29. 佐賀地裁による「工事差止め」命令の衝撃

 二年前の十一月、国を相手取って有明海沿岸の漁民や市民八百六十人によって"諫早湾干拓事業による漁業被害の賠償と前面堤防工事差し止め"を求める訴えが起こされました。
 また、これに連動するものとして百名余の漁民が申し立てた"工事の差し止め"を求める仮処分申請に対して、八月二六日、佐賀地方裁判所は"被害が工事の影響である"ことを認め、「一審判決に至るまで工事を続行してはならない」とする工事の差止めを命じました。


工事差止命令を受けた九州農政局が入る熊本城そばにある国の合同庁舎。(熊本市)

衝撃とは何か

 あらかじめ申し上げておきますが、私は"多くの人間の犠牲によってしか社会は変らない"と考えており、司法による救済といったことに対しては過剰な期待しないことにしている人間です。"おかしい"と言われればそのとおりかもしれませんが、訴訟戦術や法律論争一般などにあまり重きを置かない非常に片寄った傾向があります。私が法学部の出身者であることも併せて考えれば、実に恥ずかしい限りなのですが、この部分に関しては"よみがえれ!有明海訴訟弁護団"による情勢分析や判決についての声明などを参考にして欲しいとしか言いようがありません。ために、"この仮処分命令がいかに画期的なものであるか"というところまでは理解できるのですが、それ以上の分析はできません。 
 従って、ここでは、別の側面からのアプローチを試みたいと思います。
 この決定は提訴に参加していない他の多くの漁民の共感も呼びおこし、いたるところで感涙に咽ぶ人々の姿が伝えられました。これは、結果的に極めて重大な意味を持つことになるかもしれません。
 "結果的に…"と書きましたが、これは司法に対する理解が一般の人々とは相当に乖離しているからです。
 私は、"三権分立"や"司法の独立性"などといったものに対する幻想をほぼ完全に持っていません。司法の反動化が叫ばれ始めたのは四十年以上も前の話ですが、仮にそうでなかったとしても、所詮、司法とは国家権力の一部でしかないのであって、民衆の敵対物でしかないと思っているのです。このため、"民衆の司法への信頼を繋ぎとめ、幻想を維持するために、その限りで偶(たまさか)は正当に見える判断が許容されるのでしかない"と考えているのです。従って、佐賀地裁の判断が実に法的確信と法曹人としての信念に根ざした無私の勇気あるものであったとしても(実際そうなのですが)、"最期は高裁レベルで覆されてしまう"のであり、どうしても"司法に期待はすべきではない"としてしまうのです。
 ただし、この特殊な考え方とは別に、こうは考えておく必要があると思います。それは、必ずしも日本という社会の特性とまでは言えないかもしれませんが、世間とか世情とかいったものは、ついつい、一人歩きをしてしまうことがあるのです。一つの例を上げることにしましょう。「政治改革」が良い例です。既存の制度で当選してきているので、本当は政治改革や選挙制度の変更など全く行いたくないと考えているにもかかわらず、あまりにも強い政治腐敗に対する批判直面して、とりあえずその場凌ぎで"政治改革が必要だ"として、"改革"を声高に叫んでいるうちに、そう言っていた手前、結局はやりたくない改革に追いこまれてしまったのでした(結局、最期は"中選挙区制では選挙に金がかかり過ぎるから政治が腐敗するのだ"として選挙制度の改革に矮小化されてしまいましたが)。こうして、小選挙区制度が持ちこまれ、さらに増幅された腐敗と社会の停滞、政治権力の固定化(世襲化)をもたらしてしまったことは記憶に新しいことでしょう。
 同様に、司法判断もまた政治なのであって、政治というものが正当性を巡って争われる以上、司法判断といえども、この世情とか社会の意識の変化と全く切り離しては存在し得ないものなのです。
 マスコミも含めて、多くの民衆がこの佐賀地裁の"勇気ある判断"を正当性のあるものとして支持し認知してしまう場合には、いかに万能の国家権力といえども簡単には強行できなくなってしまう可能性があるのです。
 どうしても私のように醒めた(冷めた)人間はこの側面を見落としてしまいがちなのですが、裁判所に一縷の望みを託した熱い気持ちを持った幸せな人間が、こういった判断を前にすると、"やはり自分たちは間違ってはいなかったのだ"とか"逆に国の方こそ間違っているのだ"、という意識が連鎖反応を起こしてしまうことがあり、そのことによって新たな国民的合意とでもいうようなものが形成されてしまう場合があるのです。いずれにせよこの評価の当否は皆さんの判断に任せたいと思います。
 しかし、「勝って兜の緒を締めよ」とだけは言わねばなりません。「佐賀地裁による『工事差止め』命令の衝撃」としたのはこの意味を込めているつもりです。"衝撃"は、私にとってのものでは全くなく、民衆や国家権力に及ぼした心理的効果のことなのです。"やはり裁判所が判断するように諫早湾干拓事業が有明海に影響を与えているらしい"と多くの人々に思わせる心理的効果は私が想像する以上に大きいのかもしれないのです。

現実に工事が止まる

 これまで、既に始められ、さらには工事さえも始められたこの種の大型の公共事業が止まったことはありません。過去、環境問題や税金の支出などを巡って起こされてきた数多くの公共事業関連の裁判を概観すると、佐賀地裁(榎下義康裁判長)が出した「工事差し止め命令」が、いかに重要で重大な意味を持っているか、このことだけからでも理解できると思います。
 前述したように、「一審判決に至るまで工事を続行してはならない」わけであり、命令が出された八月二六日の午後一時五十分には、中央干拓工区を含めた全ての工事現場で工事が止まったのです。
 諫早湾干拓の工事が行なわれている現地には、命令が出されることを予想して報道が入っていたようです。西日本新聞には南部承水池で作業中のロング・アーム・タイプのパワーショベルが止まった写真が掲載されました。
 「佐賀地裁の差し止め決定を受け、工事がストップした諫早湾干拓事業の南部承水池=26日午後1時50分、長崎県森山町」(二〇〇四年八月二七日付け西日本新聞)
 その後も、工事中止が長期化するとの判断から、工事現場の作業機械はもとより全ての資材や機材の搬出があいつぎ調整池からも作業船が消えたのです。
 この現実に工事がストップするという重大な事態の政治的意味と心理的効果は非常に大きく、法という万能の武器をもって全てを思うがままに仕切ってきた官僚には、前例がないだけにまずは対処に苦慮しているように思います。
 不思議なことに、この官僚という一群の人々には"前例にないことには機敏に対応できない"といった傾向が見られます。元々、上意下達の絶対的環境のなかだけで生活しているために、自らの頭で物事を考え自らの判断によって創意工夫に満ちた行動をするということに慣れていないのです。というよりも、ほとんど出来ないと言った方が正しいのかもしれません。つまり、不測の事態に対処するということが非常にできにくいのです。
 笑い話でしかありませんが、戦時中にも敵が目前に迫っているにもかかわらず「連隊長の判が無い以上一切弾薬は渡せない」などといった話があったものです。
 逆に言うと、この判決に最大の影響を受けているものこそ、当の官僚なのかもしれません。

工事続行禁止の仮処分命令の意味するもの

 もちろん諫早湾干拓事業では潮止堤防(国は潮受堤防と呼びますが)だけが建設されているわけではありません。国が行っている工事ばかりではなく、内部堤防をはじめとして、中央干拓工区などで長崎県が行っている道路や水路など干拓地内の整備関係の工事も命令の趣旨から判断してできないはずです。この点について、長崎県は「可能ではないか」と判断して裁判所に対して非公式ながら照会したふしがありますが、結果から考えて不可であったようです。
 さらに、あまり知られていないことなのですが、潮止堤防の上には既に管理用の道路が整備されています(これについては関西学院大学の片寄俊秀教授による「ムツゴロード構想」にも関連させて報告したいと考えています)。これに接続させるものとして「ふるさと農道整備事業」(土地改良法上は干拓事業とは全く別の事業ですが、訴訟法上の解釈において裁判所がどのように判断するかは全く別の問題になります)が長崎県の事業として行なわれています。これについては、まだ用地買収の段階と聞いており、これまでもが止まっているかは確認していません。いずれにせよ表面的には一切の干拓関連事業が止まっているのです。
 また、命令の中に、「本案の第一審判決の言渡しに至るまで…」というくだりがありますが、仮処分と並行する工事差止めの本訴のことですから、その進捗から考えて(仮処分を先行させたため、本格的審理は行なわれていません)、かなりの長期に亘って工事ができないことになります。そのことがわかっているからこそ、市場原理(価値法則)というか経済原則が貫徹する受注企業は高額なリース費用を払い続ければならない作業機械などをいち早く搬出したのです。
 本命令に関して私が最も注目した部分は、ノリ不作等検討委員会(通称:第三者検討委員会)の報告に対する裁判所の評価でした。「…さらに、債務者(国のこと=筆者:注)は、自らノリの不作等の原因を調査する方法等について提言を受けるべくノリ不作等検討委員会を設置し、同委員会が『諫早湾干拓地排水門の開門調査に関する見解』において可及的中・長期の開門調査を提言し、同調査は本件事業による影響の検証に役立つとしたにもかかわらず、債務者は未だかかる中・長期開門調査を実施していない状況であり(なお、債務者として種々の点を考慮し開門調査実施していないことは一応推認される。)、その経緯に鑑みれば、むしろかかる提言に沿った中・長期開門調査が行なわれないことによって事実上生じた『より高度な疎明(*)が困難となる不利益』を債権者(漁業者などのこと=筆者:注)らのみに負担させるのはおよそ公平とはいいがたい。…」という部分でした。
 法曹界に特徴的な難解な用語ばかりではなく、ほのかに古色を帯びた表現のために、多少、分かりにくいとも思いますが、要は、自ら必要として設置し、尊重すると言い続けた(**)はずの「第三者検討委員会」の判断さえも無視し、あまつさえ「第三者検討委員会」の首の挿げ替えを行ってまで自分達の息のかかった官僚OBなどで構成した「中・長期調査検討委員会」によって調査を行わないとしたことを、裁判所は全くの背信的行為であるとして排除しているのです。このような率直で常識に根ざした判断は、それを受取る民衆にとっては気分の良い実に庶民的な時代劇的裁きであったことでしょう。
 落語の世界では徳川時代を格好の舞台として多くの名奉行が描かれました(佐々木信濃之守は性格が違うかもしれませんがその描かれた庶民性から非常にうけたのです。三遊亭円生の「佐々木政談」は有名です)。また、"罪刑法定主義の無視"から法曹界では全く評価されていないために讃辞にはならないのですが、現代の"大岡裁き"、"遠山裁き"ともいうべきものに思えてくるのです。
 ノリの大規模な色落ちに始まった一連の抗議行動よりこのかた、農水省のあまりにもあからさまな開門調査回避への動きは、今や"ノリ漁民の怒りを一時的に沈め、また、回避し、ただの時間稼ぎをするためのものでしかなかったのではないか"などと言われ始めているのですが、このような官僚の姿勢に対して佐賀地裁が示した態度は、時間をかけ慎重な審理を行った上で出された実に真摯で堂々としたものであったと評価せざるを得ないのです。

国による異議申し立て

 予想されたことでしたが、農水省は直ちに異議申し立てを行いました。「国営諫早湾干拓事業(長崎県)をめぐり、佐賀地裁が沿岸漁業者の仮処分申請を認めて工事の差止めを命じた決定を不服として、農水省は三十一日、同地裁に異議を申し立てた。」(九月一日付け佐賀新聞)
 もちろん、異議の審査は佐賀地裁の裁判官によって行なわれます。しかし、仮処分の決定は昨年の十二月以来、佐賀地裁が検討の上にも検討を重ねて行なわれたものである以上、これと全く異なる判断がなされるとは考えにくいものです。このため一般的には工事の禁止は第一審の判決言い渡しまで続くものと考えられます。
 では、国はなぜ展望のない異議申し立てを行ったのでしょうか、考えられることは事業の正当性、延いては官僚の威信の湖塗以外には考えられません。問題はその政治的効果があるかどうかということです。私には何やら敗戦間際の軍部の硬直した開き直りに似たものを感じてしまいます。
 仮に政治が正当性を巡る争いであるとすると、実は前述した第三者検討委員会を巡る正当性問題と同様の構造が存在していることに気付くのです。
 私にとってはあくまでも形式論理に過ぎませんが、裁判所とは国が自らの正当性を主張するために自ら持っている権能の一部を分与してまで創出した独立した権威であるにもかかわらず、これを全く尊重することなく逆に異議の申し立てを行ったことになるのです。 
 これは自ら設置した第三者検討委員会の判断を尊重するとしておきながら、その判断を無視した農水省の姿勢と全く同様の構造になるのです。このような行為は正当性論議からすれば全く理解しがたいものであり、実に好都合にも逆の効果をもたらし、国家、農水省、事業の全てに亘って逆に信用を失なわせたことになるのです。そして、さらに一層増幅された新たな不信が拡大しつつあるのです。まさか、天下り先や別の形での予算執行のことにしか目が向いていないなどということはないと思いますが、本来国家や国民のために働けるはずである優秀な農水省官僚といえどもこの効果には全く無自覚なように見えるのです。

事業はいかにして始められ、そして、終わったか

 川辺川ダム利水訴訟に敗れ、今回の佐賀地裁の工事差止め命令、そして東京でより科学的な側面に重点を置いて行なわれている「公害等調整委員会」による原因裁定(既に年を越すことが明らかになりましたが)の結果、仮に諫早湾干拓事業の正当性が完全とは言わないまでもかなりの確度で否定された場合、それでも農水省は事業を継続することができるのでしょうか。
 工事ができない以上、いかに大量の予算を確保していようとも、何度も繰り越し続けるなどということは通常できないことになっています。
 かつて諫早湾干拓事業の前身であるいわゆる"南総"(長崎南部地域総合開発計画:昭和四五〜五七年)と、それに先行した"長崎干拓"(昭和二八〜四五年)の場合もそうだったのですが、少なくとも"南総"は予算執行ができないまま結局は昭和五七年に打切られます。
 西尾建氏によって書かれ一九八五年に出版された「有明海干拓始末」(日本評論社)という大変貴重な本がありますが、このあたりの経過について非常に参考になる部分がありますので、その一部を紹介したいと思います。
「…五十七年十一月二十七日鈴木内閣に替わって中曽根内閣が誕生、農林水産大臣に新しく長崎二区出身の金子岩三氏が就任した。そして翌十二月十三日午後五時、地元放送局の長崎ラジオのインタビューに臨んだ金子農相は、みずからが所管する南総開発問題について、個人的意見であると前置きしながら、『その推進は疑問である』と述べた。事業担当大臣が行った中止の呼びかけに、長崎県当局の関係者は、なにかの間違いではないか、信じられない、と述べていた。大多数の関係者にとって、それはまさに晴天の霹靂であった。
 国の予算についての各省の要求は、通常当該年度の前年の八月末で締切られるから、五十八年度の南総予算も金子大臣の発言があった頃には、事務レベルでの折衝もかなり大詰めの段階にあったはずである。しかも南総予算は五十二年度から着工予算一〇億円が計上されていながら、その執行条件が整なわぬままに着工できず、毎年翌年度に繰り越されてきた。そのため大蔵省からは事業の中止が再三勧告され、その都度陳弁これつとめては念書を入れて条件整備を約束してきた経緯がある。また五十七年度予算獲得のため陳情に上京した長崎県首脳に対し、田沢吉郎農林水産大臣から『いまは干拓で農地を造成する時代ではない』とまで言われたのである。まして約三〇年以前長崎県議会議長時代から南総開発に一貫して批判的であった金子大臣を迎えたのであるから、消息通にしてみれば、中止という大臣発言は、それほど意外とは思われなかったかもしれない。」
 しかし、その金子岩三農林水産大臣によって"南総"が衣替えした最悪の方式の複式干拓(ポルダー方式)としての諫早湾干拓事業、いわゆる"イサカン"が開始されることになったのです。 
 ここからは全くの想像なのですが、恐らく金子岩三氏はこのことを知っていたからこそ"南総"に対して「その推進は疑問である」としたのではなかったかと私は考えるのですが、今となっては容易には確認できない諫早湾干拓事業の前史に纏わる歴史の謎と言えば言えるのかもしれません。
 「57.12.27 農林水産省首脳は、南総計画を打切り代って事業規模を三分の一程度 の防災事業を主体とする干拓事業構想を表明」〔「有明海干拓始末」(五)南総開発年表より〕
 このように、勝利とは新たな敗北の始まりでしかなく、日露戦争の場合もそうでしたが、勝ったように見えたときが最も危険な瞬間なのです(事実、これをピークとして日本という国家は堕落し転落していったのです)。
 もちろん、それでも裁判は続くことでしょう。あたかも、敗戦は確定的でありポツダム宣言受諾の結論は出ていながら、なおも受諾は遅らされ、大和による特攻を始めとして多くの人命が失われ続けたかのようです。
 ここに、「現実から目をそむける意思決定の恐ろしさ」という〇二年に書かれた一文があります。これは作家の猪瀬直樹氏が書いた「日本人はなぜ戦争をしたか」(昭和16年夏の敗戦)猪瀬直樹著作集8(小学館)に収められている橋爪大三郎 東京工業大学教授によるこの本への解題(***)「現実から目を…」のタイトルです。全文を完全に置くままタイトルだけを引用することは唐突でもあり違法かもしれませんが、「現実から目をそむける意思決定の恐ろしさ」という言葉が好きなために図らずも入れてしまいました。

(*)  疎明:
@ いいわけ。弁明。
A〔法〕係争事実の存否につき、多分確かであろうとの推測にとどまる程度の裁判官の心証。また、裁判官にこの程度の心証をいだかせるための当事者側の行為。(以上、広辞苑による)
 当然ながらAの法律用語です。(筆者:注)
(**) 尊重:「第三者委員会の提言は最大限尊重する」と明言した谷津農水相発言…外
(***) 解題:書物や作品の著作者、著作の由来・内容、出版の年月などについての解説。

30. "浦島海苔"倒産の底流にあるもの

 八月三一日、大手海苔加工品メーカーの「浦島海苔」鰍ェ事実上倒産しました。
 "浦島海苔"といえば、亀にまたがった浦島太郎のマークで有名な味付けノリなどの加工メーカーとして業界第四位の堂々たる大手企業ですが、福岡地裁に対して"民事再生手続き"を申請したのです。たしか味付け海苔を最初に商品化した優秀なメーカーであったと記憶していますが、恐らく他の多くのノリ加工メーカーも自らの将来をそこに投影し、心胆寒からしめたことでしょう。


浦島海苔鰍フ全景。(玉名市)

 浦島海苔株式会社 
創 業   一九一四年
事 業   味付海苔、乾海苔、海苔加工品製造、販売
資本金   三億六四七八万円
代表者   代表取締役社長 松本浩典
従業員   四二〇名
本 社   熊本県玉名市寺田一二四
 
 新聞もいっせいに「不況で主力の贈答用ノリが低迷。有明海のノリ凶作で原材料が高騰したことが響いた」などと報道しました。故松本虎之助前社長が八三年から四期玉名市長を勤めていたこともあり、その経営基盤は磐石と思われていました。しかし、そのあっけない幕切れに驚く人も多かったようです。一方では、同族経営による弊害などとも報道されていましたが真相は分かりません。
 恐らく、これらの報道は否定するまでもなく、それはそれで正しいのであって当然にもかなりの真実を伝えていることでしょう。一方、地元の事情に詳しい人などからは、"後継者が国政選挙に企業収益を注ぎ込み過ぎたからだ"などといった話も聞こえてくるのですが定かではありません。
 しかし、私にはその底にさらに深刻な問題が横たわっているように思えるのです。
 結論を急ぐと要はノリが売れなくなっているのです。さらに言えば、日本人がノリを食べなくなってきているのです。一方、コンビニのオニギリは売れています。と、言うよりも、コンビニではむしろ人気商品なのです。ただし、これも家庭でノリを食べなくなっていることによるいわば反動とでも言うべきものであって、集団的郷愁とも言えるものなのかもしれません。減少しているのは、やはり一般家庭のノリの消費なのです。
 「不況で…贈答用ノリが低迷」と書きましたが、贈答品も現実に家庭で喜ばれるものでなければやはり採用されないのであって、不況による経費節減による影響は間違いなく存在するのですが、やはり、それだけではないのです。
 最近、といっても七月ですが、山下惣一さんが、「農から見た日本」ある農民作家の遺書(清流出版)という本を出版されました。一冊、謹呈を受けましたので、さっそく読ませていただきましたが、たいへん懐かしくもあり、かなり考えさせられる面白い本でした。
 自らミカンを生産されている山下さんは、この本の中でミカンの消費について「一人年間一九キロが今や五.八キロになった」として次ぎのように書いておられます。
 「昭和三十五(一九六〇)年以降のミカンの消費の推移をみてみると、日本人が最も多くミカンを食べたのは昭和四十七年と五十年で、国民一人当たり年間一九キロです。一〇キロ入りのダンボール二箱近くを食べているのです。家族ではなく一人当たりですよ。…
 それがどんどん減っていって、平成十年(一九九八)年には、な、なんと五.八キロですよ。わずか三〇年足らずの間に消費量が四分の一近くにまで減ってしまった。逆にいうと、七割以上の消費減で、こんな事例はほかにはありません」「しかし私はどうも納得できない。得心がいかないんですねえ。『ミカン』と並んで果物の双璧の『リンゴ』と比較してみるとよくわかりますよ。日本人がミカンを一人当たり一九キロ食べた昭和四十七年のリンゴの消費量は六.八キロ、五十年は六.一キロです。それが平成十年にはミカンは五.八キロなのにリンゴは八.一キロなんですよ。『飽食』と『多品目少量消費』では、ミカンの消費だけが減少したことの説明にならない。
 もっと別の大きな理由がある。何だと思われますか?」続く「ミカンを食べなくなった本当の理由」で「この期間に家庭からミカンを食べる場所、すなわち一家団らんが消滅した、というのが私の観察です。だからミカンは食べられなくなったのです。」と。
 核家族化、個食(孤食)化が進む中でもリンゴは食べられています。ところがミカンはやはり暖かい家族の暖かいコタツで食べられる果物なのです。ミカンが食べられなくなったことの底流に、弱肉強食と剥き出しの競争に極限までさらされる資本主義社会において唯一の安らぎの場所であり最期の砦のはずの家族=家庭が今やバラバラに解体されていることに戦慄を覚えるのは私だけでしょうか。
 つまり、ノリも同様なのです。もはや子どもの運動会に"ノリ巻おにぎり"はともかくとして、"巻き寿司"を作ってくれる母親ほとんどいなくなりました。平日の朝食に、ご飯を毎日食べる家庭はもはや少数派でしょう。夜はノリなど食べなくてもご馳走だらけです。結局、日本の食文化の維持はもとより、コンビニの"おにぎり"と"ノリ弁当"や"回転ずし"などでしか食べられなくなっているのです。これが、世界第二位の経済大国の食文化というのですから、情けないとしか言いようがありません。
 フル・タイムのパートなどという、すぐには理解できない概念のただの低賃金労働が普遍化しつつある中で、劣悪な条件で心身とも擦り減らされ続けている親達には、もはや家庭の味を引き継ぐことなど出来なくなっているのです。当然ながら簀巻のノリ巻きを作る余裕は全くなくなっているのです。私にいたっては「これも米国ハバードのエピゴーネン竹中平蔵のせいだ」などとヤツ当たりをしているところです。
 このままでは、家族の崩壊が極限まで進むことになるでしょう。家族崩壊とまではいかないまでも、もはや祖母祖父と同居できない家庭はあたりまえであり、ほとんどの家庭で経済上も生活習慣の面でもゆとりがなくなっているのです。
 結局、マルクスが言うように、健全な家族は資本家にしか存在しないのです(「…現在の家族、ブルジョワ的家族はなにを基にしているのか? 資本を、私的営利を基にしている完全に発達した形の家族はブルジョワジーにとってしか存在しない。しかもそれは、プロレタリアの強いられた家族喪失と公認された売淫とによって補足されてはじめて存在する。…」(「共産党宣言」新潮社刊(!)マルクス・エンゲルス選集5)。
 勤労者を酷使し搾取し続ける社会において企業が倒産に追い込まれるのは、大きな意味で低賃金の庶民による報復と考えれば一時の気休めにはなるかもしれませんが、同時に、企業倒産は資本家による食い逃げ行為であることがほとんどであるために、やはり犠牲は労働者だけのものなのです。
 それに輪をかけて、日本では既成政党に革命政党はおろか、労働者のための政党さえも存在しないのであって今や労働者には全くもって救いがないのです。
 どうやら、資本家も後進国家ならばともかくとして、健全な家庭を持つ労働者からでなければ、安定した高負荷価値の搾取もできないということがどうも分かっていないようなのです。
 震撼すべきは漁民ばかりではなく、企業の中からもはっきりきりとした被害が出て来はじめたことです。日本の為政者にとって、元々過剰生産ぎみのノリの生産者たる有明海沿岸の漁民が半減しようが死に絶えようがどうでも良いことなのかもしれません。私は現実の国家は資本家のためだけに存在していると理解しているのですが、そうであるとしても、この有明海に連続する経済圏において、その資本家からまでも犠牲が出始めたことについて国はどう考えているのかと思うばかりです。
(20041008)

31. 針葉樹林崩壊と宮川村の土砂災害

 台風二一号は全国に多くの被害をもたらしましたが、三重県の宮川村でも各所で土砂災害が発生し多くの犠牲者が出るに至りました。しかし、その復旧の手も付かないうちに、新たに台風二二号による脅威に晒されているのです。
 累積降雨量一,〇〇〇ミリ、雨の多い南紀方面でも年間降雨量の三分の一〜二分の一が一気に降った勘定になります。このため今回の災害も記録的な豪雨による天災とされているようです。もちろんそのように考えることはできないこともないのですが、私には必ずしもそうは見えないのです。
 テレビ・ニュースの災害報道の映像でも急傾斜地に植え込まれた針葉樹の林が見事なまでに崩れ落ち、一気に人家を宮川に押し流したことが非常に良く分かりました。数日置いてインターネットで災害状況を調べたのですが(今は民間の航空測量会社によって災害現場の状況が航空写真で公開されるのです)、宮川村の小滝地区から滝谷地区にかけた川沿いの急斜面で何ケ所もの土砂崩れが発生していたのです。
 宮川村は奈良県と三重県が県境を接する紀伊半島南東部のいわば秘境なのですが、南北朝争乱期にもその険しい地形によって南朝方が立てこもった場所であり、そのことが村の名前にも反映されているのかもしれません。災害が発生したのは、直線ならば十キロ余りで大台ケ原に繋がるという場所であり、標高一,〇〇〇から一,三〇〇メートル級の急峻な山々が折り重なっている一帯でした。
 愛媛県の新居浜市の場合もそうでしたが、映像を見る限り崩壊したところは全て針葉樹がびっしりと植え込まれた造林地だったのです。
 そもそもこのような急傾斜地に保水力、土壌保持力の弱い針葉樹を植えることがどうかしているのであって、ある意味で土砂災害は予想されたことでもあったのです。こうなると急傾斜地に針葉樹を植えさせ続けていることそのものこそが問題にされるべきなのです。
 木材ではなく交付される補助金そのものを欲しいがために、わざわざ美しい広葉樹の森をそっくり禿山にしてスギ、ヒノキを植え、その結果、自分の家や家族が土砂災害に巻き込まれる場合はともかくとしても、他人の生命や家財を一瞬に奪い去っているとすると、どのように考えても、このようなことは何とかしなければならないはずなのですが、行政も補助金の割り当てを消化するために推進の側に廻っているためか、一切問題とはしていないのです。
 恐らく林野行政を抱え込んでいる農水省もそのことについては十分に気付いているはずなのですが、わずかばかりの広葉樹を植えて混成林を奨励してはいるものの、大半の針葉樹林が危険な状態にあるという誤りを認め、それを改めようなどとは全くしていないのです。
 ここまでくるとエイズ問題において旧厚生省がとった姿勢と同様に、刑事上は"未必の故意"による犯罪行為に近いものであり、民事的にも急傾斜地に無理な造林を行い、また、行わせた行為は損害賠償の対象にすべきもののようにも思えてくるのです。
 環境保護派も、既にこういった観点から"個人や行政の責任を問う訴訟を起こす事を検討する段階にきているのではないか"と思います。
 そうでなければ、声を上げる間もなく死んでいった人々があまりにも無残ではありませんか。今のままでは、"裸山は危険だ"として、崩壊した場所にまで再び針葉樹を植えるという危険な行為が繰り返されかねない上に、急傾斜地での造林が今後も継続してしまうのです。少なくとも私は今後もこの点から呼びかけを行っていきたいと考えています。
 もちろん、"広葉樹の山は絶対に崩れない"などと言うつもりはありません。しかし、二次林であれ、本来の植生に根ざした広葉樹の山というものは、長年月の間の台風や豪雨、暴風、山火事、地震など、想像できるありとあらゆる災禍を経験したことによって、その山体の傾斜さえも幾度もの大きな崩壊を経てそれなりに安定したものになっているはずなのです。広葉樹はオーバーハングの急峻な岩場の割れ目にさえも根を張り、垂直の壁にへばり付いても幹を支えます。それに背丈も低く、樹体自体もしなやかであるために風雨にも強く広く根を張ることによって水も土も保つのです。
 これに対して全く逆なのが針葉樹です。本来、針葉樹はシベリアのタイガのような、それほど風も吹かない安定した高緯度高圧帯の平地から緩傾斜地で育つものなのです。そもそもこのような樹種を急傾斜地に植えることが始めから誤りといえば誤りなのです。
 一般的に日本の造林地は広葉樹の森を皆伐してスギ、ヒノキを植えるのですが(短期皆伐方式)、その傾斜は広葉樹の森であったことにより長年月の間に安定したものになっているものであり、戦後に造成されたようなにわか仕立ての針葉樹の森に適した斜度ではないはずなのです。
 今後も調べていきたいと思いますが、今回の宮川村の土砂災害は、まず、間違いなく広葉樹の森であったならば、あれほどの犠牲は出ていなかったと思うのです。だからこそ被害者の先代たちもこの土地に永らく住み付いてくることができたのです。有明海沿岸では四国や南紀ほどの急傾斜の土地にまで針葉樹が植えられているものはあまり見かけませんが、風倒木による土砂災害、土壌流出、さらには山体崩壊という同様の問題を抱えているわけであり、決して他人事ではありません。
 ここまで書いてくると造林の正当性を強弁する林業関係者から反論が聞こえてきそうです。この問題に対する直接的な説明というわけではありませんが、目立たないものでしたが、最近、国も認めざるを得ない新聞記事がありましたので紹介しておこうと思います。  
 「保水力の調査自然林が優位」川辺川「緑のダム」構想がそれです。「国交省の川辺川ダム計画(熊本県)の代替案『緑のダム』構想を検証するために、同省とダム反対派が共同で実施した林の保水力の調査で、川辺川上流の人工林の斜面を流れる水量が、自然林の約六倍であることが分かった。研究者は『自然林の保水力の優位性を裏付ける』と主張。同省は『雨量全体から見れば差は無視できる』としている。」(二〇〇四年一〇月二日付け朝日新聞)
 今もそうなのですが、林野行政当局は、"針葉樹林と広葉樹林の間には著しい保水力の差や地下への浸透能の差は認められない"としているのです。元々は広葉樹の森によって育まれた土壌を利用して成立した針葉樹林をもって、土壌保持力にも大差ないと強弁してきたのです。
 戦中、戦後を通した禿山化による洪水の急増(激増)によってダム建設が始まり(多分戦前、戦中までは発電用などの利水ダムはあっても、洪水調節用のダムというものはほとんどないと思います)、その後も造林と称して広葉樹を伐採し続けた結果、山のダム機能は失われることになり、洪水が頻発することになりました。このため、山からの土壌流出は歯止めが掛からなくなり、上流にダムがない水系の河床底では土砂が堆積することによって洪水の危険性が増すことになっているのです(国土交通省の見解ではダムによって全国的なレベルでは河床底は削掘によって、むしろ、河床底は下がっているとされているようです。それはそのとおりでしょう。それだけダムが多いということなのです)。こうして、農水省が自ら破壊した森によって、治山と称して砂防ダムが乱発され、旧建設省もこれを奇禍としてダム建設を常態化させるに至ったのでした。
 記事には「緑のダム」構想とありますので、恐らく広島大学の中根周歩教授などが関与されているものと思うのですが、林野庁としては認めたくはないが認めざるを得ない身内から証人が出てきたような思いでしょう。
 私の目からは、現在の林野行政というものは、もはや国家のためでも国土のためでも山林所有者のためでもなく、林野行政担当者、森林組合職員、結果的に補助金を受ける林業者や砂防ダム、林道その他の建設業者のために存在しているように見えるのです。
 少なくとも"自分たちは森を育て国土を守る良い仕事をしているのだ"などといった、思い上がりとも錯覚とも言えぬ愚かで誤った思い込みだけはそろそろ好い加減にしてもらいたいものです。これがもし"林学なのだ"と言うのであれば大笑いとしか言いようがありませんし、林政にもたずさわったこともある民俗学者の柳田国男といえども驚くばかりでしょう。
(20041008)

32. 大牟田沖のタイラギ(盾貝)採り

 大牟田沖(福岡県)でタイラギが採れています。この土地では「タテガイ」と呼ぶようですが、おそらく"盾"貝の意味でしょう。タイラギがたつ場所はお知らせしませんが、決して数枚とか数十枚採れるといった単位の話ではありません。
 私には荒尾市(熊本県)に住む従兄弟があります。魚釣りが好きで荒尾市の隣町(長洲町)の長洲港に釣船を置いています。五年前までは島原沖や三角沖のキス釣りなどに私も一緒に行っていたのですが、さすがにギロチン位後は全く釣れなくなりました。今では有明海を抜け出し早崎瀬戸の手前の湯島沖まで遠征しなければ、ほとんどまともな釣りは出来なくなったのですが、どこで聞いてきたものか"船でタイラギを採りに行っている"というのです。

ミカンのコンテナに入れられたタイラギ。


テーブルに広げたタイラギ(貝に巻かれた輪ゴムは貝を弱らせないためのもの)。

 私が訪れた日も玄関前に置いてあったミカンのコンテナには二百枚ほどのタイラギが入れられていました(既に半分近く配り終えた後だったようですが)。しかし、なぜか瓦が五、六枚載せてありました。話によると"タイラギは口を開くと弱りやすい"とのことで、重しが必要なようです。潮が大きく引く時刻を見計らい、船で沈み瀬(砂の瀬が幾つもあるのです)などに瀬上がりし、爪の付いた金属棒で引っ掛けて採るのだそうです。少し話を聞こうと電話をすると、この原稿を書いている今夜も従兄弟はタイラギ採りに行くつもりで早くも床に就いているとのことでした。私もかなり強く誘われたのですが、伊万里湾のクロ(メジナ=グレの北部九州での呼称)釣りに行きたかったために、今回については遠慮した次第です。かわりに百枚ほどのタイラギを貰って帰り、二十枚づつ親戚や知り合いなどに配りました。刺身用の貝柱を取り、貝腸(カイワタ)も牡蠣フライのようにして食べてみようと思い、下拵えを終えてようやくこの原稿に取りかかったのです。いずれにせよ、近いうちにタイラギ採りに行くことになりそうです。

菜切り庖丁で裁いて取出した貝柱と貝腸(カイワタ)。佐賀ではこれを"ビラ"と呼びます。

 荒尾市は大牟田市の南に位置し福岡県と県境を接しているのですが、従兄弟は大牟田市の某漁協の株を持っている友人と一緒に採りに行き、その分け前を貰っていることになるために密漁にはならないということのようです。その漁協の関係者は採れたタイラギを一枚二十円程度で引取ってもらっているということで、五百枚採れば一応一万円という勘定になるのです。
 貝長一八センチが多いようですが、二〇センチのものも混じる程度の漁獲ですので、なんとか貝柱が取れるのです。ほぼ、有明海の全域でタイラギが育たなくなっているなかで、矢部川河口に位置し上流にも日向神ダム以外にダムがなく比較的砂が供給されているこの場所は有明海で最期まで残された数少ないタイラギのオアシスと言えるのかもしれません。
 昨年、佐賀県では三年ぶりにタイラギ漁が解禁され、実際に漁も行われたのですが、商業ベースには程遠いものだったと聞いています。かつてイサカンに近い佐賀・長崎の県境付近の竹崎島はタイラギの宝庫でした。潜水漁業でタイラギ漁師は半年で一千万円を稼ぎ出していました。ギロチン以後今もこの漁は絶えたままなのです。
 しかし大牟田沖ばかりではなく竹崎島周辺でもタイラギはまだ生きています。潮が通し酸素と光が供給される砂地の浅い磯際を丹念に探せば、今でも十枚ぐらいは拾えるという話を聞きます。某漁協の相場から計算すれば、買い上げ価格で二百円程度の漁というわけです。
 一刻も早く開門を実現し、さらに部分撤去にまで進むことができれば、かつての有明海の潮流を回復することは不可能ではないはずです。そうなればタイラギもきっと戻ってくることでしょう。
 昨年、佐賀県では久しぶりにこの漁を解禁しましたが、今年はタイラギが棲息すると思われる四七箇所を調査し、そのうち一箇所でしか生育していないことが分かったために今年は禁漁にする模様です。してみると私が食べる大牟田沖のタイラギがいかに貴重なものであるかということが分かってくるのです。
(20041030)

■次回への予告■E

※ 次回は二度繰り越しをしてしまった"大筑島埋立問題"を取り上げたいと思います。また、"天草の海を守る会"のメンバーであり、養殖で使用されるホルマリンの禁止を訴えておられる松本基督氏の論文を掲載します。ここまでは一応決めていますが、これ以外のものについては実際にはどうなるのか分りません。仕事が非常に忙しくなり、残業して帰ってきて書いているのですから、なかなか思うようにはいきません。実際、書けなくなるかもしれないと思う日も多々あります。もしも、余裕があれば、再び"有明海という呼称"について書いてみようと思っています。
 来年、筑後川水問題研究会で取り組む予定の「水郷水都全国会議」の準備作業がいよいよ始まりました。私もいくらかはその作業の一端を担うことになります。来年は「有明海・不知火海フォーラム」との共同開催の方向で行なわれることがほぼ確定しています。私は筑水研からフォーラム実行委員会への派遣メンバーになりましたので、リポートを書き続けられるか不安に感じています。とりあえず全国の皆さんの参加を呼びかけたいと思います。             
(20041103)