No.150  20061210  熊本の国際シンポジウム

 十二月九日、土曜日の早朝から列車に乗込み熊本市に向かいました。
 熊本県立大学の堤裕昭教授を中心に行われる"国際シンポジウム「沿岸閉鎖性海域における人為活動の影響による生態系攪乱と生態系保全のための方策」"に我がリポートの常設ライター中原さんと参加するためでした。

 「沿岸閉鎖性海域における人為活動の影響による生態系攪乱と生態系保全のための方策」( Anthropogenic impact on the ecosystem of enclosed coastal seas and measures for the ecosystem conservation )

 海外においても、北海、バルト海などの富栄養化、貧酸素化現象、有明海を圧倒的に凌駕する規模の潮止め堤防(一二キロメートル以上)で内湾を破壊した、韓国の始華(シハ)湖の水質汚染問題が伝えられていますが、今回のシンポジウムにはスウェーデンのエーテボリ大学のラトガー・ローゼンバーグ教授、韓国の仁荷大学の洪 在上(ホン・ジェサン)というお二人の直接講演を同時通訳を入れて無料で聴けるという非常にありがたい企画でしたので、忙しい年の瀬の一日を注ぎ込んで参加した訳です。
 実は、別件で堤先生と携帯で話をしていると、"九日の講演会の事は聞いていないなのか?"という事から今回の講演会参加が始まりました。
 急いで我々のネット・ワークで急遽連絡を取ったのですが、知ったのも遅く、結局、筑後川水問題研究会としては中原、古川の二名の参加しかできませんでした。
 この講演については、いずれ、熊本県立大学のサイトにも公開されるでしょうから、内容についてはふれませんが、私にとっては新たなイメージ、つまり農水省によって破壊された現状の有明海の環境が将来どのように変化して行くのか、さらには現状の堤防締切りの状態での環境再生にはどの程度の河川の汚染レベルが求められるのか、また、汚染が今後とも解消できないという前提での再生をどのようにして図るのか、それとも完全に不可能なのかといった非常に重要な問題を考えさせられました。
 しかし、中原さんとの帰路は楽しいものでした。一月号にも中原論文の大作が掲載されます(これで一年間書き続けて頂いた事になります)。期待してください。


 No.149  20061205  キリン生茶の宣伝だった

 日記121.ポール・ウナ・カベーサ(Por una cabeza)でこのように書いていました。 

 なんとテレビのコマーシャルのバック・ミュージックとしてアルゼンチン・タンゴの名曲ポール・ウナ・カベーサ(Por una cabeza)が流れていました。誰の演奏かは確認していませんが、パテトロ・センチメンタルやヴォルベールなどと並ぶ、センチメンタルこの上ないこの曲であることは間違いありません。タンゴ・ファンの中では、カルロス・ガルデルの名曲として有名ですが、流れている演奏は、日本のマエストロ小松亮太なのかもしれません。確か彼のアルバム「ラ・トランペーラ」(うそつき女)にこの曲が入っていましたので、今のところ確認せずに勝手に思い込んでいます。秋から冬に向かう季節にはセンチメンタルな時期ですから多少仕組まれているのは致し方ないとしても、慌てて、ガルデルの二枚組みCDを引っ張り出して聴き始めました。

Por una cabeza de un noble potrillo que justo en la raya afloja al llegar…
(高貴な若駒に首の差で負けたさぁゴールだと気を緩めたそのときだった帰ってくると…)

Por una cabeza は、そのまま英語に直せば、For a hed となりますが、一般的には「鼻の差」などと訳されています。…

 しばらくこのコマーシャルに出くわさなかったために、この曲を使ったのが何の会社であり、何のための宣伝であったのかが分からずにずっと気になっていました。
 十二月九日の土曜日、熊本県立大学の堤裕昭教授を中心に行われた"国際シンポジウム「沿岸閉鎖性海域における人為活動の影響による生態系攪乱と生態系保全のための方策」"にリポートの常設ライター中原さんと参加して帰ってきてテレビをつけるとこの曲が流れてきたのです。
 それは、キリンの生茶の宣伝でした。ただ、最大手のビール・メーカーのキリンが、名曲とは言え、なぜ、このようなマイナーなタンゴを使うのか見当も付きません。
 まさか、商売敵のアサヒとの熾烈な「鼻の差」の販売合戦を行っているからという訳ではないのでしょうが、今時、この曲を知っているタンゴ・ファンなど全国で良くて一万人以下、固いところで、数千人と思いますので、粋な(無謀な)選曲と思うばかりです。


 No.148  20061205  赤湯が消えた

 147.天然アサリ復活の兆し伊万里湾の磯ガキ採り で磯ガキを採った後、近くの温泉に入りに行ったと書きました。

…カキについてはトランクいっぱいの量を持ち帰った事は言うまでもありません。中には、商売人や欲張りじいさん並に持ち帰った方もおられたようですが、この場所はほとんど知られておらず、まだまだ、採り尽くせない量があるのです。三人は帰る途中の某温泉に入り帰路に付きました。…

 実名は出しませんが、この温泉は加温された含鉄食塩泉です。湯口では透明ですが、空気に触れると酸化して赤い湯に変わるいわゆる赤湯でした。
 「でした」と書いたのは、期待していた同僚を連れて温泉に入りに行ったら全く赤くなかったからです。
 奇妙に思ったのでマネージャーに話を聞くと、"赤湯はどうしても敬遠されるお客様がおられ、露天風呂を設えた際に、砂を通し濾過して赤い色を抜く方式に変更した"との事でした。
 赤湯は一般的に赤褐色になり、見た目が汚くなりますが、それは温泉成分の濃さをしめすものであり、有馬温泉の金の湯にしても高温の含鉄食塩泉であり、九州で例を出せば、大分県の長湯温泉も高温の炭酸泉です。これまた鉄分が多い同様の強烈な赤湯です。
 多分このような含鉄泉は昔良くあった共同便所の色にも見るために、"掃除がされていない"とか"垢が付いている"などといったほぼ無知に近い認識を持たれてしまうのかもしれません。
 これに対して、湯量の問題から一部を循環式にしたり(濃度が濃いとパイプが詰まるため本当の濃い湯は水などで薄められ循環される場合もありますが)、濾過層(ここの場合はある種の砂)を通過させるなどしたとしても、本当の源泉を別の浴槽に掛け流しにすれば良いのですが、民間の凌ぎを削る高級温泉旅館、和風ホテルならばこのような事は殆んどないのでしょうが、雇われマネージャーとか、国民宿舎、行政がらみ、補助金がらみの温泉にはこの手の話を良く耳にします。こうして良い温泉がだいなしにされ消えていくのは残念なばかりです。


 No.147  20061205  天然アサリ復活の兆し伊万里湾の磯ガキ採り

 以前、臨海日記12.伊万里湾の磯ガキ採り を書いていました(後段再掲)。
 忙しい仕事の合間を縫い、思い切って磯ガキを採りに出かけました。行く先はその時書いたのと同じ場所です。
 今回は、マサシ君(N氏)にアデランス○○が加わり、都合、三人の遠征になりました。逸る気持ちで現地に着くと、まだ、汐は引き始めたばかりでした。今日はポカポカ陽気の良い天気でしたので、磯ガキ採りのスタイルといっても防寒着に着替える必要は無く、ジャージに長靴に軍手と金槌といったものです。
 同行者は早くもカキを採り始めましたが、私は汐が引くまでの間、このところ採れなくなったアサリを試しに掘ることにしました。
 採りはじめてみると小さなアサリが見つかります。そのうち、結構、持ち帰りサイズのアサリも拾えるのです。一時間ほどアサリを拾うと、スーパーの値段で五〇〇円ほどの量のアサリが採れました。
 最盛時、ここでは小型のバケツで二杯半ほどのアサリが拾えました。もちろん、この量には遠く及びませんが、小型のアサリが多いことから吸い物はもちろん、味噌汁に使う量のアサリなら拾える事が確認できたのです。
 正月前の大潮(二一日前後)には、もう一度カキを採りに行こうと相談しています。カキについてはトランクいっぱいの量を持ち帰った事は言うまでもありません。中には、商売人や欲張りじいさん並に持ち帰った方もおられたようですが、この場所はほとんど知られておらず、まだまだ、採り尽くせない量があるのです。三人は帰る途中の某温泉に入り帰路に付きました。

12.伊万里湾の磯ガキ採り(再掲)

 なかなか自分の時間が取れないこともあり、年末の忙しい時ながら昼から休みを取って磯ガキを採りに行く事にしました。場所は佐賀県の伊万里市と肥前町の境に近い伊万里湾内の静かな入江です。
 昼食もそこそこに、同僚のダイビング仲間(もっとも彼はボンベも使う専門家で、私はただ素潜りなのですが)のN氏と職場から四〇キロほどの地磯へと向かいました。
 「有明海異変」といわれる海の変調は今も変わりません。否、むしろ酷くなっていると言うべきで、もはや正常な海では無くなりつつあります。正直に言うと、有明海でカキやアサリの養殖に努力をされている方には気の毒な気もしますが、死に向かいつつある海、死んだ海(実際は農水省や国交省に殺された海というべきなのでしょうが)の物はなにも食べたくないという人が出てきてもしかたがないとも言えます。
 これは過剰生産が著しい海苔も例外ではなく、いずれこの事が鮮明になってくるのではないかと思っています。
 漁連側も農政局による欺瞞に満ちた"再生事業"などといった懐柔策に載せられるのではなく、自分達の生活基盤である海が、再生どころかまっさかさまの死へと向かいつつあるという事実に早く気づくべきでしょう。それとも傘下の海苔生産漁民を切り捨て、中国産海苔の輸入業者にでもなって生き残ろうと考えているのでしょうか(実際、輸入米と同様に利幅が非常に大きいはずです)? 
 話が横道にそれましたが、私の場合は、死んだ有明海の物を食べたくないから伊万里湾に行くのではなく、昔から伊万里湾でアサリや牡蠣を採ってきました。
 この場所は非常に分かりにくいところでもあり、今でも磯ガキはフンダンに採れますが、さすがにアサリは採れなくなりました。
 ただし、これは有明海の不漁とは全く無関係で、元々、アサリが採れない場所にしばらくの間、例外的に採れる状態ができていたのです。通常、磯にはアサリはいません。この場所は昔から磯だった所なのですが、人為的に大量の砂が棄てられたためにしばらく(十五年ほど)の間、アサリが採れたのでした。
 ここはいわゆる農林海岸と呼ばれるものですが、農水省所管に海岸保全事業と呼ばれる堤防や道路を整備するものがあります。目立った農地がない場所であり、現地を見てもらえば一般的には事業を投下する必要性など全くないように思えます。ここでも大規模に自然海岸が破壊されたのです。それはともかくも、"この時の余った砂を磯に投棄(処分)した"のだと事業関係者から聞きました(行政の許可によって行われているために海岸法ほか法律的には一応は問題がありません)。このため、一目アサリなど採れそうもないような場所なのですが、しばらくは、かなりのアサリが取れるようになったのでした。
 足掛け十年ほどの間、私は母親を連れて何度もアサリを採りに行きました。最盛期はハマグリ大のアサリが採れることもあり、毎回、バケツ一杯のアサリを持って帰り、三家族で分けても、四、五日はアサリのみそ汁が食べられるほどでした。アサリを採った事がある方は良く分かられると思いますが、天然の健康なアサリは、貝の内側が黄色い健康な色をしています。そして、輸入物とは違う抜群の風味を持っているのです。
 そのアサリも今は採れなくなりました。ただ、元々は磯である以上いつかは砂が流れ去り磯に戻るのは当然であり、その通りになっただけなのです。
 それはさておき、スーパーの買い物カゴに山盛りの牡蠣をお土産に持ち帰ることができました。正月前にも、もう一度採りに来ようと考えています。
 磯の牡蠣ですから見た目も綺麗で水洗いの必要などなく、私の場合は大きな鍋に牡蠣を並べて火を着けて一分もすれば蒸気が出てきますから、火を弱めて殻を開け始めたところにすかさず千枚通しを刺し込んで半生状態の牡蠣をポン酢で食べるのです。
 これほどシンプルで美味しいものはありませんが、自分で採った牡蠣を食べるのは格別の喜びがあります。牡蠣焼き小屋で一家族数千円もの金を払って僅かな量の牡蠣を食べる人達が哀れに思えてきます。


 No.146  20061204  「管理者から」No.241 投稿者 Megumi Fukuoka 見解に思う

 この Megumi Fukuoka 見解には、その内容云々以前に多少気になる事があります。
 まず、自らの見解をアメリカの環境保護派の訴状(見解)で代行させておられる上に、産経新聞社の記事にそのまま依存されておられます。
 本ホーム・ページを読んで頂いた(ている?)読者ですから、とりあえず感謝いたしますし、敬意を表してコメントをさせて頂きたいと思います(もちろん慇懃無礼な態度も取ってはいないつもりです)。
 結局、自身の見解としては、「オゾン・ホールは代替フロンにより拡大している。このサイトは閲覧者に環境問題に対する楽観的意識を植え付けかねない非常に悪質なものである。このサイトを閉鎖または内容の訂正を求めます。」でしかありません。
 この手の意見の表明はもちろん自由ですが、内容としては自らが行った論証は一切無いものであり、仮に同氏の見解が正しかったとしても(もちろんひどい誤りですが)、結果的に、そのような論調、傾向の理論的水準、思想的低劣さを満天下に晒す事にしかならないでしょう。このため最低限の論証、できれば丁寧な説明をされる事をまずはお勧めしたいと思います。
 駄目押しするつもりはありませんが、憲法にも反するような低劣なファシストまがいの閉鎖要求をいかなる権利で主張されているのかも分かりませんし、言論、思想心情の自由を封殺するような訂正要求をされるにしても、どこが誤っているかを説明する事もせずに訂正要求とは、最低限の議論のルールも保たれていないもののように思います。
 まずは、どこがどのように誤っているかを自らの頭で考え論証される必要があるのではないのでしょうか。
 私自身は、仮に善意からくるものとしても、危機感、焦燥感に満ちたこのような非論理的な議論を最も嫌います。
 これまで、このような紋切り型の議論、論調というものは史上幾度ともなく登場してきました。
 幕末維新期で言えば、極めて観念的だった水戸派の攘夷論者(朱子学派)、日露戦争期で言えば、対ロシア弱腰外交を批判し日比谷公会堂焼討事件を引き起こした対外強行硬派、硬派(対露同志会、黒龍会…といったいわゆる右翼)、戦前戦中で言えば、親独の開戦派(陸軍の大半、南進論者、海軍の艦隊派…)、戦後で言えば、全共闘の一部(具体的には書きませんが、毛沢東派、親金日成派、ホー・チ・ミン派)、現代で言えば、対北朝鮮弱腰外交批判派、小泉改革推進派、郵政改革論者のようなものでしかなく、もういい加減うんざりさせられますが、特徴としては思考中断の思い込み型のものが多く極めて観念的な傾向を共有しています。
 この直情型、近藤流に言えば情緒的、偽善的環境保護派の運動は、実際の運動局面に遭遇するとむしろ害悪が大きいものと考えています。典型的な例が、いわゆる環境保護派が原子力産業の存続(継続)の意図を持って流した「CO2地球温暖化論」の環境保護の仮面によって沈黙させられ、極めて効率の悪い風力発電、太陽光発電の推進派(新手の箱物産業=代替型公共事業)に堕落している事などに鮮明に現れています。
 原因はNHKが流すような情報(大本営発表)を自分の頭で考えずに無批判に受け入れる情動性に最も大きな原因があるのですが(CO2地球温暖化論=グリーン・ハウス効果などをNHKがキャンペーンし始めるのが一九八九年です)、ほんの二十五年前まで氷河期が直前まで迫っていると言われていたものが(確かNHKもそのようなトーンで報道していたはずです)、手の平を返したように、何の説明も無くCO2温暖化論に一気に変身するのですから、議論自体に信用が置けない事はその一事を持ってしても明らかでしょう。
 近藤さんは情緒的環境保護派との議論は好まれませんが、私は精神的にタフで、むしろ好んで挑むぐらいの方ですから、いくらでも公開討論に応じますし、反論合戦にも乗るつもりです。私の方でお受けしたいと思いますので、当方の論文にも束になって反論をお送り下さい。その何倍にもしてお返しさせて頂きたいと思います。
 投稿に対する回答(反論)として、一応は"熱烈なファンレター!?"とされて敬意を払われていますが、管理者がこのように書かれた思いを考えると、改めて一般的な環境保護派というものの科学性、論理性、思想的凡庸性、余計な事かもしれませんがあえて踏み込めば、その一般的な知識水準というものに対して疑問をもたざるを得ません。嘆かわしい限りです。


 No.145  20061203  越前クラゲを有明海に呼び込みますか?

 近年、大量の越前クラゲが巨大に成長しながら日本海に入り込み、大敷網などの漁獲に被害を与えていると伝えられています。
 元々、クラゲは海の汚染や海水温の上昇などによって一気に増殖すると言われていましたが、二〇年ほど前から、海水浴場などでも盆前にもクラゲが増える事に気付いていました。当時、原因は汚染と考え割り切っていましたが、実際には海水温の上昇にあったのではないかと考えています。
 さて、この越前クラゲの激増については色々な問題が指摘されています。クラゲの幼生、一般の魚の稚魚は同時に互いの種の餌になりうるわけであり、海のバランスが崩れると、魚一色になるかクラゲ一色になる可能性もあると言われています。
 この手の話には興味はありますが、なにぶん、化学、生物学に弱い私がコメントすべきものではないのでここまでにしますが、これとは別に、最近、越前クラゲの急増に連動して、紅ズワイ蟹の漁獲が四倍程度に跳ね上がったとの報告が伝えられました。
 因果関係があるかもしれませんが、現段階では相関関係があるというだけの話のようです。
 越前クラゲは日本海を北上し、水温の低下によりいずれは死んで海底に沈みますので、恐らく松葉蟹、越前蟹、紅ズワイ蟹(これらは一応同種のはずです)の餌になっている可能性があるのです。
 越前クラゲの爆発は大問題のように騒がれていますが、私は、この手の話に直ぐ飛び付く傾向がありますので、クラゲの激増後に紅ズワイ蟹の水揚げが急上昇している事だけで、早くも、"有明海にもクラゲが激増したら、多少はワタリ蟹も復活するのではないか"などといった事まで考えるこの頃です。当然ながらノリ業者には迷惑なのでしょうが…。
 既に、有明海にまで越前クラゲが侵入しはじめていると言った話がヒステリックに騒がれていますが、どうせ農水省によって破壊されたままの死の海ですし、一部、大式網に相当する竹ヒビ漁もあるものの、現状では実害がないのではないかと思いますので、漁船漁業を放置している農水省が、さも、有明海を心配しているように見せかけるだけのメッセージなど無視して考えた方が良いのではないかと思うものです。


 No.144  20061203  「すいよう会」に入りたい

 原稿ばかり書いているのも目も頭も痛くなります。気分を変えるためにも、また、新たなイメージを醸成させるためにも気分転換が必要だと思い、十二月号の編集が完了した十二月三日、初冬の有明海沿岸を南下して島原半島に向かいました。目的地は夏の雲仙、冬の小浜の小浜温泉です。もちろん、ただの気分転換ではなく何枚かの写真を撮るためのものでした。
 今回は、一人旅ですが、いつもの米朝、圓生といった古典落語をやめて、同行者をアルゼンチン・タンゴだけにしました。
 CDはカルロス・ガルデルのオムニバス・アルバム、『大いなる遺産』(ELGRAN PTRIMONIO DE CARLOS GARDEL)という四二曲の歌のタンゴが納められた二枚組です。 
 帰りは小松亮太の四枚のCDを聴きながらでしたが、まさに、往復四時間タンゴに浸りきった小遠征でした。
 時間的な余裕さえあれば、伝統ある「すいよう会」にでも入り、タンゴだけを聴いて暮らしたいと思うこともありますが、果たせません。
 五〜六年前まで、福岡県内には四つか五つのアルゼンチン・タンゴの愛好団体(福岡ポルテニア音楽同好会…ほか)があり、二つのオルケスタ(オルケスタ・ティピカ福岡など)健在で定期演奏会も行われていましたが、現在はどうか分かりません。
 なにぶん体は一つしかなく、集会、研究会、会議に追われる毎日では、とてもそのような訳にも行きません。


 No.143  20061209  第一次産業か?大一時産業か?

 有明海湾奥の西岸一帯でカキ(牡蠣)焼き店が繁盛しています。この焼きカキもしくはカキ焼き店については、拙著『有明海異変』でコラムを書いていましたので、初期原稿からご紹介しましょう。

「補償金を手にした漁民たちのその後」

 長崎本線と並行して走る国道二〇七号線を鹿島市から諌早市に向かって走ると、やがて諌早湾干拓の潮止め堤防と封鎖された水域が見えてきます。そして温泉と竹崎ガニ(地元ではガネと呼ばれますが)で有名な太良町の大浦地区から長崎県側に入ると、冬場を中心に国道脇にカキ焼きの小屋がかなりの数で店開きしています。これらの店で出される殻付きの「焼きガキ」や「蒸しガキ」は、もともとは地元の漁師だけが食べていたものでした。
 有明海の漁師は冬場の潮待ちの時間にはよく酒を飲みながらドラム缶ストーブなどで暖をとりますが、そのときのツマミにしていたのがこの殻付きのカキ(地元では「セッカ」と呼びますが)でした。ドラム缶ストーブの上にカキを殻付きのまま無造作に並べ、口を開きかけたものを千枚通しなどでこじあけて食べるのですが、その絶品の旨さを知っていたのは漁師以外では地元の人間だけで、それも吹きさらしの漁師小屋などではなく、多くはカキを肥料袋などに無造作に詰めて持ち帰り自宅で焼いて食べていたものでした。
 ところがここ十年余りで、観光客相手にカキを殻付きのままドラム缶の上でバーベキュー風に焼いて食べさせる店が急増したのです。実は、これは海を追われた漁師たちの生きるための必死の姿だったのです。漁業補償金で借金は清算できたものの、肝心の生計の手段を奪われた漁師たちはしばらくは干拓関係の土木工事などで食いつないだのですが、良いことはそういつまでもは続きません。転業しても一時的な仕事しかなく、漁業を続ける親の世代による水揚げもあっというまに減少していきました。そうして結局、行きずりの観光客相手にアサリを売り、カキを目の前で焼いて食べさせるといった店を開業するようになった人が出てきたのです。
 もちろん、かつては彼らも誇り高い漁師でした。誰に文句を言われることもなく、好不漁の波はあっても自分の努力と才覚で目の前の海を相手に自由に生きていました。しかし、新築の家は手にしたものの海から上がったら多くが出稼ぎにいかざるを得なくなり、あくまで地元に残ろうとして慣れないコンビニやファストフードの店を開業して逆に借金を背負い込んだ人がいるというのもが偽らざる現実なのです。
 焼ガキの店も、誰かが始めてしばらくは儲かります。しかし、儲かるとなるとすぐに参入者が増えて全体が儲からなくなり(現に、周辺にはプロの観光業者が出店してバスツアー客などをかき集めています)、最後には「儲からないけど、やらないよりはましだ」というところで安定するものなのです。
 イサカンの見える国道沿いの焼きガキの店には、海を追われて陸に上がった漁師たちのこのような厳しい現実が背後に隠されているのです。

 現在、焼きガキの店で使用されているカキの大半は、有明海産の天然カキでもなければ養殖カキでもありません。
 九割は九十九島(佐世保湾)の養殖カキなのですが、一般の人々が抱いている現在のイメージ、"天然ではないとしても、有明海で生産されるカキがその場で焼いて食べられる"というありがたい誤解によってかなりの繁盛を見せているようです。
 これは、第一次産業から第二〜三次産業に転換した姿なのでしょうか?それとも一次産業従事者(伝統的漁民)は既に撤退して、商魂逞しい他の二〜三次産業従事者が占拠してしまっているのでしょうか?個別的な事例はいくつも知っていますが、この点については統計が無いためにこれ以上は踏み込めません。
 ただ、養鶏業者が第一次か第二次産業かは別として、仮に鶏を一羽生産したとしても、そこから百円の収益を上げることも難しいのですが、焼鳥屋、焼肉屋で皿に乗せて出せば、一羽から(三分の一羽で五百円)千円以上にはなるのですから、いかに、付加価値を付けて売るカキ焼店の収益性が高いかが分かるのです。逆に言えば、漁業をやめたから食べていけるのであり、私がコラムとして書いた伝統的な漁業者による焼カキ店は、農水省によって破壊された海から上がらざるを得なかった漁民による第一次産業か大きな一時的産業だったことが分かるのです。


 No.142  20061203  島原半島に浮島現象を見た

 浮島現象とは、文字通り、遠方の島が、海ではなく少しだけ空に浮いた様に見える現象です。私は魚釣りに良く行っていましたので、厳寒の伊万里湾や平戸周辺などで何度も見たことがあります。原理は詳しくは知りませんが、恐らく逃げ水や蜃気楼の一種なのでしょう。
 冬場の日本海などで良く起こる現象ですが、不正確になりますので百科事典に頼ることにします。

   しまうき【島浮き】
浮島,浮景とも。海水の温度が気温より著しく高く,海面付近の気層が上冷下暖の状態になったとき見られる蜃気楼(しんきろう)現象。遠くの島が浮あがったり,島や岬の下が切れ込んだように見える。瀬戸内海でときどき見られる。
(マイペディア)

 連日文章を書いていると頭も目も疲れますし、気分転換のためにも、また、新たなイメージを醸成させるためにも、温泉にでも入ろうと島原半島に向かいました。場所は夏の雲仙、冬の小浜の小浜温泉です。
 有明海湾奥の西岸を佐賀県から長崎県の旧小長井町辺りに入ると、島原半島の東側の下が切れて海から浮き上がっているのを見たのです。これは、間違いなく冬場伊万里湾や平戸近辺で見かけていた浮島と同じものでした。
 経験的には、冬場の高い海水温の海に冷たい空気が入ってくる時などに良く見かけたような気がしますが、今まで、このような現象は島原半島と言うか有明海で見かけた事はありません。もちろん、そう言った話を聞いたこともありません。
 もしかしたら、有明海でもこの現象は以前から存在し、一部には気付かれていたのかもしれませんが、ただ単に私が冬場は魚釣りに玄海灘側にばかり行き、こちらの方面に来ていなかったからなのかもしれません。


 No.141  20061129  冬至祭りの痕跡

 クリスマスの季節になりましたが、私は子供の頃、教会(戦前からのカルバン派系某教団)に行っていましたから、賛美歌を歌いクリスマス・キャロルまで行っていました。
 さて、このクリスマスはケルト系民族などが跋扈する古代ヨーロッパに古くから存在した冬至祭が起源であったとする説があります。
 つまり、古代ヨーロッパ(北欧では燃える円盤を転がして踊るのです)にローマ帝国とキリスト教が覆い被って行くのですが、そのキリスト教教化の過程で、広く行われていた冬至祭にキリスト生誕を重ねていったと言われているのです。
 この古代ヨーロッパの冬至祭を題材にしたのが、ストラビンスキーの三部作(外にペペトゥルーシュカ、火の鳥)の一つ『春の祭典』と言われています。
 太陽が最も衰える冬至の夜にその復活を願う祭が行われていたようなのですが、実は、どうもこれに類する祭りが日本と言うか有明海沿岸にもあるようなのです。
 一つは「お陽待ち祭り」(藤津郡)ですが、どうも、この外にも冬至辺りで行われる「十二月祭」があるようなのです(武雄市)。妻、子供まで交えて十戸ほどの家族が集まり、十二月に共に食事をするだけの祭りです。既に祭儀、祭式といったものは一切失われていますが、氏神など特定の祭神といったものはないために、逆に太陽の復活を願う祭りを想像させるのです。
 私は、新嘗祭も旧暦、十一月の中の卯の日に行われていた(現在は「勤労感謝の日」にされていますが)のであり、これは冬至に相当するのです。
 また、大師講も旧暦の十一月二四日に行われますが、キリスト教の教化策にも似て日本にも存在したと思われる冬至祭に弘法大師など神聖な旅人の訪問が太陽の復活をもたらすとする祭が行われたのではないかと思えるのです。
 してみると、クリスマスにはストラビンスキーの『春の祭典』を聞いて欲しいのですがどうでしょうか?
 もちろん、私はアルゼンチン・タンゴから、いわゆるアストル・ピアソラの「四季」の一つ、「ブエノス・アイレスの冬」と決めていますが。


 No.140  20061202  最近見なくなった風景

 最近見なくなったものに、タバコからタバコに火を分けて貰う風景があります。まず、マッチにまでも配給制が敷かれていた時代からの風習なのでしょうが、徐々に見かけなくなりました。それは百円ライターの普及によるものでしょう。
 仮にライターの燃料が切れたとしても、タバコを吸っている人間を捜すのではなく、ライターを持っている人を捜すためであり、貸す方、借りる方、共にガスが切れた場合で、なおかつ、周りにもタバコのみ(古い表現ですね)が居ない場合にしか再現しない風景なのでしょう。この、世界に冠たる百円ライターを開発したメーカーは、確かクラウン・ライターとかいった一時期球団までも手に入れた会社だったと思いますが、人との関係性、コミニュケイションまでも燃やしてしまったようです。


 No.139  20061202  K1グランプリとカルミナ・ブラーナ

 ローマ帝国末期、カラカラ帝の大浴場をはじめ、多くの浴場が建設された事は有名ですが、スパルタクスに象徴される「剣奴」による死闘を見物する貴族趣味の蔓延も併せ考えれば、K1グランプリを筆頭とするこの手のショーも崩壊する国家の象徴なのかも知れません。
 まず、表面的には温泉ブーム(日本人は本当に疲れきっているようですね)が蔓延し、繁栄する通商国家日本の崩壊までもダブル・イメージで考えてしまいます。
 K1グランプリなども趣味ではありませんから、当然にもチャンネルを変えようとしていたら、なんと『カルミナ・ブラーナ』が耳に入ってきました。
 日常的にヴィバルディの『四季』を聴き、醜悪極まりないイルミネーションに飾られる年末に『合唱』を高らかに歌い上げる事を、恥ずかしげもなくハイソサイエティーと考える人々にもいい加減ウンザリさせられますが、なんと、オルフ(ヲルフ)のオラトリオ『カルミナ・ブラーナ』(ボイルエンの歌)が、どう考えてもハイソサイエティーとは言えないK1のバック・ミュージックとして使われているのです。もちろん、この曲も最近は結構使われるようになったようですが、文化とはこのような形で変化して行くものなのかも知れません。
 ただ、オラトリオとは礼拝場の意味であり、そこで使用された宗教音楽をオラトリオと言ったのであって格闘場ではないのですがね。
 少なくとも"クラッシック音楽を趣味にしています"などとは口が裂けても言いたくはありませんし、実際にも全く違いますが、ブリトンの交響曲が巷に流れる事を望み、クリスマスにはピエール・ブーレーズかなにかで冬至を祝い、ストラビンスキーの『春の祭典』をこそ聴きたいものです。


 No.138  20061202  竹輪カレーにテンプラ・カレー

 佐賀県の干拓地というものが交通路、通商路から大きく外れ、また、実際には海からも遠いために、生の魚や肉の調達が非常に困難な土地柄であった事は、過去、何度か書いてきましたが、四十年程前までの佐賀県の干拓地ではカレー・ライスの具として竹輪やテンプラが入れられていたのです。
 もちろん、鶏は飼われていましたので、骨付きチキン・カレーは可能なはずなのですが、これはそれこそハレの日のご馳走なのであって、手間が掛かることもあり、鶏を使う料理は盆、正月しか使われなかったのです。もちろん、冷蔵庫が普及していなかった時代の話です。まず、都市部でも戦後十年ぐらいまでは鯨カレーはかなり食べられていましたが、まだ、竹輪やテンプラ・カレーを食べて育った人間が職場の同僚として存在しているのです。


 No.137  20061202  『墨汁一滴』から

 司馬遼太郎が正岡子規の『墨汁一滴』を読んでいる以上、自分も読む必要があると思い、大した興味もないのに意地だけで読み始めてしまいました。
 文学の香り高い随筆かも知れませんが、自分の理解力の不足からか、背景が分からないからか、予想通り面白いものではありません。ただ、友人の漱石が都会育ちであるためのコンプレックスというものでもないのでしょうが、四国の松山育ちの子規が書くこの随筆には、随所に都会と田舎との対比が出て来ます。一例ですが、引用します。
 
…田舎のように一人で何も彼もやるというような仕組みでないのもその一原因であろう、これは子供の事ではないが余は東京に来て東京の女が魚の料理を為し得ざるを見て驚いた、けれども東京では魚屋が魚の料理をする事になって居るからそれで済んで行く、済んで行くから料理法は知らぬのである、云々との話であった。自分も田舎で住んだ年よりは東京に住んだ年の方が多くなったので大分東京じみて来て田舎の事を忘れたが、なるほど考えて見ると田舎には何でも一家の内でやるから雅趣のある事が多い。…
(岩波文庫)

 取り立てて論じるほどの逸文とも思いませんが、表記はともかく、まず、文体が現在と比べてもほとんど理解に困らないものであり、問題意識にもそれほど大きな差があるものでもないようです。
 私も田舎暮らしが長いためか、多少、共感できる話ですが、私自身はこのような変化は戦後の事であって、漱石、子規の時代にはこのような変化は起きていないものと考えていました。実際にその時代を生きた証言者の言うことですから受け入れざるを得ないのかもしれません。
 私は釣りをする人間ですから、一応、いい加減な御造りまでやってしまいますが、もはや、三〜四十代の女性で魚を捌ける人は一割を下回るのは間違いないのではないかと思うものです(子供は降ろせても、魚はオロせない)。
 ただ、有明海沿岸と北の玄海灘沿岸とはかなり差がある事も確かです。唐津から呼子方面の女性は魚が捌けなくては嫁に行けないという風は最近まで残っていました。しかし、有明海沿岸の干拓地では、広大な干拓地のそれまた先に海があるのであって、海に面しているとしても、ムツゴロウは大体そのまま蒲焼にしていましたし、ハゼも捌いて食べると言ったほどの魚ではなかったのです。良くて、うなぎかグチ(イシモチ)のワタを出すかかと言った程度の話で、クリークで浚った鮒も昆布で巻いて半日かかって煮しめるような料理しかなかったのです。この点、松山とは異なるわけです。
 実際、生の魚など食べなかったのが一般的な干拓地の農家であって、魚は干物か塩の吹いた鯖などしかありませんでした。このため、「今日は無塩(ブエン)もんばい」などと言った、逸る言葉が現在でも残っているのです。


 No.136  20061202  二〇〇二年フランス大統領選挙の結果から

"「臨海日記」99.二〇〇五年フランス暴動から一年"において

全土で九,〇〇〇台の車両が燃やされ、三,〇〇〇人が逮捕された二〇〇五年のフランスの暴動から一年が経ちます。今年も暴動が始まりそうな予感がしていますが、私の過剰な希望的観測なのかもしれません。ヨーロッパ全土への波及を恐れる多くのEC諸侯は、ドピルパン政権に対して徹底的に潰す事を要求していることでしょうが、沸騰する鍋の蓋を抑えてもさらなる大規模な爆発の準備をすることにしかならないでしょう。…

と、書いていましたが、結局、暴動は押さえ込まれたようです。どうせ、ネオ・ナチや右派のラ・ロック大佐の流れを汲む連中なのでしょうし、期待していたと言う訳でもありませんのでどうでも良いでしょう。
 言うまでもないことですが、もちろん単純に暴動に期待しているものではありません。
 ただ、全世界的な閉塞感は明らかで、もしも、全ての人間が満足しきっているのであれば、社会の変革など始めから期待などできないのであり、暴動はそのバロメーターと考えるからです。
 当然ながら、ソ連邦の崩壊とスターリン主義によって決定的に傷つけられた共産主義運動の再生には、まだ、労働者階級の数世代の犠牲を必要とするのかもしれません。
 ただ、最終的に右翼と中道右派が争った二〇〇二年のフランス大統領選挙の結果を調べると、面白い現象に気付きます。
 左翼では、LO(5.7%)、社会党(5.7%)、LCR(4.2%)、共産党(3.4%)の順であり、フランス共産党は、事実上、日本では過激派に分類されるトロツキスト党に追い落とされ第四党に低落しているのです。
 LOは「労働者の闘争(リュト・ウブリエール)」派と言われる労働者派左翼(かつての国際委員会派系トロツキスト)であり、LCR(日本語に訳せば「革命的共産主義者同盟」になる統一書記局派系トロツキスト)ですから、ようやく戦後六〇年を経て、フランスと言うよりもヨーロッパ全域において、左翼と言えばトロツキスト党の事になっているのであり、やっと幟を上げた共産党は歴史的に清算されてくれたと言えるように思います。
 まあ、あたりまえの話ですが、その底流には労働者の五世代あまりの巨大な犠牲が横たわっているのです。


 No.135  20061130  航空戦艦「伊勢」と柳田国男

 なんとも凄まじいタイトルですが、それなりの接点があります。
 レイテ沖海戦と言えば、南方への拠点フィリッピンの支配権を巡って日米が激突した事実上最後の艦隊決戦でした。
 猛将小澤治三郎(オザワジサブロウ)率いる囮艦隊(第三艦隊)がハルゼーの米機動部隊を北に釣り上げ、その隙を縫い栗田健男揮下の第二艦隊(第一遊撃隊)がレイテ湾に殴り込みをかけ、無防備の輸送船団を撃破する(捷一号作戦)というものでしたが、後に物議を醸した三度にわたる栗田艦隊の謎の反転によって、初期の作戦の目的を全く達成することなく、空母4隻、「武蔵」以下戦艦3隻、重巡6隻、軽巡4、駆逐艦11隻を失うという決定的な敗北を喫して逃げ帰った作戦でした。事実上、太平洋戦争における敗北はここで決定したのです。
 さて、小澤と共にこの危険な陽動作戦を受け持った一艦に、航空戦艦「伊勢」がありました。その艦長が中瀬斥(ノボル)でしたが、彼には非常に有名な逸話があります。
この作戦の最中、撃沈された僚艦の乗員を回収するために長時間(十五分間)停船し、九十人を救出したのです。
 当然ながら、作戦行動中であるため重大な軍規違反なのですが、彼の人柄が良く分かる話です。仮に軍規違反としても、救われた人間にとっては神にも等しいものであり、真実がどうかは分かりませんが、救出された乗員の父親なのか、復員後一人の老人が中瀬艦長にとりすがって泣いたと言う話も残っています。
実は、この中瀬斥の父こそ、柳田国男が民俗学に乗り出す起点となった「後狩詞記」(ノチノカリコトバノキ)を書く際に柳田を案内した、当時(明治四一年)の椎葉村村長中瀬淳(スナオ)氏なのです。
 いずれ詳しく一文を書きたいと思いますが、今、考えれば、名将山口多聞と並び称せられる小澤治三郎も宮崎県の出身であった事を考えれば、同郷の信頼関係によるものとも思えるのですが思考の暴走かもしれません。

思考の連鎖

 リポートV、十二月号掲載の 188.2006年 栂尾神楽遠征紀行 で、宮崎県椎葉村の栂尾神楽の話をしましたが、かなり前、栂尾神楽を見ていた際に椎葉村の出身者に戦艦の艦長がいたという話を聞いたことがありました。その時は気にも留めずにいたのですが、最近になってレイテ沖海戦に関する戦記を読んでいると、「捷一号作戦」において、空襲の恐れのある緊迫した海戦の最中に自らの撃沈の危険をも恐れず、多くの乗員を回収したという有名な話に登場する「伊勢」の艦長が宮崎県の出身者であることに気付き、この中瀬艦長こそ、耳にしていた椎葉村出身の艦長であった事を知ったのです。
 一方、リポートV、十一月号掲載の 179.2006 熊本地名シンポジウム in 人吉 紀行 でふれた熊本地名研究会の 2006 熊本地名シンポジウム in 人吉 において「椎葉地方の狩風俗」が江口 司氏によって発表されました。
 この江口報告では民俗学に興味を持つ者にとっては非常に興味のある話が紹介されました。柳田の椎葉での行動について研究され、「日本民俗学の源流−柳田国男と椎葉村」を残された牛島盛光氏が、田山花袋の研究者から柳田から田山への書簡の中に柳田の椎葉での行程が書かれているという事を聞き、一九九一年、黒木勝実(元椎葉村助役)氏に調査を依頼し、同氏は館林市の田山花袋記念館において、田山と柳田との書簡の中に自分の父親でもある黒木盛衛(中瀬淳の後を引継いだ椎葉村村長)氏の家に泊まったという事実を発見した事が明らかにされます。
 実は、黒木氏とは人吉に引き続き、再び栂尾神楽でもお逢いしました。
 その黒木氏に引き合わせて頂いたのが、八代河童共和国大統領の田辺達也氏だったのですが、よくよく考えて見れば、初めて栂尾神楽を見に出てきた時にもこの黒木氏と話をしていた事を最近思い出しました。
さて、私にとってさらに驚く事が分かります。
 再び話を中瀬艦長に戻しますが、この中瀬斥が、いったい椎葉のどこの出身であったかについて黒木勝実に尋ねると、直ちに、上椎葉ダムによって半分が水没させられた椎葉村小崎の竹の枝尾の出身であることを教えていただき、その父親が、人吉の熊本地名研究会で発表された、柳田国男が泊まった椎葉村村長の中瀬淳こそ、中瀬艦長の父親であったのです。
 武雄、八代、椎葉という人的な連鎖と、熊本地名研究会、柳田民俗学、栂尾神楽、レイテ沖海戦の中瀬艦長という奇妙な思考の連鎖が成立した瞬間だったのです。


 No.134  20061130  南労党(ナンロウトウ)

 今や、南労党(ナンロウトウ)と聞いて、直ぐにピンとくる人はあまりいないと思いますが、南朝鮮労働党の意味です。この党は朝鮮戦争前後に解体、解党したはずですが、数年前、かつてこの組織に所属したという人物と大分県の中津市で遭ったことがあります。
 もちろん、意識して接触したという意味ではなく、某新聞の記者を介して「草の根通信」の松下竜一氏にお会いするために大分まで出かけ、同記者と酒を酌み交わしていた際にたまたまその場に居られただけだったのですが、この記者から開口一番「古川さん、こちらは、元、南労党のメンバーだった方ですよ」と言われたのです。私も直ぐに友人の記者の言った意味が分かり、驚いた経験があります。
 まず、五年前としても、日本にこの党のメンバーであった人間が生活している事そのものが極めて例外的なことのはずだからです。
 一般的な理解から言えば、現在の韓国の実情から言って、南朝鮮に共産主義者の組織があったということなど全く想像できないかもしれませんが、ロシア革命の余波を受けた植民地下の半島で直ちに革命運動を開始した朴憲永(パク・ホニョン)という有名な共産主義者を中心とするグループがありました。
 まず、始めに、ことわっておきますが、北朝鮮の対南工作として、現在も一定の政治組織が活動しているであろう事は明らかです。事実、一九九二年には韓国で「南朝鮮労働党事件」と呼ばれる奇妙な事件が起き、日本国内でも、有力新聞で伝えられましたので、場合によってはこの呼称の党派が北朝鮮の工作機関として日本国内にも存在している可能性はありますが、友人であるこの記者が私に紹介した以上、北の将軍様の工作員などではなく(もちろん本当にそうならば元より名乗るはずはありませんが)、経歴を話した以上、当然にも朴憲永の元で韓国の社会主義革命に向けて全力で闘っていた立派な活動家であったはずなのです。
 戦中戦後の東アジアにおいて、トロツキストの組織は、南ベトナム(極めて強力な組織であったタ・トゥ・タオのコーチシナのトロツキストはホー・チー・ミンによって抹殺されます。「トロツキズムの史的展開」湯浅赳男著、「世界現代史」7/山川出版…)、中国(上海、抗州などのトロツキスト二派は毛沢東によって暴力的に潰滅させられます。資料省略)にしか存在せず、南北を問わず朝鮮半島で活動したトロツキストはありませんが、トロツキストではないものの南朝鮮で活動を続けた伝統的な韓国共産主義者の亡命者であったのではないかと考えています。
 朴憲永は一九一九年の三・一独立運動に参加し、日本の官憲から逃れて上海に亡命、天皇の日本の敗戦後は、米ソの軍政の元で朝鮮共産党再建準備委員会を組織するなど、まずは筋金の入りの共産主義者だったのです。この再建派と呼ばれるグループは、その後、別系統の長安派共産党を吸収し、ソウルを拠点に半島全域の運動指導する立場に立ちます。
 前後して、ピョンヤンではソ連肝いりの朝鮮共産党北部分局が分派活動を開始するのですが、当時の朝鮮半島の共産主義運動の中心はあくまでもソウルの朴憲永の組織にあると考えられていたのです。
 その後この党は他の社会主義政党などと合併し南朝鮮労働党と改称しますが、韓国政府による弾圧が激化しはじめるや指導部の大半は北に移動します。ただ、その一部は地下に潜り、南朝鮮で活動を継続したと言われています。
 もとより、ただ、すれ違っただけの事であり、中津でお会いした元南労党員がどのような経緯で日本に住むようになられたかは知る由もありませんが、今、考えれば、李承晩(イ・スマン)もしくは朴正熙(パク・チョンヒ)時代の軍事独裁政権下に脱出してこられた可能性が一番高いのではないかと思っています。
 一方、今や核をもてあそぶ将軍様の北朝鮮の党がどのようなものであったかについても書きたい事が山ほどありますが、簡単に振り返っておきたいと思います。
 簡単に言えば、朝鮮労働党の前身は朝鮮共産党ではありません。前述したように、ソ連軍占領下で一九四五年一〇月に組織された朝鮮共産党北朝鮮分局がその前身であり、ソ連軍の占領政策に都合のよい傀儡として選別された金日成グループによって、ソウルに本拠地を置く朝鮮共産党(朴憲永)に対する分派組織として設立されたものだったのです。
 その後、朝鮮共産党北朝鮮分局は北朝鮮共産党を名乗り始め、四六年八月には新民党を吸収し北朝鮮労働党を創設したことによって南北の党を分断し、四八年九月に朝鮮民主主義人民共和国を建国した後、北に亡命していた南朝鮮労働党中央(朴憲永)を吸収する事によって自らを朝鮮労働党として成立させ、戦後の分割支配体制(ポツダム体制)に沿って国家と民族の分割断支配体制を確立させて行ったのです。
 この党内では、当初から満州(東北)パルチザン・グループが指導権を握っていたのですが、権力掌握後間もなく、一九一七年のロシア革命に連動して地下活動を継続して来た古参の共産主義者グループがパルチザン・グループと呼ばれる金日成グループ(金日成が朝鮮半島で継続的抗日闘争を継続していたパルチザン勢力の主力であったとの話は極めて疑問であり、実際は国際赤色八八旅団に所属していたと言われています。その実態はソ連領内に留まっていたソ連軍指揮下の亡命朝鮮人部隊に過ぎず、抗日闘争を継続していたいわゆる間島パルチザン・グループの最高指導者であったとかいった伝説も全くの捏造と思われます)により暗殺され、また失脚させられていったのです。
 四六年から四八年にかけて金日成大学の副総長を努め、秘密裏に金日成(キム・イルソン)と金斗奉(キム・ドポン)にマルクスレーニン主義をいろはの「い」から教育した朴一(パク・イル)の証言によると、金日成は必ずしもパルチザンの英雄などではなく「解放」までハバロフスクのビヤツクに身を隠し、農作業に従事していた模様であり、ソ連軍の占領政策の過程で急造された人物であると語っています(諸君九二年一月号)。
 更に、朝鮮戦争を境に南朝鮮労働党派(朝鮮戦争後、大半はアメリカのスパイとして金日成により処刑される)が大規模に粛正されていきます。
 その後も、ソ連派、中国共産党系の延安派、パルチザンの古参幹部などが序々に犯罪的に排除され、金日成に盲従する部分のみが権力を独占していったのです。
 このようにして金一族の家族支配とも言える異常なまでの支配体制が確立するのですが、そもそも南北の古参共産主義者が朝鮮労働党内部に取り込まれた期間も極めて短く、また、ソ連軍の後ろから進攻しただけのパルチザン・グループの政治的性格をも合わせ考えれば、朝鮮労働党が社会主義者の党ましてや共産主義者の党と考えること自体が、そもそも初歩的な錯覚でもあり虚構と言えるでしょう。
 北朝鮮労働党の腐臭に満ちた系譜についてはもっと一般にも知って頂きたいとも思いますが、ソ連邦崩壊と中国資本主義の勃興という歴史的な流れの中で押し流されているという事実を噛み締めています。この中でなおも正確なアンテナとレーダーを維持し続けることは相当に難しい事だと思い続けています。
 故松下竜一氏とお会できたのは、結局、この時が最後でしたが、この南労党のメンバーとすれちがったという貴重な体験は、今なお、私の記憶に強烈な印象を刻んでいます。


 No.133  20061127  ユーゴ化するイラク

 バクダッドで二〇〇人余りが死亡し、二五〇人が負傷するという最大規模のテロが起こりましたが、今後ともアメリカの思惑どおりにはならないことは確実であり、下手をすれば、レバノン並みの三十年テロルを覚悟しなければならないかもしれません。
 この現状を解決する方法は、通常、旧ユーゴ・スラビア同様の国家分割以外にはありえないのですが、どうもこれが切り札にはならないと思われるのです。
 南部のシーエ(シーア派)地帯、バクダット周辺のスンナ(スンニー派)地帯、北部のクルド民族地帯(スンナ・ムスリム、非アラブ系=印欧語族)とスンナリ行けばおめでたいのですが、スンナ、シーエの対立はもとより、伝統的に無視され続けてきたヨーロッパ系の巨大民族(二〇〇〇〜二五〇〇万人)の出現を、イランもトルコももちろんイラクも望んでいないからです。それは、イラク、トルコ、イランもその国内に大量のクルド人を抱えこんでいるからです。トルコの支援を受けイラク領内で反イラク活動を続ける反政府勢力(イラク民主党)、イラクの支援を受けトルコ領内で反トルコ活動を続ける反政府勢力(クルド労働者党)がそれぞれ存在しているからですが、結局、周辺三国は元より、ヨーロッパ諸諸侯も新たな不安定要因の出現を望んでいないからなのです。
 アメリカ軍は開戦以来、イラク制圧戦争の蟻地獄に入り込み、既に、第二次世界大戦に参戦した期間を越えて戦い、なお、勝利し得ないでいるのです。裏返して表現すれば、イラクの戦士は日本軍以上の抵抗力を示しているのです。
 現代版十字軍たるアメリカ軍は、ハマスのパレスチナ、ヒズボラのレバノン、復活したタリバンのアフガニスタンを横目で睨みながら、テロの標的になるしかないイラクで制圧線を維持し続けることになるのです。今後も中東の混乱は続くことになるでしょう。



 No.132  20061127  韓国の太陽政策の底流にあるもの

 もちろん、太陽政策はキム・デジュンが始めたものですが、ノムヒョン政権がなぜこれほどまでに北朝鮮への接近政策を取り続けるかは、あまり注目されていません。
 簡略化した説明をすれば、現在の韓国経済の現実的な要請から来ていると言うしかありません。
それは、競合状態にある中級品以下の工業製品で中国との競争に追い落とされる可能性があるからです。
 韓国は中国の労働賃金よりもさらに桁違いに低い北の同朋の安い労働力に期待していると考えられるのです。ケソン工業団地をはじめ、主としてヒュンダイ(現代)グループはコスト勝負の部門を北に移す事によって、競争力を回復しようとしているのですが、一方においては、さらなるロボット化、コンピューター化が深く静かに進行しており、この構想が成功するかどうかは依然として不透明です。


 No.131  20061129  例えばセルフ・スタンドについて

 高騰を続けていたガソリンの値上がりがようやく収まった感がありますが、最近増加しているセルフ・スタンドについて皆さんはどう考えておられるでしょうか。
まず、アメリカはガス・ステーション(gas station)に対する規制が日本ほど厳しくなかったために、アメリカのGSではとっくの昔からセルフ・サービスはあたりまえでした。従って、セルフ・スタンドそのものがどうこうと言うつもりはありません。
 ただ、昔からガソリン・スタンドは最も手軽に入れる低賃金労働であり、都市部の失業者のある種安全弁でもあったのです。仮に、手に職を持たない労働者がガソリン・スタンド以外に働く場所がないとして、そこからも解雇されたとした場合、彼らは犯罪に走るか、車に乗らなくなるか、車を捨てるかして、ガソリン・スタンドから遠のく事になるだろう事は容易に想像できます。
実は、この手の現象は多くの労働現場で起こっている事なのです。バブル崩壊によって雇用情勢が悪化したのは事実ですが、その本当の原因にはセルフ・スタンドと同様の機械の進歩、コンピューター化、ロボット化があるのです。
 特に、ホワイト・カラーの事務労働がコンピューター化によって職を奪われているのであり、今後ともこの傾向は続くことになると思います。
 その延長には、普通の労働者がますます職を奪われ、購買力を失っていくことが想像されるのです。従って、最後は全ての国民に一定の所得保証を行うか、全国民に一律の生活保護を行わざるを得なくなる事になるのです。
 これを、万葉集型経済(歌い、踊り、舞い、遊ぶ事に対して所得を与えなければ、消費が消失する経済の発展段階のこと)と私は呼びたいのですが、この話は別稿とすることをお許し頂きたいと思います。
 ここではこれに代え、全てがセルフ・スタンドになった場合、どうなるかを考えてみましょう。セルフ・スタンドは確かに人件費の削減に繋がり、他のスタンドが、まだ多くの人員を抱え込んでいる間は、一時的に儲かるかもしれません。しかし、全てのスタンドがセルフ化された事を考えれば直ぐに分かるのですが、結局、他よりも儲ける事は直ぐにできなくなり、最後は社長以外リストラのやりようが無くなるのです。
 そして、最後は、ロボット化されたスタンドが残るのですが、機械やロボットを搾取する事は本質的にできないことに気付くことになるのです。