26. 二〇〇四〜五年産養殖ノリ不作の可能性

 先に、21.「猛烈な赤潮が有明海を襲う」をリポートしました。その後、16、18号の二つの台風によって海が攪拌され多少は水温が低下したためか、それとも攪拌され目立たなくなっていただけだったのか、一端は収束したかに見えた赤潮が再び不気味な色を深めています。
 「県沖の有明海で十三日、ノリ養殖の支柱立て作業が本格的に始まった。相次ぐ台風の直撃で作業は例年より二週間ほど遅め。佐賀市の最高気温が三三.三度まで上がる中、ノリ漁家が早朝から沖に出て、汗だくで支柱を海底に固定した。
 佐賀空港沖では台風後の好天で水温が上昇し、ここ数日で赤潮が発生。漁業者は潮の状態を気にしながら、長さ九bの支柱を三.六b間隔で決められた区画に押し込んだ。支柱に網を張る種付けは十月上旬に始まる。
 県産ノリは昨季、販売額約百九十四億円で目標を達成。しかし二〇〇〇年度の大凶作からは豊作と不作が交互に訪れている。諫早湾干拓工事をめぐる仮処分申請も、佐賀地裁の差し止め決定に対し国側が異議申立てており、漁業者は海況異変と決定の行方を危ぐしながらの作業が続く。…」二〇〇四年九月一四日付け西日本新聞「ノリ支柱立て始まる」
 赤潮の規模は、猛暑だった八月上旬の水準ほどではないようですが、海水温は平年に比較して二、三度高いと言われています。このため、もしもこのまま九〜十月と好天が続くならば、再び赤潮によって秋ノリが不作に追いこまれる可能性はかなり高いように思えます。
 記事にもあるとおり、九月一〇日前後から支柱の立て込み作業が始まりましたが、色落ちを心配するノリ漁民の不安は手に取るように分ります。
 今年の秋ノリは、そして、冷凍ノリは本当に採れるのでしょうか。非常に気懸かりです。


赤潮が迫る9月半ばの太良町竹崎漁港

27, ポルトガル宣教師が見た四百年前の八代海

  「第一四章(第二部九四章)(1)
       副管区長が肥後八代に赴き、そこで関白を訪問したこと、
       およびさらに生じたことについて
   艦隊が口之津を出航すると我らはそこから肥後国に向かったが、関白はすでにそこに到着していた(2)。彼が通過する地の領主たちは簡単に彼に屈服し、幾らかでも抵抗すればただちに鎮圧された。
 我らはある寄港地に二、三日いたが、そこでは(関白の)軍勢の先陣が攻撃した多くの町村が四、五日間も続いて炎上しているのが船から望見された。その(炎上したものの)中には多数の寺院や仏僧の僧院が含まれており、何一つとして容赦されはしなかった。我等は同所から(さらに)八代と呼ばれる地に向かったが、そこは薩摩(の島津氏)が肥後国で有していた町のうちもっとも主要なところであった。
 この地がいかに美しく、清らかで、(また)優雅であるかは容易に説明できるものではない。…中略…まるで日本の自然は、そこに鮮かな技巧による緞帳(3)を張ったかのようであり、同所に住まうデウスの教えの敵たちが、いとも恐るべく残酷なだけに、その地の美と快適さはひとしお際立つものがあった(4)。(そこには)幾つもの美しい川(5)が流れ、多数の岩魚(トゥルータス)が満ち溢れている。海(水)は城(6)の麓にある主要な町ポボアサン(7)に入る一里手前まで(入りこんでおり)、その町へは、海路からでなくては入ることも登ることもできないようになっている。これはいっそうその地を安全に確保せんがためである。見渡す限り、小麦や大麦の畑が展開し、清浄で優雅な樹木に掩われた森には、多くの寺院が散見し、小鳥たちの快い囀りが満ち溢れている。仏僧の数は夥しく、狩猟(に適した)ところと同地の背景とか神経とも言うべき(もっとも)主要で優れたところを彼らは所有し、そこに居住し、(仏僧らの)数は夥しい(8)。…」


ルイス・フロイス著「日本史」(Historia de Iapan)全12巻/中央公論社

(1) 「マカオ司教区史資料集」FV.ff.460v〜466.
(2) 秀吉は四月十日(洋五月十七日)に筑前秋月を出発し、四月十一日(洋五月十八日には肥後国南関に、同十六日(洋同二十三日)には熊本に、同十九日には八代に入った(「史料綜覧」十二ノ一六二、一六三ページ)。
(3) "pano darmar"
(4) フロイスがこれほど、自然の景観を讃美した箇所は「日本史」全般を通じても珍しい。しかし八代の古麓城から展望される景観はじじつ類まれなものであったことを郷土史家(宮島保次郎氏ら)は認めている。
(5) 球磨川くまがわがこの河口付近で幾本にも分かれている情景を言う。加藤清正が堤防を築いてから球磨川は現在のように古麓町から西方へ屈曲するに至ったが、フロイスが訪れた頃は、同所からなお、北上していたのである。
(6) 八代の城は、名和氏が五代百五十年間居住した古麓城と、小西氏が古麓城を廃して河口に作った古城町の麦島城と、加藤忠高が元和げんな年間に麦島を廃して松江の徳淵付近に築いた城と三ヶ所が挙られる。名和氏の城は、南から飯盛城、丸山城、鞍掛城、勝尾城、八町嶽城の五つから成る山城群であった。ついで南北朝の頃から相良さがら氏が八代に進出し、相良氏は五代七十八年にわたって古麓城を支配し、その間山城や城下町が拡張された。相良義陽が天正九年(一五八一年)に戦死して、島津氏が同城を受け継いだので(鈴木喬編著『熊本の城』一五〇〜一六四ページ)、フロイスらが豊臣秀吉を訪ねたのは、古麓城であることが明らかである。
(7) 現在の八代の町は、徳川時代に入ってからできたのであり、当代の城下町は、いま鹿児島本線と肥薩線が交叉する辺りにあった。
(8) 城下町の北辺には真言七、天台八、十五坊があった。今の妙見町、宮地町辺りで、妙見宮(八代神社)が往時の名残を留めている。

ルイス・フロイス著「日本史」( Historia de Iapan )全十二巻
松田毅一、川崎桃太 訳(中央公論社)

 これは、一六世紀、大半を日本で活動したポルトガル宣教師ルイス・フロイスによって書かれた「日本史」(中央公論社版では全一二巻)第一巻に記録されている四〇〇年前の八代(不知火海)に関する記述です。この散逸したとされた大作「日本史」の全体が発見される経緯は実に感動的であり、それだけでも一つのドラマになるものですが、それは興味を持たれた方で調べて頂くことにします。
 日本におけるミッションといえばイエズス会のフランシスコ・ザビエルが有名ですが、このイエズス会はいわば傷痍軍人ともいうべきイグナチウス・ロヨラがバスクのザビエルなどと七人で設立した(モンマルトルの誓い)ある種狂信的な反宗教改革(反プロテスタント)集団でした。ルイス・フロイス(Luis Frois 1532〜1597)は、このイエズス会の第二世代の司祭でした。非常に日本語が堪能であったといわれており、織田信長、豊臣秀吉に接近し、日本教化のために最も精力的に活動した宣教師と言われています。
 前掲の文章は、いわゆる秀吉の「薩摩征伐」に随行した時のものなのですが、訳者の註(4)によると、秀吉が筑前秋月(現在の福岡県甘木市)、肥後国南関(同じく熊本県南関町)、そして、熊本を経て八代に入った時期の記述です。
 一般的に西洋人が日本のあまりの美しさに感動することは良く聞くことですが、フロイスの時代へ遡るまでもなく、他にも多くの証言がります。一例ですが、名著「日本文明と近代西洋」(NHKブックス)で有名な早稲田大学(現国際日本文化センター)の川勝平太教授による「『美の文明』をつくる―『力の文明』を越えて」(ちくま新書)にもこのことがふれてありますので紹介します。
 はじめは、岩倉具視全権大使とする大久保利通、木戸孝允、伊藤博文らの明治のリーダーを含む欧米視察団の西洋見聞録「特命全権大使・米欧回覧実記(実記)」(岩波文庫)から引用しているものですが、
「長崎は、港口の大小の島々、みな秀麗なる山にてなり、遠近の峰々、みな俊抜なり。船が走れば、島々は流れるごとく、転瞬の間に種々の変化をなす、まことに瓊浦けいほの美称にそむかず、シンガポール、香港の島々の景観も、はるかに及ぶことあたわず、世界屈指の景勝地なり。
 アメリカ大陸、ヨーロッパ諸国、ユーラシア大陸の南の諸国、そして中国の景観を見てきた眼で、各地と比較しながら長崎の風景を絶賛しているのである。その長崎に一泊し、唐津から下関を経過し、一行の船が瀬戸内海に入ったのは明治六年九月八日の早朝―
 船檣より世界第一の風景を過ぐるをもって、船客呼び起こせしむ。すなわち芸備の海峡なり。英米の遊客崎陽を発して以来、その絶景を劇賞して、これを図に写して終日やまず。
 右の記述が『実記』の締めくくりである。『世界第一』の日本の美しい景観に出会ったところで『実記』の記述は終わっているのだ。西洋の粋が美であるという認識に達し、恍惚のヴェネチアに酔ってヨーロッパをあとにした使節一行は、その西洋の美にまさる美を何と日本に発見して旅は終わった。
 世界を周遊して得たその感慨は、なにも日本人だけのものではない。西洋からはるばる来日した西洋人自身の日本の描写に、それは当然のこととはいえ現れている。一行が帰国したのは明治六年であったが、その前年の秋にイギリス人トーマス・クックが瀬戸内海を旅していた。
 (瀬戸内海は)島と山々のちりばめられた湖のような海という知識から予想していたいかなるイメージをもはるかにこえる美しさだった。私(クック)はイングランド、スコットランド、アイルランド、スイス、イタリアの湖という湖のほとんどすべてをいるが、ここはそれらのどれよりも素晴らしく、それら全部の良いところだけとって集めて一つにしたほどに美しい。奇妙な形をした山や丘陵のいくつもの集合は、どれも藪や茂みや樹木に豊かに覆われて、光り輝く緑のじゅうたんのような空隙地と調和を保ち、それらのたたずまいが間を縫って走る狭い水路や湾や入江をあまりにも魅力的にみせ、もっと奥を見たいという誘惑に耐えるのは容易でなかった。あまりにも豊かな自然の恵み、次々と移り変わって終わることを知らない景観の美しさに呆然としてしまった。『トマスクック物語』(中央公論新社)」(「美の文明」をつくる―「力の文明」を越えて ちくま新書)
 教授は、この本の中で「美の文明」としての日本を提案しているのですが、世界でも最も美しい国土において全く逆のことを繰り返しているのが現在の公共事業ということになりそうです。

八代南北

 いつもながら大雑把な話をしますが、八代市とその北に位置する千丁町、鏡町、竜北町、小川町、松橋町など広大な平野の大半は江戸期から明治以降昭和にかけて形成された干拓地です。
 九州自動車道は八代平野を望む丘陵地を南北に走っています。この山裾が古代の海岸線とすると、不知火海北部は海側にほぼ半分に狭まったことになります。
 一方、鹿児島への要路であった国道三号線はこの麓あたりを走っています。また、山際線から自然陸化した幅二〜三キロ程の平地があります。その中ほどに鹿児島本線が走っているのですが、鉄路から一キロ海よりの部分からその外側のニキロほどが江戸期の干拓であり、さらにその外側の二キロ余りが明治以降の干拓地のようです。
 結局、鹿児島本線は不知火海から四〜六キロ以上も内陸側を海岸線並行に走っていることになるのです。一般的に旧鉄道省は安全で経営的に成立する限り用地の取得が容易な海岸部に建設していることが多いのですが、鹿児島本線のこの部分は薩摩への大動脈と判断していたためか、低湿地の干拓地ではなく地盤が安定した江戸期までに自然陸化した平地(幅二〜三キロ程度)の中央付近に建設したようです。このため、鹿児島本線建設当時の海岸線は現在の鹿児島本線の二キロ程度西側に位置する県道一四号線付近にあったと思われます。つまりこのラインの内側一〜二キロ程度が江戸期に行われた干拓地であり、また、このラインからさらに二キロ程度外側までが明治以降の干拓地のようです。これについては、「熊本県大百科事典」1982.熊本日日新聞社刊に「八代周辺の干拓配置図」がありますので、有明海との比較のためにもいずれゆっくり考えたいと思っています。
 このように、八代以北の平地の大半が干拓地なのですが、恐らくフロイスが見た当時は、九州自動車道が通る山際線から約二キロ沖合いまで海が迫り、僅かに、谷筋や川筋の小平地に水田が開かれていた程度ではなかったかと思われます。
 いずれにせよ、ダム建設が強行されようとしている川辺川は人吉市の南で球磨川に合流するのですが、その球磨川が不知火海に注ぎ込む河口に位置するのが八代であり、この土地がその当時いかに美しかったかを今に証言しているのです。
 もちろん、現在の球磨川河口は河道が大きく変化しているうえに、干拓が進んでいるためにフロイスが見た古麓、徳淵あたりは、現在の海岸線から四〜五キロほど内陸部に入っています(*)。しかし、岩魚に関する記述からだけでも、当時の八代が清冽な川が海にそそぐ非常に美しい場所であり、球磨川が運んだ堆積物が発達し陸化した岬を軸に形成された平地に港町が形成されていたと想像されるのです。
 江戸期から熊本県下の干拓地の総量は全体で二万町歩を越え、県下の全水田面積の三分の一を占めると言われていますが、これに対して球磨川河口から南の水俣市までの海岸線には干拓地はもちろんのこと自然陸化による平地も非常に少なくなり、にわかに"浦"地名が増えてきます。もちろん、"浦"それ自体は日本のいたるところにある何の変哲もない地名ですが、その分布には偏在が見られます。この奇妙な現象が対岸の佐賀県鹿島市以南にも認められるのですが、久留米市から熊本市付近までの有明海湾奥部東岸の"浦"地名の異常な少なさと比較して非常に興味があります。この点に興味がある方は拙著「有明海異変」第U章 有明海異変の周辺(消えていった浦の話−有明海西岸に偏在する浦地名)を読んでください。 とりあえず、校正前の初期原稿を掲載しておきます。謎は解けないまでも、私にはかなり面白いテーマに思えるのです。

ヤツシロ

 この地形を考えたうえで、改めて八代という地名について考えるのですが、"ヤツ"が八百万(ヤオヨロズ)の"ヤツ"としての、"多い"という意味か、湿地とか谷を意味する関東方言の"ヤツ""ヤチ"(そういえば現地の人々は促音化して「ヤツシロ」を「ヤッチロ」と発音することに気付きます)"ヤ"(保土ヶ谷、世田谷、千駄ヶ谷)なのかはにわかには判別できませんが、"シロ"も湿地を意味する地名であることを考えると、湿地という意味が重なった地名か、湿地が多いという意味の地名のような気がします。このことについては、日本地名学の重鎮である谷川健一(日本地名研究所所長「日本の地名」「続日本の地名」ほか著書多数)氏が熊本県水俣市の出身であるところから教えを請いたい思いもしますが、「古代地名語源辞典」を見てみましょう。

「やち(八千、陽知) …『湿地』の意のヤチであろうヤ、ヤチ型の地名は一般的に東日本、特に東北地方に多いが、中国地方西部、四国南部、九州などにも散在する。したがって周圏分布をなすものであろう。…」
  「やつしろ …ヤシロとほぼ同じ意味の地名か。『夜豆之呂』などと訓注してあるものは『湿地』のヤツ地名の可能性が高い。地形の状況を判断してもよく合致する。」
                    (「古代地名語源辞典」楠原佑介ほか編著)
 「古代地名語源辞典」では「周圏分布をなすものであろう。」とありますが、方言研究では、この柳田国男が命名した「周圏分布」(方言周圏論)のことがよく出てきます。意味は京、大阪など文化的中心地から遠い周辺部ほど順番に古い地名が残り、同心円状の波紋のような分布を見せている現象のことを言います。周圏論は方言だけでなく民俗にも拡大されたことがありましたが、現在はあまり主張されません。これを地名にまで拡大しているものでしょうが地名も方言起源のものが多数あるようですので、その限りでは有効かもしれません。

"岩魚(トゥルータス)"

 ここで、さらに脱線を許してもらえれば、釣師としては多少"岩魚(トゥルータス)"に関する記述が気になります。まず、ニジマスの養殖場などに人為的に持ちこまれた岩魚が逃げ出すことがあります。このため、一部に繁殖した岩魚が例外的に捕獲されることは聞きますが、基本的に、岩魚は九州には棲息していないとされています。幾つかの亜種についての分類上の問題はあるものの、岩魚の棲息地域は中国地方(中国山地の岩魚はゴギと呼ばれます)までとされているのです。従ってフロイスが見た"岩魚(トゥルータス)"はトラウトと総称されるマスかヤマメ(**)ではなかったかと思うのです。つまり、現在でも球磨川流域は稲作が行われている面積が非常に少ないように、当時は北海道の岩魚の一種オショロコマの棲む川のように環境が極めて良く、現在では上流域にしか棲息しないヤマメが、当時は河口付近にも棲息していたのではなかったかと思うのです。
 いずれにせよ、この美しい球磨川河口の面影は今はなく、多くの堰やダムによって清流は失われています。それどころか、八代港沖五キロにおいて、新たに"大築島"埋立などという、不知火海北部海域でも最も美しい藻場を失う事業が既に始まっているのです。かつて、フロイスも絶賛した不知火海において、事実上誰も知らない、誰にも知らされないまま行われている"大築島"埋立事業は絶対にやめるべきなのです。

(*)
フロイスも「幾つもの美しい川が流れ」と書いているように、当時の球磨川は三角州によって幾つもの流れに分かれていたようです。これは、現在でも前川、南川などに分流し、麦島や鼠蔵(島)が形成されていることによってうかがい知れます。なお、虎退治で有名な加藤清正は農業土木の祖と言われていますが(豊臣期の肥後は北半分が加藤清正、南半分が小西行長の領地になっています)、加藤領、小西領で開始され細川に引き継がれた農業土木の技術は干拓において最も強く継承されたのです。干拓地の拡大に併せ、用水系統が変えられ、鹿児島本線が球磨川を横断する場所に遥拝ノ堰が造られることによって、左岸、右岸の干拓地に水が送られ、肥後の穀倉としての八代が生み出されたのでした。
  
(**)【山女】(ヤマメ)
サクラマスの稚魚ないし陸封魚の称。体側に黒色斑紋の並ぶ清楚な魚で、小朱点のないところがアマゴと異なる。西日本では上流域のみに陸封されるが、東北地方では雌のほとんどが、北海道では雌雄が降海する。陸封魚は全長20センチメートル。美味。ヤマベ。エノハ。(広辞苑)
手元にポルトガル語の辞書がなかったため、"トゥルータス"が判別できません。とりあえず、近接言語であるスペイン語の辞書を見てみました。
trucha
[魚]ます;海ます:trucha arco iris(にじます).…(西和辞典/白水社)
Arco はアーチのことで橋を意味しますし、iris は虹を意味しますから、やはりサケ科の岩魚ではなくマス科の山女が相当ではないかと思います。ちなみにスペイン語で"サケ"は、
さけ2salmon m (pl salmons).…(和西辞典/白水社) とあります。
 スペイン語が"サケ"と"マス"を区別し各々別の魚(単語)としている以上、恐らくポルトガル語も同様と考えられます。このため、フロイスが見たものは、やはりサケ科の"岩魚"ではなく、マス科の"山女"だったのではないでしょうか。
 かつては岩魚の棲息域が九州まで及んでいたという可能性については判断するすべを持ちませんが、当時は農耕地も少なかったはずであり、河の水温も低く清冽であったために、現在では上流域に閉じ込められている山女が、当時は河口域にまでその棲息域を広げていたと考えることは許されるのではないか思います。
 とりあえず「基本的に九州には"岩魚"はいない」と認識している釣師としての妙なこだわりと解釈してください。

「有明海異変」第U章 有明海異変の周辺
(消えていった浦の話−有明海西岸に偏在する浦地名)初期原稿

 鹿島市から諫早市へ向かって有明海の西岸(国道二〇七号線)を走ると、母ヶ浦(ほうがうら)や七浦、嘉瀬浦、竜宿浦(やのうら)、破瀬ノ浦(地元でははぜんだと呼ぶ)、亀ノ浦(同じくかめんだ)、大浦、津ノ浦、水ノ浦(高来町)と多くの浦の付く地名に気付きます。有明海の東岸や北岸では、福岡県久留米市の藤田浦や高田町の江ノ浦、深浦などが内陸部に散見される程度ですので、浦というどこにでもある地名の密度もその分布を考えるとそれなりに興味をそそられ、想像が膨らむものです。 
 対岸でも宇戸半島を越え八代市から南に下ると田浦や宮浦、小田浦、海浦、小浦、湯浦、福浦と浦地名が急に増えてきます。話を有明海の西岸に戻しますが、鹿島市周辺には深浦(有明町)、浅浦、山浦という地名もありますし、武雄市周辺にも谷ノ浦(北方町)や西浦(武雄市中心部)などがあることを考え合わせれば、この地域における浦地名の卓越は歴然としています。もちろん浦や島、崎といった地名は干拓が積極的に行われる以前の海岸線を示す一つの指標になりますが、当時は杵島山(注)が文字通り島であり、その西岸が水道をなしていた時代があったはずです。現在の潮汐から考えると非常に理解しにくいのですが、干拓が事実上存在しなかったと推定できる二千年ほど前の有明海を想像すると、深い入り江や島が入り組み、岬が突き出した遠浅の海が広がっていたはずであり、潮汐が奥行きの四倍に比例し深さの平方根に反比例することを考えれば、内陸部に浦地名を拾えることは決して不思議なことではないはずなのです。当時の潮汐の振幅、従って干満の差は今よりはるかに大きかったはずなのです。
 では、なぜ鹿島市から小長井町にかけて浦地名が卓越しているのでしょうか。想像するに鹿島市南部の浜町に流れる浜川から南は水田稲作の不適地であったために土壌流失も少なく、このため陸化が進まなかったことが想像され、昔の海岸線が現在の海岸線とかなり重なるからではないかと思うのです。事実、地図を見られれば歴然としますが、鹿島市の浜川を挟む浜干拓、七浦干拓(いずれも戦後の国営代行干拓)から南側の海岸線は干拓地がほとんどないことに気付かれると思います。 
 このことは地質学的な意味での岩質、土質の問題もあるのでしょうが、鹿島市の浜川から北になると山浦や浅浦地区などが海岸線から数キロ入るところにありますし、同様に武雄市にさえその痕跡が拾えるのですから、特に東岸や北岸に浦地名を発見できないことは、水田稲作による陸化の程度が大きかったために浦地名が内陸部に取り残され、いつしかかき消されてしまったのか、もしくは浦という地名が付けられる時代にはすでに沖積のテンポが速まっており、有明海の東岸や北岸では、岬に対応する浦という景観がすでに存在していなかったのではないか、さらには東岸、北岸に浦が存在していた時代には浦という景観は浦とは呼ばれてはいなかったのではないかとまで想像の冒険を行ってしまうのです。いずれにせよ鹿島市から小長井町にかけての浦が単なる里山の麓ではなく浦であり続けたことの背景には、この地域には大河川が存在せず、したがって、土壌の流出の度合いまたは潮流の加減による泥土の堆積が遅かったからではないかとも思うものです。

破格に高い水 ( 小石原川ダムについて 2 ) の掲載について
                     
 この連載をはじめたとき、「1.はじめに(20040126)」の@)編集方針についての中で、「一方、多くの多角的な見解も採り入れたいと考えています。同時に多少の戦略的な意味合いもあり、私ばかりではなく、周辺の人々の文書も取り入れ、多角的、複眼的な視野で掲載していきたいと思っています。このため、時として仮名(ペンネーム)での論文を掲載していくこともあるでしょうし、逆に積極的な署名論文や緊急アピールを掲載することもあるでしょう。あるいは、私自身がペンネームを使うことさえもあるかもしれません。基本的には醒めた目で公平な議論を目指していきたいと思います。」と書きました。
 このため、多少は試験的な意味合いもあり、私が所属している「筑後川水問題研究会」の会員で某大手A新聞の記者をされていた友人(といっても大先輩ではありますが)中原孝矩氏の論文を掲載することにしました。本論分は〇四年五月二一日付け「筑後川水問題研究会」会報「筑水研」NO.242号に掲載されたものです。
 なお、前後しますが、この論文の第一部「小石原川ダムについて」も掲載したいと考えています。会員には各方面に亘る多くの専門家、学者、芸術家、研究者…が参加されており、さながら小梁山泊のようですが、私の恣意的な基準で、今後とも掲載していきたいと考えています。
 なお、小石原川ダムは、福岡県甘木市の小石原川に計画されている洪水対策を中心とした多目的ダムで、最近自らの基準で今後は新規ダムを造らないとした独立行政法人「水資源機構」(旧水資源開発公団)が計画を進めているものです。
 ダムの位置関係については、以前のリポート「4.熊本県中南域はなぜノリが採れるのか(砂の論証)」添付の地図を参照して下さい。(古川)

28. 破格に高い水 ( 小石原川ダムについて 2 )

                     筑後川水問題研究会会員 中原 孝矩
はじめに

 私はさきに、筑後川水問題研究会の会報 233「小石原川ダムについて」と題したレポートで、"水資源機構が公言する「洪水調節機能」が付け足しであって、何が何でも小石原川ダムを建造したいところに機構側の本音がある"ことを指摘しました。私の独断と偏見だと自省しつつ、どうしても納得できません。いまいちど小石原川ダムが本当に必要なのか、別の角度から検討したデータを紹介します。分析に用いた資料は、誰でも手に入る『2001事業のあらまし』という水資源開発公団(現・水資源機構)発行の冊子です。その資料からダムと名の付いたものを拾って、本稿で検討したい項目について整理したのが後掲の表です。ここで検討したい課題は、@水1トン当りの開発コスト、A貯水容量のうち洪水調整機能に割り振られた水量の割合です。

1.水資源1トン当りの開発コストについて

 表の左半分は、水資源機構が関わる各地のダムについて、総貯水量と総事業費の関係から、水1トン当りの開発コストを見たものです。取り上げたダムは、いずれも多目的ダムといわれるものですが、開発される水の用途やダムの機能はそれぞれ違っています。江川ダムのように洪水の調節機能を持たず都市用水と農業用水が中心の利水ダムから、当時の建設省が建設した下筌・松原ダムのように洪水調節容量が80%を超える洪水対策ダムなどさまざまです。従ってここで言う開発コストは、[開発された水=ダムに溜められた水]の用途や機能にかかわらず、ともかく1トンの水をためるために、いくらのコストがかかったかという見方です。
 表に明らかなとおり、小石原川ダムのトン当り単価は5,000円で、同じ筑後川水系の大山ダム7,142円に次いで驚くべき高単価なダムです。また、近年の1990年代以降に建設された日吉ダム等や現在建設中の川上ダム等に比べても、際だって高単価のダムだと言うことです。
 コストの安いところでは、1965−70年に建設された三重県名張市の青蓮寺ダムがあり、トン当り272円です。利根川水系の矢木沢ダムに至っては、水1トン58円というのもあります。同じ筑後川水系のうち、小石原川ダムの近くにある江川・寺内ダムの850円と比べても、あまりにも高すぎるようです。(資料には、江川・寺内ダムとして、連結してデータが紹介されているので、事業費も両ダムのそれを合計し、総事業費368億円で総貯水量4,330万トンを除した)。
 すでに完成したダムと、これから建設されるダムでは、経済状態、物価水準が違うという指摘が飛んできそうです。確かにそのような時期的な要素は無視できませんが、90年代以降に限って、年金の支給額の物価スライド率を見れば理解できるように、単価倍増などということはあり得ないでしょう。



注1.小石原川ダムは、「不特定用水」が1,870万トン(47,8%)で最も大きい。
注2.江川・寺内ダムの両ダムは連結して扱われ、総事業費368億円、総貯水量4,330万トンにより算出。
注3.松原・下筌ダムは連結で扱う。総貯水量は11,390万トン。総事業費は262億円。当初110億円だった。トン当たり230円となる。

 私には、小石原川ダムの水1トンが5,000円という数字は、あまりにも不当な値段、ひいては事業費が不当に高額であるとしかいいようがありません。このような高額な値段で水を確保して、各自治体はどんな料金設定でこれから先の水道事業を展開していこうと考えているのでしょうか。
 1977年完成の岐阜県金山町の岩屋ダムをみてください。1トン198円です。ほぼ同じころに完成して水道水を供給し始めた江川・寺内ダムでは1トン850円ですから、福岡市や周辺の都市圏住民、久留米市を含む県南広域圏の人達は、すでに割高な水を飲まされているといっても過言ではありません。
 小石原川ダムから取水を希望している山門郡山川町では、現在、隣の高田町から分水してもらい、一部の住民に簡易水道を給水しています。定量料金が1トン、250円。この料金に対してすら、「福岡県内で一番高い」と町民の批判が根強いそうです。

2.洪水調節機能について

 私が小石原川ダムの治水能力を批判した理由の@は、洪水調節能力が小さすぎるのではないかという点。Aは、利水ダムの上流に造る構造的な問題にあります。
 まず洪水調節能力について考えて見ます。水資源機構の計画では、ダム地点で計画高水流量を毎秒190トンとし、毎秒140トンの洪水調節をする、となっています。100年に1回の大雨に対しての備えだそうです。1日の水量に直すと、それぞれ流れ込む量は1,641万トン、洪水調節で1,209万トンをカットし、432万トンを放流、つまり江川ダム湖に流し込むということになります。
 私は以前、平成9年5月の江川ダム下流で発生した水害について検証しました。5月6日から同15日まで10日間で江川ダム湖の水位が1.5メートル上昇しました。このときの江川ダムの集水面積でためられた水量を求めてみることにしました。一定期間にダム湖に流れ込む量、ダム湖から放流された量がわかれば、小石原川の上流でどのような雨が降ったか、具体的にわかるだろうという狙いです。
 機構側からいただいた資料で5月6日から10日間で1.5メートル上昇した水位は、6月20日ごろにもと元の水位にもどったことがわかりました。44日間か45日間ということで、この間、流れ込みが続き、またダムからの放水も続きました。計算してみると、その総量は約1,300万トンです。
 筑後川水系で発生した1953年の大水害では、天文学的な大災害が起きました。一〇〇年に一度の大洪水とはこのような規模でしょう。小石原川で一〇〇年に一度起きると推定して出した数字が1,641万トンですか。平成九年五月の寒冷前線のいたずらとも思える強い雨がもたらした雨で約1,300万トンの水量です。カットするという1,209万トンでは、力不足で下流では、また洪水の心配をしなければなりませんか。
 次に、構造的な問題です。利水ダムは常に満水を目指して水を溜めます。その上流にある小石原川ダムで持ちこたえられなくなったら、満水状態の江川ダムに放流するしか方法がないのです。最初から役に立たない?洪水防止のダムは無駄ではありませんか。江川ダムの貯水量が足りないから、その上流にもう一つ利水専用のダムを造りますという説明の方が私は理解できます。同意するかどうかは別ですが。
 また、造られるダムの治水容量は全額税金負担です。利水受益者と治水の割合は、そのまま総事業費の負担割合になるということです。利水を重視するか、洪水対策など治水を重視するか、ダム周辺地域住民の選択の問題といえるでしょう。単純に、治水の割合が大きければ、利水受益者の負担が小さくなるといえるでしょう。
 小石原川ダムでは、洪水対策410万トンのほかに渇水対策という名目で1,870万トン、さらに流水の維持名目で1,170万トンと三つの治水目的がある全国でも大変珍しいダムです。治水分の合計3450万トンが総貯水量の82.26%にもなり、総事業費に占める税金負担部分を巨大化させたと見ますがいかがでしょうか。利水分が460万トンとなれば、利水受益者の負担分は総事業費の11.5%にしかならないわけですから。自然破壊の無駄な公共事業の正体が見えた気がします。

破格に高い水 ( 小石原川ダムについて 2 ) の意味するもの 文責( 古川 )

 この論文に付いては中原氏の文中にもあるように前編が存在します。いずれ、これについても機会を見て掲載したいと思っています。筑水研の会報には月例で多くの文書が掲載され続けています。掲載したい論文が外にもあるのですが、今回これを取り上げた理由は、中原孝矩氏がただ単に親しい友人であり、私が筑水研に参加した際に最初に知り合いになった人であったからに過ぎません。当然ながら、署名論文であり、同じ会員でもあるからこそ、大いに批判すべきでしょう。とりあえず、批判はともかくとして私の考えを述べさせていただくことにします。

仮にダムを安く造ったとしたらどうなるのか

 私は一般的に語られる「公共事業のコストが高すぎる」という議論には単純には同意しません。こう言うと公共事業の擁護派などと誤解されそうですが、もちろんそういう意味ではありません。
 まず、全ての公共事業が本当に国民に必要で役にたつものとして行われていると考える場合には、少しでも節約して国民へのサービスの供給量を増やし、また、別の種類のサービスの供給も可能になるわけですから、節約することも"ダムを安く造る"ことにもそれなりの意味があるのかもしれません。
 これに対して、"必要なものは既に造られてしまっており、もはや全く必要でないものまでが造られ続けている"と考えた場合には、節約一般には何らの意味もないことになってしまうのです。もちろん、私は後者であると考えているのです。
 分かり易いように自治体における土木や農業土木関係の予算の執行を考えてみましょう。
 仮にニ〇億円の予算が準備されたとして、会計検査院などの指摘を恐れ、過大積算を修正して一五億円に削減したとしましょう。このとき、余った五億円が国庫に返還され、借金の返済や全く別の研究開発費などに振向けられる場合には節約も意味があるかもしれません。ところが、どうも簡単にそうはならないのです。
 そもそも予算には色が付いている場合も多く(目的税)、仮に色が付いていないとしても隠然たる既得権や縄張りがあり、簡単には自由には使えないように仕組まれているのです。そこまで話を広げないまでも、"余った予算は使い切ることがあたりまえ"という腐った"慣行"が厳然と存在しているために、予算を獲得してきたと主張する議員の意向にも左右され、"地域経済の浮揚""有効需要の創出"さらには"地元企業や産業の育成"といったことを口実に、苦労して節約した虎の子の五億円さえも、結局はたいして必要性もない変り映えのない別の事業に振向けられてしまうことになるのです。
 私はこれを「土建屋ケインズ主義」傾向(テンデンシー)と呼んでいるのですが、こうなってくると、高いとか安いといったことや、節約そのものさえも、最早、全く意味を持たないことになるのです。結局、公共事業の目的は事業費を食い物にすることであって、全ての予算は使い切りとなり、既得権をもった特定の業者たちの懐に吸い込まれていくことになるのです。
 本来、本当に必要な事業ならば高くとも国民は負担するべきでしょうし、未来に向けて投資すべきなのですが、現実は全く異なっているのです。
 このため、"高いからこのダムは良くない"という議論には私は参加したくはないのです。これが、「私は一般的に語られる『公共事業のコストが高すぎる』という議論には単純には同意しません。」と言った理由なのです。そもそも、小石原川ダムは高いから良くないのではなく、不必要であるにも関らずに、"その事業費そのものを食い物にする構造が存在しているが故にタックス・ペイヤーにとっては許しがたい"と考えるべきなのです。
 この議論は、ダムばかりではなく一般の公共事業費にも同様に言えることです。従って、"行政の効率化"の掛け声によって、どのように節約しても、その余剰も消費されてしまう以上、現状の公務員の仕事の大半は、効率良く無駄遣いすることにしかなっていないのです。
 そして、この構造を念頭において、私は拙著「有明海異変」では第W章「税金のダム遣い」を書いたつもりだったのです。
 問題なのは、これが単なる無駄の間は、"役にも立たない公共事業"という程度で済ませるのですが、"諫早湾干拓事業"に至っては、さらに深刻になり、大規模に害悪をもたらすものになっているのです。こうなってくるともはや絶対に許すことはできないのです。
 中原論文に対してもう一点注文を付けるとすれば、小石原川ダムも多目的ダムである以上、事業目的別にコストをカウントして(目的水量を目的別事業費で除する)効率を検討すべきかと思うのです。しかし、これとても結局は画餅とも言えるのであって、中原流の率直な感覚や切り口の方が返って正しいのかもしれません。そもそも、「計画高水」とか「洪水調節能力」とかいったものも、さらに「利水」という概念さえも、ダムを建設するために創られた架空の概念でしかないと言われており、どうやら、本質を求め迫れば迫るほど、逆に真面目に議論すべきものでもないように見えてくるのです。
                       
■次回への予告■D

※ このところ不知火海のことを書くことが増えてきました。私のフィールド・ワークの領域が以前からすればかなり拡大してきているからでしょう。通常、普段の活動範囲を越えてくるとどうしても具体性に欠けた内容になりがちで、現地の人の目から見ればかなり間違ったことを書いているような気もします。しかし今後とも誤りを恐れずに書くつもりでいます。
 領域の拡大もあり、「有明海・不知火海の再生を目指して」というサブ・タイトルも徐々に窮屈に感じ始めています。一年を目処にこれを変更しようと考えています。
 29. 佐賀地裁による「工事差止め」命令の衝撃 として書き上げるつもりでしたが、果たせませんでした。次回に延期します。近藤さんからも「5.HP管理者から」No.144(2004/09/01)「CO2温暖化と諫早干拓」で書くことを当然とされていましたので何としても書くつもりでしたが、勤務が非常に忙しくなり、どうしても脱稿できませんでした。もっとも、27. ポルトガル宣教師が見た四百年前の八代 といった不急のリポートに時間を取り過ぎている事も原因です。次回は、まず、この一本を最初に仕上げるつもりです。
         (20040923)