デイリー・ブレッティン NO.3

 

195

アサリ堀り、メバル釣りの季節

20070410

194

花見でもう一題、気象庁の倒錯した謝罪会見

20070410

193

『鶴万寺』

20070409

192

八代河童共和国大統領の恐るべき実力

20070408

191

砂に埋められた英会話教師

20070402

 

 

 

 

 

 

 

195. アサリ堀り、メバル釣りの季節

 

暮れから正月にかけて牡蠣採りに出かけていましたが、牡蠣が終わりアサリのシー
ズンになってきましたので、このところ職場の同僚であるアデランスK氏と何度かア
サリを採るために磯に通っています。場所は伊万里湾ですから、職場から一時間足ら
ずで着きますので昼食を済ませて出発すれば十分です。潮を見計らって午後二時か
ら四時まで二時間程度で、2リットル入る鍋に半分ほどのアサリを採ることができます。

牡蠣を食べアサリを食べ自然の恵みに感謝するばかりですが、次は、平戸にメバル
を釣りに行こうと話し合っています。メバルとワカメは確実に確保できますので、メ
バルの煮付けにワカメの味噌汁でまた満足できそうです。

気象庁は、桜の花(ソメイヨシノ)の開花予想を最大9日とという大幅な訂正
をした。となると、各地のサクラビジネスも予定変更である。その泣き笑いを見た。

 

こんな記事が『読売ウイークリー』に踊ったのは四月の頭(200741)でしたが、

 

気象庁がこんな間違いをしたのは、プログラムに不具合があったから。気づか
ないまま3月7日に1回目の開花予想を発表し、毎週水曜日の更新に向け、再計
算作業をしていた時に見つかって14日の訂正なった。1回目の予想は、東京など
4地点で3〜9日早くなっていたという。

 

同じく『読売ウイークリー』(200741

 

 そもそも、気象庁は観測結果だけを伝えれば良いのであって、「天気予防」ができる
のならばいざしらず、当りもしない予想などする必要はないのだし、ましてや長期予
報などそもそも期待する方がどうかしていると考えてしまいます。

 天気予報が必要となったのは、キスカ島撤退といった軍事行動(上陸作戦、撤収作
戦、爆撃、奇襲作戦・・・)であった訳ですが、平時といえども、一週間後の天候、天気
が全く当らないのであって、「ここだけの話ですが、気象台の職員の家族のソフト・ボ
ール大会が雨で流れて、その事実がひた隠しにされている・・・」といった笑い話が笑い
話で済む程度のものなのです。

 大まかに言って、晴れの日は全体の3分の2はあるのであって、仮に、“毎日晴れ”
と予想しても3分の2(66%)は当るものなのです。

 ましてや、桜の開花が遅れたからといって雁首揃えてお詫びするなど愚かとしか言
い様がないではありませんか。

 “プログラムに不具合が生じていた”は言い訳に過ぎず、プログラムに不具合が無
かったとしても当るかどうか分かりやしない代物のです。一ヶ月にも満たない開花予
測さえも当らないのに、そもそも天文学的に変数の多い気象予報などできる訳がない
のであって、それ以上にCO2地球温暖化論による三十年後の地球の平均気温が予測
できるなどといったペテンはいい加減にしてもらいたいものです。

 気象予報士の制度も予報業務の独占による天下り先の確保が目的でしかないので
あって、開花予想が外れたからと謝罪会見を行うのも、予想ができるとして膨大な予
算を獲得しているからでしかないのです。

 まあ、CO2地球温暖化論者が大ペテン師とすれば、不必要な開花予想が外れたと
頭を下げるのはかわいいものと言うべきものでしょう。

 

193. 『鶴万寺』

 

佐賀では花見のシーズンは終わりました。これから後は葉桜に変わります。エルニ
ーニョの終焉と同時に始まった三月、四月の花冷え(暖冬はエルニーニョが原因でC
温暖化とは一切無関係であることがそれなりに露呈した感があります)と、土日
の天候不順などからあまり花見で浮かれるという向きもなかったように思います。

さて、落語で花見と言えば、『長屋の花見』がまずは定番ですが、私なら『百年目』
か『鶴万寺』となるでしょう。という訳でこのところ桂文楽の『鶴万寺』をしょっち
ゅう聴いていました。

故、八代目桂文楽とは言うまでもなく円生、志ん生と並ぶ昭和の大名人です。『富
久』『寝床』『船徳』『よかちょろ』『明烏』・・・といったところが有名ですが、得意の噺
の一つにこの『鶴万寺』があるのです。これは花見の噺と言えば言えますが、幇間噺
とでも言うべきものかも知れません。

内容は花見の名所の鶴万寺に出かけた一行が、寺男に初め百文つかませ花見を許し
てもらい、後に一朱つかませたが、勧められた酒で酔いつぶれ、花見をさせないとし
た僧正が帰ってきて叱られるといった噺です。僧正が歌詠みならば庭を荒らさないか
ら良いとしていたので、それを言い訳にするのだが、それが小野小町の歌で、花の色
は移りにけりな・・・というので僧正が百人一首じゃないか言うと、つかまされた百文と
一朱がばれてしまうという落ちに掛けてあるのです。

この八代目文楽の噺は、表現、言葉、話方が難しく、実のところ、面白いからでは
なく、なかなか分からないので何度も何度も聴いていたのです。

噺の内容はシンプルなのですが、表現が難しく繰返し聴かないと頭に入ってこない
のです。ここには何か大きな世代以上の時代のギャップといったものの存在を感じる
のですが、一九七一年に八十で亡くなった人物とは六十年以上の開きがあるのですから
、私が自分の祖父を理解できなかったという事と同じなのかも知れません。

 

192. 八代河童共和国大統領の恐るべき実力

 

二月十一日、自宅で原稿を書いていると、突然、ブラウン管(うちは液晶ではない
ので)に八代河童共和国大統領の田辺さんが出てきました。これは、RKBテレビの
特番『味わいぶらり旅』(JR九州提供)でしたが、シーナ・アンド・ロケッツの鮎川
誠とシーナが旅人として河童ゆかりの里を訪問するというものでした。

放映されていることを知って、私は特別補佐官ですので、直ちに大統領に通報させ
て頂きましたが、ご本人は、SandRはもとより、放映されることもうっかりされていた
ようですが、名誉大統領の福田先生や「河童渡来の碑」も登場するなど興味深いもので
した。

シーナ・アンド・ロケッツは全共闘運動、七〇年安保闘争華やかなりし頃、九州
大学のキャンパスから颯爽と東京に駆け上った強力なキャンパス・バンドでした。

我々にとっては、まずは憬れの存在でしたが、博多んもんにとっては知事選でも市
長選にでも担ぎ出せるスターなのです。

 

ロックとは、『今日どげん最高に生きるか』ちゅうこと。

 

私はストーンズを筆頭に洋物ロックのファンで(国産バンドでは、ブランキー・
ジェット・シティー)、LPで千枚程度の中途半端なファンでしかありませんが、筋金
入りのローッカーにはついつい反応してしまいます。前もって知っていれば

大統領にサインでも頼んでおけば良かったと思った次第です。

 鮎川誠が久留米出身者であることは知っていましたが、まさか、本人も河童族ミュ
ージシャンであったとは全く知りませんでした。ともあれ大統領の実力に改めて驚い
たものでした。

 

シーナ・アンド・ロケッツ:メモ

ブルース・ロック・バンドの先駆

サンハウス解散後七七年に結成

代表アルバムRokket Factory代表曲『涙のハイウエー』『ユー・メイ・ドリーム』

 

大統領のプロフィールについてはいずれ纏めて書かせて頂きます。

 

191           砂に埋められた英会話教師

 

リンゼイ・アンフォーカーという英国女性(英会話講師)が医者の息子に殺され、
砂に埋められ、容疑者は裸足で逃走中・・・といった話が飛び交っていますが、私が興味
を持つったのは、被害者のその父親の発言でした。さすがは紳士の国、大英帝国の人
であり、親としての責任は棚に上げたまま、学校や教育委員会(もちろん、今時、校
長になろうとするような人間にろくな奴はいないでしょうが)の責任を喚いた福岡の
馬鹿親のような態度でなかった事は論を待ちません。特に娘を送り出す際に、「日本は
安全で信頼できる社会だから喜んで送った」と言っておられた事が印象的でした。日
本も少なくとも凡そ二十年前までは何とかそのように言えたように思えるのですが、
五年前のルーシー・ブラックマン事件もありますから、恐らくお父さんの理解はその
時代のものであったのではないかと考えざるを得ないのです。

このことについて、直ぐに私の頭に浮かんだ事は、数年前に亡くなられた近代経済
学(理論経済学:名大)の飯田経夫先生の書いておられた事です。飯田先生の著書は
数多く出されていますが、私が読んだのは『「豊かさ」とは何か』『「豊かさ」のあとに
』『アメリカの言いなりは、もうやめよ』『日本の反省』『経済学の終わり』『人間にと
って経済とは何か』・・・といったところでした。

今、この全部を手元に持っていないので不正確にはなりますが、飯田教授は二十五
年前のバブル崩壊前の日本を前提に日本は既に十分に豊かで、これ以上無理して満た
された腹に物を押し込む必要はないと書いておられました。また、亡くなられる直
前に出版された『人間にとって経済とは何か』(二〇〇二年六月二八日)においてさえ、

 

しかし、そうした不況のニュースを聞くたびに私が思うのは、「それにしては、
世の中が(すさ)でいないな」ということである。・・・(中略)・・・しかし、ごく常識
的に見て、日本の社会はまことに平和で、「不思議なほど荒れていない」といっ
ていいのではないだろうか。その「平和さ」ないし、「事件のなさ」は、私の考え
では基本的には日本の「豊かさ」による。

 

とされていました。

 さすがに、ここまでくると多少ついて行けないとも思えますが、それ以上にアメリ
カの惨状が凄まじいと言うのが飯田教授の考えなだったのかも知れません。

飯田教授の頭にあったのは、もちろん、教育水準が低下し、ホームレス、ギャング、
ジャンキーが跋扈し、日本の百倍もの殺人事件が起こるアメリカ社会の崩壊でした。  

私が二十年前に遅れて『「豊かさ」とは何か』(一九八〇年刊行のこの本が一番売れ
たようです)を読んだ時は確かにそう思えたのですが、その時も、それは永遠にそう
なのか、それとも資本主義の行き着く先はきっとアメリカの様な社会になるのか(つ
まりアメリカ流のフォーディズムが数十年遅れて始まった日本も大量消費社会の爆発
によって同様の現象が数十年遅れてやってくるのか・・・)?という疑問を持っていました。

アンフォーカーさんが信頼した日本社会の規律、安全性は失われたか、既に無いと
言うべきか、はたまた、それでも、まだ、日本はましな社会と考えるかは私自身とし
ても、なお、決着がついていません。

もしも、日本もアメリカに遅れること数十年にして、社会の崩壊が大規模に始まっ
たとすれば、その原因は、中曽根行革に始まったマネタリスト、サプライサイダーの
台頭(重用)の延長上にある小泉、竹中の弱肉強食という気が狂ったとしか思えない
愚かな政策に求めるべきでしょう。米国ハバードのエピゴーネンを追放せよ!