41. 六角川河口二〇qで捕獲された鯨の話

はじめに

 私の住む家から四キロほどのところに長崎自動車道"武雄北方"インター・チェンジがあります。有明海最奥部の住ノ江港から六角川河口堰を経てこの川を遡上すると、高速道路の橋梁直下を川が抜けることになります。
 干拓が海に向かって広がり続け、河口が沖に向かって伸びたこともありますが、このインター・チェンジ付近までは直線で一二キロの距離があります。しかし、この川は有明海沿岸域でも最も大きな蛇行を残す川であり、この付近までの河道延長は優に二〇キロになるのです。もしも、この内陸部の河川で一〇メートルを越す大型の鯨が捕獲されたと言ったら、皆さんは信じるでしょうか。しかし、その記録が実際に残っているのです。
 とりあえず、なぜこれほどまでの内陸部の河川で鯨が捕獲されたのかを説明しますが、それは"そこが海だったから"と言う方が分かり易いのかもしれません。まず、39.「城原川ダム建設を許すな!」でも引用した「佐賀県史」から見てみることにしましょう。

佐賀県史に書かれた六角川

 「白石平野(*)は広義の佐賀平野の一部であるが、さきに述べたところ(筑後川右岸の佐賀平野のこと:古川注)と種々相違した性質がある。まず、山麓は直接して扇状地がなく、地盤の沈降を示しており、六角川は河道が深く、潮汐が武雄盆地にまでおよぶ。土壌も安山岩や第三期層の砂岩、結岩などの風化土壌で佐賀平野のそれより重粘である。
 佐賀平野にきわだって著しかった堀がここでは小さくなり、分布も租となっている。そして水田の中に島とか馬道と呼ばれる小高い細畦の盛土がいたるところにみられる(小規模な利水のためのものでしたが、これはこの本が書かれた当時の景観であり、ほ場整備事業のなどの結果、現在ではほぼ消滅しています。 :古川注)。
 六角川と南の塩田川とを除けばこの平野には川らしい川がない。しかもこの両川ともに潮汐の干満の影響が強くはるか上流まで海水が逆流するので灌漑に役立たない。杵島山はわずか三〇〇メートルほどの山地で、山が浅くみるべき水系が発達しない」(「佐賀県史」昭和四三年)
 一方、佐賀平野の特徴は、「佐賀平野の諸川は背振山系から風化した花崗岩の砂礫を運搬して山麓に扇状地を作ったが、平野部でも河道はすぐ天井川となり、氾濫して河道を変えてきた」(同書)となります。 
このように上流から粒子の大きい堆積物(風化花崗岩=真砂土)が送りこまれる佐賀平野に対して、粒子が小さい泥中心の堆積物が送りこまれる白石平野では、「佐賀県史」に書かれているように、内陸部まで陸地の標高が低く海水が内陸奥深くまで入るのです。
 当然ながら、有明海沿岸域最大の蛇行も河道の深さもこのことによって多少とも説明がついたかと思います。
 繰り返しになりますが、佐賀平野に対して、白石平野から武雄盆地にかけては標高が低く、海から遥かに遠い内陸部まで潮が上がり、私が住む市街地のすぐ南側まで海が広がっていた時代があったことを感じさせます。その後、それは徐々に陸化していくのですが、それほど古い昔ではないほんの数百年前まで、相当に川幅の広い感潮河川(佐賀ではこれを江湖(えご)と呼びますが)、と言うよりも幅の狭い海が延びていたのです。

(*)白石平野 : 佐賀平野の西側に隣接する六角川と塩田川にはさまれた平野で中央部に杵島山がある。

「多久御屋形日記」に見る鯨の記事

 「多久御屋形日記」という資料があるのですが、「北方町史」の年表にはこの資料に基づく記事が掲載されています。

一七四〇(元文)五

一一・二〇 
志久村の猫江井桶口に鯨のようなる大魚入来る。
猟舟六艘、牛津四、福母一、馬田一、で追込む、須子と芦原では鉄砲を数筒づつ発した。と注進
一二・ 三 
右の鯨の入札あり、岸川町久右衛門落札する。
一七四一(寛保)元
一・一〇 
牛津の鯨追込をして来た四艘の船主共、海上より追込んだ手数料を請求する。



新橋上から六角川上流を望む左岸の三番目の樋門付近か?

迷い鯨多久領内にて斃死するの一件

 多久市の郷土資料館の館長をされている尾形善郎氏が書かれた「肥前様式論叢」という本があります。ここにこの話しがまとめられていますので引用させていただきます。

 鯨なるものとはるか縁遠くなった現在、有明海にそそぐ六角川の上流・杵島郡北方町の川筋(旧多久領)に鯨が泳ぎついたというニュースは誰もが信用しないだろう。しかし多久市立図書館に「新橋江筋入込候鯨図」(紙本墨書・堅五三p・横一〇八p)の絵図が保管され、その確たる証拠を残している。
 あわれむべし、この鯨は「惣長サ四拾尺、但色とろ色」「背より腹まで差渡七尺」「ひれ長サ六尺八寸、横三尺」「鼻先キより口ひげ迄七尺」尾の部分は「差渡四尺八寸」(「 」は絵図に付記されている記録、以下同じ)という子鯨である。この鯨は、たまたま対馬沖の海流から有明海に迷い込み、清流を求めて六角川の川口にさしかかったのであろう。そして肥前の景観にみとれながら川登りを始めたのが運のつき、我に返った時は北方町の「新橋より凡そ八丁斗」の地で、両岸は「多久私領志久村之内初袋」なる部落で、眼前には「多久私領医王寺村之内、猫之江(・・)家三軒」があり、鼻先に「井樋」の水がそそいでいた。ここでは身をよじるによじられない川幅で、海にもどるにもどれず運つきて「井樋」の清水に死水をとって斃死するに至ったのである。
 それから二四一年たった。この現場を巡検すると、国鉄北方駅前のバス停から西へ四〇〇m、北方町追分の信号、交差点があってこれから南に入って追分踏切を渡って医王寺の方へ六〇〇m行けば「新橋」がある。現在架梁中の橋下をくぐって川筋の土手沿いに西に八〇〇m程行った所が、鯨の斃死地である。この両側には「井樋」があり、川筋は絵図通り南にカーブしている。「猫之江家三軒」は今はなく、広々とした美田が続いている。夕日が落ちるとき、この「瀬土井」に立てば、あわれむべきかの鯨のとまどいとあわてぶり、ためいき、そしてあがきと絶望がひしひしと胸にせまってくるのである。
 この一件について多久邑校東原庠舎教授のち大監察を勤めた多久出身の儒者、深江順房(一七七〇―一八四八)は、弘化四年撰した、「丹邱邑誌 巻五」(多久市立図書館蔵)に「元文四年、志久江筋(・・)鯨上り来而遂ニ腐損候」の一文を書き残している。
 また佐賀藩校弘道館助教をつとめた多久邑出身の儒者石井鶴山(一七四四―一七九〇)は同書「巻一」の上欄に「北方八景」の詩をのせている。その一つに「猫江(・・)皈帆」の次の詩がある。
 「地析江門(・・)秋色開 千鯨噴浪雪山来 渡頭日落天如水 一片孤帆擁月回」と。さきの迷い鯨は、この句の千鯨の一頭であろうか。「猫江」の場所といい「江門」といい不思議さもさきの一件と一致しているのではないか。迷い鯨は鶴山先生五歳の時の出来事であった。幼き時の感傷が後でこの詩を生んだであろうか。
 鯨とは、南太平洋を悠然として泳ぎ渡る縁遠いもののようであるが、この迷い鯨はのどかなる多久領内を興奮させた縁深いもので親しみのもてる身近なる思いをさせるのである。
「肥前様式論叢」尾形善郎(元佐賀県立博物館副館長)

絶滅した克鯨

 一九九九年(平成一一年)七月五日付「西日本新聞」に、"幻の鯨六角川をさかのぼった!?"多久市に伝わる江戸中期の絵図「絶滅した克鯨」と推定 という記事があります。

 多久市に伝わる江戸時代中期の絵図「鯨図」に描かれた鯨について、長崎大水産学部の柴田恵司名誉教授(七四)=長崎市石神町=が「日本近海では絶滅した(こくくじら)と推定される」と鑑定した。絵図は有明海に注ぐ六角川を河口から約一二`さかのぼった地点で描かれており、柴田さんは「回遊性のある克鯨が迷い込んだのだろう。川に上がった鯨の絵図は全国でも例がないはず」と語り、近く海事史研究史で発表するという。
 この絵図は、多久市郷土資料館が所蔵する「新橋江筋入込候鯨図」(縦約五十二a、横約百十a)墨書きで、一七三九(元文四)年作。場所は旧志久村(現在の北方町)の六角川上流との添え書きがある。旧多久藩の「多久御屋形日記」にもこのときの記述として「大魚が入り込んだ」と記されている。
 北方町は内陸で山が迫り、鯨が川をさかのぼってきたことなど想像もできない地形だが、周囲を山に囲まれた多久市東多久町の六角川に注ぐ牛津川の支流にかかる橋にも「鯨橋」の名前が残っている。 
「多久古文書村だよりNo.3」(昭和五六・三・三)

おかに上がった鯨

 複数の資料から、ほぼ、全体像が分かってきました。私の想像はこうです。
 「多久御屋形日記」には、牛津(小城藩)の猟舟とありますが、海で発見された鯨を、住ノ江(六角川河口、右岸の福富町、左岸の芦刈町にわたる港湾と漁港)あたりの漁師達が湾奥の浅瀬(といってももちろん干潟ですが)に追いこみ捕獲しようとしていたのでしょう。追い回しているうちにいつしか六角川に逃げ込まれ、とうとう二〇キロちかくもさかのぼり、身動きできなくなったところをようやく捕獲したということのようです。
 もちろん、当時の住ノ江は水運と漁労の集落があるだけで、鯨を専門に狙う"鯨組"などはもちろんなく、まず、鯨を仕留めるような"銛"さえ一本も持ってはいなかったはずです。せいぜい、網とか綱で絡め捕る以上の方法はなく、実際には他人に捕られないように鯨の遡上に追走しただけだったと思うのです。当事の佐賀は、鍋島本藩のほかに、分家筋の蓮池藩、小城藩、鹿島藩などの支藩とその他の関係領地(家老領…など)に分かれ、入り乱れていました(「佐賀県史」の図面参照)。まず、住ノ江の漁師と北方(志久)の領民とは行政区分が異なり(*)、当然ながら分け前についてはそれなりの対立が生じたはずです。しかし、獲物はそれを遥かに上回る値打ちがあり、お互いそれなりのものを得て収まったことも想像に難くありません。
 いずれにせよ、「鯨一頭、一村潤う」と言われたように、降って涌いたような宝物に住ノ江の漁師連も志久村の百姓もおおいに沸き立ったことでしょう。

(*)六角川左岸の住ノ江(芦刈)は小城藩領、右岸の住ノ江(福富)は鍋島本藩領、捕獲された場所の現北方町(旧志久村)は多久領(鍋島家親類同格扱いの家臣領)だったようです。


くじら図



全長一二メートルの鯨が上る川

 記事によると捕獲場所は河口から一二キロということですが、あくまでもそれは直線距離です。当時は現在以上に甚だしく蛇行していたわけであり、やはり河道延長で二〇キロ以上はあったはずなのです。しかしたまたまそこで捕獲されただけであり、堰があるので止まっていますが、海水はさらに五キロ近くは上がるのです(この場所からさらに上流部の武雄市橘町には"潮見"という地名もあります)。少なくとも、二百六十年前には全長十二メートルの鯨が逃げ込むほどに大きな江湖が広がり内陸まで潮が上がっていたことを示す良い資料と言えそうです。もちろん当事の六角川の河道は今とはかなり異なり、川幅ももっと広く、現在の北方町中心部に近接して流れていたようです。
 この話しは一つのエピソードであり、ただのコラムとして読まれて結構です。少なくとも昔の六角川がいかに大きく、また、いかに内陸部まで大規模に潮が入っていたかということは分かります。今、昔の有明海に比べて潮汐が非常に衰えてきたと言われますが、それは、当然にも藩政時代以来の干拓の拡大による影響もあるでしょう。
 しかし、現在の有明海が農水省史上最悪ともいうべき"諫早湾干拓事業"の潮止め堤防の建設(ギロチン)によって、さらに潮流と潮汐が減退して赤潮が頻発するなど、環境が大規模に悪化していることを知って頂きたいのです。
(20050121)

42. 第21回水郷水都全国会議, 第8回有明海・不知火海フォーラム(2005年)への呼びかけB

 第21回水郷水都全国会議, 第8回有明海・不知火海フォーラム(2005年)の開催日時、場所については、まだ不確定の要素が残っていたのですが、大方の骨格が決まりました。
最終的には合同の実行委員会において決定されることになりますが、六月一〇〜一二(金、土、日)の三日間にわたって共同開催されることになります。

第21回水郷水都全国会議
日時 : 六月一〇〜一二日(金、土、日)
場所 : 福岡県久留米市久留米大学(御井キャンパス)

第 8回有明海・不知火海フォーラム(2005年)
日時 : 六月一二日(日)単日 午前一〇時〜
場所 : 福岡県大和町(現在合併協議が進んでおり開催時では柳川市かと思われます)

 第21回水郷水都全国会議については、一〇日の午後から一一日の午前中にかけて、数コースのエクスカーション(小旅行)が組まれるでしょう。当然ながら、九州における最大のテーマである「諫早湾干拓問題」「川辺川ダム建設問題」はこの中でも取上げられることになります。
第 8回有明海・不知火海フォーラム(2005年)はこれまで二日間にわたって行われてきましたが、今回は独立した柳川市の会場での単日開催となり、実質的に第21回水郷水都全国会議の中に食込む形での開催になるものと思われます。会場となる大和町公民館は福岡県海苔養殖の中心的産地である大和町中心部にあることから、多くの漁民の皆さんの参加を呼びかけたいと思います。 

共同開催の意義

 これまで、水郷水都全国会議は日本全国の環境問題を対象にして個別のテーマに視点を置いて全国で開催してきました。一方、有明海・不知火海フォーラムは有明海、不知火海の環境問題に焦点を当て、この内湾の沿岸地域で継続して開催してきました。
 両者は、言わば全国区の運動体と地方区の運動体であり、地方区の有明海・不知火海フォーラムにとっては僻陬の地の問題を全国の土俵に載せ広く訴える絶好のチャンスですし、全国区の水郷水都全国会議にとっても、基礎には蓄積された個別の運動が存在するとは言え、全国会議それ自体は一過的であるわけで、参加者は異なる地域の問題を長年蓄積されてきた運動体の中から発見する恰好の機会にもなるのです。
 このような中で、両方の運動体が対等の立場で規模の大きな会議を開催することの意義は非常に大きい思います。
 いつしか私は両方の運動に巻き込まれてしまい、自分がどちらの立場で発言しているのかさえ混乱するときがありますが、両方の視点で物事を考える絶好の機会が与えられたものと理解しています。いずれにせよ、全国に向けて多数の参加を呼びかけるものです。
(20050108)

43. 第21回水郷水都全国会議は("スイキョウ")水都全国会議か

 筑後川の中流が数本の上流を始めに受け取る場所に"水郷"日田(大分県日田市)があります。筑後川水問題研究会が連携する団体にも日田を中心とするグループがありますので、豊後の日田、筑後の柳川、久留米の水郷、水都が、これを機会にさらに連携を強めることになればと思います。
 水郷水都全国会議は、もちろん、"スイゴウ……"と自らを呼んでいることでしょう。茨城県潮来市、島根県松江市、兵庫県城崎町…であれ、恐らく全国の水郷は"スイゴウ"でしかないはずです。しかし、「日田では水郷を"スイゴウ"とは呼ばずに"スイキョウ"と呼ぶ」と言えば、驚かれる人もかなりおられるかもしれません。さすがに今となれば、日田においても全国並に"スイゴウ"と呼ぶのでしょうが、一部には、まだ、"スイゴウ"という響きに違和感を覚える人が日田にはいるのかもしれません。
 さて、いつもながら、私のリポートには司馬遼太郎がよく登場しますが、今回も同様です。「街道をゆく」には、この"スイゴウ"と "スイキョウ"の話が出てきます。

 豊後日田は、江戸期では三万二千石、堂々たる天領の地であった。土地ではヒダといわず、ヒタと澄む。
 「日田は、水郷です」
と、湯布院の宿の女中さんがいったが、この場合も、関東の潮来(いたこ)のように「水郷(すいごう)」とは言わない。スイキョウという。
 日田は高原をなして、いわば僻地というにちかいが、江戸時代は漢学がさかんで、広瀬淡窓の咸宜園(かんぎえん)などは全国からこの遠国(おんごく)のそのまた不便な高原の町に子弟があつまり、門人三千余人といわれた。江戸期における慶応、早稲田といった私学の雄は江戸よりもむしろこういう土地にあったということが、江戸体制を考える上で興味がある。
 スイキョウなどという音(おん)も、この町に漢学書生が充満していたのと無縁ではあるまい。漢学者は、坊主よみといわれる呉音(郷の場合はゴウ)を卑しみ、漢音のキョウをとるのである。
  「日田(ヒタ)」
という地名について考えると、飛騨の国の飛騨と音が共通している。(日と飛が古代において同発音であったかどうかは不明として)ところからみて、ヒタとは、ある種の形態をそなえた高原のことを指すのであろうか。
(「街道をゆく」豊後・日田街道)
 
と、あります。してみると、水郷水都全国会議を日田市で開催するとすれば、「スイゴウ…」ではなく「スイキョウ…」とすることになるのでしょうか。まあ、そんなこともないでしょうが、とりあえず面白い話ではあります。
 もう一つの、司馬がいう「ヒダといわず、ヒタと澄む」については、豊後高田を「タカタ」と呼び、豊後竹田を「タケタ」と呼ぶ豊後における日本語の生理のようなものを意識しますが、これは、私の生活領域である北部九州の西部地域でも同様で、佐世保市のサセボをサセホ、隣町の波佐見町をハザミではなくハサミと呼ぶことと対応しているようです。
 これが辺境、島嶼に顕著であることにも興味があるのですが、佐賀においても煎餅をセンベイと言わずにセンペイ(長崎県の雲仙温泉や小浜温泉の"湯せんぺい"は有名ですが、この表記を中央からの旅行者はどのように感じているのでしょうか)と、ハウステンボスでさえも"ハウステンポス"と半濁音化させてしまう現象が散見されるのですから(これは佐賀の西部方言の地域では良く耳にします)、土着日本語の生理とでもいうべきものには興味が尽きません。
 いずれにせよ、水郷水都全国会議は「スイゴウ…」で一向にかまわないのですが、広辞苑でも「【水郷(すい・ごう)】(スイキョウとも)」としていることをお知らせして、この話しはただの酔狂、粋狂として終わります。

 最後に蛇足になるかもしれませんが、呉音と漢音について(唐音・宋音は省略しますが)自分自身を含めて確認をしておこうと思います。漢和辞典には呉音、漢音の表示がされているものもありますが、"重箱読み"とは別に、"呉""漢"混用は意識されていないようです。既に体に染み込みすぎて、漢音だけで生活するなどは不可能になっていますので、"「日田は、水郷です」と、湯布院の宿の女中さんがいったが、"は、それ自体憧れのようにも思えます。

呉 音 : 日本漢字音の一。古く中国の南方系の音の伝来したもの。「行」をギャウとする類。仏教用語などとして後世まで用いられるが、平安時代には、後に伝わった漢音を正音としたのに対して和音(わおん)ともいった。
漢 音 : 日本漢字音の一。唐代、長安(今の西安)地方で用いた標準的な発音を写したもの。遣唐使・留学生・音博士などによって奈良時代・平安初期に伝来した。「行」をカウ、「日」をジツとする類。官府・学者は漢音を、仏家は呉音を用いることが多かった。
(20050131)

44. 大入島埋立を許すな! "緊急アピール"

 二月号の脱稿直前でしたが、書かずにはいられない事件が起きました。場所は有明海から遠く離れた大分県の南部、佐伯湾内に浮ぶ大入島(佐伯市)です。普通は読めませんが、"オウニュウジマ"と読みます。
一月二五日の朝刊各紙は、大入島の石間地区で大分県が強行しようとする埋立工事を、反対する漁民らが体を張って阻止した事をいっせいに伝えました。
 現地の大分県下では緊迫した情勢が新聞やテレビで連日報道されているのでしょうが、こちらでは新聞報道が拾えるだけです。
 私は通常、朝日、西日本、佐賀の三紙に加え、毎日をランダムに読み、駅では讀賣を買うことが多いのですが、今回は「毎日新聞」から全文を引用させてもらいます。

佐伯・大入島海岸埋め立て「住民が作業阻止」反対の中でアンカー投入
 大分県佐伯市の佐伯湾に浮ぶ大入島(おうにゅう)の海岸埋め立て計画で、県は24日朝、コンクリート製アンカーを積んだ台船を大入島に向かわせた。反対住民らが進路上に漁船を並べて航行を妨害しようとしたが、一つ目のアンカーを海中に投入。二つ目を投入した午前11時半ごろ、反対派の住民2人がクレーンのワイヤと手首をロープで巻き付けて阻止し、作業が中断した。2人は県に「工事の白紙撤回」を要求。県などは手を離すよう説得を続けた。午後8時すぎ、説得に応じた反対派が手首に巻いていたロープをほどき、県も二つ目のアンカーを海中から回収し、台船も港に向かった。
 アンカー(重さ7d)は海への土砂流出を抑えるフェンス用の重しで、同日は30個を現場海域に投入する予定だった。台船が工事の予定海域にさしかかると、反対派住民らが乗り込んだ漁船十数隻が近付き「帰れ」と抗議。佐伯海上保安署などの巡視艇など6隻が警戒を続け、現場海域は物々しい雰囲気に包まれた。
 埋め立て計画は02年に国土交通省の認可を受けたが、同海岸近くの住民や漁業者らが「環境破壊だ」と白紙撤回を求めた。一昨年11月に着工しようとした際も、台船を取り囲んで阻止した。
 同日夜、記者会見した渡辺浩志・県土木建築部長は「とにかく説得するしかない」と話したが、25日以降も抗議行動が続きそうだ。
【藤原弘、平野美紀、降旗英峰】

出 師(スイシ)

 佐伯湾と言えば、すぐに太平洋戦争勃発時の真珠湾攻撃のことが頭をよぎります。
 当時、この佐伯湾には帝国海軍の基地があり、開戦直前、大入島周辺に無傷の大艦隊が密かに集結します。ハワイ真珠湾奇襲部隊(*)です。昭和一六年一一月一七日(開戦は一二月八日ですから三週間前のことです)、敵の目を欺くために奇襲部隊はこの佐伯湾から北に針路を取り、千島列島の択捉島単冠湾(ヒトカップワン)へ向けて出発したのです。


嵌められた開戦(敗戦)への誤った道筋
昭和15年11月15日: 南方作戦に備え海軍は出師(スイシ)準備(**)を発動する。
昭和16年 9月 6日: 大本営政府連絡会議の決定によって「帝国国策遂行要領」を御前会議に付議する。
昭和16年10月 2日: 米国務長官日本側提案に対する厳しい回答の覚書を寄せる。いわゆるハル・ノート。
昭和16年10月16〜18日: 第三次近衛内閣総辞職、東条新内閣成立
昭和16年10月20日: 海軍軍令部、聯合艦隊によるハワイ攻撃計画を正式に決定する。
昭和16年11月 5日: 「帝国国策遂行要領」決定
昭和16年11月 5日: 機動部隊、佐伯湾を出発
昭和16年12月 7日: コタバル上陸作戦開始 (02:15) 真珠湾に先行して戦闘

真珠湾攻撃第一波空襲 (03:20)

(*)真珠湾奇襲部隊; 出撃した主な艦船
空襲部隊   第1航空戦隊(南雲忠一中将)空母「赤城」、「加賀」
第2航空戦隊(山口多聞少将)空母「飛龍」、「蒼龍」
第5航空戦隊(原 忠一少将)空母「瑞鶴」、「翔鶴」
支援部隊 第3戦隊 戦艦「比叡」「霧島」 第8戦隊 重巡「利根」「筑摩」ほか…
警戒隊   第1水雷戦隊 軽巡「阿武隈」ほか…                 

 開戦への概略を書きましたが、失敗(全くではないけれども、ほぼ勝てない戦いやってしまったという意味での)は、既に"開戦"前に始まっていることが分かります。 
結果論と言われてもしかたがありませんが、戦争は始まる前に既に多くの誤りがあるのです。佐伯湾が太平洋戦争開戦に絡んだ場所だけに、私には大入島埋立問題でもどうしてもイメージをダブらせて考えてしまいます。
 開戦後の誤りですが、"トラトラトラ"「我奇襲に成功せり」とされている真珠湾攻撃においても、猛将山口多聞が第三次攻撃(燃料その他)を強く主張したにもかかわらず、南雲忠一は一時的な勝利と艦隊の温存に腐心し詰めを見送るのですが、後に、米太平洋艦隊司令長官のニミッツはこれが幸いしたとしているのです。開戦前後のことについては書きたいことが山ほどありますが、ここまでとします。

(**)出 師 :   軍隊を送り出すこと。出兵。(広辞苑)陸軍と海軍はことごとく用語が異なりますが、陸軍は"動員準備"、海軍は"出師準備"などと呼びならわしました。

風 成(カザナシ)
 
 大分県で埋立問題と聞けば、あの"風成"が思い出されます。これは故松下竜一氏の「風成の女たち」(現代思想社)にも描かれましたが(私も最期の数年間松下先生の「草の根通信」の定期購読者でした)、一九六九年に臼杵市の風成地区に大阪セメントが工場を建設しようとしたことに対して、豊かな臼杵湾とその美しい自然を守るために立ち上がった漁民の闘いが、この佐伯湾からさほど遠くない静かな入江でした。「風成の女たち」はそのルポルタージュです。
 もちろん七〇年代は公害発生の最盛期でした。公害による被害に直面し、その原因としての操業の差し止めや被害の補償を求める運動しか存在しなかった時代に、風成の闘いは、自然を守るための闘いを行っているのです。その当時、私はまだ高校生でしたが、NHKの放送で風成の闘いを見た事を今でも覚えています。
 「風成の女たち」の意味は、男や若者達が昼間は漁場に出ているため、反対運動が老人と女達の手に委ねられていたからです。恐らく、現在の大入島の闘争でも元気で賢い老人や女たちが先頭で闘っていることでしょう。
 風成(カザナシ)の地名は、言うまでもなく強風が吹いても波静かな場所であることからついたものです。釣りをしていると分かるのですが、不思議とそういう場所が必ずあるものです。大分市から南の宮崎県延岡市にかけては四浦(ヨウラ)半島、鶴見崎、米納津(ヨノウズ)、蒲江(カマエ)湾と素晴らしい海岸線が続きますが、風成は、その複雑な地形の恩恵を受け、いつも風裏になる静かな入江だったのです。しかし、その静かな漁村である三十五年前の風成には、工場建設と埋立という暴風が吹いていたのでした。

興 人(コウジン)
 
 戦後、佐伯の基地の跡地は興国人絹パルプ鰍ェ引継ぎます。パルプと言えば"製紙"を考えますが、ここでいうパルプはレーヨン・パルプのことです。人絹(*)はすでに死語になっていますが、昭和四四年には社名を改め葛サ人になります。しかし、レーヨンは収益性が悪化し、最終的に昭和五〇年に会社更生法の適用を受けることになるのです。 
 興人は、誰でも知っている三菱系の衣料品、食品、紙、医療などの総合メーカーですが、奇妙にも、34.「不知火海を死に追いこむ"大築島"埋立計画」で報告した八代にもこの興人があるのです。海軍と三菱のただならぬ関係から、佐伯基地が三菱に継承されたのは良く分かりますが、八代に海軍関係の施設があったという話は把握していません。
 海軍基地の時代には多少の問題はあったとしても、海が殺されるなどといったことはありませんでした。しかし、戦後は流出した廃パルプなどが海を確実に死に至らしめていくのです。港湾浚渫の問題は恐らくここから派生しているはずです。戦争や軍需が最終的に戦争という形で多くの人間を犠牲にしていったことに対して、戦後は民需と公共事業とが人間ばかりではなく、山河と国土を破壊し続けているのです。結局のところ、資本主義社会における戦争と平和という対立した概念は、人間と国土(自然)とはどちらが大切なのかという問題を突き出しているようにも思えるのです。

(*)人絹 : 人造絹糸の略(広辞苑) 
レーヨン  : 【rayonne フランス】 《服》人造絹糸.人絹.また.それで縫った布(パーソナルカタカナ語事典)

佐伯港港湾環境整備事業

 この事業は「佐伯港の港湾整備事業や佐伯市周辺の公共事業から発生する浚渫土や残土を埋立処分する」とされています。
 そもそも、港湾浚渫土はともかくとして、佐伯市周辺の公共事業の残土を沖合いの、しかも漁業の島に(佐伯港の水揚げの九割がこの大入島によるものと聞いていますが)埋立処分することが許されるかどうかということがあります。と、いうよりも、まずは、言語道断と言うべきでしょう。ここにはHP管理者の近藤さんが指摘するように佐伯市周辺の公共事業そのものの当否という問題が存在します。これについては、不明瞭な部分が多いためこれ以上は掘り下げませんが、仮に佐伯港の港湾整備事業による浚渫土に限定したものであるとしても、はなはだ疑問を感じざるを得ないのです。一応、浚渫が不可避のものとしても、本来、これらの浚渫土は既に破壊された環境である既存の埋立地側で処分されるべきであり、最良の藻場である浅海を埋め立てるなどは、"まじめに海で生きていこうとする漁民"からすれば絶対に許せない行為であり、全体としても気違いじみた行為としか思えないのです。
 確かに、平成一三年一〇月の佐伯市漁協の臨時総会では、公有水面埋立に伴う漁業権の一部消滅・放棄が承認(組合員 594人 賛成457人 2/3以上の同意)されたことになっています。しかし、ここには、"まじめに海で生きていこうとはしていない(海を売り渡して生き延びるしかない)漁民"が既に漁協の多数派になっているという構造的な問題と、漁業補償金の存在があるようです。関アジ、関サバは有名ですが、沖合の漁場で勝負する漁師にとっては、自分達の生活に影響のない海を潰して漁業補償金で船の借金を返したほうがトクだということなのでしょうが、これに類する話は、既に一二月号の大入島埋立問題でも取上げていますので、重複を避け、そちらを読んで欲しいと思います。つまり、漁業権は持っているものの、既に息子は港湾関係の土木工事に就いているとか、水揚げの減少から、一部は港湾工事などで生計を立てている漁民が増加しているということが、背景としてあるはずなのです。

なぜ浚渫しなければならなくなったのか

 いうまでもなく佐伯湾は軍港でした。凡そ海軍基地というものは、風が当たらず、十分な水深があり、速い潮流がない海湾が選ばれるのであって、本来、この湾も航路浚渫など全く必要がない天然の良港であったはずなのです。この場所で、大規模な浚渫が必要になるということはそれ自体異常であり、特殊な事情が存在するはずです。
 それは廃パルプ(パルプ残滓)です。数一〇年にわたるパルプ工場の操業によって、今なお、佐伯湾には大量のヘドロの沈殿が認められるそうです。このことは底生生物(ベントス)にとっても良いはずがなく、長期的に海の生産力を落とし続けていることでしょう。 
 古い話ですが、昭和四〇年代の静岡県田子ノ浦港のヘドロ騒動を思い出してしまいます。
 簡略化した議論を許してもらえれば、佐伯湾に流れこむ番匠川流域は水田面積も少なく、従って針葉樹林の比率も北部九州のようには高くありません(拡大造林政策は農業地域を狙い打ちして針葉樹化が計られたため)。そもそも、宇佐、中津など大分県北部の海岸地帯は稲作農耕民が住みついた地域ですが、南部の海岸地帯と内陸部の大半は漁労民と畑作農耕民の領域であり(だからこそ"ダンゴ汁"が大分の名物なのですが)、その急峻な地形に象徴されるように土壌流出の少ない海湾が広がっていたのでした。だからこそ、海軍基地が置かれ、豊かな漁場が広がっていたのでした。
 しかし、パルプ工場の操業はこれを一変させるのでした。思えば大入島の漁民にとって、この種の工場の操業は不幸でした。戦後一貫して海は汚れ続け、今や直接的な埋立によって豊饒の海が破壊されようとしているのです。また、"佐伯港港湾環境整備事業"は、佐伯市周辺の公共事業から発生する残土の処分を容認していますが、将来、大入島が廃棄物処分のための適地とされる可能性があり、際限のない海の破壊が続く可能性があるのです。本来、このヘドロ化した浚渫土は陸上処分されるべき性質のものです(塩害など口実に過ぎないのです)。もちろん、"陸なら良い"などと言うつもりはありませんが、本来、大規模な環境への負荷がない範囲で、徐々に、農地や山林に処分し栄養を還元すべきものなのです。それができなかったのは、これまでパルプ残滓の流出を許してきた行政の怠慢と、港湾浚渫事業が大手港湾土木(マリコン)業者のドル箱とされてきたことが背景にあるようです。この種の目に見えにくい既得権と利権構造を精算しさえすれば、仕事を搾られて久しい地場の陸上建設業者の食い扶持にもなるはずなのです。
 いずれにせよ、遠方から、見てきたかのように想像だけで書くには限度があるというよりも、内容の信憑性にも関連してきますので、しばらくは、勉強の時間を与えていただきたいとも思います。いずれ、私以外の立派な報告者を得ることもできると考えています。
 
大入島緊急リポート

 上位サイト「環境問題を考える」の(2005/01/26)付け"5.HP管理者から"N0.160において、管理者近藤さんから「なお、この問題につきましては、次回『有明海・諫早湾干拓リポート』でより詳細な情報を報告する予定です」と書かれてしまいました。私は佐伯湾には釣りや趣味的な"民俗学の旅"(宇目や蒲江の神楽など)として五〜六回訪れた程度でしかありません。このため、歴史も風土も現地の雰囲気も人となりも分かりません。
 それで、「詳細な情報を報告する予定です」と言われても、この遠来の土地の問題についてまともな報告を書くためには相当の下調べが必要になるでしょう。仮に二段目を将来書くとしても、今回は緊急リポートとして工事の非道と不合理を訴える程度に留めさせてもらいます。もしも、想像と推定だけで不正確な事を書くと、現地で苦闘されておられる方々に迷惑をかけることにしかなりません。ただ、現地の問題に詳しい方によるレポートを掲載することができる可能性はありますので、むしろ、そちらを期待してもらいます。
 いずれにせよ、この問題は"不知火海の大築島埋立"(No.34)と同種の問題であり、既に計画していることもあるのですが、当面は連携した闘いとして取組む必要性を訴えていきたいと考えています。

反対派強く抵抗 大入島埋め立て アンカー投入は3個

 二日後の「毎日新聞」は再び"大入島埋立問題"を伝えていました。最期にこれを取上げ、とりあえず今回のリポートを終わりにします。大入島のじいさん、ばあさん頑張れ!

 …午後2時半過ぎまでこう着状態が続いたが、同3時過ぎまでにアンカー3個を海中に沈めた。しかし、反対派20人以上がフェンスを乗り越えて台船に乗り込み抗議。県は作業を日没で打ち切った。計画ではアンカー98個を海中に設置しなければならず、工程上、数日で完成させる必要がある。 
【藤原弘、降旗英峰】 一月二七日付「毎日新聞」
(20050127)

■次回への予告■H

 今回は気楽な"鯨"の話で仕上げましたので、比較的手間を省くことができました。活動が忙しくなるとやむを得ないことと思います。
 次回は、上位サイト管理者の近藤邦明さんに再度お願いしていた@原子力問題に関する論文があまりにも早く仕上がりましたので、まずは、これを掲載します。また、最近、有明海・イサカンそのものに対する論文が少なくなっていますので、できればAイサカンの堤防に建設されている道路について一文を書こうと考えています。さらに、再度、B小石原川ダムに絡めて久留米市の水道の問題を取上げたいとも思っています。真面目で正確な文章ではありますが、いわば経済白書のような論文であり、身近でない方にとっては全く面白くないテーマで退屈されるかもしれませんが、良き「解題」を得て掲載したいと思っています(これについては、先行して水没予定地についてのエッセイを掲載するかもしれません)。当然ながら、C「水郷水都全国会議」、"有明海・不知火海フォーラム"については引続き報告します。さて、今後のことですが、四月掲載号から多少、編集スタイルを変えようと思います。
    T 有明海・不知火海の再生を目指して (No.11)
というサブ・スローガンを、
    U 環九州海の復元のために      (No. )
に、変える予定です。連番は継続しますが、一応の年別の区切りを付けます。
 また、新年度からは取材領域を九州全域に広げ、現在以上に多くの外部論文を取り込んでいくことにします。従って、単に環境問題に関する論文ばかりではなく、時として、現地のルポルタージュ、エッセイ、写真、政治、経済、社会などの論文も入れていくつもりです。このため、水準や格のことを無視すれば、事実上は岩波の「世界」のような月刊誌(上位サイトは岩波の「科学」でしょうか)をネット上に作ることになるわけです。外部論文は広く一般にも開放しますので意欲のある方、訴えたい事がある方は当方宛てに原稿をお送り下さい。実際、外部論文は増えると思います。今後は書かずに外部論文中心に編集するだけということもあるかもしれません。もちろん、"槌田敦教授−近藤邦明"ラインの環境問題に対する科学的な考え方に沿った編集に努めていきます。
(20050131)