18. ある"ノリ漁師"の悲劇

 前回のリポートに「16.ある"網漁師"の死」を掲載しました。今回お知らせするのは、有明海漁業の主力であるノリ漁民にまつわる気の滅入るような話です。
 「有明海のノリ不作で借金苦となり心中するため母親を殺害したとして、承諾殺人(ママ)*の罪に問われた福岡県のノリ養殖業田島健治被告(45)に対し、福岡地裁久留米支部は九日、
懲役三年、保護観察付き執行猶予五年(求刑懲役五年)の判決を言い渡した。
「母殺害に猶予刑」(ノリ不作で借金苦 心中図る)
 田島被告の仲間の漁業者は『ノリ不作は国営諫早湾干拓事業による有明海の環境変化が原因』と指摘。四千人以上が署名した寛刑を求める嘆願書が同支部に提出されていた。判決理由で、高原正良裁判官は『心中は短絡的だが、働いても働いても苦しくなる生活に絶望したためであり、同情を禁じえない』と述べた。判決によると、田島被告は借金苦から将来を悲観し、母親のヨシ子さん=当時(73)と話し合って心中を決意。二月二一日夜、福岡県大和町の自宅隣の作業小屋で、ヨシ子さんの首を刺し身庖丁で数回切りつけるなどして殺害した。田島被告も自殺を図ったが死に切れなかった。 地裁久留米支部『同情禁じ得ない』 」
(二〇〇四年七月一〇日付け佐賀新聞)

 福岡県大和町は、水郷と北原白秋で有名な柳川市に隣接する有明海最奥部の養殖ノリの一大産地ですが、佐賀県の有明海東部海域の豊作を横目に、二〇〇三年度も不作に泣きました。 
 ただ、その佐賀県の東部にしても、必ずしも量的に豊作であったわけではありません。福岡県が不作であったために、金額ベースでは豊作になったようなのです。
 被告が心中に踏み切った二月二一日は、ほぼ、大牟田から大和町にかけて福岡県下の不作が誰の目にもはっきりする時期ですので、心中の動機や理由は鮮明すぎるほど鮮明です。
 農政局もこの事件については当然ながら知っているはずなのですが、静かに沈黙を保っています。あたかも有明海全域の漁民の怒りが自分たちに向けられるのを恐れているかのようです。
 話を変えますが、七月一八日付けの西日本新聞は「ノリ市場開放 ノレない日本 、韓国限定輸入解除不可避か、中国『WTO違反』指摘、量を維持→韓国反発 枠を拡大→国内打撃」と伝えています。これまでは韓国だけに乾ノリ、味付ノリの輸入枠を認めてきたのですが、高品質の中国産ノリの輸入枠要求はノリ養殖業者に極めて深刻な影を投げかけることになります。 
 それでも、"コメ"の場合がそうであったように、日本政府はノリ漁民に対する体裁を取り繕った後、中国市場への輸出を優先して輸入枠を認め、最終的には全面的な輸入枠解禁への巨大な水路を開くことになるでしょう。問題はどれだけの時間が残されているかなのです。そして、漁業者の犠牲の上に、漁連もマーチャントとして(自らが輸入業者になるなど)生き残る道を探るかもしれません。これが、日本という国家と社会の実態なのです。この問題については、いずれ別稿としてゆっくり考えたいと思います。

*「承諾殺人」    
 法律用語(刑法)としての「嘱託殺人」(他人の依頼を受けてその人を殺すこと。通常の殺人罪より軽く罰せられる。心中・安楽死などで問題になる。/広辞苑)の誤りかとも思いますが、「承諾殺人」でも一般的には通用しそうです。新聞だからといって絶対に業界用語を使わなければならいとも考えません。そもそも、法曹界は頑なまでに奇妙な用語を用い続ける業界なのですから。ただし、この記事は県外で発生したために、共同通信社あたりからの配信であって、佐賀新聞社の直接的な記事ではないようです。

19. 有明海の再生とマングローブ林

 イサカンやダムの撤去、既に資源としては全く意味を失っている針葉樹の処分と広葉樹林の再生といった本質的な課題を解決することなく、干潟の"耕うん"技術の確立とか、汚染され狂ってしまった海でのタイラギやアサリなどの養殖技術の開発とかいった、イサカンの存在を前提とした現状の改善策への提案を提出することには非常に大きな矛盾と嫌悪を禁じ得ないのですが、既に現実の破滅的な政策破綻の附け廻しを引受けなければならない状態にもあるわけであり、現状に対する改良の方途も多少は考えてみようと思います(「最大限綱領」と「最小限綱領」の問題)。
 私が始めてマングローブ(*)と有明海の再生とを結び付て考えたのは、〇三年の秋のことでした。
 マングローブは亜熱帯や熱帯の河口や潮間帯の泥地に発達する特異な植物群の総称ですが、亜熱帯、熱帯地方の海岸地帯を中心に様々な種類の高木、低木を複層的に発達させます。
 既に「17.阿漕(アコギ)」としてりポートしたように、亜熱帯系のアコウについてはかなり前から意識していましたが、まだ、マングローブを有明海の再生に利用するところまでは考えてはいませんでした。
 ところが、動機が魚付林による漁獲量の拡大であったとしても、マングローブの試験栽培を試みている人々がいたのです。その後、このことについて調べていくうちに、有明海に隣接する南側の海、不知火海(八代海)において既にマングローブの試験栽培が進み、今や、沿岸の不知火町、芦北町、津奈木町の三町にまで広がり、既に六千本を越えるメヒルギなどが植えられていることを知りました。


不知火海のマングローブの苗 熊本県宇土郡不知火町桂原(カズワラ)
 県の水産関係の事業として試験的に植林が試みられたもので、現在は不知火町が管理を行っている。海岸保全事業の見直しに連動し、ここにも新たに大規模な海岸堤防が作られる予定で、このマングローブは移植されると聞く。
 環境審議会によるブレーキは、まさか海岸保全事業の障害(物理的、思想的)になるからではないと思うのですが、勘繰りがすぎるでしょうか。

 それは、八年前の九六年に"熊本県不知火水産指導所"の事業として試験的に不知火町の桂原地区に魚付林を育てようとしたことが始まりだったようです。
 当然ながら、魚付林が育てば山から海への土壌流出を防ぐとともに、稚魚の"ゆりかご"を造り漁業資源の再生を可能にします。
 既に、不知火海の磯にも造林(人工林)地やほ場からの流入によると思われる泥が堆積を続け、磯は磯でなくなり、藻場の多くが失われていきつつあります。
 不知火海は南の水俣湾が、チッソによって流し続けられた有機水銀によって汚染されたことに続いて、全域が"土壌流出"という新たな汚染の脅威に晒されているのです。この不知火海でも漁獲量が落ちていることは言うまでもありません。まず、漁師の絶対数が最盛期の半数以下に落ち込んでいます。その背景には、漁師の高齢化ばかりではなく、恐らく漁獲量の絶対的減少があるはずなのです。このことが、不況化の就職難の中にあっても、次世代の漁業への進出意欲を失わせ続けている理由と考えてほぼ間違いがないでしょう。
 元来、閉鎖性海域というものは特にそうなのですが、土壌の流入は、単に砂地や岩礁に泥が覆い被さっていくばかりではなく、海の透明度を低下させ、結果的に全域において光の流入量を減少させ、ほとんど光が届かない海域を広げることになります。いずれ全ての海藻を死に追いこみ海底を砂漠状態にしていくことになるのです。そして、最終的には、光が届く浅い部分においてさえも徐々に藻場を失わせていくことになるのです。恐らく、流入した泥はヘドロ化し、日々、不知火海の底を覆い尽くしていきつつあることでしょう。
 その原因は、単にゼネコンや地場の土建業者に税金を流し込むことだけが目的でしかない新幹線や高速道路さらには林道といったものの歯止めのない建設や、ゴルフ場開発などによる直接的な里山の破壊ばかりではなく、ダムや砂防ダムの乱発による海への砂の供給の減少や、拡大造林政策の蔓延によって周辺の森が針葉樹に覆われ、その多くが、間伐や枝打ちがなされていないために、地面(林床)まで光が届かず、下草が生えないことによって、剥き出しの表土が雨によって流出を続けているからに外ならないのであって、これを続けているのが林野を所管する農水省を始めとする行政というのですから驚くばかりです。

マングローブ育林に纏わる緊張

 話をマングローブの魚付林の話に戻しますが、不知火海のマングローブについては、その成否について一定の論議があります。
 事実、〇二年七月の熊本県の自然環境審議会がこれにブレーキを掛けているのですが、曰く「干潟のアシ、そこに生息するエビやカニ、貝類のほかバクテリアもそれぞれ連鎖して生きている。自然のなかの仕組みに目を向けず、単に植えるだけでは環境破壊を招いてしまう」というものです。それ自体はまったくそのとおりなのですが、自然審議会は不知火海が死の渕にあることについてはどのように考えているのでしょうか。
 もちろん、何もないように見える干潟といっても、そこには一定の藻類が定着しているわけであって、一般的にアシなどの在来の植生に、新たに外来植物を安易に持ちこむこということは、ブラックバスの先例を持出すまでもなく、生物相に新たな緊張関係を造り出す危険な行為であることは言うまでもありません。しかし、そのことだけを持って、表土の流入や人為的な埋め立てによって現実の不知火海の藻場や磯や砂地が絶対的な消滅の危機に陥っているということには一切目を向けず、単に机上だけで成否を判断することは、どのように考えても大事と小事を混同しているようにも思えるのです。
 仮に、「外来種の植物を安易に持ちこむべきではない」と主張するとしても、それならば、現在の環境が消滅の危機に晒されていることに正面から取り組み、その改善や保護に向けた方途を前提にするべきでしょうし、短絡的に外来種と在来種の緊張関係という一点だけで、問題を考えることは偏狭なセクショナリズムとしか言い様がないように思うのです。
 それどころか、熊本県は不知火海北部海域で唯一残された最良の海域である大筑島周辺において、廃棄物(浚渫残土)処分のための埋立てを強行しようとしているのです。
 また、もしも、"安易にマングローブを植えることは危険だ"と言った高尚な議論をするのならば、熊本県が、補助金だけを目的に風倒被害によって崩壊した急傾斜地の造林地に再び針葉樹を植え直すなどといった愚かな行為をどうにかするべきでしょう。きっとそこも、ほんの五〜六十年前までは広葉樹が生茂った照葉樹の森だったに違いがないのです。このように照葉樹の領域に無理やり針葉樹を植えることは、それ自体外来種を導入することと大差はなく、さらに、そのことがどれほど土壌流出に拍車をかけ"不知火海を死に追いこんでいる"といったことこそ、本気で議論をすべき課題のはずなのです。
 ここで少しばかり冷静になって考えてみましょう。民俗学者柳田国男のエッセーの中に「椿は春の木」という話があります。"椿"は言うまでもなく押しも押されもしない代表的な照葉樹ですが、比較的暖かい海岸部を中心にしているとは言いながら、その分布域は通常の北限を超えて、東北地方の北部、秋田県から青森県にまで延びています。このことから柳田は海流に乗るかのように南から北に移動していった人々による移植によるものと見たのです。つまり、"彼らが移動していく場合には、食料ばかりではなく、薬や資材になるような植物の種も同時に持っていくはずだ"ということを言っているのです。
 恐らく古代の女性も、髪を飾り髪油が採れる椿の実もきっと携えていったことでしょう。そもそも、このようなことがあるのが一般的な分布域なのであり、一時期、外来種も外来種であるケナフ(インド原産のアオイ科の一年草)の栽培を推進したのが農政局であり、熊本県も恐らく推進者だったことを考えれば判りやすいかもしれません。また、静岡県を始めとして全国的にもマングローブ林の育成が進められていることも紹介しておきます。
 これまでの見解を多少修正して、ここでは、マングローブ林の造成への成否については、一応、留保しておきますが、もしも、厳密に「外来種の植物を安易に持ちこむべきではない」ということを強調し生態系の保全を主張するのならば、同様にそれを一挙に破壊する埋立事業や造林地からの土壌の流出やダム建設にも厳しくあたって欲しいと思います。
 突き詰めるところ、問題の本質は極めて政治的なものなのです。川辺川ダム建設もさる事ながら、やはり、この不知火海も第二の有明海に向かいつつあるようです。
 しかし私にとっては、まだ、有明海よりは不知火海が海としての魅力に富んでいることはいうまでもありません。平戸、伊万里湾、九十九島、島原沖の有明海といった海域において、あまりにも魚が釣れなくなっているため、しかたがなく大遠征を繰返し、不知火海なかでも天草上島東岸の龍ヶ岳町(上天草市)、倉岳町(上天草市)さらには御所ノ浦島などに釣行を重ねているのです。私のような、釣果よりも海を楽しみたいと考える釣人にとっては、御所ノ浦島などはまだまだ魅力的な釣場なのです。
 既に最近の温暖化傾向は顕著であって、北部九州の気候は事実上鹿児島のそれであり、鹿児島のそれは奄美に近く、沖縄は台湾に近づいていると言えそうです。このような傾向が常態化し始めている以上、マングローブの植林は十分に可能と言うよりも、むしろ必然化しているのではないかとも思うのです。このように考えれば、潮汐の幅が大きい有明海といえども、それほどの沖合でなければ、必ず生育可能な樹種があるはずと思うものです。既にギロチンから相当期間が経過していることを考えれば、再生への一つの可能性とは言えるように思います。
 もちろん、これは対処療法でしかありません。本来は、イサカンやダムを撤去するとともに、針葉樹林を広葉樹林に戻し、耕作放棄地を利用してほ場からの土壌流出を止めるといった、環境再生への具体的な方策をすぐにでも実行すべきなのですが、農水省は利権が見え透いたような事業には熱心なのですが、本当に必要なことには全く手を付けようとはしていません。僅かに、不知火海に流れる球磨川において、熊本県が荒瀬ダムの撤去を発表したことにとどまっているのです。
 マングローブ林の浄化能力や稚魚の営巣地としてのゆりかご的機能や防潮能力については改めて語る必要はないでしょう。テトラ・ポッド(これは商標名ですが、普通名詞化していますのでそのまま使用します)が景観を破壊し、海岸の保全にはほとんど価値がないことを考えれば、こと環境の復元には相当に効果が望めるのではないかと思うのです。過渡的な政策としては、テトラ・ポット製造業者に転業を促進させ、マングローブ林の育成事業(仮称)といった事業などに転業させるなど、有効と考えられる政策を少しずつでも行っていくという選択も例外的にあるかもしれません。
 もちろん、広葉樹林の再生や在来種のアシ原の復元などによって環境を再生することが基本なのですが、アシ原と自然海岸を破壊し続けているのが、県や国土交通省、農水省などの海岸保全事業や漁港修築事業であることを考えるべきなのです。

高潮被害とマングローブ

 不知火町といえば、一九九九年に台風による高潮、高波などにより、一二人の死者が出たところです。その時、不知火海を通過したのは台風18号(**)でした。普段は本当に静かな内海なのですが、不幸にも風向きと地形が最悪の方向で重複した結果、非常に増幅した高潮、高波が不知火海最奥部の小さな集落を一気に襲ったのでした。
 一般的に海岸管理者は県知事とされていますが(機関委任事務)、旧建設省など三省庁の海岸保全区域(海岸法)が指定され、多くの海岸堤防が、今、なお、際限なく整備され続けています。
 ここで考えることがあるのですが、大量の海水が堤防内に侵入し海岸の集落を襲うことがあります。もしも、それが地震による津波であった場合には、確かに非常に大きな波は来るのですが、海水は一気に引くことになり連続して大きな波が長時間に亘って何度も襲うということはありません。一方、高潮の場合は、規模の問題があり一概には言えませんが、地形によって増幅された三陸大津波のような高波はこないのですが、その潮位は容易には低下せずに波状的に高波が襲うことになります。
 確かに地震などによる津波の場合は、時として、地形により異常に増幅された巨大な波が襲ってくることがあります。もしも、これに完全に対応するとしたら、いつ襲ってくるか全く判らない巨大な波に備えて、それこそ海も空も見えないような堤防を築かなければならないことになってしまいます。もちろん、そのようなことは不可能なことであり、堤防だけで守り抜くなどといったことは、土台できるはずがありません。
 では、台風による高潮、高波の場合はどうでしょう。三陸大津波のようなものに比べて、「堤防で受けきるということは全くできない」とまでは言いませんが、やはり、九九年のこのケースも、牛深市で66.2m/sという観測史上最大の強風が吹いたわけで、想定を超えた波が襲ったことは間違いがありません。
 しかし、性質の異なる波に堤防だけで対処すると言うことはやはり不可能としか言い様がないように思います。「有明・八代海の高潮特性と海岸環境の現状」という熊本大学工学部(熊本大学沿岸環境科学教育研究センター)田渕幹修、滝川清両氏による報告書を読みましたが、結局、「不知火海沿岸(特にその北部)では過去に例を見ない大規模な高潮と高波の来襲にある.いわば,生起確率の小さい大規模な自然の異常現象による災害(…略…)であったといえる.このような生起確率の小さな自然災害にたいしては,ハードな対策には限度があり,ある程度の危険を覚悟しながらも壊滅的被災を避け,一方で避難措置などのソフト面を充実させる,というのが,今日の大方の考え方と思われる.」…「…今回の各地の被災は許容危険度の内にあるのか.このような視点で被災地を見るとき,答えを出すのに最も大きな障害となったのは,互助的(公的)な保障制度の不備である.被災者の心労は大きい.これでは,いつまでもより大規模な防災施設への要望が続くように思われる.」(下線強調は筆者)とされているのはその通りと思います。事実、この災害を奇貨として、この沿岸にどう見ても必要を超えていると思われる大規模な海岸堤防が整備されているようとしていることは言うまでもありません。
 このような堤防があったために返って海水が海に戻らず、別の被害が拡大する場合も中にはあるのです。一概には言えませんが、堤防による高潮対策は、ある程度水が抜ける形にもしておく必要もあるのです。
 河川堤防の決壊や溢流の場合もそうですが、溢流(堤防を越える)はいくらしても、後背地が広い場合は、それほどの被害は発生しません。ただし決壊(破堤)は絶対にさせてはならないのです。このため、堤防を必要以上に高く造るのではなく低くても強固に造るべきと思うのですが、素朴過ぎるでしょうか。
 マングローブ林は、それ自体で防潮機能を持っていると言われます(しかも、維持管理の必要が一切なく日々成長を続けて、多くのエビやカニなどといった副産物まで与えてくれるのです)が、同時に海水もブラシのように抜けていくのです。
 漁港などに「海岸保全事業を一切やるな」とまでは言いませんが、不必要に巨大な構造物を造るべきではなく、マングローブ林などとの併用を考えても良いのではないかとも思うものです。  
 それよりも、背後地に全く守るべきものがないようなところにまで海岸保全事業が行われ、醜悪なテトラ・ポッドを大量に放り込むのは、世界的に見ても北朝鮮、韓国(そもそも、この二国の場合は、元来、戦時下にあるために敵国の海岸強襲上陸作戦を阻止するというふれ込みで大量に投入されているのです)と日本ぐらいですので、利権構造による薄汚い話(ボーナス時期などに、「あと五〇メートル余計に発注すれば、予算が完全に消化できるので、必要性は薄いけれどもやってしまえば良いじゃないか」とかいった話)も聞こえてきますので、あまり問題にされないうちにそろそろ自主的に止めてもらいたいものです。

ゴミの溜り場となるマングローブ林

 河川に生えるアシ原の場合も同様ですが、こういったところはプラスチック系のゴミが非常に溜まりやすいものです。このことから、景観が悪いとして「アシ(ヨシ)は早く刈ってしまい、ゴミは下流に流してしまえ」などといった乱暴なことを平然と口にする自治会長とかいった人が良くいるものです。また、釣りをすれば良くわかるのですが、テトラ・ポッドの内部もゴミだらけといったところが多いものです。同様にマングローブ林もかなりの海洋性漂着ゴミを貯留させていると言われています。山猫で知られる西表島のマングローブ林もその内部はプラスチック系のゴミが大量にひっかかっているといいます。これは自然に少なくなることは決してありません。例外はトロ箱、緩衝材、漁業者の利用する浮材などに使用されている"発泡スチロール"=ポリスチレン(PS)樹脂ですが、これは早い段階でボロボロに崩れていき、マングローブ林からも流れ出し、最終的にはかなり小さな粒子になっていくようです。この小さな粒子が魚などのエラに濾し取られて呼吸の障害になっているという話まで聞きます。こんなものは即刻製造そのものを禁止すべきなのですが、発泡スチロール・トレイは回収してリサイクルに廻せるというふれ込みで、結局、生活協同組合や漁連の一部などによる使用見直しへの動きはストップしてしまいました。トレイの製造会社は、この動きが出始めるや直ちに回収・再生プラントを造り上げ、消費者の錯覚と善意を逆手に、この醜悪な発泡スチロール・トレイの存続を容認させ、産業の存続へと道を開いたのでした。かわいそうなのは年老いた消費者だけなのです。"賢い消費者"と言われることへの喜びを噛締めながら、誇らしくも嬉々としてトレイの回収を続ける「賢い」(?)消費者に過大な負担をかけるこの制度はそろそろ再考の余地があるように思うのですが、「賢い」消費者は、回収されたトレイが全体生産の何割なのか、また、回収されたトレイのうち何割が再生に廻されているのか知っているのでしょうか。この点は、牛乳紙パック、アルミ缶、古紙にも同様の問題がありますので、賢い消費者のリサイクル運動を推進する方々も多少自分の頭で考えてみるべきではないかと思う限りです。
 犠牲はいつの時代も善人によって甘受させられてしまうものなのです。この始末に悪い合成樹脂の海洋への流出と細粒化を防ごうなどとは、通商産業省、環境省はもとより、どのセクターも考えようなどとはしていないのです。これが、我が国の実態なのです。

映像に見るテトラ・ポッドの無残

 誰にでも判るはっきりした現象についてお話しましょう。「海岸延長に対してどの程度の率でテトラ・ポッドが投入されているのか」といった感覚で、テレビや映画を見ているのですが、日本の映像で海の風景が出てくると、かなりの高率で画面のどこかにテトラ・ポッドを発見します。 
 これは誰にでもできることですので、何度か試みられれば私が言っている意味がお分かりになってくることでしょう。驚くほどの高率であることはあらかじめ申し上げておきます。テレビを見るときなどに手元にノートをおいて一〇日間ほど調べて見れば、それなりの精度で一般的な傾向をつかむことができると思います。もしも、児童、生徒でこのHPを見ている人がいたら、夏休みの宿題として取り組んでみれば、非常に面白い研究報告になることでしょう。
 「映像に見る日本の海岸線のテトラ・ポッド発現率」といったものです。これは「映像に見る山村、漁村の老人化率」といった調査などにも拡げることも可能です。こういったものは図像学(イコノグラフィー)と呼ばれるものの延長にあるものかもしれません。
 私がおこなった結果からは、国外と国内の圧倒的な差が見て取れました。国外の場合はテトラ・ポッドを見つけることが非常に難しく、国内の場合は逆に全く見えない海を見出すことがかなり難しいといったものになりました。このことから、海外ではテトラ・ポッドの投入は、どうしてもやむをえない場合だけに、限定して採用されているのではないかといった印象を持っています。読者の方々にも、この簡単な調査はぜひともやっていただきたいと思います。かなり面白い環境調査といえるでしょう。
 
*  「マングローブ」【mangrove】(マレー語の monggi に由来)
@熱帯林や熱帯の河口・潮間帯の泥地に発達する特異な植物群落。ヒルギ科などの高木・低木から成り、耐塩性で葉は常緑で厚く、支持根・呼吸根が著しい。場所により構成種は多様。東インド諸島・マレー、南西諸島や台湾に見られる。紅樹(こうじゅ)林。
A@を構成する樹木。ヒルギ科のオオバヒルギ・ヒルギダマシなど。(広辞苑)
**  「台風18号」
 平成一〇年九月二三〜二四日に来襲した大型台風で、熊本県牛深市では最大瞬間風速66.2m/sが観測されています。
【不知火町の高潮災害】 死者12名 浸水被害家屋18戸(床上8戸、床下8戸)

※ 「マングローブ育林に纏わる緊張」で"本当に必要なこと"の話がでましたので、その反対のものをご紹介しておこうと思います。どうやら、我が国は、"借款を供与してまで中国に対して新幹線を造ってやる"というとんでもないことを行なおうとしているようです。それは、「そうまでして建設を受注し、事実上の税金を吸い尽くそうとする人々がいるから」との話を耳にします。既に、日本は中国に対して過去数兆円に上る借款を供与してきました。これは名目こそ借款ですが、実質的には事実上の戦時賠償であって、中国には返済の意志は全くないはずです。従って、これはもはや借款などとは全く呼べない代物であり、事実上、タダで中国の新幹線を建設してやることにしかならないのです。そして、その余力が日本を標的にした核ミサイル配備の原資になっているのです。"間の抜けた"としか言いようがない、旧左翼などに多い、いわゆる"アジア派"による"アジアとの共生"といったスローガンが、なんとも愚かで虚しいものに聞こえてくるではありませんか。

20. イサカンに次ぐ第二の時限爆弾(嘉瀬川ダム)

 事実上は分水嶺を超えた福岡県側に位置し、行政上は佐賀県に属する小川内という小集落があります。この旧黒田藩と旧鍋島藩の藩界争いを反映した土地で、宝石のような小集落を消し去ってしまうダム建設が、現在福岡市の事業としてひっそりと行われています。この筑紫耶馬溪の最深部(福岡市、那賀川町、佐賀県東脊振村小川内)に建設が進められている五ケ山ダムが佐賀県の人々にはほとんど知られていないのと同様に、佐賀県富士町の古湯温泉の上流域に造られようとしている超大型の嘉瀬川ダム(現在は付替え道路の建設が中心で本体には手を付けていないようです)が、福岡県の人々にあまり知られていないのも致し方ないことかも知れません。


嘉瀬川ダム締切予定地(ダム軸)付近
 ダムのサーチャージ水位、常時満水位ラインははるか上空になる(佐賀郡富士町畑瀬地区)。遠く右岸に付替え国道が見える。


立木伐採が進む見学地付近(畑瀬地区)
 水没ラインに沿って広葉樹林の伐採が急ピッチで進められている。


水没予定地、栗並地区の子安神社移転跡地
 大木が茂り、手前にはきれいな砂地の川があり絶えることなく清流が流れていた。


水没予定地の畑瀬大明神豊富宮の境内地
 社殿はまだ移転していない。ここの大楠も伐採されることになる。


清流の最期(嘉瀬川)水没予定の畑瀬大明神豊富宮横の川原
 撮影当日(八月八日)、少し上流では数グループの家族連れが川遊びをしていた。

 ダムの有用性を過大に強調するダム推進派も、計画段階から建設段階の初期までは、ひっそりと自分たちだけで金儲けしたいためか(まるで美味い弁当を一人でこっそりと食べるように)、あまり大々的にはダム建設を宣伝しないものであって、一般の人々が知らないからといっても仕方がないことかもしれません。
 それはともかくとして、瀕死の重傷看者になってしまった現在の有明海にとって、イサカン以後、嘉瀬川ダムほど大きな影響を与えるものは外にありません。問題はその規模です。かつて1960年前後、日本人に始めて住民運動というものを印象付け、室原知幸氏による"蜂の巣城攻防戦として全国に名を馳せた下筌ダムやその下流に造られた松原ダムよりも規模が大きい北部九州最大のダムが既に着工されているのです。

※嘉瀬川ダム(治、利)7,100万d (竣工して久しい同一水系の北山ダムは2,225万d)  
※筑後川水系 下筌ダム (治、利、電)5,930万d、松原ダム(治、利、電)5,460万d      
※同水系   大山ダム (治、利) 1,960万d、水資源機構により建設中      
※同水系   城原川ダム(治、利) 1,600万d、計画中              

 このダム建設のために、樹齢数百年になる県の銘木とか古木とか言われ、声高に保護が叫ばれていた大木が、言っていた舌の根も乾かぬうちに、数十本単位(実質的には百本単位の大木が切り倒された)で切り倒されたのです。多くの人々のまじめな人生と思い出が潰され、数十戸から百戸を超える思い出のこもった家や神社が取り壊され、今や付替え国道工事から本体工事に進もうとしているのです。
 このダムそのものによる直接的な環境破壊はそれだけでも愚かで犯罪的な行為ですが、これには死に瀕した有明海に最期の止めを刺すというオマケまでが付いているようなのです。
 古湯温泉を訪れられたことがある方々は良くお分かりかと思いますが、この温泉地が都会の人達からの静かな人気を呼び始めていたのも、背後に豊かな川や豊かな森、それに懐かしいばかりの集落や棚田があったからなのであって、ダムが完成し岡山県の湯原温泉のようなダム直下の温泉地となれば、湯原温泉と同じように確実に客足が遠退くことになることでしょう。県から町村レベルまでのこの地の議員や首長たちはどのような判断をしたのでしょうか。永遠の宝を麻薬同然の一時の快楽でしかないダム建設という公共事業を地域の浮揚とでも錯覚したのでしょうか。およそ気がふれた行為としか思えないのですが、つくづく議員という愚かな存在には呆れかえるばかりです。
 この温泉街を貫いて流れる佐賀県でも最も美しい部類に入る清流嘉瀬川の上流域は、これまで大量の風化花崗岩質の真砂土を有明海北部に間断無く送り込んできました。既に嘉瀬川河口域にあたるノリの主産地、諸富町、川副町においても、ノリ生産への環境悪化が進行しているわけであり、このダムの流域(集水域)から流れ出す砂が減少し、泥だけが覆い被さってくることによる影響は計り知れないものがあるように思えます。
 有明海全体への影響は、当然ながら半永久的であり、ほぼ因果関係が特定できないような形でジワリとボディーブローのように効いてくる完全犯罪のようなものですが、ことノリ生産については、たん水試験前後のかなり早い段階(一〇〜十五年)から徐々に影響が出てくるのではないかと思うのです。この意味において、また、その規模から推定して、嘉瀬川ダムの建設は"イサカン"に続く第二の時限爆弾になるのではないかと思えてくるのです。
 ここまで考えれば、隣で土建業界の次のお食事として準備されようとしている"城原川ダムを中止するかどうか"などといった議論自体、非常に影が薄いものであることに気付かれるでしょう(城原川ダムを止めても嘉瀬川ダムが止められなければ、こと、有明海にとっては、ほとんど意味がないのです)。
 この嘉瀬川ダムは、川辺川ダムと同様に本体にはまだ手が付けられていないだけに、もしかしたら、国家的財政破綻の結果、付替え国道の工事だけで中止される可能性も全くないとは言えないと思うのです。
 ただ、"佐賀市などの低地における数時間程度の多少の水害被害を解消するためと称して、これほどの大規模ダムをどうして造る必要があるのか"まともな説明をしてもらいたいものです。これについては、一部の良識派(河川改修派)の国土交通省の幹部などからも、「佐賀市上流域には洪水調節用のダムがないので、一つぐらいあっても良いのではないか」などといった話も聞こえていたのですが、悲しいばかりです。
 また、なによりも、砂が海に供給されなくなることによって派生してくるノリ生産への様々な影響について、それを最も受けるはずの有明海最大のノリ生産地である佐賀県の有明海東部海域の川副町、諸富町などの各漁協が、このことに対してほとんど無自覚であり、問題としてさえしていないことは非常に奇妙に思えるのですが、今後とも随時、警告していくつもりです。

※「有明海再生にマングローブ林は有効か」「イサカンに次ぐ第二の時限爆弾(嘉瀬川ダム)
の二本は、〇三年一〇月一六日付けで作成したもので、"コープさが生協"における講演に向けて準備した、「再生なき『豊饒』の海」をベースに新たに書き下ろした文を追加し編集し直したものです。
                         
■次回への予告■B

※ 前回、■次回への予告■Aとして「次回は再び林業を巡る問題を考えたいと思っています。タイトルについてはまだ考えていません。"林床"つまり、森林の土壌、その保水力、少々専門的になりますが"浸透能"、栄養の循環、そして、"それが広葉樹林と針葉樹林とではどのように異なるのか"といったことを書きたいと考えています」としていましたが、果たせませんでした。次回以降にまわしたいと思います。
 イサカンを契機にして、有明海沿岸の持ちまわりで、「有明海・不知火海フォーラム」という九州の環境保護派による最大の集会が年一回のペースで続けられています。今年は天草の本渡市で七月三一日(土)〜八月一日(日)にかけて行われました。(「第7回 有明海・不知火海フォーラムin天草」)。今回は、二日目のシンポジウムに私もパネリストとして参加しました。 
現在、天草は私の魚釣りのフランチャイズになっていますので、釣竿片手に参加しようとも思っていましたが、なかなかそうもいきませんでした。この大規模集会のレジュメへの提出論文として、七月も六ページだてで書きましたが、とりあえず、これを"林床""浸透能"などについて書けなかったことの言い訳にさせていただきます。
 夢みたいな話ですが、できれば、こういったフォーラムなど開かなくてもすむようでありたいものです。国家が主犯格の環境破壊には際限がないようで、ほとんど"モグラ叩き"のように、次ぎから次ぎと全国で新たに環境を破壊する公共事業が発生してきますので、永久に継続しなければならないと考えると、実のところ気が遠くなりそうです。本当は不知火海(旧竜ヶ岳町の大道沖か旧倉岳町の棚底湾あたり)で、多少時期はずれですが(船からの盛期は四〜五月)、船からのキス釣りか夜釣りのサーフでもしたいところですが、そうもいきません。

 次回についてですが、佐賀長崎の県境を中心に、赤潮が大規模に発生しています。これについての簡単な報告と、今年も終戦記念日がやってきましたので、敗戦を記念して"日本人は戦争をしない替わりに、平和の代償としての公共事業を選択しているのではないか"また、"山が荒れることは問題か"といったことを考えてみたいと思います。また、有明海・不知火海フォーラムに参加しましたのでその報告をしたいと思っています。