No.115  20061114  子供の"いじめ"は問題にされ、大人の"リストラ"は無視される

 個別の事例を詳しく取上げるつもりはありませんが、これらのいずれもが社会の最も弱い環で起こっているという思いがします。
 校長が"自殺"した事でも分かるように、子供の世界の"いじめ"は大人の社会の隅々で起こっている事が子供の世界に置き換えられた現象でしかないでしょう。大人の世界の"いじめ"であり"自殺"が子供の世界の"いじめ"であり"自殺"であるという思いがします。
 教師は校長や教頭からいじめられ、自殺した校長は教育委員会や県(もしくは教師から)からいじめられていたはずなのです。
 "いじめ"が大人の社会の写し替えられたものとすれば、子供の"いじめ"だけがことさら強調され、救済が訴えられ、または非難される事がまずは奇妙に思えますが、リストラによって多くの大人が無権利状態と絶望の中で失業者の群れに投げ込まれた事を考えれば、子供の世界の"いじめ"から"自殺"への流れは、大人の世界の"リストラ"から"保険金目当ての自殺"(日本は三万人の自殺が八年も続いているという実につまらない社会なのです)と考えれば、まずは、氷解するでしょう。
 事実、"自殺予告"について石原慎太郎が"ファイティング・スピリットがない奴は大人になっても一生いじめられる"と発言するや、実際に自殺する子供が出る上に、石原向けに"一生いじめられるなら自殺する"と手紙が来る始末であり、大人の世界(敬愛する宮台真司氏に言わせれば=ウソ社会)を変えることなく子供の世界はどうにもならないことが良く分かるのです。
 気安く"子供を救え!"と言うのは容易いのですが、そう言っている大人(PTA会長とかいった人々)自体が彼らの世界でたいていは"いじめる側"に廻っている訳であり、他の普通の多くの人々は自分がいじめられる側になっているはずなのです。しかし、なぜか、教師と学校を攻撃する側に廻っているのです。
 子供にいじめるな!いじめられるな!というのも気楽な話ですが、むしろ、大人になったら、いじめられる側に廻るな!いじめる側に廻れ!というのが本当の親の気持ちであるはずで、その親はたいてい大人の世界でいじめられているのです。
 いずれにせよ、子供の世界は大人の世界の縮図でしかなく、弱い大人をいじめる悪い大人や汚い大人を全ていじめて処刑し尽くし、力の差、従って貧富の差を大規模に清算する事なくしては、子供の世界に平和も来ないのです。
 自殺に走る子供は悲惨だと言われるだけ、まだましで、大人の自殺は捨て置かれているのです。生きるほどの価値のある国か!人生か!と問い続ける毎日ですが、自殺するしかない大人がこれほどいる中で、ことさら子供の自殺だけを問題にしても意味がないのです。私に言わせれば、"財産とは他人から盗んだもの"であり(プルードン)、"天皇も将軍も殿様も皆泥棒だ"―これは不正確ですが(安藤昌益)こんな連中を全て清算する事なくして、つまり自殺に追い込んだ人間を全て処刑する事なくして自殺も消えないのです。
 結論から言えば、大人の世界が、つまらない、ただのウソ社会でしかない事が鮮明になり、それがコピーされたものが子供の社会でしかないのです。無理に生きるほどの社会ではないと言うべきなのです。もっと多くの犠牲が出なければ社会は変わらないであろうことは経験的に分かるのです。生き残る人間の側にとっては、もっと多くの自殺を!もっと多くの犠牲を!と思わざるを得ないのです。
 実際、戦後の一時的な民主主義は、低劣な右翼によって引き摺り出された大東亜戦争の災禍、数百万の将兵の死、国民の生命、財産の喪失によってようやく得られたものであることを理解すべきなのです。その上に、本当の戦争責任者に至っては自決すらできない奴だったのですから。戦後のこの国のウソ社会はこの"お笑い草"から始まっているのです。


 No.114  20061112  アメリカ民主党の勝利

 合衆国の権力構造の一面を簡略化して説明すれば、軍需の共和党と民需の民主党とが交互に権力を分け合い交替して行使してきたとは言えるでしょう。
 典型的な例があります。レーガン政権期、アメリカが対ソ強硬路線の元で大軍拡に乗り出しましたが、同時期、一九三〇年代以降ニュー・ディール政策で造られた高速道路のトンネルや橋が劣化のために通行止めになる例が続出しました。これは、土木建設に対する新たな投資を行わず、軍需に集中投資したためと言われています。
 一般的に、軍需産業関連の資本家を支持基盤とする共和党と民需産業関連の資本家を支持基盤とする民主党という区分けは単純すぎますが、一応、そのような傾向はあると言えそうです。ただ、コンピューター関連産業などのいわゆる南部エスタブリッシュメントの台頭、ヒスパニックの増大、カソリックの拡大(カソリックは中絶をしない)、軍需以外のアメリカ製造業の空洞化、凋落、IT産業の台頭といった攪乱要因が増大し、WASP(ワスプ)と呼ばれる伝統的なアメリカの主流派=ホワイト、アングロ・サクソン、プロテスタントの後退、絶対的影響力の消失といった状況にあることは間違いないと思われます。特にアメリカ製造業の低落は民主党の停滞から没落をもたらしているように見えていました。
 今回の選挙では、民主党の優勢は伝えられてはいましたが、上院までもが多数派になるというのは近年ないことであり、これが大統領選での勝利を保証するものとは到底考えられませんが、アメリカ社会の底流で大きな変化が起こっているとは言えるのかも知れません。まあ、民主党がアメリカ帝国主義の裏の顔としても、一時的な変化は有り得るのです。それほどまでにイラクの蟻地獄は想像以上に大きな影響を与えているのかも知れません。早晩、アメリカはイラクから撤兵せざるを得なくなるでしょう。当然ながらイスラム原理主義勢力は勝利とすることになります。もっとも、アメリカそのものもキリスト教原理主義でしかないということはあまり知られていません。
 元々、アメリカは、プロテスタント右派、過激派、といったファンダメンタリスト創った国家なのです。
 いずれにせよ、日本猿と同じ顔をした大統領は二年後には見なくて済むのです。それまではあの知性の欠片もない顔を見なければなりません。


 No.113  20061112  玄清法印、成就院、肥前盲僧、筑前琵琶、佐賀中央碑

 玄清法印、成就院、肥前盲僧、筑前琵琶、佐賀中央碑と並びましたが、なんの事だか全く見当がつかないと思います。どれかは知っているが、これが全て関連しているということはなかなか分からないでしょうし、それがあたりまえだと思います。
 これについてはいずれ詳しく書きたいと思いますが、簡単に言うと、終戦後辺りまで、佐賀では荒神を祀る風習があり(部分的には今もあると思いますが)、肥前盲僧と言われる人々を中心とする檀家を持たない祈祷寺の法師(佐賀では山法師=ヤンボシサンと言いますが)などが定期的に祀り、なにがしかの布施を貰い生き延びてきたのです。この山法師集団は古くは筑前琵琶を奏でる盲僧集団をも形成し、山法師、祈祷師ともそれぞれ重なり合っていたのです。
 およそ三〜四十年ぐらい前まで、上越地方などには瞽女(ゴゼ)と呼ばれる盲人の芸能集団が相当数残っていたと言われます。もちろん、直接的な関係はないでしょうが、九州では琵琶法師集団として存在していたのです。
 この盲僧、山法師は、合わせて家の片隅などにある俗に"中央さん"と呼ばれる家の守り神(中央と書かれた石碑が佐賀平野には広く分布している)も祀っていたと言われています。
 この中心が、現在、福岡市南区高宮にある天台宗の成就院であり、八世紀末、最澄が延暦寺を開山する際、比叡山の毒蛇退散の祈祷を行ったのが橘氏を出自とする盲目の琵琶法師玄清法印だったのです。
現段階では詳しい内容についてはプライバシーの問題もあり、申し上げられませんが、つい最近、この末裔であるとする天台宗の祈祷寺の僧侶とお知り合いになりました。
 系図を信用するとすれば、その出自は八世紀の橘氏にまで遡るわけであり、リポートU「杵島」において武雄市橘町(明治の旧橘村)に橘奈良麿、島田麿の末裔が隠れ住んだこともとも報告しましたが、それなりの信憑性があるものと思います。
 また、青森には日本中央碑と言う非常に大きな石塔があるのですが、背後に大和朝廷に先行する古代氏族の存在さえも感じられるのです。
 この盲僧集団は九州王朝との関係も考えられており、今後調べる必要があるようです。


 No.112  20061112  八戸タウン・ミーティングのやらせ質問

 教育基本法がらみのやらせ質問の依頼のために、共産党にまで文書書いて配ったと言う、まずは、大笑いの事件でしたが、多分、現場の末端小役人には、共産党とはこれまでの実績から実害のない団体とでも理解したのでしょう.
 タウン・ミーティングばかりではなく、公聴会、・・・聞く会・・・といったものが、大半やらせでしかないことが百万言を待たずして明らかになった瞬間でした。まずは、"裸の王様"の日本版と言うべきでしょう。
 しかし、こんなものは、昔からやらせと相場が決まっているものです。
 学識経験者という奇妙な人種(学識、経験を同時に備えた者は通常いない)を集めて行われる諮問委員会、審議会、検討委員会といったものものも、ホワイト・リストから選ばれる御用学者や民間の便利屋を集めて行われるものに過ぎず、シナリオまではないとしても、この手の手合いは、こういうものを商売にしている訳であり、あらかじめ想定されている結論にあわせて自主的(自主規制)に口裏を合わせることになるのです。
 なぜなら、仮に本気で反対の意見を表明でもするものならば、次回から委員として、また、発言者として選んでもらえなくなるわけであり、全ては、免罪符作成のためのセレモニーに過ぎないのです。
 しかし、全てが"右に習え"となると、結果としてこの手の委員会が権威も尊敬も丸ごと失う事になる訳です。これについては実のところ望むところであり、逆に真実を伝達する、いわば"裸の王様を暴露した子供"の言葉が評価されることになるのです。
 結果として、"やらせは今後もやらなくちゃいけないが、やらせがやらせと分からないようにうまくやれ!"という教訓をこの実行者である国賊どもに与えたことになるのです。
 またも、教育基本法改正反対!をスローガン化されておられるホーム・ページ管理者からお叱りを蒙りそうですが、私は、明治以来の公教育の解体、消失は既に規定事実であり、その認識のもとに、文部省の解体(こんなものは、今やなくなってもなんの実害はない)、義務教育の廃止までも視野に入れた教育の開放を行うべきではないか考えています。
 一応は選択として無料の教育機関を残すとしても、学ぼうとする意志と能力を持った人間に教えるではなく、自ら学ぼうとする人間の手伝いをするのが教育であり、学ぼうとする意志も意欲もない人間を義務として訓練する事に土台無理があるのです。
 想えば、江戸時代の寺子屋には学ぼうとするものが年齢に関わりなく集まってきたのでした。そのような私教育の延長に明治維新の勃興があったのであり、義務教育が完成するまでの間の教育発展期に産み出された若者によって日清、日露の闘いに勝利する日本があったのです。そして、義務教育の完成期に成長した若者の時代になるや、日華事変、ノモンハン事変、大東亜戦争、対米戦争完敗となったのです。
 またぞろ、"タウンミーティングのあり方を考える有識者検討委員会"なる新たなヤラセが行われる事になるはずです。


 No.111  20061111  ボージョレー・ヌーボーに群れる人々

 フランスのボージョレー地方産の安酒の"新酒"をボージョレー・"ヌーボー"とするのですが、なんと、最近、日本は最大の輸入国になっているらしいのです。
 解禁日が政府(もちろんフランス)によって十一月の第三木曜日午前〇時とされていることから、ただの"安酒"を航空機を使ってまで運び、世界で最初に飲もうとする愚かな真似ごとまでが平然と行われているのですが、これをもって、文化的とかオシャレなこととか、果てはステータス・シンボルとか考える向きには、多少の恥ずかしさを感じざるを得ないものです。
 ピノ・ノアールとかカルネベ・ソーベニアンとかいった伝統的な高級ワインならばいざ知らず、庶民用の安酒をあたかもハイ・ソサイエティーの象徴でもあるかの如く取り扱うのは、自由とはいえ、浅薄としか思えないのです。日本の地酒の蔵出しを待ち望み、それを楽しみ、ビールで言えば、ドイツのオクトーバー・フェストのような新酒祭を(ビール祭)を理解した上で、それを楽しみながら、なお、フランスのワインにも興味を示すと言うのならばまだしも、やはり、ボージョレーの等級とそれをありがたがる風潮の知的水準とは相関関係があるのではないかと思うこの頃です。


 No.110  20061111  ホームレスも洗濯はする

 "ホームレスも洗濯はする"などと表現すると、なにやら、差別とか侮蔑の意味が込められているのではないかと思われるでしょうが、短絡です。
 段ボールの箱で眠り、食料はコンビニの廃棄弁当に頼より、衣服は棄てられたものが利用できます。また、洗面、トイレは駅や公園で済ませ、たまには僅かな収入を得て、銭湯にも入るのですから、衣食住全てが労せずに実現できるように思いますが、どうしてもやらなければならないのが洗濯です。最低でも下着は洗わなければなりませんし、ホームレス村を見ていてもそれが分かります。
 今や、全てが使い捨てになる時代がやって来るようにも思いますが、やはり、衣料品をどんどん使い捨てにできる社会にはなっていないのです。同じ、植物繊維起原の紙と布の違いは基本的にはないはずなのですが、衣料品の繊維は紙の繊維に比べやはり圧倒的にコストが掛かっているのです。それは、織り、染付け、デザイン、裁断、仕立て、というさらに複雑な工程が添加されているからなのです。


 No.109  20061111  黒之瀬戸大橋

 黒之瀬戸大橋とは天草と鹿児島の間に浮かぶ長島と阿久根市の間を流れる急潮を跨ぐ長大橋であり、北薩摩から天草下島に渡るにはこの橋を渡り、蔵の元からフェリーで牛深に渡るしかありません。かつて、尺キスを求めて長島に遠征していた頃、この橋を渡り、北薩のひなびた共同浴場を廻っていた事が良くありましたが、この長島、阿久根周辺は大変有難いことに新幹線のルートから外れ、くだらない金太郎飴文化に毒されることなく伝統的な地域文化、地域の商圏が残されることになりました。いずれ、このことがどんなにかよい事であったかが分かる時が来るでしょう。知性の低い土建屋ケインズ主義者の議員や首長どもの低劣な言辞に惑わされることなく、自らの生きる道を探るべき時代が到来しているのではないかと思うばかりです。
 少なくともトンネルばかりの新幹線の移動を旅と考える馬鹿げた傾向も、伝統的な町並みを見ることもできない高速道路による移動を旅と考える時代も早晩終わることになるでしょう。むしろ肥薩オレンジ鉄道で折口駅にでも降り立ち、アコウのある美しい静かな海岸線を歩き、開発の魔手から免れた自然を楽しみ、どこかの安宿で美味しい魚料理に堪能する方がどれほど楽しいかが分かる時もやってくるはずです。それでなくとも北薩摩には驚くほど数多くの鄙びた宝石のような共同浴場などが残っています。私は、これを巡航するだけでも人生が豊かになると思うのですが、文化の成熟とはそのようなものだと思うのです。
 ともあれ、有明海の口が早崎の瀬戸でしたが、不知火海の口が、この急潮の黒之瀬戸になるわけです。ここでは上潮は北に流れ、下げ潮は南流れになります。
 早崎ノ瀬戸にもアコウの群落がありましたが、黒之瀬戸にもさらに大きなアコウ群生地を確認して、日本の風土の面白さを堪能したものです。


 No.108  20061110  槝ノ浦、瀬ノ浦、宮崎神社、伊勢神社

 脇本の北から東にかけた陸側に、槝ノ浦西、槝ノ浦東、上瀬ノ浦、下瀬ノ浦といった地名が拾えます。当然ながら、古い時代には海が入っていた事を想像させるものですが、調べると、天和(一六〇〇年代末)から寛政(一八〇〇年代初頭)年間にかけて薩摩藩が干拓工事を行ったようです。してみると、槝ノ浦(カシノウラ)とは樫(アラカシ、シラカシ・・・)が海際まで生茂る地だったのでしょう。
 ここで、広辞苑で"かし"を見てみましょう。この最後には、

   かしのき。古事記(下)「御諸の厳(いつ)−がもと−がもと」

 とあります。
 これについても、水野代表が、厳樫とはアコウのことではないかという仮説を立てられています。いつもながらの慧眼と思ってしまいます。

 気になるのは、古代の湾奥に鎮座する伊勢神社(新田川沿い)です。阿久根にも古代の湾奥と思える場所に伊勢神社(山下川沿い)がありますが、出水市、薩摩川内市にも伊勢山、伊勢美山といった地名があり、調べればまだあるのかもしれません。
 多くの人は現在の伊勢神宮が太古よりあの伊勢の地に鎮座ましましていると考えされられていますが、宮津の元伊勢を始めとして、多くの遷座の歴史があるのです。そしてその背後にはズタズタに切断された大和朝廷の暗い歴史が隠されているはずなのです。


 No.107  20061109  脇本浜のアコウ群落

 折口から黒之瀬戸に向けて北に走る(脇本赤瀬川線)左側には砂浜と松原が広がっています。というよりも、北に向かう右側は平地ですが、それはトンボロから発達した潟湖(セキコ)に砂が堆積した平地か干拓地だと思います。阿久根、出水も同様でしょうが、かつてこの一帯には浅い海が広がっていたはずです。
 ただ、脇本という地名も脇から延びた砂洲の付け根といった古い時代の痕跡地名と考え、その砂洲の先端が折口の岩船神社とするのは明らかに暴走で、その外側に延びる岩場の岬、愛宕鼻の付け根が脇本の地名の意味だと考えるべきでしょう。
 それはさておき、脇本浜はうっとりするような静かな入江でした。湾の中ほどには寺島という島が浮かび、多くのアコウの木が生えていました。車で廻れる範囲しか調べていませんが、詳しく調べれば、船からしか見えない場所などに、まだまだ多くのアコウが立っていることでしょう。かつて、この入江はアコウの浦、アコウの根が壁のように取り囲む入江だったことでしょう。水野代表の「阿胡根の浦」が待たれますが、現地を見ると、改めてその想いを一層深めたのです。


 No.106  20061109  折口湾の天然真珠

 阿久根の市街地を抜けて旧道を北に向かうと、肥薩オレンジ鉄道折口駅があります。この折口駅の傍を流れる折口川河口から浅い入江が広がっていますが、この海岸にも数本のアコウを見つけました。たまたま居られた地元の三人のご主人方にこの地のアコウについて話をお聞きすると、「一本は自生だが、二本はじいさんが脇本から持ってきて植えた」とのことでした。当日は天気が良いこともあり、入江は実に静かで美しいものでした。浅瀬ではフグやボラの子に混じり、七、八センチ程度のコショウダイの子が数多く泳ぎ廻っていました。私は二五年ほど前に三五センチのコショウダイ(佐世保ではコロダイと言いますが)を牛深港の防波堤で釣った事がありますが、この幼魚が泳いでいる姿を真近に見たのはこれが初めてでした。
 また、もっとも関心のあった事でしたが、ここでは、「真珠が採れるか」とも尋ねました。それは、万葉集に「阿胡根ケ浦の珠ぞ拾わん」という歌があるからですが、この話に深い入りすると、せっかくの水野論文が台無しになりそうですので詳しくはお話しませんが、今でもこの湾の出口の浅瀬で貝を採ると、時折、真珠が入っているものがあるそうです。
 「鍋にして貝を食べたら真珠があった」とか、「茶碗を洗っていると流してしまった」とかいったこともあったと聞きました。しかし、この入江は実にのどかで、限りなく美しく、なにやら、離れたくないような気持ちになるものでした。昔は、このような心休まるところがいっぱいあったのですが、今なお、美しい海岸にテトラ・ポッドが入れられ破壊され続けているのです。


 No.105  20061109  阿久根のアコウ、アコウの阿久根

 十一月の三連休を利用して延岡、宮崎、阿久根、八代と南九州を廻ってきました。
 もちろん、目的は環境破壊の現場を自分の目で確認する事でしたが、最後の阿久根
は、唯一心の和むものでした。
 ここは、環境問題から離れ、古代史、民俗学の取材のために訪れたもので、二〇〇七年一月号掲載予定の「阿胡根の浦」水野孝夫(古田史学の会代表)用の写真を撮るためのものでした。阿久根方面にアコウがあることは知ってはいましたが、実際に現地を踏むと、なんの変哲もない阿久根の市街地にも幾つかのアコウを見つけだすことができました。
 あまり知られていませんが、言うまでもなくアコウは海岸性の樹木です。また、この木は強烈な印象を与える根を張ります。このため、自生ばかりではなく海からの風雨を遮り、石垣を守るための格好の木になりますので、意識的に植えられることも多いようです。
また、ヒヨドリやムクドリはこの無花果科の木の実を好むために、種が遠くに運ばれることもあるはずなのですが、なぜか海岸近くにしか根付かないのです。


 No.104  20061106  福岡市長選挙と若者の投票率

 私が国政、地方を問わず選挙で投票に行かない(行った事がない)事は過去何度か表明していますが、オリンピック招致という目眩ましが破綻した後の福岡市長選挙が近づいています。はっきり言うとオリンピックは誘致すると言う事に意味があるのであって、財政破綻そのものや、その破綻の中でさらに公共工事を行うために持ち込まれた一時凌ぎのトリックであったと思っています。
 もちろん、私に特定の支持者などあるわけなどなく、現状で誰が選ばれようとも現在の日本や日本社会が必要としているほどの大きな変化は求められる訳もないのであって、基本的には知った事ではありません。
 興味があるのは投票率だけです。前回が三〇パーセントをちょっとだけ上回る程度のものに過ぎなかったことは公表されていましたが、最近、最も興味を持っていた二十歳代の投票率が明らかにされました。
 参議院議員の補欠選挙などでもときおり低得票率が伝えられる事がありましたが、前回の福岡市長選挙における二十歳代の得票率は一四パーセントだったのです(幻想を抱くものがまだ一〇パーセントはある)。もちろん、これは想定の範囲内でしたが、公表された事に興味があったのです。これは、他の選挙でも同様の傾向なのですが(今や投票率五〇パーセンはざらですが、それは全体の数字であって若い世代では劇的に少ないのです)、実際、若者七人に一人しか投票していないという事になるのです。少なくとも一〇パーセントを切る時代は目の前に来ていると考えるべきでしょう。そんな選挙に正当性などないのがあたりまえであって、いずれ、選挙制度は完全に機能不全に陥り、ただの茶番になっていく事になるでしょう。
 選挙制度がただの現実社会のカモフラージュ(フィクション)に過ぎないことが誰の目にも明らかになっている事は喜ばしい限りであり、小泉劇場に踊らされるような馬鹿げた国民がいる方がよほど異常なのです。今後とも、投票率は下がり続けることでしょう。そして、選挙と言うものが虚構としても成立しない時代がもうじきやってくることでしょう。
 今後とも、投票しないことはもとより、選挙には一切関与したくもありません。妨害するつもりもありませんし、いずれ、虚構が明らかになり、自然に消失していく事でしょう。現在、私達の社会に必要な変化は選挙によってどうこうなるというようなものではないはずです。権力の手の平で踊るピエロになる気は全くしないだけなのです。


 No.103  20061106  筑水研11月例会"温暖化とヒート・アイランドは違う!"

 11月定例研究会へのレジュメ 

@.行政は地球温暖化とヒート・アイランドとの区別がついていない?
大都市の下水道は打ち水大作戦を応援します!!(お知らせ)
平成18年7月14日<問い合わせ先>
都市・地域整備局下水道部下水道企画課(内線34133)TEL:03‐5253-8111(代表)


A.地球温暖化現象とヒート・アイランド現象とは一切関係がありません。
これは人間(主として行政)が人為的に自然に手を加えて(都市環境も歪な自然と考えればですが)水循環を変更したことから局所的に発生した温度上昇でしかなく、地球全体の平均気温、平均温度の上昇とは全く関係がないのです。

B.都市をこれほどまでにコンクリートで塗り固めさせず、これほどまでに水路を直線化させなかったならば、まだ、現在よりは地上の水分は保たれ夕立も消失せず、夏の暑さに耐えられずに倒れる人々は出なかったことでしょう。事実、戦前はそうです。
 ヒステリックなまでの"CO2地球温暖化説"の蔓延の背景には、地球温暖化とは全く関係のない、行政を先頭とし民間も含めた都市のコンクリート化、乾燥化と一般住宅地におけるコンクリート化を放置した無策、さらには、草毟りをしたくない、溝浚えをしたくない、枝打ちをしたくない、また、それをできなくさせている都市住民から余裕を奪った現代資本主義社会の構造によって底上げされた"ヒート・アイランド現象"が背後に存在していることを見逃してはならないのです。
 同時に、都市住民の生活に信じ難いまでの夏の暑さを持ち込んだ行政自らの無策を放置し"打ち水大作戦"や"地球温暖化論"でごまかす事を許すべきではないのです。

C.融解熱(氷は約80カロリー)、気化熱(水は740カロリー)

D.A.地下への捨て水、B.都市河川の雨樋化都市整備のありかた、C.拡大するアスファルト舗装に手を打て、D.個人でできるヒート・アイランド対策、E.公園、街路の整備のあり方について、F.環上の雲(物質循環の激変)

E.消えた夕立(地上と空との間で行われる水のキャッチ・ボール=熱の放出)

F.田畑のヒート・アイランド化、山のヒート・アイランド化

G.道路で働く人々に人権を H.土日になると降ってくる雨 I.都市型集中豪雨

J. カナートとしての上水道を考える 

K.国土交通省によって破壊された大都市をどう再建するか

 かつて、森林に恵まれたスペインは大量の木材を切り出し、海賊紛いの大艦隊(アルマダ)を造り世界の海を制覇しましたが、跡には砂漠だけが残り、首都マドリードは気温五〇度にもなる灼熱の乾燥都市に変わりはて、国力を落として没落しました。
 石灰石に恵まれ豊かな森林を持った日本も、大量のセメントやコンクリートで固め続ける山賊ならぬ"ならずもの集団"としての土建勢力を生み出し、早晩滅び去る事になるでしょう。そして、同じように灼熱の乾燥都市を残す事になるのです。

過渡的綱領

 本来、大都市といえども水草がそよぎ魚の泳ぐ川が理想であることに変わりはありません。しかし、全ての川にそれを求めることはいまや不可能でしょう。もちろん、今でも地上に見せ掛けの伝統的河川を復活させる事はできますし、事実、部分的には行われてはいるのですが、それはあくまでも一部でしかなく、所詮は限定された金魚鉢に過ぎないのです。ただ、これも、ヒート・アイランドに関しては有効ですから、それ自体を批判しても、ことヒート・アイランド問題に関しては意味はありません。仮に生物の存在しないプールであったとしても温度を下げる事には役に立つのですから、"打ち水大作戦"なる"棄て水"を行うよりはプール自体を長期間の打ち水効果を持たせる"張り水"(張り水大作戦を!)にするべきなのです。ただ、縦割り行政は無関心と縄張り意識の制度化ですから、それを全く許さず、掃除や事故の責任回避の要請から雨水で浅く水を張る事さえやろうとはしていないのです。
 直接的な管理者は、藻が付くとか、ボウフラが湧き蚊が発生すると自治会から苦情が来るとでも言う事でしょう。
 プールや、整備されつつある洪水調節用の遊水地に仮設の嵩上げ排水口を整備し、雨水で十センチ程度の水を張るだけでもそれなりの効果が望めるのです。こんなものは"打ち水大作戦2006"の宣伝経費の万分の一の費用も掛けないで可能になるヒート・アイランド対策なのです。しかし、真面目な努力もせずに"打ち水"なるただの"捨て水"パフォーマンスで済ませるのですから頭がおかしいとしか言いようがありません。
 さらに付け加えれば、全てのビルの屋上緑化、壁面緑化と雨水による"屋上張り水"だけでも直ぐに都市の温度を恒常的に下げる事ができるはずですから、段階的に進めれば十年を待たずして効果は出てくるはずなのですが、全く手を打とうとはしていないのです。結局、政治屋や官僚共は、事業や行政施策を打つ事によって自らの支配力、影響力を拡大し、そこから利益が引き出せる場合にしか動こうとはしないのです。恐らく大手ゼネコンを始め、自らの息の掛かった大手企業がそれを新たなビジネス・チャンスとして働きかけるまでは自ら手を下そうとはしないことでしょう。このため、屋上緑化、壁面緑化について既に技術を確立しているベンチャー企業や独立系の小企業には全くチャンスは与えられないのです。それが、我が国の行政実態なのです。


A. 屋上緑化、壁面緑化、B. 道路を造り変えろ、C. 都市の舗装を変えろ、
D. ヒート・アイランド対策と建築確認申請、E. 巨大地下貯水池
F. 地下街、地下空間をどう評価するのか、G. 上、下水道をどうするのか、H. 最大の問題である河川をどうするのか、
I. さらなるヒート・アイランドへ地下放水路は延びる
国土交通省関東地方整備局江戸川河川事務所のホーム・ページ"私たちの仕事"から
J. 見失ってはならないこと、K. 国土交通省を国土再生省に
我々の脳裏に新たな世界が構築されることなく、現在の転換はありえない。室伏志畔
L.コンクリートは永久のものではない!


 No.102  20061023  屋上緑化"芋庭"と飢餓

 近藤邦明氏の"管理者から"236号に、西沢滋和氏からの投稿が掲載されています。私の勝手な理解になりますが、この要旨は"一方では世界中の飢餓を救済できるほどの残飯を出しながら、依然として世界中から大量の食料を輸入し(実際、日本で消費されるネコ缶だけでも相当の難民が生き残れるのです)、屋上緑化のために芋を植えるとは何事だ!といったものと理解します(誤っていれば悪しからず。私の理解力はこの程度ですので)。

@ まず、屋上緑化の正否ですが、国土交通省から民間までも含めた河川の雨樋化から地面のコンクリート化によって、水循環が破壊されたために生じているヒート・アイランド現象(地球温暖化とは無関係ですが)に対して、破壊された水循環の一部を回復するための過渡的措置としての屋上緑化は有効だと考えています。ただし、だからと言って、都市河川の雨樋化を由としているものではありません。

A 屋上緑化の場合は、強風によって落下する危険性がある樹木に対して、土の中で大きくなる芋類はやせた土地でも育ちます。また、熱吸収効率も良く最適であり、非常に管理しやすいものです。

B 従って、現在、善意で進められている屋上緑化(私は屋上プールも奨めていますが)は、ある種やむを得ない対策であり(国土交通省や環境省の打ち水大作戦よりは遥かにまともで有効です)、食糧問題とは基本的に関係がありません(もちろん、世界中から食料を買いあさって構わないと言っている訳ではありません)。

C 現在の飢餓の原因である食料資源の偏在は、一方で、大量のエネルギー投入によって先進国を中心に膨大な食料が商業的に生産されていることに対して、購買力がない後進国では、事実上その必要性とは無関係に存在している事。むしろ、先進国が行う無償食糧援助などによって、後進国の伝統的な食糧生産、従って地域経済は破壊され続けていると考えられます。

D 現在の食料生産の主要な部分(先進国の資本主義的商業的食料生産)は人間の生存のために必要な食料生産としては行われていません。一般的には金儲けのために生産されているのであり、過剰生産の場合はコストを下げるために食料が破棄されることさえもあるのです。

E また、仮に先進国において穀物が大量に生産されたとしても、それは、直接、飢餓難民を救うものには全くならず、購買力のある先進国の贅沢な消費者用の食肉生産のための家畜の餌になっているということ。

F 例えば、日本でも大量のトウモロコシがアメリカ、カナダなどから輸入されていますが、それは、大半が贅沢な和牛、黒豚、ブロイラー生産のための餌として消費され、生食はほんの僅かなものでしかないのです。つまり、先進国の食料は先進国に送られているのであり、資本主義的生産が存在する限り、この現象にブレーキが掛かることはないのです。このためこの仕組みが破壊されない限り、情緒的に"先進国は贅沢だ""後進国は悲惨だ"という理解に留まるしかないのです。

G しかし、もう一つの側面として、国内で消費される量を遥かに超える大量の加工食品が生産され輸出されているために、その原料が輸入されている側面があるのですが、日本の高級な加工食品を消費できるのは、あくまでも豊かな人々に限られますので、後進国の安い食物は後進国の低所得者の間だけで循環し、大量に生産される穀物や海産物をはじめとする先進国の食品は先進国の中だけで循環しているという側面も無視できません。

H このため、かつて飢餓輸出などと称せられた古典的な飢餓(先進国が後進国の食料を奪っているといった現象)は一般的には認められず、エネルギーを大量に使う事ができない後進国では先進国との競争に敗北し、相対的な格差が広がり放置されているというべきで、さらに一層、伝統的な食糧生産や地域経済の破壊が進んでいるのです。

I 食料問題にはもう一つの重要な側面があります。後進国で食料が豊かになると人口爆発によって更なる貧困が起こりますので、黒柳徹子などが訴える一般的な援助、医療援助、技術援助(例えば井戸の建設)では、さらに拡大した貧困と飢餓の準備をしていることにしかならないのです。つまり、心情的な免罪符にはなっても本質的な解決にはならないのです(先進国経済の露払いをしているだけ)。問題は、伝統的な食糧生産と地域経済を資本主義的な自由貿易から守ることが重要ではないかと考えます。


 No.101  20061101  九州の御嶽発見か?

 以前、リポートVの166.先島においてこのように書いていました。

御獄(ウタキ)の存在を知ったのは中公新書の「日本の都市は海からつくられた」上田 篤著(1996) "Wお通し御獄"からでした。その後、柳田の「海上の道」を読んだのですが、この"お通し御獄"というフレーズに奇妙に惹かれた記憶があります。

 オトオシ、すなわち遥拝所そのものが、しばしばウタキとなる。すると、ふつうのウタキとどうちがうのか。・・・中略・・・オトオシウタキは、遥拝することを主目的とするウタキである。
  「日本の都市は海からつくられた」上田 篤著

 昨年九月に石垣に降り立った時も御獄を見たいという衝動を抑えることができませんでした。
 今回、御獄を見て廻る余裕はほとんどありませんでした。それでも、多くの御獄を見かけました。私は、以前、南西諸島の文化の影響を受ける九州本土にも御獄の痕跡があるのではないかと考え、鹿児島、熊本、長崎の島嶼部を探していた時期がありますが、全くの徒労に帰しました。そのためか、二度目の石垣島においても熱意が枯渇していたのは事実です。しかし、もしも痕跡に類するものを見出すことができたならば、改めてこの御獄を書きたいと思います。そのためには、まず、鹿児島県のトカラ列島、甑島、屋久島、種子島といったところをこの観点で見て廻る事が必要でしょう。

 佐賀県のJR長崎本線と佐世保線の分岐駅に肥前山口があります。ひところ"最長片道切符の旅"の終着駅としても瞬間的な脚光を浴びましたので、まだ、覚えておいでの方も多いと思います。
 この駅の北側にある山が御獄山と表記され、地元では「ウタキヤマ」と呼ばれているのです。この山については、リポートV十一月号掲載の"岬 墓"でふれたように、古くはこの山の崖下まで波際線が迫っていたと考えられます。まさしくこの山は有明海に突き出した非常に目立つ崎山であり、ランドマークであったはずなのです。
 はたして、肥前山口の御獄山が御獄であるかどうかはこれからの調査次第ですが、私が言うところの"岬墓"があることからも、また付近に海人族の痕跡である筒雄神社があることからも、さらに南方系言語の痕跡を色濃く残していることからも、かなり可能性が高いのではないかと考えています。山の頂上での発掘調査で祭祀遺跡など南方との関連性が見出されれば面白いのですが、今のところ自分だけで妄想し悦に入っているところです。