15. 「中・長期開門調査を回避する農水省」

a)短期開門調査について
 勿論、初期の段階として許されるかもしれないのですが、二ヶ月にも満たなかった短期の開門調査は、ほとんど潮止堤防内の調整池に海水を入れることもなく、それ自体「いったい何を見ようとしたのか」(「何を」見せないようにしたのか)さえも判らないものでした。
 本来、漁民、環境派学者、環境保護団体などが期待したのは、実質的に海水を中に入れるフル・オープンの中期及び長期の開門調査を行うことによって、「どのような変化があるのか」、もしくは「改善の可能性を少しは探れるのではないか」といったものであったはずです。
 ところが、「調査、調査といっても、調査したデータを何と比較するのか、そもそも比較するための基礎的データをもたないではないか」といった、ある意味で形而上学的な議論に終始し、丸々一年が費やされてしまったのです。
 恐らく、その背景には比較するためのデータを収集するというよりは、むしろ「とりあえず来年度のノリの作柄を見たい」「ノリさえ採れれば予定通り工事ができるじゃないか」という思惑が働いていたと判断するのは私だけでしょうか。少なくとも私はそのような意図を感じていました。そして翌年は運良く(もちろん局にとってですが)豊作になったために、農政局は「イサカンとノリの不作とは無関係ということで乗り切れるのではないか」という思いを強くし、一気に強気になってなっていったと思われます。
 これは、もしも冷酷な言い方が許されれば、有明海の再生を願う人々にとっては(ノリ以外の漁民にとってはもとより)非常に不幸なことであったのかもしれません。
 長崎県に肩入れする農政局が、いかなる理由があろうとも中・長期の開門調査を回避したかった理由は、もしもこの調査を許せば"内堤工事"と干拓地内工事が全面的にストップしてしまい(これらの工事は本質的に県が関与する地場の建設業者の工事であるため)、一年間のお預けを食らった上にさらに数年から場合によっては五年以上の工事の中断、結果として凍結から中止へと進む可能性を持っており、長崎県の政治権力さえも揺さぶりかねなかったとも考えられるのです。恐らく長崎県の幹部には、かつて「南総」が潰れた悪夢が頭によぎったはずでしょう(もはや、「南総」を実際に経験した人間はいないかもしれませんが)。南総は度重なる工事の延期によって予算が付かなくなり事業そのものが消えてしまったのでした。
 結局、あの形骸化された短期開門調査さえも早々に終了したことは、そのことによってさえ、環境改善への僅かな兆しや潮流の復活=有明海再生への可能性を発見されることを恐れたのではないかと思えるのです。それほど「短期開門調査」は期待が大きかっただけに、その実態を知ると、それが見せ掛けだけのものであるとの感を強くしてしまいました。満潮時にほんの僅かだけゲートを開け、実質的には海水をほとんど内部に入れなかったからでした(常時、潮位差を10センチ以下に抑えた)。

b)中・長期開門調査について
 これについては、本来、実施することが前提になっていたのであり(政治的にも地元出身であり自民党幹事長でもあった有力議員はその意味で「"開門"調査は必ずやる」と言っていたはずと私は理解していました)、今なお、これを行わないということは調査などやらなかった事と全く同義であったとしか言いようがないと思います。
 西日本新聞(03年12月26日付け)は「中・長期は必要」として、有明海ノリ不作等対策関係調査検討委員会委員長であった清水誠(東大名誉教授)のコメントを掲載しています。側から見ていて内部の事情はなかなか掴めなかったのですが、漏れてくる話からは委員長は開門調査にはそれほど積極的ではなかったと理解していました。その彼でさえ(身軽になったからか)「少なくとも中・長期開門調査をやれば、どういう状況の変化があり今後どうなるのかという有明海の環境に及ぼす影響の手がかりは得られるはず」と述べているのであって、逆に考えればそうだからこそ、「中・長期はやらない」という結論を早急に打ち出し、諫早湾干拓事業の恒久的「安定化」を狙ったとしか考え様がないのです。ただし、恒久的安定化と言っても、それは外向けの話であって、実態は、その場しのぎの場当たり的対応(イサカンを強行した世代が安心して天下りできるまでの間)といったものでしかないと考えるのは私だけなのでしょうか。
 「中・長期開門調査」をやらない理由について、報告書を読む限り(私は「土地改良情報」03年12月11日第3532号掲載分を読んだのですが)、清水委員長が指摘したとおり、結局、農水省は「開けても(干拓事業の有明海の環境悪化への影響は)分らない」から"やらない"、もしくは「複合的で原因は特定できない」としか読めなかったのです。
 これらのことを考えると、開ければ変化の兆しが確実に現れる(現状に比較して流速が最大で20%増加したとか、潮位差に拡大の兆しが見えたといったこと)から"やらない""やりたくなかった"し、今後情勢がどのように変化しても"やりたくない"のではないかと勘ぐらざるを得ないのです。つまり、開門が有効か無効かといったことは議論することではなく、やってみれば一目瞭然なのであって、もしも改善の兆候が全く無ければ漁民も諦めるでしょうし、議論は次ぎのレベルに進むことができるはずなのです。
 従って、農水省の中・長期開門調査回避の方針の底流には、これを「事業完了までは絶対に許さない」の一点にかかっているように見えるのです。つまり、「頼むからそっとしておいてこのまま事業を静かにやらせて欲しい」と。
 さすがに、中・長期検討委員会(農水省の自由にならない第三者検討委員会を自ら潰したあと設置された)を評価する者など一人もいなかったようですが(事実、マスコミの多くもOB委員会にはほとんど視線を注いではいなかった)、農水省OBなど百パーセント身内だけで固めた"御用"委員会が「どのような判断を示すか」といった内容には既に興味も関心もなく、多少とも興味があったのはどのタイミングで宣言するかでしかなかったのでした。
 結果的には違っていましたが、私は年度末のドサクサかゴールデン・ウイークの直前といった時期を想定していました。
 ただ、このような誰の目にもあからさまなOB委員会に「調査への足掛かり」とか「有明海再生への第一歩」といったものを期待することは程度の低い錯覚としても、本来、行政権力にとってもこのような見え透いた"御用"機関は実質的に"一般国民を欺く"という本来の機能を持っておらず、「よほど安心して"天下りできる環境"を作りたかったとしか思えない」といった声が出てきてもいたしかたないのです。結局、そこに表現されていた理由はどうであれ、実態は"なりふり構わぬ危機感の現れ"といった水準の低いものでしかなかったということが事の本質ではなかったかと思えてしまうのです。
 要は、海水を潮止め堤防内部に入れるフル・オープンの開門調査が有効か無効かを短期開門調査時のような潮位差をほとんど付けない調査データを元に議論をして環境悪化への影響を判断することはそもそも全く議論の価値がなかったのであって、"今後も含めて"単純に「やってみれば良い」としか言いようがないのです。
 私には「潮受け堤防の締切りによる影響はほぼ湾内にとどまっており」とは、湾内のムツゴロウや貝類そして多くの生物が絶滅させられたことを言い、「潮受け堤防の締切による影響はほぼ湾内にとどまっており、湾外の有明海全体にはほとんど影響を与えていない」はあたかも「高速道路上で横転した超大型トラックが、"影響は横倒しになった部分にゴミを散乱させてしまった程度だ"」と、言っているようにしか聞こえないのです。   
(20040514)

16. ある"網漁師"の死

 「諫早湾に近い佐賀県太良町の漁師(47)が四月十四日、自ら命を絶った。国営諫早湾干拓事業で、国が「中・長期開門調査は困難」との考えを、県漁連に伝えたわずか二日後のことだ。男性は車エビなどを捕る刺し網漁師。子ども三人を抱え、評判の働き者だった。妻がけがしたときは一人でも海に出た。しかし、近年は不漁続き。収入増に結びつかず『二年前に取り換えた船のエンジンなどが家計にのしかかっていた』と知人の漁業者は証言する。『海がおかしい。国は調査をしてくれんのか』。漁の話になると、男性はいつも漏らした。自殺の原因は定かではないが、知人は『追い詰められたことは間違いない。彼が祈る思いで調査を求めたことを、国はどう思っているのか』と声を震わせた」
(二〇〇四年五月一三日付け西日本新聞「決断の波紋」中/諫早湾干拓調査見送り)
 ここ一〜二年、太良町では働き盛りの男性の交通事故死、自殺、病死が異常に高くなっています。その背後には産業不振という経済問題があることは間違いないと思います。
 さらに、太良町だけにとどまることなく有明海沿岸の漁民に自殺(ここ一年たらずで未遂を含めれば八件という話も聞きます)、離婚、自己破産、家庭崩壊、転業、転居が頻発していることを考えれば、もはや、個人の問題として放置しておくことのできないレベルに達しているのではないかと思えるのですが、日本という国家は国民を大切に扱う姿勢がありません。
 太良町は、山裾がそのまま海に溺れているような地形で農地も少なく、このため"コメ"もあまり採れない土地柄です。そのかわり、豊かな自然に裏づけされた豊富な海産物と、北部九州ではブランド力を持ったミカンが生産されてきました。
 現在、その、ミカンは全国的過剰生産のはてに価格が下がったまま、全く元に戻る気配がありません。林業は、前回のレポートの通りです。
 特産であったタイラギ漁も、一家の生活を支えるものとしては消滅してしまいました。
 ノリ生産も同様です。太良町では不作が常態化し、イサカンに最も近い県境の大浦地区では、この数年全く採れず、多良地区(*)でも相当の率で生産量が下がっています。名物の竹崎ガニ(ワタリガニ)は、小型のものは捕れているものの、それは放流が続けられているからに過ぎず、二十年前まではあたりまえであった三十センチ超級の大型のカニはなかなか捕れなくなっています。いずれカニは北朝鮮などの輸入物に全て置き換わっていくことでしょう。
 アサリは、砂が安定して供給される採石場の下でしか採れません。
 カキも同様です、養殖と天然を合わせた数字ですが、佐賀県の有明海産のカキは〇三年度産は〇二年度産の三分の一に落ちています。そもそも、〇二年度産の天然44t養殖52tという数字自体、二十年前の最盛時天然400t養殖3000tという数字の三五分の一なのですから憂鬱にならざるをえません。ここ十年で名物になった「カキ焼き」も、当のカキ自体が地場のものは育たず、いまや、八〜九割が佐世保市の沖に浮かぶ九十九島(クジュウクシマ)周辺で生産される"養殖もの"なのです。これが"豊饒の海"の現実の姿なのです。
 自殺した人は四七才の網漁師(**)でした。有明海の漁獲が激減したため、高価格の天然車えびを求めて八代海(不知火海)にまで足を伸ばしていました。恐らく、三角ノ瀬戸(熊本県三角町)を通り抜け、慣れない海での操業を繰り返していたのでしょう。この遠征のためには船のエンジンを取替える必要があり、資金融資を受けたものの、漁獲がどんどん落ち込む中、償還開始が近づくにつれ嵩む燃料代などで資金繰りが苦しくなってきたことが想像されます。
 人間は"手を加えて自然を変えたつもり"でいるのですが、実際には「自然によって人間が調整され」ていきつつあるのです。
 全ては近年の海の変調とギロチン以降の決定的な変化がもたらしたものです。海が死ぬと、海に依存して生きてきた人間を死に追いこむことになります。恐らくこのままの状態が続けば、そう遠くない将来、有明海のノリ生産も劇的な変化を見せ、減少から消滅への道を辿ることでしょう。また、いわゆる"網漁師"は湾口部を除いて消滅するでしょう。そして、生き残った数少ない漁民によって新たなバランスが形成され、自らが環境を破壊したことを忘れてしまった後世の人達は、この縮小したバランスをもって"人と自然とが共存している"と考えることになるのです。
 "人と自然とが共存している"と捉えたくなるのが人間の愚かさと弱さでもあるのです。
 戦前から国民を大切に扱わなかった国、大切にされなかった国民は、"有明海異変"を前に、今、まさに知性を問われ直されていると言えます。

*  「多良地区」 
 太良、と多良という名称が混用されているように見えますが、太良町は戦後の町村合併期(いわゆる"昭和の大合併")に、旧多良町と旧大浦村の合併によって成立します(昭和三〇年)。この合併時に表記が「多」から「太」に変わります。ただし、多良岳の名は孤高にも元のままを保っています。

** 「網漁師」
 この"網漁師"という言葉に対してある種の違和感を持たれる方がおられるかもしれません。そこで、このことを説明しておこうと思います。一般的に"網漁師"という言葉は存在しません(当然ながら広辞苑にも載っていません)。この言葉が流通するのは、多くとも有明海沿岸に留まるでしょう。しかし、この有明海では必要な言葉なのです。それはノリ養殖の技術が確立し養殖漁家が増殖してくると、収益で考えれば有明海全体の漁獲高の大半を占めるようになります。こうなると今や堂々たる多数派となった"ノリ漁師"に対して、漁網で魚やカニを獲るという伝統的な漁師のことを"網漁師"という言葉で区別する必要がでてきたのでした。そしてこの二つの呼称には互いの気概と幾分かの"やっかみ"や多少の"さげすみ"が込められるようになってきたのです。

 事実、現在の有明海におけるノリ漁を含む全体の漁獲(金額ベース)の中で、網漁(タコは網では獲りませんが、この種のものを含めて魚介類を捕獲する漁業のこととしたいのですが)は数パーセントに止まり、"ノリ漁"が圧倒的なのです。しかし、戦前までノリ漁は事実上存在しませんでした。その頃までは組織だったノリ養殖は存在せず、ささやかな漁師の自家用生産程度のものだったのです。しかし、ノリ養殖の時代がやって来ると、最盛期には腹巻に札束を差し込んで闊歩するノリ漁師が登場します。そして、かなり早い段階で"ノリ漁師"と、いわゆる"網漁師"の力が逆転したのでした。その後もその差はますます拡大を続け、金額ベースで考えれば有明海全体の漁業収益の大半を占めるようになったのでした。
(20040630)

 その後も太良町における働き盛りの男性の死亡が止まりません。興味本意で公表するものでもありませんので、事故か自殺であったかなどといった詳しい話はいたしませんが、六月八日には二十代の、そして、六月二一日には四十代の男性が相次いで亡くなりました。人口の少ない町(一万一千人程度)だけに、その印象は強烈です。(追補)      
(20040704)
                         
17. 阿漕(アコギ)

 「あこぎ゙」という言葉があります。普通には「あこぎなまね」「あこぎなやつ」などといった使い方がされています。簡易百科事典とも言うべき「広辞苑」を見てみましょう。
 「【阿漕あこぎ】(地名『阿漕ヶ浦』の略。古今六帖3『逢ふことを阿漕の島に引く網のたびかさならば人も知りなむ』の歌による@たびかさなること。源平盛衰記(8)『重ねて聞し召す事の有りければこそ阿漕と仰せけめ』A転じて、際限なくむさぼること。また、あつかましいさま。ひどく扱うさま。狂、比丘貞『阿漕やの阿漕やの今のさへ漸と舞うた、もう許してくれさしめ』。)。『阿漕な仕打ち』B能の阿漕。伊勢国阿漕ヶ浦の漁夫が密漁して海に沈められ、地獄で苦しむさまを描く。」
 まずは、この"阿漕"というテーマを取り上げた理由を説明しておこうと思います。

a)釣りとアコウ地名の分布
 沖縄から北岸を除く九州の海岸部、島嶼部には赤崎(アコザキ)、赤尾木、赤生木(アコオギ)、阿漕(アコギ)、赤尾(アコウ)、赤木(アコギ)、赤木屋(アコギヤ)、赤木名(アコギメ)といった地名が散見されます。私が始めてこの奇妙な海岸地名に遭遇したのは、二〇年以上も前のことでした。
 佐賀県の東松浦半島(東松浦郡肥前町)に魚釣りに行き、大した釣果もなく新らしい釣場を探して"阿漕"地区に踏み込んだ時でした。その後も魚釣り(具体的にはサーフのキス釣りや波止からのメジナ=グレ=クロ釣りですが)のために多くの土地を訪ねるようになると、非常に印象的な常緑樹(実際には暴風雨などにより潮水を被った時や年に二度ほど定期的に葉を落としますので半常緑高木とされていますが)をたびたび見かけるようになりました。具体的には、釣人の多い北部九州を避けて魚釣りと旅とを半々に、のんびりと長崎、熊本、鹿児島に南行しているのですが、あまり知られていない漁港の片隅などにアコウ(*)がさりげなく息づいているのです。 

 長崎では五島を中心に壱岐、島原半島などに、熊本では天草諸島周辺に、鹿児島では薩摩、大隈の両半島に、そのほか大分、宮崎にも目立たない入江などにそれなりの数のアコウが分布しているのです。
 このアコウという木の生育領域は、ほぼ、和歌山から九州、四国以南に限定されているために全国にはあまり知られていないかもしれません。

天草上島姫戸町永目のアコウ(大きさでは全国第三位)


天草上島龍ヶ岳町池の浦のアコウ


天草大矢野町維和島蔵々(クラクラ)のアコウ

 しかし、魚釣りや南の海になじみのない向きにも、鹿児島県の桜島にある古里温泉のアコウは知られているようです。林芙美子ゆかりの某観光ホテルには錦江湾に面した崖下に大きなの混浴露天風呂がありますが、その傍らに樹齢数百年とも思えるアコウが立っているのです。ここでは、実にアコウの根(気根)の中に体を埋め込みながら温泉に入ることができるのです。
 話をさらに拡げますが、一〇年前、私はサーフのキス釣に夢中になっていました。30p超級のキスを求めて鹿児島県の内之浦から、天草下島の南に位置する長島、その天草下島(熊本県牛深市鬼貫崎池田)、さらに五島列島などへと大遠征の釣行を重ねていました。そしてこの大ギスが釣れる静かな入江やその付近の集落には不思議とアコウがあったのです。今年の三月にも、強風の中、長崎県のウエスト・コースト西彼杵半島の沖に浮かぶニ島、崎戸島−大島に短時間ながら釣行しましたが、2本のアコウの木が生える静かな漁港で久々に尺クラスの越冬ギスを手にしました。



 このようにアコウに興味を持ちアコウを強く意識しはじめると、九州にはかなりの数のアコウがあることに気付いてきますが、この木の一般的な分布域は沖縄が中心とされています。
 四国の足摺岬のアコウも観光地のためか比較的知られていますが、本州におけるアコウの分布は和歌山県だけとされているようです。しかし、昔は(非常に大雑把な表現ですが)もっと広い範囲に分布していたのではないかと想像しています。その理由は極めて単純ですが、アコウに関係があると思える地名がその外側(周辺部)にも分布しているからです。
 もちろん、背景調査を行うことなく地名だけを根拠にアコウの分布域を想像することは根拠に乏しく、違法ですらありますが、兵庫県の"赤穂"や三重県津市の"阿漕"さらに多少内陸部とはいえ仙台市の"赤生木"(鹿児島県の笠沙町=薩摩半島先端の町にもこの赤生木という地名があります)などの地名はやはりアコウ樹の存在と関係があるのではないかと思うのです。
 ただし、このような海岸部の地名を考えるときに注意しなければならないことは、海洋民(漁撈民)は非常に移動性が大きく、魚を捕り尽くすとすぐに新たな漁場を求めて移住していく傾向があることです。そうして、前に住んでいた地名を新たな土地に付けることがかなりあったようなのです。このため、単純にアコウが生えているということと、地名とが直接的には結びつかないということもあるのです。
 しかし、思考の冒険はさらに広がります。この木の名称はほとんど地方名(呼称)のバリエーションを伴っていません。そしてこの地名の分布が、ほぼ、海岸部に限定されていることから見ると、南方起源の海洋民(漁撈集団)が住みついた地域と考えることも可能であり、これらの集団によって既に確立し普遍性を帯びていたアコウという樹名がそのまま地名にまで高まったのではと考えてしまうのです。

b)有明海内部にはなぜアコウがないのか
 このHPの趣旨から言っても、多少は有明海との関係を展開すべきでしょう。狭義の有明海(宇土半島三角付近から島原半島布津町付近を結ぶ線の内側)の内部にはアコウの木はないようです。しかし広義の有明海(湯島ラインのさらに外側、天草下島五和町鬼池港から島原半島の口之津町早崎付近を結ぶ線の内側)の外側、口之津町早崎半島先端部にはアコウの群落があります。また、その線の内側に浮かぶ湯島(熊本県天草郡大矢野町湯島−1637年の島原の乱では農民一揆〔キリシタン?〕側が談合を行ったことから"談合島"の別名があります)にも、やはりアコウの群落があります(湯島小中学校付近)。湯島ラインの内側を有明海と考える向きもありますので、この意味でも文字通り有明海の外側にアコウが存在していることになるのです。さらに言えば、有明海と不知火海(八代海)を仕切る宇土半島南岸の不知火町にもアコウがありますので、奇妙にも有明海の内側にだけアコウがないことになるのです。なぜならば、九州西岸で考えれば、それよりも北の長崎県大瀬戸町の松島(松島神社境内)、同じく大島町(大島地区)、前述した佐賀県東松浦郡肥前町(高串地区)、さらに数十キロ北に位置する玄海灘に浮かぶ島、壱岐にもアコウがあるからです。 
 植物としてのアコウの性質といったことについては全くの門外漢ですので、"有明海の土壌(例えばシルト層)といったものがアコウに適しているのかどうか"などといったことにはほとんど答えることができません。しかし、このアコウという木の大半が海岸部に分布していることから考えて、"アコウは海と切り離されては生きていくことができない木なのではないか"ということまでは言えるように思います。
 ここで考えるのですが、有明海は他の海と比べて堆積(絶えざる陸化のスピード)が異常に大きい海です。現在のように土壌流出が大きくなかった時代、古代とまでは言わないまでも、戦前においてさえも、それなりのピッチで堆積し続けたために、アコウが育つスピードを上回るペースで陸化が進み、結果、海が後退し、アコウは根付かなかったか、大木まで育たなかったように思えるのです。ここ数百年という単位で考えれば、干拓工事の資材として(実際には加工しにくいので実用にはならないでしょうが、干拓地には一般的に森が形成されないのです)、または、"燃料に乏しい干拓地の宿命として伐採されてしまったのではないか"と思うのです。いずれにせよ、仮にアコウが根付いていたとしても、有明海で干拓が始まるようになるとアコウは消えていってしまったのだと思うのです。
 かつての干拓地というものは、豊かに見えますが、実は非常に資源に乏しく、水、燃料、建築資材(竹、木材、土、その他)の一切が不足していたのです。佐賀平野の半分以上は干拓地ということも可能であり、よく言われる「佐賀んもんが通ったあとには草も生えん」という県民性も、"全てを資源にせざるを得なかった"この干拓地の欠乏性からもたらされたものかもしれません。つまり、他人の土地に落ちている棒切れさえも持ち帰って燃料にするとか、引抜かれた草さえも持ちかえって堆肥に変えるといった傾向のことです。
 こう考えれば、干拓地内の農耕民と言うものは実に貪欲で、全てを肥料や燃料にする傾向があり、この結果アコウが根付く間がなかったとも言えるようです。結局、農耕民とアコウとは共存できないのでしょう。

c)"阿漕"について作業ノートから
 "阿漕"という言葉(地名)には、古歌、能(謡曲)の「阿漕」、古浄瑠璃の「あこぎの平冶」、人形浄瑠璃の「勢洲阿漕浦」、御伽草子「阿漕の草子」、西行などの和歌、さらに加えれば、それらを題材にした落語の「西行」といったものまで実に多くの話や伝承そして逸話が残っています。

謡曲「阿漕」の教本

 また、「伊勢の海の阿漕か浦に引網の度かさならはあらはれにけり」といった古歌も残っています。このため、室町以降成立してくる能や浄瑠璃に先行して、「伊勢の阿漕浦」にちなんだ和歌が他にもあったようです。この歌から思うことですが、ここには、漁業権もしくは入浜権を巡る争いが背後にあったと思うのですがいかがでしょうか。
 それはともかくとして、和歌で有名な西行ですが(「新古今集」には最多の九四首を残しています)、元は佐藤兵衛尉憲清という名で、禁裏警護役の北面の武士とされていますが、平安末期から鎌倉期の人であり、出家への動機については諸説とりざたされています。
 前夜、同族で年嵩の佐藤佐衛門尉憲康と和歌の会から伴に帰り、翌日迎えに行くと急死していたことから出家への道を求めたというのが有力とされているようです。
 もう一つは、恋していた絶世の美女堀川の局に「またの逢瀬は」と問うたところ、「阿漕であろう」と言われ「あこぎよ」の意味が分からずに恥じて出家したといった話です。
 さて、ここから先は落語の「西行」に出てくる「阿漕」の話です。「……憲清、阿漕という言葉の意味がどうしても分からない。歌道をもって少しは人に知られた自分が、歌の言葉が分からないとは残念至極と、一念発起して武門を捨て歌の修行に出ようとその場で髪を下ろして西行と改名。諸国修行の道すがら、伊勢の国で木陰に腰を下ろしていると、向こうから来た馬子が『ハイハイドーッ。散々前宿で食らいやアがって。本当にワレがような阿漕な奴はねいぞ』。これを聞いた西行、はっと思って馬子にその意味を尋ねると『ナニ、この馬でがす。前の宿場で豆を食らっておきながら、まだニ宿も行かねいのにまた食いたがるだ』『あ、二度目の時が阿漕かしらん』……『伊勢の海あこぎが浦にひく網も度重なれば人もこそ知れ』から、秘事も度重なればバレるという意味。西行はこれを知らなかったから、あらぬ勘違いをした訳である。オチは『豆』が女性自身の隠語なので馬方の言葉から、二度目はしつこいわ、と言われたと解釈した。『阿漕』には後に、馬方が言う意味つまり『欲深』『しつこい』という意味がついた。……」(「千字寄席」噺がわかる落語笑事典 立川志の輔【監】古木優・高田裕史【編】)一応、落語の話はここまでです。
 古歌として、「伊勢の海の阿漕か浦に引網の度かさならはあらはれにけり」「伊勢の海阿漕が浦に曳く網もたび重なればあらはれにけり」といったものも残っています。このため、室町以降成立する能や浄瑠璃に先行して、「伊勢の阿漕浦」にちなんだ和歌が他にもあったようです。
 謡(うたい)の阿漕(十八ノ四)は、病気の母親に食べさせようとした息子が禁を犯して阿漕ヶ浦(三重県津市の伊勢神宮神饌の漁場)から魚を捕っていたことが発覚し簀巻きにされて海に沈められるという話がベースになっています。
 三重県津市阿漕ケ浜から伊勢神宮への御贄(オニエ)を奉納したとされているのですが、漁と奉納とはそれなりの緊張関係があったと思われ、実際に処分された漁師がいたことは事実のようです。こういう背景があって室町期に謡曲の「阿漕」(当然ながら謡曲は古いため、ここでは殺生を業とせざるを得ない漁師の話であって平治の名はなく孝子伝説とは無関係です)が成立し、江戸期になって古浄瑠璃の「あこぎの平冶」が、浄瑠璃 義太夫(**)人形浄瑠璃、の「勢州阿漕浦」が成立し、芝居にまでなります。
 このため、江戸の中期から明治にかけて浄瑠璃が大流行し全国に流布されるようになると、単に「アコギ」と呼ばれていた地名が、「阿漕」という表記になっていったのではないかとも思われるのです。
 多少脱線しますが、釣師の私としてはフィクションとしても密漁したとされた魚が何であったのかが気になります。芝居の中などで平冶が密漁したとされている魚は、くちばしが長く本体も細長い"ヤガラ"とされていますが、日本近海の"ヤガラ"の仲間には"アカヤガラ"、"アオヤガラ"外2種があります。私は阿漕が浦が砂地であることから考えて、"アオヤガラ"ではなかったかと考えています。その外にも多くの興味深い話がありますが、この程度にしておきましょう。
 結局、転じてこのような酷い仕打ち(簀巻きにして海に沈める)のことを"阿漕なこと"とまで言うようになったと言われているのですが、では、なぜ、この海は"阿漕が浦"と呼ばれるようになったのかがわからないのです。

d)"阿漕"という地名と"アコウ"
 ここで、"アコギ"とも呼ばれる亜熱帯系の常緑高木"アコウ"(赤秀)の存在が気になってくるのです。まず、三重県津市の阿漕を考えてみましょう。もちろん、現在、ここにアコウの木があるわけではありません。というよりもアコウの生育限界であり北限とされている佐賀県の肥前町高串にはアコウがありますが、その高串から岬ひとつ隔てた"阿漕"地区ではなく、高串港の一隅にある増田神社の付近なのです。
 従って、アコウという木と"阿漕"類似地名とを直接結び付るものはありません。というよりも"阿漕"という地名が残る佐賀県の高串港にアコウが生えていたということが唯一の関連性を示すものかもしれません。しかし、アコウという樹木の分布傾向と"阿漕"関連地名の分布傾向にそれなりの関連性があることからして、アコウと"阿漕"との関係はかなりの可能性があるように思います。
 三重県津市の阿漕の話に戻しますが、一般的なアコウの分布から考えて、黒潮の枝流が流れ込む伊勢の海の海岸はこの木の生育領域(であった?)とも十分考えられそうです。 
 近いところでは、隣県の和歌山県日高郡美浜町三尾にアコウの大木があるようです(龍王神社)。また、三重県内の地名としては、津市の"阿漕"以外にも飯南郡飯高町赤桶(アコウ)、桑名市赤尾(アコオ)、があります。
 今日まで、アコウの木と"阿漕"関連地名とを関係づけて論じたものを私は知りません。また、アコウの木の分布領域の中心とされる沖縄や奄美大島に九州などに比較して"阿漕"関連地名が異常に多いということもないようです。もちろん、これはアコウが多いため地名形成の動機としては弱かったとも考えられます。
 とりあえず、ここではアコウが松、栂(ツガ、トガ)、榎(エノキ)、栃(トチ)などと同様に、それらが特徴的に見える地域において、松崎、栂尾、榎津、栃川といった地名と同様に、自らの存在を地名として留めている可能性があるのではないかというところまでは言えるようです。 
 ただし、この木の分布が日本列島の辺境に限定されていたために、"阿漕"という奇妙な表記の地名とアコウの木との関連性が忘れ去られているのではないかと思われるのです。
 一般的に漁撈集団は、文字で記録を残さないと言われています。極めて逆説的ですが、それこそが、アコウや"阿漕"が南方系の漁撈集団がもたらした"樹名"であり"地名"である証拠とも言えるような気がします。
(20040630)

 その後も、アコウについて調べていたところ、北限とかいったものを超えて、山口県(いずれも瀬戸内海ですが、柳井市の掛津島、周防大島の東和町水無瀬島)や愛知県にもアコウがあることを知りました。しかし、愛知県のアコウは"鹿児島から苗を取り寄せて移植した"ようです。なにやら、民俗学者柳田国男の"ツバキ"の話を思い出しますが、こういったことがあるために、そもそも自然な生育限界とかいったものはなかなか判らないものなのです。
(20040715)

* 「アコウ」
 クワ科の亜熱帯高木で暖かい海の海浜に生育します。愛媛県西宇和郡三崎町三崎と佐賀県の東松浦半島に位置する東松浦郡肥前町高串の"阿漕"地区が北限とされています。それほど多くはないのですが、九州の南半分の島嶼部を中心にかなりの数のアコウが海岸部に自生しています。

** 「義太夫」
 室町後期に発生した古浄瑠璃に三味線が加わり江戸期に発展した浄瑠璃には江戸、上方あわせて数十の流派が形成されますが、元禄期の竹本義太夫と近松門左衛門らによって大流行した人形浄瑠璃の義太夫節を特に「義太夫」と呼ぶようになり、さらに関西の浄瑠璃を特に義太夫と呼ぶようになったようです。常磐津、清元、新内節もそうですが、私は義太夫と言えば、上方落語の「どうらん幸助」の影響からか、最近、特に好んで聴くようになりました。「柳の馬場押小路、虎石町の西側に主は帯屋長……(長衛門)」(「特選 米朝落語全集大二十二集」の台詞で有名な浄瑠璃の「お半 長衛門」(オハンチョウ)を思い出してしまいます。

■次回への予告■

※ いつもの年と異なり梅雨が早く始まり、そして早く終わりました。大雨は多くのゴミを海に流し込みます。これを漁民がどう見ているかが気になります。厄介なのがプラスティック系のゴミであることは言うまでもありません。 
 次回は再び林業を巡る問題を考えたいと思っています。タイトルについてはまだ考えていません。"林床"つまり、森林の土壌、その保水力、少々専門的になりますが"浸透能"、栄養の循環、そして、"それが広葉樹林と針葉樹林とではどのように異なるのか"といったことを書きたいと考えています。
(20040630)