56. 対 馬 行

 「有明海異変」共著者 米本愼一(不知火書房代表)

 この文書は〇四年夏、南方新社が刊行した「地域と出版」に収録されたものです
                           
 人の書いた原稿に手を入れる仕事をやっていると、時として無性に外に出たくなることがあります。やっぱり、直接自分の目で見て確かめたことに勝るものはないからです。二〇〇三年の十月に三泊四日で対馬に行きました。仕事で行ったのですが私にとっては愉しい旅でした。これから作る本の舞台となるところを訪ねるのは編集をする身にはいつもワクワクするような体験です。机の上の仕事も大事ですが、現場に出るとより多くのことが見えてくる気がします。それらを持ち帰って問題を正確に伝える本を作る・・あたりまえのことですが、現場に近いところにいるからできることだとも思っています。

1. 佐護川


マピオン

 佐護川の河口を入江に沿って下ると、街灯の下に小さな公園が現れた。プップーッと長いクラクション。車は公園の手前で左折して林道を登り始めた。くねくねとした林道を走りながら時折クラクションの音がまっ暗な山にこだまする。舗装を外れて石道に入り、小さな伐採地に出たところで車は止まった。
 私たちを残してYさんだけが車から降りた。しばらくあたりを歩き回り、手に下げていた容器から何やら取り出すと草むらに撒き始めた。かん高く舌を鳴らす音も聞こえる。運転席に戻ってくると「すぐ出てきますよ」といったが、車のエンジンはかかったまま、ライトも煌々とついたままだったので俄には信じられなかった。
 五分くらいたってだろうか、「奥に出てきていますよ」とYさん。伐採地の先には草におおわれた踏み分け道が続いていたが、その奥で車のライトに照らされて確かに黒い影のようなものが動いている。「影」は近づいたり引っ込んだりを二、三回くり返して、私たちの前に姿を現した。薄茶色の、やや大型の胴長のネコだった。ネコは伐採地に撒かれた鶏の解凍肉をしばらくかじり、それから奥に引き返してまた出てくるという行動をくり返した。
 「ほら、右からも」というYさんの声の指す方向を見ると、傾斜地に生えた灌木の陰から別のネコが現れた。このネコも胴長で尻尾が大きい。こちらは警戒心が強く、肉をくわえるとすぐに元のヤブに姿を消した。
 三頭目は仔ネコで、鼻の頭に黒いススのようなものがくっついて愛敬のある顔をしていた。Yさんの話では、最初に出てきたネコの仔で春に生まれたばかりだという。
 灌木の陰から先ほどのネコがまた出てきた。このネコと一頭目のネコの関係ははっきりしないが、昨年か一昨年に生まれた若いネコとのことだった。こちらは一頭目のネコには決して近寄らず、それでも今度は草地にしゃがんで肉をかじりだした。見ると、耳が円い。
 胴長で尻尾が太くて、耳の先端が円い・・これは生息数が百頭を切って絶滅に瀕しているといわれるツシマヤマネコの外形的な特徴で、実際に私が五メートルの至近距離で自分の目で確かめた生きたネコたちの姿でもあった。

2. ツシマヤマネコ 


2000年4月 福岡市動物園で飼育下繁殖で誕生したツシマヤマネコ(生後36日目のメス)※福岡市動物園提供

 ツシマヤマネコのことは前から気になっていた。伝えられる生息数の減少のこともあったが、私の仕事場のすぐ裏手が福岡市の動物園で、そこには対馬で保護された病気のヤマネコが連れてこられたり、数年前からは人工繁殖が行われたりしていたからである。動物園ではヤマネコは非公開だったが、一昨年の十二月にある商社が開いたイベント会場に獣医師の団体がヤマネコの保護活動のワークショップを出展するという新聞記事を読んで出かけてみた。獣医師たちは三、四年前から定期的に対馬に渡り、FIV(ネコエイズ)をはじめとするネコ科の感染症からヤマネコを守るために島内のイエネコやノネコの検査を行い、飼い主が希望すれば避妊・去勢の手術を無料で行っているということだった。


対馬野生生物保護センターで保護されているツシマヤマネコ ※同センター提供


FIV(ネコエイズ)にかかったツシマヤマネコ ※対馬野生生物保護センター提供

 会場で会った獣医師の一人は「島の開発によるヤマネコの生息領域への圧迫は深刻です。植林によって広葉樹の山が針葉樹に変えられ、餌不足におちいったヤマネコが人家近くまで下りてくるようになり、野生化したイエネコとの接触で感染症におかされるものが増えてきている。林道の開通で交通事故で死ぬヤマネコの数も激増している。最終的には山を買いとってヤマネコのサンクチュアリをつくってやるしかない」と話していた。
 それから一年後の昨年の秋、車の運転ができないライターの足役として私も対馬に行くことになった。ライターは九州地区獣医師会連合会や、環境省の委託でツシマヤマネコの人工繁殖事業に取り組んでいる福岡市動物園の取材を済ませていた。

3. 快晴で

 快晴で、海はべたなぎだった。船は高速道路並みの時速八十キロで玄界灘を飛ばし、博多を出て二時間で対馬の南端、厳原についた。ローリング、ピッチングと、吐き気をこらえながら五時間をやりすごした二十年前のフェリーとは大違いだった。
 しかし、対馬は広い。というより長い。南端から北端まで直線で八十キロもあり、暮れかかった島影を眺めながら旧海軍が万関に運河を開削した理由が分かる気がした。櫓と帆で航海していた時代には大陸とも思われたのではないか……。と、そんなことを考えながら朝鮮海峡に面した比田勝の港についたのは夕方の六時で、すぐに接続するはずのバスが見当たらず、タクシーで上県町佐須奈の宿に入ったのは七時前だった。
 翌朝は自動車の修理工場で車を借りて、環境省の対馬野生生物保護センターへ。途中、千俵蒔山という岬の突端に設けられた「異国の見える丘展望所」に寄り道してみた。快晴だったが五十キロ先の半島がそうそう見えるわけではなく、それでも円い水平線と断崖の下の青い海の景観はすばらしかった。
 通称ヤマネコセンターは、小さな入江をはさんで千俵蒔山とは反対側の岬に置かれていた。山の中の公園の広い駐車場に車をとめて坂道を登っていったが、警戒心の強い動物を飼育している施設にしては金属を削る音がしてえらく騒々しかった。応待してくれたセンターの所長(保護官)によると、近く一般公開することになったヤマネコの獣舎の工事の最中とのことだった。
 絶滅危惧TA類に指定され、日本で最も絶滅のおそれの高い哺乳類であるツシマヤマネコを保護するために設置された対馬野生生物保護センターでは、保護官をはじめ獣医師や専門員が五名働いていた。そこでは最新の調査で七十〜九十頭と推計されるツシマヤマネコの生態の調査・研究とともに、病気やケガで弱った個体の保護や野生復帰、さらには生息環境づくりや普及啓発が取り組まれていた。
 私たちは官民で取り組まれているヤマネコの保護活動を紹介することでツシマヤマネコが直面している諸問題を読者に伝えるという本の企画趣旨を説明して取材へのセンターの協力をお願いし、了解をえた。そして、その日はセンターが九七年の設立から行ってきた事業の概要を知るために資料の収集を行い、ヤマネコの生態調査や生息環境づくりについては、後日ライターが現場に同行させてもらって取材を進めることになった。
 午後はセンターで複写させてもらった資料の整理をするというライターを宿に残し、私は隣町にある本屋に行ってみた。そこで対馬の自然や歴史をテーマに地元の人が書いた本や写真集を五、六冊購入し、店主にもあいさつをした。そして夕方になって仕事を終えたYさんを訪ねたら、冒頭に書いたようにヤマネコへの給餌活動に同行させてもらえることになったのだった。

4. 三日目

 三日目も朝から快晴だった。この日は休日で、地元のヤマネコ好きが集まった「ツシマヤマネコを守る会」が木場作を復活させるために始めたソバ畑を見にいった。


ツシマヤマネコを守る会が作っているソバ畑 ※長沼周一郎氏提供

 木場とはいわゆる焼き畑のことで、山林におおわれて平地の極端に少ない対馬では近年まで山の奥にまで木場が開かれてソバや麦、大豆、小豆、サツマイモなどが作られて貴重な食糧源となっていたようで、収穫のあとの畑の落穂は鳥やネズミの餌ともなっていた。島中でヤマネコが見られた頃は鳥やネズミも多かったことから、ヤマネコの生息環境を回復するためにはまずかつての木場作の復活からと、センターでは一、二年前から植林伐採地跡や林縁部の休耕田、かつての木場作放棄地などに小さな畑づくりを始めていた。
 Yさん(実は「守る会」の会長)の案内でいったソバ畑は、海辺から車で三十分ほど入った山の中にあった。持ち主が高齢で町に下り、耕作放棄されていた〇・七ヘクタールほどの田を借り受けたもので、ソバは七十センチ丈くらいに伸びて乳白色の花をつけていた。その日は「守る会」でソバの花見をするということのようだったがまだ誰も来ておらず、そこで会員が集まるまでの間、私とライターはYさんの案内で周辺を散策することにした。
 毎年春になると河岸にゲンカイツツジが花をつけるという小さな川を渡って、バイクの轍の残る細い林道を登っていった。道はほどなく草におおわれて、あちこちに小さく折れ曲がった茶褐色の動物のフンが見られた。「おっ、ヤマネコか」と思ったら、ツシマテンのフンとのこと。
 ツシマテンは冬毛の特徴から地元では「わたぼうしかぶり」とも呼ばれている国の天然記念物で、ヤマネコやチョウセンイタチと同様、対馬では食物連鎖の頂点に位置している哺乳類である。テンは戦後、生息数が激減して、ヤマネコと同じように七〇年前後から保護策がとられるようになって個体数が増加に転じた。テンの減少に歯止めがかかったのは雑食性であったからではないかといわれている。しかし、ヤマネコと同じニッチに属しているためにテンの増殖はヤマネコを追いつめる一要因にもなっているとの指摘もあり、単純には喜べない話であった。
 谷筋の湿ったところに咲くツリフネソウや、日当たりのよいところに咲くクズ、ゲンノショウコ、カワラナデシコ、アキノキリンソウなどの花をながめながら林道を登っていくと、道脇に小さなプレハブの小屋があった。一帯の斜面は木が伐採されていて、急坂の中ほどにスミ焼きのカマが築かれて老人がひとりで作業をしていた。Yさんとは顔見知りで、夏の大雨でカマの天井が落ちてその補修に来ているということだった。
 木炭に適した木はシイ、カシ、コナラ、クヌギなどの、いわゆるドングリをつける広葉樹である。それらを山の斜面から切り出して赤土を搗き固めたカマで焼いてスミにする作業は重労働だが、農家にとっては冬場の貴重な収入源で、対馬では三十年ほど前までは島のあちこちでスミが焼かれていたという。しかし、今は一帯でスミを焼いているのは老人も含めて数人ということだった。
 老人の話では、対馬では昔からクロズミが焼かれていたが、戦後、対岸の朝鮮から対馬の豊かな森林をめざして海を渡ってくる人が増え、彼らが伝えたシロズミの技法は火もちがよくて高値で売れたので対馬の人もシロズミを焼くようになったという。当時、対岸から渡ってきた人の中にはそのまま居ついた人や、さらには本土に移っていった人もいて、ある有名なプロ野球選手はそのスミ焼きの子孫とのことだった。

5. 山から

 山からソバ畑に戻ると、「守る会」の人が五、六人集まっていた。ソバというものはいったん種をまいたら収穫まで手入れがいらないらしく、連れてきた子供とアケビをとって遊んだり、昼からは横の川でアユをとるといってその準備をしている人もいた。弁当の用意をしてこなかった私たちは店まで買いにいくことになり、ついでにヤマネコの主要な餌となるアカネズミの営巣地がある田ノ浜を見てくることにした。
 Yさんから渡された地図を頼りに、まず仁田という集落に下り、そこから海沿いに伊奈、志多留とバス停の標示を確認しながら進んだ。しかし、志多留から先はすぐに民家の庭先や畑に出てしまうような細い道ばかりで、ほどなく同じところをぐるぐる回っていることに気づいた。道に迷ったのだ。途中、稲刈りをしている人にたずねて車を進めたものの、耕耘機しか通らないような草ぼうぼうの道だったりした。
 十月とはいえ車の中は暑かった。脱輪してもすぐにはJAFは来てくれないだろうし、そもそも携帯電話も圏外だった。
 現在地が分からず、田ノ浜に行くのは半ばあきらめて、そのうちに標識でも出ているだろうと対向車と離合できそうな道を走っていたら「中山○○線」という道路標示が目に飛び込んできた。「伊奈」「志多留」に続いて「中山」ときたら、次は「佐護谷」のはずだ。つまり、私が半分やけくそで車を転がしていた道は、今から半世紀前に民俗調査で対馬をおとずれた宮本常一が「石山寺縁起に描かれた百姓の絵にそっくり」の三人組の馬方と出会って、夜道を馬方が歌う追分をたよりに必死になって走った峠越えの道とほぼ重なっていたのである。
 この馬方の話は岩波文庫の『忘れられた日本人』の冒頭「対馬にて」に出てくるが、そこで感動的に描かれている直接民主制の原点のような「寄り合い」や、風雅でエロチックな「民謡」の話も含めて、宮本はまさに半世紀前のヤマネコの里の人々の暮らしを私たちに書き残してくれていたのである(本にはヤマネコのヤの字も入ってはいないが)。なお、ついでにふれておけば、私たちが宿をとった佐須奈の集落にも宮本は翌昭和二十六年に足を留めていて、そこで出会った老女たちの色っぽい歌舞伎踊りや、自らも加わった際どい歌合戦のことも書きとめている。
 中山から志多留まで戻って、再び田ノ浜をめざした。道は先ほど耕耘機しか通らないと引き返した山越えの細道だった。


数少ないヤマネコの生息地田の浜

 田ノ浜は小さな漁港もあったが漁村という風ではなく、南北一・五キロほどの細長い谷に水田が開かれた十数軒の農村集落だった。Yさんの話では、谷の背後の低い山はあまり植林が進んでいないためにアカネズミやヒメネズミがかなりの密度で生息していて、一帯は島内でも数少ないヤマネコの貴重なエサ場となっているということだった。
 車を降りて少し歩いてみた。田は湿田が多く、半分水のたまった田で泥だらけの稲を鎌で刈りとっている人たちがいた。一番標高の低いところは広い沼のようになっていて、カヤツリグサ科の植物が繁茂していた。
 谷の奥には畑が続き、豆やイモが植えられて鹿よけの漁網が張られていた。海沿いの畑には風よけのための石が積まれて、タマネギなどが植えられていた。

6. 予定より

 予定より大幅に遅れてソバ畑に戻ると、いささか待ちくたびれた顔のYさんたちがいた。畑の横の川で石でアユを追い込んだら五十匹ほどとれて、夕方からそのアユを肴にみんなで一杯やるから家に来ないかと誘われた。
 塩焼きにしたアユはどれも二十センチ級で、新鮮な海の幸や、郷土料理のイリ焼きまでごちそうになった。焼酎が進むうちに、私たちが昼間行った田ノ浜には今、圃場整備事業の計画がもち上がっていることを知った。圃場整備とは耕作の多様化や規模拡大を目的に用排水系統を圃場(田や畑)単位で独立させる農地の基盤整備のことで、確か国の事業としては〇二年か〇三年で打ち切られたはずのものだった。実際、田ノ浜は長崎県内では最後の事業対象地で、行政(町)がかなり強引に農家の同意取り付けを行っているとのことだった。
 田ノ浜は国の鳥獣保護指定地域になっていて、工事にあたってはヤマネコの生息環境に悪影響を及ぼさないような対策が講じられるらしかったが、コンクリートの三面張り水路を走り回るヤマネコというものは想像しづらかった。農薬の多投下や、昼間湿田で稲刈りをしていた人たちのように高齢化が進んだ農家にとっては分担金の支払いの問題もあるはずだった。さらには、乾湿切り替えで耕作の多様性が確保されるといっても、現実にどんな市場ルートがあるのか……。
 酒の酔いもさめた頭でそんなことを考えながらYさん宅を辞し、車をとめた海岸に出ると空には秋の星がひしめいていた。近年、春に生まれてひとり立ちをした幼いヤマネコが餌をとれずに徘徊して交通事故に遭うケースが激増していて、それは秋に一番多いとライターに脅されながら、まっ暗な夜道を運転して宿まで帰った。


※ この紀行文は不知火書房が出版を予定している「ツシマヤマネコを守る」の取材に伴うものですが、この本の出版の予定もお知らせしておきます。(古川)

「ツシマヤマネコを守る」 著者 阿鹿 麻見子

〇五年一一月不知火書房より刊行予定

 不知火書房 福岡市中央区桜坂三丁目12‐78パークハイツ桜坂205号 092-781-6962


57. 浅 藻

 「有明海異変」の共著者である米本愼一が"57.対馬行"として一文を提供してくれました。彼は不知火書房という地方出版社の社主であり、同時に私の学生時代の友人でもありますが、「ツシマヤマネコを守る」(予定)という本の出版の取材のために、〇三年の秋、ライターに同行して(実際には運転手としてですが)、この暖流に浮ぶ辺境の島を訪れています。この「対馬行」はその時の紀行文です。
 短文でもあり、彼の文にいまさら解題など必要ないのでしょうが、"憧れの島に自分だけ行きやがって"という妬ましさや羨ましさと、民俗学者宮本常一の名著『忘れられた日本人』に出てくる有名な話を気持ちよさそうに持出しているのを知ると、宮本信奉者としての私はじっとしていることができません。米本がとりあげた話はこの本の冒頭の「対馬にて」に出てくるものですが、私の話は中ほどに書かれている"豆酘(ツツ)の浅藻(アザモ)"の「梶田富五郎翁」という話です。今回、米本は北の比田勝あたりを取材したわけですが、私は対抗上南の厳原周辺の話をすることにします。


マピオン

 ご紹介する「ブリを追いかけて ― 宮本常一が見た漁撈民」は米本との共著である「有明海異変」のコラムとして書いたものですが、内容が薄かったせいか、私の駄文の編集に疲れて投げ出したものか、かなり私の素稿をいじったにも拘らず、なぜか最終段階で彼がボツにしたものです。今、読み返して、彼がそうした理由は十分に理解できるのですが、私にとっては"漁撈の民というものがいかに大きく移動するものか"ということを織り込み、後に掲載する有明海の竹崎(佐賀県藤津郡太良町大浦)の潜水漁師の話を睨んで書いた重要な伏線のつもりだったものですから、ボツにされたときはさすがに少々ムッとしたものでした。しかし、ようやく陽の目を見ることになります。そのためか、今さら書き直す気にはなりません。米本の「対馬行」とのバランスや前後の繋がりを無視してそのまま掲載することにしました。

ブリを追いかけて ― 宮本常一が見た漁撈民

 民俗学者の宮本常一には『忘れられた日本人』という有名なロングセラー(岩波文庫)がありますが、この著作には興味深い漁撈民の話が出てきます。それは、対馬は豆酘(ツツ)の浅藻という集落に住んでいた梶田富五郎という老人の話です。宮本は瀬戸内海の周防大島の出身ですが、昭和二十五年の夏、この対馬の最南端で同郷の梶田翁と出会い、翁がそこに住み着くに至った経緯を丸一日かけて聞き取っています。
 すでに孤児であった梶田翁は七歳の頃、周防大島・久賀の漁師に「メシモライ」として船に乗せてもらいます。当時の久賀の漁師たちは山口県の角島や佐賀県の唐津や壱岐に漁に出かけ、いつしか船団を組んで対馬にまで足を伸ばすようになったというのです。対馬では実に多くの魚が捕れたようで、「ブリのくるときゃァ、海の水が高うなるほどじゃ」と、宮本は翁の語りを借りて活写しています。
 豆酘崎沖のブリを目的に頻繁に対馬を訪れていた久賀の漁師たちはいつしか半定住となり、そのうちにふとしたことから定着するようになって港まで拓いたのだそうです。こうして明治も三十年頃になると、豆酘には久賀の漁師を中心に瀬戸内からの移住者が百戸を数えるようになり、梶田翁はこの最初の開拓者の生き残りだったというのです。
 明治の頃の久賀ではハワイにまで稼ぎに行くことが流行っていたということですから、この梶田翁の話は漁撈の民というものの性格を良く伝えるエピソードと言えるでしょう。
(以上「有明海異変」初期原稿から)

「 対 馬 行 」に添えて

 「明治の頃の久賀ではハワイにまで稼ぎに行くことが流行っていたということですから」としていますが、前述の竹崎の潜水漁師も戦前にはオーストリアまで出稼ぎに行ったそうですから海に生きる人々の生き様にはやはり驚かされてしまいます。
 さて、民俗学への憧れから外れて、多少は対馬の環境問題に目を向けましょう。彼の「対馬行」のヤマネコの話の中に「ツシマヤマネコを守る会」が木場作を復活させるために始めたソバ畑の野ネズミのことが出てきます。本来、対馬は全島が照葉樹の森に覆われていたはずです。しかし、ネズミも照葉樹林単独では大規模には繁殖しないものです。住みかの森と同時に食料を安定して供給してくれるソバ畑といったものが必要なのです。そして、そのネズミや付近の水路や湿地などの動物などが、ヤマネコの食料になってきたのです。つまり、完全な照葉樹の森が単純にヤマネコの世界ではなく、これまでの伝統的な対馬の人間の生活と一部は共存関係にあったと言えるのです。しかし、愚かなことに、ここに生物が消えてしまうような三面張りの水路を入れてほ場整備をやろうというのですから、つくづく行政というものがいかに機能不全に陥っているかが分かります。対馬市の言うツシマヤマネコの保護など口先だけのことに思えてしまいます。まあ、ほ場整備事業を今頃入れても、結局は農民の借金だけを残してしばらくすれば耕作放棄されるのが目に見えているのですが、ここでも建設業者と連動する議員などが工事をしたいだけなのでしょう。しかし、それ以上の問題は山の針葉樹林化の方です。対馬に杉檜を植えていったいどうするのでしょうか。一般的に多くの島では本土から材木を運んで家を建てるのは経費が掛かリ過ぎるために、既に木で家を建てることをあまりやらなくなっているのですが、まともな製材所もなく、ブロックとコンクリートの家ばかりになっているのに船で運び出して売るとでも言うのでしょうか、本土の大規模な造林地でさえ経済的に成り立っていないのですし、林業行政などとっくに破綻しているにもかかわらず惰性で継続され、日々ヤマネコの生息条件を破壊し続けているのです。

木 場

 「対馬行」の4.三日目に『「ツシマヤマネコを守る会」が木場作を復活させるために始めたソバ畑を見にいった』という話がありますが、全国的には「木場作」(コバサク)は理解できないと思われますので、多少のコメントを加えておきます。
 米本愼一は熊本県でも南に位置する八代市の出身ですし、南方新社のための文章でもあったために、木場作(コバサク)という言葉をコメントなしに使ったものと思います。 
 一応、広辞苑には、木場「A山間の農作地。焼畑をもいう。」とはありますが、焼畑、転じて焼畑を行っていた場所を木場と呼ぶのです。 
 焼畑は全国の山間部において行われてきましたが、コバ、ヤブ、サシ、アラキ、カノ…など多くの呼び名で呼ばれています。
 九州では木場のほか木庭、古庭、古葉、木葉…などと表記されますが、いずれも日当たりの良い南側斜面を持つ山間の傾斜地などに多く認められる地名であり、羽木場(ウーコバ:大きな焼畑の意味)、中木庭、外木場、稗木場、栗木場…など多くのバリエーションがあります。特に北部九州に集中する地名で、かつて焼畑が行われたことをとどめる地名です。 
 一方、南九州(宮崎、鹿児島)から四国に行くと、「木場」地名が減って代わりに「藪」(ヤブ)や「荒木」が増えてきますが、どちらも同じく焼畑の意味です。このコバ、ヤブ、アラキ…の分布を調査すれば、焼畑文化の伝播とその系統がある程度つかめるはずですが、実に興味の尽きないテーマです。一般には、中尾佐助、上原春平教授らと並んで照葉樹林文化論で著名な元国立民族学博物館教授の佐々木高明氏に「稲作以前」(NHKブック)という興味深い著書がありますが、ここにはこの焼畑農業について多くのページが割かれています。
 このホーム・ページも全国的に読まれているようですので、参考のために九州以外のサシとアラキについて、「稲作以前」から引用しておきます。
 『「むさし」の「さし」をはじめ、東京周辺にたくさんある「さす」「さし」のつく地名が、いずれもかつて焼畑農業の営まれたあとを示すものだということは、すでに柳田国男氏によって指摘されている。』『…秋田県北部から北上山地の焼畑は、「アラキ」と一般によばれているが、一戸当たりの経営面積が大きい反面、経営戸数は相対的に少なく、その経営の仕方がきわめて特殊である。岩手県や青森県の例では、伐採・火入れののちに大型のクワで畝立てをやり、肥料を投入するものもある。』
 九州のアラキ地名が島のように分布している理由は、恐らく鎌倉期以降、関東武士団が移住してきたことに起因するものと思われますが、話が広がりすぎて、いつしかヤマネコが昼寝してしまいました。脱線はここまでにしておきます。

確認されたツシマヤマネコの事故

 「平成14年だけに起きたツシマヤマネコの事故」という資料があります。"ツシマヤマネコを守る会"が一般に公開しているものですが、これを見れば多くのことが見えてきます。まず、最悪と思えるのは発信機を付けたまま弱って死んだものですが、いまさら、こんなものを着けさせて一体何を調べようというのでしょうか、数千〜万単位といった種族が安定して存続できる生息数があるのならばいざしらず、百頭前後に落ち込んでしまっている段階でこのような調査を続けるのは愚かなこととしか思えません。小さな体のツシマヤマネコにとって、少なくなったエサを手かせ足かせで獲得するなどできるわけもないのであって、ほとんど動物虐待に近いものでしょう。


(ツシマヤマネコを守る会)

 私には研究予算を獲得し消化するために、繰り返しどうでも良い調査が行われ続けているとしか思えません。大半が痩せこけていることを考えれば、エサの不足、生息環境の悪化こそが最大の問題であり、私には九大による科学的調査さえも天敵に思えてきます。ツシマヤマネコも恐らくトキと同じ道をたどることになるでしょう。研究予算の一割でも割いて山林を買収し、針葉樹林から本来の照葉樹林に復元させていくことの方がよほどツシマヤマネコにとってはありがたいことでしょう。研究者の思い込みはどうであれ、客観的には研究が産業化され、その予算に寄生した研究者が稀少動物に食物連鎖しているだけに見えてくるのです。
 結局、"地震予知連が過去消費してきた膨大な予算を節約して基金を創っておけば、阪神大震災の犠牲者の生活再建にどれほど役に立ったか"と考えて見れば同じ構造が見えてくることになるでしょう。誤解を恐れずに言えば、これまでに投入されてきた数十年の研究予算の一割でも割いて広葉樹林を復活させていれば、ツシマヤマネコの生息環境はそれほど脅かされるはずはなかったと思うのです。
 問題なのはくだらない造林事業や林道建設、さらには砂防ダムなど治山関係事業によって日々破壊されていっていることであり、まずは、それはやめるということが重要なのです。これこそが予算を使わないでできる最も効果的な生息環境を守る事業であり、急いでやる必要があるのであれば、お勧めはしませんが針葉樹林に火を付けることも真面目な選択と言えるでしょう。マッチ一本でできるツシマヤマネコの保護活動なのです。
 私も七月には対馬に行くつもりです。目的は、ツシマヤマネコではなく対馬市美津島町の小船越にある阿麻氏*留(アマテル)神社と「忘れられた日本人」に出てくる民俗学者宮本常一が訪れた下県南端の浅藻(アザモ)を見ることです。

阿麻氏*留神社: 阿麻氏*留神社の氏*は氏の下に一がありますが、表示できませんので氏*としています。 

58. 第21回水郷水都全国会議, 第8回有明海・不知火海フォーラムin
久留米・柳川への呼びかけE 再び港湾埋立問題分科会について

 形式的には同一の集会というものの、実質、水郷水都全国会議と有明海・不知火海フォーラム双方の実行委員さらに筑後川水問題研究会の事務局員も兼務していますので、会議だけで、ほぼ、毎週が潰れてしまいます。その上に人事異動によって新しい仕事を始め、本ホーム・ページの原稿を書くとなると、緊張が連続し追われる毎日が続くことになります。"早く六月が終わってしまわないか"という倒錯した願望を描くこの頃です。
 しかし、両組織のメンバー全員が自分の分担を確実にこなしていく姿を見ていると"こだけには真実が存在している"という充実感があります。特に"水郷水都全国会議"は講演者も含めて、完全に手弁当で運営されていることを考えると、人間の良心のようなものを感じて感動を抑えることができません。
 話はここまでにして、部分的な変更と最終的な講演内容が決定しましたので、再度、私が担当する"港湾埋立問題分科会"の宣伝をさせていただきます。しかし、良くもこれだけのメンバー(講演者)がそろったものと思います。あとは会場でどれほどの人に関心を持ってもらえるかということにかかっています。ただ、仮に参加者の大半が川辺川やイサカンに流れたとしても、埋立問題についての連絡会議だけはできることになりますので、恐らくこれこそが最大の成果なのでしょう。ともかく、多くの皆さんの参加を呼びかけたいと思います。私たちのマイナーな分科会にも優しい目を向けて頂くようお願い致します。特に、中海干拓の島根、鳥取の皆さん宜しくお願いします。

  港湾埋立問題分科会  
 港湾埋立問題分科会(浚渫残土による磯や浜の破壊に抗議する)

 渫港浚渫や道路整備などによる残土が多くの浜や磯に埋立処分され、美しい海や貴重な藻場が破壊され続けています。破綻した林業により針葉樹林が増殖を続け土壌流出が止まらないまま、浚渫が常態化しているのです。私たちはこの海浜の破壊に反対します。
港湾埋立問題分科会
 1
「 嘆きの羊角湾 」干拓事業の廃止から埋め立てへ
羊角湾埋立(天草)熊本県
天草の海を考える会 松本 基督
 6/12 
9:00
9:30
 2
「 人工島埋立が及ぼす福岡市政の歪み 」
人工島埋立(博多湾)福岡県
博多湾会議 荒木 龍昇
9:30
10:00
 3
「 現地闘争報告 」(変更の可能性あり)
大入島埋立(佐伯湾)大分県
 佐伯の自然を守る会 下川 善信(副会長)
10:00
10:30
 4
「不知火海(八代海)大築島周辺への埋め立て問題」
大築島(不知火海)熊本県
八代海の自然を守る会 田辺 達也(河童連邦共和国大統領)
10:30
11:00
 5
「 大入島と双子の公共事業・・・唐津湾佐志浜埋め立て 」
佐志浜埋立(唐津湾)佐賀県
 唐津湾の自然を守る会 増本 亨(佐賀県議会議員)
11:00
11:30
 6
会場参加者を交えた埋立問題フリートーク
(参加者に分科会主催者側から逆質問)
古川 清久 (筑後川水問題研究会)
11:30
12:15
 昼食 
 7
※ 進行により多少時間の変更があります。
全 体 会 議
12:45
13:30

《 本分科会にはエクスカーション(小旅行)はありません 》

 この分科会は、当初、不知火海(八代海)分科会として計画しましたが、現に大闘争が行なわれている"佐伯湾大入島埋立"問題を無視しては何の意味もないことになりかねず、急遽、八代の田辺さんと佐伯に出向き(2/26)、現地の方々とお話をすることができました。相談の結果どうやら、闘争の渦中にある大入島の方をお呼びすることができそうです。
 一方、現地には既に二年前、松本基督さんと増本亨さんが訪問され、大入島の石間の海に潜っておられました。これらのことを考えているうちに、九州の埋立問題をテーマにした分科会にすることができるのではないかと思うようになりました。これが実現できれば、実質的に、九州の埋立問題を抱える団体の連携がとれることになります。埋立問題ネットワークの構築です。羊角湾埋立問題については、元大阪大学大学院助教授の植村振作(高分子物理学)氏が先頭に立たれていますので、可能ならば、こちらに、また、大築島問題については、野鳥の会の高野茂樹先生(氷川高校教諭)にお話願うことになるかもしれません。
コーディネーター /古川 清久 筑後川水問題研究会会員
(有明海・諫早湾干拓リポート管理者)
〒843-0024 佐賀県武雄市武雄町富岡11015-4 古川 清久
連絡先: 古川 携帯 09062983254 eメールアドレス ariakekai@ezweb.ne.jp
 
※ 一応、テーマが確定しました。このため前回宣伝した内容に変更が生じましたので、再度掲載させていただきます。現在は最終原稿を集めているところです。これについても、
六月号以降掲載したいと思います。

第21回水郷水都全国会議・第8回有明海・不知火海フォーラム案内

大入島(現地リポート No.3)に際して

 私も、一応いいかげんな素潜りをやります。二十年前までは五島などまで遠征し、シュノーケルとフィンだけで半日も浜に戻らず、沖合の沈み瀬で潜り続け、銛で石鯛を突く現地の人に付いて回っていました。今でも三分(潜るときは一分ちょっとになりますが)ぐらいは息を止められますし、一〇メートルまでは耳抜きをしながら潜れるつもりでいます。しかし、さすがに冬の海に潜ろうとまでは思いも及びませんでした。でも、五月には、夜釣りのキス釣りに来るつもりですし、七月には潜りに出てくることにしています。また、これについては、松本基督氏に潜った時の話を簡単に書いてもらうことにしたいと思います。
 今回の現地リポートはここまでとします。今後も連載は続けますが、"断続的ながらしばらく続けることにしようか"、とも考えています。(再掲)

 前回はここまででした。ここからの続きになります。ただし、■次回への予告■@で、"いよいよ憧れていた大入島の一周ドライブの話になります。"と、していましたが、変更して石間の海における磯に対する住民の権利のことについてお話しすることにします。

59. 大入島埋立を許すな!C (現地リポートNo.3)

 筑後川水問題研究会 古川 清久 

磯草の権利

 裁判上の係争案件の一つとなっている"磯草の権利"について話すことにします。この住民側が主張する"磯草の権利"に関する正当性については、既に前回掲載した資料(新聞記事や)において十分に展開されていますので、私はこの法律的論争から少し離れて、別の側面から見てみようと思います。



 行政側の衒学的な法律論争に対する法律的反論の必要性はもちろん認めるのですが、この手の話は私の趣味ではなく、結局は権力側の土俵で不平等な争いをさせられているのだという思いを消し去ることができまさせん。ともあれ、話を始めましょう。
 当初、大入島の裁判闘争の内容を一応簡単に調べたのですが、住民側は"磯草の権利"を巡って闘っていると知って、なぜ、こんな主張で裁判闘争にまで持ち込んでいるのだろうかと訝ったものでした。結論から言えば、これは誤りだったのですが、不勉強な私は、磯草の権利なるものが、漁業法でも保護されている法律上の権利であることが理解できずに、これまで敗北を続けてきた入浜権利訴訟をイメージしてしまい、正直言って、弁護団に対する不信感さえ抱いたものでした。
 このことについて、石間の漁民の側に立って奮闘され自らもホーム・ページで訴えておられる大分県N市のM弁護士にお手紙を差し上げたところ、私の理解が誤っていることをメールで指摘して頂き、自らの誤りに反省させられたものでした。その後、改めて調べ直すことによって、違和感なく大入島石間の住民を支援する側に立てるような気持ちになったのでした。
 恐らく、裁判官も細部に枝分かれして歴史的に蓄積されてきた膨大な法律、判例、規則について知り尽くしているはずもなく、一審判決の敗北は正当性がないものと考えています。このことについては、再度、お話する機会があるものと考えますので、今回はここまでとしておきます。

 直接には結びつきませんが、拙著「有明海異変」の三章に入れたコラムに「海辺の風景―国家のフリーハンドの帰結」という一文がありますので、初期原稿からご紹介しておきます。

海辺の風景―国家のフリーハンドの帰結( 拙著「有明海異変」から )

 まず、拙著「有明海異変」の三章に入れたコラムに「海辺の風景―国家のフリーハンドの帰結」という一文がありますので、初期原稿からご紹介しておきます。

 時代はすでに大きく変化しており、このようなモデルを提出することにどれほどの意味があるかとも思いますが、「入浜権訴訟」という法律的テーマがあります。「入会林」とは、いったん国有地とされたあとでも集落が共同で採草したり、落ち葉の収集やキノコの採集、薪の採取などを行う慣行が残っている山野のことですが、一般的に言えば戦後の訴訟でも法的保護を受けてきました。しかし、浜辺や河口でアサリやカキを採ったり、冬場に岩ノリを採取するというような共同の慣行である「入浜権」は訴訟においては、一向に認められない傾向が続きました(日照権と同様に条文にないため法律上は存在しない権利=従って権利ではないのです)。
 早い話が国有林における採草権などは自衛隊の演習時以外には実害がなく、結局はどうでもよかったことであったのに対して、海岸部には干拓や埋め立て、港湾や工場敷地の建設(戦前は軍港や軍事施設の建設)等のインフラ整備が集中していたために、いつまでも国家のフリーハーンドを確保しておく必要性があったからなのでしょう。しかし、このことの背後には、農耕民は伝統的に土地に執着し、対する漁撈民は農耕民ほどには漁場に執着しないという、生産者としての生産手段(土地、漁場)に対する結びつきの強度の差というようなものがあったことも考えられるのです。
 このことを一番象徴的に現しているのが「海辺の風景」の惨状です。日本海側の海岸線を車で走れば一目瞭然ですが、島嶼部を除いた海岸の大半でコンクリートの護岸工事が行われていて、どう見ても不必要としか考えられないところにまでテトラポッドが敷き詰められて、自然海岸はほぼ皆無というありさまです。
  日本海側は海岸の侵食が顕著です。そのことを理由に工事が行われているのですが、そもそも海岸侵食の原因はその海に注ぐ川の上流に異常なまでに多くのダムが建設され、本来は海岸部まで運ばれてくるはずの砂利や砂の供給が途中で遮断されていることにあるのです。そうであるならばまず海岸部に砂の堆積を回復させることが先決問題であるのですが、海岸侵食を食い止め、鉄道橋や道路橋の脚部を保護するために、山を崩して得たバラスと沖を掘って集めた海砂でテトラポッドを造ってそれを投入するという変態的なことが続けられているのです。
 海岸部に対する国家のフリーハンドを保障した「海岸法」を根拠に、また、農耕民ほどには漁場に執着しないという漁民の性格を利用して、旧建設、運輸、農水三省(プラス水産庁)はあたかもヤクザが縄張りを争うかのように各々が自らの「海岸保全区域」を指定して、ほとんど無制限に工事を投下し続けてきたのですが、諌早湾干拓事業もこのような傾向の延長上に事業が推進されてきたことは理解しておく必要性があると思われます。もちろん干拓事業は土地改良法に基づく事業ですが、老朽干拓については潮止め堤防の周辺に重複して海岸法の網がかけられて補強工事が行われるのです。
 
 以上のようなものですが、私の海浜の埋立に対する気持ちの底流には、今でも、「海辺の風景―国家のフリーハンド」で書いたものがあります。そして、どうやら背後には六〇年余り前の佐伯において起こった海軍基地誘致という構造が見え隠れしているようなのです。これについては「海辺の風景―国家のフリーハンドの帰結」で書いている以上に重要な問題と思われます。一般的に水面下で進められるために当然であり未確認なのですが、海上自衛隊の潜水艦隊基地の大入島への移転という巨大な問題が動き始めているという噂が耳に入ってきています。今や、国民学校とか修身の授業とかいったものを経験した七〇歳以上の方しかご存知ないのでしょうが、潜水艦隊基地と言えば、帝国海軍の条約派のトリオと呼ばれた井上成美、米内光正、山本五十六海軍大将などと同世代(同期だったかどうかは忘れましたが)ですが、岩国沖で訓練中に沈んだ六号潜水艇の佐久間艇長の話などを交えて、いずれこの問題についてもお話することになるでしょう。

60. お詫びと訂正( 46.集落全滅へ秒読み/福岡県小石原川ダム )

 三月に掲載したエッセイ 46.「集落全滅へ秒読み/福岡県小石原川ダム」(こんなところまでダム湖に飲み込まれるのか)筑後川水問題研究会会員 中原 孝矩
 の内容に一部誤りがありました。ここにお詫びし訂正させて頂きます。なお、掲載文書そのものの修正は五月号掲載時点(五月十日前後)には間に合わない場合は六月号掲載前後までに直したいと思います。
 手前味噌ながら筑後川水問題研究会は会員の層が厚く、掲載直後には直ちに誤りが指摘されていました。検討の結果、中原孝矩氏から訂正依頼の文書が寄せられましたので、全文ではありませんが訂正に伴う重要な部分を公表します。
 
有明海・諫早湾干拓リポート 46. 集落全滅へ秒読み/福岡県小石原川ダム
(こんなところまでダム湖に飲み込まれるのか)の内容訂正

 記事の中で旧秋月藩の藩士たちによる秋月乱は明治一〇年としたのは誤りで明治九年旧暦一〇月ごろから一二月ごろにかけての出来事とわかりました。また「江川に住んだ七義士」としたことも誤り。二五五名が決起して豊津方面に出撃したものの、官兵の反撃にあって、再起をかけて秋月へ引き返す途中、本隊と袂をわけた七人が、江川栗河内の民家で自刃したことが今に伝えられており、集落内にある碑はその悲劇を語り継いだものでした。
   リポートの編集責任者である古川…中略…文責 中原孝矩      

古川以下の文は掲載を省略させて頂きました。(古川)

 参考のために原文の一部を再掲しておきます。

 県道から集落に入る急な上り坂道の分岐点となる崖下に、大人の背丈ぐらいの木柱が一本たっており、なにやら黒い字で書いてあった。なんだろうと文字をたどると、集落を示す矢印があり、「江川七義士の碑」と読めた。急な坂道を登っていくとこの碑があるらしかった。
 記録によると、明治十年、維新新政府の政治に不安を感じた旧秋月藩の藩士たち二百数十人が決起したと伝える秋月の乱。この江川に住んだ若き藩士七人も乱に加わり、志空しく命を落としたことを今に伝える碑が、斜面に張り付くように広がる集落の中ほどに祭られていた。
 碑が建つ場所から下を眺めると県道はかなり下に見えた。この斜面に住宅は二〇戸以上はあるのだろうか。牛小屋が右に、左に建ち、肥料小屋、飼料小屋もくっついてある。住宅はだんだん畑をたどるように重なり合って建っていた。水田らしい場所はほとんどない。それこそ猫のひたいのような畑がそこここにある程度で、米や野菜が収穫できてもせいぜい自家消費を賄うぐらいだろう。お金を求めて外に働きに出ないと暮らせない、貧しい集落だと感じる。牛小屋が六軒ばかりあるが、牛の数は各々二〇頭前後で、狭い場所でなんとか飼育できるという程度らしかった。ゆるやかな山の斜面に広がる広大な牧場などは望むべくもない。(再掲)

有明海・諫早湾干拓レポートの46.集落全滅へ秒読み(福岡県小石原川ダム)
文中における削除及び挿入について

現掲載文

 記録によると、明治十年、維新新政府の政治に不安を感じた旧秋月藩の藩士たち二百数十人が決起したと伝える秋月の乱。この江川に住んだ若き藩士七人も乱に加わり、志空しく命を落としたことを今に伝える碑が、斜面に張り付くように広がる集落の中ほどに祭られていた。
4行を削除。次の文章を挿入

修正文
 記録によると、明治九年、維新新政府の政治に不安を感じた旧秋月藩の藩士ら二百五十五人が決起したと伝える秋月の乱(広辞苑による)。豊津方面に出撃したものの、小倉鎮台など官兵側の反撃で破れ、秋月へ戻る途中、この江川栗河内の民家で藩士七人が自刃したことを悼み、今に伝える碑が斜面に張り付くように広がる集落の中ほどに祭られていた。

■次回への予告■ A
U  筑紫島(チクシジマ)の復元のために (No.3) 6月号
 61
「五ケ山ダム」はほんとに必要だろうか?
 佐賀大学名誉教授 久保 浩洋(筑後川水問題研究会会員)
20050408
 62
 ハゼンダに涌く海の泉
20050331
 63
姫戸ダム建設中止の申入れ書
熊本県上天草市
植村 振作 元大阪大学大学院助教授(天草の海を考える会)
北垣 潮 上天草市市議会議員(竜ヶ岳の海と食を護る会代表)
00000000
 64
第21回水郷水都全国会議, 第8回有明海・不知火海フォーラム
in 久留米・柳川への呼びかけE「私が書く"久留米・柳川宣言"」
20041201

61.「五ケ山ダムの建設は本当に必要なのか」は福岡市が佐賀県の小集落を沈めて建設中の知られざるダムの話です
62.「ハゼンダの海に涌く泉」は佐賀県藤津郡太良町の静かな入江に涌く泉の話です。
63.姫戸ダム建設中止の申入れ書熊本県上天草市は熊本県知事に対する申立書のネット上の掲載です。
64.半年続けてきましたが、事実上最後の呼びかけになります。「私が書く"久留米・柳川宣言"」は、全国会議における「久留米・柳川宣言」を、もしも私が書いた場合はどうなるかという架空の「宣言」です。

※ なお、大入島埋立リポートは全国会議+フォーラムの実行委員会や準備で忙殺されている時期になりますので編集や書き下ろしに時間を割けません。このため連載を一回休ませてもらいます。