No.065  20060811  佐賀のひき逃げ放置事件と鴎外の「高瀬船」

 佐賀県の「児童轢き逃げ放置事件」は、外に目立った事件もなかったこともあり、一時期、全国的な注目を浴びましたが、また、しばらくすれば、世の常として何事もなかったかのように忘れ去られてしまう事でしょう。
 あまりにもでたらめな事件、事故が続発し、また、そのように興味本位に報道されるからでもあるからですが、国家、社会、家族ともにその将来を考えると憂鬱になるばかりです。
 さて、奇妙なタイトルですが、私が文学とか鴎外などとに一切の興味も持っているはずもありません。むしろ、明治の「脚気原因論争」で硬直した陸軍の権威主義を振りかざした軍医総監などは軽蔑こそすれ、敬愛することなどさらさらあり得ないはずです。
 さらに言えば、文学一般に対しても高等教育が普及していなかった時代の遺物、暇人の道楽としか考えていないのですから、文学の香る話など初めから期待できるはずもありません。
 このような私であっても、一応のストリーは知っているのですが、この事件の全貌を知ると、奇妙にも脳裏には「高瀬船」の事が浮かんできました。恐らく、全国の読者の中にも、全国民に置いてもこの事件と「高瀬船」とを結びつけた人は一人もいなかった事でしょう。この事件は法哲学的に言えば尊厳死、殉死、嘱託殺人、その品性、客観的条件ついても、類似した要素の一切無い、まずは、対極をなす事件でしょう。 
 だからこそ脳裏に浮かんだのかもしれません。
 「高瀬船」の内容については文学の薫り高い原著にあたられる事としても、私が興味を持ったのは、作品の中で、高瀬舟で送られ、その後、島流しにされる囚人がそのことをむしろ喜び、お上が島送りにする際に支給する二百文の金が初めて自分のものになった事に驚き、働き詰めに働くとも、まともに食べられなかった事に対して、投獄され、働きもしないにも関わらずちゃんとした食事を与えてくれるお上に感謝さえしている事を思うと、今回の事件を引き起こしたS容疑者は、自分の子供を水死させ、離婚し、長い人生でも、恐らくなんの良いこともなかっただろうと思うのですが、なおも惨めな現状に執着し寄生しようとする姿に哀れさを感じずにはいられないのです。
 もちろん、小さな子供を撥ね拉致し放置するなど許せるはずもないのですが、やはり世の中には不幸な人はいるものです。
 S容疑者は下請け、孫請けクラスの建設労務者でした。現在の土建業界は実に悲惨です。元請業者は下請け以下の所得を半減させる事で生き延び、経営者だけは良い思いを続けています。それまでの収入を確保し生き延びているのです。恐らく、彼も人間らしい所得は得られず、朝から晩まで働き続けていたことでしょう。それでも、彼の場合は、これで死亡事故を起こしたら自分の人生はおしまいだ!逃げよう!としたのです。
 では、現在の世の中とは執着するほどに価値のあるものに見えたのでしょうか?
 一方では、村上ファンドのM容疑者の方は、勝利者でもあるかのように会見を行うのです。この手の人間が主張する「金儲けする事は悪い事ですか」はともかくも、取材する記者から「いいえ」という声が上がったのは情けない限りでした。とんでもない。私に言わせれば、いや、プルードンではありませんが、成長が止まった現代では、誰かの幸せは誰かの不幸であり、誰かの大儲けは誰かの大損でしかないのであり、蓄積された富は盗んだものでしかなく、安藤昌益が言うように"大名も将軍も天皇も、皆、盗人"なのです。
 話が脇道に逸れましたが、これほど不公正で夢の無いつまらなさが増大し続ける世の中への執着が何なのかが私にとっては大きな課題というか謎なのです。
 やはり、私には働かないで食える監獄こそが、彼にとっても、また、ホームレスを始めとするその他の敗残者には、天国に思え、監獄をこそお奨めしたいと思うのですが、やはり軽薄な考えとお考えになるでしょうか?


 No.064  20060923  紅葉するボタ山

 時の流れとは早いものです。今や、二十代はおろか、三〜四十代の教師が石炭の現物を見たことがなく、"ボタ山"という言葉さえも死語になってしまった時代に私達は生きているのです。
 昭和三十年代には多くの炭鉱が閉山になり、早くも四十年が経過しつつあります。
 さて、ボタ山と紅葉とは奇妙な取り合わせですが、農水省が行った愚かな拡大造林政策のつけまわしによって多くの山が売れもしない針葉樹に変えられ、美しい日本の紅葉が捜さなければ見つけることのできないものになってしまったこの頃ですが、私の住む武雄町のすぐ隣町の街中に毎年確実に紅葉する山があります。
 場所は長崎自動車道の武雄・北方インターから一キロ余り北に入った県道脇ですが、大きなボタ山が炭鉱閉山から四十年余り放置され、確実に自然が回復しているのです。
 ここから東には、現武雄市北方町(旧北方町)、大町町、江北町と佐賀県の旧産炭地が並んでいます。西杵炭鉱、明治興業所、杵島炭鉱と、この地域には最盛時数万人の炭鉱労働者の家族が生活していたのです。
 朝鮮半島や揚子江以北の中国大陸ではその気温が多少低く降水量も僅かに少ないために、一旦切られてしまった森は容易には復元しないのですが、日本とは三十年もすれば採炭ガラの荒涼としたボタ山でさえも山に戻る天恵の地なのです。今や、ここ北方町のボタ山では完全な広葉樹の森が再生しつつあるのです。もうしばらくすると全山で真っ赤な紅葉が目に映える季節がやってきます(もっとも私は色弱なのですが)。
 古墳を考えれば分かることですが、日本とは、ただの立入禁止の禁足地を設けさえすれば、三十年にしてたちどころに森が再生する国なのです。
 また、これほどまでに植物の再生力の強い環境であったからこそ、絶えず雑草と格闘しなければならないことからくる国民の勤勉性も生まれ、勤労意欲も育まれたのですが、コンクリートと除草剤はそれさえも殺ぎ落としつつあるのです。
 ともあれ、人間の生産活動から切り離されたボタ山のようなところだけで自然の再生が始まっているということは象徴的ですらあります。農水省の無能な官僚どもによって豊かな森が害悪しかもたらさない"やせ細った針葉樹の林"に変えられ、豊かな川や谷が国土交通省の愚か者どもによってダムの汚水の中に沈められ尽くしたことがほんのここ半世紀の出来事であった事を思わざるをえないのです。
 一方、金儲けに走る民間企業の手によっても破壊は拡大しました。醜悪この上ないくだらないゴルフという馬鹿げたゲームのために貴重な里山が破壊され尽くしたのもこの半世紀でしたが、人間が立ち入りさえしなければ、このゴルフ場さえも、三十年を待たずして自然の再生が始まる事をボタ山の紅葉は示しているのです。


 No.063  20060821  金儲けって悪い事なんですか?

 資本主義を擁護する側から、いわゆるマックス・ウエーバーの"プロ倫"「プロテスタンチズムの倫理と資本主義」が持ち込まれ、もてはやされていた時代(一九六〇〜七〇年代=全共闘時代)、一抹の後ろめたさが付きまといながらも金儲けは良いことなのだ!少なくとも、決して悪い事ではないのだ!といった風潮が残っていました。
 ライブ・ドアが見せしめ的な懲罰を受け、一時期跋扈した村上ファンドがコソ泥的に売り逃げる現代、もはやその欠片さえ見つけることはできません。あたかも株を買わない人間は愚か者であるかのごとく扱われているのがこの恥ずべき現代なのです。
 "金儲けって悪い事なんですか?"に対しては、はっきりと"金儲けを良い事だとでも思っているのか?"と言うべきなのです。
 そう言えば、村上ファンドのM氏は、勝利者でもあるかのように会見を行い、「金儲けする事は悪い事ですか?」と御託を並べ、取材する記者からは「いいえ」という声が上がったのでした。
 簡単に言うと、株取引による"儲け"とは、ただの他人の損が置き換わったものでしかなく、他人の幸せが自分の不幸、自分の不幸が他人の幸になっているだけなのです。これをIT革命とか新経済(ニユー・エコノミー)とかいって持て囃す連中は社会の恥、売国奴でしかないのです。老人に老後は株(バクチ)で生活しろとでも言うのか!マネー・ゲームは何らの富も生み出すはずがないのです。マネー・ゲームの勝利者に富が一極的に集中しているからこそ、アルカイダは9.11で国際貿易センター(ITC)を標的にしたのであり、事実、あの建物の中には世界の富を吸い尽くす金融資本、禿鷹ファンド、投資顧問会社といった国際的詐欺集団の参謀本部が存在していたのです。
 現在、「格差社会」などといった穏やかな表現が使われてはいるのですが、今後、巨大な階級社会が露になって行くことでしょう。二十一世紀は再び巨大な階級闘争の舞台になるはずです。そして、しばらくの間はその前哨戦として、日本でも犠牲になった者の怨念を晴らすべくテロが横行する事になるでしょう。
 大半の人間が階級脱落して行く時代、その勝利者は戦慄してテロの恐怖に慄く必要があるのです。現在、既存政党に革命政党が存在しない以上、今後、明治維新直前の京都のようにテロは必然的な現象になることでしょう。脱落者よ勝利者をして戦慄せしめよ!というわけです。
 今やはっきりと"金儲けを良い事だとでも思っているのか?"と言うべきでしょう。畑で作物を作る、サルやクマやイノシシに食われる、虫に食われる。これらを排除し、精一杯努力して自分の取り分を確保する事が悪いとは言いません。しかし、農薬を大量に使って虫を全部殺してしまい、虫には一切食わせない、売るために生産したものを売ってしまった後は消費者がどうなろうと知った事ではないとするのはやはり間違いなのです。
 私達人間は生きるために必要なものを受け取り、その範囲で生きていくのが正しいのであって、詐欺や盗みによって生きて行くことや、どこかの国の国王や王様や皇帝のように労働をせずに生きて行くこともやはり間違いなのです。人は生かされているのであって、自然と社会の僅かな余剰によって生きるべきであり、富は平等に分配されるべきなのです。それが得られない人々には、逆に"他人の富を取る事は悪い事なのですか?"という言葉が生きた意味を持ってくることになるのです。


 No.062  200600831  有明海・不知火海フォーラムinしまばら 2006 総括

 七月の三連休の中日、島原市に向かいました。最後の現地実行委員会が行われるからです。十五分遅れで到着した私は急いで会議室に向かいましたが、誰もいない部屋のボードに"2F"と書かれていただけでした。意味が分かった私は直ぐに会場に向かいました。行くと六、七人のメンバーがプロジェクターとパソコンを引っ張り出し、リハーサルをやっていたのです。
 プロジェクター、パソコン、CDなどの不具合は良く発生しますので、絶対にやっておかなければならない事です。三〇分ほど暑い部屋の中で苦闘した挙句、なんとかうまくゆくという観込みがついてまずは一安心。後は、どれだけ多くの方々に集まって頂けるかだけになりました。
 この間、本ホーム・ページでも島原開催に合わせて、島原半島の温泉や食べ物さらには地名といったものまで書いてきましたが、何か一つでも興味を惹かれるものでもあったら成功になります。
 私もいささか環境問題を書き続けることにうんざりしていましたので、良い機会でした。
 しかし、炎天下、有明海の問題を真剣に考える多くの人々が集まってくるという事実に感動を抑えきれません。これらの思いが届き多くの方に参加していただけることを願って止みません。
 今回、フォーラムの資料集にリポートV七月号に掲載中の「有明海はなかった」を掲載してもらう事にしました。印刷部数は多くても五〇〇冊程度でしょうが、この資料集は全国的に注目されており、宣伝効果、理論的影響力、農水省への意思表示と重要な役割を果たす事でしょう。
 と、書いたのはフォーラム開催前の七月の半ばでした。
 今回のフォーラムは、梅原猛先生に講演頂いた三年前の一五、〇〇名の参加者から比べると一五〇名程度、十分の一の参加に止まりました。島原という遠隔地で行ったからとしても、参加が非常に少なかったという感じがします。有明海の再生について展望が見えない中で、意識の風化が起こっているとも考えられますが、来年は新たな気持ちで準備したいと思います。
 既に、来年のフォーラム資料集への掲載論文を書き始めています。


 No.061  20060607 有明海・不知火海フォーラム in しまばら 2006 準備完了

 七月の三連休の中日、島原市に向かいました。最後の現地実行委員会が行われるからです。十五分遅れで到着した私は急いで会議室に向かいましたが、誰もいない部屋のボードに"2F"と書かれていただけでした。意味が分かった私は直ぐに会場に向かいました。行くと六、七人のメンバーがプロジェクターとパソコンを引っ張り出し、リハーサルをやっていたのです。
 プロジェクター、パソコン、CDなどの不具合は良く発生しますので、絶対にやっておかなければならない事です。三〇分ほど暑い部屋の中で苦闘した挙句、なんとかうまくゆくという観込みがついてまずは一安心。後は、どれだけ多くの方々に集まって頂けるかだけになりました。
 この間、本ホーム・ページでも島原開催に合わせて、島原半島の温泉や食べ物さらには地名といったものまで書いてきましたが、何か一つでも興味を惹かれるものでもあったら成功になります。
 私もいささか環境問題を書き続けることにうんざりしていましたので、良い機会でした。
 しかし、炎天下、有明海の問題を真剣に考える多くの人々が集まってくるという事実に感動を抑えきれません。これらの思いが届き多くの方に参加していただけることを願って止みません。
 今回、フォーラムの資料集にリポートV七月号に掲載中の「有明海はなかった」を掲載してもらう事にしました。印刷部数は多くても五〇〇冊程度でしょうが、この資料集は全国的に注目されており、宣伝効果、理論的影響力、農水省への意思表示と重要な役割を果たす事でしょう。


 No.060  20060607 タイトルサンプル




 No.059  20060607 CO2地球温暖化脅威説を信じますか?それなら人間止めますか?
「温暖化は憂うべきことだろうか」近藤邦明(不知火書房)の出版について

 出版おめでとうございます。まずは、ホーム・ページ管理者である近藤邦明氏の見識の高さと、そのご努力とに改めて敬意を表したいと思います。
 今日、この時期にこの本が出版されることの意義は極めて大きく、そのことを説明するのは語ろうとしても語り尽くせないほどの重く深い内容を持っています。今後、この事について少しずつ書いていきたいと思います。
 「有明臨海日記」ではこれまでにも何度か「CO2温暖化脅威説」というほとんど国家的"デマ"について書いてきましたが、不正確な話をするよりは、まずは近藤新著を手に取られた方が良いでしょう。従って、本が出された以上、内容そのものについて詳しく書く事はいたしません。ただ、近藤さんが取上げていない周辺の問題について書いていきたいと思います。
 最近、紙媒体(本、新聞、リーフレット)といったものの社会への影響力の低下を感じています。まず、三十代以下の人々が本を読んでいないという事を実感しています。当然ながら、新聞を読まない、取らないという傾向は顕著で、最早取り返しのつかないレベルにまで来ているのではないかと危機感を持っています。当然ながら、読書力の低下が著しく、まずは、次世代の理解力、独創性、想像力、基礎的知識といったものが瓦解していっているという思いを払拭できません。このような状況で"ワールドカップ"に大騒ぎする愚か者どもはまずは象徴的で、小泉ポピュリズムの勝利もこのような全般的傾向が作用しているのではないか思わざるを得ないものです。
 そのような中、近藤新著を手に大阪の古田史学の会全国総会参加のために特急で鹿児島本線を上っている時、二人掛けシートの通路の向こうまで四人が読書をしているのに気付きました。少なくとも、新聞、雑誌はなく、ハード・カバー3、文庫1と全員が本を読んでいる瞬間に遭遇したのです。これは中々珍しい現象で、今やめったにない現象なのです。
 若者が"携帯を持った猿"=ケイタイザルなどと揶揄される時代ですが、案の定、全員が五十代以上であり、仕方がないと納得せざるを得ませんでした。今後、出版は文字、挿絵、地図程度のものから、映像、音声、図表の入ったナレーション(場合によっては著者による音声による解説、演説)付きのCD、DVD等に移行していく事でしょう。
 そして、それをカー・ステレオで聴きながら運転し、ウオークマンで聴きながら歩くようになるのかもしれません。しかし、それで、創造性、思考力が増すのであれば受け入れざるを得ないのかも知れません(多少イメージする力に疑問が残りますが)。少なくとも若者への働きかけを考えて、我がホーム・ページも音声によるサービスを開始しなければならないのかもしれません。今後の課題です。CO2地球温暖化脅威説を信じますか?それなら人間やめますか?シリーズは今後も継続します。皆さんもぜひこの本を読んで頂きたいと思います。上位サイトに書かれていなかった新たな内容も豊富に盛り込まれています。


 No.058  20060607 再びタイトル変更について

 以前にも書きましたが、編集内容や活動領域の拡大から「有明海・諫早湾干拓リポート」というタイトルとの間に齟齬が生じていると感じています。最近の編集が有明海の諫早湾から遠く離れ、遠賀川河口、筑後川源流域のダム、水俣の産廃処分場、博多湾〜大入島といったものに広がっている事はご存知の通りです。
 一方で農水省が干拓事業の幕引き(事業完了のための環境影響評価、入植者募集・・・)を始める中で、「有明海・諫早湾干拓リポート」と言うかなり絞り込んだタイトルを変更する事は、多少、後ろ髪を引かれる思いもするのですが、現実の編集が掛け離れたものになっているという事、私自身が既にフォーラム委員会のメンバーとして活動を続けている事によって免罪されるという側面、現実に一般の注目が有明海から離れている以上、新たに別の形で広く多くの関心を呼び込む必要性などを考えると、タイトル変更の必要性は否定しがたいように思います。
 問題は、タイトルにあります。当面、現行のタイトルを継続しますが、ここ半年で新たなタイトルを決定しようと考えています。いくつか挙げてみますと・・・・・・

 @九州環境リポート
 A九州環境保護派連携ネット・ワーク
 Bアンビエンテ( ambiente natural ) スペイン語の環境
 Cエコロジスタ( organizacion de ecologista en Kyushu )スペイン語の環境保護派(主義者)
 D九州環境保護派リポート

 このようになります。どうも、なかなかぴったりしたものが無いようですが、やはり、覚え易いものが良いでしょう。すると、エコロジスタか九州環境保護派リポートとなりそうです。
 スペイン語のタイトルに違和感を持たれる方は多いかもしれませんが、英語は既に行政から企業マスコミなどによって多用され過ぎのきらいがあり、既に新鮮さを感じません。 
 インパクトと違和感はコインの裏表でもあり、ある意味で違和感があるからこそ、それなりのインパクトがあり印象にも残るものなのです。一方、スペイン語のタイトルとしては民族派の一水会が機関誌に「レコンキスタ」(征服克服、国土回復、反占領・・・)として採用していますが、無論、民族派のつもりは全くありません。むしろ、その対極に位置しているでしょう。
 そんなことはどうでも良いのですが、仮に「エコロジスタ」とするとしても、サブ・タイトルには九州環境保護派連携ネット・ワークか九州環境保護派リポートが残りそうですね。
 ただし、U、Vの表示と100.などの連番は継続します。これは、将来の検索、アクセスのために残します。また、外部論文が安定して集まり、九州の環境保護派の理論センターの役割を果たすことができるようになってきましたので月刊制は維持します。
 さらに、ハッキングやサイバー・テロに備える必要からも、当面、また、将来とも近藤邦明氏との連携は維持しながら、近藤邦明サイトを主に、サブ・サイトから独立した、別の発信センターを従として、複数で発信する事も考えています。試しに仮の導入画面を創ってみました。


※ ブレッティンはフランス語の通信、通達といった意味です。従って、英語とフランス語の合成語になります。


 No.057  20060401 公共事業のない国に行きたい!(ブエノスアイレスは遠い)

 ほんの一昔前まで、"戦争のない国に住みたい!"戦争反対!などと幟を揚げた反戦歌のようなことを言う人がかなりいたのですが、天邪鬼の私は、むしろ"公共事業のない国に行きたい"と本気で考えています。
 私は同世代の方々と比べれば、かなり戦記、戦史を読む人間です。その事だけでも右翼や民族派などと思われてしまいそうですが、実際には全く異なり、戦記を読むにしても日本軍が敗走するのが面白く、また、煽動した右翼の跳ね上がりも、また煽動された国民自身も戦争の災禍を受けていく構造に興味を持っていただけだったのかもしれません。従って、戦記、戦史を読むからといって右翼、民族派などではさらさらなく、むしろ、一切の権威というも認めない思想的には最も過激な人間だと自身を理解しています。しかし、戦争については一つの民俗として理解していますので、今でも、軍歴のありそうな人間からはできるだけ戦争の話を聴き頭に残そうとしています。
 ただ、現実に引き戻され、公共事業の中で生活している自分を再認識すると、戦争よりも公共事業に対する嫌悪感の方が圧倒的に強く、日本に住む間は公共事業に対して闘いこそすれ、チャンスさえあれば国を棄てる方を選択するのではないかと思うのです。
 このような公共事業を続けるようなくだらない国からは脱出した方が遥かに精神的には楽になるのではないかと思うばかりです。
 では、私がイメージしている公共事業のない国はどこかというと、国家財政が破綻し、無駄な公共事業など全くやる余裕のない破産国家という事になります。日本がアルゼンチン・タンゴを踊る日のアルゼンチンです。
 冗談と思われるかもしれませんが、私はいたって大真面目であり、スペイン語も週に二時間程度ですが五年ほど勉強しました(ベネセラとメヒコのプロヘサラ=profesoraでしたが)。もちろん、それは授業の事で、毎日一時間は単語の書き取りやスペイン語作文などをやっていたのですから、成果はともかくとして、本気だった事は間違いありません。 
 しかし、ここ二年ほどは仕事と活動が忙しくなり、さすがに中断していますが、いずれ再開したいと思っています。四十、五十の手習いでしたから、非常に効率が悪く全く身につきませんでしたが、辞書を引きながらであれば、普通の会話程度の文章ならば粗方は理解できそうですので、後五年程度で会話レベルに上げていけば良いなどとのんびり構えて、結局、かまけています。
 ただ、いずれ、アルゼンチンに移り、ブエノスアイレスにかなり長期的に滞在するのではないかと思っています。アルゼンチンに行きたいのには他にも理由があります。言うまでもなくアルゼンチン・タンゴです。恐らく、読者の中にはタンゴを聴く人はおられないと思いますが、私は中学以来のアルゼンチン・タンゴのファンなのです。もちろん、日本のタンゴ・ファンは戦後の十〜十五年間程度に生み出されたものであり、昭和三十五年当時は、まだ、小学校にも行っていないのですから、戦後のタンゴ、マンボ、ルンバ、ハバネラ、ハワイアンなどといった洋楽流行の直撃を受けた世代ではありません。
 好きになった理由は、唯一、古川定石、普通の人が聴かない音楽だったからに他なりません。しかし、ここ十年あまり若きマエストロ小松亮太の登場により日本にも新たなタンゴ世代が生み出されてきました。元々、アストル・ピアソラのタンゴ・モデルノ風の演奏だったのですが、最近は、オルトドクス(オーソドックス)=クラシコな伝統的タンゴにも多少の回帰が見られ、一九三〇〜四〇年代のタンゴ(エポカ・デ・オロ・デル・タンゴ・アルヘンティーノ=タンゴ黄金時代)を好む私にも、嬉しい限りです。もちろん、ピアソラは好きなのですが。
 私は、歌のタンゴが好きで、カルロス・ガルデル、イグナシオ・コルシーニやアッセナ・マイサンニ、メルセデス・シモーネ、アダ・ファルコン・・・といった古いところを聴き続けています。最近はフリオ・デ・カロ、カルロス・ディ・サルリ、オスバルド・フレセドといったところがたまらなく好きで、デ・カロのレケルドやディ・サルリのパトテロ・センチィメンタールなどを繰返し聴いている次第です。タンゴ・ファンとは実に熱狂的で、恐らく、公共事業など行う余裕のない破産国家で心静かに死を迎える事ができるような気がします。
 さて、毛沢東主義者は侮蔑の対象(お笑い種)でしかないのでペルーの巨大ゲリラ組織、ポール・エル・センデロ・ルミノソ・デ・マリアテギ(マリアテギの輝ける道のために)には絶対に参加しないでしょうが、MLTA(エム・エル・テー・アー=アルベルト藤森に虐殺された日本大使館占拠闘争を行ったロス・ゲレロス)の偉大な指導者セルパの墓にだけは参りたいと思います。それともコロンビア革命軍にでも潜入しコロンビアからの手紙を書くようになるのでしょうか。まあ、それは一応、冗談としても、今も気持ちは英雄セルパと伴にあります。
 六月一八日には大阪で行われる古田史学の会の全国総会で「馬門」を報告しますが、その前日、大阪のザ・シンホニーホールで行われるアニバル・アリエスとオスバルド・モンテスの演奏会にも行くつもりでいます。


 No.056  20060401 タイトル変更の必要性

 有明海・諫早湾干拓リポートというタイトルを変更すべき時期が近づいているように思います。既に愛着も発生し、簡単には変えられないようにも思いますが、内容が徐々に有明海の諫早湾干拓事業に関するものにとどまらず、公共事業一般とか九州でも他の地域の問題に対する記事が殖え、内容的にも領域的にも相当に離れたものになっているように考えます。
諫早湾干拓事業への抗議の運動のためにも、既に固定した有明海の問題やギロチンに反対する人々から、さらに多くの読者を呼び込む必要性も感じています。このため、有明海だけに関するホーム・ページとの一般的に固定した印象を払拭し、新たな展開を求めたいと考えています。
 一つは、芦屋港港湾防砂堤建設問題にも関与し、リポートU 100.港湾整備事業が海岸を破壊する(福岡県 遠賀川河口 芦屋港)が、住民監査請求請求書添付書面にもなり、多少の実践的な意味を考慮すべきとも感じているのです。
 問題はタイトルをどうするかです。基本的にはサブ・サイトですから、環境問題で上位のアクセスを既に確保していますし、基本的には管理者である近藤さんのホーム・ページからのおこぼれをどれだけ頂けるかという事と、独自にサブ・サイトとして読者を呼び込めるかと言うことに過ぎません。しかし、無視できない要素ではあります。現段階ではタイトル変更への構想があるという程度に留めます。