「有明海・諌早湾干拓リポート」を開始して18ヶ月が経過しましたが、情勢の変化が大きすぎて、月刊の、しかも、長文の「有明海・諌早湾干拓リポート」では対応できないもどかしさを感じていました。「有明臨海日記」は短文でもこの要請に応えるべく、最低でも週刊のメディアとして始める事にしました。
 下調の余裕がないために、正確、かつ、スピーディに継続できるか自信はありませんが、始めてみる事にしました。将来は日刊にできるかも知れませんね。

古川清久

  青い文字の部分にリンクがあります(今のところ、各話の先頭にジャンプは出来ません)。

 

   デイリー・ブレッティン NO.3

 

200

暖冬を「CO2温暖化」のせいにした時流に乗る連中

20070419

199

い冬から寒い春へ

20070419

198

「そこまで言って委員会」と「CO2地球温暖化論」

20070419

197

棋三昧、温泉三昧

20070412

196

第65期将棋名人戦(山口県長門湯本温泉)

20070412

 

 

 

 

デイリー・ブレッティン NO.3

 

195

アサリ堀り、メバル釣りの季節

20070410

194

花見でもう一題、気象庁の倒錯した謝罪会見

20070410

193

『鶴万寺』

20070409

192

八代河童共和国大統領の恐るべき実力

20070408

191

砂に埋められた英会話教師

20070402

 

 

 

デイリー・ブレッティン NO.3

190

四月号よりリポートのスタイルを一新

20070331

189

『有明海異変』から四年、有明海・諌早湾干拓リポート

から三年

20070331

188

鶴見岳と火男火売(ホノオホノメ)神社

20070323

187

鉄輪界隈、温泉六つ猫六つ

20070323

186

槌田敦教授の面授なり

20070323

 

 

 

 

デイリー・ブレッティン NO.3

 

185

車両ナンバーに見る知性のメルト・ダウン

20070310

184

雪崩に巻き込まれたスノーモービルと自然を陵辱する

精神的荒廃

20070308

183

十八年度の仕事がやっと上がった

20070308

182

ガルーダ・インドネシアがまた落ちた

20070308

181

2007 物理学会(春季大会)

20070307

 

 

 

 

   デイリー・ブレッティン

NO 3

176

177

178

179

180

天満天神繁昌亭の感動(繁昌亭のイ)

三枝−松枝二人会  (繁昌亭のロ)

○六艇から○四艇へ

編集作業の分離

「熊本地名研究会」への加入

20070303

20070303

20070306

20070306

20070307

 

バックナンバー

   多元リポート NO 2


 No.175  20070209  ガス中毒事故に見る欠陥商品と人的欠陥
 No.174  20070223  『夜豆志呂』(ヤツシロ)
 No.173  20070223  46ンチ
 No.172  20070223  煙 霧
 No.171  20070216  ダムフォトコンテストは現代版従軍報道か?
 No.170  20070209  六本木における暴力団幹部の射殺
 No.169  20070209  全共闘世代とポスト全共闘世代
 No.168  20070209  ライブ・ドアとソフト・バンクに見られる異なった精神性
 No.167  20070209  リッチランドと「CO2地球温暖化論」、詐欺とは何か?
 No.166  20070209  大阪「世界陸上」とホームレスの排除
 No.165  20070131  墓 誌
 No.164  20070131  まずはヘルメットを被って眠ろう
 No.163  20070131  去年、新潟豪雪の原因を温暖化のせいにした連中が、今年は暖冬で雪不足だと言う!
 No.162  20061229  温暖化によって白熊さんが困るという奇妙な話
 No.161  20070104  北薩、南薩温泉紀行
 No.160  20061228  ノロ・ウイルスは心配なかった・・・カキを食べて健康になろう。
 No.159  20061228  カテシ
 No.158  20070104  通夜には行くが、葬儀には参列しない
 No.157  20061225  大島饅頭とは何か
 No.156  20061218  県界の饅頭店
 No.155  20061217  プーチンとラスプーチン
 No.154  20061217  『ドイツ農民戦争』(マルクス)とベネセラの反米政権
 No.153  20061217  カロのうろん屋
 No.152  20070104  航空戦艦
 No.151  20061217  『まぼろしの邪馬台国』
 No.150  20061210  熊本の国際シンポジウム
 No.149  20061205  キリン生茶の宣伝だった
 No.148  20061205  赤湯が消えた
 No.147  20061205  天然アサリ復活の兆し伊万里湾の磯ガキ採り
 No.146  20061204  「管理者から」No.241 投稿者 Megumi Fukuoka 見解に思う
 No.145  20061203  越前クラゲを有明海に呼び込みますか?
 No.144  20061203  「すいよう会」に入りたい
 No.143  20061209  第一次産業か?大一時産業か?
 No.142  20061203  島原半島に浮島現象を見た
 No.141  20061129  冬至祭りの痕跡
 No.140  20061202  最近見なくなった風景
 No.139  20061202  K1グランプリとカルミナ・ブラーナ
 No.138  20061202  竹輪カレーにテンプラ・カレー
 No.137  20061202  『墨汁一滴』から
 No.136  20061202  二〇〇二年フランス大統領選挙の結果から
 No.135  20061130  航空戦艦「伊勢」と柳田国男
 No.134  20061130  南労党(ナンロウトウ)
 No.133  20061127  ユーゴ化するイラク
 No.132  20061127  韓国の太陽政策の底流にあるもの
 No.131  20061129  例えばセルフ・スタンドについて
 No.130  20061129  有明海の海底から縄文土器が揚がる
 No.129  20061129  痩せた渡り蟹
 No.128  20061126  機械は人間が楽になるためのもの
 No.127  20061126  商店街で生き残っているものと人間に残された仕事
 No.126  20061126  詐欺師を経済警察に、暴力団を警察官に採用せよ!
 No.125  20061119  大相撲はいつ消えてくれるのか?
 No.124  20061119  古田史学の会会員の獲得
 No.123  20061118  ゴルフ場の複林
 No.122  20061118  佐世保の朝市
 No.121  20061112  ポール・ウナ・カベーサ(Por una cabeza
 No.120  20061112  一時的に撤退したネオ・コンの誇張された履歴書について
 No.119  20061115  第19期将棋龍王戦(渡辺明龍王VS佐藤康光棋聖)第三局
 No.118  20061112  土木屋は理工系にあらず
 No.117  20061117  英語が話せることと英語で話せることとは違う
 No.116  20061112  海岸の二音地名 T(佐賀)
 No.115  20061114  子供の"いじめ"は問題にされ、大人の"リストラ"は無視される
 No.114  20061112  アメリカ民主党の勝利
 No.113  20061112  玄清法印、成就院、肥前盲僧、筑前琵琶、佐賀中央碑
 No.112  20061112  八戸タウン・ミーティングのやらせ質問
 No.111  20061111  ボージョレー・ヌーボーに群れる人々
 No.110  20061111  ホームレスも洗濯はする
 No.109  20061111  黒之瀬戸大
 No.108  20061110  槝ノ浦、瀬ノ浦、宮崎神社、伊勢神社
 No.107  20061109  脇本浜のアコウ群落
 No.106  20061109  折口湾の天然真珠
 No.105  20061109  阿久根のアコウ、アコウの阿久根
 No.104  20061106  福岡市長選挙と若者の投票率
 No.103  20061106  筑水研11月例会"温暖化とヒート・アイランドは違う!"
 No.102  20061102  屋上緑化"芋庭"と飢餓
 No.101  20061101  九州の御嶽発見か?
 No.100  20061023  佐賀の土石流災害
 No.099  20061027  二〇〇五年フランス暴動から一年
 No.098  20061023  高千穂鉄道無残
 No.097  20061027  『福岡がまる見えになった日』脇 義重(不知火書房)の出版について
 No.096  20061023  ブランド米生産農家より佐賀の農家が有利なわけ
 No.095  20061021  流鏑馬の季節
 No.094  20061021  梁山泊に楯籠もれ!
 No.093  20061021  晩秋の干拓地
 No.092  20061021  九州における植林しない人工林の正否について
 No.091  20061021  耕作放棄はなぜ拡大するのか?
 No.090  20061020  曲がった杉
 No.089  20061021  インチキ女占い師のCO2温暖化論
 No.088  20061010  人は北の核実験に騒ぎプルサーマルに沈黙する
 No.087  20061008  横穴式井戸
 No.086  20061008  IT革命の虚構
 No.085  20061006  野鳥の会の会員の棲息調査と各種団体の行末
 No.084  20061006  校舎に掲げられる垂れ幕
 No.083  20061005  リポートを書き続けることの意味
 No.082  20061003  みのお
 No.081  20061007  佐世保と長崎の商店街
 No.080  20060929  三菱ゼロ戦
 No.079  20060929  市中に金が回らない
 No.078  20060929  八代史談会に加入
 No.077  20060929  消えた松杭
 No.076  20060919  2006水郷水都全国会議in大阪海岸浸食問題分科会報告
 No.075  20060925  六号潜水艦の佐久間艇長と呉港に陸揚げされた潜水艦
 No.074  20060925  婆さんの立小便
 No.073  20060925  足早の今年の秋
 No.072  20060925  飢饉と彼岸花
 No.071  20060928  コンクリートが危ない
 No.070  20060928  ブラックバスはなぜ拡散したのか?
 No.069  20060823  底上げされたほ場
 No.068  20060918  海岸に桜を植える愚か者
 No.067  20060924  目立つ水田雑草
 No.066  20060923  農家の嫁がスーパーの柿を買う
 No.065  20060811  佐賀のひき逃げ放置事件と鴎外の「高瀬船」
 No.064  20060923  紅葉するボタ山
 No.063  20060821  金儲けって悪い事なんですか
 No.062  20060831  有明海・不知火海フォーラムinしまばら 2006 総括
 No.061  20060607  有明海・不知火海フォーラム i しまばら 2006 準備完了
 No.060  20060607  タイトルサンプル
 No.059  20060607  CO2地球温暖化脅威説を信じますか?それなら人間止めますか?

「温暖化は憂うべきことだろうか」近藤邦明(不知火書房)の出版について

 No.058  20060607  再びタイトル変更について
 No.057  20060401  公共事業のない国に行きたい!(ブエノスアイレスは遠い)
 No.056  20060401  タイトル変更の必要性
 No.055  20060401  槌田 敦著『CO2温暖化説は間違っている』を読んで
 No.054  20060327  大阪在住者の方に
 No.053  20060320  公務員なのにこんな事書いても良いんですか?
 No.052  20060320  有明海周辺の「間」(マ)地名 G 宮崎県編
 No.051  20060320  有明海周辺の「間」(マ)地名 F 鹿児島県編
 No.050  20060226  CO2地球温暖化脅威説を信じますか?それとも人間やめますか?

E "それとも人間やめますか?"と"それなら人間やめますか?"

 No.049  20060226  CO2地球温暖化脅威説を信じますか?それとも人間やめますか?

D) ピナトゥボ山噴火の論証

 No.048  20060226  CO2地球温暖化脅威説を信じますか?それとも人間やめますか?

C) 地球温暖化で海面が上昇するというオオウソ

 No.047  20060226  CO2地球温暖化脅威説を信じますか?それとも人間やめますか?
 No.046  20060310  有明海周辺の「間」(マ)地名 E 福岡県編U(玄海)
 No.045  20060310  有明海周辺の「間」(マ)地名 D 佐賀県編
 No.044  20060310  有明海周辺の「間」(マ)地名 C 大分県編
 No.043  20060310  有明海周辺の「間」(マ)地名 B 福岡県編
 No.042  20060303  膳所焼
 No.041  20060303  板垣征四郎の部下
 No.040  20060301  有明海周辺の「間」(マ)地名 A 熊本県編
 No.039  20060301  有明海周辺の「間」(マ)地名 @ 長崎県編
 No.038  20060228  最悪の"河口堰"=諫早湾干拓堤防
 No.037  20060226  白浪五人男

   速報リポート NO 1

 No.036  20060226  宇野木早苗教授(元東海大学教授)が芦屋港問題を学会で報告
 No.035  20060226  環境保護運動は保守的な運動?
 No.034  20060223  近江散歩(古田武彦=元昭和薬科大学教授講演会)
 No.033  20060221  「高速道路建設費 圧縮進む」をどう読むか
 No.032  20060221  オリンピックという馬鹿騒ぎ
 No.031  20060221  「古川」地名について
 No.030  20060217  コンピューターは人間を幸せにしない!
 No.029  20060216  ブゲンシャ
 No.028  20060213  プルサーマルという火中の栗を進んで拾う佐賀県の愚かしさ
 No.027  20060212  第9回有明海・不知火海フォーラムin島原第2回現地実行行委員会開催さる
 No.026  20060211  ヌゲンクユル
 No.025  20060210  雑餉隈(ザッショノクマ)という古代の饗応処に関する作業仮説
 No.024  20060210  開門調査仮処分判断(佐賀地裁)
 No.023  20060206  CO2地球温暖化脅威説を信じますか?それとも人間やめますか?

B) CO2が増加しているから温暖化しているのではなく
温暖化しているからCO2が増加しているのだ!

 No.022  20060206  CO2地球温暖化脅威説を信じますか?それとも人間やめますか?

A) 原子力産業の陰謀

 No.021  20060203  CO2地球温暖化脅威説を信じますか?それとも人間やめますか?

@) 氷河期が来ると言っていたのは誰だ!

 No.020  20060202  芦屋の人達
 No.019  20060129  筑後川水問題研究会と有明海・不知火海フォーラム委員会
 No.018  20060117  古代史と民俗学への傾斜
 No.017  20060104  テキトウフキ
 No.016  20051223  柏原漁港の軍歴者達
 No.015  20051222  有明海 犠牲の連鎖
 No.014  20051221  平戸港浮桟橋のメバル釣り
 No.013  20051216  有明海の牡蠣打ち
 No.012  20051215  伊万里湾の磯ガキ採り
 No.011  20051209  栂尾神楽をご存知ですか?
 No.010  20051209  有明海・諫早湾干拓リポート連載三年目に
 No.009  20051204  玉名温泉−菊地川の河畔林調査
 No.008  20051203  島原−久留米−芦屋 東奔西走
 No.007  20051017  五ケ山ダム建設を弾劾せよ!
 No.006  20051125  シンク・パッド(Think Pad)戦線復帰
 No.005  20051001 最高裁による抗告棄却−脇声明とは別に "裏の門が開かれる"
 No.004  20051001 最高裁 諫早差し止め 棄却
 No.003  20050928 「CO2地球温暖化脅威説の虚構」 近藤邦明 講演会のご案内
 No.002  20050912 川辺川ダム建設における穴開きダムに警戒せよ
 No.001  20050908 "早明浦ダム満水"が象徴する深刻な危機