4. 熊本県中南域はなぜノリが採れるのか(砂の論証)

 有明海に注ぐ河川とそこに造られているダムの存在はかなり重要です。今回資料として添付している地図には国土交通省所管の主な国県営(公団等を含む)ダムを掲載しています(拙著「有明海異変」の目次の後にも掲載しています)。ただ、実際にはこの外にも多くのダムがあります。例えば佐賀県鹿島市と杵島郡有明町の境をなす塩田川に注ぎ込む小河川に造られている洪水調節用の深浦ダム(県営)や、その他の農業用ダム(農水省所管)なども省略しています(もちろん、こういうことは本質ではありませんのでどうでもいいことですが)。


 この地図(添付資料)を見ていると非常に興味深いことに気付きます。それは、菊池市から玉名市を貫いて流れる菊地川水系には事実上ダムがなかったことです。また、熊本市の白川などの上流域も同様の空白地帯です。
 菊池川水系では、現在、菊池市の北に竜門ダム(注1)が建設されています。既に本体工事は終わっており、たん水試験も終了していますので事実上は完成したと言えるでしょう。しかし、小規模な農業用ため池を除けば、これまで有明海に送込まれるはずの砂を止めるようなダムが全く存在しなかったと言えるのです。  
 玉名市役所の前を通る国道208号線を通り熊本に向かって菊地川を渡ると、河川敷に大量の砂が堆積しているのが見えてきます。当然ながら現在もこの砂が遮られることなく玉名沖に供給されているのです。
 熊本県南域、ここでは宇土市を除く熊本市から岱明町、玉名市、横島町、天水町などの有明海中部海域のことを北の荒尾市などの北部海域に対して言っているつもりですが、この南域ではなぜノリが採れ続けるのか。とりあえずその他の海産物も採れているようです。もちろん五十年前と比較すれば全ての漁獲が相当に落ち込んでいるはずですが、ことノリについては、有明海湾奥部の壊滅状況に比べれば安定しています。これらのことから、それは単純にダムがないために砂の供給が維持されているからではないかと考えているのです。
 当然ながら、熊本市を貫流する白川の上流域もダムが存在しない空白地帯であることに気付きます。現在、熊本から阿蘇への玄関口、いわゆる阿蘇谷と南郷谷との合流部分に立野ダム(注2)が建設中ですが、ここは地形が極めて険しく付替え道路の建設にも手間がかかり(現在七割程度の進捗とのことですが、私はもう十年も十五年もやっているような印象を持っています)、まだ本体工事には着手されていません。このため、とりあえずは阿蘇の砂は海に流れ下っているのです。宇土市の上流にも七滝ダムが計画されていますが、これについてはまだ動き出していないようですのでこの際無視します。従って私が言うところの熊本県南域(熊本県の有明海南部沿岸)に影響を与えているのは緑川水系の大型ダム、緑川ダムだけということになるのです。さて細かい話をするようですが、菊地川水系と白川、緑川水系を分離して議論したことには多少理由があります。それは、天草に向かう宇土半島は、かつて(三十年前)アサリの大産地だったからです。今やこれが殆ど失われてしまっているからです。もちろん、最近どこからか持込まれた海砂によって養殖アサリが劇的に復活してはいるのですが、当然ながら砂は沖合に流れ去るために、結局は定期的に砂を供給しなければならないのです。このため、玉名周辺とひっくるめて「アサリやその他の海産物も採れているようですし……」とは単純には表現できなかったのです。ただし、全体として熊本県南域のノリ生産については湾奥部の佐賀、福岡に比較すれば断然安定しているとは言えるでしょう。
 熊本市から宇土市にかけた南部海域もノリの産地ですが、県北荒尾市周辺の不安定さを横目に、この一帯のノリ生産に良い影響を与えているもののもうひとつの要素として、地下水が豊富であるということがあるのではないかと考えています。熊本市から東方の丘陵地帯は当然ながら数万年来の阿蘇山の火山性堆積物が分厚く層を成している地帯です。このため雨水は直ちに地下に吸い込まれ、伏流し、水前寺公園や江津湖それに市北部の八景水谷(ハケノミヤ)あたりから湧水として地上に姿を表しているのです。このことは、「九州中央部の大都市である熊本市の水道水が百パーセント地下水に依存してきた」などと言われてきたことにもはっきりと現れています。このように熊本市は地下水の宝庫なのですが、恐らくこの現象は目に見えない部分でも影響しているはずであり、直接ではなくても地下水起源の水が相当量海に流れているのではないかと想像できるのです。このことが海に多くのミネラル分を供給し、結果的にノリ生産に良い影響を与えているのではないかと思うのですが、皆さんはどう思われますでしょうか。  
 一方、伏流しやすい火山灰土壌地帯というものは一般的には漏水によって溜まりにくいためにダム建設の不適地であり、同時に米作不適地でもあるのですが、ことノリ生産にとってはプラスになっていると言うことは面白い現象のようです。これに対して菊池川水系になぜダムがなかったのかということについては理由が判りません。旧建設省内部の「ダム派」と「河川改修派」の対立の結果などといった穿った見方をするのは恐らく私だけでしょう。
 実は、ノリの凶作に伴い、沿岸四県の漁民の共同闘争が実現できなかったことの背景にも、この安定してノリが採れ、よそが落ち込んでいる分だけ特別ボーナスが入っているという熊本県中南域のノリ漁民の特殊な位置というものがいまさらながら思い起こされます。もちろん、これまで話してきたことは、なにぶんにも計量的な議論とか証明といったものが不可能なために決定的な証拠を提示することなどは到底不可能と言わざるを得ませんし、恐らく永遠の仮説、試論の領域を出ることはないでしょう。しかし、注目して良いことではないかと思うものです。                   
 ましてや、熊本市から宇土市にかけての南域のノリ生産にとって、緑川ダム以外にダムが存在しないことにより砂が供給されているという要素と、雨水が伏流化しミネラル分の豊富な水が供給されているという要素のどちらが卓越しているかといった問題に至っては、さらに一層検証が不可能でしょう。海とはそれほど色々な要素の影響を受けた巨大な存在(坩堝)なのだということなのです。
 参考のために、ここ数年の有明海沿岸4県におけるノリの生産状況を見ておきましょう。これは佐賀大学名誉教授の蔦川正義先生が作成されたものですが(03年11月の九州通信制高等学校研究大会での講演資料「宝の海・有明海の環境異変を考える」による)、教授も「周知の通り海苔は2000年末から01年春にかけて大不作になり、『有明海異変』として全国の注目を受けました。しかし逆に、01年度は豊作、02年度は当初の好調から、その後、佐賀西部に始まり佐賀東部、福岡・熊本県側にかけて激しい色落ち被害が発生しました。このようにして今日では、有明海の環境が著しく不安定・悪化していることが誰の目にも明らかになりました」と書かれています。
 いずれ五月には03年度のノリの生産結果が出揃うと思いますので、公表され次第報告したいと考えています。また、この表では熊本県北部、中部、南部の傾向が分かりませんので、この点に絞って分析を行うことも考えています。
※2004年三月の段階で02年度までの資料を出すのは古いようですが、02年度とは02年十月から03年三月までの集計なのです。このため、現段階では03年度の結果が出揃っていないことになりますので、現状ではこれが最新の集計結果ということになるのです。

表 有明海沿岸4県のノリの生産状況(有明海区)

生産枚数・百万枚(対前年度指数)
生産金額・百万円(対前年度指数)
99年度
00年度
01年度
02年度
99年度
00年度
01年度
02年度
福岡県
1,272
578
(45)
1,547
(268)
1,188
(77)
15,059
5,711
(38)
18,855
(330)
11,766
(62)
佐賀県
1,452
989
(68)
1,804
(182)
1,426
(79)
17,096
13,116
(77)
21,224
(162)
14,619
(69)
長崎県
26
20
(77)
25
(130)
28
(108)
203
191
(94)
227
(119)
207
(91)
熊本県
923
752
(81)
1,037
(138)
1,208
(116)
8,444
8,170
(97)
9,536
(117)
9,782
(103)
合計
3,637
2,339
(64)
4,414
(189)
3,850
(87)
40,802
27,188
(67)
49,842
(183)
36,374
(73)

注:全国漁連のり事業推進協資料による。
【参考】1999年度の県内総生産(=100)に占める水産業の比重・%
福岡県 0.2% 佐賀県 0.7% 長崎県 1.9% 熊本県 0.5%
(注1)
 竜門ダムは治水、利水を目的にした4,250万dの大型ダムで、既に本体工事が終わっており、周辺整備を残すだけようです。このダムは導水トンネルを造り、熊本、大分県の県境(分水嶺)を超え筑後川の支流からも取水しています。このため大分県中津江村の農業用の小規模ため池や水田が枯れるというおまけまで付いているのです。関東と北陸の間で日本海に注ぐべき水が太平洋に落とされるといった日本列島の分水嶺を超えた取水さえ問題になっているのですが、導水トンネルを造ってまでよそから水を持ってくるなどという水系外取水(水系外放水も同じことですが)には、生態系問題などといった軽々しい表現では済ませられない極めて深刻な問題が横たわっているのです。県境を超えたものではありませんが、水資源開発機構(旧水資源開発公団)が進めている栃木県の南摩ダムや沢水が消えてしまった神奈川県の宮ケ瀬ダムなど、普通の神経を持っている人であればおよそ許すことのできない行為が多くの地域で目立たないように行われているのです。導水トンネルを備えたダムが佐賀県にもありますが、この水はとりあえず有明海にはながれていませんので割愛します。
 蛇足になるかも知れませんが、竜門ダムはその規模に比較して、「取水域としての奥行き」があまりなく、洪水調節ダムとのふれ込みですが岐阜県の徳山ダムと同様、実際にはどれほどその効果があるのかは疑問な限りです。この意味でも、逆に砂の供給(砂は傾斜が急な上流域で日々形成されるのですが)という面から見れば、まだ影響が少ないとも言えるのかも知れません(天邪鬼の私などは洪水調節効果など無視して多くの支流の合流点ではなく、支流でひっそりと造られたという印象を拭えません)。このように、ゴミを海に落とさないことを含めて、環境への影響が少ないことだけがダムの価値などと言った議論をせざるを得ないのは残念ですが、全ては造ってしまえば「勝」なのでしょう。
 
(注2)
 ついでに言えば、立野ダムは国立公園地帯でもあり、谷筋にあった複数の温泉旅館(栃木温泉)の移転補償などもあったために時間がかかったのだと思うのです。三十年ほど前まで谷川を望む崖っ縁に温泉旅館がありました。当時はまだ古い木造の建物で、昼間から客も多く(三十年前は湯治も多かった)、さながら野戦病院の如くごった返していたことを覚えています。温泉も源泉がとうとうと掛け流しにされて、実に風情のある旅館でした。今やその面影もなく、国道そばの近代的旅館として生まれ変わってしまったのです。
 夏目漱石の「二百十日」には阿蘇登山と温泉(内牧温泉)の話が出てきますが、山や温泉を好んだ漱石先生はこの栃木温泉には入ったことはなかったのでしょうか。
(20040303)

5. 祐徳稲荷の恩寵(浜川河口はなぜ豊かなのか)

 有明海のほとんどの海岸から魚が消えていく中で、相当に減ったとはいえ、まだそれなりにハゼが釣れるところがあります。佐賀県鹿島市南部に流れる浜川の河口周辺です。ここの沖では三年前の大凶作のときでもノリが平年並みに採れましたし、収量が相当に落ち込んではいるものの地元有明海産のカキ(天然、養殖)を買うことができます。また、船で少々沖合いに出れば、少なくなったものの大型のメバルが釣れるのです。なによりもムツゴロウが撥ねる姿が車を止めた岸壁から真近に見ることができるのです(もちろん冬場は潟泥のなかにいますので夏場の話ですが)。実際、ここに立つといまさらながら「あたりまえの環境が残されているということがどれほど貴重なものであるのか」ということを感じざるを得ません。当然のことながら、ここ数年来このオアシスが成立している理由を考えてきました。以下お話することも所詮一つの仮説でしかなく、全く検証することが不可能である以上、多くの人々が正しいと思うかどうかでしかないのであって、皆さんたちの判断そのままとしか言い様がありません。ただ、私にはそのようにしか思えないのです。
 この川の両脇にも七浦、浜という戦後の国営代行干拓事業による干拓地があるとはいえ、上流にはダムや大型の砂防ダムといったものもなく、流域には祐徳神社(注1)の境内地と思われる天然林が豊かに山肌を覆っています。さらに奥山の上流部は谷筋が一層狭く深く急峻であるために広い農地は無く、杉や桧といった針葉樹も他の地域ほどには植えられていません。しかし何よりも特徴的なことは、この一帯は地下水が非常に豊富にあり、近くには鹿島市(注2)の水源地もあるほどです。
 そういえば思い当たることがあります。浜町は昔から「酒どころ」として有名であり、今でも多くの造り酒屋(現在でも七軒が数えられます)があるのです。おそらく酒屋の井戸ばかりではなく、海底からもミネラルを含んだ水が染み出していることでしょう。


浜町の造り酒屋

 地下水は単なる雨水に比べてカルシウム、鉄、亜鉛、コバルト、マンガンといったミネラル分(鉱物)が豊富です。その供給ということから考えれば、仮に地下水が直接海底から涌かなかったとしても浜川周辺の海には地下水起源の大量の水が流れ込んでいることになるのです。  
このことが食物連鎖系の最下部(最上部?)を支える藻類の成長にとって良い方向で作用していると思うのです。
 地下水が豊富な海には海藻が育つことは良く知られています。森林の破壊、針葉樹林化は雨水の浸透を減少させます。当然に地下水は減退し、海に供給されるミネラルの総量が減少することになります。こうして食物連鎖が縮小していくのです。
 もうひとつの要素として砂の供給ということがあります。これはかならずしも良いこととも言えないのですが、祐徳稲荷の上流にはかなり大規模な採石場があり、山の針葉樹林化や整備された圃場によって土壌流出が止まらない状況の中で、それを埋める砂が供給されているのです。このため、アサリは採れないものの、他の地域では消えたハゼとムツゴロウが命脈を保っているように思えるのです。
 豊かな湧水、そのことによるミネラル分の供給、人為的ながら砂の供給などによって最期の生態系と食物連鎖系が維持されていることが、浜川の河口を縮小していくオアシスとして保っているように見えるのです。では、最後に槌田教授から私あての私的なアドバイスをご紹介して終わります。

2003年12月7日
「『有明海異変』をありがとうございました。治水の方法を引用していただいて嬉しく思っております。この考えは、漁場の再生にも使えます。海岸の山に等高線の溝を何本も掘るのです。そのようにして、雨水を全部地下水にします。そうするとその地下水は海底でわき水になります。その結果、真水と鉄イオンなどが供給されてわき水の場所に海藻が生え、魚のえさとなります。『漁師が山に木を植える』ことが話題になっていますが、その意味のひとつは雨水が地下水になるからだと私は考えております。……」              槌田 敦

(注1)
【祐徳稲荷神社】 佐賀県鹿島市古枝にある元県社。倉稲魂(うかのみたま)大神ほかを祀る。伏見稲荷・豊川稲荷と共に三大稲荷の一。(広辞苑)


祐徳稲荷

(注2)
鹿島市は水道の水源の100%を地下水に依存しています。逆に言うとダムなどといったものが全く必要ないほどに地下水が豊富で、実際に十年前の大渇水時でも水道水の供給に支障は全くなかったのです。しかし、この鹿島市にも県営の補助ダムとしては最大級の中木庭ダム(500万トン)が既に本体工事を始めているのです。
(20040304)

6.「公共事業の削減」は本当か

 小泉政権の登場以来、公共事業の削減が進んでいるという認識をお持ちの方も多いことと思います。はたして、これは本当なのでしょうか。まずは新聞と行政側からの評価を見てみましょう。「公共事業の減少が鮮明になってきた。国が公共投資を絞り、自治体も財政悪化から地方単独事業を減らしているためだ。昨年十−十二月期の事業会社の請負金額は前年同期比一六.九%の大幅減。今年度は国が補正予算で公共投資の追加を見送ったため一段と落ち込む公算が大きい。公共事業への依存度が強い地域の経済は冷え込んだままで、脱公共事業型の地域経済再生が急務になっている。……」(公共事業の減少加速 10-12月請負額16.9%減 地方に打撃新産業の創出急務)二〇〇四年二月二四日付け「日経新聞」
「2003年度第3四半期(4月−12月)の公共工事発注率 約77% 公共工事発注実績額 2兆106億円(前年比約10%減)
○概要・平成15年度第3四半期(4月−12月)までの九州地方の公共事業発注実績(工事費)は2兆106億円、前年比10,5%と大きく下回っており、工事発注率でも76.8%(79.0%)を2ポイント下回った。(平成15年12月末時点)第3四半期までの工種別発注状況は農林・水産16.0%減、港湾・空港14.5%減、道路12.6%減、治山・治水8.7%減など軒並み減少している。地区別でも各地区で前年を下回った。発注機関別で見ると、全体シェアが大きい県の発注が9.4%減と落ち込んだほか、国9.0%減、市町村11.3%減、公団28.2%減となっている。……」(「平成15年度九州地方の公共事業費集計結果について」平成16年2月20日付け公共事業施行対策九州地方協議会事務局発表)
 今回ご紹介した行政側からの資料は、九州7県、九州農政局、九州地方整備局、九州経済産業局、福岡労働局など国の機関、公団(日本道路公団、都市基盤整備公団、水資源開発公団)、政令市(福岡市、北九州市)などで構成されている「公共事業施行対策九州地方協議会」の記者発表資料です。
 他にも資料を出すことは可能ですが重要なのは大まかな傾向を把握することと思いますのでこの程度に止めます。一応、現在のレベルが、ピーク時の平成十年度(この時は補正予算が異常に大きかった)に比較して約53%程度に下落していることは見ておく必要があるでしょう。
「公共事業」の削減と「公共事業“費”」の削減とは意味が違う
 ただし、見落としてはならない重要なことがあります。それは、仮に事業費が10%削減されたとしても、労賃、資材、施工単価などが同程度低下している場合には、実質的な施工量にはほぼ変化がないことになってしまうことです。
 もちろん、ここでは環境破壊そのものを論じているつもりですので、例えば道路や海岸工事の延長や破壊される森林や海岸の面積の総量こそが問題なのです。この間、資産デフレが進行(実は膨張した架空の価値が元に戻っただけのことなのですが)するとともに、機械化、リストラそれに密入国者などによる不法就労の結果、実質的には労賃が大幅に下落しています。このため、公共事業のために新たに必要とされる土地取得費用の減少も含めて公共事業費の削減は額面どおりに受け止めるのは早計に過ぎるでしょう。元々、土木建設業界も孫請あたりになると作業員はほぼ無権利状態と言われています。丸投げ、ピン刎ねの結果、僅かな採算性を確保するためには熟練した高額の作業員を解雇しても、六十歳を超えた老婆にブロックを運ばせるのが業界の常ですから実質労賃は、一般の理解以上に相当に低下しているのです。
 つまり、財政逼迫による事業費の削減も、リストラに遭われた多くの方々には申し訳ないのですが、公共事業の削減は、実際にはかなりささやかなものでしかないという評価をしておくことが重要であると思うのです。
 最後に、「脱公共事業型の地域経済再生が急務になっている」という日経新聞の主張は実際には何を念頭においてのことなのでしょうか。さすがに米国ハバードのエピゴーネン=竹中平蔵教授ご推奨のIT産業には殆ど雇用吸収力がないことが誰の目にも明らかになってきたようで、もはやこの手の話を持ち上げることはなったようです。しかし、バブル崩壊後の小康期において、最も強く「構造改革」のキャンペーンを張ったのが「日本経済新聞」や「讀賣新聞」であったことを思い出すのですが、いずれこの問題についてもお話できればと思っています。
(20040305)
7.千々石湾(灘)を橘湾に変更した帝国海軍水路部(補促)

 帝国陸軍の軍神とされた橘周太中佐についてインター・ネットで検索していたのですが、出身地の長崎県千々石(チヂワ)町のホーム・ページ「千々石ネット」に辿りつき、その中の「橘周太(橘中佐)年譜」を見出しました。これによると銅像建立と橘神社「大正8年2月竣工、除幕式が行われる。像の高さは3m30Cm(ママ)。千々石町南船津上山の天然石に安置された。この年、長く中佐の偉勲を記念して千々石灘を橘湾と命名し正式に当局に申請、海軍水路部により地図上に記載される事となった」と書きこまれていました。このことによって、2.「有明海という呼称と帝国海軍水路部」の部分的な裏取りができたことになるようです。
 なお、敗戦後、昭和二〇年一一月三〇日の海軍軍政の終了によって「海軍水路部」は「第二復員省」を経て旧運輸省「海上保安庁水路部」に移行します。
 さて、思考の冒険はさらに広がるのですが、九州の「多島海」そして「地中海」でもあり、広義の有明海にも含まれる「不知火海」(しらぬい・かい)が同時に「八代海」と呼ばれているのですが、これについても同様に海軍水路部の仕業ではないかと考えています。しかし、今のところは想像の域を出ません。「不知火海」(しらぬい・かい)も一般的には読めない呼称であることは言うまでもないため、なんでも水路部のしわざと考えるくせがついてしまいました。
(20040311)

※今回の四編の内4、5の二編は、筑後川水問題研究会における講演(「豊饒の筑紫潟」03年10月16日)用のレジュメを多少手直したものです。