No.130  20061129  有明海の海底から縄文土器が揚がる

 今年の春先から、2006 有明海・不知火海フォーラム in しまばら の準備のために島原に何度も出かけていましたが、その時、地元の漁民から海底から土器が上がると聴きました。
 この話は別ルートでも聴き込みましたので、まず、間違いないところだと思います。
 最近は漁師と言っても、弥生式土器と縄文式土器との区別程度は容易に着くのであり、決していい加減な話ではないのです。
 実は、縄文か弥生かという事は非常に重要なポイントなのです。弥生式土器であれば、明らかに船で沖に出て土器を海に投げたとか、落とした場合しか想定できないのですが、縄文となるとこれは由々しき事なのです。それは、縄文時代とは約一万二〇〇〇年前〜二千四〇〇前までとされていますが(最近ようやく稲作がさらに五〇〇年ほど遡るという事になり始めましたが)、この時代はウルム氷期(第四氷期の氷河時代)の終わりであり、この後、徐々に海面が上昇してくる時代なのです。ウルム氷期は気温で六〜一〇度C、海面は八〇から一四〇mほど低かったと推定されているのです(海退〜海進への転換)。
 このことは、縄文草創、早、前、期ぐらいまでは、浅い有明海は完全に干上がっていたはずであり、その一帯は森林に覆われ、生活の中心は食料が得やすい波際に近いところにあったと考えれば、島原沖の海底何メートルかは分かりませんが、縄文の生活址の中心があっても決しておかしくはないのです。
 この手の話は、リポートVの十月号から連載を開始した久光教弘氏の「神話と伝説」にも関係する内容ですので、ぜひ読んで頂きたいと思います。
 氏は、縄文時代において食料が得やすいのが当時の海岸線とすると、時代によっても異なりますが、現在の陸上部分で発見される縄文遺跡は、海進が終わった最後の時代の生活址に過ぎず、それ以前の多数派の生活址は海底にあると考えられているようです。私が簡略化して話せば、海進によって貝塚線も同心円状に海中に沈んできたはずであり、縄文遺跡も大半は有明海の海底に埋まっているはずなのですなのです。


 No.129  20061129  痩せた渡り蟹

 職場の団体旅行で長崎県との県境の太良町の竹崎温泉に行きました。久しぶりに竹崎蟹を食うのも良いと思ったからでしたが、明らかに期待はずれでした。竹崎蟹とは渡り蟹(ガザミ)の現地名であり、大型の美味しいガザミを誇らしげに竹崎蟹と呼んだものです。
 確かに二十五年ほど前までの有明海には今では驚くほどの大型のものが獲れ、食べきれないほどの蟹がテーブルに乗ったものでした。私も甲羅長三五〜四〇センチの蟹を二匹大皿に出され一人分だと聴いて驚いた経験があります。
 もちろん、これはイサカンの始まる十年以上前の話で、今時それを期待していた訳ではないのですが、一応ベスト3に入る老舗旅館の料理で、甲羅長二二センチは一応仕方がないとしても、実(身)が全く詰まっていないのです。
 私のものは雄蟹でしたが、私ばかりではなく、どうやら皆のものがそうなのです。
 もちろん、蟹は脱皮します。蟹は月夜(大潮)に脱皮することから、その直後には殻も柔らかく、実(身)が入っていないことが多いために月夜蟹などと呼ばれます。
 佐賀では「カワカイしよっ時んガネは食えん」(皮変えしよる時の蟹は食えない)などと言います。
 このため、余程の品不足でもない限りこんなものを出すはずがないのであり、恐らくこれは有明海に満足に餌がないからではないかと考えてしまいました。
 もちろん、現在、小型の蟹は養殖されていますので一応は獲れています。しかし、タグを着けたものが有明海の外側の千々石湾などで多数上がっていることから、餌不足は否めないのではないかと考えています。
 たまにしかありつかなくなったこともあり、僅かな例だけで、蟹を云々するのは危険ですが、イサカン以降、全ての海域で多くの生物が消失し、その切断された食物連鎖の中で渡り蟹だけが肥え太るはずがないのであり、有明海の名物がまた一つ消えてしまったということは間違いがないのではないでしょうか。


 No.128  20061126  機械は人間が楽になるためのもの

 機械、ロボット、コンピューターといったものが、絶えず人間の仕事を奪い続け、大量の失業者を産みだすことによって、逆に人間が生きて行けなくなっているという現象は、手塚治虫が想定した"ロボット革命"、つまり、人間によって奴隷にされたロボットの解放を描いた話とは全く逆のものであると言えるでしょう。
 むしろ、ロボットが産業現場に大量に進出する事によって、生存さえもが危うくなっている人間(賃金労働者)を解放するための、逆"ロボット革命""人間革命"が求められていると言うのが、私達が生きる現代と言えるのです。
 この、現代版ラッダイト運動の問題については、いずれリポートとして書くつもりですが、ここではもっとプリミティブな話をしたいと思います。
 ロボットやコンピューターは既に工場やオフィスに大量に進出していますが、一般の方々には、まず、機械や道具といったものの方が分かりやすいはずですので、まず、機械と人間の関係で考えてみたいと思います。
 もしも、ロビンソン・クルーソーが多くの工作機械を手に入れたとしたらどうでしょう(実際、難破船から多くの機械を回収しますが)。この場合、機械による生産性の向上によって彼は生存が保証されますが、余った時間をさらに豊かな生活を得て、その余力を探検とか創作活動などの別のものに使う事さえできるようになるのです。
 このように機械が便利であり人間を幸せにするという事実は疑う余地がありません。
 しかし、この機械が無人島の自給自足経済ではなく、「産業的社会」の中に持ち込まれると状況は一変します。ロビンソンは自分が必要なものの生産のために道具、機械を使う事によって、必要な分だけの生産を行い、そのための労働を軽くでき、十分に楽になれるのですが、もしも、農奴が機械を使わされる事になると、働く時間は前と同じにしかならないはずです。当然ながら、今までより増えた生産物や収穫物は全て領主に巻き上げられることになります。さらに、あまりに効率が良くなれば、その余剰を与える量を増やすために、農奴でさえなくなり棄民の群れに落とされてしまう事になるのです。
 基本的には、我々が生きる現代も同様であり、天皇や皇族はもとより、株式所有者や不動産所有者、さらに言えばホームレスといった一切、労働に携わらない人間には全く心配がないことなのですが、賃労働と資本の中で生きるまっとうな人間には全く幸せは保証されない事になるのです。
 まず、資本主義社会に限定されたものではなく、用語上の問題はありますが、封建社会でも見られる「産業的社会」の普遍的現象なのです。


 No.127  20061126  商店街で生き残っているものと人間に残された仕事

 シャッター商店街の話はもはや言い尽くされた感がありますが、現在、商店街で一応残っているものと言えば、床屋、美容室、花屋、ラーメン屋、寿司屋、魚屋、眼鏡屋といった機械化の難しいものに限られ、単なる小売店や八百屋、果物屋といったほとんど加工を伴わないものは存続できない状態にあります。
 機械化、ロボット化がどんなに進もうとも、ロボットに顔を剃って貰う勇気のある人間はいないはずで、床屋だけは最後まで残るのではないかと思います。
 私も釣り師の端くれですから、それなりに魚を捌くことはできますが、お造りを作るとなると、できないわけではありませんが、さすがに億劫になります。つまり、機械化、コンピュータ化が進む中、人間に残された仕事とは、よほど人が嫌がる仕事(墓掘り人夫、し尿処理業者)とか、機械、ロボット、コンピューターに置き換えることができない部門しか残されていない事が分かります。
 前述したもの以外で考えれば、売春、ソープランド、マッサージ、ファッションヘルス、ホスト、結婚詐欺師、投資詐欺師、ある種詐欺のような、牧師、神父、神主、坊主、それに、泥棒、スポーツ選手といったある種頭を使わない、心のサービス、肉体的サービスを提供する分野、直接的な暴力を使う分野であることが分かります。
 ついでに言えば本当に必要かどうかは別として法的な規制によって囲い込まれた独占的業種、弁護士、税理士、司法書士、土地家屋調査士、社会保険労務士といった法的に簡素化してしまえば吹き飛んでしまうような業種は規制を強めて生き残っているのです。
 つまり、まっとうな正業は既に極限まで機械化、ロボット化、コンピュータ化が進められ、本来、機械を使うことによって幸せになるべき人間が機械に仕事を奪われ、不幸せになり、殺される羽目になっているのです。
 我々は悪い事をせずに生きていくにはどうすべきであるかを本気で考えるべき時代に入っているのではないかと思うものです。かつて、マルクスはヘーゲルの疎外を発展させ、人間が自己の作りだした生産物、制度などによって支配される状況を想定しましたが、コンピューターに悩まされる中高年や書類の山や多くの規則に悩まされる公務員などはその典型かもしれません。


 No.126  20061126  詐欺師を経済警察に、暴力団を警察官に採用せよ!

 社会の変化によって犯罪形態も変わったために、自宅に現金を置く人間は少なく、窃盗といってもアジア系窃盗団などによる直接的な強奪犯は全体の中では少数派であり、勢い、オレオレ詐欺、投資詐欺、ネット販売詐欺が中心になっているのは言わずもがなでしょう。
 戦時中に経済統制法違反を取り締まる目的で設立され、闇米などを取り締まった経済警察という特殊な存在がありましたが、現下の詐欺商法の横行に対して、政府が有効な処置を取れないのならば(取ろうとしていないのかも知れませんが)、この裏の世界に精通した詐欺師集団を組織的に採用し(特別経済警察官)、この取り締まりに当らせるのはそれなりに効果があるのではないかと思うものです。
 同様に、暴力団員も採用し暴対策に当らせるのは十分にありうる事で、平和ボケしてサラリーマン化した現在の警察官に暴力団対策などできない道理なのです。
 もはや、ハッキングやネット詐欺には、コンピューターに精通したオタクを使わない限り、規則でがんじがらめにされている現行の警察官に対応できないのは当り前の事なのです。
 もちろん「鬼平犯科帳」はそれなりの史実に基づいたフィクションですが、ここにも多くの犯罪者が採用され、大きな役割を演じていますが、英国の王室海軍が、元々、海賊の正規軍化されたものであった事を考えれば良く分かるのではないかと思います。
 私に言わせれば、株式販売自体がある種の詐欺であり、マネー・フローをどうにかしなければ経済秩序の安定はありえないと思うのですが、株式、国債、社債、先物取引、その他の金融商品の一切を廃止し、マネーを本来の兌換通貨に戻すべき時代が到来しているのではないかと思うものです。
 私に言わせると、暴力団員と警察官とは、その社会的性格としては金持ちの支配階級を守る暴力組織か、非合法集団の暴力組織かの違いしかないものであり、基本的には同じ物なのですが、これほど、国家の富が一部に偏り始めると、それに不満を持つ連中が犯罪に走り、その取締りをするための多くの経費を掛けるよりは、低賃金でも確実な職業を与える方が国家として安上がりになるはずなのです。その意味でも、犯罪に走る人間を正業としての警察官に廻す方が良いと言えるのです。かつては、過剰労働力が戦争によって処理されていたのですが(成人間引き)、平和な時代には別の形で問題が発生してしまうのです。


 No.125  20061119  大相撲はいつ消えてくれるのか?

 十五年ほど前から、職場で大相撲が話題になることがほとんどなくなりました。このある種醜悪な国技に対し何の価値も見出してはいませんが、現在、二十〜三十代の若者で相撲に興味をもっている人は、私が知っている範囲では皆無ですし、仕事が終わった後でも職場で大相撲中継を見る人はすっかり消えてしまいました。 
 もちろん、多少とも相撲に関心を持っていた高齢者が世代持ち上がり的に消えていったからです。事実上は金生活者達だけが大相撲を見ていると言えば誇張になるかもしれませんが、実態は既にそこまで来ているでしょう。
 してみると、どう考えてもあと十数年もすれば大相撲はそれを支えるファンの中核部分を失うように思います。
 このことを相撲協会の幹部が理解していないはずもなく、最終的にはNHKの放映権料だけで維持される国策競技(宮廷舞踏)になるのかも知れません。


 No.124  20061119  古田史学の会会員の獲得

 我がリポートの某ライターが、数年前からしきりと古代史に関する話をしていたので、昨年から古田史学の会会報を定期購読してもらっていました。同会では、定期購読者になると一応は会員扱いになります。昨年は購読者をライター氏と併せて二〜三名は増やしましたので、その分会員が増えたことになります。
 ところが、米田良三氏の『法隆寺は移築された』、内倉武久氏の『太宰府は日本の首都だった』といった古田武彦氏の九州王朝論の周辺に位置する一連の著作を紹介し、数年前までは古田史学の会の目立った論客であった室伏志畔氏を中心とする「越境の会」の『越境としての古代』TWを貸し出し、同氏の『日本古代史の南船北馬』『白村江の戦いと大東亜戦争』といったところを読んで頂いたところ、ライター氏はにわかに嵌ってしまわれ、古田武彦氏の初期三部作(『「邪馬台国」はなかった』『失われた九州王朝』『盗まれた神話』)を読むのもそこそこに、古田氏の六十冊を超える著作群をすっ飛ばして、一気に、室伏氏の『伊勢神宮の向こう側』『万葉集の向こう側』『大和の向こう側』『法隆寺の向こう側』『王権の向こう側』といったいわゆる"向こう側シリーズ"まで注文して読み始めたのでした。このままでは、古田史学の会員ではありつつも、新たに越境の会の同調者(「九州古代史の会」の会員を獲得してしまった事になるのかもしれません)を増やした事にもなるのかも知れません。もちろん、両方に入っておられるメンバーは他にも多数おられますが、ついつい、「基本を忘れないように」と余計な忠告をするはめになってしまいました。ただ、「残りの人生が短い!」との話も分からないではありません。室伏氏への熱病から醒められれば、再度、古田先生の他の著作に舞い戻られるかもしれません。古代史ファンというものは、結局、そのようなものなのかもしれません。
 私は、理解しているなどおこがましい限りですが、一応は古田史学の全貌にふれた上で(まだ、読んでいないものも一部ありますので、敬意を払い尊重した上で)、その周辺にも手を伸ばしているつもりです。室伏流(彼は幻想史観=幻視と表現しています)の一定程度実証性を無視した(省略した)論証に魅了された人物を産み出したのではないかと思うものです。
 ただ、現在の大和王朝一元史観を信じ込む愚かな古代史ファンに対しては、有効な武器にはなるはずであり、一概に否定する必要もないのではないかと思っています。
 なぜならば、古田史学の緻密な論証をもってしても数十年の永きにわたって無視し逃げまわってきたのが戦前の皇国史観の裏返しである戦後の一元史観の人々であり、いくら精緻に論証しようが、自らの地位の保全のためだけに、自分に対してもウソをつき続ける御用学者には意味がないことなのかも知れないのです。所詮、確信犯を説得してもしょうがないのです。
 仮に室伏氏の言葉を借りれば、「金石文を造作し、墓誌さえ抜き取り、一切が造作された大和古代史の中で、文献だけがお行儀よく歴史そのままに座っているなどとどうして信じられようか。かくして畿内七道の好字を付けよというたびたび出されたお触れの意味が何を意味するかについて、われわれの考えもしなかったうかつさを何に譬えよう。」( 『大和の向こう側』 隠された国盗り物語 室伏志畔 )となるわけです。
 実際そうだと思います。神話は全てウソだとするのも戦前の裏返しでしかなく、古事記、日本書紀以外は全て偽書でありインチキだとするのも学問ではないはずで、自分は大和朝廷、従って現在の天皇制に尻尾を振る学者ですよと言っているだけのことなのです(こんなものは学問ではない)。
 いずれにせよ、多くの古代史に関する本が読まれ、万世一系の天皇制などといったとんでもないデマが放逐され、まともな研究が行われることは良いことだと思います。
 いずれにせよ、ライター氏の今後を見守りたいと思います。私も、そろそろ、有明海周辺の百済系などの渡来系氏族をテーマに「錦江」「日羅」「御船」という雑文を書きたいと思っています。


 No.123  20061118  ゴルフ場の複林

 "64.紅葉するボタ山"においてボタ山の再生の話をしました(後段参照*)が、拙著「有明海異変」でもゴルフ場の複林についてふれています。
 それはさておき、ゴルフ場の里山化(複林)について考えていました。ゴルフ場の構造は、表面は緑のグリーン(妙な表現ですが)に覆われていて、あたかも管理された自然のように見えるのですが、実はそうではありません。 
 そのことについて全国のゴルフ場の現状を考える時、このゴルフという愚劣極まりない産業を一応まっとうな生業であるとしても、既に過剰供給状態にあり、国民所得の更なる低下が予測される中、オーバー・ストアー状態を解消すること無くしては業界の再生もママならない状況にあるはずなのです。
 減船、減反、減員と同様に、ゴルフ場の絶対数を減らす際に、その跡地をどうするかという問題を考えていました。

 通常、ゴルフ場の芝生には大量の農薬や肥料が投下されます。また、雨の多い日本ではコースのクローズを極力減らすために、どこのゴルフ場も水捌けの良い構造になっています。芝生の下には僅かな表土を残して砂が敷かれ、さらに排水用のコルゲートパイプなどが張り巡らされているところもあります。このことは、ゴルフ場とは見た目の印象の草原とか野原とかいったものではなく、むしろ百数十ヘクタールの広大な屋根や駐車場とでもいった代物に近いわけで、そこに降った雨は一気に排水溝を通して河川に流れ込む仕掛けになっているのです。
 谷山鉄郎氏はこのことを『日本ゴルフ列島』という本の中で詳しく説明をされています。
 「ゴルフ場の土は、そこにもともとあった自然の土は使わない。(中略)あの目のさめるような深い緑は、サンドグリーンと呼ばれるように、砂主体の人口土壌から作られるのである。表層三〇センチは混合土壌とされているが、実際は直径一ミリ以下の細砂が八〇%とピートモスという有機物が二〇%で、その下に粗い砂が敷き詰められていく。基盤には直径一〇センチの無数の穴のあいた排水管が、上空から見れば魚骨や、人間の肋骨の形に、四・五〜六メートル間隔で枝管をのばしている。枝管が集まってゆく中央の部分に排水管が通り、降った雨がグリーンにたまって水たまりを作らないよう、ゴルフ場の周辺に造られたダム(調整池)へ直行する。つまり、甲子園などの野球場で野球が雨で中止になる時でもゴルフは続けられるように、排水第一に造られるのである」

拙著「有明海異変」


 このため、コルゲート・パイプなどを引き抜き、内部構造を変えなければ里山の複林は不可能と半ば諦めていたのですが、良く考えれば、パイプもいつかは目詰まりしますし、逆に目詰まりさせるために蓋をするか、排水溝を埋めれば全体を目詰まりさせることは十分に可能なのです。
さらに言えば、ボタ山さえも複林するのですから、さらに平坦な構造のゴルフ場が複林できない訳がないのです。要は阿蘇の人為的な大草原と同様ですが、人手が入らない環境を維持しさえすれば、たちどころに複林への道が開けるはずなのです。

*) 64.紅葉するボタ山

さて、ボタ山と紅葉とは奇妙な取り合わせですが、農水省が行った愚かな拡大造林政策のつけまわしによって多くの山が売れもしない針葉樹に変えられ、美しい日本の紅葉が捜さなければ見つけることのできないものになってしまったこの頃ですが、私の住む武雄町のすぐ隣町の街中に毎年確実に紅葉する山があります。
 場所は長崎自動車道の武雄・北方インターから一キロ余り北に入った県道脇ですが、大きなボタ山が炭鉱閉山から四十年余り放置され、確実に自然が回復しているのです。
 ここから東には、現武雄市北方町(旧北方町)、大町町江北町と佐賀県の旧産炭地が並んでいます。西杵炭鉱、明治興業所、杵島炭鉱と、この地域には最盛時数万人の炭鉱労働者の家族が生活していたのです。
 朝鮮半島や揚子江以北の中国大陸ではその気温が多少低く降水量も僅かに少ないために、一旦切られてしまった森は容易には復元しないのですが、日本とは三十年もすれば採炭ガラの荒涼としたボタ山でさえも山に戻る天恵の地なのです。今や、ここ北方町のボタ山では完全な広葉樹の森が再生しつつあるのです。中略古墳を考えれば分かることですが、日本とは、ただの立入禁止の禁足地を設けさえすれば、三十年にしてたちどころに森が再生する国なのです。
 また、これほどまでに植物の再生力の強い環境であったからこそ、絶えず雑草と格闘しなければならないことからくる国民の勤勉性も生まれ、勤労意欲も育まれたのですが、コンクリートと除草剤はそれさえも殺ぎ落としつつあるのです。
 ともあれ、人間の生産活動から切り離されたボタ山のようなところだけで自然の再生が始まっているということは象徴的ですらあります。



 No.122  20061118  佐世保の朝市

 九州で朝市と言えば、一応は佐賀の呼子(ヨブコ)、恐らく日本最大の鹿児島の二つの朝市となりますが、手ごろな場所で手軽に行ける朝市で非常に熱気があるのが佐世保の朝市です。
 上五島、中五島へのフェリー・ターミナルの直ぐそば、JR佐世保駅から歩いても一〇分たらずの場所に、数十人の売り子が店開きする朝市が毎日おこなわれているのです。
 鹿児島と並び、背後に大きな商店街、飲食店街、住宅街を持つこの朝市は、単なる観光用の客寄せパンダ的なものではなく、まさに地域の生活に根ざした、生きた朝市であり、市民の台所なのです。さらに言えば、佐世保の生活文化さえも垣間見ることができる、生きた博物館の趣さえも持つものです。
 私は、殻付きのカキならば自ら伊万里湾に打ちに行きますが、フライや生食用の牡蠣となると、大ぶりの九十九島産の養殖牡蠣を朝市まで買いに行きます。
 先日も朝六時半に家を出て佐世保の朝市で牡蠣を買い求めましたが、八時半には十分に戻ってこられますので、正月前になるとリック・サックを背負い、おせち料理の材料を調達するために買出しに出向く事になります。大型店のスーパーやデパートなどの出来合いの物を買うのではなく、できるだけ地場のものを調理して食べたいものです。


 No.121  20061112  ポール・ウナ・カベーサ(Por una cabeza

 なんとテレビのコマーシャルのバック・ミュージックとしてアルゼンチン・タンゴの名曲ポール・ウナ・カベーサ(Por una cabeza)が流れていました。誰の演奏かは確認していませんが、パテトロ・センチメンタルやヴォルベールなどと並ぶ、センチメンタルこの上ないこの曲であることは間違いありません。タンゴ・ファンの中では、カルロス・ガルデルの名曲として有名ですが、流れている演奏は、日本のマエストロ小松亮太なのかもしれません。確か彼のアルバム「ラ・トランペーラ」(うそつき女)にこの曲が入っていましたので、今のところ確認せずに勝手に思い込んでいます。秋から冬に向かう季節にはセンチメンタルな時期ですから多少仕組まれているのは致し方ないとしても、慌てて、ガルデルの二枚組みCDを引っ張り出して聴き始めました。

 Por una cabeza de un noble potrillo que justo en la raya afloja al llegar

 高貴な若駒に首の差で負けたさぁゴールだと気を緩めたそのときだった帰ってくると

 Por una cabeza は、そのまま英語に直せば、For a hed となりますが、一般的には「鼻の差」などと訳されています。
 私も環境問題などといった客観的には何の価値もない事(人間が壊す行為を止めようとしている進歩性の一切ない運動)に関わっていなければ、日本最大のタンゴ愛好団体である"すいよう会"にでも参加して、アルゼンチン・タンゴにのめり込みたい気がしますが、思うにまかせません。秋も深まると、コマーシャルでタンゴが多用されますが(Eビールも最近使い始めましたが)、最近は明らかにヨーロッパ・タンゴ(コンチネンタル・タンゴの意味)ではなく、渋いけれども洒落たアルゼンチン・タンゴの名作が使われています。多少は時代が独創性、独自性が求め始めている象徴のようにも感じます。


 No.120  20061112  一時的に撤退したネオ・コンの誇張された履歴書について

 アメリカの中間選挙で共和党が負け、ラムズフェルドが引っ込んだ。もちろん、これをもってアメリカの権力構造に大規模な変化が起こったなどと考えるのは、全くの誤りでしかなく、外交政策において、しばらくは大人しくなる可能性があるという程度の話でしかないでしょう。
 さて、ネオ・コン=新保守主義者の全体像というのは大げさですが、その一面に過ぎないにも関わらず、あまりにも過大に評価され誇張された側面について書いておく事にします。
 彼らはブッシュ政権の中に巣食う超タカ派の中の一分派ですが、ラムズフェルド(元国防長官)やチェイニー(元副大統領)といった伝統的右派、さらにカール・ローブといった偏狭なキリスト教右派と異なる、かなり、広がりを持った勢力と言われ、伝統的右派やキリスト教右派に対して、ネオ・コン=ネオ・コンサバティブと言われたのでした。まず、このネオ・コンの代表的な人物を一覧すれば、
 ウヲルフォビッツ(元国防副長官)、ボルトン(元国務次官)、ウルジー(元CIA長官)、アービング・クリストル(「ウイークリー・スタンダード」の元編集者)他多数といったところになりますが、このアメリカ国防省などに巣食う変節したほんの僅かな知識人の一部が一時期アメリカのトロツキスト党SWP(社会主義労働者党)もしくはその分派のメンバーであったことは事実のようです。この程度の話は日本の知識人にも良く見られる話であり、それほどめずらしい現象というほどのものでもないでしょう。もちろん体育会系の愚か者が国際情勢の分析者になれるはずはないのであり、蛇の道は蛇とは言えるのです。
 さて、アメリカ共産党のことは今や完全に忘れ去られていますが、ロシア革命のドキュメントでもある、名著「世界を揺るがした十日間」(岩波文庫)を書いたジョン・リードを中心に、帝国主義の中枢であるアメリカで結成された共産党(後にアメリカ共産労働党とに分裂)とは全く別個に、一九三〇年代にアメリカ国内でもトロツキスト党が拡大します。フランスを始めヨーロッパ全土の共産主義者=トロツキストの組織が、ヒートラー・ナチスやソ連軍の直接占領、さらには各国共産党によって物理的に破壊され潰滅させられる中、唯一、アメリカのトロツキストだけが勢力を維持し、戦後に引き継がれます。後にヨーロッパでもトロツキストは勢力を劇的に拡大させますが、第二次世界大戦直後、国際的なトロツキスト運動の中心は一時的にアメリカにあったのです。
 三〇年代、トロツキーはヨーロッパからも追放され、メキシコに亡命していましたが、スターリン主義者の手先(ラモン・メルカデル)によるテロにより、ピッケルで頭を割られ死亡します。もちろん、死の直前までトロツキーはスターリンとスターリニスト官僚に対する徹底的な批判と闘争を続けますが、自らが打ち立てたソ連邦の労働者国家としての部分的革命性を評価し続け、「労働者国家無条件擁護」の戦略を降ろしませんでした。その後、第二次世界大戦後の国際情勢の激変の中でトロツキーを失った全世界のトロツキスト党は新たな戦略を模索して苦闘しますが、さらに冷戦が始まる中、いち早くスターリン主義の犯罪性、反革命性を意識したトロツキストの中で、反動的な既存の各国共産党の運動、そしてその中心(コミンテルン、その後のコミンフォルム)たるソ連邦をどのように評価するかを巡ってスターリン主義者のソ連邦をなおも擁護するのか?それとも絶対に支持すべきではない!とするのかと言う極めて深刻な戦略を巡る議論が起こるのです。 
 これがその後の国際的なトロツキスト運動の対立に発展し、あくまでもソ連邦を擁護する国際書記局派IS派(パブロ)と、絶対にソ連邦を擁護すべきではないとする国際委員会派(キャノン)IC派との分裂をもたらします。
 アメリカのSWPは、当初IC派に沿って動きますが、その後IS派とIC派の一部が統一して形成された統一書記局派US派に移行しますが、これを許さないグループはスパルタシスト・リーグとして、七十年代に一時期世界最大のトロツキスト党となるイギリスの社会主義労働者同盟SLL(後の労働者革命党/WRP)などとIC派を継承します。
 東欧の衛星国家の拡大、毛の中国(こんなものを一瞬でも社会主義国家だったなどと考える人間は最終的に消失したでしょうが)やチトーのユーゴスラビア、キューバ、ベトナムなどをどのように評価するのか、また、いわゆる共産圏の拡大に対する幻想の中で、既存の社会党、共産党などへの加入戦術論争などが派生してくるのです。これらの対立について、トロツキストの戦略としてどちらが正しかったかは、もはや、明らかですが、今や幟を揚げたスターリン主義者(毛沢東主義者)の組織などネパール以外には事実上存在しなくなった現在、これらの論争は実質的な意味は失っていると言わざるを得ないでしょう。
 ただ、映画「キューポラのある町」などにも登場しますが、戦後の一時期、北朝鮮への帰国運動(北は夢の国)を積極的に推進したスターリン主義者や、スターリン主義者のホーチミンのベトナムや中国に革命性を錯覚した人々に革命家としての前衛性など全くなかったことだけは間違いないでしょう。
 戦後、直ちによみがえった一部のトロツキスト左派が世界情勢に対して最も優れた分析力を持っていたことは間違いがないのですが、まず、マックス・シャハトマンが国家資本主義論者としてSWPを離脱し、新たに労働者党を結成すると、フィリップ・セルズニックのグループはその内部にシャーマン分派を形成します。その中に前述のネオ・コンの論客アービング・クリストルもいたのですが、この中からスターリン主義を絶対に許す事ができないあまり、純粋反ソ主義者(真正右翼とでも表現すべき)に変質していく部分があったというのが真実であり、そのまた、僅かな一部が変節を重ね、ペンタゴンのソ連研究スタッフになっていったのだと考えられます。
 結局、既に現役を引退しているアービング・クリストルが一時期SWPに籍を置いたことがあったという程度の話でしかなく、ブッシュに一定の影響を与えていると言われる有力紙のウイークリー・スタンダード紙の編集者である息子のウイリアム・クリストルなどは一度も左翼と関わった事はないのです。
 今回の一文にはむろん政治的な意図はありません。ただ、"ネオ・コンがトロツキストである"などと言われる非常に誇張された話は以前から気になっていましたので、一応、簡単なコメントを加えたものです。ほんのしばらく前まで、中国や北朝鮮を夢の国のように描いていた連中も少しは科学的な思考を追及してもらいたかったものですが、CO2温暖化論が蔓延する時代ですから、基本的な構造は全く変わらないのかもしれません。ただ、現在でも近藤邦明氏がいるように、気付かれていないだけで、何時の時代でも過去、現実、未来を見透している人物はいるものなのです。


 No.119  20061115  19期将棋龍王戦(渡辺明龍王VS佐藤康光棋聖)第三局

 将棋の観戦記を書こうという訳ではありませんが、何の意味もない、一切価値のない残業の合間を縫って龍王戦を観戦しに行ってきました。場所は長崎県の造船の島、西海市(旧大島町)の大島、大島アイランド・ホテルです。
 朝八時に将棋仲間と武雄で待ち合わせて対局場に向かいました。六〇キロ程のところですから、九時過ぎにはホテルの大盤解説会場に入りました。同行した同好の友人は佐賀市在住の自治体職員と水郷柳川の植木職人です。まずは、気の置けない仲間というところです。
 当然ながら、龍王戦はNHKが衛星放送で中継しますので、会場に入ると、丁度、大盤解説の本番が始まっておりテレビの撮影中でした。私達は勝手知ったるベテラン観戦者ですから、早々に二列目に陣取り、大盤解説を聴き始めましたが、野照市九段と鈴木大介八段が局面解説をされていました。
 俗に一秒間に一億と三手読むと言われる剛直流(緻密流ではない)のサイボーグ佐藤が、相矢倉からの飛車捨ての強襲に入る局面でした。もちろん、観戦記者ではありませんので局面解説はできません。しかし、結果は佐藤が薄い攻めを繋ぎ、まずはどちらが勝ちか全く分からない局面が続きましたが、最後は渡辺が指運(ユビウン)で勝利を拾うという実に素晴らしい内容の将棋でした。これで渡辺の一勝二敗になったわけですが、もしも、挑戦者佐藤がタイトルを奪取することになると、七つのタイトル全てを羽生善治(王将、王位、棋王)、森内俊之(名人、王座)、佐藤康光(龍王、棋聖)という、かつての島研(島朗研究会)メンバー三人で独占するという時代になるわけです。もっとも、羽生善治が一人で七つのタイトルを独占していた時期もあるのですから、まずは、島研第二期黄金時代の到来とも言えそうです。
 この大島は崎戸島(旧崎戸町)と橋で繋がっていますが、この二島周辺には今なお三〇センチ級の尺キスが狙える場所があります。リポートT掲載の"阿漕"に添付したキスの写真もこの島で釣ったものでした。また、大島は今なお操業を続ける造船所の島ですが、崎戸は数十年前に閉山した炭鉱の島です。現地を訪れられれば、今なお、当時としてはめずらしかっただろう鉄筋コンクリートの高層アパートの廃墟が残っています。既に、中学の若手教師が石炭の現物を見た事がない時代になっていますが、今でもこの辺りに行くと、石炭の欠片が拾えます。
 一方、現在もこの旧崎戸町では蛎の浦の傍の某工場において塩が生産されています。それも半端な量ではありません。ネットで調べれば直ぐに分かるはずですが、確か九五パーセント以上はあったと思います。
 塩の専売制は瀬戸内海などの地場の製塩業を破壊して戦前に確立しますが、工業的、化学的に便利な純塩が求められたために、完全な(純度99.99…%Nacl(塩化ナトリウム)一色に変えてしまったのが、この工場の操業だったと聞いています。戦前から現在まで続いた塩の一元化によって、漬物、佃煮、味噌、醤油から日本料理全般に至るまで、日本人の味覚が破壊され、一元化され、金太郎飴化された一端がこの国策の延長にあった事は知っておくべきでしょう。
 最後に、崎戸という地名の意味ですが、現地に行かれれば直ぐに分かるとおり、西の御床島(ミトコ)という浅瀬の手前にある崎戸島と崎戸本郷の間の海峡が崎戸(裂け門)であったためと考えられます。先端の満潮になれば潮を被る御床島は狭義の崎戸島にある乙姫神社の聖地、御床(ミトコ)であったことでしょう。
 いいかげんな地名考証はこれ までにしますが、この対局は実に素晴らしい感動を与えてくれるものでした。現在、世の中で信用できるものとは、将棋や囲碁ぐらいしかないと思います。相撲やカメダのボクシングを見てワクワクできる方々は実に幸せとしか言い様がありません。


 No.118  20061112  土木屋は理工系にあらず

 リポートVの九月号 151"打ち水大作戦"の大間抜け(ヒート・アイランド化の最大の原因者である国土交通省が打ち水の水を配る)において、国土交通省のホーム・ページを引用しました。


大都市の下水道は打ち水大作戦を応援します!!(お知らせ)

 

平成18年7月14日<問い合わせ先>


都市・地域整備局下水道部下水道企画課(内線34133TEL035253-8111(代表)

国土交通省のホーム・ページから

 


 "大都市の下水道は打ち水大作戦を応援します!!(お知らせ)"にはさすがに驚きました。
 なぜならば、このホーム・ページを堂々と公開しているのが、都市住民が使う膨大な量の水をほぼ、全量地下に流し込んで平然としている都市・地域整備局下水道部下水道企画課だったからです。
 彼らは高給を食みながら、驚く事に、ヒート・アイランド対策と称して"打ち水"用の水をバケツで配って廻っているのです。
 "CO2地球温暖化論"といったデマは別として、ヒート・アイランド現象とは、"地球温暖化現象""炭素循環""海洋の熱循環"といった複雑極まりないものではなく、主として都市という限定的な空間で起こっている局所的な現象であり、太陽熱の入射、大気による反射、地表への吸収、大気への吸収、地表からの熱放射、大気への吸収、直接宇宙空間への放射、大気からの熱放射、地表から大気への熱伝導、温室効果、水循環による蒸発(潜熱)といった物理的法則に加え、都市の廃熱(暖房、車、体温)などによって決定されているものであり、その原理は高等学校で教えている最も基本的なものなのです。
 ヒート・アイランド現象が、いわゆる都市化とその乾燥化とともに発生したとは言え、この現象は皆が経験的に知っているとおり、戦後の土木工事の増大と共に発生したものであり、都市の水循環を破壊し地表から水を奪い、巨大な排熱能力を持っていた水循環を決定的に破壊した事から起こったものなのです。
 もちろん、上水道は下水道に先行して整備されました。この時期、都市に持ち込まれ河川に放流される水の絶対量は増えたと考えられます。その後、後追いのように下水道が普及しはじめ、徐々に都市の表層水は減少し現在に至ったのです。
 もちろん、下水道化だけに都市のヒート・アイランド化の原因がある訳ではありませんが、仮に降雨量が以前と変わらないとして(これも非常に怪しいいのですが)河川の雨樋化、地表のコンクリート化、地下河川の拡大、都市廃熱の増大などの結果として都市のヒート・アイランド化が進んでいるという事ぐらいは理解できても良さそうなものではないでしょうか。
 ここまで書けば、"大都市の下水道は打ち水大作戦を応援します!!"と書く土木屋に最低限度の科学性もないことは明らかです。
 土木の人間とは、一応は理工系の範疇にあるとしても最も科学的な思考ができない人々ではないかと思わざるを得ません。


 No.117  20061117  英語が話せることと英語で話せることとは違う

 英語教育が重視されることが悪い事だとは全く思いません。というよりも、好むと好まざるとを問わず、英語が今なお国際語として世界で通用している以上、避けては通れない現実なのであり、受け入れなければならない事実でもあるのです。
 ただ、非常に気になることがあります。それは、英語を話せる人間が増えているとしても、また、仮に英語が流暢に話せたとしても、外国人から「伊勢物語をどう思うか」「バルチック艦隊を撃破した東郷とはどのような人間だったのか」といった類の質問を受けた時にどのように答えるかを考えれば分かるのですが、いくら英語を話せたとしても、話す内容がなければ、それはおろか、東郷とか秋山が誰かさえ知らなければ、何の意味もないという事になるのです。
 今なお重要なのは、日本人に対してであれ、外国人に対してであれ、正確に意志を伝えられる事は当然として、同時に、独立した明晰な考えを持つ事なのです。
 この事は、ワープロやコンピューターが普及し始めた当初はそれが使える事が持て囃されたのですが、誰でもが使うようになるや、重要なのはワープロで何が書けるかであり、コンピューターでいかなる情報を選択できるかになることでも分かるのです。
 同様にネットで大量の情報が得られるような時代になればなるほど、重要なのはその情報の量ではなく、その内容であり、独創性にあることが分かるのです。
 ただ、私の場合は英語を勉強しないと駄目ですね。英文もまともに読めない上に、英作文に至っては絶望的な気がします。
 英語版を書けたら良いのですが、私にとって、英作文は英訳より百倍も難しいのです。リポートV 十一月号掲載の佐藤論文を羨望のまなざしで見詰めるこの頃です。

有明海の豊かさとその危機
佐藤正典


Richness of Ariake Sea in Kyushu, Japan and its crisis by human impacts.

Masanori Sato


 

890-0065 鹿児島市郡元1-21-35鹿児島大学理学部地球環境科学科.
Department of Earth and Environmental Sciences, Faculty of Science,
Kagoshima University, Kagoshima 890-0065, Japan.
E-mail: sato@sci.kagoshima-u.ac.jp



Abstract: Unique characteristics on environments, biodiversity, and bioproductivity, which are related to the rich fishery productivity, in semi-enclosed shallow waters including huge intertidal flats and estuaries in Ariake Sea, western Kyushu, Japan are reviewed. The rapid environmental deterioration due to recent human impacts is a serious problem resulting in extreme reduction in the fishery productivity and the distributional range of unique fauna and flora with many endangered species.
Possible effects of some recent human impacts, especially of the large-scale reclamation project in Isahaya Bay in the inner part of the Ariake Sea are also reviewed.

Key words: Ariake Sea, Isahaya Bay, reclamation project, environmental deterioration, endangered species.

要約:九州西部に位置する有明海は、広大な干潟と汽水域を有する内湾浅海域である。ここは、環境、生物多様性、生物生産力に関して、たいへんユニークな特徴を有しており、それらはここでの漁業生産力の豊かさと関係している。しかし、近年の人為的な影響による急速な環境悪化は、有明海における漁業生産の急激な減少をもたらし、また、多くの絶滅危惧種を含む特異な生物相の生息域を急速に縮小させている。いくつかの重要と思われる人為的な影響(とりわけ諫早湾干拓事業の影響)について概説する。

キーワード:有明海、諫早湾、干拓事業、環境悪化、絶滅危惧種


 No.116  20061112  海岸の二音地名 T(佐賀)

 なぜか海岸部には二音地名が多いということに気付いていました。このことについても書いておこうと思います。
 興味をお持ちの向きには、まず、山陰本線の駅名を調べてみられれば、たちどころに多くの二音地名を拾えますが、波子(ハシ)、乃木(ノギ)、波根(ハネ)、木与(キヨ)、久手(クテ)、仁万(ニマ)、奈古(ナゴ)、萩(ハギ)、由良(ユラ)、須佐(スサ)、馬路(マジ)、佐賀県でも玄海灘側の唐津市佐志(サシ)から西へ浦(ウラ)、波止(ハド)、串(クシ)、有明海側の多良(タラ)、里(サト)といった地名が拾えます(干拓地によって内陸に残された二音地名はこの際無視します)。
 山本(ヤマモト)というような二字の四音地名が一般的なのですが、二音地名とは、とりあえず南方系の海洋(漁労)民族が住み着いた地であり、コメを作らないことから、律令制からも外され、二字の四音地名といった原則の領域外とされた可能性があるのではないかと考えています(文武律令期の"好字二字"の規定)。
まず、海岸部に多いことから、マライ・ポリネシア系もしくは中国の江南地方の海洋民族が移り住んだのではないかと考えているところです。
 フィリッピンならルソン島のナガ、セブ島のセブ、パナイ島のイロイロ
 弥生時代から古墳時代にかけては、半島から多くの渡来人が移り住んだと言われますが、それに先行する海洋民族が持ち込んだ痕跡地名ではないかと考えていますが、今後、ひまひまに、拾っていきたいと思います。