デイリー・ブレッティン NO.3

 

200

暖冬を「CO2温暖化」のせいにした時流に乗る連中

20070419

199

暖い冬から寒い春へ

20070419

198

「そこまで言って委員会」と「CO2地球温暖化論」

20070419

197

将棋三昧、温泉三昧

20070412

196

65期将棋名人戦(山口県長門湯本温泉)

20070412

 

 

 

 

 

 

 

200. 暖冬を「CO2温暖化」のせいにした時流に乗る連中

 

186.槌田敦教授の面授なり において、鹿児島大学で行われた物理学会(春季大
会)で講演された教授とお会いした事を書きましたが、先生との話の中で、「CO

球温暖化論」というデマが沈静化するには、現実に寒冷化が起こることが一番で、実
際に彼らの頭で説明のできない事態が長期にわたって継続すること以外にはない・・・」
といったことを話していました。エルニーニョの終焉が起こったことによって普通の
年の寒の戻りが、暖冬との対比からかなり大きな衝撃を与えていることは事実のよう
です。事実こそは百万言よりも明らかに雄弁であることが良く分かる思いがしています
。時流に乗って「CO
地球温暖化論」に身を委ねた方々も、そろそろ、逃げ道を創り
、言い訳を準備しておかれた方が良いのではないかと心配したくなってきました。

199  暖い冬から寒い春へ

 

 二月までの暖冬が嘘のように三月半ばから急に寒くなりました。実際、コタツに入
る日が続いています。

ついに、四月の十七日阿蘇山頂は二八センチの積雪が観測されるしまつです。四月
に阿蘇で雪が観測されたのは十年ぶりだそうですが、それは降雪の観測であるはずで
、二八センチの積雪となると恐らく数十年といった単位の話しになることは間違いが
ないでしょう。 

間の抜けたCO2温暖論者によれば、これも「温暖化で大量の水蒸気があるから
ちょっと寒ければ大きな積雪になるのだ」などといった愚かな反論をするのかもしれ
ませんが、二月までの暖冬をCO2の増加による地球温暖化とはしゃいでいた自分の
頭で物事を考えられない連中は文字通り冷水を掛けられたことでしょう。この急激な
春寒(ハルザム)は、どう考えてもエルニーニョの終焉(三月九日にエルニーニョは
終わっていたのです)によって本来の気候に回帰したことが原因に思えます。

 

198. 「そこまで言って委員会」と「CO2地球温暖化論」

 

四月の上旬でしたか、テレビをつけっぱなしで原稿を書いていると、趣味じゃあり
ませんが、やしきたかじんの「たかじんのそこまで言って委員会」に前名古屋大学大
学院の武田邦彦教授が登場し、「北極の氷が溶けても海面は全く上がらない」「南極の
氷が溶けても海面はむしろ下がる」「CO
による温室効果は半分程度でたいした事は
ない・・・」といった持論を展開しました。当然ながら、評論家の宮崎哲也氏を始めとす
る多くの論者から驚きの声が上がった訳ですが、まず、「北極の氷が溶けても海面は全
く上がらない」については、コップに擦り切りの氷水の氷が溶けても零れないことで
も分かるように、海に浮かんだ氷塊が溶けようが海水面が上がらないことは自明です
。宮崎哲也氏ぐらいになればその程度のことは常識であり違和感はなかったようですが
、いずれにせよ、「CO
地球温暖化論」というデマが横行している中で多少ともまと
もな意見が聴けた一瞬ではあった訳です。

槌田敦教授、近藤邦明氏といったCO2温暖化否定論者と武田邦彦教授の立場とは、
かなり異なっているはずですが、私たちも愚かな「CO2地球温暖化論」を暴露す
るキャンペーンを今後も継続したいと思っています。

 

197. 将棋三昧、温泉三昧

 

大盤解説会には中村修八段(元王将)、木村一基九段(前竜王戦挑戦者)、藤井猛九
段(元竜王):NHK側解説者という豪華な顔ぶれが繰返し登場します。しかし、休憩
時間はあるものです、長門湯本に来て温泉に入らない手はありません。当然、白木屋
グランド・ホテルの温泉には直ちに入りましたが、その外にも二つの共同浴場があり
ます。恩湯(オントウ)、礼湯(レイトウ)があります。

とりあえず、新装なった礼湯に入りに出かけました。以前、一度、入っていますが

、この時は、まだ、昔の建物が残っていました。改装は小規模だったようで、昔の
雰囲気を残していました。恩湯は良く知られていますが、こちらは、ほとんど一般に
は知られていません。場所は白木屋グランド・ホテルの前身、白木屋旅館(閉館中)
の横の狭い路地を少し登ったところです。結局、敷地の面積に制約されて単なる小規
模な改装に留まったのでしょう。

翌朝、早く起きて本命の恩湯に入りに行きましたがこちらは昔のままです。

礼湯は加温されていますが、恩湯は未だに浴槽は源泉掛け流しが保たれています。

まずは、俵山温泉(川ん湯、町ん湯)と並ぶ名湯と言えるでしょう。

概して山陰の共同浴場は深いものが多いのですが、その中でもここは最も深い部類
に入ります。この理由は簡単です。泉温が四〇度とギリギリに近く、できるだけ深く
、肩までお湯に浸かり、温もって入ろうとしたからです。近年、子供や老人への配
慮(責任逃れ)のためか、概して浅い浴槽を造ろうとする傾向が認められますが、この
恩湯は、皆が共同で助け合いながら入っていた文化の名残を今に残すものと言えそう
です。

結局、長門湯本温泉は四湯しか入りませんでしたが、大谷山荘、ホテル西京、六角
堂旅館、田村旅館、ホテル沈水・・・と名旅館、名ホテルが数多くあります。ただ、その
多くから客足が退いていることが気がかりです。今後、竹中平蔵によって極限にまで
下げられた国民の所得が文化にまで及んで行くことは確実です。

観戦の翌日、朝食を食べて早々に出立しました。ニ日休みを取っているため、慌て
て帰る必要はありません。青海島に面する長門の仙崎港を周り、一路、西に向かいま
した。青海島、阿川、特牛、角島と地名の取材も兼ねた旅になりました。

 

196.  65期将棋名人戦(山口県長門湯本温泉)

 

仕事に一段落が着いたこともあり、平日に二日の休みを取って毎日新聞社主催、大
和証券グループ協催、第65期将棋名人戦(山口県長門湯本温泉)に出かけました。同
行者はいつものとおり、柳川の植木屋のあんちゃんです。対局場は日本海側、長門市
の長門湯本温泉、白木屋(シロキヤ)グランド・ホテルです。

五時起きで六時半に東背振インター入口で待ち合わせ、下関と山口の中間地点、美
祢西インターまで、たった一時間半という信じられないような早いペースで到着し(
実のところ、この柳川のあんちゃんがこれほどの飛ばし屋とは思いもよりませんで
した。)、この美祢からは三〇分足らずで湯本温泉に到着しますので、九時前には会場
に入り、前列二番目の席を確保することができました。

肝心の対局ですが、今季、森内俊之(36)名人に挑戦するのは郷田真隆(36)九段
です。今回は七番勝負の第一局ですから全体の流れを左右する重要な一局です。島
研(島朗研究会)メンバー羽生、佐藤、森内によるタイトル独占を見たい気もしますが
、今回は久々に郷田九段にタイトルを取ってもらい気持ちもします。

このため、今回は郷田を応援していましたが、郷田先手の相穴熊になり、十一時を
回って、ようやく細い攻めを繋いだ郷田九段が勝利を得ました。

ただ、熱戦のためか、この対局には多少のエピソードが伝えられました。決して場
外戦とか番外作戦とかいったものではなく、両者の気迫がぶつかり、ついには零れて
しまったものと想像されるのですが、一日目の対局において、扇子の音を巡ってトラ
ブルが生じ、対局が三〇分程中断したのです。

 

扇子の音巡り中断

 

森内が24手目を考慮中の午後3時20分ごろ、森内はそれまで盤をはさんで聞え
てくる郷田の扇子の音が気になっていたようで、自分の考慮中には音を立てない
よう要望した。約10分後に郷田が、音は無意識のうちに立っているもので、意識
的に立てているものではない旨を説明したいとして、対局が中断した。

立会の中村修八段と副立会の木村一基九段らが協議し、郷田に相手の考慮中に
は扇子の音に配慮するよう要望して両者は納得、約30分の中断の後に午後4時、
対局が再開された。・・・

毎日新聞(二〇〇七年四月十一日付け)

 

木村、大山、升田時代ならばいざ知らず、新人類と言われた55年組(昭和五五年
四段昇段組)以降の若いタイトル保持者達にはこのような話は全くなかっただけに、
ましてや、それよりもさらに若い羽生世代(島研)には想像もつかない話でした。

しかし、この気迫のおかげで、熱戦が見られた訳ですからファンには応えられない
満足がもたらされたと言えるのかもしれません。

 

私たちも九時から十一時まで、十四時間の観戦となった訳です。両対局者とも実際
ご苦労様でした。私も永い間、名人戦を見ていますが、過去、これほどギリギリの勝
負を見たことがありません。実に素晴らしい一局でした。

くたくたになってホテルに戻ったのが十一時半でしたが、温泉に入り、衛星放送の
ダイジェストを見て午後一時には早々に眠りこけてしまいました。

翌朝、再度、白木屋に行くと、玄関先に毎日新聞のスタッフがおられ、お話をお聞
きすると、観想戦は延々と一時半近くまで行われ、その後、打ち上げが終わったのは
朝の四時頃だったそうです。いずれにせよ、本当に将棋がお好きなのです。

第二局は鳥取県で行われるとか、時間と金さえあれば飛んで行きたいところですが、
そうも行かないでしょう。

今回は藤井猛九段から手持ちの『藤井システム』にサインをして頂き凱旋気分でし
た。