No.175  20070209  ガス中毒事故に見る欠陥商品と人的欠陥

 ファン・ヒータによる一酸化炭素中毒が伝えられ、"不安ヒータ"などと揶揄されたのは一〇〜一五年も前のことでしたか?
 今や、パロマ、リンナイ・・・と言った湯沸器などによる中毒事故に対する消費者からの批判が過大に煽られているという印象を払拭できません。
 なにやら、個人には責任が一切無いかのような風潮です。亡くなられた被害者の方を貶める意図は毛頭ありませんし、これまで企業がひた隠しに隠してきた事実は確かにあるでしょうが、本質ではないように思います。
 普通の人間が普通の使い方をして事故になるような物は確かに商品の欠陥と言えるでしょうが、注意不足、不注意、点検ミス、耐用年数の過大な無視・・・と言ったものは、まずは人間の側の欠陥と言うべきでしょう。
 かつて、"掘りゴタツ"と言うものがありました。当然ながら燃料は練炭であり、"練炭ゴタツ"などと呼ばれていました。およそ、昭和三十年代辺りまでは、およそ部屋全体を暖めるなどは贅沢の極みであり、当時は冬場の寅さんのようにドテラやタンゼンを着て足だけをコタツで温めるといった事しか出来なかったのです。
 その頃の子供はというと、あまりに寒いものだから、ついついコタツの中にもぐりこみ、気持ちも良くなって眠りこけ、一酸化炭素中毒で死んでしまうという事故が良く起こっていたものでした。
 また、大人と言えども決して事故が無い訳ではなく、部屋を締め切ったまま石油ストーブを炊きっ放しにして家族が全員死んでしまうなどという話は結構多かったものです。
 しかし、だからと言って練炭屋や石油屋が訴えられる事はありませんでしたし、石油ストーブの欠陥だとメーカーが訴えられる事はありませんでした。
 昔の石油ストーブは、ススも出易く、芯の交換も結構自分でやったものでした。そもそもこういったものは点検が必要であり、"不完全燃焼する事がある、する必要がある"という事を前提に皆が注意して使っていたのであって、換気をするなど、まずは当たり前であって、機械に対する過信、特にデジタル化した商品が氾濫する中でのアナログ商品への理解力のなさ、アメリカ流のPL法以降の自己責任の喪失、アメリカ流の訴訟社会への変化、住宅の密閉性、和風住宅の減少といった問題もあるものの、底流にあるのは、人間そのものの欠陥、人的な欠陥があるのではないかと思うものです。


 No.174  20070223  『夜豆志呂』(ヤツシロ)

 私は昨夏より正式に熊本県八代市を中心とする史談会のメンバーになりましたが、近々に熊本地名研究会にも加入する予定でもあり、熊本との縁がこれまで以上に深まる事になりそうです。
 『倭名類聚抄』から採った名前のようですが、史談会には『夜豆志呂』(ヤツシロ)という素晴らしい装丁の非常に充実した会報があるのですが、今般、リポートU(二月号)に搭載した 109.「瀬戸石崩れ」を掲載されました。二月には印刷も仕上がり、『夜豆志呂』153号(年三回刊行)が送られてきました。まず、"妙見さんの獅子舞楽"と言う福田瑞男氏による印象的な絵をあしらった表紙に心が惹かれますが、"妙見さん"なる八代神社の中国風のスタイルが、室町以来の八代の中国との関係が知られて興味深く思われます。今回の掲載も、八代河童共和国大統領の田辺達也氏のご助言によるものですが、今後も、リポートVの「馬門」、リポートTの「ポルトガル宣教師が見た四百年前の八代海」「不知火海を死に追い込む"大築島"埋立計画」「兵主」「阿漕的仮説―さまよえる倭姫―八代〜大築島〜天草姫戸 古田史学の会会報 NO.69 掲載論文」「姫戸 阿漕的仮説―さまよえる倭姫―の掲載について」・・・など古代史、民俗学に関する記事を随時掲載して行く事ができそうです。
 八代河童共和国大統領には失礼かもしれませんが、まずは、"河童の贈物"とありがたく思っているところです。氏は八代市の政治、民俗、環境保護運動など多彩な活動を続けられる気骨のある名士ですが、そこに止まらず、かなりの影響力を持つ方でもあります。一月から三回にわたり田辺さんの論文を掲載しましたが、今後も書いて頂けるものと考えております。
 なお、田辺さんから二月一〇日付け「熊日新聞」のコピーが送られてきました。これは郷土雑誌というコラムのようですが、文章だけで勝負するという不文律を犯し、今回、初めてコピーを挿入する事に致します。
 なお、史談会には今回一四名の新入会員が紹介されていました。四〇〇人に近い会員を持つ史談会ですが、当然ながら死亡退会などもあるはずで、若者がこの手の活動に全く興味を示さない中、今なお活発に活動が続けられている事に敬意を表したいと思うものです。





 No.173  20070223  46センチ

 戦艦大和の巨大ミニチュアが多くの観光客を呼んでいると聞きます。既に大半の軍隊経験者が鬼籍に入りつつある訳ですから、例え訪れている人に多くの年金生活者が含まれているとしても、既に戦争を知らない世代が中心になっている事は間違いありません。
 大和、武蔵には艦砲としては最大口径の"四六サンチ砲"が搭載されていました。
 しかし、現在、"サンチ"と聞いても理解できる人はほとんどいないのでないかとついつい考えてしまいます。
 明治維新以来、陸軍はフランス共和国に学び、海軍は大英帝国を模範としてきました。これは一つの象徴でしかありませんが、陸軍は"センチ"と、海軍は"サンチ"と呼んでいました。もちろん、"p"のことです。
 まあ、これはどうでも良いことですが、帝国陸海軍はことごとくと言って良いほどに用語、習慣などに多くの違いを持っていました。最大の違いは、まず、太平洋戦争(大東亜戦争)の戦争目的でしょう。陸軍は「大東亜共栄圏の建設」でしたが、海軍は「自存自衛」と限定的でした。また、陸軍が「参謀本部」であれば、海軍が「軍令部」であり、同じ大尉の呼称でさえも、陸軍が(タイイ)と呼ぶのに対して海軍は(ダイイ)と呼んでいたのです。
 まあ、私も官僚機構の最底辺で蠢く人間ですから、容易に想像が着きますが、まずはありそうな話です。
 陸軍は海軍と、海軍は陸軍と戦った後で、米国と戦ったと言えば誇張に過ぎますが、二二六事件においては、実際に叛乱側に長門の艦砲を向けた(もちろん条約派のトリオ米内光政も本気で撃つつもりはなかったでしょうが、彼は当時横須賀鎮守府=ヨコチンの長官だったのです)と言われていますから、推して知るべし、とまでは言うことは許されるはずです。


 No.172  20070223  煙 霧

 「黄砂ではなさそうだし、霧にしては真昼だし、煙にしても稲刈りは終わっているのに・・・、なぜか、見通しが利かない日が多い・・・」と語っていたのは同僚のアデランスK氏でしたが、私も「このところ北西風が弱いので黄砂ではないだろうし・・・」(実際、黄砂の初日は二月二三日と報道されました)「季節風は弱くても偏西風は吹いているのだから、大陸からのものか、それとも、大地自体が乾燥して埃が舞いやすくなっているのか・・・」などといい加減な返事をしていました。すると、同じ疑問が寄せられたのでしょう。一月ほど前の新聞に、気象台の話として「霧でも黄砂でもない煙霧・・・」といった短い記事が掲載されました。もちろん、名称が分かったとしても実態が一向に分かりません。ただ、黄砂であれば黄砂と言うはずですから、黄砂でなことだけは納得しました。
 また、しばらくして、長崎、福岡地方に"光化学スモッグ警報"などという懐かしいものが出されました。どうやら大陸から飛来した煤煙、砂、煙、化学物質とかいったものが流れてきたもののようなのです。
 まず、暖冬としても大陸では石炭をどんどん燃やして暖を取り、春節(旧正月)でも工場はフル操業を続けていたはずです。自動車の台数は激増を極めていますから排ガスは推して知るべしでしょう。
 ちょうど日本の三〜四十年前がそうであったように、中国は排ガス対策もなく汚水対策もせずに大量の汚染物質を放出し続けているのです(日本の最近の研究では大半は自動車の排ガス起源という話ですが、中国では工場起源が重要と思われます)。
 「百年河清を待つ」ならぬ「百年気清を待つ」とでもなりそうですが、ともあれ、これまで気付かなかった冬の煙霧が襲来する時代になったのです。
(追記)
 この文書を書き上げたのが二三日でしたが、これについては、二月二八日の筑紫哲也の「ニュース23」でも取上げられました。この中で、気象台の観測によると硫酸塩が多く含まれている事が報じられています。明らかに中国において石炭、石油の大量消費が始まった結果、かつての日本が四日市などの大気汚染で苦しんだような状態に陥っている事が分かります。亜硫酸ガス、亜硝酸ガスの濃度の上昇、光化学スモッグといった懐かしい響きさえするタイム・スリップを感じた次第です。
 実際にオゾン濃度も上昇しているようで、今後、北部九州は中国起源のオキシダンント、光化学スモッグに苦しむことになるのかも知れません。


 No.171  20070216  ダムフォトコンテストは現代版従軍報道か?

 もう二十年も前から行われているイベントですが、"ダムフォトコンテスト"なるものがあります。
 ダムの工事状況、ダムの効果、ダムと周辺の調和などを織り込んだ写真を一般から求めるものですが、(財)ダム技術センターが主催し、季節感あふれる優秀な作品は翌年のカレンダーに採用されると言うものです。
 このようなイベントを主催する事も応募する事も自由と言えば自由ですが、少なくとも芸術性とか報道性といったものとは無関係と言う印象を持ちます。
 理由は、まず、このようなテーマ設定されたコンテストにおいて、ダム建設によって取り壊される寺とか、切り倒される鎮守の森の大木とか涸れたダム直下の川とか、ダム建設のために破壊される原石山とかいったものにカメラが向けられる事はないはずだからです。当然ながら、採用されるものはダムの堅固さ、"背後地"の美しさ、ダムの必要性、を感じさせるものとなるはずですので、応募しようとする野心家の写真家の卵達は、自主規制によって、嘘であってもダムの必要性と優秀さ雄大さを描こうとする事でしょう。
 審査には河川局の幹部、外郭団体である研究所幹部、お抱え土木写真家といった方々が、当るわけです。
 まず、このようなテーマ設定されたコンテストのくだらなさは、その趣旨に沿うものしか描かれず、良くても撮影技術と撮影ポイントを競うものにしかならないからです。
 戦時下においてもこのようなタイプの写真が持ち上げられ、国威発揚と戦意高揚に利用されました。トラック島に浮かぶ連合艦隊の偉容を描き、パレンバン攻略の勇気を描いた事でしょう。その結果は皆さんご存知のとおりです。このような従軍報道に近いものがダムフォトコンテストであり、これらに協力し名を上げたものこそ、多くの従軍報道記者、報道写真家、報道画家、従軍僧侶だったわけです。
 もしも、国土交通省が現代の軍部であるとすれば、これらに協力する以外写真家に道がないという世の中だけにはならないで欲しいものです。
 この手の写真展に入賞したとして喜んでいる連中は、まずはものごとの本質を理解しない、つまり哲学の無い、もしくは哲学を棄てた写真家でしかないのです。
 ただ、私もダムの写真を撮るために遠くのダムまで足を延ばした事があります。
 拙著『有明海異変』W税金のダム遣い で取上げた白水ダムの写真を撮るために、そのためだけに大分県竹田市の玉来川上流に行った時です。それこそ技術的にはへたくそな写真かも知れませんが、私が伝えようとする事には十分な写真だったのです。
 『有明海異変』の初期原稿から紹介しておきます。

エレガントなダム

 これまでダムへの批判ばかりを書いてきました。もちろんこの考え方に変わりはないのですが、阿蘇外輪山の東麓にどうしても心を捉えて離さない優美なダムがあります。大分県竹田市と萩町が境をなす大野川(玉来川の支流)を遮る白水ダム(白水堰堤)です。このダムは十五メートルをわずかに切るために統計上はダムに数えられてはいませんが、建設当事の感覚からすれば、優に六十万トンの農業用水を貯め込む堂々たるダムだったのです。
 白水ダムは日本という国家が戦時一色に染まっていく昭和十三年、日中戦争(蘆溝橋事件は昭和十二年七月七日に勃発する)開始直後に完成したのですが、同時代その秀麗さを称えられた高雄型巡洋艦(「愛宕」「鳥海」「摩耶」)にも似て、一般的なダムや兵器などといったものに纏わる無粋さを一切感じさせないある種の上品さと美しさを今なお持ちつづけているのです。
 このダムに驚かされるのは、まず堰堤の天端全体から常に水が溢れ出し、幾何学的な曲線を描きながらレースのように白く泡立つ水が絶えず流れ下っていることです。さらに、繋ぎとしてはともかく構造上はコンクリートが使われていないことです。 
 大分の石工によって切り出された阿蘇溶結凝灰岩がブロックとして使われ、それが精密に積み上げられて造られているのです。その自然な表面によって豊かな藻が一面に生えています。このため、流れ下る水に絶えず空気が送り込まれ、水のカーテンを一層変化に富んだものにしています。幾何学的な美しさの中にも左右の非対称さがさらなる変化を造りだしています。左岸はその段切り構造によってカーテンが一部引き裂かれ鶴の風きり羽根のような印象を与え、右岸はさらに大きな曲線を描き流れ出す水が渦を巻いて流れていきます。もちろんこれらは決して美しさそれ自体を目的にしたものではなく、地盤の悪さや資材の不足を克服するために計算され尽くした合理性と緻密な設計施工の結果得られた副産物だったのです。先に多少例としては不似合いな高雄型重巡の例をあげましたが、ワシントン軍縮条約会議(大正十年)からジュネーブ軍縮条約会議(昭和二年)に至る制約された中で、各国の造船技術者(日本では造船監)は一船に最大の破壊力と巡洋性能を詰め込もうと、鎬を削る激烈な技術競争を行っていました。そこで追求された透徹した合理性の結果生み出されたのがこのタイプの美しき重巡だったのです。なにやら、美の真髄というものには、そういった研ぎ澄まされた合理性や論理性、機能性といったものが同時に兼ね備わっていなければならないのではないかとさえ思うものです。
 ともあれ、この常時オーバーフロー型の特殊なダムの構造は、洪水調節機能を持たせない(通常のダムはある程度の雨を貯め込ませるために満水にはしないため)灌漑目的のダムであったために基本的には満水に保たれていることによって可能となったものですが、行政もこの秀麗さに正当な評価を与え国指定重要文化財第一号としています。この工事を指揮し心血を注いだ大分県の小野安夫(十年ほど前までご存命だったようですが)という若き農業土木の技術者に対しては決して讃辞を惜しまないつもりです。    
 ただし申し上げておきますがこの白水ダムも竣工から六十五年が経過し、その六〜七割が土砂で埋まり、今や二十万トンにまで貯水能力を落していると聞いています。このため、計算ではあと三十年余りで全てが埋め尽くされ、周囲の湖岸の木々がその景観を保っていれば浅く美しい湖底と巨大な川原を出現させることになるのですが、やはり百年で土砂の流出が始まり新たな自然尾回復過程が始まることになるのでしょう。この上流域には、事実上大規模な水田地帯といったものが存在しない以上、これほど堆積が進んだ理由は、何度も言うようですが農林省(当時)による拡大造林の結果生み出された痩せた山林に求めるべきでしょう。経済原則の結果、間伐や枝打ちが行われないために太陽光が地面まで到達できず、このため下草が土壌を覆い得ず、剥き出しの表土から土壌が流出し続けているからであると思われます。

 報道写真とはこのようなものであり、宣伝写真ではないのであって、ダムフォトコンテストに寄せられるものは、やはり、ダムの宣伝写真でしかないのです。
 そう言えば、二〇〇六年のダムフォトコンテストには佳作として、○○一男氏による「白水ため池堰堤」がありましたね。実に美しい良い写真ではありました。


 No.170  20070209  六本木における暴力団幹部の射殺

 東京の六本木で住吉会系の暴力団幹部が襲撃されました。この事件に関して、今さらのように山口組の東京進出などと言われていますが、私は少し違った見方をしています。
 二十年ほど前ですが、箱根を超えない事で住吉会、稲川会と山口組とが手打ちをしたなどと言われた事がありました。
 現在、起こっている事は、この縄張りが守られず、国粋会のシマ貸しに絡んで山口組が東京に入って来ているからだなどと理解されているのですが、本当でしょうか。
 元より、この東京の暴力団のシマの話など全く興味もありませんし、知識も持ち合わせてはいませんが、私は、企業舎弟として既に山口組の関東進出は既成事実であったこと、その延長上に国粋会の山口組への参加もあったのであって、かつての山口組九州侵攻作戦(夜桜銀次による別府上陸)とか、広島ヤクザの「広島戦争」とか言った古典的なシマ争いと言ったものとは全く次元の違った性格を持った抗争ではないかと思うのです。
 既に、現代のシノギの中心はそのような縁日のショバ割とかミカジメ料とかいったものではなく、"オレオレ詐欺""金融詐欺""IT詐欺"といったものに移行しているのであって、そうなってくると、シマ争いではなく、仮に言えば、六本木を制するかどうかが重要になってきているのです。まあ、これは極論でしょうが、全ての富が東京に一極集中し、不動産取引、株取引、ネット取引が昔の正業(伝統的なヤクザの正業の意味ですが)より遥かに収益性が高くなっているからに外ならず、今や地方の縁日のショバ代などシノギの対象ではなくなっているからです。
 従って、現在、新たに「東京戦争」が始まるのではないかと言われる暴力団抗争も、IT革命の結果生じている富の偏在によって起こっているのであって、その富を巡って全ての暴力団組織が東京を制するかどうかが問われている事になるのです。
 もはや、キッタ・ハッタの度胸で勝負するヤクザはヤクザ足りえず、コンピューターを使いこなし、ネットに習熟し、スポーツ新聞ではなく日経を読むヤクザ者しかシノギができなくなりつつあるのです。
 今や、IT不適応世代の古典的ヤクザには、場末の飲み屋の裏部屋で先細りするアガリを心配しながらしわの寄った刺青に思いを走らせ、白髪の目立つ呑み屋のママとしけ込むしかなくなっているのです。
 最近、友人である某編集者から教えられた話ですが、北部九州のある大手暴力団の幹部から聞いた話として、「○○会は既に十年以上前に若手組員の全員にパソコンを持たせて全員使えるようにさせ、全ての指令と通信をネットで行っていた・・・」そうです。暴力団の幹部でも携帯のメールぐらいは最低条件であり、昔のように競馬新聞が読める程度の学力と健康な体があればヤクザをやって行けた時代は、暴力団の世界でも既に終わっていたのです。


 No.169  20070209  全共闘世代とポスト全共闘世代

 "団塊の世代"とは堺屋太一が名付けた新造語でしたが、敗戦後六十年が経過し、今や、この戦後ベビー・ブーマー世代が大量に退職を向える時代が来ているのです。
 現在、どのような批判がなされようとも、彼らは七〇年安保を最大の政治課題として日本という国家の進路を巡り、全力を上げて闘った英雄的世代でした。
 当時、東大全共闘を頂点として全国に拡がった大学紛争は明らかに社会変革への展望を指し示していました。この時期、就職とか将来といった個人的な利害を棄て、国民や社会の将来のために人生を掛けた多くの優秀な活動家を生み出しました。
 少なくとも、目先の私的な利害のためにしか動かない現代の若者とは明らかに違っていたはずです。
私は東大全共闘が破産した後に大学に入ったアフター全共闘と言うべき世代です。
 七〇年安保の闘争の余波を受け、それなりの闘争が破産した事もあり、既に自治会は解体していましたし、キャンパスには虚脱感が漂っていました。
 入学するや、隣のクラス数人が始めた自治会創設(再建)準備委員会に同じクラスのT君と参加し、一から教養部自治会の創設運動に携わった経験を持っています。
 一年間の準備運動を経て、最終的に教養部を中心に常時登校者の八割に近い一五〇〇人の学生を集め、教養部自治会を再建しましたが、その後、学生寮を中心とする闘争が別個に起こることによって逮捕者が出ると、その奪還のための大規模な闘争が起こりました。数度の大規模な学内集会を経て、運動は逮捕者であるK君を奪還するための大規模な街頭デモが始まるに至ります。この運動の中枢を担ったのが全共闘ならぬ全学闘争委員会でした(マルではありませんので誤解がないように)。
 この全学闘争委員会の公然面の書記長(事実上の逮捕要員で本当の指導部は一年、二年上級の先輩達でした)をやっていたのが私であり、委員長をやっていたのがT氏でしたが、二千人の街頭デモを数回組織し、闘争は全学に波及するに至ります。ただ、全国的にも学生運動は既に二〜三年前に破産を遂げており、中央から遠く離れた地方において全面的破産の後に開始された闘争に勝利できる客観的条件は存在しませんでした。このため、一ヶ月のストライキ闘争を経てやはり運動は敗北して行きます。その後も学内での運動は散発的に継続されますが、現在、この大学のキャンパスには残り火の痕跡も探せません。
 私の青春時代を構成した在学中は、もちろん勉強はそっちのけで、ほとんどこのような事に明け暮れたと言えるでしょう。今でも、T君は私の最も大切な友人ですが、最大手の某自動車メーカーのある大手子会社(本社は埼玉県某市)の少数派組合(八〇〇:二〇)の委員長として(神奈川工場)、二十年にわたり、裁判、地労委を巡り粘り強い闘争を続けています(かつての全国金属)。
 一般的に、"全共闘世代は、大学卒業後、大手企業などに就職して、企業第一の戦士に変身したり、マイホーム主義者になりきった"などとデマ宣伝がなされますが、それでも、皆さんたちが想像されるよりはるかに多くの人間が、薄汚いダラ幹の支配する労働組合や住民運動、さらには多くの地下政党などで闘い続けた事を知っています。彼らは、新宿騒乱事件などに象徴されるような大規模な闘争を経験しているだけに、その勢いで人生を走り続けたのかも知れません。
 私もT君も華々しかった全共闘の頂点を全く経験していません。私達はある種の頂点も知らず、最初から敗北、破産の中の圧倒的な少数派として闘い始めたからこそ、今なお持続した運動ができるのかも知れません。
 始めから倒産している企業は決して潰れないし、始めから潰れている人間はそれ以上潰れはしないのです。
 今後とも暖かい支援や援助をお願いしたいと思います。


 No.168  20070209  ライブ・ドアとソフト・バンクに見られる異なった精神

 ソフト・バンク系列の企業が、存続が危ぶまれていた"ばんえい競馬"の救済に動いた事はご承知のことと思います。
 一般的に、ネット系ビジネスは金勘定だけという印象がありますが、"ばんえい競馬"の救済が、開拓時代のアメリカの社会奉仕、社会福祉、ボランティアー精神(ボランティアーズ・オブ・アメリカ)からくるものではないとしても、社会からそのように受け止められたのならば、その要素はかなり重要な意味を持っている事になります。 
 結果としてその企業の社会的存在を確立することになるからです。
 もしも、ライブ・ドアが企業価値(株価)を高めることだけに狂奔せず、例え見せ掛けであったとしても、文字通り調子のでない"銚子電鉄"救済のような事業にも手を差し伸べていたのならば、あれほどの排斥と結果としての凋落に遭遇しなくても済んだのではなかったかと思うのです。
 例え、唯のパフォーマンスであれ、ポーズであれ、やらずブッタクリよりは、ましであり、その方が賢いことは間違がないのです。
 そもそも、株取引とは手数料、税金がピンハネされた上で、他人の損を自分の儲けに置き換えたもの(ただのバクチ)でしかないものですが、このような本来は非合法なもの、窃盗、詐欺と変わらないようなものが、許される条件は、古来、"施し"と相場が決まっているのです。日本は"鼠小僧次郎吉"の国ですから、この一点だけでも理解できるでしょう。
 ソフト・バンクの孫、ライブ・ドアの堀江と、いずれも福岡県筑後地方出身の秀才と言うよりも天才ですが、この感性の差は何なのかを考えています。孫氏とホリエモンのわずかな世代の差こそが、この企業体質の差を生み出したとするのは無論、暴論ではありますが、それなりの意味はあるように思えるのです。


 No.167  20070209  リッチランドと「CO2地球温暖化論」、詐欺とは何か?

 リッチ・ランドなる怪しげな投資会社が野放しにされ、儲けるだけ儲けた後に、ようやく摘発されました。そもそもこのようなものに引っ掛かる人間のバカさ加減にも驚きますが、この事件は非常に分かりやすい、まさしく詐欺の典型でしょう。
 では、「CO2地球温暖化論」に便乗して怪しげな事業で税金を掠め取ったり、大学で研究費を手に入れたり、シンポジウムや講演会で法外な講演料をもらったりする事は詐欺にはならないのでしょうか?私にはリッチランド同様の詐欺に思えます。
 確かに違いはありますが、直ぐに詐欺と分かる詐欺は詐欺ではなく、誰でもが信じてしまう詐欺こそ本物の詐欺という部分なのです。もしも、リッチランドが金持ちだけのあぶくゼニを掠め取っただけならば(こんなものを具体的に調べる気持ちは全くありませんので悪しからず)、富の再配分(隠匿から隠匿は無意味ですが、隠匿されていた富を引き出し市中に流通させるという意味ならばという意味)としか思わないのですが、「CO2地球温暖化論」はあまねく網が掛けられ、それが誤りと見抜いている人間にも税金として強制される訳で、言わば戦争予算のようなものであって、その分、よほど犯罪性が高いのです。
 では、「CO2地球温暖化論」の詐害性、欺まん性は判別可能なのでしょうか?これは、相当の物理学に関する知識と理解力が要求されますので、近藤さんのようなHP管理者クラスにならなければ無理でしょう。しかし、私には自分が生きている間にこの事が検証されるような気がしています。戦後しばらく続いた小寒冷期が終わり「氷河期到来論」が後退した後に、手の平を返したような「CO2地球温暖化論」が登場します。しかし、「氷河期到来論」も高々、三十年程度のものであり、「CO2地球温暖化論」も五十年は持たないという気がします。
 既に、この仮説も三十年が経過し、今後、劇的な天候変化、気候変動が明らかになり、そのうちボロも出てくる予感がするのです。
 実際にそうなった場合、本当に気象学者はどうやって説明するつもりでしょうか?
 既に非効率極まりない風力発電や太陽光発電が稼動しているのですから、これらは一瞬にして、ただの残骸に変わってしまう事にもなりかねません。
 学者は自分達の誤りが明らかにならないうちに死ねれば、幸せな詐欺師という事になるでしょう(これこそが本当の詐欺なのです)。しかし、無知と恥知らずの人生であった事だけは永久に残る事になるでしょう。
 ただ、いつの時代もそうでしたが、真実を主張し続けた真面目な学者は研究費ももらえず、教授にもなれなかったのです。だからこそ、国家や産業界の要請から独立した形で研究ができる事が絶対条件だったのですが、独立行政法人化された旧国立大学にはもはやその影はありません。
 しかし、もっとも酷いのは排出権取引という怪しげな新興ビジネスでしょう。これが本格化した場合、詐欺の元締めが国家であり行政だった事になるからです。


 No.166  20070209  大阪「世界陸上」とホームレスの排除

 「世界陸上」などと言う何の価値もないもののために、住む場所もなくテント暮らしを続けるホームレスが大阪府によって排除され、なけなしの生活拠点が破壊されました。まずは、人間の生活よりもスポーツを口実にした金儲けという訳です。
 それとも皆さんは"公園などを不法に占拠している"のだから排除されても当然だ!とお考えになるでしょうか?私は断じてそうは思いません。
 いかなる人間であろうとも、彼らが安心して生きて行ける環境を整備し、公園などに住まなくても良いようにするのが行政の任務であり(基本的人権、生存権を自認しているのであり、偉そうに大法螺を吹いているのですからその意味で)、彼らを排除し、くだらないイベントを行うことが任務ではないはずです。大阪府には人権と言う概念がないのでしょうか?日本の憲法には生存権がないと考えているのでしょうか。スポーツマン・シップの欠片もない、金儲けの事しか考えない連中や角兵衛獅子もどきの歪んだ青年が集う狂気の祭典と、国民の人間らしい生活と一体どちらが重要で、どちらに価値があると考えているのでしょうか?
 横山ノックのノック・ダウンから七年、自らの任期中に新たに発生した大阪府の裏金だけでもかなりのホームレスが救済されるはずですが、あの女知事の事ですからホームレスは汚いゴミとでも思っているのかも知れません。
 放送権料、商品宣伝などといった企業利益にたかる一握りの貪欲な資本のために、いとも簡単に人権を踏みにじるのですから、行政とか国家とかいったものの本質が透けて見える気がします。
 実際、排除するために使われた税金だけでも、どれだけの数の棄民が救済できるでしょうか!
 国民が生きて行く権利と、くだらないスポーツ・イベントなどそもそも比較できないはずでしょう。どうせ、やったとしても「世界陸上」と聞けば、直ぐにドーピングの横行などが頭に過ぎるものなのですが。私にはこの国は狂っているとしか思えません。