No.100  20061023  佐賀の土石流災害

 今年の台風は佐賀を直撃しましたが、県でトップの成績と言われた高校生(県境を越えた長崎県の生徒と聞き及んでいます)が土石流に巻き込まれて死亡するという悲惨な災害も起こっています。現地の状況を良く聞くと、一旦崩れた土砂がダム状に水を溜め、それが決壊して土石流が発生したようです。
 この現象は新潟県の山古志村で発生しそうになったものであり、規模は違うとしても、古くはリポートUの「瀬戸石崩れ」で報告した二五〇年前の熊本県坂本村の災害と同じものなのです。
 まずは、ダムの決壊というものがどれほど危険であるかを示すものと言うべきでしょう。
 ところが、行政とはこれに対して砂防ダムを新たに造ることでしか対応しないのです。この砂防ダムなるものは一般的に十年を待たずして堆砂量を超え、直ぐに土砂で満杯となって、なんの効果もなくなるものなのですが、地場の土建業者とバカ議員によって推進され、実質、彼らの食いものとなっている事業です。それどころか、半世紀も経てば劣化によって手当てをしなければならなくなるのであって、長期的には土砂もろとも崩れ落ちるものでしかないのです。
 現地は急傾斜地にむりやり針葉樹を植えた場所であり、もちろん、最初の崩壊もこの売れもしない人工林から起こっています。農水省が山を破壊し、国土交通省がダムで儲けるという既に確立したビジネス・モデルの小型版と言うべきでしょう。
 犠牲になったのが、崩壊した針葉樹林の所有者であれば自業自得であり、土建屋の社長や土建業者が犠牲になったのならば許せるのですが、前途ある優秀な高校生となると無念さも一塩です。


 No.099  20061027  二〇〇五年フランス暴動から一年

 全土で九,〇〇〇台の車両が燃やされ、三,〇〇〇人が逮捕された二〇〇五年のフランスの暴動から一年が経ちます。今年も暴動が始まりそうな予感がしていますが、私の過剰な希望的観測なのかもしれません。ヨーロッパ全土への波及を恐れる多くのEC諸侯は、ドピルパン政権に対して徹底的に潰す事を要求していることでしょうが、沸騰する鍋の蓋を抑えてもさらなる大規模な爆発の準備をすることにしかならないでしょう。
 一九六八年のパリ暴動、カルチェ・ラ・タン闘争は米国のベトナム反戦運動、日本の七十年安保闘争、中国の紅衛兵運動(一般には毛や四人組によって煽られ、操られた脱権闘争と考えられていますが、516兵団や省無連といった上海などの最左派はコンミューン建設から毛政権、中国共産党の打倒を目指していたのであり、それを毛の指示で徹底的に弾圧したのが四人組だったのです)・・・と全世界に波及しました。
 今後、格差是正などといった"とぼけた"スローガンを乗り越え、大規模な所有関係の変更を求める暴動が、欧州、中国本土、日本でも拡大してくることでしょう。日本でも、早晩、ベンツやセルシオに乗るような人間が狙い撃ちにされることになっていくはずです。
 ミシュレ(ナポレオン三世に反対してソルボンヌの教壇を追われた)の『フランス革命史』やリャサガレー(?)でしたか、『パリ・コンミューン』、マルクスの『フランスの内乱』などを再び読み返したくなる時代がやってきたような気がしています。


 No.098  20061023  高千穂鉄道無残

 例年、この時期になると筑後川水問題研究会の総会が行われますが、恒例の総会後の反省会へのトレッキングとしては高千穂が選ばれていました。
 とりあえず七時頃には宮崎、熊本県境の五ケ瀬町の施設「木地屋」に到着し、宴会後の翌朝八時半には、高千穂鉄道の流出した鉄橋や駅舎などを見学に出立しました。
 元々、この路線は戦時中に熊本県の高森町(阿蘇)からトンネル工事が始められ、宮崎県の高千穂町を経由して延岡市まで繋ぐという工事が進められたのですが、トンネル工事の最中に巨大な湧水に遭遇して工事が中断され、最終的に置され現在に至ったものでした。
 戦後六〇年が経過した現在、いまだに熊本〜延岡の間は繋がらず、今や、全面的廃線の憂き目に逢っているのです。
 それはともあれ、橋脚から橋梁までも流出するような洪水の原因を、天災とか未曾有の豪雨などと考えるものは物事の本質を全く理解していない大バカ者としか言いようがありません。大量の水がどこから来たのかは、言うまでもなく上流の緑のダムとしての豊かな森が徹底的に破壊され、売れもしない針葉樹の人工林に変えられたからに外なりません。早晩、美しい周辺の支流がダムに沈められ、高千穂峡ダムなどといった馬鹿げた物が造られて観光客の波が完全に引いてしまう事になるでしょう。まず始めに、農水省のバカどもが拡大造林政策の延長によって豊かな広葉樹の森を徹底的に破壊し尽くし、それによる洪水が大型化するや、自らの責任は放棄して未曾有の天災、想定外の豪雨として、ダムに頼る事になるというわけです。
 いずれは土砂に埋まってしまうダムという愚かな構造物によって国土交通省の一部の腐敗官僚とゼニ金しか考えない地方議員、土建屋どもだけが金儲けができるというシステムがここ数十年の間に確立しているのです。これこそが日本が世界に誇るべき恥知らずなビジネス・モデルと言えそうです。
 かつては、高森〜高千穂間の鉄路建設をやらなければ、"熊本県に入る"などと町長が気勢を上げていた時期もあるのですが、今や経営的に成り立たない第三セクター鉄道を再建する道は全くないのです。一方、一過性の経営しか成立しない長崎新幹線も建設が進められようとしています。
 明治以来、全国を結び、全国民を平等に扱い、教育、交通、通信を保障した社会制度を創るべく開始された維新による理念、理想は百数十年を経て完全に消失したのです。


 No.097  20061027  『福岡がまる見えになった日』脇 義重(不知火書房)の出版について

 『福岡がまる見えになった日』脇 義重(不知火書房)が出版されます。脇 義重氏は有明海・不知火海フォーラムのフォーラム委員会の中枢メンバーであり、同時に博多湾会議のメンバーとしても、さらには、湿地フォーラムのメンバーとしても闘っておられるスーパーマンです。今般は、福岡オリンピック招致反対運動を市民レベルで闘われ、その延長上に福岡市政、福岡市の財政破綻を表面に浮かび上がらせられたのです。
 十月末日には配本が始まるはずですから、請うご期待というところです。詳報はリポートVで行います。


 No.096  20061023  ブランド米生産農家より佐賀の農家が有利なわけ

 さらなる米の価格の下落が伝えられる中で、新潟県産"コシヒカリ"の優良産地として名高い南魚沼郡といったところと、佐賀のようなノーブランド米の産地とどちらが生き残れるのか?と言った事を考えるとき、普通は"最高級のブランドが確立された優良産地は生き残れるが、そうでないところは全く希望が持てない!"などといった話になるのですが、実際にどうかと言うと必ずしもそうではないのです。
 理由は簡単です。経済原則(市場原理、価値法則と表現はどうでも良いですが)価格が下落し続けるとどうなるかと言うと、一般的には耕作面積を広げて所得を上げることになります。
 しかし、ブランドが確立した優良産地ではこの土地が容易には出てこないのです。
 概して、優良産地とは他に実入りの良い働き口がないために生産過程で手を入れ、手塩を掛けた米作りをやっているからブランドを確立したのであって、逆に、佐賀のように周辺に職を得やすく、ついでに米を作っているような農家(片手間農家)が多い産地では農地の流動化が進み、耕作の委託がどんどん進んでいるのです。このため、意欲のある米作農家は比較的容易に耕作面積を広げることができるのです。こうして、一戸で一〇〜一五町分を耕作している農家はめずらしくなく、農家単位で考えると、ブランドの確立した優良産地では高価格の米を少なく生産し、逆にノーブランド産地では低価格の米を大量に生産できるのです。
 これまで農水省が進めてきた"産地形成""産地創り"といった掛け声がいかに皮相で実態を理解していないものかがこのことでも分かるような気がします。
 佐賀では、既に五〇町分を二戸で共同耕作し、多少誇張のある数字ですが裏作まで入れて年商一億円という農家も登場しているのです。
 こういった話を含めて、十年ほど前に書き、五、六年前に改訂した米作りに関する拙文"農民を守るのか?農家を守るのか?農業を守るのか?農地を守るのか?"をそのうち掲載したいと考えています。


 No.095  20061021  流鏑馬の季節

 そろそろ稲刈りが終わり、秋祭り、供日、流鏑馬、そして、神楽の季節になってきました。もちろん佐賀には神楽の風習はありません。代わりに、浮流(フリュウ、フウリュウ)、流鏑馬があります(唐津には海洋民の祭りと思しき曳山がありますが)。九州は、丁度、阿蘇外輪山の東麓から熊本県産山村から高千穂の手前の宮崎県五ヶ瀬町あたりに浮流と神楽の境界線が通っているように思います。
 ともあれ、私の住む武雄市の武雄神社や西の黒髪神社、隣町の白石町の妻山神社、稲佐神社には流鏑馬の風習があります。リポートUの兵主で書いた潮見神社も戦後数年ぐらいまでは流鏑馬が行われたようです。
 狩衣(カリギヌ)を着た射手が馬上から矢を放つのですが、一般的には勇壮な武家の風習とされているようです。
 私はこの風習が鎌倉期に持ち込まれたと考えるのはそれはそれで正しいとは思うのですが、どうもそれだけではないという印象を持っています。
 戦後、江上波夫教授によって唱えられた「騎馬民族国家論」は有名ですが、七世紀の白村江の戦いの前後、新羅、百済、高句麗といった民族の亡命による渡来系氏族の住み着いた地方にこの風習が色濃く残っているとの印象を持っています。
 少なくとも、稲佐神社は百済系氏族の神社であることは間違いなさそうです。現在も稲佐神社の山裾には県道錦江〜大町線が通っており、そこには、八艘帆が崎(ハスポガサキ)(*)への百済人の漂着伝承を記載した掲示板があります。また、その南には旧錦江村という行政単位があったのですが、韓国西海岸の旧百済の領域から黄海に注ぐ河に錦江(地図で確認してください)があるのです。
 一方の妻山神社は五十猛命を祀る神社ですが新羅系氏族の可能性もあるのではないかと考えています。そもそも白石町という名称からして新羅系の匂いを感じてしまいます。今後の課題ですね。

(*)八艘帆が崎(ハスポガサキ):
 ここには県道錦江〜大町線が通っているのですが、稲佐神社付近にこの地名が残っています。県道沿いの境内地と思えるところには、この八艘帆ケ崎の謂れについて書かれた掲示板が建てられています(平成四年四月吉日 大嘗祭記念 稲佐文化財委員会)。
 これによると、杵島山はかつて島であった。欽明天皇の朝命に依より百済の聖明王の王子阿佐太子が従者と共に火ノ君を頼り八艘の船でこの岬に上陸したとの伝承があるとされています(稲佐山畧縁記)。
 百済の聖明王は仏教伝来にかかわる王であり、六世紀に朝鮮半島で高句麗、新羅などと闘ったとされていますが、五五四年に新羅との闘いの渦中に敵兵に討たれます。これは、その闘いの前の話なのでしょうか?それとも、一族の亡命を意味するものなのでしょうか?また、火ノ君とは誰のことなのでしょうか。私には大和朝廷とは別の勢力に思えます。
 なお、聖明王は武寧王の子であり、武寧王は先頃の天皇発言で話題になった桓武天皇の生母がこの武寧王の子孫とされているのです(続日本紀)。

 このような場合に頼りになるのがHP「神奈備」です。孫引きになりますが紹介します。佐賀県神社誌(縣社 稲佐神社)から として

 …百済国の王子阿佐来朝し此の地に到り、其の景勝を愛し居と定め、父聖明王並びに同妃の廟を建て、稲佐の神とともに尊崇せり。…

と、あります。稲佐山畧縁記とありますが、掲示板の記述はこれによっても補強されます。今後も調べたいと思いますが、これらに基づくものと思われます。
 本来、「六国史」や「三大実録」あたりから日本書紀や三国史記を詳しく調べなければならないのでしょうが、私の手には負えません。
 少なくとも、八艘帆ケ崎の伝承は、杵島山の東側の山裾まで有明海が近接していたことを思わせます。


 No.094  20061021  梁山泊に楯籠もれ!

 リポートVからサブ・タイトルをV 環境保護派よ我が梁山泊に楯籠もれ!
と、しています。もちろん、梁山泊は明朝時代のフィクションですが、腐敗しきった官僚どもを相手に多くの英雄豪傑が梁山泊に楯籠り抵抗運動を続けた話になぞらえたものです。当然ながら、本リポートにも抵抗運動の拠点たらんとする気持ちが反映されています。
 現在、本リポートに原稿を寄せてくれるものが多くなり、月刊五〜六本のペースを七〜八本程度に引き上げなければ、原稿の鮮度が持たなくなりつつあるように思っているところです。ただし、競争が多い中で、あまりに大量の情報を流すことも消化不良の恐れがあり考えものなのですが、「世界」「科学」の地方版(九州バージョン)を目指すものとして、いずれ選択を迫られるかもしれません。
 それはともかく、近藤さんのサイトには新たに中本教授の連載が始ます。
 各々の分野で情報を発信し続けられている論者が加わり、近藤氏のサイトはさながら梁山泊の様相を呈し始めました。
 槌田敦教授やその周辺の研究者の論文は以前から掲載されていました。気象予報士のはれほれ氏(仮名)や猫田氏(仮名?)のレポートも掲載されています。今後とも御用学者の論説に我慢できない研究者、活動家、論者が多数参加してくるものと思われます。
 また、「温暖化は憂うべきことだろうか」「有明海異変」の出版から、ヒート・アイランド・・・その他をにらむ次の紙媒体による出版を睨み、あたかも実質お抱え出版社(失礼)を準備するまでに成長しているのです。
 かつて大学は瞬間的にも学問の拠点として国民、国家、国土に奉仕する時代がありました。いまや見る影もありません。業界と官僚に奉仕する御用学者に占拠され尽くしています。願わくば、多くの心ある人々が私達の運動につまり梁山泊に参加されることを望むものです。


 No.093  20061021  晩秋の干拓地

 晩秋の佐賀平野は稲刈りが大体終わったところですが、今年の有明海沿岸の干拓地は台風による塩害で収穫はほとんど期待できません。干拓地周辺では枯れた薄茶色の水田が一面に拡がり黄金色の稲穂はほとんど見られません。
 昔ならば、種籾さえも確保できない九割減のところも多く、佐賀県全体で考えても昔ならば享保の飢饉などといったものを遥かに凌駕する不作であって(早くも作況で五割、六割の話も出ています)、転作田の大豆もまともに取れるところはないのです。当然ながら収穫に喜びはありません。
 私は非農家でありついつい物事を外から見てしまいます。このため被害者には多少申し訳ないのですが、台風による塩害も多少は良いものをもたらすなどと考えてしまいます。良いものとはミネラルです。化学肥料ばかりを使い、消毒を続けると、虫も、従って、鳥も近寄りませんから、土地のミネラルは失われ続けることになります。塩害はこれを補うことになるのですが、こんなことを言っても気休めにもなりません。 
 いまや海水など簡単に散水できる時代なのですから。


 No.092  20061021  九州における植林しない人工林の正否について

 二〇〇五年九月の宮崎県椎葉村、田野町、山之口町などの人工林の大崩壊については既にリポートVの九月号で書いていますが、これとは別に被害を受けていない多くの針葉樹林がその材価の低迷から後の植林を行わない皆伐と放棄が急速に進んでいると言われています。
 もちろん、"植林の放棄は良くない!"とか"林業の放棄は危険だ!"などといったありきたりの議論に与するつもりはありません。
 なぜならば、伐採前のほとんどの人工林(針葉樹林)それ自体が、現在、危険極まりないものになっているからです。
 既に人工林の惨状についてはこれまで繰り返し書いてきましたので、読者の皆さんも十分に理解されていると思いますので、結論だけを申し上げます。
 既に国内で消費される木材の八割が外材になっており、数十年前から国産材は価格決定力を持っていません。このため、仮に生産調整(伐採せずに減産すること)したとしても価格が上昇する可能性はほとんどありません。
 それ以上に急傾斜地に植えた人工林の樹齢が一方的に上がると伐採、搬出のコストも増大しますし、それ以上に売れないために、また、売れたとしてもコスト割れになるために傾斜地に樹齢だけが一方的に上がり続けているのです。このため、密植状態になっている人工林が存在していることが逆に危険になるのです。
 ましてや再び売れもしない針葉樹を植林するに至っては、既に意味のない組織になっている森林組合に金を出すだけで、施主には何の収益ももたらさず、再び危険な山を造る事にしかならないのです。
 光が通らず、下草も生えない森にするぐらいならば、皆伐して山の過重を取り、砂漠と化した林床に光を当て、まずは草地に戻し自然林の復活を待つほうが経済的にも治山治水の面からもまだましで、人工林を切らずに放置するよりは安全なはずなのです。
 ここで必要なことは積極的に広葉樹の森に戻す事に補助金を出し豊かな森を再生させる事なのです(針葉樹植林に補助金を出すな!補助金目当てに針葉樹を植えるなど血迷ったとしか思えない)。もっとも、広葉樹の森は植林してもしなくてもほとんど変わらないはずですので、植林することが果たして効果的かどうか?の話はあります。しかし、放置することに補助金を出すことは私は正しいと思いますが(拡大造林の損失補填)、一般的には成立しないでしょうから、フィクションとしての広葉樹の拡大造林をやるべきではないかと思うのです。


 No.091  20061021  耕作放棄はなぜ拡大するのか?

 簡単に話しますが、耕作放棄が非常に目立ってきました。条件の悪い山間の耕地を中心にどんどん山に戻っています。もちろん、耕地が人工林ではなく自然林に戻ることはもとより私の望むところですが、そのテンポの速さに驚いています。
 畑地と違って水田稲作は水の手当てをしなければなりません。畑地の場合は隣接する耕地を他人が休作または放棄しても耕作道さえ確保できればなんとか耕作できますが、水田稲作ではそうはいかないのです。ため池の管理から、途中の水路の維持管理、自分の水田への水道(ミズミチ)の整備と、全てが充足できなければ稲作は成立しないのです。ましてや掛け流しの棚田に至っては、隣接田や途中の水田が放棄され崩れたりすると、自分だけ耕作するということはほとんど不可能になるのです。どうやら、後継者の切断もあり、ドミノ倒しやオセロゲーム的な耕作放棄が始まったように思うのですが、農家の経営の問題は別として、私はむしろ良い事ではないかと思っています。耕作放棄とは同時に複林でもあり自然林の再生でもあるのです。


 No.090  20061020  曲がった杉

○○の松原といったものがある白砂青松には、必ずクネクネと曲がった松があるものですが、何やら私の性格を見るようで、妙な親近感さえも覚えます。
 さて、海岸の松ほどではないとしても、杉や桧にも「J」字状に曲がったものがあるものです。もちろん、この現象は成長する過程でなんらかの原因で土壌がずれて、倒木が発生したものです。斜めになった苗木や成長途中の若木がその後真っ直ぐ上に育っていこうとして根元付近から曲がるとこのような木が生まれます。
 一般的には地滑りの発生している山で起こる現象であるなどと説明されるのですが、山体崩壊、山腹崩壊はもとより、全山で大規模な地滑りが起きている山がそんなにあるはずもなく、実際に起きていることは、広葉樹によって保たれてきた表土が、根を張らない杉や桧に変えられたために、局所的に土壌(こんなものはここ半世紀の間の拡大造林によって大半は失われていますが)が流れ、崩れたために生じるものです。簡単に言うと不良少年の改心のようなもので、倒れた木が尚も鉛直方向に成長したものなのです。
 根元から曲がった木はもちろん市場における価値がありません。製材しても捩れから大きく裂けてしまいますし、中で繊維が切れていることもあるからです。ここまで言うと、ますます自分の性格を見た思いがしますが、このJ(ジェー)木の存在する山は、そもそも針葉樹を植える山ではなかった事を示すバロメーターであると考えるのです。


 No.089  20061021  インチキ女占い師のCO2温暖化論

テレビに登場するインチキ女占い師と言えば見当がつかれるかもしれません。もちろんこの手のくだらない番組を見るほど愚かではないつもりです。このため、直接自分で確認した話ではありませんのでそのつもりで読んでください。
 人から聞いた話ですが、このインチキ女占い師は、真夏の炎天下とエアコンの大量使用をめぐって、「エネルギーを無制限に使い続けると人間は灼熱地獄に落ちるわよ!」というようなことを言ったそうです。
 本ホーム・ページの読者は、地球温暖化とヒート・アイランド現象との区別は十分についていると思いますが、夏の高温の原因であるヒート・アイランド現象とは、あくまでも人間が水循環を大規模に変更したために熱循環に狂いを生じ、局所的に地表の熱が放出されにくくなった状態の事であり、全球的に平均気温が上昇する地球温暖化とは全く異なるものです。もちろん、私達は地球に一定の温度上昇が認められることを否定してはいません。ただ、その原因はミランコビッチ・サイクルによる地球による太陽の受光能の従って熱を受ける能力の変化によるものであり、化石燃料の大量消費によるCO2の大気中濃度の増加などとは全く異なるものなのです。
 このため、炎天下でエアコンをガンガン使うと・・・?“灼熱地獄に落ちるわよ!”といったご高説を聴くと、全てに通じ何でも見通している有名な占い師の割には、“地球温暖化とヒート・アイランドとの区別もついていない”ということが良く分かるのです。
 これは、“地球温暖化がCO2の大気中濃度の増加が温暖化の原因かどうか”といった争いのある話ではないのであって、純然たる物理学的現象であるヒート・アイランド現象をなにか化石燃料の大量消費という人間のわがままが原因だと考えていることが推察されるのです。
 この小稿はCO2地球温暖化論を検証するものでも、ヒート・アイランド現象を論じるものでもありません。ただ単に全能の占い師なるものもマスコミや政府の宣伝によって地球温暖化や都市の気温上昇を理解し論じているのだということが分かったという事をお知らせしたかっただけの至ってつまらない話だった訳です。


 No.088  20061010  人は北の核実験に騒ぎプルサーマルに沈黙する

巷では北の核実験に対して大騒ぎしていますが、日本にも大量のプルトニウムが蓄積されている事についてはほとんど問題にされていません。
 現在、日本には中国をも上回る大量のプルトニウム(保有量第五位)が溜め込まれているのですが、平和利用を標榜する国家がなぜこれほどの保有を維持しているのでしょうか?
 表向きの理由は、もんじゅ、常陽による将来の核融合とされていますが、相次ぐ事故によって現状では全く見込みがない上に、むしろ、廃炉の可能性が高いのです。
 もちろん、平和利用という美名の下に原子力発電を続けてきたことの延長上に保有しているとされているものですが、本来、一般炉ではプルトニウムは必要ないのであり、その保有自体、NPT上は違法なのです。そこで、もんじゅ、常陽の事故以降、その保有の正当性を保つために利用されたのがプルサーマルなのです。これは、一般炉でウランに併せてプルトニウムを燃やすという危険極まりない運転を行うもので、もしも、ここで事故が起これば、取り返しの尽かない事態に陥るとともに、プルトニウムの保有への正当性を完全に失う事になるのです。
 そのプルサーマルを佐賀が率先して引き受けると言うのですから、佐賀県のバカさ加減もあきれるばかりです。単なる国家助成金目当てと考えて間違いありません。大規模核事故が起こればこれを率先して誘致した土建屋地方議員、土建屋首長のバカさ加減が分かる事になるでしょう。
 最低でも戦後の日本には核が持ち込まれてきました。ライシャワー発言でも明らかになりましたが、少なくとも艦船の寄港時には持ち込まれていたはずですし(もちろん、常時ではない)。沖縄には陸上にも持ち込まれていたはずです。北朝鮮に言わせれば日本こそ核武装国家だったのです。


 No.087  20061008  横穴式井戸

以前から見たいと思っていた農業用の横穴式井戸を発見しました。場所は福岡県大牟田市の東、熊本県南関町の三池山(388m)東麓の無農薬栽培を行われているH氏の棚田の傍でした。当然ながらその水田への水源です。H氏とはふとした事から知り合いになりましたが、広葉樹林を守るなど頭の下がるような営農を続けておられるのですが、その横穴式井戸もその存在を知ったとたん、鹿児島新幹線のトンネル工事によって、水がトンネル側に抜けて水量が激減して耕作に支障が出ているとの情けない話を聞く事になってしまいました。
 鹿児島新幹線も収益が上がっているかのような報道がなされていますが、サーカスは町にやって来た時だけ儲かるのであって、常設しては、赤字が嵩むだけになるのです。いずれ分かる事ですが、鹿児島新幹線も同じ事になるでしょう。それ以上に、これだけ国民の所得を後退させれば誰も利用しなくなるのは必定なのです。早晩、グリーン車だけを高速走行させる事になるでしょう。


 No.086  20061008  IT革命の虚構

IT革命の現実が明らかになるにつれ、もはやIT革命を持ち上げ、持て囃す言動は収まったようです。まさに“現実はより多くを語る”です。“IT革命の結果多くの産業が新たに産み出され、その中で多くの人間の雇用が確保されることになる・・・”などといったおとぎ話がしばらく蔓延したのですが、現実に起こったことは、旧来型の産業とその関係者達がお払い箱になり、伝統的な文化が意味のない文化と置き換わっただけのことだったのです。儲ける人間が入れ替わり、犠牲になる人間が増えた事だけは間違いがないでしょう。バブル崩壊とIT革命が同時に進行したために腑分けは難しいのですが、ここ十年の間に正規雇用から落ち零れた数百万の人々は、今後、日本という国家の巨大な不安定要因となり続けるでしょう。
 だいたい、可処分所得が一〇万円にも満たない低所得者が携帯で二万も三万も遣うとしたら、経済観念の無い連中ならサラ金地獄に陥って自己破産に追い込まれるでしょうし、大半の普通の人間は何らかの所得を切り詰め、百円ショップとインスタント食品の消費で辻褄を合わせることにしかならないのです。この結果、まともな商品で生計を立てていた人々が立ち至らなくなるのです。つまり、IT革命の結果、新たな経済拡大が起こるなどと考えるのは誤りでしかないのです。ましてや、正規雇用が減れば人口減少へのベクトルはより鮮明になり、経済はますます縮小していく事でしょう。
 成長の止まった社会では、誰かの成功は誰かの失敗でしかないのです。
 この不公正で理不尽極まりない糞国家は一刻も早く滅びされ!


 No.085  20061006  野鳥の会の会員の棲息調査と各種団体の行末

“野鳥の会の会員の棲息調査”などという倒錯したジョーク(*)を放ったのは、筑後川水問題研究会での席上でした。その日は、野鳥の会の中枢メンバーをお呼びして有明海の野鳥の話を聴いた時の事でしたが、野鳥そのものものの減少もさることながら、宅地周辺の身近な自然の破壊によって日常的に鳥と接する事のなくなった次世代にとって、今さら野鳥に興味を持てなどと言っても不可能であるのは言わずもがなのことでしょう。
 後続がないまま、古い会員がどんどん鬼籍に入っていくのですから団体は徐々に存立条件を失い、存在そのものを失って行くのです。
 この傾向は単に野鳥の会に止まらず、筑後川水問題研究会も含めた全ての団体に認められるのではないかと考えています。物事を自分の頭で考え、社会や自然に働きかけようとする若者、総じて次世代が劇的に減っているのです。その背後には、他人との関係性を持とうとしない(創れない)次世代の傾向も見て取れるのです。

(*)「野鳥の減少もさることながら、個体数調査をやっている会員の減少によって野鳥の絶対数の拾い落としが生じている側面はないのですか?」「野鳥の棲息調査はともかくも、野鳥の会の会員自体を棲息調査しなければならないところまで来ているような気がするのですが・・・」と言ったのは昨年の月例会のことでした。



 No.084  20061006  校舎に掲げられる垂れ幕

昔は絶対になかったものに学校のグランドのフェンスや壁などに掲げられる垂れ幕があります。ここ十五年あまりで激増した感がありますが、大半は自校の生徒や児童の業績を誉め称え、自ら誇るものです。
 「祝○○君九州大会優勝・・・」といったものですが、我々の常識から言えば、まずは見るに耐えない恥知らずなものに思えます。全国的にも蔓延している傾向のようですから、お気づきになっていることと思います。
 繰り返しになりますが、かつては、自校の生徒の業績を誇らしげに掲示するなど恥知らずにも程がある行為と考えられていたはずであり、いつの時点かで流が変わったと考えざるを得ません。
 本来、個人の業績とか栄誉といったものは、決して自ら宣伝するものではなく、周りから自然に涌き上がるのが本物の業績であり、もしも、校長以下の取り巻きが持ち上げようとしても、それさえも自らは辞退するのが奥ゆかしい日本人の美学だったはずなのです。
 ところが、今や、それを行なわなければ、逆に父兄やPTAの側から“生徒指導に対して熱心ではない”とか“無関心だ”などと言われかねない勢いであり、学校側にも、生徒の業績を自分の業績のように宣伝し、栄達を望む“さもしい”校長(私に言わせれば校長やましては教育長になること自体がその人間性までが想像できる判断基準であり、校長や県教組の委員長クラスになっただけで、さもしい、汚い人間と判断してしまいます)や後に続く教頭連中がいるのですから嘆かわしい限りです。
 この現象は、恐らく、結婚、出産、新築などを吹聴する写真付きの年賀状や転居通知などを出す風潮(底流にあるのは、私達はこんなに幸せです・・・でしかありません)が現れ始める時期と対応しているような気がするのですが、原因は良く分かりません。
 今後も、この見苦しい風習は蔓延し続けることと思いますが、若者に顕著な目立ちたがる傾向の増大とその延長上に自分の存在を確認するための残虐な犯罪さえも引き起こす傾向とも通底しているように思えます。つまり、自己の存在の希薄さや生きることの意味の希薄さを埋めようとする虚しい行動にさえ見えるのですが、皆さんはどのようにお考えになりますか?
 現代とは物質的に満たされてしまったために逆に目的を喪失している人間が激増しているのです。また、閉塞した階級が固定した社会の特徴として、“つまらなさ”が異常なまでに拡大しているのです。この手の話は、敬愛する東京都立大の宮台真司教授などに聴かなければ解釈不能な現象なのでしょう。


 No.083  20061005  リポートを書き続けることの意味

某日の金曜日の夜遅く、筑後川水問題研究会の事務局会議を終えて車で帰る道すがら、このことを考え続けていました。
 もちろん、リポートの内容が多岐に及んでいる事から色々な要素があるのですが、純然たるコラム、民俗史、古代史に関するものを除いたとしても、@大入島埋立て問題や芦屋港住民監査請求のように現地の実力闘争や住民監査請求から裁判闘争を伝える実践的な要素、A闘争には至らないまでも、多くの問題点や自然保護、自然再生への方向性を示した人々の生活を後世に伝える要素、B大築島埋立問題や芦屋港湾建設問題のように、なぜこのような問題が発生したのかを探り、環境の復元を図るには何が必要かを示す、言わば煽動(アジテーション)ではなく、宣伝(プロパガンダ)の意味を持たせた文書、C大風呂敷を広げた経済や社会にまで踏み込んだ文書。
 手前味噌ながら自分の手で腑分けをすると、こういった事になるのですが、しょせん、これは単なる分類でしかなく、“書き続けることの意味”となると、もう少し踏み込んだ話をしなければなりません。
 私達がこれだけの文書を書き綴ったとしても、直ぐに国土交通省や農水省が考えを改めるとは到底考えられません。筑後川水問題研究会が三十年近く努力を重ねてきたとしても、良くなった部分は一切なく、環境は悪化を遂げ破壊は拡大するばかりです。
 このため、@の煽動(アジテーション)の意味はほとんどないのではないでしょうか。このため、“書き続けることの意味”となるとAの民俗誌としての要素、Bの理論誌的な宣伝(プロパガンダ)の要素、C環境破壊、社会崩壊、内乱から政変に至り大規模な政策転換が行われた時に向けて未来を見据えておくといった事になるのではないかと考えていたわけです。

「既存の現在を肯定するものには未来は準備できない!」(レオン・トロツキー)
「我々の脳裏に新たな世界が構築されることなく、現在の転換はありえない」
(室伏志畔)
越境としての古代[3]越境の会/編 越境通信歴史学は動いたか? 冒頭から



 No.082  20061003  みのお

“みのう“と言えば、紅葉と渓谷美で著名な大阪の北部、箕面川渓谷、箕面温泉の箕面を思い起こされると思います。
 宝塚の手前の池田市の石橋で阪急宝塚線から分岐して箕面線に入り北を目指すと、正面に数百メートルの山並みが見えてきます。
 私も、今年、この箕面渓谷を往復五キロ余り散策しましたが、以前から気になっていたことがあります。それは福岡県久留米市から日田市方面に向かうJR九大線の南側に屏風のように延びる耳納連山と呼ばれる小峰の山脈があります。
 いずれもミノウと呼ばれることから、古代氏族の移動(この地が兵庫県に近いことから九州の物部の移住などと短絡しそうですが、それ以前の言葉の可能性もあるかもしれません)と定着を感じさせるのです。もちろん、いまだに確証を得ません。岐阜県、長良川上流の美濃と併せて考えると、ミノウ、ミノとは耳のように連なることを言う普通名詞もしくは形容詞ではないかと勝手な想像をしてしまいます。


 No.081  20061007  佐世保と長崎の商店街

佐世保と言えば、佐世保鎮守府、海軍工廠、長崎と言えば三菱重工長崎造船所といずれも往時の帝国海軍を支えた街ですが、多くの商店街がシャッターを降ろし消滅の危機に曝されている中で、依然として人通りが絶えず、活力に満ち、街全体もある種テーマ・パーク化された印象さえ持っています。
 これは現地に行かれれば一目瞭然のことであり、あえて説明など致しませんが、佐世保で言えばいわゆる四ケ町商店街、長崎で言えば、いわゆる観光通りから古川町、諏訪町へと単に商店街に止まらず、飲食店街まで含めて人通りが絶えないのです。
 理由は簡単です。大型店が進出するだけのまとまった土地が確保できないこと。仮にある程度の駐車場を備えた郊外型店舗を造るとしても、渋滞が激しく、人の流れが車よりも路面電車中心に動いているからなのです。この街を訪れると、ある種の懐かしさや安心感さえも得られます。長崎をエキゾチシズムだけで観る時代は終わったのではないかと考えるこの頃ですが、それもこれも、容易には土地が得られない急峻な地形がもたらした繁栄といえば言い過ぎになるでしょうか?そのような地形であったからこそ、浚渫が不要な良港があり、巨大な造船所が建設され繁栄が約束されたのです。長崎の浜平町、浜口町といったところにはいまだに車が入らず、馬で材木やコンクリートブロックを運ぶなどという地区がありますが、だからこそ、馬方や伝統的な行商人といった人々の生活も成り立っているとすれば、何が人間の幸せをもたらすかは分からないものです。逆に佐賀には都市部周辺に宅地化を待つ大量の農地が控えていますので、中心部の商店街は大型店に蹂躙され、潰滅して久しいのです。