デイリー・ブレッティン NO.3

 

 

185

車両ナンバーに見る知性のメルト・ダウン

20070310

 

184

雪崩に巻き込まれたスノーモービルと自然を陵辱する

精神的荒廃

20070308

 

183

十八年度の仕事がやっと上がった

20070308

 

182

ガルーダ・インドネシアがまた落ちた

20070308

 

181

2007 物理学会(春季大会)

20070307

 

 

 

 

 

 

 

 

 

185. 車両ナンバーに見る知性のメルト・ダウン

 

最近の車両ナンバー選択制の導入によって、やたらと777とか333、999とかいったナンバーが増えているようです。666については「オーメン」“悪魔の信奉者”という訳でもないのでしょうが、圧倒的に多いのは777のようです。まずは、“自分はパチンコに狂った知性のない人間です”と吹聴して回っているようなもので、良くも恥ずかしくないものだと感心してしまうのですが、こういった連中の車が大体のところセルシオなどのハイソ・カーでもあることから、土建屋も多いのでしょうが、彼らにはパチンコと高級車に乗ることだけが人生の価値基準という事が透けて見える訳で、至ってくだらない連中であることが想像できるのです。

 

184. 雪崩に巻き込まれたスノーモービルと自然を陵辱する精神的荒廃

 

北海道の積丹岳でスノーモービル一四台、二二人が雪崩に呑まれ、四人が圧死しました。スノーモービルなどという騒々しく不自然極まりないもので自然を楽しむなどといった愚かな風潮は、さしずめ、海をモーターボートやウォーターバイクで走り回る連中と大差ないものでしょうが、この手合いのやる事は自然を楽しんでいるとか、ましてや愛しているなどといったものではさらさらなく、終戦直後のバイク・ブームやジープへの憬れといった後進国の貧しさと大差ないものでしょう。まずは、愚かしさと知的水準の貧困しか感じないものです。

乗る人間と合わせて〇.三トンを越えるものが騒音と震動で雪渓を揺さぶるのですから事故が起きない方が不思議で、まずは必要もないのに自分から危険な場所に大挙して現れ“雪崩に巻き込まれて助けてくれ“はないと思うのですが、危険な場所で救出活動をさせられる人間こそ迷惑と言うべきでしょう。

まあ、こういった連中は自然環境にとって害悪以外の何者でもないでしょうから、懲罰の意味で四人がカムイに差し出されたと言うべきなのかも知れません。

少なくともこんな連中を“雪山の愛好者”などとは呼んで欲しくはないものです。

 

183. 十八年度の仕事がやっと上がった

 

公務員とは言え糞面白くない仕事に追われる毎日が続き、昔の三倍ものノルマをこなさなければならなくなったこの頃ですが、なんとか今年度の仕事を全て仕上げる目処が着き多少の解放感を感じています。

実際、この半年間の緊張感は前年度に倍するものでした。綱渡りのようなスケジュールで仕事が続いたのですが、達成感は全くありません。それは私が関係している公共事業が、既に住民のためのものではなく、天下りを続けるさもしい小役人と土建屋や地方議員のためのものに貶められているからに外なりません。

昼から休んで同僚と雲仙温泉にでも出かけたいものですが、既に、新年度の仕事の準備に入っています。このような馬鹿げた何の価値もない人生を送らなければならないとは何とも情けない限りですが、不徳のいたすところであり致し方ありません。

願わくば、本格的内乱が勃発し、その内戦の中で働かないで食っている連中や嘘つきの政治家などといった連中を徹底的に叩き潰したいものですが、その可能性は現在のところありません。

とりあえず時間的に多少の余裕が出来ましたので、この腐臭に満ちた公共事業を、新たなをテーマで書いて見たいと思うものです。

 

182. ガルーダ・インドネシアがまた落ちた

 

十年程前に福岡で落ち、ジョグ・ジャカルタで落ち、今回の事故です。まずは飛行機には乗らないというのが一番と再認識させられますが、死にたい方はどんどん乗って頂いて構いません。所詮、規制緩和、市場原理、過当競争がもたらすものはこのようなものでしかないのです。JR西日本の福知山線事故にしても、国鉄時代から職員を半分に減らしてダイヤを三倍にしたのですから事故が起こるのは当たり前の話と言うべきでしょう。それを当然の事だとお考えの方は、事故に遭っても泣き言は言うべきではないでしょう。

全く不必要にもかかわらず自分から危ない山に登り、助けてくれなどと喚く登山家という名の不見識な連中がいますが、助けに行く人間の危険はどうしてくれるのか!

それよりはまだマシですが、自分から危険極まりないものに乗っておきながら、泣き言は言ってもらいたくないものです。

収益優先の行き着く先は、整備回数を減らし、少人数で大量の業務をこなし、部品の交換も極限まで減らして、耐用年数を過ぎた機体を飛ばし続ける。

サッチャリズム、レーガノミックス、中曽根行革・・・、マネタリズム、サプライサダーと世界中に蔓延した弱肉強食の世界がもたらしたものは、このような事故を必然的にもたらすのです。将来の歴史家は○○平蔵をただの愚かな経済通として記述する事でしょう。

 

181. 2007 物理学会春季大会(春季大会)

 

既に近藤邦明氏が「管理者から」259号で書いておられるように、三月、鹿児島市(鹿児島大学)において物理学会(春季大会)が開催されます。

私のように、日々、地方行政の最底辺で蠢くものにとって、物理学会などといったものはギリシャ神話の世界のようなものであり、およそ、関係などありようがないのですが、HP管理者である近藤邦明氏が全力を上げて取り組んでおられる“「CO2地球温暖化論」批判”にとっては非常に重要な意味を持つものです。

三月二〇日のRH会場において、領域13シンポジウム(主題:温暖化現象をめぐる諸説に関する物理学的立場からの検討)が行われますが、高千穂大学の槌田敦教授が講演され、また、同教授も参加されるパネル討論が行われます。

多分、蔓延する“CO地球温暖化論”への全面批判が行われるものと思います。槌田敦教授外の反論を、直接、聴くことができる訳ですから、鹿児島県内の読者

の方で余裕のある方は、出かけられたら良いのではないかと思います。

金と時間があれば鹿児島大学まで飛んで行きたいところですが、幸いにも、別ルートで槌田教授にお会いしてお話しをお聞きする事ができそうです。

私の場合は『環境保護運動はどこが間違っているのか?』『エコロジー神話の功罪』『資源物理学入門』『石油と原子力に未来はあるか』『エントロピーとエコロジー』・・・といった先生の著書を読んできたことから、単にサインを頂き、“槌田エントロピー理論”の面授になりたいというだけのことなのですが、これらの一群の著書は私の環境問題に関する考え方の骨格を形成したものです。お会いできる日が待ち遠しい限りです。