68. 杵 島
("かつて有明海に巨大な島が存在した"…か?)
 
歌垣山

 私が住む佐賀県武雄市の南部に杵島山(キシマヤマ)という標高三〇〇メートルほどの山があります。とりたてて姿が美しいというほどのものではありませんが、"歌垣"伝承のある山として一部には知られています(大阪府の能勢町や茨城県筑波市と合わせて日本三大歌垣とされています)。また、古代史や考古学に興味をお持ちの方には、神籠石(コウゴイシ)を持つ山としても知られています(古代の山城の木柵の礎石と考えられている"おつぼ山"の神籠石はこの山の北西域に存在します)。今回は"杵 島"としてこの山の西側に関する話をします。


 この山は数峰(勇猛山、犬山岳、杵島山、飯盛山、白岩山)からなっています。地図を見るかぎり歌垣山という山はありません。しかし、杵島郡(藤津郡にも跨っていますが)一帯の人々は、歌垣が行われたと伝わるこの山全体を杵島山と呼び、その東側中腹の丘陵を、親しみを込めて歌垣山と呼んでいるのです。もちろん、歌垣は筑波や能勢や杵島だけで行われたわけではなく、この外にも歌垣伝承のあるところは全国にあります。それどころか、江南系の農耕民族が住みついたと思える西日本の各地に広く分布していたはずなのです(この歌垣の話は八月以降に予定している小稿「兵主部」で書くつもりですので、今回、これ以上は触れない事にします)。
 ただ、西日本に顕著な夜這いの風習とは別に、"歌垣の風習は遠い上代に存在していたのではなく、部分的には現代まで実際に生きていた"ということは知っておいて欲しいと思います。
 一例をあげておきます。永遠のベストセラー「忘れられた日本人」宮本常一(岩波文庫)"対馬にて"ですが、この本にはほんの半世紀前まで実際に歌垣が存在していたことを伝えています。

 対馬には島内に六つの霊験あらたかな観音さまがあり、六観音まいりといって、それをまわる風が中世の終り頃から盛んになった。男も女も群れになって巡拝した。佐護にも観音堂があって、巡拝者の群れが来て民家にとまった。すると村の若い者たちが宿へいって巡拝者たちと歌のかけあいをするのである。節のよさ文句のうまさで勝敗をあらそうが、最後にはいろいろのものを賭(か)けて争う。すると男は女にそのからだをかけさせる。女が男にからだをかけさせることはすくなかったというが、とにかくそこまでいく。鈴木老人はそうした女たちと歌合戦をしてまけたことはなかった。そして巡拝に来たこれというような美しい女のほとんどと契(ちぎ)りを結んだという。前夜の老人が声がよくてよいことをしたといわれたのはこのことであった。明治の終り頃まで、とにかく、対馬の北端には歌垣が現実にのこっていた。巡拝者たちのとまる家のまえの庭に火をたいて巡拝者と村の青年たちが、夜のふけるのを忘れて歌いあい、また踊りあったのである。

 対馬の歌垣の記憶は宮本常一によって、潰え去ることなく今に甦りましたが、この他にも歌垣の痕跡を思わせるものがいくつか存在します。私は、以前から福岡県の大牟田市に近い高田町に濃施という地名があることが気になっています。詳しく調べてはいないのでなんとも言えませんが、場所と言い、地形と言い、この地で歌垣が行われたのではないかと考えています。もしかしたら、江南系の渡来人がこの地から大阪の能勢に移動していったのではないかと勝手な思いを巡らせています。

山の麓で鯨が捕れた

 はじめに、"41.六角川河口二〇qで捕獲された鯨の話"から話を始めましょう。
 一部を引用しようとも思いましたが、もともと、この話は、今回書く"杵 島"のプロローグの意味を持たせたものでしたので、部分的に引用すると全体のバランスが崩れてしまうように思えます。このため、全編を再掲しますので、既に読んでいる方は飛ばして先を読まれて結構です。

■ここから前論稿の再掲部分■

 "41. 六角川河口二〇qで捕獲された鯨の話"

はじめに

 私の住む家から四キロほどのところに長崎自動車道"武雄北方"インター・チェンジがあります。有明海最奥部の住ノ江港から六角川河口堰を経てこの川を遡上すると、高速道路の橋梁直下を川が抜けることになります。
 干拓が海に向かって広がり続け、河口が沖に向かって伸びたこともありますが、このインター・チェンジ付近までは直線で一二キロの距離があります。しかし、この川は有明海沿岸域でも最も大きな蛇行を残す川であり、この付近までの河道延長は優に二〇キロになるのです。もしも、この内陸部の河川で一〇メートルを越す大型の鯨が捕獲されたと言ったら、皆さんは信じるでしょうか。しかし、その記録が実際に残っているのです。
 とりあえず、なぜこれほどまでの内陸部の河川で鯨が捕獲されたのかを説明しますが、それは"そこが海だったから"と言う方が分かり易いのかもしれません。まず、39.「城原川ダム建設を許すな!」でも引用した「佐賀県史」から見てみることにしましょう。

佐賀県史に書かれた六角川

 「白石平野(*)は広義の佐賀平野の一部であるが、さきに述べたところ(筑後川右岸の佐賀平野のこと:古川注)と種々相違した性質がある。まず、山麓は直接して扇状地がなく、地盤の沈降を示しており、六角川は河道が深く、潮汐が武雄盆地にまでおよぶ。土壌も安山岩や第三期層の砂岩、結岩などの風化土壌で佐賀平野のそれより重粘である。
 佐賀平野にきわだって著しかった堀がここでは小さくなり、分布も租となっている。そして水田の中に島とか馬道と呼ばれる小高い細畦の盛土がいたるところにみられる(小規模な利水のためのものでしたが、これはこの本が書かれた当時の景観であり、ほ場整備事業のなどの結果、現在ではほぼ消滅しています。 :古川注)。
 六角川と南の塩田川とを除けばこの平野には川らしい川がない。しかもこの両川ともに潮汐の干満の影響が強くはるか上流まで海水が逆流するので灌漑に役立たない。杵島山はわずか三〇〇メートルほどの山地で、山が浅くみるべき水系が発達しない」(「佐賀県史」昭和四三年)
 一方、佐賀平野の特徴は、「佐賀平野の諸川は背振山系から風化した花崗岩の砂礫を運搬して山麓に扇状地を作ったが、平野部でも河道はすぐ天井川となり、氾濫して河道を変えてきた」(同書)となります。 
このように上流から粒子の大きい堆積物(風化花崗岩=真砂土)が送りこまれる佐賀平野に対して、粒子が小さい泥中心の堆積物が送りこまれる白石平野では、「佐賀県史」に書かれているように、内陸部まで陸地の標高が低く海水が内陸奥深くまで入るのです。
 当然ながら、有明海沿岸域最大の蛇行も河道の深さもこのことによって多少とも説明がついたかと思います。
 繰り返しになりますが、佐賀平野に対して、白石平野から武雄盆地にかけては標高が低く、海から遥かに遠い内陸部まで潮が上がり、私が住む市街地のすぐ南側まで海が広がっていた時代があったことを感じさせます。その後、それは徐々に陸化していくのですが、それほど古い昔ではないほんの数百年前まで、相当に川幅の広い感潮河川(佐賀ではこれを江湖(えご)と呼びますが)、と言うよりも幅の狭い海が延びていたのです。

(*)白石平野 : 佐賀平野の西側に隣接する六角川と塩田川にはさまれた平野で中央部に杵島山がある。

「多久御屋形日記」に見る鯨の記事

 「多久御屋形日記」という資料があるのですが、「北方町史」の年表にはこの資料に基づく記事が掲載されています。

一七四〇(元文)五

一一・二〇 
志久村の猫江井桶口に鯨のようなる大魚入来る。
猟舟六艘、牛津四、福母一、馬田一、で追込む、須子と芦原では鉄砲を数筒づつ発した。と注進
一二・ 三 
右の鯨の入札あり、岸川町久右衛門落札する。
一七四一(寛保)元
一・一〇 
牛津の鯨追込をして来た四艘の船主共、海上より追込んだ手数料を請求する。



新橋上から六角川上流を望む左岸の三番目の樋門付近か?

迷い鯨多久領内にて斃死するの一件

 多久市の郷土資料館の館長をされている尾形善郎氏が書かれた「肥前様式論叢」という本があります。ここにこの話しがまとめられていますので引用させていただきます。

 鯨なるものとはるか縁遠くなった現在、有明海にそそぐ六角川の上流・杵島郡北方町の川筋(旧多久領)に鯨が泳ぎついたというニュースは誰もが信用しないだろう。しかし多久市立図書館に「新橋江筋入込候鯨図」(紙本墨書・堅五三p・横一〇八p)の絵図が保管され、その確たる証拠を残している。
 あわれむべし、この鯨は「惣長サ四拾尺、但色とろ色」「背より腹まで差渡七尺」「ひれ長サ六尺八寸、横三尺」「鼻先キより口ひげ迄七尺」尾の部分は「差渡四尺八寸」(「 」は絵図に付記されている記録、以下同じ)という子鯨である。この鯨は、たまたま対馬沖の海流から有明海に迷い込み、清流を求めて六角川の川口にさしかかったのであろう。そして肥前の景観にみとれながら川登りを始めたのが運のつき、我に返った時は北方町の「新橋より凡そ八丁斗」の地で、両岸は「多久私領志久村之内初袋」なる部落で、眼前には「多久私領医王寺村之内、猫之江(・・)家三軒」があり、鼻先に「井樋」の水がそそいでいた。ここでは身をよじるによじられない川幅で、海にもどるにもどれず運つきて「井樋」の清水に死水をとって斃死するに至ったのである。
 それから二四一年たった。この現場を巡検すると、国鉄北方駅前のバス停から西へ四〇〇m、北方町追分の信号、交差点があってこれから南に入って追分踏切を渡って医王寺の方へ六〇〇m行けば「新橋」がある。現在架梁中の橋下をくぐって川筋の土手沿いに西に八〇〇m程行った所が、鯨の斃死地である。この両側には「井樋」があり、川筋は絵図通り南にカーブしている。「猫之江家三軒」は今はなく、広々とした美田が続いている。夕日が落ちるとき、この「瀬土井」に立てば、あわれむべきかの鯨のとまどいとあわてぶり、ためいき、そしてあがきと絶望がひしひしと胸にせまってくるのである。
 この一件について多久邑校東原庠舎教授のち大監察を勤めた多久出身の儒者、深江順房(一七七〇―一八四八)は、弘化四年撰した、「丹邱邑誌 巻五」(多久市立図書館蔵)に「元文四年、志久江筋(・・)鯨上り来而遂ニ腐損候」の一文を書き残している。
 また佐賀藩校弘道館助教をつとめた多久邑出身の儒者石井鶴山(一七四四―一七九〇)は同書「巻一」の上欄に「北方八景」の詩をのせている。その一つに「猫江(・・)皈帆」の次の詩がある。
 「地析江門(・・)秋色開 千鯨噴浪雪山来 渡頭日落天如水 一片孤帆擁月回」と。さきの迷い鯨は、この句の千鯨の一頭であろうか。「猫江」の場所といい「江門」といい不思議さもさきの一件と一致しているのではないか。迷い鯨は鶴山先生五歳の時の出来事であった。幼き時の感傷が後でこの詩を生んだであろうか。
 鯨とは、南太平洋を悠然として泳ぎ渡る縁遠いもののようであるが、この迷い鯨はのどかなる多久領内を興奮させた縁深いもので親しみのもてる身近なる思いをさせるのである。
「肥前様式論叢」尾形善郎(元佐賀県立博物館副館長)

絶滅した克鯨

 一九九九年(平成一一年)七月五日付「西日本新聞」に、"幻の鯨六角川をさかのぼった!?"多久市に伝わる江戸中期の絵図「絶滅した克鯨」と推定 という記事があります。

 多久市に伝わる江戸時代中期の絵図「鯨図」に描かれた鯨について、長崎大水産学部の柴田恵司名誉教授(七四)=長崎市石神町=が「日本近海では絶滅した(こくくじら)と推定される」と鑑定した。絵図は有明海に注ぐ六角川を河口から約一二`さかのぼった地点で描かれており、柴田さんは「回遊性のある克鯨が迷い込んだのだろう。川に上がった鯨の絵図は全国でも例がないはず」と語り、近く海事史研究史で発表するという。
 この絵図は、多久市郷土資料館が所蔵する「新橋江筋入込候鯨図」(縦約五十二a、横約百十a)墨書きで、一七三九(元文四)年作。場所は旧志久村(現在の北方町)の六角川上流との添え書きがある。旧多久藩の「多久御屋形日記」にもこのときの記述として「大魚が入り込んだ」と記されている。
 北方町は内陸で山が迫り、鯨が川をさかのぼってきたことなど想像もできない地形だが、周囲を山に囲まれた多久市東多久町の六角川に注ぐ牛津川の支流にかかる橋にも「鯨橋」の名前が残っている。 
「多久古文書村だよりNo.3」(昭和五六・三・三)

おかに上がった鯨

 複数の資料から、ほぼ、全体像が分かってきました。私の想像はこうです。
 「多久御屋形日記」には、牛津(小城藩)の猟舟とありますが、海で発見された鯨を、住ノ江(六角川河口、右岸の福富町、左岸の芦刈町にわたる港湾と漁港)あたりの漁師達が湾奥の浅瀬(といってももちろん干潟ですが)に追いこみ捕獲しようとしていたのでしょう。追い回しているうちにいつしか六角川に逃げ込まれ、とうとう二〇キロちかくもさかのぼり、身動きできなくなったところをようやく捕獲したということのようです。
 もちろん、当時の住ノ江は水運と漁労の集落があるだけで、鯨を専門に狙う"鯨組"などはもちろんなく、まず、鯨を仕留めるような"銛"さえ一本も持ってはいなかったはずです。せいぜい、網とか綱で絡め捕る以上の方法はなく、実際には他人に捕られないように鯨の遡上に追走しただけだったと思うのです。当事の佐賀は、鍋島本藩のほかに、分家筋の蓮池藩、小城藩、鹿島藩などの支藩とその他の関係領地(家老領…など)に分かれ、入り乱れていました(「佐賀県史」の図面参照)。まず、住ノ江の漁師と北方(志久)の領民とは行政区分が異なり(*)、当然ながら分け前についてはそれなりの対立が生じたはずです。しかし、獲物はそれを遥かに上回る値打ちがあり、お互いそれなりのものを得て収まったことも想像に難くありません。
 いずれにせよ、「鯨一頭、一村潤う」と言われたように、降って涌いたような宝物に住ノ江の漁師連も志久村の百姓もおおいに沸き立ったことでしょう。

(*)六角川左岸の住ノ江(芦刈)は小城藩領、右岸の住ノ江(福富)は鍋島本藩領、捕獲された場所の現北方町(旧志久村)は多久領(鍋島家親類同格扱いの家臣領)だったようです。


くじら図



全長一二メートルの鯨が上る川

 記事によると捕獲場所は河口から一二キロということですが、あくまでもそれは直線距離です。当時は現在以上に甚だしく蛇行していたわけであり、やはり河道延長で二〇キロ以上はあったはずなのです。しかしたまたまそこで捕獲されただけであり、堰があるので止まっていますが、海水はさらに五キロ近くは上がるのです(この場所からさらに上流部の武雄市橘町には"潮見"という地名もあります)。少なくとも、二百六十年前には全長十二メートルの鯨が逃げ込むほどに大きな江湖が広がり内陸まで潮が上がっていたことを示す良い資料と言えそうです。もちろん当事の六角川の河道は今とはかなり異なり、川幅ももっと広く、現在の北方町中心部に近接して流れていたようです。
 この話しは一つのエピソードであり、ただのコラムとして読まれて結構です。少なくとも昔の六角川がいかに大きく、また、いかに内陸部まで大規模に潮が入っていたかということは分かります。今、昔の有明海に比べて潮汐が非常に衰えてきたと言われますが、それは、当然にも藩政時代以来の干拓の拡大による影響もあるでしょう。
 しかし、現在の有明海が農水省史上最悪ともいうべき"諫早湾干拓事業"の潮止め堤防の建設(ギロチン)によって、さらに潮流と潮汐が減退して赤潮が頻発するなど、環境が大規模に悪化していることを知って頂きたいのです。
(20050121)
■ここまで前論稿の再掲部分■

再び 山の麓で鯨が捕れた
                 
 重要なのは以下の部分です。

 このように上流から粒子の大きい堆積物(風化花崗岩=真砂土)が送りこまれる佐賀平野に対して、粒子が小さい泥中心の堆積物が送りこまれる白石平野では、「佐賀県史」に書かれているように、内陸部まで陸地の標高が低く海水が内陸奥深くまで入るのです。当然ながら、有明海沿岸域最大の蛇行も河道の深さもこのことによって多少とも説明がついたかと思います。
 繰り返しになりますが、佐賀平野に対して白石平野から武雄盆地にかけては標高が低く、海から遥かに遠い内陸部まで潮が上がり、私が住む市街地のすぐ南側まで海が広がっていた時代があったことを感じさせます。その後、それは徐々に陸化していくのですが、それほど古い昔ではないほんの数百年前まで、相当に川幅の広い感潮河川(佐賀ではこれを江湖(えご)と呼びますが)、というよりも幅の狭い海が延びていたのです。
 
 このように、佐賀平野と白石平野とは同じように見えて全く性質の異なる平地なのです。佐賀平野はその堆積物の性質の違いから、扇状地や天井川を形成しますが、白石平野は粒子が小さい泥中心の堆積物が送りこまれるために、海の運搬作用によって絶えず攪拌され均平化されてきたのです。このため、六角川と塩田川に囲まれた白石平野とその延長である武雄盆地には扇状地がなく、極めて平坦でただ潮が引いた干潟に、海による運搬作用によって形成された土地ができてきたのです。
 杵島山はこの干し上がった干潟である白石平野に聳え立つ連峰です。逆に言えば、杵島山は干し上がった干潟である白石平野に取り囲まれているのです。このような地形の土地はあまりないために分かりにくいでしょうが、そのような場所だからこそ、山の麓でも大型の鯨が捕獲されたのです。こう考えてくると、この平坦な干潟が古代において海であったことが徐々に分かってくるのです。と、すると、白石平野にそびえる杵島山は、古代において有明海に浮ぶ巨大な島ではなかったのか、少なくとも大雨が続いて洪水となった時には一面海のような水没平野が広がり、誰が見ても島のような様相を呈していたことは想像できるのではないでしょうか。この思考の冒険が今回のテーマです。
 山の麓で鯨が捕れるという"日本昔話"のような話も、杵島山が島であったとすれば理解しやすくなるかもしれません。では、杵島山は本当に島だったのでしょうか。
 
提の浦(ヒサゲノウラ)の論証

 長崎自動車道武雄・北方インターから四九八号線に入り、杵島山西側の山裾に沿って南に進むと、五分ほどで杵島郡から郡境を越え藤津郡塩田町に入ります。さらに五〇〇メートルも走ると北志田という地区にある"提の浦"という集落に出くわします(字名にも"提の浦"があり、掲示板もあります)。



さて、この小論は有明海に臨む杵島山が文字通り"島"だったのではないかという作業仮説の検証をするだけのものですが、はじめに"提"(ヒサゲ)の話しから始めます。 
 "提"とは「銚子の一種。銀・錫製などで、柄がなく弦(つる)のある小鍋形の器具。酒を注ぐのに用いる」(広辞苑)とされています。ただ、"瓢"(ヒサゴ)の方はともかくとして"提"(ヒサゲ)の方は明らかに死語になっています。


提の浦

 "提" (ヒサゲ)は"干下げ"とも読め、潮が引いたら干上がってしまう浦とも考えられるのですが、事実、地形はそれを示しているのです。
 もちろん、有明海の西岸には多くの"浦"地名があるのですが、海岸部ばかりでなく、相当の内陸部にも散見されます。この杵島山の東側の山裾には湯崎、川津、島津(いずれも杵島郡白石町)、南に近付けば、八艘帆が崎(ハスポガサキ)(*)錦江、廻江津(いずれも杵島郡白石町=旧有明町)という地名があり、さらに南側の先端には室島(杵島郡白石町=旧有明町)、深浦(同)があり、竜王崎が突き出しています。杵島山の東側から南端にはある程度の沖積平野か海成平野とでもいうべき干潟から発達した平野があり、太古には、直接、有明海に接していたことは疑いないと思います。 


八艘が崎の看板

 また、竜王崎の崖下には国道二〇七号がかすめていますが、ここから北にかけて杵島山の山裾を通ると海食洞と思えるものも見かけるのです。
 北側には、樺島(杵島郡北方町)があり、鯨の話で紹介した六角川が流れています。さらに上流に入れば潮見神社(武雄市橘町)があり、今でもこの付近まで海水が上がってきます(この川の上流にも北浦という地名まであります)。さらにJR佐世保線の武雄温泉駅の付近にも私が幼少年期を過ごした西浦や天神崎という地名があります。 
 杵島山の北西側には、花島(武雄市武雄町)永島(武雄市武雄町、橘町)、楢崎、玉島(武雄市橘町)があり、西側に提の浦と久間(いずれも藤津郡塩田町)という地名が展開しています。このように杵島山は海湾地名に取り囲まれているのです。
 今回、この"提の浦"を取り上げたのは単に内陸部にあるということばかりではなく、もしも、ここまで潮が入っていたと仮定すると、杵島山西側の山裾の中でも最も標高の高いところであり(と言っても標高10メートルほどの全くの低平地なのですが)、この廻廊が水道であった可能性さえあり、結果として杵島山が文字通りの"島"であったことを最後に証明する痕跡地名にも思えるのです。

(*)八艘帆が崎(ハスポガサキ):
 ここには県道錦江〜大町線が通っているのですが、稲佐神社付近にこの地名が残っています。県道沿いの境内地と思えるところには、この八艘帆ケ崎の謂れについて書かれた掲示板が建てられています(平成四年四月吉日 大嘗祭記念 稲佐文化財委員会)。
 これによると、杵島山はかつて島であった。欽明天皇の朝命に依より百済の聖明王の王子阿佐太子が従者と共に火ノ君を頼り八艘の船でこの岬に上陸したとの伝承があるとされています(稲佐山畧縁記)。
 百済の聖明王は仏教伝来にかかわる王であり、六世紀に朝鮮半島で高句麗、新羅などと闘ったとされていますが、五五四年に新羅との闘いの渦中に敵兵に討たれます。これは、その闘いの前の話なのでしょうか?それとも、一族の亡命を意味するものなのでしょうか?また、火ノ君とは誰のことなのでしょうか。私には大和朝廷とは別の勢力に思えます。
 なお、聖明王は武寧王の子であり、武寧王は先頃の天皇発言で話題になった桓武天皇の生母がこの武寧王の子孫とされているのです(続日本紀)。

 このような場合に頼りになるのがHP「神奈備」です。孫引きになりますが紹介します。佐賀県神社誌(縣社 稲佐神社)から として

 …百済国の王子阿佐来朝し此の地に到り、其の景勝を愛し居と定め、父聖明王並びに同妃の廟を建て、稲佐の神とともに尊崇せり。…

と、あります。稲佐山畧縁記とありますが、掲示板の記述はこれによっても補強されます。今後も調べたいと思いますが、これらに基づくものと思われます。
 本来、「六国史」や「三大実録」あたりから日本書紀や三国史記を詳しく調べなければならないのでしょうが、私の手には負えません。
 少なくとも、八艘帆ケ崎の伝承は、杵島山の東側の山裾まで有明海が近接していたことを思わせます。

"クマ地名"の論証

 前掲した久間(藤津郡塩田町)地名についても全国的には理解しがたいと思われますので、多少のコメントを加えておきます。ここで"久間"を海が近接していたことを示す地名として取り扱った理由は、これをいわゆる"クマ"地名と考えたからです。"クマ地名"は九州において顕著であり、一般的には河川邂逅部(川が海や大河川と繋がる部分)に付く地名です。福岡県では雑餉隈、七隈、三隈、金隈、月隈…がありますが、佐賀県にも、松隈、日の隈、早稲隈、帯隈…と多くの"クマ地名"があります。
 これは、大きな川が流れる大平野よりも小さな川が海沿いなどの低地に流れ込む場所の方が水を利用しやすく、最初の近代的な稲作農業(陸稲型の雑穀農業、縄文稲作はここでは考えない)はこういった場所で始められたのではないかと考えられているのです。
 一般的に、このような場所が九州の場合"クマ"と呼ばれていることが多く、稲作農業との関係で形成された地名とも言われています(もちろん朝鮮の"コマ"地名と考える説もあります)。
 簡略化すれば、川底の深い大河川からは引水することが難しいために、小河川や山からの湧水など利用しやすい場所に最初の水田が開かれたと想像されたためです。これが"クマ地名"であり、佐賀平野では貝塚ラインと並んで古代の海岸線を探る一つの指標ともされてきたものです。この地名については、宮崎康平による「まぼろしの邪馬台国」(講談社)にもある程度の説明がありますが、ここではふれないことにしておきます。広辞苑には『…A奥まって隠れた所。すみ。源氏物語(明石)「かの浦に静やかに隠らふべき―侍りなむや…」』とありますが、海に川が流れ込む場所は当然に奥まり、堆積によって平地が形成されますので、水田稲作の適地だったと想像できるのです。
 さて、杵島山は一周五〜六十キロ程度の船形の細長い連山であり、その西側にも低山が延びています。その低地に六角川の支流である東川が北に向かって流れています。この川の支流が杵島山西側の山裾で標高が最も高い場所を流れていますが、その途中に"提の浦"があり、今でもそこから一キロ余りのところまで潮が上がっているのです(堰で止められていますが)。もちろん、一キロ余りといっても標高差は僅かであることはいうまでもありません。
 有明海沿岸には満潮時に潮がかなり奥まで上がる川が数多くありますが、この地域の浦地名は単なる川(淡水)の船着場でしかない"川津"とは異なり、あくまで潮に乗って舟や船が上がる川沿いの入江に付いたものと考えるべきでしょう。潮位は東京湾平均海面に基づくものですが、大潮の満潮時には相当奥まで潮は上がるものです。私は、最低でも"提の浦"という地名によって、ここまでは潮があがっていたのではないかという推定が可能ではないかと考えています。

籠(コモリ)地名の論証

 "提の浦"という地名による論証とは別に、ここまで有明海が奥まで入っていたという傍証がもう一つあります。六角川河口から河道延長で二五キロ以上、直線でも一五キロ以上はあると思える場所に明確な干拓地名が残っているのです。"提の浦"のさらに上流にある"籠"地名です。
 籠と搦という干拓地名も有明海沿岸というよりは、鍋島藩とその属領であった諫早藩(この表現には長崎県民の抵抗が少なからずあるかもしれませんが、幕府直轄領であった長崎市周辺にも、また、大村湾岸東部地域を中心に鍋島藩の親戚筋の諫早藩領や鍋島藩の領地が存在したのです)にしかない地名であるため、これについても一応簡単なコメントを加えておきます。
 もちろん干拓地は全国にありますが、集中して存在するのは関東の霞ヶ浦、印旛沼周辺、福井県、新潟県の海岸部、岡山県の児島湾周辺と有明海、不知火海であり、それ以外にはそれほどまとまった干拓地はありません。一般的に全国の干拓地は新田、新開、開などと呼ばれていると思います。山口恵一郎氏による「地名を考える」(NHKブックス)という本がありますが、この本にも籠、搦地名が出てきます。

籠・搦・開
 遠浅の有明海沿岸は、主として近世以降、干拓が進められて新しい陸地が増えていった。こうした新開の土地は、ふつう新田(関東・北陸その他一般の名称)とか新開、(中国・四国に多い)とかの呼称がつけられるが、この地域ではここに特有な呼称がつけられている。籠(こもり)・搦(からみ)・開(ひらき)などの名称がこれである。
  干拓地は、とくに江戸前期から中期にかけて大量に増加したが、明治以後は〜干拓というような地名も現れてくる。搦は柵(しがらみ)のことだが、これは干拓が前面に潮土井(または土井)と称する潮止堤(護岸)を築き、その内側を陸化していくことから来たと思われる。そして、干拓地の名称と同時に、堤防にそって形成された集落の名称ともなる。…中略…
  小地域的にみれば、この三者の呼称は分布する地域を異にする。ざっとみると、肥前すなわち佐賀県側には籠・搦が分布し、筑後川の東部つまり筑後すなわち福岡県側では開と呼ぶ。しかも、佐賀県側の川副(かわぞえ)付近では、内側つまりやや内陸に籠が、外側つまり海に近いところに搦が多い。…

 籠、搦地名は特殊ですので、地元研究者の原口静雄氏(伊万里市)による「佐賀県西部の地名について」という論文もご紹介しておきます。

籠(こもり)と搦(からみ)
 佐賀平野の地形図を読むと有明海にのびる干拓地名に、新しく干拓されたところに搦、内陸部に蘢地名が見出される。同様に、伊万里湾でも東山城町松浦線の東山城駅付近に、「奥浦蘢一ノ割」「奥浦蘢ニノ割」の外側(海岸より)に「田土居尻搦」「新搦」などがあり、たしかに「こもり」が古くて「からみ」が新しい。…中略…
  蘢とは入江の静かな浅い海を人手でしめきった干拓造成であったところにつけられた地名であり、搦とは遠浅に杭を打ち、その間に横木をならべ石を置き干満交互に泥が「からみ」つくことから発生したもので、蘢よりも積極的に波にさからって築立てる差が認められるようである。年数さえたてば「からまった」泥土は次第に積み重なって高まり、そこをしめきった。

 諫早周辺の籠・搦地名は、鍋島藩の干拓技術が持ち込まれたものと思われますが、佐賀県全域で、そう呼ばれているわけではなく、幕府直轄領であった唐津藩(佐賀県の唐津市を中心とする北西地域)では開、灰といった干拓地名も認められます。このため、伊万里湾の南岸には搦地名が、北岸には灰地名が見られます(前述の原口静雄氏は灰坊、拝向、拝川、小拝浦などをあげておられますが、伊万里湾北岸では灰地名の外側に新田があるようです)。
 また、佐賀平野などを字単位で調べれば、内陸側に非常に多くの籠地名があり、その外側に搦地名が分布していますが、籠はそれほど労力を投入せずに締切る程度で陸化できた古い干拓地であり、搦は大量の労働力を組織的に投下し意識的に造られた比較的新しい干拓地のようです。
 籠地名と搦地名の説明にも多くをついやしましたが、この古い方の籠地名が"提の浦"の上流にあるのです。地形から判断して"提の浦"は前述の東川の右岸にあるのですが、この東川の右岸にあるのが天神籠であり、左岸にあるのが明神籠です。


提の浦周辺図

※ 一応、"籠と搦という干拓地名も有明海沿岸というよりは、鍋島藩とその属領であった諫早藩にしかない地名であるため"としましたが、籠地名の方は、戦国期から場合によっては室町期以前にまで遡る可能性があるため、上記の表現が適切であるかは熟慮の余地があります。また、地域によっては籠地名と搦地名が逆転し、内陸部に搦地名がある場合もありますので(これは内陸部の篭地名が移住により持ちこまれたことによる逆転と思われます)、単純に判断することできませんが、杵島山西側の天神籠と明神籠はかなり古いのではないかと考えています。今後の古地図や古文書などによる調査が待たれますが、ここでは作業仮説と理解していただきたいと思います。

司馬遼太郎の"小便が南北に流れる分水点"

 しかし、さらに分水点を越え向こう側まで潮が廻らなければ杵島山が島であったことの証明はできません。


分水点付近 498号線を南に進む

 事実、この志田地区を北流し六角川に流れ込む東川の支流と、南流し塩田川に注ぐ小河川は百メートル余りと近接し、事実上は数枚の水田で流下方向が異なるだけなのです。規模は違いますが、これに似た話が司馬遼太郎の「街道をゆく」芸備の道 に出てきます。
  
「ここは上根(かみね)というところですよ」
運転手さんがいった。
道路は遠くまでまっすぐについている。自然の地形としてこの北にむかって細長い平坦地は尾根なのか高原なのかよくわからない。
「このへんですよ、日本海へ流れてゆく川の上流と瀬戸内海へ流れてゆく川の上流とが一ツ所にありまして、そのあたりの人は立小便をします」
 運転手さんがいう。まさかと思いつつよくきいてみると、そういう習慣があるのではなく、平坦地に小便をして自分のゆばりが日本海へゆくか瀬戸内海へゆくかを見るのだということらしい。それも下界の物好きが創(つく)った笑いばなしにちがいなく、ともかくも一ツ在所で水の流れるむきが南と北とにわかれているのだということの地理上の落し噺(はなし)なのである。
 道はただひたすらに平坦なのだが、ごくわずかにすでに北の日本海にむかって傾斜しているのであろう。  
 このことは、一つの驚きである。
 広島県というのは瀬戸内海文化圏だとおもっていたのだが(事実そうではあるが)、それについての自然地理の面積は実にせまい。広島市街を出て太田川とその上流(根之谷川)をわずか二〇キロばかり北上しただけで、もう川が日本海にむかって流れているというのは、ただごとではない。
 分水点にちかいという上根から測って、川筋をたどりつつ島根県海岸の江津(ごうつ)(旧石見(いわみ)国)に出るには、一五〇キロもある。松江(旧出雲国)までなら、それ以上ある。

 普通の理解では"現在の標高が何メートルで、また、東京湾平均潮位がどれだけであり、いくら昔であっても最大潮位を考えればそんなところまで海水が入っていたとは考えられない"といったところで思考を中断させてしまうのですが、数千年(もちろん、二〜三千年の意味ですが)の単位で物事を考えれば、多くの国造干拓地や諫早湾干拓堤防や熊本新港などといったものが全く存在しなかった太古の有明海は、現在よりもはるかに広い奥行きを持ち、その沿岸には多くの島や岬や沈み瀬などが存在する非常に変化に富んだ遠浅の海が広がっていたと思われるのです。浅く奥行きの長い海は潮汐がさらに増幅するとも言われ(イサカンの逆、イサカンのギロチン堤防建設の結果、潮汐が上下で六〇センチから一メートル近く減退したと言われています)上下で六メートルと言われる有明海の潮汐も、場所によっては、七メートルを超えるものだった可能性さえあるのです。
 また、杵島山周辺には他地域にあまり見られない特殊な墓制があります。一般には甕棺(カメカン)と呼ばれますが、敬愛する古田史学に従えば、甕棺(ミカカン)と呼ぶ蓋を合わせる二基の素焼きの甕に埋葬する(この墓制にそっくりなものが南インドにもあるとの話しも聞きます。南インドと言えば、国語学者の大野晋教授による日本語ドラヴィダ語起源説が直ぐに頭に浮んできますが、思考が全く追いつきません)もので、公共事業による工事などでも杵島山周辺からはおびただしい甕棺が出ています。また、終戦直後までは、杵島山西部では製陶業が盛んでした。このため杵島山とその西の西山は燃料を取り続けるためのものであり、海の運搬作用による堆積ばかりではなく、森林伐採の結果の土壌流出による堆積が上乗せされているものと考えられます(年一ミリとしても二千年でニメートルですから)。古代には堆積も今ほどではなかったはずであり、古代において六角川の支流と塩田川の支流とがつながっていなかったとしても、"53.船 越"で書いた意味での水道は存在したことは間違いないのではないかと考えるものです。

杵島山は出島だった

 現在の六角川と塩田川の支流が近接しているとしても、山を取り囲んで繋がり、また、潮が上がってこなければ、杵島山が島だったことの証明できません。
 では、この可能性はあるのでしょうか、縄文海進期を念頭に置いて有明海の図鑑などには良く「弥生時代の貝塚線から判断して4,000〜5,000年前は有明海の中の大きな島であったと推定されている」などと書かれていますが、仮にこの時期に"杵島山が島ではあった"としても、私が考えているのは、そのような古い時代のことではなく、縄文晩期〜弥生前期への移行期の話であり(稲作で画期するのか土器で画期するのか明確ではないようですが、ようやく縄文稲作が認知され、五百年ほど遡ることになってきました)かなり、可能性の薄い想定です。つまり、島という大和言葉が確立して、一定の支配力を持ってこの土地に定着した時代(これが難しいのですが、逆に、杵島山が島だった時代に島という言葉が確立したという想定も含めて)、この山が島の形状をしている時代に杵島という名前が付けられたのではないか、もしくは、かつて島だった時代の記憶や伝承が継承され定着したのではないかと想像を巡らすのです。
 九州大学大学院理学研究科の下山正一助手らは地質調査に基づき、古代の海岸線を復元ざれていますが、特集「有明海大全」掲載のコラム1「有明海のなりたち」添付図面=■図2−筑後平野の表層粘土分布によると、残念ながら杵島山は陸続きになっていました。同助手と短時間ですが電話でお話したことがありますが、"夢を潰すようで悪いけれども、杵島山西部には低い溶岩台地があるために潮は越せなかったであろう。ただし、船を担いで運ぶという意味での水道は十分に可能性があったのではないか"との話でした(不正確な場合はご容赦いただきます)。



 私の杵島山が島であったという作業仮説は下山研究により脆くも崩れ去りましたが、南北七〜八キロの大山塊が、出島か船を接岸させたような形で実質わずか数百メートル程度の廻廊によって繋がっていたということは、洪水期や高潮時には、文字通りの低平地に浮ぶ島の様相を呈する景観が出現したはずです。実際に島のように見える時は頻繁にあったのではないかと考えられ、そのことによって、杵島という名が付けられたのではなかったかと思うものです。
 この陸続きとなっている延長は添付図面=■図2−筑後平野の表層粘土分布から見ると、一〜一,五キロ程度の陸続き(海成粘土分布限界線ラインではなく、非海成粘土分布域から私が勝手に推定)になるのですが、私は最高潮位の、川床(標高で二メートルほど下がる)で考えているために可能性は高まるのではないかと考えています(添付図面の数字は標高です)。

縄文早前期、弥生時代末期の海岸線

 杵島山は万葉集に歌われるとともに、歌垣の伝承がある山です。中国の雲南省、貴州省など(照葉樹林帯)の少数民族に今なお生きる歌垣の習俗がこの杵島山にも存在し、この歌垣の行なわれる日には西から久間水道(仮称)を渡って適齢期の男女が伴侶を探して恋歌を掛け合っていたのではないでしょうか。 
この場所を通過するたびに、杵島山西麓の分水点に近い「提の浦」に南北から小船が入る姿を夢想するこの頃です。


玉島古墳から南方を望む

 前述したとおり、最低でも、53.船 越で書いた意味での水道は存在したと思われますので、この場所に古代の官道が通っていたことと合わせ考えれば、いまさらながら、この場所の重要性が見えてくるのです。杵島山西側に位置し、水道、陸道のボトルネックにあたるこの場所は、「おつぼ山の神籠石」の存在が示すように極めて重要な場所であったと考えられるのです。
 それはともかくとして、有明海の奥行きを決定的に奪い、"潮汐振幅を著しく減退させた「イサカン」の破壊性、破滅性、犯罪性は明らかではないか"と、今さらながら思うものです。

69. 久留米市の最終処分場建設における多くの問題点

 筑後川水問題研究会事務局長 河内 俊英 (久留米大学助教授)
(久留米市ゴミ問題協議会・元委員)

1. はじめに

 福岡県久留米市が市内の山間地に一般廃棄物最終処分場の建設計画を出してから14年になるが、いまだに地元住民を中心とする反対運動が続いている。当初の計画では、埋め立て面積47ha、使用年数50〜100年ととんでもないもので、厚生省(当時)の補助金対象に該当しないものであることから15年以内と変更になった。市当局は補助金との関係で規模も使用年数も縮小したにもかかわらず、地元に配慮して計画を変更したと説明している。
 工事に先立ち環境アセスメントが行なわれたが、動植物の調査リストの間違いが続出し、存在しない動植物の記載が10項目以上あり、訂正せざるをえなくなるような杜撰なアセスであり、アワセメントであることが明らかになった。また計画地の中に「地滑り、崩壊地」が10箇所以上あること、さらに最近になって大きな断層が本体工事地内で見つかったなど、とうてい適地ではない場所である。さらに多くの絶滅危惧種や希少種の生息地であることも明らかになった。
 公共事業における「住民との相互理解の構築が重視されており」信頼関係とそれを裏付ける情報公開の重要さが指摘されている。しかし全く時代に逆行する行為を繰り返し、計画に賛成する一部の住民だけを毎年先進地視察の名目で宿泊旅行に連れて行き、その関係書類を「情報公開」で求められると、「黒塗り」で場所も職員の名もふせた書類を公開している。裁判で「開示判決」が出ても開示せず上級裁判所に持ち込んでいる。以下に示す問題の場所に無理に最終処分場をつくる必然性があるのかということである。

2. 寺尾谷工事現場での湧水地点と土砂崩れ

 湧水地点:降雨量の多い梅雨時期や台風などによる降雨量がまとまっている時期には処分場予定地の何ヵ所かで湧水場所が見られる。湧水地点の1つは、処分場の先端に近い竹林(A地点)であり、もう1カ所は道路の分岐点に近いA地点に隣接したB地点であり、この地点は土砂崩れ(F地点)も起こしている。B地点は断層本体に近い場所と予測されている。また崩落地をコンクリート壁でおおった地点(図0中のC地点)も湧水が出てくる場所である。この地点では断層本体が動いたときに発生した、支脈状の割れ目が写真のように現れている。



 土砂崩れ:図0中のD地点、E地点、F地点では斜面の樹木を伐採した後、昨年(2001年の梅雨によって土砂崩れが起きて、写真のようになっている。(ただし、ここでは地点を厳密に測量しては地図上に記入してはいないので場所の多少のずれはありえる。)このような土砂崩れは、処分場予定地の周辺数キロ以内でも何ヶ所も起きている。(図0参照)

3. 工事現場に出現した断層

 国土地理院発行のランドサットによる写真がある(図ナシ)。この図中の山脈稜線部の連なりに黒い線状に筋が見えているが、これはランドサットから撮影すると見える断層である。活断層(現在は12万年以降に動いた断層とする説が有力)とそれより古い断層が入り混じって見えまるが、いずれもはっきりした線として確認できる。このように見えることは、地質や地理の関係者には広く知られていることである。これらの線状に延びる断層が、久留米市の計画する処分場寺尾谷の処分場にかかっているのである(図1、図4)。





 その証拠となる断層の出現した写真が図2、図3である。図2、図3の断層の出現はランドサットによる写真上から予測されていたが、最近寺尾谷処分場の工事で斜面を削ったことにより、確認されたものである。ここで見えている断層(割れ目、図2、図3)はランドサット写真で見える断層本体ではなく、大きな断層ができたときに受けた強い圧力によって周辺へも強い力がかかり、周辺にできた小さなひび割れ(断層)の一部であり、周囲と異なった色の破砕帯となっている。このような割れ目は通常断層本体の両側に数十メートルの範囲で広がっていることが予測され、ここで露出した破砕帯はおよそ50〜100センチ幅であった。断層本体は隣接した杉谷集落を通りさらに伸びているが(図4の黒線部、地図上に図示)、杉谷の東に伸びる道路工事現場に断層本体の一部が露出していた。その露出部分では幅およそ15メートル弱が確認された(図ナシ)。これから推定すると、今回寺尾谷の工事現場で見つかった割れ目に隣接した断層本体は10〜20メートルの範囲で破砕帯が出来ていることが予測されている。破砕帯は斜面だけでなく地図上(図4)に示した線に沿って処分場本体の底部にも当然伸び、さらに杉谷の集落を超えて続いている。


図2 処理場の側壁部分の斜面に出現した断層(指差している方向の色の違う部分)
スジ状に色の違って見えるのが断層の破砕帯

図3 同上

 破砕帯は、岩盤が地震の強い力で圧力を受けてずれが生じ、岩盤に割れ目が出来てその割れた岩盤と岩盤がこすられてぐしゃぐしゃに破砕されたものである。破砕物が礫状からさらに細かくなった処では断層粘土となっている。寺尾谷では一部細かく破砕された岩の砕片が混じった断層粘土が確認されている(図2、壁面で周りの土砂と色が違って見える部分)。
 破砕帯は、水の通りやすい通路になることが知られており、ダム建設では漏水の原因になることや、支持強度が弱いために岩盤や堤体の重量、さらにここではゴミの重量を支えきれずに堤体の破壊につながる危険性がある。したがって、ダム建設の地質調査では破砕帯の有無の確認が最も重要になる。しかし、久留米市当局は今年2002年3月議会の答弁において、「この断層の存在と破砕帯の存在を知らない」と答えている。つまり、断層・破砕帯に対して対策をとった工事設計になっていないことを意味し、地盤の不等沈下による漏水の危険があることを意味する。

4. ゴミ問題協議会(略称:ゴミ協)での埋立地の検討は十分か

 施設部会と減量部会に別れ、埋立地問題は施設部会で検討した。1995年平10月3日の第2回の施設部会では、立地の検討がなされ、平地案と山間地案についての、一般的な比較説明がなされた。しかし、スケジュールが過密(別紙スケジュール表)で10月3日の説明を聞いたあと(何回目の部会に提出したかについては正確な記憶はないが)以下のような代替案を提出した。
 しかし、代替案の検討は全くされなかった。
 筑後川下流域の平地(水田など)を6.5メートル掘削して掘った土砂で堰堤をつくり、これを最終処分場にする案を提出して検討を求めた。 
@ わたしの案は、掘削した土砂の運び出し分で堰堤をつくることで、土砂運搬費用が軽減できること。
A 平地水田などには、すでに道路整備もすすんでおり、建設総費用が高くはならないこと。
B 工事費用については、非公式に建設省(当時)の友人に頼み、筑後川の堤防の強度で図のような堰堤を築いた場合の掘削と堰堤の費用の概算として出してもらった。
C その結果、市が必要とする、容量の埋め立てスペースでかかる費用は、およそ1.5億円と算定された。
*ここで出た工事費用は、掘削と堰堤工事の概算で別紙のような額でできることが明らかになった。これで少なくとも50〜60万立方メートルの埋め立てスペースが確保できる(当時の計画埋立量)。
D 面積的には堰堤を入れて300x300平方メートルの面積9ヘクタール以内で確保でき、場所によっては土地代がそれほど膨大にはならない。
*現在計画されている規模(20万立方)ならこの半分以下で可能である。深く掘れないなら、このサイズの面積でつくれば良いわけである。
 市当局は、95年10月3日の施設部会・検討案の中で平地を掘削する案の検討を形式的にはしたが、平地は地下水が湧き出す所が多いことから2メートルくらいしか掘れない。したがって、膨大な面積が必要(別紙のように122,000平方メートル)であり土地代がかさむことと、広い場所の確保が必要であり平地は無理と最初から否定していた。
 しかし、場所によってすべての場所で地下水が2メートルくらいで出るとは限らない(久留米市庁舎も地階があり3メートル以上掘削している)ことから平地について上記のような案を考えて提案した。それにもかかわらず、上述のように2メートルくらいしか掘れなということと、その結果必要な面積問題に固執して無理と否定し、まともに説明も討議もせずに終わらせた。しかし、後日久留米市が「ごみリサイクル市民ネットワーク」の公開質問状に対して提出した(平成8年2月16日)、新埋立地候補地検討比較表の平坦地E.Fについての地下水位調査など全くせずに、平地の検討をまともにする気はみられなかった。ごみ協が発足した1995年9月26日の第一回施設部会で、施設部会の協議のスケジュール表ができており、10月末に提言案を提出することになっていた。ゴミ処分場問題で前市長が破れ、処分場の白紙見直しを掲げて市長に立候補し通ったはずの白石市長は、「寺尾谷(杉谷)の山間地埋立地計画」が前提にあったようであり、先進地の視察で私も含むゴミ協委員と木下助役(当時)がいっしょに宿泊した際に、寺尾谷も有力候補地との非公式な発言があり当時揉めたことを記憶している。ゴミ協での提言で「山間地が望ましい」とする内容を必死に多数で決めようとしたが、山間地とする決め手になる中味が無く「立地については、山間・丘陵・平地の特定にはいたりませんでした」ということで提言された。
 また提言を決める段階で場所の選定について「ゴミ協の委員も入れて検討せよ」と申し入れたが、これも必死になって「場所の選定は市の権限で決めるものであり、ゴミ協の協議検討にはなじまない」という主旨の主張を繰り返し排除した。結局予定通り市執行部で再度寺尾谷に場所を決めながら、「市民や地元住民にはゴミ協で決めた」ような虚偽の説明を繰り返している。ゴミ協で1996年2月に「新埋立地計画」の説明があり、多くの問題の指摘と再度寺尾谷(杉谷としていた)に決めた理由の説明が求められたが、その問題にはまともに答えられないことから、市は一方的に時間を制限して他の協議に移り、説明回避に終始はしたが、ゴミ問題協議会で「承認された事実は全くない」のである。

5. 身近な環境ホルモン汚染

1)最終処分場から環境ホルモン
 河内(2000:文献2)は、久留米市内の久留米市一般廃棄物最終処分場からあふれ出した雨水を調査したところ、環境ホルモンによる汚染が確認された。このようにノニルフェノールおよびビスフェノールAは、建設省(当時、1998年、1999年の報告)が行った筑後川本流の調査における久留米市・瀬の下の数値と比べると、前者ノニルフェノールは瀬の下ではリッター当たり0.1マイクログラム以下であり確認されていないが、久留米市の処分場からあふれた水では6.9マイクログラム(マイクロは百万分の一)検出され、後者では7,500倍の高濃度で検出されている。新潟大学の高橋・進藤(1998:文献3)による新潟県内の産業廃棄物処分場の排出水調査では、ビスフェノールAの濃度が、周辺河川水の十倍から百倍であることを報告している。このように、廃棄物処分場は、環境ホルモンの重大な汚染源の一つになっているが、現状は野放し状態である。
 ノニルフェノールは、主に非イオン系合成界面活性剤に由来するものであるが、その他にプラスチック類の酸化防止剤や帯電防止剤(静電気防止)、農薬の添加剤にも使われている。東京・多摩川のコイの生殖器障害を起こした原因物質の疑いがあると言われてきた。ノニルフェノールと魚類のメス化の関係について環境省は、2001年にメダカの実証試験で強い影響を与えていることを世界ではじめて確認した。また坂部貢氏によるラットを使った実験では、体重1キロ当たり3〜30マイクログラムの低濃度で免疫細胞をつくる胸腺の縮小およびリンパ球の減少が確認されており、免疫機能の低下の可能性がある。
 もう一つ高濃度で検出されたビスフェノールAについて見ると、主にプラスチックの原料であり、給食用食器やサラダボール、哺乳ビンなどに使用されているポリカーボネート樹脂や缶詰内側のコーティングに使われるエポキシ系樹脂の材料として使われている。住宅建材には、サンルーフなどの樹脂にも含まれており、塩化ビニール(塩ビ)の安定剤にも使用されており、廃棄物として捨てられると今回のように、処分場に降った雨水や浸出水に含まれて流れ出すこともある。
 これまでの動物実験では、ビスフェノールAは、体内に入っても微量なら肝臓で解毒されて問題ないとされてきた。ところが酪農学園大学の柴田・横田ら(1999:文献4)の報告では、微量でも長期間摂取し続けると、肝臓の解毒能力が低下してゆくことが明らかにされている。国立環境研究所の大迫ら(1999:文献5)の動物実験では、体重1キログラム当たり20マイクログラムのビスフェノールAでも精子形成に悪影響のでることを発表している。
 ヒトの場合、胎児は、これらの環境ホルモンによる汚染が見られるかという点について、千葉大学の森千里(文献6)は、「胎児は必ずしも内分泌かく乱物質から守られていないことがわかったが、その影響は不明」としている。また京大森・東京農工大高田・横浜市立大井口らの共同研究における「へその緒(臍帯)の調査」によって、「母体から胎児へは移行しないのではないか」と考えられていたノニルフェノールやビスフェノールAが胎児に移行していることが明らかになり、微量でも胎児期の影響が懸念されている(文献6)。脳の発達や体の各器官の形成に最も重要な時期に、本来と異なる化学物質によるホルモン作用を受けると、生殖器や脳の発達に異常な情報が伝えられることが心配なのである。欧米では、男児の生殖器の異常、尿道下裂や停留睾丸が増加しており、日本でも増加傾向が認められている。野生動物では、米国で野生のオスカモメのメス化が見られオス同士で巣作りする現象が報告されたりしている。また、北アメリカの工業地帯・五大湖周辺の魚食性のアジサシやカモメの生殖率の低下がみられている。
 母体のノニルフェノール汚染は、食べ物由来が一つ考えられる。国立医薬品食品衛生研究所(厚生省)の1999年の発表によると、魚や野菜、肉類(牛肉、豚肉など)からもノニルフェノールが検出されている。食品での検出理由としては、販売時の塩ビのラップに包まれていたことが挙げられている。つまり塩ビのラップはダイオキシンの発生源にもなり環境ホルモンも溶け出すことが明らかになった。もう一つは、魚では、海水中のノニルフェノールによる蓄積の可能性がある。また九州、中国地方の水道水の調査では、驚いたことに二ヵ所でリッター当たり0.11及び0.29マイクログラムと微量ではあるがノニルフェノールが検出されている(中地ら,2001:文献7)。ただこのレベルの濃度では、すぐに健康被害が出るこはないと考えられているが、無視すべきではない。
 日本では多くの水道水は河川水に依存しており、旧建設省の調査結果から全国の一級河川を見るとその約7割から、プラスチックに由来する環境ホルモンが検出されており(新聞:文献8)、水道水中に検出されてもなんら不思議はないことである。また同調査によると、筑後川上流の日田市の三隈大橋で採取されたオスのコイとゲンゴロウブナからメス化を示す指標であるビテロゲニン(女性ホルモン作用をもつ)が検出されており、コイのメス化は東京・多摩川だけの問題ではないことは明らかである。

2)環境ホルモン対策
 プラスチック製品は、安くて、軽くて、丈夫といいことばかりと思われてきたが、廃棄物処理の視点から見るとこれらの性質が全て短所になっている。安いから捨てても惜しくないし、再生資源とするにはかさ張って輸送コストがかかり、さらに再生品は安い製品しかできない。その典型は、ペットボトルのリサイクルが上げられる。集めた再生用ペットボトルは、再生材料としては使いきれず、また再生品も在庫の山になっている。一方で燃やすと、塩ビからのダイオキシンを筆頭に、重金属や有毒ガスの発生があり、そのまま埋めるとかさ張り地盤は安定せず、さらに環境ホルモンが溶け出すなどの新たな問題が出てきた。またプラスチックの焼却灰からは、重金属も流れ出すことがわかっている。このような面からプラスチックの増加に歯止めをかけて、減らすことが必要である。どうしてもプラスチックを使う必用がある場合以外には、使わない、買わない努力が求められる。
 カップ麺やカップのインスタント味噌汁のようなプラスチック容器の食品を減らしていくことも必要である。ラップは塩ビ以外のものがすでに出ており困ることはないにもかかわらず、代替品が必ずしも使われていない。赤ちゃんや子どもの使う哺乳瓶、食器、はし、オモチャなどはプラスチックのものを避けることを考えるべきである。ポリカーボネート製の給食用食器や哺乳瓶からビスフェノールAが溶け出すことが明らかになっている。小さなことではあるが、買い物袋を持参して無料のポリ袋はもらわない、発泡スチロールなどのパック食品は買わない、またペットボトルを使わないなどして、ゴミを減らす努力も必要である。
 ヨーロッパでは、プラスチックの製造や使用を規制しているところが少なくない。スエーデンは1995年に塩ビの廃止を決め、デンマークでは生産・使用・廃棄の制限をしている。またオーストリアも塩ビの使用を減らす方針を決め、ドイツは都市部で塩ビ規制を実施しているし、プラスチックのリサイクル推進のために1991年から「包装廃棄物回避令」により、包装材の引き取りを義務化しているし、塩ビのおもちゃの規制もすすんでいる。塩化ビニール製の赤ちゃんの歯固めや玩具から発がん性と環境ホルモン作用のある、フタル酸エステル類が検出されている。この化学物質フタル酸エステル類は、塩ビをやわらかくする、柔軟剤として使われているのである。

3)久留米市の最終処分場における環境ホルモン
 久留米市内野にある久留米市一般廃棄物最終処分場は、2000年3月で埋め立てを終了し、ゴミの上に土をかぶせている。しかし、それだけで環境ホルモンが流れ出さないことにはならない。1999年の段階の調査では、覆土が不十分でありまたフェンスよりゴミが上に来ていることから、降雨量が多いとゴミに触れた水がフェンスを越えてあふれ出していた。そのあふれ出した水を採水して検査した結果は、以下のように高濃度の環境ホルモン汚染が明らかになった。
 a. 内野処分場で検出された環境ホルモンについて
 フェンス外に溢れた水を採取して調べた結果、ビスフェノールAが75μg/L含まれていました。これは、筑後川本流での建設省の調査での調査ポイント5ヶ所2年間(1998年、1999年)の調査で検出限界を超えて検出されたのは久留米市瀬の下の一回だけであり、その値は0.01μg/Lと今回検出された値は7,500倍にもなります。
 またノニルフェノールも6.9μg/Lの濃度で検出されており、ノニルフェノールは筑後川で検出された値(1998年後期調査)の115倍である。
 高濃度で検出された理由を考えると以下のようなことが考えられる。
@ この濃度のビスフェノールAが検出された理由:この物質は主にプラスチックのポリカーボネート樹脂やエポキシ系樹脂に含まれている。ポリカーボネート樹脂は給食用の食器やサラダボールや哺乳に使われている、またエポキシ系樹脂は缶詰の内側コーチィングなどに使用。エポキシ樹脂はビスフェノールAから合成され、米国での調査では、缶から37ppb(十億分の一)のビスフェノールAが食品中に溶け出したとの報告がある。
 ノニルフェノールが検出された理由:一つには、この物質は合成洗剤の1種である非イオン系界面活性剤の分解過程で生成するとされています(東京農工大、高田秀重)。欧州ではこれがノニルフェノール汚染の中心であるが、廃棄物を廃棄前に洗浄した洗剤が付着していたか、洗剤容器などの廃棄にからんで持込まれた可能性も否定できない。
A 2つ目の理由としては、環境省の報告「ノニルフェノールが魚類に与える内分泌撹乱作用の試験結果に関する報告」にあるように、繊維産業で静電気を防ぐ帯電防止用などで使用される、あるいはエチルセルロースの安定剤、油性ワニス、ゴム助剤及び加硫促進剤、プラスチック(特にフェノール樹脂)の酸化防止剤などにも使用されている。フェノール樹脂は家電製品や家庭用品などに広く使用されており、それらの製品類が粗大ごみとして最終処分場に持込まれたものが次第に分解してノニルフェノールを生成した可能性が考えられる。農薬の展着・乳化剤にも使用されていることから、これも処分場に持込まれた可能性がある。
 国立環境研究所による埋立地浸出水調査結果(1999)からもビスフェノールAをはじめ、各種フェノール類が検出されています。また環境監視研究所の中地(2002:文献9)および中地ら(2002:文献10)は、廃棄物処分場や下水処理場排水からビスフェノールA、ノニルフェノールが河川水より高濃度で検出されていることを明らかにしている。
b. 新埋立地による環境ホルモン汚染の可能性
 新埋め立て処分場との関係で考えてみると、埋め立て過程では覆土が不十分であり、直接環境ホルモンを含む廃棄物に雨水が触れ、大雨のときにはフェンス越しあるいは隙間などから流れ出す水に環境ホルモンが含まれることは十分考えられる。また間違いなく流れ出すと考えられることとして、久留米市は処分場の汚水を、下水として処分場のある寺尾谷から下水管で南部下水処理場(久留米市安武)まで導水することになっており、直線距離約10kmの間の漏水によって確実に地下水を汚染することになる。下水処理のための導水管からの水漏れはこれまであまり問題にされていないが、漏れていることは間違いないし、その漏れた汚水が問題となる汚染物質である場合大きな問題である。廃棄物処分場の汚水による地下水汚染には「漏れる、漏れない」と大論争になるが、導水管における漏水と地下水汚染は無視されていることはおかしなことである。
 また、2001年の河内の調査によると、久留米市の南部下水処理場(久留米市安武)で処理した排水中の「環境ホルモン濃度」の測定値は1μg/Lと環境省の行なった全国の下水処理場の濃度と比較して著しく高濃度で検出されている。この下水処理場は、前述の高濃度で環境ホルモンが検出された内野・最終処分場の浸出水の処理をしている所である。同じ久留米市の中央下水処理場と比較しても約100倍の濃度であり、南部処理場の高い理由は不明ではあるが、内野の最終処分場からの汚水に由来することが予測される。つまり高濃度で検出された処分場の環境ホルモンが十分に処理されずに排出されている可能性が考えられるのである。
 環境省(2001年:文献11)は「ノニルフェノールが魚類に与える内分泌撹乱作用の試験結果に関する報告(案)」の中で魚類の予測無影響濃度を0.608μg/Lとして提案しており、少なくともこれ以上の濃度では問題があると言えよう。

6. 久留米市の廃棄物最終処分場は安全か

 現在のゴミ質と処理のしかたでは、廃棄物最終処分場に由来した危険物質によって地下水汚染が必ずおこり、安全を保つことはできません。なぜなら、最終処分場に持込まれる焼却灰や不燃ゴミは、雑多な物質が混じった物質を焼却した灰であり、また不燃ゴミも複合素材によってつくられたもので分別しきれない廃棄物であり、その中に環境ホルモンを含む物質もあるわけです。安全でないゴミを埋め立てた場所からは、上述のように必ず水漏れがおきて地下水汚染、環境汚染をおこすことは明らかである。
 またこれは、東京日の出町にある東京都の最終処分場でおきている問題ですが、セメント固化した焼却灰が大気汚染をおこしている問題がある。焼却灰のセメント固化でダイオキシンや重金属汚染は防げることになっているが、実態は必ずしも簡単ではないようで安全は簡単に確保できないようである。
 
7. 環境先進国ドイツ・デンマークの調査から学ぶこと

 ドイツ・デンマークなどの環境先進国では降雨量は日本の半分くらいであるが、最終処分場は必ず地下水汚染をおこすことを前提に建設立地を検討している。それに対して日本は、平均降雨量が2倍以上であり、浸出水も多く地盤が弱くて浸食されてできた山間の谷間に処分場をつくるという自殺的場所の選定が多いことがある。日本国内では他の自治体でもしているし、立地比率からも多いことから山間の傾斜をもった場所が良いという愚かな選択を繰り返してきたという現実がある。さらに環境先進国では、バグフィルターからの焼却灰(飛灰:ダイオキシン濃度が高い)は管理型処分場には持込まず、厳密に格納される岩塩を掘り出した後の坑道内に核廃棄物並みに保管している。またドイツ・デンマークでは久留米市以上にゴミの分別の徹底も行なわれ、さらに製品素材への材料の制限もあって、ゴミ質の安全性は日本よりはるかに高いにもかかわらず、最終処分場の場所の選定と廃棄のしかたには、非常に注意を払って選定している(河内,1998年:「環境先進国と日本」)。
 つまり予防原則に立って、地下水汚染は自殺行為であり、将来の病気を増大させ国家予算の負担を増大させるリスクが高いことから、地下水汚染の可能性は最小限にしようとのコンセプトをもって場所選定を行ないるのである。当面の費用効果が高いからと、川の流れる谷間に処分場をつくるような愚かな選択をするのは先進国では日本だけであろう。
 久留米市の計画地寺尾谷のように渓流の流れる谷間はなぜ谷が深くなっているかというと、当然ゴミを多く埋められるようにできているのではなく、地盤が周辺より弱く削られやすいから深くなっているし、大きな谷になっているのは、それだけ弱い地盤であり、埋め立てが完了しても安定した地盤になることはなく、将来のリスクの大きいところなのである。
 廃棄物の埋め立てをすぐにゼロにはできないが、久留米市について考えるとき、現在焼却しているプラスチックと厨芥類(主に生ごみ)を焼却から除くと現在よりさらに約3〜5割(都市ごみの組成,1999年から考えて)減量させることが可能であるし、焼却灰中のダイオキシンや重金属類も大幅に減らすことが可能である(河内,1999:文献12)。したがって、寺尾谷に大きな処分場をつくる必然性はさらに無くなるのである。
 ドイツでは現在、法律によって都市部でも厨芥類を別に集めて土壌改良剤にしており、プラスチックは容器リサイクル法によりそのまま焼却施設には持込めなくなっている。日本でも沼津市や水俣市などプラスチックを別途分別回収して焼却しないところも少なくない。生ゴミを堆肥化・土壌改良剤化しているところもあり、非現実的なことではないのである(河内,2001:文献13)。

 8. 生物多様性と処分場

1)生物多様性
 生物の世界は著しく多様であり、その多様性の実態についての我々の知識はまだあまりにわずかである。多様性の実態の解明には、まずどのような生物がどれくらい生息するかという現象的ナレベルの実態を知ることから始まり、次になぜその地にその多様性が生じた理由や機構を明らかにすることが必要である。現在日本に生息が確認されて名前の付いている昆虫は、およそ3万種であり、さらに新たに新種として加えられる種が500〜1000種くらいと言われている。日本に生息する昆虫は、10万種くらいと予測されており、まだ名前(種名)がついていない、昆虫の方が多いことになる。ところが未発見の段階で絶滅する生物種が少なくないのである。
 自然科学の発展は目覚しいものがあるが、それは限られた分野のことである。クローン生物の誕生や遺伝子の組み換え技術が発展して、生命さえも人間がつくれると思い込ませるような錯覚があるかもしれない。しかし、人間の技術はそんな高いレベルではなく、無機物(元素)や有機物を組み合わせて生命体をつくることなどとうていできないのである。単に生物体の卵と精子をとりだして人工的に受精させ、体外で育てることができるようになった、あるいは細胞を取り出して増殖できるようになった段階である。あるいは、遺伝子の一部を他の生物から取り出して、移植できるようになっただけで遺伝子を合成することなど到底できていない。したがって、絶滅して消えてしまった生物を合成することなどできないのである。
 あるいは、生物とそれをとりまく環境よりなる生態系、その生態系を構成する生物種の多様性が変化したときに生態学的プロセスはどう変化するのか、つまり「生態系のダイナミズム」はまだわかっていないのである(ウオルターV.R.&ケントR.M:文献14)。「生態系のダイナミズム」が明らかになれば、環境の変化によって種の多様性が変化したときの、生態学的プロセスの変化を予測できるようなることが期待されている。しかし、現段階では種の単純化したスギ、ヒノキの人工林に比べて、「種の多様な広葉樹林の方が保水力の高いことがわかった」とは言えるが、「同じ単純林と言ってもマツ林では最大流出量は小さいことがわかった」というレベルで生物自体のことはわかっていない。
 例えば「生態系が変化したときに」生息する生物が全て同じ行動をとるわけではなく、むしろ「おなじ生物群集(いろんな生物種の集まり)でも、それぞれの生物種は異なる反応をすることが普通であること」と言うように、とても予測などできる段階にはなく、生態系の構成は予測外に変化するのが当然なのである。工事予定地に希少種がいるから保存するために移植・移設するなどという話がしばしば出ることがありますが、移植・移設で希少種は残せないのである。またもし種を残せても生態系を守ったことにはならないし、それで残せるなら希少種にはならず、各地に多数生存しているはずである。

2)予定地におけるカビゴケ絶滅の危機
 本件予定地内の寺尾谷で見つかった環境省の絶滅危惧種であるカビゴケについて、久留米市は他の周辺の谷でも見つかったことを強調しているが、他に見つかった所では、人手が現在ほとんど加わっていないにもかかわらず、寺尾谷ほど旺盛な繁殖はしていない。なぜなのか理由は不明であるが、寺尾谷では大繁殖していることは事実である。長谷川二郎氏(南九州大学教授でカビゴケをはじめツノゴケ類研究の第一人者)は、2001年11月に寺尾谷のカビゴケを現地調査し、この場所ほど密集して生育するカビゴケは見たことがなく、非常に貴重な場所であり残して欲しいと述べている。
 代わりがあるから良いという論法はとうてい成り立たないのである。他にも見つかったという場所の一つは、かつての銅山跡地(高良銅山)でそこは、かつて(昭和20年代半ばまで)銅鉱石を運び出していたが、カビゴケは絶滅していないから「寺尾谷でも工事をやっても残る」という論法を取りたがっている。しかし、かつての銅山では自動車は使用せず、線路を敷き人力でのトロッコを使っていたのである。したがって車の排ガスもなく、ホコリも少なく現在の工事とは全く異なっている。このまま工事を続行して狭い道を通って排気ガスを撒き散らす自動車を走らせ、さらに道路いっぱいに大きな配水管を敷設するなら、カビゴケは壊滅的な打撃を受ける可能性がある。

3)希少動物の絶滅も心配される
 久留米市が実施した寺尾谷のアセスで記録されている希少動物は、トノサマガエル、ニホンアカガエル、ニホンヒキガエル、アカハライモリなどの両生類とオオルリ、ハイタカ、サシバ、オオタカ、ヤマドリ等の鳥類、さらにムササビ、イタチ、アナグマなどの哺乳動物が上げられている。特にこれらは食物連鎖(図A)の上位にいる種であり、鳥類のオオルリを除く4種の鳥類と哺乳動物のイタチ、アナグマは食物連鎖のトップに位置する動物であり、生息数が少ないことから開発工事の被害が大きい。
 動物は、移動できるはずだから植物と違って大丈夫だなどと考え、広言するヒトがしばしばいるが、これは自然界の生態系のことがわかっていない無知ゆえの発言と言えよう。自然界の生息場所の確保は厳しく、隣の山にはすでに別の生息者によって生息域は占められており、餌場の確保は無理であり、生きてゆけなのである。またまだ工事にかかっている面積が小さくても、トラックや工事用車両、工作機械の音と人の動きは動物達の生息地と餌場としての機能を奪うことになる。

4)生物多様性はなぜ重要か
 なぜ生物多様性が大切かというと、まず遺伝子の問題が上げられる。この項目の最初に触れたように、遺伝子をつくることはできないことから、多様な生物を残すことが遺伝子の保存になるのである。遺伝子の保存はなぜ必要かというと、たとえば環境変化がおきたときにこれまでの食糧を供給していた作物では、十分な質と量の食糧を生産できないことがでてくる可能性がある。現在すでに温暖化の影響と思われる現象がおきており、世界的に気象状態が不安定になっている。
 日本でも現実に新たな環境に適した新たな農作物の品種をつくる必要が近くなっている兆候があり、その新たな作物品種の出発点が遺伝子なのである。これは畜産でも林業でも同様であるが、医薬品にしても化学合成したものだけが万能でないことは明白な事実であり、抗生物質、漢方薬はじめ生薬の持つ新たな機能や価値が見直された例が少なく無い(文献14)。
 水の浄化や廃棄物の分解や無害化、自然界の循環の典型として出てくる窒素、炭素のような物質循環も土壌動物や微生物などの生物の存在なしには成り立ない。生物と周辺の物理環境の間には相互作用が起き、植物は光合成によって無機物(炭酸ガスと水)から光エネルギーによって生物体(有機物:炭水化物や糖類)を合成している。この生物体(植物体)を動物が食べ、さらに動物が動物を食べ、食べ残した植物体や動物体あるいは排泄物や落ち葉・枯れ草を分解(腐敗させる)して有機物から無機物に還元する一連のサイクル(生物化学的サイクル)が存在している。
 これらのサイクルは生態学的プロセスであるが、単純に一般化することはできないことから対応が難しく、A地域と似ているからB地域はこわしても良いという論法は成り立たないのである。特に希少種が20種も生息する寺尾谷の貴重な地域を、この場所以外で造れない施設ではない最終処分場建設のために、壊してしまうことは到底容認できないのである。