり(図−7)、数日毎に100トン未満が維持管理のために送水されている。図−8に示す通り、姫戸町の潜在的な一日給水能力は、八代工業用水1000トン/日と非常時には送水可能な状態に維持管理されている地下水源800トン/日と併せて1800トン/日もあるのだ。一時的に八代工業用水契約量1000トン/日を少々超過しても地下水源でまかなえる。



 常時大量の地下水を汲み上げれば、次第に塩分濃度が増加し、水質の低下の恐れがあるが、現在のように保守用の水を汲み上げる状態で維持すれば山側からの地下水流が優先し、水質悪化(海水流入による塩分増加)の恐れはない。いわば、地下水源はうってつけの非常用水源だ。地震による八代工業用水送水管破損が生じたとしても、この地下水源を緊急時の水源に当てればよい。非常時のためにダムが必要だということもダム建設の理由にはならない。

洪水は防げない

 水需要という点からはダムの必要性がないことは先に述べた通りだ。一方、仮に利水上の必要性がなくなったとしても防災上の必要性は否定できない、との意見も存在する。
 姫戸ダム建設の是非が論じられる時、"47豪雨"がきまって引き合いに出される。たとえば、2004年12月上天草市議会に於いてなされた「姫戸ダム早期建設促進の決議」賛成意見では「昭和47年の大洪水を二度と繰り返してはならないということと、・・・人命を守り、・・水不足の解決策として、ダムを建設する・・・」と言った主旨の発言があった。旧姫戸町長は姫戸町議会(2000年12月)において「ダムは治水事業としての町民の生命財産を守るための事業でございます。」と答弁した。このように、あたかもダム建設によって"47豪雨"のような災害から逃れることができるかの如く理解されている。
 二度と"47豪雨"によるような災害には合いたくないという住民の願いやそのような防災機能を有する施設への期待は理解できる。しかし、一般的にもダムで洪水が防げるかどうかということについては議論されているところだ。むしろダム以外の対策で対応すべきだとの考えが広がりつつある。ここでは、姫戸ダムに地域住民が期待するような防災機能がないことについて述べる。
 「岩下川河川整備計画書」よれば、姫戸ダム建設事業は、「昭和47年7月の豪雨に次ぐ、戦後二番目の洪水である昭和57年7月豪雨による洪水から、岩下川沿川の洪水被害を防止することを目標とする」(「同計画書 第2章河川整備計画の目標に関する事項 第3節 洪水、高潮等による災害の発生の防止又は軽減に関する事項」)。つまり、1972年(昭和47年)7月豪雨のような大雨(推定110〜130mm/h)による洪水災害防止を目的としているのではない。それより遙かに降雨量の少ない1982年(昭和57年)7月豪雨(52mm/h)ていどの雨に対する災害防止が計画されているのだ。
 なぜか、このことが地元行政や住民に正しく伝わっていない。この点に関して、2004年12月上天草市議会においてダム建設反対議員の一人が、姫戸ダムは"47災"規模の災害を防ぐ目的になっていないことを市当局は知っているのかと質問したが、市長からは明確な回答がなかった。
 知っていたとすれば、市民だけでなく多くの議員までもがダムで洪水が防げると間違った思い込みをしていることを正す責務がある。知らなければ、ダム建設の目的さえ正しく理解せずに事業計画に同意していることになり無責任だ。承知・不承知何れを答えても、責任を問われるために、回答を避けたと考えられる。
 ところで、「整備計画書」には前記の通り、"47"豪雨に次ぐ「昭和57年7月豪雨による洪水」被害防止を目標にしているが、そもそも地元では1982年(昭和57)における洪水発生の認識がない。同じく2004年12月市議会でダム建設反対議員がこのことを糺したところ、上天草市当局は、消防団が出動した、と答えるだけで、洪水が発生したとは一切答えなかった。姫戸町広報紙などによれば、ダム建設が予定されている岩下川流域での洪水発生の事実はない。他地域における山崩れだ。しかも、山崩れはダム建設では防止できない。
 実際には発生してもいない災害(洪水)を引き合いに出して、それを防ぐ目的だと地元住民を安心させて事業を進めるのは詐欺的行為だ。
 川辺川ダム建設訴訟では、署名時点で既に死亡していた「死者の同意」が問題になった。存在し得ないはずの署名が使われていた。姫戸ダムでは発生もしていない洪水がダム建設理由に挙がっている。なぜ、ダム建設計画ではこれほどまでもあからさまな偽りがまかり通るのだろうか。
とにかく、姫戸ダムは地元住民が期待する洪水防止のダムではないのだ。

地元住民の動き

 先にも述べた通り、1995年に姫戸ダム建設計画が採択された頃の水道事情は厳しかった。しかし、2000年代に入り九州本土から八代工業用水が送られてくることが明らかになり、水道事情は変わった。
 地元の財政的負担、環境への影響などを懸念した住民は、「一度も直接にその是非を問われたことがありません。・・・『大事なことは住民自身が決める』」べきだと訴えて、「新しい姫戸を創る会」(代表:松島正幸)が、ダム建設の是非を問う住民投票条例制定の直接請求を行なった(2001.3.29)。しかし、当時の町議会は賛成2,反対9で請求を否決した。その後反対運動もなく、地元住民の多くはダム建設計画そのものがなくなったと思っていた。
 ところが、天草下島の羊角湾埋め立て(国営埋め立て事業として計画されたものの、国営としては初めて全面的に事業が中止された事例。しかし、その後も計画は県主体の事業としては残っていた)に反対している市民グループが2004年9月の第5回熊本県公共事業再評価監視委員会を傍聴して、委員会で配付された資料を通して姫戸ダム建設計画も再評価対象になっていたことと当初予算31.4億円が49億円に増額されて継続事業と評価されたことに驚き、市民グループは直ちに反対運動を始めた。
 2004年11月2日に、「天草の海を考える会」(代表:植村振作)と「竜ヶ岳の海と食を護る会」(代表:北垣 潮)は知事宛に、熊本県公共事業再評価監視委員会(委員長:滝川清 熊大教授)が行なった姫戸ダム建設事業継続評価は誤りで、姫戸町の上水道供給には余裕があり、潅漑農地は著しく少なく、上水道水源確保というダム建設目的が完全に消失した現在、ダム建設の積極的根拠はないので、ダム建設事業を直ちに中止すること、との主旨の申し入れを行なった。
 公共事業評価監視委員会はこの申し入れを受けて、一旦継続事業と決めていた姫戸ダムについて異例にも再審議直し、あらためて防災上のダム建設の必要性を認め、利水目的(上水道水源確保)については地元合意形成が尽くされているとは言えないので、合意が得られることを付帯条件にして継続事業とする、と評価した。言い換えれば、地元上天草市(ダム建設計画当初は姫戸町だったが、合併で地元自治体が上天草市となる)のダム建設についての意向次第だということである。
 これを受け、2004年11月、前記二つの市民グループは上天草市長に対して、熊本県知事への申し入れの内容に加えてダム建設廃土による海岸埋め立て計画の問題点を指摘して、ダム建設事業要望を取り下げるよう申し入れた。市長は水需要については切迫した状況にないが、防災上の必要性については現時点ではどうとも言えないと言葉を濁し、公共事業再評価委員会を設置して、そこで検討して貰う予定だ、と回答した。
 熊本県公共事業再評価監視委員会は熊本県の公共事業にほんの僅かな注文を付けるだけで、本質的には熊本県の御用機関としての機能しか果たしていなかった。少なくとも姫戸ダム建設事業に関する限り、市民グループからの問題点の指摘で初めて事業継続の是非についての議論を深めた。上天草市の公共事業評価委員会はどうか。熊本県公共事業再評価監視委員会の例に倣えば、住民の厳しい監視が必要だ。

終わりに

 多目的ダム建設の場合、建設経費の90%近くの高率の補助金が出る。それでも、厳しい財政状況の地方自治体にとっては重い負担だ。それは最終的には市民が負うのだ。にもかかわらず、市民に十分な情報が伝えられず更に住民の意思確認もされないままに計画が進められつつあることに強い憤りを覚える。ましてや、防災目的も利水目的も消え失せたダムだ。正気の沙汰の事業とは思えない。熊本県は冷静に判断し、直ちに姫戸ダム建設計画を中止すべきだ。

1)熊本県土木部砂防課:「上天草の砂防災害と復旧」、1977年10月
2)竹中義昭:「河川」、1995年7月号(日本河川協会)
2005.2.1

連絡先
植村振作 uemura-shin@m9.dion.ne.jp
〒863-0001                
熊本県本渡市本渡町広瀬1225−4
電話&fax. 0969-24-5218

▲ 本論文が掲載された「技術と人間」三月号(株 技術と人間)



 これは、月刊誌「技術と人間」2004年 3月号(株 技術と人間)掲載論文を同社と植村振作助教授のご好意により転載するものです。なお、株 技術と人間 の連絡先は下記のとおりです。

株式会社 技術と人間
東京都新宿区新小川町3-16
п@ 03-3260-9321
FAX  03-3260-9320
「技術と人間」
850円+税43円(計893円)直接購読料六カ月4463円(送料とも)一カ年8925円
振替 00170-7-192694 
※以上は三月号時点の資料です

80. 植村論文の掲載について

 待ち望んでいた論文を掲載できることになりました。これは植村先生と「技術と人間」社のご好意によるものですが、もう一つは、文書が単なる評論とか研究とかいったものにとどまらず、極めて実践的な文書であったからであったからだと思います。
 以前にも申し上げたように、文書は極めて完成度が高いものであり、私ごときが内容について余計なコメントを加え、みだりに汚してはならないと考えますので、今回は別の話をします。
 天草五橋(パール・ライン)を渡り終え、大矢野島から上島に入ると松島温泉街に入りますが、そこからしばらく走ると分岐点がありますので、そこを左折することになります。上島の東海岸を海に沿って国道266号線を南下すると、左手に幾つかの白い石灰岩の島が見えてきます。浚渫残土などの大規模な処分地にされつつある大築島です(これについてはリポート34を読んでください)。さらに南下すると右手に永目神社があり、全国第三位のアコウを見ることができます(リポート17)。さらに一キロも走ると旧姫戸町の中心地である姫浦に辿り着くことになります。
 この論文の舞台である姫戸は、これまで道が悪かったこともあってか、天草でもいまだに観光客が踏み込まない場所ですが、姫浦神社、奇妙な伝承のある姫石神社、興味ある地名の井流(イリュウ)、大キスのポイントだったニ間戸と、私にとってはわくわくするような場所なのです。
 さらに、話しが脇道にはいりますが、実は、天草下島にも姫浦があります。牛深市の北部、羊角湾に面した静かな入江があるニ浦町の奥に姫の河内地区があり、姫の浦ダムがあるのです。この姫浦が同一起源のものであるかにも関心をもっていますが、郷土史関係を調べてもいまだに手がかりがつかめません。私が参加する古田史学の会の内部では「倭姫命世紀」という古文書(倭姫命は伊勢神宮を現在の場所に定めたと言われる謎の人物ですが…)との関連が考えられています。
 まあ、それはともかく、このダム建設の目的がどこにあるのかといったことはあまりにも見え透いています。どのように考えても、造ることそのものが目的と言われる大半の公共事業の一つと言えるでしょう。
 これに対して上天草市市議会議員の北垣潮 氏と植村先生が熊本県知事に対して"姫戸ダム建設中止の申入れ書"を提出されているのです(リポート65)。
 田中角栄による日本列島改造計画によって、いわゆる公共事業が肥大化し、極限にまで常態化してしまった今日の日本においては、田中角栄の置き土産とも言うべき土木建築業者が全国津々浦々にまではびこり、地方議会を占拠し、あまつさえ首長までも支配し、全く不必要な工事が堂々とまかり通る政治構造になっているのです。
 ここから先はかなりの極論に思われるかしれませんが、この恥知らずな社会構造を正し、敗戦直後のあの豊かな国土と本来の社会構造に戻すためには、この新しい階級とも言うべき土建勢力を強権的(暴力的に)に抑えこむことができる強力な政治権力の出現か、完全な財政破綻、大規模な産業構造の転換、戦争、内乱を期待するしかないのかも知れません。
 そうでもならなければ、この不必要な公共事業は永遠に止まらないことでしょう。大規模な産業構造の転換は、平和な産業で成立すればそれに越したことはないのですが、通常は波及力がなく、海外からの安い商品の流入による競争の影響を排除できる(つまりアウタルキーを形成できなければ産業体制を恒久的に維持できないため)軍事産業が結局は手っ取り早く(もちろんお勧めはしませんが)、ある種の政権の登場によっては選択される可能性は十分にあると考えられます。 
 しかし、当面は、国家と国土と国民の未来を食い潰す構造が不必要に持続することでしょう。一番可能性が高いと思われるのは完全な財政破綻による公共事業の終焉です。そうなれば全く必要でない事業はさすがにやれなくなるはずであり、実のところこれを心底望んでいるところです。いずれにせよ、私達自身、国家や企業に頼らないで生きていける仕組みを考えなければ生存さえも危ぶまれる時代が直ぐそこまで来ているのです。
 唯一のソフト・ランディングは、私がこの間主張してきた"壊す公共事業"による国土の再生ですが、これは、基本的には"穴を掘って埋め戻しても経済は回る"という有名なケインズのテーゼでしかなく、国土が多少とも再生するように見えるだけ良いというものでしかありません。とりあえず、土建屋ケインズ主義にもとづいて公共事業を続けるにしても、新たに貴重な自然を破壊しないだけがメリットであると言うべきでしょう。
 私には、それなりの再生のプランはあるのですが、この国家を救済する義務も必要も全く感じていません。早く破綻させるべきでしょう。一時でも早い二一世紀の応仁の乱や南北朝争乱を願うものです。
 せっかくの植村先生の論文を傷つけたことになるのかも知れませんが、なりゆきですのでお許し願いたいと思います。

81. 大入島埋立を許すな!E(現地リポートNo. 5)

反対運動から始まった地区の溝と行政不信

 佐伯の自然を守る会 下川 澄江 

 月刊誌「むすぶ」2003年 9月号(ロシナンテ社)掲載論文 

 石間埋立ての反対運動は5年と半年が過ぎた。入札も終わり着工を待つばかりの今も尚、まだまだこれからだと続いている。反対運動により当初の計画、17.5ha(約5万坪)は一期工事のみの6.5haになり、わずかに東地区に入っていた消滅区域は、東地区の同意(3回もやりなおす)が取れずにはずされた。計画変更の末、公有水面埋立法の免許が認可されたのが今年(H15.1.7)の初めでした。

 一度目をつけられたら最後、引き下がることをしない大分県は「知事の認可さえあれば地区民の同意などいらない」とばかりに鼻息を荒くしているようだ。こんな問題がなければ何も知らずに、国や県のやり方に準じていたに違いない。強引で汚いやり方も見えてくる。平成12年の市報「さいき」に特集で大入島東地区埋立護岸事業のことが載った。「今、大入島そして佐伯の発展を考えたとき…」と題して。埋立事業の推進は必要で、大入島の振興と架橋を促進することにもつながる。という内容のもの。港湾課の課長は以前、埋立てと架橋はまったく関係ないと明言していたが、知らない市民にとっては、橋が架かるのになぜ?の一言だろう。ごく一部の反対のためにより多くの投資がストップする、とすべて反対運動のせいにする。権限のない佐伯市が書くことではない。

 また、県の漁政課に出した書類が佐伯市漁協に渡る。文書の流出である。署名を見ては個人宅に電話を掛けて嫌がらせを言う。「名前をはずしてほしい」と電話がかかってきた時は切なくなった。問題なのは漁協からの補償金である。平成15年5月2日、連休の間に漁業補償金が通帳もない古い口座に振り込まれた。ところが、連休明けの平成15年5月7日に取り消しとなっていた。勝手に振り込み、勝手に取り消していた。このことは新聞でも取り上げられたがそれ止まり。なんのこともなかった。ある人は、夫の口座に妻の補償金が振り込まれていた、夫婦だからというのかもしれないが誰の補償金かわからない。また、「配分基準は公平かつ適正な配分の基準を作成し、総会の議決により決定し、組合員の同意書の提出を得ておくものとする。」という水産庁の指導を完全に無視している。

 県は「遅ればせながらアセスメント指導要綱を施行する」と発表したが独自で定めた対象事業、埋立て・干拓は(二十ha以上)石間の埋立ては対象外であった。住民の声が反映されない環境保全とは名ばかりで法的な罰則も何もない。意味もない。平成12年に国土交通省も産廃処分場が確保できなくなれば港湾内に無害化を条件に容認すると発表した。しかし、平成10年度港湾整備事業の予算の中にはすでに要求としてあがっており、その対象地域に佐伯港が指定されていた。さらに2年前の平成8年には「港湾整備事業では廃棄物埋立て護岸事業で佐伯港(大入島石間)廃棄物海面処分場の新規着工が認められた」と新聞に報道していた。「深刻な大都市の廃棄物処分問題に対応するため廃棄物海面処分場を整備する」という話は近頃ではなく、もっとずっと以前のことだった。予定どおりの計画は「振興策」として堂々と世に出て行き補償金と引き替えにされていく。

 漁業法に詳しい熊本一規教授が佐伯市石間地区では、組合に属さない地区の漁民たちが共同漁業を営んでいるのに、埋立て事業者は漁協に補償金を支払えば埋立てができるとしています。埋立てで被害を受けるのは漁協ではなく漁民である。と言っています。漁民が受け取らなければ埋立てはできないはずです。しかも同意もしていない漁業補償を受け取れるはずがありません。

 この免許が認可された今、石間区としては採貝採藻をする「磯草の権利」「地区民の地先権」を訴えるために訴訟をおこしている。第一回口頭弁論が平成15年6月23日に行われ、徳田靖之弁護団長より「磯草の権利は法律によって保護するに値するか。」が争点となるという。ひとつは「日本で最初の裁判になる。管理権が裁判で守られるか、環境を守るという意味では大きい。」そして、もうひとつは「第一種共同漁業権が失われるとき、対象となるのが漁場だけでいいのか、これは第2のかざなし裁判だ」と言ってくれた。ほんの少しの言葉だけれど、反対をしている私たちの意味を理解してもらえたと思った。
 原告の意見陳述は「佐伯の自然を守る会」の清家サダ子会長(74)にやってもらった。「石間は興国人絹パルプ工場によって海を汚され、醤油のような色になった。そのため、海に落ちた2人の子供の命を守ることができなかった。やっと取り戻したきれいな海を将来に引き継ぐため『人柱にたってでも阻止する』」と訴えた。みんな泣いた。

 そして「佐伯の自然を守る会」は和久博至佐伯市議(守る会の理事)を代表に平成13年度に住民監査請求より始まった行政訴訟を現在4件かかえている。どれもまだ続いている。「自分たちで出来ることをやろう」と反対運動の最初からずっと石間地区に足を運んで、適切なアドバイスをしてくれた。市議会内は推進派が大多数で一人だけ理解を示してくれているが、どんなに素晴らしい意見も多数決にはかなわない。

 タコやサザエが手づかみで取れる場所、ひじき、てんぐさ、あさり貝とみんなの楽しみが奪われてしまう。せめて訴訟で決着がつくまで入札を延期してほしいと県の港湾課にお願いにいきましたが、課長は「あなたたちは権利があるという、わたしたちは無いといって裁判にかけられている。結果は裁判で決まること、だから入札延期はできない」との返事でした。地区民は拒否する権利も与えられていない。

 何度となく区の公民館では、現状とこれからのたたかいの話し合いがもたれます。反対運動の唯一の証は、旗とたて看板である。石間区の道に沿って色とりどりの旗を立て、意思表示をしている。大入島トライアスロンや大入島マラソン大会で島を一周する行事があれば、それにあわせてきれいな旗に替える作業をする。取り組む人は大体のところ決まっています。それは反対派の中に温度差があるからです。仲間同士の対立、「本当にたたかう相手は誰か」を粘り強く教えること、今何をしなければならないかを見据えること、そして反対運動をつづけること。足並みをそろえることはとても難しいことです。
 もうひとつの問題は、地区民同士の反対と賛成。小さいころから声を掛け合っていた人々が、この期を境に挨拶もしなくなる状態が続いている。そして、小さな地区に二人の区長ができる。市に委嘱されている区長は反対派から、独自で作った新石間区長は賛成派から、区費も別々である。市民税の割賦は新石間区の区長がとりに来るらしい。区の行事には一切参加をしない。お宮の清掃、総立ち、盆踊り、婦人会まで出てこない状態である。こんな話がある。賛成派の中から死人がでたら、公民館のかぎのかかってないところから中へ入り区の祭壇を使い葬儀をすませる。通常、葬儀で使うときは区長に許可をもらい区にお金を支払うようになっている。このことが問題になり、それ以来賛成派の葬儀は佐伯市まで行くらしい。
 大入島は今年からひとり暮らしのお年寄りは「元気旗」という黄色い旗を玄関に掲げるようになった。夜になるとしまう、とり忘れている家には近所の人が声をかける。孤独死を避けるための策である。区費を納めない賛成派の元気なお年寄りが「元気旗」が来ないと区長に文句を言いに行くから始末が悪い。その土地で生まれ育った人々のしがらみである。

 私はこの島に嫁いできたいわば「よそ者」である。だから徹底的にやろうとすると「やり過ぎ」と言われる。誰もが嫌がることを引き受けて、歯を食いしばって頑張って、やりとげ「ここぞ」のところで止められる。とても空しくなってしまう。何度こんな気持ちになったことか。でもわたしはこの場所をあきらめることができない。

 埋立地は昼は子供たちの通学路、夜はみんなの散歩コースになっている。あの角を曲がると雄大な海が目の前に広がってくる。その海岸線に沿って学校がある。「よそ者」だからこそ、ここのよさがわかるということもある。子供を連れてこの場所でよく遊んだし、潮風に吹かれながら学校へも行った。学校の窓から見える行きかう船、本当にやさしい子供が育つ場所だと思う。今でも総合学習としてこの海岸に下りて子供たちは学習している。生きた教材を使った勉強をしている貴重なところある。気まぐれなイルカも先生や子供たちを喜ばせます。授業中、イルカを見つけた先生が外に飛び出していったこともあります。誰もがこの瞬間をまっているのです。

石間地区の失敗
 私はもしこの埋立てが阻止できたら、この地をみんなに提供できたらたらなあと考えている。市内の子供が遊びに来ると必ず、海に行った。何度来ても行くのは海であった。海が近くなのに遊べない佐伯市の人たち、「海岸で遊んでもそこはだめだとか、そこで遊ぶなとか言われる。都会から孫が帰っても連れて行くところがない」とよく聞く。いつでも遊べる場所であったなら、みんながこの場所を思い浮かべて反対運動も出来ようが行ったことも遊んだこともなければ、わからないのは当然のことである。

 佐伯市の業者の人はもう埋立てができる、「自衛隊が来るんだってね」とうわさしている。誰もそこで暮らしている人たちの話も考えも何も出ない。どんな情報が飛び交っているのか、なんと思われているのか想像もできないけど誰もが確実に「景気がよくなる」と思っている。そして、自衛隊だと知っているし納得しているではないか。何度も反対のビラをまき、足をひきずりながら市民に訴えてきた、これが結果だと思うと少々寂しい。佐伯市はやがて人も住めなくなるのではと不安になってきた。

▲ 本論文が掲載された月刊誌「むすぶ」2003年 9月号(ロシナンテ社)


※ これは、月刊誌「むすぶ」2003年 9月号(ロシナンテ社)掲載論文を同社と下川さんのご好意により転載するものです。なお、ロシナンテ社の連絡先は下記のとおりです。

ロシナンテ社 月刊誌「むすぶ」年間購読料 8400円 郵便振替 0180-6-42151
京都市中京区岩上町753-2堀川マンション101 075-803-3274(同FAX)

82. 兵 主

"有明海沿岸に分布する河童伝承とは何か"

はじめに
 
 まず、始めにお断りしておきますが、この論考は全く不完全な作業仮説であり、ある意味で余興のような妖怪譚(タン)に過ぎません。
 過去、全国的な河童ブームが何度かあり、多くの土地に「河童共和国」ができました。
 一方、私達(筑後川水問題研究会や有明海・不知火海フォーラム)は今年の六月、"第21回水郷水都全国会議、第8回有明海・不知火海フォーラムin久留米、柳川を行いましたが、各地の「河童共和国」がこの水郷水都全国会議と連携して、地域おこしを担ってきたとも聞いています。個人的にも八代の環境保護団体や「河童共和国」さらには田主丸に近い久留米との関係が深まり(筑後川水問題研究会)、この河童の伝承を身近に感じるようになったものです。また、「河童共和国」については、その民俗学的な部分に多少の興味もあり(恐らく柳田国男や「遠野/物語考」の赤坂憲雄氏の影響でしょうが)、この際、これまで河童について思い描いてきたことを書き留めておこうと考えたのです。
 純粋に科学的なサイトである上位サイト「環境問題を考える」(環境問題の科学的根拠を論ずる)を傷つけるのではないかという思いもありますが、とりあえず河童を古代の異族(異民族)と捉え、多少とも科学的、歴史的な位置付けをしてみようと思うものです。

河 童

 福岡県浮羽郡田主丸町、熊本県八代市、鹿児島県川内市、佐賀県佐賀市…など、有明海不知火海沿岸を中心に九州西岸には多くの河童伝承があります。
 民俗学者の柳田国男が山人、河童、天狗…といったものに対して異常なまでの関心を示していたことは知られていますが(「川には川童(かっぱ)多く住めり。猿ケ石川ことに多し。松崎村の川端(かわばた)の家(うち)にて、二代まで続けて川童の子を孕(はら)みたる者あり。…」「遠野物語」55ほか)、私の住む武雄市の橘町(明治時代に成立した橘村)には別名河童神社と言われる潮見神社があり、あまり知られてはいませんが河童伝承があります。
 "環境問題のホーム・ページである「有明海・諫早湾干拓リポート」に、突然、河童の話など持ち出して、いったい何だ"と思われるかもしれませんが、この虚実混合の論考をもって、有明海や不知火海というものが古来どのような存在であったかを別の側面から見てみようと思うのです。

西に開いた海

 有明海も不知火海もその外洋への出口は西に向いています。この先には下五島の福江島があり、さらに沖縄、台湾、そして中国の江南地方、福建省があるのです。
 九州、それも有明海・不知火海沿岸には、まず、南から南方系の海洋民族、マライ・ポリネシア系の人々が渡ってきたことでしょう。北からは北方系の民族の圧迫を受けた人々が朝鮮半島を注射器の針にして、何波にも亙って打ち出されてきたことでしょう。 
 しかし、それとは別に、佐々木高明、中尾佐助、上山春平といった照葉樹林文化論者が主張した朝鮮半島を経由しない江南などからの直行ルートがあり、私達の領域はその影響も色濃く受けていたと考えられるのです。
 それは、今なお、私達の言葉、食物、葬送儀礼、音楽、各種の技術、伝承、宗教、生活様式一般に至るまで、多くの微妙な影響を与えていることでしょう。
 さて、河童といえば、西遊記の"沙悟浄"もそうだ、と、されています。ただ、これには日本での訳し方や解釈の問題があり、中国に本当に日本と同様の河童という概念があるのかについては良くは分かりません。しかし、台湾や福建省の福州にさえも河伯(カワペ)という水の精の伝承があるということから、"やはり河童は太古、中国大陸の揚子江周辺から直接に、また、さらに南の福建省などから台湾、沖縄を経由して移住してきた異族だったのではなかったのか"と、考えてしまうのです。
 皆さんは、全国で行われる河童のイベントを耳にされることがあるかもしれません。この中心となっているのが「河童共和国」であり、熊本県八代市の「河童共和国」はその発祥の地のようです。元々、熊本県は河童伝承の多いところであり、九州の河童もここから佐賀や福岡に広がったものとも言われています。ここまで書いてくると"何を非科学的なことを言っているのか"と言われそうですが、私はこの河童を妖怪や未確認の古生物などと考えているわけではなく、現在では日本人に同化してしまった古代の異民族と考えているのです。
 一方、九千坊(キュウセンボウ)と呼ばれている八代の河童には、黄河から海を渡り、球磨川河口に移り住んだという伝承があります。また、三国志の時代、呉から移り住んだという説もあるようです。いずれにせよ、黄河か長江(揚子江)河口周辺からかは別にして、八代を中継地にして、九州各地に棲息地を広げていったとは言えそうであり、福岡県久留米市田主丸町の河童も八代からの移住という伝承があるのです。

中国大陸における民族大移動と河童の渡来

 中国という巨大国家を考える時に重要なことは、チベットはもとより、満州が漢民族の土地ではなかったように(満州事変の元凶の石原莞爾もそう考えていたようですが、本来、満州は中国の領土ではないのです)、揚子江以南も漢民族の土地ではなかったと考えることだと思います。現在、辺境の四川、雲南、貴州などに住む、ビルマ、タイ、チベット系の多くの少数民族は、かつては中原(山東、山西、河南)にまで広く分布していたと考えられています。実はそのことが渡来の時期と絡んで、"黄河から海を渡り、球磨川河口に移り住んだ"と、言われることと関係があるようにも思えます。
 春秋戦国時代の呉越同舟の呉、越(呉王夫差、越王勾践)は、いずれも非漢民族の国家であったと言われていますが、呉は越に滅ぼされ、その越は、また、楚(長江中流域)に滅ぼされます。一方、紀元前二世紀前後、漢民族は始皇帝の秦によって中国最初の中央集権国家を成立させ、楚(これも非漢族の国家といわれます)を滅ぼします。その後の漢帝国によっても漢民族は南下を続けますが、この結果、現在少数民族とされているビルマ、タイ…系の多くの諸民族は圧迫を受けて、貴州省、雲南省などの山岳地帯に追い上げられたようです。また、一部は海に追い落とされ、船に乗り、新天地を求めて日本列島、当然にも九州を目指したと考えられるのです。この動きはその後も絶えることなく続き、三世紀、三国志時代の孫権の呉からもその滅亡などを契機に何波ものボート・ピープルが送り出されてきたと考えられます。およそ、この頃までの江南地方には多くの非漢民族が混住していたと考えるべきで、一般的に渡来人と言えば、直ぐに朝鮮半島の百済や新羅を思い浮べてしまいますが、それに先行すること数世紀、これらの非漢族による移住があったはずなのです。
 浙江省の南、福建省あたりからは、台湾、琉球経由で九州へ、そして、山東半島の南から江南にかけては直行ルートで。前述した佐々木高明…ら照葉樹林文化論者が描くルートです。
 照葉樹林文化論についてはいまさら説明する必要はないでしょうが、一般的には文化の伝播だけが強調され、そのように論議されているように思います。対して、この河童の渡来伝承については、それに止まらず、直接的な異民族の移住を感じるのです。ここまで言うと、"日本人とは何か"という問題に突き当たるのですが、基本的には縄文時代にほぼ形成されていた日本人の原型(江南からの移住に先行して、北方ルートを基盤にマライ・ポリネシア系の南方系の海洋民の移住が被さっているように思いますが)に、かなりの比率で、このビルマ、タイ系の民族が溶け込んでいったのではないかと思うのです。
 
江南系渡来人の足跡

 私がこの江南系の渡来人の存在を考える理由の一つに歌垣の存在があります。日本三大歌垣の話は既に"杵 島"で書いていますが、茨城県の筑波山、大阪府の能勢町、それに佐賀県武雄市の南に位置する杵島山には歌垣と河童伝承がセットで存在しているのです。言うまでもなく苗族などには現代でも歌垣が生きた文化として存在していることは知られています。また、筑波山の歌垣と杵島山の歌垣に類似したものが存在するとも言われており、太古、杵島から筑波への移住を想像させるのです。


杵島山を西から望む

 そもそも、それとは別に、夜這いや歌垣といった南方系の習俗が西日本に色濃く存在していることを見ると、この江南系の渡来人の存在を考えざるを得ないように思うのです。
 もう一つは高層木造建築技術の存在です。貴州省を中心に湖南省、広西省壮(チュワン)族自治区などにトン族といわれる二百五〇万人程度の少数民族が生活しています。マディソン郡の橋でもないでしょうが、彼等は"風雨橋(巨大な楼閣が乗る橋)"をつくります(京都の東福寺にも小規模ですが似たものがありますが)。中でも程陽橋は、近年、観光地として脚光を浴びていますので、ご存知の方も多いかも知れません。また、多くの村々に、"鼓楼"と呼ばれる高層建築があります。これらは、本来、外敵(漢族)に備え、村人を緊急に集めるための"鼓(太鼓、銅鼓)"を置く(吊るす)ためのものだったと言われていますが、六〇年程度で定期的に建直しが行われます(これはNHKの特集番組でも放映されましたのでご覧になった方がいるかもしれません)。この造営に際しては、村人全員が総出で参加して、木材を切出し(雨の多いこの地方では木材の成長が極めて早いと言われています)、山から下ろし、また、棟上げでは、累代技術を継承してきた棟梁の指示に従って働くのです。最も驚くのはその建築様式であり、棟上の方法もさることながら、今でも釘を一切使わずに建てられるのです。何やら法隆寺の五重の塔を思い出すではありませんか。
 また、歌垣で有名な苗(ミャオ)族もこのトン族と混り合いながら、七五〇万人が湖南省、湖北省、広西省壮(チュワン)族自治区などに住んでいます(チベット語族と言われますが良く分かっていないようです)。壮族もそうですが(一千五百万人)、そもそも、一千万人に近いものを少数民族と言うかどうかをいつも考えしまいますが、それはともかくとして、彼等の歌垣は特に有名です。その他にも、高床式住居をはじめとして、鳥居、穀物霊への信仰、刺青、千木、発酵食品などの稲作農耕文化にも古代の西日本と多くの共通性を持っているものがあると言われているのです。
 ここから先は、全くの想像でしかありませんが、漢族の圧迫を受けたトン族や苗族が呉越の海洋民族とともに、有明海(杵島山周辺から筑後川河口)、不知火海(球磨川河口)、を目指したのではないかと考えるのです。一度成功した渡海の情報は、直ちに、この海洋民族によって伝えられ、その後も何派にもわたって、亡命、逃散、移民(植民)が行われ続けたと考えるのです。ただ、この時期をどのように考えるかが問題です。現在、弥生時代の始まりをようやく五百年ほど遡り、修正する傾向が見られるようになりましたが、もしかしたら、紀元前五百年よりもさらに数百年前まで遡ることが可能かもしれません。しかし、前述した春秋戦国期の呉越の混乱、秦をはじめ漢民族の南下、楚の滅亡、三国志時代の呉の滅亡、幾多の契機があったことでしょう。  
 そして、このことによって、朝鮮半島を経由する近代的な稲作文化の伝播に先行すること数百年、主として江南地方から有明海、不知火海沿岸に、初期の稲作農耕文化、照葉樹林文化、高層建築技術、青銅冶金、鉄冶金、歌垣などの文化がもたらされたのではないかと考えるのです。

兵主部(ヒョウスベ)

 そもそも、河童という言葉は東日本の言葉のようであり、明治期までは河童は一般的ではなく、土地土地で土着の名で呼ばれていたと考えられ、私もそれにならい、この論考を"兵主"としたものです。
 さて、民俗学者柳田国男の「河童考」は有名ですが、折口信夫にも「河童の話」中央公論社(全集第三巻)があります。私が持っている「折口信夫全集」は、非常に都合が悪いことに二〜四巻が欠落していますが、彼は兵主部と河童とを関連付け、六 河童の正體 でこのように書いています。

 ひょうすべは、九州南部にまだ行はれてゐる。此も形は、甚、漠としてゐる。河童の様でもあり、鳥の様でもある。此も水主神と同じく、其信仰を、宣傅々播した時代があったのである。私の觀察するところでは、奈良の都よりも古く、穴師神人が、幾群ともなく流離宣教した。大和穴師兵主神の末である。播州・江州に大きな足だまりを持って居た。北は奥州から、西九州の果てまで、殆、日本全國に亙ったらしい布教の痕は、後世ひどく退轉して、わけもわからぬ物になって了うたのである。
  
 九州には河童を"ヒョウスベ"と呼ぶ地域が散見されます。八代の九千坊はともかく、宮崎周辺(都城から名貫川渓谷など)では"ヒョウスンボ"、"ヒョウスンボウ"などと呼ばれますが、長崎県の諫早には兵揃(ヒョウスエ)という地名まであったと言われており、私が住んでいる武雄市の南に位置する杵島山周辺では、"ヒョウスエ"のさらなる短縮型と思われる、"ヒョウス""ヒョス"が、子供の頃の仲間内の悪口(このヒョスが!)として良く使われているのを思い出します。
 兵主部は、その字面からして軍隊の連隊長や兵站部門の長のような印象を受けますが、中国の神話には兵主という神が出てきます。金属の兵器を製造した戦争の神と言われていますが、蚩尤(シユウ)と呼ばれ、今でも、この兵主の神が関西の金属関係のメーカーなどからの信仰を集めていると聞きます(これら企業の最初の起業者は中国からの渡来人だったのではないでしょうか)。壱岐を除いて九州(本土)にはこの神社はないようですが、西日本の各地にはかなりの数の兵主神社があるようです。
 青銅冶金、鉄冶金(野ダタラ)の技術を持った苗族や高層木造建築の技術を持ったトン族などが、渡海技術を持った江南の呉越の民とともに、また、浙江省からさらに南の福建省の門虫*(ビン)(門の中に虫)の民の渡海能力を借りて移住してきたと考えるのです。
 今をさること、二千数百年前、長江や抗州湾に注ぐ銭塘江(セントウコウ)周辺の上海、会稽(カイケイ)、寧波(ネイハ)、紹興(ショウコウ)辺りから、銭塘江沖に浮ぶ多島海、舟山群島を右に見ながら、数隻、数十隻単位の小船で、球磨川河口を目指した一群の人々がいたのではないかと想像するのです。その向かう先には、既に斥候部隊とも言うべき先発部隊が受け入れる準備をしていたと思われるのです。

 門虫*は門の中に虫

兵主部はなぜ河童(妖怪)とされたのか

 仮に、当時のハイテク集団である兵主部の一部にかなりの冶金集団がいたと考えます。恐らく彼等は数百人単位で移住してきたのでしょうが、国家が成立していない時代であり、先住民からの組織だった抵抗はほとんどなかったことでしょう。また、当然にも鉄や青銅という強力な武器で武装していたはずであり、抵抗は排除できたはずです。同時に、斧や鎌など、直ぐにでも役に立つ金属の道具を持っていたでしょうから、先住民との物々交換によっても食料調達や居留地の確保はある程度可能だったはずです。そのうちに、手っ取り早い焼畑によってソバ、ヒエ、アワ、キビは直ぐにでも生産できたはずです。そして、一定の準備期間を経て、彼等は青銅器、鉄器生産に乗り出したはずなのです。そこで生産された金属器は直ちに交換可能で強力な商品になったのです。当然にも照葉樹林に覆われた西日本は燃料に不足することは全くなく、生産は衰えることなく拡大を続け、彼等は西日本の各地に進出していったと思われます。
 一方、先住民である縄文的な農耕民(縄文稲作も含めて)や狩猟採集民にとって、彼等は非常に奇妙な異族に見えたことでしょう。浮遊選鉱や砂金、砂鉄の採取のために、河原や、川で作業するこの種の人々は非常に不気味な存在であり、"尻子玉を抜かれる"とか"川に引き込まれる"(河童の駒引き)といった話しが作られ、子供を遠ざけるのに時間はかからなかったことでしょう。
 しかし、その地域から原料となる金属や燃料となる森が失われると、いつしか彼等は姿を消してしまいます。当然にも、新たな生産拠点を求めて数百人といった集団が忽然と姿を消すのですから、土地に定着する農耕民にとってこの現象は非常に奇妙であり、後の"呪文によって一夜にして多くの河童を集めて神社を造営した"と、いった話に繋がっているようにも思います。
 当然、戦乱の時代になると、彼等は鍛冶屋の集団として、また、土木、建築の工兵部隊として軍団に随行し、例えば大和朝廷の支配に抵抗する蝦夷を討伐するために派遣された坂上田村麻呂にも従軍(随行)したことでしょう。
 さらに想像の冒険を試みれば、このような兵主部の民は近世の黒鍬組、黒鍬者(戦国から江戸期に土木、建築、冶金などで活躍した)といった職能集団になっていったのかも知れないのです。

落語の「代書屋」(桂 春団治)に登場するガタロの話

 前述の折口信夫の「河童の話」(一 河童の女)には、壱岐の"があたろ"という河童の話しがあります。そして、これとは全く別の話になりますが、私の好きな噺に「代書屋」(桂春団治ほか)という落語があります。これは、河合浅治郎(カワイアサジロウ)という生業がはっきりしない無筆(ムヒツ)の男が、代書人に就職のための履歴書(噺の中では、"リレキショ"ではなく"リデキショ"ですが)を書いてもらいにやってくるという話ですが、定職に付かず転々とした職歴の一つに、"川に埋まった金物を拾って稼ぐ"という仕事が出てきます。

わての本職はガタロでんねん/ガタロ?/何でんねん、そのガタロて?/なるほど、こらあんた分かりまへんわ。これな、胸のとこまでのゴムの靴履きまんねん。ほんで、川の中へ入っていきまっしゃろ、金網でな川底をゴソッとすくってきてな、中から鉄骨の折れたやっちゃら釘の曲がったやつやら靴のかたっぽ選(よ)ってるやつおまっしゃろ。/はぁはぁ、あれガタロ言いまんのんあれ……。えらいことやってなはったなぁあんた「ガタ」……こんなもんいよいよ書きよぉがないわ……。

 川に入って作業する青銅冶金、鉄冶金の集団であった渡来人から河童の伝承が生まれ、河童の呼び名の一つである"があたろ"が"がたろ"、そして"ガタロ"に転化したのではないかと思うのですが、とりあえず、兵庫県では河童を"がたろ"と呼ぶようです。ただ、噺の中に出てくる"ガタロ"が河童の"がたろ"と理解されているのか?ということについてまでは分かりません。少なくとも、農耕の民にとって川を浚うという奇妙なことをする人々(製鉄、製銅冶金集団)が河童とされた、少なくとも、河童と呼ばれる人々の中に川を浚う者もいたのではないか。と、言うことまではできるのではないでしょうか。
 大阪には住吉大社がありますが、壱岐にも対馬にも住吉社があります。そして、海の安全を見守るかのように瀬戸内海沿岸の各地にも、古来、多くの住吉の神が祭られてきました。また、壱岐にも関西にも兵主神社があるのです。これからも分かるように、壱岐、対馬は海路で難波津まで通じていたのです。未確認ではありますが、播磨の"ガタロ"と壱岐の"があたろ"との間には何らかの繋がりがあるのではないでしょうか。

杵島山"潮見神社"の河童


潮見神社

 冒頭に述べた、武雄市橘町の潮見神社には非常に濃厚な河童伝承があります。山頂には島見社(恐らく島とは杵島山のこと)が置かれ、相当に早い時代から、イザナミ、イザナギが祭られていたようですが、この潮見神社の祭神の一つに(恐らく主神でしょうが)橘 諸兄(上宮)があります。中宮には橘奈良麻呂、橘公業(キンナリ)、下宮には渋江公村、牛島公茂、中村公光(いずれも橘公業の末裔で分家筋)などが祭られています。



 この潮見河童は橘諸兄の子孫の橘奈良麻呂(子)、島田麻呂(孫)以来の河童伝承であることから、単なる伝承とかいったものではなく、なんらかの史的事実の存在を感じさせます。
 実は、この橘村という名称は明治二二年の町村合併時に、橘諸兄の末裔が住みついたことにちなんで付けられたのですが、これだけでも、橘村が橘氏とただならぬ関係があることが分かります。しかし、それ以上に、橘村と河童にも深い関係があるのです。
 橘諸兄は第三〇代敏達(ビタツ)天皇(*)の第五代の葛城王ですが、橘の姓をもらい諸兄と改めます。一時は藤原氏を押え権勢をふるうのですが、徐々に藤原仲麻呂が勢力を盛り返します。諸兄の死後、仲麻呂の専横に怒ったか、危機感を覚えたかは分かりませんが、諸兄の子の奈良麻呂が藤原仲麻呂の打倒に決起するのです。しかし、これは失敗に終わり、橘氏、大伴氏から数百人の犠牲者を出すことになります(奈良麻呂の変/七五七年)。
 当然にも多くの敗走者、亡命者が出たのでしょうが、この前後、大宰府は橘諸兄の影響が残っていたものと思われ(諸兄は左大臣と大宰師=ダザイノソツを兼ねていた時期があります)、その際に重用された吉備真備の援助によって身を隠した橘氏の一群がこの杵島山の山裾の橘村周辺に住みついたと言われているのです。
 さて、ここから再び河童の話になります。和銅二年、藤原不比等が常陸の国(歌垣伝承の地)鹿島から春日大社(軍神)を奈良の三笠山の地に遷宮するのですが、その折に、滅ぼされた奈良麻呂の子である島田麻呂が兵部大輔(ヒョウブタイフ)として造営の責任者にされたといわれています。
 このとき、呪文により九十九体の木の人形に命を吹き込み、一夜にして人手を集め遷宮を成功させたという話があるのです。
 この話は、橘氏の配下に高層建築技術を持った渡来系の職能集団が存在したことを感じさせます。つまり、数百年前に江南から渡ってきた渡来系の人々が兵主部として、時の権力に付かず離れずの関係を持ちながら独立性を維持し、高層建築を請負う職能集団としての技術を保ってきたのではないかと思うのです。
 恐らく、常陸の鹿島の春日大社も彼らが建てたのであり、解体も、彼らによってしかできなかったと想像します。そして、搬送が可能な部材は全て運んだと思われるのです。

(*)第三〇代敏達(ビタツ)天皇 :
欽明天皇の第二子で、…中略…欽明天皇二十九年(欽明紀は十五年とする)に立太子し 欽明天皇の崩御にともない即位した。『日本書紀』には「天皇仏法を信ぜずして、文史を愛す」と見える。

 「歴代天皇総覧」笠原英彦(中公新書)

その後の橘氏

 奈良麻呂の変の後、彼がどのようになったのかは分かりません(獄死とも言われます)。ただ、旧橘村の杵島山の麓には、橘氏の末裔が身を潜めたという伝承にとどまらず、奈良麻呂が擁立し敗死した道祖王(廃太子)の墓と言われるものまでが残っており、地元では"ドウザノ(ドウソオウサマノ)墓地"と呼ばれているのです。
 島田麻呂が春日大社の造営に成功した後、直系の一群がどのようになったかも良くは分かりません。もちろん、全ての橘氏が奈良麻呂の変に参加したわけではなく、当然にも全てが根絶やしにされたというわけでもありません。しかし、その後も、反乱に参加した橘氏の一部はこの杵島山周辺に住み続けていたのではないかと思うのです。
 時代は飛びますが、鎌倉政権の一二三七年、頼朝の侍大将であった橘薩摩守公業が宇和島から杵島山の対岸の長島庄に総地頭として下向します。このとき河童も一緒に眷属(配下)として随行したという話もあるのですが、この橘公業が、その後の牛島、中村、渋江…という杵島の橘氏の直系の三家の始祖になるのです。恐らく、隠れ住んだ橘氏のことも、その末裔が住み続けていることも知り尽くした上での下向だったことでしょう。では、本当にそうだったのでしょうか。


和泉式部生誕伝承を伝える看板

 これについては傍証があります。平安中期の歌人で、「和泉式部日記」の作者でもある和泉式部がこの杵島山で生まれたとされているのです。杵島山の東南側に位置する旧杵島郡有明町(旧錦江村)の稲佐神社の隣にある福泉禅寺(無論、式部の時代は曹洞禅ではありませんが)が生誕の場所で、その後、杵島山の西側に位置する藤津郡塩田町(現在)に移り、大黒丸夫婦に引取られて九歳までこの塩田郷で過ごしたとされているのです。

 今でも塩田町には和泉式部にまつわる地名や伝説が数多く残っており「五町田」という地名は式部が詠んだ「ふるさとに帰る衣の色くちて錦の浦や杵島なるらん」という歌に感動した天皇が大黒丸夫婦へおくった「5町の田圃」から由来するものです。
塩田町ホーム・ページから

 その後、宮廷に召されることになるのですが、式部の最初の夫になるのが橘道貞であり、この背後に杵島山の橘氏の存在があるように思えるのです。つまり、平安中期にも、杵島山から京都へ、京都から杵島への橘氏のルートが連綿として存在していたと考えられるのです。

 橘公業以降の杵島山の橘氏については、「河童共和国」とも関係が深い神奈川大学大学院の小馬徹教授が、河童退治の神事などで知られる天地元(てんちげん)水(すい)神社(熊本県菊池市)の宮司・渋江家に伝わる大量の古文書を調査されていますが、そのことが、「河童信仰広げた肥後渋江家」として熊本日日新聞(平成一七年五月七日付け)に掲載されていますので、一部を紹介させて頂きます。

私は、河童信仰の淵源(えんげん)を嘉禎ニ(一二三六)年に伊予宇和荘(愛媛県)から肥前(佐賀県)長島荘へと転補入部した橘氏(その本家が後の渋江氏)まで、遡(さかのぼ)れると論じた。橘氏は先祖橘島田丸配下の内匠頭(たくみのかみ)が奈良春日大社造営に駆使した後で捨てた人形が狼藉(ろうぜき)したという古い神話を下敷きに、乾元年間(一三〇二−三年)、春日大社準(なぞら)えて潮見神社(佐賀県武雄市)を創建、橘(渋江)氏が使役した人形が河童の起源だとする話に鋳直す。この神話に基づくカリスマ性が在地勢力を圧倒、長島荘の支配を巧みに確立した、と(河童相撲考)。

 橘公業以降の橘氏(牛島、中村、渋江…)についても多くの逸話がありますが、とりあえず、ここまでとします。
 なお、この杵島山の橘氏の話については、その大半を、橘小学校の校長もされた、郷土史家の吉野千代次先生に教えて頂いたものですので、改めてここでお断りしておきます。

"金剛"幻想

 最後に、荒唐無稽なお話をしてこの論考を終わりにします。
 古代の高層建築に河童が関係していることを書いてきましたが、九州の場合、その建築集団の拠点はどこにあったのでしょうか。それこそが、河童伝承が色濃く残る地域である八代、田主丸、杵島山、宮田〜直方〜八幡(福岡県)ではなかったかと考えています。と、言っても、"いったい、何を根拠にしているのか"と言われるかもしれません。とりあえず、非常に薄い根拠を考えています。
 司馬遼太郎には"新潮カセット講演"という新潮社のシリーズがありますが、その講演テープに"司馬遼太郎が語る(第一集)建築に観る日本文化"というものがあります。もちろん、司馬先生がそのように考えていたという意味ではなく、私にとってのきっかけでしかなかったのですが、この講演に金剛組、法隆寺村といった建築集団の話が出てくるのです。簡略化して言えば、法隆寺、興福寺、東大寺などに象徴される古代奈良の高層建築は、それを維持していくためには、修理し、また、建て直していくための技術と人材が安定して継承されていく必要があるのですが、奈良には金剛という名の集落があり(これが冶金にちなむものか、仏教的な意味の、例えば、"金剛乗"とかいったものに関係するものかどうかは今のところ確認できません)、代々、大建築の修理や改築をしてきた建築集団が住みついていた、いわゆる法隆寺村であったというのです。また、大阪にも四天王寺という奈良朝以前の巨大寺院がありますが、ここにも金剛にちなんだ社名を持つ建築会社が現在もあり(河童がらみの話であり、一応、社名は伏せますが、百済からの三人の工匠を起源に六世紀以来の技術を継承しているというのです)、千数百年以上の永きに亙って、代々、改築修理などをやってきたのです(これについてはホーム・ページでも確認できますので、試みてみて下さい)。 
 実は、この金剛という地名が八代にもあります。さらに言えば、北九州市八幡西区には金剛山がありその麓にも金剛という地区があります。宮田町(福岡県鞍手郡)から直方市、北九州市八幡西区の遠賀川流域にも濃厚な河童伝承があります(大宰府と宇佐神宮神宮に移動が容易)。宮田の名もさることながら、この地にも大宰府の観世音寺や宇佐神宮の維持管理をする人々が住み付いていたのではないでしょうか。八代の金剛は、この河童と言われた集団が最初に住みついた土地である可能性があり、兵主部(河童)の村を意味する地名だったと考えているのです。
 これについては、今のところほとんど想像の域を出ていませんが、今後も継続して調べていくつもりです。いずれ"金 剛"として一稿を書くことがあるかもしれませんが、とりあえず、冶金と関係した地名であるとも考えられ、河童伝承と無関係ではないように思うのです。
 さらに言えば、この"兵主"が九州から畿内に拠点を移していった背景には、古代史家の古田武彦氏が主張してきた七、八世紀の九州から畿内への大規模な政権の変動、王朝の変遷、巨大建築の移築さえも感じるのですが(九州王朝説)、謎を謎のままにしておくことも河童の願いなのかも知れません。

金剛:
@金属の中で最も硬いもの…(広辞苑)

※ 巨大建築の移築については驚かれるでしょうが、新版「法隆寺は移築された」(米田良三)新泉社や「大宰府は日本の首都だった」(内倉武久)ミネルヴァ書房、さらに七、八世紀に至る王朝の変動については古田武彦氏の一連の著作を参照して頂きたいと思います。兵主の集団がこれに関与しているのではないかと考えています。

※ 本稿は、近藤邦明氏が主催する「環境問題を考える」というサイトのサブ・サイト「有明海・諫早湾干拓リポート」という環境問題をとりあげるホーム・ページへの論文の中に、八代河童共和国の"大河童"田辺達也さんの依頼に基づき"82.兵 主"として書いたもので、民俗学と古代史の混ざったコラムです。本ホーム・ページは日量一〇〇〇件のアクセスがあるかなり有力なものですが、全国の河童の皆さんも、自分達の川や池や沼や湖を守るためにも、ぜひとも読んで頂きたいと思います。

〒843-0024 佐賀県武雄市武雄町富岡11015-4 古川清久
0954-22-4012 ケイタイ09062983254
メール・アドレス ariakekai@ezweb.ne.jp
「有明海異変」(不知火書房)著者
有明海・不知火海フォーラム実行委員(常設委員会メンバー)
筑後川水問題研究会(蔦川正義佐賀大学名誉教授代表)会員
古田史学の会会員
昭和二八年六月二七日生まれ五二歳 自治体職員(佐賀県) 

83. 第21回水郷水都全国会議、第8回有明海・不知火海フォーラム in
久留米、柳川 盛会に終わる!A(筑水研会報 No.253より)

水郷水都全国会議/有明海・不知火海フォーラム 2005共同宣言 

川辺川特別決議

川辺川分科会・アピール

 現在、国土交通省が進めている川辺川・球磨川の治水計画は、住民の意思が反映されないまま、「ダムありき」の計画になっています。
 私たちは、このような国土交通省に対して、球磨川流域の生命・財産を守るため、住民の意思に基づいた「ダムにたよらない」、より安全な治水対策を推進するよう強く求めます。
 また、熊本県が撤去を決定した「荒瀬ダム」について、熊本県知事は「国土交通省の財政的支援があれば、より早く撤去が実現できる」と言っています。
 川の再生事業として、画期的なものとなる熊本県の荒瀬ダム撤去事業に対して、積極的に、かつ、早急に支援することを求めます。
                               20050612

第21回水郷水都全国会議、第8回有明海・不知火海フォーラム
in 久留米・柳川 川辺川分科会・参加者一同
(久留米・柳川両会場で確認採択)

84. 空気より熱いプールの水 A

 昨年のリポートで、"25.空気より熱いプールの水"を書きました。"あまりに暑(熱)すぎて、早く死んでペンギンにでも生まれ変わりたい"などとバカなことを書いていました。これは、それの続編になります。今年も昨年以上のペースで泳いでいます。仕事を終えたら、一五分ほどで行ける隣町のプールで泳ぐのですが、既に、六月一五日から七月三一日までの四七日間で二五回、二五キロを泳いでいます。年間通して週に二回は泳ぐつもり(年百キロ)ですが、一応、一夏で四五キロを泳ぐことにしていますが、九月一六日からは屋内プールで泳ぐことになるわけです。
 実は、この屋内プールというものは、私にとっては水温も気温も高く感じられ、爽快さを全く感じません。しかし、他に選択の余地もなくしかたがないと諦めているものです。
 このため、夏の間は五〇メートル・プールで泳げるのはありがたい限りなのですが、最近は、水温がなかなか下がらないために、朝の九時からでも泳がなければ熱くて嬉しくないといったありさまなのです。最近は熱せられて水温が上がり、一旦、上がってしまえばなかなか下がらずに上がりっぱなしになるのです。従って、仕事を終えて泳ぎに行っても、水温が三ニ〜三五度となっており爽快感はもとよりなく、全く温泉で泳いでいるようなものになり、泳ぎ終わるとくたくたになってしまうのです。私の場合適温は二六〜三〇度程度なのですが、"今日は曇っているから泳ぎに行こうか"と、全く逆転したことを考えるこのごろです。
 ところが、時間を有効に使おうと、昼休みに屋内プールで泳ぐこともあるのですが、屋内のために直射日光を受けない分だけ水温が低く、屋外プールよりは遥かに爽快感があるのです。普段は、熱く感じられる屋内プールが逆に有難く思えるこの頃です。
 最近は、涼しい朝のうちに泳ぎに行こう"などと訳の分からないことをする始末ですが、実際にそうなっているのです。

■ 次回への予告 ■ E

 四月号から"船 越"、"浅 藻""杵 島""船 越(補稿)" "兵 主"といった古代史、民俗学に絡んだものを書き、かなり欲求不満が解消しました。
 最近は明らかに民俗学や古代史(古田史学)に傾斜していました。しかし、物事には限度があります。再度、気持ちを立て直し、この許しがたいばかりの公共事業に立向かって行こうと考えています。

U  筑紫島(チクシジマ)の復元のために (No.7) 10月号
 85
第21回水郷水都会議、第8回有明海・不知火海フォーラム
  in 久留米、柳川             基調報告
建設反対の運動から地域再生の運動へ
弁護士 馬奈木 昭雄 
20050612
 86
 公共事業は止められない! しかし、終わる!
20050915
 87
第21回水郷水都会議、第8回有明海・不知火海フォーラム
 in 久留米、柳川             基調講演
福岡高裁保全抗告決定の解説
福岡高裁不当決定の限界と有明海再生の今後
よみがえれ!有明海訴訟弁護団
 弁護士 馬奈木 昭雄(久留米大学法科大学院教授)
20050516
 88
「不知火海(八代海)大築島周辺への埋め立て問題」
大築島埋立(不知火海)熊本県
第21回水郷水都会議、第8回有明海・不知火海フォーラム
in 久留米、柳川  港湾埋立問題分科会 講演論文 
 八代海の自然を守る会 田辺 達也(河童共和国)
20050612
 89
小石原川ダム建設を絶対阻止せよ! 
 筑後川水問題研究会会員 中原 孝矩(元記者)
20050821

■次回への予告■ F
20050821