デイリー・ブレッティン

NO 3

176

天満天神繁昌亭の感動(繁昌亭のイ)

20070303

177

三枝−松枝二人会  (繁昌亭のロ)

20070303

178

○六艇から○四艇へ

20070306

179

編集作業の分離

20070306

180

「熊本地名研究会」への加入

20070307

 

 

 

 

 

 

 

176. 天満天神繁昌亭の感動(繁昌亭のイ)

 

日時までは申し上げませんが、最近、仕事で大阪に行きました。私は極力飛行機には乗らないことにしています。しかし、佐賀に全く不必要な飛行場を造った事の延長上に、その存続のための見せ掛けの実績を上げるとして人為的な需要を創り、最近胴体着陸した例のカナダ製の中距離機によるトンボ返り出張が強制されるのです。 

つまり、くだらない箱物のために無価値な展覧会が行われているのと同じことが起きているのです。

このため、朝五時起きで列車に乗り、九時頃の飛行機で佐賀空港を出立し、翌日は伊丹空港から朝七時二五分で帰って仕事をするというハード・スケジュールになってしまいました。翌日も朝六時五分梅田発の空港バスに乗らなければならず、またもや五時起きになる始末です。実際、人権無視も甚だしく、公務員が気楽な商売などとは、まずはとんでもない話と思うばかりです。

それは兎も角として、ようやく仕事を終えて内環状で梅田に戻る道すがら、「大阪の天神さんに参ろう」との同行した上司の提案もあり、天満で降りて、天満の天神さんに向かいました。日本最大の商店街を二十分も歩くと、早くも“天神さん”です。私は二度目になるのですが、無神論者(唯物論者)であるために、菅原の道真公といえども(道真の恨み呪いを恐れた藤原氏が悪行を安心して続けられるために全国に祀らせたものこそこの天神様なのです)参拝などは一切しませんが、既に夕方五時を回っていました。

ここまで来ると、“天神さん”(“天神はん”ですかね)のそばにある天満天神“繁昌亭”を無視する訳には行きません。実は上司も本当は「繁昌亭に行ってみたい」と言っていたのでした。

繁昌亭の前まで来ると、結構な人だかりでした。話を聴くと、桂三枝師匠と笑福亭松枝(ショウフクテイショウシ)師匠の二人会が六時半から行われると言うのです。一時間もすれば本物の寄席で生の落語を聴けるのですから、これを逃す手はありません。

既に、前売り券は完売状態で、人だかりとは補助椅子席の立見券を手に入れるための順番待ちで並んでいるというものだったのです。ともあれ、三五〇〇円也の入場券を買うために十数人人ほどの行列に並んだ訳ですが、直ぐに“なんしてんねん?立ってんねん。立ってなんしてんねん?立ってー立ってんねん。”という「胴乱の幸助」ほかに登場する上方落語の名台詞を思い出しました。ただ、ウカットして「胴乱の幸助」の題名が出てこないでいると、二人前に並んでいた四十代の美人が振り向いて「胴乱の幸助ですよ」と教えてくれたのには参りました。さすがは大阪だと納得も得心もした(これも上方落語風の表現ですね・・・)ところです。まさに、“立ってー立ってんねん。”を地でいった訳です。なんとか入場札を買いもとめることができると、まだ、かなりの時間が残っていました。仕事がうまく行かなかった事もあり、大阪ですから関東炊き(もちろん“おでん”のことです)やらメンチカツ(関東はミンチカツですが)を貰って、上司とビールで乾杯した次第です。江戸落語ならば、さしずめ“ペイイチ引っ掛け”繁昌亭に入ることになったのです。

中に入ると、オープンして間もない真新しい高座があるというそのことだけで感動したものです。巷では吐き気を催すような妙な漫才ブームだとかで、実に日本文化の危機を感じているのですが(およそ漫才など芸じゃない)、実際には、もう、手遅れでしょう。どもあれ、繁昌亭の存在は実に喜ばしい限りです。

さて、言うまでもなく、ここ、天満は熊野街道の出立地として馳せた土地でした。平安中期から鎌倉期まで“蟻の熊野詣”と呼ばれる熊野三山への参詣現象が存在したと言われますが、江戸期においても、上方落語の「三十石」などに登場する三十石船はこの天満から京都に上ったのですし、逆に、京都から同じく三十石で下りこの地から熊野詣に出立したのです。

淀川は、そもそも、この地を流れていました(もちろん今もそうですが)。新大阪駅と大阪駅(梅田)の間に流れる新淀川は新たに開削された放水路でしかなく、本来の河道はここであり、大阪城の西に位置するこの地こそ瀬戸内海に窓を開いた水郷大阪の中心だったのです。また、この天満の周辺には上方落語に登場する多くの地名も残っているのです。

▲ 天満天神繁昌亭(携帯で撮影しています)

 

177. 三枝−松枝二人会(繁昌亭のロ)

 

さて、二人会は盛況でした。もちろん二百席ほどの小小屋、小寄席ですが、これが落語の実態であり実力なのでしょう。もっとも、落語を三千人も入る大ホールで聴いても一向に面白いものではないでしょうし、実際にはこの程度が最良でしょう。

しかし、三枝師匠のネーム・バリュウーはさすがと言うべきで、まずは満席の大入りでした。

さて、出し物です。

 

三枝・松枝二人会

笑福亭松五

笑福亭松枝   「袈裟御前」

桂 三枝    「良心」

〜仲入〜

桂 三若

笑福亭松枝   「三枚起請」

桂 三枝    「くもんもん式学習塾」

                        三味線・・花登益子

 

上方落語で良く登場する横町の甚平さんの“つーるっ”の小話などといった前座の二題は別として、三枝師匠は相変わらず、古典落語ではないという意味の新作落語(創作落語)です。

特に「くもんもん式学習塾」は、三枝師匠の十八番というところですが、ラジオ、テレビにも使われる人気の出し物です。普通は短縮されているのですが、今回は長話をたっぷり聴くことができました。細かいバリエーションまで全て聴け、実に興味深いものでした。

古い話になりますが、江戸落語の三遊亭円朝(三遊亭は昔は山遊亭だったのですが、これで良いのですかね?)は噺が旨かっただけではなく、噺を創ることが出来たという意味での名人だったと言われますが(司馬遼太郎も言っていましたね)、まさに三枝師匠とは、そのような存在にさえ思えてくるものです。

実際、CD版三枝全集が全て新作で百二十題近くあるのですから、まさしく平成の円生百席と呼ぶべきでしょう。私もCD版で円生全集、志ん生全集、桂米朝全集、桂紫雀全集を持っていますが、次に買うとすれば、江戸落語なら、柳家小三治、上方落語なら桂三枝となります。ただ、全集を一本買うとなると二十万円近くになりますので、徐々に揃えたいと思っています。

笑福亭松枝師匠の「三枚起請」は典型的な古典落語で、落語ファンの中では知られていますが、まあ、一般には分かり難い噺でしょう。既に赤線廃止から半世紀近く経っている訳ですから、今時、茶屋噺(江戸落語では廓噺、上方落語では茶屋噺とされます)が受けないのは当然としか言い様がありません。この点は松枝師匠も十分承知のはずで、前話のアドリブを聴かせる型で楽しませるという演出をされていたようです。

松枝師匠は最近「ため息坂口笛坂」当世落語家事情(弘文出版)という好著を出されていますので、繁昌亭で買おうとしたら売っていないとのテイタラク。残念な限りでした。直接、松枝師匠にお話してお願いしたのですが、ないとの事で、まずは残念でした。

現在、米朝師匠は健在なものの、既に軍歴(満州)のある齢八十を越える大御所ですから、笑福亭松鶴、桂小南が去り、桂 紫雀の自殺と・・・上方落語は存続の危機を迎えています。その中で唯一これを支えているものこそ、桂三枝師匠なのかも知れません。後は笑福亭鶴瓶、古いところで、桂春団治(もう引退されていることでしょう)と良いところが全て高齢化している中で、後を継ぐべきスターの登場が待たれるところです。小米朝が父親以上なら素晴らしいのですが、落語の場合は名人の子が必ずしも名人になるとは限らないのです。なぜなら、落語は実力勝負、歌舞伎のように全体で支えて相続するという“ごまかし”が全く利かないからです。

江戸落語も同様です。落語家ブーム(落語ブームではない)でバラエティーに落語家は登場するものの、決して落語が流行っている訳ではなく、日本文化が消えつつあるという思いを消せません。個人的にも、江戸落語では円楽、談志が嫌いなために小三治しか期待できず、落語はやはり古いところという思いで、いつも全集を聴き続けているところです。

小小屋の良さは、打ち出しで三枝、松枝の両師匠揃い踏みで見送りをして頂けることです。厚かましくも同行の上司は三枝師匠と握手したようですが、私は怖れ多くてとてもそのようなことは出来ません。ただ、売れない噺家に光を当てるのが古川定跡(将棋は定石ではない)であり、笑福亭松枝師匠の噺の旨さには実に感服した次第です。このような立派な噺家が売れないのは受け手の方に問題がある訳で、文化の貧困と言うべきで、残念な限りです。一刻も早く愚かしい漫才ブームが早く消えてしまって欲しいと思うばかりです。

 

178. ○六艇から○四艇へ

 

かつて、「有明臨海日記」41.“板垣征四郎の部下”を書きましたが、これまた仕事で知り合った軍隊経験者の話です。

もう、八十を越える柔和な顔をしたお爺さんですが、なにやら美濃部元東京都知事のような風貌の方です。ここでは仮に美濃部さんとしておきますが、まだ、足腰もしっかりしておられ、頭も明晰でしたので、まずは、あのような歳の取り方をしたいと思うような方でした。あまりにも明るくお元気なために、まさか、軍歴をお持ちなどとは思いもしませんでしたが、お話しを始めると、どうやら予科練のようで、しかも、回天から震洋へという文字通り特攻隊の生残りだったのです。

高齢化社会ですから、まだ、実際の軍隊経験者が生きておいでになるのですが、海軍となると少なく、しかも、特攻隊となると非常に少ないために、今回、取上げたくなったものです。

海軍の飛行予科練習生も敗戦間際になると登乗する機そのものが不足し、回天、震洋といった海の特攻部隊へと転属される者が増えたと言われますが、この美濃部さんはまさしくそのような典型であった訳です。

海軍はマリアナ沖海戦でボロ負け状態になると、特攻兵器による作戦に重点を置くようになり(いわゆる全軍特攻)ます。○一から○九まで、多くの特殊特攻兵器を開発するに至りますが、回天もその一つでした。回天は開発名で○六(マルロク)と呼ばれ、一般にも良く知られていますが、簡単に言うと、人間が魚雷に乗って体当たりすると言うとんでもない兵器でした。

当初、回天の訓練基地は山口県の周南市沖の大津島にありましたが、手狭になったため、山口県の光、平生、さらに、大分県の国東半島は日出町に近い大神などに展開されます。この美濃部爺さんも、実際に大津島から光さらに大神に移られたようで、特攻の拡大と共に青春時代を過ごされたことになります。

 一般的に、回天の基地としては徳山湾の光、大津島などが有名で、海軍工廠もありましたし、現在でも訓練基地の残骸が残っている事でも有名です。

最近、公開された「出口のない海」でもこの辺りの風景が撮影に使われた事でしょう。私はあまりにも酷い兵器であるために見る気持ちにはなりません。子供の頃には、“人間魚雷回天”“海軍兵学校物語あゝ江田島”“南太平洋波高し”・・・といったところを見て、何度もうんざりしていますので、いかに日本軍が負け、右翼が恥をかく事を無上の喜びとするのが古川定跡としても、今さら見る気持ちにはなりません。

 その後、この美濃部さんは震洋艇の訓練基地に移られます。特攻兵器○四艇です。

 この背景には戦局の一層の悪化があったと考えられます。既に回天を送り出すにも、搭載する潜水艦そのものが不足し、板倉光馬氏の一連の潜水艦関係の戦記(『どん亀艦長青春記』『あゝ伊号潜水艦』・・・ほか多数)などを読むと良く分かるのですが、潜水艦隊は、戦闘よりも延びきった補給路の中でせっせと○通(物資輸送)をやっていたというのが実態で、回天を搭載できる大型潜水艦も少なくなり、総数百五十基程度が出撃したとされているようです。その後のアメリカ軍の進撃が早く本土からの米艦艇への直接攻撃に方針が転向され、さらに安上がりで安直な兵器に重点が移っていったと考えるのですが、的をえているかどうかは分かりません。

 回天に比較して〇四艇の方はなぜか知られていません。〇六が金属製で一.五トンもの爆薬を搭載した高性能魚雷(九三式酸素魚雷)の転用兵器であることに対して、〇四がベニヤ張りのというモーター・ボートにトヨタの使い古しエンジンを載せ、二五〇キロ爆弾を積んで突っ込むというヤクザの出入りのような乱暴なものであったために、それほど格好の良いものではなく、その情熱や犠牲的精神に比し、ほとんど取上げられなかったのではないかと思っているところです。

さて、長崎県の内海である大村湾の北岸に川棚町がありますが、瀬戸内海と同じような穏やかな海が今も静かに広がっています。

 当時、この川棚町の大崎半島周辺には三菱長崎造船所の分工場が造られ、魚雷の発射実験などが行われていましたが、その後、魚雷艇訓練所が置かれ、実質的には震洋艇の訓練基地に変貌して行きます(何か見てきたような事を書いていますが、二十年前まで、私も全く知らずに釣りをしていた場所でした)。

 私は近い事もあって、この魚雷の発射実験場辺りに何度かチヌ釣り、キス釣りに行ったり、潜ってチヌを銛で衝いたりしていた事がありますが、現在でもレンガ造りやコンクリート製の基地の残骸がかなり残っています。当時、まだ、この施設が何であったのかを全く知りませんでした。その後、幾つかの本を読んで知るようになりましたが、島尾敏雄による「魚雷艇学生」を読むと、身近な川棚の訓練場の事が書かれており、多少は調べてみるようになった程度でした。

 この本はどちらかと言うと文学作品と言うべきもので、戦記、戦史しか読まない私としては例外中の例外の部類に入ります。島尾さんも九大から震洋隊に引っ張られた方だったようです。

 私は、今まで予科練から震洋隊に配属されたという方に三人ほどお会いした事があります。一度は平戸の岸壁でキス釣りをしている時でしたが、車でアジ釣りにこられていた方と話していると○四艇の訓練生であったと聞いた事があります。もう一人は、佐賀県の鹿島市の方でしたが、長崎県の大村の海軍航空隊で訓練用の“赤とんぼ”に乗り、その後、○四艇の訓練を受けている途中で敗戦になったとのことでした。

 ○四艇は二、三ヶ月の訓練で実戦配備されていますので、かなりの人が川棚で訓練を受けたのではないかと思います。そして、回天に十倍する犠牲を出したのでした。もちろん大半は輸送中の海没や事故であり、戦闘による死亡は実際には非常に少なかったのです。

 

179. 編集作業の分離

 

 現在、「環境問題を考える」のサブ・サイトとしてスタートした「有明海・諌早湾干拓リポート」の編集移管に向けた作業を行っています。かなり大きなものになった事もあり、近藤邦明氏の作業を軽減するためのものです。

また、今後、HP管理者にはCO2地球温暖化論者との苛烈な闘いに全力を傾倒して頂く必要があるからでもあります。

 もちろん、アクセスについては従来とほぼ同様の形を取り、HP自体を分離する訳ではありません。この三年間で、環境問題に対する姿勢、編集方針に対する相互理解、信頼関係が確立したからですが、今後、「有明海・諌早湾干拓リポート」、「有明臨海日記」については編集をこちらで行う事で準備中です。

 なお、四月からは「有明海・諌早湾干拓リポート」を「アンビエンテ」に変更します。さらに、新たなシリーズとして九州の地名を取上げる「地名は古代の化石」をスタートさせ、同時にリポート内の古代史関係だけにアクセスできる窓口「九州古代史の探求」を設けたいと考えています。

 かなり神経を使う作業が要求される事になりますが、互いのバック・アップも兼ねて移管作業を行いたいと考えています。

 

180. 「熊本地名研究会」への加入

 

 現在、九州の地名について六十本ほどの短編を書きためています。今後も月に五本程度のペースで書いて行くつもりですが、もしも、安定して書いて行ければ、既に一年分を書いていることになりますし、編集作業の移管に併せて公開して行きたいと考えています。

このシリーズは原稿用紙五枚程度の短編を中心に奇妙な地名や面白い地名などを私流の切り口で解剖して行くものです。さんざん考えましたが、“地名は古代の化石“というタイトルにしました。

地名とは古来より多くの複雑な因子が作用しながら今日まで継承されてきたものです。

しかし、この地名成立と継承への因子の多さと論証への確たる文書の不足によって、判別、証明それ自体が極めて難しいものと言わざるをえません。当然ながら学問になりにくく、一般的には地方の郷土史家の思い付き程度のものと理解されてきました。

僅かに、民俗学会の重鎮谷川健一と同氏が率いる日本地名研究所が全国に組織した地名研究会(九州では熊本、大牟田、小郡地名研究会・・・)などがその学問と郷土史家の推量との接点を形成し重要な境界領域を埋めているのです。

地名の調査研究には伝承や類似地名の聴き取り、方言、風物、祭礼の聴き取りなど、どうしても多くの地元の人々の協力が必要になります。谷川教授の目指したものも恐らくそのようなものだったと思いますが、それはそれとして、“地名は古代の化石“では、この方法とは別に、まず、作業仮説として一文を書き、これへの反論、誤りの指摘、補足を受け入れることによって修正を施し、より完全なものに近づけて行くようにしたいと思います。

このため、作業仮説としての多少の冒険や誤りはお許し頂きたいと考えています。

既に熊本地名研究会において谷川教授からも部分的なアドバイスを頂いたこともありますが(四月より正式に会員になる予定です)、シンパの立場に留まり、あくまでも研究会とは別個に個人の責任として書くことにします。と、ここまで、言えば大袈裟過ぎに成りますが、とりあえず、地名に関する軽いコラムとしてスタートさせることにします。