No.080  20060929  三菱ゼロ戦

“時流に乗る事を最大の恥とする“のが古川定跡ですから、大和とか回天などが再び注目を浴びる時にゼロ戦について書こうという訳ではありません。
 気恥ずかしさもあり、大和やゼロ戦といったものに関する戦記、戦史についてはあまり読んではいませんが、それでも四、五冊づつは読んだかもしれません。ゼロ戦といえば、佐賀が生んだ“零戦の撃墜王”故坂井三郎氏が書かれた「坂井三郎空戦記録」上、下ほか何冊かを読ませて頂きました。ご尊顔は深夜テレビの「朝生テレビ」で見ただけでしたが、鬼籍に入られて数年が経過したことになります。
 もはや、何の軍歴経験もない、戦争への正確な知識も持たない世代が“戦争”を論じる危険な時代になったのです。「美しい国日本」を書かせた安倍が宰相になる時代ですが、かく言う私も彼と同世代なのです。
 ただ、現在、三菱重工を中心に新たな小型(中型を見据えて)ジェット開発構想が浮上しています。優秀ながら、タイミングがずれて大赤字を出してつぶれたYS11の生産が中止されて久しいのですが、この後継機というわけでもないでしょうが、新たな短距離小型ジェット機生産計画が進められていると聞きます。
 今後、地方空港どうしを繋ぐ路線が拡大し、国際的にも需要の拡大が見越されているだけに、この最後のチャンスに対して、かつて、九七、九九からゼロ戦(九〇艦戦?)を開発した三菱が乗り出すというのです。これまで、脅威となる日本の航空機生産を潰した戦後処理の延長上に、軍用機はもとより、ただただ、米国航空機産業の優良市場としての役割だけを担わされてきた日本でしたが、乗用車生産で大規模な失態を演じた三菱の生き残りと失地回復のための大規模なプロジェクトが動き出したのです。これが、成功するかどうかは微妙というよりも疑問さえも感じますが(かつて土建国家はYSを見捨てた)、今後、中国が間違いなくこの産業に進出してくることが想像できるだけに、早めに手を打たない限り、永久にチャンスを失う事になりかねないのです。
 もともと、YS11にしても軍用機生産の民需転用だっただけに、その蓄積された生産技術は、背後に安定した(利益の大きい)軍用機生産体制が存在したからにほかなりません。現在の日本には、この安定した軍需産業と言うものが公然とは存在しないだけに、開発コストを抱え込めるかどうかに成否が掛かっていると思うからです。
 現在、電子立国とか技術立国と言われる日本の高度生産技術が空洞化しつつあるのですが、それに対して、唯一、歯止めを掛ける方法があるのです。それが自前の防衛産業を持つことなのです。あくまでも仮にですが、対米、対中、対露戦争を想定した場合に調達コストが安いからと言って、仮想敵国の部品で兵器生産をする事はできないのであり、防衛産業とは国内に一貫した生産体制(技術を含む)を保持し、言わば安価な海外製品を排除できる唯一の聖域を設ける事が可能になる訳です。このような、内国経済のアウタルキーの形成なくして、高度な開発技術と生産技術を保持する事はできないのです。まさに防衛産業はグローバル化した自由経済の唯一の防波堤になるのです。
 ただ、これは私の考えではなく、現在の郵政族、建設族、道路族といった旧田中派など民需(実態は公共工事依存)に依存するハト派(国富の寄生虫)を排除して奪権したタカ派財閥系の大蔵族(旧福田派、安部派)が、口にこそ出さないものの本質的に考えている事なのです。もちろん、私はこれを支持しているわけではないのであって、軍需に依存しない平和な土建国家として生き残る方法として環境再生型の「壊す公共事業」を提案しているのですが、いずれにせよ、その原資を維持する手段としては、結局、技術立国を維持するしかなく、そのためには、一定の軍需を容認しなければならなくなるだろうと考えています。私は、既に公共事業のできないアルゼンチン(ブエノスアイレスのボカ)に逃散し、このくだらない国家を捨て去るつもりですから日本がどうなろうが知った事ではないのですが、現在の権力の中枢が考えている戦略(これがその名に値するかどうかは疑問ですが)を見ておく必要はあると思うのです。


 No.079  20060929  市中に金が回らない

本当かどうかは別にして、かつて“松下は富を社員に還元する“と言われてきました。多かれ少なかれ日本の企業はこれに習い(海外では社長や重役だけに高給が集中する構造が一般的ですが)、平社員にもそれなりに手厚い賃金を保障してきたと言われてきました。バブル崩壊後もしばらくは温存されましたが、一九九〇年代半ばからはこの日本型経営構造が崩壊し始めます。そして資本主義の獣性が明らかになります。
 企業防衛のための労働者への理不尽な攻撃が始まったのです。こうして多くの犠牲者(リストラ、自殺、精神障害者の増大)が産み出され、米(アングロ・サクソン)型の雇用構造が出現するに至ったのです。小泉、竹中は何らかの政策によって経済を立て直したかのように誤った理解がなされていますが、結局、彼らがやった事とは、資本が労働者の犠牲によって生き残るための社会構造の崩壊を促進し放置しただけのことだったのです(資本の労働者への攻撃を容認した)。
 さて、視点を変えて、分かり易い簡単なモデルで見てみましょう。社員の給与を半減させ自分達の所得だけは確保した土建屋の社長とその会社で働く土木作業員の事を考えると(公共事業費が削減されたために土建業界では事実そうなったのです)、所得が半減した作業員や社員には貯蓄をする余裕など全く無く、受け取った所得を生活費としてほぼ全部吐き出させられます。
 一方、土建屋の社長の方は所得は確保している程度としても相対的には所得が上がっていますので(格差は圧倒的に拡大しています)、大半を貯めこむ事になるのです。
 厚く広く富が分配されれば、中型クラスの車(旧マークU、ローレル・・・)が幅広く売れますが、狭く厚く、同時に薄く広く富が分配されれば、僅かな数の高級車が売れるものの、大半のマスは小型クラス(ビッツ、マーチ)の中古車にシフトし、高級な商品が売れなくなるのです。日本のような高付加価値商品、高級家電で食っているような国家でこのような現象が起こると、最終的には資本そのものが非常に魅力的な市場を失ってしまうのです。
 土建屋の社長のような人間だけに富が集中するようになると、所得が増えたとしても、その分で車を百台も買うはずはなく、大半の富は隠匿されてしまい、富が循環しなくなるのです。簡単に言えば、低額所得者に入った金は循環しますが、高額所得者に入った金はその大半が次の資金循環(購入、再投資)には回らなくなるのです。
 現在、所得の低下した人々は百円ショップの商品で生活するようになりますから、まともな商品を造って生きてきた大半の日本企業は海外の低級品にこの豊かな市場を奪われ、失いつつあるのです。将来、小泉、竹中は、崩れ行く日本市場を放置して何もできなかった(しなかった)愚か者として歴史に刻まれることになるでしょう。


 No.078  20060929  八代史談会に加入

私は八代史談会に参加しました。これはこの間“瀬戸石崩”“不知火海を死に追い込む“大築島”埋立計画””ポルトガル宣教師が見た四百年前の八代海“”阿漕的仮説 ―さまよえる倭姫― 八代〜大築島〜天草姫戸 古田史学の会会報 NO.69 掲載論文古田史学の会代表 水野 孝夫(奈良市)“”姫 戸 阿漕的仮説  ―さまよえる倭姫― の掲載について“”馬門”“兵主”・・・と、八代、不知火海に関する環境、古代史、民俗学的リポートを数多く書いてきたことによるものです。ただ、直接的には八代河童共和国との関係からきたものです。今後、史談会の会報にこれらの論文が随時掲載される可能性がでてきました。それはともかくも、最近はこの不知火海沿岸に対して特別の思い入れを持つようになってきました。今後も宇土に関する論文を一、二本掲載することを考えています。


 No.077  20060929  消えた松杭

私達が住む有明海沿岸の干拓地では、一般住宅を建てるにも杭を打ち、家の基礎を造る事が必須条件とされています。この点、山を削って家を建てることがあたりまえの他の多くの地域の方にはなんのことだか理解できないかもしれません。一、二メートルも掘れば直ぐに軟弱な地盤が現れ、以下、深いところでは二十メートル掘っても岩盤に届かないとこもあるのですから、大重量の豪華な家ほど基礎をしっかり造らないととんでもないことになるのがこの干拓地なのです。
 かつては、平屋か半二階程度の萱葺きや藁葺きの家しかなく、それほどの過重が懸からないために、ほとんど問題はなかったのですが、瓦を豪華に使うようになってくると、この基礎工事が非常に重要になってくるのです。
 在来工法の和風住宅では本柱ごとに基礎杭を打ち、重要な大黒柱の下には何本もの杭を打つこともあるようです。
 もちろん、最近は在来工法の家は減り続けています。このため基礎工事の事情も様相が変わってきていますが、昔は松などの木杭を打ちましたし、廃電柱が基礎に使われることもありました。その後コンクリート・パイルを打ったり、相当に深い穴を刳りコンクリート系の溶剤(セメントミルクなど)を流し込む工法や地盤改良剤で固める工法も採られます。
 仮に、家に二,〇〇〇万円遣えば、基礎に五〇〇万円掛かることもあるのです。
 まず、最近では松材を使うという事を聞かなくなりました。松材そのものが圧倒的に少なくなったからだと思います。戦前は日田や飫肥といった一部の商業的なソマ山を除いて、蔓延する杉、桧山など一切存在しなかったのです。
 昔は有明海沿岸の海岸部にもかなり組織的に松が植えられていたようです。その訳はレールの枕木や炭鉱の坑木として大量に利用されていたからでした。松材は俗に松ヤニと呼ばれた樹脂を大量に含んでいますから腐りにくく、湿気の強い炭鉱の坑木として重宝されたのです。レールの枕木はコンクリートのそれに、炭鉱の坑木は炭鉱自体が消滅してしまいました。需要が消えた松を生産する林業家が消えたのは当然と言えば当然でしょう。その後電信柱が珍重されたのですが、電柱がコンクリートに換えられ、コールタールなどで防腐処理された木の電柱が利用されたのでした。今や、木の電柱もほとんど見掛けなくなりました。
 時代とは目に見えない地中にも大きな変化をもたらすものなのです。


 No.076  20060919  2006水郷水都全国会議in大阪海岸浸食問題分科会報告

 あまり乗り気ではありませんでしたが、浪花は天満(テンマ)で開催された 2006 第22回水郷水都全国会議 in 大阪 に参加してきました。
 「あまり乗り気ではありませんでしたが」としましたが、この伝統ある団体もいずれは国土交通省に囲い込まれることになるのではないかと考えているからです。こう書くと、批判が来ることは重々承知していますが、私にはそうとしか思えないのです。これは、私の個人的な考え方ですからどうしようもありません。少なくとも、招待したものとしても、これまで環境破壊を繰り返してきた国土交通省の幹部が堂々とひな壇に上がり、平然と環境問題についてご託宣を述べるようでは、所詮は住民側が"国土交通省に環境を配慮した事業を行えと要求している"と思いたいだけのことでしかなく、実際には国土交通省の手のひら、その許容範囲内で踊っている、もしくは、踊らされているのであって、良くて陳情型運動でしかないという思いを消せないからです。
 ともあれ、某全国代表委員から直前になって(一週間はなかったと思います)、直接電話が入り、十八日に九州の海岸浸食問題について報告して欲しいとの要請があり、仕方なく重い腰を上げたのでした。
 私の任務は、当然ながらリポートU100.で書いた"港湾整備事業が海岸を破壊する(福岡県遠賀川河口 芦屋港)"を報告する事でした。当の芦屋の自然を守る会の妹川氏に振ったところ、「当日は河川関係のイベントがあるために参加できない。」と、のことであり、やむなく私が代理出席することになったわけです。
 もともとリポートU100.は原稿用紙一五〇枚にものぼる大作ではありましたが、今回の分科会は一五分足らずの報告時間しかなく、当然ながら、そのまま資料としては使えるはずがありません。それが、縮刷版の下記の資料です(画像は省略しています)。


U  筑紫島(チクシジマ)の復元のために (No.9) 12月号
100
20051110
101
20051124
102
20051123
103
  筑後川水問題研究会
20051123


100. 港湾整備事業が海岸を破壊する(福岡県 遠賀川河口 芦屋港)
本資料は2006年水郷水都全国会議大阪大会"海岸浸食"文科会のために準備したものです。
 北九州市と芦屋町とを東西に分ける九州北岸の大河、遠賀川の河口において、現在もな
お、異常な海岸浸食と堆積が続いています。この、行政による海岸破壊について昨年暮れに書き下ろした論文の一部が、芦屋港港湾整備による自然破壊とは何か?以下のものですが、詳しくはホーム・ページ「環境問題を考える」(環境問題の科学的根拠を論じる)のサブ・サイト有明海・諫早湾干拓リポート(http://env01.cool.ne.jp/)上のNo.100.の本文を読んで頂くこととして、この問題には重要なポイントがいくつかあります。
@"二三年前の環境アセスメント"以下で書いているように港湾行政当局自らが行った"環境アセスメント"で海岸浸食と異常な堆積とを的確に予測していたにも関わらず、過小評価もしくは無視して事業が強行され現在の大規模な自然海岸の破壊が起こっていること。
A"港湾を守るのか?漁民を守るのか?自然海岸を守るのか?"漁港、港湾併設港湾であるために、このような提案をしましたが、自然海岸に不必要な施設(港湾、離岸堤、導流堤防、人口島、沖合空港)を造る事によって、必然的に"漂砂"の変化による海岸浸食が起こる場所と異常堆積が起こる場所が生まれます。当然ながら元の美しい海岸を取り戻すためには、本来、その撤去(形状変更)以外には方法がないのですが、実際に行政が行う対策は、それを防ぐためとして新たな施設を建設するなど、問題をより複雑に変えてしまうのです。それをどの程度制御し、どこまで許容し、どこまで復元させるのかということに尽きるでしょう。
B"港湾浚渫の名を借りた海砂採取について"
 海岸浸食の裏返しとしての異常堆積が実質的な海砂採取になっており、行政が結果的に利用している可能性も見落としてはならないと考えます。
※ 本ホーム・ページには他にも多くの海岸破壊に関するリポートを掲載しています。
芦屋港港湾整備による自然破壊とは何か?
 芦屋港港湾整備事業によって、芦屋海岸、新松原海岸とされる往古の海岸線が、いまなお破壊され続けているのですが、その意味は異なります。芦屋海岸(鈴の松原?)の東側では異常なまでの堆積が進み、逆に西側では激しい侵食が進んでいるのです。 
 これを止めると称して、県(北九州土木事務所)は対症療法的に浚渫土を東から西に運んでいるとの事ですが、地元の環境保護団体からは"堆積が進む芦屋側の状態から推察すると、砂で補強するのではなく、泥や瓦礫混じりの浚渫土がそのまま自然海岸に投棄されているのではないか"との話を聞きます。この真偽の程は兎も角として、現地を見た上で芦屋港建設以前の航空写真(一九七四年=昭和四九年)と比較すると自然海岸の破壊の惨状が一目瞭然で分かります。人間の、と言うか、この"行政による愚かで小賢しい行為に対して、いかに自然が的確に反撃するものであるか"を改めて脳幹に刻み込まれた思いがします。
 海洋工学、河川工学といった専門分野についてコメントする立場には元よりありませんが、素人にも判別が付くほどに、前述した芦屋港建設以前の航空写真(一九七四年=昭和四九年)は雄弁です。芦屋漁港が竣工(一九八一年=昭和五六年)するや、早くも堆積が明瞭に認められ、漁港の竣工が巨大な堆積の引き金になった事が分かります。さらに、隣接する芦屋港港湾が竣工(一九八六年=昭和六一年)するや、堆積が最早一時的なものでは全く無く、不可逆的な現象であることが顕著になります。
 どのように考えても、芦屋町の巨大な鈴の松原(三里松原?)が日々、崩壊している原因が港湾工事にある事は間違いないでしょう。この間、港湾整備を行ってきた福岡県(北九州土木事務所)は、この事実を、従って堆積の原因を充分に知っているはずであり、知っていたからこそ、自ら東の浚渫土を西に運ぶなどという情けないその場凌ぎの復旧工事を行っているのです。
 芦屋、岡垣沖の海では潮流(汐)は西から、つまり海に向かって左側から反時計周りに流れているとされています。それが遠賀川の右岸にある陸塊に衝突し、河口部の吐き出しと合流して北流してきたはずです。当然ながら、漂砂は沖合に送られ、再び循環して堆積のサイクルに回帰するのですが、その手前に巨大な港湾(漁港)とそれを北西の季節風から守る防波堤があるのですから、衝突し流速を落として堆積が進むのは当然といえば当然です。  
 一方、芦屋漁港が港湾整備事業によって建設される同じ時期に、遠賀川に河口堰(九州地方建設局 堤頂長 三九九.九m 着手一九六九年、竣工一九八二年)が造られ、基本的に河川から供給される砂は多少は減少しているのですから、この堆積を続ける漂砂が西の潮上から送り込まれている事は確実であり、一切は港湾建設に原因があり、元の海岸線を回復させるためには港湾の撤去しかないのです。
 このように、一方では凄まじい海岸侵食をもたらし、一方では手の打ち様のない堆積が進むという現象は複雑に見えて実は全く単純な構造のように思えます。
 私には、年間五〇回も釣行していた時期がありますが、三〇年の釣行で感じた事は、僅かばかり波止が伸びただけで、港内に潮が流れ込まなくなり、潮が通さなくなったために魚が釣れなくなったり、砂地が消えてキスが釣れなくなったりするといった事を何度も経験してきました。恐らく、日常的に海で生活している地元芦屋漁協や柏原漁協の人々は、既に経験的に原因と結果の因果関係、さらに、今後の予測もできているはずです。これを全く理解していない、ただのサラリーマンこそ歴代の北九州土木事務所の職員達なのです。事業を始めたのも彼らであり、今なお事業を続けているのも彼等であり、その一部は既に天下りして施工業者の中に身を置いているのかもしれません。

二三年前の環境アセスメント
 手元に"芦屋港埋立免許願添付図書「環境保全に関し講ずる措置を記載した図書」(芦屋港)昭和57年 月(ママ)福岡県"なる三〇〇ページ近い手書きの資料があります。これは二〇〇四年に芦屋町の自然を守る会が情報公開制度に基づき入手した資料の写しですが、ここには驚くべき事が書かれています。
 顕著となっている西の海岸侵食と東の大量堆積が既に二三年前に予測されていたのです。
 ここでは全部を紹介する事はしませんが、分かりやすい部分だけを引用しておきます。

4−1−3漂砂(2)事例研究による漂砂変化予測
砂浜に建設された港湾に伴う漂砂変化予測については現在適切な予測方法はなく,(1)で述べたような定性的なものとならざるを得なくなっている。しかし,全国の砂浜海域に建設された既存港湾の事例研究から,堆積・侵食域の範囲については一つの規則性が見出されており*,この規則性を本計画地についても適用すれば以下の通りである。
すなわち,この規則性とは,「港湾の主防波堤頭部において,卓越波の進行方向に対して約40〜50゜外側に振った直線が海岸線と交わる点付近より港側では堆積性となる」ということである(表4−1−6)。

表4−1−6片トンボロの形成に伴う侵食および堆積の発生位置*(図表省略)

   本計画地付近の卓越波向はNWであるから,表4−1−6において卓越波向が一致する新潟県Ks港の例を芦屋港について適用すれば,埋立地西側近傍で堆積域が,その隣接部で侵食域が形成されることになり,この予測結果は流況から見た予測結果とも一致する。(図4−1−28)。

 結論から言うと、全ては二十年以上も前に予見されていたのです。少なくとも、港湾開発に伴う影響の調査について言えば、的確に評価されていたのです。
 この頃にはまだ、巷間噂されるように環境影響調査が一から捏造され改竄されるようなことはなかったのかもしれませんが、問題がいくつかあります。
 この調査は芦屋漁港が計画された時期に行われたのではなく、竣工後に実施されたという事、その後もこの適切な影響予測は全く生かされなかったという事。現在、この予測どおり事態は進行し、四半世紀が経過して最早いかなる方途も取れなくなっているという事。 結局、環境影響調査は行ったとしても実際には何の役にも立たないという事が良く分かります(自分達で高額の免罪符を創り買っているだけでしょう)。既に、往年の美しい渚は失われ、海岸線は少なくとも百〜二百メートルちかくも前進し、芦屋港は砂に埋まらんばかりの状態になっています。現実にこれほどの環境破壊が持続しているにもかかわらず、行政は何の責任も取らない(取れない)のです。
 再掲しますが、この環境影響調査は「環境保全に関し講ずる措置を記載した図書」とされているのです。いったいどこに"環境保全に関し講ずる措置"が存在するというのでしょうか。
 元々造るべきではなかった所に浅知恵で港湾を造り、その港湾機能の維持と称して愚かにも航路浚渫と港湾の水深確保のための浚渫が延々と行われ続けているのです。
 この愚かな事態の原因は、ただ一点、元々、川の中にあった芦屋漁港を風波にさらされる玄界灘の正面に造ろうとした事、このため玄海灘の風波から守るための大型の防波堤(港湾正面に位置する防波堤=いわゆる一文字波止)を造らなければならなくなった事。
 仮に、漁港を移転させるとしても、極力、卓越潮流を阻害しない範囲の自然海岸線の内側に引き込んだ形で小規模に整備すべきだったのです。  
 少なくとも、的確だった堆積と侵食の予測は全くいかされなかったのです。最低でも砂の堆積を軽視した過失はあるのですが、お粗末というにしては実に凄まじい海岸の破壊が起こったものです。それとも、危険性を十分に分っていながら故意に無視したのでしょうか。
▲7 図4−1−28 芦屋港建設に伴う侵食・堆積域の発生予測

港湾を守るのか?漁民を守るのか?自然海岸を守るのか?
 確かに、往年の芦屋海岸の美しさを知る人にとって、現在、港湾工事によって破壊され続ける海岸を見るのは非常に辛い事でしょう。
 まず、美しい海岸に居座る無粋な港湾そのものの存在やテトラ・ポッド(世界的に見てもこれほど大量のテトラ・ポッド投入される国は日本以外にはない)が並べられる風景だけでも許しがたいものであるに違いありません。
 漁港が海側に移転させられる以前、遠賀川の河口には漁船がひしめき合っていました。
 漁師はできるだけ自宅に近い場所に舳先を向けて船を着け、洪水や高潮、高波の時には家と船を心配しながら暮らしていたことでしょう。このような風景は、私のような民俗、古俗に心を奪われる者にとっては実に心が和む懐かしい風景なのですが、実際にその場所で生活する人々にとってはなんとかしたい事であったことも十分に想像できます。
 しかし、荒れる玄海灘の風波に晒される場所に港湾を建設するという事そのものが間違いの始まりでした。
 仮に、どうしても漁港を河川の外、つまり海岸に移さなければならなかったとしても、事業を、漁港を移すためだけのものに限定して小規模に造り、冬期の北西の季節風を遮るために沖防波堤が必要としても可能な限り小規模に造り、できるだけ漂砂の進行方向に対して並行に設置していれば、これほどひどい事にはなってはいなかったことでしょう。さらに言えば、始めから膨大な漂砂を想定して堤防の形状をできるだけ漂砂を遮らないように、つまり堆積が進まないように、西−東方向(遠賀川左岸導流堤方向先端に摺り付けるような方向)に造り、その内側に小規模な漁港を造っていたならば、砂の堆積は気にならない程度で収まっていたのではないかと、今更ながら考えてしまいます。
 さらに、もしも、昭和五〇年代の自然の汀線の内側に完全に収まるように漁港を引っ込めて小規模に造り、漁船の出入口を現在の導流堤の付け根付近の河川側に造る事(これは結局遠賀川の中に港を造ることになりますが)が可能であったならば、問題は一切生じなかったのではないかとさえ考えるものです。
 まず、現在の芦屋港西側の海岸に膨大な堆積が生じた原因は、漂砂が流れてくる方向と直角に港湾西側の防波堤が造られたためでしかなく、最終的な安定が形成されるまで永遠に堆積が続くことになるでしょう。極端に言えば、芦屋から岡垣の波津まで。
 繰り返しますが、最低でも漁港を移すためだけに限定して沖防波堤を小規模につくり、できるだけ滑らかに流れていくように堤防を斜めに造り漁港整備だけに留めていればこれほどのひどい状態にはなっていなかったのでしょうが、このようなずさんな港湾整備を急いだ理由は、国の河川改修、河川整備との関係だったのではないかと推察されます(河川改修は国営事業、港湾整備は県営事業)。
 結局、問題は以下に集約されます。港湾を守るのか?漁港を守るのか?自然を守るのか?であり、自然を守るために(元の自然を取り返すために)人間はどこまでやることができるのか?ということです。
@)自然を守り、元の海岸線を完全に復元するべき であるとすれば、漁港を含む港湾全体の撤去になります。
 この中には漁港を昔の汀線の内側まで引っ込めるという選択もあるでしょう。
 また、隣りの遠賀川右岸に位置する柏原漁港に移設し集約化するということも考えられます。既に波懸大橋(臨港道路)が造られており、漁業者の心情はともかくとして、住家から船までの車での移動距離に大きな差は無く、実質的にはそれほどの障害は無いのではないかと思います。
A)港湾はどうでも、漁港を守れば良い のだとすれば、つまり、港湾は元々不要であり、その利用も、事実上、工事用の船舶=作業船、クレーン船、浚渫船、台船程度であり(この現象は多くの新設港湾の一般的な傾向なのですが)、漁港西側の港湾を撤去し、沖防波堤を半分以下にしたとしても機能は十分に維持できるでしょう。そのことによって、多少は堆積の程度を抑えられるのかもしれません。この中には漂砂の進行方向に対して傾斜を付けたなだらかな防波堤に切り換えるというオプションもあると思います。
B)港湾を砂から守り、浚渫の頻度を落とすことによって税金の支出を押えるべき とするだけであれば、現在計画中の防砂堤防を造るという選択になるでしょうが(これも一時凌ぎにすぎませんから、いずれは堆積が進み再び浚渫に追われることになるでしょう)、基本的には、浚渫経費と、防砂堤の建設、維持、撤去までの経費とが置き換わるだけのことでしかなく、どちらが安いかという問題はあります。もちろん、これでは、元の自然は全く回復できません。
 仮に、芦屋町の自然を守る会の会員の方々としても、漁業者との正面衝突を考えているとは思いませんから、過渡的にはA)の選択になるかと思いますが、完全ではありません。ただし、A)を実施しながらなだらかに@)に移行するという選択は可能かと考えます。 
 既に、漁家はここ二〇年余りで半減から三分の一程度に落ちており(漁業センサス)、船舶の大型化を考えても、長期的には漁協の合併再編成、漁港そのものの集約化はいずれは手を着けなければならない問題だからです。

港湾浚渫の名を借りた海砂採取について
 ただし、注意すべきことがあります。現在、港湾浚渫が事実上の海砂採取になっている可能性があり、同時に、浚渫残土は資源か廃棄物かという問題があるのです。
 このように、吹き上げられる砂浜は陸上採取さえも可能であり、現実的には非常に安価な採取施設になっているのです。初めは恐らく過失として始まった港湾整備だったのでしょうが、今では、港湾浚渫業者、港湾事業の施工主にとって、実は非常に旨みのある施設になっている可能性があります。あくまで、可能性ですから、今後の調査に期待しましょう。
 瀬戸内海の岡山、愛媛などで顕著ですが(本当は、もはや取る場所がなくなったから規制したというべきなのですが)、全国的に海砂採取にブレーキ、歯止めが掛かる中で、港湾浚渫と称して採取されている可能性があるのです。
 一般的に、沖合での海砂採取は自然破壊と言われても、港湾機能の維持と称する浚渫は必要悪とされますので、もしも、浚渫された廃棄物たる浚渫土砂が、海砂という高額商品となっているとするならば、浚渫事業で金儲けをして、廃棄物たる海砂でも儲けられることになるのです。 
 この、一粒で二度美味しいというキャラメルのような甘い話は、他の多くの事業でも見うけられ"、河川改修事業を廃棄物処理業者が行なうべきか、事業受注者が行なうべきか"として新たな問題が起きてもいるのです(球磨川河川改修など)。
 この芦屋港湾がどのように扱われているかは分かりませんが、試しに港湾用地内で行われているテトラ・ポッドの製造用の砂が、実際にはどのようなルートと単価で調達されているのかといった問題を徹底的に調査することも必要ではないかと思うものです。
 もしも、かなりの比率で良質の砂が採取できているのであれば、芦屋港湾は事実上の海砂採取のための施設とも言えるように思うのですが、これ以上は推測の域を出ません。
 実は、陸上でも砂の採取が可能になっています。芦屋港湾に隣接して整備された海水浴場は、季節風が収まるまで大量に吹き上げられた海砂に埋もれ、あたかもサハラ砂漠のような状態になるのですが、少なくとも、海水浴のシーズンの前に行なわれる砂に埋もれた海水浴場の機能回復工事によって集められた砂は、一応、砂の芸術祭に衣を替え海岸に還元されています(これも町のコスト削減によって中止になるようですから関心を払う必要があるでしょう)。吹き上げられた砂は、自然の海と風の働きによって粒子が選別され、事実上は良質の商品のはずなのです。
72.図書のご推薦「河川事業は海をどう変えたか」
 元東海大学教授・元理化学研究所主任研究員 宇野木 早苗 
 叶カ物研究社 03‐3445‐6946
73.有明海の環境破壊と再生への道
第21回水郷水都会議、第8回有明海・不知火海フォーラム in 久留米、柳川
 柳川全体会 講演論文 
 宇野木 早苗 (元東海大学教授、元理化学研究所主任研究員)

砂に埋まる港湾を守るためとして、新たに、防砂堤が造られる
 現在、福岡県は砂に埋まり続ける芦屋港を守るためとして、漂砂を溜め込む防砂堤を造る計画をもっており、本年度は二億円程度の予算を計上しているようです。早晩、調査設計から工事の施工段階に入るでしょうが、この防砂堤を造ったとしても、実際にどれほどの効果が望めるか不明な上に、いずれ短期間で堆積が進みこの防砂堤からも溢れ出し、再び浚渫の繰り返しをすることになるでしょう。所詮は、一時凌ぎの対策に過ぎず、全体として見れば、いわゆるマリコンの(マリン・コンストラクチャー=海洋土木業者)工事の中で、一時的に浚渫工事が減少し、新規の港湾建設事業とが入れ替わる事にしかならないのです。
 県は"砂が堆積するとしても海水浴場が整備できるし、陸地が増えるのだから良いことだ"などといったとぼけた話をしていると聞きますが(事実上の開き直りでしょうか)、下手な手料理で塩を入れ過ぎたとして砂糖を入れ、甘くなり過ぎたとして再び塩を入れるようなもので、堆積し続ける港湾の浚渫経費を一時的に抑えて、転勤や退職までの批判をかわすものにしかならないでしょう。
 そもそも、河川から送り込まれる土砂は、還流して漂砂の中に加わりますが、林野行政による愚かな針葉樹林化によって、数百年単位で育まれた貴重な土壌流出に歯止めが掛からないのが実情なのです。ただし、ダムの堆砂との関係もあり、計量的な説明は困難です。少なくとも、"陸地が増えるのだから良いことだ"といった県当局の説明の背後には"無残な森林崩壊、国土の損傷が存在しているのであり、無条件で喜ぶような代物ではない"ということだけは申し上げておききましょう。
 さて、地元「芦屋町の自然を守る会」は、昨年来、県に公開質問状を提出するなど反対運動を続けていますが、一向に事業は止まる勢いにはありません。
 県(県幹部)には、自然海岸を取り返すといった気持ちはおろか、長期的な対策を考える事もないようです。今や、公共事業とは県民や住民のためのものではなく、業界からの要請に答え、業界に依存して生きていく人のためだけに行われているもののようです。
 以下に芦屋町の自然を守る会が提出した申入書及び公開質問状を掲載します。
 この会は、かつてバブル期の芦屋リゾート開発構想を中止に追い込む運動を成功させましたが、町民全体の力で再び砂防堤建設を見直させ、昔の自然海岸を取り返して欲しいものです。浅見ながら、砂防堤を造るくらいなら、まだ、浚渫を繰り返す方が害が少ないのではないかと考えるものです。 
※ 詳しくしくお知りになりたい方は 09062983254 まで御連絡下さい。


 No.075  20060925  六号潜水艦の佐久間艇長と呉港に陸揚げされた潜水艦

 六号潜水艦の佐久間艇長と言っても、もはやだれも知らない時代になってしまいましたが、最近、呉港で退役した潜水艦が展示のために釣り上げられるシーンを見ていると、ほんの六十年前までは国民ならば誰でもが知っていたこの国家的(国民的)英雄の存在が忘れ去られていることを思わざるを得ません。作家の阿川氏などが強調する事ですが、戦後の手のひらを返したような風潮を見る時、ついつい、この「民主国家」の戦慄すべき恥部を感じてしまいます。
 この佐久間艇長の話はいずれ別稿として書くつもりですので、あえて詳しくは触れません。大尉は、連合艦隊司令長官の山本五十六、最後の海軍大将といわれた井上成美などと条約派のトリオと呼ばれた米内光政提督と兵学校の同期(?)と聞き及んでいますが、一九一〇(明治四三)年に山口県岩国沖の瀬戸内海で潜水艦というよりも潜航艇クラスの小型潜水艇の潜航訓練(シュノーケルの実験でしたか)を行っているうちに浮力を失い沈没し、十四人の乗組員全員が酸素欠乏により死亡するという事件が起きたのです。後日、引き揚げられ調査が行われましたが、この若き佐久間大尉(帝国海軍では"タイイ"ではなく"ダイイ"と読みますが)は、窒息により死亡する直前まで、事故の原因、改良点、操艦の注意点などについて細い記録を残していたのです。もちろん乗組員も誰一人として持ち場を離れることなく、先を争って脱出しようとした形跡もなかったとして、敗戦までは教科書にも掲載され、当時は誰もが知っていた英雄だったのです。反戦歌人(?)とすれば反論が続出しそうですが、"君死にたもうことなかれ"と歌った与謝野晶子においても大尉を傷む歌を贈っている事を思うと、当時は国民的賛辞が送られた衝撃的(感動的)事件だったのです。
 この事故は、当時、国際的にも報道され、世界の潜水艦乗りの模範とされ、イギリスのダートマスの海軍兵学校でも語り継がれたようです。また、大戦中から現在に至るまで、ゴスポートにある同国の潜水艦学校では佐久間大尉が残した遺書のレプリカントが掲示されているというのです。我が日本では鬼畜米英として敵性国語を廃止したことを考えれば、如何に日本と言う国がつまらない国であるかが良く分かります。
 さて前置きが永くなりましたが、本題に入りましょう。呉にも海上自衛隊の潜水艦学校がありますが、その呉港に陸揚げされた潜水艦の経過年数が二十年というのです。
 この間、この潜水艦は戦闘行動という意味での実戦に使われたことは全くないままに任務を終了(退役)したのことになる訳ですが、ある種、人間の生活にとって何の役に立たない兵器という不必要なものを造り、造り替えて行くというスクラップ・アンド・ビルドが軍需においても平和産業として成立した瞬間でもあったのです。技術レベルとしては遥かに低い土木において、全く必要のない道路を造り、かつ、素晴らしい自然を壊し続けている我が土建国家を考える時、何らかの産業を興すことなく国家が存立しえないとすれば、戦争を行わないという条件付で、軍需による国家的コレクション(例えば現代版八八艦隊=新鋭イージス艦隊)を造り揃え続けることは例外的に成立するのではないかと思うのですが、近藤邦明氏によれば、なお、暴論との烙印を押されることになることでしょう。

「小官ノ不注意ニヨリ陛下ノ艇ヲ沈メ部下ラ殺ス、誠ニ申シ訳ナシサレド艇員一同死ニ至ルマデ、皆ヨクソノ職ヲ守リ沈着ニ事ニ処セリ」


 No.074  20060925  婆さんの立小便

 野良で婆さんが立小便していたということを覚えておられるのは、ある程度の年齢の方でしょうが、私自身が昨年も目にしましたから、完全に消え失せたというものでもないかもしれません。
 農作業に追われて仕事をする人々は、しゃがむ時間さえも惜しんで野良仕事をしたものですが、実際、歳を取り腰が弱ってくるとしゃがむ事さえも苦痛になるのかもしれません。
 こんなことは大都会で暮らす人々には想像も及ばない事かもしれませんが、最近では、巷に腰の曲がった婆さんがたくさんいたことさえも忘れ去られているようです。
 田植え、稲刈りと、しゃがんで辛い仕事を続けていた時代、どこの農家にも腰の曲がった女性はいたものでした。しかし、田植機や稲刈機が普及するようになると、この辛い労働から解放されることになります。このため後続するものがなくなり、その最後の世代が自宅で寝たきり老人になっているか、病院に入っているという事になっているのです。
 バカバカしい話ですが、私はこの"つ"の字に曲がった女性が足を上げて寝るのか、それとも、"つ"の字を横倒しにして寝るのかを悩んだ事がありましたが、今や都会の子供達は腰の曲がった女性がいたということさえも知らないのではないかと思います。もし、自分の眼前にそのような人間が現れたとしたら、ノートルダムの背虫男(昔は背虫がいるためになる病気とされたのですが)や先天性の奇形などとしか理解できないのではないでしょうか。もちろん、ある種の病気ではあるでしょうが、辛い労働による職業病とでも言うべきものであり、一切の労働を行わずに、ただただ、民衆に寄生する天皇、皇族、貴族に、古来このような現象が存在しなかった事は、記紀をはじめとする古代の文献を見ても明らかなのです。


 No.073  20060925  足早の今年の秋

 残暑はどこにいったのか?九月になるや、連日、涼しい日が続いています。ここ十年で考えてもこれほど涼しい年はないように思います。例年、辛い残暑が十月上旬まで続いていただけに、急に"暑さ寒さも彼岸まで"という格言どおりになると奇妙な思いがしてくるこの頃です。
 この事は、リポートVの九月号に掲載した"打ち水大作戦の大間抜け"で書いた都市から農村や山林に至る乾燥化がもたらしているのではないかとは言えるように思います。乾燥化した地表は保温力がないために、温度は上がりやすくなり、同時に下がりやすくもなるからです。
 ただ、これはそのような単純なものでもないような気がします。本来の日本の季候とはそのようなものであり、ヒート・アイランドをもたらしている国土の乾燥化によって増幅された涼しさだと言いたいのはやまやまですが、浅薄な分析に陥らないとも限りませんので、当然ながら簡単に判断することはしません。ただ、季候のような複雑極まりない現象は、CO2温暖化論者が主張するような単純なものではないということは感じますし、同時に、CO2地球温暖化論はどうなったのかという気もするのです。
 それはともかくも、最近の近藤氏の"管理者から"において、CO2地球温暖化論への「誤った理解」にもとづく懐疑論が拡大していることに対して、環境省がプロジェクト・チームをつくり反論を行う計画があるといった話が書かれていますが、槌田敦教授、近藤邦明氏の周辺(私は全く無視されているでしょうが)以外には"CO2地球温暖化論"への正面切った反論を展開しているものが見当たりませんので、私達が叫ぶ"裸の王様だ!"といった声が、多少は拡がりを見せているのかも知れません。


 No.072  20060925  飢饉と彼岸花

 "暑さ寒さも彼岸まで"という言葉が今年はピッタリしますが、この時節になると、必ず咲き出すのが彼岸花(マンジュシャゲ)です。
 では、この花と飢饉と関係があると言えば、皆さんはどう思われるでしょうか?
 私達の住む地方でも、昔から「この花は神さん(仏さん)の花やけん触るっぎいかん!」「毒のあっけんが触んな!」「抜くぎと死んぞ!」「バチかぶっぞ!」といった話が伝えられてきました。他の地方でも恐らくそうだと思います。
 このことは民俗学の世界では比較的知られた話であり、改めて書くことでもないのですが、飽食の時代ゆえに、この話も消失しかねないの勢いですので、書くことにしたわけです。
 この花は球根(鱗茎)を持つ植物ですから、本来は、人の手がなければ拡がらないはずであり、これが方々の畦や川岸の土手などにあるということは、古来、人々が植え守ってきたとしか考えられないのです。ユリ根が食用にされ、今でも高級和菓子などに使われますが、この花は球根に栄養を蓄えます。
 当然ながら、アルカロイド(塩基性の植物成分)を含みますが、アルカロイドは水溶性であるために、水に曝せば良質のデンプンが取れますので、十分に食用になるのです。正確には鱗茎といわなければならないのかも知れませんが、要は球根を引っこ抜けば、非常用の食用とすることができたのです。だからこそ、「粗末にするな」「触るな」「ばちが当たるぞ」などと、古来、言い慣わされてきたのです。
 最近は赤ばかりではなく黄色や白いものも数多く良く見かけるようになりましたが、この増殖については知識を持ちません。だれか情報を頂ければありがたいと思っています。

ヒガンバナ: ・・・アルカロイドを含み有毒。昔は救荒植物として鱗茎を水でさらして有毒成分を除き,食用とした。・・・(マイペディア)


 No.071  20060928  コンクリートが危ない

 言わずと知れた小林一輔東京大学名誉教授(元運輸省運輸技術研究所,東京大学生産技術研究所教授ほか)による「コンクリートが危ない」(岩波新書)のことですが、七年前に出版され既に十二版を超えていますので、硬派の岩波新書としては、まずは相当に売れた本ということになるでしょう。
 この本の存在も、また、かなり重要な内容が書かれている事も十分に知っていながら、元運輸省運輸技術研究所の教授という経歴から、どうせ御用学者なんだろうといったいいかげんな判断で納得してしまい、これまで無視していたのですが、敵を知らずして・・・のたとえどおり、大阪への新幹線の行き帰りで一気に読み終えました。「日記」としての性格から、この内容についてまでは触れませんが、期待を違えず非常に参考になるものでした。
 今後、この本で新たに学んだことは、様々な判断に重要な示唆を与えてくれることと思います。
 十二版まで版を重ねたものだけに、本ホーム・ページの読者の中にも同書を読んでおられる方も多いかもしれませんが、もしも読んでおられない方があれば、ぜひともコンクリートの実態を知っていただきたいと思います。
 川砂で造られた東海道新幹線に比べて、後発の山陽新幹線が海砂で造られ、恐らく相当に早く劣化が進むであろうといった話は以前から指摘されていましたが、既に東海道、山陽両新幹線が全面的に造り替えなければならない時期が到来し、具体的な日程に上っているのですから(東海道新幹線は開業から四二年が経過)、鹿児島、長崎新幹線のような不要不急の路線を造っている余裕など全くないのです。


 No.070  20060928  ブラックバスはなぜ拡散したのか?

 以前から不思議に思っていた謎が一つ解けました。これは業界に詳しい人物から直接聴いた話ですのでかなり正確だと思います。私の住む家の近くにある大型の農業用ダムにもブラックバスやブルーギルが繁殖しているという話を聞き、どう考えても理解できずに実際に自分で釣ってみようと考え、十五年ほど前にそのダムに釣りに行った事がありました。もちろんバスはルアーで釣るのですが、同行の友人が一匹釣り上げ、私には釣れませんでしたが、ミミズも掘って持参していましたので、ウキ釣りで狙うと、直ちに二〇センチクラスのブルーギルが三十匹ほど釣れたのです。このため、我が家の猫達が腹いっぱい食うことになりましたが、ただ、どう考えても、あの辺鄙な農業用ダムに簡単に繁殖するとは考えられなかったのです。
 バス釣りがブームになりはじめたのは、確か少年漫画かなにかがきっかけだったと記憶していますが、瞬く間に全国でバスが繁殖したというのはどのように考えても不思議でした。"バス釣りに嵌った少年達が方々の池に放したのだ"と言われて納得してはいたのですが、実はそうではなかったのです。
 理由は至極簡単でした。竿やリールを売りたい釣具メーカーが、組織的に繁殖させたという事をその筋に詳しい関係者から聴いたのです。
 これで、永年の疑問が氷解したわけです。"釣場を守ろう""釣場をきれいに""種を守ろう"などといった耳ざわりの良いことを口にしながらも、裏では先細りしていた海釣り市場の代替として全国にバス釣りを普及させたという訳だったのです。
 まさか、メーカーがこのような乱暴なことをするとは考えもしなかったのですが、資本主義的生産とは実に気違いじみたものだと改めて認識したものでした。やはり、私はスターリンのような悪人には成り切れないようです。
 当然ながら、釣具メーカーはこの事を否定するでしょう。メーカーはバス釣りを広めたいというグループに対して、資金提供しただけだったのかも知れません。しかし、談合を否定する企業の裏で談合屋が密接に連携しながら動いているように、釣具メーカーの背後でバス・ファンを囲い込んだ別働隊が動いていたというのが真相らしいのです。


 No.069  20060823  底上げされたほ場

 "底上げされたほ場"とは何の事だか分からないと思いますが、ほ場整備事業によって田圃が用水路に対して引き上げられたことを意味します。
 リポートV掲載の152."打ち水大作戦の大間抜け"の農村のヒート・アイランドでこう書いていました。

 まず大都市の方々があまりご存じない話から始めましょう。四十年前までの農村には、まだ牛や馬による"荒起し"や"代掻き"が残っていました。しかし、その後のテーラーからトラクターそして大型トラクターの導入によって耕耘の形態は大きく様変わりしたのですが、実はこの機械の導入によって、田、畑は大きく変わってきたのです。機械による耕耘は深くても一〇〜一五センチメートル、一般的には労力を軽減するために一〇センチ程度しか耕しません。牛馬耕の場合は二〇〜三〇センチの深耕も可能であり、事実そのような湿田も非常に多かったのですが、機械による起耕が大半になると、機械を使い易くするために、全国で展開されたほ場整備事業に併せて乾田化が進められたのです。農家の大半が兼業化するようになってくると、省力化のために用排路は溝浚えや草刈をしなくても済むような三面張りのコンクリートで固めた側溝に変えられ、雨水はたちどころに河川から海に押し出されていきますし、乾田化を喜ぶ農家もそれを歓迎したのです。ほ場そのものも、田畑切替ができるようにというふれ込みでコルゲート・パイプを中心とする暗渠がほとんどの田畑に施工されたのです。このため、大半の農地はゴルフ場と変わらないような、非常に乾燥しやすいものに変えられてしまったのです。もちろん、稲が植えられているのですから夏季は水が張られていますが、既に、減反は三割から四割に達し、事実上、日本全体で考えれば、静岡県以西の農地では全く米を作っていないのと同じ状態が出現しているのです。耕作放棄も進む中、転作田は畑として大豆など植えられますから、乾燥化は一層進んでいるのです。また、七夕コシヒカリなどっといった夏季には刈り取る稲まで栽培されていますから、夕立の季節には水が落とされているのです。その上に農地の転用などによって耕地面積そのものも減少しているのですから乾田化は止まるところを知りません。恐らく、全国の水張り面積(純然たる水田の面積)そのものは、減反が開始されて以降、全国的ほ場整備事業の完了もあり、それ以前と比較すればほぼ半減していると考えてまず間違いないでしょう。
 このため、農村部や地方の都市部においても河川の直線化、雨樋化は同様に行われているのですから、大都市部と同様の乾燥化が進んでいるのです。
 従って、地表が熱せられて蒸発する水蒸気の絶対量が減少し飽和に至るテンポ、ピッチが落ち夕立の減少から消失へと突き進んでいるのです。
 農村から地方都市においても夕立による水循環、従って熱交換も破壊されていると考えて間違いないのです。

 ここではヒート・アイランドを論じるつもりはありませんが、物理的に用水路、排水路に対して田面が上がったという事がどのような意味を持っていたのかを考える事にします。
 用水路の傾斜を取れない干拓地や平坦地では用水路自体が地下埋設管になっているところもありますが、それはともかくも、昔の農地とは限られた水を少しでも多く確保するために、用水路の水位からあまり離れないところに存在していました。掛け流しほ場の場合は階段式に流れていましたし、用水路による自然流下式の場合は、同等か少し低めの水路に小型の堰を作り水を引き込んでいたのです。
 それが、ほ場整備によって一変するのです。この結果、劇的な変化が起こります。それはメダカをはじめとする多くの動物の消失です。メダカは用水路と田圃とを行き来して、稲が植えられ水が張られる時期に水田で大繁殖し、水が落とされる収穫期には用水路、排水路に戻ったのです。これが消えたのは用水路と田面との高低差が五〇センチ以上になり、メダカの出入りが全くできなくなった事と、水路自体がコンクリートの三面張りに変えられ、隠れる場所も無くなり、流速も上がって完全に棲息できなくなったためなのです。これも農水省をはじめ各県の農林業担当部局が率先して行ったことなのですが、自分達が生物の事など全く考えずにやった事は一切反省する事も無く、「生物の多様性」とか、「希少動物の保護」「緊急棲息調査」などといった恥知らずな事をやっているのです。


 No.068  20060918  海岸に桜を植える愚か者

 今年の台風13号は、佐賀県を貫通したにもかかわらず、たいした被害を出す事もなく通り過ぎましたが、それでも海岸部の干拓地では、稲穂の枯れた水田が相当に目立ちますし、葉の薄い落葉広葉樹もかなり落ちたものが目立ちます。干拓地とは遮る物がなにも無いために、潮風は、直接、内陸奥深くにまで入り込み、相当の塩害をもたらします。
 このような干拓地の一線堤防の裏側にも某町が桜並木をつくろうと、二十年ほど前に桜の幼木をまとめて購入して植えた事がありましたが、今もって桜の花を見たことはありません。桜は多くの海岸性樹木が繁茂して環境が安定して塩気が入らないようになって初めて花を咲かせるのです。このようなことも分からずに町興しとか、有力議員の一声だけで無駄な事が行われるのですが、海岸には本来あるべき海岸性の樹木を繁茂させようとしないのはなぜなのか今もって不思議でなりません。
 ツバキをはじめとする照葉樹は、無毛で革質の光沢のある分厚い葉をもっていますが、このような木でないと海岸では生き残れないのです。このような照葉樹、常緑広葉樹はハリケーンの襲来するアメリカのフロリダ半島などにも多く繁殖していると言いますが、逆に言うとそのような樹木でなければ海岸には定着できなかったのです。長い海岸線を持つ長崎県にはツバキをはじめとする大規模な照葉樹林が広がっていますが、私の釣りのフランチャイズが長崎であったことや、自宅の裏にツバキの林があることなどから、ツバキには特別の思い入れがあります。椿三十郎は、早くも五十郎になってしまいました。


 No.067  20060924  目立つ水田雑草

 水田雑草という呼称は植物学、照葉樹林文化論などで良く見かけますが、水田という極めて人工的で特殊な環境に生えてくる雑草に対して使用される言葉です。ただ、稲作の現場では通常アワとかヒエとかキビとかいった雑穀の類になるのです。
 照葉樹林文化論的に言えば、これは縄文稲作以来の先行する雑穀栽培の残滓、もしくは痕跡とでも言うものなのですが、ほ場を米だけが取れるものに維持するには、最終的に人がほ場に入り、引き抜く以外には方法がないのです。
 このため、雑草の種が実り、種が落ちる前に一本、一本抜いていくのですが(それを怠ると来年は十倍、百倍に増えるのです)、兼業化が進み、農業後継者が終日農外所得を求めてくたくたになるまで働かされ、たまの休みぐらいはゆっくりしたいという思いと高齢化した先代の思いとのせめぎあいの中で、可能な限り抜かれてきたのですが、やはり限度はあるのです。
 最近、この雑草が抜かれていないほ場が非常に目立ってきました。昔は、脱穀の後の分別が難しい事から絶対に行われ、それを行わない家は営農意欲がないものとバカにされたのですが、いまやコンバインの性能も上がり、実害があまりなくなったこともあり、雑穀の穂が目立つようになってきたのです。まさに日本農業の潰滅が始まったという感がありますが、いずれ農業後継者の激減から、日本農業は十年を待たずして終焉を迎えることになるでしょう。日本農業は巷間言われるような外圧や外国産農産物の氾濫によって滅びるのではなくて、農水省の馬鹿げた政策を頂点とする内的要因によって滅び去ることになるのです。


 No.066  20060923  農家の嫁がスーパーの柿を買う

 近頃は里山に入ることが少なくなりましたが、たまに山に入ると、結構、栗を拾えます。もちろん、栽培種ではなく自然にある篠栗などですが、昔はよそ者が歩いてもなかなか手に入らないものでした。
 付近の農家の人が頻繁に山に入っていましたし、子供達が山で遊んでいたのですから、直ぐに取られてしまうのです。
 ところが、野山を走りまわる子供どころか、子供の絶対量さえも減り続け、野良仕事をしていた高齢者も食に足り、ゲート・ボウルばかりでだれも栗など見向きもしていないのです。
 では、栗も繁殖しそうですが、コンクリートの側溝などに落ち、繁殖もできずにイノシシや虫に食われているのが現実なのです。
 もうしばらくすると柿が実ります。昔は良く包丁を持って柿の木に登って、十個も食べていましたが、いまや、農家の主婦(農協婦人部若妻会など・・・)が自分の家の庭にたくさんの柿が実っているにも関わらず、スーパー・マーケットに売られているどこどこ産のブランド柿を買ってきて食べるというのですから、つくづく"現代社会とは実に凄まじいものだ"と思わざるをえないのです。
 一つは、柿を取るための竹が容易には手に入らなくなった事がありそうです。私の家は四二〇坪の敷地に屋敷森があり、椿(燃料、油、石鹸)や竹(筍、竹箒、家の補修材料、門松・・・)に不足しないのですが、最近では普通の農家でも家に竹が無いところが多く、山に竹を切りに行ってまで自分の家の柿をちぎろうとはしないのです。
 何の役にもたたない竹林など売り払って駐車場に変えるなど、全てが金に置き換えられてしまったのでした。ましてや、村落共同体が希薄になった今日、近所の世話で竹を分けてもらうのも非常に敷居が高いものになっている事もその背景にあると思うのです。