デイリー・ブレッティン NO.3

 

190

四月号よりリポートのスタイルを一新

20070331

189

『有明海異変』から四年、有明海・諌早湾干拓リポート

から三年

20070331

188

鶴見岳と火男火売(ホノオホノメ)神社

20070323

187

鉄輪界隈、温泉六つ猫六つ

20070323

186

槌田敦教授の面授なり

20070323

 

 

 

190. 四月号よりリポートのスタイルを一新

 

“有明海・諌早湾干拓リポート”を“アンビエンテ”に変更することはお伝えしましたが、当方の編集を佐賀に移管するのに合わせてウインドウも一新します。

新たに九州の地名を取上げるコラム「地名は時間の化石」をスタートさせる予定です。こちらはそれほどの長文にはしないつもりですので、適当に読み流して頂ければそれで結構です。既に九十本近く書き上げていますので、月刊で五本程度のペースで掲載して行くつもりです。地名の解釈に関して、アドバイス、反論などありましたらご意見をお寄せください。また、「九州古代史の探求」をスタートさせます。といっても、「阿漕」「船越」「兵主」・・・といったこれまで書いてきた古代史、民俗学へ直接アクセスするためのウィンドウ(ワーム・ホール)ですので、本体は、リポートT、U、V、Wに格納されているアーカイブスと言う訳です。「有明臨界日記」はそのまま継続するつもりですので、サブ・タイトルとしての「有明海・諌早湾干拓リポート」号外は残ることになります。

また、現在連載中の吉田先生が書かれている不知火海の水彩画を、月刊で一作品づつ掲載して行く予定にしています。五〇作品以上お預かりしていますので、期待してください。

 

189. 『有明海異変』から四年、有明海・諌早湾干拓リポートから三年

 

編集者から口説かれ拙著『有明海異変』を書こうと思ったのが二〇〇一年の夏でしたが、結果、三〜四ケ月という短期間で書き上げ、暮れには凡そ原稿は上がっていました。その後、校正に半年ほど掛かりっきりで、翌年の夏には原稿は仕上がっていたのですが、編集者が優先する仕事に追われ、結果として出版に漕ぎ着けたのがようやく二〇〇三年の三月でした。このため、初期原稿の『有明の膿』というリーフレットにまで遡れば、有明海の問題に関り始め、早くも六年が経過した事になります。

この際、編集者の指示で、原稿の一部として準備した“主な引用文献、参考文献”は書き上げていたのですが、なぜか掲載されませんでした。どうでも良いことではありますが、最近、ファイルを整理していて見つけ出しましたので、今回、表に出すことにしました。皆さんの読まれたものもあると思いますので、興味のある向きにはご覧になっても良いかも知れません。

 

主な引用文献、参考文献

 

T

引用文献

「よみがえれ!“宝の海”有明海」 広松伝 藤原書店

「有明海干拓始末」 西尾建 日本評論社

「諫早湾ムツゴロウ騒動記」 山下弘文 南方新社

「ちょっとまて公共事業」 蔦川正義他 大月書店

田中茂伝記「有明海と半世紀・田中茂」 佐賀新聞社 

参考文献

「ハイテク汚染」 吉田文和 岩波新書

「釣りの科学」 檜山義夫 岩波新書

「超異常気象」 根本順吉 中公新書

「稚魚を求めて」 内田恵太郎 岩波新書

「瀬戸内海汚染」 星野芳郎 岩波新書

「地球環境報告」 石弘之 岩波新書

「沈黙の春」 レイチェル・カーソン 新潮社

「奪われし未来」 シーア・コルボーン他 翔泳社

「有明海の生きものたち」 佐藤正徳編 海游舎

「佐賀の方言」 志津田藤四郎 佐賀新聞社

「コメ作りはほんとに必要か?」 北村美遵 光文社

「有明海」 高木正人 自費出版

 

U

引用文献

「忘れられた日本人」 宮本常一 岩波文庫

「古代地名語辞典」 楠原佑介他編 東京堂出版

「日本縦断アイヌ語地名散歩」 大友幸男 三一書房

「地名を考える」 山口恵一郎 NHKブックス

NHK人間講座テキスト「サムライたちの海」 白石一郎

参考文献

「遠野物語山の人生」 柳田国男 岩波文庫

「遠野/物語考」 赤坂憲雄 ちくま学芸文庫

「民俗学の旅」 宮本常一 講談社学術文庫 ほか

「日本の地名」 谷川健一 岩波新書

「続日本の地名」 谷川健一 岩波新書

「地球はほんとに危ないか?」 北村美遵 光文社

「アイヌは原日本人か」 梅原猛、埴原和郎 小学館ライブラリー

「海洋民族学」 西村朝日太郎 NHKブックス

「海人の民族学」 秋道智彌 NHKブックス

「稲作以前」 佐々木高明 NHKブックス

「東南アジアの湖沼」 水野寿彦 NHKブックス

「山民と海人」 日本民俗文化大系五 小学館

「地図に地名を探る」 山口恵一郎 古今書院

「日本歴史地名辞典」 藤岡謙二郎編 東京堂出版

「地名の古代史」九州編 谷川健一、金達寿 河出書房新社

「九州の先住民はアイヌ」 根本 治 葦書房

「日本縦断アイヌ語地名散歩」 大友幸雄 三一書房

「有明海」 高木正人 自費出版

NHK人間講座テキスト「サムライたちの海」 白石一郎

佐賀県土地改良史

 

V

引用文献

「山野の鳥」 財団法人日本野鳥の会

「水辺の鳥」 財団法人日本野鳥の会

「日本ゴルフ列島」 谷山鉄郎 講談社現代新書

参考文献

「栽培植物と農耕の起源」 中尾佐助 岩波新書

「地球温暖化を考える」 鵜沢弘文 岩波新書

「川の魚たちの歴史」 前川光司、後藤晃 中公新書

「杉のきた道」 遠山富太郎 中公新書

「照葉樹林文化」 上山春平編 中公新書

「続照葉樹林文化」 上山春平、佐々木高明、中尾佐助 中公新書

「縄文時代」 小山修三 中公新書

「森の文化史」 只木良也 講談社現代新書

「貧農史観を見直す」 佐藤常雄+大石慎三郎 講談社現代新書

「森と人間の文化史」 只木良也 NHKブックス

「土と日本人」 山下惣一 NHKブックス

「植物と人間」 宮脇昭 NHKブックス

「再考 日本の森林文化」 市川健夫、斎藤功 NHKブックス

「日本農業の再発見」 飯沼二郎 NHKブックス

「照葉樹林文化の道」 佐々木高明 NHKブックス

「稲の道」 渡部忠世 NHKブックス

「現代文明ふたつの源流」 中尾佐助 朝日選書

「雑木林の博物誌」 足田輝一 新潮選書

「エコロジー神話の功罪」 槌田敦 ほたる出版

「石油と原子力に未来はあるか」 槌田敦 亜紀書房

「環境保護運動はどこが間違っているのか?」 槌田敦 宝島社文庫

「ドキュメントリゾート」 佐藤誠+NHKおはようジャーナル取材班編 日本評論社

「歴史群像」太平洋戦史シリーズVOL.一六 学研

「ドキュメント太平洋戦争への道」 半藤一利 PHP文庫

「日本海軍の興亡」 半藤一利 PHP文庫

「福岡周辺のおいしい水」 不知火書房

 

W

引用文献

「長良川河口堰を考える」 谷村喜代司 (山海堂)

「カリフォルニアの水資源史」 中澤弌仁 (鹿島出版会)

「ダム年鑑」二〇〇一 財団法人 日本ダム協会

「ダム年鑑」一九九七 財団法人 日本ダム協会

「街道をゆく」二〇(中国蜀と雲南のみち) 司馬遼太郎 朝日文庫

参考文献

「街道をゆく」七(甲賀と伊賀のみち、砂鉄のみちほか) 司馬遼太郎 朝日文庫

「ダムの話」 竹林征三 (技報堂出版)

「ダムのできるまで」T〜X 中村靖治 (山海堂)

「魚道及び下降対策の知識と設計」 リバーフロント整備センター財団法人

「国が川を壊す理由」 福岡賢正 葦書房

「アメリカはなぜダム開発をやめたのか」 公共事業チェック機構を実現する議員の会〔編〕 築地書店

 

X

引用文献

「森と人間の文化史」 只木良也 NHKブックス

参考文献

「諫早湾ムツゴロウウ騒動記」 山下弘文 南方新社

「干潟の民主主義」 長尾俊彦 現代書館

「経済学の終わり」 飯田経夫 PHP新書

「日本の反省」 飯田経夫 PHP新書

「アメリカの言いなりは、もうやめよ」 飯田経夫 講談社 ほか

「日本再生論」 金子勝 NHKブックス

「反グローバリズム」 金子勝 岩波書店

「反経済学」 金子勝 新書館 NHKブックス ほか

「昭和という国家」 司馬遼太郎 NHKブックス

「文明の海洋史観」 川勝平太 中公叢書

「日本文明と近代西洋」 川勝平太 

「富国有徳論」 川勝平太 紀伊国屋書店 ほか   

「官僚病の起源」 岸田秀 新書館

「これでも国家と呼べるのか」 小室直樹 クレスト社

「経済学の考え方」 宇沢弘文 岩波新書

「満鉄」 小林秀夫 吉川弘文館

「ビルマ戦記」 後勝

「帝国陸軍の最後」一〜五 伊藤正徳 光人社NF文庫

「回想ビルマ作戦」 野口省己

「烈兵団インパール戦記」 斎藤政治 ほか

「日本海軍の興亡」 半藤一利 PHP文庫

「ドキュメント太平洋戦争への道」 半藤一利 PHP文庫

「魔性の歴史」 森本忠夫 PHP文庫

「正義の見方」 宮崎哲弥 洋泉社

「透明な存在の不透明な悪意」 宮台真司 春秋社

「まぼろしの郊外」 宮台真司 朝日新聞社

「世紀末の作法」 宮台真司 メディアファクトリー ほか

 

188.   鶴見岳と火男火売(ホノオホノメ)神社

 

翌朝、東電による二十九年前の巨大臨界事故の資料収集のために急がれる槌田教授をバス停まで御送りし、私と友人某は鶴見岳の麓、火男火売神社に向かいました。 

某氏も最近は古田史学に染まり始めています。このため、三〇分ほどの坂道を歩いてもこの神社を見ておきたいという思いが図らずも一致したのでした。

この神社は鶴見岳爆発を沈めるものである事は明らかですが、古田先生は『古代史の十字路』万葉批判 第三章 豊後なる「天の香具山」の歌で、一般的には奈良県の橿原市の香具山・香久山、舒明天皇謹製とされる『万葉集』の

 

大和には 群山あれど とりよろふ 天の香具山 登り立ち 国見をすれば  国原は 煙立ち立つ 海原は 鷗立ち立つ うまし国そ 蜻蛉島 大和の国は

 

この歌の舞台を別府の鶴見岳であるとされているのです。詳しくは同書を読まれるとして、槌田先生、鉄輪温泉、火男火売神社という三本立ての旅を終えたのでした。

▲ 火男火女神社

鶴見岳に神社がある。「火男火女神社」だ。平地(別府市鶴見)と山中(別府市東山、ロープウェイ入口の奥の谷間)と二つの同名の神社がある。本来の祭神は主に「火の迦(軻)具土命」だ。「火の」は火山として著名な(後述)山の祭神だからである。(他に、伊奘冉命・豊受姫命・大山積命・<鶴見>・火焼速女命<東山>がある。)

「土(つち)」は「津ち」。「津」は港、「ち」は“神以前の、「神」を指す古名“だ。「あしなづち」「てなづち」「やまたのおろち」「おほなむち」の「ち」である。古事記・日本書紀において「神」をしめす用語として、「ち」と「み」の二つがあったこと、梅沢伊勢三氏などの研究によって著名である。「かみ」の「み」は「いざなみ」「いざなぎ」のように、本来「女神」を現す語であり、それが後に「神」をしめす一般用語となった。・・・

 

蛇足ながら、

 

現在、別府市内に「天間区」がある。旧「天間村」である。・・・

    現在も、大分県の南部(宮崎県寄り)は、海岸部も内陸部(山地)も、広く、「南海部(あまべ)郡に属している。・・・

『古代史の十字路』万葉批判

 

(ルビは省略しています:古川)

 

と、ありあます。してみると、北海部郡は別府湾岸まで及んでいたと思われ、まさにあまのカグヤマ(迦(軻)具土命の山=鶴見岳)に対応するのです。そもそも、奈良のカグヤマに 国原は 煙立ち立つ 海原は 鷗立ち立つ が平然と対応するとされている事自体が異常で、大和に火山がある訳がなく、海原に鴎(カモメ)が飛ぶはずもないのです。

高名な万葉学者とかいったものの底が透けて見える気がするのですが、まずは、舒明天皇謹製は嘘っぱちで、少なくとも、この歌が大和で作歌されたものでない事は自明と思うものです。 

 

187. 鉄輪界隈、温泉六つ猫六つ

 

“ボンさん三つタコ三つ・・・”は上方のざれ歌でしたが、か?、私にとって、別府鉄輪に来て温泉を無視することなど絶対に不可能です。泊まるのはこれで三度目ですが、槌田先生を交えた宴会も終わったので、旅館の内湯にも入らずに鉄輪界隈の散策と共同場に入るために雪駄履きで出かけました。

鉄輪温泉には一般に開放されている共同浴場だけでも十湯近くある訳で、上人温泉、渋の湯、元湯(これは以前入っていますが、今は再建中かもしれませんがさら地のようでした)、有名な鉄輪むし湯、熱湯、筋湯、地獄原温泉、谷の湯・・・)と、名湯が目白押しです。それ以外にも、戦後のテーマパーク的なひょうたん温泉をはじめとして、各旅館、ホテルが一般に開放している温泉場も数多くあり、温泉ファンには堪えられないほどに魅力的な温泉場です。

鉄輪には今も湯治宿、自炊宿がありますし、観光客相手の自炊用の材料を提供する雑貨屋も方々にありますから、湯治宿の蒸気釜で自炊はもとより、まかない付きの泊り客にとってもイモや玉子を蒸し上げることができるので、その向きにも嬉しいばかりの場所なのです。

さて、散策ですが、夜遅くまで入れるものばかりではありませんので、とりあえず、渋の湯、熱湯、地獄原温泉に入り、方々の路地にいる猫に挨拶しながら、一日目を終えました。

別府の猫たちは寒さ知らずです。道路側溝はもとより川までも間断なく温泉の廃湯、余湯が流れて全体の気温が高い上に、蒸気も方々から出ていますから、猫たちは調理用蒸気釜の蓋の上といったそれぞれ思い思いの場所で丸まっていれば良いのです。

翌日も早朝から谷の湯、筋湯(すじ湯)、大師湯と三湯は回りましたので、残りは安楽温泉ぐらいで、少しは残しておかないと次が楽しくありません。今回はこの程度にしておきました。

そろそろ、黒川、湯布院ブームが一巡し飽きられてきた感もありますし、何より

も勤労世帯(古い表現ですね)の確実な所得低下によって、減価償却が完了し格安料

金でも十分にやっていける鉄輪温泉への客足が多少は戻って来たように思えます。

 もちろん、その背後にあるものは小泉と竹中平蔵がやってきた階級社会の容認政策である事は言うまでもありません。

▲ 鉄輪界隈

 

186. 槌田敦教授の面授なり

 

1812007 物理学会(春季大会)において、槌田敦教授が物理学会(春季大会)で講演されることを書きましたが、先生が鹿児島から別府におこしになるとお聴きし、仕事の手も幾分空いたことから、二十二日、十一時の特急に飛び乗り、小倉経由のソニック日輪で別府に向かいました。

鉄輪温泉の旅館の一室で荷物を降ろすと間もなく、槌田先生達ご一行のご到着です。

本来なら、温泉にでも入って休憩したいところでしたが、集まった全員が息を抜く

暇もなく挨拶が始まり、早々に先生のお話をお聴きすることになりました。

ただ、この内容について私が書きはじめると非常に不正確になりますので、いずれ近藤邦明氏から今回の学会報告

 

「科学的迷信」の時代 

@オゾンホールはフロンによるという空想

Aオゾンホールは極成層圏雲の落下が原因

 

シンポジウム温暖化現象の物理学

CO温暖化説は間違っている

この壮大なる「科学的」迷信とその悪影響

 

の全文を掲載されると思いますので、内容についてはそちらをご覧下さい。

ともあれ、めったにない楽しいお話が聴け、嬉しいばかりでした。

槌田敦と言えば、古くはエントロピー理論の槌田、知る人ぞ知るCO温暖化説批判論の最大の震源地であり、原子力開発への批判の急先鋒であり、中途半端な原発反対論者からも敵視される高名な物理学者である訳です。

 直接、お話をお聴きできる機会に恵まれ嬉しい限りですが、当然ながら、数ある著書の中から軽くて嵩張らない『環境保護運動はどこが間違っているのか?』『資源物理学入門』にサインを頂き、“槌田エントロピー理論”の面授になった次第です。

 後は、楽しい宴会になりましたが、先生の“長寿と繁栄を・・・”と思うばかりです。

 今回、この別府会議に集まった者は、ほんの五、六人程度でしたが、非常に面白い本質的な話が幾つも飛び出す有意義なものでした。