36. 環境問題と有明海異変
HP「環境問題を考える」管理者 近藤 邦明

本文へのリンク  ←クリックしてください

管理者 近藤 邦明 氏の寄稿について 古川 清久

 新しい年"2005年"が始まります。年頭でもあり、上位サイト「環境問題を考える」の管理者 近藤 邦明 氏に登場してもらうことにしました。読者の皆さんも新鮮に感じられるとともに、新たな興味をもたれることと思います。
 管理者は物理学を中心に論議を展開し、これまでも多くの瞠目すべき論文を書いてこられました。一般的に物理学は非常に難解な分野であり、それを拠点に日量1,000人を越すサイトを維持し読者を魅了してきたことの所以は、一重に彼の水準の高さと情熱の故かと考えます。
 これに対して私の方は、批判の多い公共事業と環境破壊を中心に据え、政治、社会、経済を絡めた人間臭い問題を取上げてきました。この点、文章能力を別にすれば、一般の読者には私の方が多少ともなじみやすいテーマについて展開してきたかと思います。従って"有明海・諫早湾干拓リポート"を読む人と"環境問題を考える"を読む人とはそれなりに異なっているのではないかと考えてきました。
 もちろん、私は槌田敦教授の著書を以前から読んでいましたし、事実上の信奉者(宗教的で科学的ではありませんが)と言えるかもしれません。しかし、近藤氏の論議については、今尚、ただひたすら感心し学ぼうとしている程度のレベルです。
 このため、近藤さんの透徹し徹底的に科学的な論議で私のリポートを多少攪拌してもらいたいと考えていました。"有明海・諫早湾干拓リポート"の読者の方々にも槌田=近藤ラインの徹底的に科学的な環境論議に直接接触していただきたいと考え寄稿してもらったわけです。
 いずれにせよ、期待どおりの実に素晴らしい論文を頂きうれしい限りです。
(20041231)

37. 松本論文への解題

高木 仁三郎基金採用論文 ホルマリンで海を汚すな!−あぶない養殖魚の実態
天草の海からホルマリンをなくす会事務局長 松本 基督
(別版:PDF)参照

松本 基督 氏のこと

 お約束どおり、遅れた"解題"を書きました。はじめは松本基督氏のプロフィールを書こうとも思っていたのですが、不正確なものを書くわけにもいかず、か、といって本人に聞いたところで、遠慮され、謙遜されてしまうために、結局、正確なところは分からないのです。ただ、人伝えですが、志摩で生まれ育ち、大学を出て東京から天草に移り住んで養殖事業に参加し、ホルマリンによる災禍さえなければ、本来は真珠養殖会社の社長になっていたはずの人であったとの話しを聞いています。
 しかし、隣接するフグ養殖場のホルマリン使用によって養殖の母貝が壊滅的被害を受けるなどして、結局、真珠の養殖会社は大幅に規模を縮小せざるを得なくなったようです。
 その渦中にあっても農水省が天草下島の羊角湾で行っていた干拓事業を中止させる運動の先頭に起ち、全国に向けてホルマリン使用への警鐘を鳴らし続けてこられたわけであり、まさに英雄としか言いようがありません。現在は本渡市にお住まいのようですが、生計をどのようにして立てておられるのか気になるこの頃です。
 少し、対立する二つの養殖業に説明を加えておきます。そもそも、同じ養殖でも、真珠や海藻の養殖は自然の海をそのままに利用します。餌も与えないし薬剤も使いません。逆に海水中の余分な燐や窒素などを吸着さえするのです(非給餌養殖)。一方、鯛、ハマチ、トラフグの養殖は過剰な餌を撒き、大量の薬剤さえも使って環境を破壊していきます(給餌養殖)。
 結論から言うと環境に良いタイプの養殖業が潰され、環境を破壊するタイプの養殖業が生き残ったのですから、全体の環境がさらに悪化していることは間違いがないのです。

海と人とどちらがだいじか

 不正確な話はこれまでとしますが、まず、サブ・タイトルの"ホルマリンで海を汚すな!−あぶない養殖魚の実態"について、多少考えるところがあります。
 一般的には、"大量のホルマリンを使用して生産されたフグが人体にとって良くない"といった視点だけでホルマリンの問題が語られているように思うのですが、これについては、"人体にさえ影響がなければ良いではないか"といった考え方が根底にあるように思います。
 ホルマリン・フグは確かに人体にも良くないようなのですが(このことについてはいずれ松本さんに再び書いていただける機会もあると思いますので省略させていただきます)、私がさらに重要と思うのは、養殖場周辺の海中から海底に至るまで海藻や生物が消え失せ、まさしく"死の海"と化していくことにあると思うのです。
 私はサーフ・ロッドを片手に、天草の大概の内湾でキスを狙ってきましたが、かつて養殖場であったと思われる場所ではことごとく魚影が消え去り、ほとんど、海毛虫(学名も"ウミケムシ"ですが、実際にも毛虫そっくりな五センチほどの環形動物)(*)しか釣れない場所が非常に多くなっていることに気付くのです。これ以上、どれだけ海を痛めつければ気が済むのでしょうか。海の死はいずれ自分達の身にも及ぶことになるのですが、場所を変えながら危険な養殖を続け、最終的に全ての海を死滅させていっているように思うのです。

(*) ウミケムシ : 多毛類ウミケムシ科の環形動物。体長7〜8cm,体幅2cmくらいの紡錘形。体節数は30〜40。背面正中線に沿ってまるい紫色の斑紋が1列に並び,その両側には羽毛状の鰓(えら)がある。剛毛は白くて長く,敵に襲われると体をまるくして毛を立てる。これに刺されると炎症を起こし,赤くはれる。本州中部以南〜オーストリアに分布し,沿岸の砂泥底にすむ。(百科事典「マイペディア」)

巨大な養殖基地 伊万里湾"鷹島"のこと

 佐賀県と長崎県が北側の海で接する伊万里湾に一島一町の緑豊かな島があります。長崎県に属する鷹島です。八百年前、この地は元(モンゴル)軍による侵略を受けました。モンゴル軍といっても、大半はいやいやながら異国の侵略に駆出されて送込まれた朝鮮半島と中国江南の民でしたが(実質的には朝鮮人と中国人に攻撃されたのですが)、今も水中考古学の発掘調査が行われることで知られています。
 松本さんは熊本県の民間放送局と共に長崎県の養殖漁業の主産地であるこの"鷹島"西岸の阿翁の浦に入ったのです。ここは比較的福岡に近いために昔から鯛やハマチの養殖が盛んでした。
 私は二五年前からこの島に車をフェリーで渡し、大半の波止や地磯などでクロ(関東のメジナ、関西のグレ)釣をしてきましたが、二〇年前まで、この島の防波堤には湧くように魚が着いていました。二人で釣りに行き、最低でも二〇キロは釣っていましたので(平均すれば25cm−300gといった食べごろのクロが三〇匹程度は釣れていたのです)、毎週行けば二人で年間"トン"を釣ると言っていたものでした。中には三〇センチクラスの大物も混じることから、釣りに嵌り始めた私にはそれこそ夢のような島だったのです。その後、さらに沖に浮かぶ黒島から平戸、五島列島へと大物を狙って遠征するようになりましたので、しばらくして鷹島からは足が遠退きましたが、今でもあの頃の事が忘れられません。

規制を厳しくした熊本県が野放しの長崎県に追い落とされる
 
 松本さんも書いおられるように、はじめは熊本県が養殖トラフグのシェアでは全国一だったのですが、それが数年前に追い落とされ、今や長崎県が全国シェア四〇%強を占める養殖トラフグの主産地になったのです。しかし、その背景にはホルマリン使用に対する県行政の姿勢の差があったのです。
 松本さんなどの働きかけもあり、熊本県は養殖場におけるホルマリンの使用を比較的厳しく取り扱いました。しかし長崎県では事実上野放しにされたのです。
 その結果、今や養殖トラフグ生産日本一の長崎県の半分以上を占めるようになったのが、前述した鷹島だったのです。
 今にして思えば、長崎県が熊本県を追い落とすその時期に、私は数回鷹島の阿翁ノ浦でクロ釣りをしていたのですが、そこで大量のホルマリンの箱を何度か見ていたのです。
 当時の私は漁網や漁船に着く貝や海藻を防ぐために使用されるTBT(トリブチルスズ)にばかり気がいっていました。ホルマリンの箱を見たときも"船底塗料用のTBTではなかった"ために妙に安心さえしていたのです。阿翁漁港の沖にはトラフグに限らず巨大な養殖イケスが広がっていますが、少なくとも漁網に着いた藻については、手間のかかる放水によって処理しているのを何度も見ていたために、"漁協もそれなりに真面目にやっているのだな"などと感心さえしていたのです。しかし、その影で大量のホルマリンによって海が破壊されていたのですから、私を含めて無知とは実に恐ろしいものであることが分かります。
 確かに内海の要素が高いというよりも内海そのものである熊本県の不知火海に比べれば、鷹島周辺は外洋の要素の強い玄界灘に面しており、比較的汚染に強い海域と言えるかもしれません。勝手な想像になりますが、その分ホルマリンを無制限に使える(使わなければ効果がない)ところだったとも言えるような気がします。とりあえず話しはここまでとします。
 それでもあなたは浅薄な食通とかグルメなどと称して、ホルマリンの海を泳がされたフグを食べ続けますか。私は絶対に食べません。私は釣師であり、日々の生活はともかくとして、魚は自ら釣ってきたものこそが美味いと考えるのです。

養殖漁業の将来

 このような海を痛めつけ続ける略奪的な養殖事業は、いずれ過密養殖による歩留まりの悪さと過剰生産によって経済的に成立しなくなることでしょう。また、養殖魚の大量死が頻発していくことにもなるはずです。
まず、投入される餌の絶対量に対して商品として得られる魚の量の少なさに驚きます。
 その上にフグは過密養殖では寄生虫が付きやすく、また、その鋭い歯で互いに傷を付け合うために弱って死んでいきます。この歩留まりの悪さを止めるものがホルマリンだったのです。
 最後に別の側面について話しておきます。既にトラフグ養殖には新たな挑戦者が現れているのです。一般にフグは淡水が流れ込む川を好みます。海岸に親しむ人には良くお分かりのことでしょうが、小さなクサフグの群れが流れ込む清流をしきりに遡ろうとするのを頻繁に見かけます。
 このようにフグは、汽水はもちろんのこと淡水でも生息できるのです。実は、この淡水では寄生虫が付きにくく、従ってホルマリンなどの薬剤の使用も必要がないうえに、台風や油や赤潮などの海洋汚染などのリスクからも逃れることができるのです。既にヒラメなどの高級魚でご存知のとおり、陸上養殖が静かに広がり始めています。いずれ漁民が海から撤退しなければならなくなる時が必ずやってくるでしょう。 
 既にフグの陸上養殖は鹿児島でも始まっていますが、淡水養殖のフグはホルマリン・フグよりもその安全性が評価されて高値で取引されているということです(下関唐戸市場)。 
 海を痛めつけることに全く見向きもしないホルマリン養殖のフグは、養殖環境の悪化のためばかりではなく、そのうち経済的にも成立しなくなる時がやってくるはずです。その時残るのは陸上養殖なのかもしれません。
 ここではこれ以上取上げませんが、このような正直者がバカを見るようなことがないように、全国的な調整を行い海と漁場を守るのが、本来、国家の使命であるはずなのですが、このホルマリン養殖の一事からだけでも、官僚は成すべきことを全く成さず、ただただ、己の栄達と保身だけしか考えていないことが分かってきます。
 日本という国はもはや国家としての機能を完全に喪失しているようです。一体何のために国民は高い税金を払い、優秀な人材を国家機構に集中させているのでしょうか。官僚はもはや国民や国家のために奉仕するという高い精神性を完全に失っているとしか思えないのです。極論すれば腐敗し切った古代中国の宦官どもと同様の存在に成り下がっているとしか言いようがありません。 
 もはや官僚と国家機構は国民の敵対物でしかなく、明確な打倒の対象でしかないのでしょうが、そのような大げさなことを考える必要もなく、いずれ巨大な負債と全ての領域において実質的なツケを残して機能不全に陥っていくことでしょう。私は当面日本国民であることをやめるという選択以外考えられません。
 どうやら、とんでもない解題になってしまったようです。新年そうそう松本さんの立派な論文に傷を着けたようで気になりますが、ここでお詫びしておきます。

38. 城原川ダム建設を許すな!

はじめに

 勇ましいタイトルになっていますが、もちろん佐賀ローカルのテーマです。しかし、それなりの普遍性をもっていることと思いますので、多少の辛抱をしていただきます。
 ダムの害悪についてはこれまでにも多くを書いてきました。ここでは害悪一般について改めて書くことはしません。詳しくは「有明海異変」(不知火書房)古川清久、米本愼一 の"第W章 税金のダム遣い"なり、これまでのリポートを参照して下さい。
 ただしダムの最大の欠陥であり、当面、解決がほぼ不可能な"堆砂"問題について、新たな側面から少し考えてみようと思います。いつものことですが、今回も付随的、周辺的な問題から入ることになります。

"じょうばるがわ"という呼称について

 城原川と書いて「じょうばるがわ」と読みます。まず、「原」は当然ながら"腹""孕
む""張る"などと関係がある言葉ですが、訓読みでは通常「はら」(ばら)としか読まないはずです。しかし、この「原」を「はる」(ばる)と発音することは、佐賀県ではかなり一般的であり、多少の普遍性を伴っています。
 ただし、全ての「原」を「はる」(ばる)と呼んでいるわけではなく、隣接して「はら」地名と「はる」地名が混在しているところも多く、これには何らかの歴史的、民族的な(といっても歴史時代以前を起源とするものの意味で理解しているのですが、太古において「はら」と呼ぶ集団と「はる」と呼ぶ集団の異なった民族的傾向の平和的共存、混住を想像させます)、また、特徴的な要素が関係しているのではないかと思われるのですが、未だに説得力のある説明を聞いた事がありません。
 この「原」を「はる」と読むという傾向、というよりも「はる」(もしかしたら、「はら」と「はる」とは偶然似てはいるものの実は全く異なった起源の言葉が地名として結晶し、たまたま「原」という字が当てられているという要素も含めて)地名の分布は、九州に限定されているようです。例外は富山県(「針原」ハリバル…)ですが、これだけが分布の飛び地となっており、それがなぜなのか今のところ全くもって見当が付きません。
 福岡の「前原」(最近"市"に昇格した福岡市西隣の前原市のマエバル)、「春日原」(カスガバル)、「伊良原」(県営ダムの計画がある犀川町のイラバル)、熊本の「田原坂」(西南戦争の激戦地で有名なタバルザカ)、大分の「城原」(こちらの方はシロハルと濁りません)、長崎の世知原(佐世保市に隣接するセチバル町)、宮崎の「西都原」(西都原古墳群のサイトバル)、沖縄の「伊原間」(イバルマ)、「ヤンバル」(ヤンバルクイナのヤンバル)……。これらについては朝鮮語起源の「ボル」やマレー語起源(「バル」=コタバル*)が議論されていますが、さだかではありません。マレー語の「バル」「バール」はたしか街とか村とかいう意味だったと記憶しているのですが、
 少なくとも、九州、沖縄以外の土地に住む人々には、城原川と書いて「じょうばるがわ」と読むのことは極めて違和感があるかと思います。しかし、九州では普通に存在する地名と思って頂いて構わないでしょう。
 「城原川ダム建設を許すな!」という勇ましいタイトルのテーマでした。最初から脱線してはタイトル負けであり、どうしようもありません。
 
(*)バル: マレー語の「バル」、「バール」はたしか"街"とか"村"といった意味だったと思うのですが、昔、古本屋で見つけて200円で買った昭和十七年発行の紙質の悪い「マレイ語の話し方」(学生の友社)を見ると、残念ながら、村は "kampong" 町は "pekan" となっていました(インドネシア占領政策の一環で作られたもののようです)。

城原川ダムとは、そしてその問題とは
 
 城原川ダムは佐賀県の東部に位置し、筑後川水系の一支流である城原川に建設が計画されている利水と洪水調節を目的とした多目的ダムです。
 まず、その場所ですが、幸いに吉野ヶ里遺跡は全国的にも知られています。その西一キロほどのところに城原川が流れているのです。そこから北に六〜七キロ遡ったあたりから絶景の渓谷が始まるのですが、このかけがえのない景勝地にダムが計画されているのです。


城原川中流域に掛かる神埼町の朝日橋から下流を望む。吉野ヶ里遺跡はここからさらに数キロ下流にある。


神埼町の朝日橋から上流を望む。最近、張りブロックの見えない葦の茂る川は珍しい。

 ダムには極めて多くの問題がありますが、まず簡単に列記しておきます。

@ 堆砂(永久にダムの底に土砂や石が堆積していくこと)
A 砂利や岩石を堰止め下流域、最終的に海に流さない
B コンクリートの劣化によるダムの危険性の増大
C 建設による環境破壊
D 巨大な建設コスト
E 溜込んでいる水質の劣化、悪化(利水目的の場合)
F 景観の破壊
G 地下水脈の破壊
H 水没する集落や低地の歴史と文化の破壊
I 水系の切断による植物相、動物相の切断と破壊
J その他……
 系統的ではないようですが、とりあえずこれぐらいは言えるでしょう。


建設されれば水没することになる脊振村広滝地区


同上


歴史的建造物の九州電力広滝大一発電所(水路式)。ここも水没の予定

 これに対する功罪の"功"の部分ですが、極論のように見えるかもしれませんが、本質的にはゴミ(木切れ、落ち葉、動物の死骸などは本質的にはゴミではない)を下流域に流さないことぐらいしかないと思っています。なぜならば、仮に"功"を認めたとしても、それは必ずしもダムに頼るべき必然性や必要性は全くなく、他にも多くの選択肢があるからです。
 一般的にいわれる全ての"功"を認めたとしても、私の理解では害悪の方がはるかに大
きく、できることならば選択すべきでない過渡的で最期に選ぶべき手段と理解しています。

@ まず、最大の問題はダムをオーバーフローするまで土砂を永久に溜め続けるということです。そして、これにはほとんど解決の方法がないのです(排砂バイパス、清水バイパス、穴開きダムなどの問題は後述)。仮に搬出するとしても膨大なコストがかかることになります。
A @の結果なのですが、土砂が下流に流されないことによって発生する砂浜の消失、海岸侵食、その延長に派生する漁業不振(沃土が送られないことによって、過去、三角州など氾濫原野などでの粗放農業の不振が発生している)…。 
B ダムのコンクリートの劣化は以外に早く、実際には百年ももたないのではないかということが言われはじめています。既に一九三〇年代に建設されたアメリカのダムにおいても劣化が認められ撤去が始められているのです。
……などとなります(C以降は省略します)。
 ここでは全ての問題を議論することはしません。本来、ダムの恩恵を受けるはずの下流域の地元区長会や下流域の町長が知事に対して"ダムはいらない"と伝えたとか、上水の供給先と予定されている佐賀東部水道企業団(佐賀市など一三市町村)が"水不要"との結論を出しているといった話しは、既に多くが語られ尽くしていると思うために、ここでは取上げません。ただ、後段で 多目的ダムが良くない として堆砂の問題に絞ってお話しようと思います。

※筑後川水系   城原川ダム(治、利) 1,600万d、計画中            

 必ずしも総貯水量だけがダムの規模を示す指標ではありませんが、この1,600万トンという規模は直轄ダム(*)としてはそれほど大きいものではないでしょう。県営の補助ダムが500万トン前後のものが多いことを考えれば、まずは、直轄ダムの小さいものというべきでしょう。このダムについては、当然ながらここだけでは書きつくせませんので、いずれ第二段で書くことにさせて頂きます。

(*) 直轄ダム :
 国土交通省(旧建設省)が直接建設するダムのことです。
 これに対して、補助金により県や特別市などが造るダムを補助ダムと呼びます。このほかに旧水資源開発公団が造るダムや土地改良法に基づき農水省(県や大土地改良区)の所管で造る農業用ダム、その他があります。

景観の破壊

 実のところダム建設への疑問と地元の反対と抵抗が収まらない最大の理由は、その建設予定地の美しさにあるのではないかと思っています。城原川の流れは平野部においても佐賀平野で最期の美しさを保つものですが、特に素晴らしいのは中上流域でしょう。その渓谷は残された川の中でも最も変化に富み、最も"川"本来の姿を今にとどめるものです。
 経済的価値などではなく、美しさが障害になるというのは文化の充足度を表すものとも言えそうですが、昔はどこにでもあった美しい川が、気がついて見たら全てダムや薄汚い張ブロックによって潰され、もはや僅かしか残されていないということがようやく誰の目にも分かるようになったためだと思うのです。
 特に城原川は、滝ともいえる急傾斜の谷川に大量の花崗岩の岩塊が転がり、上流から大量の真砂土を流し続けているのです。


溪口部のさんおう橋から下流を望む。「さんおう」とは、隣接する仁比山神社の古名(旧名)「山王日吉宮」の「山王」からきていると思われる。仁比山神社には主神として大山咋(クイ)命がまつられていて、これには別の興味があるが、ここでは触れない。[佐賀県神埼町大字的(イクワ)]


さんおう橋から数百メートル上流にある脊振村広滝地区のダム軸付近の小橋から下流を望む。


広滝地区の小橋から上流を望む。大量の花崗岩の岩塊が清流を物語る。

 上流には脊振(セフリ)村という山に囲まれた静かな村がありますが、その低地の中心部でも300メートル前後の標高があるために、笑われるかもしれませんが、佐賀では有数の豪雪地帯です。平地で屋根に多少の雪が積もっている程度の日和でも、ここでは膝まで積もっているのです。その雪国からの清冽な水がこれまで遮られることなく佐賀平野の東部に送りこまれてきたのです。恐らくこの最後に残された城原川の流れを失えば、既になんの価値もなく害悪しかもたらさない嘉瀬川ダムによって佐賀中央部最大の清流を失なおうとする今日、佐賀はただ"コメ"をたらふく食うだけの愚かな国になってしまうように思えるのです。それが愚かな国の愚かな選択であるのならば、私には、その国を捨去るという選択しか出てきません。

嘉瀬川と城原川

 さて、普通ならば"二千年前の昔も、今と変わりなく城原の清流が吉野ヶ里の西を豊かに潤していたことでしょう"とでも書くのでしょうが、実際にはそう単純なものではないようです。
 ここに一つの傍証があります。20.イサカンに次ぐ第二の時限爆弾 (20040718)でとりあげた嘉瀬川(この川の河川敷は全国的に有名になったバルーン・フェスタの会場にもなっていますのでご存知の方も多いかもしれません)が、千数百年の間にその河道を西方に大きく変えているのです。
 これは、「佐賀県史」(昭和四三年に佐賀県を発行者として佐賀県史編さん委員会により出版)上巻に書かれていることですが、佐賀県人といえども一般にはもちろんのこと、国土交通省の河川管理者にもあまり認知されてはいないようです。
 これによると、嘉瀬川は渓口を出て平野部に降った後、現在こそ久保田町と佐賀市との境界を成しつつ直接有明海に落ちているのですが、それは徳川時代に入ってから凡そ三〇〇年余りのことであり(*)、戦国期の中流域は佐賀大和IC付近から直接JR佐賀駅方向に流れ、現在の多布施川付近を南下してJR佐賀駅周辺を西に掠めて現在の河口から東にあまり遠くない本庄江湖(**)に落ち、また、約七〇〇年前の鎌倉期は同駅付近から佐賀市街地の東部を貫通して現在東与賀町と川副町との境界を成す八田江湖(佐賀空港付近)に落ちていました。更に一二〇〇年前の奈良時代には、佐賀大和IC付近から巨勢川を経由して東流して今回のテーマである城原川に近接し、諸富町と千代田町との境界を成す佐賀江湖付近から筑後川に落ちていたというのです。"城原川に近接し"としましたが、現在、城原川は吉野ヶ里遺跡の東を南に流れる田手川と佐賀江湖付近で合流して筑後川に落ちているのです。もしも、城原川が今と同様に佐賀江湖に落ちていたとすると、嘉瀬川、城原川、田手川の三本の河川が合流していた可能性さえあり、嘉瀬川は九州最大の筑後川の支流だったことにもなるのですが、その当時有明海が湾入していたことも考えられ、実際に筑後川に落ちていたかどうかも分からないようです。ここまでくると、もはや想像の世界になってしまいます。
 ただし、一二〇〇年ほどで佐賀市を東から西に向かって飛び越え、ほぼ一〇キロ余り河道を変えたことは間違いないようです。
 もっとも、奈良時代まで遡れば、現在の佐賀市あたりは海であるか良くても陸か海か分からないような島や砂州などによる大葦原であったと思われます。
 佐賀大和ICから南の長崎本線付近までは奈良、平安期の条里制の痕跡があり、地名からもそのことが覗えます。嘉瀬川河道の変遷については、「佐賀県史」にさらに詳しく記載されていますが、佐賀ローカルの話になりますので、これ以上は全国の読者には理解が困難になるかと思いますので略載します。ここでは一部を引用します。

  「肥前風土記」によると、神埼郡の西部を南流三根川は直接海注いでいた。三根川は現在の城原川、馬場川、田手川などに当たると思われるが、今は筑後川に入っている。奈良時代まで海に入っていたというから筑後川の河口部が恐らくラッパ状に開いて、田手川、城原川の合流点付近までは有明海が湾入していたものであろう。
(「佐賀県史」33p)


 してみると、さらに遡る二千年前の城原川を想像すると、上流の深い渓谷には大きな変動は考えにくく、中流域もその地形から考えて大きく変化することはなかったかと思うのですが、単純に吉野ヶ里の西に近接して流れていたとは言えないようにも思えるのです。
 土木が発達していなかった時代の平野部の河川とはそれほど大きく変化したものなのです。堆積が進めば洪水時にはいつも流路を変えていたはずですし、それが蓄積された結果として大洪水時には一気に河道を変えたのです。川という猛獣が堤防によって抑えこまれるのは、ようやく社会が安定期に入る江戸期になってからであり、さらに技術が上がり、河川をコルセットに入れるように管理することになるのは、実質ここ半世紀のことなのです。

(*)石井樋 : 最終的に嘉瀬川が大きく西へ河道を換えたのは、江戸初期に活躍した佐賀藩の大土木家 成富兵庫茂安が佐賀城下への水を制御するために石井樋(イシイビ)といわれる石堰(制水ダム)を造ったことによるのですが、この、中国四川省の"都溝堰"にも似た堰堤は現在でも佐賀大和IC近くに保存されています。

嘉瀬川に保存されている成富兵庫重安が建設した「石井樋」佐賀県大和町

(**)江湖   : 有明海沿岸のような特殊な低湿地が広がる地域の海水が入る河川のことで、佐賀県と諫早周辺だけで呼ばれる感潮河川の地方名です。

隣の嘉瀬川ダムのこと

 先に、20.イサカンに次ぐ第二の時限爆弾 (20040718) として嘉瀬川ダムのことを書きました。
まず、前回のリポートの一部を再掲しますので、とりあえず思い出して下さい。ここでも、これからお話する城原川ダムのことに触れています。

(再 掲) 20. イサカンに次ぐ第二の時限爆弾

……それはともかくとして、瀕死の重傷看者になってしまった現在の有明海にとって、イサカン以後、嘉瀬川ダムほど大きな影響を与えるものは外にありません。問題はその規模です。かつて1960年前後、日本人に始めて住民運動というものを印象付け、故室原知幸氏の"蜂の巣城攻防戦"で全国に名を馳せた下筌ダムやその下流に造られた松原ダムよりも規模が大きい北部九州最大のダムが既に着工されているのです。

※嘉瀬川ダム(治、利)7,100万d(竣工して久しい同一水系の北山ダムは2,225万d)
※筑後川水系 下筌ダム(治、利、電)5,930万d、松原ダム(治、利、電)5,460万d 
※同水系   大山ダム (治、利) 1,960万d、水資源機構により建設中        
※同水系   城原川ダム(治、利) 1,600万d、計画中                  

 このダム建設のために、樹齢数百年になる県の銘木とか古木とか言われ、声高に保護が叫ばれていた大木が、言っていた舌の根も乾かぬうちに、数十本単位(実質的には百本単位の大木が切り倒された)で切り倒されたのです。多くの人々のまじめな人生と思い出が潰され、数十戸から百戸を超える思い出のこもった家や神社が取り壊され、今や付替え国道工事から本体工事に進もうとしているのです。
 このダムそのものによる直接的な環境破壊はそれだけでも愚かで犯罪的な行為ですが、これには死に瀕した有明海に最期の止めを刺すというオマケまでが付いているようなのです。
 古湯温泉を訪れられたことがある方々には良くお分かりかと思いますが、この温泉地が都会の人々からの静かな人気を呼び始めていたのも、背後に豊かな川や豊かな森、それに懐かしいばかりの集落があったからであって、今後、ダムの建設によって客足が遠退くことになることでしょう。
 この温泉街を貫いて流れる佐賀県でも最も美しい部類に入る清流嘉瀬川の上流域は、これまで、大量の風化花崗岩質の真砂土を有明海北部に間断なく送り込んできました。既に嘉瀬川河口域にあたるノリの主産地、諸富町、川副町においても、ノリ生産への環境悪化が進行しているわけであり、このダムの流域(集水域)から流れ出す砂が減少し、泥だけが覆い被さってくることによる影響は計り知れないものがあるように思えます。
 有明海全体への影響は、当然ながら半永久的であり、ほぼ因果関係が特定できないような形でジワリとボディーブローのように効いてくる完全犯罪のようなものですが、ことノリ生産については、たん水試験前後のかなり早い段階(一〇〜十五年)から徐々に影響が出てくるのではないかと思うのです。この意味において、また、その規模から推定して、嘉瀬川ダムの建設は"イサカン"に続く第二の時限爆弾になるのではないかと思えてくるのです。
 ここまで考えれば、隣で土建業界の次のお食事として準備されようとしている"城原川ダムを中止するかどうか"などといった議論自体、非常に影が薄いものであることに気付かれるでしょう(城原川ダムを止めても嘉瀬川ダムが止められなければ、こと、有明海にとっては、ほとんど意味がないのです)。
 この嘉瀬川ダムは、川辺川ダムと同様に本体にはまだ手が付けられていないだけに、もしかしたら、国家的財政破綻の結果、付替え国道の工事だけで中止される可能性も全くないとは言えないと思うのです。
 ただ、"佐賀市などの低地における数時間程度の多少の水害被害を解消するためと称して、これほどの大規模ダムをどうして造る必要があるのか"まともな説明をしてもらいたいものです。これについては、一部の良識派(河川改修派)の国土交通省の幹部などからも、「佐賀市上流域には洪水調節用のダムがないので、一つぐらいあっても良いのではないか」などといった話も聞こえていたのですが、悲しいばかりです。
 また、なによりも、砂が海に供給されなくなることによって派生してくるノリ生産への様々な影響について、それを最も受けるはずの有明海最大のノリ生産地である佐賀県の有明海東部海域の川副町、諸富町などの各漁協が、このことに対してほとんど無自覚であり、問題としてさえいないことは非常に奇妙に思えるのですが、今後とも随時、警告していくつもりです。……としていました。
 重複した議論を避けるためにダムについての一般的議論はしませんが、次の節で、"多目的ダム"の問題について考えることにしたいと思います。城原川ダムも例外ではなく利水と洪水調節用ダムですので、今回はこの点に絞って議論しようと思います。
 ダムについては既に共著ながら既に、拙著「有明海異変」でその多くを書いています。
その一般的功罪(必ずしも功が全くないとは言いませんが、罪が圧倒的です。この功はダムでなければ得られないというものではない以上、罪を子孫に引き継ぐべきではないのです)については「有明海異変」かなり展開していますので、興味がある方は拙著を読んで下さい。
「有明海異変」/1,800円  不知火書房 古川清久 米本愼一による共著

第W章 税金のダム遣い

1 司馬遼太郎が見た「古代のダム」
2 ダムが埋まり、砂浜が消えていく
3 白砂青松は太古からの日本の景観だったのか
4 野放しになったダム建設
5 ダム反対運動はなぜ収まるのか
6 「戦時経済」とも呼ぶべきダム経済
7 ダムを壊す公共事業を始めよう
8 アメリカではダムの撤去が始まった

■コラム
ダムの語源−竹林征三著『ダムのはなし』から
ダムの値打ち−奥津温泉と苫田ダム
『ダム年鑑』に反映したダムをめぐる最近の社会情勢

※蛇足になりますが、"第W章税金のダム遣い"は「税金のムダ遣い」の誤植ではありません。
■ また、私の住所を公開しておきますので、情報をお持ちの方、誤りを指摘していただける方、その他、意見、反論、疑問、賛意、抗議…いずれも結構ですので、親書でお送り下さい。参考や反省とさせていただきます。電話や、FAX、インターネット、携帯のメールも一応可能ですが、秘匿性に乏しく、ネットが悪口の場になることも良くないと思いますので(サイバー・テロも含めて)、とりあえずここでは手紙までとしておきます。           

古川清久(ふるかわ きよひさ)            〒843‐0024
1953年、佐賀県武雄市に生まれる。        
自治体職員。住民団体「三金会」に所属。      武雄市武雄町富岡11015-4
武雄市武雄町富岡11015-4(〒843‐0024)
                古川 清久 行
米本愼一(よねもと しんいち)
1953年、熊本県八代市に生まれる。       ※ラベルとして使ってください
書籍編集者(不知火書房代表)

■ 本書の購入方法について ■
本書は東京、大阪などの有名書店などにも配本されていますが、基本的には北部九州を中心とするローカル出版ですので、他の地域にお住まいの方には同書を手に入れることがかなり困難かと思います。このため、本書を希望される場合は郵便か電話で出版社宛てにご連絡下さい。直接お送りすることができます。
※送料は1冊あたり200円となりますが、数冊まとまればさらに安くなります。

連絡先
〒810-0024
福岡市中央区桜坂3‐12‐78
不知火書房
電話・FAX  092‐781‐6962
郵便振替  01770-4-51797

ダムに堆積し続ける土砂をどうするのか

 既に「有明海異変」においても、また、これまでのリポートにおいても多くを書いてきましたので、ここでは詳細には触れませんが、簡単に言えば次ぎのようになります。
 ダムの最大の欠陥は、もちろん土砂を溜めこみ堆積し続けることです。このことはダムの機能を徐々に奪い最終的に失わせるに至ります。一般に規模が小さい治山ダムでは顕著であり、良く理解できると思います。すぐに埋まってしまう砂防ダムが実際にはなんの意味も持たない、ただの税金を食いつぶすだけのしろものでしかない(実際のところ地場の土建業者の食い扶持となっているものが多く、ここには安全性論議とは全く別の利権構造が見え隠れしています)にもかかわらず、今なお治山とか称して続けられているのです。
もちろん、堆砂容量という言わば"マヤカシ"が設けられている大型ダムにおいては、しばらくは問題がないように見えていますが、実際には想定をはるかに超えた堆砂が多くのダムで認められており、ダムの耐用年数とあいまって問題は全く解決されていないのです。
 この堆積し続ける土砂がダム堤から溢れ出すまでは下流に土砂が流されないことによって、一方では道路や鉄道などの橋脚を危ういものにしていますし、同時に海岸侵食を引起しているのです。そしてそれを防ぐと称して(必要性のないところも含めて)薄汚い海岸堤防が建設され、テトラ・ポッドを投入し続けるという状態になっているのです。また、泥だけを流し岩石や砂利や砂を流さないことによって、アサリの生息域の砂地(砂泥質の砂地)に泥だけが送りこまれ、干潟の泥の比率が上がり続けてアサリが採れなくなってもいるのです。ひいては貝類の減少につながり海の環境の悪化を引起し、海苔の品質の悪化、収量の減退を引起すことにもなっているのです。ダムの堆砂に限ってみても、他にも悪いことが幾らもあるのですが、とりあえずここまでとしておきます。 
 ただし、既に堆積してしまった砂利や岩石そして腐泥をどのようにするかは非常に大きな問題があり、どのような方法をとっても解決には膨大な経費と労力が必要になることだけは明らかです。
 
多目的ダムが良くない

 五、六年ほど前でしたか、"多目的ダムが良くない"ということに気が付きました。この理由を理解してもらうには多少分かりにくい説明を必要としますが、付き合って貰らはなければなりません。
 もしも洪水調節を行うためだけならば、"底に穴の開いたダムを造れば良い"と思い始めたのは前述の五、六年ほど前のことですが、ただ、その時点では、本当に構造的に可能なのか、また、ゲートを造るのかどうかなどといったことまで考えると、私の主たる関心領域とその理解力からいっても非常に懸け離れたテーマであって、そこまでで思考を中断させていました。
 しかし、風呂の栓は抜いたままでも、流入する水の量さえ多ければ溜まるものです。このことを逆から見れば、栓が抜けていれば一定量の水を流し続けながら大量の水を制御することができるのではないかと考えたのです。
 さらに、これはダムでも同様ではないかと考え始めるのに永くはかかりませんでした。
 河川改修が十分でない場合、しかも、山の保水力を回復させるだけの時間的余裕がない場合に、緊急避難的に底穴(常時開放型でかまわないのですが)の開いたダムを造って大雨を制御して河川流量を調整することは十分可能なはずなのです。この場合、河川の通常の通水断面が確保できる程度の底穴を造るわけですから下流域には土砂は流れるのです。当然、堆砂の問題は起こらず、水は一時的に溜まるだけですからダム湖による水没によって森を失うこともなければ、水の上昇によって新たな土砂崩れを引起すこともないことになるのです。このために、とりあえず、環境の大規模な破壊はダム堤周辺だけに限定できるのです。
 そして農業用水、飲料水、工業用水、発電であれ、利水だけであれば、必要な地域に限定して小規模なダムと大規模な溜め池とを併用して建設すれば巨大なダムなど始めから造る必要などない事になるのです。
 しかし、現実に採用されているのは大半が多目的ダムであり、利水機能を持たせるために(通常は常時溜めておくことが必要なため)必要以上に巨大なダムを造り、その貯水量の中に洪水調節幅を持たせるということになってしまっているのです。つまり、利水をセットにして何にでも使えるとして売りこむことによって、逆に堆砂の問題を全く解決できないものにしてしまっているのです。それは、当然ながら底穴の開いたダムには貯水することができないために、利水機能が全く持たせられないというだけのことなのです。
 結局、多目的ダムという欲張った考え方が、不必要にダムを巨大にし、また、同時に環境破壊を破滅的なものにして、国家財政を破綻に追いこんだとも言えるのです。
 では、なぜ、"デジタル時計付きのペン"のようなくだらないダムが乱発されることになったのでしょうか?
それは、まず、戦中戦後の乱伐による森林破壊が一巡し、針葉樹ですが植林も行われ、全くの裸山状態が消え、さらに河川改修も進むことによってダムの必要性が薄れてきたことが原因だったと思うのです。また、通常、多目的ダムは巨大になるために、ゼネコンにとっては非常に美味しいご馳走だったということが背後にあったと言えるでしょう。
 このため、これまでの技術とテンポでダムを受注したいゼネコンと天下り先を確保したい旧建設省のダム派は、厚生省、農水省などを巻きこんで、"全てが一度に達成できる多目的ダムは結果として安上がりだ"として売物にし、旧大蔵省に対して他の省と束になって、予算要求を続けたといったことがあったからだと思うのです。このため、新規のダムが抑制され始めたほんの数年前まで、"多目的ダムでなければ全く採択されない"といった倒錯した状態が続いてきたのでした。

動き始めた穴開きダム

 私もほぼ半年前に知ったのですが、熊本から阿蘇に向かう途中で南阿蘇(南郷谷方面)と北阿蘇という言いかたはしないのですが(阿蘇谷方面)とに分岐する立野(タテノ)地区に建設中の立野ダムが、北部九州の最初の穴開きダムとして建設が始められているのです(本体着工はまだのようですが)。また、あの諫早湾干拓の背後地に計画されている本明川ダムもそのように聞いています。この種のダムさえも本来は建設すべきではないと考えていますが、現段階では、集落の伝統、文化、田畑の全てまで水没させる多目的ダムよりははるかにましであるとまでは言えるでしょう。
 ただし、ダム行政がわずかにまともな姿に戻ったとしても、この穴開きダムが全国に拡大する様相を呈しており、新たな環境への脅威になる可能性がありますので注意を要します。
 しかし、これまであまりにも多くの谷が沈められてきました。その全ては決して元には戻らないのです。これが国民の暮らしと命を守る高度な治水技術と言うのですから、まずは、お笑い種としか言いようがありません。
 ダムという最悪の手段(劇薬)に頼ることなく行うのが、本当の河川技術なのです。
 前述した成富兵庫茂安という河川技術の神様とまで言われた先人は、限られた資源と技術(野越堤、河畔林=森付き堤防、草堰、分水路としての横落ち水路、石井樋と嘉瀬川という放水路など)を駆使して治水を行ったのです。
 国土交通省はこの知恵に富んだ"野越堤"さえも危険極まりないものとして敵視しているのですが、事実は、そうしなければダムを造る根拠が全く成立しないためのようです。
         
一九五三年水害と城原川

 今から半世紀ばかり前に城原川が氾濫しています。この背景には戦中戦後期に上流域において森林伐採が進み、山の保水力が著しく低下したことがあったためと思われます。
 このことが気になって、地元森林組合などの資料を探してはみたのですが、十分な資料が出てきませんでした。
 可能なことは僅かです。城原川流域の林齢から推計して、当事どの程度の面積が裸山にされたのかを系統だって調査すればこのことがある程度鮮明になるはずなのですが、当方にはそれを調査する余裕がありません。また、裸山のまま草地化されていた期間もあるはずであり、困難な作業かもしれませんが、行政が行えばできないことでもないでしょう。なにぶんにも私が生まれる前の話であり、このあたりの事情をご存知の方がおられれば、その一端でもお教え願えればありがたいと思っています。
 国土交通省もこの点に焦点を当てた調査は全くしていないでしょうが、ぜひ知りたいものです。彼等はダムを建設するために役に立つ資料は収集するのですが、建設のブレーキとなるものは仮に調査をしても一切公表しないことでしょう。
 まず、戦後復興期に大量の木材が無計画に切出されたことが洪水の原因であったことは間違いありません。現在、上流部には愚かなレジャー施設が造成された以外には基本的に裸山は存在しません。開伐によって針葉樹が植えられたものの、一応は山にはなっています。国土交通省はこの最悪の時期の数値を奇禍としてダムを推進しているのですが、今からでも広葉樹に転換することを急げば、ダム建設による県負担金の1パーセントも費やすことなく急速な治山が可能になることでしょう(緑のダム)。安定的な河川水量を確保しながら洪水を調節することが可能になり、いずれ徐々にその効果が出てくると考えられます。
 真偽のほどは分かりませんが、地元大学を中心にした実質国土交通省や農水省の下請けとの話しも聞く環境問題研究団体があるのですが、その学者メンバーは、ダムを造らなければ洪水は責任が持てないとして、城原川流域委員会に参加した地元ダム反対派に対して「ダムはいらないと言うが、もし洪水になったらあなたはその責任が取れるのですか…」などと脅した(?)との話しが私の耳にも伝わってきました。もし、そうであれば、国土交通省は洪水によって流出した家屋などを補償するつもりがあるのか、また、一度でも補償した事があるのでしょうか。一度、聞いてみたいものです。
 針葉樹による保水力低下はあるものの、裸山でない以上、広葉樹への転換を急速に行えば、観光資源になるばかりでなく、洪水調節機能を回復させながら海へのミネラルの供給を増大させ、そのミネラルの塊である養殖海苔生産の安定といったプラスの効果さえもきっと出てくるはずなのです。
 とりあえず、平成九年の河川法改正に伴い「河川整備方針」を定めるために、この種の委員会が設置されることになったのですが、この城原川流域委員会は、最近「治水にはダムが有効だが、流域の合意形成などは不十分」とする"ただのあたりまえの見解"を知事に答申しています。知事は十一月、流域自治体の関係首長会議を設置し、ダムを建設しない場合の治水対策について協議した上で、最終判断を下す方針を表明しています。協議には数ヶ月、半年かける模様であり、これまで昨年十一月中に結論を示すとしていましたが、半年近く結論が延期されることになったものです。

百年に一度の水害に備えるダムが百年持たないという奇妙な話し
 
 このダムは、なぜか百年に一度ではなく百五十年に一度とかいった氾濫率を想定していると聞いています。もともとダムを建設するために用意された架空の数字である氾濫率をどちらが正確であるかといった議論には一切参加するつもりはありませんが、昭和二八年の洪水から既に五十年が経過しています。また、この間河川改修が進められ、川幅は三倍に広げられているのです(もっとも、本来、昔の川はそれぐらいのものだったのですが、田畑を広くとるために河川が狭められてしまったのが事実なのですが)。
 恐らくこの改修が行われる時も、旧建設省はこの堤防さえ完成すれば洪水は絶対に大丈夫だから協力して欲しいとして用地買収を行ったことでしょう。
 当事の改修は、まだ、健全な意識を残した旧建設省の河川改修派によって計画されたものと思われますが、右岸の野越堤(越流型堤防)を残した治水が行われています。このため、改修は左岸中心に行われているようです。


一級河川牛津川(多久川)牟田辺遊水地の「越流堤」(野越堤)佐賀県多久市

 問題なのは、江戸期以来の伝統的な越流堤防と遊水池としての機能を残すために、農業振興地域の網でもかけて新規の住宅建設を規制しさえすれば問題はなかったのですが、明治期以降、西洋式の近代的土木技術にそのまま依存してきたために、江戸期以来の河川管理の伝統がなんら勘案されず、事実上放置されてきたことです。しかし、これさえも任意で住居の移転を促進させるために一戸あたり1,000〜1,500万万円の補助金を出せば、二〇年を待たずして、実質的な遊水池を復活させることが可能になるはずです。一からの移転政策を行うよりは、かなり容易であるはずであり、遊水地確保のためであれば、私も補償交渉などの仕事をさせてもらいたいぐらいです。
 既に、水害を頻繁に経験してきた牛津町の洪水調節を目的として建設された牟田辺遊水池の先例を持っている佐賀県において、この程度のことができないはずは全くないのです。
 もしも"ダムに頼らない治水"を考えるならばこれほど良い代替案はないはずなのです。
 河川改修派によるものとはいえ、牛津川の"牟田辺遊水池"は国土交通省の所管ではなかったのでしょうか。
 ヤクザのシマではないでしょうが、まさか、城原川ダム建設の方針が決められた時点で、城原川は河川改修派からダム派に売り飛ばされてしまったというわけでもないでしょう。
 しかし、これに輪をかけて面白い話しが横たわっています。それはダムというコンクリート本体の構造的寿命です。ダムはその巨大な水圧を受け止めるために、亀裂などもってのほかであり、劣化が酷くなれば、それは危険極まりない大洪水の時限爆弾となりかねないのです。
 既に、アメリカの1930年代に建設された大型ダムに、このコンクリートの劣化が相当に発生しており、一部にはそれを理由にしてダムの撤去が進んでいるということはダムの専門家ならば当然ながら知っているはずなのです。もし仮に、コンクリート構造物としてのダムの劣化が本当であれば、百年に一度とか百五十年に一度の水害に備えてダムを建設するといったことが全くの画餅でしかないことになるのです。
 大半のダムは骨材(自然石の岩塊)入りのコンクリートで造られるために非常に深刻な問題と言えるでしょう。実際、黒部第四ダムのような巨大構造物を将来どうやって処分するのかを考えたとき、空恐ろしさを感じてしまいます。
 とりあえず、城原川ダムは石で造られるロック・フィル式のダムとのふれこみですから一応関係はないのですが、これについては別の問題が発生します。
 数年前に佐賀県で建設中のあるダムについて、ダム関係部課の某女性課長補佐とかいう人物が「このダムはなぜロック・フィル・ダムに変更されたのでしょうか?環境を配慮してのことだったのでしょうか」と話しをしているのを直接聞いたことがありましたが(もちろん別のダムでの話しですが)、環境を配慮してロック・フィル・ダムにするという見識には唖然として驚いたものでした。岩石だけで造るこの手のダムは、それこそ一山を破壊するものになりかねず、城原川ダムにおいてこれを採用するならば、搬送コストから考えても、素晴らしい渓谷である城原川の周辺の山を徹底的に破壊することになるはずなのです。それでなくても付替え道路の建設によって渓谷は見るも無残なことになるはずですから、この女性課長補佐とかの見識には、当事もあきれ果てた記憶があります。
 このような程度の方々がダムを推進しているのだとすれば、日本の将来には今更ながら絶望せざるを得ないばかりです。

基本高水と計画高水の狭間にて

 これまで国土交通省のダム派は、自分達だけにしか理解できないような概念と用語とデータを駆使して住民を欺き続けてきたように思います。彼等は膨大な資金と自由になるスタッフを用いて詳細なデータを揃え、住民に架空の危険を煽り、ダムを造り続けてきたのではないでしょうか。その最たるものが、今からお話する基本高水(基本高水流量)でしょう。
 基本高水(基本高水流量)とは高水のピーク流量のことであり、当然ながら大雨の降り始めから増加し、降り終わりを経て減少していくという想定上の洪水流出の波形に過ぎないのですが、現在、これが実に一人歩きを続けているのです。良く考えれば、彼等が勝手に決めただけの洪水対策計画の基本数値でしかなく、工事を行いたいと考える計画基準点におけるピーク値のことでしかないのです。これに対して計画高水(計画高水流量)とは、ダム、河道、遊水池などに配分して立案された一定の箇所において処理する高水流量のことであり、このことにより堤防の高さとか遊水地の大きさ(もっとも遊水池などはほとんど採用されていないのが実態ですが)などが決められることになるのです。
 抵抗不可能な複雑で詳細なデータのようですが、突き詰めて考えれば、いずれも法律にまでは高まっていないものであって、所詮一つの想定に過ぎない架空の数字でしかないのです。
 治水計画における基本高水は河川砂防技術基準(案)と呼ばれるものによって計画対象降雨から流出計算で求められるものですが、驚くことに、河川砂防技術基準は一九七六年に改定されて以来(案)が付いたままなのです。ところが、この(案)が実質的な基準とされ、全国的にこれに依らない限り補助金は一切おりないことになっているのです。
 要は、この過大に設定された基本高水によって堤防では達成困難な計画高水との差を全て上流域に建設するダムによって調整しようとしている(ダムを造り続ける)ことにしているようなのです。言わば基本高水とはダムを造るための魔法の杖のようなものであり、法律ですらないものによって国家と国土が疲弊に追いやられているのだとしたら、この基準(案)を創った人間は国賊に近い者と思うのですが、暴走はまだ続いているのです。
 とにかく、この城原川においても、基本高水流量から計画高水流量を差し引いた数量をダムや堤防で処理しなければならないこととされているのですが、実際には全国どこでもダムを造らなければ危ないところとされてしまっているのであり、城原川もその一部でしかないというのが実情なのです。
 このことについて、最近、新潟大学の大熊孝教授(河川工学)(*)が岩波の月刊誌「世界」(二〇〇四年一〇月号)に「脱ダムを阻む『基本高水』さまよい続ける日本の治水計画」という論文を書いておられますので、賛成、反対を問わず、読んでみられることをお薦めしておきます。以下、一部を引用しておきます。
 「治水計画の基本である『基本高水』が大きければ大きいほど、洪水を調節するダム等が必要とされることになる。したがって、ダムの要不要を議論すると、必然的に『基本高水』が議論の対象になるというわけである。換言すれば、計画されているダムを中止するためには、この基本高水を引き下げない限りできないということである。」
 「国土交通省は一旦決めた基本高水は金科玉条として引き下げることを頑なに拒んでいる。確かに、ハード的な治水対応は高ければ高いに越したことはないかもしれない。しかし、財政や環境問題、計画の実現性などを総合的に判断して、ハード的対応を低くして、ソフト的に対応することもありうるわけだが、それを選択させない構造になっているのである」
 「日本における治水の眼目は、『すでにある程度高くなっている堤防を、洪水が越流しても破堤しない堤防に造りかえることにある』と言って過言でない。私はかつて、堤防強化法として薬剤を注入して強化する方法を提案したことがあるが、現在ではもっと優れた堤防強化法がいくつも存在するのである。…『治水の王道は』は堤防強化にある、そして、その費用はダム群の建設費と比較して十分安いことを付言しておきたい」……(大熊孝)
 これについては、新潟の水害の実態が明らかになるにつれて、大熊教授が災害当日、久留米大学(水郷水都全国会議プレシンポジウム)において「洪水において、越流はさせても絶対に決堤させてはならない」と言われた意味がようやく良く分かるようになりました。
 越流に比較して決堤では被害の程度が全く異なるのです。
 大熊教授が理解する川とは、「地球における物質循環の重要な担い手であると共に、人間にとって身近な自然で"恵みと災害"という矛盾の中でゆっくりと時間をかけて地域文化を育んできた存在である」なのであって、"河道主義治水"を捨て、洪水を前提とした"氾濫受容型治水"へ転換すべきとされているのです。また、「ダムは血管でいえば血栓である」とも言われています。

 私に言わせれば、結局、こんなもの〔河川砂防技術基準(案)〕は法律ですらないものであって、官僚は自分で決めた以上守る必要があると錯覚しているのかも知れませんが、住民にとっては全く関係がない勝手な論理でしかないのです。住民を完全に無視するのであれば別ですが、あくまでも住民のための河川行政であるとしたいのであれば、もっと柔軟に対応すれば良いだけの事と思うばかりです。
 そして、長野県にそれを無視した事例も一例ですが実際に存在しているのです。あまり知られてはいませんが、国土交通省も、松本の薄川についてだけは基本高水を引き下げることに合意しているのです。彼らにとっては特殊な例外かもしれませんが、決して出来ないことではないことを示した好例と言えそうです。
 仮に洪水になったとしても、全ての被災者が生活を再建できる社会的制度(保険制度にするかどうかは選択でしょうが)を準備し、全体で復興を支えることのほうが、ダムを乱発することよりもよほど安上がりで住民も安心して暮らしていける社会と言えるでしょう。
 長々と素人が専門分野に踏み入ってしまいましたが、簡単に言えば、"基本高水"も"計画高水"も官僚が思い通りにやりたいために勝手に決めただけの架空の数字でしかなく、表現は悪いようですが所詮"でっちあげ"の類(タグイ)でしかないのです。

(*)大熊孝 : 
一九四二年生まれ 新潟大学工学部教授・河川工学者
「洪水と治水の河川史」(平凡社)「日本のダムを考える」(岩波書店)
ほか外著書多数。近著に「技術にも自治がある」(農文協)がある。


ダムが造れなくなるとき

 いずれにせよ、このような不急のダム事業に総額1,000億円といった単位の巨大な税金を投入することが全く出来なくなる時期がやってくるでしょう。その時に"基本高水"などといったいわば"でっちあげ"は恐らく吹き飛んでしまうことになるでしょう。私は環境保護を訴える人々の努力は一応認めるのですが、このダムがもしも止まるとすれば、それは財政が破綻した結果として止まるとしか考えていません。
 それを無視してダムに暴走するならば、国家財政はもとより、県財政は破綻と硬直化は嘉瀬川ダムだけでもほぼ決定的なのであって、財政の弾力性は失われ、改革派知事としての手腕といったものも全く振るうことができなくなることでしょう。
 "ダムに頼らない治水しか、もはや選択できない状況にある"ということを認識した上で、どのようにしたら同様の効果が得られるのかを考えることこそが英知なのです。ようやく、そのような時代になったのです。
 洪水の危険地域があるのであれば、その地域から移転しようとすることについて、インセンティブを与えられる程度の補助金を支出すれば、建築不況で苦しむ大工さんを含む地場の建築業者に仕事を提供することにもなるために、一つの手段と言えるでしょう。また、水没予定地の針葉樹林の所有者に対して広葉樹転換の助成金を出すことも有効でしょう。
 堤防周辺の河畔林(九七年の河川法改正によってようやくあたりまえの考えが盛込まれたのです)整備のために植林ボランティアを動員しても良いでしょう。さらに、減反を堤防周辺に集中させ、実質的な遊水池にしても良いのであり、洪水対策の要素を認めて県独自の助成金を出しても良いでしょう。いずれにせよ、ダム建設のような負担は必要ないのです。一方、水没予定者とされて苦しんできたこれまでの不利益を救済するために、国土交通省に迷惑料を払わせることも必要になるはずです(これについては大分県に先例があります)。国土交通省の悪意ある魔法の呪縛から解放されさえすれば、幾らでも有効な対策は打てるものなのです。自分の頭で考え、自らの意思で行動しようではありませんか。
 外にも多くの問題があるのですが、残業に追われ、九時から書いている程度のものですからここまでとさせていただきます。
(20041205)