61. 「五ヶ山ダム」はほんとに必要だろうか?

 佐賀大学名誉教授 久保 浩洋(筑後川水問題研究会会員)

 那珂川は脊振山系から流れ出て、福岡市の中心部を通り、博多湾に注ぐ二級河川である。すでにこの川の上流部には二つのダムがあるが、この両ダムの中間にさらに北九州では最大級の貯水量の「五ヶ山ダム」が計画され、すでに一昨年から工事が開始されている。

 「五ヶ山ダム」の建設計画の概要は、事業主体の福岡県および福岡地区水道企業団の印刷物によれば、次の通り。
 建設地は、那珂川水系の上流域で、このダムの上流側にはすでに「脊振ダム」、下流側に「南畑ダム」がある。このダムの集水面積は一八、九平方キロ、総貯水量四、〇二〇万トン。ダム建設の目的は、1)洪水調節、2)新規利水(水道用水)と異常渇水時の緊急補給、3)流水の正常な機能維持という。一九七八〜七九年の福岡都市圏の大渇水を契機に計画され、一九八八年に建設事業採択、一九九七年ダム事業全体計画認可、二〇〇三年環境影響評価を終了、二〇〇三年工事着工現在にいたる、という経過をたどっている。
 ところがこのダムが出来ると、佐賀県側の東脊振村小川内地区〜佐賀の人々から永い歴史を秘めた最北端の秘境として親しまれてきた〜が水没して消滅してしまうことになる。この地区はまた、美しい森林と渓谷に恵まれて県の天然記念物の杉巨木などもあり、豊かな自然地域でもある。  


大山祗神社 県天然記念物の大杉


小川内 大山祗神社社叢林(福岡県側から)

 私たち佐賀の有志は、ダム計画の当初から、小川内の集落や自然の消滅を座視できず、佐賀、福岡両県知事への公開質問状、陳情などの運動を進めてきたが、有効な成果を得ぬまま今日に至った。しかし、ダム工事着工という最終段階を迎えた現在、最後の手段として、敢えてダム計画そのものに踏み込み、計画自体を批判し、広く世の心ある方々に訴えることにした次第である。
 以下に、「五ヶ山ダム」建設計画について当方で検討を試みた結果の概略を述べる。
                  
1.「洪水調節」について

 企業団の印刷物によると、那珂川の下流域の都市部(主として福岡市)はたびたび水害に悩まされてきたが、「五ヶ山ダム」をつくって上流域の流水をカットし、下流域の流量を大幅に減らすことで下流域都市部の水害を防ぐ、という計画のようである。そして「近年の主要な洪水」として四例、八〇年八〜九月(梅雨前線)、八三年六〜七月(梅雨前線)、八五年五〜七月(台風六号)、九九年六月二九日(梅雨前線)を挙げている。
 当方で那珂川流域の水害の状況を全年にわたって調査する事は困難であったので、企業団の挙げている上述の数例について、主として「水害統計」(国交省河川局)および「気象月報」(福岡管区気象台)を参照しながら検討してみた。その結果、前三例については次のような傾向が共通してみられた。
那珂川本流域の浸水被害は極めて少ない。・
 浸水被害は那珂川の支川である薬院新川と若久川の流域に集中していて、しかも支川の上流域にまで及んでいる。
 浸水原因でみると、ほとんどが内水と無堤部溢水であって、有堤部溢水は極めて少なく、破堤による浸水は皆無であった。
 水害時の福岡市の日降水量、時間降水量共に極めて大きく、那珂川上流の九千部山とほぼ同程度か、それ以上の量であった。
 以上のことから、那珂川流域にある福岡都市部洪水の主な原因は那珂川本流の溢水とは考え難い。いずれも福岡市の日降水量が二〇〇ミリ前後の大雨であったから、支川およびその流域都市部の排水能力を上回った降水量が水害の主因と思われる。                                    
 なお九九年の洪水については、「水害統計」には被害地区についての詳しい記載がない。しかし、那珂川水系の支流域だけでなく、本流域も洪水被害があった様子である。「気象月報」によれば、洪水時の一時間雨量は七七ミリ(福岡)、七七ミリ(大宰府)、一〇〇ミリ(篠栗)という豪雨であった。当時の「西日本新聞」によれば、福岡市下水道の排水能力は約五〇ミリ程度であったらしいので、福岡市の至るところが洪水になったのは当然といえる。洪水の主因を上流からの流水の所為にはできない。
 このように検討を進めていくと、何よりもまず都市部の排水能力を高めることこそ福岡都市部の洪水を防ぐためにとるべき対策であろう。前記の例の中には、時間降水量四〇ミリ程度で排水困難を疑わせるものさえある。洪水を防ぐための「五ヶ山ダム」建設という主張には、到底納得できかねるのである。

2.「利水」および「異常渇水時の緊急補給」について

 企業団の印刷物によれば、福岡都市圏における過去の渇水被害の例が幾つかあげられているが、現在ではその対策はすでにほぼ達成されているように思われる。
 福岡周辺のダム群の整備や筑後導水その他などによって水道水の最大供給能力は、ほぼ、九〇万トン/日が確保されているのに対して、過去の最大利水量は約五五万トン/日と、かなりな余裕がある。その上に完成近い海水淡水化施設五万トン/日と工事中の大山ダム五万トン/日などが加われば、供給能力は一〇〇万トン/日を超えることになる。
 このような数字は、通常の利水は勿論のこと、渇水時の緊急補給量としてもほぼ満足できる値ではなかろうか。莫大な費用を使って巨大な「五ヶ山ダム」を建設する理由にはなりにくいと思われる。

3.「流水の正常な機能維持」について

 那珂川水系はすでに二つのダムなどによって、本来の流水量が大幅にカットされたことが原因で河川本来の正常な機能が失われているのではなかろうか。さらに五ヶ山ダムをつくってどこをどう正常化しようとするのだろうか。全く了解に苦しむ目的である。

4.「那珂川水系五ヶ山ダム建設事業環境影響評価書」(平成一五年七月福岡県)について

 ダムを造ることは、すでにある自然と文化をこの地球上から消し去る事であるからから、その環境影響評価は慎重な上にもなお慎重な方法が望まれる。今回の場合もいろいろな問題点が指摘できる。その問題点を列挙してみる。
1)上流から下流域までの那珂川水系の自然全体、そして博多湾までも影響が及ぶと思われる。しかし「評価書」は五ヶ山ダムの予定地とその周辺だけしか対照としていない。
2)自然についての評価は、森林や渓谷などがまとまって消失するのに、動植物を種類ごとにばらばらに評価、しかも重要種だけを選び出して評価対象とし、大部分の動植物は無視されている。また自然を総合的に問題にしているかに見える「生態系」という扱いも、実質的には一部の注目種だけしか考慮の対象となっていない。
3)特徴的な歴史を持つ小川内集落についての評価は個々の文化財を拾うだけで総合性に欠ける。この地球上から消失してしまうのだから、もっと慎重な評価が必要ではなかろうか。
工事の影響予測・環境保全対策などに、工事期間が全く考慮されていない。一〇年前後と思われるが、このような長期にわたる工事は、住民や動植物に複雑な影響が予想されるし、保全措置もそれを考慮しなければ空文になる。
4)小川内大山祇神社にある佐賀県天然記念物の杉巨木や社叢林はダムに水没すると予測されている。「可能な限り保存」とされているが、本気の保全対策ならば、ダムの設計を変更して水位を下げるべきではないか。

(  結  び  )

 以上、福岡地区水道公団の「五ヶ山ダム」建設計画をざっと検討してみたが、どの計画項目についても問題点が多く、説得力に欠けていた。ダム計画全体が説得力に欠けると結論せざるを得ない。このことは、ダム計画を根底から再検討する必要を物語っているように思われる。  
 国・地方を問わず今財政の困難に直面している。このような時期に、集水面積から見ても巨大過ぎ、必要性からいっても過大と思われる「五ヶ山ダム」建設は、それこそ税金の無駄使いというものであろう。重ねて世の有志の方々に計画の再検討を願う次第である。
 ダム問題については全くの門外漢であるのを顧みず、敢えて思うところを書いてみた。誤りや不適切なところ、不十分な点なども多いことと思う。忌憚のない批判とご教示のほどをお願いする。( 以上 )

※ 本稿は筑後川水問題研究会(蔦川正義代表)の二〇〇五年四月八日付会報二五〇号"に掲載されたものを久保教授の了承を得て掲載しているものです。

※ 五ヶ山ダム(小川内集落)に関心をお持ちの方は下記にご連絡下さい。

 〒842−0031 佐賀県神埼郡三田川町大字吉田1072−3 久保 浩洋(0952-52-5303)
(FAX0952-52-5355)


62."「五ケ山ダム」はほんとに必要だろうか?"の掲載について

 本論分は筑後川水問題研究会の会員でもある久保浩洋先生によるものですが、本来、"私が書かなければいけない"と思っていたテーマです。ただ、あまりにも必要性がなく、あまりにもばかばかしいダムである上に、移転が進み本体工事まで始まるようになってくると、いつしか怒りや切迫感も失われ、諦めや虚しさが強くなってくるものです。こうなると長々と苦しい思いで文章を書き連ねることはできなくなるものです。これが身近にあるにもかかわらずこれまで書こうとしてこなかった理由です。
 先生が書かれておられるように、水は既に過剰であり洪水調節といっても既に下流には南畑ダムという大型ダムがありますので、どのように理由を付けて説明するとしても、ほとんど眉に唾するようなものでしかなく、一般的には聞くに値しないものでしょう。


小川内の地図(マピオン)

 このダムの建設予定地である小川内という小集落は福岡県と佐賀県の県境にあります。
 通常、県境は山の頂上あたりの分水嶺にあるのが普通でしょうが、黒田藩と鍋島藩との国境争いの歴史がある場所であるためか、ここでは国境(クニザカイ)が谷底の川まで降りていたのです。
 皆さん良くご存知の九州一の歓楽街、博多の中州に流れる那珂川の源流がここでは国境になっていたのです。つまり福岡市にしか流れない川を境にした、佐賀から言えば山の裏側の集落がこの脊振村小川内なのです。
 今でもこの場所に佐賀県側から入るのは余りにも道路が悪過ぎて離合もままならないために、頻繁に大、小の渋滞が発生するのです。今でも私は車で入りたくはありません。しかし、小川内には分校があり、隠れ里のような懐かしい集落が息づいていたのです。また、一〇年前まではオオサンショウウオが生息しており、このダムによってどうなるかは、言わずもがなであるでしょう。私に言わせれば、その必要性とか価値といった側面から考えるとき、まずは、北部九州で最低、最悪のダムであると思ってしまいます。
 少なくとも、背振の北側に佐賀県に属する小川内という小集落があり、なんの値打ちもないダムのために、オオサンショウウオと共にダム底に沈められるということを知っておいて欲しいのです。

最後になりますが、久保先生は、

 福岡周辺のダム群の整備や筑後導水その他などによって水道水の最大供給能力は、ほぼ、九〇万トン/日が確保されているのに対して、過去の最大利水量は約五五万トン/日と、かなりな余裕がある。その上に完成近い海水淡水化施設五万トン/日と工事中の大山ダム五万トン/日などが加われば、供給能力は一〇〇万トン/日を超えることになる。
 このような数字は、通常の利水は勿論のこと、渇水時の緊急補給量としてもほぼ満足できる値ではなかろうか。莫大な費用を使って巨大な「五ヶ山ダム」を建設する理由にはなりにくいと思われる。(再掲)
 
と、されています。"大山ダム五万トン/日などが加われば、供給能力は一〇〇万トン/日を超えることになる。"という議論は当然ながら可能であり、正当でもありますが、私は"大山ダムそのものも不必要であるにもかかわらず造られている"という立場をとっていますので、蛇足ながら、私個人としてはお断わりしておきます。

63. ハゼンダの海に湧く泉

 奇妙なタイトルですがそのうち分かってきます。JR長崎本線に沿って国道二〇七号線を諫早、長崎方面に向かって走り、太良町(佐賀県藤津郡)の中心を通り抜けると、右手に鉄橋が入江を渡っている所が見えてきます。波瀬の浦(太良町糸岐)です。


ハゼンダの地図(マピオン)


バイパスから鉄橋越しに見るハゼンダ

 「波瀬の浦」とされていますが、地元では「ハゼンダ」としか呼んでいません。五キロほど先に同じく"カメンダ"(亀ノ浦)がありますので、"浦"を"ダー"呼んでいるのは間違いなく、"ラ"を"ダ""ダー"と発音しているのです。この地は長崎、佐賀の県界に近く、辺境からか、R音を嫌う古代の日本人の発音の一端が色濃く残ったものではないかと密かに考えています。
 ここに海に湧く泉があると知ったのはほんの一、二年前のことでした。これまでにも何度も通ってきたのですが、少し引っ込んでいる場所だっただけについつい通り過ぎてしまい、直接見るという努力をしてきませんでした。なにぶん海の中のことであり、どうせ分かりやしないだろうと始めから棄ててしまっていたのです。しかし、いまや貴重になった"アサリや牡蠣がここでしか採れない"と聞き、そのアサリや牡蠣を貰ったりまですると、"現地を確認したい"とだけは思うようになりました。そうするうちに"潮が引けばいつでも見られる"と教えられると、突然、自分を抑えておくことができなくなり、直ちに現地を確認に飛び出してしまいました。


潟の湧き水

 確かに潮が引いたハゼンダの浜に着くと、潟地の底に石ころが洗われ、海底から間断なく真水が滲み出ているところが見つかりました。さらに海岸に沿って海の方に出ていくと、驚くことに大きな湧水を見つけたのです。それも半端なものではなく、もちろん、満潮になれば海の中に沈む場所でした。


湧水

 海に落ち込む山裾の崖下から大量の水がとうとうと湧き出していたのでした。始めは川が落ちているのかとも思いましたが、その場所に思い当たるものはなく、少々無粋なコンクリートの溜桝が横に置かれてはいますが、ハゼンダは確かに海中に湧く泉だったのです。
 この集落では水を引くために取水桝を設置しているのですが、かつては現在の三倍の規模があり、まさに海の中から噴上げていたと聞きます。多良岳周辺の山や谷にもいくつかの湧水があるのですが、その多くがここ数十年余りで水量が三分の一ほどに衰えたという話を良く聞きます。その理由は、戦前まで全く存在しなかった杉、檜が大量に植えられ、山に保水力がなくなり、当然にも地下にしみ込まず、大雨が降っても大半の雨水が一気に海に流れ込むように変えられてしまったからに外なりません。
 話をハゼンダに戻しますが、戦前までは大川や柳川(福岡県大川市、柳川市)から魚を獲りにきた漁船が水を求めて休憩に立ち寄り、商品にしない魚と現地の芋などを交換していたと聞きます。まさに、この泉は対岸の福岡の漁民にまで知られていた手軽なオアシスのようなものだったのです。


ハゼンダの入江

 海に湧く泉の話はここまでですが、最後に悲しい話をしておきます。この波瀬ノ浦の外でもアサリや牡蠣が採れなくなってきています。わずかにこの先の採石場下の浜だけでは少ないもののアサリが採れますが、隣接する休石や里の海岸では、また、潮通しが良い対岸のイカブの地磯周りでもアサリも牡蠣も姿を見せなくなっています。この直接的な理由は直ぐ沖の海苔養殖場における酸処理のためと思われます。イサカンの干拓堤防の開門も展望がなく、希望を失った漁民は生活に直面して大規模に酸処理を行い、目先の収入に血眼になっているのです。まさに、喉元過ぎれば熱さ忘れるといったところでしょうか。この酸処理の影響を比較的受けないハゼンダの湧水の周辺だけでアサリや牡蠣が採れるという話は、いかにちゃんとした水と豊富なミネラルが供給されることが生物の生育にとって大切であるかを示すものであり、現在も、このハゼンダの外には生き物が消えた海が静かに、不気味に広がりつつあるのです。沖合はイサカンのギロチン以降潮流が減退して赤潮が頻発する海に変わり、内はダムと造林によって環境が変わってしまった干潟が広がるのです。今や干潟が腐臭を放ち始めています。生物分解の機能が失われ、卵が腐ったような臭いがする硫化水素が発生する干潟に変わりつつあるのです。全国的にも多少知られるようになった、鹿島市のガタリンピックも腐臭によって早晩できなくなることでしょう。
 おまけに大規模な酸処理によって生物が消えているのですから、有明海の再生、復元がただの時間の経過だけでは決して実現できないということが良くわかります。まさにハゼンダは有明海に残された最後のオアシスなのです。

64. 第21回水郷水都全国会議, 第8回有明海・不知火海フォーラムin
久留米・柳川への呼びかけE 私が書く"久留米・柳川宣言"

筑後川水問題研究会会員 古川 清久
                
環境保護運動の限界とこれからの課題(壊す公共事業の提案)
 
環境破壊のはじまり

 これまで、全国の環境保護団体や多くの反対運動は悪化する環境に危機感を抱きながら横暴な企業や破壊的な公共事業に対する勝ち目のない闘いを続けてきました。
 古くは明治の田中正造による足尾銅山の鉱毒との闘い、下筌ダム建設反対運動、四日市ぜんそく、琵琶湖の汚染、そして水俣病訴訟……など多くの闘いの前史が存在します。始めは生活様式の変化による水環境の悪化や、野放しにされた企業が排出する汚濁物質が、直接、大気や河川や海などを汚すものが多かったのですが、これがいつの頃からか変りはじめます。新幹線騒音問題、美しい谷を沈め続ける多くのダム建設、ゴルフ場、スキー場などの大規模リゾート開発、ブナの森を破壊する林道建設、中海干拓、長良川河口堰問題、反対運動がなければ美しい珊瑚礁を破壊した石垣島白保の空港建設、徳島吉野川の第十堰建設、川辺川ダム建設、ギロチンの諫早湾干拓事業……など、民間企業によるものから国など行政がらみの問題が圧倒的に多くなり、中心が公共事業による環境破壊に移ってきています。これは、最終段階でのいわゆる産業廃棄物が依然として大きな問題であることには変りがないのですが、工業排水や煤煙といった生産段階で生み出される汚染が産業の空洞化もあり、ある程度収まった印象を与えているからでしょう。
 まず、環境保護運動とは読んだ字面のとおり、良くて環境が守られる程度のある意味で保守的な運動です。しかし、それすらもほとんど達成できていないのが現実なのです。民間企業の場合はゴルフ場開発のように経済的に成り立たなくなれば収束するのですが、国家丸抱えの公共事業の場合は経済原則を無視して行われるために際限もなく続けられているのです。公共事業がいまだに止まる勢いにないのは、行政そのものが自らを全く制御できていないことに原因を求めるべきでしょう。
 初期の環境保護運動は、民間企業が生産活動によって直接、空や海や川などを汚したことに対して生産の制限や操業の中止を訴えその補償を企業や行政に求めるものでした。これを第一期とすると、次に現れるのは官民の別なく大規模に国土を破戒する大規模リゾート開発、ダム建設、干拓事業を止める運動でした。もちろん、この多くが達成されていないことは明らかですが、ここまでが第二期と言えるかもしれません。

次ぎは何か

 ここで、諫早湾干拓事業を考えてみましょう。イサカンは現在、工事が完全に止まっています。もちろん、これは一時的で瞬間的な勝利に過ぎず、国になびく高裁レベルではたちどころに覆されるのかもしれません。しかし、これほどの大規模公共事業でさえ止まる段階に到達したのです。この瞬間的な高みに立って環境保護運動の将来を展望する時、必然的に"止めた後にどうするのか"という問題に突き当たります。
 これが「止める時代は終わった」と私達が言っている意味なのです。もちろん、"まともな補償を受け取ることも、止めることもままならない中でなにをバカな"と言われるかもしれません。しかし、この問題が解決できなければ依然として未来はやって来ないのです。逆に、ここさえ突破できれば、新たな破壊を食い止め、失われた自然を取り返すことも夢ではなくなるかもしれないのです。
 一方、いまなお、破壊は続いているのですが、既に産業活動によって悪化した環境や公共事業など行政によって破壊されたままにされている環境が放置されています。
 それが次ぎのテーマ"壊す公共事業"を必要とする理由なのです。イサカンのように"役に立たないどころか全く害悪しかもたらさなかった無駄な公共事業に対して、先細りになる資源をまたも投入するのか"という怒りは十分に理解できますし、それは正当な議論でしょう。では、イサカンの大堤防や土砂が堆積を続けるダムや砂防ダム、せっかく止めた干拓事業の中海干拓堤防、直線化され押し流すことしか考えていない愚かな三面張り水路や河川をそのままにしておくのでしょうか。
 逆の言い方をすれば、この破壊された環境をそのままにしておいてもらっては困るのです。盗人に追銭のようですが、やはり、選択肢はこれしかないのです。ただし、これまでのような甘い汁を吸わせる必要は一切ありません。国土の復元と新たな自然の再生に必要最小限の投資で、半世紀をかけて元に戻す作業を始めなければならないのです。これが、私たちが考えている第三期の環境保護運動です。
 もしも、この"壊す公共事業"に乗り出すことができれば、造ることが目的となっている公共事業の方向を変えさせることが可能になるのです。なぜならば、彼らはダムや道路が本当に必要だから造っているのではなく、工事そのものが欲しくて公共事業を続けようとしているからです。このため"壊す公共事業"が始められれば、無駄な新規を抑制することができるうえに、リストラで街頭に放り出された大量の失業者の雇用を生み出し、就業の機会を奪われ人生のスタートラインに立てなかったフリーターとかニートとか呼ばれる事実上の失業者に新たな職業訓練を行うことができるのです。さらに、大量の雇用を創出することは新たな景気循環を造りだし、経済に活力を与えることができることにもなるのです。従来型の公共事業を続けていても投資の大半が一部の利権集団と一握りの土建業者の懐だけを潤し隠匿され続けるだけで、次ぎの投資には全く振向けられないのです。これに対して、低所得者の就業を拡大できれば、彼らには貯蓄の余裕がないために、獲得した所得は全て消費に回すことになり新たな景気循環を創り出すのです。
 このような、経済の再循環という副産物の付いた環境の再生、復元への道を阻んでいるものこそ、事業の正当性にあくまで固執する官僚機構なのです。
 造林地の広葉樹転換、薄汚いテトラ・ポッドの撤去、押し流すことしか考えていない愚かな三面張り水路の地下浸透型親水水路への転換、需給バランスを欠き限度を越えて建設された大量のゴルフ場の復林、アスファルトで固められた駐車場の浸透型への転換、ダムの撤去、水循環を破壊した下水道を抑制し合併処理浄化槽に転換する……など、まず、これらの破壊された環境が放置されたままでは豊かな環境を取り戻すことなど全くできないのです。既に破壊されたところでは復元のための作業を直ぐにでも開始しなければならないのです。当然ながら彼らに責任を取らせるために、計画段階から住民が参加して公共事業という形で必要最小限の経費で再生事業を始めさせようではありませんか。

第21回水郷水都全国会議、第8回有明海・不知火海フォーラムin 久留米、柳川

共同開催の意義

 これまで、水郷水都全国会議は日本全国の環境問題を取上げ、個別のテーマに視点を置いて全国規模で開催されてきました。一方、有明海・不知火海フォーラムは有明海、不知火海の環境問題に焦点を当て、この内湾の沿岸地域で継続して開催されてきました。
 両者は言わば、全国区の運動体と地方区の運動体と言えるでしょう。地方区の有明海・不知火海フォーラムにとっては僻陬の地の問題を全国の土俵に載せ広く訴える絶好の機会を得ましたし、全国区の水郷水都全国会議にとっても、基礎には蓄積された個別の運動が存在するとは言え、全国会議それ自体は一過的であるために、参加者は異なる地域の問題を長年蓄積されてきた運動体の中から発見する恰好の機会を得ることができました。
 この二つの運動体が川辺川ダム反対運動ほかの多くの団体と手を携えて対等の立場で規模の大きな集会を開催することができたことの意義は極めて大きいと思われます。

※ 非常に僭越で挑戦的にもなりますが、圧倒的少数派の声もネット上では平等ですので、私が書く"久留米・柳川宣言"として最大限訴えさせて頂きました。これで半年間苦労してきたことも報われた思いです。

※ 現在、福岡高裁の決定により諫早湾干拓事業は再開されています。

 最後に当方の分科会についても発言のテーマや講演順番などに変更が生じていますので、再度お知らせしておきます。
  港湾埋立問題分科会  
 港湾埋立問題分科会(浚渫残土による磯や浜の破壊に抗議する)
 渫港浚渫や道路整備などによる残土が多くの浜や磯に埋立処分され、美しい海や貴重な藻場が破壊され続けています。破綻した林業により針葉樹林が増殖を続け土壌流出が止まらないまま、浚渫が常態化しているのです。私たちはこの海浜の破壊に反対します。
港湾埋立問題分科会
 1
「 嘆きの羊角湾 」干拓事業の廃止から埋め立てへ
羊角湾埋立(天草)熊本県
天草の海を考える会 松本 基督
 6/12 
9:00
9:30
 2
「 人工島埋立が及ぼす福岡市政の歪み 」
人工島埋立(博多湾)福岡県
博多湾会議 荒木 龍昇
9:30
10:00
 3
「 現地闘争報告 」
大入島埋立(佐伯湾)大分県
 佐伯の自然を守る会 下川 善信(副会長)
10:00
10:30
 4
「不知火海(八代海)大築島周辺への埋め立て問題」
大築島(不知火海)熊本県
八代海の自然を守る会 田辺 達也(河童連邦共和国大統領)
10:30
11:00
 5
「 大入島と双子の公共事業・・・唐津湾佐志浜埋め立て 」
佐志浜埋立(唐津湾)佐賀県
 唐津湾の自然を守る会 増本 亨(佐賀県議会議員)
11:00
11:30
 6
会場参加者を交えた埋立問題フリートーク
(参加者に分科会主催者側から逆質問)
古川 清久 (筑後川水問題研究会)
11:30
12:15
 昼食 
 7
※ 進行により多少時間の変更があります。
全 体 会 議
12:45
13:30

《 本分科会にはエクスカーション(小旅行)はありません 》

 本分科会は、当初、不知火海(八代海)分科会として計画しましたが、現に大闘争が行なわれている"佐伯湾大入島埋立"問題を無視しては何の意味もないことになりかねず、急遽、八代の田辺さんと佐伯に出向き(2/26)、現地の方々とお話をすることができました。相談の結果どうやら、闘争の渦中にある大入島の方をお呼びすることができそうです。
 一方、現地には既に二年前、松本基督さんと増本亨さんが訪問され、大入島の石間の海に潜っておられました。これらのことを考えているうちに、九州の埋立問題をテーマにした分科会にすることができるのではないかと思うようになりました。これが実現できれば、実質的に、九州の埋立問題を抱える団体の連携がとれることになります。羊角湾埋立問題については、元大阪大学大学院助教授の植村振作(高分子物理学)氏が先頭に立たれていますので、可能ならば、植村先生にお願いすることも考えていましたが、学会の関係でお願いできませんでした。
コーディネーター /古川 清久 筑後川水問題研究会会員
(有明海・諫早湾干拓リポート管理者)
〒843-0024 佐賀県武雄市武雄町富岡11015-4 古川 清久
連絡先: 古川 携帯 09062983254 eメールアドレス ariakekai@ezweb.ne.jp
 
※ 一応、テーマが確定しました。このため前回宣伝した内容に変更が生じていますので再掲させていただきます。また、分科会の原稿も集まっていますので。これについても、六月以降の号に掲載していくつもりです。

65. 姫戸ダム建設中止の申入れ書
(熊本県上天草市)
    植村 振作  元大阪大学助教授(天草の海を考える会)
北垣 潮  上天草市市議会議員(竜ヶ岳の海と食を護る会代表)

2004年11月 2日
熊本県知事 潮谷義子

       植村 振作  元大阪大学大学院助教授(天草の海を考える会)
       北垣 潮  上天草市市議会議員(竜ヶ岳の海と食を護る会代表)

姫戸ダム建設中止の申入れ書

 日頃、熊本県政のためにご尽力くださり、誠に有り難うございます。
 さて、本年度「熊本県公共事業再評価監視監視委員会」は第5回委員会において、同委員会事務局提供の資料等に基づいて、「岩下川総合河川開発事業(姫戸生活貯水池)」いわゆる姫戸ダム建設事業が継続事業と評価されました。
 本事業は、事業名副題に記されているように姫戸町の上水道水不足解消を主目的として、
1995年度(平成7年度)に初採択されましたが、現在は初採択時とはまったく状況が異なり、上水道水は改善され、ダム建設の主目的である上水道水源確保という目的は完全に消失しています(別紙資料―1参照)。
 また、ダム建設目的の一つとされる灌漑の利水域は1.8ヘクタールと当初から著しく少なく、また、現在は杉植林や耕作放棄などで、0.96ヘクタールに半減しています。
 更に、ダム建設予定地岩下川の下流域における洪水調節も目的の一つとされています。しかし、同下流域には岩下川以外にそれより流域面積の広い河川(山田川、寺内川)が合流しており、岩下川下流域の洪水調節を目的とする事業を推進するのであれば、山田川、寺内川等他河川を含めた岩下川流域の総合的な治水対策を策定すべきです。姫戸生活貯水池としてのダム建設目的が完全に消失した現在、岩下川にダムを建設する積極的根拠はなくなっています。
 継続事業と評価された「岩下川総合開発事業」(姫戸生活貯水池)は税金の無駄使いというより他ありません。
 よって下記の如く申し入れます。

1.第5回「熊本県公共事業再評価監視委員会」において「岩下川総合河川開発事業(姫戸生活貯水池)」事業が継続妥当とする評価は誤りであって、同事業を中止すること。
2.姫戸町岩下川流域防災対策について改めて総合的対策を策定されること。
以上

                      連絡先:本渡市本渡町広瀬1225‐4
植村振作(天草の海を考える会代表)
                    電話 and Fax.0969‐24-5218





三角透かし部分にダム建設予定


66. "姫戸ダム建設中止の申入れ書"の掲載について
 
 これは熊本県の不知火海(八代湾)に面した天草上島の東海岸に計画中の小さなダムの話しです。


姫戸の地図(マピオン)

 姫戸(現上天草市)、龍ケ岳(現上天草市)、倉岳町(来年本渡市)といえば私が九州北部の海を棄て大遠征して釣りに行く場所です。ふだんは龍ケ岳の池の浦あたりから御所ノ浦方面でクロ(メジナ)、キスや、ラカブ(カサゴ)などを釣っています。この私の釣りのフランチャイズで計画中のダムだけに、黙っていられなくなったものでしょう。植村先生はダイオキシン問題などで全国的に有名な"知る人ぞ知るビッグネームの科学者"ですが、生まれ故郷の天草に戻ってこられ、多くの自然を守る運動で活躍されています。私たちからすると大変強力な助っ人に下向して頂いたという思いです。
 先生は、すでに、月刊誌「技術と人間」の三月号に「これぞ税金ムダ使いのダム造りだ」という詳細な論文を掲載されていますが、これを読むまでもなく、この姫戸ダムの建設計画は、あまりにも見え透いた"ダムを造ることそのものが目的であり、ダムではなく工事が欲しい"ものに思えるものです。
 現在、多目的ダムでなければ予算が付かないという奇妙な構造があり、水が余っているにもかかわらず無理やり利水(上水)を抱き込んで多目的ダムに仕立てる傾向が見うけられるのですが、これも同じような気がします。私はこの手のダムを多目的ではなく他目的ダムと呼ぶことにしています。つまり、地場の建設業者のためとか、市道改修にダムの付け替え道路を利用しようとか、建設残土の処分でマリーナを建設しようとかいったことです。

 ただ、植村先生らは申入れ書で

 更に、ダム建設予定地岩下川の下流域における洪水調節も目的の一つとされています。しかし、同下流域には岩下川以外にそれより流域面積の広い河川(山田川、寺内川)が合流しており、岩下川下流域の洪水調節を目的とする事業を推進するのであれば、山田川、寺内川等他河川を含めた岩下川流域の総合的な治水対策を策定すべきです。姫戸生活貯水池としてのダム建設目的が完全に消失した現在、岩下川にダムを建設する積極的根拠はなくなっています。

 とされています。もちろん、これ自体は正しいのですが、「岩下川下流域の洪水調節を目的とする事業を推進するのであれば、山田川、寺内川等他河川を含めた岩下川流域の総合的な治水対策を策定すべきです」とすれば、直ちにではないでしょうが、どうしても工事をやりたい人々は、これさえもクリアして再提出される可能性が否定できないことです。なぜなら、洪水を防止するためというふれ込みで、想定される基本高水とか計画高水といった概念自体が、変数をどのように採用するかで大きく変わるものであり、ダムを造るためにはどのようにでも数字がいじれるものなのです。実際には、造ろうと考えるダムの規模や構造に合わせ、それを裏付けるために数字合わせがなされて逆算されているという話が聞こえてくるのです。
 いずれにせよ、このような目的もあやふやなダムが平然と再評価対象とされていたのです。してみると熊本県公共事業再評価監視委員会とは一体いかなる役割を担わされているのでしょうか。まさか、完全な御用団体、お墨付き発行団体というわけでもないのでしょうが、注意する必要があるように思います。

これぞ税金ムダ使いのダム造りだ ―熊本県天草の「姫戸ダム」の実態
植村 振作

 いま、熊本県天草で総工事費予算四九億円の「姫戸ダム」という多目的ダムが建設計画中だ。多目的ダムとしては必ずしも大きくない。熊本県では、国営川辺川ダム建設事業問題で地元住民と国交省との間で協議がくり返し行われている。姫戸ダム事業費四九億円は何千億円という川辺川ダム建設事業費に較べればはるかに少ないが、これこそ税金の無駄使いダムだ。利水(上水道、灌漑)目的は消失し、市民が期待する治水(洪水防止)目的にも適わないダムだ。それにも拘らず、地元市議会は絶対的多数で昨年末「姫戸ダム早期建設促進の決議」を可決した。今、世は「脱ダム」時代に入りつつあるとき、地元市議会はダム建設に血眼になっているとしかいいようがない。……             
「技術と人間」三月号掲載論文

洪水調節能力

 私が申し上げるのもおかしいことであり、当然にも僭越であるのですが、この論文は極めて実践的で完成度が高く非常に隙のないものです。恐らく熊本県のダムの担当者(技術系)あたりが読んでも効果的な反論などできないことでしょう。
 本ホーム・ページはこれまでにも多くのダムについて書いてきました。そのことを考えると、この論文はぜひとも掲載したいと思っています。著作権や版権の問題もあり、直ちにはだめでしょうが、月刊誌でもあるため、なんとかして掲載したいものと考えています。植村教授と相談していますが、多少は可能性があるのではないでしょうか。それまでの間、皆さんには場所を確認していただき、"姫戸ダム建設中止の申入れ書"の方を先行して読んでいて下さい。こういうものも行政が積極的に公開しないことから、一般の人の目にはなかなか触れないものです。民主主義とは、本来、このような少数意見を積極的に知らせ失敗を少なくしていくべきなのですが、現状では望むべくもありません。 
 技術的な側面について少し話をしておきます。あたりまえの話ですが、一般にダムが山奥に造られれば造られるほど、つまり、枝分かれした場所で造られば造られるほど、下流の洪水調節の力は失われます。このため、数年前、建設が始められた超大型の岐阜県の徳山ダムなどは当初からどのような洪水調節能力があるのかが疑問視されていました。植村先生も申し立て書の文中で、「岩下川下流域の洪水調節を目的とする事業を推進するのであれば、山田川、寺内川等他河川を含めた岩下川流域の総合的な治水対策を策定すべきです」とされているとおりです。この話は、いずれ、これぞ税金ムダ使いのダム造りだ ―熊本県天草の「姫戸ダム」の実態 の掲載が可能になった時点でお話することにしましょう。
 先行して、この論文を読みたい方は、「技術と人間」三月号をお読みください。昨年の岩波の「世界」十月号に掲載された新潟大学の大熊孝教授の論文といい、植村論文といい、ダム関係の業界誌(○○○○など)を読むよりよほど参考になるように思います。

姫戸ダム:重力式コンクリートダム、総貯水量16.7万?(洪水調節、維持、上水)岩下川

67. 福岡高裁"中山決定"の犯罪性を石に刻め!

 国営諫早湾干拓事業の工事を差止めた佐賀地裁の仮処分に対する保全抗告で、福岡高裁の中山弘幸裁判長は十六日、「干拓工事と有明海の漁業環境悪化と関連性は否定できないが、証明されたとは言い難い」と漁業者側による因果関係の立証が不十分であるとし、国の抗告を認め、仮処分を取り消す決定をした。……(二〇〇五年五月一七日付け佐賀新聞)
 
 驚くべきことに、中山決定は中・長期開門調査もなされない状態の有明海、諫早湾において、逆に、漁業者側に高い因果関係の立証を求めたのです。
 しかし、こういった福岡高裁の素朴な評価とは全く別の側面がこの問題にはあるように思います。実際に起こっている事態はそうではなく、仮に、中・長期の開門調査が行われた場合には、一目瞭然で因果関係が明らかになってしまうが故に、既にそのことを短期開門調査によって十分に知っている農水省は絶対に開門しようとしない!という話しが学者、研究者の間から漏れ聞こえてくるからです。印象だけから言えば、不誠実で、アンフェアな判断だと思うものです。
 今回、これについての論評を書く余裕はありません。ただ、この中山という裁判長は、漁業者側による因果関係の立証が不十分であるとして、日々の生活に追われ、生きることに汲々としている漁民の側のハードルを引き上げ、ダブついた資金と暇をもて余ましている農水省の側の工事再開へのハードルを引き下げたことになるのです。しかし、私には、漁民を犠牲のもとに自分の最高裁へのハードルを引き下げたのではないかと思えてしまいます。
 この中山決定の犯罪性については、未来永劫、子々孫々にまで言い伝えようではありませんか。また、決して忘れ去られないように諫早湾のどこかに記念碑を建て、その石に中山弘幸という裁判官の名を永久に刻み込むべきではないかと思うものです。
 それはともかくとして、このことについては先のリポートで書くことになると思います。というよりも、可能であれば、弁護士によるプロの文書を用意したいとも考えています。今回は、とりあえず抗議の表明だけをしておきます。

 なお、佐賀地裁の決定については、リポートTの 29. 佐賀地裁による「工事差止め」命令の衝撃 を読んで下さい。 


■次回への予告■B
U  筑紫島(チクシジマ)の復元のために (No.4) 7月号
 68
杵 島
"かつて有明海に巨大な島が存在した…か?"
20050408
 69
 久留米市ゴミ処分場問題           連載第一回
 筑後川水問題研究会 川内 俊秀(久留米大学助教授) 
20050424
 70
「 嘆きの羊角湾 」干拓事業の廃止から埋め立てへ
羊角湾埋立(天草)熊本県
第21回水郷水都会議、第8回有明海・不知火海フォーラム in 久留米、柳川  港湾埋立問題分科会 講演論文 
 天草の海を考える会  松本 基督
20050424
 71
大入島埋立を許すな!D(現地リポートNo.4)
大築島(不知火海)熊本県
第21回水郷水都会議、第8回有明海・不知火海フォーラム in 久留米、柳川  港湾埋立問題分科会 講演論文 
 八代海の自然を守る会 田辺 達也(河童共和国)
20050416
72
"私が書く久留米・柳川宣言" VS 本物の"久留米・柳川宣言"
20041102

■次回への予告■ C


68.杵 島 は私の郷土にある山の名ですが、古代、歌垣が行われていたとの伝承があります。私はこの山が、縄文の晩期か弥生時代の前期には山というよりも島ではなかったかと考えてきました。結論は読んで頂いてからにしましょう。
69.久留米市ゴミ処分場問題 は我が筑後川水問題研究会事務局長からの寄稿です。
70.「 嘆きの羊角湾 」干拓事業の廃止から埋め立てへ は松本さんによる第21回水郷水都全国会議…における我が分科会への提出の論文ですが、今回はこれをそのまま掲載するもので、ニ本目の寄稿になります。
71.大入島埋立を許すな!D(現地リポートNo.4) は田辺さんによる第21回水郷水都全国会議…における我が分科会への提出の論文ですが、これもそのまま大入島のレポートに使わせて頂くものですが、ニ本目の寄稿になります。
72."私が書く久留米・柳川宣言" VS 本物の"久留米・柳川宣言" はタイトルのままですね。