No.165  20070131  墓 誌

 先日、早世した友人の法事(一周忌)のために延岡方面まで足を延ばしました。編集者の米本との一泊二日、往復五百キロの旅でした。多少例外的ですが、一年ほど遅らせた埋葬(納骨)で墓地に向かうと、この地域の葬送儀礼というほどのものではありませんが、私達が認識している有明海、不知火海沿岸の一般的な墓制というか風習とはかなり異なっている事に気付きました。
 法事は曹洞禅で行われたため、ここでも御詠歌を聴くことができましたが、いよいよ納骨の段になり墓地に向かうことになりました。ここは集落の墓地であり、複数の宗派の墓が混在していました。一通り見て周ると、全部ではありませんが、かなり共通している現象に気付きました。それは、際立って墓誌が多かった点でした。墓誌がないものにしても、石塔に個人の経歴業績が相当に詳しく書かれるなど、かなり伝統や気風が異なることに気付いたのです。
 特に驚いたのは戦没者の墓石に兵隊手帳なみの部隊行動が書かれていたことでした。
 西九州というか、私達の住む領域では、書いたとしても「南洋群島にて海没」「牡丹江省東寧県にて戦病死」「ボルネオ島にて戦死」といった程度にとどめるのが一般的なのですが、この土地では実に入隊から戦死までの部隊行動を、まるで兵籍簿(部隊に保管されていた兵の履歴書)からでも書き写したようなものまであったのです。
 私にとっては非常に興味深いものではありましたが、同時にかなりの違和感もありました。
 実際、隣にあった本家の墓石と墓誌を見ると、長男であるために第二国民兵役という本来は徴兵されない立場から出征され、実戦部隊ではない整備兵として長崎県の大村の海軍航空隊に配属されていました。このようなニ年足らずの兵であるにもかかわらず、かなり詳しい軍歴が記載されていたのです。そして、最後には二十年三月に戦死と書かれていました。
 ここで、一応、国民兵役というもはや忘れ去られた言葉についてふれておきます。

三、丙種(へいしゅ) 体格も健康程度も極端に劣る者。国民兵役に入れた。・・・(中略)・・・
● 国民兵役 四十歳まで
 第一国民兵役 男子四十歳まで。常備兵役(現役、予備役)を終わった者、軍隊教育受けた補充兵で補充兵役を終わった者が、服した。
 第ニ国民兵役 一七歳から四十歳まで。いろいろな事情でどの兵役にも参加させられないと判定された者。体格や健康とは関係ない。一七歳以上とあるのは、志願の場合は一七歳からできたからである。

『日本陸軍がよくわかる事典』太平洋戦争研究会(PHP文庫) 

 地域の取り扱いは恐らく一様ではなかったでしょうが、地元の有力者、長男、いわゆる跡取などは国民兵役扱いになった事はある程度の想像が着きますし、事実そうだったと方々で聞きました。

 昭和十九年頃から兵の不足が顕著になります。このため、昭和ニ十年には徴兵年齢が十九歳に一年繰り下がりになります。このような中で相当の人が動員され、普通ならば安全であったはずの第二国民兵役からも動員されていたのでしょう。四月には沖縄戦が始まりますが、その前に本土からの対艦攻撃(特攻)を事前に防ぐとして敢行された米軍の絨緞爆撃によって、陸軍では福岡県の太刀洗航空隊が、また海軍では大村空(オオムラクウ)も徹底的に叩かれます。整備兵をされていたようですが、不幸にもこの時に犠牲になられたのでしょう。・・・と、このようなことが直ぐに分かるように書かれているのです。多少とも戦史、戦記に通じた方ならば、この墓地にくれば、この人は佐世保の海兵団だとか、広島の二十四連隊(暁)だとか、たいていの事が分かるようになっているのです。
 それはともかく、はたして、この傾向が日向という地域性(土地柄)のもたらすものなのか?宗派のそれも細かい宗派性のもたらすものなのか?この集落の特殊性によるものなのか?新たな興味が湧いてきて消せません。
 良く考えれば、現代の日本の墓地、葬送儀礼、墓制に関する系統だった民俗学的調査などほとんど行われていないからです。
 さて、遣唐使井真成(イノマナリ=あくまでも仮の読み方ですが)でも有名になった墓誌の話ですが、中国で始まり、日本でも奈良朝から広まりますが、一般の下層民にはなかったもののように理解しています。ここからは長くなりますので、別稿としますが、ただ、熊本県の阿蘇の東に位置する産山村に、異常なまでに高密度の"井"姓の集積が見られる事をお知らせして、予告としておきたいと思います。


 No.164  20070131  まずはヘルメットを被って眠ろう

 弁護士になれなかったエリート証券マン(?)が、会社経営者のご令嬢とかいう妻から寝ている間にワインの瓶で頭を何度も殴られて殺され、死体も切断されて付近に棄てられていたという凡そ気違いじみた事件が起こりましたが(どうも気違いもパソコンは差別語として変換しないようですが、言うまでもなく、こんなものは差別語ではない。表面だけ繕う行政と人気取りだけの議員などが言い出しただけのものであって、大切にするということは言葉ではなく、正しい行政施策であり社会的施策なのですが)、うちの課長などは、早速、「ヘルメットを被って寝らんといかん・・・」などとはしゃいでいます。もちろん、明日は我が身ですから私も大言は禁物ですが、エリート家庭(?)などに漂う虚飾に満ちた見栄や過剰な欲望か?などと不毛な人間性を感じさせられてしまう事件でした。このように、この国は既に上から下まで腐りきっているのです。
 始めから下層階級に属している私などは平気なのですが、上流階級の方々はちょっとした挫折でも耐えられないのかも知れません。
 願うらくは、なんら労働らしい労働をすることなく良い思いだけをしている現代版の貴族とも言うべき連中の財産を全て没収し、強制労働にでも駆り立てたいものですが、なかなか思うようには行きません。実際、ばかげたことに、日本にはまだ王様さえいる始末で、政治学的にはただの後進国でしかなく、アメリカかぶれの現政権もこの共和制の問題に関しては、学ぶことはもとより、ふれようとさえしていません(日本には民主党はあっても共和党は存在しない)。
 先の不幸な大戦とやらで多くの国民の命や財産を失わせた張本人は責任を取って自決する事もできなかったのですから、日本版フランス大革命への道はまだまだ遠いのかもしれません。
 勢い、このような不公正でデタラメな社会は潰れてしまえ!とか、薄汚い議員と無能な官僚どもに税金を掠め取られ(夕張を見よ!)、低賃金労働に一生奉仕させられるような労働者を再生産する義務感を持つ必要など一切ない!若者よ結婚するな!子供を一切産むな!国を棄てよ!一握りの金持ち共の家系を葬り去れ!と言いたくなるではありませんか。


 No.163  20070131  去年、新潟豪雪の原因を温暖化のせいにした連中が、今年は暖冬で雪不足だと言う!

 昨年は新潟豪雪に象徴されたように全国的にも雪が多かったようです。一転して、今年は記録的な暖冬となり、東京ではひまわりが咲き、新潟では一度も雪が積もっていないと聞きます。当然ながら、ゴルフ場はホクホクでスキー場は開店休業状態と伝えられています。
 始めにお断りしておきますが、今からは話すことは最低限度の事実の確認と論理性へのこだわりであり、それ自体を議論するつもりは全くありません。ここで取上げる問題は豪雪や雪不足の原因に関する説明のされ方についてです。
 CO2地球温暖化論を信じ込まされた人間があまりにも多いのですから、こちらもマスコミ一般に対して過剰な期待は一切してはいませんが、最低限度の論理性、科学性は維持して欲しいものと思うばかりです。
 このようなありさまですから、当然にも、今年の暖冬も、ひところ持ち上げられた"エルニーニョ"現象はほとんど関係がないような説明ぶりであり、大半は「CO2地球温暖化論」で説明されています。
 しかし、では、去年はどうだったでしょうか?史上稀にみる大豪雪に見舞われ、屋根の雪降ろしもできないなどと伝えられた新潟県の山古志村を念頭において、"温暖化によって海水温が高くなり、そこで生じた大量の水蒸気が山にあたって豪雪になった"と説明されていたのです(日本総合研究所:寺島実朗など)。
 実際、いい加減にしてもらいたいものです。これを一般的には"イイトコドリ"と言うのです。ではお聞きしましょう。今年は海水温が低いのでしょうか?海からの湿った空気は送り込まれてはいないのでしょうか?そんなバカなことはないはずです。今年も暖かい海流は流れ込み続け、大量の水蒸気も送り込まれているはずです。
 しかし、全く豪雪になっていないのは、高空の気温が高く雪にならないからでしかありません。事実、今年の札幌の雪祭りも何度かの雨を被り開催が危ぶまれていると伝えられています。
 決定的な要素はやはり上空の温度なのです。昨年の豪雪はあくまでも上空の温度が低かったからこそ降ったのであって、蒸散作用は必要条件ではあっても、十分条件ではなかったのです。つまり、蒸散作用は副次的な要素なのです(HP管理者からNo.191(2006/01/13)『豪雪は温暖化が原因か?!』参照)。多分、バカの一つ覚えの「CO2地球温暖化論」で灼熱地獄が目前まで迫っていると描きたかった単細胞生物には、昨年の豪雪が奇妙に見え、腹立たしかったのか、どうしても他の理由を探さざるを得なくなり、思いついたのが蒸散作用だったのでしょう。
 断っておきますが、ここで申し上げているのはあくまでも物事の考え方であって、具体的なデータに基づく議論をしているつもりはありません。このため、この部分についての議論やデータへの反論は受け付けませんので悪しからず。
 しかし、ここには非常に重要なヒントが隠されています。162.温暖化によって白熊さんが困るという奇妙な話 と関係しますが、簡単に説明することにしましょう。
 氷河は一体どのような条件で発達するのでしょうか?決して、特別な知識は必要ありません。少し考えれば分かる事ですが、ただ寒いだけでは氷河は発達しません。氷河期とは大量の水蒸気が陸域の冷えやすい寒冷地に持ち込まれ続けること、そして、その水蒸気が持ち込まれている上空の気温が低く雪として降り、それが氷となりほとんど融けないという事が決定的な条件になるのです。
 つまり、氷河の発達には一方において大量の水蒸気が発生し寒冷地に送り込まれ続けるという、かなり矛盾する条件が併存している必要があるのです。
 では、現在はどうなのでしょうか?南極の氷が融けて流れ出している!北極の氷が融けて洪水が来る(北極の氷は海に浮かぶ氷であり、コップの氷と同じ様に融けても洪水にはならないのですがね)!と騒いでいる人が大半なのですが、実際に起こっている事は、全くの逆なのです。『サイエンス』でも報道されているのですが、両方の極地においても確かに海に近い周辺部の氷は融けているものの、冷えやすく絶えずマイナス一五度前後で推移する南極の内陸部氷床やグリンー・ランド氷床では、どんどん厚さを増しているのです。それは北極、南極の上空では温暖化の中にあっても温度が低いからなのです。従って、温暖化によって海水温が高くなり大量の水蒸気が山にあたって豪雪になったとしても、豪雪の発生はあくまでも上空の温度が低い事が原因であると説明すべきなのです。
 ともあれ、豪雪に見舞われるはずの高齢者世帯など、今年の暖冬に感謝されている方も多いと思います。私達九州に住む者としてはいよいよ雪が縁遠くなり、多少物足りなさを感じていますが。


 No.162  20061229  温暖化によって白熊さんが困るという奇妙な話

 "温暖化によって北極海の氷が消え、白熊がアザラシを捕まえられない・・・"といったまことしやかな話が飛んでいます。
 元々の話の出所は、二〇〇二年に「持続可能な発展」(そんなものがある訳がない)というデタラメなスローガンをぶち上げた世界サミットの前に、WWF(世界自然保護基金)が"二二万頭の白熊(正確にはホッキョク・グマですが)に危機が迫る"というリポートを出した辺りだったようです。
 ただ、良く考えると非常におかしな話でもあり、この際、少し考えて見たいと思います。
 彼等の主張は"気候変動が地球の大型肉食獣の生き残りに脅威を与えている""温暖化はどこよりも極地で酷く、ハドソン湾からカナダに至る地域で影響を与えている""温暖化によって、春、氷の溶けるのが早くなり、無氷期間を生き延びるための脂肪が十分に蓄えられない""氷が消えると餌であるアザラシを捕獲する足場を失ってしまう・・・・・・"といった類のものです。
 では、お聞きします。地球誕生にまで遡る必要はないでしょうが、仮に白熊が北極海に登場して以来としましょう。この間、北極海は何度か結氷、融解、溶融を繰り返してきたはずですが、決して白熊は絶滅していません。それどころか、シベリアなどの陸域の白熊は増加していて、住民から白熊の捕獲頭数(捕獲枠)を増やして欲しいという要望まで出されているとも聞きます。
 そもそも、白熊さんがアザラシさんを捕まえるために、氷の海を何十キロも泳いで島まで渡らなければならなくなった(これも泳いでいるのが事実としても、本当にそれが目的なのかは確認されてはいないはずです。自然界では、自らの生息領域を広げるために、東京湾のアザラシや九州最南の河川に溯上する鮭のように、通常ではありえない行動を取る場合が多々あるのです)とか、白熊は毎日二十キロも歩いて餌を捕らざるを得ないという話も聞きますが、逆に氷が張り詰めていて餌であるアザラシが沖合にしかいないから二十キロも歩かなければならないのであって、氷が融け、餌が近くにあればその方が楽なはずなのです。
 アザラシは氷の下を泳いでいる訳ではありません(そもそも息をしなければならない)。ただ、魚がたくさん獲れるところにはいるはずです。その食物連鎖に連なっているのが白熊なのです。氷が融け、植物性プランクトンへの日照量が増えるとか潮流が変化するなどによって魚のいる場所も変わり、当然ながらアザラシの分布も変わるかもしれません。本来はアザラシも氷上よりは陸に近い岬を好むはずなのです。 
 それどころか、近年、東京湾にも現れ(タマちゃん)、海流が変わったとか、食料を求めて南下したとか、生息領域が拡大した、などと騒いでいたのではなかったのですか?もしそうなら白熊さんも助かるのではないですか?
 東京湾は遠いとしても、北海道の釧路にもアザラシの群れが現れ、アザラシ見たさの観光客が増えていると聞いていましたが、どうなのでしょうか?
 動物学とか生物学といったものにほとんど興味がないので良く分かりませんが、完全に結氷して海に入れないような北極海でアザラシが生きていけないぐらいのことは理解できるつもりです。
逆に、三十年ほど前まではハドソン湾周辺の漁港は凍結してカナダの漁民が困っているとか、永久に不凍港が失われるなどと言われていたのです。これはアザラシも同じはずです。
 まあ、「CO2地球温暖化論」に毒された生物学者の話か、希少動物の絶滅に危機感を募らせる動物学者の声に悪乗りした「CO2地球温暖化」論者の誇張した宣伝と考えるべきでしょう。この話は、結局のところストーリーを「白熊物語」に描くか、「アザラシ物語」に描くか程度の安っぽい議論に思えるのですが、どうなのでしょうか?
 現在、筑紫哲也までもがアメリカ民主党のゴアを持ち上げ、「CO2地球温暖化」で危機感を煽っていますが、上位サイトのHP「環境問題を考える」掲載の槌田敦−近藤邦明による「大気中CO2濃度年増分(South Pole)と世界平均気温偏年差年増分」というグラフなどを見れば、気温変化は明らかにCO2濃度変化よりも約一年先行しており、気温が原因で、CO2濃度は結果でしかないのです。
 つまり、CO2により温暖化したのではなく、温暖化したから大気中のCO2濃度が増加しているのです。


 No.161  20070104  北薩、南薩温泉紀行

 開聞岳の頂上にある御嶽(ミタケ)神社と沖縄のウタキが関係があるか?というその一点だけで、鹿児島県の南端まで出かけて行ったのには我ながら驚きますが、実際、人生は短いものです。といっても、道すがら北薩、南薩の名泉、名湯がいくらもありますので放っておく手はありません。多くの温泉に入ったのは言うまでもありません。 
 二九日(一湯)は移動で大半を費やします。芦北に入ると、不知火海のアコウ群生地の取材で夕方まで費やし、現地で環境保護活動をされている吉田先生と遅くまでお話して、すぐ近くの湯浦温泉(アルカリ性単純泉)の某老舗旅館に宿泊し、掛け流しの湯にたっぷり入りました。ここも十年ほど前に温泉だけ入れて頂いたところです。翌三十日(四湯)の朝も朝風呂に入り、もう一湯、近くの共同浴場朝日温泉の朝風呂に入り鹿児島に向かいました。 
 目的は、阿久根市の伊勢神社(分社?)、枚聞神社(分社)を踏査するものでしたが、場所がなかなか分からずに時間だけを浪費してしまいました。しばらく脇道に入り川内原発の玄関先を掠め薩摩川内の市街地を通過、いちき串木野市に入り、早くも泊まる場所を捜さなければなりません。以前から入りたかった湯之元温泉はさらに南の日置市東市来町にあります。まず、JR東市来駅に車を止め、二十軒はある共同浴場、旅館のどれに入り、どこに泊まるかを決めることにしました。幸い素泊まり四千円で泊まれる源泉掛け流しの温泉旅館を見つけて予約を入れ、近くの湯之元温泉センターに向かいました。この共同浴場も混じりっけなしの高温の単純硫黄泉がどんどん溢れ出しています。ちなみにこの湯之元温泉には五〜六件の共同浴場がありますが、いずれも高温の源泉掛け流しと聞きました。行政が造る、くだらない循環式の温泉(こんなものは塩素の湯とでも呼ぼう)施設など一軒もないので、それだけでもほっとします。
 満足して旅館に戻って宿の湯に入ると、これまた良質の硫黄泉でした。翌朝気付いたのですが、駐車場横には源泉の井戸が高温の湯気を噴き上げていました。
 いよいよ大晦日、三一日(六湯)の朝です。まずは旅館の湯に入り、朝七時には出発です。湯之元のもう一つの名泉、田之湯共同浴場に入り、開聞岳に向かいました。 
 途中、懐かしい吹上温泉を一巡し、南さつま市(旧加世田市)を経由して枕崎に向かいました。枕崎にも温泉があります。かつては循環ではなかったと記憶していましたが、今回訪れると、循環式になっていました。当然、早めに切り上げる事になりますが、露天風呂に植えられたアコウの木が非常に印象的でした。そて、しばらく走ると開聞岳が見えてきます。ここら辺からは今回の目的の地ですから、方々を調べながら走る事になります。このことは別稿としますので全て省きますが、開聞岳、枚聞(ヒラキキ)神社・・・などで当初予定していた目的を達成して、さらに東の開聞温泉に向かいました。ここは海岸を除けば(これも別稿とします)今も昔と全く変わりません。
 帰路は同じ道を避けて薩摩川内市に向かいました。一番の目的地は入来温泉のアゼロ湯ですが、周辺には市比野温泉、藺牟田温泉、祁答院温泉と名湯が目白押しです。この辺りも二度目、三度目ですが、入来温泉はあとしばらくで幕を閉じそうな温泉地です。なにはともあれアゼロ湯に入り、泊まる場所を確保します。幸い、生き残った最後の温泉旅館がありましたので、ここでも四千円で素泊まりすることにしました。この旅館の湯も申し分のないものでしたが、一日(七湯)翌朝、早々に再度アゼロ湯に入り、この鄙びた入来温泉の朝湯を堪能した次第です。当然ながら、当旅館の温泉にも再度入り、さらに車で付近の諏訪温泉に入りに行きました。この湯も過去二度ほど入っていますが、どうやら改装されたようです。含鉄、含重曹食塩泉がとうとうと流れる山の中の良泉ですが、今も昔もお客は引きもきらぬというところです。
 次は藺牟田温泉に周りました。たまたま、その筋には有名な小島旅館の経営者とお会いし、ここの共同浴場の昔のお話を聞くことができました。この旅館の前身である、上の湯共同浴場に入れてあげます。と、おっしゃったのですが、遠慮して、以前にも入った下の湯に入り、さらに周って市比野温泉の丸山温泉と、いずれも十年以上前に入った名泉を梯子して、午前中最後の旧東郷町の東郷温泉にタダ風呂に入り、おまけに新年のふるまいゼンザイと文句なしの滑り出し、後は午後の部とも思いましたが、最後は、私にとって最も
 魅力的な川内高城(センダイタキ)温泉の竹屋共同浴場に入り、今回の温泉行脚を終えました。
 今回は、四日で十七湯といつもの半分程度のペースでした。これまで、一日当り九湯(疲れて寝る前に風呂に入りましたので十湯かもしれません)が最高ですが、取材、調査と掛け持ちでやるとこんなものでしょう。実際は移動に時間を取られるものです。


 No.160  20061228  ノロ・ウイルスは心配なかった・・・カキを食べて健康になろう。

 147.天然アサリ復活の兆し、伊万里湾の磯ガキ採り でこう書いていました。        

 以前、臨海日記12.伊万里湾の磯ガキ採り を書いていました(後段再掲)。
忙しい仕事の合間を縫い、思い切って磯ガキを採りに出かけました。行く先はその時書いたのと同じ場所です。
 今回は、マサシ君(N氏)にアデランス○○氏が加わり、都合、三人の遠征になりました。逸る気持ちで現地に着くと、まだ、汐は引き始めたばかりでした。今日はポカポカ陽気の良い天気でしたので、磯ガキ採りのスタイルといっても防寒着に着替える必要は無く、ジャージに長靴に軍手と金槌といった軽装です。
 同行者は早くもカキを採り始めましたが、私は汐が引くまでの間、このところめっきり採れなくなったアサリを試しに掘ることにしました。・・・ (再掲)

 その二週間後もアサリとカキを採り、今年の十二月は、ここ一ヶ月で最低でも十〜十五回近く食べていたような気がします。一緒に行った同僚も同様でしょうし、五、六人に配りましたので、大量のカキをいろいろな食べ方で相当の回数で食べた事になります。しかし、誰一人として、"具合が悪くなった"などと言う話を聞きませんでした。
 特に私の場合は、採って来たカキを日陰の風通しの良い所に置いて、九日目まで食べましたので、その安全性を自分で確かめた事にもなります。
 カキは潮が引いた時にも生きて行けるように海水を殻の中に閉じ込め、言わば小宇宙を形成します。このため、温度が低い陸上の日陰であれば、代謝を押さえて生きて行けるのだと思います。
 巷では、官僚の責任逃れのための過剰なノロ・ウイルス宣伝によって、養殖カキ業者が倒産の危機に曝されていますが、私達は身をもってカキが危なくない事を証明しているようなものです。
 それはさておき、ノロ・ウイルスによるものとされている事態は、伝統的な家庭を破壊して弱い人間を病院、施設などに大量に集めて返って危険を増幅していることのもたらした結果でしかありません。
 ともあれ、カキはミネラルの塊で高蛋白の食べ物です。これを沢山食べると、経験的に"その年は風邪もひかない"ような気がしています。
 現代の世の中では、もしも、隔離が必要とすれば、それは、むしろ自宅での治療であり。病棟などは返って拡散の基地を作っているものでしかないようにも思うのですが、素人考えは良くありませんので、これまでとします。
 むしろ、ノロ・ウイルス騒ぎで値段の下がったカキを沢山食べて、体に抵抗力を付けようと思っています。決して、行政を信用するな!官僚は自己保身しか考えていない。


 No.159  20061228  カテシ

 皆さんは"カテシ"という言葉を聞いたことがおありでしょうか?
 佐賀県では椿の実のことを"カチャシ"の実と呼びます。つまり、"カチャシ"とは椿(ツバキ)のことなのです。調べると"カテシノキ"(長崎)、"カテシ"(長崎、大分、宮崎、鹿児島)、"カタハシ"(山口)・・・"カチャーシ"(静岡)と、どうも、九州ばかりではなく、西日本を中心にある程度の広がりを持った言葉のようです。
 もっとも、椿は典型的な照葉樹で暖流の流れ込む暖かい土地にしか咲きませんから西日本に多いのは当たり前でしょう。ただ、柳田国男の椿の花の話にもあるように人為的に青森県の海岸部辺りにも生息域を広げているようです。
 してみると、クロサワアキラの『椿三十郎』は西日本の出身者だったのでしょうか。
 それはさておき、私の家の裏の屋敷森にはかなりの大木も含めて多くの椿がありますので、このカチャシの実がいっぱい拾えます。戦時中は石鹸の不足から実際に椿油を搾ったカスで髪を洗ったと言った話も聞きますが、実際に確認したわけではありません。


 No.158  20070104  通夜には行くが、葬儀には参列しない

 私は宗教的な問題から、親族外の葬儀に関しては、可能な限り"通夜には行くが葬儀には参加しない"ことにしています。
 二〇〇七年の仕事始めの日も友人の母親が亡くなりましたが、この際も勝手ながら葬儀は失礼し、通夜だけにさせて頂きました。
 最近は、自宅で親族や仲間内だけで行われていた通夜にも僧侶が来て経を上げるようになりましたが、本来、通夜と仏教は無関係なものです。これは、仮にキリスト教で葬儀を行う事を考えれば分かりやすいかもしれません。
 通夜は縄文時代に遡る日本人の伝統的葬送儀礼なのです。古来、日本人は家族、親族、友人、近隣のものなどが集い、夜通しであの世に送ってきたのです。
 梅原猛先生によれば、夜、送れば、あの世に行った時は朝であり、迷わないから・・・(『日本人と宗教』新潮カセット文庫)とされています。
 東大寺、興福寺、法隆寺・・・といった奈良仏教の六宗派は伝統的には仏式による葬儀を行いません。というよりも、葬儀、葬式、葬送といったものと仏教は本来無関係なのです。変わるのは天台、真言の平安仏教からであり、その後、鎌倉仏教(浄土宗、浄土真宗、日蓮宗・・・)が登場し仏教が大衆化され、最終的に江戸時代の寺請制度の中で、仮に浄土系で言えば、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌・・・といったものが寺の経営を安定させるために持ち込まれ、葬儀や遺骨を担保(骨質)に徳川封建制の道具と化していったのです。もちろん、仏式による葬式とか何回忌といったものは釈迦の時代には存在しなかったのです。さらに言えば、徳川封建制と完全に癒着していたからこそ、明治革命期の排仏棄釈運動も存在したのです(明治の革命政権が発動した文化革命)。
 私が葬式に参加したくない理由は、半分は冗談ですが、自らが無心論者であり、かつ、徹底した唯物論者のつもりでいるからにほかなりません(墓の底のマルクスから笑われてしまう)。
 ともあれ、一万年にも及ぶ縄文文化である通夜が今日なお存続している事は脅威としか言い様がありません。
 ただ、葬儀が禅宗、それも臨在禅(南禅寺派ということでした)で行われるようでしたので(禅宗の場合は戒名を見ると道号に"空"が入ります)、もしかしたら通夜でも御詠歌(独秀流)が聴けるかもしれないと思いました。案の定、たえなる調べが始まりました。不謹慎ではありますが、曹洞禅の葬儀は経験していますが、臨在禅は初めてであり、実に良い経験をしました。


 No.157  20061225  大島饅頭とは何か

 まず、大島饅頭と聞いて何のことか直ぐに分かる人は甘党でしょう。当然ながら、かく言う私も大の甘党です。「羊羹お好きですか?」「ええ、何本もは、食べれませんが・・・」「古川さんは金とか女とかでは絶対に汚職はしないが、饅頭なら、怪しい・・・」といった風評があるほどですから、まずは、饅頭奉行を地で行っているところです。
 ただ、甘ければなんでも良いという訳ではなく、チョコレート、生クリームなどがふんだんに使われたケーキ、ムース、ババロア、サンデー、パフェエ・・・などといったものには全く興味がなく、と言うよりも、嫌いであり、いわゆるキリシタン・バテレンのお菓子は全くだめで、饅頭、おはぎ、桜餅、もなか、大福餅、カキ氷、ゼンザイ、回転焼き・・・といったものに限るのです。
 最近は、本気で饅頭屋をやりたいと思うほどで、食えさえすれば良いので、売れなきゃ、それを飯代わりになどといった、マリー・アントアネットの逆を行くようなとんでもない話をしているこの頃です。
 さて、大島饅頭という、多少くせのある黒い饅頭があります。私はこれがなぜ大島饅頭と呼ばれているのか最近まで知りませんでした。大した疑問でもなければ調べないから分からないだけのことで、業界関係者であれば誰でも知っている簡単な事なのですが、"意識しなければ理解しない"という、なにやらゲシュタルト心理学のような話になるわけです。
 大島饅頭の呼称は全国的に広がっており、一部には黒糖饅頭とか温泉饅頭などと呼ばれますが、まずは、どこの饅頭屋でもつくられる定番の饅頭で、黒砂糖が使われているだけのことです。
 私達より少し前の段階の世代、焼跡世代、戦中派の方々は、おやつに氷砂糖や黒砂糖を食べさせられていますので、この手の饅頭が大島饅頭と言われれば"黒砂糖を使ったもの"と直ぐに分かるのでしょうが、私達のようなアフター全共闘では、もはや、大島は黒砂糖の饅頭、従って奄美大島が大島といった概念にまでは、なかなか結びつかないのです。
 ミネラルたっぷりと言えば良いもののようですが、実際には強烈なエグ味のある黒砂糖は、戦後、上砂糖、三温糖(多少精製度の低い砂糖)が普及し始めると、家庭からは徐々に消えて行き、饅頭の世界だけで残ったことになるようです。饅頭奉行としては迂闊極まりない話ですが、戦前は奄美大島で大量に生産されていたために、黒砂糖が大島と呼ばれ、それを使う饅頭もいつしか大島饅頭と呼ばれるようになったということに今頃気が付いたというだけの間の抜けた話でした。


 No.156  20061218  県界の饅頭店

 佐賀県、長崎県の有明海側県境には、今でも「県界」(ケンカイ)という名のバス停がありますが、佐賀県藤津郡太良町の大浦地区に旨い格安の饅頭店があります。
 国道二〇七号線を諫早方面に向かって坂を降り、大浦町の町並みに入る辺りの右に大きく曲がるカーブの内側にあるのがその店です。私はちょくちょく島原半島の温泉に入りに行きますし、今年は正月からフォーラムの実行委員会の会議などで頻繁に島原に出かけていましたから、その途中で必ず立ち寄り、昼飯代わりに肉まん、アンまん、大島饅頭(これについては一般的には分からないと思いますから後で説明したいと思います)・・・などを買い求め、饅頭をほうばりながら運転していました。
 とにかく、安く、今でも肉まん七〇円、その他六〜五〇円と言うのですから五〇〇円も出せば同乗者を含めて昼食が済ませられるのです。
 元々この県境一帯は火山灰土壌のために水田が少なく、米の取れない土地柄でした。
 このため、極端に表現すれば、戦前までは芋を食って生きて来たようなところだったのです。当然ながら八〇年代に入ってもクリスマス・ケーキなど食べられていなかったと聞きますから、饅頭と言えば、まず、第一級のご馳走でした。しかし、饅頭屋が戦前からあったわけではありません。饅頭と言えば、普通は自分の家でヨモギダゴ(特に膨らし粉を使わないもの)、石垣ダゴ(砂糖の代わりに芋の角切を一緒に入れて蒸すもの)と言ったものを作ったもので、ヨモギダゴ(特に膨らし粉を使わないもの)、石垣ダゴ(砂糖の代用で芋の角切を一緒に入れて蒸すもの)が一般的でした。その後、かなり遅れて、食料事情が良くなることによって、ようやく饅頭屋が成立するようになるのが昭和四十年代なのですが、それでも金を出して饅頭を買うことは贅沢とされましたので、村に一軒程度の店がある程度であり、外にはキャラメルやアメしか甘いものが手に入らないというのがこの辺りの常識だったのです。
 もしも、読者の皆さんで諫早湾干拓堤防を見に行く事でもあれば、佐賀の辺境の饅頭店で買って下さいませんか。
 ここも後継者がいないために、後五年ほどで閉められてしまうかも知れません。私の母がこの大浦の手前の里という小さな集落の出身であったこともあり、誰もやらなければ私が後を継ぎたいと思うこの頃です。


 No.155  20061217  プーチンとラスプーチン

 イギリスで死んだロシアの元スパイ(?)を巡って憶測が飛んでいます。イギリスのMI6やロシアのSDR(旧KGB)を巻き込んだこの暗殺の話には、チェチェン・マフィアによるテロとされ、チェチェン侵攻作戦の口実にされた、例のアパート爆破事件(ロシア人百人以上が死んだ)が、"ロシアのプーチンが自ら指揮した自国民へのやらせ的テロだった"という、まさしく国家犯罪を巡るもみ消し事件の可能性が極めて高いと言われているようです。この話には、いずれ、もっと詳しい話が出てくるでしょうから後に置くとして、ここでは憶測の飛ぶプーチン大統領とやらの話をすることにしましょう。
 ロシアの帝政末期、つまり、ロシア革命の前夜ですが、政権中枢に食い込んだ怪しげな人物がいたことを思い出してください。
 農民から修行僧になったと自称したこの男はニコライ大公夫人に取り入るなど、病気治療から多くの信者を獲得し、「神の人」とまで言われていました。
 累代のロシアの皇族には多くの血友病患者がいたことは知られていますが、大公夫人から紹介されたのでしょうが、血友病に蝕まれていた皇太子アレクセイ九世を祈祷によって治療したとして皇后アレクサンドラを誑し込み、ついには皇帝ニコライU世までも動かすに至ったこの男が有名な怪僧ラスプーチン(グレゴリー・ラスプーチン)です。
 さて、現在のロシアをプーチンがボリス・エリチィンの大統領代行として権力を握るのが二〇〇〇年三月でしたから、その後"法の独裁"などと称して、結局は自らの出身母体である秘密警察を復活させ、国家的テロを復活させた可能性が疑われているのです。
 ラスプーチンという姓はシベリア西部(チュメニ)では一般的であったために、その後、帝政崩壊に追い込んだ名を嫌い、プーチンと改姓するものが多かったと言われています。
 その真偽の程はともかくとして、ブッシュがただの劣等生であるのに対して、このプーチンが百年前のラスプーチンという話も一時期囁かれました。
 実は、スターリンの秘書もラスプーチンと言う名の人物でしたが、この男もプーチンと改姓しています。そして、その孫が現実の大統領のプーチンなのです。
 政治にはたまに怪しげな人間が付き纏うものですが、しばらく前のある国の官房副長官とテレビで脚光を浴びるインチキ女占師の関係もそうだったのかもしれません。 
 まあ、こちらの方は"プリンプリン物語"のプーチン程度の話でしょうから害悪は無いのですが、ロシアのプーチンの方は、国家犯罪に関わるものであり、ロシア革命期のチェカー、NKVD(全ロシア反革命怠業取締委員会)から発展したGPU、反革命的なスターリンのKGB(国家保安委員会)の存在を見る時、ロシアとはつくづく秘密警察なくしては成立しない国家ではないかと思うものです。


 No.154  20061217  『ドイツ農民戦争』(マルクス)とベネセラの反米政権

 マルクスに『ドイツ農民戦争』というあまり知られていない著作がありますが、それでも『選集』はもとより、青木書店などの文庫本にありますので、かつては一般的な著作であり、その筋の人ならば、当然、読むべき指定図書であったはずなのです。
 もちろん、十六世紀、バイエルンを除く全ドイツで起こった農民一揆を描いたものですが、"チューリンゲンの指導者にトーマス・ミュンツアーがいると知ってマルチン・ルッターが日和った"という逸話も残っています。まあ、ルーテル教会のお偉方がなんと言おうが、ミュンツアーが民衆と死んだ革命家であり、英雄であったのに対して、ルターは口先だけのくそ坊主でしかなかったということでしょう。こんなものを崇めている連中の気が知れないばかりです。
 この『ドイツ農民戦争』には、現在でも存続するフーター派、メノー派を始めとする多くの再洗礼派(プロテスタント急進派)のセクトが登場し、その英雄的闘争の記録を読むだけでも面白いものです。
 マルクスは当時の後進国であるドイツにおいても、農民戦争に側面支援された状況下ではプロレタリアートによる権力奪取が可能ではないかと想定していた(マルクスの「永続革命論」といわれるもので、後にトロツキーはこのエッセンスを永続革命論に発展させた)と言われているのです。
 かつて、南米はアメリカの裏庭と呼ばれ、多くの反米勢力はチリのアジェンデ政権を始めとして、何度となくCIAなどの非合法的工作(内政干渉)によって破壊させられてきました。
 「人口一千万人のチリで、一〇万人の党員を持つチリ共産党がアジェンデ政権を支え人民連合政権を樹立し、現在、社会主義を目指した平和革命が実行に移されている。日本の人口ならば、百万人の党員で同じ事が実現できる。」などととぼけた話をしていた連中がいましたが、結果は一九七三年九月に軍部のクーデターによってあっさり倒されてしまったのです。こんな事は当たり前のことであり、その必然的帰結を予測し警鐘を乱打しつつ労働者の武装を準備するのが前衛党であったはずなのですが、まずは、このような指導部では、千年経っても労働者は解放されないとしか言い様がないでしょう。
 記憶に新しいところでは、ペルーはあの日系の虐殺者アルベルト・藤森によって、セルパを先頭とするMLTA(エムエルテーアー)の英雄的ロス・ゲレロス(ゲリラの複数形)が虐殺されました。
 現在、左翼が全面的な後退を見せる中、唯一、反米の幟を上げ支持を拡大するベネセラ(ベネズエラ)のチャベスは大統領選挙に三選勝利し、より一層、反米の姿勢を鮮明にしています。このような政権が、本来、永く存続できるはずはないのであり、アメリカの非合法活動によって、とっくの昔に潰されていても決しておかしくはないのです(一九九三年に成立した十七の少数政党によるカラカス政権を引き継ぐ形で、一九九八年にチャベスが大統領に当選)。
 しかし、その権力を維持できている例外的条件を考えると、ヒズボラのレバノン、ハマスのパレスチナ、そして、アメリカが勝利できない事が鮮明になってきたイラク内戦、再度復活したタリバンのアフガニスタンと、ブッシュが中東の蟻地獄に嵌り、事実上の十字軍的敗北に陥っているためと考えられるのです。
 イスラム原理主義を持ち上げるつもりはさらさらありませんが、彼等がやっていることは古い言葉で表現すれば、"民族解放戦争"であることは間違いなく、ここ百年あまり中東を自らの利権のためだけにズタズタに引き裂いてきたのは帝国主義諸国家(イラク、シリア、レバノン、イスラエル、パレスチナ、クエート、サウジアラビア・・・と好き勝手に分割してきたのはイギリス、フランス・・・、)であったのであり、正当性がブッシュにないことだけは確かでしょう。
 ほとんど真面目に分析などしていないのですが、このように、チャベスの権力は、マルクスやトロツキーが想定した、「農民戦争」に側面支援された擬似的「労働者的政権」という意味を持っているのではないかと思うこの頃です。
 現在、日本は勇ましくも愛国心の高揚を謳いあげ、憲法改正から新たな海外派兵へと向かおうとしていますが、本音を言えば、今後ともアメリカの十字軍と共に中東に釘付けになる事を願うものです(現在は航空自衛隊による「人道援助」だけになっているようですが)。そして、できるだけ早く無邪気にはしゃぎ続ける改憲派の馬鹿さ加減が明らかになり、大恥をかき、その失敗が明ら様になることを期待するものです。馬鹿は死ななきゃ直らない。 
 さしずめ、イスラム原理主義主義者による遊牧民戦争に側面支援された反米権力の存続のためには、今後ともブッシュ十字軍が中東に釘付けになり続けて欲しいと思うものです。 
 いずれにせよ、日本の愚かな外交がどうなろうが、関心は全くありませんし、働きかけをするなど思いもよりません。アラー・アクバル!

 皆さん、今後ともアメリカの海外戦略に全面的に乗せられ、日本民族の誇りも忘れた改憲派を支持されてはいかがでしょうか?そもそも、日本はアメリカと戦ってボロ負けに負けた国家のはずなのですから。恐らくイラク戦争に敗北するのはアメリカになるでしょう。


 No.153  20061217  カロのうろん屋

 まず、博多んもん以外は分からないと思いますが、"カロのうろん屋"とは"角のうどん屋"のことです。「二里の松原と虹の松原」でR音とD音の入れ替わりの話をしましたのでこの話をしないと片手落ち(こんなものは差別語でもなんでもない)になりますが、ここでは逆にD音がR音に入れ替わっているのです。ついでに言えば、博多駅の地下街には「カロ」と言う名の和風レストランまであります。確認してはいませんが、恐らくこれも角の意味だと思います。そして、実際に地下街の角にあるのです。
 ベクトルが反対の言語現象だけに理由が分からずに困っています。もしもお分かりの方がおられればお教下さい。まさか、博多周辺には大陸系の渡来人が多く、九州の周辺部もしくは、海人族の領域にはR音を嫌う縄文的傾向が残っていると言う事でもないと思うのですが、これについてはお手上げです。本当に誰か教えてくれませんか? 携帯は09062983254です。


 No.152  20070104  航空戦艦

 臨海日記 135.「航空戦艦伊勢と柳田国男」という小論を書きましたが、"航空戦艦とは何か"という問いが舞い込みました。
 こう言って来たのが若い人ならば、仕方がないと一応は無視したのですが、私より一つ上のかなりのインテリから言われただけに、今回、一文をもって補足することにしました。かなり知られているという認識でしたが、どうもそうではなかったようです。
 想像するに、理由は航空戦艦(正式にこのような艦種があったわけではなく、あくまでも戦艦であることは言うまでもありません)が一から建造されたものではなく、改装型の艦である事、また、伊勢、日向ともにその後、目立った戦功がなかった事が原因かと思います。
 もちろん、大映の映画「海底軍艦」(古い話ですね)に登場する架空の空飛ぶ戦艦などではなく、いわば航空母艦と戦艦の合の子であり、前半分が戦艦、後ろ半分が航空母艦という異型ながら、強力な攻撃力を持った堂々たる戦艦だったのです。
 結果、終戦まで伊勢、日向の二艦が実戦に配備されましたが、激戦とは言えニ艦ともレイテ沖海戦(捷一号作戦)の囮部隊になった程度で敗戦まで生き延び、最後は米艦載機の攻撃を受けて沈没し呉港内に着底したまま占領軍を迎えることになったのでした。
 伊勢と日向は多少改装への経過が異なりますが、基本的には"扶桑"型の山城に次ぐ三番艦、四番艦であり、三六サンチ砲搭載、三万六千重量トンの堂々たる戦艦でした。
 それが、急遽、航空戦艦に改装された理由は航空母艦が不足したからに外なりません。この辺りについては正確を期すために、手元にある『日本海軍艦艇ハンドブック』多賀一史(PHP文庫)を引用することにします。

・・・昭和十七年、ミッドウエー海戦で主力航空母艦四隻を失った海軍は、緊急対策として使用頻度の低い戦艦及び一部の巡洋艦の空母改造を計画した。特に日向が砲塔爆発事故で五番砲塔が使用できない状態だったために、まず伊勢型の航空戦艦化が実行された。
 十八年八月に、改造工事は完成したが、当初予定していた搭載機瑞雲の生産が間に合わず、広い格納庫を利用して輸送任務などに就いていた。・・・

 確か航空戦艦はイギリス海軍だかフランス海軍だかに先例が一つあったと思いますが、この時、既に戦艦の時代は終わっていたのです。
 対艦巨砲主義に基づくアウトレンジ戦法は、第一次世界大戦直後ぐらいまでは確かに正しい戦法だったのですが、究極のアウトレンジ戦法である航空戦力による対艦攻撃が既に登場していたのです。 
つまり、敵の弾が到達しない距離を絶えず維持しながら、長距離砲で一方的に敵艦を叩く事は非常に理に適っていたのですが、さらにその長距離砲が全く届かない場所から航空機によって破壊力のある攻撃を行うことが可能になっていたからです。
 ところが、実質的に第一次世界大戦をパスした日本軍は、陸軍を中心に新兵器、新戦術による劣勢を精神主義で補うという傾向が顕著であり、比較的柔軟であった海軍においても既に官僚主義に腐食され、新しい時代に柔軟に適応できる組織ではなくなっていたのです。
 話は、ここまでにしますが、最後に私が少年時代にこの航空戦艦に対して持った印象を申し述べたいと思います。
 航空戦艦は、確かにカタパルトによって発艦は可能なのですが、着艦はできるのか、不便ではないのかという不安を最後まで拭えませんでした。実際、着艦はできなかったのです。
 もちろん、別に小型の空母を随伴すれば問題はなかったのかもしれません。しかし、もともと日本には兵員を大切に扱うという伝統がなく、実質的にも既に帰還率は下がる一方でしかなかったのです。それ以前に、有名な"台湾沖航空戦"の七面鳥撃ちによって大半の航空戦力を既に失い、完全な特攻の時代に踏み込んでいたのでした。最後は航空支援もつけず(宇垣纏の四航艦による非合法の航空支援が行われましたが、それだけに、大和揮下の特攻艦隊の乗員は涙したと言われています)大和を沖縄に出撃させたことは、戦艦による特攻さえも行われたのが日本だったのです。つくづくこの国とは自国民を全く大切にしない国であることが分かります。これは今も全く変わりません。


 No.151  20061210  『まぼろしの邪馬台国』

 『まぼろしの邪馬台国』(講談社)といえば、故宮崎康平氏によって書かれ、いわゆる邪馬台国ブームのさきがけとなった本ですが、著者である康平氏が執筆時点で盲目であったこともあり、妻が寄り添うように手となり目となり、記、紀を五百回も読みながら書かれたられた事によっても有名でした。
 私は昭和四二年初版のこの本を父親が読んだ後のお下がりとして高校の時に読み、大学に入って直ぐに『「邪馬台国」はなかった』古田武彦(朝日新聞社)以下の古田三部作を読んだことになります。言わば、『まぼろしの邪馬台国』は私が古代史に多少とも関わることになるきっかけになった本だったのです。その後、古田史学の会にも入り、「船越」「船越(補稿)」「馬門」などを同会の会報に書き、ホーム・ページにも「阿漕」「杵島」「兵主」、その他の関連する古代史がらみの論文を掲載しているのです。
 良く考えれば、これほど有明海や不知火海沿岸を蠢き、しかも、今年の夏には島原で行った有明海・不知火海フォーラムの開催に関与した私が、島原在住であった宮崎康平氏の自宅がどこにあるのかさえも知らなかったのですから、迂闊と言えば迂闊であり、不思議な事でもありました。
 そのような折、十二月一六日の早朝から『有明海異変』の共著者でもある編集者の米本慎一氏と長崎本線肥前鹿島駅で待ち合わせ、島原半島に向かいました。私は米本氏が仕事で宮崎康平氏の奥様に会うという話を聞きつけ、筑後川水問題研究会とその忘年会もキャンセルして、運転手を買って出たのでした。
 島原半島を反時計周りに、まず、午前中に小浜温泉を経由して口之津に向かいました。有明海の出口、早崎瀬戸のアコウ群落、瀬詰崎灯台を見るためでした。もちろん米本もこのアコウの事は知っていましたが、実際に自分の目で見るのは初めてだったのです。私はアコウ群落のある早崎集落で前回見落とした住吉神社を見てきました。
 次に、訪れたのは南島原市口之津町の歴史民俗資料館、海の資料館です。私は既に七〜八回は見せて頂いていますので、資料館の方は米本に見せるとして、その間、地元で史談会を復活させされた当館の館長から、原半島の民俗、地名などをたっぷりとご教授して頂きました。
 その後、十二時には失礼して島原市に向かいましたが、昼食は古川定跡により、当然ながら須川のソウメンになります。いつもながら島原ソウメンは旨いものだと思いますが、ダムのない島原半島では上水の大半が湧き水である事も一因なのでしょう。
 約束は昼の一時半でしたが、宮崎大学医学部の某教授と島原鉄道の島原駅で待ち合わせ、三人で宮崎邸に向かいました。ここから先は私がお話する内容ではありませんので割愛させて頂きますが、私は唯の随行者として、宮崎康平氏がどのようなところで執筆されたのかを見たいだけの思いで付いてきたわけです。
 もちろん、古田史学は九州王朝論であり、大和一元史観とは異なりますし、当然ながら『まぼろしの邪馬台国』に書かれた内容とは、立場を異にする事は言うまでもありません。しかし、この本は自分の古代史への興味の水門を開くきっかけとなったものであり、非常に感慨深いものでした。奥様からサインを頂いたことは言うまでもありません。
 幸いお許しを得ましたので、書斎と執筆に使われた『古事記』『日本書紀』などを見せて頂くことができました。古代史に関わる人間としてはこの上もない光栄な事でした。
 帰りには某水産会社の従業員用の保養設備としてスタートして一般にまで開放された島原半島一、二、三位を争う良泉、有玉(ユウギョク)温泉に米本と入り帰路に着きました。都合、二五〇キロを走破し、充実した一日になった事は言うまでもありません。