70. 大入島埋立を許すな!D(現地リポートNo.4)

「 大入島と双子の公共事業・・・唐津湾佐志浜埋め立て 」
佐志浜埋立(唐津湾)佐賀県

第21回水郷水都全国会議、第8回有明海・不知火海フォーラム in 久留米、柳川              港湾埋立問題分科会 講演論文@

唐津湾の自然を守る会 増本 亨(佐賀県議会議員)

(以下提出論文)
大入島と双子の公共事業・・・唐津湾佐志浜埋め立て

唐津の海を守ろう市民の会 増本亨



 大分県佐伯市で計画されている港湾埋め立てと瓜二つの公共事業が、佐賀県唐津市で住民の反対を押し切って強行されました。玄海灘に面した唐津市の北西部、国道204号沿いの佐志浜17.9haの埋め立てです。唐津港が佐伯港と同様に、国の重要港湾に指定され、県管理であること。港湾区域内の浚渫土砂の持ち込み場所として、県事業で埋め立てられ、造成後は住宅用地として計画されていたこと、そして、重要な漁場であったこと、埋め立てられる規模など、非常に良く似ています。総工事費は30億円で国の補助率を高めるために廃棄物処理用地として事業が進められ、海底の浚渫土以外に公共事業から出る建設残土・廃材などが投入されました。現在は県の保有ですが、住宅移転計画は実現の見込みなく、県は土地利用計画の大幅な見直しを迫られています。私たちは、埋め立て前、あまりにも杜撰な住宅移転計画に「非現実的でこの計画の実行はありえない」と指摘していましたが、それが本当になってしまいました。大入島で同じような理由と手法で埋め立てが進められようとしていることに憤りを禁じえません。「公共事業」という名目で意味のない工事を強行し、あの美しい海を埋めることは絶対に許されません。

○佐志浜埋め立て訴訟の争点

 私たちは、法廷の内外でこの埋め立て事業の問題点を指摘し、事業の中止を訴えました。
 残念ながら、佐志浜埋め立て事業は強行されてしまいましたが、大入島の埋め立てを止めるために、また、同じ過ちを繰り返さないように、私たちの運動が少しでも参考になることを期待して、ここにその内容を記します。佐志浜埋め立ての第一の争点は、事業の必要性でした。私たちは、公有水面埋立法(以下、公水法)4条1項1号「埋め立てが国土利用上適正かつ合理的であること」に違反すると指摘しました。
 佐志浜埋め立て計画では、埋立の必要理由として、
 a.都市開発に伴う家屋移転用地の確保
 b.緑地の確保
 c.臨港道路妙見線の用地の確保
 d.港湾整備に伴う浚渫土砂及び公共事業に伴う安定型産業廃棄物の処分場の確保の4点を挙げていますが、これらの理由はいずれも、その必要とする前提事実にまやかしや不合理な点があり、私たちは、それらを具体的に指摘した上で、「公有水面を廃止するに足る価値があるとは認められない」と主張しました。
 公水法改正時に国が出した通達では「法4条1項各号の基準は、これらの基準に適合しないと免許することができない最小限度のものであり、これらの基準のすべてに適合している場合であっても免許の拒否はありうるので、埋め立ての必要性等の他の要素も総合的に勘案して慎重に審査を行うこと」としており、埋め立ての必要性がまず第一に審査の対象となることは当然です。そして、国の審査基準でも、埋め立ての動機、埋め立てを必要とする土地需要が発生したこと及びその内容、並びにそれが埋め立てによらなければ充足できないこと、土地利用の時期の関係で現時点に埋め立てを開始しなければならないこと、埋め立て場所の選定理由(代替案の比較検討)、埋め立て面積・規模の算定根拠を埋め立て必要理由書に記載するようになっており、これらの記載説明を満たさない埋め立て計画は、法的用件を欠いており、違法だと言えます。

○期待値にすぎなかった貨物量の予測

 佐志浜埋め立て計画を含む唐津港港湾計画は、取り扱い貨物量の過大な予測に基づいているうえ、既存の埠頭で十分な深度があるのに、新たな埠頭を建設するという非合理的で、杜撰な計画でした。1986年度の唐津港の取り扱い貨物量の実績は、外貿・内貿合わせて303万トンであるのに、それが、2000年には176万トン増えて479万トンになると推計されていました。これは、今回の港湾拡張事業の必要根拠を示すもので、その真偽が重要なポイントと言えます。この推計は、過去の実績と企業のヒアリングをもとにしています。例えば、九州電力岸壁の取り扱い貨物(燃料の輸入)は1986年の実績20万トンから51万トンへと増えることを推定しており、その貨物増31万トンは唐津港全体の増加量の約18%に当たります。しかし、九電唐津火力は、玄海原発増設の影響から運転縮小の傾向にあり、九電の燃料計画を調べてみると、漸減することになっていました。この例だけでなく、貨物量の推定根拠はいい加減なもので、これぐらいに増えてほしいという期待値に過ぎませんでした。実際、2000年以降の貨物量は270万トン前後で計画時より低迷し、いかに過大な見積もりだったかが証明されました。

○数字合わせの土地利用計画

 埋め立て地の大部分を公共事業に伴う住宅移転用地にあてることになっていましたが、この需要予測も合理性がありません。県は、県や市が行う五つの道路建設とニつの河川改修で移転用の代替地が必要となり、うち201戸を佐志浜埋め立て後の造成地で受け入れると算出していました。しかし、この数字は、免許出願時点ですでに事業に着手し、別の代替地への移転を進めていたものに、まだ計画決定さえしていない路線分を概数のまま加算して、水増ししていることがわかってきました。将来、埋め立て完了後にこの201戸が移転する可能性はほとんどないのです。計画では、この住宅移転に関連して緑地を整備することになっており、合わせて17.1haという数字は、埋め立て面積17.9haのほぼ全体を占めており、本件埋め立て免許の違法性が重大で明白であることを示しています。県は現在、移転予定は30〜50戸と大幅に下方修正していますが、事実上白紙に戻ったも同然。いかに利用計画が杜撰だったかがこれでわかります。

○環境権の確立、そして漁業権、慣習排水権の主張

 私たちは、志布志湾、海田湾、織田が浜、豊前、などの運動に学びながら、環境権や入浜権を主張し、その確立を目指しました。一方で、埋め立てに反対する漁業者や慣習排水権者と協力して、海への権利者を狭めている漁業法の中での闘いにも挑みました。99年3月26日、佐賀地裁の判決は「埋め立ては適法で、それに伴う公金支出も適法。原告が主張する環境権は法的に保護された権利とは言えない。環境アセスに不合理な点はない」などと、私たち原告側の主張を完全に否定し、被告側に立った不当な判決でした。
 しかしながら、その後の状況は、前述のように私たちが分析、予測し、裁判で指摘したとおりの結果となっています。唐津の海を守る運動としては、より大きな支持を得ながら、これ以上の自然破壊は許さない、過去に破壊してきた自然をどう再生するかに主眼を置いて、運動を続けていきたいと思っています。

◇佐志浜埋め立て反対運動の経過
1988年8月
佐賀県が唐津港港湾計画を改定、佐志浜17.9haの埋め立てを決める。
1930年3月
唐津の海を守ろう市民の会正式発足。
9月
唐津市議会に請願提出、不採決に。
12月
公金支出の差し止めを求めて県に住民監査請求(請求人5085名)。
1991年2月
監査請求却下を受けて住民訴訟を提訴。原告208名。(第1次訴訟)。
3月
佐志浜埋立ての認可、免許下りる。
5月
埋立て免許取消しを求める行政訴訟(第2次)を提訴。原告128名。
5月
埋立て着工。
11月
養殖魚の被害で損害賠償請求(第3次)訴訟を提訴。原告3名。
1992年7月
佐賀地裁に埋立て事業の執行停止を申し立て。
1993年4月
佐賀地裁が執行停止申し立てを却下。福岡高裁に即時抗告。
6月
福岡高裁が抗告を却下。特別抗告を断念。
10月
トヨタ財団から市民活動助成を受け、海浜生物の調査を開始。
1994年2月
WWF(世界自然保護基金)と協力して唐津湾で野鳥の調査を行う。
1997年9月
第3次訴訟で佐賀地裁が「工事と被害の因果関係は認められない」として訴を却下。福岡高裁に控訴する。
1998年3月
第2次訴訟で佐賀地裁は「原告適格なし」として訴えを却下。
5月
21世紀環境委員会が「緊急に中止・廃止すべき無駄な公共事業」として、佐志浜埋め立てを含む全国100カ所の事業をリストアップ。
1999年3月
第1次訴訟で佐賀地裁が「埋め立ては適法で、それに伴う公金支出も適法」として原告の請求を棄却する。
8月
第3次訴訟控訴審で福岡高裁は「稚魚の生育不全をもたらした客観的、具体的な立証はなされていない」と請求を棄却した。
2003年4月
埋め立て完工。造成後の土地利用計画は見直しを迫られている。


71. 情報交換と連帯の新しいネットワーク事務局の必要性
       第1分科会『港湾埋立問題』

第21回水郷水都全国会議、第8回有明海・不知火海フォーラム in 久留米、柳川               港湾埋立問題分科会 総括論文

八代海の自然を守る会 田辺 達也(河童共和国)

1 全体会議

 河川・湖沼・海洋の環境を研究し、保護・継承する二つの団体『水郷水都全国会議』と『有明海・不知火海フォーラム』(以下、全国会議、フォーラムと略)が初めて共同する水の環境会議が六月一一・一二の両日、「公共事業"新"時代〜自然とのおりあいを求めて」を主題に、福岡県久留米・柳川の2会場で開催され、全国各地から延べ一千人が参加しました。
 全国会議は二一回目、九州では一七年ぶり(一九八八年・柳川)の開催、フォーラムは八回目になります。両団体が合同実行委員会(原田正純実行委員長・熊本学園大学教授)を結成して運営しました。
 本年度会議の特徴には、環境破壊と無駄づかいの多い政官財主導の公共事業に、地域住民が主体的にかかわって発案し見直させる環境再生事業を、共同して模索する強い意志がこめられており、それは記念講演や分科会にも反映しました。
 全国的な水環境擁護の団体・個人と有明海・不知火海など九州の内海・内湾のいわば地方的な運動体・個人が、相互に情報を交換し共通の課題で連帯し人脈を広げる新たな機会は、九州ならではの壮大なコラボレーションで、大変よい経験になりました。

2 第一分科会 海浜埋め立て問題



 全体プログラム〈久留米会場〉二日目の分科会は八つのテーマで開催されました。
 第一分科会(古川清久座長・筑後川水問題研究会)の『港湾埋立問題分科会』には6県一八名(延べ二〇名)が参加、助言者として原田正純実行委員長が出席しました。
 港湾浚渫や道路整備などによる残土が多くの浜や磯に埋め立て処分され、美しい海や貴重な藻場が破壊されつづけています。破綻した林業により針葉樹林が増殖をつづけ土壌流出が止まないまま浚渫が常態化しています。
 この分科会は浚渫残土による海浜破壊に抗議し反対する立場から運営され、主に九州の抱える五つの事例について現地報告を聞き討論しました。
               報告者
1 羊角湾埋め立て(天草・熊本県)    松本基督(天草の海を考える会)
2 人工島埋め立て(博多湾・福岡県)   荒木龍昇(博多湾会議)
3 大入島埋め立て(佐伯湾・大分県)   下川善信・澄江(佐伯の自然を守る会) 
4 大築島周辺埋立(八代海・熊本県)   田辺達也(八代海の自然を守る会)
5 佐志浜埋め立て(唐津湾・佐賀県)   増本 亨(唐津湾の自然を守る会)
6 助言者のコメントと座長のまとめ
 報告から明らかになったことは
 @巨大な公共事業が情報開示不十分のまま住民の合意を得ないで一方的に強行されでいる。莫大な税金を浪費して住民の生活の場を奪い周辺の環境を破壊している。大型港湾整備・干拓地造成は時代の要請に逆うばかりか費用対効果も無視して暴走している。行政諮問機関等に巣くって当局に迎合する面妖な学識者・専門家の存在と反動的役割などです。 A住民運動が活発で長年工事をストップさせているところ、マスコミも政党機関紙も積極的にとりあげて現地の実情が割合よく知られているところ(佐伯・大入島や福岡・人工島など)、対し住民運動が弱くマスコミにも無視され、近隣住民が知らないうちに工事が急ピッチにすすんでいるところ(八代・大築島)など、運動と情報の量質ともにも大きなばらつきが見られました。
 B海浜埋め立て問題で情報を交換しながら連帯する新しいネットワーク事務局の構想が浮上しました。
 C八代海の自然を守る会は五名出席、第一分科会で八代海の現状(大築島周辺の埋め立て)を報告、会議の成功に微力を尽くしました。田辺の主報告を八代海を守る会の中園匡英さんと天草の自然を護る会の生駒研二さんが補足しました。大築島周辺の大型写真パネル(七枚)も展示しました。
 
3 分科会座長のイニシアチブ
 
 第一分科会は小規模ながらよく準備され、こじんまりした密度の高い会合として討論が深まり、所期の成果をあげました。埋め立て・環境破壊の政治性から、福岡・大分・佐賀から県議・市議・町議も参加して積極的に発言しました。原田実行委員長(熊本学園大教授)からも助言をいただきました。
 分科会でキーマンの役割を果たした古川座長の指導性が開花しました。
 全国会議とフォーラム両現地実行委員会へのかけもち出席はもちろん、豊かな人脈を生かした報告者の組織に労をいとわぬ努力が全員の快諾につながりました。新聞寄稿《不知火海に迫る危機ー埋め立ては破壊の玉突き》(六/六西日本新聞)だけでなく、自分のホームページから第一分科会の意義を訴え、分科会独自の小パンフもつくって送付するなど事前のPRが光りました。なかんずく『佐伯大入島』では闘争現地からの生々しいルポ、『八代海を守る会』では学習会講師など、オルガナイザーとしての多彩できめの細かな活動が確実に実りました。
 私にとって、有明・不知火フォーラムへは昨年の天草会議のつづきです。水郷水都会議へは第四回の柳川以来一七年ぶりでした。柳川の広松伝や諫早湾の山下弘文、八代の串山弘助(河童共和国初代大統領、第四回柳川会議実行委員・特別分科会座長)ら名物男が亡くなって寂しい限りですが、懐旧の何人かと再会して交友を暖め、また新しい友人を得ることができました。
 末尾ながら、実行委員会と裏方のボランティアの皆さんに、会場を提供して頂いた久留米大学のご好意にあらためて感謝します。なおこの運動を継承する「若者の会」の今後にも期待しております。(二〇〇五年六月)

田辺さんによる港湾埋立問題分科会 総括論文について
 
 我が分科会の総括論文を田辺さんにお願いしましたが、"3 分科会座長のイニシアチブ"にはまいりました。これについては多少失敗だったかもしれません。古川座長と持ち上げられ、照れ臭いやら恥ずかしいやら、なにやら大衆演劇の座長のような気もしてきましたが、お願いした以上そのまま掲載することにします。
 それはともかくも、埋立問題に揺れる佐伯市の下川さんご夫婦には遠方の大入島から出席して頂くなど、瞬間的ながら九州各地の孤立した埋立問題の連絡会が形成されたことになりました。今後、必要がある時には連携できる可能性ができたことにはなるのかもしれません。
 元々、川辺川や諫早湾など名だたる分科会に人を持っていかれることは充分に覚悟しており、本分科会には参加者が少ないことは覚悟していました。そのような中で、一応の役割を果たす事が出来たことは大変嬉しいことでした。貴重な時間を裂いて参加して頂いた皆様には改めてお礼申し上げます。

港湾埋立問題分科会
港湾埋立問題分科会(浚渫残土による磯や浜の破壊に抗議する)

 渫港浚渫や道路整備などによる残土が多くの浜や磯に埋立処分され、美しい海や貴重な藻場が破壊され続けています。破綻した林業により針葉樹林が増殖を続け土壌流出が止まらないまま、浚渫が常態化しているのです。私たちはこの海浜の破壊に反対します。
港湾埋立問題分科会
 1
「 嘆きの羊角湾 」干拓事業の廃止から埋め立てへ
羊角湾埋立(天草)熊本県
天草の海を考える会 松本 基督
 6/12 
9:00
9:30
 2
「 人工島埋立が及ぼす福岡市政の歪み 」
人工島埋立(博多湾)福岡県
博多湾会議 荒木 龍昇
9:30
10:00
 3
「 現地闘争報告 」(変更の可能性あり)
大入島埋立(佐伯湾)大分県
 佐伯の自然を守る会 下川 善信(副会長)
10:00
10:30
 4
「不知火海(八代海)大築島周辺への埋め立て問題」
大築島(不知火海)熊本県
八代海の自然を守る会 田辺 達也(河童連邦共和国大統領)
10:30
11:00
 5
「 大入島と双子の公共事業・・・唐津湾佐志浜埋め立て 」
佐志浜埋立(唐津湾)佐賀県
 唐津湾の自然を守る会 増本 亨(佐賀県議会議員)
11:00
11:30
 6
会場参加者を交えた埋立問題フリートーク
(参加者に分科会主催者側から逆質問)
古川 清久 (筑後川水問題研究会)
11:30
12:15
 昼食 
 7

全 体 会 議
12:45
13:30

《 本分科会にはエクスカーション(小旅行)はありません 》
 この分科会は、当初、不知火海(八代海)分科会として計画しましたが、現に大闘争が行なわれている"佐伯湾大入島埋立"問題を無視しては何の意味もないことになりかねず、急遽、八代の田辺さんと佐伯に出向き(2/26)、現地の方々とお話をすることができました。相談の結果なんとか闘争の渦中にある大入島の方をお呼びすることができました。
 一方、現地には既に二年前、松本基督さんと増本亨さんが訪問され、大入島の石間の海に潜っておられました。これらのことを考え、九州の埋立問題をテーマにした分科会に発展させることができました。ささやかであり端緒に過ぎないのですが九州の埋立問題を抱える団体の連携をとることができたわけです。

コーディネーター /古川 清久 筑後川水問題研究会会員
(有明海・諫早湾干拓リポート管理者)
〒843-0024 佐賀県武雄市武雄町富岡11015-4 古川 清久
連絡先: 古川 携帯 09062983254 eメールアドレス ariakekai@ezweb.ne.jp

72. 図書のご推薦

 「河川事業は海をどう変えたか」 叶カ物研究社
 元東海大学教授・元理化学研究所主任研究員 宇野木 早苗 
叶カ物研究社
 第21回水郷水都全国会議、第8回有明海・不知火海フォーラム in 久留米、柳川の柳川全体会場で「有明海の環境破壊と再生への道」というテーマで基調講演をして頂いたのが宇野木先生でした。
 始めにお知らせしておきますが、この基調講演内容については先生のご好意で本ホーム・ページでの公開のお許し頂いており、さっそく八月号への掲載を考えています。
 掲載を予定していますので、内容についての不正確な予告はしませんが、私にとって非常に印象的だったのは、有明海流域のダムに溜め込まれた堆砂量を国土交通省が公表している平均堆砂率から推計し、半世紀にわたって一体どれだけの量の砂が有明海に送り込まれていないのかを明らかにしておられることでした。問題はその量なのですが、驚くべきことに有明海全体に均せば実に五〇センチの高さに相当するというのです。これについてはここまでとしますが、この状態を野放しにしたまま放置し、また、イサカンの巨大堤防の存在を前提にして行われている農水省の通称"有明海の干潟再生事業"や有明海再生のための○○会議、○○シンポジウム、○○機構なるものが一体いかなるものであるかを考えて頂きたいと思います。それはともかくとして、この失われた海への砂の供給についても、叶カ物研究社刊による「河川事業は海をどう変えたか」は取り上げていますので、ぜひとも読んで頂きたいと思います。
 私は両方の実行委員をしていました。柳川会場の講演を誰にするのかといった段階からの関与でしたが、宇野木先生にお願いすることになった瞬間から連絡役を担当することになり、ささやかながら講演依頼、原稿依頼、その他の事務を行ったわけです。
 普段は、取材して駄文を書き続けているのですが、この半年ばかりは裏方に廻り、実行委員会のスタッフとしての息の抜けない準備作業を続けてきました。それでも、五〜六〇キロ近くは離れているために、実際には楽をさせてもらっているはずで、久留米、柳川在住のメンバーの苦労は大変だったことでしょう。勝手ながら、私自身としては実に良い経験をしたと思っています。
 宇野木先生との連絡役を買って出たのには多少理由がありました。それは拙著「有明海異変」に先生の論文(岩波の「科学」掲載)を引用していたため、以前、拙著をお送りし、若干の文書のやり取りをさせていただいていたからでした。今回の論文掲載は、図らずもこれがもたらしたものかもしれません。




発行所 株式会社生物研究社
〒108-0074 東京都港区高輪 3-25-27-501
電話 (03)3445-6946
FAX (03)3445-6947
ISBN4-915342-45-X C3040

理化学研究所:大正六年に財団法人日本理化科学研究所として創設された国策研究所で、通常、理研(リケン)と呼ばれていました。戦後、株式会社「科学研究所」、特殊法人時代を経て、平成一五年に文部科学省所管の独立行政法人になっています。

■次回への予告■C
U  筑紫島(チクシジマ)の復元のために (No.5) 8月号
 73
有明海の環境破壊と再生への道       

第21回水郷水都会議、第8回有明海・不知火海フォーラム
in 久留米、柳川    柳川全体会 基調講演論文 

 宇野木早苗 (元東海大学教授、元理化学研究所主任研究員)
20050612
 74
 「有明海の環境破壊と再生への道」の掲載について
20050612
 75
不知火海(八代海)大築島周辺への埋め立て問題
大築島(不知火海)熊本県

第21回水郷水都会議、第8回有明海・不知火海フォーラム
in 久留米、柳川   港湾埋立問題分科会 講演論文A

 八代海の自然を守る会 田辺 達也(河童共和国)
20050612
 76
公共事業は止まる!
20050612

■次回への予告■ D