45. 環境保護運動の限界と任務(壊す公共事業の提案)

環境破壊のはじまり

 これまで全国の環境保護団体や多くの反対運動は、悪化する環境に危機感を抱きながら横暴な企業や破壊的な公共事業に対する勝ち目のない闘いを強いられてきました。
 しかし現在に至るまで、古くは明治の田中正造による足尾銅山の鉱毒との闘い、室原氏による下筌ダム建設反対運動、四日市ぜんそく、琵琶湖の汚染、そして水俣病訴訟……など多くの闘いの前史が存在します。始めは生活様式の変化による水環境の悪化や、野放しにされた企業が排出する汚濁物質が直接に大気や河川や海などを汚すものが多かったのですが、これが、いつの頃からか変りはじめます。新幹線騒音問題、美しい谷を沈め続けるダム建設の乱発、リゾート開発に対する反対運動、ブナの森を破壊する林道建設、中海干拓、反対運動さえなければ美しい珊瑚礁を平然と破壊しようとした石垣島白保の空港建設、徳島吉野川の第十堰建設、川辺川ダム建設事業、諫早湾干拓事業……など、行政や国がらみの問題が圧倒的に多くなり、中心が公共事業に移っていることに気付きます。
 民間企業の場合はゴルフ場のように経済的にペイしなければ事業自体は収束しますが、公共事業の場合は経済原則を無視して行われるために際限のないことになるのです。
 まず、環境保護運動とは読んだ字面のとおり、良くて環境が保護される程度のある意味で保守的な運動です。しかしそれすらもほとんど達成できないのが現実です。
 一方、産業活動によって悪化した環境や公共事業などによって直接行政が破壊し放置され、なお、新たに環境が破戒され続けているのです。これは、廃棄段階でのいわゆる産業廃棄物が依然として大きな問題であることには変りがありませんが、言わば工業排水や煤煙といった工業生産の結果直接生み出される生産段階の廃棄物がある程度収まった印象を与えているからでしょう。
 これに対して、公共事業がいまだに制御不能である理由は、行政そのものが全く自らを制御できていないことに原因を求めるべきでしょう。
 初期の環境保護運動は、民間企業が生産活動によって直接空や海や川などを汚したことに対して生産の制限や操業の中止を訴え、その補償を企業や行政に求めるものでした。これを第一期とすると、次ぎに現れるのは官民の別なく大規模に国土を破戒するゴルフ場の建設やリゾート開発、それにダム建設や干拓事業を止める運動でした。もちろん、この多くが達成されていないことは自明ですが、これが第二期と言えるかもしれません。

つぎは何か

 ここで、諫早湾干拓事業を考えてみましょう。イサカンの工事は現在止まっています。もちろん、これは一時的、瞬間的な勝利に過ぎず、国になびく高裁レベルではたちどころに覆されるのかもしれません。
 しかし、これほどの大規模公共事業でさえ、止めることができる段階に到達したのです。この瞬間的な高みに立って環境保護運動の将来を展望する時、必然的に"止めた後にどうするのか"という問題に突き当たるのです。
 これが「止める環境保護運動の時代は終わった」と私達が内部で議論している意味なのです。もちろん、"まともな補償を受け取ることも、止めることさえもままならない中でなにをバカな"と思われるかもしれませんが、この問題が解決できなければ、依然として未来はないのです。
 逆に、この問題が解決できれば、新たな破壊を食い止め、失われた自然を取り返すことも可能になるかもしれないのです。それが次ぎのテーマ、"壊す公共事業"です。イサカンのように"全く害悪しかもたらさなかった無駄な公共事業に対して、先細になる資源を再度注ぎ込むのか"という怒りは十分に理解できるのですが、では、イサカンの堤防や土砂が堆積を続けるダムや砂防ダム、せっかく止めた干拓事業の中海干拓堤防、流し去ることしか考えられていない愚かな三面張り水路をそのままにしておくのでしょうか。
 逆の言い方をすれば、この破壊された環境をそのままにしておいてもらっては困るのです。盗人に追銭のようですが、やはり、選択肢はこれしかないようなのです。ただし、これまでのような甘い汁を吸わせる必要はありません。ただただ、国土の復元と新たな自然の再生に必要最小限の経費で、半世紀をかけて元に戻す作業を始めなければならないのです。これが、私が考える第三期の環境保護運動なのです。
 もしも、この"壊す公共事業"に乗り出すことができれば、造ることが目的となっている公共事業の方向を変えさせることが可能になるのです。なぜならば、彼らは必要だからではなく、造ってその余録に寄生することが目的で公共事業を続けているからです。このため"壊す公共事業"さえ許されれば、無駄な新規を抑制することができるのです。同時に、リストラで街頭に放り出された大量の失業者を救済し、フリーターとかニートとか呼ばれる事実上の失業者(棄民)への就業機会を創出し、新たな職業訓練を行うことができるのです。
さらに、大量の雇用を創出することは、新たな景気循環を造りだし、経済に活力を与えることができることにもなるのです。従来の公共事業を続けていても、投資の大半が一部の利権集団と土建業者の懐を潤し隠匿され続けるだけで、次ぎの再投資には振向けられないのです。これに対して、低所得者の就業機会を拡大できれば、彼らには貯蓄の余裕がないため獲得した所得は全て消費に回されることになり、新たな景気循環を創り出すのです。
 このような、景気回復という副産物が付いた手段を放置し阻んでいるものこそ、あくまで利権にしがみ付こうとする硬直した業界と事業の正当性にあくまで固執する官僚機構なのです。
 もっとも、本音を言えば、私は資本主義経済の救済や景気の回復などどうなろうがどうでもよく、所得較差の拡大と社会不安の増大によって、既存の国家機構や富裕層への激烈な闘争(貧富の差解消のための挑戦)や内乱が始まることの方が手っ取り早いし、国土の再生も結局は早いと思っているのですが、選択は自由です。私はどちらにも適応するつもりです。
 脱線しましたが、私に言わせれば、無駄な造林によって乱造され放置された針葉樹林から(焼却が手っ取り早い)、海岸の薄汚いテトラ・ポッド(撤去)、流してしまうことだけしか考えていない愚かな三面張り水路(浸透型親水水路への転換)、需給バランスを欠き限度を越えて建設された大量のゴルフ場(復林)、アスファルトで固められた駐車場(浸透型へ転換)、水循環を破壊した下水道(可能な限り合併処理浄化槽へ)、当然ながらダム(撤去)等々……実に枚挙に暇がありませんが、これらをどうにかしなければならないのです。
 まず、これらの破壊された環境を放置していては豊かな環境を取り戻すことなど全くできないのです。既に破壊された部分については復元のための作業を開始しなければならないでしょう。当然ながら、彼らに責任を取らせるためにも、計画段階から住民が参加して共事業という形で必要経費だけの再生事業をはじめるしかないのです。
(20050124)

46. 集落全滅へ秒読み/福岡県小石原川ダム
(こんなところまでダム湖に飲み込まれるのか)
                             
筑後川水問題研究会会員 中原 孝矩

 昨年暮れ、晩秋のある日小石原川の上流を久しぶりに訪ねた。江川ダムの堰堤を右手に見ながらダム湖に沿って右岸を蛇行する県道を車で走る。
 甘木市秋月からたどると、焼き物の里で知られる小石原村に出る一本道のせいで、交通はひっきりなし。軽乗用車や普通車、ワゴン、トラックなどが行きかう。


ダムサイト下流の甘木市下戸河内


 秋口は雨が多かったせいか、ダム湖は満々と水をたたえて静かだった。野鳥の観察に興味があるので、鴨などが集まっていないか、湖岸の茂みを双眼鏡でのぞいてみたが、野鳥の気配はキャッチできなかった。何回か経験したことだが、湖面は案外野鳥の気配に乏しく実にさびしいかぎり。霧島連峰の懐にある御池は騒々しいくらい野鳥の気配が濃いかったのが懐かしい。
 途中、辺りが開けたあたりに民宿と鮎料理を食べさせる店舗がひとつ。さらに先へ進むと約一五キロで、民家が集まる江川地区にでる。字名は河原瀬、ロックフィル型の小石原川ダム堰堤が構築されるのは、このあたりだ。
 堰堤が出来るあたりに牛小屋や、住宅五、六戸が軒を重ねる集落が一塊になっている。車を捨てて集落の中へ里道を下る。点々と小さな畑、集落の中を抜ける里道が一本。犬と猫の気配は感じたが、日中は人の気配が全くない。仕事でほとんどの人が山仕事か、川下の街中に働きに出て留守であることがわかる。
 かっては畑だったのだろう、今は荒地になった個所に赤い印のついた杭が打ってあった。ダム堰堤の中心になるという地点だ。昨年春ごろ地盤の地質を調査するためというボーリングが行われていた。ボーリングは中心点以外の二箇所でも行われた。


ダムサイト建設予定地のダム軸付近。

 集落を迂回するように川が大きくS字に蛇行する。ダム中心点の杭から水平に二〇メートルもない付近を川が流れており、川床はそんなに深くは無かった。川の蛇行で土砂がたまった内側の平地に集落が出来たという印象だ。地図で見ると民家は五軒、ほかに牛舎が川の右岸と左岸に1棟ずつ。他に柱はかろうじて立っているが、物が入れられるはずもない荒れ果てた小屋が二、三あった。


水没予定地の栗河内集落。

 この集落を抜けて上流に向かうと、約百メートル先にひときわ大きな集落が姿をあらわす。小石原川が急に渓谷らしい雰囲気をみせる。川幅が急に大きくなり、道路から川底までの落差は十メートル以上に大きくなっている。山の稜線が迫っているせいだろう、まだ夕刻には間があるはずなのに向こう岸の山の斜面に日が当らず、すでに暗い。


この美しい渓谷(小石原川)も沈む。

 このあたりがダム建設で水没することになる江川地区の中心だ。字名では手前が稗田、奥が栗河内とある。道路から見上げると、右岸の斜面に家々が重なり合うように建っている。左岸には民家はなく、牛小屋や作業小屋らしきものがちらほら。道路際に平屋の江川地区集会所があり、入り口に「小石原川ダム対策協議会」の看板がかかる。川岸の崖の上の少し広くなった場所で、正月前など地区挙げての祝い事があると集落の人達は集会所でお茶をわかしたり、煮物をこしらえたり。この広場に集まって、楽しいひと時を過ごすのが習いだった。


見えている人家は全て水没予定!!栗河内の集落。正面は、甘木市江川東部公民館。

 県道から集落に入る急な上り坂道の分岐点となる崖下に、大人の背丈ぐらいの木柱が一本たっており、なにやら黒い字で書いてあった。なんだろうと文字をたどると、集落を示す矢印があり、「江川七義士の碑」と読めた。急な坂道を登っていくとこの碑があるらしかった。
 記録によると、明治九年、維新新政府の政治に不安を感じた旧秋月藩の藩士ら二百五十五人が決起したと伝える秋月の乱(広辞苑による)。豊津方面に出撃したものの、小倉鎮台など官兵側の反撃で破れ、秋月へ戻る途中、この江川栗河内の民家で藩士七人が自刃したことを悼み、今に伝える碑が斜面に張り付くように広がる集落の中ほどに祭られていた。
 碑が建つ場所から下を眺めると県道はかなり下に見えた。この斜面に住宅は二〇戸以上はあるのだろうか。牛小屋が右に、左に建ち、肥料小屋、飼料小屋もくっついてある。住宅はだんだん畑をたどるように重なり合って建っていた。水田らしい場所はほとんどない。それこそ猫のひたいのような畑がそこここにある程度で、米や野菜が収穫できてもせいぜい自家消費を賄うぐらいだろう。お金を求めて外に働きに出ないと暮らせない、貧しい集落だと感じる。牛小屋が六軒ばかりあるが、牛の数は各々二〇頭前後で、狭い場所でなんとか飼育できるという程度らしかった。ゆるやかな山の斜面に広がる広大な牧場などは望むべくもない。
 市の資料によると碑田、栗河内の世帯数は二七とあった。ひょっこり出会った七,八〇歳ころらしい婦人に声をかけた。ダムが出来ることによる立ち退き話を聞きたかったのだ。「息子が福岡市へ出て働いており、ここへは戻ってこない。年寄りにはこの山の中で暮らすには不安が大きい。早く山を降りたいが、まだ補償金の話は具体的になっていない」というような話だった。集落の人達みなが一日も早くお金をもらって街中に移りたいと考えているという。ダム建設反対という声は、ここにはない。
 ダム建設計画が公になったのは一九七七年ごろで、予備調査を行いたいと建設省から県を通じて市に打診があった。初めは、寺内ダムの上流、甘木市高木地区が候補としてあがったが、地元で絶対反対の声があがり、中断。その後、この小石原川上流に変更された。
 平成四年ごろ甘木市長、小石原村長、市議会、村議会関係者と住民たちで、協議会を組織して、水没補償や振興策などを要望することで、話し合いを続けてきた経過がある。
 建設を進めるのは、国土交通省ではなくて、最近組織の名称が変更された独立行政法人、水資源機構だ。二〇〇三年ごろ聞いていた話では、同機構は二〇〇四年初めに工事実施計画を作成して、工事に着手するとしていたが、二〇〇四年中の手続きが遅れていて実施計画作成は二〇〇五年にずれ込んで、まるまる「一年遅れた」としている。筑後川水系の水利用を決めるフルプランの見直しが行われていると聞いた。
 義士七人を祭った碑は集落のほぼ真ん中ぐらいの位置にあった。県道から細い里道をかなり登るが、家々はまだ斜面の上にも重なっていた。碑を通り過ぎて狭くて、さらに急な坂道を上にたどる。
 この集落の人々は、よくこのような狭い急な坂道を、車で行き来できるな、と感じる。車の運転は冷や汗物。ローギアで、ゆっくりゆっくり慎重に上る。仮に暗い中での運転だったら、丁寧にお断りして、歩く方が賢明だと信じる。
 しばらく上にたどると、栗の木らしい林の下に堆肥小屋が立っている辺りが、たどった道の終点だった。車を降りてあたりの風景を眺めた。
 車でよくこんなところまで上ってきたもんだ。川沿いの県道がはるかに下にわずかに、見える。堆肥小屋の上には栗の林が広がっていて、かなりの樹齢と思われる太い幹に何やら記しの付いた白いテープが撒きつけてあった。
 水資源機構から聞いていた話と照らし合わせると、水没補償する立ち木にはテープが巻きつけてあるらしいから、自分たちが今立っているところも水没するはず。となると、今上ってきた集落は全部水没して、水の下になるんだ、と言葉を失う。これがダム建設に伴う現実の姿だ。
 遠くに見える山々は稜線近くまで一面の杉林だが、ところどころ伐採が進んでいて、雑草の色なのだろうか、広々として赤茶けた禿山となっていた。
 ダムの堰堤の高さは川床から一二九メートルという。ロックフィルダムの底は海抜二三〇メートル付近。そこから高さ一二九メートルの巨大な堰堤が築かれる。満水面は海抜三五三メートルとなっている。見渡す限りの山々の斜面が水に飲み込まれている姿を想像するのはとても困難。ただしかし、今自分の眼下に見える住宅や作業小屋や牛小屋や道路や畑など人々の生業の光景は全て水没、全滅するんだという現実だけは理解できた。
 巨大な堤防とでもいおうか、岩石を積み上げた構造物は、集落のあったS字カーブを埋め尽くし、中心点から下流側へ約四〇〇メートル、上流側へ約四〇〇メートル、都合八〇〇メートルに渡り川床をせき止める。堤防全体で八四〇万立方メートルといわれる岩の人工山が、川の中に築かれることになる。ロックフィルダムの材料となる岩石は現場の下流にある岩山を崩して調達される。
 改めてダムのデータを取り出してみる。
 入れ物としてのダムの総貯水量は約四〇〇〇万トン。溜めた水を飲料水として利用できるのは四六〇万トンだから、入れ物のほぼ一一.五%にすぎない。今のところ総事業費は一九六〇億円といわれている。ざっと二二五億円が利用者負担となる計算だ。
 私は先に一トンの水を五〇〇円で買うことになり、高い水道水になりかねない、と指摘しました。約二〇〇〇億円かけて、四〇〇〇万トンの水を溜める入れ物を作るということから、単純計算でだした数字でした。ここで改めて四六〇万トンを二二五億円で買うということで計算しなおしてみます。すると水一トンの値段は、四,八九一円という数字が出て、ほぼ五〇〇〇円ということで許容範囲ではないかと考えます。小石原川ダムから県南広域水道企業団は水を買うことにしています。一日五六,一六〇トンの水利権に二二五億円かけるわけです。不足するというのならわかりますが、小石原川ダムを考慮しない現状で、だぶだぶにあまっています。
 県の水資源対策局の基本的な考え方は「県民に節水を求める」だそうです。度重なる渇水で肝を冷やした福岡市民は、海水の淡水化まで実現しました。わずかな飲み水をえるために莫大な投資をしてしまいました。福岡市民にはその事業から撤退する道はありません。でも、県南広域水道では水は余っています。小石原川ダムは、これから建設への道が始まる段階ですから、まだ引き返せます。ダムの建設ストップを働きかけることが充分出来るのです。
 環境アセスメントで、付近の山々にクマタカのつがい四組が確認されています。水資源機構では、工事の影響はないといいます。工事が始まれば、毎日岩を砕く発破の大音響が奥山にこだますことでしょう。来る日も来る日も、地響きと騒音。クマタカのエサになる野鼠や蛇や、無数の生き物たちが逃げ出していなくなるであろうことは、私にもわかります。想像が出来ます。クマタカはこのような場所には棲めないと感じてきっと逃げ出すでしょう。私は残念ながら確実な証拠を集めて見せることはできません。
 ダムが完成したらダム湖周辺の振興策とやらが検討されるのでしょう。美しい自然を生かして、などとなるであろう振興策も、ここに棲んでいたクマタカがいなくなってしまえば、実に味気ない振興策になるだろうことは確実に予想できます。
               (20050122)

47. 第21回水郷水都全国会議、第8回有明海・不知火海フォーラム
in 久留米、柳川 への呼びかけC

 第21回水郷水都全国会議、第8回有明海・不知火海フォーラム in 久留米、柳川 が共同開催されます。
 第8回有明海・不知火海フォーラム(2005年)in 柳 川 の方は一月二五日、二月六日に現地実行委員会設立のための会合と実行委員会が相次いで行われ、大方の骨格が決まりましたのでお知らせしておきます。
 第21回水郷水都全国会議の方は六月一〇〜一二(金、土、日)の三日間にわたって行われますが、第8回有明海・不知火海フォーラム(2005年)イン 柳川は六月一二日(日)午前及び午後の単日開催になります。と、言ってもこの集会は別々のものではなく同一集会のそれぞれの一部なのです。

第 8回有明海・不知火海フォーラム(2005年)
日時 : 六月一二日(日)単日 午前一〇時〜
場所 : 福岡県大和町中央公民館 (500名収容)
予備 :  〃    三橋町公民館(450名収容)
(いずれも現在合併協議が進んでおり三月末には柳川市になる予定です)

 第 8回有明海・不知火海フォーラム(2005年)開催の意義付けと目的、テーマ 

 前回開催(二〇〇四年七月三一日〜八月一日)以降、八月二六日の佐賀地裁による諫早湾干拓事業中止仮処分決定により、諫早湾をめぐる情勢はこれまでのフォーラム開催で求めてきた中の干拓工事中止が現時点で現実化し、現段階での諫早湾干拓事業の行方はこれまでになく極めて重要な段階に入っている。私たちが期待できる非常に有利な情勢が切り拓かれてきている。
 工事中止を継続させ、公害調停の結論で有明海異変と諫早湾干拓工事との因果関係が明らかになれば、第八回フォーラムが開催される時期はとりわけ重要な時期となります。そのような時期に開催するフォーラムは、この時期の情勢をさらに前進させる開催内容が望まれます。
 つまり、もはや有明海異変と諫早湾干拓工事との因果関係を明らかにするものでなく、具体的な有明海再生へのステップをどう踏み出すのかが焦点になってまいります。有明海再生への真の具体的道筋を指し示し、国のまやかしの振興策を論破する企画内容とします。
 そこで、第8回フォーラムは「かつての有明海をどうしたらとり戻せるか」が主要なテーマになるのではないでしょうか。  (実行委員会レジュメより)
      
 なお、講演者には東海大学元教授の宇野木早苗先生を予定しています。

共同開催の意義

 これまで、水郷水都全国会議は日本全国の環境問題を取上げ、個別のテーマに視点を置いて全国規模で開催されてきました。一方、有明海・不知火海フォーラムは有明海、不知火海の環境問題に焦点を当て、この内湾の沿岸地域で継続して開催されてきました。
 両者は言わば、全国区の運動体と地方区の運動体と言えるでしょう。地方区の有明海・不知火海フォーラムにとっては僻陬の地の問題を全国の土俵に載せ広く訴える絶好のチャンスになりますし、全国区の水郷水都全国会議にとっても、基礎には蓄積された個別の運動が存在するとは言え、全国会議それ自体は一過的であるために、参加者は異なる地域の問題を長年蓄積されてきた運動体の中から発見する恰好の機会になるはずです。
 このような中で両方の運動体が対等の立場で規模の大きな集会を開催することの意義は非常に大きいと思われます。
 いつしか私は両方の運動に巻き込まれてしまい、自分がどちらの立場で発言しているのかさえ混乱するときがありますが、両方の視点で物事を考える絶好の機会が与えられたものと理解しています。いずれにせよ、全国に向けて多数の心ある人々の参加を訴えるものです。

※第21回水郷水都全国会議、第8回有明海・不知火海フォーラム in 久留米・柳川の公式サイトが既に二本稼動開始しました。当方は公式サイトではありませんので、詳しくはそちらをご覧下さい。
(20050124)

48. 大築島周辺の海が危ない
第21回水郷水都全国会議 プレ・シンポジウム 報告文書 (筑水研会報から)

不知火海(八代海)の自然を守る会 田辺 達也(河童共和国)

■ はじめに

 五〇〜六〇年前の球磨川河口と不知火海(八代海)の豊かさを記憶する、昭和ひとけた世代として、後世に良い環境を残すために役立つことを願い発言いたします。今日は、球磨川河口沖合いに位置する大築島周辺の浅海を、県内廃棄物の処理場にする目的で大規模に埋め立て、不知火海を「海の墓場」にする、熊本県潮谷県政と八代市中島市政の環境破壊に異を唱え抗議いたします。



 そして、本シンポのご賛同をいただき、本案埋立工事の即時中止と議会での再審議を。行政の説明責任として情報の全面開示を。本案を主題に川辺川ダムに準じた賛否討論の県民集会・市民集会を複数回開催せよ。以上、熊本県と八代市に求める決議をお願いするものです。この訴えは、環不知火海(八代海)住民の切なる願いであります。
 ときに、不知火海東域の八代市・中島隆利市長は、「個人的には、川辺川ダムに反対」とか「球磨川河口干潟を渡り鳥生息地の国際条約に」など、相手次第では「県議時代、私は八代海の埋立て計画に反対してきた」とか「21世紀は環境の世紀です」など、いかにも環境擁護派めいて頼もしい外面を見せています。しかし耳触りのよい思わせぶりは、風見鶏の二枚舌にすぎません。
 一年前の三月、天草から漁業者代表と自然保護団体が来代し、市長に埋め立て反対の申し入れをしました。そのとき市長の態度は、「港湾開発のため海洋環境には目をつむれ」の一点張り。環境擁護のカの字もありません。市長の変質に、この人がかつて革新といわれた県議のなれの果てかと、驚いて帰られました。
 市長当選後の中島市政は、大築島周辺の埋立てに進んで同意し、海洋環境破壊に手を染めはじめました。その一方で、温泉町の風致と教育環境を破壊するギャンブル(場外馬券売り場)日奈久誘致に狂奔するなど、近年、反社会的な妄動が二重三重に目立っております。
 言葉と行いが全くチグハグなのです。八代市民はこれに同意しておりません。

■第1 「海の墓場計画」とは、

 不知火海に浮かぶ大築島周辺四つの島の地先四二ha(護岸延長一六三五m)を埋め立て、県内の廃棄物処理場にするものです。予定埋立量は四六〇万立方メートルその八割以上を熊本や長州など他港から持ち込む、極めて政治的な公共工事です。
 埋め立て面積はあいまいです。表向きは四二haですが、県の分厚い計画書には「実際には必要面積は四二haより更に大きくなる」とあり、更に、国の計画図面(注1)では一.五倍の六〇haになっています。
 港湾廃棄物は自港処理が原則、従ってルール違反は承知のうえ。もともと八代海に捨てる合理性も必然性も全くありません。中島市長は、この計画を精査しないばかりか、県に隷従して丸のみ、市議会にまる投げ。この無責任と怠惰は議会でもきびしく追及され、一昨年一二月議会ではいったん否決されました。市長はこの民意を拒否、昨年三月議会に再付議、ごり押ししたのです。

■第2 生態系の危機です。

 この辺りは、不知火海でもっとも豊かな魚の揺りかごです。浅海で光合成された緑の藻や褐色の藻草が約五〇種類、プランクトンは一〇〇種類生まれています。
 専門家調査からも、「大築島南域及び黒島南側の藻場の分布状況は最もよく、アカモク、ワカメ、ヒジキ、ウミトラノオ等が多く分布している。藻の長さも他地点と比べて長く四mを超すものもある」と報告されています。
 大築島周辺の藻場環境がとり分け良好なのは、何千年・何万年にもわたって、九州山麓の豊かな水と森林の栄養分を運んだ球磨川の恵みが深く関わっております。「海は山の恋人」といわれるゆえんです。ちなみに、球磨川は、流路一一五km、熊本県内最大(九州三位)の河川です。八代平野を望む東部山麓(新遥拝堰)付近の水量は、表流水が一,〇〇〇万トン/日、伏流水(地下水)は六〇万トン/日と推定されています。
 県や市では、自然の藻場を破壊しても、人工的な藻場をつくればそれで済むという考えで、段々畑の海中藻場を描いています。欺瞞的なつじつま合わせと自画自賛とムダ使いがお得意な、いかにも行政らしい絵空事(スケッチ)です。
 いったん破壊された藻場は、短時間には養生・復元できません。四つの島が埋め立てられると海流も変わります。藻場が壊され海流も変われば、魚が育たず、いなくなります。
 壊す必要のないものを壊し模造品をまたつくる。これは川辺川ダムや諫早湾しめ切り事業の同類の、バブル・ゼネコン型の発想です。

■第3 大築島周辺の水深

 大築島周辺の水深については、県は天草の漁業者に対し「水深三〇〜四〇mだから八代海は投棄に最適」などトンチンカンな答弁で煙に巻いてきました。
 その深さが最適なら、何も不知火海でなくともいいはずです。
 熊本県は、熊本港や長州港など有明海域の土砂に限っても、二四〇万・(全体の五二%)も八代海に捨てる方針です。不知火海域の首長(八代市長)なら、「自港処理の原則から八代海への持ち込みは容認できない」とキッパリ拒否しなければなりません。
 他港の廃棄物が、巨額の税金を浪費してまで、なぜ、遠い球磨川河口沖合いへ運ばれ、捨てられるのでしょうか?
 そちらでは、諫早湾締め切りや有明海異変で、反対の烽火が燃え上がっております。同じ不知火海域・葦北へも、水俣病の苦い教訓から強い抵抗と反発があります。県内では与し易い八代(球磨川河口沖合い)が、手っ取り早く狙われたのです。
 大築島周辺の埋め立ては、県に隷従するイエスマン(八代市長)の存在、そして八代市民と球磨川水系住民の、本案にたいする無関心・無抵抗に近い「弱い環」を破って進行しております。川辺川ダムに反対している地元諸団体・活動家、政党・議員が、球磨川河口海域埋め立てになると、とたんに沈黙あるいは言い訳のチグハグ・市民運動不在の不思議が、この重大事の意義と関心を薄め、埋め立て同意と工事強行を可能する背景にあることも事実です。
 環境擁護の視点から市民運動の新しい構築が望まれます。

■第4 ラムサール国際条約

 本海域の埋め立ては、海洋環境保護に係る国際条約にも反しております。
 熊本県は、大築島南域(埋め立て域)の水深を、平均「マイナス四m」(注2)と規定しております。これは公的調査「大築島周辺の魚藻分布図」からも明らかです。
 四mの浅海なら、干潟湿地の保全を決めた国際条約『ラムサール条約』に照らしても、本来埋め立ててはならない場所(注3)のはずです。
 私たちはそこを保全する義務があります。

■第5 八代市長の対応

 中島八代市長は、一昨年、埋め立て同意案の議会否決にあわてふためき、県に「議会の理解が得られるような説明と解答を」と泣きつきました。そればかりか「埋め立て場所を変更できないか」それも東側にずらせないか、西側にずらせないか、北側にずらせないか、結局どこでもいいと言わんばかりの、行き当たりばったりの醜態は市民として恥ずかしい限りです。
 双方のやりとり(注4)は秘密扱いです。県市の藻場委員会でも詳しい資料が出ていますが、八代市はこれも握りつぶし議会へも出しておりません。
 私たちはそのことを知ったので、八代市長に情報の開示を求めました。しかし県と協議のうえマル秘扱いと拒否されました。市民に知られては何もかも困るのです。

■第6 縦 覧

 熊本県は、本計画は公示し縦覧に付したとか、八代市民には説明会を行い理解を得た(注5)と開き直りました。しかしこの事案は、官報に載せたからことは済むという役人の論理は通用しません。こういう傲慢と秘密主義がこじれの原因になるのです。説明会は開かれておらず、ウソはすぐばれました。
 市の幹部も初め「公告は市報に掲載済み」とタカをくくっていました。しかし、そうでないウソもすぐばれました。一事が万事このずさん、最低の情報さえ議会はおろか、市民の目の届くところに開示されておらず、説明責任も全く果たされておりません。

■第7 公共工事の甘い蜜

 大築島周辺の埋め立て工事費は二四五億円、工期一五年と発表されています。
 巨大マリコンの蜜をめぐる政・官・業の黒いうわさは、一年前から広く流布されており、そのことで、右翼団体の街宣車が市役所周辺を連日取り囲み、市内は騒然としております。
 一九七〇年代後期、川辺川ダム工事が当初予算三五〇億円ばかりではじまり、今では何と総事業四,〇〇〇億円ばかりに水膨れしております。大築島周辺海域のマリコンも、その図式の膨張が推定できます。
 川辺川ダム・諫早湾締め切りなどムダな公共事業では、年間、数千万〜数億円が、工事容認・推進の政党・政治家の懐に流れ込んでいます。このような税金ピンハネの黒い図式は、今回の大築島埋め立て事業にも当てはまり調査の必要があります。

■ 終わりに

 以上、中島市長の環境政策は、欺瞞的な美辞麗句とは裏腹に、県の方針丸のみの無責任、合意形成の手続きも提案の形式もまる投のデタラメです。大事な情報を隠して県の無謀・無法に隷従する驚くべき無節操がくりかえされました。八代市が独立した自治体であることさえも危うくしています。
 川辺川ダムも諫早湾締め切りも、国や県が情報を閉ざし住民をだまして工事を強行したので紛争が長期にわたり、無駄な税金が使われました。この二の舞・三の舞をしないためにも、強力な運動が求められます。(筆者は八代市在住)

注1 「八代湾」(国土交通省九州地方整備局、H13年刊)
注2 「廃棄物処理場」港湾管理者(熊本県知事)H14.10.24、湾1139号p51
注3 「ラムサール条約と干潟」山下弘文、第3回有明海・不知火海フォーラム資料p8
注4 「大築島南地区埋め立てに関する(県・市)連絡協議会報告資料」H16年 2月
注5 熊本県古市正彦港湾課長よりH15年 4月11日付き田辺達也宛ての回答
(20040801)

49. 「大築島周辺の海が危ない」の掲載について  

 すでにご存知かもしれませんが、先月号の最終ページに「不知火海(八代海)を守る講演会へのご案内」という案内ビラ(チラシ)を掲載していました。この集会については、後日、田辺 達也さんに報告していただく予定ですが、連休最終日の午前中に八代で三〇人の集会は立派なものだったと思います。この集会は会の結成を念頭においたものですので、有明海・不知火海フォーラムの協力団体が不知火海の天草側ばかりではなく、八代側にもできることになりそうです。もちろん田辺さんはその中心的存在です。年齢はあえて申し上げませんが、相当のキャリアと識見を持たれた方です。
 民俗学者の柳田国男が天狗、河童、山人などに異常な興味をもっていたことは有名ですが、柳田民俗学の延長に位置付く河童サミット、河童フォーラムなど、全国の"河童共和国"の大幹部でもあります。
 年齢にもかかわらず、大分県佐伯市の大入島埋立問題にも関心を持ち、大入島に訪問した(ニ月二六、七日)私に同行していただくなど、エネルギッシュで頼もしい先輩であり、相棒でもあります。
 今回、掲載した「大築島周辺の海が危ない」は、昨年の夏に開催された第21回水郷水都全国会議の準備のために開催した"プレ・シンポジウム"に提出され報告されたものですが、筑水研会報の最新号に掲載されたのを機会に、本リポートへも掲載することにしたものです。
 先に私が書いた「不知火海を死に追いこむ大築島埋立計画」とは別の角度から捉えておられますので、併せてお読みになれば「大築島埋立問題」をより立体的に捉えることが可能になると思います。
(20050228)

50. 大入島埋立を許すな!A (現地レポートNo.1)

現地報告(大入島上陸)

 二月二六〜七日、大分県佐伯市の大入島に行って来ました。もちろん目的地は埋立問題で揺れる大入島の石間浦です。大築島埋立という同じ問題を抱える八代の自然を守る会の田辺達也さんとの訪問でした。実際、遠征という表現がぴったりです。熊本で待ち合わせるために、朝六時から列車五本を乗り継ぎ、ようやく佐伯に到着したのが午後一時ですから、実に七時間を要したことになります。佐賀から大分ですからそれほど遠い印象は持っていなかったのですが、実に大阪よりも東京よりも時間が掛かる訳です。
 佐伯駅に着くと田辺さんの古くからの友人であるN氏が改札で待ち受けておられました。


大入島へのフェリーから島を望む

 フェリーの発着時間の関係もあり、挨拶もそこそこに車に飛び乗り、いつの間にか船上から海を眺めていました。船からは正面に大入島が、右手に、興人佐伯工場とその興人が数一〇年にわたって流し続けた廃パルプがヘドロ化した浚渫土の仮置き場が見えています。


右手に興人佐伯工場と焼却場(左)


興人のヘドロの浚渫土仮置場

 フェリーは一〇分ほどで島に着きます。車でそのまま降りて一分も走れば、現地石間の小学校が見えてきますが、前の海岸道路の傍らには二つの団結小屋が建っています。車から降りると多くの反対派の住民が小屋に集まっていました。なんとN氏が前もってチラシを入れ、有線放送でも案内があったとかで、一番多い時には四、五〇人もの人が集まってこられました。どうやら"八代、大築島埋立反対派の偉い人達がやってくる"とかいったふれ込みだったようですが、当の私達は現地の熱気に圧倒され恥ずかしさも手伝って逆に恐縮した次第でした。


埋立て予定地の石間小学校前の海

 N氏は大入島の西側にある無人島=彦島の環境保護運動に取り組み(彦島の自然を守る会)、石間の人達と連携した闘いを展開されているためか、私と田辺さんはその余録で大歓迎を受けることになったようです。


反対運動を担う石間の男たち

 今回は、締切りの関係でここまでとします。詳報は四月号以降に回します。これとは別に、先行して「彦島の自然を守る会」と現地石間の埋立反対運動を支える「佐伯の自然を守る会」ほかのチラシをそのまま掲載します。
 ここで訴えている内容は悲痛な叫びであり、しかも訴えは緊急を要しますので、当リポートも微力ながら宣伝に協力したいと考えています。


多くの海岸で磯焼けが拡大する中、この石間の海草は感動的

大入島埋立関連資料集

70億円の巨大なゴミ捨て場はいらない
石間区、荒網代区のみなさんへ交流会のお知らせ
緊急アピール 
大入島石間浦の埋立工事に再度着工しないこと、及び、同埋立工事計画を白紙撤回することを求めます
佐伯港港湾計画図と埋立地の疑問
歴史からみた地先権と磯草の問題
大入島埋立問題でのこれまでの主な経過(現地で入手した共産党作成の資料)
昭和48年8月(1973年)大分県佐伯湾ヘドロ実態調査報告書
周辺地図


反対運動の主力、石間のオバチャン達
(20050228)

■次回への予告■I

 連載が一年になりました。毎月二万〜四万字(原稿用紙五〇〜百枚)程度の編集になっていますので、実際、校正に追われる毎日が続き、かなり消耗しています。いきおい外部論文に依存したくもなるのですが、それはそれで解題を書く必要もあり、それほど軽減できるというわけでもありません。
 最近は、好きな将棋も指せず、釣りや温泉に行くこともできずに校正と写真を撮ると称してフィールドワークをやることだけが日課になりつつあります。
 さて、新年度のことですが、四月掲載号から多少編集スタイルを変えようと思います。
 色々と考えていましたが、目標を具体的に搾りこむために、
    T 有明海・不知火海の再生を目指して (No.11)    
 というこれまでのサブ・スローガンを、
    U 筑紫島(チクシジマ)の復元のために  (No. 1)     
 に、変えることにしました。"筑紫島"は「古事記」からの切出しです。同じ"チクシジマ"でも「日本書紀」では、"筑紫洲"と表記されていますが、私は古事記に依拠したいと考えます。理由は一応申し上げておきますが、古事記が日本書紀よりは真実を反映しているという説に依拠するものです。もちろん、厳密には正しくありませんが、広義の九州の意味で使います。
 いまだに議論される"ツクシ"と"チクシ"の問題については、"美しい""ウツクシイ"("ウ"は強調)と関係のある言葉のように言う人もあります。ただ、大分など東九州は"美しい"を頻繁に使いますが、筑前から有明海沿岸ではそもそも"美しい"という形容詞を日常生活にはあまり使わないようです。一方、「随書」でも"竹斯"、「古事記」でも"竺斯"が使われているようですので"チクシ"説を採ります。この点については古田史学の会の古賀達也氏のアドバイスの受け売りです。私は三〇年以前から九州王朝論者である古田武彦氏(元昭和薬科大学教授)の「邪馬台国はなかった」「失われた九州王朝」「盗まれた神話」三部作……外多数の著書を読んできましたが、最近、古田史学の会に入会することにしました。
 一方、"シマ"と"ジマ"の問題もあります。濁音と清音については、対馬から壱岐そして志賀島、沖ノ島、宗像大島と"シマ"と呼びますが、東九州に入るとにわかに"ジマ"が多くなります(オオニュウジマ、ホゴジマ、ヒメジマ、フタオイジマ、幻のウリュウジマ…)が、チクシについてはシが重複しているためジマと呼ぶとします。
論文の連番は継続しますが、一応の年の区切りを付けることにします。また、新年度からは取材領域を九州全域に広げ、現在以上に多くの外部論文を取り込んでいくことにします。
 今後は、環境問題に軸足を置きつつ、単に公共事業や環境問題一般に終始することなく、原子力問題、時として、現地のルポルタージュ、エッセイ、緊急アピール、写真の掲載を、また、政治、経済、社会、勿論、私が一番好きな民俗と古代史などを織り込んでいくつもりです。
 水準や格のことを無視すれば、事実上は岩波の「世界」のような月刊誌(近藤さんの上位サイトはさしずめ岩波の「科学」でしょうか)をネット上に作ることになるわけです。
 また、外部論文は広く一般にも開放しますので、環境問題を中心に、意欲のある方、訴えたい事がある方は当方宛てに原稿をお送り下さい。もちろん趣旨にそぐわない内容や、例えば、"二酸化炭素を削減することによって気温の上昇を抑えよう!"などといった戯言は遠慮願い(もちろん説明を加えてそうさせてもらいます)ますが、基本的にはオープンにします。
 確かに外部論文は増えると思います。今後、私は書かずに外部論文だけで編集するということも場合によってはあるかもしれません。実際、三月号も外部論文が多くなっており、私の書き下ろしは絶対量も大したものではありません。
 ただし、外部論文の著者が全て"槌田敦教授−近藤邦明"ラインの環境問題に対する科学的な考え方を受け入れているというわけでないことは申し上げておきます。そんなことは通常ありえないでしょう。
 私の立場が槌田敦教授−近藤邦明ラインの見解に一致しているように見えているのかもしれませんが、もちろん、私に地球物理学的な科学性理解力があるわけではありませんので、完全に理解しているなどといったことはもちろんありません。槌田教授の五、六冊の本読んで感激しただだけのことかもしれません。どちらかと言うと私の思い入れや憧れに近いものなのでしょう。ただし、直感的というか経験的にというか"全ての人間が口を揃えるようなもの"(例えば京都議定書、ディーゼル・エンジン問題、炭酸ガス地球温暖化主因説など)は歴史的に見て大体間違いであったと思っている、そういう直感を感じているからです。
 可能かどうか分かりませんが、今後とも"槌田敦教授−近藤邦明"ラインの環境問題に対する科学的な考え方に沿った編集に努めていきたいと思います。
(20050228)